Cisco MGX 8850 (PXM45/PXM1E)/Cisco MGX 8950/Cisco MGX 8830/Cisco MGX 8880 コマンド リファレンス Release 5
コマンドの説明
コマンドの説明
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

コマンドの説明

?

abortallsaves

abortofflinediag

abortrev

actaudit

addaddr

addapsln

addcon

addcontroller

addcug

addfltset

addimagrp

addimalnk

addimaport

addlink

addlnloop

addlpback

addnwnode

addpart

addparty

addpnni-node

addpnni-summary-addr

addpnport

addport

サービス クラス テンプレート

addpref

addprfx

addred

addrscprtn

addsct

addserialif

addsntprmtsvr

addtrapmgr

adduser

aesa_ping

bootchange

burnboot

bye

cc

cd

clidbxlevel

clradjlnalmcnt

clrallcnf

clralmcnt

clrbecnt

clrchancnt

clrchancnts

clrcnf

clrconntracebuffer

clrconntracebuffers

clrcugdefaddr

clrdiagerr

clrdiagstat

clrerr

clrerrhist

clrfdrstat

clrilmicnt

clrimadelay

clrimagrpcnt

clrimagrpcnts

clrimalnkcnt

clrimalnkcnts

clrlncnt

clrlog

clrloginmsg

clrpribumpstats

clrnodalconstats

clrpathtracebuffer

clrpathtracebuffers

clrpncon

clrpnconstats

clrpndetailcause

clrportcnt

clrportconstats

clrqosdefault

clrscrn

clrsigstats

clrsmcnf

clrsntpstats

clrspvcnonpers

clrsrmcnf

clrsscopstats

clrxbaralm

clrxbarerrcnt

cnfaaa-authen

cnfaaa-author

cnfaaa-ftpssh

cnfaaa-ignore-ios

cnfaaa-priv

cnfaaa-prompt

cnfaaa-server

cnfabr

cnfabrtparmdft

cnfaddrcug

cnfaddrreg

cnfainihopcount

cnfaisdelaytimer

cnfalm

cnfapsln

cnfatmimagrp

cnfatmln

cnfautocnf

cnfautorestart

cnfbert

cnfcbclk

cnfcdmode

cnfcdstat

cnfcdvtdft

cnfcli

cnfclkparms

cnfclksrc

cnfcmdabbr

cnfcon

cnfconsegep

cnfcug

cnfdate

cnfdiag

cnfdiagall

cnfe164justify

cnfenhiisp

cnfescreset

cnfetherif

cnffltset

cnfilmi

cnfilmienable

cnfilmiproto

cnfimagrp

cnfimalnk

cnfimalnktst

cnfimaparms

cnfintfcongth

cnfintfvsvd

cnflic

cnflink

cnfln

cnfloginmsg

cnfmbsdft

cnfname

cnfncdp

cnfncdpclksrc

cnfncdpport

cnfndconnpribump

cnfndidrtes

cnfndparms(PXM45)

cnfndparms(PXM1E)

cnfndrteopt

cnfnodalcongth

cnfnodalfd

cnfnodecug

cnfoamsegep

cnfpart

cnfpasswd

cnfpasswdreset

cnfpnctlvc

cnfpnni-election

cnfpnni-intf

cnfpnni-link-selection

cnfpnni-mtu

cnfpnni-node

cnfpnni-pkttrace

cnfpnni-routing-policy

cnfpnni-scope-map

cnfpnni-svcc-rcc-timer

cnfpnni-timer

cnfpnportacc

cnfpnportcac

cnfpnportcc

cnfpnportie

cnfpnportloscallrel

cnfpnportncci

cnfpnportrange

cnfpnportsig

cnfpnstat

cnfport

cnfpref

cnfpri-routing

cnfpswdreset

cnfqosdefault

cnfrmrsrc

cnfrrtparm

cnfrscprtn

cnfrteopt

cnfrteoptthresh

cnfsct

cnfserialif

cnfsig

cnfsigdiag

cnfsnmp

cnfsntp

cnfsntprmtsvr

cnfspvcprfx

cnfspvcres

cnfsrmclksrc

cnfsscop

cnfstatsmgr

cnfsvcoverride

cnftime

cnftmzn

cnftmzngmt

cnftopogw

cnftrapip

cnftrftolerance

cnfuplinkbert

cnfuser

cnfxbaradmin

cnfxbarerrthresh

cnfxbarmgmt

cnfxbarpathenable

commithw

commitrev

conntrace

copy

copycons

core

cp

dbgcon

dbgilmi

dbgpnni

dbgsntp

dclk

del

delaaa-server

deladdr

deladdrs

delallusers

delapsln

delbert

delclksrc

delcon

delcons

delconsegep

delcontroller

delcug

delfltset

delimagrp

delimalnk

dellink

dellnloop

dellpback

delncdpclksrc

delnwnode

delpart

delparty

delpnni-node

delpnni-summary-addr

delpnport

delpnportacc

delport

delpref

delprfx

delred

delrscprtn

delsct

delsesn

delsigdiag

delslotlink

delsntprmtsvr

deltopolink

deltopond

deltrapmgr

deluser

diagdebug

disablesscop

dncon

dnilmi

dnimagrp

dnln

dnparty

dnpnport

dnport

downloadflash

dspaaa

dspaaa-servers

dspaaa-stats

dspaaa-tac-trace

dspabrtparmdft

dspactaudit

dspaddr

dspaddrcug

dspadjlnalm

dspadjlnalmcnt

dspainihopcount

dspaisdelaytimer

dspalm

dspalmcnf

dspalmcnt

dspalms

dspapsbkplane

dspapsln

dspapslns

dspatmaddr

dspatmimagrp

dspatmln

dspautorestart

dspbecnt

dspbert

dspbertcap

dspbkpl

dspcbclk

dspcd

dspcdalms

dspcderrs

dspcdhealth

dspcds

dspcdstatcnf

dspcdstatus

dspcdvtdft

dspchan

dspchancnt

dspchans

dspchantests

dspchassis

dspcli

dspclkalms

dspclkparms

dspclksrcs

dspcmdabbr

dspcon

dspconalmcnts

dspconalms

dspconinfo

dspconload

dspconntracebuffer

dspconntracebuffers

dspcons

dspcons-dbg

dspconsegep

dspcontrollers

dspcug

dspcugdefaddr

dspcurclk

dspdate

dspdevalms

dspdeverr(PXM45)

dspdeverr(PXM1E)

dspdeverrhist(PXM45)

dspdeverrhist(PXM1E)

dspdiagcnf

dspdiagerr

dspdiagstat

dspdiagstatus

dspdisk

dspegrbucketcnt

dspeng

dspenhiisp

dspenvalms

dsperr

dsperrhist

dspetherif

dspfdrstat

dspfile

dspfltset

dsphotstandby

dspilmi

dspilmiaddr

dspilmicnt

dspilmis

dspimagrp

dspimagrpalm

dspimagrpalms

dspimagrpbucketcnt

dspimagrpcnt

dspimagrps

dspimalnk

dspimalnkalm

dspimalnkalms

dspimalnkbucketcnt

dspimalnkcnt

dspimalnks

dspimaparms

dspingbucketcnt

dspintfcongcntr

dspintfcongflags

dspintfcongth

dspipconntask

dspipif

dspipifcache

dsplicalms

dspliccd

dspliccds

dsplicnodeid

dsplics

dsplink

dsplinkalm

dspln

dsplncnt

dsplnload

dsplnpmbucketcnt

dsplns

dspload

dsplog

dsploginmsg

dsplogs

dspmbsdft

dspmempart

dspncdp

dspncdpclksrc

dspncdpclksrcs

dspncdpport

dspncdpports

dspndalms

dspndconnpribump

dspndconnpribumpstats

dspndparms

dspndrteopt

dspndstatus

dspnodalcongcntr

dspnodalcongflags

dspnodalcongth

dspnodalconstats

dspnodalfd

dspnodecug

dspnwnode

dspnwnodes

dspoamsegep

dspoptrtereq

dsppart

dspparties

dsppartiespercon

dspparts

dspparty

dsppathtracebuffer

dsppathtracebuffers

dsppathtraceie

dsppathtracenode

dsppathtraceport

dsppingatmaddr

dsppnallgrpaddr

dsppncon

dsppncons

dsppnconstats

dsppnctlvc

dsppndelay

dsppndelays

dsppndetailcause

dsppngrpmbrs

dsppnilmi

dsppnni-bn-path

dsppnni-dbg

dsppnni-election

dsppnni-idb

dsppnni-inducing-uplink

dsppnni-intf

dsppnni-link

dsppnni-link-selection

dsppnni-mtu

dsppnni-neighbor

dsppnni-node

dsppnni-node-list

dsppnni-path

dsppnni-pkttrace

dsppnni-ptse

dsppnni-reachable-addr

dsppnni-routing-policy

dsppnni-scope-map

dsppnni-spoke

dsppnni-summary-addr

dsppnni-svcc-rcc

dsppnni-svcc-rcc-timer

dsppnni-timer

dsppnport

dsppnportcac

dsppnportcc

dsppnportidmaps

dsppnportie

dsppnportloscallrel

dsppnportncci

dsppnportpribumprsrc

dsppnportrange

dsppnportrsrc

dsppnports

dsppnportsig

dsppnstat

dsppnsysaddr

dspport

dspportcnt

dspportconstats

dspportload

dspports

dspportsct

dsppostresults

dsppref

dspprefs

dspprfhist

dspprfx

dsppri-routing

dsppribumpstats

dsppswdreset

dsppvcif

dspqosdefault

dspred

dsprevs

dsprmalms

dsprminfo

dsprmrsrc

dsprmrsrcs

dsprrtparm

dsprscprtn

dsprscprtns

dsprteoptcnf

dsprteoptstat

dspsct

dspsctchksum

dspscts

dspserialif

dspsesn

dspsig

dspsigdiag

dspsigstats

dspslotlink

dspsnmp

dspsntp

dspsntp-dbg

dspsntprmtsvr

dspsntpstats

dspspvcaddr

dspspvcprfx

dspspvcres

dspsrmclksrc

dspsrmcnf

dspsscop

dspsscopstats

dspstatsmgr

dspsvcif

dspstbyclksrcs

dspsvcoverride

dspsvcparm

dspswalms

dsptech

dsptopofdrlist

dsptopogw

dsptopogwndlist

dsptopolinklist

dsptopondlist

dsptrapip

dsptrapmgr

dsptrftolerance

dspuplinkbert

dspuplinkbertstats

dspusers

dspversion

dspxbar

dspxbarerrthresh

dspxbarmgmt

dspxbarplanealms

dspxbarslotbwalms

dspxbarstatus

dumpconfigs

dumptrace

dumpversions

enableaxsmbaps

exit

forcecdnative

help

history

insbiterror

ipifconfig

ll

loadrev

logout

ls

memshow

mv

optrte

pathtraceie

pathtracenode

pathtraceport

クランクバック オプション

すべてのコールまたは特定の AESA のトレース

パス トレースの制限

ping

pvcifconfig

pwd

rename

resetcd

resetevtlogsem

resetsys

restoreallcnf

routeShow

routestatShow

rrtcon

rrtparty

rstrtimagrp

runrev

saveallcnf

setaaa-tac-trace

setcugdefaddr

seteng

setipconndebug

setrev

smclrscrn

ssh

stackdump

startimalnktst

startuplinkbert

stopimalnktst

stopuplinkbert

svcifconfig

switchapsln

switchcc

switchredcd

telnet

timeout

tstconseg

tstdelay

tstpndelay

upcon

upilmi

upimagrp

upln

upparty

uppnport

upport

users

verifydiskdb

who

whoami

zip

コマンドの説明

この章には、PXM45/B、PXM45/C、および PXM1E の各プロセッサ カードで実行可能なユーザコマンドの説明が含まれます。アルファベット順に列挙して説明します。

?

?(または help):PXM45、PXM1E

? または help を使用すると、現在のカードおよび現在の特権レベルで使用可能なコマンドがすべて表示されます。現在のユーザの特権より高い特権レベルをもつコマンドは表示されません。

? の後ろにコマンド名の一部を入力すると、その文字列が含まれるコマンドがすべて表示されます。 ? の後ろにコマンド名を完全に入力すると、そのコマンドが使用可能かどうかだけが示されます。

help にパラメータとして文字列を 2 つ入力した場合には、それぞれの文字列に対する情報が個別に表示されます。

シンタックス

? [ command ]

シンタックスの説明

 

command

コマンドの完全な名前または部分的な名前です。

関連コマンド

help

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

コマンド名の一部を入力し、その文字列を含むすべてのコマンドを一覧します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > ? con
 
Available commands
------------------
addcon
addcontroller
clrconntracebuffer
clrconntracebuffers
clrpncon
clrpnconstats
cnfcon
cnfconsegep
cnfintfcongth
cnfnodalcongth
conntrace
copycons
dbgcon
delallcon
delcon
delcons
delconsegep
delcontroller
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 

abortallsaves

Abort All Saves(すべての保存処理を停止):PXM45、PXM1E

abortallsaves コマンドを使用すると、設定保存プロセスが打ち切られます。設定の保存は saveallcnf コマンドまたは SNMP ベースのコマンドによって開始されます。abortallsaves は、時間のかかることが予想される保存処理を停止して、ファームウェアのアップグレードを開始する場合に使用します。保存処理を打ち切ることによって時間を大幅に節約できるのは、ノードに設定されたエンティティが多数の場合(カード数および論理エンティティ数が最大数に近い場合)に限られます。このように、適用範囲が限定されているため、abortallsaves を使用する機会は多くありません。スイッチが、コンフィギュレーション データベースの保存以外の処理を行っている場合は、その処理に応じたメッセージが表示されます。

シンタックス

abortallsaves

シンタックスの説明

このコマンドではパラメータを使用しません。

関連コマンド

restoreallcnf、saveallcnf

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

実行中の保存処理を打ち切ります。

pop20one.7.PXM.a > abortallsaves
 
No Save Process running

abortofflinediag

Abort Offline Diagnostic(オフライン診断を停止):PXM1E

実行中のオフライン診断を打ち切ります。


) オフライン診断のパラメータについては、cnfdiag コマンドの項を参照してください。


シンタックス

abortofflinediag < slot >

シンタックスの説明

 

slot

診断を実行している物理スロット

関連コマンド

cnfdiag、cnfdiagall、dspdiagcnf

アトリビュート

ログ:なし

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SERVICE_GP

abortofflinediag 1

abortrev

Abort Revision(ファームウェアの現バージョンの停止):PXM45、PXM1E

abortrev コマンドを実行すると、実行対象のカードは、前に使用していたファームウェア イメージを使用します。このコマンドにより、運用状態でアップグレードした結果パフォーマンスが思わしくない場合に、アップグレードを停止することができます(新しい機能が想定したとおりに機能しない場合など)。ファームウェア バージョンを変更するためのコマンドは PXM 上で実行しますが、その対象は、サービス モジュールであっても PXM 自体であっても構いません。


abortrev 処理では、システム リセットが実行されるため、トラフィックが遮断されます。


abortrev コマンドは、 loadrev コマンドまたは runrev コマンドの使用後で、 commitrev コマンドの使用前に実行します( commitrev を使用した後では、 setrev または restoreallcnf を実行して、強制的にロードしないと旧バージョンを復元できません)。 運用状態でのアップグレードの処理順序を次に示します。 この処理順序を状態別ビューで詳細表示する場合は、 表 2-1 および 表 2-2 を参照してください。

1. loadrev によって、ハード ディスクのファームウェア バージョンがカードのメモリにロードされます。カードが冗長設定でない場合は、 loadrev を実行しても、システムによるカードのリセットは行われません。

2. runrev によって、プライマリ カードが新バージョンの実行を開始します。冗長カードのペアの場合、スタンバイ カードはアクティブ カードになり、新規バージョンの実行が開始されます。

3. 見過せない問題が発生した場合は、オプションの abortrev コマンドを使用すると、旧バージョンのファームウェアとこれまでのデータベースの内容を復元できます。

4. commitrev によって新プライマリ バージョンの受け入れを宣言し、旧プライマリを(ハード ディスクからではなく)メイン メモリから削除します。


) 実行中の運用状態でのアップグレードを終了し、別のアップグレードを開始するには、commitrev または abortrev を使用する必要があります。たとえば、カードに loadrev を実行しようとしても、commitrev を使用してアップグレードを完了していなければ、当該処理はブロックされ、エラー メッセージが戻されます。


運用状態でのアップグレードでは、さまざまな状態の冗長カード ペアを必要とします。また、冗長ペアに対して abortrev を実行する時点によって、ペアの一方のカードがリセットされるか両方のカードがリセットされるかが決まります。具体的には、 abortrev runrev の前に実行するか後に実行するかによって、リセットの動作が変わります。 表 2-1 表 2-2 に運用状態でのアップグレードの各段階とリセット動作を示します。単一カードのアップグレードについては、 表 2-1 を参照してください。冗長ペアのアップグレードについては、 表 2-2 を参照してください。

各表の最初には、プライマリとセカンダリのファームウェアのバージョンが 2.x であることが示されています。したがって、動作可能バージョンは 2.x のみです。 loadrev コマンドを使用すると、2.y と呼ばれる汎用バージョンがロードされ、プライマリとセカンダリのファームウェアのバージョンが順次変更されます。


runrev の使用後は、カードがリセットされます。


 

表 2-1 単一のカードを 2.x から 2.y にアップグレード

ファームウェア
ステータス
最初のバージョン
loadrev 後
runrev 後
commitrev 後

プライマリ

2.x

2.x

2.y

2.y

セカンダリ

2.x

2.y

2.x

2.y

オペレーショナル

2.x

2.x

2.y

2.y


表 2-2 には、runrev によってスタンバイ カードがアクティブ カードになることが示されています。「アクティブ」カラムと「スタンバイ」カラムが逆の位置にあるのは、変更後の状態を示しています。


 

表 2-2 2.x から 2.y への冗長ペアのアップグレード

ファームウェア
ステータス
アップグレード前
loadrev 後
runrev 後
commitrev 後
 
アクティブ
スタンバイ
アクティブ
スタンバイ
スタンバイ
アクティブ
スタンバイ
アクティブ

プライマリ

2.x

2.x

2.x

2.x

2.y

2.y

2.y

2.y

セカンダリ

2.x

2.x

2.y

2.y

2.x

2.x

2.y

2.y

カレント

2.x

2.x

2.x

2.y

2.y

2.y

2.y

2.y

abortrev によってスタンバイ カードのみリセットされます。

abortrev によって両方のカードがリセットされます。


runrev を実行した後で、(設定やネットワーク トポロジなどの)変更が行われた場合は、Processor Switching Module(PXM; プロセッサ スイッチング モジュール)によって、ディスク上のデータベース レコードが更新されます。abortrev を実行して旧バージョンに戻すと、runrev 実行後の変更内容は失われます。たとえば、runrev 実行から abortrev 実行までの間にネットワークにスイッチを追加していたとしても、その記録は復元後のデータベースには残りません。


シンタックス

abortrev < slot > < revision >

シンタックスの説明

 

slot

ファームウェアを旧バージョンに戻すスロットの番号。カードやプラットフォームによっては、無効となるスロット番号があります。

SRM が常駐しているスロットは使用できません。

MGX 8950 スイッチでは、スロット番号 9、10、25、および 26 は使用できません。

revision

ファームウェア ファイルの名前から派生した改訂番号。詳細については、「バージョン番号の表記法」の項の loadrev の説明を参照してください。

関連コマンド

commitrev loadrev runrev setrev

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SERVICE_GP

ファームウェア ファイル pxm45_002.001.070.000_mgx.fw(version は 2.1(70))の運用状態でのアップグレードを打ち切ります。当コマンドを継続するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

pinnacle.8.PXM.a > abortrev 8 2.1(70)
 
 
 

actaudit

Active Audit(監査の有効/無効):PXM45、PXM1E

actaudit コマンドを使用すると、ノード レベルで特定のバックグラウンド プロセスを有効または無効にできます。このプロセスはリンクを介して少数の接続がないかどうかステータス問い合わせを定期的に送信し、2 つのピアで接続の同じレコードを保有していないかどうか調べます。


注意 監査は、デフォルトでは有効に設定されており、 そのまま有効にしておくことをお勧めします。この機能が無効に設定されると、結果としてダングリング VC などの予測できない問題が生じることがあります。

シンタックス

actaudit < enable | disable >

シンタックスの説明

 

enable または
disable

監査の有効、無効を指定します。選択する項目の語をそのまま入力します。

デフォルト値は enable です。

関連コマンド

dspactaudit

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

addaddr

Add Address(アドレスの追加):PXM45、PXM1E

addaddr は、ポートに 1 つ以上の ATM アドレスを指定する場合に使用します。このコマンドが使用可能なポートは、UNI ポートおよび IISP ポートです。各ポートで必須なパラメータは、ATM アドレスとその長さです。ATM アドレスおよびアドレス計画の概要については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, Cisco MGX 8830, and Cisco MGX 8880 Configuration Guide, Release 5 』を参照してください。

addaddr に、オプションで指定できるパラメータは次のとおりです。

パブリックまたはプライベートの UNI、AINI、および IISP へのアドレス適用の詳細

アドレス計画 : E.164 または NSAP

AINI リンクまたは IISP リンクの近端のノードから、該当するリンクの遠端のノードに新しいアドレスを割り当てることができるようにするかどうか(別のネットワークのノードが新しいアドレスを認識できるようにするかどうか)

ATM アドレスの範囲

中継ネットワーク識別子(スタティック アドレスのみに適用)


) UNI ポートで ATM アドレスを追加する場合は、同ポートの ILMI アドレス登録をあらかじめ無効にしておきます。ILMI アドレス登録を無効にするには、cnfaddrreg コマンドで、portID の後ろに「no」を指定します。


グループの作成

ポートを一意に識別できるようにしたり、複数のポートのサマリー アドレスを作成するほかに、PNNI 論理ポートのグループを作成できます(グループ アドレスは、ILMI 登録することも、ユーザ設定することもできます)。グループを作成するには、複数のポートに同じアドレスを割り当てます。その対象となるポートは、同一スイッチに存在するポートでも、ネットワークのどこかに存在するポートでも構いません。このようにグループ化することを「エニーキャスト」と呼び、お客様の設計思想に基づいて行います。

ATM アドレスのグループを作成するには、次の 2 つの条件を満たす必要があります。

ATM アドレスの最初の 8 ビット バイトは A0 以上である必要があります。コントローラが、グループのメンバーであると認識するポートは、ATM アドレスの先頭バイトが A0 以上のポートです。

グループのメンバーそれぞれに、同じ ATM アドレスを割り当てる必要があります。

グループのメンバーを表示するには、 dsppngrpmbrs を使用します。 グループに含まれているすべての ATM アドレスを表示するには、 dsppnallgrpaddr を使用します。

シンタックス

addaddr < portid > < atm-address> <length> [ -type { int | ext }] [- proto { local | static }]
[ -plan { e164 | nsap }] [ -scope value] [ -redst { yes | no }] [- tnid tnid ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 では、 slot:subslot.port:subport です。

PXM1E の UNI/NNI バック カードの場合は、 slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードの subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

narrow band service module(NBSM; 狭帯域サービス モジュール)用の PXM1E の場合: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

atm-address

ATM アドレスを示します。このアドレスのバイト数はアドレス タイプ が NSAP であるか E.164 であるかによって異なります。( アドレス タイプ については、-plan オプションを参照してください。アドレス計画でアドレス タイプを指定し、これによってアドレスの最大または最小バイト/ビット数が決定されます。)

NSAP のアドレスは、16 進数表示で 1~20 オクテットです。デフォルトの計画は NSAP です。NSAP のアドレスには、20 個のバイトを使用することを推奨します。

E.164 のアドレスは、8~15 桁の 10 進数です。

ATM アドレスのビットまたはバイト数は、アドレスの一意性に影響します。アドレスの一意性を確実に確保するには、最長のアドレス(NSAP の場合は 20 バイト)を使用します(1 バイトのアドレスを使用すると、最初のバイトがこの 1 バイトの ATM アドレスと一致するすべてのアドレスの送信データがそのポートへ送信されます)。

length

アドレス長。長さの単位はアドレス計画によって異なります。-plan オプションで、E.164 または NSAP を指定できます。

NSAP アドレス計画で使用される長さの単位はビットです。範囲は 0~160 です。最大 20 バイトの ATM アドレスを使用できます。

20 バイト× 8 ビット/バイト= 160 ビット

E.164 アドレス計画の場合、測定単位は 10 進の桁数です。ATM アドレスが 15 桁の場合は、このパラメータの値も 15 になります。

- type

ノードの到達可能性のタイプを表し、internal か external のいずれかになります。internal のポートのアドレスは、現在の PNNI ネットワーク内のノードにのみ通知されます。デフォルトは internal です。

external のアドレスは、PNNI ネットワーク外の IISP リンク、AINI リンク、またはパブリック UNI に適用できます。たとえば、IISP リンクの近端の境界ノードに到達するには、遠端の境界ノードから近端の境界ノードの ATM アドレスにアクセスする必要があります。IISP ポートおよびパブリック UNI の ATM アドレスには、external を指定する必要があります。

指定可能なエントリ: internal (または int )および external (または ext
デフォルト: int

-proto

到達可能アドレスをアドバタイズするためのプロトコル

-type が internal の場合は、-proto パラメータとして local を入力します。

-type が extenal の場合は、-proto パラメータとして static を入力します。

指定可能なエントリ:local および static

デフォルト : local

-plan

アドレス計画(E.164 または NSAP)。NSAP アドレスを選択した場合の先頭のバイトは NSAP アドレスの 3 つの計画(NSAP E.164、NSAP DCC、NSAP ICD)のいずれかを示します。たとえば、47 は NSAP ICD 用として予約されています(例を参照)。

有効なエントリ:e164 または nsap

デフォルト : nsap

-scope

アドレスをアドバタイズする PNNI 階層レベル。single peer group(SPG;単一ピア グループ)の場合は 0 を指定します。

範囲:0~104
デフォルト:0

-redst

スタティック アドレスの配信を有効にします。(配信を)有効にする場合は「yes」を入力し、無効にする場合は「no」を入力します。このオプションを有効にしてアドレスを追加すると、そのアドレスが PNNI ネットワーク内のすべてのノードに認識されます。スタティック アドレスの配信を有効にしない限り、別のネットワークから特定のポート アドレスを確認することはできません。

デフォルト:no

- tnid

中継ネットワーク ID は、現在のノードからの接続が終端していないネットワークを識別します。この番号はスタティック アドレスだけに適用されます。このオプションの適用は、ユーザの設定意図によって異なります。この ID には、最大 4 文字までの IA5 文字を使用できます(IA5 は ASCII 文字セットのスーパーセットです)。

デフォルト:none

関連コマンド

+ deladdr deladdrs dspaddr dsppngrpmbrs、dsppnallgrpaddr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

この例の追加アドレス設定は次のとおりです。

ポートは 11:2.8:28

アドレスは 47.0077.6400.0000.0000.0ca7.9e01.4000.0c81.8000.00

アドレス長は 160

オプションのパラメータはすべてデフォルトのままにします。

アドレスを確定するには dspaddr を使用します。ICD コードは、シスコのデフォルトとは異なります。

Geneva.7.PXM.a > addaddr 11:2.8:28 47.0077.6400.0000.0000.0ca7.9e01.4000.0c81.8000.00 160
 
Geneva.7.PXM.a > dspaddr 11:2.8:28
 
47.0077.6400.0000.0000.0ca7.9e01.4000.0c81.8000.00
length: 160 type: internal proto: local
scope: 0 plan: nsap_icd redistribute: false
transit network id:
 
Geneva.7.PXM.a >

addapsln

Add APS Line(APS を回線に追加):PXM45、PXM1E

addapsln コマンドを使用すると、SONET 回線のペアに Automatic Protection Switching(APS; 自動保護切り替え)が追加されます。 追加された APS の設定を行うには、 cnfapsln コマンドを使用します。

PXM で addapsln を使用すると、影響を受ける SONET 回線が、次のタイプのカードに常駐します。

PXM45 または PXM1E が制御する 1 組のサービス リソース モジュール(SRME または SRME/B)

(カード内およびカード間 APS 対応の)SONET をサポートする 1~2 基の PXM1E ネットワーク インターフェイス カード


) APS を使用するには、ほとんどの構成で、ミニバックプレーンが必要です。詳細については、「SRME および PXM1E-8-OC3 のカード間 APS のミニバックプレーン要件」を参照してください。回線やベイなどの詳細については、表 2-3 を参照してください。APS ミニバックプレーンの種類については、当該ハードウェアの設置ガイドを参照してください。


APS は、SONET 回線のペアを回線レベルで冗長化します。SONET 回線のペアは、現用回線と予備回線で構成されています。 通常の動作では、現用回線がアクティブで、予備回線がバックアップとなります。アーキテクチャ モードの選択に応じて、スタンバイ モードのバックアップ回線でもトラフィックを運ぶことができます。 APS は、北米の SONET と国際的な光伝送標準 Synchronous Digital Hierarchy(SDH)に関する Bellcore 規格および ITU 勧告で定義されています(Bellcore GR-253 および ITU-T 勧告 G.783)。

回線交換の APS の調整は、インバンド シグナリング プロトコルを使用して行われます。アクティブ回線が切断されたり損傷した場合は、該当する障害を 10 ミリ秒以内に検出し、かつ 障害検出から 50 ミリ秒以内にユーザ トラフィックをスタンバイ回線に切り替える能力を有するシグナリング プロトコルを使用する必要があります。

cnfapsln コマンドで)リバーティブ オプションを有効にすると、シグナリング プロトコルは、現用回線が使用可能な状態になり、かつ待機時間が経過すると、トラフィックを元通りに切り替える処理を行います。

方向

APS の動作は、双方向にも片方向にも設定できます( cnfapsln の説明の direction パラメータを参照)。双方向に設定すると、障害の発生時に受信パスと送信パスの両方が切り替えられ、 片方向では障害になった(受信または送信)パスだけが切り替えられます。

カード内 APS

カード内 APS では、現用スロットと予備スロットが同じですが、現用回線と予備回線の番号を連続させる必要があります。 現在のところ、SRME と SRME/B はカード内 APS をサポートしていません。PXM1E では、ベイ 2 でのみカード内 APS をサポートしています。カード内 APS のアーキテクチャ モードは 1:1 です。


) PXM1E バック カードにカード内(同一カード)APS を指定すると、スタンバイ PXM1E が障害発生状態に陥り、アクティブ PXM1E のバックアップができなくなります。また、冗長 SRM がサポートされなくなります。


カード間 APS

カード間 APS では、現用スロットと予備スロットを隣接させ、 現用回線と予備回線の番号を同じにする必要があります。たとえば、APS ペアを 7.1.9 と 8.1.9 と指定します。現行リリースでは、SRME または SRME/B ベイは常に 1 で、PXM1E ベイは常に 2 です。カード間 APS では、カード冗長性が要求され、これは PXM により自動で制御されます。

サポート対象モードの概要

現リリースでサポートされているモードと電気的な接続の組み合わせは次のとおりです。

Annex A(GR-253)

1:1(カード内 APS のみ)

1+1

Annex B:1+1

APS のアーキテクチャ モード( archmode

現リリースの製品では、当コマンドを使用することにより、次の 2 つのアーキテクチャ モードがサポートされます。

1:1: アクティブ回線のみでトラフィックを搬送する回線冗長性が得られます。

1+1:両方の回線でトラフィックを搬送する回線冗長性が得られます。カード間 APS とカード内 APS の両方でサポートされています。

サポートしている規格は GR-253 CORE および G783 Annex A/Annex B です。

カード内 APS(PXM1E のみ)の場合の回線ペアは次のとおりです。

9-10 および 11-12(コンボ カード)

1-2 および 3-4(PXM1E-4-OC3)

1-2、3-4、5-6、および 7-8(PXM1E-8-OC3)

SRME および PXM1E-8-OC3 のカード間 APS のミニバックプレーン要件

カード間 APS では、カード同士を接続するための特殊なミニバックプレーンが必要です。その場合のカードとシャーシの組み合わせは次のとおりです。

任意のシャーシおよび任意の PXM モデルの SRME または SRME/B

PXM1E と 8 ポートの OC3 UNI/NNI バック カード


) PXM1E-4-OC3 でのカード間 APS にはミニバックプレーンは必ずしも必要ではありませんが、後で PXM1E-8-OC3 にアップグレードすることが可能であれば、当カードを装着することを推奨します。ミニバックプレーンをあらかじめ装着しておくと、運用状態で PXM1E-8-OC3 にアップグレードすることが可能ですが、あらかじめ装着しておかずに同アップグレードを行うと、サービスが中断されます。


シンタックス

addapsln <workingIndex> <protectIndex> <archmode>


) 当コマンドの CLI ヘルプに表示されるアーキテクチャ モードのオプション 4 および 5 は、現リリースではサポートされていません。


シンタックスの説明

ここでは、スロット、ベイ、および回線に割り当てることのできる値を 2 つの方法で示します。1 つは 表 2-3 で、シャーシ タイプおよびコントローラ カード タイプ別にスロット番号および回線番号の値を示します。この表は、シャーシに APS 用特殊ミニバックプレーンが必要かどうかも示しています。もう 1 つは、パラメータ定義の標準のリストで、 共通する情報もあります。

 

表 2-3 コントローラおよびシャーシ別のスロット番号および回線番号

コントローラ/光インターフェイス/シャーシ
現用スロット番号
予備スロット番号
OC3c/STM1 回線番号
ミニバックプレーン

PXM1E UNI/NNI バック
カード、MGX 8850 シャーシ

7

8

1~8(8 回線カード)

1~4(4 回線カード) *

9~12(コンボ カード)

不要

不要

PXM1E UNI/NNI バック
カード、MGX 8830 シャーシ

1

2

1~8(8 回線カード)

1~4(4 回線カード) *

9~12(コンボ カード)

不要

不要

SRME、SRME/B、MGX 8850 シャーシ、およびすべての PXM モデル

15、31

16、32

1

SRME、MGX 8830 シャーシ

7

14

1

不要

* カード間 APS を PXM1E-4-OC3 のペアで使用する場合、ミニバックプレーンは必ずしも必要ではありませんが、PXM1E-8-OC3 へのアップグレードに備えて装着しておくことを推奨します。

 

workingIndex

現用インデックスの形式は次のとおりです。

slot . bay . line

次に示すように、スロット番号はシャーシとカード タイプの両方によって変わります。

PXM45 を MGX 8850 シャーシに装着した場合の slot は 15 または 31 です。

MGX 8850 シャーシの PXM1E の場合、 slot は次のとおりです。

UNI/NNI バック カードでは、 slot は常に 7 です。

SRME または SRME/B では、 slot は 15 または 31 です。

MGX 8830 シャーシの PXM1E の場合、 slot は次のとおりです。

UNI/NNI バック カードでは、 slot は常に 1 です。

SRME または SRME/B では、 slot は常に 7 です。

ベイ番号は単なるプレースホルダーで、 スロット番号 はカードの場所を一意に示します。 bay は固定の論理番号であり、カードによって次のように異なります。

SRME または SRME/B では、 bay は常に 1 です。

PXM1E インターフェイスの場合、 bay は常に 2 です。

PXM1E OC3c/STM1 バック カードの回線番号は、次のように、カードの種類に依存します。

9~12(コンボ カード)

1~4(標準の 4 回線カード)

1~8(標準の 8 回線カード)

SRME または SRME/B SONET の場合、回線番号は常に 1 です。

 

protectIndex

予備インデックスの形式は次のとおりです。

slot . bay . line

次に示すように、スロット番号はシャーシとカード タイプの両方によって変わります。

PXM45 を MGX 8850 シャーシに装着した場合の slot は 15 または 31 です。

PXM1E を MGX 8850 シャーシに装着した場合は次のとおりです。

UNI/NNI バックカードでは、 slot は常に 8 です。

SRME または SRME/B では、 slot は 16 または 32 です。

PXM1E を MGX 8830 シャーシに装着した場合は次のようになります。

UNI/NNI バックカードでは、 slot は常に 2 になります。

SRME または SRME/B では、 slot は常に 8 です。

ベイ番号は単なるプレースホルダーで、 スロット番号 はカードの場所を一意に示します。 bay は固定の論理番号であり、カードによって次のように異なります。

SRME または SRME/B では、 bay は常に 1 です。

PXM1E インターフェイスの場合、 bay は常に 2 です。

PXM1E OC3c/STM1 バック カードの回線番号は、次のように、カードの種類に依存します。

9~12(コンボ カード)

1~4(標準の 4 回線カード)

1~8(標準の 8 回線カード)

SRME または SRME/B SONET の場合、回線番号は常に 1 です。

archmode

現用回線と予備回線のペアに使用する APS アーキテクチャ モード

1 = 1+1(回線の冗長化。両方の回線でトラフィックを搬送)

2 = 1:1(回線の冗長化。アクティブ回線のみでトラフィックを搬送)

3 = Annex B:1+1


) CLI ヘルプに表示されるオプション 4 および 5 は、現リリースではサポートされていません。


デフォルト:GR-253 1+1

関連コマンド

cnfapsln、delapsln、dspapsln、dspapslns、switchapsln、dspapsbkplane、clrbecnt、dspbecnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

PXM1E で、カード間 APS を回線 9 に追加して、アーキテクチャ モード を 1+1 に指定します。

PXM1E_SJ.8.PXM.a > addapsln 7.2.9 8.2.9 1

addcon

Add Connection(接続の追加):PXM1E

addcon コマンドを使用すると、PXM1E で接続を追加できます(サービス モジュールで接続を追加するには、その CLI で addcon コマンドを使用します)。ここでは、SPVC または SPVP を追加する方法の詳細について説明します。接続は両終端接続または片終端接続です。このコマンドは switched virtual channel(SVC; 相手先選択仮想チャンネル)または switched virtual path(SVP;相手先選択仮想パス)には適用されません。

両終端接続の場合は、まずスレーブ側スイッチでエンドポイントを追加します。追加処理が正常に行われると、20 オクテットのスレーブ側ノードの NSAP アドレスが生成され、マスター エンドポイントで使用されます。ネットワークでは、スレーブ エンドポイント ID でエンドポイントが一意に識別されるため、この ID を使用して、両終端接続のマスター エンドポイントを追加する必要があります。

片終端接続の場合は、当該接続をマスター側に追加するだけで済みます。


) PXM1E は、ほとんどのタイプのバック カードで、最大 27K の SPVC および SPVP のサポートが可能です。PXM1E-16-T1/E1 における最大接続数は 13.5K です。


接続を追加する前に

SPVC または SPVP を追加する場合、次の要件とオプション ポイントに注意してください。

1. スイッチにネットワーク コントローラを追加する(「 addcontroller 」の項を参照)。

2. 物理回線を 1 本アクティブにする。 upln コマンドか CiscoView アプリケーションを使用します。

3. アクティブにした物理回線に論理ポートを少なくとも 1 つ設定する。 addport コマンドまたは CiscoView アプリケーションを使用してポートを追加し、 必要に応じて cnfport でポート設定を変更します。

4. 追加した論理ポートにリソース パーティションを少なくとも 1 つ割り当てる。 addrscprtn 、addpart、または CiscoView アプリケーションを使用します。リソース パーティションは ポイント 1 で説明したコントローラに関連付けられている必要があります。

5. cnfpnportsig コマンドを使用して、UNI のバージョン設定を行うことができます(省略可)。UNI エンドポイントでシグナリングを行う必要はありません。デフォルトのインターフェイス タイプは UNI ですが、UNI の version のデフォルトは存在しません。PNNI ポートを有効にするには、 uppnport コマンドを使用します。

接続の追加

両終端接続を追加するには、まずスレーブ エンドポイントを設定する必要があります。その後で、 addcon を使用して、マスター エンドポイントを設定します(片終端接続の場合の詳細については、「他のスイッチとの相互運用性」の「片終端接続の指定」を参照してください)。接続のマスター エンドポイントは、呼のルーティングを起動するので発呼側となります。スレーブ エンドポイントは、着呼エンドポイントとなります。 マスターとスレーブのエンドポイントの間には、次のような関係があります。

スレーブ エンドポイントを追加すると、システムからスレーブ エンドポイント ID が戻されます。 続いてマスター エンドポイントを設定するときには、この ID を指定する必要があります。

マスター エンドポイントを追加するときには、対応するスレーブ エンドポイントの ID を入力する必要があります。マスター エンドポイントを正しく追加すると、接続のルーティングが開始されます。

帯域幅のパラメータを変更したり、Usage Parameter Control(UPC; 使用パラメータ管理)を設定するには、すべての種類のサービスを対象として cnfcon を実行します。サポート対象の available bit rate(ABR; 使用可能ビット レート)パラメータでは、 cnfabr コマンドを使用します。

使用上のガイドライン

ここでは、 addcon コマンドの一部のパラメータの用途を説明します。

トラフィック パラメータ

peak cell rate(PCR; ピーク セル レート)、sustained cell rate(SCR;平均セルレート)などのトラフィック パラメータは、順方向、逆方向のどちらの場合でも、マスターとスレーブの両方のエンドポイントで設定します。一方のエンドポイントで設定するローカル値と、もう一方のエンドポイントで設定するリモート値は、常に等しくする必要があります。たとえば、スレーブ エンドポイントの lpcr と、マスター エンドポイントの rpcr には同じ値を設定します。マスター側を設定するときの逆方向の設定についても同様です。両終端接続 SPVC を作成した後でトラフィック パラメータを修正する場合は、マスター エンドポイントとスレーブ エンドポイントの両方で、同じパラメータを修正する必要があります。片終端接続の場合は、マスター エンドポイントのパラメータを修正するだけで済みます。

トラフィック パラメータである cell delay variation(CDV;セル遅延変動)および cell transfer delay(CTD; セル転送遅延)は、順方向、逆方向のどちらの場合でも、マスターとスレーブの両方のエンドポイントで設定します。ただし、スレーブ側で設定したパラメータは、呼のセットアップ時には無視されます。したがって、 lcdv rcdv lctd rctd の各オプションは、マスター側でのみ指定します。

サービス クラス テンプレートのデフォルト トラフィック パラメータ

Service Class Template(SCT; サービス クラス テンプレート)には、各接続のデフォルト トラフィック パラメータが含まれています(SCT は、 addport コマンドにより、ポートごとに割り当てられています)。実際に使用されるデフォルト トラフィック パラメータは、 addport コマンドで指定される SCT ID( sctID )とインターフェイスの種類( ifType ) の両パラメータによって決定されます。


) 定義済みの SCT を基に新たな SCT を作成できますが、定義済みの SCT の値を修正することはできません。



) 接続タイプ CBR.2 および CBR.3 は、今後のリリースでは廃止される予定です。


 

