Cisco TelePresence Manager リリース 1.5 アドミニストレーションおよびインストレーション ガイド
Cisco TelePresence Manager のインス トール前システムの設定
Cisco TelePresence Manager のインストール前システムの設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/04/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco TelePresence Manager のインストール前システムの設定

目次

はじめに

システム コンポーネントとバージョン

ネットワークを初期設定するためのインストール前手順ガイドライン

Cisco TelePresence Manager のインストール前システムの設定

はじめに

Cisco TelePresence の会議ソリューションでは、オーディオ、ビデオ、およびインタラクティブな要素が組み合され、離れた場所にいる参加者と「直接」会っているような感覚を体験できます。

これらの機能を実現するには、各種システム コンポーネントが、システム バーションの要件を満たしていることを確認する必要があります。これについて、次の項で説明します。

システム コンポーネントとバージョン

CTS Manager のインストールに進む前に、Cisco TelePresence Manager がインストールの初期設定に必要なリソースや情報を検出できるように、テレコミュニケーション ネットワーク内のサーバとアプリケーションを設定しておく必要があります。そのサーバおよびアプリケーションとは、次のようなものです。

Cisco TelePresence Manager のインストール前に、Cisco TelePresence システムのエンドポイントが完全にインストールおよび設定されていること。

Cisco Unified Communications Manager(バージョン 5.1 または 6.1.3) がすでにインストールおよび設定されていること。

Microsoft Exchange のバージョン:Cisco TelePresence Manager 1.5 では、次のバージョンがサポートされています。

2003 SP1 または 2003 SP2

2007 (バージョン:08.00.0685.018)(SP1 NOTE あり、またはなし):2007 (バージョン:08.00.0685.018) は、WebDAV だけでサポート

Microsoft Windows 2003 (64 ビットおよび 32 ビット エディション) 上の Active Directory 2003 (バージョン 5.2.3790.3959)

IBM Domino (バージョン 7.0、8.0)。

Domino Directory バージョン 7.0 または 8.0

サポートされているスケジューリング クライアント。

Outlook バージョン 2003

Lotus Notes バージョン 6.5.x、バージョン 7.0.x、および バージョン 8.0

Cisco Media Convergence Server として MCS-7845-H2-CTS1 または MCS-7845-I2-CTS1 を使用できること。

Cisco TelePresence Manager のインストール時に、Cisco Media Convergence Server のハード ドライブがフォーマットされていること。ドライブの既存のデータはすべて上書きされます。

このリリースの Cisco TelePresence Manager は、Microsoft Internet Explorer 6.0 以降のバージョンと連動するように設計されています。サポート対象外のブラウザを使用した場合、システムが正しく動作しない可能性があります。

後で管理しやすいように、システムの設定には固定 IP アドレスを使用することをお勧めします。


 

 

ネットワークを初期設定するためのインストール前手順ガイドライン

次の表に、Cisco TelePresence Manager をインストールする前にネットワークを事前設定するうえで参照する必要がある手順のガイドラインを示します。


) システムは、Microsoft または IBM のどちらかを使用します。両方使用することはありません。そのため、事前設定を行う際に参照する必要があるのは、第 3 章か第 4 章のどちらか片方だけです。


表 2-1 CTS-MAN 用初期システム ネットワークを設定するための事前設定ガイドライン

 

CTS-MAN をインストールする前の設定手順ガイドライン
説明
参照先

Microsoft Exchange の設定

この章では、CTS-MAN システム用に Microsoft Exchange および Active Directory を設定するうえで必要な手順について扱います。

第 3 章「Cisco TelePresence Manager 用の Microsoft Exchange の設定」

IBM Domino の設定

この章では、CTS-MAN システム用の IBM Domino および Domino サーバを設定するうえで必要な手順について扱います。

第 4 章「Cisco TelePresence Manager 用の IBM Domino サーバの設定」

Cisco Unified CM の設定

インストール前に、Cisco Unified Communications Manager が CTS-MAN システムに対して設定されていることを確認する必要があります。

第 5 章「Cisco TelePresence Manager の Cisco Unified CM の設定」

PreQualification Assistant のインストールおよび実行

PreQualification Assistant をインストールおよび実行して、インストール前設定が正しく設定されていることを確認します。[Tool Test Configuration] フォームに入力するデータは、サーバへの接続の確認、および、CTS-MAN を設定するために使用するためのデータをサーバから取得するために使用されます。

第 6 章「Cisco PreQualification Assistant のインストールおよび設定」

問題が発生した場合はいつでも 第 13 章「Cisco TelePresence Manager のトラブルシューティング」 を参照して、問題の修正方法を確認してください。