Cisco UCS C シリーズ サーバ Integrated Management Controller GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.0
ネットワーク アダプタの管理
ネットワーク アダプタの管理

目次

ネットワーク アダプタの管理

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS C シリーズ ネットワーク アダプタの概要


(注)  


この章の手順は、Cisco UCS C シリーズ ネットワーク アダプタがシャーシに設置される場合にのみ使用できます。


Cisco UCS C シリーズ ネットワーク アダプタを設置することで、I/O の統合と仮想化をサポートするためのオプションが提供されます。 次のアダプタを使用できます。

  • Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カード

  • Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カード

対話型の UCS ハードウェアおよびソフトウェア相互運用性ユーティリティを使用すると、選択したサーバ モデルとソフトウェア リリース用のサポートされているコンポーネントと構成を表示できます。 このユーティリティは次の URL で入手できます。http:/​/​www.cisco.com/​web/​techdoc/​ucs/​interoperability/​matrix/​matrix.html

Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カード

Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カードは、仮想化された環境、物理環境でのモビリティを高めようとしている組織、および NIC、HBA、ケーブル敷設、スイッチ低減によるコスト削減と管理オーバーヘッドの削減が必要なデータセンター用に最適です。 Fibre Channel over Ethernet(FCoE)PCIe カードには、次の利点があります。

  • ジャストインタイムのプロビジョニングを使用して、最大で 16 個の仮想ファイバ チャネルと 16 個のイーサネット アダプタを仮想化または非仮想化環境でプロビジョニングできます。それにより、システムの柔軟性が大幅に向上するとともに、複数の物理アダプタを統合することが可能になります。

  • 仮想化を全面的にサポートしたドライバ(Cisco VN-Link テクノロジーとパススルー スイチングのハードウェアベースの実装を含む)。

  • ネットワーク ポリシーとセキュリティの可視性およびポータビリティが、仮想マシンにまでわたる全域で提供されることにより、システムのセキュリティおよび管理性が向上します。

仮想インターフェイス カードは、親ファブリック インターコネクトに対して Cisco VN-Link 接続を確立します。それにより、仮想マシン内の仮想 NIC を仮想リンクでインターコネクトに接続できるようになります。 この場合、Cisco Unified Computing System 環境で、仮想リンクを管理し、ネットワーク プロファイルを適用することができます。また、仮想マシンがシステム内のサーバ間を移動するときに、インターフェイスを動的に再プロビジョニングできます。

Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カード

Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カードは、サーバ仮想化によって導入される種々の新しい動作モードを高速化する、高性能の統合型ネットワーク アダプタです。 優れた柔軟性、パフォーマンス、帯域幅を新世代の Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバに提供します。

Cisco UCS VIC 1225 は、仮想ネットワーキングと物理ネットワーキングを単一のインフラストラクチャに統合する Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダ(VM-FEX)を実装しています。 これにより、物理ネットワークから仮想マシンへのアクセスに対する可視性と、物理サーバと仮想サーバに対する一貫したネットワーク運用モデルの実現が可能になります。 柔軟な設定が可能で、それ自体も仮想化に対応しているこのアダプタは、仮想化された環境において、Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバに統合モジュラ LAN インターフェイスを提供します。 その他の機能と特長には次のようなものがあります。

  • 最大 256 台の PCle 仮想デバイス、仮想ネットワーク インターフェイス カード(vNIC)または仮想ホスト バス アダプタ(vHBA)のサポート、高い I/O 処理/秒(IOPS)、ロスレス イーサネットのサポート、サーバへの 20 Gbps の接続を提供。

  • PCIe Gen2 x16 により、ファブリック インターコネクトへの冗長パスを通じてネットワーク集約型アプリケーションのホスト サーバに適切な帯域幅を確実に提供。

  • シスコ認定のサードパーティ製アダプタ用にサーバのフルハイト スロットが予約されたハーフハイト設計。

  • Cisco UCS Manager による中央集中管理。Microsoft Windows、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux、VMware vSphere、および Citrix XenServer をサポート。

ネットワーク アダプタのプロパティの表示

はじめる前に
  • サーバの電源をオンにする必要があります。そうしないと、プロパティが表示されません。

手順
    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
    ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
    ステップ 3   [インベントリ] ペインの [ネットワーク アダプタ] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Network Adapters] 領域で、次の情報を確認します。
    名前 説明

    [Slot ID] カラム

    アダプタが装着されているスロット。

    [Product Name] カラム

    アダプタの製品名。

    [Number of Interfaces] カラム

    アダプタのインターフェイス番号。

    ステップ 5   [Adapter Card] 領域で、次の情報を確認します。
    名前 説明

    [ID] カラム

    外部イーサネット インターフェイスの ID。

    [MAC Address] カラム

    外部イーサネット インターフェイスの MAC アドレス。


    VIC アダプタのプロパティの表示

    はじめる前に
    • サーバの電源をオンにする必要があります。そうしないと、プロパティが表示されません。

    • サポートされている仮想インターフェイス カード(VIC)がシャーシに装着されていて、サーバの電源がオンになっている必要があります。

    手順
      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
      ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
      ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
      ステップ 4   [Adapter Cards] 領域で、プロパティを表示するアダプタをテーブル内でクリックします。

      選択したアダプタのリソースが、[Adapter Cards] 領域の下のタブ メニューに表示されます。

      ステップ 5   [Adapter Cards] 領域で、装着されているアダプタの次の情報を確認します。
      名前 説明

      [PCI Slot] カラム

      アダプタが装着されている PCI スロット。

      [Product Name] カラム

      アダプタの製品名。

      [Serial Number] カラム

      アダプタのシリアル番号。

      [Product ID] カラム

      アダプタの製品 ID。

      [Vendor] カラム

      アダプタのベンダー。

      [Cisco IMC Management Enabled] カラム

      アダプタが Cisco IMC を管理できるかどうか。 この機能は、設置されているアダプタのタイプと、その設定内容によって異なります。 詳細については、使用しているサーバ タイプに対応するハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

      ステップ 6   [Adapter Cards] 領域の下のタブ付きメニューで、[General] タブをクリックします。
      ステップ 7   [Adapter Card Properties] 領域で、アダプタの次の情報を確認します。
      名前 説明

      [PCI Slot] フィールド

      アダプタが装着されている PCI スロット。

      [Vendor] フィールド

      アダプタのベンダー。

      [Product Name] フィールド

      アダプタの製品名。

      [Product ID] フィールド

      アダプタの製品 ID。

      [Serial Number] フィールド

      アダプタのシリアル番号。

      [Version ID] フィールド

      アダプタのバージョン ID。

      [Hardware Revision] フィールド

      アダプタのハードウェア リビジョン。

      [Cisco IMC Management Enabled] フィールド

      このフィールドに [yes] と表示されている場合、そのアダプタは Cisco Card モードで動作しており、サーバの Cisco IMCCisco IMC 管理トラフィックを渡しています。

      [Configuration Pending] フィールド

      このフィールドに [yes] と表示されている場合、そのアダプタの設定は Cisco IMC で変更されていますが、ホストのオペレーティング システムには変更内容が通知されていません。

      変更を有効にするには、管理者がアダプタをリブートする必要があります。

      [Description] フィールド

      ユーザが定義したアダプタの説明(存在する場合)。

      [FIP Mode] フィールド

      FCoE Initialization Protocol(FIP)モードがイネーブルかどうか。 FIP モードは、アダプタが現在の FCoE 標準との互換性を保つことを保証します。

      [VNTAG Mode] フィールド

      仮想ネットワーク タグ(VNTAG)をイネーブルにするかどうか。

      VNTAG モードがイネーブルな場合、以下の操作を実行できます。

      • 特定のチャネルに vNIC と vHBA を割り当てる。

      • vNIC と vHBA にポート プロファイルを関連付ける。

      • 通信に問題が生じた場合、vNIC を他の vNIC にフェールオーバーする。

      [ISCSI Boot Capable] フィールド

      iSCSI ブートがアダプタでサポートされるかどうか。

      [usNIC Capable] フィールド

      アダプタおよびアダプタで実行されるファームウェアが usNIC をサポートするかどうか。

      ステップ 8   [External Ethernet Interfaces] 領域で、アダプタの次の情報を確認します。
      名前 説明

      [ID] カラム

      アップリンク ポート ID。

      [MAC Address] カラム

      アップリンク ポートの MAC アドレス。

      [Link State] カラム

      アップリンク ポートの現在の動作状態。 次のいずれかになります。

      • Fault

      • Link Up

      • Link Down

      • SFP ID Error

      • SFP Not Installed

      • SFP Security Check Failed

      • Unsupported SFP

      [Encap] カラム

      アダプタが動作するモード。 次のいずれかになります。

      • [CE]:クラシカル イーサネット モード。

      • [NIV]:ネットワーク インターフェイス仮想化モード。

      [Admin Speed] カラム

      ポートのデータ転送レート。 次のいずれかになります。

      • 自動

      • 1 Gpbs

      • 10 Gpbs

      (注)     

      このオプションを使用できるのは一部のアダプタ カードのみです。

      [Operating Speed] カラム

      ポートの動作レート。 次のいずれかになります。

      • 自動

      • 1 Gpbs

      • 10 Gpbs

      (注)     

      このオプションを使用できるのは一部のアダプタ カードのみです。

      ステップ 9   [Firmware] 領域で、アダプタの次の情報を確認します。
      名前 説明

      [Running Version] フィールド

      現在有効なファームウェア バージョン。

      [Backup Version] フィールド

      アダプタにインストールされている別のファームウェア バージョン(存在する場合)。 バックアップ バージョンは現在動作していません。 バックアップ バージョンをアクティブにするには、管理者が [Actions] 領域で [Activate Firmware] をクリックします。

      (注)     

      アダプタに新しいファームウェアをインストールすると、既存のバックアップ バージョンはすべて削除され、新しいファームウェアがバックアップ バージョンになります。 アダプタで新しいバージョンを実行するには、その新しいバージョンを手動でアクティブにする必要があります。

      [Startup Version] フィールド

      次回アダプタがリブートされたときにアクティブになるファームウェア バージョン。

      [Bootloader Version] フィールド

      アダプタ カードに関連付けられたブートローダのバージョン。

      [Status] フィールド

      このアダプタで前回実行されたファームウェアのアクティブ化のステータス。

      (注)     

      このステータスはアダプタがリブートされるたびにリセットされます。


      次の作業

      仮想 NIC、VM FEX、および仮想 HBA のプロパティを表示するには、次の項を参照してください。

      ストレージ アダプタのプロパティの表示

      はじめる前に
      • サーバの電源が投入されている。

      手順
        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
        ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
        ステップ 3   [Inventory] ペインの [Storage Adapters] タブをクリックし、次の情報を確認します。
        名前 説明

        [Controller] フィールド

        コントローラの種類

        [PCI Slot] フィールド

        アダプタが装着されている PCI スロット。

        [Product Name] フィールド

        アダプタの製品名。

        [Serial Number] フィールド

        アダプタのシリアル番号。

        [Firmware Package Build] フィールド

        アダプタ用のインストール済みファームウェア パッケージ。

        [Product ID] フィールド

        アダプタの製品 ID。

        [Battery Status] フィールド

        アダプタのベンダー。

        [Cache Memory Size] フィールド

        キャッシュ メモリのサイズ(MB 単位)。

        [Health] フィールド

        アダプタの状態。 次のいずれかになります。

        • Good

        • Moderate Fault

        • Severe Fault

        • 該当なし

        [Details] リンク

        [Details] リンクをクリックすると [Storage] タブが表示されます。


        vHBA の管理

        vHBA 管理のガイドライン

        vHBA を管理する場合は、次のガイドラインと制限事項を考慮してください。

        • Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カード および Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カードには 2 つの vHBA(fc0 と fc1)があります。 これらのアダプタ カードでは最大 16 個の vHBA を追加作成できます。


          (注)  


          アダプタに対してネットワーク インターフェイスの仮想化(NIV)モードがイネーブルになっている場合は、vHBA を作成するときにチャネル番号を割り当てる必要があります。


        • FCoE アプリケーションで Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カード または Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カードを使用している場合は、vHBA を FCoE VLAN に関連付ける必要があります。 vHBA のプロパティの変更の説明に従って FCoE VLAN を割り当ててください。

        • 設定の変更後は、その設定を有効にするためにホストをリブートする必要があります。

        vHBA のプロパティの表示

        手順
          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
          ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
          ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
          ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

          サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

          ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
          ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
          ステップ 7   [Properties] をクリックして [vHBA Properties] ダイアログボックスを開きます。
          ステップ 8   [General] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [Name] フィールド

          仮想 HBA の名前。

          この名前は、vHBA の作成後は変更できません。

          [World Wide Node Name] フィールド

          vHBA に関連付けられた WWNN。

          WWNN を自動的に生成するには、[AUTO] を選択します。 WWNN を指定するには、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WWNN を入力します。

