Cisco MGX 8800/8900 シリーズ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.1
信頼性、可用性、および保守性
信頼性、可用性、および保守性
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

信頼性、可用性、および保守性

診断

診断の例

診断テスト

PXM1E の診断テスト

PXM45 の診断テスト

信頼性、可用性、および保守性

PXM45 と PXM1E はともに次のreliability, availability, and serviceability(RAS; 信頼性、可用性、および保守性)機能をサポートしています。

Power On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)

Hardware Monitoring Module(HMM; ハードウェア モニタリング モジュール)

オンライン診断

オフライン診断

拡張アラーム レポート

POST 機能と HMM 機能は、ユーザには透過的です。ただし、 dsppostresults コマンドを使用して POST の結果を表示することができます。POST は、起動時に実行される一連のテストです。POST を無効にすることはできません。

診断

診断用のコマンドは、問題の切り分けやトラブルシューティングに使用できます。次に、問題や障害を特定するための手順を示します。


ステップ 1 カード アラーム を確認します。

MGX8850.7.PXM.a>dspndalms
 

ステップ 2 ハードウェアまたは診断アラームとスロット番号を確認します。

MGX8850.7.PXM.a>dspcdalms
 

ステップ 3 ハードウェア アラームがある場合は、該当するスロットのカードに移動します。

MGX8850.7.PXM.a>cc slot
 

ステップ 4 アラームを表示して、装置を特定します。

MGX8850.7.PXM.a>dsphwalms
 

ステップ 5 装置のエラーを表示します。

MGX8850.7.PXM.a>dspdeverr device
 

ステップ 6 診断アラームがある場合は、該当するスロットのカードに移動します。

MGX8850.7.PXM.a>cc slot
 

ステップ 7 診断結果を表示します。

MGX8850.7.PXM.a>dspdiagresults
 

表G-1 に、問題の切り分けとトラブルシューティングに使用できるその他のコマンドを示します。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco MGX 8800/8900 Series Command Reference, Release 5.1 』を参照してください。

 

表G-1 RAS 関連の診断、アラーム、および POST コマンド

コマンド
説明

cnfdiag

特定のスロットに対して、オンライン診断を設定(有効化または無効化)し、オフライン診断のスケジュールを予約します。

cnfdiagall

すべてのスロットに対して、オンライン診断を設定(有効化または無効化)し、オフライン診断のスケジュールを予約します。

dspdiagcnf

オンラインおよびオフライン診断の設定を表示します。

dspdiagstatus

すべてのスロットのオンラインおよびオフライン診断の状態を表示して、診断を有効にする準備が整っているかどうかを示します。

dspdiagstat

特定のスロットでのオンラインおよびオフライン診断の実行統計を表示します。

dspdiagerr

すべてのスロットでのオンラインおよびオフライン診断の実行エラーを表示します。

dspdiagtests

すべての診断テストのリストを表示します。

clrdiagstat

特定のスロットで実行されたオンラインおよびオフライン診断の統計情報をクリアします。

clrdiagerr

特定のスロットでオンラインおよびオフライン診断により報告されたエラーをクリアします。

dspdeverr

スロットの特定の装置について、エラーの種類とエラー数を表示します。

abortofflinediag

現在実行されているオフライン診断テストを停止します。

dspdeverrhist

スロット内の特定のデバイスについて、エラーの種類とエラー数の履歴を表示します。

dspdiagresults

特定のスロットでの診断テストの結果とアラーム状態を表示します。

dsphwalms

スロット内のすべてのデバイスについて、エラーとアラームの要約情報を表示します。

dsppostresults

電源投入時自己診断テスト (POST) の結果を表示します。

診断の例

次に、 dspdiagresults コマンドの表示出力の例を示します。

MGX8850.7.PXM.a> dspdiagresults
--------------------------------------------------------
Online Diagnostics Test Summary
--------------------------------------------------------
Id Name En #Att #Fail #Pass Alarm Result
-- ---- -- ---- ----- ----- ----- -----
1 Data Path Y 2868 0 2868 None Pass
2 Trap Freq Monitor Y 1434 0 1434 None Pass
3 Memory Access Y 2868 0 2868 None Pass
4 Atlas Reg Access Y 2868 0 2868 None Pass
5 Atlas Sram Access Y 2868 0 2868 None Pass
6 Framer/LIU Access Y 2868 0 2868 None Pass
7 Elmer Access Y 2868 0 2868 None Pass
8 Flash CheckSum Y 2868 0 2868 None Pass
9 Ethernet Ping Y 2868 0 2868 None Pass
10 QE RAM Access Y 2868 0 2868 None Pass
11 HDsk PCI Access Y 2868 0 2868 None Pass
12 HDsk Rd/Wr Y 95 0 95 None Pass
13 CBC RAM Access Y 2868 0 2868 None Pass
14 BRAM checksum Y 2868 0 2868 None Pass
15 Control Path Y 28680 0 28680 None Pass
 