表 2-4 PXM1E のデフォルト トラフィック パラメータ

サービス クラス
PCR
SCR
MCR
ICR
MBS
CDV 許容値

VSI-SIG

N/P

N/P

N/P

N/P

N/P

N/P

CBR.1

50

--

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-RT.1

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-RT.2

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-RT.3

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-nRT.1

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-nRT.2

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

VBR-nRT.3

50

50

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

UBR.1

50

--

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

UBR.2

50

--

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

ABR

50

--

50

50

dspmbsdft

dspcdvtdft

CBR.2

50

--

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

CBR.3

50

--

--

--

dspmbsdft

dspcdvtdft

 

表 2-5 各種回線の PCR、SCR、MCR の範囲

パラメータ
範囲

PCR

最小値は 7 セル/秒(Cps)

最大値はインターフェイスを設定する物理回線に依存します。インターフェイスの種類別の有効範囲は次のとおりです。

OC3:7~353208 Cps

T3:7~96000 cps(PLCP の場合)、7~104268 cps(ADM の場合)

E3:7~80000 Cps

T1:7~3622 Cps

E1:7~4528 Cps

デフォルト:ポート SCT から取得。サービス タイプが、PCR を選択する際の基準の 1 つとして使用されます。 SCT の PCR のデフォルト値は、インターフェイス帯域幅の一部を示す割合として定義されています。 ポート帯域幅は、 addport コマンドによって設定されます。

SCR

最小値は 7 cps です。

最大値は PCR の値によって制限されます。

デフォルト:PCR の割合が SCT から取り込まれます。UNI/NNI の下限値は 3 Cps であるため、取り込まれたデフォルトが 3 未満の場合は 3 Cps に切り上げられます。

MCR

SCR と同じです。

サービス タイプ、CDV、および CTD

セル遅延変動(CDV)およびセル転送遅延(CTD)は特定のサービス タイプに適用されます。不適切なサービス タイプに対してこれらのパラメータを設定すると、スイッチにより操作が拒否されます。設定可能なサービス タイプのリストについては、 表 2-6 を参照してください。CTD および CDV は最大ルート コストと共にルーティング コスト メトリックとしても使用されます( maxcost パラメータを参照してください)。CDV および CTD の接続グルーミングへの適用方法を確認するには、 cnfrteoptthresh を参照してください。

 

表 2-6 CDV および CTD に適用可能なサービス タイプ

CTD
CDV

CBR

RT-VBR

NRT-VBR

--
--

UBR

--
--

ABR

--
--

ルーティング パラメータ

最大ルート コスト(- mc maxcost )やルーティング優先度(- rtngprio routingPriority )などのルーティング パラメータは、マスター エンドポイントでだけ設定する必要があります。

SPVC や SPVP のマスター エンドポイントでは、接続の優先度を設定できます。優先度の高い接続は、PNNI コントローラによって、優先度の低い接続より先にルーティングされます。設定できる優先度の範囲は 1~15 で、値が大きくなるほど優先度は低くなります。デフォルトは 8 です。優先ルーティング機能の詳細については、 cnfpri-routing を参照してください。また、 cnfpri-routing コマンドを使用すれば、帯域幅をグループに分けて、接続に必要な帯域幅をルーティングの順序に反映させることができます。

優先ルーティングをサポートしない旧リリースのソフトウェアで作成された接続には、アップグレード後にデフォルトの優先度(8)が割り当てられます。この優先度は cnfcon コマンドで変更できます。

フレーム廃棄

現リリースでは、VCC での AAL5 セル搬送で、2 種類のフレーム廃棄メカニズム、すなわちポリシングベースのフレーム廃棄メカニズムと、輻輳ベースのフレーム廃棄メカニズムがサポートされています。ポリシングベースのフレーム廃棄は、 addcon コマンドまたは cnfcon コマンドに -frame オプションを指定してマスター エンドで使用します。すべてのセル ストリームの輻輳ベースのポリシングには、現在のポート SCT の設定が適用されます。2 種類のフレーム廃棄はそれぞれ独立していて、共存させても構いません。

ポリシングベース フレーム廃棄を有効にすると、非準拠セルに続く AAL5 フレームのすべてのセルが廃棄されます。 PCR および SCR 非準拠に対する特定のアクションの詳細については、「ポリシング設定と結果」を参照してください。

現在のポート レベル SCT で輻輳ベースのフレーム廃棄を有効にして、着信セルが EPD しきい値を超えている場合、フレーム自体が廃棄されます。

各フレーム廃棄設定の接続に適用されるアクションについては、 表 2-7 を参照してください。以下にテーブル内容を説明します。

フレームベースのポリシングは、文字「A」により表されます。 ポリシングの方法は、 addcon または cnfcon コマンドの -frame オプションにより指定されます。

「A」に 0 が指定された場合、フレームベースのポリシングは無効になります。これは、通常のセルベースのポリシングが実行されることを暗に意味します。

1 が指定された場合、フレームベースのポリシングは有効になります。

フレームベースの輻輳管理は、文字「B」により表されます。 輻輳管理は使用中のポート SCT により指定されます(現在の ポートの SCT しきい値および SCT ID を調べるには、 dspportsct コマンドを使用します)。

「B」に 0 が指定された場合、輻輳中に CLP Lo/Hi しきい値が有効になり、廃棄がセルごとに行われます。

1 が指定されると輻輳中に EPD0/1 しきい値が使用され、廃棄は AAL5 フレームに基づいて実行されます。

 

表 2-7 フレーム廃棄の設定およびアクション

フレーム廃棄設定
ポリシング動作(addcon での
フレーム廃棄)
輻輳しきい値(SCT 設定)

A = 0、B = 0

セルベースのポリシング

CLP lo/hi しきい値

A = 0、B = 1

セルベースのポリシング

EPD しきい値

A = 1、B = 0

フレームベースのポリシング

CLP lo/hi しきい値

A = 1、B = 1

フレームベースのポリシング

EPD しきい値

制限事項

フレーム廃棄は、ATM AAL5 アダプテーションを使用する接続(ITU-T I.363.5)を対象にしています。AAL5 セル ストリームでのフレーム廃棄は必須ではありませんが、スイッチでの輻輳中に完全なフレームを廃棄することにより VC でのスループットを向上させます。AA5 セル ストリームに対してフレーム廃棄を有効にしないと、破損したALL5 フレーム(一部のセルが廃棄された)が上のレイヤに到達し、再送信が何回も繰り返される可能性があります。逆に、AAL5 以外のタイプのセル ストリームに対してフレーム廃棄を有効にすると、 最悪の場合、非 AAL5 ストリームの両方向のエンドツーエンドのトラフィックがすべて廃棄されるような事態も起こり得ます。

ハードウェアは、VPC のフレームベース廃棄をサポートしません。VCC だけがフレームベースの廃棄をサポートします。


) リリース 3.0.23 または 4.0.10(2 種類のフレーム廃棄が利用可能になったリリース)より前に、フレーム廃棄を有効にして追加された VPC には重要な注意事項があります。スイッチを使用するとハードウェアでサポートされていなくても、フレーム廃棄を VPC に適用できます。フレーム廃棄が有効にされた VPC がソフトウェアを 3.0.23、4.0.10 以上にアップグレードする際にノードに存在している場合、この VPC はいったん削除してから追加し直さないと変更ができません。 VPC を削除しないですむようにするには、リリース 3.0.23、4.0.10 以上へのアップグレードの際に VPC のフレーム廃棄を無効にしておく必要があります。


ポリシング設定と結果

ここでは、 addcon パラメータを通してフレーム廃棄を有効にした際に発生する 2 種類の適合性テストについて説明します。テストは PCR および SCR 適合性テストです。

PCR 適合性テストは、通常のセル ポリシングとまったく同じ方法で GCRA1 を使用して実行されます。このテストでは、アクションは「廃棄」に設定されている必要があります。 PCR 適合性テストの結果、非準拠とみなされた場合、アクションは「現行フレームのセルの廃棄」です。つまり、現行フレームのセルがこの適合性テストに失敗した場合に「部分パケット アクション」が実行されます。PCR 適合性テストにより partial packet discard(PPD; 部分パケット廃棄)が実行されます。パケットの最初のセルが PCR 失敗の結果として廃棄された場合、ポリシングによりフレーム全体が廃棄されます。

SCR 適合性テストは GCRA2 を使用して実行されますが、通常のセル ポリシングとは若干異なります。SCR 適合性テストはフレームの開始部分でのみ実行されます。フレームの最初のセルが準拠の CLP=0 セルの場合、残りのすべてのセルは SCR 適合性テストに準拠しているとみなされます。SCR 適合性テストでは CLP=0 非準拠セルにタグを付けるようにプログラムすることもできます。フレームの最初のセルが非準拠の CLP=0 セルの場合、そのセルと EOM を含む残りのすべてのセルにタグが付けられます。つまり、この適合性テストによりタグを付けるアクションはフレーム境界でのみ決定されます。SCR 適合性テストが廃棄するようにプログラムされている場合、ポリシングでは、フレーム境界に限らずフレームのどの場所でも廃棄が行われます。

ローカル専用パラメータ

CDVT および stats enable の各パラメータ(それぞれ - cdvt 、- stat で指定)は、当該パラメータを指定したエンドポイントでのみ有効になります。したがって、これらのパラメータの値は、接続のエンドポイント間で異なる場合があります。

導通性チェック( cc )を両端で共に有効または無効にしておく必要があります。

他のスイッチとの相互運用性

現リリースでは、他社製ノードと、MGX ファミリおよび BPX ファミリのスイッチを除く Cisco ATM WAN スイッチのほか、 LS 1010 スイッチ、Cisco 6160 シリーズや Cisco 6250 シリーズなどの DSLAM、およびフィーダ ノードといったシスコ製デバイスとの相互運用をサポートしています。

現リリースの相互運用性は、接続の片終端の設定というメカニズムによってサポートされています。片終端の設定では、マスター エンドポイントでスレーブのエンドポイントも指定するため、この場合のスレーブ側は、暫定スレーブ エンドポイントと呼びます。

片終端の設定では、スレーブ エンドポイントは、実際には遠端のサービス モジュールに設定されるのではなく、 ローカル ノード上の PNNI コントローラにのみ設定されます。 dncon コマンドまたは clrspvcnonpers コマンドによって、接続のルーティングが解除されると、スレーブ エンドポイントは削除されます( delcon は、暫定エンドポイントに対して使用するコマンドではありません)。

片終端接続の指定

現リリースで片終端接続を追加するには、 addcon コマンドを使用します。Cisco WAN Manager は、現段階では片終端接続の追加には対応していませんが、当該接続の表示は可能です。

片終端接続の場合は、マスター エンドポイントのパラメータを修正するだけで済みます。片終端接続を作成する場合のパラメータは次のようになります。

mastership は 1(マスター エンドポイント)です。

-slave の後にはスレーブ エンドポイントの NSAP アドレス(ノードの SPVC プレフィックス、ポート ID、VPI、および VCI)を指定します。

- slavepersflag の後には 1(暫定エンドポイント)を指定します。

両終端接続を追加する場合は、スレーブ エンドポイントのコマンドを入力すると、同エンドポイントの ID が自動的に戻されますが、片終端接続の場合、(暫定の)スレーブ エンドポイントの接続 ID は、あらかじめ取得しておく必要があります。スレーブ エンドポイントの ID の取得方法は、次に示すように、スイッチのベンダーによって異なります。

Cisco MGX 8800/8900 シリーズのスイッチでは、スレーブ側スイッチで dspspvcprfx コマンドを実行して、ノードの SPVC プレフィックスを取得し、 これとポート ID、VPI、および VCI を結合すると、エンドポイントのアドレスが完成します。

LS 1010 スイッチなど、上記以外の Cisco ATM WAN スイッチでは、当該スイッチでサポートされている、エンドポイント ID 取得のための手順に従います。

シスコ以外の ATM WAN スイッチでは、当該ベンダー発行のマニュアルを参照するか、ネットワーク管理者に問い合わせて、エンドポイント情報の取得方法を確認してください。

片終端接続を削除するには、マスター エンドポイントで delcon コマンドを実行します。片終端接続のルーティングを解除するには、スレーブ エンドポイントで clrspvcnonpers コマンドを実行します。

スレーブ側 SVC および SVP の上書き

ルーティング設定された SVC で、片終端の着信接続に必要なスレーブ側ポートに、VPI および VCI が存在する場合があります。既存の SVC では、次の使用可能な VPI/VCI をポートで使用できるため、同 SVC の VPI/VCI の上書きを有効にすることができます。SVC または SVP を上書きするには、 cnfsvcoverride コマンドを使用します。

制約

現リリースでは、片終端接続に対して、次のような制約が適用されます。

片終端接続の終端は、ほとんどのプラットフォームでサポートされますが、次のプラットフォームは例外です。

フィーダ ノード

レガシー カード

addcon コマンドで -cc オプションを指定する)導通性チェックはサポートされていません。

AIS は接続の両端で生成されますが、 スレーブ エンドポイントの AIS を確認するには、ノード レベルの CLI コマンドを使用する必要があります。したがって、AIS は Cisco WAN Manager にはレポートされません。

tstdelay コマンドは、マスター エンドポイントでのみ使用できます。

マルチキャスト処理の特長

Point-to-Multipoint(P2MP; ポイントツーマルチポイント)接続の追加は、マスター エンドポイントでのみ行います。この場合、NSAP は指定しません。接続の追加後に複数のパーティを追加するには、発信ノードの PXM で addparty コマンドを実行します。 addparty コマンドでは、リモート エンドポイント(パーティ)の NSAP を指定できます。P2MP 接続は、同接続を使用する接続サービスに対して大きな影響を与えます。ここでは、その影響について説明します。

リモート エンドポイントは常に暫定のエンドポイントとなります。マルチキャストでは、複数のエンドポイントが使用されるため、暫定の point-to-point(P2P; ポイントツーポイント)接続で P2MP 接続を上書きすることはできません。これは cnfpnportcc コマンドを使用して、インターフェイスの上書きオプションを有効にしていた場合も同様です。

P2MP 接続は、ブランチで、ルート最適化(グルーミング)を行うことを想定しているため、
optrte、 cnfrteopt cnfrteopt のいずれかのコマンドを使用すると、PNNI は P2MP グルーミングをスキップします。P2MP 再ルーティングを開始するには、 rrtcon を使用します。(この場合のブランチ基準は、予定ルートの管理重みの合計に基づいて行われる P2P 接続グルーミングのブランチ基準とは異なります)。

本リリースの優先ルート機能は、P2MP 接続には適用できず、 その操作自体ができない仕組みになっています。

プライオリティ ルーティング機能を使用した場合の P2MP 接続のデフォルトの優先度は 8 です。 P2MP 接続のデフォルトの優先度の変更は、それが可能なシステムであっても避けることを推奨します。

PNNI で複数の接続のルーティングを解除する場合、P2MP 接続に対しては最も低い優先度が割り当てられます。

接続ベースのデフォルトの使用率は 100 で、P2MP 接続に対してはこのデフォルト値が適用され、 P2MP 接続の使用率の変更は無視されるようになっています。出力マルチキャストをサポートしていないポートに P2MP 接続を追加すると、そのポートではブランチをサポートできないため、その後のパーティの追加は拒否されます。

最初は無効にされていたポートレベルの加入オプション( cnfpnportcc で指定)を、P2MP コールが行われている間に有効にし、再度無効にすると、当該ポートのパーティが均等に配分されなくなります。 その事例の詳細を次に示します。

ポート 1:1.1:1 に 1 つのリーフと 1 つのパーティが存在している状態で、加入オプションが無効にされた。

cnfpnportcc コマンドで加入オプションが有効にされた。

その後の ADDPARTY メッセージによってリーフが作成されるため、 ポート 1:1.1:1 の
P2MP 接続に(1 パーティにつき)2 つのリーフが存在することになる。

加入オプションが再度無効にされた。

その後は、ADDPARTY メッセージが送信されてもリーフは作成されないが、 パーティは、2 つのリーフに均等に配分されない。当該コールで 3 つの ADDPARTY がポート 1:1.1:1 に送信されたとすると、3 つのパーティはいずれも同じリーフに追加されます。つまり、一方のリーフには 4 つのパーティが存在し、もう 1 つのリーフには 1 つしかパーティが存在しないことになります。

OAM と障害管理

OAM 機能は、P2MP 接続ではサポートされていません(OAM には OAM セルの双方向通信が必要です)。次に示す機能も P2MP 接続に対応していません。

導通性チェック(CC : P2MP 接続では addcon コマンドで設定)

tstdelay 操作

UNI 障害発生時の AIS 伝搬

P2MP ルートでサポートされている機能は次のとおりです。

tstconseg 操作

OAM セグメント エンドポイント

接続障害時の AIS(ルーティング障害、 dncon コマンドの実行による接続停止など)

シンタックス

addcon < ifNum > < vpi > < vci > < service type > < mastership >
[ -casttype < value >] [- slave < NSAP . vpi . vci >] [- lpcr < local PCR >] [- rpcr < remote PCR >] [- lscr < local SCR >] [- rscr < remote SCR >] [- lmbs < local MBS >] [- rmbs < remote MBS >] [- cdvt < local CDVT >]
[- lcdv < local maxCDV >] [- rcdv < remote maxCDV >] [- lctd < local maxCTD >] [- rctd < remote maxCTD >]
[- cc < OAM CC Cnfg >] [- stat < Stats Cnfg >] [- frame < frame discard >] [- mc < maximum cost >]
[- lputil < local util >] [- rputil < remote util >] [- slavepersflag < slavepers >] [- rtngprio < routingPriority >] [ -prefrte < preferredRouteId >] [ -directrte < directRoute >]


lpcrrpcr については、マスター エンドポイントで設定された値のみがスイッチで使用され、スレーブ エンドポイントで設定された lpcrrpcr の値は無視されます。



) OAM セグメント エンドポイントを指定するには、addcon コマンドで接続を作成した後に、cnfcon コマンドを使用します。cnfcon コマンドは、パラメータ -segep 付きで実行します。



) ヘルプでは、当コマンドには OAM continuity check(OAM CC;OAM 導通性チェック)のパラメータがあると説明していますが、PXM1E では、このパラメータはサポートされていません。


シンタックスの説明

パラメータの「local」側とは、当コマンドを入力している側を示し、スレーブ側を意味する場合もマスター側を意味する場合もあります。

 

ifNum

論理インターフェイス(ポート)番号。この ifNum は、 addport コマンドで追加する ifNum に対応しています。指定できる範囲は 1~31 です。


) NNI でエンドポイントを追加する場合は、cnfpnportsig <portid>
-
nniver none を使用して、PXM での PNNI シグナリングを無効にする必要があります。


 

vpi

Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)。その範囲は、次に示すようにインターフェイスによって異なります。

UNI、VUNI、および EVUNI:0~255

NNI、VNNI、および EVNNI:0~4095

仮想 UNI および仮想 NNI の詳細については、 addport の説明を参照してください。

vci

Virtual Connection Identifier(VCI; 仮想接続識別子)の範囲は、次に示すようにインターフェイスによって異なります。

VCC の場合:

UNI、VUNI、および EVUNI の場合は、1~4095 の範囲内で指定します。

NNI、VNNI、および EVNNI の場合は、1~65535 の範囲内で VCI を指定します。

MPLS の場合、推奨される最小値は 35 です。

VPC の場合、 vci は 0 にする必要があります。

service type

次のサービス タイプを、1~12 の数値を入力して指定します。

1 = CBR1(固定ビット レート:1)

2 = VBR1RT(可変ビット レート:1、リアルタイム)

3 = VBR2RT(可変ビット レート:2、リアルタイム)

4 = VBR3RT(可変ビット レート:3、リアルタイム)

5 = VBR1NRT(可変ビット レート:1、非リアルタイム)

6 = VBR2NRT(可変ビット レート:2、非リアルタイム)

7 = VBR3NRT(可変ビット レート:3、非リアルタイム)

8 = UBR1(未指定ビット レート:1)

9 = UBR2(未指定ビット レート:2)

10=ABRSTD(標準 ABR: cnfabr を参照)


) 現在のところ PXM1E では cnfabr を通して設定された VS/VD はサポートされていません。


11 = CBR2(固定ビット レート:2)

12 = CBR3(固定ビット レート:3)


) タイプ CBR.2 および CBR.3 は、今後のリリースでは廃止される予定です。


 

mastership

エンドポイントの種類(マスター/スレーブ)を指定する値

マスター側には 1 を指定します。

スレーブ側には 2 を指定します。

-casttype 1 | 0

ブロードキャスト タイプ。ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイントに対応する値はそれぞれ次のとおりです。

ポイントツーポイント(P2P):0

ポイントツーマルチポイント:1
P2MP 接続は片終端接続であるため、マスター エンドポイントを追加するだけで、 addparty コマンドでパーティを追加できます。「マルチキャスト処理の特長」を参照してください。

デフォルト:ポイントツーポイント(0)

-slave NSAP . vpi . vci

スレーブ側接続 ID をマスター側で入力します。両終端接続では、エンドポイントを追加するときにスレーブ側ノードでスレーブ側接続 ID を取得します。片終端接続の場合の取得方法は、「他のスイッチとの相互運用性」の片終端接続情報を参照してください。-slave は、マスター エンドポイントを追加する場合( mastership が 1 の場合)の必須キーワードです。

-lpcr local PCR

ローカルの Peak Cell Rate(PCR; ピーク セル レート)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向への PCR を 3~5651328 Cps の範囲内で指定します。PCR は、接続で達成しうるセルの最大送信速度です。

-rpcr remote PCR

リモートの PCR。リモート エンドポイントからローカル エンドポイント方向への PCR を 3~5651328 Cps の範囲内で指定します。PCR は、接続で達成しうるセルの最大送信速度です。

-lscr local SCR

ローカルの Sustained Cell Rate(SCR; 平均セル レート)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向への SCR を 3~5651328 Cps の範囲内で指定します。SCR は、接続で長時間にわたって維持できるセルの最大送信速度です。

-rscr remote SCR

リモートの SCR。リモート エンドポイントからローカル エンドポイント方向への SCR を 3~5651328 Cps の範囲内で指定します。SCR は、接続で長時間にわたって維持できるセルの最大送信速度です。

-lmbs local MBS

ローカルの Maximum Burst Size(MBS; 最大バースト サイズ)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向への MBS を 1~5000000 セルの範囲内で指定します。MBSは、PCR 時にサービス契約に準拠したセルを受け取れる最大バースト セル数です。

-rmbs remote MBS

リモートの MBS。リモート エンドポイントからローカル エンドポイント方向への MBS を 1~5000000 セルの範囲内で指定します。MBSは、PCR 時に正しくセルを受け取れる最大バースト セル数です。

-cdvt cdvt

ローカルの Cell Delay Variation Tolerance(CDVT; セル遅延変動許容値)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向への CDVT を 1~5000000 ミリ秒の範囲内で指定します。CDVT は PCR のポリシング時間を制御します。

リモート エンドポイント では、CDVT の設定は不要です。

-lcdv local CDV

ローカルの Cell Delay Variation(CDV; セル遅延変動)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向でのピーク間セル遅延の変動量を、 1~16777215 ミリ秒の範囲内で指定します。

-rcdv remote CDV

リモートの Cell Delay Variation(CDV; セル遅延変動)パラメータは、リモート エンドポイントからローカル エンドポイント方向でのピーク間遅延変動を指定します。1~16777215 ミリ秒の範囲内で指定します。

デフォルト:-1

-lctd local CTD

ローカルの Cell Transfer Delay(CTD; セル転送遅延)。ローカル エンドポイントからリモート エンドポイント方向への CTD を 0~65535 ミリ秒の範囲内で指定します。

-rctd remote CTD

リモート CTD。リモート エンドポイントからローカル エンドポイント方向への CTD を 0~65535 ミリ秒の範囲内で指定します。

デフォルト:-1

-cc 1 | 0CC is

Operations, administration, and maintenance(OAM; 保守運用管理)continuity check(CC; 導通チェック)

1:有効

0:無効

導通性チェックでは、単に OAM セルをラウンド トリップさせて、両方向の接続に問題がないことを確認します。

導通チェックを設定するには、この機能を接続の両端で有効化します。両端で有効化しないと接続アラームが生じます。このパラメータを設定して追加する接続は、両端が追加されるまでアラーム状態になります。

optrte コマンドまたは cnfrteopt コマンドを実行した後で、強制的に接続を再ルーティングすると、AIS 遅延タイマーがゼロ以外の場合、(有効にされている)CC 機能に影響を与えます。(AIS ディレイ機能の詳細については、 cnfaisdelaytimer の項を参照してください)。遅延タイマーが設定されていて接続が処理される場合、接続が再ルーティングされるまで、スイッチは CC を停止します。

デフォルト:0

-stat 1 | 0

統計情報収集。1(有効)または 0(無効)を指定します。デフォルトは 0 です。

有効にすると、Cisco WAN Manager によって接続の統計情報が収集されます。デフォルトでは、統計情報収集はすべての接続で無効になっています。統計情報収集は、接続のリアルタイム応答にある程度の影響を及ぼします。特に SVC には注意が必要です。SVC は、SVC を追加しない場合でも、影響を受ける可能性があります。したがって、統計情報収集機能の動作が完全に保障される場合にだけ有効化し、その対象も接続だけに限定すべきです。

-frame 1 | 0

VCC(VPC は対象外)のフレーム廃棄の有効/無効を指定するオプション。フレーム廃棄の重要な詳細については、「フレーム廃棄」を参照してください。


) この-frame パラメータは、マスター エンドポイントでだけ指定します。


設定はマスター エンドポイントだけで行い、次の値に設定します。

1 = 有効

0 = 無効

デフォルト:無効

-mc
0~4294967295

最大コスト(maxcost)。接続ルートの優先度を決定する値です。スイッチは、コストが maxcost を超えていないルートのみを選択します。 maxcost の範囲は 0~4294967295 です。maxcost を指定しないと、その接続にはデフォルトで最も高いルーティング優先度が与えられます。つまり、 maxcost パラメータは接続のルーティング優先度を下げる手段として使用できます。maxcost を割り当てる際は、次の事項を忘れないようにしてください。

SPVC にコストに基づく最高の優先度(すべてのパスを許可)を与えるには、デフォルト値(4294967295)を使用します。maxcost を指定しない場合は、 dspcon 出力にコスト「1」と表示されます。( addcon コマンドで maxcost を -1 に設定することはできません。表示コマンドは通常、未定義の値を -1 と表示します。)

最適なパスに 0 を入力します。

maxcost が 0 以外のパスは、すべてのリンクの合計コストが maxcost を超過しない場合のみ、PNNI によって許可されます。

最大コストは当該接続のみに適用されますが、ルーティング コストはネットワーク内の各 PNNI 論理ポートで指定したリンクあたりコストに大きく左右されます。リンクあたりコストは、PNNI の cnfpnni - intf コマンドで指定します。

ルーティング コストは次の式で計算されます。

ルーティング コスト = 各リンクのリンクあたりコストの合計値

上記の式の詳細については次のとおりです。

リンクあたりコストは、ネットワーク内のすべての PNNI 論理ポートの出力ポイントで、 cnfpnni - intf を使用して指定されており、その値はルート全体で累積されます。

リンクには 2 つの出力ポイントがあります。すなわち、遠端エンドポイントへの出力ポイントと、その逆方向への出力ポイントです。これらのポイントでのリンクあたりコストは互いに異なる場合があるため、スイッチは一方のコストを 2 倍する代わりに、それぞれの出力ポイントのコストを加算します。

リンクあたりコストは、1 つのポート上にあるサービス タイプの接続すべてに適用されます。したがって、1 つのポート上で PNNI によって制御される各 VBR.1 接続のリンクあたりコストは同じになりますが、当該ポート上の UBR.1 接続のコストとは異なる場合があります。 cnfpnni - intf を使用すれば、すべてのサービス タイプのリンクあたりコストを均一にすることも可能です。

たとえば、次のようなルートの場合を考えてみます。

1. maxcost を 100000 に設定

2. 対象のルートには 4 本のリンクがあり、合計 8 つの出力ポイントがある。

3. 6 つのポートのリンクあたりコストは 5040(デフォルト)、2 つのポートは 10000

この場合、合計のコストは 50240 となり、最大コストの 100000 を超過しないため、当ルートの使用が可能です。

デフォルト:4294967295(デフォルトの maxcost は事実上無意味であるため、PNNI ではルーティング基準として使用されません)


maxcost をデフォルトに戻すには、cnfcon コマンドを -mc 4294967295 パラメータ付きで実行します。


 

-lputil 1~100

ローカルの使用率

範囲:1~100

デフォルト:100

-rputil 1~100

リモートの使用率

範囲:1~100

デフォルト:100

-slavepersflag 1 | 0

スレーブ エンドポイントの固定フラグ。片終端接続を設定する場合に使用します。詳細については、「他のスイッチとの相互運用性」を参照してください。

固定の場合は 0 を入力します。

暫定の場合は 1 を入力します。

デフォルト:固定

-rtngprio 1~15

当該接続の優先度を変更する場合に使用します。1~15 の範囲で指定します。この機能の詳細については、 cnfpri-routing の説明を参照してください。優先度はプライオリティ バンピング機能でも使用されます(詳細については cnfndconnpribump の項を参照してください)。

デフォルト:8

-prefrte
0~65535

接続に優先ルートを関連付けるためのオプションで、 マスター エンドポイントで使用します。優先ルートを接続に関連付ける場合は、そのルートが実際に存在するかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。この確認はシステムでは行われません。状況に応じて dspprefs コマンドを使用してください。優先ルートの詳細については、 addpref の項を参照してください。

接続と優先ルートとの関連付けを解除するには、 cnfcon コマンドで、 -prefrte パラメータに値 0 を割り当てます。


) 優先ルートを削除する場合は、すべての接続とそのルートとの関連付けが解除されていることをあらかじめ確認してください。解除しないと、不完全な優先ルート パスが発生します。優先ルートに関連付けられている接続をすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

dspcons [-rteid <pref rte id>]



) 1 本の優先ルートに関連付けることのできる SPVC は 1 本です。XPVC では、SPVC の部分に限って優先ルートを関連付けることができます。


範囲:0~65535

デフォルト:0

-directrte 1 | 0

当パラメータは、-prefrte パラメータで関連付けられた優先ルートだけが接続に使用されるよう指定するもので、 マスター エンドポイントで使用します。この指定を解除するには、 cnfcon コマンドで、当パラメータの値を 0 に指定します。指定できる値は次のとおりです。

1:指定する(優先ルートの使用を強制する)

0:指定しない(優先ルートの使用を強制しない)

デフォルト:指定しない(0)

エラー メッセージ

システムは次の理由によってエラー メッセージを表示する場合があります。

サービス タイプ(rt-VBR など)が限定されているトラフィック管理パラメータを使用した。選択したトラフィック タイプに対応していないパラメータを入力すると、接続が拒否されます。

リソースが不足しており、プロビジョニング要求を受け入れることができない。

使用を試みた機能がカードでサポートされていない。

ポートが SPVC をサポートしていない。

上記の条件に該当する場合は、次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。

"Port does not support requested service Type"

"lscr not allowed to exceed lpcr"

"rscr not allowed to exceed rpcr"

"lpcr must be defined for cbr serviceType"

"rpcr must be defined for cbr serviceType"

"lpcr and lscr must be defined for vbr serviceType"

"rpcr and rscr must be defined for vbr serviceType"

"lpcr must be defined for abr/ubr serviceType"

"rpcr must be defined for abr/ubr serviceType"

"Requested rcdv is too low"

"Requested rctd is too low"

"Requested max cell loss ratio (clr) is too high"

"Requested cell rate (lscr/lpcr) is too high"

"Requested cell rate (rscr/rpcr) is too high"

関連コマンド

cnfcon、cnfabr , delcon、 clrspvcnonpers dspcon, dspcons、dncon upcon、cnfpnportcc cnfpri-routing cnfsvcoverride dspsvcoverride addpref cnfpref delpref dsppref dspprefs

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

VCC のスレーブ側を論理ポート 1 に追加します(VPI:10、VCI:40、サービス タイプ:CBR)。スレーブ エンドポイント ID が、末尾に VPI.VCI の値を付けた 16 進の NSAP 形式で戻されます。対応するマスター エンドポイントを追加するときには、この ID を -slave に続けて指定します。(ID 全体をキー入力する代わりに、コピーして貼り付けることもできます)。

PXM1E_SJ.7.PXM.a >addcon 1 10 40 1 2
slave endpoint added successfully
slave endpoint id: 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.40
 

次の 2 つの例では、接続には SCT から取り込まれたデフォルトの PCR、SCR、および MCR が適用されます。接続に対するデフォルトを表示するには、 dspcon コマンドを使用します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > addcon 1 10 40 1 2
slave endpoint added successfully
slave endpoint id: 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.40
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > addcon 1 10 50 1 1 -slave 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.40
master endpoint added successfully
master endpoint id: 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.50
 

次の 2 つの例では、キーワード lpcr および rpcr で指定された PCR から取り込まれた SCR と MCR のデフォルト値が接続に適用されます。接続に対するデフォルトを表示するには、 dspchan コマンドを使用します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > addcon 1 10 40 1 2
slave endpoint added successfully
slave endpoint id: 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.40
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > addcon 1 10 50 1 1 -slave 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.40 -lpcr 1000 -rpcr 1000
master endpoint added successfully
master endpoint id: 00000E1000001C008051B730FFFFFF010B180100.10.50

addcontroller

Add Controller(コントローラの追加):PXM45、PXM1E

addcontroller コマンドは、スイッチにネットワーク制御プロトコルを認識させる場合に使用します。この処理を行わないネットワーク制御プロトコル( controller )は、スイッチで使用されません。

addcontroller コマンドでコントローラを追加する場合に必要となる情報は次のとおりです。

Private Network to Network Interface(PNNI)や Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)といったコントローラのタイプ

コントローラが実行される場所:

内部:ローカルで使用されるカード(PXM45、PXM1E、RPM のいずれか)

外部:仮想接続使用(現リリースでは未サポート)

追加したコントローラの指定に誤りが見つかった場合は、 delcontroller を使用して当該コントローラをいったん削除し、追加し直します。

コントローラの予約済み ID およびタイプ

これまでの実装 VSI とレガシー サービス モジュールの両方をサポートするため、コントローラ ID( ctrlr_id )とコントローラ タイプ( cntrlrType )の次の組み合わせが予約されています。

コントローラ ID 1 とコントローラ タイプ 1(Portable Autoroute(PAR; ポータブル AutoRoute))。PAR は現在 PXM45 と PXM1E のどちらでも使用されていないため、予約されていますが、この組み合わせが使用されることはありません。

コントローラ ID 2 とコントローラ タイプ 2(PNNI)

コントローラ ID 3 とコントローラ タイプ 3(LSC)

4 以上の コントローラ ID の場合、 コントローラ タイプ コントローラ ID との組み合わせはいずれも有効です。

シンタックス

シンタックスは、内部コントローラ(i)と外部コントローラ(x)とで異なります。


) 現リリースでサポートされているのは内部コントローラのみです。


内部コントローラ

addcontroller < cntrlrId > i < cntrlrType > < lslot > [ cntrlrName ]

外部コントローラ

addcontroller < cntrlrId > x < cntrlrType > < lslot > < bay > < line > < vpi > < vci > [ cntrlrName ]

内部コントローラのシンタックスの説明

 

cntrlrId

ネットワーク コントローラを識別するための番号で、 1~3 の番号は、次のとおり予約されています。

1 = PAR(Portable AutoRoute 用に予約。PXM45 および PXM1E では現在は使用されていません)

2 = PNNI

3 = LSC。予約済み番号 3 より後の 4~20 も、LSC のコントローラ ID として使用できます。PXM1E では LSC は使用されていません。

範囲:1~20

i

キーワード i は、このコントローラが内部のコントローラであることを示します。

cntrlrType

ネットワーク コントローラを識別するための番号(1~3)。内部コントローラの場合、これらの番号は次のとおり予約されています。

1 = PAR(Portable AutoRoute)(PXM45 および PXM1E では現在は使用されていません)

2 = PNNI

3 = LSC(PXM1E では LSC は使用されていません)

lslot

コントローラが実行される論理スロット番号。次のことに注意してください。

PXM-45 の場合、どのカードがアクティブかに関係なく lslot は 7 です。

PXM1E の場合、どのカードがアクティブかに関係なく lslot は 7(MGX 8850 シャーシ) または 1(MGX 8830 シャーシ)です。

LSC の場合は、RPM に応じたスロット番号を入力します。

cntrlrName

(オプション)コントローラの名前として使用する文字列

外部コントローラのシンタックスの説明


) 現在、当スイッチでは外部コントローラはサポートされていません。


 

cntrlrId

コントローラを識別するための番号(4~20)。 cntrlrId 1~3 は、内部コントローラ用として予約されているため、 そのタイプが 3(LSC または MPLS)であれば、外部コントローラ ID には範囲内の番号(例:18)を指定できます。

x

キーワード x は、このコントローラが外部のコントローラであることを示します。

cntrlrType

コントローラを識別するための番号(1~3)

1 = PAR(Portable AutoRoute)

2 = PNNI

3 = LSC

lslot

コントローラの動作時に使用される仮想接続が設定されているスロットの番号。MGX 8850 スイッチの場合の範囲は 1~6 と 9~16 です。 MGX 8950 スイッチの場合の範囲は 1~6、11~16、17~22、および 26~32 です。

bay

外部コントローラでのみ使用されるパラメータで、バック カードの上下位置を変更する場合に使用します。PXM45 で上部ベイを指定する場合は 1 を、下部ベイを指定する場合は 2 を入力します。PXM1E では、 bay は常に 2 となります。

line

外部コントローラでのみ使用されるパラメータで、 物理回線番号を指定します。最小値は 1 で、最大値はバック カードの最大回線数となります。

vpi

外部コントローラでのみ使用されるパラメータで、 0~255 の範囲内で VPI 番号を指定します。

vci

外部コントローラでのみ使用されるパラメータで、 1~65535 の範囲内で VCI 番号を指定します。

cntrlrName

(オプション)コントローラの名前として使用する文字列

関連コマンド

dspcontrollers delcontroller

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

PNNI 内部コントローラを追加します。オプションでコントローラ名 pnni を指定します。エラーが発生しない限り、システムから応答は戻されません。

MGX8850.PXM45.a > addcontroller 2 i 2 7 pnni

addcug

Add Closed User Group(非公開ユーザ グループ(CUG)の追加):PXM45、PXM1E

addcug コマンドは、Closed User Group(CUG; 非公開ユーザ グループ)に、ATM アドレス(アドレス プレフィックス)を追加する場合に使用します。補足サービスである CUG 機能を使用すると、CUG のメンバーである ATM アドレスへのアクセスを可能にするかどうかを決定できます。まだ存在していない CUG が指定された場合は、 addcug コマンドを使用して当該 CUG を作成します。CUG 機能は、パブリック UNI でもプライベート UNI でも使用できます。

addcug コマンドを実行すると、指定した ATM アドレスが、CUG のメンバーになります。 1 つの ATM アドレスを複数の CUG のメンバーにすることもできます。CUG に対する制約や重要事項については、「CUG の特長」の項を参照してください。

addcug コマンドでは、メンバーによるコールの受信または送信を禁止する CUG を作成することもできます(コール禁止オプションが使用できます。パラメータについては「シンタックスの説明」を参照してください)。CUG 制御の概要についてはこの後の例を参照してください。 cnfaddrcug を使用すれば CUG メンバーのアクセス権を個別に制御できます。

CUG 内でのコール禁止オプションの適用

次の事例で、コール禁止オプションについて説明します。1 つの ATM アドレスを複数の CUG のメンバーに指定できることに留意してください。

1. ユーザ A は、CUG 1、2、および 3 のメンバーを兼ねている。

2. CUG 1 のメンバーは、いずれもコールの受信が禁止されている。

3. CUG 2 のメンバーは、いずれもコールの送信が禁止されている。

4. CUG 3 のメンバーは、いずれもコールの処理が禁止されていない。

上記の条件から、ユーザ A については、次のような結果が導かれます。

1. CUG 1 のメンバーからのコールを受信できない。

2. CUG 2 のメンバーにコールを送信できない。

3. CUG 3 のメンバーのコールについては、受信も送信もできる。

CUG の特長

ここでは、CUG 機能を使用するにあたって、留意すべき主な事項について説明します。詳細については、ITU-T Q.2955.1 を参照してください。

ノードおよびアドレスに関して、次の点に注意してください。

アドレス プレフィックスの CUG を作成すれば、複数の ATM アドレスが作成できますが、CUG 機能では、一意かつ最長のアドレスが優先的に使用されます。つまり、長い ATM が追加される CUG は、プレフィックスを解決した上で、その ATM アドレスを認識します。

1 つの ATM アドレスは、最大 100 の CUG のメンバーにすることができます(逆に言えば、1 つの ATM アドレスにつき、最大 100 の CUG を作成できます)。

スイッチでは、最大 200 の ATM アドレスの CUG 構成がサポートされます。

CUG を作成するには、あらかじめポートに ATM アドレス プレフィックスを割り当てておく必要があります。ATM アドレス プレフィックスを作成するには、 addaddr コマンドまたは Cisco WAN Manager を使用します。

右揃えの E.164 アドレスが割り当てられているノードは、CUG をサポートできません。右揃えを修正するには、 cnfe164justify コマンドを使用します。

ネットワークに同じ AESA が 2 つ存在する場合は、両方に CUG が追加されます。ILMI プロトコルは、CUG 情報の認識機能をサポートしていません。したがって、ILMI に認識されるアドレスに CUG を追加する場合は、 addaddr を使用して当該アドレスを作成した上で、 addcug を使用する必要があります。ILMI に認識されるアドレスを確認する場合は、PNNI ポートで dspilmiaddr コマンドを実行します。

setcugdefaddr コマンドを使用して、ポートにデフォルトの CUG アドレスを設定後、 そのアドレスに CUG を追加することもできます。

CUG のインターロック コード

各 CUG はネットワーク中で一意の ID を持っている必要があります。CUG を作成する場合、ネットワーク中で CUG を一意に識別する 24 バイトの文字列を割り当てます。この 24 バイトの文字列は、AESA-Interlock Code(AESA-IC; AESA インターロック コード)コードで、形式は次のとおりです。

先頭から 20 バイトは、AESA-IC の AESA を表し、 20 バイトの ATM アドレスの形式と同じです。この 20 バイトの AESA は、エンドユーザのアドレスではありません。この 20 バイトで、CUG を一意に符号化できるだけでなく、国や地域などの情報も符号化できるだけの余裕があります。