          [World Wide Port Name] フィールド

          vHBA に関連付けられた WWPN。

          WWPN を自動的に生成するには、[AUTO] を選択します。 WWPN を指定するには、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WWPN を入力します。

          [FC SAN Boot] チェックボックス

          オンにすると、vHBA を使用して SAN ブートを実行できます。

          [Enable Persistent LUN Binding] チェックボックス

          オンにすると、LUN ID のアソシエーションは手動でクリアされるまで、メモリに維持されます。

          [Uplink Port] フィールド

          vHBA に関連付けられたアップリンク ポート。

          (注)     

          この値は、システム定義の vHBA である fc0 と fc1 については変更できません。

          [MAC Address] フィールド

          vHBA に関連付けられた MAC アドレス。

          システムが MAC アドレスを生成するようにするには、[AUTO] を選択します。 アドレスを指定するには、2 番目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに MAC アドレスを入力します。

          [Default VLAN] フィールド

          この vHBA にデフォルトの VLAN がない場合、[NONE] をクリックします。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、フィールドに 1 ~ 4094 の VLAN ID を入力します。

          [Class of Service] ドロップダウン リスト

          vHBA の CoS。

          0 ~ 6 の整数を選択します。0 が最も低い優先度で、6 が最も高い優先度になります。

          (注)     

          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

          [Rate Limit] フィールド

          この vHBA 上のトラフィックのデータ レート制限(Mbps 単位)。

          この vHBA に無制限のデータ レートを設定するには、[OFF] を選択します。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、1 ~ 10,000 の整数を入力します。

          (注)     

          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

          [PCIe Device Order] フィールド

          この vHBA が使用される順序。

          システムが順序を設定するようにするには、[ANY] を選択します。 順序を指定するには、2 つ目のオプション ボタンを選択し、0 ~ 17 の整数を入力します。

          [EDTOV] フィールド

          エラー検出タイムアウト値(EDTOV)。システムが、エラーが発生したと見なすまでに待機するミリ秒数です。

          1,000 ~ 100,000 の整数を入力します。 デフォルトは 2,000 ミリ秒です。

          [RATOV] フィールド

          リソース割り当てタイムアウト値(RATOV)。システムが、リソースを適切に割り当てることができないと見なすまでに待機するミリ秒数です。

          5,000 ~ 100,000 の整数を入力します。 デフォルトは 10,000 ミリ秒です。

          [Max Data Field Size] フィールド

          vHBA がサポートするファイバ チャネル フレームのペイロード バイトの最大サイズ。

          256 ~ 2112 の範囲の整数を入力します。

          [Channel Number] フィールド

          この vHBA に割り当てるチャネル番号。

          1 ~ 1,000 の整数を入力します。

          (注)     

          このオプションには VNTAG モードが必要です。

          [Port Profile] ドロップダウン リスト

          vHBA に関連付ける必要があるポート プロファイル(ある場合)。

          このフィールドには、このサーバが接続しているスイッチに定義されたポート プロファイルが表示されます。

          (注)     

          このオプションには VNTAG モードが必要です。

          ステップ 9   [Error Recovery] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [Enable FCP Error Recovery] チェックボックス

          オンにすると、システムは FCP Sequence Level Error Recovery プロトコル(FC-TAPE)を使用します。

          [Link Down Timeout] フィールド

          アップリンク ポートがダウンし、ファブリック接続が失われていることをシステムに通知する前に、アップリンク ポートがオフラインになっていなければならないミリ秒数。

          0 ~ 240,000 の整数を入力します。

          [Port Down I/O Retries] フィールド

          ポートが使用不可能であるとシステムが判断する前に、そのポートへの I/O 要求がビジー状態を理由に戻される回数。

          0 ~ 255 の整数を入力します。

          [Port Down Timeout] フィールド

          リモート ファイバ チャネル ポートが使用不可能であることを SCSI 上位層に通知する前に、そのポートがオフラインになっていなければならないミリ秒数。

          0 ~ 240,000 の整数を入力します。

          ステップ 10   [Fibre Channel Interrupt] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [Interrupt Mode] ドロップダウン リスト

          優先ドライバ割り込みモード。 次のいずれかになります。

          • [MSIx]:機能拡張された Message Signaled Interrupts(MSI)。 これは推奨オプションです。

          • [MSI]:MSI だけ。

          • [INTx]:PCI INTx 割り込み。

          ステップ 11   [Fibre Channel Port] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [I/O Throttle Count] フィールド

          vHBA 内に同時に保留可能な I/O 操作の数。

          1 ~ 1,024 の整数を入力します。

          [LUNs Per Target] フィールド

          ドライバでエクスポートされる LUN の最大数。 通常は、オペレーティング システム プラットフォームの制限です。

          1 ~ 1,024 の整数を入力します。 推奨値は 1024 です。

          ステップ 12   [Fibre Channel Port FLOGI] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [FLOGI Retries] フィールド

          システムがファブリックへのログインを最初に失敗してから再試行する回数。

          再試行回数を無制限に指定するには、[INFINITE] オプション ボタンを選択します。 それ以外の場合は、2 番目のオプション ボタンを選択し、対応するフィールドに整数を入力します。

          [FLOGI Timeout] フィールド

          システムがログインを再試行する前に待機するミリ秒数。

          1,000 ~ 255,000 の整数を入力します。

          ステップ 13   [Fibre Channel Port PLOGI] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [PLOGI Retries] フィールド

          システムがポートへのログインを最初に失敗してから再試行する回数。

          0 ~ 255 の整数を入力します。

          [PLOGI Timeout] フィールド

          システムがログインを再試行する前に待機するミリ秒数。

          1,000 ~ 255,000 の整数を入力します。

          ステップ 14   [SCSI I/O] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [CDB Transmit Queue Count] フィールド

          システムで割り当てる SCSI I/O キュー リソースの数。

          1 ~ 8 の整数を入力します。

          [CDB Work Queue Ring Size] フィールド

          各 SCSI I/O キュー内の記述子の数。

          64 ~ 512 の整数を入力します。

          ステップ 15   [Receive/Transmit Queues] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
          名前 説明

          [FC Work Queue Ring Size] フィールド

          各送信キュー内の記述子の数。

          64 ~ 128 の整数を入力します。

          [FC Receive Queue Ring Size] フィールド

          各受信キュー内の記述子の数。

          64 ~ 128 の整数を入力します。


          vHBA のプロパティの変更

          手順
            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
            ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
            ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
            ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

            サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

            ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
            ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
            ステップ 7   [Properties] をクリックして [vHBA Properties] ダイアログボックスを開きます。
            ステップ 8   [General] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [Name] フィールド

            仮想 HBA の名前。

            この名前は、vHBA の作成後は変更できません。

            [World Wide Node Name] フィールド

            vHBA に関連付けられた WWNN。

            WWNN を自動的に生成するには、[AUTO] を選択します。 WWNN を指定するには、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WWNN を入力します。

            [World Wide Port Name] フィールド

            vHBA に関連付けられた WWPN。

            WWPN を自動的に生成するには、[AUTO] を選択します。 WWPN を指定するには、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WWPN を入力します。

            [FC SAN Boot] チェックボックス

            オンにすると、vHBA を使用して SAN ブートを実行できます。

            [Enable Persistent LUN Binding] チェックボックス

            オンにすると、LUN ID のアソシエーションは手動でクリアされるまで、メモリに維持されます。

            [Uplink Port] フィールド

            vHBA に関連付けられたアップリンク ポート。

            (注)     

            この値は、システム定義の vHBA である fc0 と fc1 については変更できません。

            [MAC Address] フィールド

            vHBA に関連付けられた MAC アドレス。

            システムが MAC アドレスを生成するようにするには、[AUTO] を選択します。 アドレスを指定するには、2 番目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに MAC アドレスを入力します。

            [Default VLAN] フィールド

            この vHBA にデフォルトの VLAN がない場合、[NONE] をクリックします。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、フィールドに 1 ~ 4094 の VLAN ID を入力します。

            [Class of Service] ドロップダウン リスト

            vHBA の CoS。

            0 ~ 6 の整数を選択します。0 が最も低い優先度で、6 が最も高い優先度になります。

            (注)     

            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

            [Rate Limit] フィールド

            この vHBA 上のトラフィックのデータ レート制限(Mbps 単位)。

            この vHBA に無制限のデータ レートを設定するには、[OFF] を選択します。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、1 ~ 10,000 の整数を入力します。

            (注)     

            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

            [PCIe Device Order] フィールド

            この vHBA が使用される順序。

            システムが順序を設定するようにするには、[ANY] を選択します。 順序を指定するには、2 つ目のオプション ボタンを選択し、0 ~ 17 の整数を入力します。

            [EDTOV] フィールド

            エラー検出タイムアウト値(EDTOV)。システムが、エラーが発生したと見なすまでに待機するミリ秒数です。

            1,000 ~ 100,000 の整数を入力します。 デフォルトは 2,000 ミリ秒です。

            [RATOV] フィールド

            リソース割り当てタイムアウト値(RATOV)。システムが、リソースを適切に割り当てることができないと見なすまでに待機するミリ秒数です。

            5,000 ~ 100,000 の整数を入力します。 デフォルトは 10,000 ミリ秒です。

            [Max Data Field Size] フィールド

            vHBA がサポートするファイバ チャネル フレームのペイロード バイトの最大サイズ。

            256 ~ 2112 の範囲の整数を入力します。

            [Channel Number] フィールド

            この vHBA に割り当てるチャネル番号。

            1 ~ 1,000 の整数を入力します。

            (注)     

            このオプションには VNTAG モードが必要です。

            [Port Profile] ドロップダウン リスト

            vHBA に関連付ける必要があるポート プロファイル(ある場合)。

            このフィールドには、このサーバが接続しているスイッチに定義されたポート プロファイルが表示されます。

            (注)     

            このオプションには VNTAG モードが必要です。

            ステップ 9   [Error Recovery] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [Enable FCP Error Recovery] チェックボックス

            オンにすると、システムは FCP Sequence Level Error Recovery プロトコル(FC-TAPE)を使用します。

            [Link Down Timeout] フィールド

            アップリンク ポートがダウンし、ファブリック接続が失われていることをシステムに通知する前に、アップリンク ポートがオフラインになっていなければならないミリ秒数。

            0 ~ 240,000 の整数を入力します。

            [Port Down I/O Retries] フィールド

            ポートが使用不可能であるとシステムが判断する前に、そのポートへの I/O 要求がビジー状態を理由に戻される回数。

            0 ~ 255 の整数を入力します。

            [Port Down Timeout] フィールド

            リモート ファイバ チャネル ポートが使用不可能であることを SCSI 上位層に通知する前に、そのポートがオフラインになっていなければならないミリ秒数。

            0 ~ 240,000 の整数を入力します。

            ステップ 10   [Fibre Channel Interrupt] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [Interrupt Mode] ドロップダウン リスト

            優先ドライバ割り込みモード。 次のいずれかになります。

            • [MSIx]:機能拡張された Message Signaled Interrupts(MSI)。 これは推奨オプションです。

            • [MSI]:MSI だけ。

            • [INTx]:PCI INTx 割り込み。

            ステップ 11   [Fibre Channel Port] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [I/O Throttle Count] フィールド

            vHBA 内に同時に保留可能な I/O 操作の数。

            1 ~ 1,024 の整数を入力します。

            [LUNs Per Target] フィールド

            ドライバでエクスポートされる LUN の最大数。 通常は、オペレーティング システム プラットフォームの制限です。

            1 ~ 1,024 の整数を入力します。 推奨値は 1024 です。

            ステップ 12   [Fibre Channel Port FLOGI] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [FLOGI Retries] フィールド

            システムがファブリックへのログインを最初に失敗してから再試行する回数。

            再試行回数を無制限に指定するには、[INFINITE] オプション ボタンを選択します。 それ以外の場合は、2 番目のオプション ボタンを選択し、対応するフィールドに整数を入力します。

            [FLOGI Timeout] フィールド

            システムがログインを再試行する前に待機するミリ秒数。

            1,000 ~ 255,000 の整数を入力します。

            ステップ 13   [Fibre Channel Port PLOGI] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [PLOGI Retries] フィールド

            システムがポートへのログインを最初に失敗してから再試行する回数。

            0 ~ 255 の整数を入力します。

            [PLOGI Timeout] フィールド

            システムがログインを再試行する前に待機するミリ秒数。

            1,000 ~ 255,000 の整数を入力します。

            ステップ 14   [SCSI I/O] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [CDB Transmit Queue Count] フィールド

            システムで割り当てる SCSI I/O キュー リソースの数。

            1 ~ 8 の整数を入力します。

            [CDB Work Queue Ring Size] フィールド

            各 SCSI I/O キュー内の記述子の数。

            64 ~ 512 の整数を入力します。

            ステップ 15   [Receive/Transmit Queues] 領域で、次のフィールドを更新します。
            名前 説明

            [FC Work Queue Ring Size] フィールド

            各送信キュー内の記述子の数。

            64 ~ 128 の整数を入力します。

            [FC Receive Queue Ring Size] フィールド

            各受信キュー内の記述子の数。

            64 ~ 128 の整数を入力します。

            ステップ 16   [変更を保存] をクリックします。

            vHBA の作成

            アダプタは 2 つの固定 vHBA を備えています。 NIV モードがイネーブルの場合、最大 16 個の追加 vHBA を作成できます。

            手順
              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
              ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
              ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
              ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

              サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

              ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
              ステップ 6   [Host Fibre Channel Interfaces] 領域で、次のアクションのいずれかを選択します。
              • デフォルトの設定を使用して vHBA を作成するには、[Add] をクリックします。
              • 既存の vHBA と同じ設定を使用して vHBA を作成するには、その vHBA を選択して [Clone] をクリックします。

              [Add vHBA] ダイアログボックスが表示されます。

              ステップ 7   [Add vHBA] ダイアログボックスで、vHBA の名前を [Name] 入力ボックスに入力します。
              ステップ 8   [Add vHBA] をクリックします。

              次の作業

              • サーバをリブートして vHBA を作成します。

              • 設定の変更が必要な場合は、vHBA のプロパティの変更の説明に従って、新しい vHBA を設定します。

              vHBA の削除

              手順
                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
                ステップ 6   [Host Fibre Channel Interfaces] 領域で、表から vHBA を選択します。
                (注)      2 つのデフォルトの vHBA である [fc0] または [fc1] は削除できません。
                ステップ 7   [Delete] をクリックし、削除することを確認するために [OK] をクリックします。

                vHBA ブート テーブル

                vHBA ブート テーブルには、サーバがブート可能な LUN を 4 つまで指定できます。

                ブート テーブル エントリの作成

                手順
                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                  ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                  ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                  サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                  ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
                  ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
                  ステップ 7   [Boot Table] をクリックして、選択した vHBA の [Boot Table] ダイアログボックスを開きます。
                  ステップ 8   [Boot Table] ダイアログボックスで、[Add] をクリックして [Add Boot Entry] ダイアログボックスを開きます。
                  ステップ 9   [Add Boot Entry] ダイアログボックスで、次のフィールドを更新します。
                  名前 説明

                  [Target WWPN] フィールド

                  ブート イメージの場所に対応するワールド ワイド ポート(WWPN)名。

                  WWPN は hh:hh:hh:hh:hh:hh:hh:hh の形式で入力します。

                  [LUN ID] フィールド

                  ブート イメージの場所に対応する LUN ID。

                  ID として 0 ~ 255 の値を入力します。

                  [Add Boot Entry] ボタン

                  指定された場所をブート テーブルに追加します。

                  [Reset Values] ボタン

                  現在フィールドに入力されている値をクリアします。

                  [Cancel] ボタン

                  ダイアログボックスが開いているときに行われた変更を保存せずにダイアログボックスを閉じます。

                  ステップ 10   [Add Boot Entry] をクリックします。

                  ブート テーブル エントリの削除

                  手順
                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                    ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                    ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                    サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                    ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
                    ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
                    ステップ 7   [Boot Table] をクリックして、選択した vHBA の [Boot Table] ダイアログボックスを開きます。
                    ステップ 8   [Boot Table] ダイアログボックスで、削除するエントリをクリックします。
                    ステップ 9   [Delete] をクリックし、削除することを確認するために [OK] をクリックします。

                    vHBA の永続的なバインディング

                    永続的なバインディングは、システムによって割り当てられたファイバ チャネル ターゲットのマッピングがリブート後も維持されることを保証します。

                    永続的なバインディングの表示

                    手順
                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                      ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                      ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                      ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                      サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                      ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
                      ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
                      ステップ 7   [Persistent Bindings] をクリックして、選択した vHBA の [Persistent Bindings] ダイアログボックスを開きます。
                      ステップ 8   選択した vHBA の [Persistent Bindings] ダイアログボックスで、次の情報を確認します。
                      名前 説明

                      [Index] カラム

                      バインディングの固有識別子。

                      [Target WWPN] カラム

                      バインディングが関連付けられるターゲットのワールド ワイド ポート名。

                      [Host WWPN] カラム

                      バインディングが関連付けられるホストのワールド ワイド ポート名。

                      [Bus ID] カラム

                      バインディングが関連付けられるバス ID。

                      [Target ID] カラム

                      バインディングが関連付けられる、ホスト システム上のターゲット ID。

                      [Rebuild Persistent Bindings] ボタン

                      未使用のすべてのバインディングをクリアし、使用されているバインディングをリセットします。

                      [Close] ボタン

                      ダイアログボックスを閉じ、変更を保存します。

                      ステップ 9   [Close] をクリックします。

                      永続的なバインディングの再作成

                      手順
                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                        ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                        ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                        ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                        サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                        ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vHBA] タブをクリックします。
                        ステップ 6   [ホスト ファイバー チャネル インターフェイス] 領域で、表から vHBA を選択します。
                        ステップ 7   [Persistent Bindings] をクリックして、選択した vHBA の [Persistent Bindings] ダイアログボックスを開きます。
                        ステップ 8   選択した vHBA の [Persistent Bindings] ダイアログボックスで、[Rebuild Persistent Bindings] をクリックします。
                        ステップ 9   [Close] をクリックします。

                        vNIC の管理

                        vNIC 管理のガイドライン

                        vNIC を管理する場合は、次のガイドラインと制限事項を考慮してください。

                        • Cisco UCS P81E 仮想インターフェイス カード および Cisco UCS VIC1225 仮想インターフェイス カードには 2 つのデフォルト vNIC(eth0 と eth1)があります。 これらのアダプタ カードに最大 16 個の追加 vNIC を作成できます。


                          (注)  


                          アダプタに対してネットワーク インターフェイスの仮想化(NIV)モードがイネーブルになっている場合、vNIC を作成するときにチャネル番号を割り当てる必要があります。


                        • 設定の変更後は、その設定を有効にするためにホストをリブートする必要があります。

                        vNIC のプロパティの表示

                        手順
                          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                          ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                          ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                          ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                          サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                          ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                          ステップ 6   [ホスト イーサネット インターフェイス] 領域で、表から vNIC を選択します。
                          ステップ 7   [Properties] をクリックして [vNIC Properties] ダイアログボックスを開きます。
                          ステップ 8   [General] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Name] フィールド

                          仮想 NIC の名前。

                          この名前は、vNIC の作成後は変更できません。

                          [MTU] フィールド

                          この vNIC で受け入れられる最大伝送単位、つまりパケット サイズ。

                          1500 ~ 9000 の整数を入力します。

                          [Uplink Port] ドロップダウン リスト

                          この vNIC に関連付けられたアップリンク ポート。 この vNIC に対するすべてのトラフィックは、このアップリンク ポートを通過します。

                          [MAC Address] フィールド

                          vNIC に関連付けられた MAC アドレス。

                          アダプタが内部プールから使用可能な MAC アドレスを選択するようにするには、[Auto] を選択します。 アドレスを指定するには、2 番目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに MAC アドレスを入力します。

                          [Class of Service] ドロップダウン リスト

                          この vNIC からのトラフィックに関連付けられるサービス クラス。

                          0 ~ 6 の整数を選択します。0 が最も低い優先度で、6 が最も高い優先度になります。

                          (注)     

                          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                          [Trust Host CoS] チェックボックス

                          vNIC で、ホスト オペレーティング システムが提供するサービス クラスを使用できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                          [PCI Order] フィールド

                          この vNIC が使用される順序。

                          システムが順序を設定するようにするには、[ANY] を選択します。 順序を指定するには、2 つ目のオプション ボタンを選択し、0 ~ 17 の整数を入力します。

                          [Default VLAN] フィールド

                          この vNIC にデフォルトの VLAN がない場合、[NONE] をクリックします。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、フィールドに 1 ~ 4094 の VLAN ID を入力します。

                          (注)     

                          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                          [VLAN Mode] ドロップダウン リスト

                          VLAN トランキングを使用する場合は、[TRUNK] を選択します。 それ以外の場合は [ACCESS] を選択します。

                          (注)     

                          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                          [Rate Limit] フィールド

                          この vNIC に無制限のデータ レートを設定するには、[OFF] を選択します。 それ以外の場合は、2 番目のオプション ボタンをクリックし、関連するフィールドにレート制限を入力します。

                          1 ~ 10,000 Mbps の整数を入力します。

                          (注)     

                          このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                          [Enable PXE Boot] チェックボックス

                          vNIC を使用して PXE ブートを実行する場合は、このチェックボックスをオンにします。

                          [Channel Number] フィールド

                          この vNIC に割り当てるチャネル番号を選択します。

                          (注)     

                          このオプションには VNTAG モードが必要です。

                          [Port Profile] ドロップダウン リスト

                          vNIC に関連付けられているポート プロファイルを選択します。

                          このフィールドには、このサーバが接続しているスイッチに定義されたポート プロファイルが表示されます。

                          (注)     

                          このオプションには VNTAG モードが必要です。

                          [Enable Uplink Failover] チェックボックス

                          通信の問題が発生した場合に、この vNIC 上のトラフィックをセカンダリ インターフェイスにフェールオーバーするには、このチェックボックスをオンにします。

                          (注)     

                          このオプションには VNTAG モードが必要です。

                          [Failback Timeout] フィールド

                          セカンダリ インターフェイスを使用して vNIC が始動した後、その vNIC のプライマリ インターフェイスが再びシステムで使用されるには、プライマリ インターフェイスが一定時間使用可能な状態になっている必要があり、その時間の長さをこの設定で制御します。

                          0 ~ 600 の範囲の秒数を入力します。

                          (注)     

                          このオプションには VNTAG モードが必要です。

                          ステップ 9   [Ethernet Interrupt] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Interrupt Count] フィールド

                          割り当てる割り込みリソースの数。 通常、この値は、完了キュー リソースの数と同じにします。

                          1 ~ 514 の整数を入力します。

                          [Coalescing Time] フィールド

                          割り込み間の待機時間、または割り込みが送信される前に必要な休止期間。

                          1 ~ 65535 の整数を入力します。 割り込み調停をオフにするには、このフィールドに 0(ゼロ)を入力します。

                          [Coalescing Type] ドロップダウン リスト

                          次のいずれかになります。

                          • [MIN]:システムは、別の割り込みイベントを送信する前に [Coalescing Time] フィールドに指定された時間だけ待機します。

                          • [IDLE]:アクティビティなしの期間が少なくとも [Coalescing Time] フィールドに指定された時間続くまで、システムから割り込みは送信されません。

                          [Interrupt Mode] ドロップダウン リスト

                          優先ドライバ割り込みモード。 次のいずれかになります。

                          • [MSI-X]:機能拡張された Message Signaled Interrupts(MSI)。 これは推奨オプションです。

                          • [MSI]:MSI だけ。

                          • [INTx]:PCI INTx 割り込み。

                          ステップ 10   [Ethernet Receive Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Receive Queue Count] フィールド

                          割り当てる受信キュー リソースの数。

                          1 ~ 256 の整数を入力します。

                          [Receive Queue Ring Size] フィールド

                          各受信キュー内の記述子の数。

                          64 ~ 4096 の整数を入力します。

                          ステップ 11   [Ethernet Transmit Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Transmit Queue Count] フィールド

                          割り当てる送信キュー リソースの数。

                          1 ~ 256 の整数を入力します。

                          [Transmit Queue Ring Size] フィールド

                          各送信キュー内の記述子の数。

                          64 ~ 4096 の整数を入力します。

                          ステップ 12   [Completion Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Completion Queue Count] フィールド

                          割り当てる完了キュー リソースの数。 通常、割り当てなければならない完了キュー リソースの数は、送信キュー リソースの数に受信キュー リソースの数を加えたものと等しくなります。

                          1 ~ 512 の整数を入力します。

                          [Completion Queue Ring Size] フィールド

                          各完了キュー内の記述子の数。

                          この値は変更できません。

                          ステップ 13   [TCP Offload] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Enable TCP Segmentation Offload] チェックボックス

                          オンにすると、CPU はセグメント化する必要がある大きな TCP パケットをハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減され、スループット率が向上する可能性があります。

                          オフにすると、CPU は大きいパケットをセグメント化します。

                          (注)     

                          このオプションは、Large Send Offload(LSO)とも呼ばれています。

                          [Enable TCP Rx Offload Checksum Validation] チェックボックス

                          オンにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証のためにハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                          オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証します。

                          [Enable TCP Tx Offload Checksum Generation] チェックボックス

                          オンにすると、CPU はすべてのパケットをハードウェアに送信し、ハードウェアでチェックサムを計算できるようにします。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                          オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを計算します。

                          [Enable Large Receive] チェックボックス

                          オンにすると、ハードウェアはすべてのセグメント化されたパケットを CPU に送信する前に再構成します。 このオプションにより、CPU の使用率が削減され、インバウンドのスループットが増加する可能性があります。

