Cisco TelePresence System TX9000/TX9200 アセンブリ/ 使用上の注意/ 現場交換可能なユニット ガイド
第 2 列テーブルの組み立て(TX9200 システムのみ)
第 2 列テーブルの組み立て(TX9200 システムのみ)
発行日;2012/06/25 | 英語版ドキュメント(2012/05/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

第 2 列テーブルの組み立て(TX9200 システムのみ)

テーブル脚の番号付け

第 2 列テーブルの組み立て

第 2 列テーブルの組み立て(TX9200 システムのみ)

この章では、Cisco TelePresence TX9200 システムの第 2 列テーブル アセンブリを設置する手順について説明します。

テーブル脚の番号付け

この章では、各テーブル脚を表す際に、それぞれに対応する文字を使用します。この番号付けの方法については、図 12-1 を参照してください。

図 12-1 完成した第 2 列テーブルでの脚の番号付け

 

第 2 列テーブルの組み立て

第 2 列テーブルを組み立てるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 各テーブル脚を開梱します。

ステップ 2 テーブル脚の上下を逆にし、最終的な設置場所付近にそれらを配置します。図 12-1 を参考にして、テーブル脚を配置する場所を決定します。


ヒント 各脚の上部にあるラベルを確認して、配置を決定します。

ステップ 3 脚を上下逆にしたまま、水平調節脚の六角ナットと構造のすき間を測定します。

ステップ 4 必要に応じて、六角ナットと構造の間の距離が 22 mm になるまでナットを調整します。

図 12-2 テーブル脚の水平調節脚の調整

 

ステップ 5 次の手順を実行して、テーブル脚 H、テーブル脚 I、およびプライバシー パネル ブラケットを 1 つに結合します。


) これ以降の手順のために、テーブル脚の保護フィルムを少しはがします(構造と脚の結合部分が露出するまで)。


a. プライバシー パネル ブラケット(図 12-3 の付記番号 1)を脚 H と脚 I(付記番号 2 と 3)の間に取り付けます。

テーブル脚の文字の割り付け方法は、図 12-1 に示されています。

b. 位置合わせピンを穴の位置に合わせ、パネルを 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 4)で取り付けます。

これらのネジ(およびプライバシー パネルをテーブル脚に取り付けるすべてのネジ)は、システムの背面側から取り付けます。図 12-3 に、システムの前面から第 2 列を見たときのテーブル脚を示します。

c. 次の場所に水準器を設置することで、各脚の上面が同じ高さで水平になっていることを確認します。

脚の側に水準器を設置して、脚の高さを揃えます。

テーブル脚の上部に水準器を設置します(テーブル脚に対して平行と垂直の両方)。


) この手順にはレーザー水準器も使用できます。



ヒント すべてのテーブル セクションが取り付け終わるまで、どのネジも完全には締めないでください。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2315-xx

1

52

2

脚 I

800-37781-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

3

脚 H

800-37780-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

4

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-3 中央右のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 6 脚 G と H の間のプライバシー パネル ブラケット(図 12-4 の付記番号 3)を 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 2)を使用して組み立てます。

ステップ 7 脚 G が他の脚と同じ高さであることと、上面が水平であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

脚 G

800-37779-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

2

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2315-xx

1

52

3

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-4 中央左のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 8 脚 I と J の間のプライバシー パネル ブラケット(図 12-5 の付記番号 2)を 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 3)を使用して組み立てます。

ステップ 9 脚 J が他の脚と同じ高さであることと、上面が水平であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

脚 J

800-37782-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

2

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2315-xx

1

52

3

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-5 右中央のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 10 脚 J と K の間のプライバシー パネル ブラケット(図 12-6 の付記番号 2)を 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 3)を使用して組み立てます。

ステップ 11 脚 K が他の脚と同じ高さであることと、上面が水平であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

脚 K

800-37778-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

2

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

3

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-6 右端のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 12 脚 F と G の間のプライバシー パネル ブラケット(図 12-7 の付記番号 2)を 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 3)を使用して組み立てます。

ステップ 13 脚 F が他の脚と同じ高さであることと、上面が水平であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

脚 F

800-37777-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

2

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2315-xx

1

52

3

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-7 左中央のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 14 脚 E と F の間のプライバシー パネル ブラケット(図 12-8 の付記番号 2)を 8 本の M8 x 16 mm ネジ(付記番号 3)を使用して組み立てます。

