Cisco Prime Collaboration 9.0 プロビジョニング ガイド
Provisioning の概要
Provisioning の概要
発行日;2013/03/25 | 英語版ドキュメント(2012/11/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Provisioning の概要

のアーキテクチャ

Provisioning インターフェイス

統合 Prime Collaboration インターフェイス

の特徴と機能

Dashboards

使用シナリオ

Provisioning の概要

Cisco Prime Collaboration Provisioning は、企業の次世代通信サービスを管理する、スケーラブルな Web ベースのソリューションを提供します。プロビジョニング は、IP テレフォニー、ボイスメール、およびユニファイド メッセージングの統合環境で IP 通信サービスを管理します。このような統合環境として、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity、Cisco Unity Express、Cisco Unity Connection などのシステムがあります。


) このマニュアルでは、別途記載のない限り、Cisco Unified Communications Manager に関する記述は Cisco Unified CallManager も対象とするものとします。


Cisco Prime Collaboration プロビジョニング は次の機能を提供します。

最初の導入と実装のためのプロビジョニングを行い、その後、個々の加入者の変更に対し、継続的な運用上のプロビジョニングとアクティベーションのサービスを提供するために引き続き展開されています。

組織全体の加入者を把握できる、1 つに統合したビュー。ビジネスレベルで管理を抽象化し、自動化を通じてそれをポリシー主導で運用します。これにより、Cisco Unified Communications アプリケーション全体にわたり、加入者サービスを管理します。

テンプレートの機能。この機能を使用すると、新しいサイトや場所の導入で再利用できる標準設定を定義できます。バッチ プロビジョニングでは、膨大な加入者を同時にロールアウトできます。

管理者は、さまざまなレベルでポリシーを設定して、委任した管理を誰が実行できるか、その委任を誰に適用するか、ビジネスレベルのサービスをどのように Cisco コラボレーション システムに適用するか、どの種類のエンド ユーザ(加入者)がどの標準サービスをオーダーできるのかを決定できます。

このようなポリシーおよび標準的な設定アプローチの使用により、加入者サービスのプロビジョニングおよびアクティブ化が大幅に単純化されます。同時に、基礎である Cisco Unified Communications アプリケーションを使用するサービスを管理および提供するための総合的な機能を保持しています。

プロビジョニング のアーキテクチャ

プロビジョニング は、J2EE アーキテクチャに基づく Web ベースのアプリケーションです。Cisco Unified Communications アプリケーションに接続するためにさまざまなインターフェイスを使用します(を図 1-1参照)。これらのアプリケーションのプラットフォームに、何らかのエージェント ソフトウェアを導入しておく必要はありません。

プロビジョニング は、HTTP、HTTPS、AVVID XML Layer(AXL; AVVID XML レイヤ)-Simple Object Access Protocol(SOAP)、SSH、Telnet などのオープンなインターフェイスを使用して、管理対象であるアプリケーションの設定や照会をリモートで実行します。さまざまなレベルのユーザ アクセスを、管理者の手で設定できます。

図 1-1 Provisioning の相互運用性

 

Provisioning インターフェイス

Prime Collaboration プロビジョニング には、次のインターフェイスがあります。

管理および設定のためのグラフィカル ユーザ インターフェイス(「プロビジョニング の特徴と機能」を参照)。

Application Programmable Interface(API)。この API は Cisco Prime Collaboration Provisioning Northbound Interface(Provisioning NBI)と呼ばれます。これは、プロビジョニング のプロビジョニング機能の大半をカバーする SOAP ベースの Web サービス リクエストのセットです。

Provisioning NBI の詳細については、『 Programmers Guide for the Cisco Prime Collaboration 9.0 Provisioning Northbound Interface 』を参照してください。


) Provisioning NBI を使用するには、追加機能ライセンスを購入する必要があります。基本の(電話機限定)プロビジョニング ライセンスを購入しても、Provisioning NBI を使用できません。


バルク プロビジョニングのためのバッチ インターフェイス バッチ プロビジョニングの詳細については、を参照してください。

統合 Prime Collaboration インターフェイス

統合アプリケーションとしての Prime Collaboration は Assurance 機能と Provisioning 機能の利点を兼ね備えています。Prime Collaboration は、統合アプリケーションまたはスタンドアロン アプリケーションとして実行できます。

