Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 Voice Gateway ソフトウェア コンフィギュレーションおよびアドミニストレーション ガイド
Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 の設定例
Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 の設定例
発行日;2015/03/26 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 の設定例

voice-port コマンドでの Cisco IOS Bulk 設定

dial-peer コマンドでのグループ設定

ループ長の設定

ren 設定

ring dc-offset の設定

cm-current-enhance 設定

vmwi の設定

1 つのインスタンス内での複数のポートとダイヤル ピアの設定

EnergyWise の設定

Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 の設定例

この付録では、Cisco VG350、Cisco VG310、および Cisco VG320 の次の設定例を示します。

「voice-port コマンドでの Cisco IOS Bulk 設定」

「dial-peer コマンドでのグループ設定」

「ループ長の設定」

「ren 設定」

「ring dc-offset の設定」

「cm-current-enhance 設定」

「vmwi の設定」

「1 つのインスタンス内での複数のポートとダイヤル ピアの設定」

「EnergyWise の設定」

voice-port コマンドでの Cisco IOS Bulk 設定

voice-port コマンドでは範囲モード設定を表現するためにポート番号要素の後ろに記述する「-」を新たに採用しています。2 番目のポート番号を入力し、これが終了ポートと解釈され、最初のポート番号が開始ポートと解釈されます。

 
vg350(config)#voice-port 2/0/0-71
vg350(config-voiceport)#caller-id block
vg350(config-voiceport)#exit
vg350(config)#voice-port 2/0/0-2
vg350(config-voiceport)#ren 3
 
 

入力されるサブ コマンドは、対象範囲のすべてのポートに適用されます。これは対象範囲のポートでパーサー アクション機能を内部的に起動することによる N 回の手動設定のワンショット エミュレーションです。

次に、この設定を実行した結果のスナップ ショットの表示を示します。

vg350#
!
voice-port 2/0/0
caller-id block
ren 3
!
voice-port 2/0/1
caller-id block
ren 3
!
voice-port 2/0/2
caller-id block
ren 3
!
voice-port 2/0/3
caller-id block
!
...
!
voice-port 2/0/71
caller-id block
!
 

範囲モードで、 description および station-id コマンドでは自動的にポートごとの内容をカスタマイズするための新しいキーワード base および interval が使用されます。

vg350(config)#voice-port 0/0/0-3
vg350(config-voiceport)#description base 100 interval 5 DESCRIPTION-
vg350(config-voiceport)#station-id name base 50 interval 2 NAME
vg350(config-voiceport)#station-id number base 20 interval 1 70000
vg350(config-voiceport)#end
vg350#sh run | b voice-port
voice-port 0/0/0
description DESCRIPTION-100
station-id name NAME50
station-id number 70020
!
voice-port 0/0/1
description DESCRIPTION-105
station-id name NAME52
station-id number 70021
!
voice-port 0/0/2
description DESCRIPTION-110
station-id name NAME54
station-id number 70022
!
voice-port 0/0/3
description DESCRIPTION-115
station-id name NAME56
station-id number 70023
!
 

 

次のコマンドが、範囲モードでサポートされます。

vg350(config)#voice-port 2/0/0-71
vg350(config-voiceport)#?

