Cisco Prime Collaboration 9.0 ネットワーク モニタリング、レポーティング、および診断ガイド
ビデオ エンドポイントの将来の導入
ビデオ エンドポイントの将来の導入
発行日;2013/03/27 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ビデオ エンドポイントの将来の導入

IP SLA を使用したトラブルシューティング

メディア パスの分析

VSA エージェントの検査結果

ビデオ エンドポイントの将来の導入

Cisco Prime Collaboration では、ネットワークのパフォーマンスおよび健全性を事前に測定できます。この機能を使用すると、次の作業を実行できます。

エンドツーエンド IP レイヤ ネットワークの測定。

安心して行える、新しいアプリケーションとサービスの新規導入。

QoS(Quality of Service)と差別化サービスの確認とモニタ。

エンドユーザの自信と満足度の向上。

IP SLA 測定メトリックの実装。

ネットワークの問題について事前にユーザに通知。

ネットワーク パフォーマンスを継続的、確実、また事前に測定。

IP SLA を使用したトラブルシューティング

この機能が使用できるのは、ご使用のネットワーク デバイスで Cisco IOS IP SLA がイネーブルにされている場合だけです。

事前のトラブルシューティング ワークフローを開始する手順は次のとおりです。


ステップ 1 [Operate] > [Diagnose] > [IP-SLA Diagnostics] を選択します。

ステップ 2 次の手順を実行します。

a. IP SLA テストを開始する IP SLA ソース デバイスを選択します。

b. IP SLA レスポンダ IP デバイスを選択します。IP SLA の宛先です。

c. レスポンダ IP デバイスの固有の IP アドレスを選択します。

これは、IP SLA の対象となるデバイスに、複数の IP アドレスが設定されている場合に該当します。

d. ネットワークのパフォーマンスをテストするアプリケーションを選択します。


) ルータから IP SLA 統計情報を収集するように、IP SLA 発信側として動作するルータで voice-service dsp-reservation <percentage> コマンドを設定する必要があります。


e. [IP SLA test life] を入力します(分単位)。

ステップ 3 [Start] をクリックします。


 

入力した [IP SLA test life](分)の値をもとに、IP SLA ツールがその期間中トラフィックを生成します。

図 13-1 IP SLA テスト結果

 

IP SLA ビデオ動作診断

IP SLA 統計のトラブルシューティングが使用できない場合、Prime Collaboration では、問題を診断し、問題の根本原因と推奨解決策を知るためのアプリケーション診断をサポートしています。

図 13-2 IP SLA テスト結果の失敗

 

[Run Diagnostics] をクリックする必要があります。問題の根本原因と推奨解決策を示すメッセージが表示されます。診断の実行後、Prime Collaboration が次のいずれかの状態である場合、診断が可能です。

デバイスが IP SLA ビデオ動作をサポートする。

Prime Collaboration で、CLI を使用してデバイスにアクセスできる。

セッション実行のための IP SLA 設定がプロビジョニングされている。

宛先デバイスで IP SLA レスポンダ ロールが設定されている。

NTP クロックと同期している。

発信元デバイスから宛先デバイスに到達可能である。

発信元デバイスがルータの場合、voice-service dsp-reservation コマンドがこのデバイスに設定されている。

図 13-3 IP SLA 診断の根本原因と推奨解決策

 

メディア パスの分析

メディア パスを評価するために VSA エージェント ソフトウェアをダウンロードし、インストールできます(「Media Path Analysis」を参照)。

はじめる前に

VSA エージェントが 2 つのエンドポイントで稼働し、NTP サーバと同期していることを確認する必要があります。

メディア パスの分析を実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Operate] > [Diagnose] > [Media Path Analysis] を選択します

ステップ 2 必要なアセスメントの詳細を入力します。

ステップ 3 プロファイルの詳細を入力します( 表 13-1 を参照)。

ステップ 4 [Start] をクリックします。


 

 

表 13-1 プロファイルの詳細

フィールド
説明

Profile

検査するプロファイル設定を表示します。送信される RTP パケットは、デバイス タイプに基づいたものになります。

Count

ネットワークに追加するデバイスまたはストリームの数。最大 5 個のデバイスを追加できます。

DSCP

DSCP 値は、トラフィック品質のプライオリティを示します。良質のビデオ ストリーミングを確保できるよう、最も高品質の DSCP 値が選択されます。

CTS 500 と 1000 を導入するには CTS1000 プロファイルを使用し、CTS 3000 を導入するには CTS3000 プロファイルを使用する必要があります。プロファイルを作成、編集、および削除できます。

VSA エージェントの検査結果

個別ストリームの場合、エンドポイント間で選択した方向のトポロジ(レイヤ 2 とレイヤ 3)を [Troubleshooting] タブで表示できます。

[Log] タブを使用して、上位レベルおよび個別ストリームに対するトラブルシューティング ワークフローのステータスを詳しく表示することができます。Medianet Path View には、Mediatrace がイネーブルになっている各デバイスからの出力が含まれます。

テスト結果

[Test Result] タブには次のチャートが表示されます。

テストの要約

ピークツーピーク ジッター

パケット ロス

遅延

これらのチャートには、最後の 20 件のテスト結果のみが表示されます。

テストの要約

ビデオとオーディオのテスト結果の要約が、個別にテーブル形式で表示されます。

図 13-4 テストの要約テーブル

 

ピークツーピーク ジッター

図 13-5 は、ミリ秒単位のビデオ ストリームとオーディオ ストリームのピークツーピーク ジッターを表示します。

図 13-5 ピークツーピーク ジッター グラフ

 

パケット ロス

図 13-6 は、ビデオ ストリームとオーディオ ストリームのパケット損失をパーセントで表示します。

図 13-6 パケット ロス グラフ

 

遅延

図 13-7 は、ミリ秒単位のビデオ ストリームとオーディオ ストリームの遅延を表示します。

図 13-7 遅延グラフ