CAD 6.6 トラブルシューティング ガイド、Cisco Unified Contact Center Express リリース 7.0向け
テクニカル パッケージ情報
テクニカル パッケージ情報
発行日;2012/09/26 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

 

テクニカル パッケージ情報

サービス接続タイプおよびポート番号

CAD 6.6 で使用されているポートおよび接続タイプの完全なリストについては、『 Cisco Unified CCX (IP IVR and IPCC Express) Port Utilization Guide 』を参照してください。

 

レジストリ エントリ

Site Setup

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥Site Setup

表 1. Site Setup レジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Site Setup

APP VERSION

ストリング

サービス ソフトウェアのバージョンを識別するためにインストール スクリプトが使用します。

CALLCENTERLANG

ストリング

インストール中に選択される言語です。

DEPLOYTYPE

ストリング

Unified CM のタイプを定義します。

INSTALL DIRECTORY

ストリング

シスコ製ソフトウェアで基本となるインストール ディレクトリ。

INSTALLDIR

ストリング

シスコ製ソフトウェアのベース インストール ディレクトリの親ディレクトリ。

IOR HOSTNAME

ストリング

コンピュータの NIC のホスト名または IP アドレス。この値は、CAD サービス コンピュータ上だけにあります。

LDAP Bind DN

ストリング

LDAP サービスにログインするために使用するユーザ ID。デフォルト = cn=Client、ou=People、o=Spanlink Communications。

LDAP Connection Timeout

DWORD

接続試行がタイムアウトするまでの最大時間(秒単位)。デフォルト = 15。

LDAP Heartbeat Enabled

DWORD

ハートビートが有効かどうか。1 = 有効、0 = 無効。デフォルト = 1。

LDAP Heartbeat Retry Time

DWORD

ハートビート時間(ミリ秒単位)。デフォルト = 10000。

LDAP Host 1

ストリング

LDAP サービスのホスト名および IP アドレス。複数の LDAP ホストが使用可能です。

LDAP LCC

ストリング

デフォルトの論理コンタクト センター。

Site Setup

LDAP Port 1

DWORD

LDAP サービス ポート。複数の LDAP ポートが使用可能です。デフォルト = 38983。

LDAP Pwd

ストリング

暗号化されたユーザ パスワード。

LDAP Recovery Retry Time

DWORD

復旧再試行時間(ミリ秒単位)。デフォルト = 3000。

LDAP Request Timeout

DWORD

LDAP 要求がタイムアウトするまでの最大時間(秒単位)。デフォルト = 15。

LDAP Root

ストリング

LDAP データのルート。デフォルト = o=Spanlink Communications。

MONITOR DEVICE

ストリング

パケットをスニッフするネットワーク カード。

ProductCode_Agent

ストリング

Cisco Agent Desktop の製品コード。

ProductCode_Supervisor

ストリング

Cisco Supervisor Desktop の製品コード。

ProductCode_Admin

ストリング

Cisco Desktop Adminsitrator の製品コード。

Serial Number

DWORD

site setup 値の変更を示すカウンタ。デフォルト = 0。

BIPPA

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥IPPA¥

表 2. BIPPA サービスのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

config

TOMCAT HOME

ストリング

Tomcat Web サーバ ファイルのロケーション。デフォルトは C:¥Program Files¥wfavvid¥tomcat_appadmin¥ です。

 

エンタープライズ サービス

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥Enterprise Server¥

表 3. エンタープライズ サービスのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Setup

Max Wait Time1

DWORD

エンタープライズ データを待つ最大時間(ミリ秒単位)。デフォルトは 100 です。

Initial Time*

DWORD

データが保証されない場合にエンタープライズ データの最初の要求後の待ち時間(ミリ秒単位)。デフォルトは 10 です。

Increment*

DWORD

データが保証されない場合に各間隔のリトライ時間に加える時間(ミリ秒単位)。デフォルトは 20 です。

Retry Sleep Interval*

DWORD

コールがエンタープライズに認識されない場合にリトライする間隔の計算に使用される時間(ミリ秒単位)。この間隔は、(リトライ スリープ間隔 - リトライ試行)によって計算されます。デフォルトは 150 です。

config

JavaClassPath

REG_SZ

エージェント電子メール サービスの Java エンジンに必要な jar ファイルを示します。デフォルトは「log4j.jar,SplkStd4J.jar; EEM.jar;activation.jar;mail.jar」です。

JavaHome

REG_SZ

電子メール サービスの Java エンジンを起動するために使用する Java バーチャル マシンへのパス。デフォルトは「C:¥Program Files¥Java¥jre1.5.0_14」です。

JavaVMArguments

REG_SZ

Java バーチャル マシンの追加引数。デフォルトは ''''(空白文字)です。

null

録音再生クライアント

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥Recording & Playback Client¥

表 4. 録音クライアントのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Setup

From Client Port

DWORD

セッションを再生するオーディオ ストリーム「From Agent」を受信するために使用するスーパーバイザのデスクトップのポート。

Jitter Buffer

DWORD

再生前にバッファリングする音声データの量。デフォルト値 = 1000 ms。一般的なネットワークでは、この設定値を 50 ミリ秒まで小さくすることができます。デフォルトはこれより高く設定されていますが、こうすることでネットワークが輻輳状態でもサウンドが高品質になります。

