Cisco UCS C シリーズ サーバ Integrated Management Controller GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.0
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバの概要

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバには、次のモデルがあります。

  • Cisco UCS C200 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C210 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C220 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C240 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C250 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C260 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C460 ラックマウント サーバ

  • Cisco UCS C420 ラックマウント サーバ


(注)  


どの Cisco UCS C シリーズ ラック マウント サーバがこのファームウェア リリースでサポートされているかを判断するには、関連するリリース ノートを参照してください。 C シリーズのリリース ノートは次の URL で入手できます。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10739/​prod_​release_​notes_​list.html


サーバ ソフトウェアの概要

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバには Cisco IMC ファームウェアが付属しています。

Cisco IMC ファームウェア

Cisco IMC は、マザーボードに組み込まれている独立した管理モジュールです。 専用の ARM ベースのプロセッサが、メイン サーバ CPU とは別に、Cisco IMC ファームウェアを実行します。 システムには Cisco IMC ファームウェアの実行バージョンが付属しています。 Cisco IMC ファームウェアは更新できますが、初期インストールは必要ではありません。

サーバ OS

Cisco UCS C シリーズ ラック サーバは、Windows、Linux、Oracle などのオペレーティング システムをサポートします。 サポートされているオペレーティング システムの詳細については、スタンドアロン C シリーズ サーバのハードウェアおよびソフトウェア相互運用性http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10477/​prod_​technical_​reference_​list.html)を参照してください。 KVM コンソールおよび vMedia を使ってサーバに OS をインストールするために、Cisco IMC を使用できます。


(注)  


使用可能な OS のインストール マニュアルには、http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』からアクセスできます。


Cisco Integrated Management Controller

Cisco IMC は、C シリーズ サーバ用の管理サービスです。 Cisco IMC はサーバ内で動作します。


(注)  


Cisco IMC 管理サービスは、サーバがスタンドアロン モードで動作している場合にだけ使用されます。 C シリーズ サーバが UCS システムに統合されている場合は、UCS Manager を使用してそのサーバを管理する必要があります。 UCS Manager の使用方法については、http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​b-series-doc『Cisco UCS B-Series Servers Documentation Roadmap』にリストされた設定ガイドを参照してください。


管理インターフェイス

Web ベースの GUI または SSH ベースの CLI または XML ベースの API を使用して、サーバにアクセスし、サーバを設定、管理、モニタできます。 ほとんどすべてのタスクは、これらのインターフェイスのいずれでも実行できます。また、一方のインターフェイスで実行されたタスクの結果は、もう一方のインターフェイスにも表示されます。 ただし、次の操作はできません。

  • Cisco IMC CLI を呼び出すために Cisco IMC GUI を使用する

  • Cisco IMC CLI で呼び出したコマンドを Cisco IMC GUI に表示する

  • Cisco IMC GUI から Cisco IMC CLI 出力を生成する

Cisco IMC で実行可能なタスク

Cisco IMC を使用すると次のサーバ管理タスクを実行できます。

  • サーバの電源のオン、電源のオフ、電源再投入、リセット、およびシャットダウンを行う

  • ロケータ LED を切り替える

  • サーバのブート順を設定する

  • サーバのプロパティとセンサーを表示する

  • リモート プレゼンスを管理する

  • ローカル ユーザ アカウントを作成して管理し、Active Directory によるリモート ユーザの認証をイネーブルにする

  • NIC プロパティ、IPv4、VLAN、ネットワーク セキュリティなど、ネットワーク関連の設定を行う

  • HTTP、SSH、IPMI Over LAN などのコミュニケーション サービスを設定する

  • 証明書を管理する

  • プラットフォーム イベント フィルタを設定する

  • Cisco IMC ファームウェアを更新する

  • 障害、アラーム、およびサーバのステータスをモニタする

オペレーティング システムやアプリケーションのプロビジョニングや管理はできない

Cisco IMC はサーバのプロビジョニングを行うため、サーバのオペレーティング システムの下に存在します。 したがって、サーバでオペレーティング システムやアプリケーションのプロビジョニングや管理を行うためにこれを使用することはできません。 たとえば、次の操作を実行することはできません。

