Cisco TelePresence Manager リリース 1.5 アドミニストレーションおよびインストレーション ガイド
Cisco TelePresence Manager のモニタ リング
Cisco TelePresence Manager のモニタリング
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/04/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco TelePresence Manager のモニタリング

目次

はじめに

CTS-Manager インストール後のガイドライン

[Scheduled Meetings]

スケジュールされた会議の処理時間と応答時間

Calendar クライアントからの会議詳細の変更

予定表のスケジュール制限

スケジュールされた会議に関するレポートの生成

スケジュールされた会議データのエクスポート

[Meeting Details]

[Rooms]

CiscoTelePresence 会議室の電話機による会議室スケジュールの手動更新

特定の会議室にスケジュールされた会議の表示

[MCU Devices]

[Summary] タブ

Multipoint Conference Unit に関するレポートの生成

[Capability] タブ

Cisco TelePresence Manager のモニタリング

はじめに

システム モニタリング タスクは、主として、会議スケジュールの監視と更新、および会議室とシステム サービスのステータスの監視で構成されます。

CTS-Manager インストール後のガイドライン

このマニュアルでは、CTS-Manager をインストールした後に続けてシステムを設定するうえで、参照する必要がある情報の概要について説明します。

CTS-Manager の追加設定のために実行する必要がある作業の流れを、次の表に示します。

表 10-1 CTS-Manager 設定のインストール後のガイドライン

 

CTS-Manager インストール後の設定手順ガイドライン
説明
参照先

CTS-Manager のモニタリング

コンシェルジュ ロールを使用して CTS-Manager にログインしたときに利用可能なサポート機能について説明します。

本章

CTS-Manager E メールおよびエンドユーザ Web UI

Calendar サービス(Microsoft Exchange または IBM Domino)によって、会議開催者に対して承諾用の E メールが送信され、会議室は予約済みでカレンダーに登録されていることが通知されます。さらに、会議がスケジュールされると、CTS-Manager によって会議開催者に対して確認用の E メールまたは Action Required E メールが送信されます。

第 11 章「CTS-Manager E メールおよびエンドユーザ Web UI」

問題が発生した場合はいつでも 第 13 章「Cisco TelePresence Manager のトラブルシューティング」 を参照し、問題の修正方法を確認してください。

[Scheduled Meetings]

図 10-1 [Scheduled Meetings] ウィンドウ

 

Microsoft Outlook または IBM Lotus Notes を使用して Cisco TelePresence 会議をスケジュールすると、会議の確認内容と会議の詳細へのリンクを含む E メールが生成されます。[Scheduled Meetings] ウィンドウでは、別の方法で会議の詳細を表示および変更できます。

スケジュールされた会議の処理時間と応答時間

Microsoft Exchange Calendar サーバまたは IBM Domino Calendar サーバは、会議出席依頼を受信した場合、該当する会議室がすべて自動承諾モードになっていれば、通常 1 分以内にその要求を確定します。プロキシ モードになっている会議室では、代表者が会議出席依頼に応答する必要があります。このため、スケジュールされた会議の応答時間に悪影響を及ぼすことがあります。会議室の予約がすべて確定すると、5 分以内にその会議が [Scheduled Meetings] ウィンドウと電話機の UI に表示されます。E メール アラートがオンになっている場合は、10 ~ 15 分以内に確認用またはエラー通知用の E メールが生成され、送信されます。

Calendar クライアントからの会議詳細の変更

会議開催者が Lotus Notes でスケジュールされた会議の [Subject] フィールドを更新した場合、その会議がすでに CTS-Manager と同期されていると、更新内容は電話機のユーザ インターフェイスに反映されません。

会議が開始時刻から数分の範囲内で変更された場合(たとえば、時刻や会議室の変更)、その変更内容は、会議室の電話機の画面または Cisco TelePresence Manager の [Scheduled Meetings] ウィンドウに表示されないことがあります。この場合でも、任意のユーザが元の(変更前の)時刻に新しい会議をスケジュールする作業に影響を及ぼすことはありません。