                          オフにすると、CPU は大きいパケットをすべて処理します。

                          ステップ 14   [Receive Side Scaling] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                          名前 説明

                          [Enable TCP Receive Side Scaling] チェックボックス

                          Receive Side Scaling(RSS)は、ネットワーク受信処理をマルチプロセッサ システム内の複数の CPU に分散させます。

                          オンにすると、可能な場合はネットワーク受信処理がプロセッサ間で共有されます。

                          オフにすると、ネットワーク受信処理は、追加のプロセッサが使用可能であっても、常に 1 つのプロセッサで処理されます。

                          [Enable IPv4 RSS] チェックボックス

                          オンにすると、RSS が IPv4 ネットワークでイネーブルになります。

                          [Enable TCP-IPv4 RSS] チェックボックス

                          オンにすると、IPv4 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                          [Enable IPv6 RSS] チェックボックス

                          オンにすると、RSS が IPv6 ネットワークでイネーブルになります。

                          [Enable TCP-IPv6 RSS] チェックボックス

                          オンにすると、IPv6 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                          [Enable IPv6 Extension RSS] チェックボックス

                          オンにすると、IPv6 拡張に対して RSS がイネーブルになります。

                          [Enable TCP-IPv6 Extension RSS] チェックボックス

                          オンにすると、IPv6 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。


                          vNIC のプロパティの変更

                          手順
                            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                            ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                            ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                            ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                            サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                            ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                            ステップ 6   [ホスト イーサネット インターフェイス] 領域で、表から vNIC を選択します。
                            ステップ 7   [Properties] をクリックして [vNIC Properties] ダイアログボックスを開きます。
                            ステップ 8   [General] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Name] フィールド

                            仮想 NIC の名前。

                            この名前は、vNIC の作成後は変更できません。

                            [MTU] フィールド

                            この vNIC で受け入れられる最大伝送単位、つまりパケット サイズ。

                            1500 ~ 9000 の整数を入力します。

                            [Uplink Port] ドロップダウン リスト

                            この vNIC に関連付けられたアップリンク ポート。 この vNIC に対するすべてのトラフィックは、このアップリンク ポートを通過します。

                            [MAC Address] フィールド

                            vNIC に関連付けられた MAC アドレス。

                            アダプタが内部プールから使用可能な MAC アドレスを選択するようにするには、[Auto] を選択します。 アドレスを指定するには、2 番目のオプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに MAC アドレスを入力します。

                            [Class of Service] ドロップダウン リスト

                            この vNIC からのトラフィックに関連付けられるサービス クラス。

                            0 ~ 6 の整数を選択します。0 が最も低い優先度で、6 が最も高い優先度になります。

                            (注)     

                            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                            [Trust Host CoS] チェックボックス

                            vNIC で、ホスト オペレーティング システムが提供するサービス クラスを使用できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                            [PCI Order] フィールド

                            この vNIC が使用される順序。

                            システムが順序を設定するようにするには、[ANY] を選択します。 順序を指定するには、2 つ目のオプション ボタンを選択し、0 ~ 17 の整数を入力します。

                            [Default VLAN] フィールド

                            この vNIC にデフォルトの VLAN がない場合、[NONE] をクリックします。 それ以外の場合は、2 つ目のオプション ボタンをクリックし、フィールドに 1 ~ 4094 の VLAN ID を入力します。

                            (注)     

                            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                            [VLAN Mode] ドロップダウン リスト

                            VLAN トランキングを使用する場合は、[TRUNK] を選択します。 それ以外の場合は [ACCESS] を選択します。

                            (注)     

                            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                            [Rate Limit] フィールド

                            この vNIC に無制限のデータ レートを設定するには、[OFF] を選択します。 それ以外の場合は、2 番目のオプション ボタンをクリックし、関連するフィールドにレート制限を入力します。

                            1 ~ 10,000 Mbps の整数を入力します。

                            (注)     

                            このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                            [Enable PXE Boot] チェックボックス

                            vNIC を使用して PXE ブートを実行する場合は、このチェックボックスをオンにします。

                            [Channel Number] フィールド

                            この vNIC に割り当てるチャネル番号を選択します。

                            (注)     

                            このオプションには VNTAG モードが必要です。

                            [Port Profile] ドロップダウン リスト

                            vNIC に関連付けられているポート プロファイルを選択します。

                            このフィールドには、このサーバが接続しているスイッチに定義されたポート プロファイルが表示されます。

                            (注)     

                            このオプションには VNTAG モードが必要です。

                            [Enable Uplink Failover] チェックボックス

                            通信の問題が発生した場合に、この vNIC 上のトラフィックをセカンダリ インターフェイスにフェールオーバーするには、このチェックボックスをオンにします。

                            (注)     

                            このオプションには VNTAG モードが必要です。

                            [Failback Timeout] フィールド

                            セカンダリ インターフェイスを使用して vNIC が始動した後、その vNIC のプライマリ インターフェイスが再びシステムで使用されるには、プライマリ インターフェイスが一定時間使用可能な状態になっている必要があり、その時間の長さをこの設定で制御します。

                            0 ~ 600 の範囲の秒数を入力します。

                            (注)     

                            このオプションには VNTAG モードが必要です。

                            ステップ 9   [Ethernet Interrupt] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Interrupt Count] フィールド

                            割り当てる割り込みリソースの数。 通常、この値は、完了キュー リソースの数と同じにします。

                            1 ~ 514 の整数を入力します。

                            [Coalescing Time] フィールド

                            割り込み間の待機時間、または割り込みが送信される前に必要な休止期間。

                            1 ~ 65535 の整数を入力します。 割り込み調停をオフにするには、このフィールドに 0(ゼロ)を入力します。

                            [Coalescing Type] ドロップダウン リスト

                            次のいずれかになります。

                            • [MIN]:システムは、別の割り込みイベントを送信する前に [Coalescing Time] フィールドに指定された時間だけ待機します。

                            • [IDLE]:アクティビティなしの期間が少なくとも [Coalescing Time] フィールドに指定された時間続くまで、システムから割り込みは送信されません。

                            [Interrupt Mode] ドロップダウン リスト

                            優先ドライバ割り込みモード。 次のいずれかになります。

                            • [MSI-X]:機能拡張された Message Signaled Interrupts(MSI)。 これは推奨オプションです。

                            • [MSI]:MSI だけ。

                            • [INTx]:PCI INTx 割り込み。

                            ステップ 10   [Ethernet Receive Queue] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Receive Queue Count] フィールド

                            割り当てる受信キュー リソースの数。

                            1 ~ 256 の整数を入力します。

                            [Receive Queue Ring Size] フィールド

                            各受信キュー内の記述子の数。

                            64 ~ 4096 の整数を入力します。

                            ステップ 11   [Ethernet Transmit Queue] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Transmit Queue Count] フィールド

                            割り当てる送信キュー リソースの数。

                            1 ~ 256 の整数を入力します。

                            [Transmit Queue Ring Size] フィールド

                            各送信キュー内の記述子の数。

                            64 ~ 4096 の整数を入力します。

                            ステップ 12   [Completion Queue] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Completion Queue Count] フィールド

                            割り当てる完了キュー リソースの数。 通常、割り当てなければならない完了キュー リソースの数は、送信キュー リソースの数に受信キュー リソースの数を加えたものと等しくなります。

                            1 ~ 512 の整数を入力します。

                            [Completion Queue Ring Size] フィールド

                            各完了キュー内の記述子の数。

                            この値は変更できません。

                            ステップ 13   [TCP Offload] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Enable TCP Segmentation Offload] チェックボックス

                            オンにすると、CPU はセグメント化する必要がある大きな TCP パケットをハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減され、スループット率が向上する可能性があります。

                            オフにすると、CPU は大きいパケットをセグメント化します。

                            (注)     

                            このオプションは、Large Send Offload(LSO)とも呼ばれています。

                            [Enable TCP Rx Offload Checksum Validation] チェックボックス

                            オンにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証のためにハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                            オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証します。

                            [Enable TCP Tx Offload Checksum Generation] チェックボックス

                            オンにすると、CPU はすべてのパケットをハードウェアに送信し、ハードウェアでチェックサムを計算できるようにします。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                            オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを計算します。

                            [Enable Large Receive] チェックボックス

                            オンにすると、ハードウェアはすべてのセグメント化されたパケットを CPU に送信する前に再構成します。 このオプションにより、CPU の使用率が削減され、インバウンドのスループットが増加する可能性があります。

                            オフにすると、CPU は大きいパケットをすべて処理します。

                            ステップ 14   [Receive Side Scaling] 領域で、次のフィールドを更新します。
                            名前 説明

                            [Enable TCP Receive Side Scaling] チェックボックス

                            Receive Side Scaling(RSS)は、ネットワーク受信処理をマルチプロセッサ システム内の複数の CPU に分散させます。

                            オンにすると、可能な場合はネットワーク受信処理がプロセッサ間で共有されます。

                            オフにすると、ネットワーク受信処理は、追加のプロセッサが使用可能であっても、常に 1 つのプロセッサで処理されます。

                            [Enable IPv4 RSS] チェックボックス

                            オンにすると、RSS が IPv4 ネットワークでイネーブルになります。

                            [Enable TCP-IPv4 RSS] チェックボックス

                            オンにすると、IPv4 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                            [Enable IPv6 RSS] チェックボックス

                            オンにすると、RSS が IPv6 ネットワークでイネーブルになります。

                            [Enable TCP-IPv6 RSS] チェックボックス

                            オンにすると、IPv6 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                            [Enable IPv6 Extension RSS] チェックボックス

                            オンにすると、IPv6 拡張に対して RSS がイネーブルになります。

                            [Enable TCP-IPv6 Extension RSS] チェックボックス

                            オンにすると、IPv6 ネットワーク間の TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                            ステップ 15   [変更を保存] をクリックします。

                            vNIC の作成

                            アダプタは、永続的な vNIC を 2 つ提供します。 追加の vNIC を 16 個まで作成できます。

                            手順
                              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                              ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                              ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                              ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                              サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                              ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                              ステップ 6   [Host Ethernet Interfaces] 領域で、次のアクションのいずれかを選択します。
                              • デフォルトの設定を使用して vNIC を作成するには、[Add] をクリックします。
                              • 既存の vNIC と同じ設定を使用して vNIC を作成するには、既存の vNIC を選択し、[Clone] をクリックします。

                              [Add vNIC] ダイアログボックスが表示されます。

                              ステップ 7   [Add vNIC] ダイアログボックスで、vNIC の名前を [Name] 入力ボックスに入力します。
                              ステップ 8   (任意)[Add vNIC] ダイアログボックスで、vNIC のチャネル番号を [Channel Number] 入力ボックスに入力します。
                              (注)     

                              アダプタで NIV がイネーブルになっている場合、vNIC を作成するときに vNIC のチャネル番号を割り当てる必要があります。

                              ステップ 9   [Add vNIC] をクリックします。

                              次の作業

                              設定の変更が必要な場合は、vNIC のプロパティの変更の説明に従って、新しい vNIC を設定します。

                              vNIC の削除

                              手順
                                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                                ステップ 6   [Host Ethernet Interfaces] 領域で、表から vNIC を選択します。
                                (注)      デフォルトの 2 つの vNIC([eth0] [eth1])は、どちらも削除することはできません。
                                ステップ 7   [Delete] をクリックし、削除することを確認するために [OK] をクリックします。

                                Cisco usNIC の管理

                                Cisco usNIC の概要

                                Cisco user-space NIC(Cisco usNIC)機能は、ネットワーキング パケットを送受信するときにカーネルをバイパスすることで、データセンターの Cisco UCS サーバで実行されるソフトウェア アプリケーションのパフォーマンスを改善します。 アプリケーションは Cisco UCS などの Cisco UCS VIC-1280 VIC 第二世代アダプタと直接やり取りし、これによってハイ パフォーマンス コンピューティング クラスタのネットワーキング パフォーマンスが向上します。 Cisco usNIC のメリットを引き出すためには、アプリケーションはソケットまたはその他の通信 API ではなく、Message Passing Interface(MPI)を使用する必要があります。

                                Cisco usNIC は、MPI アプリケーションに対して次の利点を提供します。

                                • 低遅延で、高スループットの通信転送を提供します。

                                • 標準のアプリケーション非依存イーサネット プロトコルを実行します。

                                • 次に示すシスコ データセンター プラットフォームで、低遅延の転送、ユニファイド ファブリック、統合管理のサポートを活用します。
                                  • Cisco UCS サーバ

                                  • Cisco UCS などの Cisco UCS VIC-1280 VIC 第二世代アダプタ

                                  • 10GbE ネットワーク

                                標準イーサネット アプリケーションは、Linux カーネルのネットワーキング スタックを呼び出すユーザ領域のソケット ライブラリを使用します。 次に、ネットワーキング スタックは Cisco eNIC ドライバを使用して、Cisco VIC ハードウェアと通信します。 次の図は、通常のソフトウェア アプリケーションと usNIC を使用する MPI アプリケーションの対比を示します。

