Cisco UC Integration for Microsoft Lync 10.6 管理ガイド
Cisco WebEx ミーティングの統合
Cisco WebEx ミーティングの統合

Cisco WebEx ミーティングの統合

Cisco WebEx Meeting Center を使用したクラウドベース導入環境向けの会議の設定

Cisco WebEx 管理ツールで適切な設定を行い、適切なユーザにミーティング機能と会議機能を割り当てる必要があります。

Cisco WebEx Meeting Center による認証

Cisco WebEx Meeting Center では次のタイプの認証を使用できます。

  • 直接認証:クライアントは Cisco WebEx Meeting Center にユーザ クレデンシャルを直接渡すことができます。

    直接認証を有効にする手順は次のとおりです。
    1. Cisco WebEx 管理ツールを使用して Cisco WebEx Meeting Center のユーザー アカウントを作成します。

      Cisco WebEx Meeting Center は、直接認証シナリオでユーザ クレデンシャルを検証する必要があります。 ユーザ アカウントはクレデンシャルを保留にして、クライアントが認証を試みるときに Cisco WebEx Meeting Center がクレデンシャルを検証できるようにします。

    2. クライアント インターフェイスで Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルを指定します。

    詳細については、「Overview of Loosely Coupled Integration」のトピックを参照してください。

[インスタントWebExミーティング(Instant WebEx Meeting)] メニュー オプションの無効化

手順
    ステップ 1   [インスタントWebExミーティング(Instant WebEx Meeting)] メニュー オプションを無効化するには、次のレジストリ キーの 1 つを削除します。
    • Windows 64 ビット版: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Communicator\SessionManager\Apps\{7DE5E338-CF87-4824-810D-3822EDEFE97E}
    • Windows 32 ビット版: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Communicator\SessionManager\Apps\{7DE5E338-CF87-4824-810D-3822EDEFE97E}
    ステップ 2   クライアントを再起動して、有効にします。

    クライアントでの会議クレデンシャルの指定

    ユーザは、[オプション(Options)] ウィンドウの [ミーティング(Meetings)] タブで、ユーザ自身のクレデンシャルを指定します。

    [オプション(Options)] ウィンドウを開くには、[ファイル(File)] > [オプション(Options)] を選択します。