Cisco TelePresence System TX9000/TX9200 アセンブリ/ 使用上の注意/ 現場交換可能なユニット ガイド
電子ハードウェア、正面ブラケット、カメラ アセンブリ、ケーブル ランナーの組み立て
電子ハードウェア、正面ブラケット、カメラ アセンブリ、ケーブル ランナーの組み立て
発行日;2012/06/25 | 英語版ドキュメント(2012/05/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

電子ハードウェア、正面ブラケット、カメラ アセンブリ、ケーブル ランナーの組み立て

電子ハードウェア、正面ブラケット、カメラ アセンブリ、ケーブル ランナーの組み立て


ステップ 1 この章の初めに、取り付ける電子機器を書き留めておいてください。 表 8-1 で電子機器の配置を説明し、図 8-1 にそれらの位置を示します。

 

表 8-1 電子機器の配置

キー
左側
右側
中央左側
1

コーデック(2)

コーデック(2)

照明制御ユニット

(注) このユニットの位置については図 8-7 を参照してください。

2

コーデック電源(2)

コーデック電源(2)

音声/ビデオ拡張ユニット

(注) このユニットの位置については図 8-7 を参照してください。

3

音声/ビデオ拡張ユニット電源装置(1)

(注) このコンポーネントの詳細図については図 8-5 を参照してください。

カメラ電源装置(図示せず)

4

照明制御ユニット(LCU)電源装置(2)

(注) このコンポーネントの詳細図については図 8-5 を参照してください。

5

カメラ電源装置(図示せず)

電子機器ブラケットの上端にある中央ノッチの右側に取り付け

図 8-1 電子機器の取り付け位置

 

 

ステップ 2 次の手順を実行して、左と中央のディスプレイの間に電子機器ブラケットを取り付けます。

a. NO.2 ドライバまたはドライバ ビットを使用して、6 本のネジを構造に差し込みます。ただし、ネジは完全に締めないでください。

b. ブラケットのキーホールを利用して、ブラケットをネジの上にスライドさせます。

c. ネジを締めます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電子機器ブラケット、中央

700-37122-01
キット番号 69-2323-xx

1

1

このブラケットを左と中央のディスプレイの間に取り付けます。

2

M4 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3011-01
キット番号 69-2367-xx

6

6

図 8-2 左および中央ディスプレイ間への電子機器ブラケットの取り付け

 

ステップ 3 コーデック用のブラケットを取り付けます。上部および下部ブラケットをコーデックの上に置き、NO.2 ドライバまたはドライバ ビットで非脱落型ネジを締めます。

図 8-3 および図 8-4 に示すように、コーデックに対するブラケットの向きに注意してください。コーデック上部のキーホール マウントと下部の溝付きマウントを使用してブラケットを取り付けます。


図 8-3 の番号は上下が逆になっています。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

コーデック ブラケット、上部

700-37129-01
キット番号 69-2323-xx

8

1

コーデックを垂直方向に取り付けると、このブラケットが上向きになります。

2

コーデック ブラケット、下部

700-37128-01
キット番号 69-2323-xx

8

1

コーデックを垂直方向に取り付けると、このブラケットが下向きになります。

3

非脱落型ネジ

N/A

16

コーデック ブラケットに付属

図 8-3 コーデックへのコーデック ブラケットの取り付け

 

ステップ 4 次の手順を実行して、各コーデックを 4 本の M4 x 16 mm ネジでディスプレイ アセンブリに取り付けます。

a. 4 本のネジを仮締めします。

b. 上部のコーデック ブラケットのキーホール スロットをはめ込んでネジを通します。

c. ネジの上にコーデックを下ろします。

d. ネジを締めます。


注意 コーデックは、図 8-3 で示された通りに取り付ける必要があります。コーデックを図で示された方向に取り付けていない場合、コーデックの過熱、過剰なノイズ、または故障の原因となります。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

M4 x 16 mm ネジ

48-3011-01
69-2367-xx

16

6

図 8-4 ディスプレイ アセンブリへのコーデックの取り付け

 

ステップ 5 コーデック、音声/ビデオ拡張ユニット、LCU 電源を左の電子機器ブラケットに取り付けます。


) メイン AC 電源コンセントが下向き、DC コンセントが上向きになるように電源を配置してください。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

コーデック電源装置

CTS-CODEC-S-PWR

2

11

TS2 および TS1 コーデックに使用。

2

音声/ビデオ拡張ユニット電源装置

CTS-PWR-CUBE4

1

11

3

照明制御ユニット(LCU)電源装置

CTS-PWR-LT-LED

2

11

図 8-5 中央左の電子機器ブラケットへの電源の取り付け

 

ステップ 6 右の電子機器ブラケットにコーデック電源を取り付けます。


) メイン AC 電源コンセントが下向き、DC コンセントが上向きになるようにしてください。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