                                図 1. カーネル ベースのネットワーク通信と Cisco usNIC ベースの通信

                                Cisco IMC GUI を使用した Cisco usNIC の設定


                                (注)  


                                [vNIC properties] ダイアログボックスに Cisco usNIC に対する複数のプロパティが一覧表示されていますが、その他のプロパティが現在使用されていないため、次のプロパティだけを設定する必要があります。
                                • cq-count

                                • rq-count

                                • tq-count

                                • usnic-count


                                はじめる前に

                                このタスクを実行するには、管理者権限で Cisco IMC GUI にログインする必要があります。

                                手順
                                  ステップ 1   [Cisco IMC GUI] にログインします。

                                  Cisco IMC へのログイン方法に関する詳細については、次の URL にある、『Cisco UCS C-Series Servers Integrated Management Controller GUI Configuration Guide』を参照してください:http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10739/​products_​installation_​and_​configuration_​guides_​list.html

                                  ステップ 2   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                  ステップ 3   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                  ステップ 4   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                  ステップ 5   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                  サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                  ステップ 6   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                                  ステップ 7   [Host Ethernet Interfaces] 領域で、表から vNIC を選択します。
                                  (注)      usNIC として設定する各 vNIC に対して、表から vNIC エントリを選択し、ステップ 9 ~ 18 で説明されているようにプロパティを指定します。
                                  ステップ 8   [usNIC] をクリックして [usNIC Properties] ダイアログボックスを開きます。
                                  ステップ 9   [usNICs] のプロパティでは、ユーザが作成する Cisco usNIC の数を指定します。

                                  サーバで実行されている各 MPI プロセスには、専用の usNIC が必要です。 64 の MPI プロセスを同時に実行させるには、最大 64 の usNIC を作成する必要がある場合があります。 usNIC 対応 vNIC ごとに、サーバの物理コアの数と同数の usNIC を最低限作成することを推奨します。 たとえば、サーバに 8 つの物理コアがある場合は、8 つの usNIC を作成します。

                                  ステップ 10   [Properties] 領域で、次のフィールドを更新します。
                                  フィールド名 説明

                                  Transmit Queue Count

                                  割り当てる送信キュー リソースの数。

                                  MPI は、プロセスごとに 2 つの送信キューを使用します。 そのため、この値を 2 に設定することを推奨します。

                                  Receive Queue Count

                                  割り当てる受信キュー リソースの数。

                                  MPI は、プロセスごとに 2 つの受信キューを使用します。 そのため、この値を 2 に設定することを推奨します。

                                  Completion Queue Count

                                  割り当てる完了キュー リソースの数。 通常、割り当てなければならない完了キュー リソースの数は、送信キュー リソースの数に受信キュー リソースの数を加えたものと等しくなります。

                                  この値を 4 に設定することを推奨します。

                                  ステップ 11   [Apply] をクリックします。
                                  ステップ 12   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                  ステップ 13   [サーバ] タブの [BIOS] をクリックします。
                                  ステップ 14   [アクション] 領域で [BIOS の設定] をクリックします。
                                  ステップ 15   ダイアログ ボックス で、[Advanced] タブをクリックします。
                                  ステップ 16   [Processor Configuration] 領域で、次のプロパティを [Enabled] に設定します。
                                  • Intel(R) VT-d
                                  • Intel(R) VT-d ATS support
                                  • Intel(R) VT-d Coherency Support
                                  ステップ 17   [Save Changes] をクリックします。

                                  変更内容は次のサーバのリブート時に有効になります。


                                  usNIC プロパティの表示

                                  手順
                                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                    ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                    ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                    ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                    サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                    ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                                    ステップ 6   [Host Ethernet Interface] 領域で、vNIC に割り当てられる usNIC を選択して [usNIC properties] ダイアログボックスを開きます。
                                    ステップ 7   [usNIC] 領域で、次のフィールドの情報を確認または更新します。
                                    名前 説明

                                    名前

                                    usNIC の親である vNIC の名前。

                                    (注)     

                                    このフィールドは読み取り専用です。

                                    [usNIC] フィールド

                                    特定の vNIC に割り当てられる usNIC の数。

                                    0~225 の整数を入力します。

                                    指定の vNIC に追加の usNIC を割り当てるには、既存の値よりも高い値を入力してください。

                                    指定の vNIC から usNIC を削除するには、既存の値よりも小さい値を入力します。

                                    vNIC に割り当てられたすべての usNIC を削除するには、ゼロを入力します。

                                    ステップ 8   [Properties] 領域で、次のフィールドの情報を確認または更新します。
                                    名前 説明

                                    [Transmit Queue Count] フィールド

                                    割り当てる送信キュー リソースの数。

                                    1 ~ 256 の整数を入力します。

                                    [Receive Queue Count] フィールド

                                    割り当てる受信キュー リソースの数。

                                    1 ~ 256 の整数を入力します。

                                    [Completion Queue Count] フィールド

                                    割り当てる完了キュー リソースの数。 通常、割り当てなければならない完了キュー リソースの数は、送信キュー リソースの数に受信キュー リソースの数を加えたものと等しくなります。

                                    1 ~ 512 の整数を入力します。

                                    [Transmit Queue Ring Size] フィールド

                                    各送信キュー内の記述子の数。

                                    64 ~ 4096 の整数を入力します。

                                    [Receive Queue Ring Size] フィールド

                                    各受信キュー内の記述子の数。

                                    64 ~ 4096 の整数を入力します。

                                    [Interrupt Count] フィールド

                                    割り当てる割り込みリソースの数。 通常、この値は、完了キュー リソースの数と同じにします。

                                    1 ~ 514 の整数を入力します。

                                    [Interrupt Coalescing Type] ドロップダウン リスト

                                    次のいずれかになります。

                                    • [MIN]:システムは、別の割り込みイベントを送信する前に [Coalescing Time] フィールドに指定された時間だけ待機します。

                                    • [IDLE]:アクティビティなしの期間が少なくとも [Coalescing Time] フィールドに指定された時間続くまで、システムから割り込みは送信されません。

                                    [Interrupt Coalescing Timer Time] フィールド

                                    割り込み間の待機時間、または割り込みが送信される前に必要な休止期間。

                                    1 ~ 65535 の整数を入力します。 割り込み調停をオフにするには、このフィールドに 0(ゼロ)を入力します。

                                    [Class of Service] フィールド

                                    この usNIC からのトラフィックに関連付けられるサービス クラス。

                                    0 ~ 6 の整数を選択します。0 が最も低い優先度で、6 が最も高い優先度になります。

                                    (注)     

                                    このオプションは VNTAG モードでは使用できません。

                                    [TCP Segment Offload] チェックボックス

                                    オンにすると、CPU はセグメント化する必要がある大きな TCP パケットをハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減され、スループット率が向上する可能性があります。

                                    オフにすると、CPU は大きいパケットをセグメント化します。

                                    (注)     

                                    このオプションは、Large Send Offload(LSO)とも呼ばれています。

                                    [Large Receive] チェックボックス

                                    オンにすると、ハードウェアはすべてのセグメント化されたパケットを CPU に送信する前に再構成します。 このオプションにより、CPU の使用率が削減され、インバウンドのスループットが増加する可能性があります。

                                    オフにすると、CPU は大きいパケットをすべて処理します。

                                    [TCP Tx Checksum] チェックボックス

                                    オンにすると、CPU はすべてのパケットをハードウェアに送信し、ハードウェアでチェックサムを計算できるようにします。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                                    オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを計算します。

                                    [TCP Rx Checksum] チェックボックス

                                    オンにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証のためにハードウェアに送信します。 このオプションにより、CPU のオーバーヘッドが削減される可能性があります。

                                    オフにすると、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証します。

                                    名前 説明

                                    [Apply] ボタン

                                    vNIC デバイスに関連付けられたすべての usNIC に変更を適用します。

                                    [Reset values] ボタン

                                    usNIC の値を、このダイアログボックスを最初に開いたときに有効になっていた設定値に復元します。

                                    [Cancel] ボタン

                                    変更を行わずにダイアログボックスを閉じます。


                                    iSCSI ブート機能の設定

                                    vNIC の iSCSI ブート機能の設定

                                    ラック サーバがスタンドアロン モードに設定されていて、VIC アダプタがスイッチの Nexus 5000 ファミリに直接接続されている場合は、iSCSI ストレージ ターゲットからサーバがリモートでブートされるようにこれらの VIC アダプタを設定できます。 ラック サーバがリモート iSCSI ターゲット デバイスからホスト OS イメージをロードできるようにイーサネット vNIC を設定できます。

                                    vNIC で iSCSI ブート機能を設定する方法は、次のとおりです。

                                    • このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                    • iSCSI ストレージ ターゲットからサーバをリモートでブートするように vNIC を設定するには、vNIC の PXE ブート オプションをイネーブルにする必要があります。


                                    (注)  


                                    ホストごとに最大 2 つの iSCSI vNIC を設定できます。


                                    vNIC 上の iSCSI ブート機能の設定

                                    ホストごとに最大 2 つの iSCSI vNIC を設定できます。

                                    はじめる前に
                                    • iSCSI ストレージ ターゲットからサーバをリモートでブートするように vNIC を設定するには、vNIC の PXE ブート オプションをイネーブルにする必要があります。

                                    • このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                    手順
                                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                      ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                      ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                      ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                      サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                      ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                                      ステップ 6   [Host Ethernet Interfaces] 領域で、vNIC をテーブルから選択し、[iSCSI Boot] をクリックします。
                                      ステップ 7   [General Area] で、次のフィールドを更新します。
                                      名前 説明

                                      [Name] フィールド

                                      vNIC の名前。

                                      [DHCP Network] チェックボックス

                                      vNIC に対して DHCP ネットワークがイネーブルかどうか。

                                      イネーブルの場合、イニシエータのネットワーク設定を DHCP サーバから取得します。

                                      [DHCP iSCSI] チェックボックス

                                      vNIC に対して DHCP iSCSI がイネーブルかどうか。 イネーブルになっていて DHCP ID が設定されている場合、イニシエータ IQN とターゲットの情報を DHCP サーバから取得します。

                                      (注)     

                                      DHCP iSCSI が DHCP ID なしでイネーブルに設定されている場合、ターゲット情報のみを取得します。

                                      [DHCP ID] フィールド

                                      イニシエータ IQN とターゲットの情報を DHCP サーバから取得するためにアダプタが使用するベンダー識別文字列。

                                      最大 64 文字の文字列を入力します。

                                      [DHCP Timeout] フィールド

                                      DHCP サーバが使用できないとイニシエータが判断するまで待機する秒数。

                                      60 ~ 300 の整数を入力します(デフォルト:60 秒)

                                      [Link Timeout] フィールド

                                      リンクが使用できないとイニシエータが判断するまで待機する秒数。

                                      0 ~ 255 の整数を入力します(デフォルト:15 秒)

                                      [LUN Busy Retry Count] フィールド

                                      iSCSI LUN の検出中に障害が発生した場合に接続を再試行する回数。

                                      0 ~ 255 の整数を入力します。 デフォルトは 15 です。

                                      [IP Version] フィールド

                                      iSCSI ブート中に使用する IP バージョン。

                                      ステップ 8   [Initiator Area] で、次のフィールドを更新します。
                                      名前 説明

                                      [Name] フィールド

                                      iSCSI イニシエータ名を定義する正規表現。

                                      任意の英数字および次の特殊文字を入力することができます。

                                      • . (ピリオド)

                                      • :(コロン)

                                      • -(ダッシュ)

                                      (注)     

                                      名前は、IQN 形式です。

                                      [IP Address] フィールド

                                      iSCSI イニシエータの IP アドレス。

                                      [Subnet Mask] フィールド

                                      iSCSI イニシエータのサブネット マスク。

                                      [Gateway] フィールド

                                      デフォルト ゲートウェイ。

                                      [Primary DNS] フィールド

                                      プライマリ DNS サーバ アドレス。

                                      [Secondary DNS] フィールド

                                      セカンダリ DNS サーバ アドレス。

                                      [TCP Timeout] フィールド

                                      TCP が使用できないとイニシエータが判断するまで待機する秒数。

                                      0 ~ 255 の整数を入力します(デフォルト:15 秒)

                                      [CHAP Name] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の名前。

                                      [CHAP Secret] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の共有秘密。

                                      ステップ 9   [Primary Target Area] 領域で、次のフィールドを更新します。
                                      名前 説明

                                      [Name] フィールド

                                      IQN 形式のプライマリ ターゲットの名前。

                                      [IP Address] フィールド

                                      ターゲットの IP アドレス。

                                      [TCP Port] フィールド

                                      ターゲットに関連付けられた TCP ポート。

                                      [Boot LUN] フィールド

                                      ターゲットに関連付けられたブート LUN。

                                      [CHAP Name] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の名前。

                                      [CHAP Secret] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の共有秘密。

                                      ステップ 10   [Secondary Target Area] 領域で、次のフィールドを更新します。
                                      名前 説明

