Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 コマンド リファレンス
CTMS Show コマンド
CTMS Show コマンド
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/04/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CTMS Show コマンド

show account

show active conference

show badep

show conferencetermination

show cuvcdialrepeatinterval

show cuvcdialrepeattime

show damping

show details

show diskusage activelog

show diskusage common

show diskusage inactivelog

show diskusage install

show diskusage tmp

show dscp packet

show feedbackwaittime

show feedbackwaitbasetime

show firewall list

show hardware

show holdresume

show lateendmins

show logins

show memory count

show memory module

show memory size

show myself

show network all

show network eth0

show network failover

show network ip_conntrack

show network max_ip_conntrack

show network route

show network status

show open files all

show open files process

show open files regexp

show open ports all

show open ports regexp

show packages

show process list

show process load

show process name

show process open-fd

show process pid

show process search

show process user

show process using-most cpu

show process using-most memory

show rtpsleep

show snmp trapdests

show snmp users

show statistics

show stats io

show status

show syslog facilities

show syslog heartbeat facility

show syslog heartbeat interval

show syslog heartbeat msg

show syslog heartbeat severity

show syslog timezone

show syslog version

show tech all

show tech network all

show tech network hosts

show tech network interfaces

show tech network resolv

show tech network routes

show tech network sockets

show tech runtime all

show tech runtime cpu

show tech runtime disk

show tech runtime env

show tech runtime memory

show tech system all

show tech system bus

show tech system hardware

show tech system host

show tech system kernel modules

show tech system software

show tech system tools

show threshold

show timezone

show version

show workingdir

CTMS Show コマンド

この章では、次の Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS) show CLI コマンドについて説明します。CTMS CLI コマンドの使用方法の詳細については、このマニュアルの「Cisco TelePresence Multipoint Switch CLI コマンドの使用」を参照してください。

「show account」

「show active conference」

「show badep」

「show conferencetermination」

「show cuvcdialrepeatinterval」

「show cuvcdialrepeattime」

「show damping」

「show details」

「show diskusage activelog」

「show diskusage common」

「show diskusage inactivelog」

「show diskusage install」

「show diskusage tmp」

「show dscp packet」

「show feedbackwaittime」

「show feedbackwaitbasetime」

「show firewall list」

「show hardware」

「show holdresume」

「show lateendmins」

「show logins」

「show memory count」

「show memory module」

「show memory size」

「show myself」

「show network all」

「show network eth0」

「show network failover」

「show network ip_conntrack」

「show network max_ip_conntrack」

「show network route」

「show network status」

「show open files all」

「show open files process」

「show open files regexp」

「show open ports all」

「show open ports regexp」

「show packages」

「show process list」

「show process load」

「show process name」

「show process open-fd」

「show process pid」

「show process search」

「show process user」

「show process using-most cpu」

「show process using-most memory」

「show rtpsleep」

「show snmp trapdests」

「show snmp users」

「show statistics」

「show stats io」

「show status」

「show syslog facilities」

「show syslog heartbeat facility」

「show syslog heartbeat interval」

「show syslog heartbeat msg」

「show syslog heartbeat severity」

「show syslog timezone」

「show syslog version」

「show tech all」

「show tech network all」

「show tech network hosts」

「show tech network interfaces」

「show tech network resolv」

「show tech network routes」

「show tech network sockets」

「show tech runtime all」

「show tech runtime cpu」

「show tech runtime disk」

「show tech runtime env」

「show tech runtime memory」

「show tech system all」

「show tech system bus」

「show tech system hardware」

「show tech system host」

「show tech system kernel modules」

「show tech system software」

「show tech system tools」

「show threshold」

「show timezone」

「show version」

「show workingdir」


) CTMS Administration ソフトウェアの使用方法の詳細については、次の URL に掲載されている『Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 Administration Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps7315/prod_maintenance_guides_list.html


show account

show account

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

マスター管理者アカウント以外のすべての管理アカウントのリストを表示するために使用します。

admin:show account
Name = test, Privilege = 1

 

show active conference

show active conference

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

アクティブな会議識別番号のリストを表示するために使用します。

admin:show active conference
9059578056

 

show badep

show badep

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

不良エンドポイント検出がイネーブルまたはディセーブルのどちらであるかを表示するために使用します。

admin:show badep
Current setting to drop bad endpoint: enable

show conferencetermination

show conferencetermination

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

会議を会議終了の設定(イネーブルまたはディセーブル)とともに表示するために使用します。

admin: show conferencetermination

 

show cuvcdialrepeatinterval

show cuvcdialrepeatinterval

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco Unified Video Conferencing(CUVC)のリダイヤル時間を秒単位で表示するために使用します。

admin: show cuvcdialrepeatinterval

 

show cuvcdialrepeattime

show cuvcdialrepeattime

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

設定されている Cisco Unified Video Conferencing(CUVC)のリダイヤル再試行値を表示するために使用します。

admin:show cuvcdialrepeattime
cuvc retry time is 50

 

show damping

show damping {s | l | b | o}

 
シンタックスの説明

s

スイッチング モード。スイッチング ダンプニングとは、スピーカーをアクティブに切り替えるために、話し続ける必要がある時間のことです。

l

講義モード。講義ダンプニングとは、講義モードを中断するために、講師以外の人が話し続ける必要がある時間のことです。

b

バウンス モード。バウンス ダンプニングとは、バウンスバック ソースを無効にするために、話し続ける必要がある時間のことです。

o

無効モード。無効ダンプニングとは、バウンスバック ソースが無効になってから、元に戻るまでの時間のことです。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

定義されているダンプニング モードのダンプニング速度を表示するために使用します。

admin:show damping s
Damping time is currently set to medium
admin:show damping l
Lecture damping time is currently set to medium

 

show details

show details {conference | participant}

 
シンタックスの説明

conference

会議識別番号

participant

参加者識別番号

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

会議識別番号別または参加者識別番号別に会議の詳細を表示するために使用します。

admin:show details conference 9059578056
Conference Id: 9059578056
Conference type: Immediate
Participant list: 11080, 11081, 11082
Conference description: TESTING
Switching policy: SITE
AutoLecture Mode: false
Video Announce: true
Total segments: 3
Resolution & Bandwidth: 1080p 4MBps
IsLocked: false

 

show diskusage activelog

show diskusage activelog [file fname ] [directory] [sort]

 
シンタックスの説明

file fname

出力をファイル形式で保存します。

directory

1024 バイト ブロックで、ディレクトリ サイズだけを表示します。

sort

出力をサイズでソートします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリのディスク使用状況およびそのディレクトリが配置されているディスク パーティションの使用状況を表示するために使用します。保存した出力ファイルは、 file view activelog コマンドを使用して表示できます。

admin:show diskusage activelog
 
This command can take significantly long time,
and can also effect the system wide IOWAIT on your system.
Continue (y/n)?
 

 

show diskusage common

show diskusage common [file fname ] [directory] [sort]

 
シンタックスの説明

file fname

出力をファイル形式で保存します。

directory

1024 バイト ブロックで、ディレクトリ サイズだけを表示します。

sort

出力をサイズ(1024 バイト ブロック)でソートします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリのディスク使用状況およびそのディレクトリが配置されているディスク パーティションの使用状況を表示するために使用します。保存した出力ファイルは、 file view activelog コマンドを使用して表示できます。

admin:show diskusage common
 
 
This command can take significantly long time,
and can also effect the system wide IOWAIT on your system.
Continue (y/n)?
 