その後の 4 バイトは AESA-IC の IC を表します。ATM アドレスを割り当てる CUG には、それぞれに一意の IC が必要です。


) AESA-IC の扱いはネットワーク全体に影響を及ぼします。ネットワーク管理者は、各 CUG に一意の AESA-IC が割り当てられている状態を維持する必要があります。



cnfcug などのコマンドで CUG を再設定しても、ルーテッド SVC に記録されている AESA-IC 情報は変更されません。


CUG インデックス

すべての CUG の AESA-IC に対応する CUG インデックスは、CUG に関連付けられている ATM アドレスに関してのみ意味を持ちますが、 ATM アドレスを一意に表すものである必要があります。CUG インデックスは、CPE が特定のサービスを要求するときに送信する CUG 識別子です。当コマンド リファレンスのコマンドには、この CUG インデックスを要求するものや、表示するものがあります。

設定可能なその他の機能については、 cnfaddrcug コマンドの項を参照してください。

シンタックス

addcug < atm-address > < length > < plan > < cug-index > < aesa-ic > [- callsbarred { none | incoming | outgoing }]

シンタックスの説明

 

atm-address

ローカル UNI インターフェイスの NSAP または E.164 アドレス

length

アドレス長。長さの単位はアドレス計画によって異なります。plan オプションで、E.164 または NSAP を指定できます。

NSAP アドレス計画で使用される長さの単位はビットで、範囲は 0~160 です。最大 20 バイトの ATM アドレスを使用できます。

20 バイト × 8 ビット/バイト = 160 ビット

E.164 アドレス計画で使用される値は 10 進数の桁数です。ATM アドレスが 15 桁の場合は、このパラメータの値も 15 となります。

plan

addaddr コマンドを使用して ATM アドレスを追加したときに設定されたアドレス計画が、NSAP と E.164 のどちらであるかを表します。

cug-index

cug-index は、ATM アドレス上の非公開ユーザ グループを一意に識別します。1 つの ATM アドレスに割り当て可能な CUG インデックスの最大数は 100 です。

範囲:1~65535

aesa-ic

ネットワーク内の CUG を識別する CUG インターロック コードで、 20 バイトの ATM アドレスと、追加の 4 バイトで構成されます。ネットワーク管理者は、AESA-IC が、ATM アドレスに設定した一連の CUG 内で一意であり、かつネットワーク全体で一意である状態を維持する必要があります。

値:

AESA 部:任意の 20 バイト

IC 部の範囲:0~4294967295

1 つの atm-address に割り当て可能な AESA-IC の最大数:100

デフォルト:none

-callsbarred

CUG 内のコールを制限するためのオプション(外部コールに対する制約を CUG のメンバーに課するには、 cnfaddrcug コマンドを使用します)。

CUG メンバーにコールの禁止を課する場合は、送信の禁止か受信の禁止かを選択します。両方の禁止は、CUG が無意味になるためできない仕組みになっています。デフォルトでは、送信も受信も禁止されていません。 次の中から、指定に対応する語をそのまま入力します。

incoming

outgoing

none

デフォルト:なし(デフォルト値を使用する場合は none と入力する必要はありません)

関連コマンド

cnfcug、clrcugdefaddr、cnfaddrcug、cnfnodecug、delcug、dspaddrcug、dspcug、dspcugdefaddr、dspnodecug、setcugdefaddr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

次に示す ATM アドレスおよび特性を用いて、CUG を作成します。

ATM アドレス:47.0091.8100.0000.0001.5555

長さ:88

アドレス計画:NSAP

CUG インデックス:12

CUG の AESA-IC:47009181000000000142265B390000010118040011223344

CUG メンバーからのコールの送信を禁止

 
Geneva.7.PXM.a > addcug 47.0091.8100.0000.0001.5555 88 nsap 12
47009181000000000142265B390000010118040011223344 -callsbarred outgoing
 

次に示す ATM アドレスおよび特性を用いて、CUG を作成します。

ATM アドレス:47.0091.8100.0000.0001.4444.7777

長さ:104

アドレス計画:E.164

CUG インデックス:12

CUG の AESA-IC:47009181000000000142265B390000010118040011223344

CUG 内でコールを禁止しない

 
Geneva.7.PXM.a > addcug 47.0091.8100.0000.0001.4444.7777 104 e164 12
47009181000000000142265B390000010118040011223344

addfltset

Add Filter Set(フィルタ セットの追加):PXM45、PXM1E

addfltset コマンドは、(着信コールのポートへのアクセスを制限するための)フィルタ セットを新規に作成したり、既存のフィルタ セットの内容を変更する場合に使用します。アドレス計画を変更する場合、フィルタ セットはいったん削除し作成し直す必要があります。1 つのポートに複数のフィルタを割り当てることができます。


) addfltset コマンドでフィルタを作成しても、ポートへの関連付けは行われません。フィルタ セットをポートに関連付けるには、cnf-pnportacc コマンドを使用します。


シンタックス

addfltset < name> [- address atm-address <- length address-length> [- plan {nsap | e164}]
[- list {calling | called}]] [- index number ] [- accessMode {permit | deny}]
[- cgPtyAbsentAction {permit | deny}] [- cdPtyAbsentAction {permit | deny}]

シンタックスの説明

 

name

フィルタ セットの名前。最大長は 30 文字です。

- address

ATMアドレス。使用可能なバイト数またはビット数はアドレス計画によって異なります。

NSAP アドレスは、1~20 オクテットで表します。正当なアドレスと見なされるのは 20 バイト使用されている場合で、20 バイトに満たない場合はプレフィックスと見なされます。

E.164 アドレスは、8~15 桁の 10 進数です。正当なアドレスと見なされるのは 15 桁使用されている場合で、15 桁に満たない場合はプレフィックスと見なされます。

アドレス計画は、この後の -plan オプションで指定できます。デフォルトの計画は NSAP です。

ATM アドレスのビット数またはバイト数は、そのアドレスの一意性とかかわりがあります。文字数が多いほどキーの入力回数も増えますが、最長のアドレスが指定されたポートは、一意性が確保されます。その逆に、1 バイトの ATM アドレスを割り当てたポートには、そのアドレスと最初のバイトが一致するアドレスを送信したすべての発信者のコールがルーティングされます。

デフォルトでは、インデックスのみを使用しているフィルタ要素の
accessMode フィールドが変更されます。この場合、アドレス フィールドを指定する必要はありません。

-length

アドレス長。長さの単位はアドレス計画によって異なります。plan オプションで、E.164 または NSAP を指定できます。

NSAP アドレス計画で使用される長さの単位はビットで、 範囲は 0~160 です。最長の 20 バイトの ATM アドレスにおけるビット数は、20 バイト×8 ビット/バイト = 160 となります。プレフィックスの場合は、有意バイトの後に空白を入れずにドットを 3 つ付加する必要があります(例を参照)。

E.164 アドレス計画で使用される値は 10 進数の桁数です。ATM アドレスが 15 桁の場合は、このパラメータの値も 15 となります。プレフィックスの場合は、有意桁の後に空白を入れずにドットを 3 つ付加する必要があります。「例」を参照してください。

-plan

アドレス計画( e164 または nsap )。このオプションは、アドレスを指定する場合にのみ使用します(- address の項を参照)。

デフォルト: nsap

-list

アドレス リスト(calling または called)。このフィールドは、アドレス フィールドも指定する場合に限り指定できます。

デフォルト:calling

- index

フィルタの適用順序。1 つのポートに複数のフィルタを割り当てる場合は、それらを発呼側に適用する順序を決めておく必要があります。その際に、各フィルタとその適用順序が、フィルタリングの目的と矛盾していないかどうかを確認してください。

フィルタリング順位 1 位は 1 です。 dspfltsetコマンドを実行すると、既存のフィルタが表示されます。

範囲:1~65535
デフォルト: 1

- AccessMode

アドレス パターンマッチングの結果が一致したコールをポートに受け入れるか否かを指定するためのアクセス モード。指定に対応する語(permit または deny)をそのとおりに入力します。

デフォルト:permit

- cgPtyAbsentAction

発呼側のアドレスが、フィルタの発呼側リストのアドレスと一致しないコールをポートに受け入れるか否かを指定するためのアクセス モード。指定に対応する語(permit または deny)をそのとおりに入力します。

デフォルト:permit

- cdPtyAbsentAction

発呼側のアドレスが、フィルタの着呼側リストのアドレスと一致しないコールをポートに受け入れるか否かを指定するためのアクセス モード。指定に対応する語(permit または deny)をそのとおりに入力します。

デフォルト:permit

関連コマンド

cnffltset、delfltset、dspfltset、 cnfpnportacc

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

プレフィックス 47.1111.1111 のポートに、アドレス フィルタ「mendocino」を作成します。47 はアドレス計画 NSAP ICD を示します。プレフィックスは 3 つのドットで表す必要があります。アドレス長 40 とは、16 進数表示のプレフィックスを構成する 40 ビットを示します。

Unknown.1.1.PXM.a > addfltset mendocino -address 47.1111.1111... -length 40 -index 2
 
 

addimagrp

Add IMA Group(IMA グループの追加):PXM1E

addimagrp コマンドは、Inverse Multiplexing over ATM(IMA; ATM の逆多重化)の新しいグループを作成する場合に使用します。IMA グループを変更する場合は、 cnfimagrp コマンドを使用します。


) IMA グループの追加は、他の機能をカードに設定する前に行ってください。たとえば、回線のアクティブ化は、IMA グループおよびリンクの追加の後に行います。

IMA を使用すると、16 T1/E1 回線の PXM1E UNI/NNI に追加できる最大接続数が変わります。すべての接続が IMA グループに属する場合、最大接続数は 13.5K となります。


IMA 機能のコマンドと、その後の接続設定のコマンドの使用順序は次のとおりです。

1. addimagrp far end(FE; 遠端)IMA グループ ID は常に near end(NE;近端)IMA グループ IDと異なっている必要があります。

2. cnfimaparms オプション:カードレベルの場合、IMA グループ ID 範囲を設定し、バージョン フォールバック、および自動再起動ができます。

3. cnfimagrp( バージョン フォールバックまたは自動再起動を使用する場合、適切なカードレベルを cnfimaparms または cnfautorestart コマンドを使って実行します。)

4. cnfatmimagrp (オプション。ペイロード スクランブルを指定する場合にこのコマンドを使用します。)

5. addimalnk (このコマンドを使用する場合は回線をダウン状態にする必要があります。アップ状態への復帰は自動的に行われます。)

6. addimaport

7. dnpnport (PNNI ポートがアップ状態の場合に限って必要です。)

8. cnfpnportsig (インターフェイス タイプの指定に使用します。)

9. uppnport

10. addcon

シンタックス

addimagrp <group> <version> <minLinks> <txImaId> <txFrameLen> <txclkMode> <diffDelayMax>

シンタックスの説明

 

group

グループ ID はベイ番号とグループ番号から構成され、形式は bay.group です。

bay :PXM1E の場合は常に 2 です。

group :1~16

version

ATM フォーラムによる IMA 標準のバージョン番号

1 = バージョン 1.0

2 = バージョン 1.1


) これらのバージョンには互換性がないため、IMA パスの両端のバージョンを同じにする必要があります。



) AUSM および UXM の IMA 構成との相互運用を可能にするには、IMA のバージョンを 1.0 にする必要があります。


 

minLinks

IMA グループが機能する最低リンク数

範囲:1~16

txImaId

ICP セルの IMA ID フィールドで伝送される IMA ID

範囲: 0~255

txFrameLen

送信される IMA フレームの長さ(バイト)。IMA 1.0 の場合、 txImaFrameLength の値は常に 128 です。

バージョン 1.1 の場合、 txImaFrameLength には次のいずれかの値を指定できます。

32、64、128、256(バイト)

txclkMode

近端送信クロック モード。1 と 2 のいずれかの値を指定します。

1 = Common Transmit Clock(CTC; 共通送信クロック)

2 = Independent Transmit Clock(ITC; 独立送信クロック)

CTC では、すべての IMA リンクが同じ送信クロック ソースを使用します。ITC では、少なくとも 1 本の IMA リンクが、別の IMA リンクとは異なるソースからクロックを取得します。


) 現リリースでは、IMA には CTC のみをサポートしています。


 

diffDelayMax

最大遅延差(ミリ秒)

値の範囲:

T1:1~275 msec

E1:1~220 msec

関連コマンド

delimagrp、dspimagrp、dspimagrps、cnfimagrp、rstimagrp、dspimalnk、rstrtimagrp dspimalnks

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

次に示すパラメータを指定して IMA グループを追加し、その結果を表示します(アラームは、遠端回線がアップ状態になっていないことを示しています)。

グループ番号:1(したがって、 group パラメータは 2.1 となります。)

IMA バージョン:1.0(フレーム長が 128 バイトに固定されます。)

グループが機能する最低リンク数:1

クロック モード:CTC

フレーム長:128(IMA バージョン 1.0 の場合の固定フレーム長)

遅延差:100

この例の表示については、 dspimagrp の項も参照してください。 addimagrp コマンドを使用せずに設定した場合の詳細が示されています。

PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimagrp 2.1 1 1 10 128 1 100
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > dspimagrp 2.1
Group Number : 2.1
NE IMA Version : Version 1.0
Group Symmetry : Symm Operation
Tx Min Num Links : 1
Rx Min Num Links : 1
NE TX Clk Mode : CTC
FE TX Clk Mode : CTC
Tx Frame Len : 128
Rx Frame Len : 128
Group GTSM : Down
NE Group State : StartUp
FE Group State : StartUp
Group Failure Status : Other Failure
Tx Ima Id : 10
Rx Ima Id : 0
Max Cell Rate (c/s) : 0
Avail Cell Rate (c/s) : 0
Diff Delay Max (msecs) : 100
Diff Delay Max Observed (msecs) : 0
Accumulated Delay (msec) : 0
GTSM Up Integ time(msec) : 10000
GTSM Dn Integ time(msec) : 2500
Num Tx Cfg Links : 0
Num Rx Cfg Links : 0
Num Act Tx Links : 0
Num Act Rx Links : 0
Least Delay Link : Unknown
Tx Timing Ref Link : Unknown
Rx Timing Ref Link : Unknown
Group Running Secs : 0
Alpha Val : 2
Beta Val : 2
Gamma Val : 1
Tx OAM Label : 1
Rx OAM Label : 0
Test Pattern Procedure Status : Disabled
Test Link : Unknown
Test Pattern : 255
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a >

addimalnk

Add IMA Link(IMA リンクの追加):PXM1E

IMA グループに IMA リンク を追加するためのコマンドで、 1 グループにつき最大 16 本の T1 リンクまたは E1 リンクを追加できます。リンク タイプは回線タイプを示します。リンクを 1 本追加するごとに、1 回ずつ addimalnk コマンドを実行する必要があります。

IMA 機能のコマンドと、その後の接続設定のコマンドの使用順序は次のとおりです。

1. addimagrp

2. cnfatmimagrp (オプション。ペイロード スクランブルを指定する場合にこのコマンドを使用します。)

3. addimalnk (このコマンドを使用する場合は回線をダウン状態にする必要があります。アップ状態への復帰は自動的に行われます。)

4. addimaport

5. dnpnport (PNNI ポートがアップ状態の場合に限って必要です。)

6. cnfpnportsig (インターフェイス タイプの指定に使用します。)

7. uppnport

8. addcon

シンタックス

addimalnk < link > < group >

シンタックスの説明

 

link

リンク識別子。ベイ番号とグループ番号を bay.link という形式で次のように指定します。

bay :PXM1E の場合は常に 2 です。

link :1~16

group

グループ ID はベイ番号とグループ番号から構成され、形式は bay.group です。

bay :PXM1E の場合は常に 2 です。

group :1~16

関連コマンド

dspimalnk、dspimalnks、dspimagrp、dspimagrps、cnfimagrp、rstimagrp、delimalnk

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

最初の例では、次の手順で 1 本の IMA リンクをグループ 1 に追加します。

1. リンク 1 を IMA グループ 1 に追加します。

2. グループ番号 1 をアップ状態の回線に付与します。

3. この回線をダウン状態にします。

4. リンクを 1 本追加します。

5. dsplns を実行して、すべての回線を表示します。回線 1 がアップ状態に復帰しています(実際の表示を一部省略しています)。

PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimalnk 2.1 2.1
ERR:Line is active already
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > dnln 2.1
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimalnk 2.1 2.1
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > dsplns
Line Line Line Line Valid Alarm
Num State Type Lpbk Intvls State
---- ----- --------- ----------- ---------- -------
2.1 Up dsx1E1CRCMF NoLoop 0 Critical
 

2 番目の例では、IMA グループ 2 にリンクを 2 本追加します。最初の時点ではグループ 2 は存在していません。まず グループ 2 を追加し、続いてリンクを 2 本追加したときの結果を表示します。

PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimalnk 2.2 2.2
ERR:IMA group does not exist
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimagrp 2.2 1 2 10 128 1 100
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > dspimagrps
Ima Min Tx Rx Tx Diff NE-IMA FE-IMA IMA
Grp Lnks Frm Frm Clk Delay state state Ver
Len Len Mode (ms)
--------------------------------------------------------------------------------
2.1 1 128 128 CTC 100 StartUp StartUp 1.0
2.2 2 128 32 CTC 100 StartUp StartUp 1.0
 
XM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimalnk 2.2 2.2
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > addimalnk 2.3 2.2
 
PXM1E-IMA-227.7.PXM.a > dspimalnks
Link Grp Rel Ne Ne NeRx Tx Rx
Num Num Dly Tx Rx Fail Lid Lid
(ms) State State Status
------------------------------------------------------------------------------
2.2 2.2 0 Unusable Not In Grp Lif Fail 1 255
2.3 2.2 0 Unusable Not In Grp Lif Fail 2 255

addimaport

Add IMA Port(IMA ポートの追加):PXM1E

addimaport コマンドは、IMA 仮想インターフェイスを作成する場合に使用します。


) IMA ポートと、物理回線に追加される論理ポートとは同じものですが、 前者は IMA グループに追加されます。したがって、IMA グループにコマンドを適用すると、IMA ポートにも同じコマンドが適用されます(「関連コマンド」の項も参照)。たとえば、dnimagrp コマンドを実行して IMA グループをダウン状態にすると、論理ポート自体もダウン状態になります。


IMA 機能のコマンドと、その後の接続設定のコマンドの使用順序は次のとおりです。

1. addimagrp

2. cnfatmimagrp (オプション。ペイロード スクランブルを指定する場合にこのコマンドを使用します。)

3. addimalnk (このコマンドを使用する場合は回線をダウン状態にする必要があります。アップ状態への復帰は自動的に行われます。)

4. addimaport

5. dnpnport (PNNI ポートがアップ状態の場合に限って必要です。)

6. cnfpnportsig (インターフェイス タイプの指定に使用します。)

7. uppnport

8. addcon

IMA ポートの最大 Cells Per Second(Cps)値は、IMA グループに含まれるリンク数と伝送フレーム長によって決定されます。最大帯域幅の表を回線タイプ別に示します。T1 の場合、 表 2-8 を参照してください。E1 の場合、 表 2-9 を参照してください。

 

表 2-8 IMA リンク数別 T1 ポートの最大帯域幅

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

M32

3507

7014

10521

14028

17535

21042

24549

28056

31563

35071

38578

42085

45592

49099

52606

56113

M64

3563

7127

10690

14254

17818

21381

24945

28509

32072

35636

39200

42763

46327

49891

53454

57018

M128

3591

7183

10775

14367

17959

21551

25143

28735

32327

35919

39511

43103

46695

50287

53879

57471

M256

3606

7212

10818

14424

18030

21636

25242

28848

32454

36060

39666

43273

46879

50485

54091

57697

 

表 2-9 IMA リンク数別 E1 ポートの最大帯域幅

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

M32

4383

8768

13152

17537

21921

26306

30690

35074

39458

43843

48227

52612

56996

61381

65764

70149

M64

4454

8909

13364

17820

22275

26729

31184

35640

40095

44550

49005

53460

57915

62370

66825

71281

M128

4489

8980

13470

17961

22452

26941

31432

35923

40413

44904

49393

53884

58375

62865

67356

71846

M256

4507

9015

13523

18032

22539

27047

31556

36064

40572

45080

49588

54096

58605

63113

67620

72129

シンタックス

addimaport < ifNum > < group > < guaranteedRate > < maxRate > < sctID > < ifType > [ -vpi <vpi>]
[-minvpi <minvpi>] [-maxvpi <maxvpi>]

シンタックスの説明

 

ifNum

論理ポート番号(1~31)。 このうち、当カードに追加可能な IMA ポート数は 16 です。

group

グループ ID はベイ番号とグループ番号から構成され、形式は bay.group です。

bay :PXM1E の場合は常に 2 です。

group :1~16

guaranteedRate

次のいずれかの数式で、最小保証帯域幅を算出します。

T1 ベースの IMA グループでは、レートは次のように計算されます。

50~ N ×(3622×( M -1) / M × 2048/2049)

E1 ベースの IMA グループの場合は次のように算出します。

50~ N ×(4528×( M -1) / M ×2048/2049)

代入する値は次のとおりです。

N = IMA グループに含まれる IMA リンクの数

M = IMA グループのフレーム長


) PXM1E では、最小保証帯域幅の値と maxRate の値は異なります。


 

maxRate

次のいずれかの数式で、最小帯域幅を算出します。

T1 ベースの IMA グループの場合は次のように算出します。

50~ N ×(3622×( M -1) / M ×2048/2049)

E1 ベースの IMA グループの場合は次のように算出します。

50~ N ×(4528×( M -1) / M ×2048/2049)

代入する値は次のとおりです。

N = IMA グループに含まれる IMA リンクの数

M = IMA グループのフレーム長


) PXM1E では、maxRate の値と最小保証帯域幅の値は異なります。


 

sctID

ポートレベルの Service Class Template(SCT; サービス クラス テンプレート)の ID。シスコからは、SCT 54 および SCT 55 という、IMA 専用の SCT が 2 種類提供されており、 いずれも 1~4 本のリンクが含まれている IMA グループのサポートが可能です。IMA グループに 5 本以上のリンクを含める場合は、CWM ネットワーク管理アプリケーションを使用して、シスコ提供のこれらの SCT を修正します。

5~8 本のリンクを使用する場合は、作成する SCT の値を T1/E1 値の 1/4 に、 9~16 本のリンクを使用する場合は、T1/E1 値の 1/8 にします。

SCT の詳細については addport の項を、ワークステーションから SCT をダウンロードする方法については addsct の項をそれぞれ参照してください。

範囲:0~255

デフォルト:0(シスコ提供の SCT 54 または SCT 55 を使用の場合)

ifType

インターフェイス タイプ:

1:UNI

2:NNI

3:Virtual NNI(VNNI; 仮想 NNI)

4:Virtual UNI(VUNI; 仮想 UNI)

5:Enhanced Virtual UNI(EVUNI; 拡張仮想 UNI)

6:Enhanced Virtual NNI(EVNNI; 拡張仮想 NNI)

-vpi vpi

Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)。この場合、VPI はインターフェイスを仮想トランクとして設定するために使用されます。値の範囲:

1~ 255(VUNI)

1~ 4095(VNNI)

-minvpi minvpi

VPI の最小値。指定可能な値は次のようにインターフェイスによって異なります。

0~ 255(EVUNI)

0~ 4095(EVNNI)

-maxvpi maxvpi

VPI の最大値。指定可能な値はインターフェイスによって異なります。

0~ 255(EVUNI)

0~ 4095(EVNNI)

関連コマンド

dspport、dspports、delport、cnfport、addimagrp

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

パラメータを次のように指定して IMA ポート 1 を追加します。

IMA ポート:1

IMA グループ:16

保証帯域幅:10000 Cps、最大帯域幅:10000 Cps

SCT:54

インターフェイス タイプ:UNI(1)

MGX8850.7.PXM1E.a> addimaport 1 2.16 10000 10000 54 2

addlink

Add a Link(リンクの追加):PXM45、PXM1E

addlink は、Service Resource Module(SRM; サービス リソース モジュール)である SRM-3T3/C、
SRME、または SRME/B のバルク モード分散を可能にするためのコマンドで、T3 ストリームまたは OC3/STM1 ストリーム内の多数の T1/E1 トリビュタリ をリンクできます。ただし、E1 サービス モジュールへのバルク分散に対応しているのは SRME のみです。サービス モジュール上の回線への T1/E1 トリビュタリのマップは、The SRM-3T3/C、SRME、または SRME/B でも可能です。

バルク分散の重要な特性は次のとおりです。

バルク分散の対象となるサービス モジュールは T1 タイプまたは E1 タイプのカードのみです(MPSM-8T1 など)。

どのベイでも、1 つの分散グループに含めるカードのタイプは同じにする必要があります。

SRM のトリビュタリにマップされた物理回線が 1 本のみの場合でも、T1 タイプまたは E1 タイプのサービス モジュールの回線は、すべてバルク モードに切り替えられます。

SRM にはバック カードが必要です。

SRME/B バルク分散サポートには以下が含まれます。

T1 への SONET 分散(北米)

SDH(STM1) T1 分散(日本)

SDH(STM1) E1 分散(その他の地域)

T1 への 3T3 バージョン サポート分散(北米)


) SRME は SONET virtual tributary(VT; 仮想トリビュタリ) または SDH virtual container(VC;仮想コンテナ)を使用して、T1 または E1 信号を SONET/SDH にマッピングします。


リンク追加の準備作業

リンクを追加する場合は、回線に関する次の作業をあらかじめ行っておく必要があります。

コントローラ カードに対して upln コマンドを実行して回線をアクティブ化します。

回線の仕様を変更する(SRME に対して SONET と SDH のいずれかを指定するか、SONET に SRME/B を指定する)場合は、コントローラ カードに対して cnfln コマンドを実行します。

cnfln コマンドでは、T3 回線または OC3/STM1 回線の、回線レベルのフレーム化が設定されます。SRME または SRME/B で SONET と T1 とをマップする場合は、 cnflink コマンドを使用して、個々のリンクに対して回線レベルでもバイト同期でもマッピングンクを上書きすることができます。

シンタックス

addlink < SrmStartLinkIf > < NumberOfLinks > < TargetIf >

シンタックスの説明

 

SrmStartLinkIf

SrmStartLinkIf の形式は、 slot . line . link です。 SrmStartLinkIf パラメータは、SRM の物理要素と論理要素を識別します。 slot は、論理番号であり、プライマリ SRM スロットとスタンバイ スロットの両方を示します。物理要素である line は、SRM-3T3/C の 3 つの T3 のうちの 1 つか、または SRME または SRME/B の OC3/STM1 を表します。一方、 link は、リンクの起点にする T1 または E1 のトリビュタリを表し、 これを基準に、リンクのマップを計画する必要があります。範囲は次のとおりです。

slot は、論理スロットであり、次のように、シャーシによって異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は 15 または 31 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は 7 です。

line に使用できる範囲は、次のとおりです。

SRME または SRME/B では、 line は常に 1 です。

SRM-3T3/C の場合は 1~3 の値を指定します。

link の指定可能値は、次に示すように、まず SRM フロント カード、次にトリビュタリ タイプによって決まります。

SRM-3T3/C の場合は 1~28 の値を指定します。

SRME または SRME/B およびトリビュタリ タイプ T1 の場合は 1~84 の値を指定します。

SRME または SRME/B およびトリビュタリ タイプ E1 の場合は 1~63 の値を指定します。

NumberOfLinks

NumberOfLinks の指定可能範囲は 1~8 です。

TargetIf

slot . line の形式で次のように対象サービス モジュールを指定します。

slot には、シャーシのタイプに応じて次の値を指定します。

MGX 8850 シャーシの場合は、1~6、9~14、17~22、および 25~30 が指定可能範囲です。

MGX 8830 シャーシの場合は、3~6 および 10~13 が指定可能範囲です。

line には、起点となる回線番号( SrmStartLinkIf パラメータの起点トリビュタリに対応)を、 1~8 の範囲内で指定します。

関連コマンド

cnflink (E1 は SRME または SRME/B でのみサポート)、 dsplink dellink delslotlink

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:ANYUSER

SRM-3T3/C をスロット 15 に実装した状態で、2 番目の T3 回線の T1 トリビュタリ 4~10 と、スロット 11 のサービス モジュールの T1 回線 2~8 とをリンクします。 この場合、各パラメータに指定する値は次のようになります。

SrmStartLinkIf

15(スロット)

2(SRM-3T3/C のバック カードの回線番号)

4(起点トリビュタリ)

NumberOfLinks :7(トリビュタリの数 = 4~10)

TargetIf (対象サービス モジュール):11(スロット)、2(起点回線番号)

Node.1.7.PXM.a> addlink 15.2.4 7 11.2
 
 

addlnloop

Add Line Loop(回線ループの追加):PXM45、PXM1E

UNI/NNI バック カードの回線のループバック タイプを指定します。


) ループバック タイプの変更は、ループバックが存在しない状態で行います。ループバックが存在する場合は、dellnloop コマンドを実行するか、または no loopback パラメータを指定した上で addlnloop コマンドを実行して、あらかじめ削除しておく必要があります。


シンタックス

addlnloop < -ds3 | -e3 | -sonet | -ds1 | -e1 > < bay.line > < -lpb loopback type >

シンタックスの説明

 

-ds3
-e3
-sonet
-ds1
-e1

回線の種類。DS3、E3、T3、SONET(OC-3c、OC-12c、OC-48c)、DS1、E1 のいずれかをキーワードで指定します。

bay.line

ベイは常に 2 です。回線番号の最小値は 1、最大値はバック カードに接続されている回線数です。

-lpb

指定した種類の回線に適用するループバック タイプを指定します。ループバックなし(1)を指定すると、既存のループバックが削除されます。

1 = ループバックなし

2 = ローカル ループバック

3 = リモート ループバック

関連コマンド

dellnloop

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ローカル ループバック タイプの D3 回線を追加します。

MGX8850.7.pxm1e.a > addlnloop -ds3 1.1 -lpb 2

addlpback

Add Loopback(ループバックの追加):PXM45、PXM1E

addlpback コマンドは、自らはループバック機能を持たないサービス モジュールで、ループバックを開始する場合に使用します。この場合はサービス リソース モジュール(SRM-3T3/C、SRME、または SRME/B)が必要です。また、当該サービス モジュールのカード、回線、およびポートが、この方式のループバックに対応しているかどうかをあらかじめ確認してください。 dspbertcap コマンドを実行すると、ループバック(および BERT)について設定可能な項目が表示されます。

シンタックス

addlpback < LSMSlot.Line.Port > < loopbackType > < loopbackCode >

シンタックスの説明

 

LSMSlot.Line.Port

各フィールドに指定可能な値は次のとおりです。

LSMslot は、シャーシに応じた次の範囲の値です。

MGX 8850:1~6、9~14、17~22、および 25~30

MGX 8830:2~6 および 9~13

line の範囲は、1 ~カード上の回線の最大数です。

Port の値の範囲は、1 ~サービス モジュールでサポートされるポートの最大数です。

loopbackType

ループバック タイプを選択するには、それに対応する数値を入力します。


) 現在のところ、SRME ではペイロード ループバック タイプはサポートされていません。


1:farEndLineLoopback

2:farEndPayloadLoopback

3:remoteLineLoopback

4:remotePayloadLoopback

5:localLoopback

loopbackCode

ループバック コードを選択するには、それに対応する数値を入力します。

1:nonLatchOCUwith1

2:nonLatchOCUwithout1

3:nonLatchCSU

4:nonLatchDSU

5:latchDS0Drop

6:latchDS0Line

7:latchOCU

8:latchCSU

9:latchDSU

10:latchHL96

11:v54PN127Polynomial

12:lineInband

13:lineLoopbackESF

14:payloadLoopbackESF

15:noCode

16:lineLoopbackFEAC

17:SmartJackInband

関連コマンド

dellpback dspbertcap

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

addnwnode

Add Network Node(ネットワーク ノードの追加):PXM45、PXM1E

addnwnode コマンドは、ネットワーク ノード テーブルにノードを追加する場合に使用します。 ネットワーク ノード テーブルは、優先ルート機能に対応しています。優先ルート機能の詳細については、 addpref の項を参照してください。CWM コマンドを使用して優先ルートを作成した場合のネットワーク ノード テーブルと、CLI コマンドを使用して優先ルートを作成した場合のテーブルとでは違いがあります。

CLI のみを使用してネットワーク ノード テーブルにノードを追加し、優先ルートを設定する場合は、 addnwnode で同テーブルにノードを追加してから、それらのノードを使用して( addpref で)優先ルートを構成する必要があります。一方、CWM を使用して優先ルートを作成する場合は、先にネットワーク ノード テーブルにノードを追加しておく必要はなく、 後から優先ルートを構成するノードを追加します。この場合は、ネットワーク ノード テーブルのノードをノード ID と PNNI 論理ポート識別子の組み合わせで識別し、優先ルートを指定します CWM では、ノード名および PNNI 物理ポート ID は使用しません( addpref では 2 通りの形式が使用できます)。

ネットワーク ノード テーブルに追加可能なノードのタイプは次のとおりです。

ローカル ピア グループ(単一ピア グループ)のノード

ローカル ピア グループ(マルチ ピア グループ)外のノード

シスコ以外のノードおよび(LS 1010 などの)MGX 以外のノード

優先ルート機能で使用するネットワーク ノード テーブルの特徴

優先ルートの指定時に、正しく addnwnode を使用するには、次の点に留意してください。

ネットワーク ノード テーブルは、ローカル(ソース)ノードのみを対象としています。

SNMP MIB は、優先ルートの設定ではサポートされますが、ネットワーク ノード テーブルの設定ではサポートされません。

ネットワーク ノード テーブルに指定する要素は、22 オクテットのノード ID です。 コントローラのタイプは必須パラメータで、ノード名はオプションですが、 addpref コマンドにノード ID を指定して優先ルートを作成することもできます。

ノード名を使用して優先ルートを作成する場合は、ネットワーク ノード テーブルに、本来はオプションであるノード名を追加する必要があります。ノード ID および ノード名相互の変換が、スイッチで行われます。

ネットワーク要素が多数ある場合は、ノード名を使用して優先ルートを作成すると、2 つのコマンドを指定する手間が省けます(CLI に適用される 512 文字制限については、 addpref の項を参照してください)。

ノード ID およびノード名が有効かどうかを確認してください。ローカル ノードでは、SPG 外のノード ID、MGX 以外のノードの名前、およびコントローラ カードの確認は行われないため、 これらを確認するには、ローカル ノードに対して Telnet を実行する必要があります。

ノードには、テーブルおよびネットワークで一意に識別できる ID を個々に割り当てる必要があります。

addnwnode コマンドには、ネットワーク テーブルにおけるノード名の重複を防止する機能は実装されてません。同じ名前のノードが含まれるルート セットを計画している場合は、ノードの名前ではなく、ノードの ID でルートを指定する addpref コマンドを使用します。

シスコ製以外のノードが混在する PNNI MPG ネットワークでは、優先ルートが設定されている発信ノードは、単一 DTL IE 内にだけ定義されている最下位レベルのノードに対して信号伝送できます。

発信元ノードは、最下位レベルのノードだけを含む完全に定義されたルートに信号を伝送できます。したがって、DTL IE 内の各ネットワーク要素には、ノード ID と出力ポート ID の両方(終端ノードの出力ポート ID は除く)を明示的に指定する必要があります。

この機能は、明示的なルートの情報が入っている単一 DTL を中継ノードで処理する場合にのみ使用できます。中継ノードおよび着信ノードにおける明示的なルートの処理は、DTL 情報がすべて 1 つの IE に含まれている場合に限り可能です。

この機能では、ポイントツーマルチポイントの SPVC 構成はサポートされていません。ポイントツーマルチポイントのエンドポイントを優先ルートに関連付ける操作は、CLI によって拒否されます。

優先ルートを設定する際に、既知のネットワーク トポロジ情報に照らして、ノード ID および ポート ID が検証されることはありません。

CLI は、シンタックス チェックのみを行い、セマンティック チェックは行いません。

シンタックス

addnwnode < nodeId > < pxmType > [ -name < nodeName >]

シンタックスの説明

 

nodeId

PNNI ノードを一意に識別するための 22 のオクテット

pxmType

スイッチのコントローラ カードのタイプで、 これによって、物理ポート ID および論理ポート相互間のソフトウェア変換の方法が決まります。次の文字列(大文字小文字の区別あり)のいずれか 1 つを入力します。

PXM45

PXM1E

PXM1E

Others(シスコ製以外のノード)

-name

PNNI ノードの名前を、最大 32 の IA5 文字(空の場合を除く。大文字小文字の区別あり)で指定します。
PNNI ノード。優先ルートをノード名を使って作成する場合は、ネットワーク ノード テーブルのエントリに -name オプションが含まれている必要があります。

デフォルト:空の文字列

関連コマンド

delnwnode dspnwnode dspnwnodes addpref cnfpref dsppref dspprefs

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

PXM1 を装着したネットワーク ノードを、Enzo という名前で追加します。ノード ID は次のとおりです。
56:160:47.009181000000003071f80406.003071f80406.01

MGX8850.7.PXM1E.a > addnwnode 56:160:47.009181000000003071f80406.003071f80406.01 PXM1 -name Enzo

addpart

Add Resource Partition(リソース パーティションの追加):PXM1E

addpart コマンドは、帯域幅などの論理ポートのリソースをパーティション化する場合に使用します。リソースのパーティション化が有効に作用するエンティティはネットワーク コントローラで、 具体的には、Private Network to Network Interface(PNNI)と Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)が、現時点でリソースのパーティション化が可能なコントローラです。リソース パーティションの追加は、今後の変更(コントローラの追加など)を考慮した上で行います。

リソース パーティションは次の要素から構成されます。

保証帯域幅が全帯域幅に占める割合

VPI と VCI の範囲

保証された最小および最大の接続数。最大接続数には 10 より大きな値を設定する必要があります。


addpart コマンドと addrscprtn コマンドは全く同じものです(addrscprtn は、MGX 8850 Release 1 のノードでのコマンド名です)。どちらのコマンド名を使っても構いません。このことは他のどのパーティション コマンドにもあてはまります。


パーティション追加の準備作業

リソース パーティションを追加する場合は、次の作業を済ませておく必要があります。

PXM で addcontroller コマンドを実行して、Cisco Virtual Switch Interface(VSI; 仮想スイッチ インターフェイス)のネットワーク コントローラをアクティブ化します。現在のコントローラは、PNNI と LSC です。 addcontroller の実行時に入力するコントローラ ID が、各パーティションに割り当てられます。

upln および cnfln (オプション)を実行して、カード上の物理回線をアクティブにします。

addport および cnfport (オプション)を実行して、物理回線に論理ポートを追加します。

ポート、パーティション、コントローラ、およびインターフェイス タイプ

ここでは、パーティションを追加する前に注意が必要な、ポート、パーティション、およびコントローラに関する詳細について説明します。

どのインターフェイス タイプを使用する場合でも、ポートに追加可能なパーティションは 1 つのコントローラにつき 1 つです。そのため、1 つのポートに 1 つの PNNI 用パーティションと 1 つのLSC パーティションを追加できます(ただし、現在 PXM1E は PNNI だけを使用することに注意してください)。この要件は、( addport を実行して指定した)インターフェイスが UNI、NNI、VUNI、VNNI、EVUNI、EVNNI のどれであっても適用されます。

パーティション ID とコントローラ ID のペアは、すべてのインターフェイスで同じにする必要があります。この場合、インターフェイス番号でパーティションを一意に識別します。たとえば、UNI と NNI が 2 つずつある PXM1E-4-OC3 では、次のように指定します。

論理インターフェイス 1(回線 1)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 2(回線 2)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 3(回線 3)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 4(回線 4)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

たとえば、 LSC のポートにパーティションを追加するのであれば、論理インターフェイス 1、パーティション ID 2、コントローラ ID 3 から順次追加していきます。

また、 addpart コマンドで追加する VPI および VCI は、 addport コマンドを使用してポートを作成したときに指定した範囲内に入っている必要があります。

シンタックス

addpart < ifNum > < partId > < ctrlrId > < egrminbw > < egrmaxbw > < ingminbw > < ingmaxbw > < min_vpi >
< max_vpi > < min_vci > < max_vci > <minConns> <maxConns>

シンタックスの説明

パーティションのパラメータは多数ありますが、 cnfpart コマンドまたは cnfrscprtn コマンドを使用すると、パラメータの変更を、ポートをダウン状態にすることなく動的に実行できます。ただし、VPI または VCI の最小値または最大値を変更する場合は、 dnport コマンドを実行してあらかじめポートをダウン状態にしておく必要があります。

 

ifNum

論理インターフェイス(ポート)番号。PXM1E の場合の範囲は 1~31 です。

partId

パーティション ID 番号の範囲は 1~20 です。すべてのインターフェイスで、パーティション ID とコントローラ ID の同じペアを使用する必要があります。

ctrlrId

controllerID は、ネットワーク コントローラを識別する番号です。PXM1E は、PNNI コントローラ(オプション 2)だけをサポートします( 予約されている コントローラ ID は 1~3 です)。

予約されている各コントローラ ID とその対象は次のとおりです。

1 = PAR(Portable AutoRoute):PXM1E および PXM45 では現在は使用されていません。

2 = PNNI

3 = LSC:PXM1E ではサポートされていません(MPLS は、Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)とも呼ばれます)。

(PXM1E の絶対範囲は 1~254 です。)

egrminbw

出力側の保証帯域幅が全帯域幅に占める割合。 egrminbw の単位は、ポートの全帯域幅の 0.000001% です( egrMinBw が 1000000 のときに 100%)。この方法により、非常に細かく設定ができます。

egrmaxbw

出力側の最大帯域幅が全帯域幅に占める割合。 egrmaxbw の単位は、ポートで利用可能な全帯域幅の 0.000001% です( egrMaxBw が 1000000 のときに 100%)。出力側の最大帯域幅の下限は 50 Cps です。

ingminbw

入力側の保証帯域幅が全帯域幅に占める割合。 ingminbw の単位は、ポートで利用可能な全帯域幅の 0.000001% です。したがって、 ingMaxBw が1000000 であれば 100% になります。

ingmaxbw

入力側の最大帯域幅が全帯域幅に占める割合。 ingmaxbw の単位は、ポートの全帯域幅の 0.000001% です。したがって、 ingMaxBw が1000000 であれば 100% になります。入力側の最大帯域幅の下限は 50 Cps です。

minVpi

最小 VPI の範囲。インターフェイス タイプによって異なります。


) VNNI および VUNI の場合は、minVpimaxVpi とを同じにする必要があります。



) EVNNI および EVUNI の場合は、minVpimaxVpi とが異なっても構いませんが、maxVpiminVpi より小さくすることはできません。


VPI の絶対範囲は下記のとおりですが、最小 VPI は、 addport コマンドを実行してポートを作成したときに、そのポートに指定した VPI の範囲内に収める必要があります。

