Cisco IOS IP SLA コマンド リファレンス
Cisco IOS IP SLA コマンド-4
show ip sla application
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2010/11/29 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

show ip sla application

show ip sla authentication

show ip sla configuration

show ip sla enhanced-history collection-statistics

show ip sla enhanced-history distribution-statistics

show ip sla ethernet-monitor configuration

show ip sla event-publisher

show ip sla group schedule

show ip sla history

show ip sla monitor application

show ip sla monitor authentication

show ip sla monitor collection-statistics

show ip sla monitor configuration

show ip sla monitor distributions-statistics

show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics

show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics

show ip sla monitor group schedule

show ip sla monitor history

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary

show ip sla monitor reaction-configuration

show ip sla monitor reaction-trigger

show ip sla monitor responder

show ip sla monitor statistics

show ip sla monitor statistics aggregated

show ip sla monitor totals-statistics

show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics

show ip sla mpls-lsp-monitor configuration

show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state

show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors

show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue

show ip sla mpls-lsp-monitor summary

show ip sla reaction-configuration

show ip sla reaction-trigger

show ip sla responder

show ip sla statistics

show ip sla statistics aggregated

show mpls discovery vpn

show rtr application

show rtr authentication

show rtr collection-statistics

show rtr configuration

show rtr distributions-statistics

show rtr enhanced-history collection-statistics

show rtr enhanced-history distribution-statistics

show rtr group schedule

show rtr history

show rtr mpls-lsp-monitor configuration

show rtr mpls-lsp-monitor neighbors

show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue

show rtr operational-state

show rtr reaction-configuration

show rtr reaction-trigger

show rtr responder

show rtr totals-statistics

show ip sla application

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)についてのグローバル情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla application コマンドを使用します。

show ip sla application

 
コマンド モード

ユーザ EXEC(>)
特権 EXEC(#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor application コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr application コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor application コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor application コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.4(22)T

このコマンドが変更されました。サポートされる機能についての情報を含むように、出力が変更されました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show ip sla application コマンドを使用します。

次に、 show ip sla application コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla application
 
IP Service Level Agreement Technologies
 
IPSLAs Infrastructure version: Engine-II
 
Supported Operation Types:
802.1agEcho, 802.1agJitter, dhcp, dns, echo, frameRelay, ftp
http, icmpJitter, jitter, lspGroup, lspPing, lspTrace
pathEcho, pathJitter, rtp, tcpConnect, udpEcho, voip
Supported Features:
IPSLAs Event Publisher
IP SLAs low memory water mark: 0
 
Estimated system max number of entries: 63840
Estimated number of configurable operations: 63840
Number of Entries configured : 0
Number of active Entries : 0
Number of pending Entries : 0
Number of inactive Entries : 0
 
Last time the operation configuration changed: *07:22:13.183 UTC Fri Feb 13 2009
 
 
Router#

 

表 21 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 21 show ip sla application のフィールドの説明

フィールド
説明

IPSLAs Infrastructure version

ルータでサポートされる IPSLA インフラストラクチャのバージョン

Supported Operation Types

コマンドでサポートされる動作のタイプ

Supported Features

コマンドでサポートされる機能

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla authentication

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の認証情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla authentication コマンドを使用します。

show ip sla authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor authentication コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr authentication コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor authentication コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor authentication コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show ip sla authentication コマンドを使用します。

次に、 show ip sla authentication コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla authentication
 
IP SLA Monitor control message uses MD5 authentication, key chain name is: ipsla

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show ip sla configuration

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作のデフォルトなどの設定値を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla configuration コマンドを使用します。

show ip sla configuration [ operation ]

 
シンタックスの説明

operation

(任意)詳細を表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

ここでは、IPv4 および IPv6 ネットワークでのさまざまな IP SLA 動作に対する show ip sla configuration コマンドの出力例を示します。

ICMP エコー動作に対する出力

IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)のエコー動作は、IPv4 と IPv6 の両方のアドレスをサポートします。

次の例では、指定した動作が IPv4 ネットワークでの ICMP エコー動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: echo
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:
 

次の例では、指定した動作が IPv6 ネットワークでの ICMP エコー動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 1
 
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: echo
Target address/Source address: 2001:DB8:100::1/2001:0DB8:200::FFFE
Traffic-Class parameter: 0x80
Flow-Label parameter: 0x1B669
Request size (ARR data portion): 28
Operation timeout (milliseconds): 5000
Verify data: No
Vrf Name:
Schedule:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): notInService
Threshold (milliseconds): 5000

HTTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: http
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
HTTP Operation: get
HTTP Server Version: 1.0
URL: http://www.cisco.com
Proxy:
Raw String(s):
Cache Control: enable
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

ICMP パス ジッタ動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス ジッタ動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: pathJitter
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Target Only: Disabled
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Loose Source Routing: Disabled
LSR Path:
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000

ICMP パス エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス エコー動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: pathEcho
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Loose Source Routing: Disabled
Vrf Name:
LSR Path:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic paths kept: 5
Number of statistic hops kept: 16
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

DNS 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: dns
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

UDP エコー動作に対する出力

IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作は、IPv4 と IPv6 の両方のアドレスをサポートします。

次の例では、指定した動作が IPv4 ネットワークでの UDP エコー動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: udpEcho
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Data Pattern:
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:
 

次の例では、指定した動作が IPv6 ネットワークでの UDP エコー動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 1
 
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: udp-echo
Target address/Source address: 2001:DB8:100::1/2001:0DB8:200::FFFE
Target port/Source port: 3/7
Traffic-Class parameter: 0x80
Flow-Label parameter: 0x1B669
Request size (ARR data portion): 16
Operation timeout (milliseconds): 5000
Verify data: No
Data pattern:
Vrf Name:
Control Packets: enabled
Schedule:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never

TCP 接続動作に対する出力

IP SLA Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作は、IPv4 と IPv6 の両方のアドレスをサポートします。

次の例では、指定した動作が IPv4 ネットワークでの TCP 接続動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: tcpConnect
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:
 

次の例では、指定した動作が IPv6 ネットワークでの TCP 接続動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 1
 
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: tcp-connect
Target address/Source address: 2001:DB8:100::1/2001:0DB8:200::FFFE
Target port/Source port: 3/7
Traffic-Class parameter: 0x80
Flow-Label parameter: 0x1B669
Operation timeout (milliseconds): 60000
Control Packets: enabled
Schedule:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): notInService
Threshold (milliseconds): 5000
Distribution Statistics:

DHCP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: dhcp
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Dhcp option:
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

FTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: ftp
Source address: 0.0.0.0
FTP URL: ftp://ipsla:ipsla@172.19.192.109/test.txt
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

UDP ジッタ動作に対する出力

IP SLA User Datagram Protocol(UDP)ジッタ接続動作は、IPv4 と IPv6 の両方のアドレスをサポートします。

次の例では、指定した動作が IPv4 ネットワークでの UDP ジッタ動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: jitter
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Enhanced History:
 

次の例では、指定した動作が IPv6 ネットワークでの UDP ジッタ動作であるときの show ip sla configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla configuration 1
 
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: udp-jitter
Target address/Source address: 2001:DB8:100::1/2001:0DB8:200::FFFE
Target port/Source port: 3/7
Traffic-Class parameter: 0x0
Flow-Label parameter: 0x0
Request size (ARR data portion): 32
Operation timeout (milliseconds): 5000
Packet Interval (milliseconds)/Number of packets: 30/15
Verify data: No
Vrf Name:
Control Packets: enabled
Schedule:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla

IP SLA 動作の設定を開始し、IP SLA コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla enhanced-history collection-statistics

Cisco IOS IP Service Level Agreements(SLA; サービス レベル契約)の指定した動作に対して収集された履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドを使用します。

show ip sla enhanced-history collection-statistics [ operation-number ] [ interval seconds ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)拡張履歴統計情報を表示する動作の番号。

interval seconds

(任意)指定した集約間隔についての拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、拡張履歴データの各バケットのデータを表示します。データは個別に(1 つずつ)表示されます。

バケットの数および収集間隔は、 history enhanced コマンドを使用して設定します。

次のコマンドを使用して、他の統計情報や履歴情報または動作のステータスを表示することもできます。

show ip sla enhanced-history distribution-statistics

show ip sla statistics

show ip sla statistics aggregated


ヒント 出力に文字 n が表示される場合、またはすべてのフィールドが表示されない場合は、コマンドライン インターフェイス表示の画面幅を大きくする必要があります(たとえば、width ライン コンフィギュレーション コマンドや terminal width EXEC モード コマンドを使用します)。


次に、 show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドの出力例を示します。このコマンドの出力は、IP SLA 動作のタイプによって異なります。

Router# show ip sla enhanced-history collection-statistics 1
 
Entry number: 1
Aggregation Interval: 900
 
Bucket Index: 1
Aggregation start time 00:15:00.003 UTC Thur May 1 2003
Target Address:
Number of failed operations due to a Disconnect: 0
Number of failed operations due to a Timeout: 0
Number of failed operations due to a Busy: 0
Number of failed operations due to a No Connection: 0
Number of failed operations due to an Internal Error: 0
Number of failed operations due to a Sequence Error: 0
Number of failed operations due to a Verify Error: 0
.
.
.
 

表 22 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 22 show ip sla enhanced-history collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Aggregation Interval

各拡張履歴バケットに対して動作が実行した秒数。たとえば、900 という値は、次のバケットを作成する前に統計情報が 15 分間収集されたことを示します。

Bucket Index

収集バケットを示す番号。バケットの番号は、 history enhanced IP SLA コンフィギュレーション コマンドを使用して設定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla

指定した動作番号の IP SLA コンフィギュレーション モードを開始することで、IP SLA 動作を設定できます。

show ip sla enhanced-history distribution-statistics

IP SLA 動作の拡張履歴分散統計情報を表形式で表示します。

show ip sla statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示します。

show ip sla statistics aggregated

IP SLA のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示します。

show ip sla enhanced-history distribution-statistics

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)動作の拡張履歴分散統計情報を表形式で表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドを使用します。

show ip sla enhanced-history distribution-statistics [ operation-number [ interval seconds ]]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)拡張履歴統計情報を表示する動作の番号。

interval seconds

(任意)指定した動作についての、指定した集約間隔の拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数

次のコマンドを使用して、他の統計情報や履歴情報または動作のステータスを表示することもできます。

show ip sla enhanced-history collection-statistics

show ip sla statistics

show ip sla statistics aggregated


ヒント 出力に文字 n が表示される場合、またはすべてのフィールドが表示されない場合は、コマンドライン インターフェイス表示の画面幅を大きくする必要があります(たとえば、width ライン コンフィギュレーション コマンドや terminal width EXEC モード コマンドを使用します)。


次に、 show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドの出力例を示します。フィールドは、コマンドの出力の先頭で定義されています。RTT はラウンドトリップ時間を意味します。

Router# show ip sla enhanced-history distribution-statistics 3
 
Point by point Enhanced History
 
Entry = Entry Number
Int = Aggregation Interval (seconds)
BucI = Bucket Index
StartT = Aggregation Start Time
Pth = Path index
Hop = Hop in path index
Comps = Operations completed
OvrTh = Operations completed over thresholds
SumCmp = Sum of RTT (milliseconds)
SumCmp2L = Sum of RTT squared low 32 bits (milliseconds)
SumCmp2H = Sum of RTT squared high 32 bits (milliseconds)
TMax = RTT maximum (milliseconds)
TMin = RTT minimum (milliseconds)
 
Entry Int BucI StartT Pth Hop Comps OvrTh SumCmp SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
3 900 1 257850000 1 1 3 0 43 617 0 15 14
3 900 2 258750002 1 1 3 0 45 677 0 16 14
3 900 3 259650000 1 1 3 0 44 646 0 15 14
3 900 4 260550002 1 1 3 0 42 594 0 15 12
3 900 5 261450003 1 1 3 0 42 590 0 15 13
3 900 6 262350001 1 1 3 0 46 706 0 16 15
3 900 7 263250003 1 1 3 0 46 708 0 16 14
.
.
.

 

この例では、BucketIndex 1(257,850,000 に開始)と BucketIndex 2(258,750,002 に開始)の間の経過時間は 900,002 ミリ秒、つまり 900 秒です。

 

表 23 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 23 show ip sla enhanced-history distribution-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry

IP SLA 動作に対して指定した動作 ID 番号。

Int

集約間隔:設定されている統計分散バケット間隔(秒単位)です。たとえば、Int の値が 900 の場合は、統計情報がバケットごとに 900 秒間収集されることを意味します。

BucI

バケットのインデックス番号:統計分散(集約)バケットを一意に識別する番号です。

保持する履歴バケットの番号は、 history buckets-kept コマンドを使用して設定します。

バケットには指定されている時間間隔(集約間隔)の統計情報が収集され、時間が経過すると新しい統計情報バケットが作成されます。

number-of-buckets-kept の値が設定されている場合は、最後のバケットの間隔が無限になります(動作の終了まで)。

バケットは、Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)および User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ モニタリング動作には適用されません。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rttMonStatsCaptureDistIndex オブジェクトに相当します。

StartT

集約開始時間:集約間隔の開始時間です(バケット インデックスごと)。

ルータが起動してからのミリ秒数で示されます。つまり、タイム スタンプは最後にシステムを起動してから経過したミリ秒単位の時間です。

Pth

パス インデックス番号:検出されたターゲットの宛先に対する一連の異なるパスの ID です。たとえば、最初の動作の反復でパス h1、h2、h3、h4 が検出された場合、このパスには 1 というラベルが付けられます。その後の反復で新しいパス(h1、h2、h5、h6、h4 など)が検出されると、この新しいパスは 2 という値で示される、といったようになります。

パスごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に 1 という値が表示されます。

パスごとのデータ収集は、動作を設定するときに paths-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

Hop

ホップ インデックス番号:ホップごとの統計情報データです。ホップとは、パス内の 2 点間でのデータ転送です(たとえば、デバイス h2 からデバイス h3 まで)。

ホップごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に「1」という値が表示されます。

ホップごとのデータ収集は、動作を設定するときに hops-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rrttMonStatsCaptureHopIndex オブジェクトに相当します。

Comps

完了:エラーおよびタイムアウトなしで完了した、バケット インデックスごとのラウンドトリップ時間動作の数です。

このオブジェクトは、Cisco Rttmon MIB オブジェクトの DESCRIPTION の ROLLOVER NOTE で定義されている特別な動作を持ちます。

SumCmp

完了した動作時間(1)の合計:行内のすべての成功した動作の全ラウンドトリップ時間値の合計です(ミリ秒単位)。

SumCmp2L

完了した動作時間(2)平方の合計、下位:正常に測定された動作のラウンドトリップ時間の平方根の合計です(ミリ秒単位)。値の下位 32 ビットだけが表示されます。

下位 32 ビットと上位 32 ビットは、符号なし 64 ビット整数(Int64)で次のような順序になります。

-------------------------------------------------

| 上位 32 ビット | 下位 32 ビット |

-------------------------------------------------

"SumCmp2" の値は、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)の制限のため、「上位」と「下位」の値に分割されます。SNMP オブジェクトに対して許容される最大値は 4,294,967,295(Gauge32 の限界)です。

動作の平方根の合計がこの値を超える場合は、「上位」の値が使用されます (たとえば、4,294,967,296 という値では、すべての下位ビットが 0 で、上位の右端のビットが 1 になります)。

ほとんどの場合、値は 4,294,967,295 未満であり、SumCmp2H の値はゼロになるので、出力では下位の値(SumCmp2L)が最初に表示されます。

SumCmp2H

完了した動作時間(2)平方の合計、上位:正常に完了した動作の完了時間(ミリ秒単位)の累積された平方の上位 32 ビットです。

TMax

ラウンドトリップ時間、最大:集約間隔ごとに、記録された最高のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

TMin

ラウンドトリップ時間、最小:集約間隔ごとに、記録された最低のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla

指定した動作番号の IP SLA コンフィギュレーション モードを開始することで、IP SLA 動作を設定できます。

show ip sla enhanced-history collection-statistics

指定した IP SLA 動作に対して収集されたすべての履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示します。

show ip sla statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示します。

show ip sla statistics aggregated

IP SLA のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示します。

show ip sla ethernet-monitor configuration

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の自動イーサネット動作の設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla ethernet-monitor configuration コマンドを使用します。

show ip sla ethernet-monitor configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する自動イーサネット動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC(>)
特権 EXEC(#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRB

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.4(20)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.4(20)T に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

 
使用上のガイドライン

自動イーサネット動作の識別番号を指定しないと、設定されているすべての自動イーサネット動作の設定値が表示されます。

次に、 show ip sla ethernet-monitor configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla ethernet-monitor configuration 1
 
Entry Number : 1
Modification time : *00:47:46.703 GMT Thu Jan 11 2007
Operation Type : echo
Domain Name : a
VLAN ID : 11
Excluded MPIDs :
Owner :
Tag :
Timeout(ms) : 5000
Threshold(ms) : 5000
Frequency(sec) : 60
Operations List : Empty
Schedule Period(sec): 0
Request size : 0
CoS : 0
Start Time : Pending trigger
SNMP RowStatus : notInService
Reaction Configs :
Reaction Index : 1
Reaction : RTT
Threshold Type : Never
Threshold Rising : 300
Threshold Falling : 200
Threshold CountX : 5
Threshold CountY : 5
Action Type : None
 
 

表 24 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 24 show ip sla ethernet-monitor configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry Number

自動イーサネット動作の識別番号。

Operation Type

自動イーサネット動作によって設定される IP SLA 動作のタイプ。

Domain Name

イーサネット Connectivity Fault Management(CFM)メンテナンス ドメインの名前。

VLAN ID

VLAN 識別番号。

Excluded MPIDs

自動イーサネット動作から除外されるメンテナンス エンドポイント識別番号のリスト。

Owner

IP SLA 動作の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)所有者。

Tag

IP SLA 動作のユーザ指定 ID。

Timeout(ms)

IP SLA 動作が要求パケットからの応答を待機する時間。

Threshold(ms)

IP SLA 動作によって作成されるネットワーク モニタリング統計情報を計算するための上限しきい値。

Frequency(sec)

個別の IP SLA 動作を再起動する経過時間。

Operations List

自動イーサネット動作によって作成される個別の動作の識別番号。

Schedule Period(sec)

個別のイーサネット動作の開始時間が配信される期間(秒単位)。

Request size

自動イーサネット動作によって作成される個別動作のデータ フレームのパディング サイズ。

CoS

自動イーサネット動作によって作成される個別動作のサービス クラス。

Start Time

自動イーサネット動作の開始時間のステータス。

SNMP RowStatus

SNMP RowStatus がアクティブか非アクティブかを示します。

Reaction Configs

IP SLA 動作の応答の設定。

Reaction Index

IP SLA 動作の異なる応答設定の識別に使用される識別番号。

Reaction

監視対象の応答条件。

Threshold Type

応答イベントの結果として処理を実行する必要があるかどうかを指定します。

Threshold Rising

監視対象の応答条件の上限しきい値。

ip sla ethernet-monitor reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスの upper-threshold 引数に対応します。

Threshold Falling

監視対象の応答条件の下限しきい値。

ip sla ethernet-monitor reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスの lower-threshold 引数に対応します。

Threshold CountX

ip sla ethernet-monitor reaction-configuration コマンドの threshold-type xofy x-value y-value シンタックスの x-value 引数に対応します。

Threshold CountY

ip sla ethernet-monitor reaction-configuration コマンドの threshold-type xofy x-value y-value シンタックスの y-value 引数に対応します。

Action Type

応答イベントの結果として実行する必要のある処理のタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla ethernet-monitor

IP SLA の自動イーサネット動作の設定を開始し、イーサネット モニタ コンフィギュレーション モードに移行します。

ip sla ethernet-monitor reaction-configuration

IP SLA の自動イーサネット動作の予防的しきい値モニタリング パラメータを設定します。

ip sla ethernet-monitor schedule

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作のスケジューリング パラメータを設定します。

show ip sla event-publisher

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の通知を受信するために登録されているクライアント アプリケーションのリストを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla event-publisher コマンドを使用します。

show ip sla event-publisher

 
コマンド モード

ユーザ EXEC(>)
特権 EXEC(#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(22)T

このコマンドが追加されました。

次に、 show ip sla event-publisher コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla event-publisher
 
client-id process-id event-type
------------------------------------
appl1 1111 react-alert
appl1 1221 react-alert
appl1 1331 react-alert
 
Router#

 

表 25 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 25 show ip sla event-publisher のフィールドの説明

フィールド
説明

client-id

IP SLA の通知を受信するために登録されているクライアントの ID

process-id

クライアントと関連付けられているプロセス ID

event-type

クライアントが登録されている受信対象の通知(イベント)のタイプ

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla enable reaction-alerts

IP SLA の通知を登録されているすべてのアプリケーションに送信できるようにします。

show ip sla app

Cisco IOS IP SLA についてのグローバル情報を表示します。

show ip sla group schedule

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のグループ スケジュールの詳細を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla group schedule コマンドを使用します。

show ip sla group schedule [ group-operation-number ]

