Cisco TelePresence System 3200 アセンブリ ガイド/使用上の注意/ 現場交換可能なユニット
第 2 列テーブル アセンブリの組み立て
第 2 列テーブル アセンブリの組み立て
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/10/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 60MB) | フィードバック

目次

第 2 列テーブル アセンブリの組み立て

この章で使用されるテーブル番号情報

部品リスト

第 2 列テーブル アセンブリの組み立て

この章で使用されるテーブル番号情報

テーブルトップとプライバシー パネルに、設置を支援するための番号が付けられます。テーブルトップとプライバシー パネルには次の番号方式のいずれかが使用されます。

テーブルトップに、セクション 1 からセクション 7 までの番号が付けられます。この番号方式では、テーブルトップ セクションがアセンブリの中央からカウントされます。セクション 5 が使用されるテーブルトップが 2 つあります。この 2 つのセクションを区別する場合は、「セクション 5 右」と「セクション 5 左」というラベルが付けられます。


およびの方向はいずれも、ディスプレイに正対して組み立てを行う場合を指します。


テーブルトップに、セクション 1 からセクション 8 までの番号が付けられます。この番号方式では、テーブルトップ セクションが右から左にカウントされます。

テーブルトップやプライバシー パネルに付けられた番号に基づいてこの手順を実行します。この章では、両方の番号方式を一覧で示し、図と組み立て手順で使用します。

部品リスト

 

図番
部品の説明
部品番号
数量
カートン
1

テーブルトップ脚ベース

800-28454-xx

7

52-54

2

金属パッケージング ブレース

700-24275-xx

7

41~43、57

3

成型フォーム バンパー

800-28625-xx

7

41~43、57

4

ガター パネルおよびプライバシー パネル支持ブラケット(タイプ 1)

700-27280-xx

2

50

5

ガター パネルおよびプライバシー パネル支持ブラケット(タイプ 2)

700-27279-xx

5

50

6

ガター パネル、セクション 1(セクション 5)

800-31126-xx

1

50

7

ガター パネル、セクション 2(セクション 4)

800-31129-xx

1

50

8

ガター パネル、セクション 3(セクション 6)

800-31131-xx

1

50

9

ガター パネル、セクション 4(セクション 3)

800-31133-xx

1

50

10

ガター パネル、セクション 5(セクション 2 とセクション 7)

800-31124-xx

2

50

11

プライバシー パネル ハンガー

700-27311-xx

14

50

12

フローティング ブラケット(タイプ 1)

700-27282-xx

2

50

13

フローティング ブラケット(タイプ 2)

700-27281-xx

2

50

14

テーブルトップ:セクション 1(セクション 5)

95-9995-01
キット番号 74-5565-01

1

26

15

テーブルトップ:セクション 2(セクション 4)

95-10096-01
キット番号 74-5600-01

1

26

16

テーブルトップ:セクション 3(セクション 6)

95-10097-01
キット番号 74-5601-01

1

26

17

テーブルトップ:セクション 4(セクション 3)

95-10098-01
キット番号 74-5602-01

1

26

18

テーブルトップ:セクション 5(セクション 2 とセクション 7)

95-9994-01
キット番号 74-5562

2

26

一部のテーブルトップ セクションには、「5 左」と「5 右」がマークされています。テーブルトップの木目が一致するようにセクションを設置します。

19

テーブルトップ エンド、左(セクション 6)

95-10099-01
キット番号 74-5603-01

1

26

20

テーブルトップ エンド、右(セクション 7)

95-10100-01
キット番号 74-5604

1

26

21

テーブルトップ エンド ブレース

700-27413-xx

2

50

22

プライバシー パネル位置合せブラケット、セクション 1(セクション 5)

700-27275-xx

1

50

23

プライバシー パネル位置合せブラケット、セクション 2(セクション 4)

700-27276-xx

1

50

24

プライバシー パネル位置合せブラケット、セクション 3(セクション 6)

700-27277-xx

1

50

25

プライバシー パネル位置合せブラケット、セクション 4(セクション 3)

700-27278-xx

1

50

26

プライバシー パネル位置合せブラケット、セクション 5(セクション 2 とセクション 7)

700-27274-xx

2

50

27

プライバシー パネル、セクション 1(セクション 5)

800-31112-xx

1

50

28

プライバシー パネル、セクション 2(セクション 4)

800-31116-xx

1

50

29

プライバシー パネル、セクション 3(セクション 6)

800-31117-xx

1

50

30

プライバシー パネル、セクション 4(セクション 3)

