Cisco TelePresence System TX9000/TX9200 アセンブリ/ 使用上の注意/ 現場交換可能なユニット ガイド
自立型リフレクタ壁構造の取り付け
自立型リフレクタ壁構造の取り付け
発行日;2012/06/25 | 英語版ドキュメント(2012/05/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

自立型リフレクタ壁構造の取り付け

自立型リフレクタ壁構造の取り付け

この章では、自立型リフレクタ壁を取り付ける手順について説明します。

 


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。



注意 システムを取り付ける場合は、安全手袋と保護メガネの着用をお勧めします。


およびの方向はいずれも、ディスプレイに正対して組み立てを行う場合を指します。



ステップ 1 M6 x 16 mm なべ頭ネジを使用して、中央のフロア ブラケットを中央のディスプレイ構造に取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

中央のディスプレイ構造

700-37859-01

1

1

 

2

フロア ブラケット、中央

700-39002-01
キット番号 69-2323-01

1

1

すべてのシステムで使用

3

フロア ブラケット、左

700-39001-01 および
700-39005-01
キット番号 69-2292-01

1

43-B

参照用:ステップ 3 で取り付け

4

フロア ブラケット、右

700-39000-01 および
700-39004-01
キット番号 69-2292-01

1

43-B

参照用:ステップ 3 で取り付け

5

M6 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356

2

6

 

図 6-1 中央フロア ブラケットの取り付け(1/3):フロア チャネルとフロア ブラケットの概要

 

図 6-2 中央フロア ブラケットの取り付け(2/3):フロア ブラケット部品の分類

 

図 6-3 中央フロア ブラケットの取り付け(3/3):ネジの詳細

 

ステップ 2 中央のフロア ブラケットを壁から 45 mm(1 7/16 インチ)以上離すようにして、ディスプレイ構造を配置します。


ヒント リフレクタ壁の後ろにケーブルを接続している場合は、さらに間隔をあけてください。


) ディスプレイを設置する際は、現地、地域、および国の安全に関する条例に従ってください。


図 6-4 壁と中央フロア ブラケットの最小距離

 

ステップ 3 次の手順を実行して、左右のフロア ブラケットをディスプレイ構造に取り付けます。


) 壁面取り付け型リフレクタを備えたシステムの場合は、この手順を省略してステップ 4 へ進んでください。


a. ディスプレイ構造をスライドさせて、各ブラケットの 4 個のスタッドを構造の穴の位置に合わせます。

b. システムの背面から、各ブラケットに 2 本の M6 x 16 mm なべ頭ネジ(図 6-5 の付記番号 5)を取り付けます。

c. システムの前面から、各ブラケットの 4 個のスタッドに 4 個の六角袋ナットおよびワッシャを取り付けます。


図 6-5 に、背面から見た構造を示します。左と右が入れ替わっています。


 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
3

フロア ブラケット、左

700-39001-01 および
700-39005-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

4

フロア ブラケット、右

700-39000-01 および
700-39004-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

5

M6 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356

4

6

 

6

六角袋ナット(DVL サイズ?)

TBD

4

 

図示せず

7

ワッシャ(DVL サイズ?)

TBD

4

 

図示せず

図 6-5 左右フロア ブラケットの取り付け

 

ステップ 4 次の手順を実行して、U チャネル アセンブリを取り付けます。

a. U チャネル アタッチメント ピース(図 6-7 および図 6-8 の付記番号 2)を中央のフロア プレートの下にスライドさせます。

b. 4 個の M5 ナットを使用して、U チャネル アタッチメント ピースを中央のフロア プレートに取り付けます。

c. 4 個の M5 ナットを使用して、中央左および中央右の U チャネルを左および右のフロア プレートと U チャネル アタッチメント ピースに取り付けます。


) この時点ではナットを完全に締めないでください。


 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

中央左と中央右の U チャネル

700-38998-01
キット番号 69-2292-xx

2

43-B

 

2

中央アタッチメント ピース

700-38999-01
キット番号 69-2292-xx

2

43-B

 

3

M5 ナット

49-0747-01
キット番号 69-2410

4

6

 

図 6-6 中央フロア プレートへの中央 U チャネルの取り付け(1/3):U チャネルの詳細

 

図 6-7 中央フロア プレートへの中央 U アタッチメント ピースおよび U チャネルの取り付け(2/3):U チャネル アタッチメント ピースと部品の説明

 

図 6-8 中央フロア プレートへの中央 U チャネルの取り付け(3/3):プレートと U チャネルの取り付け

 

ステップ 5 左および右の U チャネルを左右のフロア プレートに取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

フロア ブラケット、左

700-39001-01 および
700-39005-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

2

フロア ブラケット、右

700-39000-01 および
700-39004-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

3

中央左と中央右の U チャネル

700-38998-01
キット番号 69-2292-xx

2

43-B

 

4

M5 ナット

キット番号 69-2410-xx

4

6

 

