Cisco TelePresence Content Server Release 5.0 アドミニストレーションおよびユーザ ガイド
[レコーディングを表示(View Recordings)] タブ
[レコーディングを表示(View Recordings)] タブ
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/02/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

[レコーディングを表示(View Recordings)] タブ

コンテンツ サーバ Web インターフェイスでのレコーディング閲覧

コンピュータにダウンロードされた出力の閲覧

ポータブル デバイスにダウンロードされたレコーディングの閲覧

他へのレコーディングのリンクの送信

[レコーディングを表示(View Recordings)] タブ

この章では、コンテンツ サーバ Web UI の [レコーディングを表示(View Recordings)] タブでユーザが表示できる内容と、実行できる内容について説明します。

[レコーディングを表示(View Recordings)] タブからは、コンテンツ サーバ Web インターフェイスでレコーディングを表示でき、デバイスで表示するためのレコーディング出力をダウンロードまたはレコーディングのリンクを他の人に電子メールで送信できます。

コンテンツ サーバ Web インターフェイスでのレコーディング閲覧

コンピュータにダウンロードされた出力の閲覧

ポータブル デバイスにダウンロードされたレコーディングの閲覧

他へのレコーディングのリンクの送信

コンテンツ サーバ Web インターフェイスでのレコーディング閲覧

コンテンツ サーバの Web インターフェイスにあるプレーヤーでレコーディングを再生するには、次のように行います。


ステップ 1 Web ブラウザに、コンテンツ サーバの URL を入力します。

ステップ 2 ゲストのアクセスが有効な場合、表示権限を持つゲスト ユーザのレコーディングのリストを表示します。ゲスト ユーザは、これらのレコーディングの一部またはすべてを再生するために、ログインする必要はありません。ゲスト アクセスが有効ではない場合、レコーディングのリストを表示するには、必ずログインする(ユーザ名およびパスワードを入力)必要があります。

ステップ 3 表示するレコーディングを検索します。

ステップ 4 サムネイルまたはレコーディング名をクリックします。

ステップ 5 レコーディングの中心にある再生ボタンをクリックします。


 

デフォルトでは、コンテンツ サーバは接続に対してレコーディングを最高品質で表示しますが、インターネット速度を選択することもできます。レコーディングの下の、[帯域幅の設定(Set bandwidth preferences)] タブをクリックします。[インターネットの速度を自動で決定する(Automatically determine internet speed)] ボックスのチェックを外します。[インターネットの速度(Internet speed)] ドロップダウン メニューから速度を選択します。インターネット速度に対して大きすぎるサイズのレコーディング再生を選択した場合、レコーディングを視聴することは可能ですが、ときどき再生が停止したり、バッファされることがあります。

コンテンツ サーバの Web インターフェイスにあるプレーヤーの可用性

プレーヤーの可用性は次に応じて変わります。

ストリーミング出力:レコーディングにプレーヤーでの再生に適した出力があるかどうか。ストリーミングの出力がない場合、プレーヤーで再生できません。レコーディングのクリエーターまたは編集権限をもつユーザは、レコーディングの 出力の管理 ページから出力設定を変更できます。

形式とプレーヤーのタイプ:レコーディング出力の形式(Windows Media、MPEG-4 for QuickTime、または MPEG-4 for Flash)、および正しいプレーヤーがコンピュータにインストールされているか。

クリエーターがレコーディングに使用するテンプレートに応じて、形式ごとに 2 つのサイズから選択できます。たとえば、クリエーターに、800 kbps 796 X 448 または 250 kbps 426 X 240 で MPEG-4 for Flash を再生するオプションを与えられる場合があります。異なるサイズのレコーディングが利用可能な場合、Silverlight または Flash プレーヤーのタイム ラインにアイコンが表示されます。アイコンをクリックして別のサイズでムービーを再生します。

プレーヤーの状態を確認するには、[その他の形式(Other formats)] タブをクリックします。[プレーヤー情報を表示(Show player information)] をクリックします。次にプレーヤーの [確認(Check)] ボタンをクリックし、プレーヤーの状態の確認を実行します。


) PC ユーザは、Windows Media、MPEG-4 for QuickTime、および MPEG-4 for Flash の各形式で出力を表示できます。Silverlight プレーヤーは Windows Media ムービーを再生します。Mac ユーザは、Silverlight プラグインが組み込まれた Windows Media、MPEG-4 for QuickTime、および MPEG-4 for Flash の各形式で出力を表示できます。


