Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 コマンド リファレンス
CTMS Unset コマンド
CTMS Unset コマンド
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/04/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CTMS Unset コマンド

unset network dns options

CTMS Unset コマンド

この章では、次の Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS) unset CLI コマンドについて説明します。CTMS CLI コマンドの使用方法の詳細については、このマニュアルの「Cisco TelePresence Multipoint Switch CLI コマンドの使用」を参照してください。

「unset network dns options」


) CTMS Administration ソフトウェアの使用方法の詳細については、次の URL に掲載されている『Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 Administration Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps7315/prod_maintenance_guides_list.html


unset network dns options

unset network dns options [timeout] [attempts] [rotate]

 
シンタックスの説明

timeout

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)クエリーが失敗したと見なすまでの待機時間をデフォルトに設定します。

attempts

失敗するまでに試行する回数をデフォルトに設定します。

rotate

ネーム サーバを選択する方式をデフォルトに設定します。これは、ネーム サーバへの負荷分散方法に影響します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ドメイン ネーム システム(DNS)のオプションを設定解除するために使用します。ネットワーク接続が一時的に切断されます。

admin:unset network dns options timeout
*** W A R N I N G ***
This will cause the system to temporarily lose network connectivity
 
Do you want to continue ?
 
Enter "yes" to continue or any other key to abort
yes
executing...
admin:show workingdir