Cisco TelePresence Manager リリース 1.5 アドミニストレーションおよびインストレーション ガイド
Cisco TelePresence Manager の一般的な 情報
Cisco TelePresence Manager の一般的な情報
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/06/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco TelePresence Manager の一般的な情報

目次

CTS-Manager アドミニストレーション ガイドの概要

用語

Cisco TelePresence システムの紹介

ポイントツーポイント Cisco TelePresence コールの取得

CTS エンドポイント

Cisco TelePresence システムのコンポーネント

Cisco TelePresence Manager の製品仕様

インストール手順ガイドライン

Cisco TelePresence Manager の一般的な情報

CTS-Manager アドミニストレーション ガイドの概要

表 1-1 で、本アドミニストレーション ガイドの各章の内容を簡単に説明します。

 

表 1-1 アドミニストレーション ガイドの各章の説明

各章のタイトル
説明

第 1 章

Cisco TelePresence Manager の
一般的な情報

この章では、Cisco TelePresence Manager システム内で使用されるハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントの一般的な説明を行います。ポイントツーポイント コール、会議のスケジュール、マルチポイント コール、レガシー エンドポイントとの相互運用性、および企業間 Cisco TelePresence コールと管理者ロールの概要を含みます。

第 2 章

CTS-Manager のインストール前
設定

この章では、CTS-Manager の事前設定およびインストール機能について説明します。

第 3 章

Microsoft Exchange の設定

この章では、Microsoft Exchange 2003 または 2007 のいずれか、および Active Directory の設定に必要な手順について扱います。

第 4 章

IBM Domino および Domino Server の設定

この章では、CTS Manager システム用に IBM Domino および Domino Directory サーバを設定するうえで必要な手順について扱います。

第 5 章

CTS Manager 用の CUCM の設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager にパラメータを追加して、Cisco Unified Communications Manager の現在のインストールから情報を収集する方法について説明します。この情報は、インストール中の Cisco TelePresence Manager の設定に使用されます。

第 6 章

PreQualification Assistant ツールのインストールおよび設定

この章では、Cisco TelePresence Manager PreQualification Assistant ツールのインストールおよび実行方法について説明します。

PreQualification Assistant をインストールおよび実行して、インストール前の設定が正しく実行されているかを確認することは重要です。

第 7 章

CTS Manager のインストール
またはアップグレード

CTS Manager のインストールまたはアップグレード方法について説明します。

第 8 章

CTS Manager の初期設定

最後の手順では、情報ソースへのアクセスが有効になるように Cisco TelePresence Manager の初期設定を行います。情報ソースには、Microsoft Exchange Server からの会議出席依頼を提供する Microsoft Outlook、ユーザや会議室の情報にアクセスするための Active Directory、会議室の予約状況や電話サポートのための Cisco Unified Communications Manager などがあります。

第 9 章

CTS Manager の追加設定の
インストール

管理者ロールを使用して CTS-Manager にログインしたときに利用可能な設定機能について説明します。

第 10 章

CTS Manager のモニタリング

コンシェルジュ ロールを使用して CTS-Manager にログインしたときに使用可能なモニタリングおよびサポート機能について説明します。

第 11 章

CTS-MAN E メールおよび
エンドユーザ Web UI

各種 E メール通知と、会議開催者が使用可能な会議詳細のウィンドウについて説明します。

第 12 章

CTS Manager 用にサポートされた MIB

CTS Manager によって使用される MIB について示します。

第 13 章

トラブルシューティング

CTS-Manager 管理者のためのトラブルシューティング情報について示します。

付録 A:削除されています。

CTS-Manager Pre-Qualifying
ツール

この項は第 6 章に移動しました。

CTS-Manager CLI コマンド セット(旧第 7 章):削除されています。

この章は削除され、現在では別の CLI ブック セットとなっています。

用語

このガイドでは次の用語が使用されています。

オーディオ コール : オーディオ コールとは、オーディオ コールを Cisco TelePresence 会議に送るために、オーディオ専用電話とコールの発信または受信を行うことを指します。


) オーディオ コールは、CTS 電話機のハンドセット オンフックで発信または応答されます。


Cisco TelePresence コール :Cisco TelePresence コールは、2 つ以上の CTS エンドポイント間で発信されます。

Cisco TelePresence 会議 : Cisco TelePresence 会議とは、Cisco TelePresence コールで接続された 2 つ以上のエンドポイントを指します。

会議 :会議とは、オーディオ コールを含む Cisco TelePresence 会議を指します。

CUVC:Cisco Unified ビデオ会議

エンドポイント :エンドポイント、つまり「CTS エンドポイント」とは、Cisco TelePresence システムを構成するハードウェアおよびソフトウェアの組み合せを指します。CTS エンドポイントの例としては、CTS-3200 や CTS-500 などがあります。CTS エンドポイントは、CTS-3000 または CTS-3200 エンドポイントの場合、Cisco TelePresence 会議室とも呼ばれます。

