Cisco TelePresence 500 アセンブリ ガイド/使用上の注意/現場交換可能なユニット
概要
概要
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

概要

章の構成

CTS-500 の設置場所の選択

表記法と用語

工具と機器のリスト

概要

改訂:October 8, 2008, OL-14522-01-J

章の構成

ここでは、このマニュアルの構成の概要を説明します。

第1章「概要」 (この章)

このマニュアルの章の構成と内容について説明します。

窓がある設置場所および窓がない設置場所への CTS-500 の設置ガイドラインについて説明します。

CTS-500 の設置に必要な工具リストを示します。

第2章「台座スタンド取り付け式 CTS-500 の組み立て」

台座スタンド取り付け構造の CTS-500 を組み立てる手順について説明します。


) 台座スタンドは床に設置します。


第3章「壁面取り付け式 CTS-500 の組み立て」

壁面取り付け構造の CTS-500 を組み立てる手順について説明します。

第4章「テーブル スタンド取り付け式 CTS-500 の組み立て」

テーブル スタンド取り付け構造の CTS-500 を組み立てる手順について説明します。

第5章「初期設定」

初めて CTS-500 を設定するために実行する設定について説明します。

第6章「使用上の注意」

ディスプレイ画面のクリーニング手順について説明します。

第7章「現場交換可能なユニット」

CTS-500 のさまざまなハードウェア構成要素の取り外しおよび交換について説明します。

CTS-500 の設置場所の選択

CTS-500 の物理的な設置場所を選択する場合、次のことを考慮します。

画面から 1.2 ~1.8 メートル(4 ~ 6 フィート)離れた位置にユーザが着席するように、CTS-500 の位置を選択する。

選択した空間に CTS-500 が設置できることを確認する。CTS-500 の高さと幅の物理寸法を確認するには、 付録A 「Cisco TelePresence System 500 の高さ、幅、および重量仕様」 を参照してください。

Cisco TelePresence システムが正しく機能するためには、最適な照明条件が不可欠である。むら、グレア、ホット スポット、色あせ、反射などの視覚上の問題があるため、外部からの光は推奨しません。これらの理由から、窓がない部屋または窓が少ない部屋を選択する必要があります。

設置場所に複数の窓がある場合は、ブラインドや厚手のカーテンで外部からの光をすべて遮断するようにします。外部のすべての光源を遮断できない場合は、室内の窓の位置に基づいて CTS-500 を配置します。コール中に光を 100% 遮断できる場合以外は、システムの使用時にユーザの背後に窓が存在しないようにシステムを配置します。

次の表を使用して、物理的な場所での CTS-500 の配置を決めます。さまざまな室内構造での CTS-500 システムの推奨される配置については、 表1-1 および図1-1 を参照してください。

 

表1-1 窓がある場所での CTS-500 の設置ガイドライン

物理的な室内構造
推奨される設置場所

窓がない、または外部からの光がすべて覆われるか遮断される

室内の任意の場所にシステムを配置します。

窓が 1 つ

ユーザの背後に窓が存在しないようにシステムを配置します。

向かい合せの 2 つの窓

ユーザの背後に窓が存在しないようにシステムを配置します。

隣接する 2 つの窓(オフィスが角部屋)

ユーザの背後に窓が存在しないようにシステムを配置します。

三方に窓がある

推奨される配置は 1 つだけです。

四方に窓がある

このような室内構造は使用しないことを推奨します。この室内構造を使用する場合、コール中は窓の 1 つを完全に覆って、三方に窓がある室内構造と同じにします。

図1-1 窓がある部屋での CTS-500 の推奨される配置

 

設置したら、ユーザの目の高さが画面の垂直方向で、全高の 70 パーセントの位置になるように、システムの高さを調整します。目の高さに合せることにより、Cisco TelePresence を正しく使用できます。

システムを設置する前に目の高さを確認することは、壁面取り付け式システムでは特に重要です。壁面に設置した後では、ディスプレイの垂直の高さを調整できないためです。 第3章「壁面取り付け式 CTS-500 の組み立て」 図3-1 および図3-2 を参照して、壁面取り付けの高さを決めます。

表記法と用語

このマニュアルでの および の方向は、 会議参加者から見た左 および 会議参加者から見た右 と同義です。これらの方向は、ディスプレイに正対して組み立てを行う場合を指します。

コーデックへのケーブル接続は、色分け記号方式でラベル表示されています。

1 つの点を持つ緑色のラベルは、 中央の 構成要素を示します。


) 中央の構成要素は、CTS-500の 設置に使用しないでください。


3 つの点を持つ赤色のラベルは、 右の 構成要素を示します。

2 つの点を持つ白色のラベルは、 左の 構成要素を示します。

図1-2 ケーブル接続のラベル表示方式

 

工具と機器のリスト

すべてのタイプの CTS-500 設置で、#2 プラス ドライバが必要です。

台座スタンド取り付け式 CTS-500 には、次の工具が必要です。

3/16 インチのアレン ドライバ(レンチとビットは台座スタンド キットに付属)

3 mm のアレン レンチ(台座スタンド キットに付属)

壁面取り付けの場合、または台座スタンドを壁面に取り付ける場合、次の工具が必要です。

スタッド ファインダ、または壁面のスタッドを探知するその他の道具

次のドリル ビットを備えたドリル

1/2 インチ(13 mm)ビット:設置場所に金属製スタッドがある場合、このビットで金属に穴を開けられることが必要です。

1/8 インチ(3 mm)ビット:このビットが必要なのは、設置場所に木製スタッドがある場合だけです。

CTS-500 システムの初期設定を行うには、次の工具と機器が必要です。

小さいカメラ ターゲット

大きいカメラ ターゲット

大きいカメラ ターゲットのイーゼル

厚紙のルーラ


) 厚紙のルーラの代わりに、巻き尺などの測定道具を使用することもできます。


初期設定に必要な工具は、カートン 7(CTS-CAM-TOOL-G2)に入っています。