Cisco TelePresence System TX9000/TX9200 アセンブリ/ 使用上の注意/ 現場交換可能なユニット ガイド
第 1 列テーブルの設置の完了
第 1 列テーブルの設置の完了
発行日;2012/06/25 | 英語版ドキュメント(2012/05/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

第 1 列テーブルの設置の完了

第 1 列テーブルの設置の完了

この章では、第 1 列テーブルの設置を完了する手順について説明します。

ステップ 1 電源/イーサネット チャネル パネルを外側の脚に取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電源/イーサネット チャネル パネル カバー、外側脚の右

700-37178-01
キット番号 69-2332-xx

2

2

2

電源/イーサネット チャネル パネル カバー、外側脚の左

700-37179-01
キット番号 69-2332-xx

2

2


) これらのパネルは、ディスプレイ構造から見たときの状態で示されています。そのため、左右が逆になっています。


図 11-1 外側脚へのチャネル パネルの取り付け

 

ステップ 2 次の手順を実行して、テーブル セクションを組み立てます。

a. テーブル トップ部品を 正しい方向を上にして テーブル構造の上に置き、それらを最終位置から少しずらしておきます。

テーブル上には一度に 2 つのテーブル セクションのみを置きます。


図 11-2 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。



注意 テーブル セクションを裏返しにして置くことは絶対にしないでください。テーブル トップの木の仕上げが傷つく可能性があります。

次の手順に従ってテーブル トップの連結作業を行っている間は、別の人が部品を支えていなければならない場合があります。

b. 5 つの木製ビスケット(付記番号 4)を溝に取り付けます。その後、テーブル セクションどうしをゆっくりと押し付けます。

c. 2 つの半月形の連結器具(付記番号 3)を設置し、それらを締めてテーブルをつなぎます。

d. 2 枚の連結プレート(付記番号 5)を 12 本のネジ(付記番号 6)を使用して取り付けます。

e. 残りのテーブル連結について、b. から d. を繰り返します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

半月形のテーブル連結器具

51-6068-01
キット番号 69-2300-xx または 69-2344-xx

4

44

キット番号は、発注したテーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

2

木製ビスケット

700-23909-01
キット番号 69-2298-xx

10

44

3

連結プレート

700-23345-01
キット番号 69-2332-xx

1

2

4

M8 x 16mm ネジ

48-2430-01
キット番号 53-3789-01
サブキット番号 69-2353-xx

24

6

図 11-2 テーブル アセンブリ上へのテーブル セクションの設置と接続

 

ステップ 3 次の手順を実行して、テーブル セクションをテーブル脚に固定します。

a. 完全に組み立てられたテーブル トップを正しい位置にスライドします。

b. テーブル トップを 26 本のネジ(付記場号 2)で脚に固定します


) 中央の脚に対してディスプレイ構造に最も近い 2 本のネジを取り付けることから始めます。その後、外側の各脚にも同様に 2 本のネジを取り付けます。最後に、すべてのネジを取り付け、それらを締めます。


c. 上部のケーブル ランナーを 16 本の M4 x 10mm ネジ(図 11-3 の付記番号 1)でテーブルに固定します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ケーブル ランナー、上部

700-37028(右)、700-37740(左)
キット番号 69-2332

2

2

2

M4 x 10mm ネジ

48-2594-01
キット番号 69-2358xx

16

6

3

M8 x 16mm ネジ

48-2430-01
キット番号 53-3789-xx
サブキット番号 69-2353-xx

30

6

図 11-3 テーブル脚へのテーブル セクションの取り付け

 

ステップ 4 次の手順を実行して、マイクとケーブル ランナー カバーを取り付けます。

a. マイク ケーブルをテーブルの穴に通し、各マイクを 2 本のネジ(付記番号 5)で固定します。

マイクをミュート ボタンがユーザ側を向くように配置します。

b. マイク延長ケーブル(付記番号 7)を接続し、図に示されているようにマイク ケーブルを配線します。これらのケーブルは、ベルクロ ストリップを使用してテーブル脚のクリップに固定します。

c. 各ケーブル ランナー カバー(付記番号 2 と 3)を所定の位置に 8 本のネジ(付記番号 1)で固定します。

d. ケーブルが、化粧パネルの取り付け時に挟まれることがないように、構造内部に収まっていることを確認します。

メカニカルな部品がケーブルと干渉するのを防ぐには、ケーブルの配線位置が重要です。

e. 中央のマイク ケーブルが木材の裏面のチャネルに沿って進み、上部トラスの中へと配線されていることを確認します。詳細については、図 11-4 を参照してください。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

