リモート プレゼンスの管理
リモート プレゼンスの管理

リモート プレゼンスの管理

この章は、次の内容で構成されています。

仮想 KVM の管理

KVM コンソール

KVM コンソールは CIMC からアクセス可能なインターフェイスであり、サーバへのキーボード、ビデオ、マウス(KVM)の直接接続をエミュレートします。 KVM コンソールを使用すると、リモートの場所からサーバに接続できます。

サーバに物理的に接続された CD/DVD ドライブまたはフロッピー ドライブを使用する代わりに、KVM コンソールは仮想メディアを使用します。これは、仮想 CD/DVD ドライブまたはフロッピー ドライブにマップされる実際のディスク ドライブまたはディスク イメージ ファイルです。 次のいずれでも仮想ドライブにマップできます。

  • コンピュータ上の CD/DVD またはフロッピー ドライブ

  • コンピュータ上のディスク イメージ ファイル(ISO または IMG ファイル)

  • コンピュータ上の USB フラッシュ ドライブ

  • ネットワーク上の CD/DVD またはフロッピー ドライブ

  • ネットワーク上のディスク イメージ ファイル(ISO または IMG ファイル)

  • ネットワーク上の USB フラッシュ ドライブ

KVM コンソールを使用してサーバに OS をインストールできます。


(注)  


KVM コンソールは、GUI を介してのみ操作できます。 KVM コンソールを起動する方法については、『Cisco UCS C-Series Servers Integrated Management Controller GUI Configuration Guide』の手順を参照してください。


仮想 KVM のイネーブル化

はじめる前に

仮想 KVM をイネーブルにするには、admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1Server# scope kvm  

    KVM コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 2Server /kvm # set enabled yes  

    仮想 KVM をイネーブルにします。

     
    ステップ 3Server /kvm # commit  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     
    ステップ 4Server /kvm # show [detail]  

    (任意)仮想 KVM の設定を表示します。

     

    次に、仮想 KVM をイネーブルにする例を示します。

    Server# scope kvm
    Server /kvm # set enabled yes
    Server /kvm *# commit
    Server /kvm # show
    Encryption Enabled Local Video      Active Sessions Enabled KVM Port 
    ------------------ ---------------- --------------- ------- -------- 
    no                 yes              0               yes     2068     
    
    Server /kvm #             
    

    仮想 KVM のディセーブル化

    はじめる前に

    仮想 KVM をディセーブルにするには、admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1Server# scope kvm  

      KVM コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 2Server /kvm # set enabled no  

      仮想 KVM をディセーブルにします。

      (注)     

      仮想 KVM をディセーブルにすると仮想メディア機能へのアクセスがディセーブルになりますが、仮想メディアがイネーブルであれば仮想メディア デバイスは切断されません。

       
      ステップ 3Server /kvm # commit  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       
      ステップ 4Server /kvm # show [detail]  

      (任意)仮想 KVM の設定を表示します。

       

      次に、仮想 KVM をディセーブルにする例を示します。

      Server# scope kvm
      Server /kvm # set enabled no
      Server /kvm *# commit
      Server /kvm # show
      Encryption Enabled Local Video      Active Sessions Enabled KVM Port 
      ------------------ ---------------- --------------- ------- -------- 
      no                 yes              0               no      2068     
      
      Server /kvm #             
      

      仮想 KVM の設定

      はじめる前に

      仮想 KVM を設定するには、admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1Server# scope kvm  

        KVM コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 2Server /kvm # set enabled {yes | no}  

        仮想 KVM をイネーブルまたはディセーブルにします。

         
        ステップ 3Server /kvm # set encrypted {yes | no}  

        暗号化をイネーブルにすると、サーバは KVM で送信されるすべてのビデオ情報を暗号化します。

         
        ステップ 4Server /kvm # set kvm-port port  

        KVM 通信に使用するポートを指定します。

         
        ステップ 5Server /kvm # set local-video {yes | no}  

        ローカル ビデオが [yes] である場合、KVM セッションはサーバに接続されているすべてのモニタにも表示されます。

         
        ステップ 6Server /kvm # set max-sessions sessions  

        許可されている KVM の同時セッションの最大数を指定します。 sessions 引数は、1 ~ 4 の範囲の整数になります。

         
        ステップ 7Server /kvm # commit  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         
        ステップ 8Server /kvm # show [detail]  

        (任意)仮想 KVM の設定を表示します。

         

        次に、仮想 KVM を設定し、その設定を表示する例を示します。

        Server# scope kvm
        Server /kvm # set enabled yes
        Server /kvm *# set encrypted no
        Server /kvm *# set kvm-port 2068
        Server /kvm *# set max-sessions 4
        Server /kvm *# set local-video yes
        Server /kvm *# commit
        Server /kvm # show detail
        KVM Settings:
            Encryption Enabled: no
            Max Sessions: 4
            Local Video: yes
            Active Sessions: 0
            Enabled: yes
            KVM Port: 2068
        
        Server /kvm #            
        
        次の作業

        GUI から仮想 KVM を起動します。

        仮想メディアの設定

        はじめる前に

        仮想メディアを設定するには、admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1Server# scope vmedia  