                                      [Name] フィールド

                                      IQN 形式のセカンダリ ターゲットの名前。

                                      [IP Address] フィールド

                                      ターゲットの IP アドレス。

                                      [TCP Port] フィールド

                                      ターゲットに関連付けられた TCP ポート。

                                      [Boot LUN] フィールド

                                      ターゲットに関連付けられたブート LUN。

                                      [CHAP Name] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の名前。

                                      [CHAP Secret] フィールド

                                      イニシエータの Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)の共有秘密。

                                      名前 説明

                                      [Configure ISCSI] ボタン

                                      選択された vNIC での iSCSI ブートを設定します。

                                      [Unconfigure ISCSI] ボタン

                                      選択された vNIC から設定を削除します。

                                      [Reset Values] ボタン

                                      vNIC 用の値を、このダイアログボックスを最初に開いたときに有効になっていた設定に復元します。

                                      [Cancel] ボタン

                                      変更を行わずにダイアログボックスを閉じます。

                                      ステップ 11   [Configure ISCSI] をクリックします。

                                      vNIC からの iSCSI ブート設定の除去

                                      はじめる前に

                                      このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                      手順
                                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                        ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                        ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                        ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                        サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                        ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[vNIC] タブをクリックします。
                                        ステップ 6   [Host Ethernet Interfaces] 領域で、vNIC をテーブルから選択し、[iSCSI Boot] をクリックします。
                                        ステップ 7   表示されるダイアログボックスで [Unconfigure ISCSI] をクリックします。

                                        VM FEX の管理

                                        仮想マシン ファブリック エクステンダ

                                        Cisco Virtual Machine Fabric Extender(VM FEX)は、(prestandard)IEEE 802.1Qbh ポート エクステンダ アーキテクチャを仮想マシンにまで拡張します。 このアーキテクチャでは、各 VM インターフェイスに対してスイッチ上で仮想 Peripheral Component Interconnect Express(PCIe)デバイスと仮想ポートが提供されます。

                                        このリリースでは、VM FEX は、次のカードとオペレーティング システムをサポートします。

                                        カード:Cisco UCS 1225 仮想インターフェイス カード

                                        オペレーティング システム:
                                        • VMware ESXi 5.1 Update 2

                                        • VMware ESXi 5.5

                                        このリリースの VM FEX は、Microsoft Hyper-V および Red Hat KVM でサポートされていません。

                                        仮想 FEX のプロパティの表示

                                        はじめる前に
                                        • サーバの電源をオンにする必要があります。そうしないと、プロパティが表示されません。

                                        • サポートされている仮想インターフェイス カード(VIC)がシャーシに装着されていて、サーバの電源がオンになっている必要があります。

                                        手順
                                          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                          ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                          ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                          ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                          サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                          ステップ 5   [Adapter Cards] 領域の下にあるタブ メニューで、[VM FEXs] タブをクリックします。
                                          ステップ 6   [Virtual FEXs] 領域で、次の情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Properties] ボタン

                                          選択した VM FEX のプロパティを表示できるダイアログボックスが開きます。

                                          [Name] カラム

                                          VM FEX の名前。

                                          [MTU] カラム

                                          この VM FEX で受け入れられる最大伝送単位、つまりパケット サイズ。

                                          [CoS] カラム

                                          イネーブルの場合、VM FEX はホスト オペレーティング システムが提供するサービス クラスを使用します。

                                          [VLAN] カラム

                                          VM FEX に関連付けられた VLAN。

                                          [VLAN Mode] カラム

                                          関連付けられた VLAN のモード。

                                          [Uplink Failover] カラム

                                          アダプタに対して VNTAG モードがイネーブルの場合、このカラムには、プライマリ インターフェイスで障害が発生したときにこの VM FEX がセカンダリ インターフェイスにフェールオーバーされるかどうかが表示されます。

                                          ステップ 7   [Virtual FEXs] 領域のテーブルから VM FEX を選択します。
                                          ステップ 8   [Properties] をクリックして、選択した VM FEX の [VM FEX Properties] ダイアログボックスを開きます。
                                          ステップ 9   [General Properties] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Name] フィールド

                                          VM FEX の名前。

                                          [MTU] フィールド

                                          この VM FEX で受け入れられる最大伝送単位、つまりパケット サイズ。

                                          [Trust Host CoS] フィールド

                                          イネーブルの場合、VM FEX はホスト オペレーティング システムが提供するサービス クラスを使用します。

                                          [PCI Order] フィールド

                                          この VM FEX が使用される順序(存在する場合)。

                                          [Default VLAN] フィールド

                                          VM FEX に関連付けられた VLAN。

                                          [Rate Limit] フィールド

                                          この VM FEX に関連付けられたデータ レート制限(存在する場合)。

                                          [PXE Boot] フィールド

                                          この VM FEX に対して PXE ブートをイネーブルにするかディセーブルにするか。

                                          ステップ 10   [Ethernet Interrupt] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Interrupt Count] フィールド

                                          この VM FEX に割り当てられた割り込みリソースの数。

                                          [Coalescing Time] フィールド

                                          割り込み間の Cisco IMC の待機時間、または割り込みが送信される前に必要な休止期間。

                                          [Coalescing Type] フィールド

                                          次のいずれかになります。

                                          • [MIN]:システムは、別の割り込みイベントを送信する前に [Coalescing Time] フィールドに指定された時間だけ待機します。

                                          • [IDLE]:アクティビティなしの期間が少なくとも [Coalescing Time] フィールドに指定された時間続くまで、システムから割り込みは送信されません。

                                          [Interrupt Mode] フィールド

                                          優先ドライバ割り込みモード。 次のいずれかになります。

                                          • [MSIx]:機能拡張された Message Signaled Interrupts(MSI)。

                                          • [MSI]:MSI だけ。

                                          • [INTx]:PCI INTx 割り込み。

                                          ステップ 11   [Ethernet Receive Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Receive Queue Count] フィールド

                                          この VM FEX に割り当てられた受信キュー リソースの数。

                                          [Receive Queue Ring Size] フィールド

                                          各受信キュー内の記述子の数。

                                          ステップ 12   [Ethernet Transmit Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Transmit Queue Count] フィールド

                                          この VM FEX に割り当てられた送信キュー リソースの数。

                                          [Transmit Queue Ring Size] フィールド

                                          各送信キュー内の記述子の数。

                                          ステップ 13   [Completion Queue] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Completion Queue Count] フィールド

                                          この VM FEX に割り当てられた完了キュー リソースの数。

                                          [Completion Queue Ring Size] フィールド

                                          各完了キュー内の記述子の数。

                                          ステップ 14   [TCP Offload] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Enable TCP Segmentation Offload] フィールド

                                          イネーブルの場合、CPU はセグメント化する必要がある大きな TCP パケットをハードウェアに送信します。 ディセーブルの場合、CPU は大きいパケットをセグメント化します。

                                          (注)     

                                          このオプションは、Large Send Offload(LSO)とも呼ばれています。

                                          [Enable TCP Rx Offload Checksum Validation] フィールド

                                          イネーブルの場合、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証のためにハードウェアに送信します。 ディセーブルの場合、CPU はすべてのパケット チェックサムを検証します。

                                          [Enable TCP Tx Offload Checksum Generation] フィールド

                                          イネーブルの場合、CPU はすべてのパケットをハードウェアに送信し、ハードウェアでチェックサムを計算できるようにします。 ディセーブルの場合、CPU はすべてのパケット チェックサムを計算します。

                                          [Enable Large Receive] フィールド

                                          イネーブルの場合、ハードウェアはすべてのセグメント化されたパケットを CPU に送信する前に再構成します。 ディセーブルの場合、CPU は大きいパケットをすべて処理します。

                                          ステップ 15   [Receive Side Scaling] 領域で、次のフィールドの情報を確認します。
                                          名前 説明

                                          [Enable TCP Receive Side Scaling] フィールド

                                          Receive Side Scaling(RSS)は、ネットワーク受信処理をマルチプロセッサ システム内の複数の CPU に分散させます。

                                          イネーブルの場合、可能であれば、ネットワーク受信処理がプロセッサ間で共有されます。 ディセーブルの場合、ネットワーク受信処理は、追加のプロセッサが使用可能であっても、常に 1 つのプロセッサで処理されます。

                                          [Enable IPv4 RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、RSS が IPv4 ネットワークでイネーブルになります。

                                          [Enable TCP-IPv4 RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、IPv4 ネットワーク間での TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                                          [Enable IPv6 RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、RSS が IPv6 ネットワークでイネーブルになります。

                                          [Enable TCP-IPv6 RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、IPv6 ネットワーク間での TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。

                                          [Enable IPv6 Extension RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、IPv6 拡張に対して RSS がイネーブルになります。

                                          [Enable TCP-IPv6 Extension RSS] フィールド

                                          イネーブルの場合、IPv6 ネットワーク間での TCP 送信に対して RSS がイネーブルになります。


                                          ストレージ アダプタの管理

                                          未使用の物理ドライブからの仮想ドライブの作成

                                          はじめる前に

                                          このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                          手順
                                            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                            ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                            ステップ 3   [Work] ペインで [Virtual Drive Info] タブをクリックします。
                                            ステップ 4   [Actions] 領域で、[Create Virtual Drive from Unused Physical Drives] をクリックします。

                                            [Create Virtual Drive from Unused Physical Drives] ダイアログボックスが表示されます。

                                            ステップ 5   [Create Virtual Drive from Unused Physical Drives] ダイアログボックスで、新しい仮想ドライブの RAID レベルを選択します。

                                            次のいずれかになります。

                                            • [Raid 0]:単純なストライピング。

                                            • [Raid 1]:単純なミラーリング。

                                            • [Raid 5]:パリティ付きストライピング。

                                            • [Raid 6]:2 つのパリティ ドライブによるストライピング。

                                            • [Raid 10]:スパンされたミラーリング。

                                            • [Raid 50]:パリティ付きのスパンされたストライピング。

                                            • [Raid 60]:2 つのパリティ ドライブによるスパンされたストライピング。

                                            ステップ 6   [Create Drive Groups] 領域で、グループに含める 1 つ以上の物理ドライブを選択します。

                                            [Drive Groups] テーブルにドライブを追加するには、[>>] ボタンを使用します。 ドライブ グループから物理ドライブを削除するには、[<<] ボタンを使用します。

                                            (注)     

                                            ドライブ グループで最も小さな物理ドライブのサイズによって、すべての物理ドライブに使用される最大サイズが定義されます。 すべての物理ドライブの領域の最大使用を保証するには、ドライブ グループ内のすべてのドライブのサイズをほぼ同じにすることを推奨します。

                                            ステップ 7   [Virtual Drive Properties] 領域で、次のプロパティを更新します。
                                            名前 説明

                                            [Name] フィールド

                                            作成する新しい仮想ドライブの名前。

                                            [Read Policy] ドロップダウン リスト

                                            先行読み出しキャッシュ モード。

                                            この値は変更できません。

                                            [Cache Policy] ドロップダウン リスト

                                            バッファリング読み取りに使用されるキャッシュ ポリシー。

                                            この値は変更できません。

                                            [Strip Size] ドロップダウン リスト

                                            各ストライプのサイズ(KB 単位)。

                                            この値は変更できません。

                                            [Write Policy] ドロップダウン リスト

                                            次のいずれかになります

                                            • [Write Through]:データがキャッシュによって、物理ドライブに書き込まれます。 以降の該当データのキャッシュからの読み取りが充足されるため、パフォーマンスが改善されます。

                                            • [Write Back]:データはキャッシュに保存され、キャッシュ内の領域が必要になったときにのみ、物理ドライブに書き込まれます。 このポリシーを必要とする仮想ドライブは、電源障害の発生時に BBU でキャッシュの安全性を確保できない場合、[Write Through] キャッシングにフォールバックします。

                                            • [Write Back Bad BBU]:このポリシーでは、バッテリ バックアップ ユニットに欠陥があったり、放電していたりする場合でも、書き込みキャッシングは [Write Back] のままです。

                                            [Size] フィールド

                                            作成する仮想ドライブのサイズ。 値を入力し、次のいずれかの単位を選択します。

                                            • MB

                                            • GB

                                            • TB

                                            ステップ 8   [Create Virtual Drive] をクリックします。

                                            既存のドライブ グループからの仮想ドライブの作成

                                            はじめる前に

                                            このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                            手順
                                              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                              ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                              ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                              ステップ 4   [Actions] 領域で、[Create Virtual Drive from an Existing Virtual Drive Group] をクリックします。

                                              [Create Virtual Drive from an Existing Virtual Drive Group] ダイアログボックスが表示されます。

                                              ステップ 5   [Create Virtual Drive from an Existing Virtual Drive Group] ダイアログボックスで、新しい仮想ドライブの作成に使用するドライブ グループの仮想ドライブを選択します。
                                              ステップ 6   [Virtual Drive Properties] 領域で、次のプロパティを更新します。
                                              名前 説明