 

show diskusage inactivelog

show diskusage inactivelog [file fname ] [directory] [sort]

 
シンタックスの説明

file fname

出力をファイル形式で保存します。

directory

1024 バイト ブロックで、ディレクトリ サイズだけを表示します。

sort

出力をサイズ(1024 バイト ブロック)でソートします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリのディスク使用状況およびそのディレクトリが配置されているディスク パーティションの使用状況を表示するために使用します。保存した出力ファイルは、 file view activelog コマンドを使用して表示できます。

admin:show diskusage inactivelog
 
 
This command can take significantly long time,
and can also effect the system wide IOWAIT on your system.
 
Continue (y/n)?

 

show diskusage install

show diskusage install [file fname ] [directory] [sort]

 
シンタックスの説明

file fname

出力をファイル形式で保存します。ファイルは platform/cli/fname で保存されます。

directory

1024 バイト ブロックで、ディレクトリだけを表示します。

sort

出力をサイズ(1024 バイト ブロック)でソートします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリのディスク使用状況およびそのディレクトリが配置されているディスク パーティションの使用状況を表示するために使用します。保存した出力ファイルは、 file view activelog コマンドを使用して表示できます。

admin:show diskusage install
 
 
This command can take significantly long time,
and can also effect the system wide IOWAIT on your system.
Continue (y/n)?

 

show diskusage tmp

show diskusage tmp [file fname ] [directory] [sort]

 
シンタックスの説明

file fname

出力をファイル形式で保存します。ファイルは platform/cli/fname で保存されます。

directory

1024 バイト ブロックで、ディレクトリだけを表示します。

sort

出力をサイズ(1024 バイト ブロック)でソートします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリのディスク使用状況およびそのディレクトリが配置されているディスク パーティションの使用状況を表示するために使用します。保存した出力ファイルは、 file view activelog コマンドを使用して表示できます。

admin:show diskusage tmp
 
 
This command can take significantly long time,
and can also effect the system wide IOWAIT on your system.
Continue (y/n)?
 

 

show dscp packet

show dscp packet

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

メディア パケットに挿入されている、DSCP の設定値を表示するために使用します。

admin:show dscp packet
Current DSCP value:128

 

show feedbackwaittime

set feedbackwaittime confid number

 
シンタックスの説明

confid number

会議識別番号

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

会議のフィードバック待機時間(ミリ秒)の情報を戻すために使用します。フィードバック待機時間は、会議ごとの最大遅延にフィードバックの基本待機時間を足した時間です。

admin:show feedbackwaittime 9059578056
FBWaitTime=254

 

show feedbackwaitbasetime

show feedbackwaitbasetime

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

RTP フィードバックの基本待機時間をミリ秒で表示するために使用します。

admin:show feedbackwaitbasetime
Current Feedback wait base time is 250 ms

 

show firewall list

show firewall list [detail] [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

detail

詳細を表示します。

page

1 ページごとに入力を一時停止します。

file name

指定したファイル名に情報を出力します。


) ファイルは platform/cli/fname.txt で保存されます。name では、ピリオドを使用しないでください。


 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在のファイアウォール ポート情報のリストを表示するために使用します。

admin:show firewall list
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
DROP all -- localhost anywhere
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:syslog
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:syslog
ACCEPT ipv6-crypt-- anywhere anywhere
ACCEPT icmp -- anywhere anywhere icmp echo-request limit: avg 10/sec burst 5
LOG icmp -- anywhere anywhere icmp echo-request limit: avg 1/min burst 5 LOG level warning prefix `ping flood '
DROP icmp -- anywhere anywhere icmp echo-request
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:ftp
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:ftp
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:telnet
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:telnet
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:tftp
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:gopher
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:gopher
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:finger
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:finger
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:http
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:rtelnet
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:rtelnet
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:pop2
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:pop2
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:pop3
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:pop3
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:sunrpc
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:sunrpc
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:uucp-path
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:uucp-path
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:imap
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:imap
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:xdmcp
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:xdmcp
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:nextstep
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:nextstep
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:irc
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:irc
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:imap3
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:imap3
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:fatserv
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:fatserv
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:https
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:saft
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:saft
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:shell
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:syslog
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:printer
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:printer
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:uucp
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:540
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:klogin
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:kshell
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:remotefs
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:ipp
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:ipp
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:676
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:676
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:rsync
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:rsync
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:telnets
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:telnets
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:imaps
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:imaps
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:pop3s
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:pop3s
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:nfs
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:nfs
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:x11
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6001
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6002
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6003
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6004
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6005
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6006
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6007
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6008
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:6009
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:xfs
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:https
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:http
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1500
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1500
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1500
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1500
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1501
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1501
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1501
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1501
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1502
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1502
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1502
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1502
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1503
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1503
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1503
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1503
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1504
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1504
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1504
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1504
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1505
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1505
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1505
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1505
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1515
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1515
ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:1515
DROP udp -- anywhere anywhere udp dpt:1515
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8009
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8009
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8083
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8083
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8093
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8093
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:krb524
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:krb524
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:4445
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:4445
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:5001
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:5001
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1098
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:1098
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8999
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:8999
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12100
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12100
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12101
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12101
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12102
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12102
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12103
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12103
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12104
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:12104
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:9700
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:9700
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:9000
DROP tcp -- anywhere anywhere tcp dpt:9000
 
Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
 
Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

 

show hardware

show hardware

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

基本的なハードウェア情報を取得するために使用します。

admin:show hardware
 
HW Platform : 7845I2
Processors : 2
Type : Intel(R) Xeon(R) CPU 5140 @ 2.33GHz
CPU Speed : 2333
Memory : 4096 MBytes
Object ID : 1.3.6.1.4.1.9.1.587
OS Version : UCOS 2.0.1.0-41
RAID Details : Controllers found: 1
 
----------------------------------------------------------------------
Logical drive information
----------------------------------------------------------------------
Logical drive number 1
Logical drive name : Drive 1
RAID level : 1
Status of logical drive : Okay
Size : 69890 MB
Read-cache mode : Enabled
Write-cache mode : Enabled (write-back)
Write-cache setting : Enabled (write-back)
Number of chunks : 2
Drive(s) (Channel,Device) : 0,0 0,1
Press <enter> for 1 line, <space> for one page, or <q> to quit

 

show holdresume

show holdresume

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

定例会議とスケジュール会議に対する現在のサーバ側の保留/復帰設定を取得するために使用します。

admin:show holdresume
server side hold_resume is enabled

 

show lateendmins

show lateendmins

 
シンタックスの説明

None

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

会議の終了予定時刻を過ぎたときに、その会議を終了するまでの分数を表示するために使用します。

admin:show latenedmins

 

show logins

show logins [ number ]

