Cisco Business Edition 6000 インストール ガイド リリース 10.6
インストール
インストール

インストール

電源オンおよび初期設定

はじめる前に

『Quick Start Guide』の説明のように、BE6000 サーバがラックに取り付けられ、電源装置に接続され、データ ネットワークに接続されていること、およびモニタとキーボードがサーバに接続されていることを確認します。

手順
    ステップ 1   下図のように、モニタとキーボードがコンソール ポートに接続されていることを確認します。
    ステップ 2   電源が接続されており、LED ステータスが下図のように表示されていることを確認します。
    図 1. 電源および LED の状態 . 電源ボタン LED(2)がオレンジで、コンソール ポート(1)と電源ボタン間の小さい 5 つの LED はグリーンになっています。 そうでない場合は、電気系統とネットワークの接続を確認します。



    ステップ 3   モニタの電源をオンにします。
    ステップ 4   電源ボタン(図 1)を押し、電源ボタン LED ディスク LED ディスク ドライブが緑に変わることを確認します。
    ステップ 5   モニタでブート プロセスを視聴します。
    ステップ 6   (任意)F8 キーを押すと、CIMC 構成ダイアログを開き管理インターフェイス IP アドレスを設定してダイアログを終了できます。
    (注)     

    Cisco Integrated Management Controller(CIMC)は、C シリーズ サーバ用の管理インターフェイスです。 CIMC はサーバ内で実行し、Web または SSH コマンドライン アクセスにより、サーバのリモート管理、設定、およびモニタリングを可能にします。

    ステップ 7   (任意)コンソールへのアクセスに CIMC を使用する場合は、設定した IP アドレスに移動し、デフォルトのユーザ名 admin とパスワード password を使用します。 CIMC 画面(図 2)では、ロケータ LED や KVM コンソールなどさまざまなタスクを提供しています。
    図 2. Cisco Integrated Management Controller

    ステップ 8   サーバが再起動すると、モニタにハイパーバイザの Direct Console ユーザ インターフェイスが表示されます。

    リモート アクセス用の仮想化ハイパーバイザのカスタマイズ

    仮想化ハイパーバイザ(VMware vSphereハイパーバイザ)をカスタマイズして vSphere クライアントを使用した PC からのリモート アクセスを有効にするには、次の手順に従います。

    手順
      ステップ 1   ハイパーバイザが起動されると、次の図に示すように、ESXi Direct Console のユーザ インターフェイスがモニタ上に表示されます。
      図 3. ESXi のロード後のコンソール画面.
      (注)      リリース 10.5(1) 以降の場合、プレインストール済みアプリケーションについて通知を受けます。


      ステップ 2   F2 キーを押して、次の図に示すような [System Customization] メニューに入ります。
      図 4. ESXi システム カスタマイズ メニュー. デフォルトのユーザ名は root で、パスワードは password です。

      ステップ 3   (推奨)[Configure Password] を選択してパスワードを変更します。
      ステップ 4   固定 IP アドレスを割り当てるには、[Configure Management Network] メニューに入り、下図に示すように、画面の指示に従って "IP Configuration" を変更します。
      図 5. ESXi ホストへの固定 IP アドレスの割り当て

      ステップ 5   PC をデータ ネットワークに接続し、新しいハイパーバイザの IP アドレスにアクセスします。 下図に示すように Web ページを確認します。
      図 6. ハイパーバイザの Welcome ページ

      ステップ 6   vSphere クライアントが PC にインストールされていない場合は、ダウンロードしてインストールします。 vSphere クライアントをダウンロードするには、インターネット アクセスが必要です。

      仮想化ハイパーバイザのアクセスと設定

      Business Edition アプリケーションの中には、有効な NTP サーバのサービスを必要とするものがあります。 次の手順に従って、ESXi ホストにアクセスし、NTP を設定し、NIC チーミング機能を使用してネットワーク インターフェイス カード(NIC)の耐障害性を設定し、プレインストールされたアプリケーションを表示し、データストアを参照して、事前にロードされたコラボレーション アプリケーション ソフトウェアを確認します。

