Cisco MGX 8800/8900 シリーズ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.1
設定の準備
設定の準備
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

設定の準備

マニュアルの変更点

Cisco MGX スイッチの機能

代表的なトポロジ

コア スイッチ

マルチ サービス エッジ集束

DSL 集束

設定の概要

情報の収集

一意なスイッチの名前

IP アドレッシング計画

ATM アドレッシング計画

管理者データ

一意な装置ID

UDI の MIB フィールド名

管理者アクセス方式

ネットワーク クロック ソース計画

ネットワーク管理計画

スイッチ内のカードと回線の物理的な位置

IP アドレス計画作成のガイドライン

ネットワーク クロック ソース計画のガイドライン

手動クロック同期の計画

NCDP 同期の計画

設定の準備

このマニュアルでは、MGX 8850(PXM1E/PXM45)、MGX 8950、および MGX 8830 スイッチに関する一般的な設定情報とその手順について説明します。『 Cisco MGX 8800/8900 Hardware Installation Guide, Releases 2 - 5.1 』の手順でスイッチをインストール後に、このマニュアルを使用してください。

また、『 Cisco MGX 8800/8900 Series Command Reference, Release 5.1 』と併せて使用してください。コマンド参照マニュアルには、スイッチの設定と情報表示に使用されるコマンドに関する詳細な情報が含まれています。


) MGX スイッチが PNNI ネットワークの一部の場合は、『Cisco PNNI Network Planning Guide for MGX and SES Products 』を使用して、本書の手順で設定する ATM と PNNI 設定パラメータを定義できます。


このマニュアルは、次のような作業の手順を説明しています。

時刻の設定、管理者アクセスの設定、ATM アドレスの設定などの基本的なスイッチ設定作業を遂行します。

スイッチ内のカードや回線を使用可能にします。

PXM1E 制御カードに通信リンクを設定します。

一般的なスイッチの操作手順を実行します。

カードの交換などの保守手順を実行します。

スイッチのカードのソフトウェアのアップグレードを実行します。

スイッチに特有な PNNI 手順を実行します。


) このマニュアルでは、PXM1E を除くカードのリンク準備については言及していません。特定のサービス モジュールのリンク準備については、そのサービス モジュールのソフトウェア設定ガイド(表1-1 を参照)を参照してください。


 

表1-1 カード特有の設定ガイド

サービス モジュール
ソフトウェア設定ガイドのタイトル

AUSM/B および
MPSM カード

Cisco ATM Services (AUSM/MPSM) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5.1

AXSM カード

Cisco ATM Services (AXSM) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5

CESM および
MPSM カード

Cisco Circuit Emulation Services (CESM/MPSM) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5.1

FRSM および
MPSM カード

Cisco Frame Relay Services (FRSM/MPSM) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5.1

FRSM12カード

Frame Relay Software Configuration Guide and Command Reference for the Cisco MGX 8850 FRSM12 Card, Release 3

MPSM-16-T1E1 および
MPSM-T3E3-155

Cisco ATM and Frame Relay Services (MPSM-T3E3-155 and MPSM-16-T1E1) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5.1

RPM-PR カード

Cisco MGX Route Processor Module (RPM-PR) Installation and Configuration Guide, Release 2.1

RPM-XF カード

Cisco MGX Route Processor Module (RPM-XF) Installation and Configuration Guide, Release 5.1

VISM-PR カード

Cisco Voice Interworking Services (VISM) Configuration Guide and Command Reference, Release 3.3

VXSM カード

Cisco Voice Switch Services (VXSM) Configuration Guide and Command Reference for MGX Switches, Release 5

スイッチを設定しリンクをプロビジョニングすると、このマニュアルを使用して、操作、保守、更新を行うことができます。

このマニュアルを読むにあたっては、次の事項に留意してください。

基本用語 「MGX スイッチ」は、Release 5.1 ソフトウェア(表1-3 参照)をサポートするすべての MGX スイッチを意味します。ある手順が 1 つもしくは 2 つの MGX スイッチのみに特有な場合は、そのことが文章中に記述されています。

このマニュアルでは「PXM」という共通の用語を使って、PXM1E と PXM45 の両カードを参照しています。手順やステップがいずれかの PXM に固有である場合は、その旨を明記してあります。