 
シンタックスの説明

group-operation-number

(任意)表示する IP SLA グループ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor group schedule コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr group schedule コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor group schedule コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor group schedule コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show ip sla group schedule コマンドの出力例を示します。例の最後の行では、IP SLA 動作に複数のスケジュールがあることが示されています(TRUE)。

Router# show ip sla group schedule
 
Multi-Scheduling Configuration:
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 2,3,4,9-30,89
Schedule period :60
Group operation frequency: 30
Multi-scheduled: TRUE
 

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show ip sla group schedule コマンドの出力例を示します。frequency の値はスケジュール期間の値と同じ、life の値は 3600 秒、ageout の値は無期限です。

Router# show ip sla group schedule
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 3,4,6-10
Total number of probes: 7
Schedule period: 20
Group operation frequency: Equals schedule period
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
 

表 26 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 26 show ip sla group schedule のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Entry Number

IP SLA の複数動作のスケジューリングに対して指定されている動作グループ番号。

Probes to be scheduled

動作グループ 1 で指定されている動作番号。

Scheduled period

IP SLA のグループがスケジューリングされる時間(秒単位)。

Group operation frequency

各動作が開始される周期。

Multi-scheduled

値 TRUE は、グループ スケジューリングがアクティブであることを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA 動作の設定の詳細を表示します。

show ip sla history

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作について収集された履歴を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla history コマンドを使用します。

show ip sla history [ operation-number ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)履歴の詳細を表示する動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。これがデフォルトです。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。

 
デフォルト

すべての動作の表形式の履歴が表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor history コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr history コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor history コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor history コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

表 27 に、 show ip sla history コマンドの出力で使用される Response Return の値を示します。デフォルトの形式(tabular)を使用した場合、Response Return の説明が [Sense] カラムにコードとして表示されます。フル形式を使用した場合、Response Return は [Description] カラムで示されているように表示されます。

 

表 27 Response Return([Sense] カラム)のコード

コード
説明

1

正常

2

切断済み

3

しきい値超過

4

タイムアウト

5

ビジー

6

未接続

7

廃棄

8

シーケンス エラー

9

確認エラー

10

アプリケーション固有

次に、 show ip sla history コマンドの表形式での出力例を示します。

Router# show ip sla history
 
Point by point History
Multiple Lines per Entry
Line 1
Entry = Entry Number
LifeI = Life Index
BucketI = Bucket Index
SampleI = Sample Index
SampleT = Sample Start Time
CompT = Completion Time (milliseconds)
Sense = Response Return Code
Line 2 has the Target Address
Entry LifeI BucketI SampleI SampleT CompT Sense
2 1 1 1 17436548 16 1
AB 45 A0 16
2 1 2 1 17436551 4 1
AC 12 7 29
2 1 2 2 17436551 1 1
AC 12 5 22
2 1 2 3 17436552 4 1
AB 45 A7 22
2 1 2 4 17436552 4 1
AB 45 A0 16

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor application


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor application コマンドは show ip sla application コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla application コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)についてのグローバル情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor application コマンドを使用します。

show ip sla monitor application [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。これがデフォルトです。

 
デフォルト

フル形式

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla application コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr application コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla application コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla application コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show ip sla monitor application コマンドを使用します。

次に、 show ip sla monitor application コマンドのフル形式での出力例を示します。

Router# show ip sla monitor application
 
IP Service Level Agreement Monitor
Version: 2.2.0 Round Trip Time MIB
Time of last change in whole IP SLA Monitor: *17:21:30.819 UTC Tue Mar 19 2002
Estimated system max number of entries: 4699
 
Number of Entries configured:5
Number of active Entries:5
Number of pending Entries:0
Number of inactive Entries:0
Supported Operation Types
Type of Operation to Perform: echo
Type of Operation to Perform: pathEcho
Type of Operation to Perform: udpEcho
Type of Operation to Perform: tcpConnect
Type of Operation to Perform: http
Type of Operation to Perform: dns
Type of Operation to Perform: jitter
Type of Operation to Perform: dlsw
Type of Operation to Perform: dhcp
Type of Operation to Perform: ftp
 
Supported Protocols
Protocol Type: ipIcmpEcho
Protocol Type: ipUdpEchoAppl
Protocol Type: snaRUEcho
Protocol Type: snaLU0EchoAppl
Protocol Type: snaLU2EchoAppl
Protocol Type: ipTcpConn
Protocol Type: httpAppl
Protocol Type: dnsAppl
Protocol Type: jitterAppl
Protocol Type: dlsw
Protocol Type: dhcp
Protocol Type: ftpAppl
Number of configurable probe is 490

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor authentication


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor authentication コマンドは show ip sla authentication コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla authentication コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の認証情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor authentication コマンドを使用します。

show ip sla monitor authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla authentication コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr authentication コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla authentication コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla authentication コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show ip sla monitor authentication コマンドを使用します。

次に、 show ip sla monitor authentication コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor authentication
 
IP SLA Monitor control message uses MD5 authentication, key chain name is: ipsla

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show ip sla monitor collection-statistics


) Cisco IOS Release 12.4(2)T では、show ip sla monitor collection-statistics コマンドは show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor collection-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor collection-statistics [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)T

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

失敗した動作の数や失敗の理由などの情報を表示するには、 show ip sla monitor collection-statistics コマンドを使用します。また、 show ip sla monitor distribution-statistics および show ip sla monitor totals-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

このコマンドはデフォルトでは過去 2 時間に収集された情報を表示しますが、この時間は hours-of-statistics-kept コマンドを使用して変更できます。

一方向遅延ジッタ動作の場合、各デバイスのクロックは、Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)またはグローバル ポジショニング システムを使用して同期化されている必要があります。クロックが同期化されていない場合、一方向の測定は廃棄されます (送信元から宛先(SD)および宛先から送信元(DS)までの値の合計がラウンドトリップ時間の 10 パーセント以内でない場合、一方向の測定値は正しくないものと見なされて廃棄されます)。


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


次に、 show ip sla monitor collection-statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor collection-statistics 1
 
Collected Statistics
Entry Number: 1
Start Time Index: *17:15:41.000 UTC Thu May 16 1996
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of Failed Operations due to a Disconnect: 0
Number of Failed Operations due to a Timeout: 0
Number of Failed Operations due to a Busy: 0
Number of Failed Operations due to a No Connection: 0
Number of Failed Operations due to an Internal Error: 0
Number of Failed Operations due to a Sequence Error: 0
Number of Failed Operations due to a Verify Error: 0
Target Address: 172.16.1.176

HTTP 動作に対する出力

次に、指定した動作が HTTP 動作のときの show ip sla monitor collection-statistics コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor collection-statistics 2
 
Collected Statistics
 
Entry Number:2
HTTP URL:http://172.20.150.200
Start Time:*00:01:16.000 UTC Mon Nov 1 2003
 
Comps:1 RTTMin:343
OvrTh:0 RTTMax:343
DNSTimeOut:0 RTTSum:343
TCPTimeOut:0 RTTSum2:117649
TraTimeOut:0 DNSRTT:0
DNSError:0 TCPConRTT:13
HTTPError:0 TransRTT:330
IntError:0 MesgSize:1771
Busies:0

UDP ジッタ動作に対する出力

次に示す show ip sla monitor collection-statistics コマンドの出力例では、動作 2 は一方向の統計情報を含むジッタ動作です。 表 28 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

Router# show ip sla monitor collection-statistics
 
Collected Statistics
 
Entry Number: 2
Target Address: 5.0.0.1, Port Number:99
Start Time: 11:12:03.000 UTC Thu Jul 1 1999
RTT Values:
NumOfRTT: 600 RTTSum: 3789 RTTSum2: 138665
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0
Jitter Values:
MinOfPositivesSD: 1 MaxOfPositivesSD: 2
NumOfPositivesSD: 26 SumOfPositivesSD: 31 Sum2PositivesSD: 41
MinOfNegativesSD: 1 MaxOfNegativesSD: 4
NumOfNegativesSD: 56 SumOfNegativesSD: 73 Sum2NegativesSD: 133
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 338
NumOfPositivesDS: 58 SumOfPositivesDS: 409 Sum2PositivesDS: 114347
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 338
NumOfNegativesDS: 48 SumOfNegativesDS: 396 Sum2NegativesDS: 114332
One Way Values:
NumOfOW: 440
OWMinSD: 2 OWMaxSD: 6 OWSumSD: 1273 OWSum2SD: 4021
OWMinDS: 2 OWMaxDS: 341 OWSumDS: 1643 OWSum2DS: 120295

UDP ジッタ(コーデック)動作の出力

次に示す show ip sla monitor collection-statistics コマンドの出力例では、動作 10 は UDP ジッタ(コーデック)動作です。 表 28 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

Router# show ip sla monitor collection-statistics 10
 
Entry Number: 10
 
Start Time Index: 12:57:45.931 UTC Wed Mar 12 2003
Number of successful operations: 60
Number of operations over threshold: 0
Number of failed operations due to a Disconnect: 0
Number of failed operations due to a Timeout: 0
Number of failed operations due to a Busy: 0
Number of failed operations due to a No Connection: 0
Number of failed operations due to an Internal Error: 0
Number of failed operations due to a Sequence Error: 0
Number of failed operations due to a Verify Error: 0
Voice Scores:
MinOfICPIF: 2 MaxOfICPIF: 20 MinOfMos: 3.20 MaxOfMos: 4.80
RTT Values:
NumOfRTT: 600 RTTSum: 3789 RTTSum2: 138665
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0
Jitter Values:
NumOfJitterSamples: 540
MinOfPositivesSD: 1 MaxOfPositivesSD: 2
NumOfPositivesSD: 26 SumOfPositivesSD: 31 Sum2PositivesSD: 41
MinOfNegativesSD: 1 MaxOfNegativesSD: 4
NumOfNegativesSD: 56 SumOfNegativesSD: 73 Sum2NegativesSD: 133
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 338
NumOfPositivesDS: 58 SumOfPositivesDS: 409 Sum2PositivesDS: 114347
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 338
NumOfNegativesDS: 48 SumOfNegativesDS: 396 Sum2NegativesDS: 114332
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
One Way Values:
NumOfOW: 440
OWMinSD: 2 OWMaxSD: 6 OWSumSD: 1273 OWSum2SD: 4021
OWMinDS: 2 OWMaxDS: 341 OWSumDS: 1643 OWSum2DS: 120295

 

表 28 show ip sla monitor collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Voice Scores

VoIP の統計情報が次の行に表示されることを示します。音声スコア データは、動作タイプが type jitter (コーデック)に設定されている場合に計算されます。

ICPIF

動作の Calculated Planning Impairment Factor(ICPIF)の値。ICPIF の値は、 Icpif = Io + Iq + Idte + Idd + Ie - A という式を使用して計算されます。

Io Iq 、および Idte の値はゼロに設定されます。

Idd は、測定された一方向遅延に基づいて計算されます。

Ie は、測定されたパケット損失に基づいて計算されます。

A の値はユーザが指定します。

ICPIF の値は、通常、5(非常に軽い障害)から 55(非常に重い障害)の範囲で表されます。ICPIF の値が 20 未満の場合は、一般に「適切」と見なされます。

(注) この値は相対的な比較を意図したものでしかなく、別の方法を使用して生成された ICPIF 値と一致しない場合があります。

MinOfICPIF

収集された統計情報に対して計算された最低(最小)の ICPIF 値。

MaxOfICPIF

収集された統計情報に対して計算された最高(最大)の ICPIF 値。

Mos

動作の最新の反復に対する Mean Opinion Score(MOS-CQE; 平均オピニオン評点)(カンバセーション品質、推定)。MOS-CQE は ICPIF の関数として計算されます。

MOS 値は 1(1.00)から 5(5.00)までの数値として表され、5 が最高レベルの品質、1 が最低レベルの品質です。MOS 値が 0(ゼロ)の場合は、その動作に対して MOS データを生成できなかったことを示します。

MinOfMos

収集された統計情報に対して計算された最低(最小)の MOS 値。

MaxOfMos

収集された統計情報に対して計算された最高(最大)の ICPIF 値。

RTT Values

次の行にラウンドトリップ時間の統計情報が表示されることを示します。

NumOfRTT

成功したラウンドトリップの回数。

RTTSum

すべての成功したラウンドトリップの値の合計(ミリ秒単位)。

RTTSum2

これらのラウンドトリップ値の平方の合計(ミリ秒単位)。

PacketLossSD

送信元から宛先の方向で失われたパケットの数。

PacketLossDS

宛先から送信元の方向で失われたパケットの数。

PacketOutOfSequence

正しくない順序で返されたパケットの数。

PacketMIA

方向(SD/DS)を特定できない失われたパケットの数。

PacketLateArrival

タイムアウトの後で到着したパケットの数。

InternalError

他の内部障害のために動作を開始できなかった回数。

Busies

以前にスケジュールされていた実行が終了しなかったためにこの動作を開始できなかった回数。

Jitter Values:

次の行にジッタの統計情報が表示されることを示します。ジッタとは、パケット内遅延の分散です。

NumOfJitterSamples

収集されたジッタ サンプルの数。これは、次のジッタ統計情報の計算に使用されるサンプルの数です。

MinOfPositivesSD
MaxOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の正のジッタ値(ミリ秒単位)。

NumOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、正のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が大きくなっている)の数。

SumOfPositivesSD

これらの正の値の合計(ミリ秒単位)。

Sum2PositivesSD

これらの正の値の平方の合計。

MinOfNegativesSD
MaxOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の負のジッタ値。絶対値が示されます。

NumOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、負のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が小さくなっている)の数。

SumOfNegativesSD

これらの値の合計。

Sum2NegativesSD

これらの値の平方の合計。

Interarrival jitterout

RFC 1889 で定義されている、送信元から宛先(SD)の方向のジッタ値の計算。

Interarrival jitterin

RFC 1889 で定義されている、宛先から送信元(DS)の方向のジッタ値の計算。

One Way Values

次の行に一方向の測定の統計情報が表示されることを示します。

一方向(OW)の値とは、パケットが送信元ルータからターゲット ルータまで(SD)、またはターゲット ルータから送信元ルータまで(DS)移動するのに要した時間です。

NumOfOW

成功した一方向時間測定の回数。

OWMinSD

送信元から宛先までの最小の時間(ミリ秒単位)。

OWMaxSD

送信元から宛先までの最大の時間(ミリ秒単位)。

OWSumSD

OWMinSD と OWMaxSD の値の合計。

OWSum2SD

OWMinSD と OWMaxSD の値の平方の合計。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor distributions-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示します。

show ip sla monitor totals-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントと完了の累計)を表示します。

show ntp status

システムでの NTP 設定のステータスを表示します。

show ip sla monitor configuration


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor configuration コマンドは show ip sla configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla configuration コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作のデフォルトなどの設定値を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor configuration コマンドを使用します。

show ip sla monitor configuration [ operation ]

 
シンタックスの説明

operation

(任意)詳細を表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)T

表示される情報が変更されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla configuration コマンドに置き換えられました。

ここでは、さまざまな IP SLA 動作に対する show ip sla monitor configuration コマンドの出力例を示します。

ICMP エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: echo
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:

HTTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: http
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
HTTP Operation: get
HTTP Server Version: 1.0
URL: http://www.cisco.com
Proxy:
Raw String(s):
Cache Control: enable
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

ICMP パス ジッタ動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス ジッタ動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: pathJitter
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Target Only: Disabled
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Loose Source Routing: Disabled
LSR Path:
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000

ICMP パス エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス エコー動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: pathEcho
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Loose Source Routing: Disabled
Vrf Name:
LSR Path:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic paths kept: 5
Number of statistic hops kept: 16
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

DNS 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: dns
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

UDP エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が UDP(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: udpEcho
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Data Pattern:
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:

TCP 接続動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Transmission Contro Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: tcpConnect
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:

DHCP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: dhcp
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Dhcp option:
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

FTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: ftp
Source address: 0.0.0.0
FTP URL: ftp://ipsla:ipsla@172.19.192.109/test.txt
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None

UDP ジッタ動作に対する出力

次の例では、指定した動作が User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作であるときの show ip sla monitor configuration コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor configuration 3
 
Entry number: 3
Owner:
Tag:
Type of operation: jitter
Target Address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target Port/Source Port: 1111/0
Packet Interval/Number of Packets: 20 ms/10
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Vrf Name:
Request size (ARR data portion): 28
Verify data: No
Control Packets: enabled
Schedule:
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: False
Operation frequency (seconds): 60
Life/Entry Ageout (seconds): Forever/never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (ms): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 5
Statistic distribution interval (milliseconds): 10
Enhanced History:

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla monitor

IP SLA 動作の設定を開始し、IP SLA モニタ コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla monitor distributions-statistics


) Cisco IOS Release 12.4(2)T では、show ip sla monitor distributions-statistics コマンドは show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の分散統計情報(キャプチャされた応答時間)を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor distributions-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor distributions-statistics [ operation ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

operation

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。これがデフォルトです。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。

 
デフォルト

統計情報は過去 2 時間について表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)T

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


このコマンドはデフォルトでは過去 2 時間に収集された情報を表示しますが、この時間は hours-of-statistics-kept コマンドを使用して変更できます。

また、 show ip sla monitor collection-statistics および show ip sla monitor totals-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

次に、 show ip sla monitor distributions-statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor distributions-statistics
 
Captured Statistics
Multiple Lines per Entry
Line 1
Entry = Entry Number
StartT = Start Time of Entry (hundredths of seconds)
Pth = Path Index
Hop = Hop in Path Index
Dst = Time Distribution Index
Comps = Operations Completed
OvrTh = Operations Completed Over Thresholds
SumCmp = Sum of Completion Times (milliseconds)
Line 2
SumCmp2L = Sum of Completion Times Squared Low 32 Bits (milliseconds)
SumCmp2H = Sum of Completion Times Squared High 32 Bits (milliseconds)
TMax = Completion Time Maximum (milliseconds)
TMin = Completion Time Minimum (milliseconds)
Entry StartT Pth Hop Dst Comps OvrTh SumCmp SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
1 17417068 1 1 1 2 0 128 8192 0 64 64
 
 

出力にはフィールドの説明も表示されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor collection-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示します。

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor totals-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントと完了の累計)を表示します。

show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドは show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreements(SLA; サービス レベル契約)の指定した動作に対して収集された履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics [ operation-number ] [ interval seconds ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)拡張履歴統計情報を表示する動作の番号。

interval seconds

(任意)指定した集約間隔についての拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、拡張履歴データの各バケットのデータを表示します。データは個別に(1 つずつ)表示されます。

バケットの数および収集間隔は、 enhanced-history コマンドを使用して設定します。

次のコマンドを使用して、他の統計情報や履歴情報または動作のステータスを表示することもできます。

show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics

show ip sla monitor statistics

show ip sla monitor statistics aggregated


ヒント 出力に文字 n が表示される場合、またはすべてのフィールドが表示されない場合は、コマンドライン インターフェイス表示の画面幅を大きくする必要があります(たとえば、width ライン コンフィギュレーション コマンドや terminal width EXEC モード コマンドを使用します)。


次に、 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドの出力例を示します。このコマンドの出力は、IP SLA 動作のタイプによって異なります。

Router# show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics 1
 
Entry number: 1
Aggregation Interval: 900
 
Bucket Index: 1
Aggregation start time 00:15:00.003 UTC Thur May 1 2003
Target Address:
Number of failed operations due to a Disconnect: 0
Number of failed operations due to a Timeout: 0
Number of failed operations due to a Busy: 0
Number of failed operations due to a No Connection: 0
Number of failed operations due to an Internal Error: 0
Number of failed operations due to a Sequence Error: 0
Number of failed operations due to a Verify Error: 0
.
.
.
 

表 29 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 29 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Aggregation Interval

各拡張履歴バケットに対して動作が実行した秒数。たとえば、900 という値は、次のバケットを作成する前に統計情報が 15 分間収集されたことを示します。

Bucket Index

収集バケットを示す番号。バケットの番号は、 enhanced-history IP SLA モニタ コンフィギュレーション コマンドを使用して設定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla monitor

指定した動作番号の IP SLA モニタ コンフィギュレーション モードを開始することで、IP SLA 動作を設定できます。

show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics

IP SLA 動作の拡張履歴分散統計情報を表形式で表示します。

show ip sla monitor statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示します。

show ip sla monitor statistics aggregated

IP SLA のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示します。

show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドは show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)動作の拡張履歴分散統計情報を表形式で表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics [ operation-number [ interval seconds ]]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)拡張履歴統計情報を表示する動作の番号。

interval seconds

(任意)指定した動作についての、指定した集約間隔の拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数

次のコマンドを使用して、他の統計情報や履歴情報または動作のステータスを表示することもできます。

show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics

show ip sla monitor statistics

show ip sla monitor statistics aggregated


ヒント 出力に文字 n が表示される場合、またはすべてのフィールドが表示されない場合は、コマンドライン インターフェイス表示の画面幅を大きくする必要があります(たとえば、width ライン コンフィギュレーション コマンドや terminal width EXEC モード コマンドを使用します)。


次に、 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドの出力例を示します。フィールドは、コマンドの出力の先頭で定義されています。RTT はラウンドトリップ時間を意味します。

Router# show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics 3
 
Point by point Enhanced History
 
Entry = Entry Number
Int = Aggregation Interval (seconds)
BucI = Bucket Index
StartT = Aggregation Start Time
Pth = Path index
Hop = Hop in path index
Comps = Operations completed
OvrTh = Operations completed over thresholds
SumCmp = Sum of RTT (milliseconds)
SumCmp2L = Sum of RTT squared low 32 bits (milliseconds)
SumCmp2H = Sum of RTT squared high 32 bits (milliseconds)
TMax = RTT maximum (milliseconds)
TMin = RTT minimum (milliseconds)
 
Entry Int BucI StartT Pth Hop Comps OvrTh SumCmp SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
3 900 1 257850000 1 1 3 0 43 617 0 15 14
3 900 2 258750002 1 1 3 0 45 677 0 16 14
3 900 3 259650000 1 1 3 0 44 646 0 15 14
3 900 4 260550002 1 1 3 0 42 594 0 15 12
3 900 5 261450003 1 1 3 0 42 590 0 15 13
3 900 6 262350001 1 1 3 0 46 706 0 16 15
3 900 7 263250003 1 1 3 0 46 708 0 16 14
.
.
.