統合アプリケーションを実行する場合は、シングル サインオンを使用して Assurance 機能および Provisioning 機能の両方にログインおよびアクセスできます。[Home] ページの [Design] メニューおよび [Deploy] メニューから、すべての Provisioning 機能にアクセスできます。

スタンドアロン アプリケーションとして Prime Collaboration を実行する場合は、Assurance と Provisioning に個別にログインできます。

Prime Collaboration には Provisioning を Assurance アプリケーションと統合し、SSO を使用して Assurance から Provisoning システムを設定する機能があります。Prime Collaboration Assurance サーバで、[Administration] > [System Setup] > [Assurance Setup] > [Cisco Prime 360 Integration] に移動し、[Provisioning Server Setup] の下でアタッチするかデタッチする Provisioning アプリケーションの IP アドレスを指定します。詳細については、『 Cisco Prime Collaboration 9.0 Administration Guide 』を参照してください。


) 統合モードでは、Prime Collaboration Provisioning アプリケーションを再起動またはシャットダウンする前に、Prime Collaboration Assurance から必ずデタッチし、再起動プロセスの後で必ず統合してください。


Provisioning アーキテクチャでは、インターフェイス、主な機能、およびダッシュボードは、統合アプリケーションとスタンドアロン アプリケーションで変わりません。

Provisioning には、Provisioning アプリケーションをインストールしたシステムからアクセスするか、クライアント システムからリモートでアクセスすることができます。ブラウザで、http://IP Address という URL を入力します。ここで、IP Address は、Prime Collaboration サーバのアドレスです。

スタンドアロン Prime Collaboration Provisioning アプリケーションを使用しており、その後サーバを Assurance と統合してある場合は、 表 1-1 に用意されている UI ナビゲーションを使用して Prime Collaboration のさまざまなメニューにナビゲートします。

 

表 1-1 スタンドアロン Prime Collaboration Provisioning および統合アプリケーションでの UI ナビゲーション

メニュー
スタンドアロン Prime Collaboration Provisioning アプリケーションでの UI ナビゲーション
統合アプリケーションでの UI ナビゲーション

Home

該当なし

該当なし

Design

[Design] > [Set Up Devices] > [Devices Setup]

[Design] > [Set Up Devices] > [Devices Setup]

[Design] > [Set Up Devices] > [Call Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [Call Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [Unified Message Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [Unified Message Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [Unified Presence Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [Unified Presence Processor]

[Design] > [Set Up Devices] > [AAA Servers]

[Design] > [Set Up Devices] > [AAA Servers]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Domains]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Domains]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Service Areas]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Service Areas]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Subscriber Roles]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Subscriber Roles]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Template Provisioning]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Template Provisioning]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Quick Site Builder]

[Design] > [Set Up Deployment] > [Quick Site Builder]

Deploy

[Deploy] > [Subscriber Management] > [Add Subscribers]

[Deploy] > [Subscriber Management] > [Add Subscribers]

[Deploy] > [Subscriber Management] > [Search Subscribers]

[Deploy] > [Subscriber Management] > [Search Subscribers]

[Deploy] > [Order Management] > [My Activities]

[Deploy] > [Order Management] > [My Activities]

[Deploy] > [Order Management] > [All Activities]

[Deploy] > [Order Management] > [All Activities]

[Deploy] > [Order Management] > [Activities for Group]

[Deploy] > [Order Management] > [Activities for Group]

[Deploy] > [Order Management] > [Activities for User]

[Deploy] > [Order Management] > [Activities for User]

[Deploy] > [Order Management] > [Search Order]

[Deploy] > [Order Management] > [Search Order]

[Deploy] > [Infrastructure Configuration]

[Deploy] > [Infrastructure Configuration]

[Deploy] > [Batch Provisioning]

[Deploy] > [Batch Provisioning]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Manage Phones]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Manage Phones]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Manage Directory Numbers]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Manage Directory Numbers]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Inventory Browser]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Inventory Browser]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Inventory Search]

[Deploy] > [Provisioning Inventory] > [Inventory Search]

Report

[Reports] > [Interactive Reports] > [Service Area]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Service Area]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Resource Configuration]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Resource Configuration]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Service Configuration]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Service Configuration]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Phone Inventory]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Phone Inventory]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Directory Number Inventory]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Directory Number Inventory]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Directory Number Block]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Directory Number Block]