このマニュアルでは、PXM45 は PXM45/A、PXM45/B、および PXM45/C カードを示す基本用語として使用しています。

MGX スイッチでは、PXM カードはスイッチ上の他のカードを制御する制御カードです。その他のカードは、サービス モジュールと呼ばれます。

このマニュアルでは、AXSM はすべての AXSM カードを表します。特定の AXSM カードにのみ適用される手順については、そのことが記述されています。AXSM カードの最初のリリースには「AXSM」というラベルが付けられていますが、通常 AXSM/A カードと呼ばれています。AXSM カードの 2 番目のリリースには AXSM/B カードというラベルが付けられており、そのとおりに呼ばれています。他の AXSM モデルには、AXSM-E や AXSM-XG のカード ファミリーがあります。

Cisco MGX Release 5.1 ソフトウェアは、当初 Cisco MGX 8850 (PXM1) スイッチで動作するように設計された多くのシングル ハイトのサービス モジュール(表1-3 参照)をサポートしています。これらのサービス モジュールは、他のサービスモジュールや PXM 上位リンクへトラフィックを転送するためのセル バスを使用しており、cell bus service module(CBSM; セル バス サービス モジュール)と呼ばれています(CBSM はシスコのドキュメントでは、Narrow Band Service Module(NBSM; 狭帯域サービス モジュール) とも呼ばれています)。

CBSM という用語は、このクラスのカード全体を参照するために使用しています。CBSM カードは、AUSM、CESM、FRSM、MPSM、PRM、RPM-PR、および VISM カードのファミリーを含んでいます。


) AXSM、FRSM-12-T3E3、RPM-XF、および VXSM カードは CBSM ではありません。それらのカードはフル ハイトのカードで、シリアル バス経由で PXM45 カードや他のサービス モジュールと通信できます。


MGX スイッチは、ノードが SNTP サーバに接続されて UTC を受信している場合でも、夏時間との同期はサポートしません。

スイッチをインストールし、このマニュアルで記述されている一般的な設定手順を完了したら、サービス モジュールのマニュアルで、ATM、回線エミュレーション、フレーム リレー、IP などの個々のサービスの設定準備や管理について参照してください。

この章では、Cisco MGX マルチ サービスのスイッチと共通的なスイッチ トポロジについて説明し、設定プロセスの概要、設定の完了に必要な情報の収集方法についても説明します。

マニュアルの変更点

表1-2 に、Release 5 以降のマニュアルの変更点を示します。

 

表1-2 Release 5 以降のマニュアルの変更点

ステータス
内容

新規/変更

マニュアル全体を通じて、Realease 5.1 の機能から生じる変更を反映させるための適切なアップデート。これらの機能は、「マニュアル名」の項で簡単に説明しています。

変更

マニュアル全体を通じて、記述および技術的な編集事項多数。

Cisco MGX スイッチの機能

Cisco MGX マルチサービス スイッチには、次のような機能があります。

相手先固定接続(PVC)

相手先固定パス(PVP)

ソフト相手先固定パス(SPVP)

ソフト相手先固定接続(SPVC)

相手先選択接続(SVC)

相手先選択パス(SVP)

次のテーブルには、Cisco MGX の各スイッチと MGX 8880 Media Gateway がサポートする機能を示します。

 

表1-3 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)、Cisco MGX 8850/B、Cisco MGX 8950、Cisco MGX 8830、Cisco MGX 8830/B、および Cisco MGX 8880 の機能