 
シンタックスの説明

number

この省略可能なパラメータを使用して、表示するログインの数を指定できます。0 を指定すると、保存されているすべてのログインが表示されます。デフォルトは 20 です。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム管理者のログインを表示するために使用します。

admin:show logins
 
admin pts/0 dhcp-171-71-227- Wed Aug 6 22:09 still logged in
admin pts/1 dhcp-171-70-12-1 Wed Aug 6 21:52 - 21:55 (00:02)
admin pts/0 dilkrish-lnx2.ci Wed Aug 6 21:50 - 22:09 (00:19)
dhroot pts/24 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 19:09 - 19:48 (00:39)
admin pts/24 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 19:09 - 19:09 (00:00)
dhroot pts/21 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 19:10 (00:16)
dhroot pts/20 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 19:10 (00:16)
dhroot pts/17 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 19:10 (00:16)
dhroot pts/16 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 19:10 (00:16)
admin pts/19 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 18:54 (00:00)
admin pts/18 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 18:54 (00:00)
admin pts/17 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 18:54 (00:00)
admin pts/16 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:54 - 18:54 (00:00)
dhroot pts/14 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 19:47 (00:54)
dhroot pts/11 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 19:47 (00:54)
dhroot pts/10 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 19:47 (00:54)
dhroot pts/7 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 19:47 (00:54)
dhroot pts/6 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 19:47 (00:54)
admin pts/10 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 18:53 (00:00)
admin pts/9 tsbu-lnx-3.cisco Wed Aug 6 18:53 - 18:53 (00:00)

show memory count

show memory count

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

システムで使用可能な物理モジュールの合計数を表示するために使用します。

admin:show memory count
 
Total number of modules: 4
 

show memory module

show memory module [ number | ALL ]

 
シンタックスの説明

number

メモリ モジュールの数を指定します。

ALL

すべてのメモリ モジュールを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム管理者のログインを表示するために使用します。

admin:show memory module ALL
Slot Type Size Status
0 DIMM 1.0GB Ok
1 DIMM 1.0GB Ok

show memory size

show memory size

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

システムで使用可能な物理メモリ サイズの合計を表示するために使用します。

admin:show memory size
 

 

show myself

show myself

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在のアカウントに関する情報を表示するために使用します。

admin:show myself
Machine Name : tsbu-sr2
account name : admin
privilege level : 4
output setting : disabled
logging setting : disabled

 

show network all

show network all

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

すべての show network コマンド情報を表示するために使用します。

admin:show network all
Ethernet 0
DHCP : disabled Status : up
IP Address : 172.28.68.76 IP Mask : 255.255.252.0
Link Detected: yes Mode : Auto enabled, Full, 1000MB/s
Duplicate IP : no
 
DNS
Primary : 171.70.168.183 Secondary : 171.68.226.120
Options : timeout:5 attempts:2
Domain : cisco.com
Gateway : 172.28.68.1 on Ethernet 0
172.28.68.0/22 dev eth0 proto kernel scope link src 172.28.68.76
169.254.0.0/16 dev eth0 scope link
default via 172.28.68.1 dev eth0
 
Active Internet connections (w/o servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0 localhost:12101 localhost:42806 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:9500 localhost:35897 TIME_WAIT
tcp 0 0 localhost:9500 localhost:35896 TIME_WAIT
tcp 0 0 tsbu-dhsr-76.cisco.co:35612 tsbu-ccm-b19.cisco.com:5060 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:12101 localhost:42752 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:9000 localhost:32795 ESTABLISHED
tcp 0 0 tsbu-dhsr-76.cisco.com:5060 tsbu-ccm-b19.cisco.co:33559 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:32795 localhost:9000 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:12101 localhost:44268 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:12101 localhost:40958 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:12101 localhost:44278 ESTABLISHED
tcp 0 0 tsbu-dhsr-76.cisco.com:ssh dhcp-171-71-227-202.ci:2316 ESTABLISHED
tcp 0 0 tsbu-dhsr-76.cisco.com:8443 dhcp-171-70-12-166.cis:4069 ESTABLISHED
tcp 0 0 tsbu-dhsr-76.cisco.com:8443 dhcp-171-70-12-166.cis:4068 ESTABLISHED
Active UNIX domain sockets (w/o servers)
Proto RefCnt Flags Type State I-Node Path
unix 14 [ ] DGRAM 5112 /dev/log
unix 2 [ ] DGRAM 8829728
unix 3 [ ] STREAM CONNECTED 8803057
unix 3 [ ] STREAM CONNECTED 8803056
unix 2 [ ] DGRAM 28107
unix 2 [ ] DGRAM 28101
unix 2 [ ] DGRAM 28084
unix 2 [ ] DGRAM 14227
unix 2 [ ] DGRAM 11947
unix 2 [ ] DGRAM 10619
unix 2 [ ] DGRAM 10548
unix 2 [ ] DGRAM 10443
unix 2 [ ] STREAM CONNECTED 9469
unix 2 [ ] DGRAM 5334
unix 2 [ ] DGRAM 5302
unix 2 [ ] DGRAM 5275
unix 2 [ ] DGRAM 5121

 

show network eth0

show network eth0

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

基本的なイーサネット 0 プラットフォーム ネットワーク情報を表示するために使用します。

admin:show network eth0
Ethernet 0
DHCP : disabled Status : up
IP Address : 172.28.68.76 IP Mask : 255.255.252.0
Link Detected: yes Mode : Auto enabled, Full, 1000MB/s
Duplicate IP : no
 
DNS
Primary : 171.70.168.183 Secondary : 171.68.226.120
Options : timeout:5 attempts:2
Domain : cisco.com
Gateway : 172.28.68.1 on Ethernet 0

 

show network failover

show network failover

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

NIC Teaming ネットワーク耐障害性情報を表示するために使用します。

admin:show network failover
Network Fault Tolerance is not configured.

 

show network ip_conntrack

show network ip_conntrack

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ip_conntrack の現在の使用状況を取得するために使用します。

admin:show network ip_conntrack
 
56

 

show network max_ip_conntrack

show network max_ip_conntrack

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の ip_conntrack_max 情報を取得するために使用します。

admin:show network max_ip_conntrack
 
256000

 

show network route

show network route

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の基本的なネットワーク ルート情報を表示するために使用します。

admin:show network route
10.94.150.0/24 dev eth0 proto kernel scope link src 10.94.150.94
169.254.0.0/16 dev eth0 scope link
default via 10.94.150.1 dev eth0
 

フェールオーバー(NFT)が有効の場合の例:

admin:show network route
10.94.150.0/24 dev bond0 proto kernel scope link src 10.94.150.98
10.94.150.0/24 dev eth0 proto kernel scope link src 10.94.150.98
10.94.150.0/24 dev eth1 proto kernel scope link src 10.94.150.98
169.254.0.0/16 dev bond0 scope link
default via 10.94.150.1 dev bond0

 

show network status

show network status [search name ]

 
シンタックスの説明

search name

省略可能な検索機能。変数 name は、ネットワークを示すテキスト文字列です。文字列では、スペースとタブを使用できず、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の基本的なネットワーク ルート情報を取得するために使用します。

admin:show network status
Active Internet connections (w/o servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0 vv1-rush.cisco.com:40266 vv1-rush.cisco:vv1_rush_ccm ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:32824 localhost:8001 ESTABLISHED
 

