MGX/SES 製品 PNNI ネットワーク プランニング ガイド
索引
A
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

A

ABR

説明  4-2

ルート選択パラメータ  4-3

addpnni-node コマンド  1-5

AESA  3-15, 4-7

AINI

アドレス プレフィックスのプランニング  3-13

トポロジ定義  1-6

ANSI  3-7

ATM アドレス

ILMI プレフィックス  3-12

SPVC プレフィックス  3-12

形式  3-4

スタティック  3-13

選択  3-11

デフォルト アドレス  3-10

登録機関  3-7

プランニング  3-2

プランニングの指針  3-14

ATM エンド ステーション アドレス

AESA を参照

ATM 公衆ネットワーク、PNNI レベルの制限  3-10

AvCR

説明  4-4

ルート選択パラメータ  4-3

AW  4-5

説明  4-5

デフォルト値 5040  4-5

ルート選択パラメータ  4-3

B

BSI  3-7

C

calls barred  3-17

CBR

説明  4-2

ルート選択パラメータ  4-3

CDV

説明  4-5

ルート選択パラメータ  4-3

Cisco WAN Manager

CWM を参照

CLR0

説明  4-6

ルート選択パラメータ  4-3

CLR0+1

説明  4-6

ルート選択パラメータ  4-3

cnfe164justify  3-15

cnfpnni-election コマンド  1-5

CTD

説明  4-5

ルート選択パラメータ  4-3

CUG

calls barred  3-17

暗黙の  3-16

インターロック コード  3-16

インデックス  3-16

外部アクセス制御  3-17

概要  3-14

仕様  3-15

設定のワークシート  3-20

選択  3-16

デフォルト アドレス  3-18

内部アクセス制御  3-17

明示的な  3-16

ユーザ  3-15

優先  3-16, 3-18

CWM  3-15

D

DCC  3-4

Deutsche Industrie-Normen  3-7

DIN  3-7

E

E.164 アドレス

形式  3-4

右揃え  3-15

E.164 埋め込み AESA  3-4

I

ICD  3-4

IISP

アドレス プレフィックスのプランニング  3-13

トポロジ定義  1-6

ILMI

アドレス プレフィックス  3-12

ILMI 4.0  2-1

IOTA  3-7

ISO National Administrative Authority  3-7

ITU  3-7

M

MAC アドレス  3-11

maxCR

説明  4-4

ルート選択パラメータ  4-3

MPG

階層 PNNI を参照

N

nrt-VBR

説明  4-2

ルート選択パラメータ  4-3

P

P2MP

概要  4-6

最遠ノード分岐  4-7

出側マルチキャスティング  4-7

接続パーティ  4-7

接続リーフ  4-7

接続ルート  4-7

発側マルチキャスティング  4-7

分岐  4-6

分岐、サービス モジュール サポート  4-7

分岐制限  4-6

リーフ起動加入  4-8

PNNI

アドレス集約  3-3

階層  3-8

シグナリング プロトコル  3-2

説明  1-1

ソフトウェア リリース  1-1

トポロジ データベース  3-2

ネットワーキング仕様

MGX  2-2

SES  2-3

ピア グループ ID  3-10

ルーティング テーブル  3-2

ルーティング プロトコル  3-2

ルート選択  4-1

レベルの制限、公衆ネットワーク  3-10

レベルの選択  3-7

PNNI トポロジ状態要素  3-8

PTSE  3-8

Q

QoS  4-3

R

rt-VBR

説明  4-2

ルート選択パラメータ  4-3

S

SPVC アドレス プレフィックス  3-12

T

TM 4.0  2-1

U

UBR

説明  4-2

ルート選択パラメータ  4-3

UNI 3.0  2-1

UNI 3.1  2-1

UNI 4.0  2-1

宛先アドレス  3-3

宛先エンドポイント、接続  3-2

アドレス

AINI プレフィックス  3-13

IISP プレフィックス  3-13

ILMI プレフィックス  3-12

SPVC プレフィックス  3-12

宛先  3-3

形式  3-4

スタティック  3-13

選択  3-11

デフォルト  3-10

登録機関  3-7

発信元  3-2

プランニング  3-2

プランニングの指針  3-14

ルート選択パラメータ  4-3

ワークシート、ノード  3-19

ワークシート、ポート  3-19

アドレス集約、PNNI  3-3

暗黙の CUG  3-16

インターロック コード  3-16

インデックス、CUG  3-16

英国規格協会  3-7

エンドポイント  4-7

階層 PNNI  3-8

説明  1-3

プランニングの指針  2-6