[Reports] > [Interactive Reports] > [Audit Trail]

[Report] > [Reports] > [Interactive Reports] > [Provisioning Reports] > [Audit Trail]

Administration

[Administration] > [System Configuration] > [Provisioning Policies] > [Phone Button Templates]

[Administration] > [System Setup] > [Provisioning Setup] > [Phone Button Templates]

[Administration] > [System Configuration] > [Provisioning Policies] > [Rules]

[Administration] > [System Setup] > [Provisioning Setup] > [Rules]

[Administration] > [System Configuration] > [Provisioning Policies] > [Provisioning Attributes]

[Administration] > [System Setup] > [Provisioning Setup] > [Provisioning Attributes]

[Administration] > [System Configuration] > [License Management]

[Administration] > [License Management]

[Administration] > [System Maintenance] > [Data Maintenance]

[Administration] > [System Setup] > [Provisioning Setup] > [Data Maintenance]

[Administration] > [System Maintenance] > [Maintenance Mode]

[Administration] > [System Setup] > [Provisioning Setup] > [Maintenance Mode]

[Administration] > [Users and Device Access Management] > [User Management]

[Administration] > [User Management]

[Administration] > [Users and Device Access Management] > [Infrastructure Configuration Permissions]

[Administration] > [Permission Profiles]

[Administration] > [Users and Device Access Management] > [Locked Users]

該当なし。このオプションは、[Home] > [Provisioning] ダッシュボードで使用できます。

[Administration] > [Users and Device Access Management] > [Logged In Users]

[Report] > [Reports] > [Administrative Reports] > [Who Is Logged On]

[Administration] > [Provisioning Notification Management] > [System Settings]

[Administration] > [Alarm & Event Configuration] > [Notification] > [Provisioning System Settings]

[Administration] > [Provisioning Notification Management] > [Domain Settings]

[Administration] > [Alarm & Event Configuration] > [Notification] > [Provisioning Domain Settings]

[Administration] > [Application Suite] > [Launch Monitoring Home page]

該当なし


) [Design] メニューおよび [Deploy] メニューの UI ナビゲーションは、スタンドアロン Prime Collaboration Provisioning と統合アプリケーションで同じです。このマニュアルに記載されている他のすべての手順に関するナビゲーションは、明記されていない限り、統合 UI の Provisioning を対象としています。スタンドアロン Prime Collaboration Provisioning アプリケーションで適切な UI に移動するには、表 1-1を参照してください。


プロビジョニング の特徴と機能

プロビジョニング では、電話、回線、ボイスメールなどの標準サービスを、加入者(個々の電話、回線、またはボイスメールの所有者)向けにオーダーできます。プロビジョニング は、基盤となる Cisco Unified Communications アプリケーションに対するすべての変更を、サービス リクエスト、つまりオーダーとして処理します。

オーダーを作成して、加入者レベルの変更(電話や回線などに対する変更)や IP 通信レベルのインフラストラクチャ変更(新しいコーリング サーチ スペースやルート パターンのプロビジョニングなど)を実行できます。システムで発生したすべての変更は追跡され、オーダー全体または加入者名別や ID 別に確認可能です。オーダーのレコードを調べると、そのオーダーを開始したユーザ、さまざまな処理手順の時間、オーダーの内容などがわかります。

プロビジョニング では、オーダー管理機能を委任できるので、サービスの追加、変更、または削除のリクエストを、これらのサービスを配信している音声アプリケーションの基礎知識がなくても、実行できます。Cisco Unified Communications サービスを配信しているテクノロジーに関係なく、 プロビジョニング では同じオーダー環境を提供します。

ここでは、プロビジョニング で利用頻度の高い機能について簡単に説明します。

「プロセッサ」

「ドメイン」

「サービス エリア」

「プロビジョニング属性」

「設定テンプレート」

「バッチ プロビジョニング」

「ロールベースのアクセス」

「インベントリ トラッキング」

プロセッサ

プロビジョニング では、コール プロセッサ、ユニファイド メッセージ プロセッサ、およびユニファイド プレゼンス プロセッサを作成できます。コール プロセッサは、Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express のインスタンスごとのプロキシです。