ステップ 15 脚 E が他の脚と同じ高さであることと、上面が水平であることを確認します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

脚 E

800-37776-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

2

プライバシー パネル ブラケット

700-37511-01
キット番号 69-2315-xx

1

52

3

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

8

47

図 12-8 左端のプライバシー パネル ブラケットの組み立て

 

ステップ 16 第 1 列と第 2 列テーブル アセンブリ間の距離を測定し、必要に応じてその距離を調整します。


) テーブル脚の高さが水平であることを確認します。必要に応じて、ネジを緩め、テーブル脚の高さを調整してから、ネジを締め直します。



) テーブル アセンブリを移動しやすくするために、家具スライダー(平坦なプラスチック製品)を第 2 列テーブルの脚の下に設置できます。


図 12-9 第 1 列と第 2 列テーブル アセンブリ間の距離の測定

 

ステップ 17 次の手順を実行して、第 1 列と第 2 列テーブルが同じ高さであることを確認します。

a. 第 2 列の背後にレーザー水準器をセットアップします。

b. テーブル脚の上部の位置を第 1 列の木製テーブルトップの底面に合わせます。

図 12-10 第 1 列と第 2 列テーブルの位置合わせ

 

ステップ 18 次の手順を実行して、電源/イーサネット コンセント アセンブリを組み立てます。

a. 2 つの電源/イーサネット コンセント(付記番号 1)をテーブル脚カバーの前面(付記番号 2)に 8 本のナット(付記番号 3)を使用して取り付けます。

b. イーサネット ケーブル(付記番号 4)と電源ジャンパ ケーブル(該当する場合)を電源/イーサネット コンセントに接続します。


) 電源/イーサネット コンセントの向きに注意してください。これらは 1 つの向きでしか設置できません。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電源/イーサネット コンセント

「コメント」の項を参照してください。

10

54、55、56

部品番号は国によって異なります。正確な部品番号については、 付録 C「地域および国ごとに特有の機器」 を参照してください。

2

電源/イーサネット コンセント カバー、前面

700-37102-01
キット番号 69-2350-xx

5

51

3

M3 ナット

49-0833-01

40

電源/イーサネット コンセント キットに同梱

4

イーサネット ケーブル、6 メートル(20 フィート)

37-0833-01
キット番号 69-2351-01

6

48

図 12-11 電源/イーサネット コンセントの組み立て

 

ステップ 19 電源/イーサネット アセンブリをテーブル アセンブリに接続します(アセンブリごとに 4 本のネジ)。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電源/イーサネット アセンブリ

N/A

5

2

M5 皿ネジ

53-3798-xx
キット番号 69-2314-01

20

47

図 12-12 テーブル アセンブリへの電源/イーサネット アセンブリの接続

 

ステップ 20 次の手順を実行して、外側の電源/イーサネット接続を組み立てます。

a. 電源/イーサネット コンセント(付記番号 1)を電源/イーサネット コンセント カバー(付記番号 2)の下側の穴に、コンセント キットに同梱されている M3 ナット(付記番号 3)を使用して取り付けます。

b. イーサネット ケーブル(付記番号 4)と電源ケーブル(必要な場合)を電源/イーサネット コンセントに接続します。


) テーブル脚 E には長いイーサネット ケーブル(付記番号 5)を使用します。


c. 反対側の外側コンセントに対してステップ a. から b. を繰り返します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電源/イーサネット コンセント

コメントを参照

2

部品番号は国によって異なります。正確な部品番号については、 付録 C「地域および国ごとに特有の機器」 を参照してください。

2

電源/イーサネット コンセント カバー

800-37949-01
キット番号 69-2314-01

2

51

3

M3 ナット

49-0833-01

8

電源/イーサネット コンセント キットに同梱

4

イーサネット ケーブル、6 メートル(20 フィート)

37-0833-01
キット番号 69-2351-01

6

48

図 12-13 外側の電源/イーサネット接続の組み立て

 

ステップ 21 ステップ 20 で組み立てた電源/イーサネット コンセント アセンブリを外側のテーブル脚に装着します。


) テーブル脚 E に長いイーサネット ケーブル(付記番号 5)を必ず配置します。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

電源/イーサネット コンセント アセンブリ

N/A

2

組み立て済み

2

M5 皿ネジ

53-3798-xx
キット番号 69-2314-xx

4

47

図 12-14 外側のテーブル脚への電源/イーサネット コンセントの取り付け

 