                                              [Name] フィールド

                                              作成する新しい仮想ドライブの名前。

                                              [Read Policy] ドロップダウン リスト

                                              先行読み出しキャッシュ モード。

                                              この値は変更できません。

                                              [Cache Policy] ドロップダウン リスト

                                              バッファリング読み取りに使用されるキャッシュ ポリシー。

                                              この値は変更できません。

                                              [Strip Size] ドロップダウン リスト

                                              各ストライプのサイズ(KB 単位)。

                                              この値は変更できません。

                                              [Write Policy] ドロップダウン リスト

                                              次のいずれかになります

                                              • [Write Through]:データがキャッシュによって、物理ドライブに書き込まれます。 以降の該当データのキャッシュからの読み取りが充足されるため、パフォーマンスが改善されます。

                                              • [Write Back]:データはキャッシュに保存され、キャッシュ内の領域が必要になったときにのみ、物理ドライブに書き込まれます。 このポリシーを必要とする仮想ドライブは、電源障害の発生時に BBU でキャッシュの安全性を確保できない場合、[Write Through] キャッシングにフォールバックします。

                                              • [Write Back Bad BBU]:このポリシーでは、バッテリ バックアップ ユニットに欠陥があったり、放電していたりする場合でも、書き込みキャッシングは [Write Back] のままです。

                                              [Size] フィールド

                                              作成する仮想ドライブのサイズ。 値を入力し、次のいずれかの単位を選択します。

                                              • MB

                                              • GB

                                              • TB

                                              ステップ 7   [Create Virtual Drive] をクリックします。

                                              外部設定のインポート

                                              別のコントローラで以前に設定されている 1 つ以上の物理ドライブがサーバにインストールされると、それらは外部設定として識別されます。 コントローラにこれらの外部設定をインポートできます。

                                              はじめる前に

                                              このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                              手順
                                                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                ステップ 4   [Actions] 領域で、[Import Foreign Config] をクリックします。
                                                ステップ 5   [OK] をクリックして確定します。

                                                外部設定のクリア

                                                重要:

                                                このタスクでは、コントローラのすべての外部設定をクリアします。 また、外部設定をホスティングしているすべての物理ドライブからすべての設定情報が削除されます。 このアクションは元に戻せません。

                                                はじめる前に

                                                このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                手順
                                                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                  ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                  ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                  ステップ 4   [Actions] 領域で、[Clear Foreign Config] をクリックします。
                                                  ステップ 5   [OK] をクリックして確定します。

                                                  ブート ドライブのクリア

                                                  重要:

                                                  このタスクでは、コントローラのブート ドライブ設定がクリアされます。 このアクションは元に戻せません。

                                                  はじめる前に

                                                  このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                    ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                    ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                    ステップ 4   [Actions] 領域で、[Clear Boot Drive] をクリックします。
                                                    ステップ 5   [OK] をクリックして確定します。

                                                    JBOD のイネーブル化

                                                    手順
                                                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                      ステップ 2   [Storage Adapters] ペインで、適切な MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                      ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                      ステップ 4   [Actions] 領域で [Enable JBOD] をクリックします。
                                                      ステップ 5   [Ok] をクリックして確定します。

                                                      JBOD のディセーブル化

                                                      はじめる前に

                                                      JBOD オプションは、選択したコントローラに対してイネーブルにする必要があります。

                                                      手順
                                                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                        ステップ 2   [Storage Adapters] ペインで、適切な MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                        ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                        ステップ 4   [Actions] 領域で [Disable JBOD] をクリックします。
                                                        ステップ 5   [Ok] をクリックして確定します。

                                                        削除するドライブの準備


                                                        (注)  


                                                        [Unconfigured Good] ステータスを表示する物理ドライブのみでこのタスクを実行できます。


                                                        はじめる前に

                                                        このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                        手順
                                                          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                          ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                          ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                          ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、削除するドライブを選択します。
                                                          ステップ 5   [Actions] 領域で、[Prepare for Removal] をクリックします。
                                                          ステップ 6   [OK] をクリックして確定します。

                                                          コントローラの TTY ログの取得

                                                          このタスクは、コントローラの TTY ログを取得し、それを /var/log の場所に配置します。 これにより、テクニカル サポート データが要求された場合にこのログ データを確実に使用できるようになります。

                                                          はじめる前に

                                                          このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                          手順
                                                            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                            ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                            ステップ 3   [Work] ペインで [Controller Info] タブをクリックします。
                                                            ステップ 4   [Actions] 領域で、[Get TTY Log] をクリックします。
                                                            ステップ 5   [OK] をクリックして確定します。
                                                            重要:

                                                            コントローラの TTY ログを取得するには 2 ~ 4 分かかる場合があります。 このプロセスが完了するまで、テクニカル サポート データのエクスポートを開始しないでください。


                                                            削除するドライブの準備の取り消し

                                                            はじめる前に

                                                            このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                            手順
                                                              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                              ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                              ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                              ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、[Ready to Remove] 状態のドライブを選択します。
                                                              ステップ 5   [Actions] 領域で、[Undo Prepare for Removal] をクリックします。
                                                              ステップ 6   [OK] をクリックして確定します。

                                                              専用ホット スペアの作成

                                                              はじめる前に

                                                              このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                              手順
                                                                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、専用ホット スペアを作成する物理ドライブを選択します。
                                                                ステップ 5   [Actions] 領域で、[Make Dedicated Hot Spare] をクリックします。

                                                                [Make Dedicated Hot Spare] ダイアログボックスが表示されます。

                                                                ステップ 6   [Virtual Drive Details] 領域で、次のプロパティを更新します。
                                                                名前 説明

                                                                [Virtual Drive Number] ドロップダウン リスト

                                                                ホット スペアとして物理ドライブを専用する仮想ドライブを選択します。

                                                                [Virtual Drive Name] フィールド

                                                                選択された仮想ドライブの名前。

                                                                [Physical Drive Number] フィールド

                                                                物理ドライブの数。

                                                                ステップ 7   [Make Dedicated Hot Spare] をクリックして確定します。

                                                                グローバル ホット スペアの作成

                                                                はじめる前に

                                                                このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                手順
                                                                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                  ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                  ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                  ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、グローバル ホット スペアを作成する物理ドライブを選択します。
                                                                  ステップ 5   [Actions] 領域で、[Make Global Hot Spare] をクリックします。

                                                                  ホット スペア プールからのドライブの削除

                                                                  はじめる前に

                                                                  このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                  手順
                                                                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                    ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、ホット スペア プールから削除するグローバル ホット スペアまたは専用ホット スペアを選択します。
                                                                    ステップ 5   [Actions] 領域で、[Remove From Hot Spare Pools] をクリックします。

                                                                    物理ドライブのステータスの切り替え

                                                                    はじめる前に
                                                                    • このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                    • コントローラは、JBOD モードをサポートする必要があり、JBOD モードはイネーブルにする必要があります。
                                                                    手順
                                                                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                      ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                      ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                      ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、unconfigured good として設定するドライブを選択します。
                                                                      ステップ 5   [Actions] 領域で、[Set State as Unconfigured Good] をクリックします。
                                                                      ステップ 6   [OK] をクリックして、JBOD モードがディセーブルになっていることを確認します。

                                                                      [Set State as JBOD] オプションがイネーブルになります。

                                                                      ステップ 7   物理ドライブの JBOD モードをイネーブルにするには、[Set State as JBOD] をクリックします。
                                                                      ステップ 8   [OK] をクリックして確定します。

                                                                      [Set State as Unconfigured Good] オプションがイネーブルになります。


                                                                      コントローラのブート ドライブとしての物理ドライブの設定

                                                                      はじめる前に
                                                                      • このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                      • コントローラは、JBOD モードをサポートする必要があり、JBOD モードはイネーブルにする必要があります。
                                                                      手順
                                                                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                        ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                        ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                        ステップ 4   [Physical Drives] 領域で、コントローラのブート ドライブとして設定するドライブを選択します。
                                                                        ステップ 5   [Actions] 領域で、[Set as Boot Drive] をクリックします。
                                                                        ステップ 6   [OK] をクリックして確定します。

                                                                        仮想ドライブの初期化

                                                                        ドライブを初期化すると、仮想ドライブ上のすべてのデータが失われます。 初期化を実行する前に、保存する仮想ドライブのデータをバックアップします。

                                                                        はじめる前に

                                                                        このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                        手順
                                                                          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                          ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                          ステップ 3   [Work] ペインで [Virtual Drive Info] タブをクリックします。
                                                                          ステップ 4   [Virtual Drives] 領域で、初期化するドライブを選択します。
                                                                          ステップ 5   [Actions] 領域で、[Initialize] をクリックします。

                                                                          [Initialize Virtual Drive] ダイアログボックスが表示されます。

                                                                          ステップ 6   仮想ドライブに使用する初期化のタイプを選択します。

                                                                          次のいずれかになります。

                                                                          • [Fast Initialize]:このオプションは、仮想ドライブへのデータの書き込みをすぐに開始できます。

                                                                          • [Full Initialize]:新しい設定で完全な初期化が実行されます。 初期化が完了するまで、新しい仮想ドライブにデータを書き込むことができません。

                                                                          ステップ 7   [Initialize VD] をクリックしてドライブを初期化するか、[Cancel] をクリックして、変更を行わずにダイアログボックスを閉じます。
                                                                          ステップ 8   ドライブで実行しているタスクのステータスを表示するには、[Operations] 領域で [Refresh] をクリックします。

                                                                          次の詳細情報が表示されます。

                                                                          名前 説明

                                                                          動作

                                                                          ドライブで実行中の操作の名前。

                                                                          Progress in %

                                                                          操作の進行状況(完了した割合)。

                                                                          Elapsed Time in secs

                                                                          操作開始から経過した時間(秒数)。


                                                                          ブート ドライブとしての設定

                                                                          はじめる前に

                                                                          このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                          手順
                                                                            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                            ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                            ステップ 3   [Work] ペインで [Virtual Drive Info] タブをクリックします。
                                                                            ステップ 4   [Virtual Drives] 領域で、コントローラが起動する必要のあるドライブを選択します。
                                                                            ステップ 5   [Actions] 領域で、[Set as Boot Drive] をクリックします。
                                                                            ステップ 6   [OK] をクリックして確定します。

                                                                            仮想ドライブの編集

                                                                            手順
                                                                              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                              ステップ 2   [ストレージアダプタ] タブの [LSI MegaRAID SAS 9266-8i] をクリックします。
                                                                              ステップ 3   [Work] ペインで [Virtual Drive Info] タブをクリックします。
                                                                              ステップ 4   [Actions] 領域で、[Edit Virtual Drive] をクリックします。
                                                                              ステップ 5   この説明を確認してから、[OK] をクリックします。 [Edit Virtual Drive] ダイアログボックスが表示されます。
                                                                              ステップ 6   [Select RAID Level to migrate] ドロップダウン リストから、RAID レベルを選択します。

                                                                              RAID のマイグレーション基準については次の表を参照してください。

                                                                              名前 説明

                                                                              [Select RAID Level to migrate] ドロップダウン リスト

                                                                              移行する RAID レベルを選択します。 移行は次の RAID レベルで許可されています。

                                                                              • RAID 0 から RAID 1

                                                                              • RAID 0 から RAID 5

                                                                              • RAID 0 から RAID 6

                                                                              • RAID 1 から RAID 0

                                                                              • RAID 1 から RAID 5

                                                                              • RAID 1 から RAID 6

                                                                              • RAID 5 から RAID 0

                                                                              • RAID 6 から RAID 0

                                                                              • RAID 6 から RAID 5

                                                                              ある raid レベルから別のレベルに移行する場合、新しい RAID レベルのデータ アームは、既存のもの以上である必要があります。

                                                                              RAID 6 の場合、RAID 6 には二重分散パリティがあるため、データ アームはドライブ数から 2 を引いた数になります。 たとえば、8 台のドライブで RAID 6 を作成する場合、データ アームの数は 8 – 2 = 6 となります。 この場合、RAID 6 から RAID 0 に移行する場合は、RAID 0 には最低 6 台のドライブが必要です。 それより少ないドライブ数を選択すると、[Edit] または [Save] ボタンが無効になります。

                                                                              追加する場合は、ドライブを削除しないままで RAID 0 に移行できます。

                                                                              (注)     

                                                                              RAID レベルの移行は、次の場合にはサポートされません。

                                                                              • RAID グループに複数の仮想ドライブがある場合。
                                                                              • SSD/HDD RAID グループの組み合わせがある場合。
                                                                              ステップ 7   [Virtual Drive Properties] 領域の [Write Policy] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択します。
                                                                              • [Write Through]:データがキャッシュによって、物理ドライブに書き込まれます。 以降の該当データのキャッシュからの読み取りが充足されるため、パフォーマンスが改善されます。