ユニファイド メッセージ プロセッサは、Cisco Unity、Cisco Unity Express、または Cisco Unity Connection のインスタンスごとのプロキシです。ユニファイド プレゼンス プロセッサは、Cisco Unified Presence の各インスタンスのプロキシです。

Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unity システム、および Cisco Unified Presence のデータを、コール プロセッサ、ユニファイド メッセージ プロセッサ、およびユニファイド プレゼンス プロセッサと同期化し、その後にドメインと同期化します。これにより、既存のアクティブ ユーザおよびサービスが プロビジョニング に入力され、すべてのインフラストラクチャおよび加入者の情報を把握できる統合したビューが提供されます。

ユニファイド プレゼンス プロセッサの同期化を実行する前に、Unified Presence サーバと統合された Cisco Unified Communications Manager を Provisioning に追加する必要があります。

プロセッサの詳細については、を参照してください。

ドメイン

ドメインとは、加入者のグループです。グループごとにシステム ユーザを 1 名以上任命し、そのユーザにドメイン グループ内の加入者に対するサービスの管理を任せることができます。さらに、ドメインにはルールまたはポリシーを設定できます。これらのルールとポリシーは、そのドメインに属する加入者向けのサービスに適用されます。ドメイン内の運用に共通のポリシーを適用することも可能です。

ドメインの詳細については、を参照してください。

サービス エリア

サービス エリアとは、ドメインの中で IP テレフォニー サービスとメッセージング サービスの構成と管理に使用するグループのことです。サービス エリアは、一般的にはサービスを提供する場所として機能し、オーダー処理の際に使用するプロビジョニング属性値を決めるテンプレートのメカニズムを提供します。

管理ユーザはサービス エリアを設定できます。これは、サービス オーダーを、加入者の設定に関する企業ポリシーとベスト プラクティスに従ったものとするうえで効果的です。

また、サービス エリアは、そのサービス エリアにプロビジョニングされるユーザについて、場所、デバイス プール、コーリング サーチ スペース、およびルート パーティションの各割り当てでどれを使用するかを指定することにより、Cisco Unified Communications Manager のパーティションとサービス クラスを扱います。

サービス エリアの詳細については、を参照してください。

プロビジョニング属性

プロビジョニング属性とは、アクティベーションの際に、オーダーに対するサービスに適用する設定です。システム管理者は、ドメイン、サービス エリア、または加入者のいずれかのレベル、あるいは個々のオーダーごとなど、システムの中でさまざまなレベルにわたり、プロビジョニング属性を割り当てて、設定できます。

これらのレベルには、オーダー時の属性、加入者ロールの属性、サービス エリア属性、およびドメイン属性が含まれます。属性はさまざまなレベルで階層型をしています。レベルを上げるたびに下位レベルのすべての属性が上書きされて、Cisco Unified Communications Manager に、送信される最後的な属性が構成されます。

オーダーの際には、サービス エリアの設定のほか、設定済みのプロビジョニング属性の割り当てが考慮され、プロビジョニングする最終的な製品の設定が決まります。サービス エリア設定とプロビジョニング属性の組み合わせは、加入者サービスのプロビジョニング ポリシーをカスタマイズする柔軟性を管理者にもたらします。

プロビジョニング属性の詳細については、を参照してください。

設定テンプレート

設定テンプレートを使用すると、一貫性を維持して Cisco Unified Communications の音声インフラストラクチャを自動設定できます。プロビジョニング では、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Express、および Cisco Unity Express の初期設定や再設定に使用するテンプレートを作成できます。

テンプレートそのものには、無制限の数のオブジェクトを設定できます。実際のオブジェクトの数は、テンプレートの実行(デバイスへのプッシュ)に要する時間のみで制限されます。

汎用 Cisco IOS 事前定義テンプレートを作成すると、Cisco IOS の汎用的なルータ機能が設定されている プロビジョニング でサポートされる任意のデバイスに、特定の機能を自動設定することができます。

テンプレートにはサブテンプレートも設定できます。これにより、共通で使用する種類の設定情報を、上位レベルのテンプレート全体にわたって繰り返し使用できます。Cisco Unified Communications Manager Express および Cisco Unity Express のテンプレートは、Cisco IOS ソフトウェアのテキストまたは Cisco CLI のテキストをキーワード付きで備えています。