LDAP:Lightweight Directory Access Protocol

MCU:Multipoint Conference Unit

Cisco TelePresence システムの紹介

Cisco TelePresence システムは、複数のハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントで構成されています。Cisco TelePresence システムでは、周辺装置コンポーネントによって、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)などの情報およびサービス、および、Microsoft Exchange や IBM Domino などの Calendar サービスが取得されます。すべての周辺装置および CTS コンポーネントが連携して、Cisco TelePresence コールのスケジュール、発信、および管理、すべての Cisco TelePresence システム コンポーネントの管理に必要な各種機能およびサービスを提供します。

次の各項では、Cisco TelePresence を構成する各種コンポーネントの一般的な概要について示します。

ポイントツーポイント Cisco TelePresence コールの取得

2 つの CTS エンドポイント間におけるコールの発信方法は、単純なオーディオ コールを行うのと同じです。エンドポイントの電話番号を知っている場合は、CTS IP Phone を使用して直接ダイヤルできます。

CTS エンドポイント

Cisco Unified CM によって 4 つの CTS エンドポイント モデルがサポートされています。

CTS-500 :データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置に関する情報については、『 Cisco TelePresence System 500 Assembly, Use & Care, and Field-replaceable Unit Guide 』を参照してください。

CTS-1000 :データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置に関する情報については、『 Cisco TelePresence System 1000 Assembly, Use & Care, and Field-replaceable Unit Guide 』を参照してください。

CTS-1300:データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置に関する情報については、『 Cisco TelePresence System 1300 Assembly, Use & Care, and Field-replaceable Unit Guide 』を参照してください。

CTS-3000 :データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置に関する情報については、『 Cisco TelePresence System 3000 Assembly, Use & Care, and Field-replaceable Unit Guide 』を参照してください。

CTS-3200 :データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置に関する情報については、『 Cisco TelePresence System 3200 Assembly, Use & Care, and Field-replaceable Unit Guide 』を参照してください。

各エンドポイントは、Unified CM および CTS Administration ソフトウェアによって設定および管理します。CTS Administration ソフトウェアは、各エンドポイントにインストールし、ブラウザによってアクセスできます。すべての Cisco TelePresence Administration ソフトウェアでは、Internet Explorer 6.0 がサポートされています。CTS エンドポイントのインストール、設定、および管理に関する情報については、『 CTS Administrator's Guide 』を参照してください。

Cisco TelePresence システムのコンポーネント

事前に会議をスケジュールするには、Cisco TelePresence システムに CTS Manager を組み込む必要があります。CTS Manager は、Microsoft Exchange サーバまたは IBM Domino サーバと連動して、Cisco TelePresence 会議室をスケジュールしたり、One -Button -To -Push 会議アクセスを有効にしたりします。

CTS Manager では、次のコンポーネントと通信が行われます。

CTS エンドポイント :CTS-Manager によってエンドポイントにポーリングが行われ、CTS-Manager 管理者に対してエラーがレポートされます。さらに、CTS-Manager によって、エンドポイントの会議スケジュールがエンドポイントの IP Phone にプッシュされます。

Cisco Unified CM :CTS-Manager は Cisco Unified CM と連動して、各エンドポイントの現在の設定を維持し、新しいエンドポイントが Cisco TelePresence システムに追加されると、それらのエンドポイントを検出します。

Calendar サーバ(Exchange または Domino) :各 CTS エンドポイントには、Calendar サーバ上に対応するメールボックスがあり、Outlook または Lotus Notes を介したスケジュールがサポートされています。CTS-Manager モニタによってエンドポイントの予定表が監視され、エラーがリポートされます。さらに、CTS-Manager によってスケジュール情報が使用され、会議スケジュールが各 CTS エンドポイントの IP Phone にプッシュされます。

Active Directory :各 CTS エンドポイントの会議室 ID は、Active Directory に保存されます。CTS-Manager は、Active Directory とエンドポイント間のコンジットです。

Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS) :CTMS によって、マルチポイント(3 つ以上のエンドポイント)のコールのリソース、つまり Multipoint Conference Units(MCU)のリソースが提供されます。CTS-Manager によって、CTMS のエラーがレポートされ、どの CTMS が各 Cisco TelePresence 会議に使用されるのかが指定されます。Cisco TelePresence では、Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS)と Cisco Unified Video Conferencing システム(CUVC)が統合されることで、既存の標準ベースのビデオ会議セッションを Cisco TelePresence 会議に送る機能がサポートされています。これにより、今日インストールされている事実上すべての標準ベースのビデオ会議システムとの相互運用性が実現しています。

データ シートおよびその他の製品資料については、 製品ページ を参照してください。ハードウェアの設置および CTMS の管理については、『 Cisco TelePresence Multipoint Switch administration guide 』を参照してください。

