Cisco MGX 8800/8900 シリーズ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.1
ハードウェアの調査とソフトウェアの 設定のためのワークシート
ハードウェアの調査とソフトウェアの設定のためのワークシート
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ハードウェアの調査とソフトウェアの設定のためのワークシート

ハードウェア調査ワークシート

MGX スイッチの一般的な設定ワークシート(PXM45、PXM1E、SRM)

PXM1E 用追加情報設定ワークシート

AUSM/B の設定ワークシート

AXSM の設定ワークシート

CESM の設定ワークシート

FRSM-12-T3E3 の設定ワークシート

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B の設定ワークシート

FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の設定ワークシート

MPSM-8-T1E1 の設定ワークシート

MPSM-T3E3-155 の設定ワークシート

MPSM-16-T1E1 の設定ワークシート

VISM の設定ワークシート

VXSM の設定ワークシート

ハードウェアの調査とソフトウェアの設定のためのワークシート

スイッチにインストールされているハードウェアをこの章で示すワークシートを使って記録することで、ソフトウェア設定を計画するときの各種決定に役立ちます。ハードウェア調査ワークシートの記入方法については、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「ハードウェア設定の確認」 で説明しています。

ソフトウェア設定ワークシートを完成するために必要な情報は、 第1章「設定の準備」 および『 Cisco MGX 8800/8900 Series Hardware Installation Guide, Releases 2 - 5.1 』で説明しています。

これらの表をコピーして、スイッチの各カードに関する情報を記入することをお勧めします。たとえば、7 枚の CESM カードが MGX 8850(PXM1E) スイッチにある場合は、Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45) ハードウェア調査ワークシートを 1 枚と、表E-8 の CESM ワークシートを 7 枚記入します。

MGX スイッチのワークシートを記入しておくと、あとでスイッチの設定を行う場合に参照して、必要な情報を得ることができます。また、ワークシートを参照してトラブルシューティングを行ったり、MGX スイッチの設定を将来変更したりすることができます。


) スイッチと取り付けられたカードに適したワークシートを完成させる必要があります。


ハードウェア調査ワークシート

ハードウェア調査ワークシートには、スイッチに取り付けられたフロント カードおよびバック カードのタイプを記入し、カード間の冗長構成の関係を記入する欄があります。この調査ワークシートの第一の目的は、スイッチに取り付けられているカードを記録し、カードが正しい位置に取り付けられていることと、バック カードとフロント カードに互換性があることを確認することです。 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「ハードウェア設定の確認」 で、ハードウェア調査ワークシートに必要な情報を探すためのスイッチ ソフトウェアの使用法を説明しています。


) ハードウェア調査ワークシートには、スイッチの設定に必要なすべての情報が含まれているわけではありません。ハードウェア調査ワークシートは、ハードウェアの確認とハードウェアの取り付けを検証するために使用します。この章のソフトウェア設定ワークシートは、各カードの設定を計画するために使用します。ハードウェアの確認と設定計画の作成は、どちらを先にしてもかまいません。ただし、ハードウェアの取り付けがソフトウェアの設定計画と一致しない限り、設定は正しく機能しません。


表E-1 表E-2 、および 表E-3 は、3 種類の Cisco MGX スイッチに対応するハードウェア調査ワークシートです。

 

表E-1 Cisco MGX 8830 または Cisco MGX 8830/B ハードウェア調査ワークシート

スロット
カード種別
フロント カードのタイプ
バック カード
冗長構成用の
スロット
冗長構成での
役割

1

PXM1E

2

プライマリ

2

PXM1E

1

セカンダリ

3

4

5

6

7

SRM

14

プライマリ

8

PXM1E

9

PXM1E

10

11

12

13

14

SRM

7

セカンダリ

 

表E-2 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45) または Cisco 8850/B ハードウェア調査ワークシート

スロット
カード種別
フロント カードのタイプ
上部バックカード
下部バック カード
冗長構成用のスロット
冗長構成での役割

1

2

3

4

5

6

7

PXM

8

プライマリ

8

PXM

7

セカンダリ

9

10

11

12

13

14

15

SRM

16

プライマリ

16

SRM

15

セカンダリ

17

18

19

20

21

22

23

PXM

24

PXM

25

26

27

28

29

30

31

SRM

32

プライマリ

32

SRM

31

セカンダリ

 