プロビジョニング のテンプレートには、20 種類を超えるオブジェクトを設定できます。このオブジェクトの種類には、デバイス プール、ルート パーティション、コーリング サーチ スペース、ルート リスト、ルート グループ、ルート パターンなどがあります。テンプレートに置いたオブジェクトでは、その属性にキーワードを埋め込むことができます。

デバイスにテンプレートをプッシュするとき、プロビジョニング操作の際に(既存の値の代わりに)使用するキーワード値を定義するオプションのキーワードを指定できます。

設定テンプレートを使用すると、オフィス、場所、リモート サイト、組織オーバーレイの新規ロールアウトなど、さまざまな状況で使用できる設定の標準セットを定義できます。

設定テンプレートの詳細については、を参照してください。

インフラストラクチャ設定

プロビジョニング では、コール プロセッサおよびユニファイド メッセージ プロセッサのインフラストラクチャ設定を参照できます。インフラストラクチャ設定を介して、コール プロセッサおよびユニファイド メッセージ プロセッサの設定に対する処理(追加、編集、または削除)を実行できます。また、保留中の操作やスケジュール操作も表示できます。

インフラストラクチャ設定の詳細については、を参照してください。

バッチ プロビジョニング

1 人の加入者を扱うのであれば、加入者サービスを個別にオーダーできます。しかし、大量のサービスをプロビジョニングするときは、これらを 1 つのバッチにまとめたほうが有利です。バッチ プロビジョニングを使用すると、追加や変更などの、さまざまな種類のオーダーを含む単一のバッチを作成できます。

配置先の Cisco Unified Communications アプリケーションのみで実行される BAT ファイルとは異なり、Provisioning バッチは、Provisioning によって管理される 1 つまたは複数のアプリケーションで実行できます。

また、種類が異なる複数のサービスを 1 つのバッチ操作で処理することもできます。たとえば、電話とボイスメールの追加と変更を 1 つのバッチにまとめることができます。

バッチは、プロビジョニング にアップロードした後、ただちに実行できるほか、スケジュールを設定して別の日時に実行することもできます。

バッチ プロビジョニングの詳細については、を参照してください。

ロールベースのアクセス

プロビジョニング では、ロールに 2 種類のディメンションがあり、システム ユーザであるか、サービス加入者であるかに応じて、どちらを取得できるかが決まります。ユーザのロールは、Provisioning のユーザが利用できる所定の機能へのアクセス許可を定義します。

加入者のロールとは、組織の中で加入者が保有するロールを指します。このロールによって、各加入者に利用が認められるサービスが決まります。ユーザのロールは、システム側で事前に定義しておきます。加入者のロールは、管理者が設定します。

ロールベースのアクセスの詳細については、およびを参照してください。

インベントリ トラッキング

プロビジョニング では、内部のアセット管理インベントリ システムで、すべてのサービスと加入者に関する情報を追跡しています。管理者は、この情報を閲覧し、HTML 形式または Microsoft Excel 形式のレポート テンプレート生成に使用できる高度な検索を作成し、保存できます。設定と電話の情報に関するレポートのサンプルが付属しています。

インベントリ トラッキングの詳細については、を参照してください。

Dashboards

次の各トピックでは、頻繁に使用する可能性がある Provisioning の機能について簡単に説明します。一般的に、運用担当者は、毎日ダッシュボードの画面を見て、IP テレフォニー環境を監視します。Provisioning には 3 つのダッシュボードがあります。その内容は次のとおりです。

Global Admin Dashboard:プロセッサ、デバイス、ドメイン、およびユーザの動作ステータスに関するリアルタイム情報を管理します。

Domain Admin Dashboard:ドメインに関連するデバイスおよびユーザの動作ステータスに関するリアルタイム情報を管理します。

Subscriber Dashboard:実行中のオーダー、保留中のオーダーおよび失敗したオーダーの詳細を管理します。加入者ダッシュボードは、admin、オーダー、およびセルフケアのロール以外のユーザに表示されます。

Provisioning のダッシュボードの利点は次のとおりです。

情報へのアクセスが簡単:プロセッサのキャパシティ、デバイスの同期ステータス、保留中のオーダー、展開の詳細を表示できます。また、ログイン済みのユーザおよびロックされているユーザも表示できます。

