Cisco Business Edition 6000 インストール ガイド リリース 10.6
準備
準備

準備

準備


(注)  


サーバに同梱されている Quick Start Guide(QSG)に示されているように、Cisco Business Edition がラックマウントされ、電源とデータ ネットワークに接続されていることを確認します。 モニタおよびキーボードがサーバに接続されていることも確認します。


インストールを続行する前に、データ ネットワーク管理者からネットワーク情報を収集します。

コア コラボレーション アプリケーションの事前構成済みの仮想マシンを使用した導入

このメソッドは、次のアプリケーションで利用可能です。
  • Cisco Unified Communications Manager

  • Cisco Unity Connection

  • Cisco IM and Presence Service Server

  • Cisco Prime Collaboration Provisioning

この導入オプションは、前述したアプリケーションの最も一般的な設定を含む工場インストール アプリケーションの利点を提供します。 構成済みアプリケーションでは、デフォルトのネットワーク クレデンシャルおよびシステム設定が完全にインストールされます。 アプリケーションが完全に統合されており、システムをセットアップするために必要な時間と労力を最小限にします。

構成済みアプリケーションの仮想マシンからの導入に関する詳細については、次の場所にある『Preconfigured Option Reference Guide』を参照してください:http:/​/​www.cisco.com/​c/​dam/​en/​us/​td/​docs/​voice_ip_comm/​cucm/​BE6000/​Reference_Guides/​10_6/​BE6000_​Preconfigured_​10_​6.pdf

プリロードされたアプリケーションのインストール メディアを使用した導入

この方法では、ゼロからアプリケーションをインストールできます。 構成済み仮想マシンからの導入方法とは異なり、この方法では、必要なネットワーク クレデンシャルとシステム設定でアプリケーションを完全にカスタマイズすることができます。 この方法でアプリケーションをインストールするには、このマニュアルの残りの部分に従ってください。

必要なネットワーク情報

データ ネットワーク管理者から次のネットワーク情報を収集します。

  • 次の IP アドレス:

    • VMware Hypervisor (ESXi)

    • インストールする各コラボレーション アプリケーション

    • (任意)リモート CONSOLE アクセスが必要な場合、CIMC

  • Subnet Mask

  • ゲートウェイ IP アドレス

  • DNS サーバの IP アドレス

  • 各アプリケーションのホスト名

  • (任意)ドメイン名

  • NTP サーバの IP アドレス

  • タイム ゾーン

  • (任意)SMTP サーバ

次のセクションでは、BE6000 サーバをインストールするための手順を示します。 必要なネットワーク情報を収集した後、マニュアルの残りの手順に注意深く従ってください。

プラットフォーム モデル オプション

Cisco BE6000 プラットフォームは、広範な企業規模とビジネス ワークロードを対象にパフォーマンスと密度を優先して設計された、仮想化された Cisco Unified Computing System (Cisco UCS ®)製品の上に構築されています。 次の 3 つのモデルがあります。
  • BE6000H:単一の仮想サーバ プラットフォームで 9 つのコラボレーション アプリケーション オプションをサポートしています。最大容量は 1000 ユーザ、2500 デバイス、および 100 コンタクト センター エージェントです。 中規模から大規模のエンドツーエンドのコラボレーションの導入に最適です(図 1 を参照)。

  • BE6000M:単一の仮想サーバ プラットフォームで 5 つのコラボレーション アプリケーション オプションをサポートしています。最大容量は 1000 ユーザ、1200 デバイス、および 100 コンタクト センター エージェントです。 中規模のエンドツーエンドのコラボレーションの導入に最適です。

  • BE6000S:単一の統合ルータ/ゲートウェイ/仮想化ブレード サーバ プラットフォームで 5 つの固定コラボレーション アプリケーションをサポートしています。最大容量は 150 ユーザおよび 300 デバイスです。 小規模の「ボックス オフィス」向けのコラボレーションの導入に最適です(図 2 を参照)。

サーバは使用できる状態で受け渡され、プリインストールされた仮想化ハイパーバイザおよび 10 個のプリロードされたアプリケーションが含まれます。

図 1. Cisco BE6000H/M:中規模企業のコラボレーションの導入用に構築 . Cisco BE6000 は、仮想化およびアプリケーション ソフトウェアがプリロードされ、コア UC アプリケーションが事前設定されたパッケージ ソリューションです。 ビジネス ニーズの拡大に応じて、追加のコラボレーション アプリケーションをオンにしていきます。



図 2. Cisco BE6000S:小規模企業のコラボレーションの導入用に構築 . この小密度、統合ルータ、ゲートウェイ、およびブレード サーバは、基本的なエントリ レベルの音声および IP テレフォニー機能とともに、強力で使いやすいコラボレーション ツールを必要とする小規模サイトに最適です。