表E-3 Cisco MGX 8950ハードウェア調査ワークシート

スロット
カード種別
フロント カードのタイプ
上部バック カード
下部バック カード
冗長構成用のスロット
冗長構成での役割

1

2

3

4

5

6

7

PXM

8

プライマリ

8

PXM

7

セカンダリ

9

XM-60

10

XM-60

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

PXM

24

PXM

25

XM-60

26

XM-60

27

28

29

30

31

32

MGX スイッチの一般的な設定ワークシート(PXM45、PXM1E、SRM)

表E-4に、それぞれの新しいスイッチで設定できる一般的なスイッチ設定パラメータを示します。

 

表E-4 スイッチの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

スイッチの名前

テキスト

IP アドレス

ブート IP アドレス情報

プライマリ カード アドレス

セカンダリ カード アドレス

ネットワーク マスク

ディスク または LAN IP アドレス情報

IPアドレス

ネットワーク マスク

ATM を介してアクセスするための IP アドレス情報

IPアドレス

ネットワーク マスク

SLIP IPアドレス情報

IPアドレス

ネットワーク マスク

ATM アドレスと PNNI 設定データ

PNNI コントローラ

コントローラの ID

2

コントローラのタイプ

2(PNNI)

コントローラの名前

PNNI のレベルと最下位のピア グループ ID

Cisco PNNI Network Planning Guide for MGX and SES Products 』を参照。

PNNI ノード アドレス

Cisco PNNI Network Planning Guide for MGX and SES Products 』を参照。

SPVC プレフィックス

Cisco PNNI Network Planning Guide for MGX and SES Products 』を参照。

MPLS コントローラ

コントローラの ID

3

コントローラのタイプ

3(LSC)

コントローラの名前

管理者データ

ユーザ cisco

パスワード

ユーザ service

パスワード

ユーザ superuser

パスワード

追加ユーザ

ユーザ名

パスワード

アクセス レベル

追加ユーザ

ユーザ名

パスワード

アクセス レベル

追加ユーザ

ユーザ名

パスワード

アクセス レベル

ネットワークのクロック ソース計画

手動によるクロック設定

プライマリ クロック ソース

セカンダリ クロック ソース

NCDP

使用可か不可か

NCDP クロック ソース

ポート ID

プライマリ リファレンス ソース

クロック タイプ

優先順位

Stratum レベル

NCDP クロック ソース

ポート ID

プライマリ リファレンス ソース

クロック タイプ

優先順位

Stratum レベル

ネットワーク管理の計画

SNMP アクセス

コミュニティ

連絡先

場所

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

時間帯のデータ

時間帯

時間帯上の地域

時間帯のオフセット

時差

PXM と SRM1 の冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

プライマリまたはセカンダリ カード セットが取り付けられているかどうか

上部ベイ SRM

SRM-3T3 か SRME か

バルク分散

下部ベイ SRM

SRM-3T3 か SRME か

バルク分散

冗長構成の設定

上部ベイ SRM

SRM-3T3 か SRME か

バルク分散

SRM 回線の冗長構成

下部ベイ SRM

SRM-3T3 か SRME か

バルク分散

SRM 回線の冗長構成

1.SRM カードは Cisco MGX 8950 スイッチでは動作しません。

PXM1E 用追加情報設定ワークシート

表E-5 に、PXM1E カードの設定に必要な追加情報を示します。


) PXM1E カードは、MGX 8850(PXM1E)、Cisco MGX 8850/B、Cisco MGX 8830、および Cisco MGX 8830/B スイッチだけで動作します。MGX 8850(PXM45) または Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合、表E-5 を記入する必要はありません。


 

表E-5 PXM1E カード用の追加設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

カード タイプ

取り付けられているフロント カードとバック カード

スタンドアロンの設定

カード内 APS を使用しているか

冗長構成の設定

APS コネクタが取り付けられているか

カード SCT

SCT 番号

回線運用モード

T1/E1/T3/E3

回線 1 の冗長構成オプション2

カード内 APS

現用回線のインデックス3

slot. 2.1

予備回線のインデックス2

slot. 2.2

モード4

カード間 APS

現用回線のインデックス5

slot. 2.1

予備回線のインデックス6

slot .2.1

モード7

回線 2 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 1 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.2