Cisco TelePresence Manager の製品仕様

表 1-2 に Cisco TelePresence Manager の製品仕様を示し、 表 1-3 に Cisco TelePresence Manager のシステム要件を示します。 表 1-4 には、CTS_MAN システムをインストールするうえで従う必要がある作業の流れを示します。

表 1-2 製品仕様

仕様
説明

製品互換性

Cisco MCS 7845-H2 および MCS 7845-I2 Media Convergence Server

ソフトウェア互換性

Microsoft Internet Explorer 6.0


) CTS Manager Release 1.5 では、Microsoft Internet Explorer 7.x はサポートされていません。


プロトコル

HTTP、HTTPS、Administrative XML(AXL)/SOAP、Simple Network Management Protocol(SNMP)、および CTI

接続

IP

信頼性および可用性

Cisco 7845 Media Convergence Server プラットフォームによるハイ アベイラビリティ

表 1-3 システム要件

仕様
説明

グループウェアの接続性

Microsoft Exchange Server:2003(\Windows Server 2003 Enterprise Edition)および2007(Windows 2003 Enterprise Edition SP2 [64 ビット] 上)

Microsoft Outlook Client:2003 および 2007

IBM Domino Server:8.0 および 7.0.0 (Windows Server 2003 Enterprise Edition)

IBM Notes Client:8.0、7.0.0、および 6.5.0

Cisco Unified Communications Manager のバージョン

Cisco Unified CM 6.1.3 以降

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)の接続性

Active Directory 2003、Windows 2003 Server 上で実行

サポート対象の Web ブラウザ

Microsoft Internet Explorer 6.0

インストール手順ガイドライン

Cisco TelePresence ネットワークの設定、および CTS-MAN のインストールおよび設定のために実行する必要がある作業の流れを、次の表に示します。

表 1-4 CTS-MAN システム設定のためのインストールおよび設定手順ガイドライン

 

設定およびインストール手順
ガイドライン
説明
参照先

インストール前手順

Cisco TelePresence Manager に対して、ネットワークへの接続と通信に必要な接続およびアクセス情報を指定します。

第 2 章「Cisco TelePresence Manager のインストール前システムの設定」

CTS-MAN 用の Microsoft Exchange の設定

この章では、CTS-MAN システム用に Microsoft Exchange および Active Directory を設定するうえで必要な手順について扱います。

第 3 章「Cisco TelePresence Manager 用の Microsoft Exchange の設定」

CTS-MAN 用の IBM Domino の設定

この章では、CTS-MAN システム用の IBM Domino および Domino サーバを設定するうえで必要な手順について扱います。

第 4 章「Cisco TelePresence Manager 用の IBM Domino サーバの設定」

CTS-MAN 用の Cisco Unified CM の設定

インストール前に、Cisco Unified Communications Manager が CTS-MAN システムに対して設定されていることを確認する必要があります。

第 5 章「Cisco TelePresence Manager の Cisco Unified CM の設定」

PreQualification Assistant のインストールおよび設定

PreQualification Assistant をインストールおよび設定して、インストール前設定が正しく実行されていることを確認します。[Tool Test Configuration] フォームに入力するデータは、サーバへの接続の確認、および、CTS manager を設定するために使用するためのデータをサーバから取得するために使用されます

第 6 章「Cisco PreQualification Assistant のインストールおよび設定」

CTS-MAN ソフトウェアのインストールまたはアップグレード

CTS Manager ソフトウェアをインストールします。また、インストールを行うには、ネットワークに関する情報、および情報の検索や交換の規則が必要になります。

第 7 章「Cisco TelePresence Manager のインストールおよびアップグレード」

CTS-MAN の初期設定

CTS-MAN ソフトウェアをインストールした後の次の手順では、情報ソースへのアクセスが有効になるように Cisco TelePresence Manager の初期設定を行います。情報ソースには、Microsoft Outlook からの会議出席依頼を提供する Microsoft Exchange Server、ユーザや会議室の情報にアクセスするための Active Directory、会議室の予約状況や電話サポートのための Cisco Unified Communications Manager などがあります。

第 8 章「Cisco TelePresence Manager の初期設定」

CTS-MAN の追加インストール手順

管理者は、設定ウィンドウを利用して、システム データベースの同期、セキュリティ管理、およびシステム設定の再設定などのシステム設定作業を実行します。

第 9 章「Cisco TelePresence Manager の追加インストール設定」

CTS-MAN のモニタリング

会議スケジュールのモニタリングと更新、および会議室とシステム サービスの状態のモニタリングです。

第 10 章「Cisco TelePresence Manager のモニタリング」

E メール通知 およびエンドユーザ Web UI

Calendar サービス(Microsoft Exchange または IBM Domino)によって、会議開催者に対して承諾用の E メールが送信され、会議室は予約済みでカレンダーに登録されていることが通知されます。さらに、会議がスケジュールされると、CTS-Manager によって会議開催者に対して確認用の E メールまたは Action Required E メールが送信されます。

第 11 章「CTS-Manager E メールおよびエンドユーザ Web UI」