) Cisco VG310 の場合、範囲は 0 ~ 23 であり、Cisco VG320 の場合、範囲は 0 ~ 47 です。


次は、voice-port コンフィギュレーション コマンドです。

表 A-1 Voice-Port コンフィギュレーション コマンド

コマンド
コマンドについて

battery-reversal

FXS バッテリ反転の生成を有効にします。

busyout

busyout のトリガー イベントおよび手順を設定します。

発信側番号

ポートの発信者 ID パラメータを設定します。

デフォルト

コマンドをデフォルト値に設定します。

説明

ルータが接続されているポートを示します。

disconnect-ack

FXS 送信切断を承認します。

exit

音声ポート コンフィギュレーション モードを終了します。

mwi

このポートの MWI を有効にします。

no

コマンドを無効にするか、デフォルト値を設定します。

ren

呼出音相当番号。

ring

呼出頻度パラメータ。

シャットダウン

音声ポートをオフラインにします。

signal

FXS/DID VIC(音声インターフェイス カード)の信号パラメータを設定します。

snmp

SNMP 音声ポート パラメータを変更します。

station-id

ステーション ID を設定します。

loop-length

FXS ポートのループ長を設定します。


) バルク設定 CLI は HotIce 対応ではありません。


dial-peer コマンドでのグループ設定

グループに作成されたすべてのダイヤル ピアにはレガシー ダイヤル ピアと同様に同一のデフォルトがあります。しかし、これらのダイヤル ピアは NVRAM に保存されず作成後はレガシー ダイヤル ピア CLI を使って修正できません。作成されたダイヤル ピアは NVRAM に保存されませんが、これらのダイヤル ピア一括設定行はレガシー ダイヤル ピア CLI より先に NVRAM に保存されされるため、リブート時に最初に解析され関連するダイヤル ピアが作成されます。

この一括設定機能は設定のショートカットを提供するだけでなく、多くの NVRAM 領域を節約します。次の例で、dial-peer group <group tag> pots の設定方法を示します。
dial peer group サブモードでさらに詳細なパラメータ指定を入力します。

vg350(config)#dial-peer ?
group Define group parameters
cor Class of Restriction
data Data type
hunt Define the dial peer hunting choice
inbound Define the inbound options
no-match Define the disconnect cause for no dialpeer match
outbound Define the outbound options
search Define dial peer search service
terminator Define the address terminate character
voice Voice type
 
 
vg350(config)#dial-peer group ?
<1-10> dial-peer group tag
 
vg350(config)#dial-peer group 1 ?
pots Telephony
 
vg350(config)#dial-peer group 1 pots
vg350(config-dp-group)#?
Dial Peer Group commands:
default Set a command to its defaults
description Dial peer specific description
exit Exit from dial-peer configuration mode
no Negate a command or set its defaults
port Voice port number or range
preference Configure the preference order of group configured dial peers
service The selected service
shutdown Change the Admin State to down (no->up)
 

 

音声ポート番号、ポート範囲、またはすべてのポートを設定するとき、回線にポート固有のパラメータを指定できます。


) E164 関連パラメータには、1 だけを設定でき、記述の前に設定する必要があります。


vg350(config-dp-group)# port 0/0/0 ?
ans The Call Destination Number
called Incoming Called number
desc Dial peer description
dest A full E.164 telephone number prefix
cr>

 

vg350(config-dp-group)# port 0/0/0 ans ?
WORD A sequence of digits - representing the prefix or full telephone number
 
vg350(config-dp-group)# port 0/0/0 ans ?
desc Dial peer description
<cr>

 

vg350(config-dp-group)# port 0/0/0 called 1000 desc **Security Panel**
vg350(config-dp-group)# port 0/0/1 desc **Alarm 1**
vg350(config-dp-group)# port 0/0/2 dest 1001 desc **Alarm 2**
vg350(config-dp-group)# port 0/0/3 ans 1002
vg350(config-dp-group)# port 0/0/4
 

各ポート間で E164 番号が同一かまたは 100 以下の間隔で増加させる場合、ポート範囲または「all」オプションを使用してダイヤル ピアをプロビジョニングできます。間隔の値はデフォルトでゼロで、1 ~ 100 の範囲の値になることができます。

vg350(config-dp-group)# port 4/0/0-9 dest 1000 desc Sales
vg350(config-dp-group)# port 4/0/10-19 dest 2000 1 desc Marketing
vg350(config-dp-group)# port 4/0/20-29 dest 3000 100
vg350(config-dp-group)# port 4/0/30-39 dest 4000
vg350(config-dp-group)# port 4/0/40-49 desc Marketing
vg350(config-dp-group)# port 4/0/50-59
 

特定のポートに対する設定可能なサブ コマンドまたは一連のポートに対するデフォルト以外の共通属性が制限され、グループ設定されたダイヤル ピアが今後の変更で提供されない場合、サポートされていないサブ コマンドを使用するダイヤル ピアを設定するためにレガシー ダイヤル ピア CLI を使用する必要があります。

ポート範囲の 1 ポートでサポートされていない属性を必要とする場合、自動バルク設定のための 2 つのポート範囲および音声ポートのための 1 つの手動ダイヤル ピアを設定する必要があります。