カスタマイズが簡単:ダッシュボードの変更およびパーソナライズが可能であるため、見たいものを表示するようにダッシュボードのレイアウトを設定できます。

軽量な GUI:データは Unified のダッシュボードに表示されます。外部ポップアップ ウィンドウの使用は最小化されています。

Global Admin Dashboard

Home ダッシュボードでは、重要な統計情報、ならびにプロセッサ、保留中のオーダー、デバイス同期化のステータス、ドメインと展開の詳細、およびログイン済みのユーザとロックされているユーザに関する詳細を表示できます。

ダッシュボードは、[Home] の下にあります。

これらのすべてを単一のページに表示できるため、複数ページ間を移動する必要はありません。また、ダッシュボードに示されたリンクをクリックして、関連する詳細情報を表示することもできます。

ライセンスで許可されている音声端末数(電話)および使用されている音声端末数の詳細が円グラフで示されます。この円グラフを表示するためには、Adobe Flash Player をシステムにインストールする必要があります。インストールされていない場合は、インストールするように求められます。

表 1-2 に、Global Admin、Domain Admin、および Subscriber ダッシュボードで使用可能なダッシュレットを示します。

 

表 1-2 Provisioning のダッシュボード

ダッシュレット
説明
Global Admin
Domain Admin
Subscriber Admin

Capacity

このペインには、プロセッサ関連の詳細がリストされます。プロセッサのリスト、使用可能なライセンス数、および使用されているライセンス数を表示できます。このペインには、使用可能なライセンス数および使用されているライセンス数がグラフィック表示されます。

--

--

Pending Order Status

実行中のオーダー、保留中のオーダー、および失敗したオーダーのステータスのリストを表示できます。オーダー番号がハイパーリンクとして示されるため、そのリンクにアクセスしてオーダーの詳細を確認できます。ユーザは、承認および割り当てを待機しているオーダーのリストも表示できます。オーダー関連の詳細については、を参照してください。

Device Sync Status

デバイスおよびデバイスの同期化の詳細を示すリストを表示できます。同期化のステータスおよび完了日が示されます。このペインには検索フィルタがあり、デバイスの名前およびタイプに基づいてデバイスを検索できます。[Device Sync Status] に示される情報は読み取り専用モードです。同期化の詳細については、を参照してください。

--

Deployment Details

ドメイン グループとグループの設定の詳細を示すリストを表示できます。ドメイン名にアクセスすると、Domain Configuration 画面を起動できます。加入者数、およびドメインに関連付けられているサービス エリアが、同期化完了日と一緒に表示されます。

このペインには検索フィルタがあり、同期化完了日に基づいて、特定のドメイン、加入者、サービス エリアを検索できます。[Deployment Details] ペインに示される情報は読み取り専用モードです。ドメインおよびドメイン設定の詳細については、を参照してください。

--

Logged-In Users

アクティブ セッションを表示し、単一または複数のアクティブ セッションをログアウトさせることができます。このペインでは、アクティブ セッションの詳細を表示できます。最大 100 人の管理者が同時に共存できます。[Logout] ボタンを使用すると、単一または複数のアクティブ セッションを終了できます。このペインは globaladmin 権限がある場合のみ使用できます。を参照してください。

--

--

Locked Users

このペインでは、ロックされているユーザのリストを表示できます。[Unlock] ボタンを使用すると、ロックされているユーザのロックを解除できます。このペインは、globaladmin ユーザ権限を持っている場合のみ使用できます。を参照してください。

--

--

使用シナリオ

Provisioning 機能は、Cisco Prime Collaboration アプリケーションの [Design]、[Deploy]、および [Administration] メニューで利用できます。

次に、Provisioning を使用する場合の一般的なシナリオを示します(これは包括的なリストではありません)。

「既存の音声サービスの管理」

「新しい音声インフラストラクチャの導入」

「加入者サービスの管理」

「既存の音声インフラストラクチャへの新規サイトの導入」

また、場合によっては、Cisco Prime Collaboration 導入のニーズを満たすためにいくつかの高度なアクティビティを実行する必要があります。このアクティビティの例として、次のものが含まれます。

「ニーズを満たすための Provisioning 機能のカスタマイズ」

「大量のプロビジョニング アクティビティの実行」

「Provisioning リソースの使用」

「サーバの設定」

既存の音声サービスの管理

次の Cisco Unified Communications の各デバイスは、通常、それぞれのインターフェイスを使用して管理します。

Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified Communications Manager Express

