Cisco TelePresence Multipoint Switch アドミニストレーション ガイド Release 1.1
CTMS Administration ソフトウェアの 使用方法
CTMS Administration ソフトウェアの使用方法
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

CTMS Administration ソフトウェアの使用方法

目次

概要

管理ロール

ユーザ インターフェイス

ヘッダー

System Status

ナビゲーション ペイン

コンテンツ領域

システム情報

CTMS Administration ソフトウェアの使用方法

First Published: May 5, 2008, OL-12586-02-J

概要

管理者は、CTMS Administration ソフトウェアを使用して、マルチポイント スイッチングの設定、管理、監視、およびトラブルシューティングを実行できます。管理タスクには、次のものがあります。

システム設定値の設定。これらのタスクには、一般のシステム設定、Cisco TelePresence Manager(CTS-Manager)の設定、アクセス管理設定(管理ロールなど)が含まれます。システム設定の各タスクについては、第 4 章「CTMS Administration ソフトウェアの設定」で説明します。

会議の管理。これらのタスクには、会議テンプレートの定義、定例会議およびアドホック会議の定義、アクティブな会議の管理が含まれます。また、スケジュール会議に関する情報を監視することもできます。会議管理の各タスクについては、第 5 章「会議の管理」で説明します。

システムの監視。これらのタスクには、システムの再起動と各種システム プロセスの監視が含まれます。システム監視の各タスクについては、第 6 章「CTMS システム プロセスの監視」で説明します。

システムのトラブルシューティング。これらのタスクでは、システム エラーとログ ファイルを監視し、システム エラーの原因を判別します。トラブルシューティング方法については、第 7 章「CTMS システムのトラブルシューティング」で説明します。

CTMS Administration ソフトウェアを設定する前に、マルチポイント スイッチングをサポートするために Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)を設定する必要があります。CTMS に対応するように Unified CM を設定する方法については、第 2 章「CTMS 用 Cisco Unified
Communications Manager の設定」で説明します。

CTMS Administration ソフトウェアのインストール方法については、第 3 章「CTMS Administration ソフトウェアのインストール」で説明します。

管理ロール

CTMS Administration ソフトウェアは、次の 3 つの管理ロールを認識します。タスク フォルダへのアクセス権限は、定義された管理ロールによって異なります。

Administrators(管理者):管理者は CTMS に関連付けられたすべてのタスクを実行する権限を持ちます。これらのタスクには、システム設定値の設定、マルチポイント会議の管理、CTMS の保守、監視、およびトラブルシューティングが含まれます。管理者は、CTMS Administration ソフトウェアのすべてのフォルダへのアクセス権限を持っています。

Meeting Scheduler(会議スケジューラ):会議スケジューラは、会議テンプレートの定義や、アドホック会議、定例会議、およびスケジュール会議のセットアップ(必要に応じて、停止)など、マルチポイント会議の管理タスクを実行する権限を持ちます。会議スケジューラは、CTMS Administration ソフトウェアの Meeting Management フォルダへのアクセス権限を持っています。

Diagnostic Technicians(診断技術者):診断技術者は、CTMS の監視およびトラブルシューティング タスクを実行する権限を持ちます。診断技術者には、CTMS Administration ソフトウェアの Troubleshooting フォルダと Monitoring フォルダへのアクセス権限があります。

管理ロールの設定については、第 4 章「CTMS Administration ソフトウェアの設定」で説明します。

ユーザ インターフェイス

CTMS Administration ソフトウェアのユーザ インターフェイスは、Cisco TelePresence System Administration ソフトウェアおよび Cisco TelePresence Manager ソフトウェアで使用されているインターフェイスと同様です。ユーザ インターフェイスは次の要素で構成されています。

「ヘッダー」

「System Status」

「ナビゲーション ペイン」

「コンテンツ領域」

図1-1 に、CTMS Administration ソフトウェアのユーザ インターフェイスの例を示します。

図1-1 CTMS Administration ソフトウェアのユーザ インターフェイス

 

 

ヘッダー

すべての CTMS Administration ウィンドウの上部にあるヘッダーには、ソフトウェア アプリケーションの名前が一覧表示され、さらに次の機能へのリンクが表示されます。

Admin:カーソルを Admin に合せると、現在 CTM Administration にログインしているユーザの名前が表示されます。

Logout:クリックすると、システムからログアウトします。

Help:クリックすると、CTMS Administration の使用方法に関するオンライン ヘルプが表示されます。

About:クリックすると、ソフトウェア バージョンとライセンス情報が表示されます。

System Status

System Status は、常に CTMS Administration ウィンドウの左下隅に表示されます。System Status は 60 秒ごとに更新されます。即時更新するには、ボックスの右上隅にある Refresh ボタンをクリックします。

System Status ボックスには次の情報が表示されます。

Active meetings:現在開催中の会議の数が表示されます。

Errors:CRIT または ERROR のいずれかとして定義されたシステム エラーの合計数が表示されます。システム エラーの合計数が 0 の場合は、緑色のチェックマークが表示されます。システム エラーの合計数が 1 以上の場合は、赤色の十字が表示されます。各システム エラーの詳細については、第 7 章「CTMS システムのトラブルシューティング」で説明します。

Warnings:WARN として定義されたシステム エラーの合計数が表示されます。システム エラーの合計数が 0 の場合は、緑色のチェックマークが表示されます。システム エラーの合計数が 1 以上の場合は、赤色の十字が表示されます。各システム警告の詳細については、第 7 章「CTMS システムのトラブルシューティング」で説明します。

Status:すべてのシステム プロセスの現在の状態を示します。すべてのシステム プロセスが RUNNING 状態の場合、緑色のチェックマークが表示されます。1 つ以上のプロセスが STOPPED 状態の場合、赤色の十字が表示されます。各システム プロセスの詳細については、第 6 章「CTMS システム プロセスの監視」で説明します。

ナビゲーション ペイン

CTMS Administration ウィンドウの左側にあるナビゲーション ペインでは、System Configuration、Meeting Management、Troubleshooting、および Monitoring の各フォルダに CTMS に関連付けられたタスクのリストが表示されます。また、ナビゲーション ペインで任意のフォルダをクリックすると、ウィンドウのコンテンツ領域にタスクのリストが表示されます。左パネルでタスク名または矢印をクリックするか、コンテンツ領域で強調表示されている名前をクリックすると、タスクに移動できます。

コンテンツ領域

右フレームはコンテンツ領域です。ナビゲーション ペインからフォルダまたはタスクを選択すると、その項目に関連付けられているコンテンツがコンテンツ領域に表示されます。コンテンツ領域の上にある灰色のバーにはナビゲーション パスが表示されるため、現在の位置をいつでもすばやく識別できます。

システム情報

ナビゲーション ペインから System Information を選択すると、Cisco TelePresence Multipoint Switch に関する情報が表示されます。System Information の下に表示される情報は、CTMS ソフトウェアのインストール時に設定されます。

SKU

Hostname:CTMS のホスト名

IP Address:Cisco TelePresence Multipoint Switch の IP アドレス

Hardware Model:Cisco TelePresence Multipoint Switch を実行中の Cisco MCS 7800 シリーズ Media Convergence Server

Software Version:現在インストールされている CTMS Administration ソフトウェアのバージョン