会議がサーバ起動の一部として処理される場合、通知用の E メールは生成されません。


) 現時点では、CTS-Manager における一時的な会議室処理は、Domino Calendar サーバに対しては動作しません。


予定表のスケジュール制限

CTS-Manager では、12 か月の期間枠のエンドポイント スケジュール情報だけが表示されます。会議開催者がこの期間枠の外に存在する会議インスタンスを使用して定期的な会議をスケジュールした場合、それらの会議インスタンスは、カレンダー日付が新しくなると CTS-Manager データベースに追加されます。会議開催者が将来の会議をその時点での 12 か月の期間枠の外でスケジュールした場合、その会議は、12 か月の期間枠に入るまで、CTS-Manager に表示されません。

スケジュールされた会議に関するレポートの生成

特定の期間における特定のスケジュールされた会議やアクティビティに関するレポートを生成できます。生成するには、次の詳細の一部またはすべてを入力します。


ステップ 1 [Room] フィールドに、会議室の名前を入力します。

ステップ 2 [Scheduler] フィールドに、会議開催者のユーザ名を入力します。

ステップ 3 [Status] ドロップダウン リストから、会議のステータスとして、[All]、[Needs Help]、[With Error]、[In Progress]、[Scheduled]、[Completed]、または [No Show] を選択します。


) 会議室の電話機のコンシェルジュ ソフト キーが選択されている場合、その会議のステータスは Needs Help となります。


ステップ 4 [Calendar] アイコンを使用して開始日と終了日を選択するか、[Start On] フィールドと [End On] フィールドに各日付を MM/DD/YYYY 日付形式で入力します。

ステップ 5 MCU の名前を入力します。

ステップ 6 [Filter] をクリックします。


 

表 10-2 に、[Scheduled Meetings] の情報を示します。

 

表 10-2 [Scheduled Meetings] の情報

 

フィールド
説明または設定

[Start Time]

会議の、スケジュールされた開始時刻。[Start Time] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、時刻が早い順または遅い順にソートされます。

[End Time]

会議の、スケジュールされた終了時刻。

[Status]

会議のステータス:All、With Error、In Progress、Scheduled、Completed、または No Show。

[Room]

Microsoft Exchange データベースまたは IBM Domino データベースで指定された会議室の名前。

[Scheduler]

会議をスケジュールした担当者のログイン名。[Scheduler] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、リストがアルファベットの昇順または降順にソートされます。

[Subject]

会議に関して設定された情報(議題など)。


) [Scheduled Meetings] リストに表示されない会議が定期的な会議である場合は、その会議の最初のオカレンスの開始日を確認してください。その会議が過去 2 年以上前に開始されるようスケジュールされていた場合は、将来のオカレンスをスケジュールし直してください。


スケジュールされた会議データのエクスポート

[Export Data] ボタンを使用すると、スケジュールされた会議データをタブ区切り値(.tsv)ファイルにエクスポートできます。エクスポートされる会議データには、[Scheduled Meetings] ウィンドウに表示される会議が含まれます。

フィルタを使用すると、スケジュールされた会議のうち、エクスポートしたい会議だけを表示できます。エクスポートできる会議の数は 500 までです。エクスポートされるデータ ファイルは、タブ区切りテキスト ファイルです。

図 10-2 エクスポートされたスケジュール済み会議データの表示

 

[Meeting Details]

会議の詳細を表示するには、スケジュールされた会議の隣のオプション ボタンをクリックし、 [Details] をクリックします。

[Meeting Details] ウィンドウの詳細については、 第 11 章「CTS-Manager E メールおよびエンドユーザ Web UI」 を参照してください。

[Rooms]

[Rooms] を選択すると、Cisco TelePresence 会議室に関する情報が表示されます。[Rooms Support] ウィンドウは、タブ化された 3 つのビューに分かれています。

[Summary] ビューには、Cisco TelePresence Manager に登録されたすべての Cisco TelePresence 会議室のステータスが表示されます。表 10-3 に、このウィンドウ内の情報を示します。

[Status] ビューには、Cisco Unified CM、Cisco TelePresence Manager に登録された各 Cisco TelePresence システム、および Microsoft Exchange または IBM Domino の接続エラーに関するさまざまなエラー タイプが表示されます。 表 10-4 に、このウィンドウ内の情報を示します。