NNI および EVNNI の場合:0~4095

VNNI の場合:1~4095

UNI および EVUNI の場合:0~255

VUNI の場合:1~255

maxVpi

最大 VPI の範囲。インターフェイス タイプによって異なります。


) VNNI および VUNI の場合は、minVpimaxVpi とを同じにする必要があります。



) EVNNI および EVUNI の場合は、minVpimaxVpi とが異なっても構いませんが、maxVpiminVpi より小さくすることはできません。


VPI の絶対範囲は下記のとおりですが、最大 VPI は、 addport コマンドを実行してポートを作成したときに、そのポートに指定した VPI の範囲内に収める必要があります。

NNI および EVNNI の場合:0~4095

VNNI の場合:1~4095

UNI および EVUNI の場合:0~255

VUNI の場合:1~255

minvci

最小 VCI(1~65535)

maxvci

最大 VCI(1~65535)

minConns

保証される接続数を指定します。PXM1E UNI/NNI では、回線のタイプに応じて指定可能な範囲が異なります。

OC3、T3、E3 回線の場合、範囲は 10~27000 です。

T1、E1 回線の場合、範囲は 10~13500 です。

dspcd のポート グループの説明も参照してください。狭帯域サービス モジュールでは、範囲は変化します。詳細については個々のカードの CLI を参照してください。)

maxConns

保証する接続数を指定。PXM1E UNI/NNI では、回線のタイプに応じて指定可能な範囲が異なります。

OC3、T3、E3 回線の場合、範囲は 10~27000 です。

T1、E1 回線の場合、範囲は 10~13500 です。

maxConns には、必ず minConns 以上の値を指定する必要があります。

関連コマンド

cnfpart delpart dspparts dsppart

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

リソース パーティションを次の設定で作成します。

論理ポート:15( addport コマンドで作成済み)

パーティション番号:1

コントローラ ID:2(PNNI 用に予約されている ID)

このパーティションに予約する帯域幅:出力、入力共に 10%

VPI/VCI の範囲:0~255(VPI)、100~2000(VCI)

接続数:10(保証)、1000(最大)

PXM1E-IMA-30.7.PXM.a > addpart 15 1 2 100000 100000 100000 100000 0 255 1 1000 10 1000
 
PXM1E-IMA-30.7.PXM.a > dsppart 15 1
Interface Number : 15
Partition Id : 1 Number of SPVC: 0
Controller Id : 2 Number of SPVP: 0
egr Guaranteed bw(.0001percent): 1000000 Number of SVC : 0
egr Maximum bw(.0001percent) : 1000000
ing Guaranteed bw(.0001percent): 1000000
ing Maximum bw(.0001percent) : 1000000
min vpi : 0
max vpi : 255
min vci : 100
max vci : 2000
guaranteed connections : 10
maximum connections : 1000

addparty

Add Party(パーティの追加):PXM45、PXM1E

addparty コマンドは、パーティ(エンドポイント)を Point-to-Multipoint(P2MP; ポイントツーマルチポイント)接続に追加する場合に使用します。P2MP 接続は、最初にマスター エンドポイントで、 addcon コマンドを実行して追加しますが、 パーティもマスター エンドポイントで追加します。PXM45A では、P2MP はサポートされていません。

加入オプション

cnfpnportcc コマンドの加入オプションを使用すると、着信ノードのポートから Customer Premises Equipment(CPE; 顧客宅内機器)に、ADDPARTY と SETUP のいずれかが送信されるよう指定できます。 同オプションを有効にするかどうかは、CPE の能力に応じて決定します。CPE が ADDPARTY メッセージを処理できる場合は、加入オプションを無効のままにしておきます(無効の場合、ポートは既存のリーフで終端する ADDPARTY を受信すると、これを即時送信します)。有効にすると、ポートからは ADDPARTY ではなく SETUP メッセージが送信され、スイッチ上に新しいブランチまたはリーフが自動的に作成されます。加入オプションは、プライベート UNI と パブリック UNI のいずれかでのみ使用できます。

マルチキャスト操作の制約事項

P2MP 接続は、同接続を使用するサービスに対して、大きな影響を及ぼす傾向があります。ここでは、接続機器に適用される P2MP 接続の制約について説明します。

出力マルチキャストをサポートしていないポートに P2MP 接続を追加すると、そのポートではブランチをサポートできないため、その後のパーティは拒否されます。

P2MP コール中に最初無効だった加入オプションを有効にし、再度無効にすると、当該インターフェイス上でコールの各リーフに配分されるパーティの数が同じになりません( cnfpnportcc の項の、加入オプションの説明を参照してください)。その事例の詳細を次に示します。

ポート 1:1.1:1 に 1 つのリーフと 1 つのパーティが存在している状態で、加入オプションが無効にされます。

cnfpnportcc コマンドで加入オプションが有効にされます。

その後 ADDPARTY メッセージでリーフが作成され、 ポート 1:1.1:1 の P2MP 接続に(1 パーティにつき)2 つのリーフが存在することになります。

加入オプションが再度無効にされます。

その後は、ADDPARTY が送信されてもリーフは作成されませんが、 パーティは、2 つのリーフに均等に配分されません。当該コールで 3 つの ADDPARTY がポート 1:1.1:1 に送信されたとすると、3 つのパーティはいずれも同じリーフに追加されます。つまり、一方のリーフに 4 つのパーティが存在するのに、もう 1 つのリーフには 1 つしかパーティが存在しないことになります。

リモート リーフは常に暫定のエンドポイントとなります。P2MP 接続では、複数のエンドポイントが使用されるため、暫定の P2P SPVC 接続で P2MP の SVC/P および SPVC/P を上書きすることはできません。これは cnfpnportcc コマンドを使用して、インターフェイスの上書きオプションを有効にしていた場合も同様です。

P2P 接続のルーティングおよびグルーミングは、予定ルートの Administrative Weight(AW; 管理上の重み)の合計に基づいて行われます。これに対して P2MP 接続では、ルート最適化をブランチで行うことを想定しているため、optrte コマンドまたは cnfrteopt コマンドを使用すると、PNNI は P2MP 接続のルート最適化をスキップします。

本リリースの優先ルート機能は、P2MP 接続には適用できず、 その操作自体ができない仕組みになっています。

プライオリティ ルーティング機能を使用した場合、P2MP 接続のデフォルトの優先度は 8 です。 P2MP 接続のデフォルトの優先度の変更は、それが可能なシステムであっても避けることを推奨します。

PNNI で複数の接続のルーティングを解除する場合、P2MP 接続に対しては最も低い優先度が割り当てられます。

接続ベースのデフォルトの使用率は 100 で、P2MP 接続に対してはこのデフォルト値が適用されます。接続タイプを P2MP に指定した場合は、デフォルト以外の使用率を設定しようとしても無視されます。

OAM と障害管理

OAM 機能は、OAM セルの双方向通信が必要になるため、P2MP 接続には対応していません。次に示す機能も P2MP 接続に対応していません。

導通性チェック(CC :ポイントツーポイント接続では addcon コマンドで設定)

tstdelay 処理

UNI 障害発生時の AIS 伝搬

P2MP ルートでサポートされている機能は次のとおりです。

tstconseg 処理

OAM セグメント エンドポイント

ルーティング不能などの接続障害や、 dncon コマンドの実行による接続停止で AIS 伝搬を起動

その他の接続プロビジョニング コマンド

ここでは、マルチキャスト機能に関係する代表的な接続プロビジョニング コマンドについて説明します。

P2MP の構成を変更するには、cnfcon コマンドを使用します。この場合は、PNNI によって P2MP 接続の再ルーティングが行われ、同接続に関連付けられていたパーティもすべて再ルーティングされます。

delcon コマンドは、パーティが設定されている P2MP 接続には使用できません。P2MP 接続を削除するには、まず delparty コマンドを実行してパーティをすべて削除します。 delcon コマンドで削除すべきパーティが、最大 1000 に達することがあります。

P2MP マスター エンドポイントで rrtcon コマンドを実行すると、同接続のすべてのパーティが、PNNI によって再ルーティングされます。パーティを個別に再ルーティングする場合は、rrtparty コマンドを実行します。

各パーティを個別にアップ状態またはダウン状態にするには、それぞれ upparty コマンドまたは dnparty コマンドを使用します。

P2MP の暫定エンドポイント(スレーブ エンドポイント)をすべて削除するには、clrspvcnonpers コマンドを使用します。

シンタックス

addparty portid vpi vci endpointRef [ -party < party_nsap.vpi.vci >]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 では、 slot:subslot.port:subport です。

UNI/NNI バック カードの PXM1E では、 slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2ですが、 slot はシャーシによって異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用の PXM1E の場合: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

vpi

接続のローカル VPI。次のいずれかの範囲内で指定します。

UNI:0~255

NNI:0~4095

vci

接続のローカル VPI(35~65535)

endpointRef

エンドポイント参照値(1~32767)

-party

NSAP アドレスに、VPI および VCI が付加されているパーティ

関連コマンド

addcon delparty dnparty upparty rrtparty dspparty dspparties dsppartiespercon、dspcon
dspcons
dsppnport dsppnports clrspvcnonpers

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

addpnni-node

Add PNNI Node(PNNI ノードの追加):PXM45、PXM1E

addpnni-node コマンドは、スイッチに PNNI 論理ノードのインスタンスを作成する場合に使用します。作成可能な PNNI 論理ノードの数はスイッチ 1 基につき最大で 10 です。 addpnni-node を使用してノードを追加するのは次のような場合です。

delpnni-node を実行してトポロジからノードを削除した

clrallcnf または clrcnf を実行してスイッチから PNNI 構成全体を削除した

各ノードの最下位以外の階層レベルで追加を行う

単一ピア ネットワークでは、最初に addpnni-node を実行する必要はありません。

マルチピア グループでは、ピア グループの各レベルごとに addpnni-node を実行する必要があります。最下位より上のレベルでは、最下位の ATM アドレスがスイッチ内のすべてのグループに適用されるため、指定するパラメータは level のみです。PNNI のノード構成を表示するには、
dsppnni-node を使用します。

既存の PNNI ノードを修正するには、 cnfpnni-node を使用します。 cnfpnni-node -enable false を実行してノードを使用不可にしないと、修正できないパラメータがあります。これに該当するパラメータは次のとおりです。

level 。1~104 の範囲の数値で、マルチピア グループにおける PNNI 論理ノードの相対位置を表します。現リリースでサポートされる最大論理ノード数は 10 です。

ATM アドレス。スイッチ全体に適用されます。スイッチに必要な ATM アドレスは 1 つです。

PNNI ノード識別子(ID)。スイッチ上の論理ノードの定義に使用されます。「シンタックスの説明」に記すように、ノード ID は多数のフィールドで構成されています(図 2-4 「PNNI ピア グループ ID、PNNI サマリー アドレス、ATM アドレス、および PNNI ノード ID のデフォルト」 を参照)。

ピア グループ識別子。ネットワーク内のあるピア グループに含まれるノードが定義されます。 複数の物理スイッチの各論理ノードを 1 つのピア グループの所属とすることも可能です。

この後の各項では、上述の各フィールドの定義について説明します。これらのフィールドの修正方法は、 cnfpnni-node の項の説明を参照してください。また、パラメータの詳細については、 addpnni-node の「シンタックスの説明」の項を参照してください。

アドレス フィールドの説明

addpnni-node のパラメータのうち、2 種類の識別子と ATM アドレスは、それぞれ形式が類似しており、 内容にも共通点があります。ここでは、それらのパラメータを項目別に説明します。

ノードの ATM アドレス

スイッチレベルの ATM アドレスの構成要素は次のとおりです。

アドレスの形式を識別するための 1 オクテット。E.164 と NSAP のいずれかの形式を表します。

ATM アドレスを表す 19 オクテット

セレクタ バイト(ATM アドレスの最後のバイト)

セレクタ バイトは、スイッチ上のホスト アプリケーションの識別に使用されます。PNNI の単一/複数ピア グループ、IP 接続、AESA ping などのホスト アプリケーションの ATM アドレスは、19 番目のバイトまでは共通であるため、 セレクタ バイトでどのアプリケーションであるかを判別します。

単一ピア グループのセレクタ バイトは 01 です。

マルチピア グループのセレクタ バイトは 2~10 で、論理ノードのレベルに対応しています。

AESA ping には 99 が使用されます。


) ポートレベルの ATM アドレスについては、addaddr の項を参照してください。


図 2-1 スイッチレベルの ATM アドレス

 

PNNI 論理ノード識別子

PNNI 論理ノード識別子(ノード ID)の構成要素は次のとおりです。

階層内における論理ノードのレベルを示す数値。 デフォルトのレベルは 56 です。

nodeID の ATM アドレスの長さ

ATM アドレス(物理スイッチの ATM アドレスに同じ)

図 2-2 では、レベルにデフォルトの 56 が指定されています。 長さは、ATM アドレスの形式に NSAP タイプの 1 つである NSAP ICD が使用されているため、160 ビットとなります(ATM 形式フィールドの 47 は、形式が NSAP ICD であることを表す予約済みインジケータです)。E.164 アドレス形式の ATM アドレスの長さは、10 進数で表します。 ノードレベルの ATM アドレスの長さは 15 です(アドレスの長さは、NSAP ではビット、E.164 では 10 進数で表します)。

図 2-2 PNNI 論理ノード識別子

 

ピア グループ識別子

ピア グループ識別子(pgID)の構成要素は次のとおりです。

レベル:pgID フィールド全体のビット数のうち、実際に使用されるビット数

ピア グループを一意に識別する文字列:ATM アドレスからコピーされた 16 進数表示のバイト

図 2-3 ピア グループ識別子

 

シンタックス

addpnni-node < level > [ lowest | other] ] [- atmAddr atm-address] [- nodeId node-id] [- pgId pg-id] [- enable {true | false}] [- transitRestricted {on | off}] [- complexNode {on | off}] [- branchingRestricted {on | off}]

シンタックスの説明

 

level

PNNI 階層におけるノードのレベルを、ノード ID(- nodeId パラメータ)またはピア グループ ID(- pg-id パラメータ)の有効ビット数で指定します。スイッチで設定できるレベルの最大数は 10 です。この制限は、マルチピア グループのみに適用されます。レベルには任意の値を指定できますが、8 ビット区切りを選択すると、ネットワーク計画およびアドレス管理が容易になります。たとえば、レベルに使用する値は 59 よりも 56 の方が適切です。

範囲: 1~104 ビット
デフォルト:56 ビット

lowest | other

論理ノードが、階層の最下位レベルのノードとして追加されるものであるか、最下位以外のレベルに追加されるものであるかを示す語(前者:lowest、後者:other)を、フルスペルで入力して指定します。追加するノードが最下位のノードでない場合は、other と入力します。

ノードをスイッチの最下位レベルに追加する場合は、- atmAdd atm-address も指定する必要があります。

デフォルト:lowest

-atmAddr

PNNI 論理ノードの ATM アドレス。16 進数表示で 20 オクテットです。

スイッチの最下位ノードを追加する場合は、ATM アドレスも指定する必要があります。それ以外のレベルでは、ATM アドレスを指定しても無意味です。 atm-address の最初のバイトは、アドレス計画を表します。たとえば、次の例に示した 47 は、NSAP ICD 用として予約されています。

47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01

デフォルト:シスコのデフォルト設定については、図 2-4を参照

-nodeId

PNNI 論理ノード 識別子(ノード ID)。 node-id は次の論理要素で構成され、最上位のバイトから開始します。

階層内における PNNI ノードのレベル( level パラメータの説明を参照してください)。

ATM アドレスのビット数。NSAP アドレスの場合、この値は 160 になりますが、これはノードの ATM アドレスが常に 20 バイトで表されるためです。E.164 アドレスの場合、このフィールドには 10 進数の 15 を指定します。

ピア グループ ID の ATM アドレス部(16 進数表示で 20 オクテット)。

デフォルト:シスコのデフォルト設定については、図 2-4 を参照

-pgId

ピア グループ ID( pg-id )。PNNI ピア グループを識別します(PNNI ピア グループ内の各論理ノードには、共通の pg-id が付与されています)。

ピア グループ ID( pg-id )のオクテット数は 14 です。ただし、 level パラメータの値は、ピア グループ ID に実際に使用されるビット数となります。たとえば、 level がデフォルトの 56 ビット(7 バイト)の場合、ピア グループ ID に使用されるバイトは先頭の 7 バイトのみです。 ピア グループ ID の表示コマンドを実行すると、実際に同 ID に使用されるバイト数にかかわらず、常に 14 バイトで表示されます(同 ID の表示には使用されないバイトの位置には 0 が表示されます)。

デフォルト:シスコのデフォルト設定については、図 2-4 を参照

-enable

PNNI ノードの管理状態を示します。ほとんどのアプリケーションでは、デフォルト(ノード使用可)を使用しますが、 使用不可状態のノードを、実装時の必要に応じて追加することもできます。たとえば、PNNI プロトコルを使用可能な状態にせずに設定します。使用不可状態で追加したノードを使用可にするには、 cnfpnni-node - enable true を実行します。

true:当論理ノードを使用可にします。
false:当論理ノードを使用可にします。

デフォルト:true

-transitRestricted

当ノードに中継ノードとしての機能を付与するかどうかを指定します。ノードのセキュリティを維持したり、容量が小さいノードや優先度の高いノードのトラフィックを抑制するには、中継を制限します。

on:コールに当ノード通過を許可します。
off:当ノードで終端するコールのみ受け入れます。

デフォルト:off

-complexNode

complexNode パラメータは、PNNI ノードが複合ノードかどうかを指定します。複合ノードは、階層でより低いノードの にのみ存在します。

on:このノードは複合ノードです。
off:このノードは複合ノードではありません。

デフォルト:off

-branchingRestricted

branchingRestricted パラメータは、PNNI ノードがポイントツーマルチポイント分岐を 禁止 するかどうかを指定します。分岐を有効または無効にするには、このパラメータで 制限 をオンまたはオフにします。

分岐を禁止するには、 -branchingRestricted on を入力します。

分岐を許可するには、 -branchingRestricted off を入力します。

on:ポイントツーマルチポイント分岐を禁止します。
off:ポイントツーマルチポイント分岐を許可します。

デフォルト:off

使用上のガイドライン

すべてのノードは、デフォルト ATM アドレス、ノード ID、ピア グループ ID が設定された状態で出荷されます。シスコでは、これらのデフォルトを使用して、スイッチをセットアップおよびテストします。このスイッチでライブ トラフィックを搬送する前に、新しいアドレスを指定する必要があります。そのためには、 cnfpnni-node を使用するか、設定をクリアした後 addpnni-node を使用します。ノードアドレッシングの説明については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Software Configuration Guide, Release 5 』の「Guidelines for Creating an Address Plan」を参照してください。

関連コマンド

cnfpnni-node、delpnni-node、dsppnni-node

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

次の設定で PNNI ノードを追加してから、 dsppnni-node を使用して設定をチェックします。

PNNI 階層レベルは 56 です。

ノードは、PNNI 階層内の最も低いレベルの上に存在します。

ノードの ATM アドレスは 47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01 です。

ノードの PNNI IDは 56:160:47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01 です。

ピア グループ ID は 56:47.009181.0000.00 です。 level パラメータで指定するバイト数は 7 です( level =56)。したがって、 level 自体に 1 バイトが必要であり、 pg-id は 7 バイトなので、合計 8 バイトになります。 dsppnni-node で示すように、残りの 6 バイトにはシステムで 0 が追加されます。

ノードは有効です。

このノードを経由して他のノードに転送されるトラフィックを許可します。

パラメータは、1 行で入力します。CLI ではラッピングが許されます(例には表示されていません)。

SanJose.7.PXM.a > addpnni-node 56 -lowest true -atmAddr 47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01
-nodeId 56:160:47.0091 81000000 00309409f1f1.00309409f1f1.01 -pgId 56:47.00.9181.0000.0000.0000.0000.00 -enable true -transitRestricted off
 
SanJose.7.PXM.a >
 

PNNI のノード設定を表示します。

SanJose.7.PXM.a > dsppnni-node
 
node index: 1 node name: SanJose
Level............... 56 Lowest.............. true
Restricted transit.. off Complex node........ off
Branching restricted on
Admin status........ up Operational status.. up
Non-transit for PGL election.. off
Node id...............56:160:47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01
ATM address...........47.00918100000000309409f1f1.00309409f1f1.01
Peer group id.........56:47.00.9181.0000.0000.0000.0000.00
 

SanJose.7.PXM.a >

addpnni-summary-addr

Add PNNI Summary Address(PNNI サマリー アドレスの追加):PXM45、PXM1E

addpnni-summary-addr コマンドで、論理ノードのサマリー アドレスを作成できます。この操作の結果、アドレスの範囲が作成されます。コントローラはサマリーを使用して、このアドレス範囲内のアドレスに到達した通話を許可または拒否します。サマリー アドレスを使用すると、その範囲内のアドレスで、プロビジョニング時間とコール セットアップ時間の両方が減少します。

シンタックス

addpnni-summary-addr < node-index > < address-prefix > < prefix-length > [- type {internal | exterior}] [- suppress {true | false}]

シンタックスの説明

デフォルトのアドレス プレフィックスとピア グループ ID は、ATM アドレスと値を共有します。ピア グループ ID を変更する場合は、PNNI サマリー アドレスの対応するフィールドを変更する必要があります(図 2-4 を参照)。

図 2-4 PNNI ピア グループ ID、PNNI サマリー アドレス、ATM アドレス、および PNNI ノード ID のデフォルト

 

 

node-index

ノード インデックスは、スイッチのマルチピア グループ内における論理ノードの相対位置を示します。範囲は 1~10 で、最も低いレベルが1 です。ノード インデックスがわからない場合は、 dsppnni-node を使用して、現在のスイッチのすべての論理ノードとノード インデックスを表示します。

範囲:1~10
デフォルト:1

addressprefix

ノードに割り当てられたサマリー アドレス。 addressprefix 長さ は、 prefixlength の値です。

図 2-4 に示すように、 addressprefix は、フォーマット化された 16 進数表示の文字列です。

デフォルト:デフォルトは、 atm-addr の先頭 13 バイトです。

prefixlength

address-prefix の長さをビットで指定します。指定できる範囲は 1~152 ビットです。アドレスの特定部分を調べて PNNI ルーティングを行うように設定しますが、同様なことは PNNI サマリー アドレスに対しても可能です。たとえば、ノードを 88 ビット PNNI サマリー アドレスで設定した場合、このノードは、先頭 88 ビットが一致する任意のアドレスからの通話をセットアップします。PNNI サマリー アドレスに含めることができるアドレスの数は、PNNI サマリー アドレスの長さに関係します。サマリー アドレスが短いと、プレフィックスが短い場合よりも多くのアドレスを含めることができます。

範囲:1~152 ビット
デフォルト:none

-type

PNNI サマリー アドレスの種類を指定します(exterior または internal)。

internal:サマリー アドレスには、同じピア グループ内のアドレスのみを含めることができます。

exterior:サマリー アドレスには、ピア グループ外のアドレスのみを含めることができます。

デフォルト:internal

-suppress

サマリー アドレスを他のノードにアドバタイズするかどうかを指定します。

false:サマリー アドレスをアドバタイズします(抑止しません)。
true:サマリー アドレスをアドバタイズしません(抑止します)。

デフォルト:false

使用上のガイドライン

PNNI サマリー アドレス テーブル情報は、internal data base(IDB;内部データベース)から取得します。PNNI サマリー アドレスを変更または作成すると、トポロジ状態パケットが情報を IDB に搬送します。サマリー アドレス テーブルは、IDB からの情報で自動的にアップデートされます。

関連コマンド

delpnni-summary-addr、dsppnni-summary-addr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

以下に PNNI アドレス プレフィックスを追加するコマンドラインの例を示します。

PNNI サマリー アドレスは 47.0091.8100.0000.0030.9409.f1f1

PNNI サマリー アドレスの長さは 104 ビット

この PNNI サマリー アドレスには、内部アドレスのみを含める

この PNNI サマリー アドレスは、アドバタイジング抑止を行わない(アドバタイズする)

dsppnni-summary-addr を使用して、PNNI アドレス プレフィックスを表示します。

SanJose.7.PXM.a > addpnni-summary-addr 1 47.0091.8100.0000.0030.9409.f1f1 104 -type internal -suppress false
SanJose.7.PXM.a > dsppnni-summary-addr 1
 
node index: 1
Type.............. internal Suppress.............. false
State............. advertising
Summary address........47.0091.8100.0000.0030.9409.f1f1/104
 

SanJose.7.PXM.a >

addpnport

Add PNNI Port(PNNI ポートの追加):PXM45、PXM1E

addpnport コマンドで、NNI または UNI ポートを 事前設定 できます。事前設定を行うと、企業のコンフィギュレーション戦略で最高の成果が得られることがあります。

ポートの事前設定とは、ポートを( addport を使用して)サービス モジュールに追加する前に、PXM に追加することです。最終的には、サービス モジュールで addport を実行する必要があります。 addport を使用してポートを作成するときに(また、 addpart を使用してリソース パーティションを作成するときに)、PNNI が自動的にポートを作成するため、 addpnport コマンドはオプションです。そのため、サービス モジュールでポートを作成した後、 addpnport コマンドを使用する必要はありません。

コントローラで addpnport を実行してポートを事前設定した後、管理状態と運用状態はデフォルトでダウンになります。 uppnport を使用してポートを始動します。

addpnport コマンドは、ポートを作成するだけです。ポートの運用特性を設定する PNNI コマンドは、 cnfpnportrange cnfpnportcac cnfpnportsig です。これらのコマンドで指定したコンフィギュレーションが、 addport コマンドまたは cnfport コマンドを使用してサービス モジュールに指定した値と矛盾する場合は、PNNI コマンドがスレーブ側のコンフィギュレーションを上書きします。

PNNI 論理ポートの形式と VSI スレーブの論理ポートの形式は、互いにマッピングされることに注意してください。詳細については、「概要」の「 VSI スレーブ形式」および「 PNNI 形式」を参照してください。

シンタックス

addpnport < portid >

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 では、 slot:subslot.port:subport です。

UNI/NNI バック カードの PXM1E では slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用の PXM1E の場合: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

PXM: delpnport dnpnport uppnport dsppnports dsppnport、cnfpnportcac cnfpnportsig cnfpnportrange

PXM1E またはサービス モジュール: addport cnfport dspport dspports

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ID 6:1.1:1 のポートを追加します。 dsppnports コマンドを使用して、すべてのポートのリストに 6:1.1:1 が表示されるかどうかを確認します(PNNI ポートが既に多数ある場合は、dsppnport コマンドで 6:1.1:1 を表示できます)。これは、リストの最後(フォーマット 7.x の BITS クロック ポートのエントリの後)に表示されます。

IF 状態と管理状態が、どちらもアップであることに注意してください(IF は、PNNI コントローラ側ではなく、スレーブ側のサービス モジュールの論理インターフェイスを指します)。IF 状態と管理状態がアップであることは、サービス モジュールで addpart コマンドと addport コマンドが既に使用されていることを示します。これらのコマンドが実行されていない場合、IF と Admin はそれぞれ、「provisioning」と「down」になります。 dsppnports コマンドの内容については、このコマンドの説明を参照してください。

M8850_NY.7.PXM.a > addpnport 6:1.1:1
 
M8850_NY.7.PXM.a > dsppnports
Summary of total connections
(p2p=point to point,p2mp=point to multipoint, SpvcD=DAX spvc,SpvcR=Routed spvc)
Type #Svcc: #Svpc: #SpvcD: #SpvpD: #SpvcR: #SpvpR: #Total:
p2p: 0 0 0 0 0 0 0
p2mp: 0 0 0 0 0 0 0
 
Total= 0/50000
 
Summary of total configured SPVC endpoints
Type #SpvcR #SpvpR #SpvcD #SpvpD Total
p2p: 0 0 2 0 2
p2mp: 0 0 0 0 0
Total=2
 
Summary of total active SVC/SPVC intermediate endpoints
Type #Svcc #Svpc #SpvcR #SpvpR Total
p2p: 0 0 0 0 0
p2mp: 0 0 0 0 0
Total=0
 
EndPoint Grand Total = 2/100000
Per-port status summary
 
PortId LogicalId IF status Admin status ILMI state #Conns
 
7.35 17251107 up up NotApplicable 0
 
7.36 17251108 up up NotApplicable 0
 
7.37 17251109 up up NotApplicable 0
 
7.38 17251110 up up NotApplicable 0
 
1:2.1:1 16848897 up up UpAndNormal 0
 
2:2.2:1 16914433 provisioning up NotApplicable 0
 
3:1.1:1 16979969 down up Disable 0
 
3:1.2:2 0 provisioning down NotApplicable 0
 
6:1.1:1 17176577 up up Disable 0
 
M8850_NY.7.PXM.a >

addport

Add Port(ポートの追加):PXM1E

addport コマンドで、PXM1E ネットワーク インターフェイス バック カードの アクティブな 物理回線の論理インターフェイスを作成できます(必要に応じて、 upln の説明を参照してください)。リリース 4 から、PXM1E は仮想トランキングをサポートしているため、次のインターフェイス タイプがサポートされるようになりました。

1 回線ごとに 1 つの論理ポートを持つ UNI または NNI

1 回線ごとに複数のポートを持つ標準仮想トランク(VUNI または VNNI)

1 回線ごとに複数のポートを持つシスコ独自の拡張仮想トランク(EVUNI または EVNNI)

PXM1E にポートを追加する前に、PXM1E がスイッチのすべてのカードのすべてのポートをサポートできるかどうかについて検討する必要があります。ノード レベルで、PXM1E は合計で次のポートをサポートします。

SPVC(および SPVP)の論理ポートの最大数:4000

UNI シグナリング ポートの最大数:100(主に SVC 用)

PNNI/NNI シグナリング ポートの最大数:100

PXM1E 自体に追加できるポートの数は、次のように、ポート タイプによって異なります。

UNI または NNI の場合、1 本の回線に追加できるポートは 1 つだけです。そのため、ポートの数は PXM1E ネットワーク インターフェイス カード(UNI/NNI バック カード)の回線数で制限されます。

仮想トランク(VUNI、VNNI、EVUNI、または EVNNI)の場合、31 ポートまで追加できます。ポートは複数の回線に割り当てることも、1 つの回線に割り当てることもできます。たとえば、PXM1E-8-OC3 の場合、4 つの回線に仮想トランクを 1 つずつ追加し、残りの回線に 2 つの仮想トランクを追加できます。

ポート タイプにかかわらず、ポート番号の範囲は 1~31 です。ポート番号は、順不同でかまいません。

addport で指定する情報を次に示します。

論理ポート番号

ベイと回線の番号

保証レート(Cps)と最大レート(Cps)

ポートの Service Class Template(SCT; サービス クラス テンプレート)ID

インターフェイス タイプ(UNI、NNI、VNNI など)

(オプション)ポートの全接続の単一 VPI(インターフェイス タイプが VNNI または VUNI の場合)

(オプション)VPI の範囲(EVNNI または EVUNI の場合)

サービス クラス テンプレート

スイッチは、テンプレートによるトラフィック パラメータの指定をサポートします。パラメータの指定に使用するテンプレートは、 Service Class Template (SCT; サービス クラス テンプレート)と呼ばれます。この方法は、大量の接続のトラフィック パラメータを設定する場合に適しています。SCT は、 addport コマンドで追加する論理ポートごとに指定する必要があります。PXM1E では、これらのテンプレートは論理ポートに適用します(AXSM モデルと FRSM-12-T3E3 では、カードレベル SCT がカード全体にも適用されます)。

SCT による方法では、個別の接続のパラメータがすべてカバーされるわけではありません。個別の接続のパラメータは、SCT で指定したかどうかにかかわらず cnfcon を使用して指定できます。

シスコシステムズでは、さまざまなアプリケーション用の SCT を用意しています。提供している SCT の ID は、2、3、4、5、6、52、53、54、55 です。ポートに割り当てる前に、SCT をワークステーションから PXM ディスクにロードしておく必要があります。SCT 管理の詳細については、 addsct の説明を参照してください。PXM のハード ドライブにある既存の SCT のリストを表示するには、 dspscts コマンドを使用してください。ワークステーションから SCT をダウンロードするまで、ポートはデフォルトのプレースホルダー SCT 番号 0 を使用します。

PXM1E は、次のアプリケーション用 SCT をサポートしています。

T3、E3、または OC3 インターフェイス用:SCT 4 または 5。SCT 4 にはポリシング パラメータがありますが、SCT 5 にはありません。

T1 または E1 インターフェイス用:SCT 52 または 53。SCT 52 にはポリシング パラメータがありますが、SCT 53 にはありません。

IMA 設定用:SCT 54 または 55。SCT 54 にはポリシング パラメータがありますが、SCT 55 にはありません。1~4 本の IMA リンクを持つ IMA を使用する場合は、SCT 54 または 55 を使用します。4 リンクを越える場合は、Cisco WAN Manager(CWM)を使用して、新しい SCT を次の値で作成する必要があります。5~8 本の IMA リンクを使用する場合、SCT の T1/E1 値は 1/4 です。9~16 本の IMA リンクを使用する場合、SCT の T1/E1 値は 1/8 です。IMA ポートの詳細については、 addimaport の項も参照してください。

SCT を割り当てる前に、次の 2 つの操作で SCT を確認できます。

SCT の実際の値を表示するには、ポート SCT に対して dspsct sctId を使用します。SCT の内容を表示する前に、SCT をディスクにダウンロードし、 addsct コマンドでデータベースに追加する必要があります。

ディスクの SCT ファイルのリストを表示するには、2 通りの方法が使用できます。

dspscts コマンドを使用します。

cd を使用して、まず SCT ディレクトリに移動し、TEMP ディレクトリに移動します。次に、 ls コマンドを使用して TEMP ディレクトリの内容を表示します。

SCT を指定しない限り、PXM1E の SCT はデフォルト(0)になっています。システムは、次の場合に SCT ID = 0 を使用します。

スイッチに初めて電源を投入したとき

カードの再起動後、ユーザが特定のポートに指定した SCT ファイルが壊れているか、見つからないとき。この場合には、該当するポートだけにデフォルトの SCT が使用されます。

コマンド使用上のガイドライン

addport コマンドの使用にあたっては、次の重要な特性に注意してください。

PXM1E では、 guaranteedRate maxrate と異なる場合があります。

仮想トランクでは、1 つの回線に VUNI と EVUNI を混在させることができますが、NNI タイプと UNI タイプを混在させることはできません。たとえば、同じ回線に EVUNI と EVNNI を追加することはできません。

標準仮想トランク(VNNI または VUNI)では、-vpi パラメータで単一 VPI を指定します。VUNI または VNNI には minvpi および maxvpi を指定しないでください。

拡張仮想トランク(EVNNI または EVUNI)では、-minvpi minVpi と -maxvpi maxVpi を指定して、ポートで許可される VPI の範囲を作成します(これらのインターフェイス タイプでは、 -vpi パラメータは省略します)。

シンタックス

addport < ifNum > < bay.line > < guaranteedRate > < maxrate > < sctID > < ifType > [-vpi < vpi> ]
[-minvpi <minvpi>] [-maxvpi < maxvpi >]

シンタックスの説明


) 後続のパラメータの重要な詳細については、「コマンド使用上のガイドライン」を参照してください。


 

ifNum

論理ポート(インターフェイス)番号。回線を UNI または NNI として使用する場合、指定できる論理ポートは 1 つだけです。VNNI として使用する場合には、1 回線に複数の論理ポート番号が指定できます。

範囲:1~31

bay.line

回線のベイと番号を識別します。指定可能な値は、次のとおりです。

bay :常に 2

line :1 からバック カードに接続されている回線数まで

guaranteedRate

ポートの保証帯域幅(Cps)。保証帯域幅の合計値は、次の範囲の上限値を超えられません。

OC3:50~353207 Cps
T3:50~96000 Cps(PLCP)、50~104268 Cps(ADM)
E3:50~80000 Cps
T1:50~3622 Cps
E1:50~4528 Cps

maxRate

論理ポートの最大帯域幅(Cps)。最大帯域幅の合計値は、次の範囲の上限値を超えられません。

OC3:50~353207 Cps
T3:50~96000 Cps(PLCP)、50~104268 Cps(ADM)
E3:50~80000 Cps
T1:50~3622 Cps
E1:50~4528 Cps

sctID

このパラメータは、ポートの SCT を識別します。範囲は 0~255 です。2、3、4、5、6、52、53、54、55 は、シスコシステムズが提供している SCT の番号です。 sctID で識別する前に、SCT は PXM ディスクに存在する必要があります(SCT の詳細については、 addsct の説明も参照してください)。

PXM1E バック カードが T1/E1 の場合は、SCT 52 または 53 を使用します。

IMA リンクが 4 本までの IMA を使用する場合は、SCT 54 または 55 を使用します。5 本以上の IMA リンクを使用する場合は、「サービス クラス テンプレート」を参照してください。

ifType

論理インターフェイス タイプ。UNI および NNI の場合、1 回線には 1 つのインターフェイスしか存在できません。仮想インターフェイスまたは拡張仮想インターフェイスの場合は、1 回線に複数のインターフェイスが存在できます。

1 = UNI
2 = NNI
3 = VNNI(仮想 NNI)
4 = VUNI(仮想 UNI)
5 = EVUNI(拡張仮想 UNI)
6 = EVNNI(拡張仮想 NNI)

-vpi vpi

このオプションの VPI は、標準仮想トランクにのみ適用されます(VNNI または VUNI)。範囲は次のとおりです。

VNNI:1~4095

VUNI:1~255

-minvpi minvpi

このオプション パラメータは、EVNNI または EVUNI にのみ適用されます。VPI の最小値。指定可能な値はインターフェイスによって異なります。

0~255(EVUNI)

0~4095(EVNNI)


maxVpi には、必ず minVpi 以上の値を指定する必要があります。


 

-maxvpi maxvpi

このオプション パラメータは、EVNNI または EVUNI にのみ適用されます。VPI の最大値。指定可能な値はインターフェイスによって異なります。

0~255(EVUNI)

0~4095(EVNNI)


maxVpi には、必ず minVpi 以上の値を指定する必要があります。


 

関連コマンド

cnfport delport dspport dspports dspportsct dspscts

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ポートレベル SCT 4 がディスクに存在することを確認し、ベイ 1 の回線 3 に論理ポート 3 を作成します。この例では、最小 Cps と最大 Cps は同じで、96000 Cps です。ポート SCT ファイル ID は 4 です。インターフェイス タイプは、コマンド入力の末尾で 2(NNI)に指定しています。実行後の結果を確認しています。

M8850_NY.7.PXM1E.a > addport 3 1.3 96000 96000 4 2
 
M8850_NY.7.PXM1E.a > dspport 3
Interface Number : 3
Line Number : 1.3
Admin State : Up Operational State : Down
Guaranteed bandwidth(cells/sec): 96000 Number of partitions: 0
Maximum bandwidth(cells/sec) : 96000 Number of SPVC : 0
ifType : NNI Number of SPVP : 0
Port SCT Id : 4
VPI number(VNNI only) : 0 Number of SVC : 0
 
M8850_NY.7.PXM1E.a >

addpref

Add Preferred Route(優先ルートの追加):PXM45、PXM1E

addpref コマンドを使用すれば、優先ルートを手動で 作成 できます。続いて、 addcon または cnfcon で接続を作成するときに、このルートを 1 つ以上の SPVC または SPVP に 関連付け ます。


) Cisco WAN Manager(CWM)を使用して優先ルートを作成する場合、先にネットワーク ノード テーブルにノードを追加しておく必要はありません。後で、CWM が自動的に適切なノードをネットワーク ノード テーブルに追加します。CWM で優先ルートを指定する場合は、ネットワーク ノード テーブルのノードをノード ID と pnportID の組み合せで識別します(対応するノード名と物理ポート ID はサポートされません)。CLI のみを使用してネットワーク ノード テーブルにノードを追加し、優先ルートを設定する場合は、addnwnode コマンドで同テーブルにノードを追加してから、addpref コマンドでこのノードを優先ルートにします。


接続に関連付けられた優先ルートがある場合、PNNI はそのルートを使用しようとします。優先ルートが利用できない場合、PNNI は別のルートを探すか、接続の失敗を宣言します。ブロックされたルートに対する応答は、 addcon コマンドまたは cnfcon コマンドの directed route パラメータによって決まります。優先ルートを 誘導ルート として関連付けた場合、接続は優先ルートのみを使用します。

優先ルートは、発信ノードを同じピア グループに制限したり、ローカル ピア グループの外部への発信を許可することができます。シスコ以外のノードを含めることもできます。優先ルートのすべてのノードが、 ネットワーク ノード テーブル に存在する必要があります。このテーブルにノードを追加するには、 addnwnode コマンドを使用します。SNMP 経由で CWM を使用して、 addpref または cnfpref を実行すると、システムは自動的にネットワーク ノード テーブルにノードを挿入します。

優先ルートは、最大 20 の ネットワーク要素 で構成されます。network element(NE; ネットワーク要素)は、ノードとポートのペアで定義されたデータ転送ポイントです(シンタックスの説明を参照してください)。優先ルートを定義した後、 addcon コマンドまたは cnfcon コマンドの -prefrte パラメータで、優先ルートを SPVC または SPVP に 関連付ける ことができます。ルート定義を変更するには、 cnfpref コマンドを使用します。

良く計画を練って優先ルート機能を使用すると、全体的なリソースの割り当てと振り分け、冗長性計画、トラフィック処理で役に立ちますが、この機能はあくまで補完的であり、PNNI ルーティングプロトコルを回避するものです。そのため、接続に優先ルートが実際に必要かどうか、慎重に検討する必要があります。


) CWM には、addpref コマンドよりも多くのネットワーク要素の検証機能があります。そのため、できる限り CWM を使用してください。ただし、優先ルート機能の重要な情報については、この addpref の説明を使用してください。その他優先ルート機能に関する重要事項の詳細については、「優先ルート機能の詳細」および「優先ルート機能の制約事項」を参照してください。


優先ルート機能の詳細

現在のリリースでは、優先ルート機能には次の特性があります。

優先ルートの各ネットワーク要素を定義する必要があります。

特定のノードが優先ルートに 1 度だけ現れることがあります。

優先ルートのすべてのノードが、 ネットワーク ノード テーブル に存在する必要があります。このテーブルにノードを追加するには、 addnwnode コマンドを使用します。このテーブルのノードを表示するには、 dspnwnodes コマンドを使用します。これらのタスクは、SNMP を使用して CWM で実行できます。

