Cisco UC Integration for Microsoft Lync 10.6 管理ガイド
Cisco UC Integration for Microsoft Lync のトラブルシューティング
Cisco UC Integration for Microsoft Lync のトラブルシューティング

Cisco UC Integration for Microsoft Lync のトラブルシューティング

この項では、Cisco UC Integration for Microsoft Lync の一般的な問題を解決する方法について説明します。

設定の問題

TFTP および CCMCIP サーバ設定が機能しない

問題の説明:コンフィギュレーション ファイルで指定された TFTP および CCMCIP サーバ値がアプリケーションで使用されていません。

解決策: TFTP および CCMCIP サーバはコンフィギュレーション ファイルを使用するか、またはレジストリ キー設定で設定できます。 レジストリ設定に誤設定の値が指定されていないことを確認します。 TFTP および CCMCIP サーバのレジストリ キー値は、キー単位でコンフィギュレーション ファイルよりも優先されます。 この機能の詳細については、電話パラメータ を参照してください。 現時点では、TFTP および CCMCIP サーバのレジストリ キー値のみがサポートされています。

コンフィギュレーション ファイルが TFTP サーバからダウンロードされない

問題の内容:Cisco UC Integration for Microsoft Lync が、TFTP サーバから設定ファイルをダウンロードしません。 Cisco UC Integration for Microsoft Lync を起動後、インストール ディレクトリに設定ファイルがありません。

解決策:
  1. TFTP サーバを再起動します。
  2. 設定ファイルの名前を確認します。
    メモ:
    • 設定ファイルの名前では、大文字と小文字が区別されます。

    • グローバル設定ファイル名は、jabber-config.xml である必要があります。

  3. 企業内のファイアウォールが、Cisco UC Integration for Microsoft Lync による設定ファイルのダウンロードをブロックしていないことを確認します。
  4. 次の手順に従い、TFTP サーバで設定ファイルをホストします。
    1. [Cisco Unified OS の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
    2. [ソフトウェアのアップグレード(Software Upgrades)] > [TFTP ファイル管理(TFTP File Management)] を選択します。
    3. [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。
    4. [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションで [参照(Browse)] を選択します。
    5. ファイル システム上の設定ファイルを選択します。
    6. [ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスの値を空白にしておきます。これにより、TFTP サーバのデフォルト ディレクトリの設定ファイルがホストされます。
    7. [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。

Cisco UC Integration for Microsoft Lync が設定ファイルを読み込まない

問題の内容:TFTP サーバで、グローバルまたはグループ設定ファイルをホストします。 Cisco UC Integration for Microsoft Lync は設定ファイルをダウンロードし、適切なインストール ディレクトリに保存します。 ただし、Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、設定ファイルで指定した設定をどれも適用しません。

解決策:設定ファイルの XML が有効であることを確認します。 Cisco UC Integration for Microsoft Lync 設定ファイルは、次の条件を満たす必要があります。
  • UTF-8 エンコードを使用してください。
  • 有効な XML 文字エンティティだけを含めます。 たとえば、& ではなく & を使用してください。

    Microsoft Internet Explorer で設定ファイルを開き、無効な文字やエンティティがないことを確認します。 Internet Explorer に XML 構造の全体が表示される場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティは含まれていません。 Internet Explorer に XML 構造の一部しか表示されない場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティが含まれている可能性があります。

  • 有効な構造を含むこと。 パラメータが正常な要素の下にネスト化されていることを確認してください。 次の XML スニペットは、設定ファイルの基本構造を示します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <config version="1.0">
     <Client>
      <parameter_name>value</parameter_name>
     </Client>
     <Directory>
      <parameter_name>value</parameter_name>
     </Directory>
     <Policies>
      <parameter_name>value</parameter_name>
     </Policies> 
    </config>

Cisco UC Integration for Microsoft Lync で古い設定が使用されている

問題の内容:Cisco UC Integration for Microsoft Lync が最新の設定を使用していません。 設定ファイルの設定を変更し、それを TFTP サーバでホストしています。 ただし、Cisco UC Integration for Microsoft Lync では、旧バージョンの設定ファイルの設定を使用しています。

解決策:
  1. TFTP サーバを再起動します。
  2. ブラウザで設定ファイルを開き、設定を確認します。 通常は、次の URL で設定ファイルにアクセスできます。http://tftp_server_address:6970/jabber-config.xml
TFTP サーバを再起動しても問題が解決しない場合は、Cisco UC Integration for Microsoft Lync が最新のバージョンをダウンロードできないため、キャッシュされた設定ファイルを使用している可能性があります。

Microsoft Outlook の連絡先が検索結果に表示されない

問題の説明:Microsoft Outlook の連絡先が検索結果に表示されません。

解決策:次の要件を確認して、ユーザが Microsoft Outlook の連絡先を検索して通信できることを確かめてください。

  • Cisco UC Integration for Microsoft Lync を使用して Microsoft Outlook のローカル連絡先を検索するには、ユーザがプロファイルを Microsoft Outlook に設定する必要があります。

  • Microsoft Outlook のローカル連絡先を Cisco UC Integration for Microsoft Lync の連絡先リストに追加するには、ユーザ プロファイルに電子メールまたはインスタント メッセージのアドレスが含まれている必要があります。

  • Cisco UC Integration for Microsoft Lync を使用して Microsoft Outlook のローカル連絡先と通信するには、関連する詳細情報がユーザ プロファイルに含まれている必要があります。 たとえば、Microsoft Outlook の連絡先にインスタント メッセージを送信するには、ユーザ プロファイルに電子メール アドレスまたはインスタント メッセージのアドレスが含まれている必要があります。 同様に、Microsoft Outlook の連絡先に電話をかけるには、ユーザ プロファイルに電話番号が含まれている必要があります。