M4 x 10mm なべ頭ネジ

48-2594-01
キット番号 69-2358-xx

16

6

2

左側のケーブル ランナー カバー

700-37184-01
キット番号 69-2327-xx

1

7

3

右側のケーブル ランナー カバー

700-37185-01
キット番号 69-2327-xx

1

7

4

マイク アセンブリ

74-10241-01
CTS-TX9K-MIC

3

18、19、20

5

M4 x 30mm ネジ

N/A

6

18、19、20

マイク キットに同梱

6

マイク ジャンパ ケーブル

N/A

3

18、19、20

マイク キットに同梱

7

ベルクロ ストラップ

52-0499-01
キット番号 69-2403-xx

70

6

図 11-4 には示されていません。これらのストラップはケーブル配線に利用します。

図 11-4 マイクとマイク ケーブルの取り付け

 

ステップ 5 次の手順を実行して、Cisco TelePresence Touch デバイス用イーサネット ケーブルと共有プレゼンテーション ケーブルを接続し、配線します。

a. プレゼンテーション ディスプレイ共有用と Touch デバイス用のケーブルを中央構造のブラケットを経由して中央テーブルのケーブル出口まで通します。

プレゼンテーション ケーブルは 3 本提供されています。そのうちの 1 本のみを取り付けます。各ケーブルにはそれぞれ異なるタイプのコネクタ(VGA、mini-DisplayPort、または DisplayPort)が付いています。


) 会議の参加者に合わせて適切なコネクタ タイプを使用してください。システムの設置が完了した後にプレゼンテーション ケーブルを交換することは困難です。プレゼンテーション ケーブル コネクタ用のアダプタは提供されていません。ただし、コネクタ タイプを別のタイプに変換するアダプタを購入することはできます。


b. 各ケーブルをトラスの別々の開口部(図 11-5 に示されている V 字形ウィング)に通します(1 本は左側のトラス、もう 1 本は右側のトラス)。

c. ケーブルをトラスに通した後、それらのケーブルをケーブル ガイドに通します。このとき、イーサネット ケーブルはディスプレイに最も近いケーブル ガイド チャネルを通り、プレゼンテーション ディスプレイ用ケーブルはディスプレイから最も遠いチャネルを通るようにします。

d. ケーブル ガイド(付記番号 3)を所定の位置に 3 本のネジ(付記番号 4)で固定します。シスコのロゴが会議参加者側に向いていることを確認します。

e. テーブルから十分な長さのケーブルが出ていることを確認します。

最も遠い参加者にまで届くように、プレゼンテーション ケーブルの長さを十分確保します。

Cisco Touch デバイス用に約 3 フィート(1 メートル)の長さを確保します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

プレゼンテーション ケーブル + 音声、8 メートル

VGA コネクタ1

DisplayPort コネクタ および HDMI-to-DisplayPort コネクタ2

Mini-DisplayPort コネクタ および HDMI-to-DisplayPort コネクタ3

脚注を参照

1

46

脚注を参照。一部のシステムには VGA コネクタしか同梱されないことに注意してください。

2

6 メートル(20 フィート)のイーサネット ケーブル(Cisco Touch 用)

69-2346-01

1

13

3

ケーブル ガイド

700-37274-01
キット番号 69-2333-xx

1

10

4

M4 皿ネジ

48-1943-01
キット番号 69-2344-xx

3

6

1.このケーブルの部品番号は 37-1406-01 です。

2.ケーブルの部品番号は 37-1407-01、アダプタの部品番号は 37-1405-01 です。アダプタは、コーデックへの接続に必要です。

3.ケーブルの部品番号は 37-1408-01、アダプタの部品番号は 37-1405-01 です。アダプタは、コーデックへの接続に必要です。

図 11-5 プレゼンテーション ディスプレイと Touch デバイスのケーブルの取り付け

 