      手順
        ステップ 1   vSphere クライアント アプリケーションを起動し、仮想化ハイパーバイザの IP アドレスを入力します。
        図 7. vSphere クライアントを使用して仮想化ハイパーバイザにアクセス

        ステップ 2   以前に設定したログイン クレデンシャルを使用します。
        ステップ 3   オプション。 BE6000 仮想化ハイパーバイザのライセンスは、製造時にインストールされ、受け取った時には使用できる状態にあります。 ライセンスを再適用する必要がある場合は、次の手順に従います。
        1. マスター シリアル番号は、各サーバとともに出荷されます。 マスター シリアル番号はライセンス アクティベーション キーです。
          (注)     

          マスター シリアル番号は事前にアクティブ化されています。 vmware.com で登録する必要はありません。

          (注)     

          このシリアル番号は 2 CPU システム用にハード コード化されています。 vmware.com で組み合わせる必要はありません。 シリアル番号は、単一の CPU 用または 2 つを超える CPU 用に変更することはできません。

        2. [Configuration] > [Software] > [Licensed Features] に移動し、[Edit] をクリックします。
        3. [Assign a new license key to this host] を選択します。
        4. [Enter Key...] をクリックします。
        5. マスター シリアル番号を入力します。
        6. [OK] をクリックして、設定ダイアログを閉じ、ライセンスを適用します。
        図 8. ESXi ホストおよび仮想マシンの設定および管理

        (注)      次の図のインベントリ ペインに、プレインストール済みアプリケーションが表示されています。
        ステップ 4   NTP サーバを追加します。
        1. [Configuration] > [Software] > [Time Configuration] に移動します。
        2. [Properties] をクリックして、[Time Configuration] 画面を起動します。
        3. 時間を更新し、[Options...] をクリックします。
        4. [NTP Settings] を選択します。
        5. [Add] をクリックし、NTP サーバの IP アドレスを入力します。
        6. [OK] をクリックして、[General] を選択し、[Start] を選択してホストで停止し、[Start] ボタンをクリックし、続いて [OK] をクリックして設定画面を閉じます。
        ステップ 5   VMware の NIC チーミング機能を使用して、耐障害性を設定します。
        1. [Configuration] > [Hardware] > [Networking] に移動します。
        2. 下図に示すように、"Standard Switch: vSwitch0" の [Properties] をクリックします。
        3. vSwitch0 Properties 設定画面で、[Network Adapters] タブを選択します。
        4. データ ネットワークに接続されている NIC を追加するには、[Add…] をクリックします。
        5. 対話形式の設定ダイアログに従い、下図に示すように、複数の NIC が vSwitch0 に追加されたことを確認したら画面を閉じます。
        (注)     

        デフォルトでは、ハイパーバイザで有効な NIC は 1 つだけで、vmnic0 として識別されます。

        (注)      チーム構成された NIC を Cisco スイッチのチャネル グループに接続する場合は、NIC チーミング ロード バランシング ポリシーが [Route based on IP hash] に設定されていることを確認します。 このポリシーおよび Cisco Collaboration アプリケーションのハイパーバイザ ネットワークの他の側面に関する詳細については、『Deploying Expressway with Business Edition(Business Edition での Expressway の展開)』(http:/​/​www.cisco.com/​c/​dam/​en/​us/​td/​docs/​voice_ip_comm/​cucm/​BE6000/​InstallationGuide/​10_01/​Deploying_​Expressway_​with_​Business_​Edition.pdf)を参照してください。
        図 9. Business Edition ネットワーク接続の耐障害性

        ハイパーバイザは、仮想化されたコラボレーション アプリケーションをホストする準備が整いました。 5 つの最も一般的なコラボレーション アプリケーション用の仮想マシンが、ハイパーバイザに事前に導入されています。 これらのアプリケーションや他のアプリケーションのソフトウェアもデータストアにプリロードされているため、インストールまたは再インストールできます。

        ステップ 6   データ ストアを参照します。
        1. [Configuration] > [Hardware] > [Storage] に移動します。
        2. Business Edition サーバのデータストアをリスト表示するには、[Datastore] をクリックします。
        3. データストアを選択して、右クリックし、下図に示すように [Browse Datastore] を選択します。 プリロード ソフトウェアは /OVA-ISO ディレクトリに保存されています。
        図 10. プリロード コラボレーション仮想マシンおよびプリロード ソフトウェアをデータストアで参照