 
Cisco MGX モデル
機能
8850(PXM1E)
8850(PXM45)
8850/B
8830
8830/B
8880
8950
合計スロット数

2 個のダブル ハイト スロットおよび 28 個のシングル ハイト スロット

2 個のダブル ハイト スロットおよび 10 個のシングル ハイト スロット

2 個のダブル ハイト スロットおよび 28 個のシングル ハイト スロット

プロセッサ カード用の予約スロット

2 個のダブル ハイト スロット

SRM カード用の予約スロット

4 個のシングル ハイト スロット

2 個のシングル ハイト スロット

4 個のシングル ハイト スロット

--

XM-60 カード用の予約スロット

--

--

--

--

--

--

4 個のシングル ハイト スロット

サービス モジュールのスロット

24 個のシングル ハイト スロット、12 個のダブル ハイト スロット、あるいはその組み合せ1

8 個のシングル ハイト スロット、4 個のダブル ハイト スロット、あるいはその組み合せ1

24 個のシングル ハイト スロット、12 個のダブル ハイト スロット、あるいはその組み合せ1

物理的な属性
高さ

75.57Cm

35.56Cm

75.57Cm

45.01Cm

奥行き

54.61Cm

サービス
ローカル スイッチング

PNNI ルーティング

IGX フィーダ サポート

不可

MGX 8230、MGX 8250 および MGX 8850(PXM1)フィーダ サポート

IMA

PXM1E-16-T1E1

AUSM/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

AXSM-32-T1E1-EMPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

PXM1E-16-T1E1

AUSM/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

PXM1E-16-T1E1

AUSM/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

AXSM-32-T1E1-E

不可

マルチリンク フレーム リレー

MPSM-T3E3-155

--

--

スイッチング速度

1.2Gbps

45Gbps

1.2Gbps

1.2Gbps

45Gbps

45Gbps

240 Gbps

マルチリンク PPP にはすべての PPP 機能が含まれる

--

--

トランク/ポート インターフェイス
T1/E1

AUSM-8E1/B

AUSM-8T1/B

CESM-8E1

CESM-8T1/B

FRSM-8E1

FRSM-8E1-C

FRSM-8T1

FRSM-8T1-C

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

PXM1E-16-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

AXSM-32-T1E1-E

CESM-8E1 2

CESM-8T1 3

CESM-8T1/B2

FRSM-8E12

FRSM-8E1-C2

FRSM-8T12

FRSM-8T1-C2

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VXSM-48-T1E1

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

AUSM-8E1/B

AUSM-8T1/B

CESM-8E1

CESM-8T1/B

FRSM-8E1

FRSM-8E1-C

FRSM-8T1

FRSM-8T1-C

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

PXM1E-16-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

AXSM-32-T1E1-E

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VXSM-48-T1E1

--

T3/E3

FRSM-2CT3

FRSM-2T3E3

MPSM-T3E3-155

PXM1E-8T3/E3

PXM-COMBO

SRM-3T3/C

SRME/B4

AXSM-16-E3

AXSM-16-E3/B

AXSM-16-E3-E

AXSM-16-T3

AXSM-16-T3/B

AXSM-16-T3

FRSM-2CT32

FRSM12-T3E3

MPSM-T3E3-155

SRM-3T3/C2

SRME/B2

SRME

AXSM-16-E3

AXSM-16-E3/B

AXSM-16-E3-E

AXSM-16-T3

AXSM-16-T3/B

AXSM-16-T3-E

FRSM-2CT32

MPSM-T3E3-155

SRME/B24

FRSM-2CT3

FRSM-2T3E3

MPSM-T3E3-155

PXM1E-8T3/E3

PXM-COMBO

SRM-3T3/C

SRME

SRME/B4

MPSM-T3E3-155

AXSM-16-T3- E

AXSM-16-E3- E

SRME/B24

AXSM-16-E3/B

AXSM-16-E3-E

AXSM-16-T3/B

AXSM-16-T3-E

SRME/B24

AXSM-16-T3/B

AXSM-16-E3/B

OC-3/STM-1

MPSM-T3E3-155

PXM-COMBO

PXM1E-4-155

PXM1E-8-155

SRME 5

SRME/B 5

AXSM-8-155-E

AXSM-16-155

AXSM-16-155/B

AXSM-16-155-XG

MPSM-T3E3-155

SRME

SRME/B 5

VXSM-4-155

AXSM-8-155-E

AXSM-16-155

AXSM-16-155/B

AXSM-16-155-XG

MPSM-T3E3-155

SRME/B 5

VXSM-4-155

MPSM-T3E3-155

