Cisco TelePresence セキュリティ ソリューション
概要
概要
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

概要

概要

Cisco TelePresence デバイスは、認証局プロキシ関数(CAPF)を使用して、デバイス間のセキュアな通信をサポートします。

これを設定するには、まず Cisco Unified CM で CAPF サービスをアクティブ化して起動し、Cisco Unified CM を CAPF サーバとして使用します。次に、Cisco TelePresence Multipoint Switch(CTMS)と Cisco TelePresence Manager を CAPF クライアントとして設定します。

それぞれの CAPF クライアントに対して、共通のアプリケーション ユーザ ID を作成します。次に、CTMS と Cisco TelePresence Manager に別々のインスタンス ID を作成します。

これにより CAPF は、ローカルで有効な証明書(LSC)を使用して、Cisco TelePresence デバイス間でやり取りされる情報を認証します。

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

「Cisco TelePresence Multipoint Switch のセキュリティ設定」では、CTMS のセキュリティを設定する手順を説明します。

「Cisco TelePresence Manager のセキュリティの設定」では、Cisco TelePresence Manager のセキュリティを設定する手順を説明します。

「Cisco TelePresence システムのセキュリティの設定」では、Cisco TelePresence システムのセキュリティ設定についての情報を提供します。

「Cisco TelePresence システムのセキュリティ設定に関するトラブルシューティング」では、考えられるトラブルシューティング手順を説明します。