        ステップ 7   (オプション)シスコは OVA-ISO ディレクトリをローカルにアーカイブすることを推奨します。 サーバに障害が発生した場合、代替品にはプリロード コンテンツが含まれていません。

        次の作業

        仮想マシンをインストールします。

        データストアにプリロードされたファイル

        Cisco Business Edition サーバでは、事前に導入された仮想マシンに加えて、指定されたコラボレーション アプリケーション ソフトウェアがデータストアにプリロードされた状態で発送されます。 プリロードされるファイル タイプの基礎知識として、次の点を考慮してください。

        ISO

        ISO ファイルは DVD イメージで、アプリケーション インストール ファイルを含んでいます。

        OVA

        Open Virtualization Archive(OVA)を使用して、仮想マシンのパッケージを作成し、配布します。

        一部の OVA ファイルには、プレインストールされたソフトウェア(たとえば、cpc-provisioning-9.5.0-245-small.ova)を含む準備済みのディスクが含まれている場合があります。

        他の OVA ファイルにはアプリケーション ソフトウェアは含まれません。 この場合、OVA テンプレートを導入してから、データストアで提供される ISO ファイルを使用してソフトウェアをインストールする必要があります(たとえば、cucm_9.1_vmv8_v1.7.ova および関連 ISO ファイル Bootable_UCSInstall_UCOS_9.1.2.10000-28.sgn.iso)。


        (注)  


        各サーバに付属するファイルの詳細については、関連するリリース ノートを参照してください:http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-release-notes-list.html


        新しい仮想マシンの導入

        次の手順に従い、あらかじめロードされたファイルにリスト表示されているアプリケーションの仮想マシンを導入します。 Export Restricted または Export Unrestricted ソフトウェアにあらかじめロードされたファイルについては、次のリンク先から関連するリリース ノートを参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-release-notes-list.html

        OVA テンプレート ファイルは、特定アプリケーションの仮想マシンを定義します。

        次の点に注意してください。
        • OVA テンプレートは瞬時に導入されますが、パッケージされた OVA の導入には 10 分から 15 分かかる場合があります。

        • 下図は、各種コラボレーション アプリケーションの仮想マシン導入後の vSphere クライアントの図を示しています。 直前の 2 つの仮想マシンを展開するのにかかった時間も表示できます。

        • 図 11. vSphere クライアントに表示されるアプリケーション用に展開された仮想マシン.

          下図の例は、4 つのコラボレーション アプリケーションと Prime Collaboration Provisioning をホストできる、高密度(H)サーバ モデルです。 Business Edition サーバの中密度(M)サーバ モデルも、4 つのコラボレーション アプリケーションと Prime Collaboration Provisioning をホストできます。




          (注)  


          リリース 10.5(1) 以降では、5 つのアプリケーションがプレインストールされています。 この 5 つのアプリケーションのいずれかを使用して仮想マシンを導入する場合は、次の手順を省略できます。
        手順
          ステップ 1   vSphere クライアント上で、[File] > [Deploy OVF Template] に移動します。

          [Deploy OVF Template] 画面が起動されます。

          ステップ 2   PC 上でソースの OVA テンプレート ファイルを参照し、選択します。 アプリケーションとファイル名のマッピングについては、以下のリンク先から Export Restricted ソフトウェアに関するリリース ノートを参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-release-notes-list.html
          ステップ 3   引き続き [Next] をクリックして、ライセンス契約およびデフォルト値を受諾します。
          ステップ 4   展開を設定します。
          • Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unity Connection および IM and Presence Service の場合、1000 ユーザを選択します。
          • Cisco Unified Contact Center Express の場合、100 エージェントを選択します。
          • Cisco Emergency Responder の場合、12000 ユーザ ノード(ドロップダウン メニューから C200 のみ)を選択します。
          ステップ 5   VM に意味のある名前を指定します。