PXM-COMBO

PXM1E-4-155

PXM1E-8-155

SRME5

SRME/B5

AXSM-16-155-XG

AXSM-8-155-E

AXSM-16-155/B

VXSM-4-155

AXSM-16-155/B

AXSM-16-155-XG 67

OC-12c/STM-4

--

AXSM-4-622

AXSM-2-622-E

AXSM-4-622/B

AXSM-4-622-XG

--

AXSM-2-622-E

AXSM-2-622-E

AXSM-4-622/B

AXSM-4-622/B

OC-48c/STM-16

--

AXSM-1-2488

AXSM-1-2488/B

AXSM-1-2488/B

--

--

AXSM-1-2488/B

AXSM-1-2488/B

AXSM-4-2488-XG6

OC-192c/STM-64

--

--

--

--

--

--

AXSM-1-9953-XG6

HSSI

FRSM-HS2/B

FRSM-HS2/B2

FRSM-HS2/B2

FRSM-HS2/B

--

--

--

サポートされるコントローラ カード
PXM1E

--

--

--

--

--

PXM45

--

--

--

--

--

PXM45/B

--

--

--

--

PXM45/C

--

--

サポートされているルーティング プロトコル
PNNI

MPLS 8 MPLS
is footnote 8 a true statement

--

--

--

サポートされているサービス
ATM サービス

AUSM-8E1/B

AUSM-8T1/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

PXM1E

全 AXSM

MPSM-T3E3-155

MPSM-16-T1E1

全 AXSM

MPSM-T3E3-155

MPSM-16-T1E1

AUSM-8E1/B

AUSM-8T1/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

PXM1E

AXSM-16-155-XG

AXSM-2-622-E

AXSM-16-T3E3-E

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

全 AXSM/B

AXSM-E

全 AXSM-XG

全 AXSM/B

フレーム リレー

FRSM-2CT3

FRSM-2T3E3

FRSM-8E1

FRSM-8E1-C

FRSM-8T1

FRSM-8T1-C

FRSM-HS2/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

FRSM-2CT32FRSM-2CT3

FRSM-8E12FRSM-8E1

FRSM-8E1-C2FRSM-8E1-C

FRSM-8T12FRSM-8T1

FRSM-8T1-C2FRSM-8T1-C

FRSM-12-T3E32

FRSM-HS2/B2FRSM-HS2/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

FRSM-2CT32FRSM-2CT3

FRSM-HS2/B2FRSM-HS2/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

FRSM-2CT3

FRSM-2T3E3

FRSM-8E1

FRSM-8E1-C

FRSM-8T1

FRSM-8T1-C

FRSM-HS2/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-16-T1E1

MPSM-T3E3-155

MPSM-T3E3-155

MPSM-16-T1E1

--

--

自動保護切り替え

(PXM1E と SRME 上で)

(AXSM と SRME 上で)

(PXM1E と SRME 上で)

(PXM1E と SRME 上で)

(AXSM と SRME/B 上で)

(AXSM と SRME 上で)

(AXSM 上で)

回線エミュレーション

CESM-8E1

CESM-8T1/B

MPSM-8-T1E1

CESM-8E12

CESM-8T1 3

CESM-8T1/B2

MPSM-8-T1E1

MPSM-8-T1E1

CESM-8E1

CESM-8T1/B

MPSM-8-T1E1

MPSM-8-T1E1

--

--

音声

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VXSM-4-155

VXSM-48-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VXSM-4-155

VXSM-48-T1E1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VISM-PR-8E1

VISM-PR-8T1

VXSM-4-155

VXSM-48-T1E1

--

IP

RPM-PR

RPM-PR

RPM-XF

RPM-PR

RPM-XF

RPM-PR

RPM-PR

RPM-PR

RPM-XF

RPM-PR

RPM-XF

サービス リソース モジュール(SRM)

SRM-3T3/C

SRME 5

SRME/B

SRM-3T3/C2

SRME 5

SRME/B

SRME/B

SRM-3T3/C

SRME 5

SRME/B

SRME/B

SRME/B

--

1:1 カード冗長構成

Cisco MGX 8800/8900 Hardware Installation Guide, Releases 2 - 5.1 』の表 4.1 を参照してください。

1:N カード冗長構成
APS 回線の冗長構成
バルク分散
ビット誤り率テスト(BERT)

AUSM、CESM、FRSM、および VISM-PR T1/E1 カードは、SRM カードによってサポートされています。また、 MPSM-8-T1E1 でもサポートされています(SRMあり/なし)。

全 MPSM

SRME/B カード(VISM-PR T1/E1)