利点  1-5

外部アドレス  3-3

外部接続  1-5

管理上の重み

AW を参照

境界ノード

説明  1-5

プランニングの指針  2-6

警告記号、定義  xxii

公衆 ATM ネットワーク

PNNI レベルの制限  3-10

国際コード指定

ICD を参照

国際電気通信連合  3-7

固定ビット レート

CBR を参照

サービス クラス  4-3

サービス品質

QoS を参照

最遠ノード分岐  4-7

最速検索  4-3

最大コスト パラメータ  4-5

最大セル レート

maxCR を参照

最適検索  4-3

シグナリング プロトコル、PNNI  3-2

出側マルチキャスティング、P2MP  4-7

仕様  2-2

使用可能セル レート

AvCR を参照

使用可能ビット レート

ABR を参照

冗長ハードウェア  2-4

シングル ピア グループ

PNNI レベル  3-8

説明  1-2

プランニングの指針  2-5

スタティック ATM アドレス、プランニング  3-13

スタティック ルーティング  4-3

スレーブ エンドポイント、接続  3-2

接続

宛先エンドポイント  3-2

外部  1-5

スレーブ エンドポイント  3-2

内部  1-5

発信元エンドポイント  3-2

マスター エンドポイント  3-2

セル遅延変動

CDV を参照

セル転送遅延

CTD を参照

セル廃棄率 0

CLR0 を参照

セル廃棄率 0+1

CLR0+1 を参照

ソフトウェア、PNNI サポート  1-1

帯域幅オーバーブッキング  4-4

対象読者、このマニュアルの  xi

ダイナミック ルーティング  4-3

注意記号、定義  xxii

注釈記号、定義  xxii

データ国コード

DCC を参照

データベース、PNNI  3-2

デフォルト CUG アドレス  3-18

トポロジ

AINI トポロジ定義  1-6

IISP トポロジ定義  1-6

MPG

階層 PNNI を参照   1-3

階層 PNNI

説明  1-3

プランニング  3-8

利点  1-5

シングル ピア グループ  1-2

トポロジ データベース、PNNI  3-2

トラフィック管理 4.0  2-1

トランジット制限  4-6

内部接続  1-5

ネットワーク プランニング、物理ネットワーク  2-4

ノードのアドレスワークシート  3-19

ノードのトランジット制限  4-6

パーティ、P2MP  4-7

ハードウェア、冗長  2-4

パス  2-5

発側マルチキャスティング、P2MP  4-7

発信元アドレス  3-2

発信元エンドポイント、接続  3-2

パラレル リンク  2-4

ピア グループ

ID の選択  3-10

シングル  1-2

複数

階層 PNNI を参照   1-3

リーダー  1-4

ピア グループ ID  3-10

ピア グループ リーダー

説明  1-4

プランニングの指針  2-6

非公開ユーザ グループ

CUG を参照

表記法、マニュアル  xxii

標準規格  2-1

非リアルタイム可変ビット レート

nrt-VBR を参照

ヒント記号、定義  xxii

負荷バランシング

parallel links  2-4

ルート選択オプション  4-3

複数パス  2-5

複数ピア グループ

PNNI レベル  3-8

階層 PNNI を参照

プランニングの指針  2-6

複数リンク

外部ネットワーク  2-5

隣接ピア グループ  2-4

物理ネットワークの計画  2-4

プランニング、物理ネットワーク  2-4

プレフィックス

AINI  3-13

IISP  3-13

ILMI  3-12

SPVC  3-12

分岐

P2MP  4-6

最遠ノード  4-7

米国規格協会  3-7

ポイント ツー マルチポイント

P2MP を参照

ポートのアドレス ワークシート  3-19

マスター エンドポイント、接続  3-2

マニュアル

構成  xi

表記法  xxii

目的  xi

マルチキャスティング、P2MP  4-7

マルチポイント分岐制限  4-6

未指定ビット レート

UBR を参照

明示的な CUG  3-16

ユーザ、CUG  3-15

ユーザネットワーク インターフェイス

UNI を参照

優先 CUG  3-16, 3-18

優先ルート  4-1

誘導ルート  4-1

リアルタイム可変ビット レート

rt-VBR を参照

リーフ、P2MP  4-7

リーフ起動加入  4-8

リンク

外部ネットワーク  2-5

パラレル  2-4

隣接ピア グループ  2-4

ルーティング

スタティック  4-3

ダイナミック  4-3

ルーティング テーブル、PNNI  3-2

ルーティング プロトコル、PNNI  3-2

ルート  4-7

優先  4-1

誘導  4-1

ルート選択  4-1

AvCR  4-3

AW  4-3

maxCR  4-3

最速検索  4-3

最適検索  4-3

負荷バランシング  4-3

論理ノード  3-8

ワークシート

CUG 設定  3-20

ノード アドレス  3-19, 3-20

ポートのアドレス  3-19