 

この例では、BucketIndex 1(257,850,000 に開始)と BucketIndex 2(258,750,002 に開始)の間の経過時間は 900,002 ミリ秒、つまり 900 秒です。

 

表 30 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 30 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry

IP SLA 動作に対して指定した動作 ID 番号。

Int

集約間隔:設定されている統計分散バケット間隔(秒単位)です。たとえば、Int の値が 900 の場合は、統計情報がバケットごとに 900 秒間収集されることを意味します。

BucI

バケットのインデックス番号:統計分散(集約)バケットを一意に識別する番号です。

保持する履歴バケットの番号は、 buckets-of-history-kept コマンドを使用して設定します。

バケットには指定されている時間間隔(集約間隔)の統計情報が収集され、時間が経過すると新しい統計情報バケットが作成されます。

number-of-buckets-kept の値が設定されている場合は、最後のバケットの間隔が無限になります(動作の終了まで)。

バケットは、Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)および User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ モニタリング動作には適用されません。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rttMonStatsCaptureDistIndex オブジェクトに相当します。

StartT

集約開始時間:集約間隔の開始時間です(バケット インデックスごと)。

ルータが起動してからのミリ秒数で示されます。つまり、タイム スタンプは最後にシステムを起動してから経過したミリ秒単位の時間です。

Pth

パス インデックス番号:検出されたターゲットの宛先に対する一連の異なるパスの ID です。たとえば、最初の動作の反復でパス h1、h2、h3、h4 が検出された場合、このパスには 1 というラベルが付けられます。その後の反復で新しいパス(h1、h2、h5、h6、h4 など)が検出されると、この新しいパスは 2 という値で示される、といったようになります。

パスごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に 1 という値が表示されます。

パスごとのデータ収集は、動作を設定するときに paths-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

Hop

ホップ インデックス番号:ホップごとの統計情報データです。ホップとは、パス内の 2 点間でのデータ転送です(たとえば、デバイス h2 からデバイス h3 まで)。

ホップごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に「1」という値が表示されます。

ホップごとのデータ収集は、動作を設定するときに hops-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rrttMonStatsCaptureHopIndex オブジェクトに相当します。

Comps

完了:エラーおよびタイムアウトなしで完了した、バケット インデックスごとのラウンドトリップ時間動作の数です。

このオブジェクトは、Cisco Rttmon MIB オブジェクトの DESCRIPTION の ROLLOVER NOTE で定義されている特別な動作を持ちます。

SumCmp

完了した動作時間(1)の合計:行内のすべての成功した動作の全ラウンドトリップ時間値の合計です(ミリ秒単位)。

SumCmp2L

完了した動作時間(2)平方の合計、下位:正常に測定された動作のラウンドトリップ時間の平方根の合計です(ミリ秒単位)。値の下位 32 ビットだけが表示されます。

下位 32 ビットと上位 32 ビットは、符号なし 64 ビット整数(Int64)で次のような順序になります。

-------------------------------------------------

| 上位 32 ビット | 下位 32 ビット |

-------------------------------------------------

"SumCmp2" の値は、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)の制限のため、「上位」と「下位」の値に分割されます。SNMP オブジェクトに対して許容される最大値は 4,294,967,295(Gauge32 の限界)です。

動作の平方根の合計がこの値を超える場合は、「上位」の値が使用されます (たとえば、4,294,967,296 という値では、すべての下位ビットが 0 で、上位の右端のビットが 1 になります)。

ほとんどの場合、値は 4,294,967,295 未満であり、SumCmp2H の値はゼロになるので、出力では下位の値(SumCmp2L)が最初に表示されます。

SumCmp2H

完了した動作時間(2)平方の合計、上位:正常に完了した動作の完了時間(ミリ秒単位)の累積された平方の上位 32 ビットです。

TMax

ラウンドトリップ時間、最大:集約間隔ごとに、記録された最高のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

TMin

ラウンドトリップ時間、最小:集約間隔ごとに、記録された最低のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla monitor

指定した動作番号の IP SLA モニタ コンフィギュレーション モードを開始することで、IP SLA 動作を設定できます。

show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics

指定した IP SLA 動作に対して収集されたすべての履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示します。

show ip sla monitor statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示します。

show ip sla monitor statistics aggregated

IP SLA のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示します。

show ip sla monitor group schedule


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor group schedule コマンドは show ip sla group schedule コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla group schedule コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のグループ スケジュールの詳細を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor group schedule コマンドを使用します。

show ip sla monitor group schedule [ group-operation-number ]

 
シンタックスの説明

group-operation-number

(任意)表示する IP SLA グループ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla group schedule コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr group schedule コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla group schedule コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla group schedule コマンドに置き換えられました。

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show ip sla monitor group schedule コマンドの出力例を示します。例の最後の行では、IP SLA 動作に複数のスケジュールがあることが示されています(TRUE)。

Router# show ip sla monitor group schedule
 
Multi-Scheduling Configuration:
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 2,3,4,9-30,89
Schedule period :60
Group operation frequency: 30
Multi-scheduled: TRUE
 

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show ip sla monitor group schedule コマンドの出力例を示します。frequency の値はスケジュール期間の値と同じ、life の値は 3600 秒、ageout の値は無期限です。

Router# show ip sla monitor group schedule
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 3,4,6-10
Total number of probes: 7
Schedule period: 20
Group operation frequency: Equals schedule period
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
 

表 31 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 31 show ip sla monitor group schedule のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Entry Number

IP SLA の複数動作のスケジューリングに対して指定されている動作グループ番号。

Probes to be scheduled

動作グループ 1 で指定されている動作番号。

Scheduled period

IP SLA のグループがスケジューリングされる時間(秒単位)。

Group operation frequency

各動作が開始される周期。

Multi-scheduled

値 TRUE は、グループ スケジューリングがアクティブであることを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA 動作の設定の詳細を表示します。

show ip sla monitor history


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor history コマンドは show ip sla history コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla history コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作について収集された履歴を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor history コマンドを使用します。

show ip sla monitor history [ operation-number ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)履歴の詳細を表示する動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。これがデフォルトです。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。

 
デフォルト

すべての動作の表形式の履歴が表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla history コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr history コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla history コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla history コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

表 32 に、 show ip sla monitor history コマンドの出力で使用される Response Return の値を示します。デフォルトの形式( tabular )を使用した場合、Response Return の説明が [Sense] カラムにコードとして表示されます。フル形式を使用した場合、Response Return は [Description] カラムで示されているように表示されます。

 

表 32 Response Return([Sense] カラム)のコード

コード
説明

1

正常

2

切断済み

3

しきい値超過

4

タイムアウト

5

ビジー

6

未接続

7

廃棄

8

シーケンス エラー

9

確認エラー

10

アプリケーション固有

次に、 show ip sla monitor history コマンドの表形式での出力例を示します。

Router# show ip sla monitor history
 
Point by point History
Multiple Lines per Entry
Line 1
Entry = Entry Number
LifeI = Life Index
BucketI = Bucket Index
SampleI = Sample Index
SampleT = Sample Start Time
CompT = Completion Time (milliseconds)
Sense = Response Return Code
Line 2 has the Target Address
Entry LifeI BucketI SampleI SampleT CompT Sense
2 1 1 1 17436548 16 1
AB 45 A0 16
2 1 2 1 17436551 4 1
AC 12 7 29
2 1 2 2 17436551 1 1
AC 12 5 22
2 1 2 3 17436552 4 1
AB 45 A7 22
2 1 2 4 17436552 4 1
AB 45 A0 16

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドを参照してください。


Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の LSP ディスカバリ グループに属する Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)動作の統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics [ group-id ]

 
シンタックスの説明

group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

LSP ディスカバリ オプションがイネーブルになっているときは、特定の LSP ヘルス モニタ動作の LSP ディスカバリ グループに属する各等価コスト マルチパスに対し、LSP ヘルス モニタによって個別に IP SLA 動作が作成されます。各個別 IP SLA 動作によって収集されたネットワーク接続の統計情報は、集約されて、1 時間単位で保存されます(最大 2 時間分のデータを収集できます)。結果は、特定の 1 時間分について、グループ内のすべての等価コスト マルチパスのグループ平均代表値として格納されます。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics 100001
 
Entry number: 100001
Start Time Index: *19:32:37.995 EST Mon Feb 28 2005
Path Discovery Start Time: *20:23:43.919 EST Mon Feb 28 2005
Target destination IP address: 10.131.161.251
Path Discovery Status: OK
Path Discovery Completion Time: 1772
Path Discovery Minimum Paths: 12
Path Discovery Maximum Paths: 12
LSP Group Index: 100001
LSP Group Status: up
Total Pass: 1225
Total Timeout: 0 Total Fail: 0
Latest probe status: 'up,up,up,up,up,up,up,up,up,up,up,up'
Latest Path Identifier: '127.0.0.13-Se3/0-38,127.0.0.6-Se3/0-38,127.0.0.1-Se3/0-38,127.0.0.2-Se3/0-38,127.0.0.4-Se3/0-38,127.0.0.5-Se3/0-38,127.0.0.13-Se4/0-38,127.0.0.6-Se4/0-38,127.0.0.1-Se4/0-38,127.0.0.2-Se4/0-38,127.0.0.4-Se4/0-38,127.0.0.5-Se4/0-38'
Minimum RTT: 24 Maximum RTT: 100 Average RTT: 42
 
 

表 33 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 33 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry number

LSP ディスカバリ グループの識別番号

Start Time Index

LSP ヘルス モニタ動作の開始時刻

Path Discovery Start Time

LSP ディスカバリの最新の反復が開始した時刻

Target destination IP address

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のネクスト ホップ ネイバの IP アドレス

Path Discovery Status

LSP ディスカバリの最新の反復の戻りコード

Path Discovery Completion Time

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の完了に要した時間(ミリ秒単位)

Path Discovery Minimum Paths

LSP ディスカバリ プロセスによって検出された等価コスト マルチパスの最小数

Path Discovery Maximum Paths

LSP ディスカバリ プロセスによって検出された等価コスト マルチパスの最大数

LSP Group Index

LSP ディスカバリ グループの識別番号

LSP Group Status

LSP ディスカバリ グループの動作ステータス

Total Pass

LSP ディスカバリ プロセスの反復の総数

Total Timeout

タイムアウト違反が報告された LSP の総数

Total Fail

動作障害が報告された LSP の総数

Latest probe status

指定した LSP ディスカバリ グループに属する各 IP SLA 動作の現在の動作ステータス

Latest Path Identifier

指定した LSP ディスカバリ グループに属する各 IP SLA 動作の現在の識別情報(LSP の選択に使用されている IP アドレス、発信インターフェイス、ラベル スタック)

Minimum RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている IP SLA 動作によって測定された最小ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

Maximum RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている IP SLA 動作によって測定された最大ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

Average RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている全 IP SLA 動作の平均ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。 show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号を指定しないと、設定されているすべての LSP ヘルス モニタ動作の設定値が表示されます。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration 1
 
Entry Number : 1
Modification time : *12:18:21.830 PDT Fri Aug 19 2005
Operation Type : echo
Vrf Name : ipsla-vrf-all
Tag :
EXP Value : 0
Timeout(ms) : 1000
Threshold(ms) : 5000
Frequency(sec) : Equals schedule period
LSP Selector : 127.0.0.1
ScanInterval(min) : 1
Delete Scan Factor : 1
Operations List : 100001-100003
Schedule Period(sec): 60
Request size : 100
Start Time : Start Time already passed
SNMP RowStatus : Active
TTL value : 255
Reply Mode : ipv4
Reply Dscp Bits :
Secondary Frequency : Enabled on Timeout
Value(sec) : 10
Reaction Configs :
Reaction : connectionLoss
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
Reaction : timeout
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
 
 

次に、LSP ディスカバリ オプションが設定されているときの show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration 100
 
Entry Number : 100
Modification time : *21:50:16.411 GMT Tue Jun 20 2006
Operation Type : echo
Vrf Name : saa-vrf-all
Tag :
EXP Value : 0
Timeout(ms) : 5000
Threshold(ms) : 50
Frequency(sec) : Equals schedule period
ScanInterval(min) : 1
Delete Scan Factor : 1
Operations List : 100002
Schedule Period(sec): 30
Request size : 100
Start Time : Start Time already passed
SNMP RowStatus : Active
TTL value : 255
Reply Mode : ipv4
Reply Dscp Bits :
Path Discover : Enable
Maximum sessions : 1
Session Timeout(seconds) : 120
Base LSP Selector : 127.0.0.1
Echo Timeout(seconds) : 5
Send Interval(msec) : 0
Label Shimming Mode : force-explicit-null
Number of Stats Hours : 2
Scan Period(minutes) : 3
Secondary Frequency : Enabled on Connection Loss and Timeout
Value(sec) : 5
Reaction Configs :
Reaction : Lpd Group
Retry Number : 3
Action Type : Trap Only
 
 

表 34 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 34 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry Number

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

Operation Type

LSP ヘルス モニタ動作によって設定される IP SLA 動作のタイプ。

Vrf Name

特定の名前がこのフィールドに表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、指定されている VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスで使用されている Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバだけを検出するように設定されています。

このフィールドに saa-vrf-all と表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、送信元の Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータに関連付けられているすべての VRF で使用されているすべての BGP ネクスト ホップ ネイバを検出するように設定されています。

Tag

ユーザが指定した、LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

EXP Value

IP SLA 動作のエコー要求パケットのヘッダーの試験的フィールド値。

Timeout(ms)

IP SLA 動作が要求パケットからの応答を待機する時間。

Threshold(ms)

これに違反すると応答イベントが生成される IP SLA 動作のしきい値。

Frequency(sec)

IP SLA 動作を再起動する経過時間。

LSP Selector

IP SLA 動作に対する LSP の選択に使用されるローカル ホスト IP アドレス。

ScanInterval(min)

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔。

Delete Scan Factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

Operations List

LSP ヘルス モニタ動作によって作成された IP SLA 動作の識別番号。

Schedule Period(sec)

LSP ヘルス モニタ動作がスケジューリングされている時間。

Request size

IP SLA 動作の要求パケットのプロトコル データ サイズ。

Start Time

LSP ヘルス モニタ動作の開始時間のステータス。

SNMP RowStatus

SNMP RowStatus がアクティブか非アクティブかを示します。

TTL value

IP SLA 動作のエコー要求パケットの最大ホップ カウント。

Reply Mode

IP SLA 動作のエコー要求パケットの応答モード。

Reply Dscp Bits

IP SLA 動作のエコー応答パケットの Differentiated Service Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)の値。

Path Discover

LSP ディスカバリ オプションがイネーブルかどうかを示します。

Maximum sessions

単一の LSP ヘルス モニタ動作に対して LSP ディスカバリを同時に実行できる BGP ネクスト ホップ ネイバの最大数。

Session Timeout (seconds)

特定の BGP ネクスト ホップ ネイバに対する LSP ディスカバリ要求への応答を LSP ディスカバリ プロセスが待機する時間。

Base LSP Selector

LSP ディスカバリ グループの LSP の選択に使用されるベース IP アドレス。

Echo Timeout (seconds)

エコー要求パケットへの応答を LSP ディスカバリ プロセスが待機する時間。

Send Interval (msec)

LSP ディスカバリ プロセスの一部として送信される MPLS エコー要求の間隔(ミリ秒単位)。

Label Shimming Mode

エコー要求パケットに対して MPLS の明示的ヌル ラベル オプションがイネーブルになっているかどうかを示します。

Number of Stats Hours

LSP ディスカバリ グループの統計情報が保持されている時間数。

Scan Period (minutes)

LSP ディスカバリ プロセスを再起動できるようになるまでの時間。

Secondary Frequency

セカンダリ頻度オプションがイネーブルになる応答条件。

Value(sec)

セカンダリ頻度の値。

Reaction Configs

IP SLA 動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定。

Reaction

監視対象の応答条件。

Retry Number

応答条件が検出されたときに、LSP ディスカバリ グループに属する等価コスト マルチパスを再テストする回数を示します。

Threshold Type

応答イベントの結果として処理を実行する必要があるかどうかを指定します。

Threshold Count

アクションを実行する前に応答条件が発生できる回数。

Action Type

応答イベントの結果として実行する必要のある処理のタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

auto ip sla mpls-lsp-monitor reaction-configuration

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定します。

auto ip sla mpls-lsp-monitor schedule

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作のスケジューリング パラメータを設定します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作に属する LSP ディスカバリ グループの動作ステータスを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state [ group-id ]

 
シンタックスの説明

group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state 100001
 
Entry number: 100001
MPLSLM Entry Number: 1
Target FEC Type: LDP IPv4 prefix
Target Address: 192.168.1.11
Number of Statistic Hours Kept: 2
Last time LPD Stats were reset: *21:21:18.239 GMT Tue Jun 20 2006
Traps Type: 3
Latest Path Discovery Mode: rediscovery complete
Latest Path Discovery Start Time: *21:59:04.475 GMT Tue Jun 20 2006
Latest Path Discovery Return Code: OK
Latest Path Discovery Completion Time(ms): 3092
Number of Paths Discovered: 3
Path Information :
Path Outgoing Lsp Link Conn Adj Downstream
Index Interface Selector Type Id Addr Label Stack Status
1 Et0/0 127.0.0.8 90 0 10.10.18.30 21 OK
2 Et0/0 127.0.0.2 90 0 10.10.18.30 21 OK
3 Et0/0 127.0.0.1 90 0 10.10.18.30 21 OK
 
 

表 35 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 35 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry number

LSP ディスカバリ グループの識別番号。

MPLSLM Entry number

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

Target FEC Type

BGP ネクスト ホップ ネイバの Forward Equivalence Class(FEC)タイプ。

Target Address

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のネクスト ホップ ネイバの IP アドレス。

Number of Statistic Hours Kept

LSP ディスカバリ グループの統計情報が保持される時間(時間単位)。この値を設定するには hours-of-statistics-kept コマンドを使用します。

Traps Type

トラップ タイプの値は、 auto ip sla mpls-lsp-monitor reaction-configuration コマンドを使用してイネーブルにされているしきい値モニタリングのタイプを示します。トラップ タイプの値の定義は次のとおりです。

1:タイムアウト

2:接続損失

3:LSP ディスカバリ グループのステータス変化

4:LSP ディスカバリの障害

Latest Path Discovery Mode

LSP ディスカバリ プロセスの現在のモード。モードには、初期ディスカバリ、初期完了、再ディスカバリ実行中、再ディスカバリ完了があります。

Latest Path Discovery Start Time

LSP ディスカバリの最新の反復が開始した時刻。

Latest Path Discovery Return Code

LSP ディスカバリの最新の反復の戻りコード。

Latest Path Discovery Completion Time

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の完了に要した時間(ミリ秒単位)。

Number of Paths Discovered

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の間に検出された等価コスト マルチパスの数。

Path Index

等価コスト マルチパスの識別番号。

Outgoing Interface

エコー要求パケットの発信インターフェイス。

Lsp Selector

LSP の選択に使用される IP アドレス。

Adj Addr

ネクスト ホップ物理インターフェイスの IP アドレス。

Downstream Label Stack

ダウンストリーム MPLS ラベル スタックの番号。

Status

指定した等価コスト マルチパスの最新の IP SLA LSP ping 動作の戻りコード。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタによって検出された、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバに関するルーティングおよび接続の情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。 show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられました。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors
 
IP SLA MPLS LSP Monitor Database : 1
BGP Next hop 10.10.10.5 (Prefix: 10.10.10.5/32) OK
ProbeID: 100001 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.7 (Prefix: 10.10.10.7/32) OK
ProbeID: 100002 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.8 (Prefix: 10.10.10.8/32) OK
ProbeID: 100003 (red, blue, green)
 
 

表 36 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 36 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors のフィールドの説明

フィールド
説明

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

ProbeID

IP SLA 動作の識別番号。指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前が、カッコ内に表示されます。

OK

送信元 Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータと指定した BGP ネクスト ホップ ネイバの間の LSP ping または LSP traceroute の接続ステータス。接続ステータスは次のいずれかです。

OK:正常応答。

ConnectionLoss:応答は Forward Equivalence Class(FEC)に対する出力ではないデバイスからのもの。

Timeout:エコー要求タイムアウト。

Unknown:LSP の状態は不明。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の特定の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)への Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバの追加または削除に関する情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue operation-number

 
シンタックスの説明

operation-number

詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。 show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられました。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue 1
 
Next scan Time after: 23 Secs
Next Delete scan Time after: 83 Secs
 
BGP Next hop Prefix vrf Add/Delete?
10.10.10.8 10.10.10.8/32 red Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 blue Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 green Add
 
 

表 37 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 37 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue のフィールドの説明

フィールド
説明

Next scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN への BGP ネクスト ホップ ネイバの追加に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各スキャン時間の開始時に、新しく検出されたすべてのネイバに対して IP SLA 動作が作成されます。

Next Delete scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN からの BGP ネクスト ホップ ネイバの削除に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各削除スキャン時間の開始時に、有効ではなくなったネイバの IP SLA 動作が削除されます。

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

vrf

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前。

Add/Delete

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバが指定した VPN に追加されるのか、またはその VPN から削除されるのかを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

delete-scan-factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

mpls discovery vpn interval

有効ではなくなったルーティング エントリが MPLS VPN の BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ データベースから削除される間隔を指定します。

scan-interval

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔(分単位)を指定します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary


) Cisco IOS Release 12.2(33)SB では、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary コマンドが show ip sla mpls-lsp-monitor summary コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla mpls-lsp-monitor summary コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバおよび LSP ディスカバリ グループの情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary コマンドを使用します。

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary [ operation-number [ group [ group-id ]]]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

group group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SB2

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor summary コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary operation-number コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary 1
 
Index - MPLS LSP Monitor probe index.
Destination - Target IP address of the BGP Next Hop.
Status - LPD Group Status.
LPD Group ID - Unique index to identify the LPD Group.
Last Operation Time - Last time an operation was attempted by a particular probe in the LPD group.
 