省略可能な search name を指定した例:

admin:show network status search cisco.com
tcp 0 0 vv1-rush.cisco.com:38775 vv1-rush.cisco:vv1_rush_ccm ESTABLISHED
tcp 0 0 vv1-rush.cisco.com:ssh philly.cisco.com:48528 ESTABLISHED
tcp 0 0 vv1-rush.cisco.com:46993 vv1-rush.cisco.com:32812 TIME_WAIT

 

show open files all

show open files all

 
シンタックスの説明

none

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスで開いているすべてのファイルを表示するために使用します。

admin:show open files all
 
 
Executing.. please wait.
COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME
init 1 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
init 1 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
init 1 root txt REG 104,2 31184 473358 /sbin/init
init 1 root mem REG 104,2 105213 424335 /lib/ld-2.3.4.so
init 1 root mem REG 104,2 52400 424423 /lib/libsepol.so.1
init 1 root 10u FIFO 0,13 1036 /dev/initctl
migration 2 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
migration 2 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
migration 2 root txt unknown /proc/2/exe
ksoftirqd 3 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 3 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 3 root txt unknown /proc/3/exe
migration 4 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
migration 4 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
migration 4 root txt unknown /proc/4/exe
ksoftirqd 5 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 5 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 5 root txt unknown /proc/5/exe
migration 6 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
migration 6 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
migration 6 root txt unknown /proc/6/exe
ksoftirqd 7 root cwd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 7 root rtd DIR 104,2 4096 2 /
ksoftirqd 7 root txt unknown /proc/7/exe
 
Press <enter> for 1 line, <space> for one page, or <q> to quit
 

show open files process

show open files process { processID1,processID2... }

 
シンタックスの説明

processID1...

プロセス ID 番号。複数のプロセスの情報を表示するには、プロセス ID 番号をカンマで区切ります。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

指定したプロセスに属する、デバイスで開いているすべてのファイルを表示するために使用します。

admin:show open files process 1112,2232,4453

show open files regexp

show open files regexp " string "

 
シンタックスの説明

string

文字列を示す正規表現。文字列の値は、引用符で囲む必要があります。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

string 値で定義した正規表現に一致する、デバイスで開いているすべてのファイルを表示するために使用します。

admin:show open files regexp "Informix"

 

show open ports all

show open ports all

 
シンタックスの説明

none

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスで開いているすべてのポートを表示するために使用します。

admin:show open ports all
 
 
Executing.. please wait.
COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME
syslogd 3246 root 10u IPv4 6602 UDP *:syslog
sshd 3371 root 3u IPv6 6822 TCP *:ssh (LISTEN)
java 4009 root 7u IPv6 8199 TCP *:8083 (LISTEN)
java 4009 root 9u IPv6 8202 TCP *:1098 (LISTEN)
java 4009 root 10u IPv6 8204 TCP *:8999 (LISTEN)
java 4009 root 11u IPv6 8496 TCP *:webcache (LISTEN)
java 4009 root 12u IPv6 8207 TCP *:krb524 (LISTEN)
java 4009 root 13u IPv6 8210 TCP *:4445 (LISTEN)
java 4009 root 14u IPv6 8630 TCP *:8443 (LISTEN)
java 4009 root 21u IPv6 9972 TCP *:5001 (LISTEN)
java 4009 root 27u IPv6 9978 TCP *:8009 (LISTEN)
java 4009 root 29u IPv6 9362 TCP *:8093 (LISTEN)
dhparent2 4104 root 4u IPv4 8362 TCP *:12104 (LISTEN)
java 4140 root 4u IPv4 8362 TCP *:12104 (LISTEN)
MediaProc 4283 root 4u IPv4 8362 TCP *:12104 (LISTEN)
MediaProc 4283 root 7u IPv4 8707 TCP *:12103 (LISTEN)
MediaProc 4283 root 11u IPv4 9318 TCP *:9700 (LISTEN)
ccs 4724 root 4u IPv4 8362 TCP *:12104 (LISTEN)
ccs 4724 root 7u IPv4 9149 TCP *:12102 (LISTEN)
ccs 4724 root 8u IPv4 9155 TCP *:5060 (LISTEN)
ccs 4724 root 12u IPv4 252024 TCP 127.0.0.1:32789->127.0.0.1:9000 (ESTABLISHED)
Press <enter> for 1 line, <space> for one page, or <q> to quit

show open ports regexp

show open ports regexp " string "

 
シンタックスの説明

string

文字列を示す正規表現。文字列の値は、引用符で囲む必要があります。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

string 値で定義した正規表現に一致する、デバイスで開いているすべてのポートを表示するために使用します。

admin:show open ports regexp "Informix"

 

show packages

show packages {active name | active *} | {inactive name | inactive * }

 
シンタックスの説明

active name

アクティブ パーティションにある、指定のパッケージのバージョン番号を取得します。

active *

アクティブ パーティションにある、すべてのパッケージのバージョン番号を取得します。

inactive name

非アクティブ パーティションにある、指定のパッケージのバージョン番号を取得します。

inactive *

非アクティブ パーティションにある、すべてのパッケージのバージョン番号を取得します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

アクティブまたは非アクティブ パーティションにある、1 つ以上のパッケージのバージョン番号を取得するために使用します。

admin:show packages active kernel
Active Side Package(s): for kernel package(s)
tg3-kernel-update-2.4.21-47.ELsmp
kernel-smp-2.4.21-47.EL
kernel-pcmcia-cs-3.1.31-19
kernel-2.4.21-47.EL
kernel-utils-2.4-8.37.15
kernel-2.4.2149.ELcustom-1

show process list

show process list [file name ] [detail] [vm]

 
シンタックスの説明

file name

出力を別のファイルに保存します。

detail

プロセス ページ障害、仮想メモリ、開始時刻などのプロセスの詳細情報を表示します。

vm

プロセスの仮想メモリを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

すべてのプロセスのリスト、および各プロセスの重要な情報を取得するために使用します。このコマンドでは、プロセスの親子関係も表示されます。

プロセスの詳細情報を表示するには、 detail オプションを使用します。

このコマンドの出力をリダイレクトするには、file name オプションを使用します。

admin:show process list
...
5758 /usr/sbin/racoon -F -f /etc/racoon/racoon.conf
5759 /usr/local/platform/bin/servM
7035 \_ /usr/local/cm/bin/dbmon
7985 \_ /usr/local/cm/bin/cdpd -f
8045 \_ /usr/local/platform/bin/enStart
8255 \_ /usr/local/platform/bin/certM
8514 \_ /usr/local/cm/bin/cdragent /usr/local/cm/conf/cdragent/cdragentCfg.xml
8538 \_ /usr/local/cm/bin/RisDC
8551 \_ /usr/local/cm/bin/amc /usr/local/cm/conf/amc/amcCfg.xml
8695 \_ /usr/local/cm/bin/ctftp
6627 /usr/local/cm/bin/cmoninit
6628 \_ /usr/local/cm/bin/cmoninit
6629 \_ /usr/local/cm/bin/cmoninit
6630 \_ /usr/local/cm/bin/cmoninit
6631 \_ /usr/local/cm/bin/cmoninit
6632 \_ /usr/local/cm/bin/cmoninit
...