ステップ 6 プレゼンテーション共有の音声ケーブルとビデオ ケーブルの端部にケーブル管理ボールを追加します。

このボールにより、プレゼンテーション ケーブルがケーブル出口に滑り込んでテーブル内に消えてしまうのを防ぎます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ケーブル管理ボール

700-37866-01
キット番号 69-2350-xx

1

17

図 11-6 ケーブル管理ボールの取り付け

 

ステップ 7 次の手順を実行して、プレゼンテーション ケーブルを配線し、内側ケーブル ブリッジ キャップをテーブル アセンブリに取り付けます。

a. プレゼンテーション ケーブルをケーブル ブリッジの内側部品(プラスチック製の漏斗形状アセンブリ)に通します。

b. 内側ケーブル ブリッジ キャップ(付記番号 1)を 4 組のネジとナットでケーブル ブリッジに取り付けます。このとき、プレゼンテーション ケーブルがケーブル ブリッジとケーブル ブリッジ キャップの間を通るようにします。

c. プレゼンテーション ケーブルをテーブルの穴から 8 フィート(2.5 メートル)引き出します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

プレゼンテーション ケーブル

N/A

1

取り付け済み

2

内側ケーブル ブリッジ キャップ

700-37739-01
キット番号 69-2332-01

1

2

3

M4 x 10mm ネジ

48-2594-01
キット番号 69-2358-01

4

6

4

M4 ナット

49-0746-01
キット番号 69-2362-01

4

6

図 11-7 内側ケーブル ブリッジ キャップの取り付け(1/2):ケーブル ブリッジ キャップとプレゼンテーション ケーブル

 

ステップ 8 次の手順を実行して、Cisco Touch ケーブルを配線し、ケーブル ブリッジの組み立てを完了します。

a. Touch デバイス用のケーブルを 8 フィート(2.5 メートル)引き出します。

b. ステップ 7 で取り付けた内側ケーブル ブリッジ キャップとケーブル ブリッジの間に Touch デバイス ケーブルを配置します。

c. ケーブル ブリッジを所定の位置まで回転させ、2 本のネジ(付記番号 4)を使用してブリッジをテーブル アセンブリに固定します。


) プレゼンテーション ケーブルと Touch ケーブルが別々の配線経路にあることを確認します。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

Cisco Touch ケーブル(5 メートルのイーサネット ケーブル)

1

取り付け済み

2

内側ケーブル ブリッジ キャップ

700-37739-01
キット番号 69-2332-xx

1

2

3

ケーブル ブリッジ

700-27738-01
キット番号 69-2332-xx

1

2

4

M4 x 10mm ネジ

48-2594-01
キット番号 69-2358-xx

2

6

図 11-8 ケーブル ブリッジ キャップの取り付け(2/2):ケーブル ブリッジ キャップと Cisco Touch ケーブル

 

ステップ 9 次の手順を実行して、上部と下部の内側プライバシー パネルを取り付けます。

a. 下部プライバシー パネルを所定の場所に配置し、テーブル アセンブリに取り付けます。

b. 上部プライバシー パネルを取り付けます。

このパネルは、マグネットでテーブル アセンブリに取り付けられます。

ステップ 10 ボール スタッドを圧入して、右と左のテーブル脚パネル(付記番号 3 と 4)を取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

中央下部のプライバシー パネル(内側)

700-37273-01
キット番号 69-2333-xx

1

10

2

中央上部のプライバシー パネル(内側)

700-37176-01
キット番号 69-2327-xx

1

7

3

右テーブル脚パネル

700-37180-01
キット番号 69-2332-xx

2

N/A

テーブル脚に事前に取り付けられている

4

左テーブル脚パネル

700-37181-01
キット番号 69-2332-xx

2

N/A

テーブル脚に事前に取り付けられている

図 11-9 中央の上部と下部のプライバシー パネルの取り付け(内側)

 

ステップ 11 マイク ケーブル カバーを中央テーブルの裏面の所定の位置にクリップ留めします。

このクリップにより、マイク ケーブルが自身のチャネルから垂れ下がることがなくなり、テーブル裏の外観がきれいになります。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

マイク ケーブル カバー

700-37744-01
キット番号 69-2338-01

1

2

図 11-10 マイク ケーブル カバーの取り付け

 

ステップ 12 テーブル脚から保護プラスチック フィルムをはがします。