予備回線のインデックス5

slot .2.2

モード6

回線 3 の冗長構成オプション1

カード内 APS

現用回線のインデックス2

slot. 2.3

予備回線のインデックス2

slot. 2.4

モード3

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.3

予備回線のインデックス5

slot .2.3

モード6

回線 4 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 3 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.4

予備回線のインデックス5

slot .2.4

モード6

回線 5 の冗長構成オプション1

カード内 APS

現用回線のインデックス2

slot. 2.5

予備回線のインデックス2

slot. 2.6

モード3

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.5

予備回線のインデックス5

slot .2.5

モード6

回線 6 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 5 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.6

予備回線のインデックス5

slot .2.6

モード6

回線 7 の冗長構成オプション1

カード内 APS

現用回線のインデックス2

slot. 2.7

予備回線のインデックス2

slot. 2.8

モード3

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.7

予備回線のインデックス5

slot .2.7

モード6

回線 8 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 7 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.8

予備回線のインデックス5

slot .2.8

モード6

回線 9 の冗長構成オプション1

カード内 APS

現用回線のインデックス2

slot. 2.9

予備回線のインデックス2

slot. 2.10

モード3

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.9

予備回線のインデックス5

slot .2.9

モード6

回線 10 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 9 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.10

予備回線のインデックス5

slot .2.10

モード6

回線 11 の冗長構成オプション1

カード内 APS

現用回線のインデックス2

slot. 2.11

予備回線のインデックス2

slot. 2.12

モード3

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.11

予備回線のインデックス5

slot .2.11

モード6

回線 12 の冗長構成オプション1

カード内 APS

回線 11 設定中に設定

カード間 APS

現用回線のインデックス4

slot. 2.12

予備回線のインデックス5

slot .2.12

モード6

2.APS は光回線に対してのみ設定できます。PXM1E-4-155 に対する APS は回線 1~4 に、PXM1E-8-155 に対する APS は回線 1~8 に設定できます。PXM1E-COMBO に対する APS は回線 9~12 に設定できます。

3.スタンドアロン PXM1E のスロット番号を入力します。入力するスロット番号は、Cisco MGX 8830 では 1 または 2、MGX 8850(PXM1E) では 7 または 8 です。

4.有効なオプション: 1+1、1:1、annexB 1+1、またはストレート ケーブル 1+1

5.プライマリ PXM1E のスロット番号を入力します。Cisco MGX 8830 では 1 を、MGX 8850(PXM1E) では 7 を入力します。

6.セカンダリ PXM1E のスロット番号を入力します。Cisco MGX 8830 では 2 を、MGX 8850(PXM1E) では 8 を入力します。

7.有効なオプション: 1+1、1:1、annexB 1+1、またはストレート ケーブル 1+1

AUSM/B の設定ワークシート

表E-6 に、それぞれの AUSM/B カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) AUSM/B カードは MGX 8850(PXM1E) および Cisco MGX 8830 スイッチだけで動作します。MGX 8850(PXM45) または Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに AUSM/B カードが取り付けられていない場合は、表E-6 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-6 AUSM/B の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この AUSM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:N 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

回線分散

モード:バック カードか、SRM によるバルク分散か

AXSM の設定ワークシート

表E-7 に、それぞれの AXSM カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) AXSM カードは、MGX 8850(PXM45) スイッチ、Cisco MGX 8950 スイッチ、および Cisco MGX 8880 メディア ゲートウェイだけで動作します。AXSM-E カードは、Cisco MGX 8850/B および Cisco MGX 8830/B で動作します。『Cisco MGX 8800/8900 Series Hardware Installation Guide, Releases 2 - 5.1』に、それぞれの AXSM カードが動作するスイッチが記載されています。MGX 8850(PXM1E) または Cisco MGX 8830 スイッチを設定する場合や、スイッチに AXSM カードが取り付けられていなければ、表E-7 に記入する必要はありません。


 

表E-7 AXSM、AXSM-E、および AXSM-XG カードの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この AXSM のスロット

スロット番号

AXSM のタイプ

AXSM、AXSM/B、AXSM-E または AXSM-XG

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

冗長構成の設定

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

APS コネクタが取り付けられているか

YES か NO か

カード SCT

SCT 番号

CESM の設定ワークシート

表E-8 に、それぞれの CESM カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) CESM カードは Cisco MGX 8950 スイッチでは動作しません。Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに CESM カードが取り付けられていない場合は、表E-8 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-8 CESM の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この CESM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:N 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