コーデック電源装置

CTS-CODEC-S-PWR

2

11

TS4 および TS3 コーデックに使用。

図 8-6 右の電子機器ブラケットへのコーデック電源の取り付け

 

ステップ 7 照明制御ユニット(LCU)、音声/ビデオ拡張ユニット、およびカメラ電源装置を中央の電子機器ブラケットに取り付けます。ユニットの取り付けには M4 ナットを使用し、KEP ナットの取り付けには 7 mm レンチを使用します。

各ユニットの向きに注意してください。

LCU は、ライト接続部が上部にくるように取り付けます。

音声/ビデオ拡張ユニットは、マイク コネクタが左側になるように取り付けます。

(図示せず)カメラ電源装置は、電子機器ブラケットのノッチの右側に直接取り付けます。このノッチはブラケットの中央にあり、取り付け終了後は照明制御ユニットのすぐ右側に位置します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

照明制御ユニット

CTS-LCU-G2R
800-33995-01

1

30

2

音声/ビデオ拡張ユニット

CTS-LAEB-G2R
800-33994-01

1

31

3

M4 KEP ナット

49-0420-01

6

6

このナットは、周囲に歯が付いています。

4

カメラ電源装置

CTS-TX9K-CAM-PWR

1

11

図 8-7 には示されていません

図 8-7 中央電子機器ブラケットへの LCU と音声/ビデオ拡張ユニットの取り付け

 

ステップ 8 次の手順を実行して正面ブラケットを取り付けます。

a. 横に並んだ上部のネジ(全部で 2 本)をディスプレイ構造に差し込みます。

これらのネジは図 8-9 に付記番号 4a として示されています。

b. 中央のブラケットのキーホールをネジの上にスライドさせて、ブラケットをディスプレイ構造に差し込みます。

c. ディスプレイの底面と同じ高さになるまで、ブラケットを上方向にスライドさせます。 詳細については、図 8-10 を参照してください。

d. 横に並んだ下部のネジ(全部で 2 本)をディスプレイ構造に差し込みます。

これらのネジは図 8-9 に付記番号 4b として示されています。

e. ネジ(図 8-11 に示すダイヤモンド形の穴から見えるネジも含みます)を締め、ブラケットをディスプレイ アセンブリにしっかりと固定します。

f. 左右のブラケットをディスプレイ構造に差し込み、b.e. の手順に従ってブラケットを取り付けます。

g. 中央の正面ブラケットの一番外側のネジを締めます。詳細については、図 8-12 を参照してください。


) この 2 本のネジで、中央と左右の正面ブラケットが連結されます。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

正面ブラケット、中央前面

700-37309-01
キット番号 69-2323

1

1

2

正面ブラケット、左側前面

700-37308-01
キット番号 69-2323

1

1

3

正面ブラケット、右側前面

700-37310-01
キット番号 69-2323

1

1

4

M6 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356-xx

14

6

図 8-8 正面ブラケットの取り付け(1/5):正面ブラケットの位置

 

図 8-9 正面ブラケットの取り付け(2/5):ディスプレイ アセンブリへのネジの取り付け

 

図 8-10 正面ブラケットの取り付け(3/5):ブラケットをディスプレイ アセンブリに取り付けて押し上げ、ディスプレイの底面に揃える

 

 

図 8-11 正面ブラケットの取り付け(4/5):ネジの締め付けとダイヤモンド形穴のネジの位置

 

図 8-12 正面ブラケットの取り付け(5/5):連結ネジの締め付け

 

ステップ 9 6 個(各ブラケットに 2 個)のダイヤモンド形穴に対してレーザー水準器を使用し、前面の正面ブラケットを水平にします。ブラケットが水平でない場合は、最も低いダイヤモンド形穴を基準線として使用し、他のブラケットをそのレベルまで下げます。


) ブラケットを水平にできない場合は、ネジをゆるめ、ブラケットを押し上げて構造内のできる限り高い位置まで差し込んでから、もう一度ネジを締めます。


図 8-13 前面の正面ブラケットの水平調節

 

ステップ 10 ブラケットの非脱落型ネジを使用して、左右の正面ブラケットを取り付けます。

この時点ではネジを完全に締めないでください。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

正面ブラケット、左側面

700-37256-01
キット番号 69-2323

1

1

2

正面ブラケット、右側面

700-37251-01
キット番号 69-2323

1

1

図 8-14 左右ブラケットの取り付け

 

