Cisco Prime Collaboration Assurance Guide - Standard, 10.0
Cisco Prime Collaboration Assurance の概要
Cisco Prime Collaboration Assurance の概要

Cisco Prime Collaboration Assurance の概要

Cisco Prime Collaboration は、エンド ユーザに対する一貫性のある高画質ビデオと音声のコラボレーション体験の提供を保証するために役立つ、一連のモニタリング、トラブルシューティング、およびレポートの機能を持つ、包括的なビデオおよび音声サービスの保証、管理システムです。

Prime Collaboration は Standard と Advanced の 2 つのモードが利用できます。

Prime Collaboration Standard の機能

Prime Collaboration - Standard は、Unified Communications 10.0 および TelePresence コンポーネントの管理に役立つ基本的な管理機能を提供します。 Prime Collaboration - Standard の単一インストールの場合は、製品ごとに 1 個のクラスタだけを監視できます。 機能は次のとおりです。

  • Cisco Unified CM、Unity Connection、およびCisco IM and Presence などの Unified Communications 10.0 のコンポーネントのサポート

  • Unified Communications 10.0 のコア コンポーネント(Unified CM 10.0, Unity Connection 10.0)の障害モニタリング

  • Unified Communications 10.0 のコア コンポーネントの条件の傾向を表示する既定およびカスタマイズ可能なパフォーマンス メトリクスのダッシュボード

  • Cisco TelePresence Management Suite(TMS)、Cisco TelePresence Video Communication Server(Cisco VCS)、Cisco TelePresence MCU、TelePresence Server、Cisco TelePresence System MXP シリーズ、Cisco TelePresence ConductorTelePresence などのコンポーネントのサポート

  • Unified Communications 10.0 コンポーネントの [Serviceablity] ページのコンテキスト相互起動

  • 単一レベル RBAC。

  • シングル サインオンのサポート

Standard および Advanced Prime Collaboration Assurance

Prime Collaboration Assurance は次のモードが利用できます。

  • Prime Collaboration Assurance Standard
  • Prime Collaboration Assurance Advanced

Prime Collaboration Assurance Standard は、Prime Collaboration Assurance Advanced の簡易バージョンです。 Unified Communications 10.0 および TelePresence のコンポーネントの管理に役立つ基本的な管理機能を提供します。 Prime Collaboration-Standard の単一インストールの場合は、製品ごとに 1 個のクラスタだけを監視できます。

Standard および Advanced Assurance をインストールするには、『Cisco Prime Collaboration 10.0 Quick Start Guide 』を参照してください。

Prime Collaboration Advanced Assurance は総合的なビデオと音声サービスの保証および管理システムで、モニタリング、トラブルシューティング、レポート機能を備え、一貫性のある高品質なビデオと音声のコラボレーションの実現に役立ちます。

次の表に、Prime Collaboration Assurance Standard および Advanced で使用できる機能を示します。

機能 Standard Advanced Cisco Prime Collaboration 10.0 Assurance Guide - Advance』を参照してください。

ライセンス要件

ライセンスは不要です。

評価期限が切れると、ライセンスが必要になります。

Advanced の機能の詳細については、「ライセンスの管理」の項を参照してください。

ロール ベース アクセス コントロール

スーパー管理者ロールだけをサポートします。

5 つのロールをサポートして複数の承認レベルを提供します。

  • Super Administrator
  • System Administrator Network
  • Administrator
  • Operator
  • Helpdesk

Advanced の機能の詳細については、「ユーザの管理」の項を参照してください。

シングル サインオンのサポート

Yes

Yes

Advanced の詳細については、「ユーザの管理」の項を参照してください。

クラスタの管理

Cisco Unified Communications Manager の 1 つのクラスタのみ、Cisco Unity、Cisco IM and Presence の 1 つのクラスタを管理します。

.