800-31119-xx

1

50

31

プライバシー パネル、セクション 5(セクション 2 とセクション 7)

800-31121-xx

2

50

32

プライバシー パネル、左端セクション 6(セクション 8)

800-31123-xx

1

50

33

プライバシー パネル、右端セクション 7(セクション 1)

800-31122-xx

1

50

34

テーブルトップ アタッチメント プレート(金属)

700-27292-xx

2

50

35

M8×16 mm ネジ

48-2430-01

58

21

36

M8×2.5 mm 肩付きネジ

69-1880-01 48-2437-01

30

21

37

M8×16 mm ネジ

48-2430-01

24

21

38

ネジ、8×50 mm、プラスチック製ノブ付き

69-1877-01 48-2298-01

15

21

39

ドロー ボルト

部品番号なし

14

1

40

スプライン

部品番号なし

5

1

スプラインまたは木製ビスケット(付記番号 57)のどちらかがテーブル セクションに付属しています。スプラインまたは木製ビスケットを使用してテーブル セクションを連結します。

41

右端プライバシー パネル用ケーブル カバー

700-27312-01

1

50

42

ケーブル ガイド用ベルクロ アタッチメント

部品番号なし

2

ケーブル カバーが付属しています。

43

I/O ブランク(大)

700-23806-01

2

1

44

I/O ブランク(小)

700-23807-01

14

1

45

I/O モジュール(電源/イーサネット)

74-xxxx-xx

12

1

部品番号は国によって異なります。部品番号については、 「付録 B:地域および国ごとに特有の機器」 を参照してください。

46

I/O モジュール カバー プレート

700-23305-01

7

50~54

47

Cat6 イーサネット コード

37-0887-02 (3M)
37-0901-01 (10M)
37-0965-01 (12M)

1
8
3

1

 

48

3 m ジャンパ コード

37-0833-01

9

1

49

M4 ナット

49-0326

20

1

50

M4×12 mm ネジ(黒)

48-2426-01

10

1

51

マイク

74-4743-01

6

1

52

M4×30 mm ネジ

1

マイク キットに同梱されています。

53

M4 ワッシャ

1

マイク キットに同梱されています。

54

配電ユニット

74-4787-01

2

1

第 7 章、第 8 章

55

ネジ

指定する必要がある

1

1

56

フローティング ブラケット用 M8 肩付きネジ

69-1880-01 48-2437-01

28

21

57

木製テーブル連結ビスケット

69-1880-01 48-2437-01

28

21

スプライン(付記番号 40)または木製ビスケットがテーブル セクションに付属しています。スプラインまたはビスケットを使用してテーブル セクションを連結します。

 

マイク延長コード(9.5 m)

37-0931-01

6

1

これらのコードをマイク ケーブルと音声/ビデオ拡張ユニットの間に取り付けます。

 

タッチアップ ペイント(濃い灰色)

79-2269-01

1

1

組み立て、出荷、または取り扱い中に付いたプライバシー パネルの傷をカバーするために使用します。


注意 組み立て中のテーブル部は不安定です。注意を払い、必要に応じて構造全体を支えるようにしてください。


警告 この装置の設置、交換、またはサービスは、訓練を受けた認定サービス技術者だけが行ってください。



注意 テーブル構成要素は重く、金属の端がとがっていることがあります。安全手袋と保護メガネを着用して、手と目をけがから保護してください。


注意 テーブルトップに傷が付くのを防ぐため、シェルフの表面に工具類を置かないでください。


およびの方向はいずれも、前方からシステムに正対して組み立てを行う場合を指します。



警告 テーブル脚は、テーブルトップにしっかり取り付けられるまでは不安定です。テーブルトップ部を取り付けている間は、取り付けが終わっていないテーブル脚をテーブルトップの支えとして使用しないでください。倒れる可能性があり、けがや破損の原因になります。設置中は、アクセサリ キャビネットを使用してテーブル部を支え、安定させることをお勧めします。



ステップ 1 成型フォーム バンパーから金属パッケージング ブレースを取り外します。

図 7-1 金属パッケージング ブレースと付属の成型フォーム バンパー

 

ステップ 2 7 つの成型フォーム バンパーと 7 つのテーブル脚ベースを組み立てます。

図 7-2 4 つの成型フォーム バンパーと 4 つのテーブル脚ベース

 

ステップ 3 ガター パネルとプライバシー パネル用の最初の支持ブラケット セットをテーブル脚に取り付けます。


) テーブルのレイアウトに注意してください。図 7-3 に示すように、各セクションに番号が付けられます。ケーブル溝とプライバシー パネルは別々です。ケーブル溝とプライバシー パネルの番号は、テーブルトップの番号に対応します。