Index Destination Status LPD Group ID Last Operation Time
1 100.1.1.1 up 100001 19:33:37.915 EST Mon Feb 28 2005
2 100.1.1.2 down 100002 19:33:47.915 EST Mon Feb 28 2005
3 100.1.1.3 retry 100003 19:33:57.915 EST Mon Feb 28 2005
4 100.1.1.4 partial 100004 19:34:07.915 EST Mon Feb 28 2005
 
 

次に、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary operation-number group group-id コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary 1 group 100001
 
Group ID - Unique number to identify a LPD group
Lsp-selector - Unique 127/8 address used to identify an LPD.
Latest operation status - Latest probe status.
Last Operation time - Time when the last operation was attempted.
 
Group ID Lsp-Selector Status Failures Successes RTT Last Operation Time
100001 127.0.0.13 up 0 78 32 *20:11:37.895 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.15 up 0 78 32 *20:11:37.995 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.16 up 0 78 32 *20:11:38.067 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.26 up 0 78 32 *20:11:38.175 EST Mon Feb 28 2005
 
 

表 38 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 38 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary のフィールドの説明

フィールド
説明

Failures

指定した LSP の IP SLA 動作が RTT 値の報告に失敗した回数

Successes

指定した LSP の IP SLA 動作が RTT 値を正常に報告した回数

RTT

指定した LSP の平均ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla monitor reaction-configuration


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor reaction-configuration コマンドは show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla reaction-configuration コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor reaction-configuration コマンドを使用します。

show ip sla monitor reaction-configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)応答設定の特性を表示する動作の番号

 
デフォルト

すべての IP SLA 動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr reaction-configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

IP SLA 動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip sla monitor reaction-configuration コマンドを使用します。

次の例では、1 つの IP SLA 動作に対して複数の監視対象要素([Reaction] の値で示されています)を設定しています。

Router# show ip sla monitor reaction-configuration
 
Entry Number: 1
Reaction: RTT
Threshold type: Never
Rising (milliseconds): 5000
Falling (milliseconds): 3000
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: None
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: average
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: triggerOnly
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 
Reaction: PacketLossSD
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Threshold Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 

表 39 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 39 show ip sla monitor reaction-configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Reaction

指定した IP SLA 動作に設定されている監視対象要素。

ip sla monitor reaction-configuration コマンドの react { connectionLoss | jitterAvg | jitterDSAvg | jitterSDAvg | mos | PacketLossDS | PacketLossSD | rtt | timeout | verifyError } シンタックスに対応します。

Threshold type

設定されているしきい値のタイプ。

ip sla monitor reaction-configuration コマンドの threshold-type { never | immediate | consecutive | xofy | average } シンタックスに対応します。

Rising (milliseconds)

upper-threshold の値。

ip sla monitor reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスに対応します。

Falling (milliseconds)

lower-threshold の値。

ip sla monitor reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスに対応します。

Threshold Count

xofy しきい値タイプの x-value 、または average しきい値タイプの number-of-measurements の値。

Threshold Count2

xofy しきい値タイプの y-value

Action Type

違反条件が満たされたときに実行する応答。

ip sla monitor reaction-configuration コマンドの action-type { none | trapOnly | triggerOnly | trapAndTrigger } シンタックスに対応します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla monitor reaction-configuration

IP SLA の動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定します。

show ip sla monitor reaction-trigger


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor reaction-trigger コマンドは show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla reaction-trigger コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の応答トリガー情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor reaction-trigger コマンドを使用します。

show ip sla monitor reaction-trigger [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr reaction-trigger コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

ip sla monitor reaction-configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドでの定義に従ってトリガーされるターゲット動作の設定ステータスおよび動作状態を表示するには、 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドを使用します。

次に、 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor reaction-trigger 1
 
Reaction Table
Entry Number: 1
Target Entry Number: 2
Status of Entry (SNMP RowStatus): active
Operational State: pending

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor responder


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor responder コマンドは show ip sla responder コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla responder コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)Responder についての情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor responder コマンドを使用します。

show ip sla monitor responder

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla responder コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr responder コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla responder コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla responder コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

最近の制御メッセージの送信元や無効な制御メッセージの送信元など、IP SLA 制御メッセージの最近の送信元についての情報を表示するには、 show ip sla monitor responder コマンドを使用します。

次に、 show ip sla monitor responder コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor responder
 
IP SLA Monitor Responder is: Enabled
Number of control message received: 19 Number of errors: 1
Recent sources:
10.0.0.1 [19:11:49.035 UTC Sat Dec 2 1995]
10.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 1995]
10.0.0.1 [19:09:48.707 UTC Sat Dec 2 1995]
10.0.0.1 [19:08:48.687 UTC Sat Dec 2 1995]
10.0.0.1 [19:07:48.671 UTC Sat Dec 2 1995]
 
Recent error sources:
10.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 1995] RTT_AUTH_FAIL

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show ip sla monitor statistics


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor statistics コマンドは show ip sla statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor statistics [ operation-number ] [ details ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)動作ステータスおよび統計情報を表示する動作の番号。

details

(任意)動作ステータスおよび統計情報をより詳細に表示します。

 
デフォルト

稼動しているすべての IP SLA 動作の出力を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr operational-state コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

動作の残りの継続時間、動作がアクティブかどうか、完了時刻など、IP SLA 動作の現在の状態を表示するには、 show ip sla monitor statistics コマンドを使用します。出力には、最後の(最近完了した)動作に対して返されたモニタリング データも含まれます。

次に、 show ip sla monitor statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla monitor statistics
 
Current Operational State
Entry Number: 3
Modification Time: *22:15:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Diagnostics Text:
Last Time this Entry was Reset: Never
Number of Octets in use by this Entry: 1332
Number of Operations Attempted: 2
Current Seconds Left in Life: 3511
Operational State of Entry: active
Latest Completion Time (milliseconds): 544
Latest Operation Start Time: *22:16:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Latest Oper Sense: ok
Latest Sense Description: 200 OK
Total RTT: 544
DNS RTT: 12
TCP Connection RTT: 28
HTTP Transaction RTT: 504
HTTP Message Size: 9707
 
 

次に示す show ip sla monitor statistics コマンドの出力例では、指定した動作は UDP ジッタ(コーデック)動作です。表示されている値は、最後の IP SLA 動作の値を示します。

Router# show ip sla monitor statistics
 
Current Operational State
Entry number: 10
Modification time: 12:57:45.690 UTC Sun Oct 26 2003
Number of operations attempted: 3
Number of operations skipped: 0
Current seconds left in Life: 3570
Operational state of entry: Active
Last time this entry was reset: Never
Connection loss occurred: FALSE
Timeout occurred: FALSE
Over thresholds occurred: FALSE
Latest RTT (milliseconds): 19
Latest operation start time: 12:57:45.723 Sun Oct 26 2003
Latest operation return code: OK
Voice Scores:
ICPIF: 20 MOS Score: 3.20
RTT Values:
NumOfRTT: 10 RTTAvg: 19 RTTMin: 19 RTTMax: 20
RTTSum: 191 RTTSum2: 3649
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0
Jitter Values:
NumOfJitterSamples: 9
MinOfPositivesSD: 0 MaxOfPositivesSD: 0
NumOfPositivesSD: 0 SumOfPositivesSD: 0 Sum2PositivesSD: 0
MinOfNegativesSD: 0 MaxOfNegativesSD: 0
NumOfNegativesSD: 0 SumOfNegativesSD: 0 Sum2NegativesSD: 0
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 1
NumOfPositivesDS: 1 SumOfPositivesDS: 1 Sum2PositivesDS: 1
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 1
NumOfNegativesDS: 1 SumOfNegativesDS: 1 Sum2NegativesDS: 1
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
One Way Values:
NumOfOW: 0
OWMinSD: 0 OWMaxSD: 0 OWSumSD: 0 OWSum2SD: 0
OWMinDS: 0 OWMaxDS: 0 OWSumDS: 0 OWSum2DS: 0
 
 

表 40 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 40 show ip sla monitor statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Voice Scores

VoIP の統計情報が次の行に表示されることを示します。音声スコア データは、動作タイプが type jitter (コーデック)に設定されている場合に計算されます。

ICPIF

動作の Calculated Planning Impairment Factor(ICPIF)の値。ICPIF の値は、 Icpif = Io + Iq + Idte + Idd + Ie - A という式を使用して計算されます。

Io Iq 、および Idte の値はゼロに設定されます。

Idd は、測定された一方向遅延に基づいて計算されます。

Ie は、測定されたパケット損失に基づいて計算されます。

A の値はユーザが指定します。

ICPIF の値は、通常、5(非常に軽い障害)から 55(非常に重い障害)の範囲で表されます。ICPIF の値が 20 未満の場合は、一般に「適切」と見なされます。

(注) この値は相対的な比較を意図したものでしかなく、別の方法を使用して生成された ICPIF 値と一致しない場合があります。

MOS Score

動作の最新の反復に対する Mean Opinion Score(MOS-CQE; 平均オピニオン評点)(カンバセーション品質、推定)。MOS-CQE は ICPIF の関数として計算されます。

MOS 値は 1(1.00)から 5(5.00)までの数値として表され、5 が最高レベルの品質、1 が最低レベルの品質です。MOS 値が 0(ゼロ)の場合は、その動作に対して MOS データを生成できなかったことを示します。

RTT Values

次の行にラウンドトリップ時間の統計情報が表示されることを示します。

NumOfRTT

成功したラウンドトリップの回数。

RTTSum

すべての成功したラウンドトリップの値の合計(ミリ秒単位)。

RTTSum2

これらのラウンドトリップ値の平方の合計(ミリ秒単位)。

PacketLossSD

送信元から宛先の方向で失われたパケットの数。

PacketLossDS

宛先から送信元の方向で失われたパケットの数。

PacketOutOfSequence

正しくない順序で返されたパケットの数。

PacketMIA

方向(SD/DS)を特定できない失われたパケットの数。

PacketLateArrival

タイムアウトの後で到着したパケットの数。

InternalError

他の内部障害のために動作を開始できなかった回数。

Busies

以前にスケジュールされていた実行が終了しなかったためにこの動作を開始できなかった回数。

Jitter Values:

次の行にジッタの統計情報が表示されることを示します。ジッタとは、パケット内遅延の分散です。

NumOfJitterSamples

収集されたジッタ サンプルの数。これは、次のジッタ統計情報の計算に使用されるサンプルの数です。

MinOfPositivesSD
MaxOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の正のジッタ値(ミリ秒単位)。

NumOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、正のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が大きくなっている)の数。

SumOfPositivesSD

これらの正の値の合計(ミリ秒単位)。

Sum2PositivesSD

これらの正の値の平方の合計。

MinOfNegativesSD
MaxOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の負のジッタ値。絶対値が示されます。

NumOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、負のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が小さくなっている)の数。

SumOfNegativesSD

これらの値の合計。

Sum2NegativesSD

これらの値の平方の合計。

Interarrival jitterout

RFC 1889 で定義されている、送信元から宛先(SD)の方向のジッタ値の計算。

Interarrival jitterin

RFC 1889 で定義されている、宛先から送信元(DS)の方向のジッタ値の計算。

One Way Values

次の行に一方向の測定の統計情報が表示されることを示します。

一方向(OW)の値とは、パケットが送信元ルータからターゲット ルータまで(SD)、またはターゲット ルータから送信元ルータまで(DS)移動するのに要した時間です。

NumOfOW

成功した一方向時間測定の回数。

OWMinSD

送信元から宛先までの最小の時間(ミリ秒単位)。

OWMaxSD

送信元から宛先までの最大の時間(ミリ秒単位)。

OWSumSD

OWMinSD と OWMaxSD の値の合計。

OWSum2SD

OWMinSD と OWMaxSD の値の平方の合計。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor statistics aggregated


) Cisco IOS Release 12.4(4)T、12.2(33)SB、および 12.2(33)SXI では、show ip sla monitor statistics aggregated コマンドは show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor statistics aggregated コマンドを使用します。

show ip sla monitor statistics aggregated [ operation-number ] [ details ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

details

(任意)集約された統計情報をさらに詳細に表示します。このキーワードを指定すると、分散情報が含まれるようになります。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。 show rtr collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

失敗した動作の数や失敗の理由などの情報を表示するには、このコマンドを使用します。分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数

このコマンドはデフォルトでは過去 2 時間に収集された情報を表示しますが、この時間は hours-of-statistics-kept コマンドを使用して変更できます。


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


ここでは、さまざまな IP SLA 動作に対する show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力例を示します。

HTTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作であるときの show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor statistics aggregated 1
 
Round trip time (RTT) Index 3
DNS RTT: 3004 ms
TCP Connection RTT: 16 ms
HTTP Transaction RTT: 84 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 1
 
Router# show ip sla monitor statistics aggregated 1 details
 
Round trip time (RTT) Index 3
DNS RTT: 3004
TCP Connection RTT: 0
HTTP Transaction RTT: 0
HTTP time to first byte: 0
DNS TimeOut: 0
TCP TimeOut: 0
Transaction TimeOut: 0
DNS Error: 0
TCP Error: 0
Number of successes: 0
Number of failures: 1
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/0/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 1/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

UDP ジッタ動作に対する出力

次の例では、指定した動作が User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作であるときの show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor statistics aggregated 2
 
Round trip time (RTT) Index 7
RTT Values
Number Of RTT: 10
RTT Min/Avg/Max: 1/1/2 ms
Latency one-way time milliseconds
Number of Latency one-way Samples: 0
Source to Destination Latency one way Latency Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Destination to source Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Jitter time milliseconds
Number of Jitter Samples: 9
Source to Destination Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Packet Loss Values
Loss Source to Destination: 0 Loss Destination to Source: 0
Out Of Sequence: 0 Tail Drop: 0 Packet Late Arrival: 0
Number of successes: 1
Number of failures: 1
 
Router# show ip sla monitor statistics aggregated 2 details
 
Round trip time (RTT) Index 7
RTT Values
Number Of RTT: 10
RTT Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Latency one-way time milliseconds
Number of Latency one-way Samples: 0
Source to Destination Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Destination to Source Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Source to Destination Latency one way Sum/Sum2: 0/0
Destination to Source Latency one way Sum/Sum2: 0/0
Jitter time milliseconds
Number of Jitter Samples: 9
Source to Destination Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination positive jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination positive jitter Number/Sum/Sum2: 1/1/1
Source to destination negative jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination negative jitter Number/Sum/Sum2: 1/1/1
Destination to Source positive jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source positive jitter Number/Sum/Sum2: 2/2/2
Destination to Source negative jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source negative jitter Number/Sum/Sum2: 2/2/2
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
Packet Loss Values
Loss Source to Destination: 0 Loss Destination to Source: 0
Out Of Sequence: 0 Tail Drop: 0 Packet Late Arrival: 0
Number of successes: 3
Number of failures: 1
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

ICMP エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作であるときの show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
RTT Values
Number Of RTT: 0
RTT Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
RTT Values
Number Of RTT: 0
RTT Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 23
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

TCP 接続、DNS、FTP、DHCP、および UDP のエコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作、Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作、File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)動作、または UDP エコー動作であるときの show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Number of successes: 0
Number of failures: 23
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

ICMP パス エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス エコー動作であるときの show ip sla monitor statistics aggregated コマンドおよび show ip sla monitor statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 2
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 3
Number of successes: 0
Number of failures: 21
.
.
.
 
Router# show ip sla monitor statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 2
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 3
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0-9 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10-19 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >20 ms:
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
.
.
.

 
関連コマンド

コマンド
説明

hours-of-statistics-kept

IP SLA 動作の統計情報を保持する時間数を設定します。

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor totals-statistics


) Cisco IOS Release 12.4(2)T では、show ip sla monitor totals-statistics コマンドは show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントおよび完了の累積)を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla monitor totals-statistics コマンドを使用します。

show ip sla monitor totals-statistics [ number ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。これがデフォルトです。

 
デフォルト

すべての動作についてフル形式

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(14)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)T

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

合計統計情報は次の項目で構成されます。

動作番号

現在の統計情報の時間の開始時刻

現在の統計情報の時間の経過時間

試行された動作の数

また、 show ip sla monitor distributions-statistics コマンドおよび show ip sla monitor collection-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

次に、 show ip sla monitor totals-statistics コマンドのフル形式での出力例を示します。

Router# show ip sla monitor totals-statistics
 
Statistic Totals
Entry Number: 1
Start Time Index: *17:15:41.000 UTC Thu May 16 1996
Age of Statistics Entry (hundredths of seconds): 48252
Number of Initiations: 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla monitor collection-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示します。

show ip sla monitor configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla monitor distributions-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示します。

show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics

Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の LSP ディスカバリ グループに属する Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)動作の統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics [ group-id ]

 
シンタックスの説明

group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRB

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

LSP ディスカバリ オプションがイネーブルになっているときは、特定の LSP ヘルス モニタ動作の LSP ディスカバリ グループに属する各等価コスト マルチパスに対し、LSP ヘルス モニタによって個別に IP SLA 動作が作成されます。各個別 IP SLA 動作によって収集されたネットワーク接続の統計情報は、集約されて、1 時間単位で保存されます(最大 2 時間分のデータを収集できます)。結果は、特定の 1 時間分について、グループ内のすべての等価コスト マルチパスのグループ平均代表値として格納されます。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics 100001
 
Entry number: 100001
Start Time Index: *19:32:37.995 EST Mon Feb 28 2005
Path Discovery Start Time: *20:23:43.919 EST Mon Feb 28 2005
Target destination IP address: 10.131.161.251
Path Discovery Status: OK
Path Discovery Completion Time: 1772
Path Discovery Minimum Paths: 12
Path Discovery Maximum Paths: 12
LSP Group Index: 100001
LSP Group Status: up
Total Pass: 1225
Total Timeout: 0 Total Fail: 0
Latest probe status: 'up,up,up,up,up,up,up,up,up,up,up,up'
Latest Path Identifier: '127.0.0.13-Se3/0-38,127.0.0.6-Se3/0-38,127.0.0.1-Se3/0-38,127.0.0.2-Se3/0-38,127.0.0.4-Se3/0-38,127.0.0.5-Se3/0-38,127.0.0.13-Se4/0-38,127.0.0.6-Se4/0-38,127.0.0.1-Se4/0-38,127.0.0.2-Se4/0-38,127.0.0.4-Se4/0-38,127.0.0.5-Se4/0-38'
Minimum RTT: 24 Maximum RTT: 100 Average RTT: 42
 
 

表 41 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 41 show ip sla mpls-lsp-monitor collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry number

LSP ディスカバリ グループの識別番号

Start Time Index

LSP ヘルス モニタ動作の開始時刻

Path Discovery Start Time

LSP ディスカバリの最新の反復が開始した時刻

Target destination IP address

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のネクスト ホップ ネイバの IP アドレス

Path Discovery Status

LSP ディスカバリの最新の反復の戻りコード

Path Discovery Completion Time

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の完了に要した時間(ミリ秒単位)

Path Discovery Minimum Paths

LSP ディスカバリ プロセスによって検出された等価コスト マルチパスの最小数

Path Discovery Maximum Paths

LSP ディスカバリ プロセスによって検出された等価コスト マルチパスの最大数

LSP Group Index

LSP ディスカバリ グループの識別番号

LSP Group Status

LSP ディスカバリ グループの動作ステータス

Total Pass

LSP ディスカバリ プロセスの反復の総数

Total Timeout

タイムアウト違反が報告された LSP の総数

Total Fail

動作障害が報告された LSP の総数

Latest probe status

指定した LSP ディスカバリ グループに属する各 IP SLA 動作の現在の動作ステータス

Latest Path Identifier

指定した LSP ディスカバリ グループに属する各 IP SLA 動作の現在の識別情報(LSP の選択に使用されている IP アドレス、発信インターフェイス、ラベル スタック)