クラスタのリビジョンとクラスタの関連付けが混在する複数のクラスタを管理します。

Advanced の機能の詳細については、「クラスタの設定」の項を参照してください。

Discovery

  • Cisco TMS および Cisco VCS に登録されたエンドポイントを検出し、管理できます。
  • Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified IM and Presence) 10.x と Cisco Unity Connection 10.x アプリケーションを追加し、管理できます。
  • Cisco Unified Communications Manager(電話と TelePresence)、Cisco VCS(TelePresence)、CTS-Manager(TelePresence)、および Cisco TMS(TelePresence)に登録されているすべてのエンドポイントを検出して管理できます。 エンドポイントの管理に加えて、音声およびビデオ コラボレーション ネットワークに含まれる、マルチポイント スイッチ、アプリケーション マネージャ、コール プロセッサ、ルータ、スイッチも管理できます。
  • 自動検出、インポート、デバイス追加の機能などの複数の検出モードを提供します。
  • デバイスを検出するために、論理検出、ping スウィープ、CDP ベースの検出をサポートします。
  • 再検出を実行するためのオプションを提供します。

Advanced の機能の詳細については、「デバイスの検出」の項を参照してください。

インベントリ管理

[Current Inventory] テーブルから限定されたインベントリ情報を提供します。

  • デバイス 360° ビューから、デバイスの簡潔な概要情報を提供します。
  • 包括的なインベントリ詳細を提供します。

Advanced の機能の詳細については、「インベントリの管理」の項を参照してください。

Fault Management

  • アラームおよびイベント ブラウザを提供します。
  • アラーム設定用の電子メール通知の設定をサポートします。
  • Unified Communications パフォーマンス カウンタのカスタム イベントの作成をサポートします。
  • クイック ビューを用いてトラブルシューティングの開始をサポートします。
  • アラーム相関ルールをサポートします。
  • アラーム相関ルールをサポートします。
  • デバイスおよびグローバル レベルでのイベントのカスタマイズをサポートします。
  • 次のしきい値の設定を行います。
    • TelePresence エンドポイント
    • インフラストラクチャ デバイス
    • Call Quality
    • Device Pool

Advanced の機能の詳細については、「アラームとイベントのモニタリング」の項を参照してください。

音声およびビデオ レポート

該当なし

次の定義済みレポートとカスタマイズ可能なレポートを提供します。

  • Cisco Unified Communications Manager/Cisco Unified Communications Manager Express 電話機インベントリ レポート
  • 音声コールの品質のイベント履歴レポート
  • 音声コールの品質レポート
  • TelePresence レポート
  • Cisco Unified Communications Manager/Cisco Unified Communications Manager Express アクティビティ レポート
  • 管理レポート

Advanced の機能の詳細については、「ダッシュボードとレポート」の項を参照してください。

Dashboards

  • Cisco Unified Communications Manager 、IM and Presence、Cisco Unity Connection の事前定義済みダッシュボードを提供します。
  • Cisco Unified Communications Manager、IM and Presence、および Cisco Unity の目的のパフォーマンス カウンタに基づいてカスタム ダッシュボードの作成をサポートします。
  • 次のダッシュボードを提供します。
    • [End-Users Impact]:セッションおよびアラームに関する情報。
    • [Endpoints Utilization]:エンドポイントおよびそれらの使用率に関する情報
    • [Infrastructure]:会議デバイス、管理デバイス、コールおよびセッション デバイス、およびビデオ ポートに関する情報。
    • [Topology]:このダッシュボードは、IP テレフォニー ネットワークの論理的なトップ レベルのビューを提供します。 このビューは、コール制御関係に重点を置いています。
ホーム ページに、カスタマイズされたダッシュボードを追加できます。
また、次の操作を実行できます。
  • 既存のダッシュレットを別のダッシュボードに追加します。
    • ダッシュレットをドラッグアンドドロップして、ダッシュボードの下に移動します。

Advanced の機能の詳細については、「ダッシュボードとレポート」の項を参照してください。

音声およびビデオ エンドポイントの診断

該当なし

  • エンドポイント、サービス インフラストラクチャ、およびネットワーク関連問題の具体的な情報など、エンドツーエンド メディア パスを詳細に分析します。
  • ビデオの問題を特定するために Cisco メディアネット テクノロジーを使用します。
  • メディア パス計算、統計情報収集、および合成トラフィックの生成を行います。
  • IP SLA を使用して、ネットワーク内の主要な IP 電話機の到達可能性を監視します。
  • スケジュールされた合成テストと IP SLA テストを使用してサービス停止を予測します。