          次の作業

          必要な仮想マシンをすべて展開した後、個々のコラボレーション アプリケーションをインストールします。

          仮想マシン上でのアプリケーションのインストール

          指定した仮想マシン上でアプリケーションをインストールおよびセット アップするには、次の手順に従ってください。

          各アプリケーションに必要なおおよその時間は次のとおりです。

          • Cisco Unified Communications Manager:60 分

          • Cisco Unity Connection:60 分

          • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service:45 分

          • Cisco Prime Collaboration Provisioning:30 分

          • Cisco Unified Contact Center Express:60 分

          • Cisco Emergency Responder:45 分

          • Video Communication Server:60 分

          • Cisco Paging Server:15 分


          (注)  


          • 同じ ISO イメージを使用するため、Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection を同時にインストールしないでください。

          • 時間を短縮するために、同時に複数のアプリケーションをインストールできます。

          • リリース 10.5(1) 以降では、プレインストール済みアプリケーションをインストールする所要時間は約 20 分以内です。

          手順
            ステップ 1   データ ネットワーク管理者に問い合わせて、"準備"で説明したネットワーク情報を確実に収集します。
            ステップ 2   必要な時間を最小限にするために、アプリケーションのインストール順序を計画します。
            ステップ 3   vSphere クライアントを使用して、アプリケーションの仮想マシンを選択します。 クライアントは、パネル名をアプリケーション名に変更し、"Getting Started" という名前のタブをもう 1 つ追加します。 下図に示すように、右クリックしてアクション メニューを開きます。
            図 12. アプリケーション VM を選択して、設定の編集、ISO と VM の関連付け、電源投入、他の管理アクションなどを行います。

            ステップ 4   ブランク OVA テンプレートを使用して展開された VM では、電源オン時にアプリケーション ソフトウェアの ISO イメージを接続するように仮想マシンの設定を編集する必要があります。 Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection が同じ ISO ファイルを使用することに留意してください(以下の Cisco Business Editition 6000 用のプリロードされたファイルを参照:http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-release-notes-list.html)。
            図 13. アプリケーション ソフトウェアの ISO イメージを接続するための仮想マシン設定の編集

            1. [Device Type] セクションで、[Datastore ISO File] オプション ボタンを選択します。
            2. データ ストアを参照し、アプリケーションの ISO ファイルを選択します。
            3. 下図に示すように、[Connect at Power On] ボックスを必ずオンにしてください。
            ステップ 5   図 12 に示すように、右クリック メニューで [Edit Settings] を選択します。 図 13 に示すように、[Virtual Machines Properties] 編集画面が表示されます。
            1. 次の URL にアクセスし、platformconfig.xml ファイルを生成します。http:/​/​www.cisco.com/​web/​cuc_afg/​index.html
            2. 任意のフリーウェア仮想フロッピー アプリケーションを使用して、platformconfig.xml ファイルを *.flp イメージに変換し、この *.flp イメージをデータストアの Answer File Generator ディレクトリにコピーします。
            3. データストアから *.flp ファイルを取得するように、フロッピー ドライブの設定が変更されていることを確認します。
              図 14. フロッピー ドライブを接続して FLP ファイルから構成設定を読み込むように、仮想マシン設定を編集します。

            ステップ 6   各アプリケーションのインストールを開始するには、次の手順に従ってください。インストールはステップ 2 にリスト表示されている時間で自動的に続行されます。
            1. 図 12 に示すように、右クリック メニューを使用して仮想マシンの電源をオンにし、コンソールを開きます。
            2. コンソールの対話型インストール手順に従ってください。
            3. デフォルトを受け入れて、ステップ 1 で収集した情報を提示します。 コンソールに正常にログインできたときに、インストールは完了し、成功です。
            • Prime Collaboration の場合、"localhost login:" の設定を入力した後にインストールが開始されます。 その後、インストール スクリプトにより、ネットワーク情報およびさまざまなクレデンシャル(admin、root、globaladmin のパスワード)情報が要求されます。 インストールは 30 分間継続します。
            • VCS サーバの場合、初回のユーザ名とパスワードとして admin と TANDBERG を使用した後に開始されます。 "Run install wizard [n]:" と求められたときに y と入力すると、対話型インストールが続行されます。
            (注)     

            詳細なインストール ガイダンスが必要な場合は、"詳細"にリスト表示されている Cisco Business Edition 6000 Support Documents Web サイトでアプリケーションのインストレーション ガイドを参照してください。