Minimum RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている IP SLA 動作によって測定された最小ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

Maximum RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている IP SLA 動作によって測定された最大ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

Average RTT

指定した LSP ディスカバリ グループに関連付けられている全 IP SLA 動作の平均ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla mpls-lsp-monitor configuration

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(6)T

このコマンドが追加されました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号を指定しないと、設定されているすべての LSP ヘルス モニタ動作の設定値が表示されます。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor configuration 1
 
Entry Number : 1
Modification time : *12:18:21.830 PDT Fri Aug 19 2005
Operation Type : echo
Vrf Name : ipsla-vrf-all
Tag :
EXP Value : 0
Timeout(ms) : 1000
Threshold(ms) : 5000
Frequency(sec) : Equals schedule period
LSP Selector : 127.0.0.1
ScanInterval(min) : 1
Delete Scan Factor : 1
Operations List : 100001-100003
Schedule Period(sec): 60
Request size : 100
Start Time : Start Time already passed
SNMP RowStatus : Active
TTL value : 255
Reply Mode : ipv4
Reply Dscp Bits :
Secondary Frequency : Enabled on Timeout
Value(sec) : 10
Reaction Configs :
Reaction : connectionLoss
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
Reaction : timeout
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
 
 

表 42 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 42 show ip sla mpls-lsp-monitor configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry Number

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

Operation Type

LSP ヘルス モニタ動作によって設定される IP SLA 動作のタイプ。

Vrf Name

特定の名前がこのフィールドに表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、指定されている VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスで使用されている Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバだけを検出するように設定されています。

このフィールドに ipsla-vrf-all と表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、送信元の Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータに関連付けられているすべての VRF で使用されているすべての BGP ネクスト ホップ ネイバを検出するように設定されています。

Tag

IP SLA 動作のユーザ指定 ID。

EXP Value

IP SLA 動作のエコー要求パケットのヘッダーの試験的フィールド値。

Timeout(ms)

IP SLA 動作が要求パケットからの応答を待機する時間。

Threshold(ms)

IP SLA 動作によって作成されるネットワーク モニタリング統計情報を計算するための上限しきい値。

Frequency(sec)

IP SLA 動作を再起動する経過時間。

LSP Selector

IP SLA 動作に対する LSP の選択に使用されるローカル ホスト IP アドレス。

ScanInterval(min)

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔。

Delete Scan Factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

Operations List

LSP ヘルス モニタ動作によって作成された IP SLA 動作の識別番号。

Schedule Period(sec)

個別の IP SLA 動作の開始時間が配信される期間(秒単位)。

Request size

IP SLA 動作の要求パケットのプロトコル データ サイズ。

Start Time

LSP ヘルス モニタ動作の開始時間のステータス。

SNMP RowStatus

SNMP RowStatus がアクティブか非アクティブかを示します。

TTL value

IP SLA 動作のエコー要求パケットの最大ホップ カウント。

Reply Mode

IP SLA 動作のエコー要求パケットの応答モード。

Reply Dscp Bits

IP SLA 動作のエコー応答パケットの Differentiated Service Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)の値。

Secondary Frequency

セカンダリ頻度オプションがイネーブルになる応答条件。

Value(sec)

セカンダリ頻度の値。

Reaction Configs

IP SLA 動作の応答の設定。

Reaction

監視対象の応答条件。

Threshold Type

応答イベントの結果として処理を実行する必要があるかどうかを指定します。

Threshold Count

アクションを実行する前に応答イベントが発生できる回数。

Action Type

応答イベントの結果として実行する必要のある処理のタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

auto ip sla mpls-lsp-monitor schedule

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作のスケジューリング パラメータを設定します。

show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作に属する LSP ディスカバリ グループの動作ステータスを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state [ group-id ]

 
シンタックスの説明

group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRB

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state 100001
 
Entry number: 100001
MPLSLM Entry Number: 1
Target FEC Type: LDP IPv4 prefix
Target Address: 192.168.1.11
Number of Statistic Hours Kept: 2
Last time LPD Stats were reset: *21:21:18.239 GMT Tue Jun 20 2006
Traps Type: 3
Latest Path Discovery Mode: rediscovery complete
Latest Path Discovery Start Time: *21:59:04.475 GMT Tue Jun 20 2006
Latest Path Discovery Return Code: OK
Latest Path Discovery Completion Time(ms): 3092
Number of Paths Discovered: 3
Path Information :
Path Outgoing Lsp Link Conn Adj Downstream
Index Interface Selector Type Id Addr Label Stack Status
1 Et0/0 127.0.0.8 90 0 10.10.18.30 21 OK
2 Et0/0 127.0.0.2 90 0 10.10.18.30 21 OK
3 Et0/0 127.0.0.1 90 0 10.10.18.30 21 OK
 
 

表 43 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 43 show ip sla mpls-lsp-monitor lpd operational-state のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry number

LSP ディスカバリ グループの識別番号。

MPLSLM Entry number

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

Target FEC Type

BGP ネクスト ホップ ネイバの Forward Equivalence Class(FEC)タイプ。

Target Address

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のネクスト ホップ ネイバの IP アドレス。

Number of Statistic Hours Kept

LSP ディスカバリ グループの統計情報が保持される時間(時間単位)。この値を設定するには hours-of-statistics-kept コマンドを使用します。

Traps Type

トラップ タイプの値は、 auto ip sla mpls-lsp-monitor reaction-configuration コマンドを使用してイネーブルにされているしきい値モニタリングのタイプを示します。トラップ タイプの値の定義は次のとおりです。

1:タイムアウト

2:接続損失

3:LSP ディスカバリ グループのステータス変化

4:LSP ディスカバリの障害

Latest Path Discovery Mode

LSP ディスカバリ プロセスの現在のモード。モードには、初期ディスカバリ、初期完了、再ディスカバリ実行中、再ディスカバリ完了があります。

Latest Path Discovery Start Time

LSP ディスカバリの最新の反復が開始した時刻。

Latest Path Discovery Return Code

LSP ディスカバリの最新の反復の戻りコード。

Latest Path Discovery Completion Time

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の完了に要した時間(ミリ秒単位)。

Number of Paths Discovered

LSP ディスカバリ プロセスの最新の反復の間に検出された等価コスト マルチパスの数。

Path Index

等価コスト マルチパスの識別番号。

Outgoing Interface

エコー要求パケットの発信インターフェイス。

Lsp Selector

LSP の選択に使用される IP アドレス。

Adj Addr

ネクスト ホップ物理インターフェイスの IP アドレス。

Downstream Label Stack

ダウンストリーム MPLS ラベル スタックの番号。

Status

指定した等価コスト マルチパスの最新の IP SLA LSP ping 動作の戻りコード。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタによって検出された、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバに関するルーティングおよび接続の情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(6)T

このコマンドが追加されました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors
 
IP SLA MPLS LSP Monitor Database : 1
BGP Next hop 10.10.10.5 (Prefix: 10.10.10.5/32) OK
ProbeID: 100001 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.7 (Prefix: 10.10.10.7/32) OK
ProbeID: 100002 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.8 (Prefix: 10.10.10.8/32) OK
ProbeID: 100003 (red, blue, green)
 
 

表 44 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 44 show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors のフィールドの説明

フィールド
説明

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

ProbeID

IP SLA 動作の識別番号。指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前が、カッコ内に表示されます。

OK

送信元 Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータと指定した BGP ネクスト ホップ ネイバの間の LSP ping または LSP traceroute の接続ステータス。接続ステータスは次のいずれかです。

OK:正常応答。

ConnectionLoss:応答は Forward Equivalence Class(FEC)に対する出力ではないデバイスからのもの。

Timeout:エコー要求タイムアウト。

Unknown:LSP の状態は不明。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の特定の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)への Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバの追加または削除に関する情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue operation-number

 
シンタックスの説明

operation-number

詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(6)T

このコマンドが追加されました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue 1
 
Next scan Time after: 23 Secs
Next Delete scan Time after: 83 Secs
 
BGP Next hop Prefix vrf Add/Delete?
10.10.10.8 10.10.10.8/32 red Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 blue Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 green Add
 
 

表 45 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 45 show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue のフィールドの説明

フィールド
説明

Next scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN への BGP ネクスト ホップ ネイバの追加に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各スキャン時間の開始時に、新しく検出されたすべてのネイバに対して IP SLA 動作が作成されます。

Next Delete scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN からの BGP ネクスト ホップ ネイバの削除に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各削除スキャン時間の開始時に、有効ではなくなったネイバの IP SLA 動作が削除されます。

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

vrf

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前。

Add/Delete

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバが指定した VPN に追加されるのか、またはその VPN から削除されるのかを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

delete-scan-factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

mpls discovery vpn interval

有効ではなくなったルーティング エントリが MPLS VPN の BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ データベースから削除される間隔を指定します。

scan-interval

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔(分単位)を指定します。

show ip sla mpls-lsp-monitor summary

IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバおよび LSP ディスカバリ グループの情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla mpls-lsp-monitor summary コマンドを使用します。

show ip sla mpls-lsp-monitor summary [ operation-number [ group [ group-id ]]]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

group group-id

(任意)詳細を表示する LSP ディスカバリ グループの識別番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRB

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor summary コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

show ip sla mpls-lsp-monitor summary コマンドは、LSP ディスカバリ オプションが LSP ヘルス モニタ動作に対してイネーブルになっている場合に使用してください。このコマンドは、LSP ディスカバリ オプションがディセーブルの場合は使用できません。

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor summary operation-number コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor summary 1
 
Index - MPLS LSP Monitor probe index.
Destination - Target IP address of the BGP Next Hop.
Status - LPD Group Status.
LPD Group ID - Unique index to identify the LPD Group.
Last Operation Time - Last time an operation was attempted by a particular probe in the LPD group.
 
Index Destination Status LPD Group ID Last Operation Time
1 100.1.1.1 up 100001 19:33:37.915 EST Mon Feb 28 2005
2 100.1.1.2 down 100002 19:33:47.915 EST Mon Feb 28 2005
3 100.1.1.3 retry 100003 19:33:57.915 EST Mon Feb 28 2005
4 100.1.1.4 partial 100004 19:34:07.915 EST Mon Feb 28 2005
 
 

次に、 show ip sla mpls-lsp-monitor summary operation-number group group-id コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla mpls-lsp-monitor summary 1 group 100001
 
Group ID - Unique number to identify a LPD group
Lsp-selector - Unique 127/8 address used to identify an LPD.
Latest operation status - Latest probe status.
Last Operation time - Time when the last operation was attempted.
 
Group ID Lsp-Selector Status Failures Successes RTT Last Operation Time
100001 127.0.0.13 up 0 78 32 *20:11:37.895 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.15 up 0 78 32 *20:11:37.995 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.16 up 0 78 32 *20:11:38.067 EST Mon Feb 28 2005
100001 127.0.0.26 up 0 78 32 *20:11:38.175 EST Mon Feb 28 2005
 
 

表 46 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 46 show ip sla mpls-lsp-monitor summary のフィールドの説明

フィールド
説明

Failures

指定した LSP の IP SLA 動作が RTT 値の報告に失敗した回数

Successes

指定した LSP の IP SLA 動作が RTT 値を正常に報告した回数

RTT

指定した LSP の平均ラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto ip sla mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、自動 IP SLA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show ip sla reaction-configuration

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla reaction-configuration コマンドを使用します。

show ip sla reaction-configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)応答設定の特性を表示する動作の番号

 
デフォルト

すべての IP SLA 動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor reaction-configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr reaction-configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor reaction-configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor reaction-configuration コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

IP SLA 動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip sla reaction-configuration コマンドを使用します。

次の例では、1 つの IP SLA 動作に対して複数の監視対象要素([Reaction] の値で示されています)を設定しています。

Router# show ip sla reaction-configuration
 
Entry Number: 1
Reaction: RTT
Threshold type: Never
Rising (milliseconds): 5000
Falling (milliseconds): 3000
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: None
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: average
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: triggerOnly
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 
Reaction: PacketLossSD
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Threshold Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 

表 47 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 47 show ip sla reaction-configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Reaction

指定した IP SLA 動作に設定されている監視対象要素。

ip sla reaction-configuration コマンドの react { connectionLoss | jitterAvg | jitterDSAvg | jitterSDAvg | mos | PacketLossDS | PacketLossSD | rtt | timeout | verifyError } シンタックスに対応します。

Threshold type

設定されているしきい値のタイプ。

ip sla reaction-configuration コマンドの threshold-type { never | immediate | consecutive | xofy | average } シンタックスに対応します。

Rising (milliseconds)

upper-threshold の値。

ip sla reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスに対応します。

Falling (milliseconds)

lower-threshold の値。

ip sla reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスに対応します。

Threshold Count

xofy しきい値タイプの x-value 、または average しきい値タイプの number-of-measurements の値。

Threshold Count2

xofy しきい値タイプの y-value

Action Type

違反条件が満たされたときに実行する応答。

ip sla reaction-configuration コマンドの action-type { none | trapOnly | triggerOnly | trapAndTrigger } シンタックスに対応します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip sla reaction-configuration

IP SLA の動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定します。

show ip sla reaction-trigger

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の応答トリガー情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla reaction-trigger コマンドを使用します。

show ip sla reaction-trigger [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr reaction-trigger コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

ip sla reaction-configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドでの定義に従ってトリガーされるターゲット動作の設定ステータスおよび動作状態を表示するには、 show ip sla reaction-trigger コマンドを使用します。

次に、 show ip sla reaction-trigger コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla reaction-trigger 1
 
Reaction Table
Entry Number: 1
Target Entry Number: 2
Status of Entry (SNMP RowStatus): active
Operational State: pending

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla responder

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)Responder についての情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla responder コマンドを使用します。

show ip sla responder

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor responder コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr responder コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor responder コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor responder コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

最近の制御メッセージの送信元や無効な制御メッセージの送信元など、IP SLA 制御メッセージの最近の送信元についての情報を表示するには、 show ip sla responder コマンドを使用します。

ここでは、IPv4 および IPv6 ネットワークでの IP SLA Responder に対する show ip sla responder コマンドの出力例を示します。

IPv4 ネットワークでの出力

次に、IPv4 ネットワークでの show ip sla responder コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla responder
 
IP SLA Monitor Responder is: Enabled
Number of control message received: 19 Number of errors: 1
Recent sources:
10.0.0.1 [19:11:49.035 UTC Sat Dec 2 2005]
10.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 2005]
10.0.0.1 [19:09:48.707 UTC Sat Dec 2 2005]
10.0.0.1 [19:08:48.687 UTC Sat Dec 2 2005]
10.0.0.1 [19:07:48.671 UTC Sat Dec 2 2005]
 
Recent error sources:
10.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 2005] RTT_AUTH_FAIL

IPv6 ネットワークでの出力

次に、IPv6 ネットワークでの show ip sla responder コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla responder
 
IP SLA Responder is: Enabled
Number of control message received: 19 Number of errors: 1
Recent sources:
2001:DB8:100::1 [19:11:49.035 IST Thu Jul 13 2006]
2001:DB8:100::1 [19:10:49.023 IST Thu Jul 13 2006]
2001:DB8:100::1 [19:09:48.707 IST Thu Jul 13 2006]
2001:DB8:100::1 [19:08:48.687 IST Thu Jul 13 2006]
2001:DB8:100::1 [19:07:48.671 IST Thu Jul 13 2006]
 
Recent error sources:
2001:DB8:100::1 [19:10:49.023 IST Thu Jul 13 2006] RTT_AUTH_FAIL

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show ip sla statistics

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の現在の動作ステータスおよび統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla statistics コマンドを使用します。

show ip sla statistics [ operation-number ] [ details ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)動作ステータスおよび統計情報を表示する動作の番号。

details

(任意)動作ステータスおよび統計情報をより詳細に表示します。

 
デフォルト

稼動しているすべての IP SLA 動作の出力を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr operational-state コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

動作の残りの継続時間、動作がアクティブかどうか、完了時刻など、IP SLA 動作の現在の状態を表示するには、 show ip sla statistics コマンドを使用します。出力には、最後の(最近完了した)動作に対して返されたモニタリング データも含まれます。

次に、 show ip sla statistic コマンドの出力例を示します。

Router# show ip sla statistics
 
Current Operational State
Entry Number: 3
Modification Time: *22:15:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Diagnostics Text:
Last Time this Entry was Reset: Never
Number of Octets in use by this Entry: 1332
Number of Operations Attempted: 2
Current Seconds Left in Life: 3511
Operational State of Entry: active
Latest Completion Time (milliseconds): 544
Latest Operation Start Time: *22:16:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Latest Oper Sense: ok
Latest Sense Description: 200 OK
Total RTT: 544
DNS RTT: 12
TCP Connection RTT: 28
HTTP Transaction RTT: 504
HTTP Message Size: 9707
 
 

次に示す show ip sla statistics コマンドの出力例では、指定した動作は UDP ジッタ(コーデック)動作です。表示されている値は、最後の IP SLA 動作の値を示します。

Router# show ip sla statistics
 
Current Operational State
Entry number: 10
Modification time: 12:57:45.690 UTC Sun Oct 26 2003
Number of operations attempted: 3
Number of operations skipped: 0
Current seconds left in Life: 3570
Operational state of entry: Active
Last time this entry was reset: Never
Connection loss occurred: FALSE
Timeout occurred: FALSE
Over thresholds occurred: FALSE
Latest RTT (milliseconds): 19
Latest operation start time: 12:57:45.723 Sun Oct 26 2003
Latest operation return code: OK
Voice Scores:
ICPIF: 20 MOS Score: 3.20
RTT Values:
NumOfRTT: 10 RTTAvg: 19 RTTMin: 19 RTTMax: 20
RTTSum: 191 RTTSum2: 3649
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0
Jitter Values:
NumOfJitterSamples: 9
MinOfPositivesSD: 0 MaxOfPositivesSD: 0
NumOfPositivesSD: 0 SumOfPositivesSD: 0 Sum2PositivesSD: 0
MinOfNegativesSD: 0 MaxOfNegativesSD: 0
NumOfNegativesSD: 0 SumOfNegativesSD: 0 Sum2NegativesSD: 0
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 1
NumOfPositivesDS: 1 SumOfPositivesDS: 1 Sum2PositivesDS: 1
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 1
NumOfNegativesDS: 1 SumOfNegativesDS: 1 Sum2NegativesDS: 1
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
One Way Values:
NumOfOW: 0
OWMinSD: 0 OWMaxSD: 0 OWSumSD: 0 OWSum2SD: 0
OWMinDS: 0 OWMaxDS: 0 OWSumDS: 0 OWSum2DS: 0
 
 

表 48 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 48 show ip sla statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Voice Scores

VoIP の統計情報が次の行に表示されることを示します。音声スコア データは、動作タイプが udp-jitter (コーデック)に設定されている場合に計算されます。

ICPIF

動作の Calculated Planning Impairment Factor(ICPIF)の値。ICPIF の値は、 Icpif = Io + Iq + Idte + Idd + Ie - A という式を使用して計算されます。

Io Iq 、および Idte の値はゼロに設定されます。

Idd は、測定された一方向遅延に基づいて計算されます。

Ie は、測定されたパケット損失に基づいて計算されます。

A の値はユーザが指定します。

ICPIF の値は、通常、5(非常に軽い障害)から 55(非常に重い障害)の範囲で表されます。ICPIF の値が 20 未満の場合は、一般に「適切」と見なされます。

(注) この値は相対的な比較を意図したものでしかなく、別の方法を使用して生成された ICPIF 値と一致しない場合があります。

MOS Score

動作の最新の反復に対する Mean Opinion Score(MOS-CQE; 平均オピニオン評点)(カンバセーション品質、推定)。MOS-CQE は ICPIF の関数として計算されます。

MOS 値は 1(1.00)から 5(5.00)までの数値として表され、5 が最高レベルの品質、1 が最低レベルの品質です。MOS 値が 0(ゼロ)の場合は、その動作に対して MOS データを生成できなかったことを示します。

RTT Values

次の行にラウンドトリップ時間の統計情報が表示されることを示します。

NumOfRTT

成功したラウンドトリップの回数。

RTTSum

すべての成功したラウンドトリップの値の合計(ミリ秒単位)。

RTTSum2

これらのラウンドトリップ値の平方の合計(ミリ秒単位)。

PacketLossSD

送信元から宛先の方向で失われたパケットの数。

PacketLossDS

宛先から送信元の方向で失われたパケットの数。

PacketOutOfSequence

正しくない順序で返されたパケットの数。

PacketMIA

方向(SD/DS)を特定できない失われたパケットの数。

PacketLateArrival

タイムアウトの後で到着したパケットの数。

InternalError

他の内部障害のために動作を開始できなかった回数。

Busies

以前にスケジュールされていた実行が終了しなかったためにこの動作を開始できなかった回数。

Jitter Values

次の行にジッタの統計情報が表示されることを示します。ジッタとは、パケット内遅延の分散です。

NumOfJitterSamples

収集されたジッタ サンプルの数。これは、次のジッタ統計情報の計算に使用されるサンプルの数です。

MinOfPositivesSD
MaxOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の正のジッタ値(ミリ秒単位)。

NumOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、正のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が大きくなっている)の数。

SumOfPositivesSD

これらの正の値の合計(ミリ秒単位)。

Sum2PositivesSD

これらの正の値の平方の合計。

MinOfNegativesSD
MaxOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の負のジッタ値。絶対値が示されます。

NumOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、負のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が小さくなっている)の数。

SumOfNegativesSD

これらの値の合計。

Sum2NegativesSD

これらの値の平方の合計。

Interarrival jitterout

RFC 1889 で定義されている、送信元から宛先(SD)の方向のジッタ値の計算。

Interarrival jitterin

RFC 1889 で定義されている、宛先から送信元(DS)の方向のジッタ値の計算。

One Way Values

次の行に一方向の測定の統計情報が表示されることを示します。

一方向(OW)の値とは、パケットが送信元ルータからターゲット ルータまで(SD)、またはターゲット ルータから送信元ルータまで(DS)移動するのに要した時間です。

NumOfOW

成功した一方向時間測定の回数。

OWMinSD

送信元から宛先までの最小の時間(ミリ秒単位)。

OWMaxSD

送信元から宛先までの最大の時間(ミリ秒単位)。

OWSumSD

OWMinSD と OWMaxSD の値の合計。

OWSum2SD

OWMinSD と OWMaxSD の値の平方の合計。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip sla configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show ip sla statistics aggregated

Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の集約された統計エラーおよび分散情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip sla statistics aggregated コマンドを使用します。

show ip sla statistics aggregated [ operation-number ] [ details ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

details

(任意)集約された統計情報をさらに詳細に表示します。このキーワードを指定すると、分散情報が含まれるようになります。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)T

このコマンドが追加されました。 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。 show rtr collection-statistics コマンド、 show rtr distributions-statistics コマンド、および show rtr totals-statistics コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.2(33)SXI

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

失敗した動作の数や失敗の理由などの情報を表示するには、このコマンドを使用します。分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数

このコマンドはデフォルトでは過去 2 時間に収集された情報を表示しますが、この時間は history hours-of-statistics-kept コマンドを使用して変更できます。


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


ここでは、さまざまな IP SLA 動作に対する show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力例を示します。

HTTP 動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作であるときの show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla statistics aggregated 1
 
Round trip time (RTT) Index 3
DNS RTT: 3004 ms
TCP Connection RTT: 16 ms
HTTP Transaction RTT: 84 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 1
 
Router# show ip sla statistics aggregated 1 details
 
Round trip time (RTT) Index 3
DNS RTT: 3004
TCP Connection RTT: 0
HTTP Transaction RTT: 0
HTTP time to first byte: 0
DNS TimeOut: 0
TCP TimeOut: 0
Transaction TimeOut: 0
DNS Error: 0
TCP Error: 0
Number of successes: 0
Number of failures: 1
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/0/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 1/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

UDP ジッタ動作に対する出力

次の例では、指定した動作が User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作であるときの show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla statistics aggregated 2
 
Round trip time (RTT) Index 7
RTT Values
Number Of RTT: 10
RTT Min/Avg/Max: 1/1/2 ms
Latency one-way time milliseconds
Number of Latency one-way Samples: 0
Source to Destination Latency one way Latency Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Destination to source Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Jitter time milliseconds
Number of Jitter Samples: 9
Source to Destination Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Packet Loss Values
Loss Source to Destination: 0 Loss Destination to Source: 0
Out Of Sequence: 0 Tail Drop: 0 Packet Late Arrival: 0
Number of successes: 1
Number of failures: 1
 
Router# show ip sla statistics aggregated 2 details
 
Round trip time (RTT) Index 7
RTT Values
Number Of RTT: 10
RTT Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Latency one-way time milliseconds
Number of Latency one-way Samples: 0
Source to Destination Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Destination to Source Latency one way Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Source to Destination Latency one way Sum/Sum2: 0/0
Destination to Source Latency one way Sum/Sum2: 0/0
Jitter time milliseconds
Number of Jitter Samples: 9
Source to Destination Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source Jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination positive jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination positive jitter Number/Sum/Sum2: 1/1/1
Source to destination negative jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Source to destination negative jitter Number/Sum/Sum2: 1/1/1
Destination to Source positive jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source positive jitter Number/Sum/Sum2: 2/2/2
Destination to Source negative jitter Min/Avg/Max: 1/1/1 ms
Destination to Source negative jitter Number/Sum/Sum2: 2/2/2
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
Packet Loss Values
Loss Source to Destination: 0 Loss Destination to Source: 0
Out Of Sequence: 0 Tail Drop: 0 Packet Late Arrival: 0
Number of successes: 3
Number of failures: 1
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

ICMP エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作であるときの show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
RTT Values
Number Of RTT: 0
RTT Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Router# show ip sla statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
RTT Values
Number Of RTT: 0
RTT Min/Avg/Max: 0/0/0 ms
Number of successes: 0
Number of failures: 23
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

TCP 接続、DNS、FTP、DHCP、および UDP のエコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作、Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作、File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)動作、または UDP エコー動作であるときの show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Router# show ip sla statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT)Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Number of successes: 0
Number of failures: 23
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/23/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0

ICMP パス エコー動作に対する出力

次の例では、指定した動作が ICMP パス エコー動作であるときの show ip sla statistics aggregated コマンドおよび show ip sla statistics aggregated details コマンドの出力を示します。

Router# show ip sla statistics aggregated 3
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 2
Number of successes: 0
Number of failures: 21
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.896 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 3
Number of successes: 0
Number of failures: 21
.
.
.
 
Router# show ip sla statistics aggregated 3 details
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 1
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 2
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
 
Round trip time (RTT) Index 3
Start Time Index: 05:31:12.897 PST Wed Sep 3 2003
Path Index: 2
Hop in Path Index: 3
Number of successes: 0
Number of failures: 21
Failed Operations due to over threshold: 0
Failed Operations due to Disconnect/TimeOut/Busy/No Connection: 0/21/0/0
Failed Operations due to Internal/Sequence/Verify Error: 0/0/0
Target Address: 10.4.23.44
Distribution Statistics:
Bucket Range: 0 to < 9ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: 10 to < 19ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
Bucket Range: >=20 ms
Avg. Latency: 0 ms
Percent of Total Completions for this range: 0%
Number of Completions/Sum of Latency: 0/0/0
Sum of RTT squared low 32 Bits/ Sum of RTT squared high 32 Bits: 0/0
.
.
.

 
関連コマンド

コマンド
説明

history hours-of-statistics-kept

IP SLA 動作の統計情報を保持する時間数を設定します。

show ip sla configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show mpls discovery vpn

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ プロセスに関するルーティング情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show mpls discovery vpn コマンドを使用します。

show mpls discovery vpn

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(27)SBC

このコマンドが追加されました。

12.4(6)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.4(6)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.0(32)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(32)SY に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

次に、 show mpls discovery vpn コマンドの出力例を示します。

Router# show mpls discovery vpn
 
Refresh interval set to 60 seconds.
Next refresh in 46 seconds
 
Next hop 10.10.10.5 (Prefix: 10.10.10.5/32)
in use by: red, blue, green
 
Next hop 10.10.10.7 (Prefix: 10.10.10.7/32)
in use by: red, blue, green
 
Next hop 10.10.10.8 (Prefix: 10.10.10.8/32)
in use by: red, blue, green
 
 

表 49 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 49 show mpls discovery vpn のフィールドの説明

フィールド
説明

Refresh interval

有効ではなくなったルーティング エントリが BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ データベースから削除される間隔。デフォルトの間隔は 300 秒です。

Next refresh

次のリフレッシュ間隔が開始するまでの残り時間。

Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

in use by

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前。

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls discovery vpn interval

有効ではなくなったルーティング エントリが MPLS VPN の BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ データベースから削除される間隔を指定します。

mpls discovery vpn next-hop

MPLS VPN BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ プロセスをイネーブルにします。

show rtr application


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr application コマンドは show ip sla monitor application コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr application コマンドは show ip sla application コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor application コマンドおよび show ip sla application コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)についてのグローバル情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr application コマンドを使用します。

show rtr application [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。これがデフォルトです。

 
デフォルト

フル形式

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor application コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor application コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla application コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show rtr application コマンドを使用します。

次に、 show rtr application コマンドのフル形式での出力例を示します。

Router# show rtr application
 
SA Agent
Version: 2.2.0 Round Trip Time MIB
Time of last change in whole RTR: *17:21:30.819 UTC Tue Mar 19 2002
Estimated system max number of entries: 4699
 
Number of Entries configured:5
Number of active Entries:5
Number of pending Entries:0
Number of inactive Entries:0
Supported Operation Types
Type of Operation to Perform: echo
Type of Operation to Perform: pathEcho
Type of Operation to Perform: udpEcho
Type of Operation to Perform: tcpConnect
Type of Operation to Perform: http
Type of Operation to Perform: dns
Type of Operation to Perform: jitter
Type of Operation to Perform: dlsw
Type of Operation to Perform: dhcp
Type of Operation to Perform: ftp
 
Supported Protocols
Protocol Type: ipIcmpEcho
Protocol Type: ipUdpEchoAppl
Protocol Type: snaRUEcho
Protocol Type: snaLU0EchoAppl
Protocol Type: snaLU2EchoAppl
Protocol Type: ipTcpConn
Protocol Type: httpAppl
Protocol Type: dnsAppl
Protocol Type: jitterAppl
Protocol Type: dlsw
Protocol Type: dhcp
Protocol Type: ftpAppl
Number of configurable probe is 490

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr authentication


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr authentication コマンドは show ip sla monitor authentication コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr authentication コマンドは show ip sla authentication コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor authentication コマンドおよび show ip sla authentication コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)の認証情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr authentication コマンドを使用します。

show rtr authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(3)T

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor authentication コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor authentication コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla authentication コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

サポートされる動作のタイプやサポートされるプロトコルなどの情報を表示するには、 show rtr authentication コマンドを使用します。

次に、 show rtr authentication コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr authentication
 
RTR control message uses MD5 authentication, key chain name is: rtr

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show rtr collection-statistics


) Cisco IOS Release 12.3(14)T では、show rtr collection-statistics コマンドは show ip sla monitor collection-statistics コマンドに置き換えられています。12.2(31)SB2 では、show rtr collection-statistics コマンドは、show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr collection-statistics コマンドは show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor collection-statisticsshow ip sla monitor statistics aggregated、および show ip sla statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr collection-statistics コマンドを使用します。

show rtr collection-statistics [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号

 
デフォルト

過去 2 時間の統計情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.0(5)T

このコマンドの出力が、ジッタ動作の情報を表示するように拡張されました。

12.1

tabular および full キーワードが削除されました。

12.1(1)T

このコマンドの出力が、FTP 動作タイプおよび一方向遅延ジッタ動作の情報を表示するように拡張されました。

12.2(8)T、12.2(8)S

"NumOfJitterSamples" の出力が追加されました(CSCdv30022)。

12.2(11)T

SAA Engine II が実装されました。動作の最大数が 500 から 2000 に増やされました。

12.3(4)T

ジッタ(コーデック)動作タイプの出力(MOS および ICPIF スコア)が追加されました。

12.3(7)T

MOS スコアの小数の細かさが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor collection-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

失敗した動作の数や失敗の理由などの情報を表示するには、 show rtr collection-statistics コマンドを使用します。また、 show rtr distribution-statistics コマンドおよび show rtr totals-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

このコマンドはデフォルトでは過去 2 時間に収集された情報を表示しますが、この時間は hours-of-statistics-kept コマンドを使用して変更できます。

一方向遅延ジッタ動作の場合、各デバイスのクロックは、Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)(GPS システム)を使用して同期化されている必要があります。クロックが同期化されていない場合、一方向の測定は廃棄されます (送信元から宛先(SD)および宛先から送信元(DS)までの値の合計がラウンドトリップ時間の 10 パーセント以内でない場合、一方向の測定値は正しくないものと見なされて廃棄されます)。


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


次に、 show rtr collection-statistics コマンドのフル形式での出力例を示します。

Router# show rtr collection-statistics 1
 
Collected Statistics
Entry Number: 1
Start Time Index: *17:15:41.000 UTC Thu May 16 1996
Path Index: 1
Hop in Path Index: 1
Number of Failed Operations due to a Disconnect: 0
Number of Failed Operations due to a Timeout: 0
Number of Failed Operations due to a Busy: 0
Number of Failed Operations due to a No Connection: 0
Number of Failed Operations due to an Internal Error: 0
Number of Failed Operations due to a Sequence Error: 0
Number of Failed Operations due to a Verify Error: 0
Target Address: 172.16.1.176
 

HTTP 動作に対する出力

次に示す例は、指定した動作が Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作のときの show rtr collection-statistics コマンドの出力です。

Router# show rtr collection-statistics 2
 
Collected Statistics
 
Entry Number:2
HTTP URL:http://172.20.150.200
Start Time:*00:01:16.000 UTC Mon Nov 1 2003
 
Comps:1 RTTMin:343
OvrTh:0 RTTMax:343
DNSTimeOut:0 RTTSum:343
TCPTimeOut:0 RTTSum2:117649
TraTimeOut:0 DNSRTT:0
DNSError:0 TCPConRTT:13
HTTPError:0 TransRTT:330
IntError:0 MesgSize:1771
Busies:0

 

ジッタ動作に対する出力

次に示す show rtr collection-statistics コマンドの出力例では、動作 2 は一方向の統計情報を含むジッタ動作です。

Router# show rtr collection-statistics
 
Collected Statistics
 
Entry Number: 2
Target Address: 5.0.0.1, Port Number:99
Start Time: 11:12:03.000 UTC Thu Jul 1 1999
RTT Values:
NumOfRTT: 600 RTTSum: 3789 RTTSum2: 138665
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0
Jitter Values:
MinOfPositivesSD: 1 MaxOfPositivesSD: 2
NumOfPositivesSD: 26 SumOfPositivesSD: 31 Sum2PositivesSD: 41
MinOfNegativesSD: 1 MaxOfNegativesSD: 4
NumOfNegativesSD: 56 SumOfNegativesSD: 73 Sum2NegativesSD: 133
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 338
NumOfPositivesDS: 58 SumOfPositivesDS: 409 Sum2PositivesDS: 114347
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 338
NumOfNegativesDS: 48 SumOfNegativesDS: 396 Sum2NegativesDS: 114332
One Way Values:
NumOfOW: 440
OWMinSD: 2 OWMaxSD: 6 OWSumSD: 1273 OWSum2SD: 4021
OWMinDS: 2 OWMaxDS: 341 OWSumDS: 1643 OWSum2DS: 120295
 

表示されている値は、現在の時間に対する集約された値を示します。RTT は Round-Trip-Time(ラウンドトリップ時間)の略です。SD は Source-to-Destination(送信元から宛先)の略です。DS は Destination-to-Source(宛先から送信元)の略です。OW は One Way(一方向)の略です。 表 50 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

ジッタ(コーデック)動作に対する出力

次に示す show rtr collection-statistics コマンドの出力例では、動作 10 はジッタ(コーデック)動作です。

Router# show rtr collection-statistics 10
Entry number: 10
Start Time Index: 13:18:49.904 PST Mon Jun 24 2002
Number of successful operations: 2
Number of operations over threshold: 0
Number of failed operations due to a Disconnect: 0
Number of failed operations due to a Timeout: 0
Number of failed operations due to a Busy: 0
Number of failed operations due to a No Connection: 0
Number of failed operations due to an Internal Error: 0
Number of failed operations due to a Sequence Error: 0
Number of failed operations due to a Verify Error: 0
Voice Scores:
MinOfICPIF: 0 MaxOfICPIF: 0 MinOfMOS: 0 MaxOfMOS: 0
RTT Values:
NumOfRTT: 122 RTTAvg: 2 RTTMin: 2 RTTMax: 3
RTTSum: 247 RTTSum2: 503
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0 PacketSkipped: 78 <<<<<===========
Jitter Values:
MinOfPositivesSD: 1 MaxOfPositivesSD: 1
NumOfPositivesSD: 9 SumOfPositivesSD: 9 Sum2PositivesSD: 9
MinOfNegativesSD: 1 MaxOfNegativesSD: 1
NumOfNegativesSD: 8 SumOfNegativesSD: 8 Sum2NegativesSD: 8
MinOfPositivesDS: 1 MaxOfPositivesDS: 1
NumOfPositivesDS: 6 SumOfPositivesDS: 6 Sum2PositivesDS: 6
MinOfNegativesDS: 1 MaxOfNegativesDS: 1
NumOfNegativesDS: 7 SumOfNegativesDS: 7 Sum2NegativesDS: 7
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
One Way Values:
NumOfOW: 0
OWMinSD: 0 OWMaxSD: 0 OWSumSD: 0 OWSum2SD: 0
OWMinDS: 0 OWMaxDS: 0 OWSumDS: 0 OWSum2DS: 0

 

表 50 show rtr collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Voice Scores:

VoIP の統計情報が次の行に表示されることを示します。音声スコア データは、動作タイプが type jitter(コーデック) に設定されている場合に計算されます。

ICPIF

動作の Calculated Planning Impairment Factor(ICPIF)の値。ICPIF の値は、 Icpif = Io + Iq + Idte + Idd + Ie - A という式を使用して計算されます。

Io Iq 、および Idte の値はゼロに設定されます。

Idd は、測定された一方向遅延に基づいて計算されます。

Ie は、測定されたパケット損失に基づいて計算されます。

A の値はユーザが指定します。

ICPIF の値は、通常、5(非常に軽い障害)から 55(非常に重い障害)の範囲で表されます。ICPIF の値が 20 未満の場合は、一般に「適切」と見なされます。

(注) この値は相対的な比較を意図したものでしかなく、別の方法を使用して生成された ICPIF 値と一致しない場合があります。

MinOfICPIF:

収集された統計情報に対して計算された最低(最小)の ICPIF 値。

MaxOfICPIF:

収集された統計情報に対して計算された最高(最大)の ICPIF 値。

Mos

動作の最新の反復に対する Mean Opinion Score(MOS-CQE; 平均オピニオン評点)(カンバセーション品質、推定)。MOS-CQE は ICPIF の関数として計算されます。

MOS 値は 1(1.00)から 5(5.00)までの数値として表され、5 が最高レベルの品質、1 が最低レベルの品質です。MOS 値が 0(ゼロ)の場合は、その動作に対して MOS データを生成できなかったことを示します。

MinOfMos:

収集された統計情報に対して計算された最低(最小)の MOS 値。

MaxOfMos:

収集された統計情報に対して計算された最高(最大)の ICPIF 値。

RTT Values:

次の行にラウンドトリップ時間の統計情報が表示されることを示します。

NumOfRTT

成功したラウンドトリップの回数。

RTTSum

すべての成功したラウンドトリップの値の合計(ミリ秒単位)。

RTTSum2

これらのラウンドトリップ値の平方の合計(ミリ秒単位)。

PacketLossSD

送信元から宛先の方向で失われたパケットの数。

PacketLossDS

宛先から送信元の方向で失われたパケットの数。

PacketOutOfSequence

正しくない順序で返されたパケットの数。

PacketMIA

方向(SD/DS)を特定できない失われたパケットの数。

PacketLateArrival

タイムアウトの後で到着したパケットの数。

PacketSkipped

IP SLA ジッタ動作の間に送信されなかったパケットの数。

InternalError

他の内部障害のために動作を開始できなかった回数。

Busies

以前にスケジュールされていた実行が終了しなかったためにこの動作を開始できなかった回数。

Jitter Values:

次の行にジッタの統計情報が表示されることを示します。

ジッタとは、パケット内遅延の分散です。

NumOfJitterSamples:

収集されたジッタ サンプルの数。これは、次のジッタ統計情報の計算に使用されるサンプルの数です。

MinOfPositivesSD
MaxOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の正のジッタ値(ミリ秒単位)。

NumOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、正のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が大きくなっている)の数。

SumOfPositivesSD

これらの正の値の合計(ミリ秒単位)。

Sum2PositivesSD

これらの正の値の平方の合計。

MinOfNegativesSD
MaxOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の負のジッタ値。絶対値が示されます。

NumOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、負のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が小さくなっている)の数。

SumOfNegativesSD

これらの値の合計。

Sum2NegativesSD

これらの値の平方の合計。

Interarrival jitterout:

RFC 1889 で定義されている、送信元から宛先(SD)の方向のジッタ値の計算。

Interarrival jitterin:

RFC 1889 で定義されている、宛先から送信元(DS)の方向のジッタ値の計算。

One Way Values

次の行に一方向の測定の統計情報が表示されることを示します。

One Way (OW) Values とは、パケットが送信元ルータからターゲット ルータまで(SD)、またはターゲット ルータから送信元ルータまで(DS)移動するのに要した時間です。

NumOfOW

成功した一方向時間測定の回数。

OWMinSD

送信元から宛先までの最小の時間。

OWMaxSD

送信元から宛先までの最大の時間。

OWSumSD

OWMinSD と OWMaxSD の値の合計。

OWSum2SD

OWMinSD と OWMaxSD の値の平方の合計。

DS の値は、宛先から送信元へのジッタ値に関する前と同じ情報を示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp status

