Cisco TelePresence System 500-32 インストレーション / 初回セットアップ/ 現場交換可能なユニット ガイド
卓上型 Cisco TelePresence System 500-32 の組み立て
卓上型 Cisco TelePresence System 500-32 の組み立て
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/05/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

卓上型 Cisco TelePresence System 500-32 の組み立て

必要な工具

卓上型 CTS-500-32 の組み立て

卓上型 Cisco TelePresence System 500-32 の組み立て

ここでは、卓上型の Cisco TelePresence System 500-32(CTS-500-32)の設置と設定を行う手順について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「必要な工具」

「卓上型 CTS-500-32 の組み立て」


) 本製品のディスプレイには水銀が含まれています。ディスプレイは各地域、都道府県、政府の法律に従って廃棄してください。


必要な工具

次の工具が必要です。

13 mm レンチ(台座の高さを調整する場合に必要)

#2 プラス ドライバ

卓上型 CTS-500-32 の組み立て

卓上型の CTS-500-32 を組み立てるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 次の手順を実行して、コーデック ブラケットが正しい位置にあることを確認します。

a. 会議でシステムを使用するときにユーザが座る場所に座ります。

b. ユーザの目の高さを決めます。

c. コーデック ブラケットの上部中央のスロットをユーザの目の高さに合わせます。

図 3-1 にこのスロットを示します。スロットのすぐ下には、上向きの矢印がブラケットに印字されています。

d. スロットがすでにユーザの目の高さと合っている場合には、ステップ 5 に進みます。合っていない場合には、図 3-1 に示すようにコーデック ブラケットを取り外し、ブラケットのスロットがユーザの目の高さに合うように支柱に対して位置を調整し、再度取り付けます。

図 3-1 コーデック ブラケットの支柱とベースへの取り付け

 

 

ステップ 2 ディスプレイのカートンの下部にあるクリップを取り外します。その後でディスプレイの梱包から上のカバーを外します。

図 3-2 ディスプレイの開梱

 

ステップ 3 ディスプレイの周囲の保護フィルムを外し、ディスプレイの背面カバーを外します。

図 3-3 ディスプレイの背面カバーの取り外し

 

ステップ 4 次の手順を実行してディスプレイを取り付けます。

a. スタンド ロック ネジを緩めます。

図 3-4 スタンド ロック ネジを緩める

 

b. つまみを引き上げ、スタンド ロックを開きます。緩めたスタンド ロック ネジがスロットの上端に移動します。

図 3-5 スタンド ロックを開く

 

c. スタンド ロック ネジを締め、スタンド ロックをオープンの位置で固定します。

d. 2 人以上でディスプレイを梱包から取り出します。その後、ディスプレイをディスプレイ マウントに設置します。


注意 ディスプレイのマウント ボタンがマウントの鍵穴スロットにしっかり取り付けられていることを確認してください。

図 3-6 ディスプレイのアセンブリへの設置

 

e. スタンド ロック ネジを緩め、スタンド ロックを閉じ、スタンド ロック ネジをスロットの下端に戻します。スタンド ロック ネジを締め、スタンド ロックを閉じた状態で固定します。

図 3-7 スタンド ロックの固定

 

f. スタンドの袋の中にあるセカンド スタンド ロック ネジを取り付けます。


) ディスプレイ ケーブルを束ねているケーブル タイは外さないようにします。電源とコーデックを取り付けるまでケーブル タイを外さないでおくことをお勧めします。


図 3-8 セカンド スタンド ロック ネジの取り付け

 

ステップ 5 電源装置を CTS-500-32 アセンブリに設置します。

図 3-9 電源装置のアセンブリへの設置

 

ステップ 6 次の手順を実行してコーデックをコーデック ブラケットに取り付けます。

a. コーデックをコーデック ブラケットの底に差し込みます。

b. コーデックを前方に動かして上部がスタンドに完全に収まるようにします。

c. 側面でそれぞれネジを 1 本使用してコーデックをブラケットに取り付けます(合計 2 本のネジ)。

図 3-10 コーデックのコーデック ブラケットへの取り付け

 

ステップ 7 コーデックの上でケーブルを束ねているケーブル タイを外します。

図 3-11 ケーブル タイを外す

 

ステップ 8 図 3-12 の配線図を使用してケーブルをコーデックに接続します。


ヒント ケーブルに付けられているテープを使って、テープにあるロゴまたはテキストを、コーデックとディスプレイのロゴまたはテキストと一致させます。


) Cisco Digital Media Player(DMP)を CTS 500-32 システムと共に使用するには、図 3-12 の「DVI」と表示されているコーデック接続を、「Aux 1」と表示されているコーデック接続と入れ替えます。この接続は図 3-12 に示されている DVI 接続のすぐ下にあります。さらに、DMP を、卓上スタンドのベースにある HDMI の「Aux」接続に接続します。DMP を CTS 500-32 システムと共に使用する方法の詳細については、『Cisco TelePresence Hardware Options and Upgrade Guide』の「Options for the Cisco TelePresence System 500 32」の項を参照してください。


図 3-12 コーデックの配線図

 

ステップ 9 システムの背面のコーデック カバーを取り付けます。カバーの底にあるプラスチックの突起をディスプレイのベースのスロットに差し込み、カバーの上部を前方に動かしてディスプレイに取り付けます。

図 3-13 コーデック カバーの取り付け

 


警告 システムを動かすときは必ず 2 人で行い、図 3-14 に示すようにベースとディスプレイの両方を支えてください。


図 3-14 完成したシステムの移動

 

図 3-15 完成したシステム