ステップ 22 次の手順を実行して、配電ユニット(PDU)と電源ジャンパ ケーブルを接続します。

a. 2 つの PDU(付記番号 1)を脚 J と K および I と J の間のプライバシー パネルに 1 つずつ取り付けます。各 PDU には 2 本の M3 ナット(付記番号 2)を使用します。

b. 脚 F、G、および H からの電源ケーブルを脚 I と J の間の PDU に接続します。

c. 脚 I、J、K、および E からの電源ケーブルを脚 J と K の間の PDU に接続します。


) 外側の脚の PDU(脚 E と脚 K)を両方とも脚 J と K の間の PDU に接続します。これにより、各 PDU の接続が 6 つになります。


d. ベルクロ ストラップを使用して、ケーブルをきれいに配線します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

PDU

74-4787-02
CTS-PWR-PDU

2

49、50

2

M3 ナット

53-3798-xx
キット番号 69-2419-xx

4

47

3

ベルクロ ストラップ

52-0499-01
キット番号 69-2403-01

70

6

図 12-15 には示されていません。

図 12-15 プライバシー パネル チャネルへの PDU の設置

 

ステップ 23 次の手順を実行して、電源ケーブルを接続し、電源ケーブルとイーサネット ケーブルを配線して接続します。

a. ジャンパ ケーブルを第 2 列の PDU に接続し、ケーブルを右方向に配線します(側面の最も近いテーブル脚 K)。これらのケーブルを図 12-16 に青色で示します。

2 本のジャンパ ケーブルを使用して、脚 E、F、および G の電源コンセントを接続します。合計 6 本のジャンパ ケーブルを接続します。

b. 図 12-16 に示すように、第 2 列テーブルにケーブルを配線します。

電源ケーブルを下段のケーブル トレイに配置します。

イーサネット ケーブルを中段のケーブル トレイに配置します。

c. 余分なケーブルをきれいに束ね、ベルクロ ストラップ(付記番号 1)で固定します。

ベルクロ ストラップ(付記番号 1)を使用して、ケーブルをきれいに配線します。

d. テーブル脚の側面パネル アセンブリ(付記番号 2、3、5、および 6)を取り付けます。

e. レーザー水準器を使用してテーブル アセンブリを水平にします。脚の側面にあるダイヤモンド形のマークを参照ポイントとして使用します。


) ケーブル配線の詳細については、「ケーブルの接続と配線」を参照してください。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

テーブル脚の側面パネル アセンブリ、第 2 列の左

700-37182-01
キット番号 69-2314-xx

6

51

2

テーブル脚の側面パネル アセンブリ、第 2 列の右

700-37183-01
キット番号 69-2314-xx

6

51

3

テーブル脚の側面パネル アセンブリ、第 2 列の右端

700-37722-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

4

テーブル脚の側面パネル アセンブリ、第 2 列の左端

700-37721-01
キット番号 69-2314-xx

1

51

5

ベルクロ ストラップ

52-0499-01
キット番号 69-2403-01

70

6

図 12-16 には示されていません

6

電源ジャンパ ケーブル

69-2351-xx

6

48

図 12-16 には示されていません

図 12-16 ケーブルの配線とテーブル脚パネルの取り付け

 

ステップ 24 次の手順を実行して、テーブル セクション A と B を組み立てます。

a. テーブル セクション A と B を 正しい方向を上にして テーブル構造の上に配置し、テーブル トップの下にある接続ポイントにアクセスできるように、最終位置から少しずらします。


図 12-17 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。


以降の手順に従って裏側から組み立て作業を行っている間は、別の人が部品を支えていなければならない場合があります。

b. 4 つの木製ビスケット(付記番号 3)を溝に取り付けます。その後、テーブル セクションどうしをゆっくりと押し付けます。

c. 2 つの半月形の連結器具(付記番号 4)を設置し、それらを締めてテーブルをつなぎます。

d. 2 枚の連結プレート(付記番号 5)を 12 本のネジ(付記番号 6)を使用して取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列テーブル セクション A

700-37147-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

2

第 2 列テーブル セクション B

700-37148-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

3

木製ビスケット

700-23909-01
キット番号 69-2299-01

4

51

4

半月形のテーブル連結器具

51-6068-01
キット番号 69-2299-01

2

51

5

連結プレート

700-23345-01
キット番号 69-2314-01

2

51

6

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

12

47

図 12-17 テーブル セクション A と B の接続

 