[Capability] ビューには、特定の Cisco TelePresence 機能が使用可能かどうかが表示されます。 表 10-5 に、このウィンドウ内の情報を示します。

会議室に関するレポートの生成

特定の会議室と会議のステータスに関するレポートを生成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Status] ドロップダウン リストから、ステータスとして、All、OK、Error、または In Use を選択します。


) 会議室の電話機のコンシェルジュ ソフト キーが選択されている場合、その会議室のステータスは Needs Help となります。


ステップ 2 [Room] フィールドに、会議室を入力します。

ステップ 3 [Filter] をクリックします。


 


) ページごとに最大 100 個の会議室が表示されます。100 を超える会議室が Cisco TelePresence Manager に登録されている場合は、[Next] ボタンをクリックして、追加の会議室を表示できます。


図 10-3 [Room] ウィンドウの [Summary] タブ

 

 

表 10-3 会議室の要約

フィールド
説明または設定

[Status]

会議室のステータス:All、OK、Error、Needs Help、または In Use。[Status] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、リストがアルファベットの昇順または降順にソートされます。

[Room Name]

会議室の名前。

[Room Phone]

会議室の電話番号。

[Help Contact]

会議室に割り当てられたコンシェルジュ。

[Time Zone]

エンドポイントの時間帯の場所が表示されます。

[Description]

会議室の説明。このフィールド内のテキストが途切れている場合は、テキストの上にマウス ポインタを移動すると、説明全体が表示されます。

[IP Address]

Cisco TelePresence システムの IP アドレス。

アドレスをクリックすると、Cisco TelePresence System Administration ログイン ページに移動します。

[Cisco Unified CM]

Cisco Unified CM の IP アドレス。

アドレスをクリックすると、Cisco Unified CM Administration ログイン ページに移動します。

Cisco TelePresence 会議室の電話機による会議室スケジュールの手動更新

会議室の IP Phone を Microsoft Exchange データベースまたは IBM Domino データベース内の現在のスケジュール内容で更新するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 会議室に関連付けられたオプション ボタンをクリックします。

ステップ 2 [Update Schedule] をクリックします。


 

特定の会議室にスケジュールされた会議の表示

会議室に関連付けられたすべての会議に関する追加情報を取得するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 会議室に関連付けられたオプション ボタンをクリックします。

ステップ 2 [View Meetings] をクリックします。


 

図 10-4 [Room] ウィンドウの [Status] タブ

 

 

表 10-4 会議室のステータス

フィールド
説明または設定

[Status]

会議室のステータス:All、OK、Error、Needs Help、または In Use。[Status] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、リストがアルファベットの昇順または降順にソートされます。

[Room Name]

会議室の名前。

[Connectivity]

[Cisco Unified CM/CTS]

X は、Cisco Unified CM と Cisco TelePresence 会議室間の接続に問題があることを示します。

[Cisco Unified CM/Phone]

X は、Cisco Unified CM と TelePresence 会議室の IP Phone 間の接続に問題があることを示します。

[CTS Man/CTS]

X は、Cisco TelePresence Manager と Cisco TelePresence 会議室間の接続に問題があることを示します。

[CTS]

[CTS Error]

X は、Cisco TelePresence 会議室と Cisco Unified CM 間に通信の問題があることを示します。

[Cisco Unified CM]

[Profile]

X は、Cisco Unified CM に格納されている Cisco TelePresence システムのユーザ プロファイルに問題があることを示します。

[Email ID]

X は、Cisco Unified CM に格納されている Cisco TelePresence システムの E メール ID に問題があることを示します。

[Microsoft Exchange]

[Subscription]

X は、TelePresence 会議室と Microsoft Exchange 間に登録の問題があることを示します。

(注) エラーがなくても、X によって登録エラーが示される場合があります。この症状は、Unified CM に無効な E メール アドレスが割り当てられているために、Microsoft Exchange 内の E メール アドレスと一致しない場合に発生することがあります。

[Sync]

X は、会議室と Microsoft Exchange 間に同期の問題があることを示します。

[IBM Domino]

[Subscription]