ローカル ノード以外に最大 19 個の NE を持つ優先ルートを定義できます。ルート セットには、合計 20 個までのノードを含めることができます。

各ネットワーク要素 ID は、ノードとポートのペアで構成されます。シンタックスの説明の neSyntax パラメータと -ne パラメータを参照してください。

優先ルートは複数の接続に割り当てることができますが、接続は 1 つの優先ルートにのみ関連付けることができます。

優先ルートは、 誘導 ルートとして指定できます。この場合、接続は優先ルートのみを使用します。この指定は、 addcon コマンドまたは cnfcon コマンドで割り当てることができます。

優先ルート定義が、CLI の制限( 単一 コマンドのエントリが 512 文字以下)を超えた場合は、まずルートの一部を addpref コマンドで定義し、次に cnfpref コマンドでルートを追加します。次の 2 つの要素の組み合せによって、ルート定義が CLI の制限を超える可能性があります。

NE のノード部分が 22 オクテット ノード ID で定義されるように指定している。

ルートに NE が多過ぎるため、ノード ID の定義に必要な文字数が 512 文字を超えている。優先ルートは発信元(ローカル)ノードにのみ意味があります。優先ルートを接続に関連付けるときは、接続のマスター エンドで実行します。

スイッチで定義できる優先ルートの最大数は、プラットフォームによって次のように異なります。

PXM45/C の場合、最大 10000 優先ルート

PXM45/B または PXM1E の場合、最大 5000 優先ルート

BPX-SES(PXM1)の場合、最大 1000 優先ルート

XPVC の場合、優先ルートと関連付けることができるのは、XPVC の SPVC 部分だけです。

現在優先ルートを使用している接続は、グルーミングされません。

優先ルートがブロックされたため、接続が新しいルートを取得した場合は、グルーミングまたは rrtcon コマンドの使用によって優先ルートに戻ります。

接続の 現在の ルートを優先ルートに指定するには、現在のルートをトレースし、そのルートを cnfcon で SPVC の優先ルートとして指定する必要があります。

この機能を使用すれば、ルート ID が異なる同一ルートを定義できます。ただし、これには何の利点もなく、システム リソースを消費するだけです。

必要に応じて、すべての優先ルートに含まれる特定のノード ID のインスタンスをすべて変更できます。ネットワーク ノード テーブルが 22 オクテットのノード ID で識別される場合は、 cnfndidrtes コマンドを使用して、すべての優先ルートに含まれるそのノード ID のインスタンスをすべて変更できます。

優先ルート機能は、スイッチの次の特性には影響を与えません。

規格に対する準拠

他のスイッチとの相互運用性

再ルーティングのために接続を選択する順序

優先ルート機能の制約事項

現在のリリースの優先ルート機能には、次の制約があります。

RPM または VISM がマスターになっている接続は、優先ルートに関連付けることができません。

優先ルート機能をリリース 3 の任意のバージョンからリリース 4 にアップグレードするパスはありません。したがって、リリース 4 にアップグレードするときに、リリース 3 の優先ルート定義はすべて失われ、手動で再入力する必要が生じます。アップグレードの前に dspprefs の出力を使用して、優先ルートのリストを作成することをお勧めします。

他のベンダーのノードを含む PNNI マルチ ピア ネットワークでは、発信元ノードは単一 DTL IE 内の最下位レベルのノードに対してだけ信号伝送ができます。

発信元ノードは、最下位レベルのノードだけを含む完全に定義されたルートに信号を伝送できます。

DTL IE には、ルートの各 DE のノード ID と出力ポート ID(着信ノードの出力ポートは除く)を含める必要があります。

この機能は、明示的なルート情報が入っている単一 DTL を中継ノードで処理する場合にのみ使用できます。

中継ノードまたは着信ノードが明示的なルートを処理できるのは、DTL 情報がすべて 1 つの IE に含まれている場合に限ります。

優先ルート機能は、ポイントツーマルチポイント設定とは互換性がありません。

優先ルートを設定する際に、スイッチは既知のネットワーク トポロジ情報に照らしてノード ID または ポート ID を検証しません。

CLI は addpref コマンドのシンタックス チェックのみを行い、セマンティック チェックは行いません。そのため、CWM を使用して優先ルートを作成する方が、より多くのチェックが行われるという利点があります。

シンタックス

addpref < routeid > < neSyntax > [ -dstNEpos < NE >] [ -ne1 {< node >/< port >}] [ -ne2 {< node >/< port >}] ...
[ -ne20 {< node >/< port >}]

シンタックスの説明

 

routeid

優先ルート ID の範囲は 1~65535 です。その ID が使用済みの場合、ノードはコマンドを拒否します。必要に応じて、 dspprefs の出力で利用可能なルート ID をチェックします。

neSyntax

ネットワーク要素を識別する方法は、4 通りあります。選択した形式をルートのすべての NE に対して使用します。次のキーワードのいずれかを入力します。

nodeidPnportid :ノードを 22 オクテットのノード ID で指定し、ポートを PNNI 論理整数 pnPortId で指定します。

nodenamePortid :ノードをノード名で指定し、ポートを物理 ポート ID で指定します。ネットワーク ノード テーブルに(必須のノード ID に加えて)ノード名を追加した場合にのみ、ノード名を使用できます。

nodeidPortid :ノードを 22 オクテットのノード ID で指定し、ポートを物理 ポート ID で指定します。

nodenamePnportid :ノードをノード名で指定し、PNNI 論理ポートを整数 pnPortId で指定します。ネットワーク ノード テーブルに(必須のノード ID に加えて)ノード名を追加した場合にのみ、ノード名を使用できます。

nodeID は 22 オクテットの PNNI ノード ID です。

Portid は PNNI 物理ポート ID です。狭帯域サービス モジュールの PXM1E での形式は slot . port です。PXM45 の場合、形式は slot : subslot . port : subport です。詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

PnportID は PNNI 論理ポート ID です。このポート ID の形式は、0~4294967295 の整数です。

デフォルト:なし

-dstNEpos

この整数で NE シーケンスにおける着信ノードの位置を識別します。たとえば、 NE が 4 の場合、着信ノードが 4 番目の NE であることを示します。

範囲:1~20

デフォルト:なし

-ne1、-ne2、... -ne20

ローカル ノードを含め、優先ルートには最大 20 NE を指定できます。

各 NE は、ノードとポートのペアで定義します。これらの要素のペアの形式は、 neSyntax のエントリに準拠する必要があります。次に示すように、ペアの値はスペースを入れずにスラッシュで区切りますが、キーワードと NE の間にはスペースを入れます。

-ne( n ) node/port

着信ノードとして指定した NE は、最も大きい番号のキーワードにする必要があります。それ以外の場合、スイッチはコマンドを拒否します。一見わかりやすくするために、着信ノードのポート ID を 0 にすることもできます。この値は、ルートの最後にある NE を決めていることに注意してください。この 0 は、優先ルートの表示コマンドの出力に表示されます。たとえば、9 個の NE があるルートでは次の形式になります。

-ne9 node/0

addpref コマンドの使用上のガイドライン

addpref コマンドを実際に使用する前に、以下の点に注意してください。

addpref コマンドには、少なくとも 1 つの -ne ( n ) キーワードを含めます。

連続した NE を使用しない場合、ルート セットに穴が開きます。実際に特定のルート セットを接続に関連付ける前に、ルートが完結している必要性( ne1 から neN まで NE 番号が連続している)があるかどうかを検討します。

着信ノードとして指定する NE は、最も高い番号の NE にする必要があります。それ以外の場合、優先ルート定義は無効になり、ルートはプロビジョニング中の状態になります。

関連コマンド

dsppnports dsppnport dsppref dspprefs delpref cnfpref, addnwnode delnwnode dspnwnode dspnwnodes addcon cnfcon dspcon dspcons cnfndidrtes

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:GROUP1

この例では、ノードがネットワーク ノード テーブルに存在することが前提になっています。次の特性を持つ優先ルートを作成します。

ルート ID は 2

各 NE をノード名と物理ポート ID で識別

ルート内のノードのシーケンス: atlanta、newyork、chicago、seattle

ルート内のポートのシーケンス:

1:1,1:9

1:1.1:2

1:2.1:7

0

 
atlanta.7.PXM.a > addpref 2 nodenamePortid -ne1 atlanta/1:2.1:9 -ne2 newyork/1:1.1:2 -ne3 chicago/1:2.1.7 -ne4 seattle/0
 
Pref Route ID = 2

addprfx

Add Prefix(プレフィックスの追加):PXM45、PXM1E

addprfx コマンドで、UNI または IISP に ILMI の ATM プレフィックスを追加できます。

シンタックス

addprfx < portid > < atm-prefix>

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 では、 slot:subslot.port:subport です。

UNI/NNI バック カードの PXM1E では、 slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用の PXM1E の場合: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

atm-prefix

13 バイトの ATM プレフィックス(26 桁の 16 進数表示の文字列)

関連コマンド

dspprfx delprfx

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

プレフィックス 47.0091.8100.0000.0000.0ca7.9e01 を PNNI 物理ポート 3:1.1:1 に追加します。このポートの ARM アドレス プレフィックスを表示します。追加した 1 つだけが表示されています。

M8850_NY.7.PXM.a > addprfx 3:1.1:1 47.0091.8100.0000.0000.0ca7.9e01
 
M8850_NY.7.PXM.a > dspprfx 3:1.1:1
 
ILMI Configured Port Prefix(es):
47.0091.8100.0000.0000.0ca7.9e01
 
M8850_NY.7.PXM.a >

 

addred

Add Redundancy(冗長性の追加):PXM45、PXM1E

addred コマンドは、2 つのスロットをリンクし、サービス モジュールのペアに対してカードレベルの冗長性をサポートします。スイッチに 2 つの PXM がある場合は、 addred コマンドを使用しなくても自動的に冗長化されます。(PXM1E の場合、UNI/NNI バック カードでは、カードレベルで自動的に冗長化されます。SRM では、カードのペアが存在すれば自動的に冗長化されます。そのため、PXM1E の addred は、狭帯域サービス モジュールに適用されます)。SONET/SDH 回線の回線レベルの冗長性については、 addapsln の説明を参照してください。

冗長ペアは、プライマリ スロットとセカンダリ スロットで構成されます。冗長性を設定するには、両方のカードがアクティブ状態である必要があります。設定した後、セカンダリ カードはスタンバイ状態になります。

現在の製品では、次のカードレベルの冗長化方式をサポートしています。

PXM45 は、高帯域幅サービス モジュールには 1:1 の冗長性(Y 字型ケーブルを使用)をサポートし、T1 または E1 サービス モジュールには SRM による 1: N の冗長性をサポートします。

PXM1E は、高速サービス モジュールには 1:1 の冗長性(Y 字型ケーブルを使用)をサポートします。

PXM1E は、サービス リソース モジュール(SRM-3T3/C、SRME または SRME/B)を使用して、NBSM には 1:N の冗長性をサポートします。

存在する冗長性を表示するには、 dspcd dspcds 、または dspred を使用します。

SRM によりサポートされる 1:N 冗長性

SRM がサポートする 1:N の冗長性は、バルク モードと非バルク モードの両方で可能です。バルク分散の説明については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, Cisco MGX 8830, and Cisco MGX 8880 Configuration Guide, Release 5 』の addlink または冗長性の説明を参照してください。

バルク モードの場合は、次のことに注意してください。

フロント カードごとにバック カードが必要です。

バックカードのいずれかが、1:N の冗長性をサポートする冗長バック カードである必要があります。

バルク モードと非バルク モードの 1: N の冗長性には、次の要件が適用されます。

サポートするサービス モジュールは、同じベイに常駐する必要があります。

サービス モジュール セットのフロント カードは、同じモデルで、同じ機能をサポートする必要があります。

サービス モジュール セットのバック カードは、同じである必要があります。

指定したセカンダリ カードがプライマリ カードをバックアップしている場合、そのカードは他のプライマリ カードをバックアップできません。グループ内の他のプライマリ カードに障害が発生した場合、セカンダリで冗長化されるためには、その障害カードをリセットする必要があります。

セカンダリ カードは、次のいずれかによりスイッチオーバーが発生した場合を除き、トラフィックを搬送できません。

プライマリ カードの障害

switchredcd コマンドの使用

多目的サービス モジュールの冗長化

冗長化多目的サービス モジュール(MPSM)のペアを設定するには、十分な数のライセンスが両方のカードで利用可能になっている必要があります。ライセンスは MPSM に事前に存在しているか、PXM のライセンス プールで利用可能になっている必要があります。1:N 冗長化でも、MPSM は同じライン タイプを持つ AUSM、FRSM または CESM のセカンダリ カードとして使用することができますが、逆はできません(これらのレガシー SM はプライマリ MPSM のセカンダリ カードとしては使用できません)。

シンタックス

addred <redPrimarySlotNum> <redSecondarySlotNum> <RedType>

シンタックスの説明

 

redPrimarySlotNum

プライマリのスロット番号の範囲は、シャーシによって次のように変わります。

MGX 8950 シャーシ(PXM45):1~6 および 11~16

MGX 8850 シャーシ(PXM45 または PXM1E):1~6、9~14、17~22、および 25~30

MGX 8830 シャーシ(PXM1E):3~6 および 10~13

redSecondarySlotNum

プライマリのスロット番号の範囲は、シャーシによって次のように変わります。

MGX 8950 シャーシ(PXM45):1~6 および 11~16

MGX 8850 シャーシ(PXM45 または PXM1E):1~6、9~14、17~22、および 25~30

MGX 8830 シャーシ(PXM1E):3~6 および 10~13

RedType

冗長性のタイプ。次の数値のいずれかを入力します。

1 = 1:1 Y 字型ケーブル

2 = 1:N

1:N の冗長性の場合、N の範囲はシャーシ タイプによって次のように変わります。

MGX 8850 シャーシ:1~11

MGX 8830 シャーシ:1~7

関連コマンド

dspred、delred、switchredcd

アトリビュート

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

スロット 5 をプライマリ、スロット 6 をセカンダリ スロットとして、1:N の冗長化を追加します。 dspred を使用して結果を確認します。 dspred の出力では、スロット 5 と 6 の RPM ペア以外に、自動的に冗長化されたスロット 7 と 8 の PXM45 ペアも表示されます。「PXM45-U」はこれらのカードがアップグレードされたファームウェアで実行されていることを示します。ファームウェアは loadrev または runrev によりアップグレードされますが、まだ commitrev コマンドでコミットされてはいません。

rswpop7.8.PXM.a > addred 5 6 2
Secondary slot 6 will now run Primary Slot 5 image revision
 
rswpop7.8.PXM.a > dspred
rswpop7 System Rev:02.01 Feb. 11, 2002 22:50:03 GMT
MGX8850 Node Alarm:MAJOR
Primary Primary Primary Secondary Secondary Secondary Redundancy
SlotNum Reserved State SlotNum Reserved State Type
Type Type
------- -------- ------- --------- --------- --------- ----------
5 RPM-PR Active 6 RPM-PR Empty 1:n
7 PXM45 Standby-U 8 PXM45 Active-U 1:1
 
 

addrscprtn

Add Resource Partition(ース パーティションの追加):PXM1E

addrscprtn コマンドは、帯域幅などの論理ポートのリソースを配分する場合に使用します。パーティションのリソースを利用できるエンティティはネットワーク コントローラです。具体的には、Private Network to Network Interface(PNNI)と Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)が、現時点ではリソースの配分ができるコントローラです。リソース パーティションの追加は、今後の変更(コントローラの追加など)を考慮した上で行います。

リソース パーティションは次の要素から構成されます。

保証帯域幅が全帯域幅に占める割合

VPI と VCI の範囲

最大および最小保証接続数最大接続数には 10 より大きな値を設定する必要があります。


addpart コマンドと addrscprtn コマンドは全く同じものです(addrscprtn は、MGX 8850 Release 1 のノードでのコマンド名です)。どちらのコマンド名を使っても構いません。このことは他のどのパーティション コマンドにもあてはまります。


パーティション追加の準備作業

リソース パーティションを追加する場合は、次の作業を済ませておく必要があります。

PXM で addcontroller コマンドを実行して、Cisco Virtual Switch Interface(VSI; 仮想スイッチ インターフェイス)のネットワーク コントローラをアクティブ化します。現在のコントローラは、PNNI と LSC です。 addcontroller の実行時に入力するコントローラ ID が、各パーティションに割り当てられます。

upln および cnfln (オプション)を実行して、カード上の物理回線をアクティブにします。

addport および cnfport (オプション)を実行して、物理回線に論理ポートを追加します。

ポート、パーティション、コントローラ、およびインターフェイス タイプ

ここでは、パーティションを追加する前に注意が必要な、ポート、パーティション、およびコントローラに関する詳細について説明します。

どのインターフェイス タイプを使用する場合でも、ポートに追加可能なパーティションは 1 つのコントローラにつき 1 つです。そのため、1 つのポートに 1 つの PNNI 用パーティションと 1 つのLSC パーティションを追加できます(ただし、現在 PXM1E は PNNI だけを使用することに注意してください)。この要件は、( addport を実行して指定した)インターフェイスが UNI、NNI、VUNI、VNNI、EVUNI、EVNNI のどれであっても適用されます。

パーティション ID とコントローラ ID のペアは、すべてのインターフェイスで同じにする必要があります。この場合、インターフェイス番号でパーティションを一意に識別します。たとえば、UNI と NNI が 2 つずつある PXM1E-4-OC3 では、次のように指定します。

論理インターフェイス 1(回線 1)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 2(回線 2)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 3(回線 3)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

論理インターフェイス 4(回線 4)、パーティション ID 1、コントローラ ID 2

たとえば、 LSC のポートにパーティションを追加するのであれば、論理インターフェイス 1、パーティション ID 2、コントローラ ID 3 から順次追加していきます。

また、 addrscprtn コマンドで追加する VPI および VCI は、 addport コマンドを使用してポートを作成したときに指定した範囲内に入っている必要があります。

シンタックス

addrscprtn < ifNum > < partId > < ctrlrId > < egrminbw > < egrmaxbw > < ingminbw > < ingmaxbw > < min_vpi > < max_vpi > < min_vci > < max_vci > <minConns> <maxConns>

シンタックスの説明

パーティションのパラメータは多数ありますが、 cnfpart コマンドまたは cnfrscprtn コマンドを使用すると、パラメータの変更を、ポートをダウン状態にすることなく動的に実行できます。ただし、VPI または VCI の最小値または最大値を変更する場合は、 dnport コマンドを実行してあらかじめポートをダウン状態にしておく必要があります。

 

ifNum

論理インターフェイス(ポート)番号。PXM1E の場合の範囲は 1~31 です。

partId

パーティション ID 番号の範囲は 1~20 です。すべてのインターフェイスで、パーティション ID とコントローラ ID の同じペアを使用する必要があります。

ctrlrId

controllerID は、ネットワーク コントローラを識別する番号です。PXM1E は、PNNI コントローラ(オプション 2)だけをサポートします( 予約されている コントローラ ID は 1~3 です)。

予約されている各コントローラ ID とその対象は次のとおりです。

1 = PAR(Portable AutoRoute):PXM1E および PXM45 では現在は使用されていません。

2 = PNNI

3 = LSC:PXM1E ではサポートされていません(MPLS は、Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)とも呼ばれます)。

(PXM1E の絶対範囲は 1~254 です。)

egrminbw

出力側の保証帯域幅が全帯域幅に占める割合。 egrminbw の単位は、ポートの全帯域幅の 0.000001% です( egrMinBw が 1000000 のときに 100%)。この方法により、非常に細かく設定ができます。

egrmaxbw

出力側の最大帯域幅が全帯域幅に占める割合。 egrmaxbw の単位は、ポートで利用可能な全帯域幅の 0.000001% です( egrMaxBw が 1000000 のときに 100%)。出力側の最大帯域幅の下限は 50 Cps です。

ingminbw

入力側の保証帯域幅が全帯域幅に占める割合。 ingminbw の単位は、ポートで利用可能な全帯域幅の 0.000001% です。したがって、 ingMaxBw が1000000 であれば 100% になります。

ingmaxbw

入力側の最大帯域幅が全帯域幅に占める割合。 ingmaxbw の単位は、ポートの全帯域幅の 0.000001% です。したがって、 ingMaxBw が1000000 であれば 100% になります。入力側の最大帯域幅の下限は 50 Cps です。

minVpi

最小 VPI の範囲。インターフェイス タイプによって異なります。


) VNNI および VUNI の場合は、minVpimaxVpi とを同じにする必要があります。



) EVNNI および EVUNI の場合は、minVpimaxVpi とが異なっても構いませんが、maxVpiminVpi より小さくすることはできません。


VPI の絶対範囲は下記のとおりですが、最小 VPI は、 addport コマンドを実行してポートを作成したときに、そのポートに指定した VPI の範囲内に収める必要があります。

NNI および EVNNI の場合:0~4095

VNNI の場合:1~4095

UNI および EVUNI の場合:0~255

VUNI の場合:1~255

maxVpi

最大 VPI の範囲。インターフェイス タイプによって異なります。


) VNNI および VUNI の場合は、minVpimaxVpi とを同じにする必要があります。



) EVNNI および EVUNI の場合は、minVpimaxVpi とが異なっても構いませんが、maxVpiminVpi より小さくすることはできません。


VPI の絶対範囲は下記のとおりですが、最大 VPI は、 addport コマンドを実行してポートを作成したときに、そのポートに指定した VPI の範囲内に収める必要があります。

NNI および EVNNI の場合:0~4095

VNNI の場合:1~4095

UNI および EVUNI の場合:0~255

VUNI の場合:1~255

minvci

最小 VCI(1~65535)

maxvci

最大 VCI(1~65535)

minConns

保証される接続数を指定します。PXM1E UNI/NNI では、回線のタイプに応じて指定可能な範囲が異なります。

OC3、T3、E3 回線の場合、範囲は 10~27000 です。

T1、E1 回線の場合、範囲は 10~13500 です。

dspcd のポート グループの説明も参照してください。狭帯域サービス モジュールでは、範囲は変化します。詳細については個々のカードの CLI を参照してください。)

maxConns

保証する接続数を指定。 maxConns には、minConns 未満の値を指定することはできません。PXM1E UNI/NNI では、回線のタイプに応じて指定可能な範囲が異なります。

OC3、T3、E3 回線の場合、範囲は 10~27000 です。

T1、E1 回線の場合、範囲は 10~13500 です。

関連コマンド

cnfrscprtn delrscprtn dsprscprtns dsprscprtn

アトリビュート

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

addsct

Add Service Class Template(サービス クラス テンプレートの追加):PXM45、PXM1E

addsct コマンドを使用して、SCT のメジャー バージョンをスイッチに登録します。SCT の登録とは、テンポラリ ディレクトリからカード タイプに固有のディレクトリに SCT を移動することです。通常、C:SCT/TEMP ディレクトリから F:SCT/ card_type ディレクトリに移動します。F: ドライブのディレクトリから、ポートまたはカードの SCT を適切なディレクトリにロードできます。

addsct コマンドを使用するときは、パスを指定する必要はありません。また、 addsct は SCT を コピー するのではなく、実際に 移動 することに注意してください。


) PXM1E は、ポート SCT のみを使用します。


addsct コマンドは、SCT をワークステーションからスイッチに転送し、次にカードまたはポートに転送する一連のタスクの一部です。このタスクは、ネットワーク全体を対象にして、CWM で実行できます。このタスクをスイッチごとに CLI で実行するには、次のようにします。

1. FTP を使用して、新しい SCT または修正された SCT をワークステーションから C:TEMP ディレクトリにダウンロードします。

2. addsct コマンドを使用して、ディスク上の適切な SCT ディレクトリに SCT を移動します(このプロセスは、SCT の インストール とも呼ばれます)。

3. addport または cnfport を使用して、ポートレベル SCT をポートにロードします(AXSM または FRSM12 の場合は、さらに cnfcdsct コマンドを使用して、カードレベル SCT をカードにロードします)。


) 新しいマイナー バージョンを登録する場合は、cnfsct コマンドを使用します。


ノードの設定、SCT、および clrallcnf コマンド

PXM のハード ドライブ上の SCT ファイルは、スイッチの設定の一部なので、これらのファイルを削除するには、 clrallcnf コマンドを使用します。 saveallcnf コマンドで設定を保存しなかった場合は、 addsct コマンドを使用して SCT ファイルを再インストールする必要があります。 clrallcnf コマンドを使用する前に、既存の SCT 設定に対して saveallcnf コマンドを実行する必要があるかどうかを検討してください。

シンタックス

addsct < cardtype > < scttype > < sctId > < majorversion > < checksum >

シンタックスの説明

 

cardtype

cardtype は、SCT を利用するカードです(このカードの適切なディレクトリに SCT をインストールします)。

1:AXSM

2:AXSM-E

3:PXM1E

4:FRSM12

デフォルト:なし

scttype

scttype パラメータは、次のように、ポート レベルまたはカード レベルの SCT を識別します。

1:ポートレベル SCT

2:カードレベル SCT(このコマンドを PXM1E で実行する場合は、適用されません)

デフォルト:なし

sctId

SCT ID は、指定したサービス クラス テンプレートを参照します。SCT は、シスコ提供の SCT または CWM で作成した SCT です。指定可能な ID は、次のとおりです。

シスコ提供:1~100

ユーザ作成:101~255

majorversion

ファイルのメジャー バージョン番号。新しいパラメータが MIB に追加されると、この番号は変わります。ファイルの新しいメジャー バージョンを生成できるのはシスコシステムズだけです。

チェックサム

シスコ提供の各 SCT には、リリース ノートに記述されたチェックサムが付いています。CWM を使用して既存の SCT から新しい SCT を作成するときは、CWM が新しい SCT のチェックサムを生成します。範囲は 0~0xffffffff です。

関連コマンド

delsct cnfsct dspscts setsctver addport cnfport dspport cnfcdsct dspportsct dspcdsct dspsct

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ポート SCT 53、バージョン 1、チェックサム 0x18a4fdad を追加します。

Unknown.7.PXM.a > addsct pxm1e card 53, 1 0x18a4fdad
 

カードレベル、AXSM-E SCT 3、バージョン 1 をインストールします。

p2spvc2.8.PXM.a > addsct 2 2 00003 00001 0x46f6c566 test_modified_version_of_Cisco_SCT_4
 

AXSM カード用のカードレベル SCT 122 をインストールします。

p2spvc2.8.PXM.a > addsct AXSM CARD 00122 00001 0x6fae1018 feb_1stSCT

addserialif

Add Serial Interface(シリアル インターフェイスの追加):PXM45、PXM1E

addserialif コマンドは、PXM45-UI-S3 または PXM45-UI-S3/B バック カードのシリアル ポートをアクティブにします。シリアル ポートには、コンソール ポートとメンテナンス ポートの 2 種類があります。これらのポートからユーザはスイッチを制御できます。シリアル インターフェイスのデフォルト レートは 9600 ビット/秒です。異なるターミナル レートを選択するには、 cnfserialif コマンドを実行します。

各ポートには、さまざまなタイプの端末が接続されます。これらのスイッチ制御用の物理ポートの使用方法については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, Cisco MGX 8830, and Cisco MGX 8880 Configuration Guide, Release 5 』を参照してください。

シンタックス

addserialif < port# >

シンタックスの説明

port#

物理ポートを指定します。

1 = メンテナンス ポート

2 = コンソール ポート

関連コマンド

cnfserialif delserialif dspserialif

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

コンソール ポートをアクティブにします。

node19.8.PXM.a > addserialif 2

addsntprmtsvr

Add SNTP Remote Server(SNTP リモート サーバの追加):PXM45、PXM1E

addsntprmtsvr コマンドで、リモート デバイスを Simple Network Time Protocol(SNTP;簡易ネットワーク タイム プロトコル)サーバに指定できます。リモート サーバは、CWM ワークステーションまたはスイッチです。SNTP は、各クライアント スイッチにアップデートを送信して、クライアント ノードの time of day(TOD; 時刻)の同期をとります。リモート スイッチをプライマリ サーバまたはセカンダリ サーバに指定して、ネットワーク タイミング プロトコルのバージョンを指定することもできます。

addsntprmtsvr コマンドは、 cnfsntp コマンドと連携して機能します。 cnfsntp コマンドを使用して、関係のあるさまざまなタイマーを設定できます。サーバを冗長化するために、SNTP クライアントをアクティブにして、リモート SNTP/NTP サーバと同期するように SNTP サーバを設定できます(詳細については、 cnfsntp の説明を参照してください)。 addsntprmtsvr で設定したパラメータを修正するには、 cnfsntprmtsvr コマンドを使用します。

NTP バージョン 3 と SNTP バージョン 4

簡易ネットワーク タイム プロトコル(SNTP)バージョン 4 は、Network Time Protocol(NTP;ネットワーク タイム プロトコル)適合で、ATM ネットワークで TOD の同期をとるために使用されます。

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)バージョン 3 は、RFC 1305 で規定され、グローバル インターネットでコンピュータ クロックを同期させるために広く使用されています。このプロトコルは、各地の時間および周波数配布サービスにアクセスし、時間同期サブネットを組織化し、サブネット ピアに参加するコンピュータのローカル クロックを調整する包括的なメカニズムを提供します。現在インターネットが使用できるほとんどの地域で、NTP は 1~50 ミリ秒の精度を提供します。この精度は、同期ソースとネットワーク パスの特性に依存します。

シンタックス

addsntprmtsvr { server IP address } [ -version { version }] [ -primary { yes | no }]

シンタックスの説明

 

server IP address

サーバとして機能するリモート スイッチの IP アドレス

version

SNTP バージョンは、3 または 4 です。

デフォルト:3

-primary

リモート スイッチをプライマリ SNTP サーバとして設定する場合は、yes を入力します。

デフォルト:no

関連コマンド

cnfsntp cnfsntprmtsvr dspsntp dspsntprmsvr delsntprmtsvr dspsntpstats clrsntpstats dbgsntp dspsntp-dbg

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

addsntprmtsvr コマンドを使用して、PXM1E_SJ という名前のクライアント スイッチにプライマリ サーバとして M8850_NY を登録します。クライアントで SNTP の状態を表示し、サーバと同期が取れたことを確認します(「sync」フィールドが「yes」)。また、 現在の stratum が 2(プライマリ サーバの stratum の値 + 1)であることに注意します(SNTP のコンテキストでの「stratum」の意味については、 cnfsntp の説明を参照してください)。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > addsntprmtsvr 172.29.52.56 -primary yes
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > dspsntp
 
client: yes
server: no
 
polling: 64
waiting: 5
rollback: 1024
stratum(default): 5
stratum(current): 2
sync: yes
 

クライアントで日時を表示し、プライマリ サーバの日時とほぼ同じであることを確認します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > dspdate
Dec 27 2002 02:41:07 GMT
 
M8850_NY.7.PXM.a > dspdate

Dec 27 2002 02:41:09 GM

addtrapmgr

Add Trap Manager(トラップ マネージャーの追加):PXM45、PXM1E

SNMP トラップを受信する SNMP マネージャーをセットアップします。1 ノードあたりのトラップ マネージャーの最大数は 12 です。

addtrapmgr で追加したトラップ マネージャーと SNMP マネージャー(Cisco WAN Manager またはその他のアプリケーション)で追加されたトラップ マネージャーは、エージングされず、削除されません。トラップ マネージャーを削除するには、 deltrapmgr コマンドか、対象オブジェクトの SNMP Set を使用します。

シンタックス

addtrapmgr < ip_addr > <portnum>

シンタックスの説明

 

ip_addr

ドット付き 10 進表記の IP アドレス

nnn.nnn.nnn.nnn n = 0~9、および nnn < 256

portnum

トラップを受信するワークステーションのポート番号。範囲は 0~65535 です。SNMP でトラップ マネージャーを追加する場合、デフォルト portnum は 162 です。

関連コマンド

deltrapmgr dsptrapmgr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

IP アドレス 161.10.144.56 のトラップ マネージャーをポート 50 に追加します。

node501.7.PXM.a > addtrapmgr 161.10.144.56 50

 

adduser

Add User(ユーザの追加):PXM45、PXM1E

adduser コマンドを使うと、ユーザ アカウントをローカル データベースに追加することができます。ユーザ アカウントには、ユーザ名、特権レベル、およびパスワードが含まれます。特権レベルの階層(上位から下位)は次のとおりです。

CISCO_GP

SERVICE_GP:潜在的に危険な設定や、複雑なトラブルシューティングを行うコマンドに対して指定されています。

SUPER_GP:ノードレベルのサービスに影響があるコマンドに対して指定されています。

GROUP1:SPVC プロビジョニングなど、基本的なサービス設定を行うコマンドに対して指定されています。

ANYUSER:表示コマンドと基本的なユーザ コマンドに対して指定されています。

追加するユーザの特権レベルは、 adduser コマンドを使用しているアカウントのユーザレベルよりも低い必要があります。たとえば、SUPER_GP レベルでログインしている場合、GROUP1 または ANYUSER 特権のアカウントのユーザしか作成できません。

作成可能なユーザ アカウントの数はスイッチ 1 基につき最大で 100 です。

ユーザは、自身のユーザアカウントの特権レベル以下のコマンドを利用できます。たとえば、SUPER_GP アクセスの場合は、「SUPER_GP」、「GROUP1」、または「ANYUSER」特権を必要とするコマンドを使用できます。コマンドの最小アクセス レベルは、各コマンドの説明のアトリビュートの項にあります。


) このコマンドでは、ユーザはローカル データベースに対してのみ追加されます。TACASC+ プロトコルなどのリモート認証プロトコル用のリモート ユーザ データベースには影響しません。しかし、adduser を使用して、ローカルの名前をサーバにある TACACS+ データベースにある名前と一致させることはできます(cnfaaa-authencnfaaa-author および TACACS+ に関する情報の説明を参照してください)。


シンタックス

adduser < user ID > < accessLevel >

ユーザ ID と特権レベルを入力すると、パスワードを求めるプロンプトが 2 回スイッチにより表示されます。

Enter new password: ( password )

Re-enter password: ( password )

シンタックスの説明


) 例で示すように、ユーザ ID とアクセス レベルを入力すると、パスワードを求めるプロンプトが表示されます。


 

user ID

PXM またはサービス モジュールの CLI にログインするときに入力する名前の文字列です。ユーザ ID の次の特性に注意してください。

ユーザ ID は 12 文字までの英数字で構成でき、「_」や「-」などの特殊文字を使用することができます。引用符「"」はスペースを含むユーザ名を囲むために使用されるため、この ID に使用することはできません。

名前全体を引用符「"」で囲むと、名前に 1 つ以上のスペースを含めることができます。たとえば、"Enzo Ferrari" は adduser コマンドの有効なエントリになります。このユーザがスイッチにログインする際は、名前 Enzo Ferrari にスペースがあっても引用符を使用する必要はありません。

大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字の違いがユーザがログインする際にチェックされます。

作成可能なユーザ名の数はスイッチ 1 基につき最大で 100 です。

accessLevel

ユーザ特権レベルでは、大文字と小文字が区別されます。追加するユーザの特権は、 現在の ユーザの特権よりも低くする必要があります。最大特権から最小特権に至る階層は次のとおりです。

CISCO_GP

SERVICE_GP

SUPER_GP

GROUP1

ANYUSER

password

アカウントのパスワード。パスワードを変更するには、 cnfpasswd を使用します。

関連コマンド

cnfuser dspusers deluser delallusers cnfpasswd users who whoami

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

特権レベルが GROUP1 のユーザ名「Enzo Ferrari」を追加します。GROUP1 のユーザを追加するには、現在のユーザ特権レベルが SUPER_GP 以上である必要があります。現在のユーザ名を判別するには、 whoami コマンドを実行します。現在のすべての特権レベルを表示するには、 dspusers を実行します。

この例で、現在のユーザの特権レベルが GROUP1 または ANYUSER の場合は、2 回目のパスワード入力の後コマンドが失敗し、「-l」(特権レベル)に不正な値が入力されたというメッセージが返されます。

M8830_SF.2.PXM.a > adduser “Enzo Ferrari” GROUP1
Enter new password:
Re-enter new password:
User Enzo Ferrari added to local database

) 「User Enzo Ferrari」 がローカル データベースに追加され、ローカル スイッチでアカウントがデータベースに追加されたことが示されます。adduser コマンドはリモート データベースには影響しません。


aesa_ping

ATM End Station Address Ping(ATM 端末アドレスの PING):PXM45、PXM1E

aesa_ping コマンドで、PNNI ネットワークに接続された任意の ATM end station address(AESA; ATM 端末アドレス)にコンタクトできます。パラメータ選択に応じて、次のことができます。

指定した送信先アドレスへの PNNI 接続性のチェック

AESA への designated transit list(DTL;指定中継リスト)の表示

オプションの引数 - setupcall 、- qos 、- trace 、および - data を使用して、パケットを送信したり、このコマンドが画面に送信する情報をさらに細かくできます。

aesa_ping コマンドで入力したパラメータは、このコマンド自体の実行状態のみを指定します。このコマンドで開始された動作は、- timeout で指定した時間が経過すると中止されます。

シンタックス

aesa_ping < destination address > [- setupcall {yes/no} ] [- qos {ubr | abr | cbr | vbr_rt | vbr_nrt}]
[- pcr { peak cell rate }] [- scr { sustain cell rate }] [- trace {yes/no}] [- timeout { time out in secs }]
[- data {yes/no}] [- interval {time}]

シンタックスの説明

 

destination address

Network Service Access Point(NSAP; ネットワーク サービス アクセスポイント)形式で、送信先アドレスをセットアップします。

デフォルト:ヌル

- setupcall

switched virtual connection(SVC; 相手先選択接続)を PING の一部としてセットアップします。通話は、設定された時間が経過すると中止されます(- timeout パラメータを参照してください)。

yes:通話をセットアップする
no:通話をセットアップしない

デフォルト:no

- qos

相手先選択接続(SVC)の PING 接続に使用する QoS を指定します。QoS は、CBR、ABR、または UBR です。

デフォルト:UBR

- trace

PING 中にパス トレースを有効にするかどうかを指定します。トレースは、- timeout で指定した時間が経過すると、中止されます。

yes:パス トレースは有効
no:パス トレースは有効でない

デフォルト:no

- data

PING でデータ パケットを送信するかどうかを指定します。データ パケットは、- timeout で指定した時間が経過すると、終了します。

yes:データ パケットを送信する
no:データ パケットを送信しない

デフォルト:無効

- timeout

PING の接続タイムアウトを指定します。- timeout で指定した時間が経過すると、選択したすべての PING オプションも終了します。

値の範囲は 5~120 秒です。
デフォルト:5 秒

-interval

連続する送信の時間間隔を指定します。

値の範囲は 5~120 秒です。
デフォルト:5 秒

- pcr

ピーク セルレートを指定します。

値の範囲は 1~100 Cps です。
デフォルト:10

- scr

平均セルレートを指定します。

値の範囲は 1~50 Cps です。
デフォルト:5

関連コマンド

dsppingatmaddr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

この例では、アドレスが 47.00918100000000d058ac23ac.00d058ac23ac.01 の ATM 端末アドレスに PING する aesa_ping コマンドラインを示します。PING は次のように設定します。

通話をセットアップしない。

QoS メトリックは UBR

トレースを有効にしない。

PING でデータを送信しない。

応答は 6 秒待機

終了するまで、60 秒おきに PING を繰り返す。

PING のピーク セルレートは 5 Cps

PING の平均セルレートは 5 Cps

SanJose.7.PXM.a > aesa_ping 47.00918100000000d058ac23ac.00d058ac23ac.01 -setupcall no
-qos ubr -trace no -data disable -timeout 6 -interval 60 -pcr 5 -scr 5
 
Ping Got CLI message, index=0
 
PING:from PNNI--SOURCE ROUTE
DTL 1 :Number of (Node/port)elements 2
 
DTL 1:NODE 1::56:160:71:0:145::238:238:238:238:Port 1:262656
 
DTL 1:NODE 2::56:160:71:0:145::88:172:35:172:Port 2:0
 
Port List :no of ports = 1
 
Port ID 1:262656
 

SanJose.7.PXM.a >

bootchange

Boot Change(ブート変更):PXM45、PXM1E

bootchange コマンドで、PXM のイーサネット インターフェイスのブート IP アドレスとゲートウェイ アドレスを設定できます。

イーサネット インターフェイスは、多目的です。ブートアップ時は PXM のブート インターフェイスとして機能し、通常のオペレーション時はネットワーク管理用ソフトウェアへのインターフェイスとして機能します。この二重の目的を達成するために、次のように、PXM で 2 種類のイーサネット IP アドレスを設定する必要があります。

ブート IP アドレス は、PXM がブートアップするときにのみ使用され、 bootchange コマンドで設定します。

ディスク IP アドレス は、通常の PXM オペレーション時に使用され、 ipifconfig で設定します。


bootchange コマンドは、アクティブ状態の PXM で実行します。PXM のブート プロンプトからブート IP アドレスを変更するには、sysBootChange コマンドを使用します。


該当するパラメータ

現在、入力が必要なパラメータは、次のとおりです。

boot device(ブート時に利用可能なインターフェイスはイーサネットのみなので、エントリは 「lnPci」にする必要があります。)

host name(好きな文字列を入力します。)

inet on ethernet (e)(サブネット マスクを含める場合は、「file name」または「host name」フィールドにプレースホルダー文字列を入力します。詳細については、「ブート IP アドレス サポートの特性」を参照してください。)

gateway inet (g)

bootchange コマンドで一度に表示されるパラメータは 1 つです(画面レイアウトを例で示します)。指定しないフィールドをスキップするには、プロンプトで、値を入力せずに Enter キーを押します。現在の設定を表示するには、フィールドをスキップしてパラメータを変更せずに bootchange コマンドを使用します。

ブート IP アドレス サポートの特性

スイッチがブート IP アドレスを管理する方法について、次のことに注意してください。

ブート IP 情報は、PXM の NVRAM に格納され、カードと共に移動します。

ブート IP アドレスは、 saveallcnf コマンドの操作では保存されません。

bootchange で使用するサブネットは、 ipifconfig コマンドで使用するサブネットと一致する必要があります。

ゲートウェイ IP アドレスは、ブート IP とディスク IP の両方の設定に適用されます。

「file name」、「inet on backplane」、および「host inet」の各フィールドは、クリアする(ブランクにする)必要があります。


注意 サブネット マスクを指定する場合、「file name」または「host name」フィールドのどちらかにヌルでないプレースホルダー値を入力する必要があります。これらの値は実際には使用されませんが、サブネット マスクを使用する場合、少なくとも 1 つのエントリがオペレーティング システムにより要求されます。サブネット マスクを指定したのに、「file name」または「host name」を指定しない場合、システムはサブネット マスクを適切に解析することができません。

「例」の項目には、サブネット マスクを指定してファイル名およびホスト名をヌルにした場合、および項目をすべて適切に指定した場合を紹介する一対の例が含まれます。

エントリをクリアするには、プロンプトでピリオド(.)を入力します。

CLI から bootchange を実行すると、情報は自動的にスタンバイ PXM と同期がとられます。

アクティブ PXM で bootchange を使用してブート IP の変更を入力すると、その変更は即座にスタンバイ PXM で有効になります(ブートモードで sysBootChange を使用した場合は、変更を有効にするために、PXM をリセットする必要があります)。

ゲートウェイ IP の変更は、すぐには有効になりません。

ブート IP アドレスとディスク IP アドレスが同じ場合は、スタンバイ PXM イーサネット インターフェイスが「down」に設定されます。それ以外の場合は、ブート IP アドレスを使用して、スタンバイ PXM に到達できます。

シンタックス

bootchange < options >


注意 ネット マスクを「inet」フィールドで使用する場合、ヌル以外の値(/ など)を「file name」または「host name」フィールドに入力する必要があります。

関連コマンド

ipifconfig sysBootChange

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

イーサネット ポートに IP アドレス 170.11.52.61 を指定し、ゲートウェイ IP アドレスに 170.11.52.2 を指定します。ノードにあるすべてのフィールドが表示されます。イーサネットとゲートウェイのプロンプト以外は、すべてのフィールドで Enter キーを押します。

pinnacle.7.PXM.a > bootchange
 
'.' = clear field; '-' = go to previous field; ^D = quit
 
boot device : lnPci
processor number : 0
host name :
file name :
inet on ethernet (e) : 170.11.52.61
inet on backplane (b):
host inet (h) : 170.11.25.42
gateway inet (g) : 170.11.52.2
user (u) : rli
ftp password (pw) (blank = use rsh):
flags (f) : 0x0
target name (tn) : pxm45-71
startup script (s) :
other (o) :

サブネット マスク設定でどのように指定すると問題が発生するかについては、以下の 2 つのケースを参考にしてください。両方の画面は、設定に続いて表示したもので、直前に行われた設定を示します。

最初のケースは、Ethernet の inet は135.14.10.4 で、マスクは ffffffe0 ですが、ファイル名またはホスト名に何も入力しなかった場合です。

2 つ目のケースは、host name フィールドにプレースホルダーとして abc を入力した場合です。

pinnacle.7.PXM.a > bootchange
 
'.' = clear field; '-' = go to previous field; ^D = quit
 
boot device : lnPci
processor number : 0
host name : e=135.143.10.4
file name : ffffffe0
inet on ethernet (e) :
inet on backplane (b):
host inet (h) : 135.143.10.12
gateway inet (g) : 135.143.10.2
user (u) : rli
ftp password (pw) (blank = use rsh):
flags (f) : 0x0
target name (tn) : pxm45-71
startup script (s) :
other (o) :
 
pinnacle.7.PXM.a > bootchange
 
'.' = clear field; '-' = go to previous field; ^D = quit
 
boot device : lnPci
processor number : 0
host name : abc .
file name :
inet on ethernet (e) : 135.143.10.4:ffffffe0
inet on backplane (b):
host inet (h) : 135.143.10.12
gateway inet (g) : 135.143.10.2
user (u) : rli
ftp password (pw) (blank = use rsh):
flags (f) : 0x0
target name (tn) : pxm45-71
startup script (s) :
other (o) :

burnboot

Burn Boot Software(ブート ソフトウェアの焼き付け):PXM45、PXM1E

burnboot コマンドで、ブート ソフトウェア リビジョンをスタンバイ カードに焼き付けることができます。該当するカード タイプは、次のとおりです。

AXSM(すべてのモデル)

FRMS12

狭帯域サービス モジュール(NBSM)

スタンバイ PXM45 または PXM1E

burnboot コマンドの次の特性に注意してください。

スタンバイ PXM が存在する場合、 burnboot コマンドはスタンバイ PXM にのみ適用されます。

スタンバイ PXM が存在しない場合、 burnboot コマンドはアクティブ PXM に適用されます。

NBSM の場合は(PXM1E で burnboot を実行)、アクティブ カードとスタンバイ カードとは区別されません。


) PXM45 で、スイッチがクロスバー(スイッチ ASIC)の問題を検出した場合、burnboot コマンドの使用はすべてブロックされます。ただし、-force オプションを使用すると、スイッチ網の状態について警告が表示され、プロンプトで「yes」を入力すると、手順を継続できます。


シンタックス

burnboot < slot > < revision > [ -force ]

シンタックスの説明

 

slot

ソフトウェアを焼き付ける冗長ペアのスタンバイ カード、またはアクティブ カードのスロット番号

revision

焼き付けるソフトウェアのリビジョン番号

-force

クロスバー エラーが検出され、 -force キーワードが指定されている場合、警告とプロンプトを表示した後、システムは強制的に手順を継続します。クロスバー エラーがない場合は、このパラメータは無意味なので、無視されます。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

最初の例では、スロット 1 のサービス モジュールがターゲットで、ブート ソフトウェア バージョンは 3.0(1.166)D です。

MGX8850.7.PXM.a > burnboot 1 3.0(1.166)D
 

2 番目の例では、クロスバーに問題はありません。ターゲットはスタンバイ PXM45(スロット 8)です。ブートコード バージョンは 3.0(10.0)D です。このコマンドでカードがリセットされるため、継続するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

rishic-mgx.7.PXM.a > burnboot 8 3.0(10.0)D
The card in slot 8 will be reset.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? Y
Checking burnboot viability .....................[OK]
Retrieving boot file information .......
ImgHdr:image_type=2,shelf_type=5,card_type=3000
Checksum size is 1024344 ...
Resetting the card...
 