          仮想メディア コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 2Server /vmedia # set enabled {yes | no}  

          仮想メディアをイネーブルまたはディセーブルにします。 デフォルトでは、仮想メディアはディセーブルになります。

          (注)     

          仮想メディアをディセーブルにすると、仮想 CD、仮想フロッピー、および仮想 HDD デバイスがホストから切断されます。

           
          ステップ 3Server /vmedia # set encryption {yes | no}  

          仮想メディアの暗号化をイネーブルまたはディセーブルにします。

           
          ステップ 4Server /vmedia # set low-power-usb-enabled {yes | no}  

          低電力 USB をイネーブルまたはディセーブルにします。

          (注)     
          UCS VIC P81E カードを持つサーバに ISO をマッピングしているときに NIC が Cisco Card モードである場合:
          • 低電力 USB をイネーブルにすると、ISO をマッピングしてホストを再起動した後にカードがリセットされ、ISO マッピングは失われます。 仮想ドライブはブートの選択メニューに表示されません。

          • 低電力 USB をディセーブルにすると、ISO をマッピングしてホストと CIMC を再起動した後、ブートの選択メニューに仮想ドライバが正しく表示されます。

           
          ステップ 5Server /vmedia # commit  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           
          ステップ 6Server /vmedia # show [detail]  

          (任意)仮想メディアの設定を表示します。

           

          次に、仮想メディアの暗号化を設定する例を示します。

          Server# scope vmedia
          Server /vmedia # set enabled yes
          Server /vmedia *# set encryption yes
          Server /vmedia *# set low-power-use-enabled no
          Server /vmedia *# commit
          Server /vmedia # show detail
          vMedia Settings:
              Encryption Enabled: yes
              Enabled: yes
              Max Sessions: 1
              Active Sessions: 0
          				Low Power USB Enabled: no
          
          Server /vmedia # 
          
          次の作業

          KVM を使用して、仮想メディア デバイスをホストに接続します。

          CIMC マップされた vMedia ボリュームの設定

          はじめる前に

          このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 Server # scope vmedia 

            仮想メディア コマンド モードを開始します。

             
            ステップ 2Server /vmedia # map-cifs {volume-name | remote-share | remote-file-path [mount options] 
            vMedia の CIFS ファイルをマッピングします。 次を指定する必要があります。
            • 作成するボリュームの名前

            • IP アドレスおよびエクスポートされるディレクトリを含むリモート共有

            • エクスポートされるディレクトリに対応するリモート ファイルのパス。

            • (任意)マッピング オプション

            • サーバに接続するためのユーザ名とパスワード

             
            ステップ 3Server /vmedia # map-nfs {volume-name | remote-share | remote-file-path} [mount options] 
            vMedia の NFS ファイルをマッピングします。 次を指定する必要があります。
            • 作成するボリュームの名前

            • IP アドレスおよびエクスポートされるディレクトリを含むリモート共有

            • エクスポートされるディレクトリに対応するリモート ファイルのパス。

            • (任意)マッピング オプション

             
            ステップ 4Server /vmedia # map-www {volume-name | remote-share | remote-file-path [mount options] 
            vMedia の HTTPS ファイルをマッピングします。 次を指定する必要があります。
            • 作成するボリュームの名前

            • IP アドレスおよびエクスポートされるディレクトリを含むリモート共有

            • エクスポートされるディレクトリに対応するリモート ファイルのパス。

            • (任意)マッピング オプション

            • サーバに接続するためのユーザ名とパスワード

             

            次に、CIFS CIMI マップされた vmedia 設定を作成する例を示します。

            Server # scope vmedia
            Server /vmedia # map-cifs sample-volume //10.10.10.10/project /test/sample
            Server username: 
            Server password: ****
            Confirm password: ****
            
            Server /vmedia # 
            

            CIMC マップされた vMedia ボリュームのプロパティの表示

            はじめる前に

            このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 Server # scope vmedia 

              仮想メディア コマンド モードを開始します。

               
              ステップ 2 Server /vmedia # show mappings detail 

              設定されたすべての vMedia マッピングの情報を表示します。

               

              次に、設定されたすべての vMedia マッピングのプロパティを表示する例を示します。

              Server # scope vmedia
              Server /vmedia # show mappings
              
              Volume  Map-status   Drive-type     remote-share        remote-file                mount-type
              ------  ----------  ------------  --------------------- -------------------        ----------- 
              Huu     OK           removable    http://10.104.236.99/ rhel-server-6.1-x86_6.iso      www
              Rhel    OK           CD           http://10.104.236.99/ rhel-server-6.1-x86_6.iso      www           
              
              

              CIMC マップされたマウント vMedia ボリュームの削除

              はじめる前に

              このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1 Server # scope vmedia 

                仮想メディア コマンド モードを開始します。

                 
                ステップ 2 Server /vmedia # unmap volume_name 

                マッピングを解除するボリュームの名前を指定します。

                 