--

UNI/NNI

全 FRSM

全 AUSM/B

全 MPSM

全 FRSM

全 AUSM/B

全 MPSM

全 FRSM

全 AUSM/B

全 MPSM

全 FRSM

全 AUSM/B

全 MPSM

全 AXSM

全 MPSM

全 AXSM

全 VXSM

全 AXSM

SPVC

全 PXM1E

全 AUSM

全 AXSM

全 CESM

全 FRSM

全 MPSM

全 PXM1E

全 RPM

全 AUSM

全 AXSM

全 CESM

全 FRSM

全 MPSM

全 PXM1E

全 RPM

全 AUSM

全 AXSM

全 CESM

全 FRSM

全 MPSM

全 PXM1E

全 RPM

全 AUSM

全 AXSM

全 CESM

全 FRSM

全 MPSM

全 PXM1E

全 RPM

全 AUSM

全 AXSM

全 CESM

全 FRSM

全 MPSM

全 PXM1E

全 RPM

全 AXSM

全 RPM

全 AXSM

全 RPM

SVC

全 PXM1E カード

すべての AXSM カードでサポート

全 PXM1E

MPSM-16-T1E1

MPSM-155-T3E3

全 PXM1E

全 PXM1E

MPSM-16-T1E1

MPSM-155-T3E3

全 AXSM

全 AXSM

閉域ユーザ グループ (CUG)

1.シングルハイト カードとダブルハイト カードは、スイッチ モデルがこの両方のタイプをサポートしている場合には、シャーシ内で混在させることができます。ダブルハイト カードには、2 個のシングル カード スロットが必要です。

2.PXM45/B と PXM45/C カードだけでサポート

3.PXM45/B と PXM45/C カードだけでサポート。PXM45/B は CESM-8T1 カードをサポートできますが、CESM-8T1/B の利用をお勧めします。

4.SRME/B カードは E3 ポートをサポートしていません。

5.SRME APS 回線冗長構成は PXM45/B と PXM45/C カードでのみサポートされています。

6.AXSM-XG カードを装着する前に、Cisco MGX 8950 スイッチに 4 枚の XM-60 カードを装着する必要があります。

7.Release 5 のスイッチでのみサポートされています。

8.MGX 8850(PXM45) と MGX 8950 スイッチでは、MPLS と PNNI を同一のスイッチと同一のリンクに同時に使用できます。

表1-4 は PXM45/A、PXM45/B、および PXM45/C カードの違いを示しています。

.

表1-4 PXM 45 カード間の相違

機能
PXM459
PXM45/B
PXM45/C

サポートされているノードごとの最大 UNI/NNI インターフェイス数

192

4,000

4,000

最適な最大ルート数

5,000

5,000

10,000

サポートされている狭帯域接続の最大数

該当なし

27K

27K

サポートされている SPVC/SVC 接続の最大数

250K

250K

250K

サポートされている PNNI リンクの最大数

100

100

128

9.PXM45 は PXM45/A とも呼ばれます。これは Release 5.1 ソフトウェアではサポートされていません。

代表的なトポロジ

MGX 8850(PXM45)、Cisco MGX 8850/B、および MGX 8950 スイッチの Release 5.1 は、次のトポロジをサポートします。

コア スイッチ

マルチサービス エッジ集束

DSL エッジ集束

MGX 8850(PXM1E)、MGX 8830、および Cisco 8830/B スイッチの Release 5.1 は、次のトポロジをサポートします。

マルチサービス エッジ集束

DSL エッジ集束

コア スイッチ

図1-1 に、コア スイッチ トポロジにおけるスイッチの動作を示します。

図1-1 コア スイッチ トポロジ

 

コア スイッチ トポロジにおいて、スイッチは他の ATM スイッチを介して機能し、ATM エッジ装置から別の ATM エッジ装置に広帯域 ATM トラフィックを転送します。コア スイッチはフリーウェイのように動作し、エッジ装置はフリーウェイの出入口のように動作します。


) 一般に、MGX 8850(PXM45)、MGX 8850/B、MGX 8830/B、および MGX 8950 スイッチはネットワーク コアに配備され、MGX 8830、MGX 8850(PXM1E) および MGX 8880 メディア ゲートウェイはネットワーク エッジに配備されます。


通常、コア エッジのノードは、複数の外部ノードと、DS3、OC-3、または STM-1 トランクのような比較的低速の広帯域のトランクを介して通信します。内部コア ノードは、OC-12、OC-48 および STM-16 トランクなどの比較的高速のリンクを使用して他のコア ノードと通信します。

マルチ サービス エッジ集束

図1-2 に、マルチ サービス エッジ集束トポロジにおける MGX スイッチの動作を示します。

図1-2 マルチ サービス エッジ集束トポロジ

 

図1-2 の MGX 8850(PXM1)ノードはフィーダ ノードと呼ばれます。マルチ サービス エッジ集束トポロジにおいて、スイッチは他の ATM 装置と同じ場所に設置され、遠隔地にある複数のコア スイッチと通信します。