回線分散

モード:バック カードか、SRM によるバルク分散か

FRSM-12-T3E3 の設定ワークシート

表E-9に、それぞれの FRSM-12-T3E3 カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) FRSM12 カードは MGX 8850(PXM45) スイッチだけで動作します。MGX 8850(PXM1E)、Cisco MGX 8830、または Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに FRSM12 カードが取り付けられていない場合は、表E-9 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-9 FRSM12 カードの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この FRSM-12-T3E3 のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:1 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

カード SCT

SCT 番号

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B の設定ワークシート

表E-11 に、FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B カードを設定するときの一般的なスイッチパラメータを示します。


) Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および
FRSM-HS2/B カードが取り付けられていない場合は、表E-10 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-10 FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この 8 ポート FRSM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:1 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の設定ワークシート

表E-11 に、チャネル化された 8 ポート FRSM カード、またはチャネル化されていない 8 ポート FRSM カードの設定に必要なパラメータを示します。


) Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに 8 ポート FRSM カードが取り付けられていない場合は、表E-11 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-11 FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この 8 ポート FRSM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:N 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

回線分散

モード:バック カードか、SRM によるバルク分散か

MPSM-8-T1E1 の設定ワークシート

表E-12 に、チャネル化された 8 ポート MPSM カード、またはチャネル化されていない 8 ポート MPSM カードの設定に必要なパラメータを示します。


) Cisco MGX 8880 メディア ゲートウェイまたは Cisco MGX 8950 スイッチ を設定する場合や、スイッチに 8 ポート MPSM カードが取り付けられていない場合は、表E-12 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-12 MPSM-8-T1E1 の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この 8 ポート MPSM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

インターフェイス タイプ

T1 または E1

サービス タイプ

フレーム リレー、ATM、または回線エミュレーション

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:N 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

回線分散

モード:バック カードか、SRM によるバルク分散か

MPSM-T3E3-155 の設定ワークシート

表E-13 に、それぞれの MPSM-T3E3-155 カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。

 

表E-13 MPSM-T3E3-155 カードの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この MPSM-T3E3-155 のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

インターフェイス タイプ

T3、E3、または OC-3

サービス タイプ

フレーム リレー、ATM、またはマルチサービス

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

冗長構成の設定

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

APS コネクタが取り付けられているか

YES か NO か

カード SCT

SCT 番号

MPSM-16-T1E1 の設定ワークシート

表E-14 に、それぞれの MPSM-16-T1E1 カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。

 

表E-14 MPSM-16-T1E1 カードの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この MPSM-16-T1E1 のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

インターフェイス タイプ

T1、E1

サービス タイプ

フレーム リレー、ATM、PPP、またはマルチサービス

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

冗長構成の設定

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

APS コネクタが取り付けられているか

YES か NO か

カード SCT

SCT 番号

VISM の設定ワークシート

表E-15 に、それぞれの VISM カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) VISM カードは Cisco MGX 8950 スイッチでは動作しません。Cisco MGX 8950 スイッチを設定する場合や、スイッチに VISM カードが取り付けられていない場合は、表E-15 のワークシートを作成する必要はありません。


 

表E-15 VISM の一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この VISM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

1:N 冗長構成

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

回線分散

モード:バック カードか、SRM によるバルク分散か

VXSM の設定ワークシート

表E-16 に、それぞれの VXSM カードで設定する必要のある一般的なスイッチ パラメータを示します。


) VXM1E カードは MGX 8850(PXM45) および Cisco MGX 8950 スイッチだけで動作します。MGX 8850(PXM1E) または Cisco MGX 8830 スイッチを設定する場合や、スイッチに VXSM カードが取り付けられていなければ、表E-16 を記入する必要はありません。


 

表E-16 VXSM カードの一般的な設定パラメータ

機能
パラメータの情報
設定する値

この VXSM のスロット

スロット番号

ソフトウェア バージョンのデータ

ブート ソフトウェア

バージョン番号

ランタイム ソフトウェア

バージョン番号

カードの冗長構成オプション

スタンドアロンの設定

YES か NO か

冗長構成の設定

カードの役割

プライマリまたはセカンダリ

冗長構成のペアを組む相手カードのスロット

スロット番号

APS コネクタが取り付けられているか

YES か NO か

カード SCT

SCT 番号