X は、TelePresence 会議室と Domino サーバ間にポーリングの問題があることを示します。

(注) エラーがなくても、X によって登録エラーが示される場合があります。この症状は、Unified CM に無効な E メール アドレスが割り当てられているために、IBM Domino 内の E メール アドレスと一致しない場合に発生することがあります。

[Sync]

X は、TelePresence 会議室と Domino サーバ間に同期の問題があることを示します。

図 10-5 [Room] ウィンドウの [Capability] タブ

 

 

表 10-5 会議室の機能

フィールド
説明または設定

[Status]

会議室のステータス:All、OK、Error、Needs Help、または In Use。[Status] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、リストがアルファベットの昇順または降順にソートされます。

[Room Name]

会議室の名前。

[CTS Version]

CTS エンドポイントのソフトウェア リリース バージョンが表示されます。

(注) CTS のバージョンが 1.5 より古いものだった場合、このフィールドには「Not Available」とだけ表示されます。これにより何らかの機能が影響を受けることはありません。

[Multipoint Conference]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントではマルチポイント会議がサポートされています。

[Projector]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントには実働可能なプロジェクタが設置されています。

[Document Camera]

チェック マークが表示された場合、ドキュメント カメラが設置されています。

[Conference Termination]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントでは会議の終了がサポートされています。会議の終了の詳細については、 「Cisco TelePresence Manager のモニタリング」 「[Policy Management]」 を参照してください。

[Interop]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントでは相互運用コールがサポートされています。

[Satellite Room]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントではサテライト接続が使用されています。

[30 FPS]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントではプレゼンテーションに毎秒 30 フレームのデータ ストリームがサポートされています。

[Web Services Security]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントでは HTTPS 接続がサポートされています。

[MCU Devices]

[MCU Devices](Multipoint Conference Unit)を選択すると、Cisco TelePresence Manager に関連付けられた MCU に関する情報が表示されます。[MCU] ウィンドウは、[Summary] と [Capability] の 2 つのタブに分かれています。

[Summary] タブ

[Summary] タブには、CTS-Manager に関連付けられた MCU デバイスが表示されます。

Multipoint Conference Unit に関するレポートの生成

特定の MCU デバイスに関するレポートを生成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Status] ドロップダウン リストから、ステータスとして、All、OK、または Error を選択します。

ステップ 2 [MCU] フィールドに、MCU のホスト名を入力します。

ステップ 3 [Filter] をクリックします。

ステップ 4 MCU を選択して [Details] をクリックすると、MCU デバイスに関する詳細レポートが表示されます。

ステップ 5 MCU を選択して [Update Schedule] をクリックすると、最新の会議スケジュールが MCU に送信されます。


) CUVC デバイスを選択すると、[Update Schedule] ボタンは使用不可になります。これは、CUVC と CTS-Manager が直接通信しないためです。


ステップ 6 MCU を選択して [View Meetings] をクリックすると、その MCU に割り当てられた会議のリストが表示されます。


 

図 10-6 [MCU] ウィンドウの [Summary] タブ

 

 

表 10-6 [Multipoint Conference Unit]

フィールド
説明または設定

[Status]

MCU のステータス:All、OK、または Error。[Status] カラムのヘッダーにある矢印をクリックすると、リストがアルファベットの昇順または降順にソートされます。

(注) CUVC のステータスは、常に OK と表示されます。

[Hostname]

MCU のアドレス。

[Type]

CTS-Manager でサポートされている MCU のタイプは次の 2 つです。

Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS)

Cisco Unified Video Conferencing(CUVC)

[Control state]

制御状態:Scheduled または Non-scheduled。MCU が Scheduled 制御状態にある場合、その MCU は会議に使用できます。

[Description]

この説明フィールドには、MCU に関する情報が表示されます。

図 10-7 CTMS 詳細ウィンドウ

 

 

表 10-7 CTMS に関する詳細ウィンドウ

フィールド
説明または設定

[Type]

この値は常に CTMS です。

[MCU Hostname]

MCU のアドレス。

[Username]

MCU へのログインに使用されるユーザ名。

[Timezone]

MCU が配置されている場所の時間帯が表示されます。

[Access Numbers]

MCU のダイヤルイン電話番号。

[Segment Count]

MCU で使用できるリソースの数。

[Control State]