  • Windows や Linux などの OS の展開

  • OS やアプリケーションなどのソフトウェアに対するパッチの展開

  • アンチウイルス ソフトウェア、モニタリング エージェント、バックアップ クライアントなどのベース ソフトウェア コンポーネントのインストール

  • データベース、アプリケーション サーバ ソフトウェア、Web サーバなどのソフトウェア アプリケーションのインストール

  • Oracle データベースの再起動、プリンタ キューの再起動、または Cisco IMC 以外のユーザ アカウントの処理を含むオペレータ処理の実行

  • SAN や NAS ストレージ上の外部ストレージの設定または管理

Cisco IMC ユーザ インターフェイスの概要

Cisco IMC ユーザ インターフェイスは、Cisco C シリーズ サーバの Web ベースの管理インターフェイスです。 Cisco IMC ユーザ インターフェイスを起動して、次の最小要件を満たしているすべてのリモート ホストからサーバを管理できます。

  • Java 1.6 以降

  • HTTP および HTTPS 対応

  • Adobe Flash Player 10 以降


(注)  


Cisco IMC へのログインに使用するパスワードが失効した場合やパスワードを忘れた場合は、使用しているサーバの Cisco UCS C シリーズ サーバ インストレーションおよびサービス ガイドでパスワードの回復手順を参照してください。 このガイドは http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』から入手できます。


Cisco IMC ホームページ

Cisco IMC GUI に初めてログインすると、ユーザ インターフェイスが次の図のように表示されます。



[Navigation] ペインと [Work] ペイン

[Navigation] ペインは、Cisco IMC GUI の左側に表示されます。 [Navigation] ペインの [Server]、[Admin]、または [Storage] タブにあるリンクをクリックすると、右側の [Work] ペインに関連付けられたタブが表示されます。

[Navigation] ペインには次の領域があります。

  • [Overall Server Status] 領域

  • [Server] タブ

  • [Admin] タブ

  • [Storage] タブ

[Overall Server Status] 領域

[Overall Server Status] 領域は、[Server]、[Admin]、および [Storage] タブの上にあります。 [Work] ペインの [Server Summary] タブをリフレッシュするには、領域内のリンクをクリックします。


(注)  