            次の作業

            必要なすべてのアプリケーションをインストール後に、Web ブラウザを使用してアプリケーションにアクセスし、一部のアプリケーションの初期設定を行います。

            アプリケーションのインストールの例

            次は、Cisco Unified Communications Manager(ブランク OVA)および Cisco Video Communications Server(プレインストール OVA)をインストールする手順です。


            (注)  


            前のセクションで説明されているように、アプリケーションがプレインストール済みで、FLP ファイルが Answer File Generator ディレクトリにコピーされると、インストーラの操作なしでインストールが自動的に行われます。

            Cisco Unified Communications Manager のインストール

            手順
              ステップ 1   図 12 に示すように、電源をオンにし、仮想マシンのコンソールを開きます。
              ステップ 2   [DVD Found] ウィンドウで、メディア チェックに対して [No] を選択します。
              ステップ 3   [Product Deployment Selection] ウィンドウでは、[Cisco Unified Communications Manager] を選択し、[OK] を選択します。 最後に、次の [Proceed with Install] ウィンドウで [Yes] を選択します。
              (注)      Enterprise License Manager もこのインストールの一部として展開されます。
              ステップ 4   次の操作を行ってください。
              1. [Platform Installation Wizard] ウィンドウで [Proceed] を選択します。
              2. [Apply Patch] ウィンドウで [No] を選択します。
              3. [Basic Install] ウィンドウで [Continue] を選択します。
              4. 次のウィンドウで [Timezone] を選択し、続いてイーサネット接続に対して [Auto Negotiation] を選択し、MTU のデフォルトのサイズを選択します。
              ステップ 5   DHCP に対して [No] を選択します。

              [Static Network Configuration] ウィンドウが表示されます。

              ステップ 6   ホスト名(CUCM など)、IP アドレス、IP マスク、およびゲートウェイ アドレスを入力し、[OK] を選択します。 DNS クライアントに対して [Yes] を選択し、その後に次のウィンドウで DNS サーバ情報を入力します。
              ステップ 7   次の 2 つのウィンドウで管理ログイン情報および組織情報を設定するように求められ、続いてサーバが最初のノードであるかどうかが確認されます。ほとんどの場合、[Yes] を選択します。
              ステップ 8   次のウィンドウで、ネットワーク接続性テストに対して [No] を選択して、再びホスト名、IP アドレス、およびセキュリティ パスワードを提示します。 最後に、有効で到達可能な NTP サーバを指定します。
              ステップ 9   次の 2 つのウィンドウで、セキュリティ パスワードおよび SMTP サーバ情報を設定するように求められます。 最後に、アプリケーション ユーザ情報が要求され、最後のウィンドウ プラットフォーム設定の確認が続きます。 [OK] を選択すると、インストールが続行され、コンソールのユーザ操作なしで約 60 分間続きます。 コンソールのログイン プロンプトが表示されたら、Web ブラウザで Unified Communications Manager の IP アドレスにアクセスします。

              Cisco Video Communications Server のインストール

              手順
                ステップ 1   図 12 に示すように、電源をオンにし、仮想マシンのコンソールを開きます。
                ステップ 2   ログイン プロンプトでユーザ名として admin、パスワードとして TANDBERG を入力します。
                ステップ 3   実行インストール ウィザードのプロンプトで、y を入力して、Enter キーを押します。
                ステップ 4   パスワードを変更するには、Y を入力して、Enter キーを押し、プロンプトに新しいパスワードを入力して、Enter キーを押します。
                ステップ 5   次の一連のプロンプトはネットワーク情報に関するものです。 IP プロトコル(デフォルトは IPv4)を選択し、IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ゲートウェイ アドレスを指定します。 最後に、LAN のイーサネット速度を選択します(デフォルトは auto)。
                ステップ 6   SSH(セキュア シェル)の実行デーモンに対して、Y入力し、Enter キーを押します。
                ステップ 7   すぐに再起動のプロンプトで、y を入力して、Enter キーを押します。
                ステップ 8   システムを再起動した後に、Web ブラウザで Cisco Video Communication Server にアクセスします。