ヒント 支持ブラケットの取り付けは、テーブル脚の上下を逆にするとやりやすくなります。


図 7-3 ガター パネルおよびプライバシー パネル支持ブラケット(タイプ 1)

 

ステップ 4 5 つの支持ブラケットからなる 2 つ目のセットをテーブル脚に取り付けます。

図 7-4 ガター パネルおよびプライバシー パネル支持ブラケット(タイプ 2)

 

ステップ 5 1 人以上の支援者がテーブル脚を固定している間に、セクション 1(セクション 5)ガター パネルをセクション 1(セクション 5)テーブル脚に取り付けます。


ヒント 支持ブラケットの取り付けは、テーブル脚の上下を逆にするとやりやすくなります。


図 7-5 セクション 1(セクション 5)ガター パネル

 

ステップ 6 セクション 2(セクション 4)ガター パネルをセクション 2(セクション 4)テーブル脚に取り付けます。

図 7-6 セクション 2(セクション 4)ガター パネル

 

ステップ 7 セクション 3(セクション 6)ガター パネルをセクション 3(セクション 6)テーブル脚に取り付けます。

図 7-7 セクション 3(セクション 6)ガター パネル

 

ステップ 8 セクション 4(セクション 3)ガター パネルをセクション 4(セクション 3)テーブル脚に取り付けます。


) 縮小構成テーブル(テーブルトップが 6 つではなく 4 つ)を組み立てる場合は、この手順の終了後にステップ 11 に進んでください。


図 7-8 セクション 4(セクション 3)ガター パネル

 

ステップ 9 左セクション 5(セクション 7)ガター パネルを残りのテーブル脚に取り付けます。

図 7-9 セクション 5(左)ガター パネル

 

ステップ 10 右セクション 5(セクション 2)ガター パネルを残りのテーブル脚に取り付けます。

図 7-10 セクション 5(右)ガター パネル

 

ステップ 11 両側の成型フォーム バンパー用の I/O モジュールを組み立てます。

両側の成型フォーム バンパーには、I/O モジュールが 1 つずつしかありません。内側の成型フォーム バンパーには、2 つの I/O モジュールがあります(図 7-12 を参照)。

図 7-11 フォーム バンパー アセンブリ

 

ステップ 12 内部の成型フォーム バンパー用の I/O モジュールを組み立てます。


) イーサネット ケーブルにはさまざまな長さのものがあります。次のように、イーサネット ケーブルを I/O モジュールに取り付けます。

セクション 6 とセクション 5 の間には、I/O モジュール用の 12 m ケーブル(37-0965-01)を使用します。

セクション 5 とセクション 7 の間には、I/O モジュール用の 3 m ケーブル(37-0887-02)を使用します。


 


) イーサネット ケーブルと電源ケーブルの配線手順は、第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」で説明します。



) I/O モジュール カバー部品上のフランジは、上部よりも下部の方が幅広です。


図 7-12 フォーム バンパー アセンブリ

 

ステップ 13 下側のケーブル溝に第 2 列 PDU を挿入します。


第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」で、残りの PDU を設置して、ケーブルを配線します。


図 7-13 PDU ケーブル配線

 

ステップ 14 フローティング ブラケットの最初のセットをテーブル アセンブリに取り付けます。


) フローティング ブラケットを取り付ける前に、第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」でイーサネット ケーブルと電源ケーブルを配線します。



) 肩付きネジでブラケットを取り付けたら、ブラケットを左右に動かして自由に動くことを確認します。


図 7-14 フローティング ブラケット(タイプ 1)

 

ステップ 15 フローティング ブラケットの 2 つ目のセットをテーブル アセンブリに取り付けます。


) フローティング ブラケットを取り付ける前に、第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」 で電源ケーブルを配線します。



) 肩付きネジでブラケットを取り付けたら、ブラケットを左右に動かして自由に動くことを確認します。


図 7-15 フローティング ブラケット(タイプ 2)

 

ステップ 16 プライバシー パネル ハンガーをテーブル アセンブリに取り付けます。

図 7-16 プライバシー パネル ハンガー

 

ステップ 17 セクション 1(セクション 5)とセクション 2(セクション 4)のテーブルトップをテーブル アセンブリに載せます。その後で、アタッチメント ハードウェアによって次のどちらかの方法を使用して、テーブルトップを連結します。

2 つのテーブル セクション間の溝にプラスチック製スプラインを挿入して、セクション同士を連結し、ドロー ボルトを挿入してテーブルトップ セクションが連結されるまで両側を均等に締め付けます。