次に、 dsppostresults コマンドの表示出力の例を示します。

MGX8850.7.PXM.a> dsppostresults
 
--------------------------------------------------------
Power On Self Test Results
--------------------------------------------------------
Test Name Result Description
--------------- --------- ---------------
BRAM Checksum PASS
QE RAM PASS
CBC RAM PASS
Ethernet Reg NOT DONE Test Not Required
PCI-IDE Reg PASS
Clock Mux PASS
Framer 1 Access PASS
Framer 2 Access PASS
Framer 3 Access PASS
Framer 4 Access PASS
ATLAS 1 RAM PASS
Hard Disk Access PASS
 

次に、 dsphwalms コマンドの表示出力の例を示します。

MGX8850.7.PXM.a>dsphwalms
 
Device Alarms
------- ------
DISK None
ATLAS (1) None
ATLAS (0) None
NILE4 None
CBC (0) None
CBC (1) None
QE1210 (1) None
QE1210 (0) None
 
Use dspdeverr <device> to see more detail.
 

次に、 dspdeverr コマンドの表示出力の例を示します。

MGX8850.7.PXM.a>dspdeverr QE1210
 
PXM System Rev: 04.00 Dec. 19, 1999 07:32:33 GMT
MGX8850 Node Alarm: CRITICAL
 
CURRENT ERROR COUNT FOR DEVICE QE1210 (1) (Alarm : None)
--------------- --------- ---------- ------ ----------- --------------
 
Error Type Total Errors
-------------- ----- ------
Rx HW Err 0
DTE ProcErr 0
RAM ERR 0
 
 
CURRENT ERROR COUNT FOR DEVICE QE1210 (0) (Alarm : None)
-------------- ----------- ---------- ----- ------------ -------------
 
Error Type Total Errors
------------- -------- -------
Rx HW Err 0
DTE ProcErr 0
RAM ERR 0
 

次に、 dspdeverrhist コマンドの表示出力の例を示します。

MGX8850.7.PXM.a>dspdeverrhist QE1210
PXM System Rev: 04.00 Dec. 19, 1999 07:32:33 GMT
MGX8850 Node Alarm: CRITICAL
 
HISTORY ERROR COUNT FOR DEVICE QE1210 (1)
------------ ----- ----- --- ------ --------------
 
Error Type Total Errors
------------- ------- ------
Rx HW Err 0
DTE ProcErr 0
RAM ERR 0
 
 
HISTORY ERROR COUNT FOR DEVICE QE1210 (0)
------- ----- ----- --- ------ ------------------------------------------
 
Error Type Total Errors
--------------- ------- ------
Rx HW Err 0
DTE ProcErr 0
RAM ERR 0
 
MGX8850.8.PXM.a > dspdiagtests
-------------------------------------------
Online Diagnostic Tests
Id TestName
-- --------
1 Utopia Test
2 Path Test
3 Xbar Test
4 Trap Freq Monitor
5 Memory Access
6 Elmer Access
7 Flash Checksum
8 Ethernet Ping
9 QE RAM Access
10 HDD PCI Access
11 HDD R/W
12 CBC RAM Access
13 BRAM Checksum
 
MGX8850.8.PXM.a >

診断テスト

ここでは、PXM1E および PXM45 の診断テストの内容を一覧で示します。

PXM1E の診断テスト

PXM1E では次のテストが有効です。

PXM1E 電源投入時自己診断テスト (POST)

BRAM チェックサム

QE RAM

CBC RAM

イーサネット レジスタ アクセス

PCI/IDE レジスタ アクセス

クロック Mux 検証

フレーマー アクセス

Atlas1 RAM アクセス

Atlas2 RAM アクセス

ハードディスク アクセス

PXM1E のパス テスト

データ パス

制御パス

PXM1E の装置テスト

Atlas レジスタ アクセス

Atlas SRAM アクセス

フレーマー/LIU アクセス

トラップ頻度モニタ

Elmer アクセス

フラッシュ チェックサム

イーサネット PING

QE RAM アクセス

HDD PCI アクセス

HDD リード/ライト

CBC RAM アクセス

BRAM チェックサム

メモリ アクセス

PXM45 の診断テスト

PXM45 では次のテストが有効です。

PXM45 電源投入時自己診断テスト (POST)

BRAM チェックサム

QE RAM

CBC RAM

イーサネット レジスタ

PCI/IDE レジスタ アクセス

クロック Mux 検証

ハードディスク アクセス

PXM45 のパス テスト

UTOPIA ループバック

パス テスト

クロスバ テスト

装置テスト

QE RAM アクセス

CBC RAM アクセス

フラッシュ チェックサム

HDD リード/ライト

HDD PCI アクセス

トラップ頻度モニタ

イーサネット PING

BRAM チェックサム

メモリ アクセス