                次に、CIMC マップされた vmedia ボリュームのマッピングを解除する例を示します。

                Server # scope vmedia
                Server /vmedia # show mappings
                
                Volume  Map-status   Drive-type     remote-share        remote-file                mount-type
                ------  ----------  ------------  --------------------- -------------------        ----------- 
                Huu     OK           removable    http://10.104.236.99/ rhel-server-6.1-x86_6.iso      www
                Rhel    OK           CD           http://10.104.236.99/ rhel-server-6.1-x86_6.iso      www           
                
                
                Server /vmedia # unmap huu
                Server /vmedia # show mappings
                
                Volume  Map-status   Drive-type     remote-share        remote-file                mount-type
                ------  ----------  ------------  --------------------- -------------------        ----------- 
                Rhel    OK           CD           http://10.104.236.99/ rhel-server-6.1-x86_6.iso      www 
                
                Server /vmedia # 

                Serial over LAN の管理

                Serial Over LAN

                Serial over LAN(SoL)は、IP を介した SSH セッションを利用して、管理対象システムのシリアル ポートの入力と出力をリダイレクトできるようにするメカニズムです。 SoL は、CIMC 経由でホスト コンソールに到達するための手段となります。

                Serial Over LAN に関するガイドラインおよび制約事項

                SoL にリダイレクトするには、サーバ コンソールに次の設定が含まれている必要があります。

                • シリアル ポート A へのコンソール リダイレクト

                • フロー制御なし

                • SoL に設定されたのと同じボー レート

                • VT-100 terminal type

                • レガシー OS のリダイレクトのディセーブル化

                SoL セッションは、ブート メッセージなどの行指向の情報や、BIOS 設定メニューなどの文字指向の画面メニューを表示します。 サーバで Windows などのビットマップ指向表示のオペレーティング システムやアプリケーションが起動されると、SoL セッションによる表示はなくなります。 サーバで Linux などのコマンドライン指向のオペレーティング システム(OS)が起動された場合、SoL セッションで適切に表示するために OS の追加設定が必要になることがあります。

                SoL セッションでは、ファンクション キー F2 を除くキーストロークはコンソールに送信されます。 F2 をコンソールに送信するには、Escape キーを押してから 2 を押します。

                Serial over LAN の設定

                はじめる前に

                Serial over LAN(SoL)を設定するには、admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

                手順
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1Server# scope sol  

                  SoL コマンド モードを開始します。

                   
                  ステップ 2Server /sol # set enabled {yes | no}  

                  このサーバで SoL をイネーブルまたはディセーブルにします。

                   
                  ステップ 3Server /sol # set baud-rate {9600 | 19200 | 38400 | 57600 | 115200}  

                  システムが SoL 通信に使用するシリアル ボー レートを設定します。

                  (注)     

                  このボー レートは、サーバのシリアル コンソールで設定したボー レートと一致する必要があります。

                   
                  ステップ 4Server /sol # set comport {com0 | com1   (任意)

                  システムが SoL 通信をルーティングするシリアル ポートを設定します。

                  (注)     

                  このフィールドは一部の C シリーズ サーバだけで使用できます。 使用できない場合、サーバは、SoL 通信に COM ポート 0 を使用します。

                  次を指定することができます。

                  • [com0]:SoL 通信は、外部デバイスへの物理 RJ45 接続またはネットワーク デバイスへの仮想 SoL 接続をサポートする、外部からアクセス可能なシリアル ポートである COM ポート 0 を介してルーティングされます。

                    このオプションを選択すると、システムは、SoL をイネーブルにし、RJ45 接続をディセーブルにします。これは、サーバが外部シリアル デバイスをサポートできなくなることを意味します。

                  • [com1]:SoL 通信は、SoL だけを介してアクセス可能な内部ポートである、COM ポート 1 経由でルーティングされます。

                    このオプションを選択した場合、COM ポート 1 上の SoL および COM ポート 0 上の物理 RJ45 接続を使用できます。

                  (注)     

                  comport 設定を変更すると、既存のすべての SoL セッションは切断されます。

                   
                  ステップ 5Server /sol # commit  

                  トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                   
                  ステップ 6Server /sol # show [detail]  

                  (任意)SoL の設定を表示します。

                   

                  次に、SoL を設定する例を示します。

                  Server# scope sol
                  Server /sol # set enabled yes
                  Server /sol *# set baud-rate 115200
                  Server /sol *# commit
                  Server /sol # show
                  Enabled Baud Rate(bps)  Com Port
                  ------- --------------- --------
                  yes     115200          com2
                  Server /sol # show detail
                  Serial Over LAN:
                      Enabled: yes
                      Baud Rate(bps): 115200
                      Com Port: com2
                  Server /sol #            
                  

                  Serial Over LAN の起動

                  手順
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1Server# connect host  

                    リダイレクトされたサーバ コンソール ポートへの Serial over LAN(SoL)接続を開始します。 このコマンドは、どのコマンド モードでも入力できます。

                     
                    次の作業

                    SoL セッションを終了するには、CLI セッションを終了する必要があります。 たとえば、SSH 接続を介した SoL セッションを終了するには、SSH 接続を切断します。