3 番目の例では、クロスバーに問題があるため、コマンドがブロックされます(「FAILED」)。次に、-force オプションを使用して再試行し、強制的に手順を継続することを確認するプロンプトで「n」を入力します。最後に、-force オプションを使用して、両方のプロンプトで「yes」を入力します。

rishic-mgx.7.PXM.a > burnboot 8 3.0(10.0)D
The card in slot 8 will be reset.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? Y
Checking burnboot viability ..............[FAILED]
Crossbar is not healthy. It's not advisable to reset the standby card
right now.
If you still want to execute this command, use -force flag with 'burnboot'
 
rishic-mgx.7.PXM.a > burnboot 8 3.0(10.0)D -force
The card in slot 8 will be reset.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? Y
Checking burnboot viability ..............
Crossbar is not healthy. It's not advisable to reset the standby card
right now.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? N
 
rishic-mgx.7.PXM.a > burnboot 8 3.0(10.0)D -force
The card in slot 8 will be reset.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? Y
Checking burnboot viability ..............
Crossbar is not healthy. It's not advisable to reset the standby card
right now.
burnboot:Do you want to proceed (Yes/No)? Y
.....[OK]
Retrieving boot file information .......
ImgHdr:image_type=2,shelf_type=5,card_type=3000
Checksum size is 1024344 ...
Resetting the card...

bye

Bye(終了):PXM45、PXM1E

現在の CLI セッションを終了します。

シンタックス

bye

関連コマンド

logout exit

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

現在の CLI シェルを終了します。

MGX8850.8.PXM.a > bye
 
(session ended)
 

cc

Change Card(カードの変更):PXM45、PXM1E

cc コマンドは、現在の CLI を他のカードの CLI に切り替えるときに使用します。

シンタックス

cc < slot number >

シンタックスの説明

 

slot number

切り替え先カードのスロット番号

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

スロット 12 の AXSM カードのコマンド行から、スロット 8 の PXM45 カードのコマンド行に切り替えます。

MGX8850.12.AXSM.a > cc 8
 
(session redirected)
 
MGX8850.8.PXM.a >
 

指定したスロットが空か、カードにアクセスできない場合には、その旨を通知するメッセージが表示されます。

cd

Change Directory(ディレクトリの変更):PXM45、PXM1E

cd は、PXM45 ハードディスク上の他のディレクトリに切り替えるときに使用します。

シンタックス

cd <directory_name>

シンタックスの説明

 

directory_name

切り替え先ディレクトリの名前

関連コマンド

ls pwd rename rm/rmdir copy

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

ディレクトリを FW に変更し、pwd を実行して結果を確認します。

MGX8850.7.PXM.a > cd FW
 
MGX8850.7.PXM.a >
 

pwd コマンドを使用して、現在のディレクトリを確認します。

MGX8850.7.PXM.a > pwd
C:FW
 

ルート ディレクトリに戻り、 pwd コマンドを実行して結果を確認します。

MGX8850.7.PXM.a > cd..
 
MGX8850.7.PXM.a > pwd
C:

clidbxlevel

Command Line Interface Level(コマンド行インターフェイス レベル):PXM45、PXM1E

clidbxlevel コマンドは、コマンドのアトリビュートを表示します。表示する情報のレベルを変更するカードごとに、clidbxlevel を実行する必要があります。たとえば、スロット 2 の AXSM 上で clidbxlevel を使用した後にスロット 8 で同じレベルの情報を表示する場合は、スロット 8 の CLI で clidbxlevel を実行してから、必要な変更を加えてください。アトリビュートの構成は次のとおりです。

実行に必要なカードの状態

コマンドに最低限必要なユーザ特権

コマンドの実行がログ ファイルに記録されるかどうか

シンタックス

clidbxlevel [level]

シンタックスの説明

 

level

レベルは 0~3 です。レベルの指定を省略すると、現在のレベルが表示されます。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:CISCO_GP

CLI にレベル 1 を指定します。次に、「user」という文字列を含むすべてのコマンドのアトリビュートを表示します。

pop20one.7.PXM.a > clidbxlevel 1
Value of cliDbxLevel is now 1
pop20one.7.PXM.a >? user
 
Command Access Card Log
---------------------------------------------------
adduser GROUP1 A +
cnfuser GROUP1 A -
deluser GROUP1 A +
dspusers ANYUSER A|S -

users ANYUSER A|S -

clradjlnalmcnt

Clear Adjacent Card Alarm Count(隣接カードのアラーム カウントをクリア):PXM45、PXM1E

clradjlnalmcnt コマンドは Automatic Protection System(APS; 自動保護システム)構成で使用され、隣接するバック カードの統計アラームとアラーム カウンタをクリアします。


clradjlnalmcnt コマンドは、カード間 APS 専用です。


シンタックス

clradjlnalmcnt < bay.line >

シンタックスの説明

 

bay.line

ベイ(1 または 2)と回線番号を指定します。回線番号の最小値は 1、最大値はバック カードに接続されている回線数です。

関連コマンド

dspadjlnalm、dspadjlnalmcnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

スロット 3 のカードでベイ 1、回線 1 に隣接するカードのアラーム カウントをクリアし、その隣接ベイおよび回線のアラーム ステータスを確認します。

MGX8850.3.AXSME.a > clradjlnalmcnt 1.1
 
MGX8850.3.AXSME.a > dspadjlnalm 1.1
Line Number : 1.1
Section Alarm State : Clear
Line Alarm State : Clear
Path Alarm State : Clear
Section Stat Alarm State: Clear
Line Stat Alarm State : Clear
Path Stat Alarm State : Clear
LOCD Alarm State : Clear

clrallcnf

Clear All Configurations(すべての設定をクリア):PXM45、PXM1E

clrallcnf コマンドは、ノード内の全カードのすべての設定をクリアします。このコマンドを入力すると、アクションを確認するプロンプトが表示されます。また、スイッチが MPSM ライセンス プール上で実行するアクションに関するアラートが表示されます。これは、デフォルトではこのコマンドがライセンス プールをクリアしないためです。プールをクリアするためには、キーワードを指定する必要があります。

SCT ファイルはハード ドライブ上にあるため、スイッチの設定の一部として、SCT ファイルは削除されます。したがって、 saveallcnf コマンドを使って設定を保存した場合を除き、 addsct コマンドを使用して SCT ファイルを再インストールする必要があります。

clrallcnf コマンドを使用する場合は、 clrallcnf の前に saveallcnf コマンドを実行すべき状況かどうかを検討してください。


注意 このコマンドは PXM 上のすべての構成ファイルをクリアしてしまうので、このコマンドを使用する必要があるかどうかを十分に確認してください。clrallcnf を実行した場合は、スイッチを再設定する必要があります。clrcnf コマンドを使用すると、クリアされるファイルはさらに限定されます。

シンタックス

clrallcnf [ clrLicense ]

シンタックスの説明

 

clrLicense

このオプションのキーワードにより、コントローラはこのコマンドがクリアする項目に MPSM ライセンスを含めます。このキーワードを使用すると、ライセンス プールは削除されます。

このキーワードを使用しない場合、ライセンス プールはそのまま残ります。

関連コマンド

saveallcnf、 restoreallcnf、clrcnf

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、初期状態

特権:SERVICE_GP

疑問符を付けてコマンドを入力し、MPSM ライセンス プールに関連するアラートを表示させます。

p2spvc18.8.PXM.a > clrallcnf ?
ERR: Syntax: clrallcnf [clrLicense]
clrLicense -- optional;
* If clrLicense option is not given, all the configuration
will be cleared except the licenses configuration.
* If clrLicense option is given, all the configuration
including the licenses configuration will be cleared.
Please check your command again. This command clears
all disk and BRAM configuration.
 
p2spvc18.8.PXM.a >
 
 

ノード内の全カードのすべての設定要素をクリアします。

M8950_DC.8.PXM.a > clrallcnf
* If clrLicense option is not given, all the configuration
will be cleared except the licenses configuration.
* If clrLicense option is given, all the configuration
including the licenses configuration will be cleared.
Please check your command again. This command clears
all disk and BRAM configuration.
All disk and BRAM config will be deleted, and
the shelf will be reset.
clrallcnf: Do you want to proceed (Yes/No)? y

clralmcnt

Clear Alarm Counters(アラーム カウンタをクリア):PXM45、PXM1E

現在のカード上の指定された回線に関するすべてのアラーム カウンタと統計情報をクリアします。すべてのカウンタは 0 にリセットされます。 dspalms および dspalmcnt によって表示されるすべての統計アラームがクリアされます。このコマンドを実行しても、シンタックス エラーが発生した場合を除き、結果は表示されません。

シンタックス

clralmcnt < bay.line >

シンタックスの説明

 

bay.line

ベイ(1 または 2)と回線番号を指定します。回線番号の最小値は 1、最大値はバック カードに接続されている回線数です。

関連コマンド

dspalmcnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

回線 1 または下部バック カードのアラームをクリアします。

mgx8830.1.PXM1E.a > clralmcnt 2.1

clrbecnt

Clear Bit Error Count(ビット エラー カウントをクリア):PXM45、PXM1E

clrbecnt コマンドは現用回線を対象に、APS 関連のビット エラー カウンタをクリアします。エラー カウンタの状態は、 dspbecnt コマンドで確認できます。

シンタックス

clrbecnt < working-bay.line >

シンタックスの説明

 

working-slot

スロット番号は、シャーシやカード タイプによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシの PXM45: slot は 15 または 31 です。

MGX 8850 シャーシの PXM1E:

UNI/NNI バック カードの場合、 slot は 7 です。

SRME の場合、 slot は 15 または 31 です。

MGX 8830 シャーシの PXM1E:

UNI/NNI バック カードの場合、 slot は 1 です。

SRME の場合、 slot は 7 です。

bay

ベイ番号は、従来との一貫性を保つ目的の場合だけ指定します( slot number によってカードの場所は一意に識別されます)。 bay は固定の論理番号ですが、カードによって次のように異なります。

SRME の場合、 bay は常に 1 です。

PXM1E インターフェイスの場合、 bay は常に 2 です。

line

PXM1E OC3c/STM1 バック カードでは、回線はバック カード タイプによって次のように異なります。

9~12(コンボ カード)

1~4(通常の 4 回線のカード)

1~8(通常の 8 回線のカード)

SRME もしくは SRME/B SONET の場合、回線番号は常に 1 です。

関連コマンド

dspbecnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

Sunnyvale.5.AXSME.a > clrbecnt 1.3
Do you want to clear the bit error count in line 4.1.3 [Y/N]? y
 
The Count for line 4.1.3 is cleared
Do you want to clear the bit error count in line 5.1.3 [Y/N]? y
 
The Count for line 5.1.3 is cleared

clrchancnt

Clear Channel Counters(チャネル カウンタをクリア):PXM1E

clrchancnt コマンドはチャネル(または接続)の ATM セル カウンタをクリアします。このコマンドは、SVC、SVP、SPVC、または SPVP に使用できます。該当するカウンタの種類については、
dspchancnt の例を参照してください。 clrchancnt をいったん使用すると、それまでのカウンタの内容は完全にクリアされ、復元できなくなります。


clrchancnt コマンドは、narrowband service modules(NBSM;狭帯域サービス モジュール)上でも実行できます。該当の NBSM のマニュアルを参照してください。


シンタックス

clrchancnt < ifNum > < vpi > < vci >

シンタックスの説明

 

ifNum

論理ポート番号(1~31)

vpi

VPI 範囲はインターフェイスの種類によって決まります。

UNI の場合:0~255

NNI の場合:0~4095

vci

VCI の値は仮想チャネルの種類によって決まります。

VCC:32~65535

VPC:VCI = 0

関連コマンド

dspchancnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

論理ポート 3 にある接続 100/1000 の接続カウンタをすべてクリアします。

node1.7.PXM1E.a > clrchancnt 3 100 1000

clrchancnts

Clear Channel Counters(チャネル カウンタをクリア):PXM1E

clrchancnts コマンドは、PXM1E ネットワーク インターフェイスで終端するすべてのチャネル(または接続)の統計情報カウンタをクリアします。他のサービス モジュールで終端する接続に対しては、該当するカードに cc を実行し、コマンドを実行しなければなりません。

シンタックス

clrchancnts

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

dspchancnt、clrchancnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

すべてのチャネル カウンタをクリアします。

SunnyVale.7.PXM1E.a > clrchancnts

clrcnf

Clear Configurations(設定をクリア):PXM45、PXM1E

設定をクリアして、スイッチを再度ブートします。このコマンドは、新規設定でスイッチを再起動しますが、スイッチの基本設定(IP 接続性など)はそのまま保持します。 clrcnf コマンドは、スイッチを頻繁にリセットするが、基本設定は再構成しない場合に役立ちます。削除される情報および保持される情報を次のリストに示します。

clrcnf がクリアする項目は次のとおりです。

接続

回線およびポート設定

リソース配分

Y 字型ケーブルまたは APS の冗長構成

ATM アドレスおよび PNNI 設定

その他の物理的および論理的プロビジョニング

次に示す情報は自動的に保存され、再ブート後に復元されます。

MPSM ライセンス プール

LAN、ATM、および SLIP の IP アドレス情報

IP 接続性の ATM ポートの SVC アドレス情報

IP 接続性の ATM ポートの PVC アドレス情報

ユーザ ID(ログイン)、パスワード、およびアクセス レベルに関するレコードを最大 51 件

CLI の特殊設定オプション(cntpAuthParams)

ユーザ認証パラメータのレコード 1 件

ユーザ ログイン時の警告(長文または短文)のレコード 1 件

ユーザ ID のレコードを最大 25 件

RTMData(シェルフ IP およびトラップ マネージャのトラップ設定)

トラップ マネージャ IP/ポート

シェルフ トラップ IP のレコード 1 件

すべてのスロットに関する正確なプライマリおよびセカンダリ ソフトウェア バージョン

SNMP コミュニティ ストリング、連絡先、設置場所

ノード名

日付、時間、時間帯、GMT オフセット


注意 clrcnf はかなりの数の構成ファイルをクリアしてしまうため、本当にこのコマンドを実行する必要があるかどうかを十分に確認してください。このコマンドを入力すると、アクションを確認するプロンプトが表示されます。

シンタックス

clrcnf

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

clrallcnf

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

ノード内の全カードのすべての設定要素をクリアします。確認のプロンプトが表示されます。

node1.7.PXM.a > clrcnf
All SM's disk config will be deleted, and
the shelf will be reset.
Do you want to proceed (Yes/No)?
 
 
 

clrconntracebuffer

Clear Connection Trace Buffer(接続トレース バッファをクリア):PXM45、PXM1E

clrconntracebuffer コマンドは、個々の接続トレースのトレース バッファをクリアします。 conntrace コマンドはトレースを開始し、 dspconntracebuffer はトレース結果を表示します。
dspconntracebuffers コマンドは、既存のすべての接続トレースをリストします。

シンタックス

clrconntracebuffer < portid > < vpi > < vci >

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

vpi

接続の VPI

vci

接続の VCI

関連コマンド

conntrace clrconntracebuffers dspconntracebuffer dspconntracebuffers

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

clrconntracebuffers

Clear Connection Trace Buffers(接続トレース バッファ(複数)をクリア):PXM45、PXM1E

clrconntracebuffers コマンドは、接続トレース バッファ全体をクリアします。バッファには最大 100 の接続トレースを保持できます。すべての接続トレースのリストを表示するには、
dspconntracebuffers コマンドを使用します。

シンタックス

clrconntracebuffers

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

conntrace clrconntracebuffer dspconntracebuffer、dspconntracebuffers

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

clrcugdefaddr

Clear CUG Default Address(CUG デフォルト アドレスをクリア):PXM45

clrcugdefaddr コマンドは、PNNI ポートから デフォルト アドレス プレフィックス の指定を削除します。このデフォルト アドレス プレフィックスは、Closed User Group(CUG; 非公開ユーザ グループ)の検証機能をサポートします。このコマンドを実行すると、クリアされたアドレスに CUG が残っていても、そのアドレスはデフォルトにはなりません。CUG のデフォルト アドレスの詳細は、 setcugdefaddr の説明を参照してください。

シンタックス

clrcugdefaddr < portid >

シンタックスの説明

 

portid

物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

addcug、cnfcug、cnfaddrcug、cnfnodecug、delcug、dspaddrcug、dspcug、dspcugdefaddr、dspnodecug、setcugdefaddr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ポート 3:1.7:7 からデフォルト CUG アドレスをクリアします。

Geneva.7.PXM.a > clrcugdefaddr 3:1.7:7

clrdiagerr

Clear Diagnostics Errors(診断エラーをクリア):PXM45、PXM1E

現在メモリにあるすべての診断エラー メッセージをクリアします。


) 診断設定の詳細については、cnfdiag の説明を参照してください。


シンタックス

clrdiagerr < slot >

シンタックスの説明

 

slot

診断エラーをクリアするカードの物理スロット

関連コマンド

dspdiagerr

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SERVICE_GP

スロット 7 の診断エラーをクリアします。

clrdiagerr 7

clrdiagstat

Clear Diagnostics Statistics(診断統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

このコマンドは、現在メモリにあるすべての診断統計情報をクリアします。診断統計情報プログラムは、診断の実行回数をカウントします。


) 診断設定の詳細については、cnfdiag コマンドを参照してください。


シンタックス

clrdiagstat < slot >

シンタックスの説明

slot

診断統計情報をクリアする物理スロット

関連コマンド

dspdiagstat

アトリビュート

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SERVICE_GP

スロット 8 の診断統計情報をクリアしてから、 dspdiagstat を使って統計情報を確認します。

PXM1E_SJ.8.PXM.a > clrdiagstat 8
PXM1E_SJ.8.PXM.a > dspdiagstat 8
 
Slot 8 diagnostics statistics:
 
online diag attempted = 0x00000000
online diag passed = 0x00000000
online diag failed = 0x00000000
offline diag attempted = 0x00000000
offline diag passed = 0x00000000
offline diag failed = 0x00000000
 
PXM1E_SJ.8.PXM.a >

clrerr

Clear Error(エラーをクリア):PXM45、PXM1E

すべてのエラー ログ ファイルをクリアします。 clrerr を実行した場合、情報を回復することはできません。このコマンドでクリアされる情報は、システム レベルのエラーまたは内部エラーで構成されているため、詳細は開発者や内部のトラブルシューティングが可能な担当者に問い合わせてください。 clrerr によって削除される情報については、 dsperr を参照してください。

clrerr を入力すると、すべてのエラー ログ ファイルをクリアするかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

シンタックス

clrerr <-s1 slot>

シンタックスの説明

-sl

スロット番号。slot の値には、 スイッチ内の任意のスロットを指定できます。

関連コマンド

dsperr

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SUPER_GP

PXM45 のすべてのエラー ログ ファイルをクリアします。

pinnacle.7.PXM.a > clrerr
Do you want to clear error log file (Yes/No)?

clrerrhist

Clear Error History(エラー履歴をクリア):PXM45、PXM1E

clrerrhist コマンドは、特定カードのエラー履歴ファイルの内容をリセットします。このコマンドは PXM の CLI で実行しますが、どのスロットのエラー履歴でも指定できます。エラー履歴ファイル内の情報フィールドのリストについては、 dsperrhist の説明を参照してください。

シンタックス

clrerrhist [slot]

シンタックスの説明

 

slot

スロット番号 (スイッチの任意のスロット)。スロット番号を入力しないと、現在の PXM のエラー履歴がクリアされます。

関連コマンド

dsperrhist

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

現在の PXM のエラー履歴をクリアします。操作が正常に終了したかどうかを示すメッセージが表示されます。

pop20one.7.PXM.a > clrerrhist 7
Log of Errors and Failures for slot# 7 is cleared

clrfdrstat

Clear Feeder Statistics(フィーダの統計情報をクリア):PXM1E

clrfdrstat コマンドでは、論理ポート上のフィーダの LMI 統計情報とノード統計情報をクリアします。 dspfdrstat コマンドではこれらの統計情報を表示します。アクティブなポート番号(VSI のスレーブ側論理ポートの)を確認するには、 dspports コマンドを使用します。

フィーダの設定については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, Cisco MGX 8830, and Cisco MGX 8880 Configuration Guide, Release 5 』を参照してください。

シンタックス

clrfdrstat < ifNum >

シンタックスの説明

 

ifNum

論理インターフェイスの範囲は、1~31 です。

関連コマンド

dspfdrstat

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SERVICE_GP

ifNum 1 に関連するフィーダの統計情報をクリアします。

MGX8850.7.PXM1E.a > clrfdrstat 1

clrilmicnt

Clear ILMI Counters(ILMI カウンタをクリア):PXM1E

特定のサービス モジュールのパーティションおよび論理インターフェイス(ポート)に関する ILMI 統計情報をクリアします。

シンタックス

clrilmicnt < ifNum > < partId >

シンタックスの説明

 

ifNum

論理インターフェイスの範囲は 1~31 です。

partId

パーティション ID の範囲は 1~20 です。

関連コマンド

dspilmicnt dspilmi dspilmis

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

論理インターフェイス 1、リソース パーティション 1 の ILMI 統計情報をクリアします。この処理の前に、dspparts を実行して該当するエンティティが存在することを確認します。

pop20two.7.PXM1E.a > dspparts
if part Ctlr egr egr ingr ingr min max min max min max
Num ID ID GuarBw MaxBw GuarBw MaxBw vpi vpi vci vci conn conn
(.0001%)(.0001%)(.0001%)(.0001%)
-----------------------------------------------------------------------------
1 1 2 10000 10000 10000 10000 10 100 100 1000 0 10
 
 
pop20two.7.PXM1E.a > clrilmicnt 1 1

ilmi stats for ifNum 1, partId 1 cleared

clrimadelay

Clear IMA Delay(IMA 遅延をクリア):PXM1E

clrimadelay コマンドは、IMA グループの累積遅延をクリアします。この遅延は、 addimagrp コマンドを使って指定します。

シンタックス

clrimadelay < group >

シンタックスの説明

 

group

group bay.group の形式をとります。指定可能な値は次のとおりです。

bay :PXM1E 上では常に 2

group :1~16

関連コマンド

addimagrp、delimagrp、dspimagrp、dspimagrps、cnfimagrp、rstimagrp、dspimalnk、addimalnk、delimalnk

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

clrimagrpcnt

Clear IMA Group Counter(IMA グループ カウンタのクリア):PXM1E

IMA グループのすべてのパフォーマンス カウンタと統計情報カウンタを一括してクリアします。

シンタックス

clrimagrpcnt < group >

シンタックスの説明

 

group

group bay.group の形式をとります。指定可能な値は次のとおりです。

bay :PXM1E 上では常に 2

group :1~16

関連コマンド

addimagrp、delimagrp、dspimagrp、dspimagrps、cnfimagrp、rstimagrp、dspimalnk、addimalnk、delimalnk

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ベイ 2、グループ 16 に関する IMA グループ カウンタをクリアします。

MGX8850.7.PXM1E.a > clrimagrpcnt 2.16

clrimagrpcnts

Clear IMA Group Alarm Counters(IMA グループ アラーム カウンタをクリア):PXM1E

設定済みの全 IMA グループのアラーム カウンタを一括してクリアします。

シンタックス

clrimagrpalmcnts

シンタックスの説明

パラメータはありません。

関連コマンド

clrimagrpalmcnt、clrimagrpcnts、clrimalnkcnts、dspimagrpalmcnt、dspimagrpbucketcnt、dspimalnkbucketcnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

MGX8850.7.PXM1E.a > clrimagrpalmcnts
 
MGX8850.7.PXM1E.a >

clrimalnkcnt

IMA リンク カウンタをクリア:PXM1E

指定された DS1(リンク)上のすべての IMA リンク パフォーマンス カウンタと統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

clrimalnkcnt < link >

シンタックスの説明

 

link

link bay.link の形式をとります。指定可能な値は次のとおりです。

bay :PXM1E 上では常に 2

link :1~16

関連コマンド

clrimalnkcnts、dspimagrp、dspimagrps、dspimagrpcnt、addimalnk、delimalnk、dspimalnk

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ベイ 2、DS1 回線 16 で指定されるリンクのカウンタをクリアします。

MGX8850.7.PXM1E.a > clrimalnkcnt 2.16

clrimalnkcnts

Clear IMA Alarm Counts(IMA アラーム カウントをクリア)

設定済みの全 IMA リンクのリンク カウンタをクリアします。

シンタックス

clrimalnkcnts

シンタックスの説明

パラメータはありません。

関連コマンド

clrimagrpalmcnt、clrimagrpalmcnts、clrimagrpcnts、dspimagrpalmcnt、dspimagrpbucketcnt、dspimalnkbucketcnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

MGX8850.7.PXM1E.a > clrimalnkcnts
 
MGX8850.7.PXM1E.a >

clrlncnt

Clear Line Counters(回線カウンタをクリア):PXM1E

clrlncnt コマンドは、回線カウンタをクリアします。カウンタの種類については、 dsplncnt を参照してください。このコマンドを実行しても、エラーが発生した場合を除き、結果は表示されません。

シンタックス

clrlncnt < bay.line >

シンタックスの説明

 

bay.line

ベイと回線番号を指定します。

bay は常に 2 です。

line の最小値は 1、最大値はバック カードに接続されている回線番号です。

関連コマンド

dsplncnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

clrlog

Clear Log(ログをクリア):PXM45、PXM1E

clrlog コマンドは、特定のログ ファイルまたはすべてのログ ファイルをクリアするときに使用します。このコマンドを実行すると、ログはイベント メッセージの記録を再開します。

シンタックス

clrlog [ -log < log >]

シンタックスの説明

 

-log

クリアするログ ファイルのタイプ( log )を指定します。ログ ファイルのタイプのリストについては、 dsplog を参照してください。

関連コマンド

dsplog dsplogs

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SUPER_GP

PXM45 カードのすべてのイベント ログ ファイルをクリアします。

wilco.7.PXM.a > clrlog
Do you want to clear log files (Yes/No)? y

clrloginmsg

Clear Login Message(ログイン メッセージをクリア):PXM45、PXM1E

clrloginmsg コマンドは、任意のユーザがスイッチにログインしたときに表示されるメッセージを削除します。ログイン メッセージの詳細については、 cnfloginmsg の説明を参照してください。ログイン メッセージを表示するには、 dsploginmsg コマンドを使用します。

シンタックス

clrloginmsg

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

dsploginmsg cnfloginmsg

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

ログイン メッセージを削除します。その後、 dsploginmsg を使って、ログイン メッセージがないことを確認します。

M8950_DC.7.PXM.a > clrloginmsg
Login message reset
 
M8950_DC.7.PXM.a > dsploginmsg
 
 
M8950_DC.7.PXM.a >

clrpribumpstats

Clear Nodal Connection Priority Bumping Statistics(ノードの接続プライオリティ バンピング統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

clrpribumpstats コマンドは バンピングした 接続と バンピングされた 接続のレコードをクリアします。プライオリティ バンピング機能については、 cnfndconnpribump の説明を参照してください。

シンタックス

clrpribumpstats [ portid ]

シンタックスの説明

 

portid

ポート ID を指定して 1 つのポートの統計情報をクリアすることができます。ID を指定しない場合、このコマンドはスイッチ全体のプライオリティ バンピング統計情報をクリアします。

物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

cnfndconnpribump dspndconnpribump dsppribumpstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

最初の例では、ポート ID を指定せずに clrpribumpstats コマンドを使用します。プライオリティ バンピング統計情報を表示してから、それらをクリアします。結果をチェックします。表示は一部省略されています。

PXM1E-IMA-230.7.PXM.a > dsppribumpstats
Bumping Connections:
Priority 1: 10
Priority 2: 5
.....
Priority 15: 0
Bumped Connections:
Priority 1: 0
Priority 2: 5
.....
Priority 15: 100
 
PXM1E-IMA-230.7.PXM.a > clrpribumpstats
 
Clearing Priority Bumping Stats for all ports and Nodal Priority bumping stats
 
PXM1E-IMA-230.7.PXM.a > dsppribumpstats
Bumping Connections:
Priority 1: 0
Priority 2: 0
.....
Priority 15: 0
Bumped Connections:
Priority 1: 0
Priority 2: 0
.....
Priority 15: 0
 

最後の例では、ポート 1:2.1:21 の統計情報をクリアします。

M8830_SF.2.PXM.a > clrpribumpstats 1:2.1:21
 
Clearing Priority Bumping Stats for 1:2.1:21

clrnodalconstats

Clear Nodal Connection Statistics(ノードの接続統計情報をクリア):PXM45、PXN1E

clrnodalconstats コマンドは、一定のノードレベルにある、SPVC 関連の統計情報をクリアします。この統計情報は、前回の統計情報のクリア以降、正常にルーティングされた SPVC の数、および現在のノードからのルーティングに失敗した SPVC の数を表します。

シンタックス

clrnodalconstats

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

dspnodalconstats dspportconstats clrportconstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ノードの SPVC 統計情報を確認してから、この統計情報をクリアし、もう一度統計情報を確認します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > dspnodalconstats
 
SPVC connection stats for this node
-----------------------------------
 
Num con success at orig node: 75620
Num con fail at orig node : 39578
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > clrnodalconstats
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > dspnodalconstats
 
SPVC connection stats for this node
-----------------------------------
 
Num con success at orig node: 0
Num con fail at orig node : 0
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a >
 

clrpathtracebuffer

Clear Path Trace Buffer(パス トレース バッファをクリア):PXM45、PXM1E

clrpathtracebuffer コマンドは、個々の接続のパス トレース バッファをクリアします。

シンタックス

clrpathtracebuffer < portid > < vpi > < vci >

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

vpi

接続の VPI

vci

接続の VCI

関連コマンド

clrpathtracebuffers dsppathtracebuffer dsppathtracebuffers

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 3:1.2:2 上の接続 10 100 のパス トレース バッファをクリアします。

Geneva.7.PXM.a > clrpathtracebuffer 3:1.2:2 10 100

clrpathtracebuffers

Clear Path Trace Buffers(複数のパス トレース バッファをクリア):PXM45、PXM1E

clrpathtracebuffers コマンドは、スイッチ上のすべての接続のパス トレース バッファをクリアします。

シンタックス

clrpathtracebuffers

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

clrpathtracebuffer dsppathtracebuffer、dsppathtracebuffers

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

 

clrpncon

Clear PNNI Connection(PNNI 接続をクリア):PXM45、PXM1E

コール(ポート上のすべての SVC または特定の SVC)を削除します(このコマンドを使って SPVC をクリアすると、スイッチは接続を削除した後、自動的に再ルーティングを試みます。SPVC または SPVP の場合は、 delcon を使用すれば、エンドポイントを削除できます)。

エンドポイント参照値 を使って指定した接続エンドポイントがポイントツーマルチポイント(P2MP)コールに属する場合は、次のような影響があります。

ルート エンドポイントを指定すると、PNNI は P2MP 接続全体(ルート、全リーフ、および全パーティ)を解放します。

リーフ エンドポイントを指定すると、PNNI はそのリーフに対応するパーティだけを解放します。

エンドポイント参照値がパーティを示す場合は、そのパーティだけが削除されます。


) リーフまたはパーティだけをクリアするときは、エンドポイント参照値を使ってコールを指定してください。エンドポイント参照値を指定しない場合は、ポート ID、VPI、および VCI を使って個々の接続を指定する必要があります。ただし、P2MP コールでこれらの接続識別子を使用すると、PNNI はその接続に関連付けられたルート、全リーフ、および全パーティを解放します。



) このコマンドを使って SPVC をクリアすると、PNNI は接続を削除した後、自動的に再ルーティングを試みます。SPVC または SPVP を削除する場合は、delcon を使用すれば、エンドポイントを削除できます。


シンタックス

clrpncon < portid > { all | vpi } [ vci ] [ epRef ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

all | vpi

ポート上のすべての VPI または特定の VPI を指定します。

指定可能な値は、文字列「all」または VPI の範囲 0~4095 です。

vci

クリアする特定 SVC の VCIです。仮想パス接続(VPC)をクリアする場合は、VCI を入力しないでください。

epref

オプションのエンドポイント参照値を使用すれば、単一リーフを解放の対象として選択できます。このパラメータはポイントツーマルチポイント接続(P2MP)に適用されます。接続が P2MP の場合にリーフを指定しないと、接続全体がクリアされます。

関連コマンド

dsppncon、dsppncons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

最初に、削除する特定の接続を確認するため、ポート上の接続をリストします。この例では、 clrpncon を使って、ポート 1:1.2:2 上で VPI が 1、VCI が 100 の接続を解放します。この接続は、出力リストの最初の接続です。接続をクリアした後、 dsppncons を使って結果を確認します。

Geneva.7.PXM.a > dsppncons
 
Port VPI VCI CallRef X-Port VPI VCI CallRef Type OAM-Type
1:1.2:2 1 100 33 1:1.2:2 1 101 32 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
1:1.2:2 1 101 32 1:1.2:2 1 100 33 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
1:1.2:2 2 200 34 1:1.6:6 0 49 8388609 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3f.000001011804.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
1:1.6:6 0 49 8388609 1:1.2:2 2 200 34 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3f.000001011804.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
 
Geneva.7.PXM.a > clrpncon 1:1.2:2 1 100
 
Geneva.7.PXM.a > dsppncons
Port VPI VCI CallRef X-Port VPI VCI CallRef Type OAM-Type
1:1.2:2 2 200 34 1:1.6:6 0 49 8388609 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3f.000001011804.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
1:1.6:6 0 49 8388609 1:1.2:2 2 200 34 PTP No
Calling-Addr:47.00918100000000107be92f3f.000001011804.00
Called-Addr:47.00918100000000107be92f3d.000001011802.00
 
Geneva.7.PXM.a >

clrpnconstats

Clear PNNI Connection Statistics(PNNI の接続統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

clrpnconstats コマンドは、1 つの論理 PNNI ポートまたはすべての PNNI ポートのコール統計情報をクリアします。

シンタックス

clrpnconstats [ portid ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

dsppnconstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 7:2.2:2 の PNNI 接続統計情報を表示します。この統計情報をクリアしてから、もう一度統計情報を表示します。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > dsppnconstats 7:2.2:2
 
Call Statistics for 7:2.2:2
Incoming Call Attempts: 516 Outgoing Call Attempts: 311
Incoming Call Success: 18 Outgoing Call Success: 516
Incoming Call Failures: 0 Outgoing Call Failures: 0
Incoming Filtering Failures:0 Outgoing Filtering Failures : 0
Incoming Routing Failures: 0 Outgoing Routing Failures : 0
Incoming CAC Failures: 0 Outgoing CAC Failures : 0
Incoming Timer Failures: 0 Outgoing Timer Failures : 0
Incoming Crankback Failures:0 Outgoing Crankback Failures : 0
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > clrpnconstats 7:2.2:2
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a > dsppnconstats 7:2.2:2
 
Call Statistics for 7:2.2:2
Incoming Call Attempts: 0 Outgoing Call Attempts: 0
Incoming Call Success: 0 Outgoing Call Success: 0
Incoming Call Failures: 0 Outgoing Call Failures: 0
Incoming Filtering Failures:0 Outgoing Filtering Failures : 0
Incoming Routing Failures: 0 Outgoing Routing Failures : 0
Incoming CAC Failures: 0 Outgoing CAC Failures : 0
Incoming Timer Failures: 0 Outgoing Timer Failures : 0
Incoming Crankback Failures:0 Outgoing Crankback Failures : 0
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a >
 
 

clrpndetailcause

Clear PNNI Detail Cause(PNNI 詳細原因をクリア):PXM45、PXM1E

clrpndetailcause コマンドは各 PNNI ソフトウェア モジュールの原因コードごとのカウントをクリアします。これらの原因コードは各モジュール内部にあり、主にデバッグ用途に使用します。

シンタックス

clrpndetailcause

シンタックスの説明

このコマンドには引数がありません。

関連コマンド

dsppndetailcause

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

clrportcnt

Clear Port Counters(ポート カウンタをクリア):PXM1E

指定された論理ポートのカウンタをクリアします。

シンタックス

clrportcnt < ifNum >

シンタックスの説明

 

ifNum

論理ポート番号の範囲は 1~31 です。

関連コマンド

clrportcnts dspportcnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

論理インターフェイス 1 のカウンタを表示し、ポート 1 のカウンタをクリアします。クリアした後、ポート カウンタを確認します。

M8850_NY.7.PXM1E.a > dspportcnt 1
 
Cleared at : 10/26/2001 00:00:44
Current time : 12/02/2001 21:44:41
Elapsed time : 37 day(s) 21:43:21 [hh:mm:ss]
 
Total Running Avg (cps) Peak
--------------------------------------------------------------------
Arrival CLP0 Ing: 0000000000000007326214 2 21
Arrival CLP1 Ing: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP0 discard Ing: 0000000000000000000056 0 3
Ar CLP1 discard Ing: 0000000000000000000000 0 0
Departure CLP0 Ing: 0000000000000007326211 2 21
Departure CLP1 Ing: 0000000000000000000000 0 0
 
Arrival CLP0 Egr: 0000000000000007326217 2 21
Arrival CLP1 Egr: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP0 discard Egr: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP1 discard Egr: 0000000000000000000000 0 0
Departure CLP0 Egr: 0000000000000007326218 2 21
Departure CLP1 Egr: 0000000000000000000000 0 0
 