Port Range End

DWORD

録音に使用するポート番号の範囲の終端。同時録音にはそれぞれ、2 ポートが必要です。

Port Range Start

DWORD

録音に使用するポート番号の範囲の始端。同時録音にはそれぞれ、2 ポートが必要です。

Sound Buffers

DWORD

サウンド カードに送信されたオーディオ データを保持するために使用されるバッファ数。デフォルトは 10 です。サウンド品質が悪い場合、この数を増やすと品質が向上します。

To Client Port

DWORD

セッションを再生するオーディオ ストリーム「To Agent」を受信するために使用するスーパーバイザのデスクトップのポート。

VPN Port

DWORD

クライアント アプリケーションが他のクライアントおよびサービスによって使用されるビジブル IP アドレスを識別するために使用する VPN アドレス サービスの録音サービスに使用されるポート。録音サービスに対応するエントリを変更しない場合は、このエントリを変更しないでください。

録音と再生サービス

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥Recording & Playback Server¥

表 5. 録音サービスのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Config

Audio Directory

ストリング

録音したコールのオーディオ ファイルを保持するディレクトリへのフル パス。この値は、デフォルトのディレクトリを使用できない場合にだけ変更してください。

Setup

IOR HostName

ストリング

クライアントに表示されるこのマシンの IP アドレス。クライアント用の接続ストリングを構築するサービスがこれを使用します。

Maximum Playbacks

DWORD

最大同時再生数。

Maximum Recordings

DWORD

最大同時録音数。

OmniOrbUsePort

DWORD

録音サービスがクライアント要求を認識する CORBA ポート。

VPN Port

DWORD

録音サービスがビジブル IP アドレスのクライアントからの要求を認識するポート。このエントリを変更する場合は、すべてのクライアント アプリケーションの対応するエントリも変更する必要があります。

録音と統計サービス

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥RASCAL Server¥

表 6. 録音と統計サービスのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Config

DB SCRIPT MESSAGE

ストリング

テクニカル サポートがトラブルシューティングに使用するエラー メッセージ。

DB SCRIPT RESULT

ストリング

録音と統計サービスのセットアップ スクリプトの実行後に戻されるブーリアン型の結果。1:正常完了。 0:エラー。

VoIP モニタ クライアント

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥VoIP Monitor Client¥

表 7. VoIP IP モニタ クライアントのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Config

FROM AGENT PORT

DWORD

IP エージェントから送信される RTP ストリームの IP ポート。デフォルト値 = 59012。ポートは偶数にする必要があります。次のポートは RTCP ストリームに予約されています。

JITTER BUFFER

DWORD

再生前にバッファリングする音声データの量。デフォルト値 = 400 ms。一般的なネットワークでは、この設定値を 50 ミリ秒まで小さくすることができます。デフォルトはこれより高く設定されていますが、こうすることでネットワークが輻輳状態でもサウンドが高品質になります。

SERVER HOST

ストリング

VoIP サービスのホスト名です。

SOUND BUFFERS

DWORD

サウンド カードのバッファ数。デフォルト = 30、最小値は 3 です。モニタ サウンドに途切れや空白時間が発生したり、モーターボートのような断続的な音になったりする場合は、この値を大きくして品質を改善できます。より高い値に設定すると、サウンドが遅延し、モニタ セッションの冒頭に短時間の空白時間が生じる場合があります。

TO AGENT PORT

DWORD

Agent IP Phone に送信されている RTP ストリームの IP ポートです。デフォルト値 = 59010。ポートは偶数にする必要があります。次のポートは RTCP ストリームに予約されています。

VoIP モニタ サービス

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥VoIP Monitor Server¥

表 8. VoIP モニタ サービスのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Config

App Version

ストリング

サービス ソフトウェアのバージョンを識別するためにインストール スクリプトが使用します。サービス自体は、このエントリを使用しません。

Update Version

ストリング

将来の使用:インストールされた任意のホット フィックスを追跡します。

Monitor Device

ストリング

パケットをスニッフするネットワーク カード。

VoIP モニタ録音クライアント(任意)

VoIP モニタ API にデフォルト値が組み込まれているため、これらのレジストリ エントリは必要ありません。次のエントリはデフォルトを上書きする場合に使用できます。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Spanlink¥CAD¥VoIP Monitor Client

表 9. VoIP モニタ クライアントのレジストリ エントリ

キー

タイプ

説明

Setup

Recording Jitter Buffer

DWORD

パケット録音が期限切れになるまでの時間(ミリ秒単位)

Recording Port Range Start

DWORD

録音用に UDP パケットを受信する開始ポート番号

Recording Port Range End

DWORD

録音用に UDP パケットを受信する終了ポート番号

 


1. これらのレジストリ キーは、エージェントがエンタープライズ サービスにデータを要求した際、エンタープライズ サービスがまだデータを持っていないというタイミングの問題がある場合だけに、作成する必要があります。