コンピュータにダウンロードされた出力の閲覧

レコーディングがダウンロード可能な出力を持つ場合、コンピュータに出力をダウンロードできます。インターネットへの接続にアクセス制限がある場合、プレーヤーでストリーミングするよりもダウンロードが適していることがあります。コンピュータにレコーディングを保存した後、それを表示したいときに表示できるようになります。

レコーディング クリエーターは、ダウンロード可能な出力の作成を指定するテンプレートを使用したレコーディング エイリアスを使用できます。または、レコーディングが作成された後、サイト マネージャ、クリエーター、または編集許可を持つユーザはレコーディングの 出力の管理をクリックすることで出力を追加できます。現在レコーディングに使用できない出力が必要な場合は、レコーディングのクリエーター、またはコンテンツ サーバのサイト マネージャにお問い合わせください。

レコーディングの出力をダウンロードするには、次の手順に従います。


ステップ 1 ダウンロードするレコーディングを検索します。サムネイルまたはレコーディング名をクリックします。

ステップ 2 レコーディングの下の、[ダウンロード(Download)] タブをクリックします。レコーディングにダウンロード可能な出力がない場合、[ダウンロード(Download)] タブが表示されます。

ステップ 3 ダウンロードするレコーディング出力のリンクをクリックします。ファイルのダウンロード用のウィンドウが表示されます。

ステップ 4 [ファイルの保存(Save File)] をクリックし、コンピュータの任意の場所にレコーディングを保存します。

ステップ 5 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると再生できます。


 

レコーディングは形式に応じたビューアで再生されます(コンピュータのメディア ファイル タイプを再生するデフォルトのプログラム)。たとえば、QuickTime を .mp4 の再生用に設定してある場合に MPEG-4 for Flash ファイルをダウンロードすると、ダウンロードされたファイルが QuickTime で再生されます。

ポータブル デバイスにダウンロードされたレコーディングの閲覧

レコーディングがポータブル デバイスに合うダウンロード可能な出力を持つ場合、レコーディングをダウンロードし、iPod または Microsoft Zune デバイスで見ることができます。中間デバイスとしてコンピュータを使用し、他のファイルのようにポータブル デバイスにレコーディングをロードする必要があります。レコーディングをデバイスに読み込んだ後は、いつでも見ることができます。

レコーディング クリエーターは、ダウンロード可能な出力の作成を指定するテンプレートを使用したレコーディング エイリアスを使用できます。または、レコーディングが作成された後、サイト マネージャ、クリエーター、または編集許可を持つユーザはレコーディングの 出力の管理 をクリックすることで出力を追加できます。現在レコーディングに使用できない出力が必要な場合は、レコーディングのクリエーター、またはコンテンツ サーバのサイト マネージャにお問い合わせください。

レコーディングの出力をダウンロードするには、次の手順に従います。


ステップ 1 ダウンロードするレコーディングを検索します。サムネイルまたはレコーディング名をクリックします。

ステップ 2 レコーディングの下の、[ダウンロード(Download)] タブをクリックします。レコーディングにダウンロード可能な出力がない場合、[ダウンロード(Download)] タブが表示されます。

ステップ 3 ダウンロードするレコーディング出力のリンクをクリックします。ファイルのダウンロード用のウィンドウが表示されます。

ステップ 4 [ファイルの保存(Save File)] をクリックし、コンピュータの任意の場所にレコーディングを保存します。

ステップ 5 コンピュータから、レコーディングをポータブル デバイスに読み込んで再生できます。


 

他へのレコーディングのリンクの送信

他のビューアに、電子メールでレコーディングのリンクを送信できます。

電子メールのリンクを共有するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ダウンロードするレコーディングを検索します。サムネイルまたはレコーディング名をクリックします。

ステップ 2 レコーディングの下の、[共有(Share)] タブをクリックします。

ステップ 3 [電子メール(Email link)] をクリックします。デフォルトの電子メール アプリケーションにリンクが表示されます。


) 自分がレコーディングを閲覧可能でも、電子メールを送信されたユーザが適切な閲覧許可を持っていない可能性があります。ビューアの許可についてのヘルプは、レコーディング クリエーターまたはコンテンツ サーバのサイト マネージャにお問い合わせください。