show process load

show process load [cpu | memory | time] [cont] [clear] [noidle] [page] [thread]
[num number | num all]

 
シンタックスの説明

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

clear

出力を表示する前に画面を消去します。

cpu

出力を CPU の使用状況でソートします。オプションを指定しなかった場合、これがデフォルトになります。


) このオプションは、他のオプションと組み合わせることができません。


memory

出力をメモリの使用状況でソートします。


) このオプションは、他のオプションと組み合わせることができません。


noidle

アイドルと非活動のプロセスを無視します。

page

出力を一時停止します。

thread

スレッドを表示します。

time

出力を時間の使用状況でソートします。


) このオプションは、他のオプションと組み合わせることができません。


num number

表示するプロセスの数を定義します。最小値は 1 です。デフォルトは 10 です。

num all

すべてのプロセスを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

最も CPU、メモリ、または時間を使用しているプロセスの番号を含む、現在のシステム負荷を表示するために使用します。


) cpu、memory、および time オプションは、他のコマンド オプションと組み合わせることができません。複数のオプションを指定した場合、最後のオプションが使用されます。


admin:show process load num 10
22:11:35 up 7:50, 4 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00
75 processes: 74 sleeping, 1 running, 0 zombie, 0 stopped
CPU states: cpu user nice system irq softirq iowait idle
total 1.9% 0.0% 0.9% 0.9% 0.0% 10.6% 85.4%
Mem: 511988k av, 494364k used, 17624k free, 0k shrd, 46104k buff
354932k actv, 67572k in_d, 6848k in_c
Swap: 2048248k av, 17984k used, 2030264k free 269444k cached
PID USER PRI NI SIZE RSS SHARE STAT %CPU %MEM TIME CPU COMMAND
13993 admin 24 0 1152 1152 888 R 1.9 0.2 0:00 0 top
1 root 15 0 512 480 448 S 0.0 0.0 0:04 0 init
2 root RT 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 migration/0
3 root 15 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 keventd
4 root 15 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:03 0 kapmd
5 root 34 19 0 0 0 SWN 0.0 0.0 0:00 0 ksoftirqd/0
8 root 25 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 bdflush
6 root 15 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:01 0 kswapd
7 root 15 0 0 0 0 SW 0.0 0.0 0:00 0 kscand
9 root 15 0 0 0
 

show process name

show process name process-name [file name ] [cont] [detail | vm ]

 
シンタックスの説明

process-name

特定のプロセスを識別します。

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

detail

仮想メモリ、開始時刻などのプロセスの詳細情報を表示します。

vm

プロセスの仮想メモリを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

同じ名前を共有するプロセスの詳細を表示するために使用します。このコマンドでは、親子関係も表示されます。

admin:show process name servM detail
PID PPID TID %CPU %MEM S USER MINFL MAJFL RSS VSZ STARTED COMMAND
7280 1 - 0.1 0.3 S servmgr 21909 1962 7432 86140 Mon Jan 14 10:53:25 2008 /usr/local/platform/bin/servM
 

show process open-fd

show process open-fd process-ID [file name ] [cont]

 
シンタックスの説明

process-ID

特定のプロセスを識別します。

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

プロセス ID をカンマで区切って指定し、開いているファイルの記述子のリストを表示するために使用します。

admin: show process open-fd 10554
 
COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME
ntp_start 10554 root cwd DIR 8,1 4096 2 /
ntp_start 10554 root rtd DIR 8,1 4096 2 /
ntp_start 10554 root txt REG 8,1 585908 506215 /bin/bash
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 13601 1077403 /lib/libdl-2.3.2.so
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 1516255 587978 /lib/tls/libc-2.3.2.so
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 5848 49258 /lib/csa/sse2/sse2_boost.so.1
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 102480 1077387 /lib/ld-2.3.2.so
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 124884 49255 /lib/csa/libcsa.so.6
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 50783 1077423 /lib/libnss_files-2.3.2.so
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 86486 587977 /lib/tls/libpthread-0.60.so
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 11784 1077461 /lib/libtermcap.so.2.0.8
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 21436 424691 /usr/lib/gconv/gconv-modules.cache
ntp_start 10554 root mem REG 8,1 32148976 326576 /usr/lib/locale/locale-archive
 
...

show process pid

show process pid process-ID [file name ] [cont] [detail | vm ]

 
シンタックスの説明

process-ID

特定のプロセスを識別します。

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

detail

仮想メモリ、開始時刻などのプロセスの詳細情報を表示します。

vm

プロセスの仮想メモリを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

指定したプロセス ID の詳細を表示するために使用します。

admin:show process pid 9117 vm
PID PPID TID NICE PCPU STATE ARGS
PID TTY STAT TIME MAJFL TRS DRS RSS %MEM COMMAND
9117 ? S 168:57 23927 15 962304 151944 7.3 /home/tomcat/tomcat /home/tomcat/tomcatJlauncherConfig.xml -Djava.library.path=/usr/local/lib:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386/server:/usr/lib/pgsql:/usr/lib:/usr/local/cm/lib::/usr/local/platform/lib -
 
 

show process search

show process search regexp [file name ]

 
シンタックスの説明

regexp

検索する特定の文字列(正規表現)を識別します。

file name

出力を別のファイルに保存します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

オペレーティング システム固有のプロセス リストの出力で、特定のパターンを検索するために使用します。

admin:show process search Ciscodrf*
drf 12214 1 0 10:05 ? 00:00:10 /usr/local/platform/bin/CiscoDRFMaster /usr/local/platform/conf/CiscoDRFMasterCfg.xml
drf 12239 1 0 10:05 ? 00:00:11 /usr/local/platform/bin/CiscoDRFLocal /usr/local/platform/conf/CiscoDRFLocalCfg.xml
admin 28095 27709 0 14:37 pts/1 00:00:00 /bin/bash /usr/local/platform/cli_scripts/listProcesses.sh -search Ciscodrf*
admin 28100 28095 0 14:37 pts/1 00:00:00 grep -i ciscodrf*
 

show process user

show process user name [file name ] [cont] [detail | vm ]

 
シンタックスの説明

name

ユーザ識別名

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

detail

仮想メモリ、開始時刻などのプロセスの詳細情報を表示します。

vm

プロセスの仮想メモリを表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ユーザ名を共有するプロセスの詳細を表示するために使用します。このコマンドでは、親子関係も表示されます。

admin:show process user admin
PID PPID TID %CPU S COMMAND
13342 13341 - 0.0 S cliscript.sh
13423 13342 - 0.4 S java
13689 13423 - 0.0 S \_ listProcesses.s
13694 13689 - 0.0 R \_ ps
13424 13342 - 0.0 S java
13425 13342 - 0.0 S java
13426 13342 - 0.0 S java
13427 13342 - 0.0 S java
13428 13342 - 0.1 S java
13429 13342 - 0.0 S java
13430 13342 - 0.0 S java
...
 