図 6-9 左右フロア プレートへの左右 U チャネルの取り付け

 

ステップ 6 U チャネルを一直線になるように揃えます。4 フィート(1.5 m)のレベルまたは直定規を使用してください。

ステップ 7 U チャネルと壁の距離を測定し、壁からの距離が均等であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

中央左と中央右の U チャネル

700-38998-01
キット番号 69-2292-xx

2

43-B

取り付け済み

図 6-10 U チャネルの水平調節

 

ステップ 8 「ディスプレイの取り付けとメイン ディスプレイ構造の最終水平調節」の手順に従ってディスプレイを取り付けます。

ステップ 9 ディスプレイの取り付けが完了したら、この章のステップ 10 へ進みます。

ステップ 10 (オプション)中央、中央左、および中央右のリフレクタ パネルから電気アクセス パネルを取り外します。


) この手順を実行する際は、現地、地域、および国の安全に関する条例に従ってください。


 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

アクセス パネル

N/A

1

 

中央リフレクタ パネルに付属

2

ネジ

N/A

8

 

中央リフレクタ パネルに付属

図 6-11 電気コンセント アクセス パネルの取り外し(1/2)

 

図 6-12 電気コンセント アクセス パネルの取り外し(2/2)

 

ステップ 11 パネルの反対側で 8 本のネジを外し、中央のリフレクタ パネルの支持アーム パネル安全器を取り外します。

 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

リフレクタ パネル、中央

700-36913-xx
キット番号 69-2291

1

43-A

 

2

支持アーム アクセス パネル

N/A

2

 

中央リフレクタ パネルに付属

3

ネジ

N/A

16

 

中央リフレクタ パネルに付属

図 6-13 支持アーム パネル安全器の取り外し

 

ステップ 12 中央のディスプレイ構造の真後ろで、U チャネルの真ん中に中央の自立型壁フレームを置きます。


) このフレームには、識別と取り付けがしやすいよう、左から右に 1 ~ 5 の番号が付けられています。


図 6-14 に、フレーム アセンブリ全体を示します。ここでは中央の壁フレームだけを取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

壁フレーム、中央

700-36933-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

2

壁フレーム、中央左

700-36934-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

ステップ 20 以降で取り付けます。

3

壁フレーム、中央右

700-36962-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

ステップ 20 以降で取り付けます。

4

壁フレーム、左端

700-36931-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

ステップ 20 以降で取り付けます。

5

壁フレーム、右端

700-36932-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

ステップ 20 以降で取り付けます。

図 6-14 中央の自立型壁フレームの取り付け

 

ステップ 13 図 6-15 に示すように、中央のリフレクタ パネルに支持アームを通します。

 

ステップ 14 M8 ナットとワッシャを使用して、支持アームを中央のリフレクタ パネルとともに中央の壁フレームに取り付けます。この時点ではネジを完全に締めないでください。


) この時点では、中央の壁フレームを U チャネルまたは中央の壁フレームに取り付けないでください。リフレクタの塗装面を傷つけないよう注意しながら、パネルを中央の壁フレームにもたせかけます。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

壁フレーム、中央

700-36933-01

1

43-B

 

2

リフレクタ パネル、中央

700-36913-xx
キット番号 69-2291

1

43-A

 

3

ディスプレイ スタンドの支持アーム

800-37499-xx
キット番号 69-2340

2

43-C-1 および 43-C-2

 

4

M8 フェンダ ワッシャ

N/A

8

 

アーム(800-37499-xx)に取り付け済み

5

M8 ナット

N/A

8

 

アーム(800-37499-xx)に取り付け済み

図 6-15 中央フレームへの支持アームの取り付け(1/2)

 

図 6-16 中央フレームへの支持アームの取り付け(2/2)

 

ステップ 15 支持アームのネジをゆるめます。

これらのネジを使用して支持アームの長さを調節できます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ディスプレイ スタンドの支持アーム

800-37499-01
キット番号 69-2340

2

43-C-1 および 43-C-2

リフレクタ壁に取り付け済み

2

支持アーム調整ネジ

N/A

4

 

支持アームに付属

図 6-17 支持アームを固定しているネジをゆるめる

 

ステップ 16 M8 x 16 mm ネジを使用して、中央壁フレームの支持アームを中央のディスプレイ スタンドに取り付けます。


ヒント リフレクタ壁がチャネル内で図 6-19 のようになるよう維持してください。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ディスプレイ スタンドの支持アーム

800-37499-01
キット番号 69-2340

2

43-C-1 および 43-C-2

リフレクタ壁に取り付け済み

2

ディスプレイ スタンド、中央

800-37616-01
キット番号 69-2323

1

1

取り付け済み

3

中央のリフレクタ壁とリフレクタ

N/A

1

 

取り付け済み

4

M8 x 16 mm プラス ネジ

48-3012-01
キット番号 69-2365-xx

8

6

 

図 6-18 中央ディスプレイ構造への中央壁フレームの取り付け(1/2)