Advanced の機能の詳細については、「診断の実行」の項を参照してください。

ジョブ管理

ジョブ ステータスの表示ができるようにします。

ジョブの表示、スケジュール、削除ができるようにします。

Advanced の機能の詳細については、「ジョブの管理」の項を参照してください。

UC アプリケーションの相互起動

Yes

Yes

-

Prime Collaboration 分析

該当なし

ネットワーク内のトラフィックの傾向、テクノロジーの導入傾向、過度に使用されているリソース、あまり使用されていないリソースを簡単に特定できるようにします。 また、断続的に発生したり、繰り返し発生したりするネットワークの問題を追跡し、Analystics のダッシュボードを使用してサービス品質の問題に対処できます。 Analistics のダッシュボードには以下が含まれます。
  • テクノロジー導入
  • 資産使用状況
  • トラフィック分析
  • キャパシティ分析
  • サービス エクスペリエンス

Prime Collaboration Analytics は、ライセンスを必要とするソフトウェアで、Prime Collaboration Assurance とは別に購入する必要があります。

Cisco Prime Collaboration 10.0 Analytics Guide』を参照してください。

NB API

該当なし

NB API は、次の場合にサポートされます:
  • デバイスの管理
  • デバイス クレデンシャルの表示および削除
  • すべてのビデオ セッションのリスト
  • トラブルシューティングのビデオ セッション

NB API のドキュメントにアクセスするには、管理者権限で Prime Collaboration Assurance サーバにログインし、ブラウザの URL に http://<pc-server-ip>/emsam/nbi/nbiDocumentation を入力します。

ここでの pc-service-ip は Prime Collaboration Assurance サーバの IP アドレスです。

Standard でのデバイス インベントリ管理

Cisco Unified Communications Manager(電話機および TelePresence)、Cisco VCS (TelePresence)、CTS-Manager (TelePresence)および Cisco TMS (TelePresence)を追加し、監視できます。

検出の一部として、デバイスの詳細も取得され、Prime Collaboration データベースに保存されます。

検出が完了したら、次のデバイス管理タスクを実行できます。

  • Cisco Unified CM または Cisco Unity Connection を追加または削除します。

  • デバイス クレデンシャルを管理します。 これは Cisco TMS および関連するデバイスのみに適用されます。

  • デバイスを検出します。 これは Cisco TMS および関連するデバイスのみに適用されます。

Standard でのモニタリングおよび障害管理

サービス オペレータは、企業のすべての音声およびビデオ セッションについて、ネットワークにおけるサービス低下の原因を迅速に特定する必要があります。 Prime Collaboration では、サービス インフラストラクチャとネットワーク関連の問題の詳細な分析を行えます。

Prime Collaboration は、設定されたポーリングパラメータに基づいて管理対象デバイスから定期的に情報をインポートします。

ホームページには、システム パフォーマンス、デバイス ステータス、デバイス検出、CTI アプリケーション、音声メッセージング ポートを監視しやすくするための、既定のダッシュレットが含まれています。 これらのダッシュレットにより、システムの健全性を監視するための事前定義済みの一連の管理オブジェクトを監視することができます。 ダッシュレットから [Contextual Serviceability] ページを起動できます。

Prime Collaboration は、ほぼリアルタイムで、迅速かつ正確な障害検出を実現します。 Prime Collaboration では、個々のユーザにとって重要なイベントをモニタできます。 アラームの通知を送信するように Prime Collaboration を設定できます。

Cisco TelePresence Management System や Unified Communications アプリケーションに存在する障害以外に、Cisco TMS で発生したカスタム チケットも表示します。

アラーム ブラウザを使用して、システムのアラームとイベントを表示できます。 また、障害通知を送信するように Prime Collaboration を設定できます。 さらに、コール イベント UI では Cisco TMS アプリケーションに関連するコール接続/切断の詳細を表示できます。

Prime Collaboration Assurance Standard でのデバイスのサポート

Prime Collaboration Assurance Standard は、次のデバイスをサポートしています。

  • Cisco Unified Communications Manager(バージョン 10.0)

  • Cisco Unity Connection(バージョン 10.0)
  • Cisco TelePresence System Codec C シリーズ
  • Cisco E20 IP Video Phone
  • Cisco TelePresence ISDN Link
  • Cisco TelePresence MCU
  • Cisco TelePresence System MXP シリーズ
  • Cisco TelePresence Management Suite(TMS)
  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence Conductor
  • Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

これらのデバイス上でサポートされているバージョンについては、『Supported Devices for Cisco Prime Collaboration Assurance 10.0』を参照してください。