ステップ 25 次の手順を実行して、テーブル セクション C をテーブル セクション A と B に接続します。

a. テーブル セクション C(付記番号 1)をテーブル セクション A と B の横に配置します。

b. 4 つの木製ビスケット(付記番号 2)を溝に取り付けます。その後、テーブル セクションどうしをゆっくりと押し付けます。

c. 2 つの半月形の連結器具(付記番号 3)を設置し、それらを締めてテーブルをつなぎます。

d. 2 枚の連結プレート(付記番号 4)を 12 本のネジ(付記番号 5)を使用して取り付けます。


図 12-18 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列テーブル セクション C

700-37149-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

図 12-18 テーブル セクション A と B へのテーブル セクション C の接続

 

ステップ 26 次の手順を実行して、組み立て済みのテーブル セクションにテーブル セクション D を接続します。

a. 組み立て済みのテーブル セクションの隣にテーブル セクション D(付記番号 1)を配置します。

b. 4 つの木製ビスケット(付記番号 2)を溝に取り付けます。その後、テーブル セクションどうしをゆっくりと押し付けます。

c. 2 つの半月形の連結器具(付記番号 3)を設置し、それらを締めてテーブルをつなぎます。

d. 2 枚の連結プレート(付記番号 4)を 12 本のネジ(付記番号 5)を使用して取り付けます。


図 12-19 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列テーブル セクション D

700-37150-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

図 12-19 組み立て済みのテーブル セクションへのテーブル セクション D の接続

 

ステップ 27 次の手順を実行して、組み立て済みのテーブル セクションにテーブル セクション E を接続します。

a. 組み立て済みのテーブル セクションの隣にテーブル セクション E(付記番号 1)を配置します。

b. 4 つの木製ビスケット(付記番号 2)を溝に取り付けます。その後、テーブル セクションどうしをゆっくりと押し付けます。

c. 2 つの半月形の連結器具(付記番号 3)を設置し、それらを締めてテーブルをつなぎます。

d. 2 枚の連結プレート(付記番号 4)を 12 本のネジ(付記番号 5)を使用して取り付けます。


図 12-20 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列テーブル セクション E

700-37151-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

図 12-20 組み立て済みのテーブル セクションへのテーブル セクション E の接続

 

ステップ 28 ステップ 27 と同じ手順を実行して、組み立て済みのテーブル セクションにテーブル セクション F を接続します。


図 12-21 の画像では、わかりやすくするために裏返しで表示しています。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列テーブル セクション F

700-37152-01
キット番号 69-2301-xx または 69-2386-xx

1

73

キット番号は、テーブルのタイプ(メイプルまたはウォルナット)によって異なります

図 12-21 組み立て済みのテーブル セクションへのテーブル セクション F の接続

 

ステップ 29 次の手順を実行して、テーブル セクションをテーブル脚に固定します。

a. 脚 H 上で 65 インチ ディスプレイに最も近い 2 つの穴が揃うようにテーブル トップをスライドさせます。

b. 2 本のネジ(図 12-22 の付記番号 1a)を取り付けます。ただし、それらを完全には締めないでください。

c. 各脚について、65 インチ ディスプレイに最も近い 2 本のネジを軽く締めます。

d. すべてのテーブル脚について、ディスプレイから最も遠いネジ(図 12-22 の付記番号 1b)を挿入します。

e. ステップ a. から d. で挿入したネジを完全に締めます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-01

42

47

図 12-22 テーブル脚へのテーブル セクションの接続

 

ステップ 30 第 1 列と第 2 列テーブル間の最終測定を行い、必要に応じて第 2 列テーブルを移動します。


) テーブルを移動しやすくするために、家具スライダー(平坦なプラスチック製品)を第 2 列テーブルの脚の下に設置できます。


図 12-23 第 1 列と第 2 列の間の距離

 

ステップ 31 次の手順を実行して、マイクを設置します。

a. ミュート ボタンが 65 インチ ディスプレイから離れる方向を向くようにマイク アセンブリ(付記番号 1)を設置し、2 本の M4 x 30 mm ネジ(付記番号 2)を使用して取り付けます。

b. マイク ケーブルをプライバシー パネル ブラケットに送り込みます。


図 12-24 に示されているチャネルをケーブルが通っていることを確認します。


c. ステップ a. から b. を繰り返して、残りの 5 つのマイクを組み立てます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

マイク アセンブリ

74-10241-01
CTS-TX9K-MIC

6

67 ~ 72

2

M4 x 30mm ネジ

N/A

12

マイク キットに同梱

図 12-24 テーブル トップへのマイクの設置

 

