会議 : Cisco TelePresence MCU 5300 シリーズ

Cisco TelePresence MCU 5300 シリーズの安全およびコンプライアンスに関する情報

Cisco TelePresence MCU 5300 シリーズの安全およびコンプライアンスに関する情報
発行日;2012/08/01 | 英語版ドキュメント(2012/03/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Cisco TelePresence MCU 5300 シリーズ の安全およびコンプライアンスに関する情報

 

このページの内容:

安全に関する情報を示す記号

操作上のガイドライン

安全上の警告

技術仕様

コンプライアンス情報

WEEE 情報

安全に関する情報を示す記号

 

この注記記号は、注意が必要な情報を示します。

 


この注意記号が示すのは、注意を怠った場合システムのデータまたはハードウェアが破損する可能性がある手順またはイベントについての情報です。

 


この警告記号が示すのは、感電および人体への悪影響の危険性を低減するために実行する必要がある手順についての情報です。

 


この本の記号がユニットに表示されている場合は、マニュアル(この安全情報と、ユニットに付属しているスタートアップ ガイド)を参照する必要があることを意味します。

操作上のガイドライン

  • カバーを開けた場合に感電する危険性があります。カバーを外した状態では絶対に操作しないでください。
  • ユーザによる保守が可能な部品はありません。
  • この機器の設置または交換は、訓練を受けた相応の資格のある人だけが行ってください。
  • ラック マウント手順は必ず順守してください。

安全上の警告

  • この機器の設置または交換は、訓練を受けた相応の資格のある人だけに許可してください。
  • システムを電源に接続する前に、ユニットに付属しているスタートアップ ガイドに記載された設置手順をお読みください。
  • 注意:内蔵バッテリーを不適切な種類のものに交換した場合、爆発する危険性があります。使用済みバッテリーは、各地域の規制に従って廃棄してください。
  •  


    絶対にアース(接地)導体を破損させたり、アース線が正しく取り付けられていない状態で機器を稼働させたりしないでください。アースが適切かどうかがはっきりしない場合には、電気検査機関または電気技術者に確認してください。

  • いつでもデバイスの電源を切断できるように、プラグおよびソケットにすぐに手が届く状態にしておいてください。
  • 本製品の最終処分は、各国のすべての法律および規制に従って行ってください。
  •  

    このシステムにはオン/オフ スイッチがないため、保守する場合はその前に電源コードを抜いてください。

     


    カバーを外した状態でユニットを操作しないでください。安全カバーを所定の位置に取り付けずにユニットを操作すると、安全の認定が無効になり、火災や感電事故の原因になります。

     

    雷が発生しているときには、システムに手を加えたり、ケーブルの接続や取り外しを行わないでください。

     

    感電を防ぐため、安全超低電圧(SELV)回路を電話網電圧(TNV)回路に接続しないでください。LAN ポートには SELV 回路が、WAN ポートには TNV 回路が組み込まれています。一部の LAN ポートおよび WAN ポートでは、共に RJ-45 コネクタが使用されています。ケーブルを接続する際は、注意してください。

     


    AS/NZS の「60950 Service Person」に規定されているように、この機器の設置および保守は、保守担当者だけが行ってください。

     

    電源の電圧および周波数の定格が、この機器に貼付されている電気定格ラベルに銘記された電圧および周波数に一致していることを確認してください。

     


    機器の開口部には、どのような物体も押し込まないでください。危険な電圧部位に接触したり部品をショートさせたりして、火災、感電、機器の破損につながる可能性があります。

     

    ラックへのユニットの設置や、ラック内のユニットの保守作業を行う場合は、負傷事故を防ぐため、システムが安定した状態で置かれていることを十分に確認してください。安全を確保するために、次のガイドラインを守ってください。

    ラックに設置するユニットが 1 台だけの場合は、ラックの一番下に取り付けます。

    ラックに複数のユニットを設置する場合は、最も重いユニットを一番下に設置して、下から順番に取り付けます。

    ラックにスタビライザが付いている場合は、スタビライザを取り付けてから、ラックへのユニットの設置や、ラック内のユニットの保守を行ってください。

     

    閉じたラック アセンブリまたはマルチユニット ラック アセンブリに ユニット を設置すると、ユニットの周囲温度が部屋の周囲温度より高くなる可能性があります。したがって、 ユニット を設置する環境が、後述の「 動作環境 」の項に指定されている最高許容周囲温度に適合するよう十分注意してください。

     


    ユニット ラックは、安全な動作のために必要な通気量を十分に確保できるように設置してください。

     

    この ユニット では、前面吸気/背面排気型の冷却ファンが使用されています。製品 ユニット の冷却のため、十分なスペースを空けて、通気をよくしてください。保守や設置作業のためにも、同じ間隔を空けておいてください。ファンの吸気口と排気口を塞がないようにしてください。ファンの吸気口が、他のファンまたは対流冷却デバイスの排気口の位置にこないように配置してください。

機器の改造

 

事故を招く危険性や電磁波コンプライアンスを遵守できなくなる可能性があるため、代用の部品を取り付けたり、機器に対して許可されていない改造を行わないでください。保守と修理については、安全機能が維持されるよう、最寄りのサポート組織までお問い合わせください。

シスコでは、改造されたシスコ製品の法規制の遵守については責任を負いかねます。

技術仕様

所要電力

表 1: Cisco MCU 5300 の定格

定格

公称電圧

115 ~ 230 V 50/60 Hz

定格電流

最大 6A

供給電圧範囲

100 ~ 240 V 50/60 Hz

過電流保護

最大定格 20A の分岐回路保安器で、このユニットへの電源供給を保護するようにします。

 


過電流デバイスは、適用される各国、各地域の電気安全規制に準拠し、意図している用途について認定を受ける必要があります。

動作環境

Cisco MCU 5300 は、屋内の管理された環境下でのみの使用を想定しています。

このユニットは、以下の環境条件でのみ使用してください。

表 2:動作環境

環境

温度

湿度

動作環境

0 ~ 35 °C

10 ~ 95 %
(非結露)

非動作時の環境

-10 ~ 60 °C

10 ~ 95 %
(非結露)

最適動作環境

21 ~ 23 °C

45 ~ 50 %
(非結露)

コンプライアンス情報

USA -- Electromagnetic Compatibility Information

System Classes

In the United States, the Federal Communications Commission (FCC) governs the levels of electromagnetic emissions from a digital device.Electromagnetic emissions can interfere with radio and television transmission.To reduce the risk of harmful interference, the FCC has established requirements for manufacturers of digital devices.

FCC 警告文

FCC クラス A

このデバイスは、Part 15 の規定に適合しており、次の 2 つの条件に従って動作するものとします。(1) このデバイスによって、有害な干渉が発生することはない。(2) このデバイスは、予想外の動作を引き起こす可能性のある干渉も含め、すべての干渉を受け入れなければならない。

European Union Notice

COMPLIANCE IDENTIFICATION: AD1A

The Declaration of Conformity is available on request.

Products with the CE marking comply with the protection requirements of the following EU Directives:

  • EMC Directive 2004/108/EC by application of the harmonized standard.
  •  

    This is a Class A product.In a domestic environment, this product may cause radio interference in which case the user may be required to take adequate measures to correct this interference.

  • Low Voltage Directive 2006/95/EC, by application of the harmonized standard.

WEEE 情報

製品の耐用年数末期に関連するあらゆる規制については、 http://cisco-returns.com の Web サイトにある情報を遵守してください。