Cisco UCS C シリーズ サーバ Integrated Management Controller GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.0
障害およびログの表示
障害およびログの表示

障害およびログの表示

この章は、次の内容で構成されています。

Faults Summary

障害サマリーの表示

手順
    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
    ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
    ステップ 3   [Faults Summary] タブで、次の情報を確認します。
    名前 説明

    時刻

    障害が発生した時刻。

    Severity

    次のいずれかになります。

    • [Cleared]:ある障害または状態が解消されました。

    • Critical

    • Info

    • Major

    • Minor

    • 警告(Warning)

    コード

    障害に割り当てられた固有識別情報。

    DN

    識別名(DN)は、サーバ上でのデバイスのエンドポイントおよびそのインスタンスの階層表現です。

    考えられる原因

    障害の原因となったイベントに関連付けられた固有識別情報。

    説明

    障害についての詳細情報。

    提案される解決策も含まれます。


    障害履歴

    障害履歴の表示

    手順
      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
      ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
      ステップ 3   [Faults History] タブで、次の情報を確認します。
      名前 説明

      時刻

      障害が発生した時刻。

      Severity

      次のいずれかになります。

      • Emergency

      • Alert

      • Critical

      • Error

      • 警告(Warning)

      • Notice

      • Informational

      • Debug

      Source

      イベントをログに記録したソフトウェア モジュール。

      考えられる原因

      障害の原因となったイベントに関連付けられた固有識別情報。

      説明

      障害についての詳細情報。

      提案される解決策も含まれます。


      Cisco IMC ログ

      Cisco IMC ログの表示

      手順
        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
        ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
        ステップ 3   [Faults and Logs] ウィンドウの [ Cisco IMC Log] をクリックします。
        ステップ 4   ログの Cisco IMC イベントごとに次の情報を確認します。
        名前 説明

        [Time] カラム

        イベントが発生した日時。

        [Severity] カラム

        イベントの重大度。 次のいずれかになります。

        • Emergency

        • Alert

        • Critical

        • Error

        • 警告(Warning)

        • Notice

        • Informational

        • Debug

        [Source] カラム

        イベントをログに記録したソフトウェア モジュール。

        [Description] カラム

        イベントの説明。

        [Clear Log] ボタン

        ログ ファイルからすべてのイベントをクリアします。

        (注)     

        このオプションは、ユーザ ID が admin または user ユーザ ロールに割り当てられている場合にのみ使用できます。

        ステップ 5   [Entries Per Page] ドロップダウン リストから、各ページに表示する Cisco IMC イベントの数を選択します。
        ステップ 6   Cisco IMC イベントのページを前方および後方に移動するには [<Newer] および [Older>] をクリックし、リストの先頭に移動するには [<<Newest] をクリックします。 デフォルトでは、最新の Cisco IMC イベントがリストの先頭に表示されます。

        Cisco IMC ログのクリア

        はじめる前に

        Cisco IMC ログをクリアするには、ユーザ権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

        手順
          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
          ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
          ステップ 3   [Faults and Logs] ペインの [Cisco IMC Log] をクリックします。
          ステップ 4   [ Cisco IMC Log] ペインで、[Clear Log] をクリックします。
          ステップ 5   表示されるダイアログボックスで [OK] をクリックします。

          System Event Log

          システム イベント ログの表示

          手順
            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
            ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
            ステップ 3   [Faults and Logs] ウィンドウの [System Event Log] をクリックします。
            ステップ 4   ログ テーブルの上にパーセンテージ バーが表示され、ログ バッファがどれくらい使用されているかが示されます。
            ステップ 5   ログのシステム イベントごとに次の情報を確認します。
            名前 説明

            [Time] カラム

            イベントが発生した日時。

            [Severity] カラム

            重大度フィールドには、テキストと色分けされたアイコンの両方が含まれます。 アイコンについては、緑色は通常動作、黄色は情報を示し、警告、クリティカルおよび回復不能なエラーは赤色で表示されます。

            [Description] カラム

            イベントの説明。

            [Clear Log] ボタン

            ログ ファイルからすべてのイベントをクリアします。

            (注)     

            このオプションは、ユーザ ID が admin または user ユーザ ロールに割り当てられている場合にのみ使用できます。

            ステップ 6   [Entries Per Page] ドロップダウン リストから、各ページに表示するシステム イベントの数を選択します。
            ステップ 7   システム イベントのページを前方および後方に移動するには [<Newer] および [Older>] をクリックし、リストの先頭に移動するには [<<Newest] をクリックします。 デフォルトでは、最新のシステム イベントがリストの先頭に表示されます。