                                                                              • [Write Back]:データはキャッシュに保存され、キャッシュ内の領域が必要になったときにのみ、物理ドライブに書き込まれます。 このポリシーを必要とする仮想ドライブは、電源障害の発生時に BBU でキャッシュの安全性を確保できない場合、[Write Through] キャッシングにフォールバックします。

                                                                              • [Write Back Bad BBU]:このポリシーでは、バッテリ バックアップ ユニットに欠陥があったり、放電していたりする場合でも、書き込みキャッシングは [Write Back] のままです。

                                                                              ステップ 8   [Save Changes] をクリックします。

                                                                              仮想ドライブの削除

                                                                              重要:

                                                                              このタスクでは、ブートされたオペレーティング システムを実行するドライブを含む仮想ドライブを削除します。 そのため、仮想ドライブを削除する前に、保持するデータをバック アップします。

                                                                              はじめる前に

                                                                              このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                              手順
                                                                                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                ステップ 3   [Work] ペインで [Virtual Drive Info] タブをクリックします。
                                                                                ステップ 4   [Virtual Drives] 領域で、削除する仮想ドライブを選択します。
                                                                                ステップ 5   [Actions] 領域で、[Delete Virtual Drive] をクリックします。
                                                                                ステップ 6   [OK] をクリックして確定します。

                                                                                バッテリ バックアップ ユニットの自動学習サイクルのイネーブル化

                                                                                はじめる前に

                                                                                このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                                手順
                                                                                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                  ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                  ステップ 3   [Work] ペインで [Battery Backup Unit] タブをクリックします。
                                                                                  ステップ 4   [Actions] ペインで [Enable Auto Learn Mode] をクリックします。

                                                                                  ダイアログでタスクを確認するためのプロンプトが表示されます。

                                                                                  ステップ 5   [OK] をクリックします。

                                                                                  バッテリ バックアップ ユニットの自動学習サイクルのディセーブル化

                                                                                  はじめる前に

                                                                                  このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                                  手順
                                                                                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                    ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                    ステップ 3   [Work] ペインで [Battery Backup Unit] タブをクリックします。
                                                                                    ステップ 4   [Actions] ペインで [Disable Auto Learn Mode] をクリックします。

                                                                                    ダイアログでタスクを確認するためのプロンプトが表示されます。

                                                                                    ステップ 5   [OK] をクリックします。

                                                                                    バッテリ バックアップ ユニットの学習サイクルの開始

                                                                                    はじめる前に

                                                                                    このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                                    手順
                                                                                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                      ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                      ステップ 3   [Work] ペインで [Battery Backup Unit] タブをクリックします。
                                                                                      ステップ 4   [Actions] ペインで [Start Learn Cycle] をクリックします。

                                                                                      ダイアログでタスクを確認するためのプロンプトが表示されます。

                                                                                      ステップ 5   [OK] をクリックします。

                                                                                      物理ドライブのロケータ LED の切り替え

                                                                                      はじめる前に

                                                                                      このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                                      手順
                                                                                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                        ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                        ステップ 3   [Work] ペインで [Physical Drive Info] タブをクリックします。
                                                                                        ステップ 4   [Status] 領域で、[Locator LED] フィールドの [Turn On] または [Turn Off] オプション ボタンを選択します。

                                                                                        ストレージ コントローラのログの表示

                                                                                        はじめる前に

                                                                                        このタスクを実行するには、admin 権限でログインする必要があります。

                                                                                        手順
                                                                                          ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [ストレージ] タブをクリックします。
                                                                                          ステップ 2   [Storage] タブで、適切な LSI MegaRAID コントローラをクリックします。
                                                                                          ステップ 3   [Work] ペインの [Storage Log] タブをクリックし、次の情報を確認します。

                                                                                          名前

                                                                                          説明

                                                                                          [Time] カラム

                                                                                          イベントが発生した日時。

                                                                                          [Severity] カラム

                                                                                          イベントの重大度。 次のいずれかになります。

                                                                                          • Emergency

                                                                                          • Alert

                                                                                          • Critical

                                                                                          • Error

                                                                                          • 警告(Warning)

                                                                                          • Notice

                                                                                          • Informational

                                                                                          • Debug

                                                                                          [Description] カラム

                                                                                          イベントの説明。


                                                                                          アダプタ設定のバックアップと復元

                                                                                          アダプタ設定のエクスポート

                                                                                          アダプタ設定は、次のいずれかになるリモート サーバに XML ファイルとしてエクスポートできます。

                                                                                          • TFTP

                                                                                          • FTP

                                                                                          • SFTP

                                                                                          • SCP

                                                                                          • HTTP

                                                                                          はじめる前に

                                                                                          リモート サーバの IP アドレスを取得します。

                                                                                          手順
                                                                                            ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                            ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                            ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                            ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                            サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                            ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                            ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Export Configuration] をクリックします。

                                                                                            [Export Adapter Configuration] ダイアログボックスが開きます。

                                                                                            ステップ 7   [Export Adapter Configuration] ダイアログボックスで、次のフィールドを更新します。
                                                                                            名前 説明

                                                                                            [Export to] ドロップダウン リスト

                                                                                            リモート サーバのタイプ。 次のいずれかになります。

                                                                                            • TFTP サーバ

                                                                                            • FTP サーバ

                                                                                            • SFTP サーバ

                                                                                            • SCP サーバ

                                                                                            • HTTP サーバ

                                                                                            [Server IP/Hostname] フィールド

                                                                                            アダプタ設定ファイルのエクスポート先となるサーバの IP アドレスまたはホスト名。 [Export to] ドロップダウン リストの設定によって、フィールド名は異なる場合があります。

                                                                                            [Path and Filename] フィールド

                                                                                            ファイルをリモート サーバにエクスポートするときに、Cisco IMC が使用する必要のあるパスおよびファイル名。

                                                                                            [Username]

                                                                                            システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                            パスワード

                                                                                            リモート サーバのユーザ名のパスワード。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                            ステップ 8   [Export Configuration] をクリックします。

                                                                                            アダプタ設定のインポート

                                                                                            手順
                                                                                              ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                              ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                              ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                              ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                              サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                              ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                              ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Import Configuration] をクリックします。

                                                                                              [Import Adapter Configuration] ダイアログボックスが開きます。

                                                                                              ステップ 7   [Import Adapter Configuration] ダイアログボックスで、次のフィールドを更新します。
                                                                                              名前 説明

                                                                                              [Import from] ドロップダウン リスト

                                                                                              リモート サーバのタイプ。 次のいずれかになります。

                                                                                              • TFTP サーバ

                                                                                              • FTP サーバ

                                                                                              • SFTP サーバ

                                                                                              • SCP サーバ

                                                                                              • HTTP サーバ

                                                                                              [Server IP/Hostname] フィールド

                                                                                              アダプタ設定ファイルを保存するサーバの IP アドレスまたはホスト名。 [Import from] ドロップダウン リストの設定によって、フィールド名は異なる場合があります。

                                                                                              [Path and Filename] フィールド

                                                                                              リモート サーバ上の設定ファイルのパスおよびファイル名。

                                                                                              [Username]

                                                                                              システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                              パスワード

                                                                                              リモート サーバのユーザ名のパスワード。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                              ステップ 8   [Import Configuration] をクリックします。 アダプタは、指定された IP アドレスの TFTP サーバから、指定されたパスの設定ファイルをダウンロードします。 この設定は、サーバが次にリブートされたときにインストールされます。

                                                                                              次の作業

                                                                                              サーバをリブートして、インポートした設定を適用します。

                                                                                              アダプタのデフォルトの復元

                                                                                              手順
                                                                                                ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                                ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                                ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                                ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                                サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                                ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                                ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Reset To Defaults] をクリックし、[OK] をクリックして確定します。

                                                                                                アダプタ ファームウェアの管理

                                                                                                アダプタ ファームウェア

                                                                                                Cisco UCS C シリーズ ネットワーク アダプタには、次のファームウェア コンポーネントが含まれています。

                                                                                                • アダプタ ファームウェア:メインのオペレーティング ファームウェア(アクティブ イメージとバックアップ イメージで構成)は、Cisco IMC GUI または CLI インターフェイスから、または Host Upgrade Utility(HUU)からインストールできます。 ファームウェア イメージをローカル ファイル システムまたは TFTP サーバからアップロードできます。

                                                                                                • ブートローダ ファームウェア:ブートローダ ファームウェアは、Cisco IMC GUI または CLI からインストールできません。 このファームウェアは、Host Upgrade Utility を使用してインストールできます。

                                                                                                ローカル ファイルからのアダプタ ファームウェアのインストール

                                                                                                はじめる前に

                                                                                                アダプタ ファームウェア ファイルを管理コンピュータのファイル システムに保存します。

                                                                                                手順
                                                                                                  ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                                  ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                                  ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                                  ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                                  サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                                  ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                                  ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Install Firmware] をクリックして [Install Adapter Firmware] ダイアログボックスを開きます。
                                                                                                  ステップ 7   [Install Adapter Firmware] ダイアログボックスで、[Install from local file] を選択し、[Next] をクリックします。
                                                                                                  ステップ 8   [Browse...] をクリックし、アダプタ ファームウェア ファイルの場所を指定します。
                                                                                                  ステップ 9   [Install Firmware] をクリックします。

                                                                                                  次の作業

                                                                                                  新しいファームウェアをアクティブにするには、「アダプタ ファームウェアのアクティブ化」を参照してください。

                                                                                                  リモート サーバからのアダプタ ファームウェアのインストール

                                                                                                  手順
                                                                                                    ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                                    ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                                    ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                                    ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                                    サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                                    ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                                    ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Install Firmware] をクリックして [Install Adapter Firmware] ダイアログボックスを開きます。
                                                                                                    ステップ 7   [Install Adapter Firmware] ダイアログボックスで、[Install from Remote Server] を選択し、[Next] をクリックします。
                                                                                                    ステップ 8   [Install Adapter Firmware] ダイアログボックスで、次のフィールドを更新します。
                                                                                                    名前 説明

                                                                                                    [Install from] ドロップダウン リスト

                                                                                                    リモート サーバのタイプ。 次のいずれかになります。

                                                                                                    • TFTP サーバ

                                                                                                    • FTP サーバ

                                                                                                    • SFTP サーバ

                                                                                                    • SCP サーバ

                                                                                                    • HTTP サーバ

                                                                                                    [Server IP/Hostname] フィールド

                                                                                                    アダプタ設定ファイルを保存するサーバの IP アドレスまたはホスト名。 [Install from] ドロップダウン リストの設定によって、フィールド名は異なる場合があります。

                                                                                                    [Path and Filename] フィールド

                                                                                                    リモート サーバ上の設定ファイルのパスおよびファイル名。

                                                                                                    [Username]

                                                                                                    システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                                    パスワード

                                                                                                    リモート サーバのユーザ名のパスワード。 このフィールドは、プロトコルが TFTP または HTTP の場合は適用されません。

                                                                                                    [Back] ボタン

                                                                                                    ファームウェア パッケージのローカル パスを指定する場合は、このボタンをクリックします。

                                                                                                    [Install Firmware] ボタン

                                                                                                    アダプタのバックアップ メモリ スロットに、選択したファームウェア パッケージをインストールするには、このボタンをクリックします。

                                                                                                    [Close] ボタン

                                                                                                    サーバに保存されたファームウェア バージョンを変更せずにウィザードを終了するには、このボタンをクリックします。

                                                                                                    ステップ 9   [Install Firmware] をクリックします。

                                                                                                    次の作業

                                                                                                    新しいファームウェアをアクティブにするには、「アダプタ ファームウェアのアクティブ化」を参照してください。

                                                                                                    アダプタ ファームウェアのアクティブ化

                                                                                                    手順
                                                                                                      ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                                      ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                                      ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                                      ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                                      サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                                      ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                                      ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Activate Firmware] をクリックして [Activate Adapter Firmware] ダイアログボックスを開きます。
                                                                                                      ステップ 7   [Activate Adapter Firmware] ダイアログボックスで、ファームウェアが次に起動するときに実行するイメージを選択します。
                                                                                                      ステップ 8   [Activate Adapter Firmware] をクリックします。

                                                                                                      アダプタのリセット

                                                                                                      手順
                                                                                                        ステップ 1   [ナビゲーション] ペインの [サーバ] タブをクリックします。
                                                                                                        ステップ 2   [サーバ] タブの [インベントリ] をクリックします。
                                                                                                        ステップ 3   [Inventory] ペインの [Cisco VIC Adapters] タブをクリックします。
                                                                                                        ステップ 4   [アダプタ カード] 領域でアダプタ カードを選択します。

                                                                                                        サーバの電源が投入されている場合、選択したアダプタ カードのリソースが [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューに表示されます。

                                                                                                        ステップ 5   [アダプタ カード] 領域の下のタブ付きメニューで、[一般] タブをクリックします。
                                                                                                        ステップ 6   [General] タブの [Actions] 領域で、[Reset] をクリックし、[Yes] をクリックして確定します。
                                                                                                        (注)     

                                                                                                        アダプタをリセットすると、ホストもリセットされます。