ディレクトリ統合の問題

ディレクトリ接続が確立したかどうかを確認できない

問題の内容:Cisco UC Integration for Microsoft Lync 設定ファイルにディレクトリ設定を指定します。 ただし、Cisco UC Integration for Microsoft Lync がディレクトリに正常に接続されたかどうかがわかりません。

解決策:Cisco UC Integration for Microsoft Lync がディレクトリに正常に接続されたかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. クライアントを起動します。
  2. 検索フィールドに、少なくとも 3 文字を入力します。
Cisco UC Integration for Microsoft Lync に一致する連絡先の一覧が表示される場合は、検索が動作しています。 Cisco UC Integration for Microsoft Lync はディレクトリに正常に接続されています。

Cisco UC Integration for Microsoft Lync が正常にディレクトリに接続されていない場合は、設定を見直します。 デフォルトでは、クライアントは 拡張ディレクトリ統合 を使用し、グローバル カタログ サーバに接続します。

ADSI のエラー コード

Cisco UC Integration for Microsoft Lync では、Microsoft Active Directory Service Interfaces(ADSI)を使用し、ディレクトリ統合を行います。 ディレクトリ統合の問題をトラブルシューティングするには、ADSI エラー コードを参照してください。

ADSI エラー コードの詳細については、次の Microsoft ドキュメントを参照してください。

音声、ビデオ、およびデバイスの問題

Microsoft Lync デバイスが使用できない


(注)  


この項では、Cisco UC Integration for Microsoft Lync に関連する音声、ビデオおよびデバイスの問題をトラブルシューティングする方法について説明します。 Microsoft Lync に関連する問題のトラブルシューティングについては、Microsoft Lync のマニュアルを参照してください。


Microsoft Lync で設定されたデバイスは、Cisco UC Integration for Microsoft Lync で別個に設定する必要があります。

音声およびビデオ通信を使用できない

問題の内容:オーディオおよびビデオ デバイスをプロビジョニングしましたが、デバイスに接続できません。

解決策: CTI ゲートウェイがセットアップされており、Cisco Unified Communications Manager に CCMCIP プロファイルが適切に作成されていることを確認します。

ボイスメール プロンプトが切り捨てられる

問題の内容:ボイスメール プロンプトの開始部分が切り捨てられます。

ユーザにボイスメール メッセージを残すように求める音声の開始部分が切り捨てられる場合があります。 切り捨ての結果、ユーザはボイスメール プロンプトの最初の 1 ~ 2 秒を聞き取れません。

解像度

この問題を解決するには、Cisco Unity Connection のテレフォニー統合の詳細設定の [応答後の遅延(Delay After Answer)] フィールドの値を設定します。 Cisco Unity Connection のテレフォニー統合の詳細設定を確認します。 Cisco Unity Connection のマニュアル(http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​voice_ip_comm/​connection/​8x/​gui_reference/​guide/​8xcucgrg120.html#wp1056978 )を参照してください。

エンド ユーザが電話アカウントの詳細を取得できない

問題の内容:Cisco UC Integration for Microsoft Lync ユーザがエクステンション モビリティ プロファイルにログインしたときに、電話アカウントの詳細を取得できません。 そのため、[オプション(Options)] ダイアログ ボックスの [電話アカウント(Phone accounts)] タブの [電話サービス(Phone services)] セクションにエラー メッセージが表示されます。

影響を受けるユーザは、Cisco Unified Communications Manager に複数のデバイスが設定されています。

次の例外が、%USER_PROFILE%\AppData\Local\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\Logs ディレクトリの csf-unified.log ファイルに書き込まれます。
<time_stamp> DEBUG [0x00001d80] [src\config\CCMCIPClient.cpp(230)] [csf.ecc] [curlDebugCallback] -
<html>
<body>
org.apache.jasper.JasperException: java.lang.reflect.InvocationTargetException<br>
<!--
org.apache.jasper.JasperException: java.lang.reflect.InvocationTargetException
at org.apache.jasper.runtime.JspRuntimeLibrary.handleSetPropertyExpression(JspRuntimeLibrary.java:622)
at org.apache.jsp.ControlledDevices_jsp._jspx_meth_c_005fforEach_005f0(ControlledDevices_jsp.java:834)
at org.apache.jsp.ControlledDevices_jsp._jspService(ControlledDevices_jsp.java:180)
at org.apache.jasper.runtime.HttpJspBase.service(HttpJspBase.java:70)
at javax.servlet.http.HttpServlet.service(HttpServlet.java:722)
解決策:この問題を解決するには、次の作業を実行します。
  1. 影響を受けるユーザを、すべてのエクステンション モビリティ プロファイルから切断します。

  2. シスコのサポート担当者に連絡し、Cisco Unified Communications Manager の問題を解決するようエンジニアリング スペシャル(ES)を要求してください。

ES を Cisco Unified Communications Manager に適用後、影響を受けるユーザをエクステンション モビリティ プロファイルに再度関連付けることができます。

ネットワーク プロファイルの変更によりコールが断続的にドロップする

問題の内容:ネットワーク プロファイルが変更されると、音声コールおよびビデオ通話が断続的にドロップします。

Microsoft Windows 7 および Microsoft Windows Server 2008 R2 の既知のバグにより、ネットワーク プロファイルが突然変更されます。 Cisco UC Integration for Microsoft Lync がコールのために必要とするネットワーク ポートが、このネットワーク プロファイルの変更によって閉じられます。 その結果、ネットワーク プロファイルが変更されたときにコール中だった場合、そのコールは自動的に終了します。

解決策:次の Microsoft サポートのサイトで入手可能な修復を適用します。http:/​/​support.microsoft.com/​kb/​2524478/​en-us