2 つのテーブル セクション間の溝に木製ビスケットを挿入して、セクション同士を連結し、ドロー ボルトを挿入してテーブルトップ セクションが連結されるまで両側を均等に締め付けます。


ヒント テーブルトップを組み立てる場合は、テーブル脚とテーブルトップを揃えて、テーブルトップが少なくとも 3 辺で支えられていることを確認してください。


図 7-17 テーブルトップのセクション 1 とセクション 2、スプライン、およびドロー ボルト

 

ステップ 18 セクション 3(セクション 6)のテーブルトップをテーブル アセンブリに載せます。その後で、次の方法のどちらかを使用して、テーブルトップを連結します。

2 つのテーブル セクション間の溝にプラスチック製スプラインを挿入して、セクション同士を連結し、ドロー ボルトを挿入してテーブルトップ セクションが連結されるまで両側を均等に締め付けます。

2 つのテーブル セクション間の溝に木製ビスケットを挿入して、セクション同士を連結し、ドロー ボルトを挿入してテーブルトップ セクションが連結されるまで両側を均等に締め付けます。

図 7-18 テーブルトップ セクション 3(セクション 6)

 

ステップ 19 テーブルトップ セクション 4(セクション 3)をテーブル アセンブリに載せ、スプラインまたはビスケットを使用して、そのセクションとテーブル セクション 2(セクション 4)を連結してから、ドロー ボルトを使用してそれらのセクションを連結します。


) 縮小構成テーブル(テーブルトップが 6 つではなく 4 つ)を組み立てる場合は、この手順の終了後にステップ 22 に進んでください。


図 7-19 テーブルトップ セクション 4(セクション 3)

 

ステップ 20 左テーブルトップ セクション 5(セクション 7)をテーブル アセンブリに載せ、スプラインまたはビスケットを使用して、そのセクションとテーブル セクション 3(セクション 6)を連結してから、ドロー ボルトを使用してそれらのセクションを連結します。

図 7-20 テーブルトップ、セクション 5 左(セクション 7)

 

ステップ 21 右テーブルトップ セクション 5(セクション 2)をテーブル アセンブリに載せ、スプラインまたはビスケットを使用して、そのセクションとテーブル セクション 4(セクション 3)を連結してから、ドロー ボルトを使用してそれらのセクションを連結します。

図 7-21 テーブルトップ、セクション 5 右(セクション 2)

 

ステップ 22 ドロー ボルト、スプラインまたはビスケット、および位置合せプレートを使用して、左テーブルトップ エンドをテーブルトップ セクション 5 に取り付けます。

図 7-22 左テーブルトップ エンド、ドロー ボルト、スプライン、および位置合せプレート

 

ステップ 23 右テーブルトップ エンドを取り付けます。

図 7-23 右テーブルトップ エンド

 

ステップ 24 テーブルトップ セクション 1 とセクション 2 をテーブル脚に取り付けます。

図 7-24 テーブルトップ セクション 1 とセクション 2 とテーブル脚

 

ステップ 25 テーブルトップ セクション 1 とセクション 3 をテーブル脚に取り付けます。

図 7-25 テーブルトップ セクション 1 とセクション 3 とテーブル脚

 

ステップ 26 テーブルトップ セクション 2 とセクション 4 をテーブル脚に取り付けます。


) 縮小構成テーブル(テーブルトップが 6 つではなく 4 つ)を組み立てる場合は、この手順の終了後にステップ 30 に進んでください。


図 7-26 テーブルトップ セクション 2 とセクション 4 とテーブル脚

 

ステップ 27 テーブルトップ セクション 3 とセクション 5 をテーブル脚に取り付けます。

図 7-27 テーブルトップ セクション 3 とセクション 5 とテーブル脚

 

ステップ 28 テーブルトップ セクション 4 とセクション 5 をテーブル脚に取り付けます。

図 7-28 テーブルトップ セクション 4 とセクション 5 とテーブル脚

 

ステップ 29 ガター パネル用の補強ネジを取り付けます。

図 7-29 ガター パネル補強ネジ

 

ステップ 30 パネル エンド ブレースをテーブル脚と左テーブルトップ エンドに取り付け、テーブル脚をテーブルトップとテーブルトップ エンドに取り付けます。

図 7-30 パネル エンド ブレース、テーブル脚、左テーブルトップ エンド、およびテーブル セクション 5(セクション 7)

 