ステップ 11 次の手順を実行して、左、右、および中央背面上部の正面ブラケットを取り付けます。

a. まず、左の正面ブラケット(上部)から取り付けます。NO.2 プラス ドライバを使用して、左側の 2 本の上部ネジを仮締めします。

これらのネジは図 8-16 に付記番号 5a として示されています。


) キーホール スロットをネジの下にはめ込むことができるように、少し空間(ブラケットの材質の厚みを少し上回る程度)をあけておきます。


b. ブラケットをネジと位置決めピンの上に置きます。

c. ブラケットの下部に 2 本のネジを差し込みます。

これらのネジは図 8-16 に付記番号 5b として示されています。


) ネジは完全に締めないでください。


d. 前面と左右のブラケットを基準にしてブラケットを水平にして、4 本のネジをすべて締めます。


ヒント ブラケットの水平調節は、ブラケットの穴とレーザー水準器を使用して行います。すべての穴がレーザー水準器と一致するまで、ブラケットを上下に移動します。

e. 手順 a.d. を実行して右のブラケットを取り付けます。


) 詳細については、図 8-16 を参照してください。


f. 手順 a.d. を実行して中央のブラケットを取り付けます。


) 左右ブラケットのスロットが、位置決めピンおよびディスプレイ アセンブリのスタッドの上方にあることを確認してください。スタッドは図 8-17 に付記番号 6、位置決めピンは付記番号 7 として示されています。


g. 4 個の M5 ナットを 8 mm ソケット ドライバまたはオープン エンド レンチで 4 個の M5 スタッドに固定します。


) 詳細については、図 8-17 を参照してください。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

正面ブラケット、中央背面(上部)

700-37306-01
キット番号 69-2323

1

1

2

正面ブラケット、左側背面(上部)

700-37304-01
キット番号 69-2323

1

1

3

正面ブラケット、右側背面(上部)

700-37302-01
キット番号 69-2323

1

1

4

正面ブラケット、左、右、および中央背面(ベース)

700-37303-01
キット番号 69-2323

3

1

5

M6 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356-xx

12

6

6

M5 ナット

49-0747-01
キット番号 69-2410-xx

4

6

7

位置決めピン

N/A

N/A

基準としてのみ使用

図 8-15 背面の正面(上部)ブラケットの取り付け(1/3):背面の正面ブラケットの位置

 

図 8-16 背面の正面(上部)ブラケットの取り付け(2/3):右側背面の正面ブラケットの取り付け

 

図 8-17 背面の正面(上部)ブラケットの取り付け(3/3):中央背面の正面ブラケットの取り付け

 

ステップ 12 次の手順を実行して、左、右、および中央背面の正面(ベース)ブラケットを取り付けます。

a. 上部の 2 本のネジを仮締めして、左の正面ブラケット(ベース)を取り付けます。これらのネジは図 8-18 に付記番号 2a として示されています。


) キーホール スロットをネジの下にはめ込むことができるように、少し空間(ブラケットの材質の厚みを少し上回る程度)をあけておきます。


b. ブラケットを 2 本のネジの上に置きます。

c. 残り 2 本のネジを差し込みます。ただし完全に締めないでください。これらのネジは図 8-18 に付記番号 2b として示されています。

d. ブラケットを下げられるところまで押し下げます。

e. すべてのネジを完全に締めます。

f. 手順 a.e. を実行して右のブラケットを取り付けます。

g. 手順 a.e. を実行して中央のブラケットを取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

正面ブラケット、左、右、および中央背面(ベース)

700-37303-01
キット番号 69-2323-xx

3

1

2

M6 x 16 mm なべ頭ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356-xx

12

6

図 8-18 背面の正面(ベース)ブラケットの取り付け

 

ステップ 13 カメラ アセンブリを中央のディスプレイ構造に取り付け、4 本の M8 ソケット キャップ ネジで固定します。


) ブラケットをシステムの中心に置いた状態で、ネジが完全に締まっていることを確認します。これらのネジを締めるには、6 mm 六角キーまたはキー ビットを使用します。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

カメラ アセンブリ

800-369215-01

1

29

2

M8 x 20 mm フランジ ヘッド、六角ソケット キャップ ネジ

48-4341-01

4

29

カメラ アセンブリ キットに付属

図 8-19 カメラ ブラケットの取り付け

 

ステップ 14 次の手順を実行して、ケーブル ランナー ベースをディスプレイ アセンブリに取り付けます。

a. ディスプレイにぶつけないように注意しながら、ケーブル ランナー ベースを床に置きます。

b. ベース ブラケットとガイド ピンの位置を合わせます。ガイド ピンは図 8-20 に示すネジの下にあります。

c. M6 ネジを使用してランナーをディスプレイ アセンブリに取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ケーブル ランナー ベース

700-31314-01
キット番号 69-2323-xx

1

1

2

M6 x 16 mm ネジ

48-3000-01
キット番号 69-2356-xx

2

6

3

ガイド ピン

N/A

N/A

ディスプレイ アセンブリに付属

図 8-20 ケーブル ランナー ベースの取り付け