Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 コマンド リファレンス
CTMS Delete コマンド
CTMS Delete コマンド
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/04/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CTMS Delete コマンド

delete account

delete dns addr

delete process

CTMS Delete コマンド

この章では、次の Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS) delete CLI コマンドについて説明します。CTMS CLI コマンドの使用方法の詳細については、このマニュアルの「Cisco TelePresence Multipoint Switch CLI コマンドの使用」を参照してください。

「delete account」

「delete dns addr」

「delete process」


) CTMS Administration ソフトウェアの使用方法の詳細については、次の URL に掲載されている『Cisco TelePresence Multipoint Switch Release 1.5 Administration Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps7315/prod_maintenance_guides_list.html


delete account

delete account name

 
シンタックスの説明

name

削除する管理アカウントの名前

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

管理アカウントを削除するために使用します。

admin: delete account admin1

 

delete dns addr

delete addr address

 
シンタックスの説明

address

削除する Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サーバの IP アドレス

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

指定したドメイン ネーム システム(DNS)サーバをシステムから削除するために使用します。

admin: delete dns addr 1xx.2xx.3xx.4xx

 

delete process

delete process pid [ force | terminate | crash ]

 
シンタックスの説明

pid

プロセス識別番号。

force

プロセスを停止します。このオプションは、 delete process pid コマンドでプロセスを終了できない場合にだけ使用します。

terminate

オペレーティング システムにプロセスを停止するように指示します。このオプションは、 delete process pid force コマンドでプロセスを終了できない場合にだけ使用します。

crash

クラッシュ ダンプでプロセスをクラッシュします。

 
コマンド モード

Admin

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

1.5

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

プロセスを削除するために使用します。

admin: delete process 1429