ステップ 31 パネル エンド ブレースをテーブル脚と右テーブルトップ エンドに取り付け、テーブル脚をテーブルトップとテーブルトップ エンドに取り付けます。

図 7-31 パネル エンド ブレース、テーブル脚、右テーブルトップ エンド、およびテーブル セクション 5(セクション 2)

 

ステップ 32 プライバシー パネル位置合せブラケットをテーブル セクション 1(セクション 5)の下側に取り付けます。

図 7-32 セクション 1(セクション 5)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 33 プライバシー パネル位置合せブラケットをテーブル セクション 2(セクション 4)の下側に取り付けます。

図 7-33 セクション 2(セクション 4)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 34 プライバシー パネル位置合せブラケットをテーブル セクション 3(セクション 6)の下側に取り付けます。

図 7-34 セクション 3(セクション 6)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 35 プライバシー パネル位置合せブラケットをテーブル セクション 4(セクション 3)の下側に取り付けます。


) 縮小構成テーブル(テーブルトップが 6 つではなく 4 つ)を組み立てる場合は、この手順の終了後にステップ 38 に進んでください。


図 7-35 セクション 4(セクション 3)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 36 プライバシー パネル位置合せブラケットをテーブル セクション 5(セクション 7)の下側に取り付けます。

図 7-36 セクション 5(セクション 7)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 37 プライバシー パネル位置合せブラケットを右テーブル セクション 5(セクション 2)の下側に取り付けます。

図 7-37 右セクション 5(セクション 2)プライバシー パネル位置合せブラケット

 

ステップ 38 マイクを 1 つずつテーブル部に取り付け、マイク延長コードをマイク ケーブルに接続します。第 2 列テーブル用に 6 つのマイクがあります。


) マイク ケーブルの配線手順は、第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」で説明します。



ヒント 各マイク ケーブルに接続先のラベルを貼ります。第 9 章「電源ケーブルと信号ケーブルの配線」で、マイクを音声/ビデオ拡張ユニットに取り付けます。


図 7-38 マイク アセンブリ

 

ステップ 39 テーブル セクション 1(セクション 5)用のプライバリー パネルをテーブル アセンブリ上の位置決めピンの位置まで持ち上げます。その後で、プラスチック製ノブ ネジをプライバシー パネルの下からゆるく取り付けます。


) ネジは、すべてのプライバシー パネルを取り付けるまで締め付けないでください。最後のパネルを取り付けてから、最終的な隙間調整を行います。


図 7-39 セクション 1(セクション 5)プライバシー パネル

 

ステップ 40 セクション 2(セクション 4)用のプライバシー パネルをテーブル アセンブリに取り付けます。

図 7-40 セクション 2(セクション 4)プライバシー パネル

 

ステップ 41 セクション 3(セクション 6)用のプライバシー パネルをテーブル アセンブリに取り付けます。

図 7-41 セクション 3(セクション 6)プライバシー パネル

 

ステップ 42 セクション 4(セクション 3)用のプライバシー パネルをテーブル アセンブリに取り付けます。


) 縮小構成テーブル(テーブルトップが 6 つではなく 4 つ)を組み立てる場合は、この手順の終了後にステップ 45 に進んでください。


図 7-42 セクション 4(セクション 3)プライバシー パネル

 

ステップ 43 左セクション 5 用のプライバシー パネルをテーブル アセンブリに取り付けます。

図 7-43 左セクション 5(セクション 2)プライバシー パネル

 

ステップ 44 右セクション 5 用のプライバシー パネルをテーブル アセンブリに取り付けます。

図 7-44 右セクション 5(セクション 7)プライバシー パネル

 

ステップ 45 すべてのパネル間の継ぎ目が均等になるようにパネルを調整してから、ノブ ネジを完全に締め付けます。


) セクション 1 とセクション 2 の間の継ぎ目から始めます。テーブルトップ間の継ぎ目とプライバシー パネル間の継ぎ目を揃える必要があります。


図 7-45 プライバシー パネルの調整

 

ステップ 46 右端プライバシー パネル用のケーブル カバーを取り付けます。


ヒント テーブル セクションの右側から出ているケーブルが隠れるようにケーブル カバーを取り付けます。


図 7-46 ケーブル カバー

 

ステップ 47 プライバシー パネル エンド部分と、右端プライバシー パネル用のケーブル カバーを取り付けます。

図 7-47 プライバシー パネル エンド部分

 

ステップ 48 第 1 列テーブルの後縁と第 2 列テーブルの前縁の間隔が正確に 150 cm(59 インチ)になるように、第 2 列テーブルを配置します。

図 7-48 第 2 列テーブルの配置