 

show process using-most cpu

show process using-most cpu [file name ] [cont] [number]

 
シンタックスの説明

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

number

表示するプロセスの数を定義します。デフォルトは 5 です。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

最も CPU 中心のプロセスのリストを表示するために使用します。

admin:show process using-most cpu
1.4 1 0 S 00:00:33 ./jre/bin/java -Djava.compiler=NONE -cp /usr/StorMan/RaidMan.jar com.ibm.sysmgt.raidmgr.agent.ManagementAgent
1.4 1 0 S 00:00:30 /usr/local/cm/bin/amc /usr/local/cm/conf/amcCfg.xml
1.6 0 0 S 00:00:38 /usr/local/cm/bin/cmoninit
3.3 0 0 S 00:01:13 /usr/local/cm/bin/RisDC
6.0 1 0 S 00:02:16 /home/tomcat/tomcat /home/tomcat/tomcatJlauncherConfig.xml -Djava.library.path=/usr/local/lib:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386/server:/usr/lib/pgsql:/usr/lib:/usr/local/cm/lib::/usr/local/platform/lib -Xmx512m -Xms256m -DLD_ASSUME_KERNEL
 
 

show process using-most memory

show process using-most memory [file name ] [cont] [number]

 
シンタックスの説明

file name

出力を別のファイルに保存します。

cont

コマンドを継続的に繰り返します。

number

表示するプロセスの数を定義します。デフォルトは 5 です。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

最もメモリ中心のプロセスのリストを表示するために使用します。

admin:show process using-most memory
75564 /usr/local/cm/bin/cmoninit
75600 /usr/local/cm/bin/cmoninit
76428 /usr/local/cm/bin/cmoninit
117412 /usr/local/cm/bin/cmoninit
148832 /home/tomcat/tomcat /home/tomcat/tomcatJlauncherConfig.xml -Djava.library.path=/usr/local/lib:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386:/usr/local/thirdparty/java/j2sdk/jre/lib/i386/server:/usr/lib/pgsql:/usr/lib:/usr/local/cm/lib::/usr/local/platform/lib -Xmx512m -Xms256m -DLD_ASSUME_KERNEL=2.2.5 -Djava.end
 

 

show rtpsleep

show rtpsleep

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の RTP スレッドのスリープ時間を取得するために使用します。

admin:show rtpsleep
Current RTP thread sleep time is 1 ms
 

show snmp trapdests

show snmp trapdests

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

設定されている Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)のトラップ宛先を表示するために使用します。

admin:show snmp trapdests
1) Host = 64.101.180.49:162 (Version 3)
 
Version 3 Options:
User = TimTrap PW = authpriv
Level = authnopriv hash = md5
EngineID = 0x80001f8803001a6406bc16
 
2) Host = 64.101.180.49 (Version 3)
 
Version 3 Options:
User = TimTrap2 PW = authpriv
Level = authnopriv hash = md5
EngineID = 0x80001f8803001a6406bc16
 
 

show snmp users

show snmp users

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

設定されている簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)のユーザとコミュニティを表示するために使用します。

admin:show snmp users
1) Username: admin Version: v3
Level: AuthNoPriv Mode: RW
 
2) Username: tim Version: v3
Level: AuthNoPriv Mode: RW
 
3) Community: TimRO Version: v2c
Level: n/a Mode: R
 
4) Community: TimRW Version: v2c
Level: n/a Mode: RW
 

show statistics

show statistics {all | conference confid }

 
シンタックスの説明

all

すべての会議の統計情報を表示します。

conference confid

会議識別番号を使用して、指定の会議の統計情報を表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

すべての会議または指定の会議の統計情報を表示するために使用します。

admin:show statistics all
[Media Statistics:2008/8/6 22:42:13.073588 UTC]
 
EndPoint[0]:ipaddr:172.20.233.55 confid:17 callid:217 epid:50 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
50 A a784011 16ca4111 1:1:1 7 7 0 0 147602 0:0 147592 0:0 0 0 1:1 0 0 26 26 0.85
50 A 0 5ae26112 0:0:1 6 8 0 0 0 0:0 147268 0:0 0 0 1:1 0 0 25 27 0.75
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
50 V a784011 16ca4011 1:0:1 2 3 32 34 0 0 0 0 2027 0:0 1352920 0:0 2 5 0 0 0 0 2:1 0 5 22 33 0.57
50 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
 
EndPoint[1]:ipaddr:172.20.233.69 confid:17 callid:218 epid:1 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
1 A 16ca4011 5ae26111 1:1:1 6 8 0 0 147602 0:0 147268 0:0 0 0 1:1 0 0 25 27 0.75
1 A 0 a784112 0:0:1 4 7 0 0 0 0:0 147266 0:0 0 0 1:1 0 0 21 24 2.22
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
1 V 16ca4011 5ae26011 1:1:1 2 5 33 34 0 0 0 0 1350788 0:0 1347710 0:0 2 4 0 0 0 0 3:3 0 16 16 33 0.55
1 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
 
EndPoint[2]:ipaddr:172.20.233.82 confid:17 callid:219 epid:2 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
2 A 5ae26011 16ca4111 1:1:1 7 7 0 0 147604 0:0 147567 0:0 0 0 1:1 0 0 26 26 0.85
2 A 0 a784112 0:0:1 4 7 0 0 0 0:0 147266 0:0 0 0 1:1 0 0 21 24 2.22
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
2 V 5ae26011 16ca4011 1:1:1 3 4 32 34 0 0 0 0 1347866 0:0 1352810 0:0 4 4 1 0 0 0 2:1 0 1 22 33 1.38
2 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
 
admin:show statistics conference 9059578056
[Media Statistics:2008/8/6 22:43:18.905158 UTC]
 
EndPoint[0]:ipaddr:172.20.233.55 confid:17 callid:217 epid:50 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
50 A a784011 16ca4111 1:1:1 6 7 0 0 150894 0:0 150883 0:0 0 0 1:1 0 0 25 26 0.85
50 A 0 5ae26112 0:0:1 5 8 0 0 0 0:0 150559 0:0 0 0 1:1 0 0 25 27 0.77
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
50 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
50 V a784011 16ca4011 1:0:1 2 3 32 34 0 0 0 0 2027 0:0 1383047 0:0 2 5 0 0 0 0 2:1 0 5 23 33 0.57
50 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
 
EndPoint[1]:ipaddr:172.20.233.69 confid:17 callid:218 epid:1 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
1 A 16ca4011 5ae26111 1:1:1 5 8 0 0 150893 0:0 150559 0:0 0 0 1:1 0 0 25 27 0.77
1 A 0 a784112 0:0:1 4 7 0 0 0 0:0 150558 0:0 0 0 1:1 0 0 21 24 2.22
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
1 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
1 V 16ca4011 5ae26011 1:1:1 2 5 33 34 0 0 0 0 1380914 0:0 1377800 0:0 2 4 0 0 0 0 3:3 0 16 12 33 0.55
1 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
 