            システム イベント ログのクリア

            はじめる前に

            システム イベント ログをクリアするには、ユーザ権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

            手順
              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
              ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
              ステップ 3   [Faults and Logs] ウィンドウの [System Event Log] をクリックします。
              ステップ 4   [System Event Log] ペインで、[Clear Log] をクリックします。
              ステップ 5   表示されるダイアログボックスで [OK] をクリックします。

              ロギング制御

              リモート サーバへの Cisco IMC ログの送信

              Cisco IMC ログ エントリを受信するように 1 台または 2 台のリモート syslog サーバのプロファイルを設定できます。

              はじめる前に
              • リモート syslog サーバが、リモート ホストからのログを受信するよう設定されている必要があります。

              • リモート syslog サーバが、authentication-related ログなどのすべてのタイプのログを受信するよう設定されている必要があります。

              • リモート syslog サーバのファイアウォールが、syslog メッセージが syslog サーバに到達することを許可するよう設定されている必要があります。

              手順
                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
                ステップ 3   [Faults and Logs] ペインの [Logging Controls] タブをクリックします。
                ステップ 4   [Remote Syslog Server] 領域のいずれかで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [Enabled] チェックボックス

                オンにすると、Cisco IMC は [IP Address] フィールドで指定された Syslog サーバにログ メッセージを送信します。

                [Host Name/IP Address] フィールド

                Cisco IMC ログが保存される Syslog サーバのアドレス。 リモート システムのアドレスとして IPv4 または IPv6 アドレスまたはドメイン名を設定できます。

                [Port] フィールド

                1 ~ 65535 の範囲内の Syslog サーバの宛先ポート番号を入力します。 デフォルトのポート番号は 514 です。

                ステップ 5   (任意)[Minimum Severity to Report] ドロップダウン リストで、リモート ログに含まれるメッセージの最低レベルを指定します。

                次のいずれかを選択できます。重大度の高いものから順に並んでいます。

                • Emergency

                • Alert

                • Critical

                • Error

                • 警告(Warning)

                • Notice

                • Informational

                • Debug

                (注)     

                Cisco IMC では、選択した重大度よりも低い重大度のメッセージは、リモートでログに記録されません。 たとえば、[Error] を選択した場合、Cisco IMC リモート ログには重大度が Emergency、Alert、Critical、または Error のすべてのメッセージが含まれます。 Warning、Notice、Informational、または Debug のメッセージは表示されません。

                ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                Cisco IMC ログしきい値の設定

                Cisco IMC ログに含まれるメッセージの最低レベルを指定できます。

                手順
                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
                  ステップ 3   [Faults and Logs] ペインの [Logging Controls] タブをクリックします。
                  ステップ 4   [Local Logging] 領域で、[Minimum Severity to Report] ドロップダウン リストを使用して、Cisco IMC ログに含まれるメッセージの最低レベルを指定します。

                  次のいずれかを選択できます。重大度の高いものから順に並んでいます。

                  • Emergency

                  • Alert

                  • Critical

                  • Error

                  • 警告(Warning)

                  • Notice

                  • Informational

                  • Debug

                  (注)     

                  Cisco IMC では、選択した重大度よりも低い重大度のメッセージはログに記録されません。 たとえば、[Error] を選択した場合、Cisco IMC ログには重大度が Emergency、Alert、Critical、または Error のすべてのメッセージが含まれます。 Warning、Notice、Informational、または Debug のメッセージは表示されません。


                  リモート サーバへのテスト Cisco IMC ログの送信

                  はじめる前に
                  • リモート syslog サーバが、リモート ホストからのログを受信するよう設定されている必要があります。

                  • リモート syslog サーバが、authentication-related ログなどのすべてのタイプのログを受信するよう設定されている必要があります。

                  • リモート syslog サーバのファイアウォールが、syslog メッセージが syslog サーバに到達することを許可するよう設定されている必要があります。

                  手順
                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [サーバ] タブの [障害およびログ] をクリックします。
                    ステップ 3   [Faults and Logs] ペインの [Logging Controls] タブをクリックします。
                    ステップ 4   [Action] 領域の [Send Test Syslog] をクリックします。

                    設定されているリモート サーバにテスト Cisco IMC ログが送信されます。