Cisco TelePresence Multipoint Switch アドミニストレーション ガイド Release 1.1
CTMS Administration ソフトウェアの インストール
CTMS Administration ソフトウェアのインストール
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

CTMS Administration ソフトウェアのインストール

目次

前提条件

CTMS Administration ソフトウェアのインストール

CTMS Administration ソフトウェアのインストール

Revised: May 5, 2008, OL-12586-02-J

前提条件

Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS)Administration ソフトウェアのシステム ファイルをインストールするには、事前に次の装置と情報を用意する必要があります。

TelePresence 会議をサポートするように構成および設定された Cisco TelePresence System(CTS)-1000 Release および CTS-3000 のいずれかまたは両方。詳細については、次のマニュアルを参照してください。

Cisco TelePresence System Release 1.3 Administrator's Guide

Cisco TelePresence 3000 Assembly, Use & Care, and Field Replacement Unit Guide

Cisco TelePresence 1000 Assembly, Use & Care, and Field Replacement Unit Guide

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サーバとネットワークにインストールされ接続されている Cisco MCS-7845-H2 Media Convergence Server または Cisco MCS-7845-I2 Media Convergence Server

Cisco MCS-7845-H2 シリーズ Media Convergence Server にアクセス可能なコンソール

CTMS Administration ソフトウェア アプリケーションが収録された DVD

CTS Release 1.3 をサポートするように設定され、CTMS に統合された Cisco Unified
Communications Manager(Unified CM)6.0 以降。つまり、CTMS 固有の SIP セキュリティ プロファイル、SIP トランク、およびルート パターンが作成されている必要があります。CTS 用に Unified CM を設定する方法の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager
Installation Guide for the Cisco TelePresence System』を参照してください。

CTMS Administration ソフトウェアのインストール

CTMS Administration ソフトウェア アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 CTMS Administration ソフトウェア アプリケーション DVD を Cisco MCS-7800 シリーズ Media Convergence Server の該当するドライブに挿入してホストを起動します。

ステップ 2 Media Check:挿入した DVD のメディア チェックを実行するかどうかの確認が求められます。Yes または No を選択して Enter キーを押します。No を選択すると、メディア チェックは省略されます。Yes を選択すると、システムはチェックサムを実行して DVD のメディアが正常であることを確認します。チェックサムが正常に終了したら、Okay を選択して Enter キーを押します。


) チェックサムが失敗した場合は、DVD または DVD ドライブの問題が原因となっている場合があります。DVD または DVD ドライブのクリーニングが必要であるか、DVD データが破損しているか、またはロードしようとしているソフトウェア イメージが不正なイメージである可能性があります。


ステップ 3 Hard Drive Check:次に、サーバのハード ドライブのステータスを調べます。BIOS を更新するように指示された場合は、Enter キーを押して続行します。

ステップ 4 Platform Installation Wizard:Proceed を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 5 Automatic Negotiation of Ethernet NIC Speed and Duplex:Yes を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 6 DHCP:シスコシステムズでは DHCP ではなく固定 IP アドレスを使用することを推奨しています。No を選択して特定の固定 IP アドレスを定義し、Enter キーを押します。次の情報を入力します。

Hostname:CTMS サーバのホスト名

IP Address:CTMS サーバの IP アドレス

IP Mask:CTMS サーバの IP アドレスのサブネット マスク

Gateway Address:CTMS サーバに接続されたゲートウェイの IP アドレス

Okay を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 7 DNS Client:Yes を選択して Enter キーを押します。次の情報を入力します。

Primary DNS:プライマリ DNS サーバの IP アドレス

Secondary DNS:セカンダリ DNS サーバの IP アドレス

Domain:ユーザの会社のドメイン名

Okay を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 8 Platform Administrator Username and Password:次の情報を入力します。

Administration ID:管理 ID

Password:パスワード

Confirm Password:確認のためのパスワードの再入力

Okay を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 9 Certificate Information:次の情報を入力します。

Organization:組織

Unit:部署名

Location:ロケーション

Sate:州名

Country:国名

Okay を選択し、Enter キーを押して続行します。

ステップ 10 Network Time Protocol (NTP) Client Information:次の情報を入力します。

NTP Server 1:プライマリ NTP サーバの IP アドレス

NTP Server 2:セカンダリ NTP サーバの IP アドレス

NTP Server 3 ~ 5:追加した NTP サーバの IP アドレス

Okay を選択し、Enter キーを押して続行します。


) 識別される NTP サーバは、CTMS、CTS、および CTM で同一である必要があります。少なくとも 3 つの NTP サーバを用意することをお勧めします。


ステップ 11 Platform Configuration Confirmation:Okay を選択するとインストールを続行します。Back を選択すると、インストール手順の直前の画面に戻ります。また、Cancel を選択するとインストールを中止します。選択したら Enter キーを押します。Okay を選択した場合、プラットフォームとアプリケーションのインストールには約 30 ~ 45 分かかります。インストール中、カスタム カーネルについてはデフォルト選択のままにします。

ステップ 12 CTMS Administration ソフトウェア アプリケーションがインストールされた後、システムは自動的にリブートします。その後、ネットワークの接続性と設定の検査が実行されます。システムにより、これまでの手順で入力された情報が不正であると判断されると、次のオプションがコンソールに表示されます。

Retry:このオプションを選択する(および Enter キーを押す)と、インストール手順が再試行されます。

Review:これまでのインストール手順で入力したデータを変更する必要がある場合は、このオプションを選択します(および Enter キーを押します)。このオプションを選択した場合は、該当するインストール データ入力画面に移動し、データを再入力します。その後、Platform Configuration 画面に進みインストールを再開します。

Halt:インストールを中止する必要がある場合は、このオプションを選択します(および Enter キーを押します)。

Ignore:このオプションを選択する(および Enter キーを押す)と、システム警告を無視します。

ステップ 13 ネットワークの接続性と設定が確認されると、システムは再びリブートします。このリブート後に CTMS Administration ソフトウェアのログイン画面が表示されます。ユーザ名とパスワードを入力し、CTMS Administration ソフトウェアの設定に進みます。