「pcm-dump」サブ コマンドを使用してポート範囲に指定したグループ設定されたダイヤル ピアをトラブルシューティングする場合、このポートのダイヤル ピアをシャット ダウンするかまたはポート範囲全体を削除する必要があり、レガシー ダイヤル ピア CLI を使用して手動でレガシー ピアを作成する前に 2 ポート範囲を使って他のポートを再設定します。

手動ダイヤル ピアを使用した音声ポートのトラブルシューティングを終了後、シャット ダウンするかまたは手動ダイヤル ピアを削除することができ、またはこの手動ダイヤル ピアを使用し続けることもできます。

グループ設定されたダイヤル ピアは手動ダイヤル ピアと同じ方法で作成されるので、デフォルトの優先値 0 があり、設定済みまたは作成済み順序に従って着信ダイヤル ピアとして選択されます。

グループ ダイヤル ピア CLI はレガシー ダイヤル ピアの前に NVRAM に保存されるため、レガシー ダイヤル ピアより先に解析されます。

特定のポートのグループ CLI またはダイヤル ピアの下で設定されたすべてのダイヤル ピアは、同時にシャット ダウンできます。

vg350(config-dp-group)# shut ?
WORD Shut down a group configured dial peer for a specified port
all Shut down all group configured dial peers
 
 

これらのグループ設定されたダイヤル ピアは NVRAM に保存されませんが、次のように
show dial-peer group [<tag>] [summary|detail] を使用して表示できます。

vg350# show dial-peer auto
dial-peer group 1:
description Analog ports
service stcapp
port 2/0/00-9
port 2/0/10-19 desc Marketing
dial-peer group 2:
port all dest 1000 10 desc group configured analog ports
 
vg350# show dial-peer auto 1
description Analog ports
service stcapp
port 2/0/00-9
port 2/0/10-19 desc Marketing
 
 
vg350# show dial-peer auto summary
dial-peer group 1:
TAG TYPE ADMIN OPER PREFIX DEST-PATTERN PREFER PASSTHRU SESS-TARGET OUT STATE PORT
21474- pots up up 0 down 0/0/0
83647
dial-peer group 2:
TAG TYPE ADMIN OPER PREFIX DEST-PATTERN PREFER PASSTHRU SESS-TARGET OUT STATE PORT
21474- pots up up 1000 0 down 0/0/0
83678
21474- pots up up 1000 0 down 0/0/1
83678
vg350# show dial-peer auto 1 summary
TAG TYPE ADMIN OPER PREFIX DEST-PATTERN PREFER PASSTHRU SESS-TARGET OUT STATE PORT
21474- pots up up 0 down 0/0/0
83647
 
vg350# show dial-peer auto 1 detail
VoiceEncapPeer2147483648
peer type = voice, system default peer = FALSE, information type = voice,
description = `',
tag = 2147483648, destination-pattern = `',
voice reg type = 0, corresponding tag = 0,
answer-address = `', preference=0,
group = 8, Admin state is up, Operation state is up,
Outbound state is down,
incoming called-number = `', connections/maximum = 0/unlimited,
in bound application associated: 'stcapp'
out bound application associated: ''
 

ループ長の設定

次の設定は、loop-length コマンドの使用例を示します。

 
vg350#config t
Enter configuration commands, one per line.End with CNTL/Z.
vg350(config)#voice-port 2/0/0
vg350(config-voiceport)#loop-length ?
long long loop length
short short loop length
 
vg350(config-voiceport)#loop-length long
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:19:17.790: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:19:19.094: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#
 
default to loop-length short.

ren 設定

ren x 設定で、x はアナログ電話機で指定された実際の REN です。使用中のアナログ電話機で必要な実際の REN と一致する必要のある x に適切な値を入力することが重要です。通常、この REN 番号はアナログ電話機背面のラベルに表示されています。