M8850_NY.7.PXM1E.a > clrportcnt 1
 
M8850_NY.7.PXM1E.a > dspportcnt 1
 
Cleared at : 12/02/2001 21:44:56
Current time : 12/02/2001 21:45:19
Elapsed time : 0 day(s) 0:0:22 [hh:mm:ss]
 
Total Running Avg (cps) Peak
--------------------------------------------------------------------
Arrival CLP0 Ing: 0000000000000000000054 2 2
Arrival CLP1 Ing: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP0 discard Ing: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP1 discard Ing: 0000000000000000000000 0 0
Departure CLP0 Ing: 0000000000000000000054 2 2
Departure CLP1 Ing: 0000000000000000000000 0 0
 
Arrival CLP0 Egr: 0000000000000000000051 2 2
Arrival CLP1 Egr: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP0 discard Egr: 0000000000000000000000 0 0
Ar CLP1 discard Egr: 0000000000000000000000 0 0
Departure CLP0 Egr: 0000000000000000000051 2 2
Departure CLP1 Egr: 0000000000000000000000 0 0
 

clrportconstats

Clear Port Connection Statistics(ポートの接続統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

clrportconstats コマンドは、一定の SPVC 関連の統計情報をポート レベルでクリアします。この統計情報は、前回の統計情報のクリア以降、ルーティングに成功した回数および失敗した回数を表します。この各統計情報の詳細については、 dspportconstats の説明を参照してください。特定のポートまたはすべてのポートの統計情報をクリアできます。

シンタックス

clrportconstats [ portid ]

シンタックスの説明

 

portid

オプションの PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport。 UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

dspportconstats dspnodalconstats clrnodalconstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 3:1.1:1 の SPVC ルーティング統計情報をクリアします。

spvc4.7.PXM.a > clrportconstats 3:1.1:1

clrqosdefault

Clear Quality of Service Defaults(QoS デフォルトをクリア):PXM45PXM1E

clrqosdefault コマンドは、スイッチの QoS 値のデフォルトをクリアします。スイッチレベルの QoS デフォルトの詳細については、 cnfqosdefault の説明を参照してください。

シンタックス

clrqosdefault

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

cnfqosdefault、dspqosdefault

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

スイッチの QoS デフォルトをクリアします。このコマンドを実行しても、エラーが発生した場合を除き、メッセージは表示されません。

Unknown.8.PXM.a > clrqosdefault
 
Unknown.8.PXM.a >

clrscrn

Clear Screen(画面をクリア):PXM45、PXM1E

clrscrn コマンドは、制御端末の画面をクリアします。このコマンドを実行すると、現在のコマンド行プロンプトだけが画面に表示されます。

シンタックス

clrscrn

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、
スタンバイ、初期状態

特権:ANYUSER

画面をクリアします。

MGX8850.7.PXM1E.a > clrscrn
 
MGX8850.7.PXM1E.a >

clrsigstats

Clear Signaling Statistics(シグナリング統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

1 つのポートまたはすべてのポートに関する既存のシグナリング統計情報をクリアします。

シンタックス

clrsigstats [portid]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

cnfsigdiag delsigdiag dspsigdiag、dspsigstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 3:1.1:11 のシグナリング統計情報をクリアします。その後、dspsigstats を実行して結果を確認します。

Geneva.7.PXM.a > clrsigstats 3:1.1:1
Clearing Signaling Statistics for 3:1.1:1
 
8850_NY.7.PXM.a > dspsigstats 3:1.1:1
 
Signaling Statistics for 3:1.1:1
Message Rcv Xmt
------- --- ---
Call Proceeding 0 0
Connect 0 0
Connect Ack 0 0
Setup 0 0
Release 0 0
Release Complete 0 0
Add Party 0 0
Add Party Ack 0 0
Add Party Rej 0 0
Drop Party 0 0
Restart 0 0
Restart Ack 0 0
Status 0 0
Status Enquiry 0 0
Alerting 0 0
Notify 0 0
Progress 0 0
 
Last Cause/Diag/Crankback
--------------------------
Cause 0
Diagnostic 0 0 0 0
Src Crankback port count 0
 
8850_NY.7.PXM.a >

clrsmcnf

Clear Service Module Configuration(サービス モジュールの設定をクリア):PXM45、PXM1E

clrsmcnf コマンドは、単一スロットのサービス モジュールの設定をクリアします。設定は、RAM とディスクの両方からクリアされます。 clrsmcnf コマンドの実行中は、そのカードのプロビジョニングはできません。同様に、 clrsmcnf の実行中は、シェルフ上のどのファームウェアもアップグレードできません。

このコマンドの利点は、 clrallcnf clrcnf コマンドを使わずにスロットの設定を削除して、そのクリアされたスロットに別のカード タイプを取り付けられることです。


) このコマンドは実行終了に時間がかかる場合があります。最長で 15 分かかります。



注意 NBSM で、T1 または T3 カードを E1 または E3 カードに交換するとき(またはその逆のとき)は必ず、影響のあるスロットに対して clrsmcnf コマンドを実行する必要があります。

シンタックス

clrsmcnf < slot-id > [ all ] [ verbose ]

シンタックスの説明

 

slot-id

slot-id は、クリアするサービス モジュールのスロットを示します。

範囲:1~31

例外:次のカード タイプの場合はスロットを指定しないでください。

PXM

SRM

XM60

all

カードのファームウェア バージョンも同時にクリアする、オプションのパラメータです。このオプションを指定しないと、ファームウェア バージョンは、スロットの設定の一部として残ります。

verbose

クリアする各設定要素に関する情報を表示します。

関連コマンド

dspcds

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

all オプションを指定して、スロット 5 の設定をクリアします。

Unknown.7.PXM.a > clrsmcnf 5 all
 
The current configuration will be cleared for
the specified slot. Once started, this command should
not be aborted as doing that can leave the shelf in
an indeterminate state.
For this reason, this command cannot be aborted
using ctrl-C or by using any other command
 
clrsmcnf:Do you want to proceed (Yes/No)? y
 
 
Command clrsmcnf executed successfully for slot 5
 
Unknown.7.PXM.a >
 

all および verbose オプションを指定して、スロット 5 の設定をクリアします。

Unknown.7.PXM.a > clrsmcnf 5 all verbose
 
The current configuration will be cleared for
the specified slot. Once started, this command should
not be aborted as doing that can leave the shelf in
an indeterminate state.
For this reason, this command cannot be aborted
using ctrl-C or by using any other command
 
clrsmcnf:Do you want to proceed (Yes/No)? y
 
Clearing data for PNNI....
PNNI performed Clear operation successfully
 
Clearing data for PCEMA....
PCEMA performed Clear operation successfully
 
Clearing data for PXMCM....
PXMCM performed Clear operation successfully
 
Clearing data for PCPRO....
PCPRO performed Clear operation successfully
 
Clearing data for RPM....
RPM performed Clear operation successfully
 
Clearing data for AUTOCARD....
AUTOCARD performed Clear operation successfully
 
Clearing data for DISKDB....
DISKDB performed Clear operation successfully
 
 
Command clrsmcnf executed successfully for slot 5

clrsntpstats

Clear SNTP Statistics(SNTP 統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

clrsntpstats コマンドは、SNTP 統計情報のカウンタをリセットします。SNTP 機能の詳細については、 cnfsntp の説明を参照してください。

シンタックス

clrsntpstats

シンタックスの説明

このコマンドにはパラメータがありません。

関連コマンド

addsntprmtsvr cnfsntp cnfsntprmtsvr delsntprmtsvr dspsntp dspsntprmtsvr dspsntpstats dbgsntp dspsntp-dbg

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:ANYUSER

まず SNTP 統計情報を表示し、その統計情報をクリアしてから、もう一度統計情報を表示します。

M8850_LA.8.PXM.a > dspsntpstats
 
Statistic Counters For SNTP
-----------------------------
Receive server mode packets from servers in list: 0
Receive server mode packets from servers not in list: 0
Receive server mode packets which fail sanity check: 0
Receive server mode packets which pass sanity check: 0
Receive client mode packets: 82324
Receive other mode packets: 0
Send server mode packets: 0
Send client mode packets: 94084
Polling Timer Expire Counter: 94084
Polling Wait Timer Expire Counter: 94084
Rollback Timer Expire Counter: 47040
Rollback Wait Timer Expire Counter: 0
Switch From Primary To Secondary Counter: 11762
Switch From Secondary To Primary Counter: 11760
Switch From Secondary To Secondary Counter: 0
 
M8850_LA.8.PXM.a > clrsntpstats
 
M8850_LA.8.PXM.a > dspsntpstats
 
Statistic Counters For SNTP
-----------------------------
Receive server mode packets from servers in list: 0
Receive server mode packets from servers not in list: 0
Receive server mode packets which fail sanity check: 0
Receive server mode packets which pass sanity check: 0
Receive client mode packets: 0
Receive other mode packets: 0
Send server mode packets: 0
Send client mode packets: 1
Polling Timer Expire Counter: 1
Polling Wait Timer Expire Counter: 0
Rollback Timer Expire Counter: 0
Rollback Wait Timer Expire Counter: 0
Switch From Primary To Secondary Counter: 0
Switch From Secondary To Primary Counter: 0
Switch From Secondary To Secondary Counter: 0
 
M8850_LA.8.PXM.a >

clrspvcnonpers

Clear SPVC Non-persistent Endpoints(SPVC の非持続性エンドポイントをクリア):PXM45、PXM1E

clrspvcnonpers コマンドは、SPVC の非持続性エンドポイントをポートから 1 つ以上削除します。

その目的はさまざまですが、たとえば、片終端 SPVC 以外の用途でポートを予約する場合があります。その場合は、まず cnfpnportcc コマンドを使って、このポートでの片終端接続をブロックしてから、 clrspvcnonpers コマンドを使って、すべての片終端接続を削除するように指定します。

clrspvcnonpers のパラメータ指定によって、次の処理を実行できます。

ポートからすべての非持続性エンドポイントを削除する。

特定の VPI を持つポートから、すべての非持続性エンドポイントを削除する。

ポートから特定の非持続性エンドポイントを削除する。

シンタックス

clrspvcnonpers < portid > [ vpi ] [ vci ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

vpi

VPI は、この VPI を持つ単一のエンドポイントまたはすべての非持続性エンドポイントを示します。

VCI を指定した場合は、1 つのエンドポイントが削除されます。

この VPI の後に VCI を指定しない場合は、この VPI を持つすべての非持続性エンドポイントがポートから削除されます。

デフォルト:すべての VPI

vci

非持続性エンドポイントの VCI

デフォルト:すべての VCI

関連コマンド

addcon dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 7:2.2:2 からすべての非持続性エンドポイントをクリアします。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > clrspvcnonpers 7:2.2:2
clrspvcnonpers: clear multiple calls. This might take a while.
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a >
 
 
 

clrsrmcnf

Clear Service Resource Module Configuration(サービス リソース モジュールの設定をクリア):PXM45、PXM1E

clrsrmcnf コマンドは、特定の論理スロットのサービス リソース モジュール(SRME、SRME/B、または SRM-3T3/C)の設定をクリアします。このコマンドを実行すると、冗長カードがある場合はその冗長 SRM の設定も自動的にクリアされます。設定は、RAM とディスクの両方からクリアされます。 clrsrmcnf コマンドの実行中は、そのカードのプロビジョニングはできません。

このコマンドの利点は、 clrallcnf clrcnf コマンドを使わずに、ベイにある SRM の設定を一度に削除できることです。その後、クリアされたスロットには別の SRM タイプを取り付けられます。

シンタックス

clrsrmcnf < LogicalSlotNum >

シンタックスの説明

 

LogicalSlotNum

アクティブとスタンバイの両方のスロットについて設定をクリアする場合は、論理スロット番号だけを入力する必要があります。スロット番号は、シャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシ:15、31

MGX 8830 シャーシ:7

関連コマンド

dspsrmcnf dspcds

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

スロット 31 の SRM 設定をクリアする前に、冗長性が現在サポートされているか調べてください。この例では、カードは 1: N 冗長性をサポートしているので、設定を変更してはいけません。カードが現在、1: N コール設定をサポートする場合、スイッチは clrsrmcnf コマンドをブロックします。

PXM1E_SJ.7.PXM.a > dspred
PXM1E_SJ System Rev: 05.00 Jan. 02, 2000 04:29:32 GMT
MGX8850 Node Alarm: MAJOR
Logical Primary Secondary Card Redundancy
Slot Slot Card Slot Red Type Type
State State
----- ----- ----------- ---- ------------ ------------ ----------
7 7 Active 8 Empty Resvd PXM1E-T3E3-155 1:1
15 15 Active 16 Empty SRMEB_STS3 1:1
17 17 Active 18 Standby FRSM-8T1 1:n
20 20 Active 21 Standby FRSM-8E1 1:n
28 28 Active 29 Standby VISM-PR-8T1 1:n
31 31 Active 32 Empty Resvd SRME_OC3 1:1
 

clrsscopstats

Clear SSCOP Statistics(SSCOP 統計情報をクリア):PXM45、PXM1E

clrsscopstats コマンドは、Service-Specific Connection-Oriented Protocol(SSCOP)の統計情報をクリアします。スイッチ上の個別ポートまたはすべてのポートの統計情報を指定できます。

シンタックス

clrsscopstats [ portid ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45: slot:subslot.port:subport

UNI/NNI バック カード用 PXM1E: slot:subslot.port:subport 。UNI/NNI バック カードでは、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシでは、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)用 PXM1E: slot.port

詳細については、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

関連コマンド

dspsscopstats

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

ポート 4:1.1:11 の SSCOP 統計情報をクリアします。

Geneva.7.PXM.a > clrsscopstats 4:1.1:11

clrxbaralm

Clear Crossbar Alarm(クロスバー アラームをクリア):PXM45

clrxbaralm コマンドは、スイッチング カード上の特定スイッチ プレーンまたはすべてのスイッチ プレーンのアラームをクリアします。MGX 8850 ノードの場合、スロットは PXM45 の物理スロット番号を表します。 MGX 8950 ノードの場合、スロットは XM60 のスロット番号を表します。
clrxbaralm によってクリアされるアラームを表示するには、dspdevalms または dspswalms を使用します。

シンタックス

clrxbaralm <slot> <plane>

clrxbaralm *

シンタックスの説明

 

*

アクティブな PXM45 または XM60 のすべてのクロスバー アラームをクリアする場合は、アスタリスクを入力します。

slot

クロスバー プレーンのスロット番号として指定可能な値は、シャーシによって次のように異なります。

MGX 8850:範囲は 7 ~8

MGX 8950:スロットは 9、10、25、26

plane

MGX 8850 スイッチでは、プレーン番号の範囲は 0~2 です。

MGX 8950 スイッチでは、プレーン番号の範囲は 0~3 です。

関連コマンド

dspdevalms、dspswalms

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

スロット 7、スイッチ プレーン 0 のアラームをクリアします。このコマンドを実行しても、コマンド構文にエラーがない限り、メッセージは表示されません。結果を確認するには、dspdevalms を実行します。

pop20two.7.PXM.a > clrxbaralm 7 0

clrxbarerrcnt

Clear Crossbar Error Count(クロスバー エラー カウントをクリア):PXM45

clrxbarerrcnt コマンドは、アクティブなスイッチング カード上の特定スイッチ プレーンまたはすべてのスイッチ プレーンのエラーをクリアします。MGX 8850 ノードの場合、スロットは PXM45 の物理スロット番号を表します。 MGX 8950 ノードの場合、スロットは、XM60 が設置されたスロットの番号を表します。 clrxbarerrcnt によってクリアされるエラーを表示するには、dspdeverrhist を実行します。

シンタックス

clrxbarerrcnt < * | [slot plane]>

シンタックスの説明

 

*

すべてのクロスバー エラーをクリアする場合は、アスタリスクを入力します。

slot

クロスバー プレーンのスロット番号。MGX 8850 スイッチでは、スロット番号は 7 または 8 です。 MGX 8950 スイッチでは、スロット番号は 9、10、25、または 26 です。

plane

MGX 8850 スイッチでは、プレーン番号の範囲は 0~2 です。 MGX 8950 スイッチでは、プレーン番号の範囲は 0~3 です。

関連コマンド

dspdeverrhist、cnfxbarerrthresh、dspxbarerrthresh、dspswalms

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SUPER_GP

スロット 7、スイッチ プレーン 0 のエラーをクリアします。このコマンドを実行しても、コマンド構文にエラーがない限り、メッセージは表示されません。結果を確認するには、dspdeverrhist を実行します。

M8850_NY.7.PXM.a > clrxbarerrcnt 7 0
M8850_NY.7.PXM.a >
 

現在の PXM45 上のすべてのクロスバー アラームをクリアします。

M8850_NY.7.PXM.a > clrxbarerrcnt *
XBAR errors of slot 7 are cleared

 

cnfaaa-authen

Configure Authentication, Authorization, and Accounting: Authenticate(認証、許可、会計の設定:認証):PXM45、PXM1E

cnfaaa-authen コマンドは、 方式 (またはセキュリティ プロトコル)の連続したリストを設定して、ユーザを識別してログインします。シスコの Terminal Access Control Access Control System+
(TACACS+)、クライアント スイッチ上の ローカル および シスコ の 3 種類のプロトコルがあります。TACACS+ がローカル スイッチ上で認証用に有効になっている場合、TACACS+ サーバは特定のユーザがそのスイッチにログインできるかどうかを決定します。TACACS+ は、Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、許可、会計)のシスコのサービスの一部であり、リモート サーバで制御される唯一のプロトコルです。


) 現在のリリースでは、AAA のうち会計はサポートされていません。


認証の使用上のガイドライン

ここでは、認証プロトコルを指定する前に知っておくべき情報について説明します。


) ローカル スイッチのユーザ アカウント情報のデータベースは、リモート サーバ上では自動的に作成されません。手動で同期する必要があります。「ユーザ アカウントの同期」の項を参照してください。


tacacs+ を認証または許可方式として設定する前に、少なくとも 1 つの TACACS+ サーバを指定する必要があります。サーバの仕様については、 cnfaaa-server の説明を参照してください。

設定変更は、次のユーザ セッションに適用されます。この動作により、設定の間違いが原因で現在のユーザ セッションがロックアウトされることがありません。ログアウトする前に設定をテストするには、新規のユーザ セッションから現在のスイッチにアクセスします。

cisco 方式は、常に無条件で最後にはスイッチが有効に戻るようになっています。詳細については、シンタックスの説明を参照してください。

CLI を安定した状態で使用するには、Telnet ではなく Secure Shell(ssh)機能の使用をお勧めします。Telnet で使用されるクリア テキストは、デバッグやテストには使用できますが、実際の動作には使用できません。

コントローラがユーザを認証する際、たとえば cnfaaa-authen tacacs+ によって設定された最初の認証方式で開始します。最初に設定された方式が tacacs+ の場合、認証はプライマリの TACACS+ サーバで始まります。サーバからの有効な応答は、PASS または FAIL のいずれかです。認証の手順は、いずれかのサーバが PASS または FAIL を応答するまで継続します。どのサーバも PASS または FAIL を応答しない場合、認証手順はスイッチに設定されている次の認証方式に フォールバック します。PASS または FAIL がサーバから返されないのは、次の問題が考えられます。

サーバに到達不能

サーバにエラーが発生し、エラー応答を返した。

サーバが、サポートされていない応答タイプで応答した(これはエラーとして処理される)。

ローカルの認証では、スイッチは設定に従って、 local または cisco 方式を使用します (シンタックスの説明を参照してください)。 local 方式は、 cisco のスーパーセットで、スイッチのすべてのユーザ アカウントを含みます。 cisco 方式は、1 つの特権レベル CISCO_GP で構成されています。スイッチが cisco にフォールバックする場合、ユーザ cisco だけがログインして、コマンドを実行できます。 cisco 方式は 常に 有効です。 local 方式の詳細については、次の項「ユーザ アカウントの同期」を参照してください。

ユーザ アカウントの同期

AAA プロトコルは、ローカル データベースのユーザ名とパスワードを自動的にサーバ データベースに同期しません。 local 方式を使用する場合、この同期は重要です。local 方式が指定され、データベースが同期していないと、すべてのサーバが到達不能な場合、ユーザ cisco を除く多数のユーザがローカル スイッチにログインできなくなります。ローカル データベースをサーバ データベースに同期するには、 adduser および cnfuser コマンドを使用して、ローカル ユーザの情報をサーバの データベースに一致させます。データベースの同期とともに、 local 方式をフォールバック方式に選択するということは、基本的に手作業のユーザ設定が必要になります。

ログインできない場合

ログイン手順がうまくいかない場合は、次の手順に従ってください。

コンソール ポート(モデム、ターミナルなど)からスイッチにアクセスする。

キーシーケンス Esc-Ctrl-2 を使用して、高プライオリティ ログインに進む。

ユーザ名 cisco とユーザ名 cisco のローカル パスワードを使ってログインする。

90秒経つと、ノードは cisco 方式にフォールバックする。

シンタックス

cnfaaa-authen < method > [< method > ...]

シンタックスの説明

個々の method には、 tacacs +、 local cisco 、または default を入力します。認証の方式は、必ずしも許可の方式と同じである必要はありません。ただし、方式が異なる場合、プロトコルの間違った設定が発生しやすくなり、予期しないログイン障害が発生する可能性があります。

 

Cisco

cisco 認証方式は最後のフォールバック方式として常に有効になっています。この場合、 cisco のルート ユーザだけがログインを許可されます。この方式は、ローカルのルート認証へ限定してフォールバックする最後の方式です。この方式を無効にすることはできません。

local

認証にはローカルのデータベースを使用します。 local 認証は、 cisco 方式のスーパーセットで、通常、スイッチが cisco にフォールバックする前の方式です。

default

local と同じです。

tacacs +

ユーザの認証に TACACS+ プロトコルを使用します。

関連コマンド

cnfaaa-author cnfaaa-ftpssh cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-prompt cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

認証方式として TACACS+ を設定します。デフォルトの特権は設定されていません。

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-authen tacacs+
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3
 
WARNING: The newly configured authentication/authorization methods will
apply to new session. This configuration has no impact on existing sessions.

cnfaaa-author

Configure Authentication, Authorization and Accounting: Authorize(認証、許可、会計の設定:許可):PXM45、PXM1E

cnfaaa-author コマンドは、 type および method のシーケンスを設定して、コマンドを実行するユーザに 許可を与えます 。許可は、ユーザが CLI で入力したコマンドをそのユーザに実行する権限があるかどうかを決定します (この場合、ユーザにはログインする 認証 がすでに与えられています)。許可には 2 つの種類があります。

グループ 許可と、 tacacs+ 方式であれば、スイッチはそのユーザの特権レベルを TACACS+ サーバで調べます。サーバがそのユーザの特権をスイッチに通知した後、ユーザ セッションはその割り当てらた特権で動作します。

コマンド 許可と、 tacacs+ 方式であれば、ユーザが CLI で入力するすべてのコマンドに対して、スイッチはそのユーザにそのコマンドを実行する権限があるかどうか、TACACS+ サーバを調べます。

許可の使用上のガイドライン

ここでは、許可プロトコルを指定する前に知っておくべき情報について説明します。


) ローカル スイッチのユーザ アカウント情報のデータベースは、リモート サーバ上では自動的に作成されません。手動で同期する必要があります。「ユーザ アカウントの同期」の項を参照してください。


ユーザの通信状態を安定させるには、Secure Shell(ssh)機能の使用をお勧めします。Telnet で使用されるクリア テキストは、デバッグやテストには使用できますが、実際の動作には使用できません。

tacacs+ を認証または許可方式として設定する前に、少なくとも 1 つの TACACS+ サーバを指定する必要があります。サーバの仕様については、 cnfaaa-server の説明を参照してください。

設定変更は、次のユーザ セッションに適用されます。この動作により、設定の間違いが原因で現在のユーザ セッションがロックアウトされることがありません。ログアウトする前に設定をテストするには、新規のユーザ セッションから現在のスイッチにアクセスします。

cisco 方式は、常に無条件で最後にはスイッチが有効に戻るようになっています。詳細については、シンタックスの説明を参照してください。

TACACS+ コマンド モード が許可されている場合は、サーバがコマンド名全体を必要としますので、コマンド短縮形は使用できません (コマンド モードについては、シンタックスの説明の authorType を参照してください)。TACACS+ コマンド モード が動作している状態でコマンド短縮形を有効にしようとすると、 cnfcmdabbr コマンドは失敗します。同様に、コマンド短縮形が有効になっている場合に、コマンド モードの許可を有効にしようとすると失敗します。

コントローラがユーザを許可する際、最初に設定された許可方式で開始します(たとえば、 tacacs+ )。最初に設定された方式が tacacs+ の場合、許可はプライマリの TACACS+ サーバで始まります。有効な許可応答は、PASS または FAIL です。許可の手順は、いずれかのサーバが PASS または FAIL を応答するまで継続します。どのサーバも PASS または FAIL を応答しない場合、許可手順はスイッチに設定されている次の許可方式にフォールバックします。PASS または FAIL が返されないのは、次の問題が考えられます。

サーバに到達不能

サーバにエラーが発生し、エラー応答を返した。

サーバが、サポートされていない応答タイプで応答した(これはエラーとして処理される)。

ローカルの許可では、スイッチは local 方式か cisco 方式のいずれも使用できます(シンタックスの説明を参照)。

local 方式は、cisco のスーパーセットで、スイッチのすべてのユーザ アカウントを含みます。

cisco 方式は、1つのユーザ、 cisco で構成されています。スイッチが cisco にフォールバックする場合、CISCO_GP 特権を持つユーザ cisco だけがコマンドを実行できます。 cisco 方式は常に有効です。


command モードでは、local 許可方式にフォールバックできません。


許可方式が TACACS+ コマンド モードの場合、すべてのユーザには特権レベル CISCO_GP( who または whoami コマンドの出力に表示されます)が付与されます。ただし、TACACS+ サーバはユーザが実際に実行できるコマンドを指定するため、ユーザがすべてのコマンドにアクセスできるわけではありません。何らかの理由でサーバがユーザにコマンドの使用を許可しない場合、許可は cisco 方式にフォールバックし、ユーザ cisco だけがコマンドの実行を許可されます。

ユーザ アカウントの同期

AAA プロトコルは、ローカル データベースのユーザ名とパスワードを自動的にサーバ データベースに同期しません。 local 方式を使用する場合、この同期は重要です。local方式が指定され、データベースが同期していないと、すべてのサーバが到達不能な場合、ユーザ cisco を除く多数のユーザがローカル スイッチにログインできなくなります。ローカル データベースをサーバ データベースに同期するには、 adduser および cnfuser コマンドを使用して、ローカル ユーザの情報をサーバの データベースに一致させます。データベースの同期とともに、 local 方式をフォールバック方式に選択するということは、基本的に手作業のユーザ設定が必要になります。

シンタックス

cnfaaa-author < authorType > < method > [< method >...]

シンタックスの説明

 

authorType

group または command と入力します。

group:現在の許可方式が tacacs+ の場合、TACACS+ サーバはユーザの特権レベルをスイッチに送信します。その場合、スイッチはユーザの特権レベルをサーバから取得します。ユーザ セッションの実行中、スイッチはユーザの特権レベルと個々のコマンドの最小限の特権レベルを比較します。
現在の許可方式が local または cisco の場合、ユーザの特権レベルはローカルのデータベースから取得します。

command:許可方式が tacacs+ の場合、サーバはユーザが CLI で入力するすべてのコマンドをチェックします。コマンドは、サーバが許可する場合にだけ実行されます。

method

個々の method には、 tacacs +、 local cisco 、または default と入力します。許可のメソッドは、必ずしも認証のメソッドと同じである必要はありません。ただし、メソッドが異なる場合、プロトコルの間違った設定が発生しやすくなり、予期しない障害が発生する可能性があります。

tacacs +:ユーザの許可に TACACS+ プロトコルを使用します。

cisco cisco 方式は最後のフォールバック方式として常に有効になっています。この場合、 cisco のルート ユーザだけがログインを許可されます。この方式は、ルートの許可へ限定してフォールバックする最後の方式です。この方式を無効にすることはできません。

local :許可にはローカルのデータベースを使用します。このパラメータは
group
authorType だけに適用されます。 local の許可は、 cisco 方式のスーパーセットで、通常、スイッチが cisco にフォールバックする 前の 最後の方式です。

default local と同じです。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-ftpssh cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-prompt cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

最初の例では、TACACS+ コマンド モードの許可を設定し、次にそれを無効にして、デフォルトのローカル許可を持つグループ特権レベルの許可に戻します。最初の応答は、コマンド短縮形が有効になっていることを示すエラー メッセージです。 cnfcmdabbr を使用し、コマンド短縮形を無効にして続行します。

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author command tacacs+ cisco
ERR: Cannot enable TACACS+ command authorization when command abbreviations are enabled.
 
M8830_SF.2.PXM.a > cnfcmdabbr off
Command abbreviations being disallowed
 
M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author command tacacs+ cisco
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : tacacs+ cisco
Authorization Type : command
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3
 
WARNING: The newly configured authentication/authorization methods will
apply to new session. This configuration has no impact on existing sessions.
M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author group default
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3
 
WARNING: The newly configured authentication/authorization methods will
apply to new session. This configuration has no impact on existing sessions.
 
M8830_SF.2.PXM.a >
 

2 番目の例では、グループ許可と最初の方式の TACACS+ を指定します。すべての TACACS+ サーバが使用できない場合は、ルートのユーザ cisco だけにコマンドの実行を許可します。次の 2 つの CLI エントリは、 cisco の許可が常に有効になっているため、同等です。

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author group tacacs+

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author group tacacs+ cisco

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-author group tacacs+ cisco
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : tacacs+ cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3
 
WARNING: The newly configured authentication/authorization methods will
apply to new session. This configuration has no impact on existing sessions.
 
M8830_SF.2.PXM.a >

cnfaaa-ftpssh

Configure Authentication, Authorization and Accounting FTP Secure Shell(認証、許可、会計 FTP Secure Shell の設定):PXM45、PXM1E

cnfaaa-ftpssh コマンドは、 FTP および Secure Shell(SSH)ユーザの認証に使用される TACACS+ メッセージ形式 を指定します。メッセージ形式は、ASCII と Password Authentication Protocol(PAP; パスワード認証プロトコル)のどちらかを選択します。このコマンドの類例は、 TACACS+ サーバが チャレンジ を提供する設定になっている場合です (チャレンジは、ユーザ ID とパスワードの他にデータを要求してユーザを認証します)。概略は次のとおりです。

TACACS+ ASCII メッセージはログイン情報の転送に使用される標準的な方法。また、
TACACS+ ASCII メッセージは、サーバがチャレンジを発行する場合、チャレンジ情報の転送にも使用される。

FTP と SSH は、TACACS+ サーバによるチャレンジが使用されない限り、ASCII または PAP のメッセージ形式が使用可能。FTP と SSH は、TACACS+ サーバによるチャレンジをサポートしていない。

FTP と SSH は、TACACS+ サーバからのチャレンジをサポートしていない。

FTP と SSH は ASCII または PAP のメッセージ形式が使用可能

TACACS+ サーバが ASCII メッセージを使用してチャレンジを発行する設定になっている場合、FTP と SSH が PAP メッセージを使用するように設定する必要がある。

cnfaaa-ftpssh の使用上のガイドライン

TACACS+ プロトコルは、ユーザ ID とパスワードの標準項目以外を要求するチャレンジをサポートしています。チャレンジとは、社会保障番号の最後の 4 桁やユーザの誕生都市名など、ユーザが設定可能な標準外の情報を問い合わせるプロンプトのことです。これらのチャレンジは、サーバの構成や、サーバが実際にチャレンジをサポートしているかどうかによって異なります。

ASCII の認証メッセージにより、TACACS+ サーバはユーザ ID とパスワード以外のチャレンジを提示することができます。ただし、SSH と FTP はチャレンジをサポートしていないため、サーバがチャレンジを提示する設定にした後でもこれらのユーティリティの使用を継続したい場合は、 cnfaaa-ftpssh を使用して、SSH と FTP が PAP のメッセージ形式を使用するように設定する必要があります。認証のチャレンジがサーバ上で有効になっていない場合は、FTP と SSH のノード上でデフォルトの ASCII メッセージを使用します。


注意 すべてのサーバが PAP のメッセージ形式をサポートしているわけではありません。サーバがこの形式をサポートしていない場合は、サーバにチャレンジを設定しないでください。設定すると、SSH と FTP のログインに失敗します。そのような場合は、cnfaaa-ftpssh コマンドで PAP を指定しないでください。

シンタックス

cnfaaa-ftpssh < ascii | pap | default >

シンタックスの説明

現在の形式を確認するには、 dspaaa コマンドを使用します。

 

ascii

ASCII 形式のメッセージを使用します。

pap

PAP 形式のメッセージを使用します。

default

acsii と同じです。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-author cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-priv cnfaaa-prompt cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

dspaaa コマンドを使用して、FTP/SSH ユーザの認証に使用される TACACS+ メッセージ形式を確認します。ASCII 形式でない場合は、 cnfaaa-ftpssh コマンドを使用して ASCII に設定します。

M8830_SF.2.PXM.a > dspaaa
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound PAP Login
IOS Exclusion List : 3
 
TACACS+ SERVERS: primary is shown first
 
Time Dead Single
IP Address Port Out Time Conn Shared Encryption Key
---------------- ---- --- ---- ------ --------------------------------------
172.29.52.111 49 5 0 true
172.29.52.112 49 5 0 true 12345abcde
 
WARNING: One or more TACACS+ servers do not have a key configured.
Information exchanged with this server will be unencrypted, in clear text.
 
M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-ftpssh ascii
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3
 
M8830_SF.2.PXM.a >

cnfaaa-ignore-ios

Configure Authentication, Authorization and Accounting: Ignore IOS(認証、許可、会計の設定:IOS の無視):PXM45、PXM1E

cnfaaa-ignore-ios コマンドでは、PXM 上でシスコの Terminal Access Control Access Control System Plus(TACACS+)プロトコルによって無視されるスロットを認識できます。

コントローラは、次の両方の条件が成立する場合に限り、TACACS+ のスロットを無視します。

cnfaaa-ignore-ios コマンドを使用して、スロットを無視する設定になっている。

スロットに IOS が有効になっているカードがある。

たとえば、 cnfaaa-ignore-ios add のようにパラメータを入力すると、AXSM や PXM カードなどが取り付けるられているスロットを含め、スイッチ内のすべてのスロットが IOS の無視リストに追加されます。ただし、実際には IOS カードが取り付けられているスロットだけが TACACS+ プロトコルによって無視されます。IOS 以外のカードが取り付けられているスロットは無視されません。

PXM が AAA を IOS スロットに適用しない理由は、2 重の認証と 2 重の許可を防ぐためです。たとえば、RPM が独自のネイティブ AAA を実行中で、ユーザがそのスロットに対して cc を実行する場合、PXM と RPM の両方の AAA は cc コマンドを許可する必要があります。次の 2 つの条件が成立する場合に限り、 cnfaaa-ignore-ios コマンドを使用する必要があります。

TACACS+ の コマンド 許可が有効になっている( cnfaaa-author の説明を参照)。

RPM にはローカル認証または許可が有効になっている。あるいは、両方が有効になっている。

無視された RPM スロットのリストを表示するには、 dspaaa コマンドを使用します。


注意 RPM に認証や許可がないようにスイッチを設定することはいかなる場合でも可能です。この条件は、cnfaaa-ignore-ios コマンドを使用して PXM の AAA から RPM を除外して、なおかつ RPM のローカルの AAA を有効にしない場合に発生します。

シンタックス

cnfaaa-ignore-ios < add | del > [< slot >]

シンタックスの説明


注意 スロット番号を指定しない場合、add または del の動作はスイッチのすべてのスロットに適用されます。

 

add

無視するスロットのリストに 1 つまたはすべてのスロットを追加します。

del

無視するスロットのリストから 1 つまたはすべてのスロットを削除します。

slot

このパラメータは、リストに追加する、またはリストから削除するスロットの番号です。指定しない場合、IOS の無視リストでの追加または削除の動作は、スイッチのすべてのスロットに適用されます(ただし、IOS スロットに対してだけ)。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-author cnfaaa-ftpssh cnfaaa-priv cnfaaa-prompt cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

スロット 3 のRPM を無視するように PXM を設定します。

M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-ignore-ios add 3
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : tacacs+ cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound PAP Login
IOS Exclusion List : 3
 
WARNING: The newly configured IOS card exclusion list will apply to new session.
This configuration has no impact on existing sessions.
 

最初に、 dspaaa コマンドを使用して、IOS 無視の設定になっているスロットを確認し、次にスロット番号を省略して IOS 無視のすべてのスロットを削除します。次の出力が表示されます。

M8830_SF.2.PXM.a > dspaaa
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : local cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 3 4
 
TACACS+ SERVERS: primary is shown first
 
Time Dead Single
IP Address Port Out Time Conn Shared Encryption Key
---------------- ---- --- ---- ------ --------------------------------------
172.29.52.111 49 5 0 true
172.29.52.112 49 5 0 true 12345abcde
 
WARNING: One or more TACACS+ servers do not have a key configured.
Information exchanged with this server will be unencrypted, in clear text.
 
M8830_SF.2.PXM.a > cnfaaa-ignore-ios del
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : local cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List :
 
M8830_SF.2.PXM.a >

 

すべてのスロットを IOS 無視のリストに追加します。

M8850_NY.7.PXM.a > cnfaaa-ignore-ios add
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : local cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
 
WARNING: The newly configured IOS card exclusion list will apply to new session.
This configuration has no impact on existing sessions
 
 

cnfaaa-priv

Configure Authentication, Authorization and Accounting Prompt Privilege(認証、許可、会計のプロンプト特権の設定):PXM45、PXM1E

cnfaaa-priv コマンドは、 TACACS+ サーバによって(何らかの理由で)特権が設定されていない場合に、TACACS+ の認証済みユーザに付与するデフォルトの特権レベルを設定します(例を参照してください)。このコマンドは、認証タイプが group モードの場合にだけ適用されます
cnfaaa-author の説明を参照)。

TACACS+ の認証と許可を使用しているスイッチにユーザがログインする際、サーバはユーザの権限レベルをスイッチに送り返します。ただし、利用できるサーバがない場合、 cnfaaa-priv で設定されたデフォルトの特権が使用されます。デフォルトの特権は NOUSER_GP ですが、NOUSER_GP ではユーザがログインできないため、スイッチにログインする必要があるユーザには別の特権をデフォルトとして割り当てることをお勧めします。

シンタックス

cnfaaa-priv < CISCO_GP | SERVICE_GP | SUPER_GP | GROUP1 | ANYUSER | NOUSER_GP >

シンタックスの説明

 

CISCO_GP

最高のユーザ レベル。ユーザはすべてのコマンドが使用できます。

SERVICE_GP

2 番目に高いレベル。CISCO_GP に特有のコマンドを除くすべてのコマンドが使用できます。

SUPER_GP

3 番目に高いレベル。SERVICE_GP または CISCO_GP に特有のコマンドを除くすべてのコマンドが使用できます。

GROUP1

ユーザは、SUPER_GP、SERVICE_GP または CISCO_GP に特有のコマンドを除くすべてのコマンドが使用できます。

ANYUSER

ユーザは、GROUP1、SUPER_GP、SERVICE_GP または CISCO_GP に特有のコマンドを除くすべてのコマンドが使用できます。

NOUSER_GP

ユーザは exit 以外のコマンドを実行できません(ユーザはスイッチにログインできません)。

default

NOUSER_GP と同じです。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-author cnfaaa-ftpssh cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-prompt cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

サーバから特権レベルを取得しないユーザのために、デフォルトの特権レベルとして SUPER_GP を設定します。

PXM1E_SJ.8.PXM.a > cnfaaa-priv SUPER_GP
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : local cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : SUPER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List :

cnfaaa-prompt

Configure Authentication, Authorization and Accounting Prompt(認証、許可、会計のプロンプトの設定):PXM45、PXM1E

cnfaaa-prompt コマンドは、ログインとパスワードのプロンプトのソースを指定します。ソースは、ローカル スイッチ自体か、または access control server(ACS)のいずれかです。このコマンドは、スイッチが TACACS+ サーバのクライアントである場合にだけ有効です。

サーバがプロンプトを表示せず、スイッチが サーバ のプロンプトを表示する設定になっている場合、スイッチは該当するスイッチのプロンプトを代わりに表示します。現在のソースを表示するには、 dspaaa コマンドを使用します。


注意 プロンプトを変更する際には注意が必要です。これは、他の組織や部門がプロンプトに依存したログイン スクリプトを使用していることがあるからです。プロンプトを変更したために矛盾が発生すると、それらのスクリプトは動作しなくなります。標準のプロンプトにしておくのが最良の選択です。

シンタックス

cnfaaa-prompt < switch | acs | default >

シンタックスの説明

 

switch

スイッチの固有のプロンプトを使用して、ACS が表示するログイン プロンプトとユーザ ID のプロンプトは無視します。

acs

ACS から取得したログイン プロンプトとユーザ プロンプトを使用します。スイッチが ACS のプロンプトを使用する設定になっていて、ACS がプロンプトを出力しない場合は、スイッチの固有のプロンプトが使用されます。

default

ACS と同じです。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-author cnfaaa-ftpssh cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-priv cnfaaa-server delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

プロンプトのソースとして ACS を指定します。スイッチは、AAA に関連する設定データを返します。

PXM1E_SJ.8.PXM.a > cnfaaa-prompt acs
AAA CONFIGURATION:
Authentication Methods : local cisco
Authorization Methods : local cisco
Authorization Type : group
Default Privilege Level : NOUSER_GP
Prompt Display : acs
SSH/FTP Message Type : Inbound ASCII Login
IOS Exclusion List :
 
PXM1E_SJ.8.PXM.a >

cnfaaa-server

Configure Authentication, Authorization and Accounting: Server(認証、許可、会計の設定:
サーバ):PXM45、PXM1E

cnfaaa-server コマンドは、シスコの Terminal Access Control Access Control System Plus(TACACS+)のサーバを指定します。許可( cnfaaa-author )または認証( cnfaaa-authen )方式を設定する前に、少なくとも 1 つのサーバを指定する必要があります。現在のリリースでは、3 台までのサーバを指定できます。サーバごとに、1 回ずつ cnfaaa-server コマンドを実行する必要があります。

サーバの通信設定での注意事項

cnfaaa-server コマンドには、スイッチが TCP 接続だけを使用してサーバ通信を行うのか、あるいは個々の TACACS+ の動作ごとに別々の TCP 接続を確立して切断をする必要があるかどうかを指定するパラメータがあります。複数の接続は、コントローラが TACACS+ の速度を低下させて、 command モードの認証が cisco 方式にフォールバックするような場合に効果があります
cnfaaa-author コマンドは、 group または command モードを指定します)。

TACACS+ の速度を低下させるのは、システム リソースを使いすぎて、他のタスクからそれらのリソースが奪われないようにすることです。次の すべて の条件に該当する場合にだけ、TACACS+ の速度低下が発生します。

cnfaaa-author コマンドで、 command モードの動作を設定している。

cnfaaa-server コマンドで、 multiple-command モードの動作を設定している( cnfaaa-server のシンタックスの説明で -single の説明を参照)。

スイッチは 1 つ以上の CLI スクリプトを実行するが、スクリプトは遅延がほとんど発生しないように作成されている。遅延が指定されていないと、スクリプトは 1 つでも問題が発生する可能性がある。

-single false の場合、各スクリプトでコマンドは 0.6 秒以上間隔を空けて実行してください。たとえば、2 つのスクリプトが同時に実行されている場合、2 つのスクリプトは 1.2 秒以上間隔を空けてください。

スイッチが TACACS+ を減速していることを示す兆候は、CISCO_GP 特権 よりも低い 特権レベルをもつユーザが 何らかの コマンドを実行しようとすると、断続的にブロックされることです。この場合、スイッチは次のメッセージを表示します。

"Command execution currently restricted to root users only."

