Cisco TelePresence 3000 アセンブリ ガイド
残りの Cisco TelePresence 構成部品 の組み立て
残りの Cisco TelePresence 構成部品の組み立て
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 30MB) | フィードバック

目次

残りの Cisco TelePresence 構成部品の組み立て

部品リスト

残りの Cisco TelePresence 構成部品の組み立て

改訂:June 12, 2008、OL-16246-01-J

部品リスト

 

図番
部品の説明
Part Number
数量
カートン

カメラおよびカメラ フード アセンブリ(図7-1図7-2

1

カメラ アセンブリ

68-2900-06

1

2

2

カメラ フード カバー:上

1

2

3

カメラ フード カバー:下

1

2

7

M8 x 20mm ソケットヘッド ネジ

48-2410-01

4

該当なし

これらのネジはカメラ アセンブリに同梱されているもので、カメラ プロセッサ サブアセンブリをカメラ センサー サブアセンブリに取り付ける際に使用します。

8

M8 x 20 mm ネジ

48-2273-01

4

1

カメラ ブラケットを中央ディスプレイ構造に取り付ける際に使用します。

7

M4 x 20mm ネジ

48-0654-01

4

該当なし

これらのネジはカメラ アセンブリに同梱されているもので、上部フードと下部フードをカメラ アセンブリに取り付ける際に使用します。

マイク アセンブリ

1

マイク

74-4743-01

3

1

2

M4 x 30 mm ネジ

マイク キットに同梱。

3

M4 ワッシャ

マイク キットに同梱。

イーサネットおよび電源の入出力接続

1

入出力ブランク:大

700-23806-01

2

1

2

入出力ブランク:小

700-23807-01

6

1

3

入出力モジュール:電源/イーサネット

74-xxxx-xx

6

1

製品番号は国や地域ごとに異なります。製品番号については付録 B を参照してください。

4

入出力モジュール カバー プレート

700-23305-01

4

41、42、43、44

5

10 m Cat6 イーサネット ケーブル、青

37-0901-01

6

10

6

3 m ジャンパ コード

37-0833-01

9

1

7

M4 ナット

49-0326-01

20

1

8

M4 x 12 mm ネジ、黒

48-2426-01

10

1

プロジェクタ アセンブリ

1

プロジェクタ

74-4824-01

1

6

2

プロジェクタ取り付けブラケット

700-23824-01

1

30

3

VGA モジュール

69-1691-01

1

1

4

M8 x 20 mm ネジ

48-2273-01

1

5

M6 x 10 mm ネジ

48-1963-01

4

30

プライバシー パネル アセンブリ

1

プライバシー パネル:中央左

700-23333-01

1

46

2

プライバシー パネル:中央

700-23334-01

1

46

3

プライバシー パネル:中央右

700-23332-01

1

46

4

プライバシー パネル:右翼

700-23362-01

1

34

5

M8 x 20 mm ネジ

48-2273-01

1

コーデック アセンブリ

1

プライマリ コーデック

68-2897-xx

1

3

2

セカンダリ コーデック

68-2898-xx

2

4、5

3

ケーブル管理バー

700-23449-01

3

3、4、5

4

コーデック取り付けブラケット

700-23342-01

6

33

5

M4 x 12 mm ネジ

48-1045-01

20

1

6

M4 ワッシャ

49-0735-01

20

1

スピーカー アセンブリ

1

スピーカー

74-4740-01

3

7、8、9

2

スピーカー ボード、左および右

700-23602-01

2

24

3

スピーカー ボード、中央

700-23603-01

1

24

4

スピーカー ケーブル

37-0849-01

3

10

5

水平調節脚

51-4540-01

6

1

6

1/4 回転ボルト

48-2275-01

6

1

7

スピーカー ボード ブラケット

700-23944-01

6

33

8

M8 x 20 mm ネジ

48-2273-01

1

9

M8 ワッシャ

49-1165-01

1

Cisco IP Phone 7970

68-2433-01

1

1

IP Phone は、画面に映らないようにするため、右翼テーブル部分の近くに配置してください。

プロジェクタ画面アセンブリ

800-28681-01

1

19

プロジェクタ画面のインストレーション ガイド(このアセンブリに同梱されています)を参照してください。

カメラ ターゲット アセンブリ

1

テーブルトップ カメラ ターゲット:大

700-24323-01

1

20

2

テーブルトップ カメラ ターゲット:小

700-24320-01

1

20

3

厚紙のルーラ

700-24321-01

1

20

4

垂直バー

700-23961-01

2

20

5

水平バー

700-23960-01

2

20

6

M4 x 20 mm ネジ

48-0654-01

4

1

スイッチ ブラケット


) カートン 33 のアクセサリ キャビネットには、2 つのブラケット(700-23338-xx と 700-23344-xx)が追加されています。これらのブラケットは、オプションのイーサネット スイッチを左アクセサリ キャビネットに取り付けるためのものです。このスイッチを注文した場合は、『Cisco TelePresence System Hardware Options & Upgrade Guide』を参照してスイッチの取り付けを行ってください。