次に、ren コマンドの例を示します。
 
vg350(config-voiceport)#loop-length short
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:20:23.242: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:20:24.122: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#ren ? <<< with short loop FXS, ren 1-5 is supported
<1-5> REN Value
vg350(config-voiceport)#ren 5
vg350(config-voiceport)#loop-length long <<<< change loop-legnth from short to long when ren 5 is configured, warning msg is printed out
The existing ren configuration is changed to 2 due to loop-legnth long is configured
vg350(config-voiceport)#sh
vg350(config-voiceport)#no sh
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:20:44.354: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:20:45.242: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#ren ? <<<< with long loop FXS, ren 1 - 2 is supported
<1-2> REN Value

 

ring dc-offset の設定

次の例に、dc-offset コマンドの設定方法を示します。デフォルトは no ring dc-offset です。

vg350(config-voiceport)#loop-length long
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:34:28.370: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:34:29.274: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#ring dc-offset ? <<< this CLI is only existed for loop-length long FXS
10-volts Ring DC offset 10 volts
20-volts Ring DC offset 20 volts
24-volts Ring DC offset 24 volts
30-volts Ring DC offset 30 volts
35-volts Ring DC offset 35 volts
 
vg350(config-voiceport)#ring dc-offset 10
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
*Mar 21 21:34:42.986: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:34:44.478: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#loop-length short <<< change loop-length from long to short when ring dc-offset is configured, warning msg is printed out
The existing ring dc-offset configuration is removed due to loop-length short is configured
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:34:55.362: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:34:56.322: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up

 

cm-current-enhance 設定


) cm-current-enhance コマンドは長いループ長 FXS の縦方向のノイズの過度なレベルに対する耐性を向上するために使用され、通常の状態ではこのコマンドは使用するべきではありません。


次の例に、 cm-current-enhance コマンドの設定方法を示します。

vg350(config-voiceport)#loop-length long
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
*Mar 21 21:41:05.362: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:41:06.778: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up
vg350(config-voiceport)#cm-current-enhance <<<< this CLI is only existed for loop-length long FXS
vg350(config-voiceport)#shut
vg350(config-voiceport)#no shut
vg350(config-voiceport)#
*Mar 21 21:41:18.778: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to Administrative Shutdown
*Mar 21 21:41:19.658: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Station 2/0/0, changed state to up

 

デフォルトは、 no cm-current-enhance です。

vmwi の設定

VMWI CLI は、FXS のループ スタート シグナリングにのみ適用できます。デフォルトは vmwi fsk です。

この CLI は SM-D-72FXS および SMD-48FXS-E モジュールのアナログ FXS 音声ポートにのみ適用可能です。マザー ボードのスロット(slot 0)の FXS 音声ポートでは適用可能ではありません。

次に、vmwi コマンドを表示する設定例を示します。

vg350(config-voiceport)#vmwi ?
dc-voltage Enable DC Voltage VMWI on this FXS port
fsk Enable FSK VMWI on this FXS port
 
vg350(config-voiceport)#vmwi dc-voltage
vg350(config-voiceport)#vmwi fsk
vg350(config-voiceport)#no vmwi

 

1 つのインスタンス内での複数のポートとダイヤル ピアの設定

次の例は、Cisco VG350 に 1 つのインスタンス内で複数のポートおよびダイヤル ピアを設定する方法を示します。

!
Voice-port 2/0/0 - 2/0/0-71
Caller-id enable
!
dial-peer group configuration <tag> pots
port all
service stcapp
 
!
Dial-peer voice 1 - 160
Service stcapp
!
!

) この例は、1 つのインスタンス内で複数のポートおよびダイヤル ピアを設定できる Cisco VG310 および Cisco VG320 プラットフォームにも適用できます。


EnergyWise の設定

次に、モジュールの EnergyWise 機能の設定方法を示します。

xfr_cube(config)#energywise ?
allow Configure which EnergyWise settings are allowed on this domain
member
domain Set the EnergyWise domain this entity should join
endpoint Set the EnergyWise endpoint access options
importance A rating of the importance this EnergyWise parent entity has in
the network
keywords EnergyWise keywords associated with this parent entity
level Set the EnergyWise level of this parent entity
management energywise management access options
name EnergyWise name for this parent entity
neighbor Specify a static neighbor
role The role this EnergyWise entity has in the network
 

) この機能は、Cisco VG310 および Cisco VG320 のプラットフォームではサポートされていません。