システムでの Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)設定のステータスを表示します。

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr distributions-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示します。

show rtr totals-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントと完了の累計)を表示します。

show rtr configuration


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr configuration コマンドは show ip sla monitor configuration コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr configuration コマンドは show ip sla configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor configuration コマンドおよび show ip sla configuration コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作のデフォルトなどの設定値を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr configuration コマンドを使用します。

show rtr configuration [ operation ]

 
シンタックスの説明

operation

(任意)詳細を表示する IP SLA の動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.1

tabular および full キーワードが削除されました。

12.3(2)T

VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)割り当て名(設定されている場合)を表示する出力が追加されました。

12.3(4)T

ジッタ(コーデック)動作タイプに固有の出力が追加されました。

12.3(7)T

応答の設定(しきい値、応答タイプ)に関する出力が出力から削除されました。応答設定を表示するには、 show rtr reaction-configuration コマンドを使用するようになりました。

12.3(8)T

IP SLA 動作のグループ スケジュールおよび繰り返しスケジュールの詳細を表示する出力が追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。この統合には、IP SLA 動作のグループ スケジュールおよび繰り返しスケジュールの詳細を表示する出力の追加が含まれます。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。この統合には、IP SLA 動作のグループ スケジュールおよび繰り返しスケジュールの詳細を表示する出力の追加が含まれます。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla configuration コマンドに置き換えられました。

次に、IP SLA エコー動作に対する show rtr configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr configuration
 
Complete Configuration Table (includes defaults)
Entry Number: 1
Owner: “Sample Owner”
Tag: “Sample Tag Group”
Type of Operation to Perform: echo
Reaction and History Threshold (milliseconds): 5000
Operation Frequency (seconds): 60
Operation Timeout (milliseconds): 5000
Verify Data: FALSE
Status of Entry (SNMP RowStatus): active
Protocol Type: ipIcmpEcho
Target Address: 172.16.1.176
Request Size (ARR data portion): 1
Response Size (ARR data portion): 1
Life (seconds): 3600
Next Start Time: Start Time already passed
Entry Ageout (seconds): 3600
 
Number of Statistic Hours kept: 2
Number of Statistic Paths kept: 1
Number of Statistic Hops kept: 1
Number of Statistic Distribution Buckets kept: 1
Number of Statistic Distribution Intervals (milliseconds): 20
Number of History Lives kept: 0
Number of History Buckets kept: 50
Number of History Samples kept: 1
History Filter Type: none
 

次に、IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作の設定を確認する show rtr configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr configuration
 
Complete Configuration Table (includes defaults)
Entry Number:3
Owner:Joe
Tag:AppleTree
Type of Operation to Perform:http
Reaction and History Threshold (milliseconds):5000
Operation Frequency (seconds):60
Operation Timeout (milliseconds):5000
Verify Data:FALSE
Status of Entry (SNMP RowStatus):active
Protocol Type:httpAppl
Target Address:
Source Address:0.0.0.0
Target Port:0
Source Port:0
Request Size (ARR data portion):1
Response Size (ARR data portion):1
Control Packets:enabled
Loose Source Routing:disabled
LSR Path:
Type of Service Parameters:0x0
HTTP Operation:get
HTTP Server Version:1.0
URL:http://www.cisco.com
Cache Control:enabled
Life (seconds):3600
Next Scheduled Start Time:Start Time already passed
Entry Ageout:never
 
Number of Statistic Hours kept:2
Number of Statistic Paths kept:1
Number of Statistic Hops kept:1
Number of Statistic Distribution Buckets kept:1
Statistic Distribution Interval (milliseconds):20
Number of History Lives kept:0
Number of History Buckets kept:15
Number of History Samples kept:1
History Filter Type:none
 

次に、VPN vrf1 に関連付けられた PathJitter 動作に対する出力を示す show rtr configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr configuration 1
 
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: pathJitter
Destination address: 171.69.1.129
Source address: 0.0.0.0
Number of packets: 10
Interval (milliseconds): 20
Target Only: Disabled
Request size (ARR data portion): 1
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Loose Source Routing: Disabled
Vrf Name: vrf1
LSR Path:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Life (seconds): 2000
Entry Ageout (seconds): never
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
 

次に、VoIP メトリック モニタリングの type jitter(コーデック) 動作に対する出力を含む show rtr configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr configuration
 
Entry number: 10
Owner: admin_bofh
Tag:
Type of operation to perform: jitter
Target address: 209.165.200.225
Source address: 0.0.0.0
Target port: 16384
Source port: 0
Operation timeout (milliseconds): 5000
Codec Type: g711alaw
Codec Number Of Packets: 1000
Codec Packet Size: 172
Codec Interval (milliseconds): 20
Advantage Factor: 2
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Vrf Name:
Control Packets: enabled
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (milliseconds): 5000
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 1
Statistic distribution interval (milliseconds): 20
Enhanced History:
 

次に、繰り返す IP SLA 動作に対する show rtr configuration コマンドの出力例を示します。繰り返し状態が TRUE になっています。

Router# show rtr configuration
 
Entry number: 5
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: udpEcho
Target address: 10.2.31.121
Source address: 0.0.0.0
Target port: 989
Source port: 0
Request size (ARR data portion): 16
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Data pattern:
Vrf Name:
Control Packets: enabled
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled: FALSE
Group Schedule Entry number :
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting everyday): TRUE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Connection loss reaction enabled: No
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr application

IP SLA 機能についてのグローバル情報を表示します。

show rtr collection-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示します。

show rtr distributions-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示します。

show rtr group schedule

指定した IP SLA 動作のグループ スケジュールの詳細を表示します。

show rtr history

IP SLA のすべての動作または指定した動作について収集された履歴を表示します。

show rtr operational-state

IP SLA のすべての動作または指定した動作の動作状態を表示します。

show rtr reaction-trigger

IP SLA のすべての動作または指定した動作の応答トリガー情報を表示します。

show rtr totals-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントと完了の累計)を表示します。

show rtr distributions-statistics


) Cisco IOS Release 12.3(14)T では、show rtr distributions-statistics コマンドは show ip sla monitor distributions-statistics コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 では、show rtr distributions-statistics コマンドは show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr distributions-statistics コマンドは show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor distributions-statisticsshow ip sla monitor statistics aggregated、および show ip sla statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr distributions-statistics コマンドを使用します。

show rtr distributions-statistics [ operation ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

operation

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。これがデフォルトです。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。

 
デフォルト

すべての動作が表形式で表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor distributions-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数


) このコマンドは、IP SLA の Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作をサポートしません。


また、 show rtr collection-statistics コマンドおよび show rtr totals-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

次に、出力が複数の行に分割される場合の表形式での show rtr distributions-statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr distributions-statistics
 
Captured Statistics
Multiple Lines per Entry
Line 1
Entry = Entry Number
StartT = Start Time of Entry (hundredths of seconds)
Pth = Path Index
Hop = Hop in Path Index
Dst = Time Distribution Index
Comps = Operations Completed
OvrTh = Operations Completed Over Thresholds
SumCmp = Sum of Completion Times (milliseconds)
Line 2
SumCmp2L = Sum of Completion Times Squared Low 32 Bits (milliseconds)
SumCmp2H = Sum of Completion Times Squared High 32 Bits (milliseconds)
TMax = Completion Time Maximum (milliseconds)
TMin = Completion Time Minimum (milliseconds)
Entry StartT Pth Hop Dst Comps OvrTh SumCmp
SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
1 17417068 1 1 1 2 0 128
8192 0 64 64
 

次の例では、1 行に表示される場合の出力を示します。

 
Entry StartT Pth Hop Dst Comps OvrTh SumCmp SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
10 3581 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr collection-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示します。

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr totals-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントと完了の累計)を表示します。

show rtr enhanced-history collection-statistics


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドは show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドは show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドおよび show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreements(IP SLA; IP サービス レベル契約)の指定した動作に対して収集された履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドを使用します。

show rtr enhanced-history collection-statistics [ operation-number ] [ interval seconds ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)指定した動作についての拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

interval seconds

(任意)指定した集約間隔についての拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(15)T

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history collection-statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、拡張履歴データの各バケットのデータを個別に(1 つずつ)表示します。

バケットの数および収集間隔は、 enhanced-history interval seconds buckets number-of-buckets RTR コンフィギュレーション コマンドを使用して設定します。

次に、 show rtr enhanced-history collection-statistics コマンドの出力例を示します。このコマンドの出力は、IP SLA 動作のタイプによって異なります。

Router# show rtr enhanced-history collection-statistics 1
Entry number: 1
Aggregation Interval: 900
 
Bucket Index: 1
Aggregation start time 00:15:00.003 UTC Thur May 1 2003
Target Address:
Number of failed operations due to a Disconnect: 0
Number of failed operations due to a Timeout: 0
Number of failed operations due to a Busy: 0
Number of failed operations due to a No Connection: 0
Number of failed operations due to an Internal Error: 0
Number of failed operations due to a Sequence Error: 0
Number of failed operations due to a Verify Error: 0
.
.
.

 

表 51 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 51 show rtr enhanced-history collection-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Aggregation Interval:

各拡張履歴バケットに対して動作が実行した秒数。たとえば、900 という値は、次のバケットを作成する前に統計情報が 15 分間収集されたことを示します。

Bucket Index:

収集バケットを示す番号。バケットの番号は、 enhanced-history RTR コンフィギュレーション コマンドを使用して設定します。

show rtr enhanced-history distribution-statistics


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドは show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドは show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドおよび show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)動作の拡張履歴分散統計情報を表形式で表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドを使用します。

show rtr enhanced-history distribution-statistics [ operation-number [ interval seconds ]]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)指定した動作についての拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

interval seconds

(任意)指定した動作についての、指定した集約間隔の拡張履歴分散統計情報だけを表示します。

値の範囲は 1 ~ 3600(1 時間)です。デフォルトは 900 です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(1)

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla enhanced-history distribution-statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

分散統計情報は次の要素で構成されます。

完了時間の合計(平均の計算に使用されます)

完了時間の平方の合計(標準偏差の計算に使用されます)

最大および最小の完了時間

完了した試行の回数

次のコマンドを使用して、他の統計情報や履歴情報または動作のステータスを表示することもできます。

show rtr enhanced-history collection-statistics

show rtr enhanced-history totals-statistics


ヒント 出力に文字 "n" が表示される場合、またはすべてのフィールドが表示されない場合は、コマンドライン インターフェイス(CLI)表示の画面幅を大きくする必要があります(たとえば、width ライン コンフィギュレーション コマンドや terminal width EXEC モード コマンドを使用します)。


次に、 show rtr enhanced-history distribution-statistics コマンドの出力例を示します。フィールドは、コマンドの出力の先頭で定義されています。RTT はラウンドトリップ時間を意味します。

Router# show rtr enhanced-history distribution-statistics 3
 
Point by point Enhanced History
 
Entry = Entry Number
Int = Aggregation Interval (seconds)
BucI = Bucket Index
StartT = Aggregation Start Time
Pth = Path index
Hop = Hop in path index
Comps = Operations completed
OvrTh = Operations completed over thresholds
SumCmp = Sum of RTT (milliseconds)
SumCmp2L = Sum of RTT squared low 32 bits (milliseconds)
SumCmp2H = Sum of RTT squared high 32 bits (milliseconds)
TMax = RTT maximum (milliseconds)
TMin = RTT minimum (milliseconds)
 
Entry Int BucI StartT Pth Hop Comps OvrTh SumCmp SumCmp2L SumCmp2H TMax TMin
3 900 1 257850000 1 1 3 0 43 617 0 15 14
3 900 2 258750002 1 1 3 0 45 677 0 16 14
3 900 3 259650000 1 1 3 0 44 646 0 15 14
3 900 4 260550002 1 1 3 0 42 594 0 15 12
3 900 5 261450003 1 1 3 0 42 590 0 15 13
3 900 6 262350001 1 1 3 0 46 706 0 16 15
3 900 7 263250003 1 1 3 0 46 708 0 16 14
.
.
.

 

この例では、BucketIndex 1(257,850,000 に開始)と BucketIndex 2(258,750,002 に開始)の間の経過時間は 900,002 ミリ秒、つまり 900 秒です。

 

表 52 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 52 show rtr enhanced-history distribution-statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry

IP SLA 動作に対して指定した動作 ID 番号。

Int

集約間隔:設定されている統計分散バケット間隔(秒単位)です。たとえば、Int の値が 900 の場合は、統計情報がバケットごとに 900 秒間収集されることを意味します。

BucI

バケットのインデックス番号:統計分散(集約)バケットを一意に識別する番号です。

保持する履歴バケットの番号は、 buckets-of-history-kept コマンドを使用して設定します。

バケットには指定されている時間間隔(集約間隔)の統計情報が収集され、時間が経過すると新しい統計情報バケットが作成されます。

number-of-buckets-kept の値が設定されている場合は、最後のバケットの間隔が無限になります(動作の終了まで)。

バケットは、Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)および User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ モニタリング動作には適用されません。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rttMonStatsCaptureDistIndex オブジェクトに相当します。

StartT

集約開始時間:集約間隔の開始時間です(バケット インデックスごと)。

ルータが起動してからのミリ秒数で示されます。つまり、タイム スタンプは最後にシステムを起動してから経過したミリ秒単位の時間です。

Pth

パス インデックス番号:検出されたターゲットの宛先に対する一連の異なるパスの ID です。たとえば、最初の動作の反復でパス h1、h2、h3、h4 が検出された場合、このパスには 1 というラベルが付けられます。その後の反復で新しいパス(h1、h2、h5、h6、h4 など)が検出されると、この新しいパスは 2 という値で示される、といったようになります。

パスごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に 1 という値が表示されます。

パスごとのデータ収集は、動作を設定するときに paths-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

Hop

ホップ インデックス番号:ホップごとの統計情報データです。ホップとは、パス内の 2 点間でのデータ転送です(たとえば、デバイス h2 からデバイス h3 まで)。

ホップごとのデータ収集は、ICMP パス エコー動作(「pathEcho プローブ」)に対してだけ使用できます。他のすべての動作では、常に「1」という値が表示されます。

ホップごとのデータ収集は、動作を設定するときに hops-of-statistics-kept number コマンドを使用して設定します。

このフィールドは、Cisco RTTMON MIB の rrttMonStatsCaptureHopIndex オブジェクトに相当します。

Comps

完了:エラーおよびタイムアウトなしで完了した、バケット インデックスごとのラウンドトリップ時間動作の数です。

このオブジェクトは、Cisco Rttmon MIB オブジェクトの DESCRIPTION の ROLLOVER NOTE で定義されている特別な動作を持ちます。

SumCmp

完了した動作時間(1)の合計:行内のすべての成功した動作の全ラウンドトリップ時間値の合計です(ミリ秒単位)。

SumCmp2L

完了した動作時間(2)平方の合計、下位:正常に測定された動作のラウンドトリップ時間の平方根の合計です(ミリ秒単位)。値の下位 32 ビットだけが表示されます。

下位 32 ビットと上位 32 ビットは、符号なし 64 ビット整数(Int64)で次のような順序になります。

-------------------------------------------------

| 上位 32 ビット | 下位 32 ビット |

-------------------------------------------------

"SumCmp2" の値は、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)の制限のため、「上位」と「下位」の値に分割されます。SNMP オブジェクトに対して許容される最大値は 4,294,967,295(Gauge32 の限界)です。

動作の平方根の合計がこの値を超える場合は、「上位」の値が使用されます (たとえば、4,294,967,296 という値では、すべての下位ビットが 0 で、上位の右端のビットが 1 になります)。

ほとんどの場合、値は 4,294,967,295 未満であり、SumCmp2H の値はゼロになるので、出力では下位の値(SumCmp2L)が最初に表示されます。

SumCmp2H

完了した動作時間(2)平方の合計、上位:正常に完了した動作の完了時間(ミリ秒単位)の累積された平方の上位 32 ビットです。

TMax

ラウンドトリップ時間、最大:集約間隔ごとに、記録された最高のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

TMin

ラウンドトリップ時間、最小:集約間隔ごとに、記録された最低のラウンドトリップ時間(ミリ秒単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

rtr

IP SLA 動作の設定を開始し、RTR コンフィギュレーション モードに移行します。

show rtr enhanced-history collection-statistics

指定した IP SLA 動作で収集されたすべての履歴バケットのデータを表示します。各バケットのデータは個別に表示されます。

show rtr group schedule


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr group schedule コマンドは show ip sla monitor group schedule コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr group schedule コマンドは show ip sla group schedule コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor group schedule コマンドおよび show ip sla group schedule コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のグループ スケジュールの詳細を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr group schedule コマンドを使用します。

show rtr group schedule [ group-operation-number ]

 
シンタックスの説明

group-operation-number

(任意)表示する IP SLA グループ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(8)T

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor group schedule コマンドに置き換えられました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor group schedule コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla group schedule コマンドに置き換えられました。

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show rtr group schedule コマンドの出力例を示します。例の最後の行では、IP SLA 動作に複数のスケジュールがあることが示されています(TRUE)。

Router# show rtr group schedule
 
Multi-Scheduling Configuration:
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 2,3,4,9-30,89
Schedule period :60
Group operation frequency: 30
Multi-scheduled: TRUE
 

次に、グループの(複数の)スケジューリングに関する情報を表示する show rtr group schedule コマンドの出力例を示します。 frequency の値は schedule-period の値と同じ、 life の値は 3600 秒、 ageout の値は無期限です。

Router# show rtr group schedule
Group Entry Number: 1
Probes to be scheduled: 3,4,6-10
Total number of probes: 7
Schedule period: 20
Group operation frequency: Equals schedule period
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
 

表 53 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 53 show rtr group schedule のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Entry Number

IP SLA の複数動作のスケジューリングに対して指定されている動作グループ番号。

Probes to be scheduled

動作グループ 1 で指定されている動作番号。

Scheduled period

動作のスケジューリングの間に指定した秒単位の時間。

Group operation frequency

各動作が開始される周期。

Multi-scheduled

値 TRUE は、グループ スケジューリングがアクティブであることを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

スケジューリングの詳細を表示します。

show running configuration

IP SLA の複数動作のスケジューリング情報を含む設定の詳細を表示します。

show rtr history


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr history コマンドは show ip sla monitor history コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr history コマンドは show ip sla history コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor history コマンドおよび show ip sla history コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作について収集された履歴を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr history コマンドを使用します。

show rtr history [ operation-number ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)指定した動作の履歴だけを表示します。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。これがデフォルトです。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。

 
デフォルト

すべての動作の表形式の履歴が表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor history コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor history コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla history コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

表 54 に、 show rtr history コマンドの出力で使用される Response Return の値を示します。デフォルトの形式( tabular )を使用した場合、Response Return の説明が [Sense] カラムにコードとして表示されます。フル形式を使用した場合、Response Return は [Description] カラムで示されているように表示されます。

 

表 54 Response Return([Sense] カラム)のコード

コード
説明

1

正常

2

切断済み

3

しきい値超過

4

タイムアウト

5

ビジー

6

未接続

7

廃棄

8

シーケンス エラー

9

確認エラー

10

アプリケーション固有

次に、 show rtr history コマンドの表形式での出力例を示します。

Router# show rtr history
 
Point by point History
Multiple Lines per Entry
Line 1
Entry = Entry Number
LifeI = Life Index
BucketI = Bucket Index
SampleI = Sample Index
SampleT = Sample Start Time
CompT = Completion Time (milliseconds)
Sense = Response Return Code
Line 2 has the Target Address
Entry LifeI BucketI SampleI SampleT CompT Sense
2 1 1 1 17436548 16 1
AB 45 A0 16
2 1 2 1 17436551 4 1
AC 12 7 29
2 1 2 2 17436551 1 1
AC 12 5 22
2 1 2 3 17436552 4 1
AB 45 A7 22
2 1 2 4 17436552 4 1
AB 45 A0 16

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr mpls-lsp-monitor configuration


) Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 では、show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドは show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドおよび show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドを使用します。

show rtr mpls-lsp-monitor configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(27)SBC

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor configuration コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号を指定しないと、設定されているすべての LSP ヘルス モニタ動作の設定値が表示されます。

次に、 show rtr mpls-lsp-monitor configuration コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr mpls-lsp-monitor configuration 1
 
Entry Number : 1
Modification time : *12:18:21.830 PDT Fri Aug 19 2005
Operation Type : echo
Vrf Name : saa-vrf-all
Tag :
EXP Value : 0
Timeout(ms) : 1000
Threshold(ms) : 5000
Frequency(sec) : Equals schedule period
LSP Selector : 127.0.0.1
ScanInterval(min) : 1
Delete Scan Factor : 1
Operations List : 100001-100003
Schedule Period(sec): 60
Request size : 100
Start Time : Start Time already passed
SNMP RowStatus : Active
TTL value : 255
Reply Mode : ipv4
Reply Dscp Bits :
Secondary Frequency : Enabled on Timeout
Value(sec) : 10
Reaction Configs :
Reaction : connectionLoss
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
Reaction : timeout
Threshold Type : Consecutive
Threshold Count : 3
Action Type : Trap Only
 
 

表 55 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 55 show rtr mpls-lsp-monitor configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry Number

LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

Operation Type

LSP ヘルス モニタ動作によって設定される IP SLA 動作のタイプ。

Vrf Name

特定の名前がこのフィールドに表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、指定されている VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスで使用されている Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバだけを検出するように設定されています。

このフィールドに saa-vrf-all と表示される場合は、LSP ヘルス モニタは、送信元の Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータに関連付けられているすべての VRF で使用されているすべての BGP ネクスト ホップ ネイバを検出するように設定されています。

Tag

ユーザが指定した、LSP ヘルス モニタ動作の識別番号。

EXP Value

IP SLA 動作のエコー要求パケットのヘッダーの試験的フィールド値。

Timeout(ms)

IP SLA 動作が要求パケットからの応答を待機する時間。

Threshold(ms)

これに違反すると応答イベントが生成される IP SLA 動作のしきい値。

Frequency(sec)

IP SLA 動作を再起動する経過時間。

LSP Selector

IP SLA 動作に対する LSP の選択に使用されるローカル ホスト IP アドレス。

ScanInterval(min)

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔。

Delete Scan Factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

Operations List

LSP ヘルス モニタ動作によって作成された IP SLA 動作の識別番号。

Schedule Period(sec)

LSP ヘルス モニタ動作がスケジューリングされている時間。

Request size

IP SLA 動作の要求パケットのプロトコル データ サイズ。

Start Time

LSP ヘルス モニタ動作の開始時間のステータス。

SNMP RowStatus

SNMP RowStatus がアクティブか非アクティブかを示します。

TTL value

IP SLA 動作のエコー要求パケットの最大ホップ カウント。

Reply Mode

IP SLA 動作のエコー要求パケットの応答モード。

Reply Dscp Bits

IP SLA 動作のエコー応答パケットの Differentiated Service Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)の値。

Secondary Frequency

セカンダリ頻度オプションがイネーブルになる応答条件。

Value(sec)

セカンダリ頻度の値。

Reaction Configs

IP SLA 動作の応答の設定。

Reaction

監視対象の応答条件。

Threshold Type

応答イベントの結果として処理を実行する必要があるかどうかを指定します。

Threshold Count

アクションを実行する前に応答イベントが発生できる回数。

Action Type

応答イベントの結果として実行する必要のある処理のタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

rtr mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、SAA Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)コンフィギュレーション モードに移行します。

rtr mpls-lsp-monitor schedule

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作のスケジューリング パラメータを設定します。

show rtr mpls-lsp-monitor neighbors


) Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 では、show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドは show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドおよび show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタによって検出された、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバに関するルーティングおよび接続の情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドを使用します。

show rtr mpls-lsp-monitor neighbors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(27)SBC

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor neighbors コマンドに置き換えられました。

次に、 show rtr mpls-lsp-monitor neighbors コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr mpls-lsp-monitor neighbors
 
SAA MPLS LSP Monitor Database : 1
BGP Next hop 10.10.10.5 (Prefix: 10.10.10.5/32) OK
ProbeID: 100001 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.7 (Prefix: 10.10.10.7/32) OK
ProbeID: 100002 (red, blue, green)
BGP Next hop 10.10.10.8 (Prefix: 10.10.10.8/32) OK
ProbeID: 100003 (red, blue, green)
 
 

表 56 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 56 show rtr mpls-lsp-monitor neighbors のフィールドの説明

フィールド
説明

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

ProbeID

IP SLA 動作の識別番号。指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前が、カッコ内に表示されます。

OK

送信元 Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータと指定した BGP ネクスト ホップ ネイバの間の LSP ping または LSP traceroute の接続ステータス。接続ステータスは次のいずれかです。

OK:正常応答。

ConnectionLoss:応答は Forward Equivalence Class(FEC)に対する出力ではないデバイスからのもの。

Timeout:エコー要求タイムアウト。

Unknown:LSP の状態は不明。

 
関連コマンド

コマンド
説明

rtr mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、SAA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue


) Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 では、show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドは show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドは show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドおよび show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドを参照してください。


IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作の特定の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)への Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクスト ホップ ネイバの追加または削除に関する情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドを使用します。

show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue operation-number

 
シンタックスの説明

operation-number

詳細を表示する LSP ヘルス モニタ動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(27)SBC

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドに置き換えられました。

次に、 show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue 1
 
Next scan Time after: 23 Secs
Next Delete scan Time after: 83 Secs
 
BGP Next hop Prefix vrf Add/Delete?
10.10.10.8 10.10.10.8/32 red Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 blue Add
10.10.10.8 10.10.10.8/32 green Add
 
 

表 57 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 57 show rtr mpls-lsp-monitor scan-queue のフィールドの説明

フィールド
説明

Next scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN への BGP ネクスト ホップ ネイバの追加に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各スキャン時間の開始時に、新しく検出されたすべてのネイバに対して IP SLA 動作が作成されます。

Next Delete scan Time after

LSP ヘルス モニタが特定の VPN からの BGP ネクスト ホップ ネイバの削除に関する情報をスキャン キューでチェックするまでの時間。各削除スキャン時間の開始時に、有効ではなくなったネイバの IP SLA 動作が削除されます。

BGP Next hop

BGP ネクスト ホップ ネイバの ID。

Prefix

MPLS LSP ping 動作が使用する BGP ネクスト ホップ ネイバの IPv4 Forward Equivalence Class(FEC)。

vrf

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバのルーティング エントリを含む VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスの名前。

Add/Delete

指定した BGP ネクスト ホップ ネイバが指定した VPN に追加されるのか、またはその VPN から削除されるのかを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

delete-scan-factor

有効ではなくなった BGP ネクスト ホップ ネイバに対する IP SLA 動作を自動的に削除するまでに、LSP ヘルス モニタがスキャン キューをチェックする回数を指定します。

mpls discovery vpn interval

有効ではなくなったルーティング エントリが MPLS VPN の BGP ネクスト ホップ ネイバ ディスカバリ データベースから削除される間隔を指定します。

rtr mpls-lsp-monitor

IP SLA LSP ヘルス モニタ動作の設定を開始し、SAA MPLS コンフィギュレーション モードに移行します。

scan-interval

LSP ヘルス モニタがスキャン キューで BGP ネクスト ホップ ネイバの更新をチェックする間隔(分単位)を指定します。

show rtr operational-state


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr operational-state コマンドは show ip sla monitor statistics コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr operational-state コマンドは show ip sla statistics コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor statistics コマンドおよび show ip sla statistics コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の動作状態を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr operational-state コマンドを使用します。

show rtr operational-state [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の ID 番号

 
デフォルト

稼動しているすべての IP SLA 動作の出力を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.0(5)T

ジッタ動作タイプの出力が追加されました。

12.1

tabular および full キーワードが削除されました。

12.2(8)T

"NumOfJitterSamples" の出力が追加されました(CSCdv30022)。

12.2(8)S

"NumOfJitterSamples" の出力が追加されました(CSCdv30022)。

12.3(4)T

ジッタ(コーデック)動作タイプの出力(MOS および ICPIF スコア)が追加されました。

12.3(7)T

MOS スコアの小数の細かさが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla statistics コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

動作の残りの継続時間、動作がアクティブかどうか、完了時刻など、IP SLA 動作の現在の状態を表示するには、 show rtr operational-state コマンドを使用します。出力には、最後の(最近完了した)動作に対して返されたモニタリング データも含まれます。

次に、 show rtr operational-state コマンドの基本的な出力例を示します。

Router# show rtr operational-state
Current Operational State
Entry Number: 3
Modification Time: *22:15:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Diagnostics Text:
Last Time this Entry was Reset: Never
Number of Octets in use by this Entry: 1332
Number of Operations Attempted: 2
Current Seconds Left in Life: 3511
Operational State of Entry: active
Latest Completion Time (milliseconds): 544
Latest Operation Start Time: *22:16:43.000 UTC Sun Feb 11 2001
Latest Oper Sense: ok
Latest Sense Description: 200 OK
Total RTT: 544
DNS RTT: 12
TCP Connection RTT: 28
HTTP Transaction RTT: 504
HTTP Message Size: 9707
 

次に、ジッタ(コーデック)動作を指定したときの show rtr operational-state コマンドの出力例を示します。

 
Router# show rtr operational-state 1
Entry number: 1
Modification time: 13:18:38.012 PST Mon Jun 24 2002
Number of Octets Used by this Entry: 10392
Number of operations attempted: 2
Number of operations skipped: 0
Current seconds left in Life: Forever
Operational state of entry: Active
Last time this entry was reset: Never
Connection loss occurred: FALSE
Timeout occurred: FALSE
Over thresholds occurred: FALSE
Latest RTT (milliseconds): 2
Latest operation start time: *13:18:42.896 PST Mon Jun 24 2002
Latest operation return code: OK
Voice Scores:
ICPIF Value: 0 MOS score: 0
RTT Values:
NumOfRTT: 61 RTTAvg: 2 RTTMin: 2 RTTMax: 3
RTTSum: 123 RTTSum2: 249
Packet Loss Values:
PacketLossSD: 0 PacketLossDS: 0
PacketOutOfSequence: 0 PacketMIA: 0 PacketLateArrival: 0
InternalError: 0 Busies: 0 PacketSkipped: 39 <<<<<<==========
Jitter Values:
MinOfPositivesSD: 1 MaxOfPositivesSD: 1
NumOfPositivesSD: 1 SumOfPositivesSD: 1 Sum2PositivesSD: 1
MinOfNegativesSD: 1 MaxOfNegativesSD: 1
NumOfNegativesSD: 1 SumOfNegativesSD: 1 Sum2NegativesSD: 1
MinOfPositivesDS: 0 MaxOfPositivesDS: 0
NumOfPositivesDS: 0 SumOfPositivesDS: 0 Sum2PositivesDS: 0
MinOfNegativesDS: 0 MaxOfNegativesDS: 0
NumOfNegativesDS: 0 SumOfNegativesDS: 0 Sum2NegativesDS: 0
Interarrival jitterout: 0 Interarrival jitterin: 0
One Way Values:
NumOfOW: 0
OWMinSD: 0 OWMaxSD: 0 OWSumSD: 0 OWSum2SD: 0
OWMinDS: 0 OWMaxDS: 0 OWSumDS: 0 OWSum2DS: 0
 

表示されている値は、最後の IP SLA 動作の値を示します。RTT は Round-Trip-Time(ラウンドトリップ時間)の略です。SD は Source-to-Destination(送信元から宛先)の略です。DS は Destination-to-Source(宛先から送信元)の略です。OW は One Way(一方向)の略です。タイムスタンプの前の * 記号は、時刻が Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)または Simple Network Time Protocol(SNTP; 簡易ネットワーク タイム プロトコル)を使用して同期化されていることを示します。 表 58 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

表 58 show rtr operational-state のフィールドの説明

フィールド
説明

Voice Scores:

VoIP の統計情報が次の行に表示されることを示します。音声スコア データは、動作タイプが type jitter(コーデック) に設定されている場合に計算されます。

ICPIF:

動作の最新の反復の Calculated Planning Impairment Factor(ICPIF)の値。ICPIF の値は、 Icpif = Io + Iq + Idte + Idd + Ie - A という式を使用して計算されます。

Io Iq 、および Idte の値はゼロに設定されます。

Idd は、測定された一方向遅延に基づいて計算されます。

Ie は、測定されたパケット損失に基づいて計算されます。

A の値はユーザが指定します。

ICPIF の値は、通常、5(非常に軽い障害)から 55(非常に重い障害)の範囲で表されます。ICPIF の値が 20 未満の場合は、一般に「適切」と見なされます。

(注) この値は相対的な比較を意図したものでしかなく、別の方法を使用して生成された ICPIF 値と一致しない場合があります。

MOS:

動作の最新の反復に対する Mean Opinion Score(MOS-CQE; 平均オピニオン評点)(カンバセーション品質、推定)。MOS-CQE は ICPIF の関数として計算されます。

MOS 値は 1(1.00)から 5(5.00)までの数値として表され、5 が最高レベルの品質、1 が最低レベルの品質です。MOS 値が 0(ゼロ)の場合は、その動作に対して MOS データを生成できなかったことを示します。

RTT Values:

次の行にラウンドトリップ時間の統計情報が表示されることを示します。

NumOfRTT

成功したラウンドトリップの回数。

RTTSum

これらのラウンドトリップ値の合計(ミリ秒単位)。

RTTSum2

これらのラウンドトリップ値の平方の合計(ミリ秒単位)。

Packet Loss Values:

次の行にパケット損失の統計情報が表示されることを示します。

PacketLossSD

送信元から宛先の方向で失われたパケットの数。

PacketLossDS

宛先から送信元の方向で失われたパケットの数。

PacketOutOfSequence

正しくない順序で返されたパケットの数。

PacketMIA

方向(SD または DS)を特定できない失われたパケットの数(MIA:missing in action(行方不明))。

PacketLateArrival

タイムアウトの後で到着したパケットの数。

PacketSkipped

IP SLA ジッタ動作の間に送信されなかったパケットの数。

InternalError

他の内部障害のために動作を開始できなかった回数。

Busies

以前にスケジュールされていた実行が終了しなかったためにこの動作を開始できなかった回数。

Jitter Values:

次の行にジッタ動作の統計情報が表示されることを示します。

ジッタとは、パケット内遅延の分散です。

NumOfJitterSamples:

収集されたジッタ サンプルの数。これは、次のジッタ統計情報の計算に使用されるサンプルの数です。

MinOfPositivesSD
MaxOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の正のジッタ値(ミリ秒単位)。

NumOfPositivesSD

送信元から宛先の方向での、正のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が大きくなっている)の数。

SumOfPositivesSD

これらの正の値の合計(ミリ秒単位)。

Sum2PositivesSD

これらの正の値の平方の合計。

MinOfNegativesSD
MaxOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、最小および最大の負のジッタ値。絶対値が示されます。

NumOfNegativesSD

送信元から宛先の方向での、負のジッタ値(つまり、連続する 2 つのテスト パケットの間にネットワーク遅延が小さくなっている)の数。

SumOfNegativesSD

これらの値の合計。

Sum2NegativesSD

これらの値の平方の合計。

Interarrival jitterout:

RFC 1889 で定義されている、送信元から宛先(SD)の方向のジッタ値の計算。

Interarrival jitterin:

RFC 1889 で定義されている、宛先から送信元(DS)の方向のジッタ値の計算。

One Way Values

次の行に一方向の測定の統計情報が表示されることを示します。

一方向(OW)の値とは、パケットが送信元ルータからターゲット ルータまで(SD)、またはターゲット ルータから送信元ルータまで(DS)移動するのに要した時間です。

NumOfOW

成功した一方向時間測定の回数。

OWMinSD

送信元から宛先までの最小の時間。

OWMaxSD

送信元から宛先までの最大の時間。

OWSumSD

OWMinSD と OWMaxSD の値の合計。

OWSum2SD

OWMinSD と OWMaxSD の値の平方の合計。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr reaction-configuration


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr reaction-configuration コマンドは show ip sla monitor reaction-configuration コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr reaction-configuration コマンドは show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor reaction-configuration コマンドおよび show ip sla reaction-configuration コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr reaction-configuration コマンドを使用します。

show rtr reaction-configuration [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)指定した IP SLA 動作の応答設定だけを表示します。

 
デフォルト

すべての IP SLA 動作に対して設定されている予防的しきい値モニタリングの設定を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla reaction-configuration コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

IP SLA 動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで rtr reaction-configuration コマンドを使用します。

次の例では、1 つの IP SLA 動作に対して複数の監視対象要素([Reaction] の値で示されています)を設定しています。

Router# show rtr reaction-configuration
 
Entry Number: 1
Reaction: RTT
Threshold type: Never
Rising (milliseconds): 5000
Falling (milliseconds): 3000
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: None
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: average
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: triggerOnly
 
Reaction: jitterDSAvg
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 
Reaction: PacketLossSD
Threshold type: immediate
Rising (milliseconds): 5
Threshold Falling (milliseconds): 3
Threshold Count: 5
Threshold Count2: 5
Action Type: trapOnly
 

表 59 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

表 59 show rtr reaction-configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Reaction:

指定した IP SLA 動作に設定されている監視対象要素。

rtr reaction-configuration コマンドの react { connectionLoss | jitterAvg | jitterDSAvg | jitterSDAvg | mos | PacketLossDS | PacketLossSD | rtt | timeout | verifyError } シンタックスに対応します。

Threshold type:

設定されているしきい値のタイプ。

rtr reaction-configuration コマンドの threshold-type { never | immediate | consecutive | xofy | average } シンタックスに対応します。

Rising (milliseconds):

upper-threshold の値。 rtr reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスで設定します。

Threshold Falling (milliseconds):

lower-threshold の値。 rtr reaction-configuration コマンドの threshold-value upper-threshold lower-threshold シンタックスで設定します。

Threshold Count:

xofy しきい値タイプの x-value 、または average しきい値タイプの number-of-measurements の値。

Threshold Count2:

xofy しきい値タイプの y-value

Action Type:

違反条件が満たされたときに実行する応答。 rtr reaction-configuration コマンドの action-type { none | trapOnly | triggerOnly | trapAndTrigger } シンタックスで設定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

rtr reaction-configuration

IP SLA の動作の予防的しきい値モニタリングのパラメータを設定します。

show rtr reaction-trigger


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr reaction-trigger コマンドは show ip sla monitor reaction-trigger コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr reaction-trigger コマンドは show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor reaction-trigger コマンドおよび show ip sla reaction-trigger コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の応答トリガー情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr reaction-trigger コマンドを使用します。

show rtr reaction-trigger [ operation-number ]

 
シンタックスの説明

operation-number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla reaction-trigger コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

rtr reaction-configuration グローバル コマンドでの定義に従ってトリガーされるターゲット動作の設定ステータスおよび動作状態を表示するには、 show rtr reaction-trigger コマンドを使用します。

次に、 show rtr reaction-trigger コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr reaction-trigger 1
 
Reaction Table
Entry Number: 1
Target Entry Number: 2
Status of Entry (SNMP RowStatus): active
Operational State: pending

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr responder


) Cisco IOS Release 12.3(14)T および 12.2(31)SB2 では、show rtr responder コマンドは show ip sla monitor responder コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr responder コマンドは show ip sla responder コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor responder コマンドおよび show ip sla responder コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)Responder の情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr responder コマンドを使用します。

show rtr responder

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(3)T

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor responder コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor responder コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla responder コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

最近の制御メッセージの送信元や無効な制御メッセージの送信元など、IP SLA 制御メッセージの最近の送信元についての情報を表示するには、 show rtr responder コマンドを使用します。

次に、 show rtr responder コマンドの出力例を示します。

Router# show rtr responder
 
RTR Responder is: Enabled
Number of control message received: 19 Number of errors: 1
Recent sources:
4.0.0.1 [19:11:49.035 UTC Sat Dec 2 1995]
4.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 1995]
4.0.0.1 [19:09:48.707 UTC Sat Dec 2 1995]
4.0.0.1 [19:08:48.687 UTC Sat Dec 2 1995]
4.0.0.1 [19:07:48.671 UTC Sat Dec 2 1995]
 
Recent error sources:
4.0.0.1 [19:10:49.023 UTC Sat Dec 2 1995] RTT_AUTH_FAIL

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr configuration

IP SLA 動作の設定値を表示します。

show rtr totals-statistics


) Cisco IOS Release 12.3(14)T では、show rtr totals-statistics コマンドは show ip sla monitor totals-statistics コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 では、show rtr totals-statistics コマンドは show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられています。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、show rtr totals-statistics コマンドは show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられています。詳細については、show ip sla monitor totals-statisticsshow ip sla monitor statistics aggregated、および show ip sla statistics aggregated コマンドを参照してください。


Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA; IP サービス レベル契約)のすべての動作または指定した動作の統計値の合計(エラー カウントおよび完了の累積)を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show rtr totals-statistics コマンドを使用します。

show rtr totals-statistics [ number ] [ tabular | full ]

 
シンタックスの説明

number

(任意)表示する IP SLA 動作の番号。

tabular

(任意)情報をカラム形式で表示します。情報の表示に必要な画面の数が減ります。

full

(任意)表示されている各値の次の ID を使用して、すべての情報を表示します。これがデフォルトです。

 
デフォルト

すべての動作についてフル形式

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、 show ip sla monitor total-statistics コマンドに置き換えられました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、 show ip sla monitor statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、 show ip sla statistics aggregated コマンドに置き換えられました。

 
使用上のガイドライン

合計統計情報は次の項目で構成されます。

動作番号

現在の統計情報の時間の開始時刻

現在の統計情報の時間の経過時間

試行された動作の数

また、 show rtr distributions-statistics コマンドおよび show rtr collection-statistics コマンドを使用して、その他の統計情報を表示することもできます。

次に、 show rtr totals-statistics コマンドのフル形式での出力例を示します。

Router# show rtr totals-statistics
 
Statistic Totals
Entry Number: 1
Start Time Index: *17:15:41.000 UTC Thu May 16 1996
Age of Statistics Entry (hundredths of seconds): 48252
Number of Initiations: 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rtr collection-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計エラーを表示します。

show rtr configuration

IP SLA のすべての動作または指定した動作のすべてのデフォルトなどの設定値を表示します。

show rtr distributions-statistics

IP SLA のすべての動作または指定した動作の統計分散情報(キャプチャされた応答時間)を表示します。