) 図番は、構成部品ごとに 1 から振り直されています。



警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。



およびの方向はいずれも、前方からシステムに正対して組み立てを行う場合を指します。



ステップ 1 カメラ アセンブリをカメラ ブラケットに取り付けます。

カメラ レンズのケーブルを、対応するカメラ プロセッサに接続します。

図7-1 カメラ アセンブリ

 

ステップ 2 カメラ フードを取り付けます。

Cisco TelePresence System Administrator's Guide 』の初期設定手順に従ってカメラの位置を合せるまでは、上部または下部のカメラ カバーを取り付けないでください。

図7-2 カメラ フード アセンブリ

 

ステップ 3 左、右および中央のテーブル部にマイクを取り付けます。

プロジェクタ取り付けブラケットを正しく取り付けるため、中央のマイク ケーブルは、中央テーブル部の裏面のケーブル通路に固定してください。ケーブルを所定の位置に固定するには、テープを使用します。

図7-3 マイク アセンブリ

 

ステップ 4 左および右の外側成型フォーム バンパーに対して、入出力モジュールを組み立てます。

左および右の各外側成型フォーム バンパーに対する入出力モジュールは 1 つだけです。内側成型フォーム バンパーには、2 つの入出力モジュールがあります(図7-5 を参照)。

図7-4 外側フォーム バンパーの入出力モジュール

 

ステップ 5 2 つの内側成型フォーム バンパーに対して、入出力モジュールを組み立てます。

左および右の各外側成型フォーム バンパーに対する入出力モジュールは 1 つだけです(図7-4 を参照)。内側成型フォーム バンパーには、2 つの入出力モジュールがあります。

図7-5 内側フォーム バンパーの入出力モジュール

 

ステップ 6 プロジェクタをプロジェクタ取り付けブラケットに取り付けます。

図7-6 プロジェクタ アセンブリ

 

ステップ 7 プロジェクタ取り付けブラケットを、中央テーブル部の裏面に取り付けます。

a. プロジェクタ取り付けブラケットを取り付けるため、中央テーブル部の裏面にネジを差し込みます。

b. プロジェクタ取り付けブラケットを取り付ける前に、中央テーブル部の裏面のケーブル通路内に中央のマイク ケーブルがしっかりと配線されていることを確認します。

図7-7 プロジェクタ アセンブリ

 

ステップ 8 VGA モジュールを中央テーブル部に取り付けます。

VGA モジュールは、VGA 周辺ケーブルの未使用時にこれをサポートするものです。

図7-8 プロジェクタ アセンブリ

 

ステップ 9 中央プライバシー パネルを取り付けます。

図7-9 プライバシー パネル アセンブリ

 

ステップ 10 左プライバシー パネルを取り付けます。

図7-10 プライバシー パネル アセンブリ

 

ステップ 11 右プライバシー パネルを取り付けます。

図7-11 プライバシー パネル アセンブリ

 

ステップ 12 右翼プライバシー パネルを取り付けます。

図7-12 プライバシー パネル アセンブリ

 

ステップ 13 3 つのコーデックにケーブル管理バーを取り付けます。

図7-13 コーデック アセンブリ

 

ステップ 14 3 つのコーデックにコーデック取り付けブラケットを取り付けます。

図7-14 コーデック アセンブリ

 

ステップ 15 ディスプレイ構造の前脚部スタビライザに、3 つのコーデックを取り付けます。

図7-15 コーデック アセンブリ

 

ステップ 16 スピーカー ボードに、スピーカー ボード ブラケットと水平調節脚を取り付けます。

スピーカー ボード ブラケットは、ディスプレイ構造の後方に向けます。

図7-16 スピーカー アセンブリ

 

ステップ 17 ディスプレイ シェルフの裏面のスピーカー ボード ブラケットに、スピーカー ボードを取り付けます。

図7-17 スピーカー アセンブリ

 

ステップ 18 スピーカーをスピーカー ボードに取り付けます。

図7-18 スピーカー アセンブリ

 

ステップ 19 ディスプレイ シェルフの裏面のプロジェクタ クリップに、プロジェクタ画面を取り付けます。


) プロジェクタ画面の正しい組み立て手順については、『Cisco TelePresence Projector Screen Assembly』マニュアルを参照してください。このプロジェクタ画面アセンブリに関するマニュアルは、プロジェクタ画面のカートンに同梱されています。


図7-19 プロジェクタ画面アセンブリ

 

ステップ 20 大型カメラ ターゲットを組み立てます。

カメラ ターゲットをフレームにスライドさせるときには、ターゲットの上部と下部の各縦線の間で、ターゲットがフレームの中心と揃っていることを確認してください。

図7-20 カメラ ターゲット アセンブリ