別のタブが [Work] ペインに表示される場合は、このリンクをクリックすると、更新されたサーバ情報で [Server Summary] タブが再表示されます。


[Server] タブ

[Server] タブの各ノードは、[Work] ペインに表示される 1 つ以上のタブに続きます。 これらのタブからは次の情報へアクセスできます。

[Server] タブのノード名 [Work] ペインのタブで提供される情報

Summary

サーバ プロパティ、ステータス、BIOS のバージョン、Cisco IMC ファームウェアのバージョン、IP アドレス、および MAC アドレス。

Inventory

インストール済みの CPU、メモリ カード、電源、PCI アダプタ、Cisco VIC アダプタ、ネットワーク アダプタ、およびストレージ アダプタ。

Sensor

電源、ファン、温度、電圧、電流、LED、およびストレージ センサーの読み取り。

Remote Presence

LAN 設定上の KVM、仮想メディア、およびシリアル。

BIOS

インストール済みの BIOS ファームウェア バージョン、およびサーバのブート順。

Power Policies

電源ポリシーの設定。

Faults and Logs

障害サマリ、障害履歴、システム イベント ログ、Cisco IMC ログおよびロギング制御。

Troubleshooting

ブートストラップ プロセスの記録、クラッシュ記録、およびプレーヤー。

[Admin] タブ

[Admin] タブの各ノードは、[Work] ペインに表示される 1 つ以上のタブに続きます。 これらのタブからは次の情報へアクセスできます。

[Admin] タブのノード名 [Work] ペインのタブで提供される情報

User Management

ローカルで定義されたユーザ アカウント、Active Directory 設定、および現在のユーザ セッション情報。

Network

NIC、IPv4、VLAN、および LOM プロパティとネットワーク セキュリティ設定。

Communication Services

HTTP、SSH、XML API、IPMI over LAN、および SNMP 設定。

Certificate Management

セキュリティ証明書情報と管理。

Cisco IMC ログ

Event Management

プラットフォーム イベント フィルタ。

Firmware Management

Cisco IMC および BIOS ファームウェア情報と管理。

Utilities

テクニカル サポート データ収集、システム設定のインポートおよびエクスポート オプション、出荷時の初期状態の復元設定。

[Storage] タブ

[Storage] タブの各ノードは、Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバにインストールされた LSI MegaRAID コントローラまたは Cisco FlexFlash コントローラに対応します。 各ノードは、[Work] ペインに表示される 1 つ以上のタブに続き、インストールされているコントローラに関する情報を提供します。

[Storage] タブのノード名 [Work] ペインのタブで提供される情報

Controller Info

選択された MegaRAID コントローラまたは Cisco Flexible Flash コントローラに関する一般情報。

Physical Drive Info

一般的なドライブ情報、識別情報、およびドライブのステータス。

Virtual Drive Info

一般的なドライブ情報、RAID 情報、物理ドライブ情報。

Battery Backup Unit

選択された MegaRAID コントローラのバックアップ バッテリ情報。

Storage Log

ストレージ メッセージ。

ツールバー

ツールバーは [Work] ペインの上に表示されます。

ボタン名 説明

Refresh

現在のページを更新します。

Power On Server

サーバの電源を投入します。

Power Off Server

サーバの電源を切ります。

KVM コンソールを起動します

KVM コンソールを起動します。

ping

[Ping Details] ペインを開始します。

Help

[Work] ペインに表示されるタブのオンライン ヘルプを表示します。

Info

Cisco IMC 情報を表示します。

Cisco Integrated Management Controller オンライン ヘルプの概要

Cisco Integrated Management ControllerCisco IMC)ソフトウェアの GUI は、左側にある [Navigation] ペインと右側にある [Work] ペインの 2 つの主要なセクションに分かれます。

このヘルプ システムは、各 Cisco IMC Cisco IMC GUI ページと各ダイアログボックスのフィールドについて説明します。

ページのヘルプにアクセスするには、次のいずれかを実行します。

  • Cisco IMC Cisco IMC GUI の特定のタブで、[Work] ペインの上のツールバーにある [Help] アイコンをクリックします。

  • ダイアログボックスで、そのダイアログボックスの [Help] ボタンをクリックします。


(注)  


すべての C シリーズ マニュアルの一覧については、http:/​/​www.cisco.com/​go/​unifiedcomputing/​c-series-doc で入手できる『Cisco UCS C-Series Servers Documentation Roadmap』を参照してください。


Cisco IMC へのログイン

はじめる前に

Adobe Flash Player 10 以降がインストールされていない場合は、ローカル マシンにインストールします。

手順
    ステップ 1   Web ブラウザで、Cisco IMC への Web リンクを入力または選択します。
    ステップ 2   セキュリティ ダイアログボックスが表示された場合は、次の操作を実行します。
    1. 任意: チェックボックスをオンにして、シスコからのすべてのコンテンツを受け入れます。
    2. [Yes] をクリックして証明書を受け入れ、続行します。
    ステップ 3   ログイン ウィンドウで、ユーザ名とパスワードを入力します。
    ヒント   

    未設定のシステムに対する初回ログイン時には、ユーザ名に admin、パスワードに password を使用します。

    ステップ 4   [Log In] をクリックします。

    Cisco IMC からのログアウト

    手順
      ステップ 1   Cisco IMC の右上で、[Log Out] をクリックします。

      ログアウトすると、Cisco IMC のログイン ページに戻ります。

      ステップ 2   (任意)再度ログインするか、Web ブラウザを閉じます。