Cisco Unity

Cisco Unity Connection

Cisco Unity Express

これらの音声サービスのサブセットの管理を他のユーザに委任する場合は、次のセクションを参照してください。

新しい音声インフラストラクチャの導入

Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express とそれに関連するボイスメール システムを新規に追加する場合、すべての導入に適用できる標準化されたアプローチを使用するには、次のセクションを参照してください。

加入者サービスの管理

現在のオフィスの中の加入者向けのサービスを管理する場合は、次のセクションを参照してください。

既存の音声インフラストラクチャへの新規サイトの導入

既存の Cisco Unified Communications Manager に新しい場所またはサイトを追加するには、次のセクションを参照してください。

ニーズを満たすための Provisioning 機能のカスタマイズ

Provisioning でさまざまなポリシーを適用する方法のデフォルト設定を変更するには、次のセクションを参照してください。

大量のプロビジョニング アクティビティの実行

大量のサービスを導入する場合は、これらのアクティビティを 1 つのバッチにまとめたほうが有利なことがあります。次のセクションを参照してください。

Provisioning リソースの使用

Provisioning リソースを管理するには、次のセクションを参照してください。

サーバの設定

サーバの設定については、次のセクションを参照してください。

グローバル検索ツールの使用

検索ツールを使用して、次の作業を実行できます。

加入者の特定

ユーザの特定

MAC アドレスの特定

ディレクトリ番号の特定

ビュー ペインの上部にある検索フィールドを使用して検索するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Home] ページの右上隅にあるドロップダウン リストから [Provisioning Data] を選択します。

ステップ 2 検索フィールドにあるドロップダウン リストから [Subscriber ID]、[Last Name]、[MAC Address]、または [Directory Number] を選択します。

ステップ 3 有効な情報を入力します。

ステップ 4 検索を開始するように Enter キーを押します。完全一致が見つかると、加入者またはエンドポイント デバイスに移動します。


 

プロビジョニング のローカライズ

Provisioning では、さまざまな言語をサポートできます。ユーザ インターフェイス コンポーネントは、ブラウザの言語設定に基づいて変化します。選択した言語で入力を行うこともできます。

Internet Explorer での言語設定


ステップ 1 Internet Explorer のメニュー バーで、[Tools] > [Internet Options] を選択します。

ステップ 2 [Internet Options] ダイアログボックスで、[Languages] をクリックします。

ステップ 3 [Language Preference] ダイアログボックスで、[Add] をクリックします。

ステップ 4 [Add Language] ダイアログボックスで、リストから言語を選択し、[OK] をクリックします。

言語が、[Language Preference] ダイアログボックスのリストに追加されます。


) フランス語およびドイツ語のローカリゼーション ファイルは、http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html?mdfid=280836273&flowid=24181 からダウンロードできます。現行製品のバージョンを選択して [Download Software] ページを表示する必要があります。[Download Software] ページから、ローカリゼーション zip ファイル(UPM_<version number>_localization.zip)をダウンロードできます。


ステップ 5 優先順位を設定するには、優先する言語を選択し、[Move Up] をクリックします。

ステップ 6 [OK] をクリックして変更を保存します。

ステップ 7 もう一度 [OK] をクリックして [Options] ウィンドウを閉じます。


 

Mozilla Firefox での言語設定


ステップ 1 Mozilla Firefox のメニュー バーで、[Tools] > [Options] を選択します。

ステップ 2 [Options] ダイアログボックスで、[Content] をクリックします。

ステップ 3 [Languages] ペインで、[Choose] をクリックします。

ステップ 4 [Language] ダイアログボックスで、リストから言語を選択し、[OK] をクリックします。

言語が、[Language] ウィンドウのリストに追加されます。


) フランス語およびドイツ語のローカリゼーション ファイルは、http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html?mdfid=280836273&flowid=24181 からダウンロードできます。現行製品のバージョンを選択して [Download Software] ページを表示する必要があります。ローカリゼーション zip ファイル(UPM_<version number>_localization.zip)をダウンロードできます。


ステップ 5 優先順位を設定するには、優先する言語を選択し、[Move up] をクリックします。

ステップ 6 [OK] をクリックして変更を保存します。

ステップ 7 もう一度 [OK] をクリックして [Options] ウィンドウを閉じます。