EndPoint[2]:ipaddr:172.20.233.82 confid:17 callid:219 epid:2 muxVersion:3 audio port:16384 video port:16386 audio latency(ms):0 video latency(ms):0
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pjs cjs rxtl rxls txtl txls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
2 A 5ae26011 16ca4111 1:1:1 6 7 0 0 150895 0:0 150858 0:0 0 0 1:1 0 0 25 26 0.85
2 A 0 a784112 0:0:1 4 7 0 0 0 0:0 150558 0:0 0 0 1:1 0 0 21 24 2.22
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
2 A 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00
epid type rxssrc txssrc state pmaxj cmaxj pmaxd cmaxd pjs cjs pds cds rxtl rxls txtl txls iIDR oIDR nak fbls dupl ooo srsw pmxsg cmxsg pmxpg cmxpg cmj
2 V 5ae26011 16ca4011 1:1:1 3 4 32 34 0 0 0 0 1377955 0:0 1382937 0:0 4 4 1 0 0 0 2:1 0 1 23 33 1.38
2 V 0 0 0:0:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0:0 0 0 0 0 0 0 0:0 0 0 0 0 0.00

show stats io

show stats [file name ] [kilo | detail ] [page]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

kilo

キロバイト単位で詳細な統計情報を表示します。

detail

システムで使用可能なデバイスごとに詳細な統計情報を表示します。このオプションは、 kilo オプションを無効にします。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

マシンのシステム I/O 統計情報を表示するために使用します。

admin:show stats io kilo file statsiodump
 

 

show status

show status

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

基本的なプラットフォーム ステータス情報を取得するために使用します。

admin:show status
Host Name : testsys
Date : Tue Dec 13, 2005 12:46:57
Time Zone : UTC
Locale : en_US.UTF-8
Product Ver : 1.0.0.0-6
Platform Ver : 2.0.0.0-1
 
Resources
CPU Idle: 100.00% System: 00.00% User: 00.00%
 
Total Free Used
Memory 254984K 72964K 182020K
Disk/active 3020140K 1580608K 1286116K (45%)
Disk/inactive 3020172K 2833924K 32828K (2%)
 
 
admin:show status
 
Host Name : tsbu-dhsr-76
Date : Wed Aug 6, 2008 22:44:36
Time Zone : UTC
Locale : en_US.UTF-8
Product Ver : 1.1.1.0-30
Platform Ver : 2.0.0.1-1
 
Uptime:
22:44:37 up 5:02, 1 user, load average: 0.00, 0.00, 0.00
 
CPU Idle: 97.44% System: 00.51% User: 01.28%
IOWAIT: 00.00% IRQ: 00.00% Soft: 00.77% Intr/sec: 2998.98
 
Memory Total: 4087680K
Free: 3190292K
Used: 897388K
Cached: 262320K
Shared: 0K
Buffers: 68972K
 
Total Free Used
Disk/active 4032124K 2117232K 1710064K (45%)
Disk/inactive 4032092K 1857492K 1969776K (52%)
Disk/logging 70438620K 63214064K 3646484K (6%)
 
 

show syslog facilities

show syslog facilities

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

メッセージのロギングに使用されているデフォルトの Syslog ファシリティを表示するために使用します。

admin:show syslog facilities
 
 

show syslog heartbeat facility

show syslog heartbeat facility

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ハートビート メッセージに使用されている Syslog ハートビート ファシリティを表示するために使用します。

admin:show syslog heartbeat facility
 

show syslog heartbeat interval

show syslog heartbeat interval

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog ハートビートのインターバルを分単位で表示するために使用します。

admin:show syslog heartbeat interval
 

show syslog heartbeat msg

show syslog heartbeat msg

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog ハートビート メッセージのテキストを表示するために使用します。

admin:show syslog heartbeat msg
 

show syslog heartbeat severity

show syslog heartbeat severity

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog ハートビート メッセージに使用されている Syslog ハートビートの重大度を表示するために使用します。

admin:show syslog heartbeat severity
 

show syslog timezone

show syslog timezone

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog 時間帯の設定(現地時間または GMT/UTC)を表示するために使用します。

admin:show syslog timezone
 

show syslog version

show syslog version

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog 出力バージョンを表示するために使用します。

admin:show syslog version

show tech all

show tech all [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

すべての show tech コマンドから同時に出力を表示するために使用します。


) このコマンドを実行すると、大量のデータ出力が発生する可能性があります。


admin:show tech all file techdump
 

show tech network all

show tech network all [page] [file name ] [ search text ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ノードに関連付けられているすべてのネットワーク関連の情報を表示するために使用します。

admin:show tech network all
<snip>
Settings for eth0:
Supported ports: [ MII ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Half 1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Half 1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 1000Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 1
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on
Supports Wake-on: g
Wake-on: d
Current message level: 0x000000ff (255)
Link detected: yes
<snip>
 

show tech network hosts

show tech network hosts [page] [file name ] [ search text ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

マシン ネットワークのホスト関連の情報を表示するために使用します。

admin:show tech network hosts
 

show tech network interfaces

show tech network interfaces [page] [file name ] [ search text ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

マシン ネットワークのインターフェイス関連の情報を表示するために使用します。

admin:show tech network interfaces

show tech network resolv

show tech network resolv [page] [file name ] [ search text ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

このデバイスの resolv.conf ファイルから特定の情報を表示するために使用します。

admin:show tech network resolv
 

show tech network routes

show tech network routes [page] [file name ] [ search text ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

このデバイスのルート関連の情報を表示するために使用します。

admin:show tech network routes
 

show tech network sockets

show tech network sockets [page] [file name ] [ search text ] [numeric ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

search text

text に指定された特定のテキスト文字列について出力を検索します。検索では、大文字と小文字を区別しません。

numeric

ポートを数値形式で表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

開いているソケットのリストを表示するために使用します。 numeric オプションを指定すると、シンボリック ホストを判別するのではなく、ポートの数値アドレスを表示できます。

admin:show tech network sockets numeric
-------------------- show platform network --------------------
 
Network Connections:
Active Internet connections (w/o servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0 localhost:9000 localhost:32789 ESTABLISHED
tcp 0 0 localhost:32789 localhost:9000 ESTABLISHED
tcp 0 48 tsbu-kht9.cisco.com:22 sjc-tifox-8712.cisco.c:3445 ESTABLISHED
udp 0 0 localhost:32768 localhost:514 ESTABLISHED
Active UNIX domain sockets (w/o servers)
Proto RefCnt Flags Type State I-Node Path
unix 2 [ ] DGRAM 16220 /usr/local/platform/conf/clm/unix_socket
unix 2 [ ] DGRAM 8434 @/var/run/hal/hotplug_socket
unix 2 [ ] DGRAM 3352 @udevd
unix 13 [ ] DGRAM 6581 /dev/log
unix 3 [ ] DGRAM 6600 /dev/log2
unix 2 [ ] DGRAM 2049109
unix 3 [ ] STREAM CONNECTED 2043836
unix 3 [ ] STREAM CONNECTED 2043835
unix 2 [ ] DGRAM 252061
unix 2 [ ] DGRAM 251977
unix 2 [ ] DGRAM 251967
unix 2 [ ] DGRAM 16316
unix 2 [ ] DGRAM 16222
<snip>
 

show tech runtime all

show tech runtime all [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

すべての show tech runtime 情報を同時に表示するために使用します。

admin:show tech runtime all
 

show tech runtime cpu

show tech runtime cpu [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの実行時の CPU 使用状況(最上位)を表示するために使用します。

admin:show tech runtime cpu
 

show tech runtime disk

show tech runtime disk [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

システムのディスク使用状況を表示するために使用します。

admin:show tech runtime disk
 

show tech runtime env

show tech runtime env [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

実行時の環境変数を表示するために使用します。

admin:show tech runtime env
 

show tech runtime memory

show tech runtime memory [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

実行時のメモリ情報を表示するために使用します。

admin:show tech runtime memory
-------------------- show platform runtime --------------------
 