ステップ 32 次の手順を実行して、マイク延長ケーブルをマイクに接続し、ケーブルを配線します。

a. マイク延長ケーブル(付記番号 1)をマイク ケーブルに接続します。

b. すべてのマイク ケーブルを上段のケーブル トレイに沿って配線します。

c. ベルクロ ストラップを使用してケーブルを固定します(付記番号 2)。


) F と G、および G と H の間のマイクには延長ケーブルを 1 本追加します。脚 E と F の間のマイクには延長ケーブルを 2 本追加します。


 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

マイク延長ケーブル

37-0931-01
キット番号 69-2351-01

7

48

2

ベルクロ ストラップ

52-0499-01
キット番号 69-2403-01

70

6

キット内に 70 本のストラップが入っています。

図 12-25 マイク延長ケーブルの接続

 

ステップ 33 次の手順を実行して、第 2 列のケーブル配線を完了し、外側脚パネルと電気取り出し口ボックスを取り付けます。

a. すべてのケーブルを脚 K 内に通します。

b. ベルクロ ストラップ(付記番号 1)を使用して、ケーブルを固定します。

c. ケーブルをフロアの開口部に通します。その後、電気取り出し口ボックス アセンブリ(付記番号 2 または付記番号 5)を 2 本のネジ(付記番号 3)を使用して取り付けます。


) フロアにトレンチがある場合は、電気取り出し口ボックス 800-37783-01 を使用します。ケーブルが床の上に配線される場合は、電気取り出し口ボックス 800-37909-01 を使用します。


d. すべてのケーブルがテーブル脚の内部に整然と配線され、ケーブルが外側脚パネルの組み立ての邪魔にならないことを確認します。

e. 外側脚パネル(付記番号 4)を取り付けます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

ベルクロ ストラップ

52-0499-01
キット番号 69-2403-01

70

6

キット内に 70 本のストラップが入っています。

2

トレンチ付きフロア用の電気取り出し口ボックス

800-37783-01
キット番号 69-2314-01

1

51

3

M4 x 12mm ネジ

48-2426-01
キット番号 69-2358-01

2

47

4

外側脚パネル

700-37281-01
キット番号 69-2314-01

1

51

5

マウス ホール付き電気取り出し口ボックス(床上配線取り出し口付きフロア用)

800-37909-01
キット番号 69-2314-01

1

51

図 12-26 ケーブルの配線および外側脚パネルと電気取り出し口ボックスの取り付け

 

ステップ 34 次の手順を実行して、プライバシー パネルの化粧カバー(付記番号 1 ~ 4)を組み立てます。

a. プライバシー パネル 1 のキーホールをテーブル構造の位置合わせスタッドに滑り込ませます。その後、パネルを上方向にスライドさせます。このとき、押し上げながら側面に圧力を加えるようにします。

図 12-27 の番号付けに従って、使用する正しいプライバシー パネルを決定します。


) この手順には、作業員が 2 人必要になる場合があります。


b. 各パネルを固定するために、下から 3 本のネジ(付記番号 5)を取り付けます。

c. 残りのプライバシー パネルについて、ステップ a. から b. を繰り返します。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

プライバシー パネル、1

700-37591-01
キット番号 69-2321-xx

1

53

2 および
5

プライバシー パネル、2 および 5

700-37592-01
キット番号 69-2321-xx

2

53

3 および
4

プライバシー パネル、3 および 4

700-37593-01
キット番号 69-2321-xx

2

53

6

プライバシー パネル、6

700-37594-01
キット番号 69-2321-xx

1

53

7

M8 x 16 mm なべ頭ネジ、黒

48-2430-01
キット番号 53-3798-01
サブキット番号 69-2353-xx

18

47

図 12-27 プライバシー パネルの組み立て

 

ステップ 35 マイク ケーブル カバー(付記番号 1)をテーブルの裏面にはめ込みます。そのためには、図 12-28 に示すようにコンポーネントを絞り、ケーブル スロットに押し込みます。


ヒント これらのカバーを外す必要があるときは、カバーの開口端に指を入れ、引き抜きます。

 

キー
部品の説明
部品番号
数量
カートン
コメント
1

第 2 列のマイク ケーブル カバー

700-37828-01
キット番号 69-2339-xx

6

51

図 12-28 テーブルの裏面へのマイク カバーの取り付け

 

ステップ 36 テーブル脚から保護フィルムをはがします。