このメッセージは、許可方式が tacacs+ から cisco に変わったことを示しています。詳細は、 cnfaaa-author の説明を参照してください。

コントローラが TACACS+ を減速させているかどうかを確認するには、 dspaaa-stats コマンドを実行して、ソケットが要因で減速が発生した数を調べます (システムは、TACACS+ を減速させるかどうかの決定にソケットの使用状況を測定しています)。

シンタックス

cnfaaa-server tacacs+ -ip < ServerIp > [ -port < ServerPort >] [ -primary ] [ -timeout < timeout >] [ -dt < dt >] [ -single < true | false >]

コマンドとパラメータを入力すると、スイッチは次の質問をします。

Do you want to change the encryption key (yes/no)?

yes と入力して新しいキーを入力するか、または既存のキーを変更します。クライアントの CLI はキーの入力を 2 回求めます。

既存のキーをそのままにするには、 no と入力します。サーバは、そのキーとスイッチの既存のキーを比較します。

暗号キーは、35 文字以内のユーザ定義の文字列です。文字列には、引用符自体がキーの一部でない限り、引用符を使用しません。キーの中には空白を含めることができますが、キーの初めと終わりに空白は使用できません。スイッチは自動的に、前後の空白を削除します。

2 回のキー入力が一致するか、またはキー変更のプロンプトで no と入力すると、サーバが追加されて設定されます。キーが一致しない場合は、警告メッセージが表示されます。


注意 クライアント側のユーザ定義の暗号キーは、サーバ側の暗号キーと一致する必要があります。

共有暗号キーを変更するには、最初に MGX スイッチのキーを変更してから、サーバ側を変更します。

シンタックスの説明


) サーバを追加 するが、オプションのパラメータを指定しない場合は、デフォルト値が使用されます。
既存のサーバ設定を変更 する場合は、指定しないオプションのパラメータはそのままになります。


 

tacacs+

このキーワードは必須です。これは、アクセス制御のプロトコルを指定します。

-ip

ServerIp はサーバの IP アドレスです。

-port

このポートはサーバ側です。スイッチ側ではありません。ポート番号は次の範囲の整数値です。

範囲:0~65535

デフォルト:49

-primary

通常、TACACS+ が実行するサーバ検索は、指定するサーバ順に行われます。
cnfaaa-server
コマンドでこのキーワードを指定すると、最初に検索されるサーバを変更することができます。重要な点は次のとおりです。

このキーワードだけを入力すると(後ろに引数を付けない)、 ServerIp で現在認識しているのが TACACS+ のプライマリ サーバになります。

このキーワードなしでサーバを 追加 すると、そのサーバはサーバ リストの最後に追加されます。

このキーワード なし でサーバを 変更 した場合、サーバのリスト内の位置は変わりません。

-timeout

timeout は、タイムアウトを宣言するまでスイッチがサーバの応答を待つ秒数です。タイムアウトが発生した場合は、次のサーバを調べます。

範囲:1~30 秒または default 。default は 5 秒です。

デフォルト:5

-dt

dead time とは、サーバがクライアントへの応答を止めてからそのサーバが無視される時間(分)です。TACACS+ サーバは、サーバへの TCP 接続がタイムアウト( timeout 値によって)すると、指定した dt 値の間停止中のフラグが付けられます。

デッド タイム パラメータは、サーバが応答しない場合、使えないサーバをただちに無視することにより、応答時間を改善することができます。

範囲:0~5 分または default 。default は 0 です。

デフォルト:0

-single

このオプションでは、single-connect モードまたは multi-connect モードを選択します。single-connect モードでは、1 台のサーバとのすべての TACACS+ 通信を単一の接続で多重化します。multi-connect モードでは、1 台のサーバとの個々の通信セッションに個別の TCP 接続を使用します(結果的にソケットを使用)。 true false 、または default を入力します。

true :single-connect モードを有効にします。

false :multi-connect モードを使用します。

default true と同じです。

関連コマンド

cnfaaa-authen cnfaaa-author cnfaaa-ftpssh cnfaaa-ignore-ios cnfaaa-priv cnfaaa-prompt delaaa-server dspaaa dspaaa-servers dspaaa-stats dspaaa-tac-trace setaaa-tac-trace

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SERVICE_GP

最初の例では、新しい暗号キーを入力します。

MGX8850.7.PXM.a > cnfaaa-server tacacs+ -ip 172.29.75.27 -port 1645 -timeout 2
Do you want to change the encryption key (yes/no)? yes
Enter the encryption key: The Secret
Re-enter the encryption key: The Secret
 
TACACS+ SERVERS: primary is shown first
 
Time Dead Single
IP Address Port Out Time Conn Shared Encryption Key
---------------- ---- --- ---- ------ --------------------------------------
172.29.75.27 1645 2 0 true The Secret
 

次の例では、キーの入力を選択しないために警告が表示されます。

mgx8850.7.PXM.a > cnfaaa-server tacacs+ -ip 1.2.3.4 -port 1812 -primary
Do you want to change the encryption key (yes/no)? no
 
WARNING: No encryption key specified for the TACACS+ protocol. This means
that all information shared with the server will be in cleartext! This is
a security risk.
Do you want to proceed (Yes/No)? yes
 
TACACS+ SERVERS: primary is shown first
 
Time Dead Single
IP Address Port Out Time Conn Shared Encryption Key
---------------- ---- --- ---- ------ --------------------------------------
1.2.3.4 1812 5 0 true
172.29.75.27 1645 2 0 true The Secret
 
WARNING: One or more TACACS+ servers do not have a key configured.
Information exchanged with this server will be unencrypted, in clear text.

cnfabr

Configure ABR(ABR を設定):PXM1E

通常、 cnfabr コマンドで、既存の ABR 接続の VS/VD 専用パラメータを設定します。対象となる接続は、サービス タイプ ABR( addcon のコマンド出力で service type が 10)であることが条件です。


) 現在のリリースでは、PXM1E がサポートする ABR パラメータは、MCR と PCR だけです。したがって、PXM1E で cnfabr コマンドを使用してもコマンドは無効です。


シンタックス

cnfabr < ifNum > < vpi < vci > -icr < Initial cell rate >] -adtf < ACR decr. factor >] -rdf < Rate decr. factor >] -rif < Rate incr. factor >] -nrm < Cells per fwd RM >] -trm < Time between fwd RMs >] -cdf < cutoff decrease factor >] -frtt < fix round trip delay >] -tbe < transient buffer exposure >] -intvsvd < internal vsvd config >] -extvsvd < external vsvd config >]

シンタックスの説明

 

ifNum

接続のポート番号

vpi

UNI ポートのエンドポイントの VPI 範囲は 0~255 です。NNI または VNNI ポートのエンドポイントの VPI 範囲は 0~4095 です。

vci

UNI ポートのエンドポイントの VPI 範囲は 1~4095 です。NNI ポートのエンドポイントの VCI 範囲は 1~65535 です。MPLS の場合、推奨される VCI の最小値は 35 です。

-icr

セル/秒単位の Initial Cell Rate(ICR; 初期セル レート)。ICR は送信元からセルが出力されるときの速度です。また、休止状態から復帰した後、送信元はこの速度で送信を再開します。有効範囲は 0~4294967295 セル/秒 です。

-adtf

ACR Decrease Time Factor(ADTF; ACR 減少時間ファクタ)。セル レートを RM セル レートから通常トラフィック用の Allowed Cell Rate(ACR; 許容セル レート)に下げることが許容される時間の長さ。1~1023 ミリ秒の範囲内で指定します。

-rdf

Rate Decrease Factor(RDF; レート低減ファクタ)。ACR の低減に使用される係数。 RDF の値は 2 の累乗で、範囲は 1/32768~1 です。

-rif

Rate Increase Factor(RIF; レート増加ファクタ)。ACR の増加に使用される係数。 RIF の値は 2 の累乗で、範囲は 1/32768~1 です。

-nrm

発信元から一度に送信できる順方向 RM セルの最大数。 Nrm の値は 2 の累乗で、範囲は 2~256 です。

-trm

1 つの RM セルが送信元から出力され、エンドポイントに到達するまでの時間の最大値。100 x 2-7~100 x 20 ミリ秒の範囲内で指定します。

-cdf

Cutoff Decrease Factor(CDF; カットオフ低減ファクタ)。紛失した RM-cell count(CRM; RM セル数)に関連した ACR の低下を制御します。 CDF の値は次のいずれかです。

0

2 の累乗(1/64~1)

CRM は、逆方向 RM セルを受信できないときに送信される順方向 RM セルの数を制限します。CRM は整数値で、 具体的な値は実装によって異なります。

-frtt

Fixed Round-Trip Time(FRTT; 固定ラウンドトリップ時間)。送信元から宛先に到達し、送信元に戻るまでに要する時間の固定値と、伝搬遅延を合計した値。0~16.7 秒の範囲内で指定します。

-tbe

Transient Buffer Exposure(TBE; 一時バッファ排出)。スタートアップ中に最初の RM セルが戻ってくるまでの間、ネットワークにより制限される、送信元が送信できる折衝済みセル数です。値の範囲は 0~16,777,215 セルです。

-intvsvd

内部 ループでの VS/VD のオン/オフを指定するパラメータです。

1 = オフ

2 = オン

3 = 指定なし(SCT ファイル内の VS/VD の定義によって、VS/VD のオン/オフが決定されます)。VS/VD を PNNI ポート レベルで有効にする方法は、
cnfintfvsvd コマンドの説明を参照してください。

デフォルト:オフ

-extvsvd

外部 ループでの VS/VD のオン/オフを指定するパラメータです。

1 = オフ

2 = オン

3 = 指定なし(SCT ファイル内の VS/VD の定義によって、VS/VD のオン/オフが決定されます)。VS/VD を PNNI ポート レベルで有効にする方法は、
cnfintfvsvd コマンドの説明を参照してください。

デフォルト:オフ

関連コマンド

addcon cnfabrtparmdft dspabrtparmdft cnfintfvsvd

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

cnfabrtparmdft

Configure ABR Traffic Parameter Defaults(ABR トラフィック パラメータのデフォルトを設定):PXM45、PXM1E

cnfabrtparmdft コマンドを使うと、PNNI ポートのすべての ABR SPVC に適用されるデフォルトの ABR 固有パラメータを設定できます。これらのパラメータは SPVC だけに適用されます。


) PXM1E では、ABR VS/VD に関する要素は表示されますがサポートされません。


ABR 接続を追加するとき、接続がコミットされる前に、コントローラが ABR トラフィック パラメータを提供します。デフォルトの ABR トラフィック パラメータは、ABR サービスを使用する SPVC をセットアップするときに、ソースの SETUP メッセージで使用されます。AXSM-E で、 cnfabr コマンドを使用して、個々の ABR 接続の VS/VD 固有パラメータを変更できることにも注意してください。

シンタックス

cnfabrtparmdft < portid > [ -rif RIF-value ] [ -rdf RDF-value ] [ -tbe TBE-value ] [ -nrm NRM-value ]
[ -trm TRM-value ] [ -adtf ADTF-value ] [ -cdf CDF-value ] [ -fsd FSD-value ]

シンタックスの説明

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 の場合、 slot:subslot.port:subport です。

PXM1E の UNI/NNI バック カード の場合、 slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードの場合、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシの場合、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシの場合、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)の PXM1E では、 slot.port です。

詳細は、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

-rif

Rate Increase Factor(RIF; レート増加ファクタ)を指定するキーワード。ACR の増加に使用される係数。 RIF の値は 2 の累乗で、範囲は 1/32768~1 です。

デフォルト:7

-rdf

Rate Decrease Factor(RDF; レート低減ファクタ)を指定するキーワード。ACR の低減に使用される係数。 RDF の値は 2 の累乗で、範囲は 1/32768~1 です。

デフォルト:4

-tbe

Transient Buffer Exposure(TBE; 一時バッファ排出)を指定するキーワード。スタートアップ中に最初の RM セルが戻ってくるまでの間、ネットワークにより制限される、送信元が送信できる折衝済みセル数です。値の範囲は 0~16,777,215 セルです。

デフォルト:1048320

-nrm

発信元から一度に送信できる順方向 RM セルの最大数を指定するキーワード。 Nrm の値は 2 の累乗で、範囲は 2~256 です。

デフォルト:5

-trm

1 つの RM セルが送信元から出力され、エンドポイントに到達するまでの時間の最大値を指定するキーワード。100 x 2-7~100 x 20 ミリ秒の範囲内で指定します。

デフォルト:8

-adtf

ACR Decrease Time Factor(ADTF; ACR 減少時間ファクタ)を指定するキーワード。セル レートを RM セル レートから通常トラフィック用の Allowed Cell Rate(ACR; 許容セル レート)に下げることが許容される時間の長さ。1~1023 ミリ秒の範囲内で指定します。

デフォルト:50

-cdf

Cutoff Decrease Factor(CDF; カットオフ低減ファクタ)を指定するキーワード。紛失した RM-cell count(CRM; RM セル数)に関連した ACR の低下を制御します。 CDF の値は次のいずれかです。

0

2 の累乗(1/64~1)

CRM は、逆方向 RM セルを受信できないときに送信される順方向 RM セルの数を制限します。CRM は整数値で、 具体的な値は実装によって異なります。

デフォルト:7

-fsd

送信元固定遅延を指定するキーワード

デフォルト:0

関連コマンド

addcon、cnfabr、dspabrtparmdft、cnfintfvsvd

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:GROUP1

cnfaddrcug

Configure Address CUG(アドレス CUG を設定):PXM45、PXM1E

cnfaddrcug コマンドを使うと、既存の CUG メンバー (CUG メンバーは ATM アドレス)に対して次のアトリビュートを設定できます。

優先 CUG

着信アクセス

発信アクセス

addcug コマンドで最初の CUG メンバーを追加すると、その ATM アドレスが CUG メンバー(またはユーザ)になります。この追加を行うことで、これら CUG のアトリビュートを cnfaddrcug コマンドで修正できるようになります。本コマンドは、個別の CUG メンバー に適用されますが、 addcug コマンドと cnfcug コマンドは CUG に適用されます。次の節で、メンバー アトリビュートについて説明します。

優先 CUG

優先 CUG は、デフォルト CUG として機能します。発呼側が特定の CUG をシグナリングしないときに適用されます。たとえば、CPE が CUG をサポートしない場合、CUG インデックスは発呼側からシグナリングされないため、着呼側は優先 CUG を使用して通話を検証します。発呼側アドレスに関連付けられた CUG のいずれか 1 つを優先 CUG になるように指定できます。優先 CUG にする CUG を指定するには、その CUG のインデックスを指定する必要があります。CUG への発信通話が禁止されている場合、その CUG は優先 CUG にできないので注意してください(通話禁止については、 addcug の説明を参照してください)。

CUG メンバーへのアクセス制御

着信および発信アクセス パラメータを使用して、個別の CUG メンバーごとに、CUG 間のアクセスを指定できます。

CUG の検証は、通話の発信元と宛先で実行されます。スイッチは、CUG 通話(CUG シグナリングを含む通話)と非 CUG(通常)通話で、CUG の検証を実行します。この機能は、ITU-T Q.2955.1 仕様のそれぞれ Table 3 と Table 4 に記述されている発信元検証と宛先検証に準拠します。このコマンドの発信および着信アクセス パラメータで、発信元検証と宛先検証用に CUG メンバーを設定できます。

発信アクセス

発信アクセス オプションで、CUG メンバーがその CUG 外のメンバーに発信できる通話を規制します。発信アクセスの選択肢は次のとおりです。

デフォルトは disallowed です。CUG メンバーシップ リスト外に通話は発信できません。すべての通話は、同じ CUG のメンバー間に制限されます。

percall オプションを使用すると、通話ごとに 発信アクセス 要求を明示的にシグナリングした場合に、CUG 外に通話を発信できます。OA シグナリングで発信された通話だけが許可されます。

permanent オプションを使用すると、 発信アクセス 要求を明示的にシグナリングしなくても、このユーザが属する CUG 外に通話を発信できます。

次の例で、CUG の 発信アクセス 制御の役割を示します。

1. ユーザ A が発信通話を禁止されている場合、ユーザ A は他のユーザに通話を発信できません。

2. ユーザ A が通話ごとの発信アクセスを許可されている場合、SETUP メッセージに発信アクセスの要求を含めれば、ユーザ A は B に通話を発信できます。

3. ユーザ A が永続的に発信通話を許可されている場合、ユーザ A は任意のユーザに通話を発信できます。

着信アクセス

incoming access オプションで、CUG メンバーがその CUG 外から受信できる通話を規制します。着信アクセスの選択肢は次のとおりです。

デフォルトは disallowed です。CUG メンバーシップ リスト外から通話は受信できません。すべての通話は、同じ CUG のメンバー間に制限されます。

allowed オプションを使用すると、CUG メンバーシップ リスト外からの通話を受信できます。

次の例で、CUG の 着信アクセス 制御の役割を示します。

1. ユーザ A は CUG 1、2、3 のメンバーです。

2. ユーザ B はどの CUG のメンバーでもありません。

3. ユーザ A が着信アクセスを禁止されている場合、ユーザ A はユーザ B からの通話を受信できません。

4. ユーザ A が着信アクセスを許可されている場合、ユーザ A はユーザ B からの通話を受信できます。

シンタックス

cnfaddrcug < atm-address > < length > < plan > [ -pre f < cug-index >]
[ -oa { disallowed | percall | permanent }] [ -ia { disallowed | allowed }]

シンタックスの説明

 

atm-address

ローカル UNI インターフェイスの NSAP アドレスまたは E.164 アドレスは、20 バイトです。

length

アドレス長。長さの単位はアドレス計画によって異なります。-plan オプションにより、E.164 または NSAP を指定できます。

NSAP アドレス計画で使用される長さの単位はビットで、範囲は 0~160 です。最大 20 バイトの ATM アドレスを使用できます。

20 バイト × 8 ビット/バイト = 160 ビット

E.164 アドレス計画で使用される値は 10 進数の桁数です。ATM アドレスが 15 桁の場合は、このパラメータの値も 15 となります。

plan

計画の値には NSAP または E.164 のいずれかを指定します。この値は addaddr コマンドでアドレスを追加したときに設定されます。

-pref

cug-index は、ATM アドレスで CUG を一意に識別します。CUG インデックスの範囲は 0~65535 で、0 は「優先 CUGがない」ことを示します。

デフォルト:0

-oa

発信アクセスについて、必要に応じて次のいずれかを指定します。

disallowed

percall

permanent

デフォルト:disallowed

-ia

着信アクセスについて、必要に応じて次のいずれかを指定します。

disallowed

allowed

デフォルト:disallowed

関連コマンド

addcug delcug、dspcug、lrcugdefaddr、cnfnodecug、dspaddrcug、dspcugdefaddr、dspnodecug、setcugdefaddr

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

コマンド入力に合わせて、端末の表示を調整する必要があります。NSAP ATM アドレス
47.0091.8100.0000.0001.4444.7777(長さ 104)に対して、次の設定をします。

発信アクセスは禁止

着信アクセスは許可

Geneva.7.PXM.a > cnfaddrcug 47.0091.8100.0000.0001.4444.7777 104 12 nsap -oa disallowed -ia allowed

cnfaddrreg

Configure Address Registration(アドレス登録を設定):PXM45、PXM1E

このコマンドを使用して、ポートの ILMI アドレス登録を有効または無効にできます。cnfaddrreg を実行する前に、次の作業が必要です。

1. addpnport を実行して、適切なポートを作成する必要があります。

2. dnpnport を実行して、このポートを停止する必要があります。

cnfaddrreg コマンドは、下位互換性を保つため、アドレス登録を有効(または無効)にすることもできます。

ピアでアドレス登録テーブルと手順をサポートする必要があるため、3 か所すべてでアドレス登録が有効になっていることを確認する必要があります。

シンタックス

cnfaddrreg <portid> [{ yes | no }]

シンタックスの説明

ポート ID を指定するほかに、 yes または no を指定する必要があります。

 

portid

PNNI 物理ポート識別子の形式は、次のように異なります。

PXM45 の場合、 slot:subslot.port:subport です。

PXM1E の UNI/NNI バック カード の場合 slot:subslot.port:subport です。UNI/NNI バック カードの場合、subslot は常に 2 ですが、 slot はシャーシによって次のように異なります。

MGX 8850 シャーシの場合、 slot は常に論理スロット 7 です。

MGX 8830 シャーシの場合、 slot は常に論理スロット 1 です。

狭帯域サービス モジュール(NBSM)の PXM1E の場合は、 slot.port です。

詳細は、「概要」の「 PNNI 形式」の項を参照してください。

yes

このポートで、ILMI アドレス登録を有効にします。デフォルトは yes (有効)です。

no

このポートで、ILMI アドレス登録を無効にします。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ポート 4:1.1:11 で、ILMI アドレス登録を無効にします。

Geneva.7.PXM45.a > cnfaddrreg 4:1.1:11 no

cnfainihopcount

Configure AINI Hop Count(AINI ホップ カウントを設定):PXM45、PXM1E

cnfainihopcount コマンドを使用して、通話が経由する AINI リンクの最大数を決定できます。この指定は、そのローカル ノードから発信されるすべての通話に適用され、設定の適用範囲はネットワーク全体です。 cnfainihopcount で、次のことができます。

カウンタの有効、無効を指定します。このカウンタは、ホップ カウンタ Information Element
(IE)を生成します。

AINI ホップの最大数を指定します。ホップ カウンタ(IE)は、セットアップ メッセージで、この値に初期設定されます。セットアップ メッセージが AINI リンクを経由するたびに、カウンタは減算されます。このホップ カウントは、AINI インターフェイスだけに適用されます( cnfpnportsig の説明も参照してください)。


) AINI ホップ カウントを有効にするには、関係する各ポートでも、cnfpnportsig コマンドを使用し、-hopcntgen パラメータに enable を指定して、有効にする必要があります。


シンタックス

cnfainihopcount [- hopcntgen { enable | disable }] [- maxhops < value >]

シンタックスの説明

 

- hopcntgen

AINI ホップのカウントを有効にします。 enable または disable を入力します。ホップ カウント生成を有効にすると、カウンタが maxhops value に初期化されます。

デフォルト値は enable です。

- maxhops

接続が経由できる AINI ホップの最大数。指定できる範囲は 1~31 です。

デフォルト:31

関連コマンド

dspainihopcount

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ、スタンバイ

特権:SUPER_GP

AINI ホップ カウントを有効にし、最大を 20 ホップに指定します。エラーが発生した場合を除き、応答は表示されないため、引き続き設定を表示します。

8850_NY.8.PXM.a > cnfainihopcount -hopcntgen enable -maxhops 20
 
8850_NY.8.PXM.a > dspainihopcount
AINI Hop Counter Generation: enable
Max AINI Hops: 20
 
8850_NY.8.PXM.a >

cnfaisdelaytimer

Configure AIS Delay Timer(AIS 遅延タイマーを設定):PXM45、PXM1E

cnfaisdelaytimer コマンドを使うと、ユーザがスケジュールした SPVC/SPVP グルーミング中にノードが AIS/Abit を CPE に送信するのを待つ秒数を設定できます (接続がルーティング解除された場合、再ルーティングで接続の両端から AIS/Abit が送信されます)。この機能によって、接続が故意に(偶然ではなく)ルーティング解除された時点から、接続の失敗を宣言するまでの時間を規制する、設定可能なノードレベルのタイマーを使用できます。タイマーが時間切れになったときに、PNNI が接続をルーティングしていなかった場合、ポートは AIS/Abit を送信します。

ルート最適化(接続グルーミングとも呼ばれます)により、一時的に接続のルーティングが解除されます。CLI の optrte または cnfrteopt 操作の結果として、計画されたルート最適化が得られます。CPE がバックアップ ファシリティに復帰しないようにするには、AIS/Abit の転送を遅らせます。

この機能には、次の特性があります。

AIS 遅延タイマーの値は、ネットワーク全体で同じにする必要があります。

通常、接続グルーミングは、メンテナンス ウィンドウで一括処理されます。大量の接続を処理しようとした場合、特にネットワークがビジーになると、システムは望ましい制限時間内にすべての接続をコミットできないことがあります。

ネットワークのすべてのノードを、この機能をサポートするリリースにアップグレードするまでは、タイマーを 0(デフォルト)のままにすることをお勧めします。

この機能は、SPVP の相手先固定デュアルエンドのポイントツーポイント SPVC にだけ適用されます。

コントローラの切り替え時、予備がアクティブになると、AIS 遅延タイマーは再トリガーされます。この場合、AIS 遅延は設定値の 2 倍まで継続することがあります。サービス モジュールの切り換えには影響を与えません。

CC を有効にした接続の場合、タイマーにゼロ以外を設定すると、接続がルーティング解除された時点から再ルーティングされるまで、ノードは CC をオフにします。

シンタックス

cnfaisdelaytimer < timer_value >

シンタックスの説明

 

timer_value

遅延タイマーは 0~60 秒です(デフォルトは 0 です)。0 は、機能が無効であることを示します。

関連コマンド

dspaisdelaytimer

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

AIS 遅延タイマーを 60 秒に設定します。

spvc14.8.PXM.a > cnfaisdelaytimer 60

cnfalm

Configure Alarm(アラームを設定):PXM45、PXM1E

cnfalm コマンドは、回線の統計情報アラームのしきい値を設定します。SONET および PLCP に設定できる項目は、RFC 2258 で定義されています。DS3 および E3 に設定できる項目は、RFC 2496 で定義されています。設定を構成する項目は、次のとおりです。

回線の種類:SONET、DS3、E3、または PLCP

テスト対象レイヤ:セクション、回線、またはパス(例:SONET 回線)

テスト時間:15 分または 24 時間

エラー時間のレベル: エラー秒 重大エラー秒

エラーの種類:フレーム化エラー、コード違反、使用不可

しきい値超過時のアラームの重大度:マイナーまたはメジャー

アラーム条件はキーワードで指定します。それぞれのキーワードが、テスト対象レイヤ(回線など)、しきい値の種類(エラー秒など)、およびテスト時間(15 分または 24 時間)を示します。たとえば、キーワード - lnes15 は、回線レイヤで 15 分間に検出されたエラーの秒数を示しています。シンタックスの説明に各キーワードの一覧と説明があります。


) AXSM カード上での cnfalm コマンドの利用については、AXSM のマニュアルを参照してください。


シンタックス

回線タイプと回線 ID の形式は多様なので、ここでは、一般的なシンタックス情報と特定の回線タイプに関する詳細を示します。

必須パラメータは次のとおりです。

回線タイプ

回線 ID

アラームの重大度(マイナーまたはメジャー)

その他のパラメータはオプションであり、パラメータの種類を示すキーワードに続けて指定します。

一般的なシンタックスの説明

一般的なシンタックスは、次のとおりです。

cnfalm < line type > < X.line > < alarm severity > < thresholds >

一般的なシンタックスの内容を次に説明します。シンタックスの説明に続いて、アラームの重大度としきい値を回線タイプ 別に説明しています。

 

lineType

次に示す、 X.line に応じた回線タイプ

X = 2 の場合、PXM1E バック カードの回線タイプは次のとおりです。

-sonetsec :SONET 回線のセクション アラームを表示します。

-sonetline :SONET 回線の回線アラームを表示します。

-sonetpath :SONET 回線のパス アラームを表示します。

-ds3 :DS3 回線の統計アラームを表示します。

-plcp :Physical Layer Convergence Procedure(PLCP; 物理層コンバージェンス プロシージャ)のアラームを表示します。

X = 7、15、または 31 の場合、SRM の回線タイプは次のとおりです。

-sonetsec :SONET 回線のセクション アラームを表示します。

-sonetline :SONET 回線の回線アラームを表示します。

-sonetpath :SONET 回線のパス アラームを表示します。

-ds3 :DS3 回線の統計アラームを表示します。

X . line

X フィールドは、次のいずれかを識別します。

PXM1E のベイ 2 の UNI/NNI バック カード

PXM1E の制御の下にある SRM の論理スロット

X の値は、次のいずれかです。

X=2 の場合、PXM1E に装着された UNI/NNI バック カード

MGX 8850 シャーシで X=15 または 31 を指定した場合、アクティブ SRM の論理スロット番号(物理スロット番号は関係ありません)

MGX 8830 シャーシで X=7 を指定した場合、アクティブ SRM の論理スロット番号(物理スロット番号は関係ありません)

line の値は、カードの種類によって決まります。可能な値は次のとおりです。

SRME または SRME/B SONET:1

SRM-3T3 または T3 の SRME/B:1~3

PXM1E バック カード:1~16(そのカードで最も大きな回線番号)

alarm severity

指定されたしきい値のいずれかを超過したときに生成されるアラームの重大度を、キーワードと数字の組み合わせで指定します。有効な値は 1(マイナー)と 2(メジャー)です。アラームの重大度は、直前に適切なキーワードを付けて指定します。それぞれの回線タイプで有効なアラーム重大度のキーワードについては、次に示すリストの最初の項目をご覧ください。たとえば、-secsev は SONET 回線のセクション アラームの重大度を示します。

thresholds

キーワードで示される対象の数。 threshold の範囲は 1~2^32-1 です。キーワードは threshold の前に付きます。たとえば、 -lnsesf15 10 は、回線上で 15 分間に、フレーム化の重大エラーが 10 回発生することを意味します。

SONET セクションのしきい値

 

-secsev Severity

SONET セクションのアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-seces15 ES15min

15 分間でのエラー秒

-seces24 ES24Hr

24 時間でのエラー秒

-secses15 SES15min

15 分間での重大エラー秒

-secses24 SES24Hr

24 時間での重大エラー秒

-secsefs15 SEFS15min

15 分間での重大フレーム化エラー秒

-secsefs24 SEFS24Hr

24 時間での重大フレーム化エラー秒

-seccv15 UAS15min

15 分間での使用不可秒

-seccv24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒

SONET 回線のしきい値

 

-lnsev Severity

SONET 回線のアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-lnes15 ES15min

15 分間でのエラー秒

-lnes24 ES24Hr

24 時間でのエラー秒

-lnses15 SES15min

15 分間での重大エラー秒

-lnses24 SES24Hr

24 時間での重大エラー秒

-lncv15 CV15min

15 分間でのコード違反秒

-lncv24 CV24Hr

24 時間でのコード違反秒

-lnuas15 UAS15min

15 分間での使用不可秒

-lnuas24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒

SONET パスのしきい値

 

-sev

SONET パスのアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-es15 ES15min

15 分間でのエラー秒

-es24 ES24Hr

24 時間でのエラー秒

-ses15 SES15min

15 分間での重大エラー秒

-ses24 SES24Hr

24 時間での重大エラー秒

-cv15 CV15min

15 分間でのコード違反秒

-cv24 CV24Hr

24 時間でのコード違反秒

-uas15 UAS15min

15 分間での使用不可秒

-uas24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒

DS3 のしきい値

 

-dsev severity

DS3 のアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-lcv15 LCV15min

15 分間での回線のコード違反秒

-lcv24 LCV24Hr

24 時間での回線のコード違反秒

-les15 LES15min

15 分間での回線エラー秒

-les24 LES24Hr

24 時間での回線エラー秒

-pcv15 PCV15min

15 分間での回線の P ビット符号化違反秒

-pcv24 PCV24Hr

24 時間での回線の P ビット符号化違反秒

-pes15 PES15min

15 分間での P ビット エラー秒

-pes24 PES24Hr

24 時間での P ビット エラー秒

-pses15 PSES15min

15 分間での P ビット重大エラー秒

-pses24 PSES24Hr

24 時間での P ビット重大エラー秒

-sefs15 SEFS15min

15 分間での重大フレーム化エラー秒

-sefs24 SEFS24Hr

24 時間での重大フレーム化エラー秒

-uas15 UAS15min

15 分間での使用不可秒

-uas24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒

E3 のしきい値

 

-dsev severity

E3 のアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-lcv15 LCV15min

15 分間での回線のコード違反秒

-lcv24 LCV24Hr

24 時間での回線のコード違反秒

-les15 LES15min

15 分間での回線エラー秒

-les24 LES24Hr

24 時間での回線エラー秒

-sefs15 SEFS15min

15 分間での重大フレーム化エラー秒

-efs24 SEFS24Hr

24 時間での重大フレーム化エラー秒

-duas15 UAS15min

15 分間での使用不可秒

-duast24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒

PLCP のしきい値

 

-psev severity

PLCP のアラームの重大度(1:マイナー、2:メジャー)

-bcv15 CV15min

15 分間でのバイポーラ違反コード違反秒

-bcv24 CV24Hr

24 時間でのバイポーラ違反コード違反秒

-bes15 ES15min

15 分間でのバイポーラ エラー秒

-bes24 ES24Hr

24 時間でのバイポーラ エラー秒

-bses15 SES15min

15 分間でのバイポーラ重大エラー秒

-bses24 SES24Hr

24 時間でのバイポーラ重大エラー秒

-psefs15 SEFS15min

15 分間での重大フレーム化エラーの発生秒数

-psefs24 SEFS24Hr

24 時間での重大フレーム化エラーの発生秒数

-puas15 UAS15min

15 分間での使用不可秒数

-puas24 UAS24Hr

24 時間での使用不可秒数

関連コマンド

dspalmcnf

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

ベイ 2 の回線 9 を対象に、回線レベルの重大エラーを生成するしきい値を次のように設定します。

line type は SONET 回線

ベイは 2、回線番号は 9

生成されるアラームの重大度はメジャー

15 分でのエラー秒の件数は 60、24 時間では 600

15 分での重大エラー秒の件数は 3、24 時間では 7

15 分でのコード違反秒の件数は 75、24 時間では 750

15 分での使用不可秒の件数は 10、24 時間では 10

node4.7.PXM1E.a > cnfalm -sonetline 2.9 -lnsev 2 -lnes15 60 -lnes24 600 -lnses15 3 -lnses24 7 -lncv15 75 -lncv24 750 -lnuas15 10 -lnuas24 10
 

指定した回線番号と回線タイプを対象に dspalmcnf を実行し、設定を確認します。

node4.7.PXM1E.a > dspalmcnf -sonetline 2.9
LineNum: 2.9
Line Stat Alarm Severity: No Alarm
15min Threshold 24hr Threshold
Line ESs : 60 600
Line SESs: 3 7
Line CVs : 75 750
Line UASs: 10 10

cnfapsln

Configure APS Line(APS 回線を設定):PXM45、PXM1E

cnfapsln  コマンドを使うと、自動保護切り替え(APS)のパラメータを設定できます。このコマンドは、APS を回線のペアに追加した後で使用します。APS の詳細については、addapsln の説明を参照してください。

シンタックス

cnfapsln -w < working line > -sf < SignalFaultBER > -sd < SignalDegradeBER > -wtr < Wait To Restore > -dr
< direction > -rv < revertive > -proto < protocol >

シンタックスの説明


) 1+1 Annex B の動作モードは双方向、非リバーティブ(復旧後のスイッチバックなし)で、プロトコルは ITU だけです。

addapsln コマンドで設定したアーキテクチャ モードが 1+1 Annex B のときに cnfapsln コマンドで設定できるのは、WTR(-wtr)、SF BER(-sf)、および SD BER(-sd)だけです。


 

working line

現用回線は次の形式で指定します。

slot . bay . line

スロット番号は、次のように、シャーシとカードの種類の両方に依存します。

MGX 8850 シャーシの PXM45 の場合、 slot は 15 または 31 です。

MGX 8850 シャーシの PXM1E の場合は、次のとおりです。

UNI/NNI バック カードの場合、 slot は 7 です。

SRME の場合、 slot は 15 または 31 です。

MGX 8830 シャーシの PXM1E の場合は、次のとおりです。

UNI/NNI バック カードの場合、 slot は 1 です。

SRME または SRME/B の場合、 slot は 7 です。

ベイ番号は、従来の目的と一貫性を保つためだけに使用されます( スロット番号 は、カードの位置を一意に識別します)。 bay はカードに依存する固定論理番号で、次のとおりです。

SRME の場合、 bay は常に 1 です。

PXM1E インターフェイスの場合、 bay は常に 2 です。

PXM1E OC3c/STM1 バック カードの回線番号は、次のように、カードの種類に依存します。

9~12:コンボ カード

1~4:通常の 4 回線カード

1~8:通常の 8 回線カード

SRME または SRME/B SONET の場合、回線番号は常に 1 です。

シンタックスの説明

 

SignalFaultBER

信号障害 Bit Error Rate(BER; ビット エラー レート)を示す値(3~5)。実際に使用される値は、次のように 10 の負の累乗になります。

3 = 10-3

4 = 10-4

5 = 10-5

SignalDegradeBER

信号劣化 BER を示す値(5~9)。実際に使用される値は、次のように 10 の負の累乗になります。

5 = 10-5

6 = 10-6

7 = 10-7

8 = 10-8

9 = 10-9

Wait To Restore

現用回線が稼働可能になった後、サービス スイッチが予備回線から現用回線に戻るまでの時間を分で表した値です。

範囲:5~12 分

direction

方向を次のように指定します。

1:単方向

2:双方向

双方向に設定すると受信パスと送信パスの両方が切り替えられ、 片方向では受信と送信のどちらかダメージを受けたパスだけが切り替えられます。

デフォルト:単方向

revertive

リバーティブ機能を有効にします。

1:非リバーティブ

2:リバーティブ

-proto

-proto の後ろに 1 または 2 を指定して、ベルコアまたは ITU-T プロトコルを指定できます。数字は、次の標準を意味します。

1:ベルコア GR-253

2:ITU-T G.783

デフォルト:ベルコア GR-253

関連コマンド

addapsln、delapsln、dspapsln、dspapslns、switchapsln、dspapsbkplane、dspbecnt

アトリビュート

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:SUPER_GP

cnfapsln -w 7.2.1 -sf 3 -sd 5 -wtr 5 -dr 2 -rv 1

cnfatmimagrp

Configure ATM IMA Group(ATM IMA グループを設定) :PXM1E

cnfatmimagrp コマンドを使って、次の特性を有効または無効にできます。

IMA グループのペイロード スクランブル

回線に障害が発生した後の送信方向の AIS

デフォルトでは、両方のパラメータが有効です。

シンタックス

cnfatmimagrp -grp < group > -sps < PayloadScramble > -ais < aisMODE >

シンタックスの説明

 

-grp group

グループの形式は bay.group で、値は次のようになります。

bay:PXM1E では常に 2

group:1~16

-sps

このパラメータで、ペイロード スクランブルを有効または無効にします。1 または 2 を入力します。

1:有効

2:無効

デフォルト:有効

-ais

このパラメータで、回線に障害が発生した後の送信方向の AIS を有効または無効にします。

1:有効

2:無効

デフォルト:有効

関連コマンド

dspatmimagrp

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

IMA グループ 2 で、ペイロード スクランブルを無効にします。

PXM1E.7.PXM.a > cnfatmimagrp -gps 2.2 -sps 2

cnfatmln

Configure ATM Line(ATM 回線を設定):PXM1E

cnfatmln コマンドは、ATM 層セル ヘッダー特性と回線の AIS モードを設定します。

upln で回線をアクティブにしたり、 addport で論理ポートを追加する前に、回線の ATM 層セル ヘッダーを設定する必要があります。

シンタックス

cnfatmln - ln <bay.line> - sps <PayloadScramble> - nch <cellhdr> - ncp <NullCell payload>
- hcs <hcs> -ais < aisMode >

シンタックスの説明

 

-ln

ベイと回線番号。この値の 形式 は、PXM1E と AXSM で少し異なります。

PXM1E では、形式 X.line が、SRM または UNI/NNI バック カードに適用されます。

UNI/NNI バック カードの場合、X は常に 2 です。

MGX 8850 シャーシの SRM の場合、X は 15 または 31 です。

MGX 8830 シャーシの SRM の場合、X は常に 7 です。

AXSM モデルでは、 bay.line の形式で指定します。AXSM では、 bay の値は 1 または 2 です。

どの場合でも、 line の最小値は 1、最大値はバック カードに接続されている回線数です。

-hcs

HCS 剰余類の無効(1)、有効(2)を指定します。デフォルトでは有効です。

-sps

ペイロード スクランブルの有効(1)、無効(2)を指定します。 ペイロード スクランブル は、デフォルトでは有効です。この設定は、指定した回線の両端、およびパス全体を通じて同じにする必要があります。

-nch

ヌルのセル ヘッダー( cellhdr )として使用する 4 バイトの 16 進数。 cellhdr の範囲は 00000000~ffffffff です。

-ncp

ヌルのセル ヘッダーとして使用する 8 ビットの 16 進数。 cellpayload の範囲は 1~ff、 デフォルトは 6a です。

-ais

アラーム表示信号(AIS)を有効または無効にします。AIS はオール 1 の信号で、転送導通性を維持し、送信側端末またはその他のアップストリーム ポイントで転送の失敗が発生したことを受信側端末に示すために、通常の信号の代わりに送信されます。

AIS の詳細については、cnfpnportloscallrel の説明を参照してください。

1 :回線障害発生時の AIS を有効にする

2 :回線障害発生時の AIS を無効にする

デフォルト:有効

関連コマンド

dspatmln

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:GROUP1

回線 1 のペイロード スクランブルを無効化し、ヌルのセル ヘッダーを指定します。

MGX8850.7.PXM1E.a > cnfatmln -ln 2.1 -sps 2 -nch ab12abab
 

回線 1 のペイロード スクランブルを有効化し、ヌルのセル ヘッダーを指定します。