 

図 6-19 中央ディスプレイ構造への中央壁フレームの取り付け(1/2):中央チャネルの詳細

 

ステップ 17 中央の壁フレームを水平と垂直の両方向で調節します。フレームのレベルを調節するには、次の手順を実行します。

a. 壁フレームの Z 字ブラケット チャネルから、中央の壁リフレクタ パネルをゆっくりと引き上げて取り外します。

調節中は支持アームにパネルを立てかけておきます。

b. レーザー水準器(推奨)またはバブル レベルを使用して、木製の腕木が水平になるようにフレームを調節します。

壁フレームの調節には、フレームの下部にある水平調節ネジを使用します。

c. 壁フレームの Z 字ブラケット チャネルに中央の壁リフレクタ パネルをゆっくりと差し込み、元の位置に戻します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ディスプレイ スタンドの支持アーム

800-37499-01
キット番号 69-2340

2

43-C-1 および 43-C-2

 

2

ディスプレイ スタンド、中央

800-37616-01
キット番号 69-2323

1

1

 

3

中央のリフレクタ壁とリフレクタ

N/A

1

 

 

4

水平調節脚

N/A

1

 

リフレクタ壁に付属

5

シェルフのエッジ

N/A

1

 

このエッジにレベルを当てます。

図 6-20 中央壁フレームの水平調節

 

ステップ 18 支持アームと壁フレームの取り付けナットを締めます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

M8 ナット

N/A

8

 

取り付け済み

図 6-21 支持アームと壁フレーム ナットの締め付け

 

ステップ 19 壁フレームの垂直方向を調節し、図 6-22 の丸数字で示されたネジを締めます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

支持アーム調整ネジ

N/A

4

 

支持アームに付属

図 6-22 壁の調節と支持アーム ネジの締め付け

 

ステップ 20 次の手順を実行して、残りのフレームを U チャネルに取り付けます。

a. フレームを U チャネルの上に置きます。

b. フレーム同士をゆっくりと押し付けます。


注意 パネル側面の位置決めドエルが、隣接するパネルの穴の位置と合っていることを確認してください。この穴とドエルの位置がずれていると、ドエルが破損する場合があります。

c. カム ロックを使用してパネル同士を完全に結合します。

カム ロックを壁フレームに印字された矢印の方向に回します。


) 壁の上部と下部のカム ロックは違う方向に回転します。図 6-25 の例を参照してください。


d. 壁フレームの内側にある水平調節脚を使用して壁フレームを調節します。

これらの調節脚は図 6-20 に示されています。


) 調節中、すべての調節脚がチャネル下部に接触していることを確認してください。


 

キー
部品の説明
部品またはキット番号
数量
カートン
コメント
1

壁フレーム、中央

700-36933-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

2

壁フレーム、中央左

700-36934-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

3

壁フレーム、中央右

700-36962-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

4

壁フレーム、左端

700-36931-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

5

壁フレーム、右端

700-36932-01
キット番号 69-2292-xx

1

43-B

 

6

カム ロック

N/A

1

 

壁フレームに付属

7

位置決めドエル

N/A

1

 

壁フレームに付属

図 6-23 壁フレームの取り付け(1/3):U チャネルにフレームを置く

 

図 6-24 壁フレームの取り付け(2/3):位置決めドエルを隣接するパネルの穴に結合

 

図 6-25 壁フレームの取り付け(3/3):カム ロックによる壁パネルの結合

 

ステップ 21 上部 L 字ブラケットをパネル間にできたポケットに差し込み、16 本の M4 x 16 mm 皿ネジを差し込んで締めます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

上部 L 字ブラケット

キット番号 69-2292-xx

4

43-B

 

2

4 x 16 mm 皿ネジ

キット番号 69-2292-xx

16

43-B

 

図 6-26 壁パネルへの上部 L 字ブラケットの取り付け(1/2)

 

図 6-27 壁パネルへの上部 L 字ブラケットの取り付け(2/2)

 

ステップ 22 次の手順を実行して、下部 L 字ブラケットを取り付けます。

e. 3 個の L 字ブラケットを図 6-28 のようにシェルフの底部に取り付けます。


) このブラケットはすでに取り付けられている場合があります。その場合は壁パネルからブラケットを取り外してください。


f. なべ頭ネジを使用して、ブラケットをフレームの下部に取り付けます。

g. ブラケットのエッジが図 6-29 のように結合されていることを確認し、左右の L 字ブラケットを取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

下部 L 字ブラケット

700-36933-01
キット番号 69-2292-xx

3

43-B

ブラケットは壁パネルにすでに取り付けられている場合があります

2

4 x 14 mm なべ頭ネジ

キット番号 69-2292-xx

27

43-B

ブラケットは壁パネルにすでに取り付けられている場合があります

図 6-28 壁パネルへの下部 L 字ブラケットの取り付け(1/2)

 

図 6-29 壁パネルへの下部 L 字ブラケットの取り付け(2/2)