Total memory (RAM+swap) usage (in KB):
total used free shared buffers cached
Mem: 4086472 959588 3126884 0 111964 345376
-/+ buffers/cache: 502248 3584224
Swap: 2048248 0 2048248
Total: 6134720 959588 5175132
 

show tech system all

show tech system all [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

show tech system コマンドに関連するすべての情報を同時に表示するために使用します。

admin:show tech system all
 

show tech system bus

show tech system bus [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

バス関連のシステム情報を表示するために使用します。

admin: show tech system bus
-------------------- show platform system --------------------
 
Hardware: pci bus devices summary
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation E7520 Memory Controller Hub (rev 0c)
00:02.0 PCI bridge: Intel Corporation E7525/E7520/E7320 PCI Express Port A (rev 0c)
00:06.0 PCI bridge: Intel Corporation E7520 PCI Express Port C (rev 0c)
00:1d.0 USB Controller: Intel Corporation 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) USB UHCI Controller #1 (rev 02)
00:1d.1 USB Controller: Intel Corporation 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) USB UHCI Controller #2 (rev 02)
00:1d.2 USB Controller: Intel Corporation 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) USB UHCI Controller #3 (rev 02)
00:1d.3 USB Controller: Intel Corporation 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) USB UHCI Controller #4 (rev 02)
00:1d.7 USB Controller: Intel Corporation 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) USB2 EHCI Controller (rev 02)
00:1e.0 PCI bridge: Intel Corporation 82801 PCI Bridge (rev c2)
<snip>

show tech system hardware

show tech system hardware [page] [ file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ハードウェア関連のシステム情報を表示するために使用します。

admin:show tech system hardware
-------------------- show platform system --------------------
 
Hardware Model: 7845H
Processors : 2
Type : Intel(R) Xeon(TM) CPU 3.40GHz
Speed : 3400 MHz
Memory : 4096 MB
 

show tech system host

show tech system host [page] [ file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

ホスト関連のシステム情報を表示するために使用します。

admin:show tech system host
-------------------- show platform system --------------------
 
Host related info:
 
Machine Name: <snip>
Tue Feb 3 01:57:40 UTC 2009 - up for 20 days 7:38 1 user load average: 0.00 0.00 0.00
Locale LANG=
 

show tech system kernel modules

show tech system kernel modules [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

インストールされているカーネル モジュールのリストを表示するために使用します。

admin:show tech system kernel modules
-------------------- show platform system --------------------
 
Linux Kernel modules loaded:
Module Size Used by
deflate 7489 0
zlib_deflate 24537 1 deflate
twofish 40897 0
serpent 17601 0
aes 32513 0
blowfish 14145 0
des 15681 0
sha256 13249 0
crypto_null 6209 0
af_key 34257 2
srtpkmod 10128 2
<snip>

show tech system software

show tech system software [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

システム関連のソフトウェア情報を表示するために使用します。

admin:show tech system software
-------------------- show platform system --------------------
 
Software Release Version: 1.5.0.0-217
Platform Release Version: 2.0.0.1-1
 

show tech system tools

show tech system tools [page] [file name ]

 
シンタックスの説明

file name

出力情報をファイルに保存します。ファイルは、platform/cli/ name .txt で保存されます。 name オプションでは、ピリオド(.)を使用できません。

page

出力を一時停止します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

システム関連のツール情報を表示するために使用します。

admin:show tech system tools
-------------------- show platform system --------------------
 
software: system versions
java version "1.5.0_14"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_14-b03)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 1.5.0_14-b03, mixed mode)
 
<snip>
 
 
 

show threshold

show threshold

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の最大バースト パケットのしきい値を取得するために使用します。

admin: show threshold
Current max burst packet threshold is 20
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

なし

show timezone

show timezone {config | list}

 
シンタックスの説明

config

現在の時間帯設定を表示します。

list

使用可能なすべての時間帯を表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

現在の時間帯設定または使用可能なすべての時間帯をロング フォーマットで表示するために使用します。


) 先頭の値は、時間帯インデックスです。set timezone コマンドで新しい時間帯を設定するときに使用できます。時間帯の名前を使用することもできます。


admin:show timezone list
 
0 - (GMT-12:00) Eniwetok, Kwajalein
1 - (GMT-11:00) Midway Island, Samoa
2 - (GMT-10:00) Hawaii
 
Current timezone: (GMT+10:00) Canberra, Melbourne, Sydney
Current timezone: (GMT+10:00) Canberra, Melbourne, Sydney
 
The numbers in first column 0, 1, 2 represent index that can be used in set timezone command
 
0 - (GMT-12:00) Eniwetok, Kwajalein
1 - (GMT-11:00) Midway Island, Samoa
2 - (GMT-10:00) Hawaii
3 - (GMT-09:00) Alaska
4 - (GMT-08:00) Pacific Time (US & Canada)
5 - (GMT-07:00) Arizona
6 - (GMT-07:00) Mountain Time (US & Canada)
7 - (GMT-06:00) Central Time (US & Canada)
8 - (GMT-06:00) Central America
9 - (GMT-06:00) Saskatchewan
10 - (GMT-06:00) Mexico City
11 - (GMT-05:00) Bogota, Lima, Quito
12 - (GMT-05:00) Indiana (East)
13 - (GMT-05:00) Eastern Time (US & Canada)
14 - (GMT-04:00) Atlantic Time (Canada)
15 - (GMT-04:00) Caracas, La Paz
16 - (GMT-04:00) Santiago
17 - (GMT-03:30) Newfoundland
18 - (GMT-03:00) Brasilia
19 - (GMT-03:00) Greenland
20 - (GMT-03:00) Buenos Aires, Georgetown
21 - (GMT-02:00) Mid-Atlantic
22 - (GMT-01:00) Azores
Press <enter> for 1 line, <space> for one page, or <q> to quit

 

show version

show version {active | inactive}

 
シンタックスの説明

active

アクティブ パーティションにあるソフトウェアのバージョン番号を表示します。

inactive

非アクティブ パーティションにあるソフトウェアのバージョン番号を表示します。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

非アクティブまたはアクティブ パーティションにあるソフトウェアのバージョン番号に関する情報を表示するために使用します。

admin:show version active
Active Master Version: 1.1.1.0-30
 
Active Version Installed Software Options:
No Installed Software Options Found.

 

show workingdir

show workingdir

 
シンタックスの説明

なし

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.1

このコマンドは初めて文書化されました。

 
使用上のガイドライン

activelog、inactivelog、および TFTP システム ディレクトリの現在の作業ディレクトリを表示するために使用します。

admin:show workingdir
 
activelog : <not set, using default path>
inactivelog : <not set, using default path>
tftp : <not set, using default path>