Scheduled または Non-scheduled。

MCU が Scheduled 制御状態にある場合、その MCU は会議に使用できます。

[Migrate All Meetings To]

MCU を使用するようにスケジュールされた会議はすべて、Non-scheduled MCU に移行できます。チェックボックスをオンにし、ドロップダウン リストから別の MCU を選択します。

図 10-8 CUVC 詳細ウィンドウ

 

 

表 10-8 CUVC に関する詳細ウィンドウ

フィールド
説明または設定

[Type]

この値は常に CUVC です。

[MCU Hostname]

MCU のアドレス。

[Access Number Prefix for CTMS]

CTMS のアクセス番号プレフィックスは、企業のダイヤル プランに基づきます。

[Access Number Prefix for Video Conferencing Participants]

アクセス番号プレフィックスは、企業のダイヤル プランに基づきます。

[Conference ID Length]

指定できる値は 1 ~ 8 です。

[Maximum Participants per Conference]

電話会議にダイヤルインできる会議参加者の最大数を表す数値を入力します。

[Minimum Participants per Conference]

このフィールドの最小値は 2 です。この値は、[Maximum Participants per Conference] の値を超えることはできません。

[Total Resources]

この値は、[Maximum Participants per Conference] の値よりも大きくする必要があります。

です。

[Control State]

Scheduled または Non-scheduled。

MCU が Scheduled 制御状態にある場合、その MCU は会議に使用できます。

[Multiple EMP Cards Support]

EMP カード サポートを有効にすると、リソースが追加され、CUVC の使用時にサポートされるビデオ コールの数が大幅に増えます。CTS-Manager で EMP カード サポートを有効にすると、EMP カードごとに最大 48 のビデオ コールが使用可能になります。

[Capability] タブ

[Capability] タブには、MCU デバイスごとに使用可能な Cisco TelePresence 機能が示されます。図 10-9 を参照してください

図 10-9 [MCU] ウィンドウの [Capability] タブ

 

 

表 10-9 MCU の機能

フィールド
説明または設定

[Status]

MCU のステータス。OK または Error。

[Hostname]

MCU デバイスのホスト名。

[Type]

MCU タイプとして CTMS または CUVC のどちらかが示されます。

[Version]

デバイスで動作しているソフトウェア バージョンが表示されます。

[Switching]

チェック マークが表示された場合、デバイスでは Speaker または Room スイッチングがサポートされています。

[Conference Termination]

チェック マークが表示された場合、デバイスでは会議の終了がサポートされています。会議の終了の詳細については、 「Cisco TelePresence Manager のモニタリング」 「[Policy Management]」 を参照してください。

[Interop]

チェック マークが表示された場合、デバイスでは相互運用サービスをサポートするソフトウェア バージョンが実行されています。

[Web Services Security]

チェック マークが表示された場合、エンドポイントでは HTTPS 接続がサポートされています。

Cisco Unified Communications Manager

Cisco TelePresence Manager と Cisco Unified CM の関連付けの設定を表示するには、[Support] > [Unified CM] を選択します。

図 10-10 Cisco Unified CM ウィンドウ

 

表 10-10 に、CUCM のフィールドおよび設定を示します。

 

表 10-10 Cisco Unified Communications Manager の設定

フィールド
説明または設定

[Service Status]

システム サービスに関する表示専用のステータス レポート。

ステータス フィールドには進行状況が表示される場合があります。特に、CTS-Manager で管理されている Cisco TelePresence 会議室が多い場合に表示されます。このページにアクセスするたびにステータスが更新され、システムが会議室を検出する間は進行状況が表示されます。


注意 ネットワークの停止によって Cisco Unified CM への接続が生じた場合、エラー ステータスが報告されることがあります。このエラー ステータスを削除するには、[System Configuration] > [Discovery Service] ページの [Discover Rooms] をクリックします。

[Hostname]

Cisco Unified CM サーバ ホストの名前。

[IP Address]

Cisco Unified CM サーバ ホストの IP アドレス。

コマンドライン インターフェイス

CTS-Manager のすべてのコマンドについては、『Cisco TelePresence Manager CLI Book』セットを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7074/tsd_place_order_ordering_tool_launch.html