スイッチは、複数のローカル ATM 装置からトラフィックを集束し、このトラフィックを、コア上で高速通信にパッケージ化します。MGX 8850(PXM1E/PXM45) および MGX 8830 スイッチは、MGX 8230、MGX 8250、MGX 8850(PXM1)および Cisco IGX ノードからのフィーダ接続をサポートします。

通常、マルチ サービス エッジ ノードは、DS3 と E3 トランクなどの比較的低速の広帯域トランクを使用して、同じ場所に設置されている ATM 装置と通信します。マルチ サービス エッジ ノードはコア ノードと、OC-12、OC-48 および STM-16 トランクなどの比較的高速のリンクを使用して通信します。

Cisco MGX エッジ ノードは、図1-3 に示す仮想トランクもサポートします。

図1-3 仮想トランク トポロジ

 

仮想トランクは、公衆 ATM ネットワークなどの独立したネットワークによる私設仮想ネットワーク パスを提供します。仮想トランクにより、A 社はこの機能をサポートする公衆 ATM ネットワークを使用して 2 つのサイト間で私設仮想パスを確立できます。

A 社から見ると、複数の Virtual Circuit(VC; 仮想回線)をサポートできる 2 つのサイト間で私設仮想パスが確立されています。A 社のネットワーク トポロジは、エッジ装置間のすべての通信で変換またはルーティングが不要なために、完全にプライベートです。

これを実現するため、仮想トランクは、Service Specific Connection Oriented Protocol(SSCOP)(Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子) = 5)、Private Network-to-Network Interface(PNNI; プライベート ネットワーク間インターフェイス)(VCI=18)、および Integrated Local Management Interface(ILMI; 統合ローカル管理インターフェイス)(VCI=16)などのシグナリング プロトコルをサポートします。

図1-3 に、仮想トランク A と仮想トランク B の 2 つの仮想トランクを示します。プライベート スイッチ A において、両方の仮想トランクは同じ回線を使用してコア ATM ネットワークに接続します。コア ATM ネットワークでは、Soft Virtual Permanent Path(SPVP; ソフト相手先固定パス)が定義され、コア エッジ ノード間の通信を直接行います。その結果、プライベート スイッチ A にはプライベート スイッチ B と C への仮想トランクができ、これらの仮想トランクが直接接続されているかのように通信します。

DSL 集束

図1-4 に、Digital Subscriber Line(DSL; ディジタル加入者リンク)エッジ集束トポロジにおける MGX スイッチの動作を示します。

図1-4 DSL エッジ集束トポロジ

 

DSL エッジ集束トポロジでは、スイッチはDigital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM; デジタル加入者回線アクセス マルチプレクサ)と同じ場所に設置され、遠隔地にある複数のコア スイッチと通信します。スイッチは複数の DSLAM から DSL トラフィックを集束して、コアを使用した高速通信にそのトラフィックをパッケージ化します。

通常、DSL エッジ ノードは DS3 と E3 トランクなどの比較的低速の広帯域トランクを使用して、同じ場所に設置されている DSLAM と通信します。DSL エッジ ノードは、OC-3、OC-12、および OC-48 トランクなどの比較的高速のトランクを使用してコア ノードと通信します。

設定の概要

スイッチの設定作業は、全体的な設定手順を十分に理解していると、より簡単に実行できます。スイッチを設定して起動するには、次の作業の一部またはすべてを行う必要があります。

設定作業で必要な情報の収集

一般的なスイッチ機能の設定

他の装置への物理的な接続の設定

ATM 接続の準備

PNNI 呼ルーティングの有効化

この節では、これらの作業を進めるために、収集または作成する必要がある情報について説明します。

情報の収集

設定時には、スイッチを記述し、管理者アクセスを可能にし、スイッチのネットワークへ組み込むための一般的な設定データを入力する必要があります。このデータは、次の情報を含みます。

「一意なスイッチの名前」

「IP アドレッシング計画」

「ATM アドレッシング計画」

「管理者データ」

「一意な装置ID」

「管理者アクセス方式」

「ネットワーク クロック ソース計画のガイドライン」

「ネットワーク管理計画」

「スイッチ内のカードと回線の物理的な位置」

次の節では、これらをより詳しく説明します。 付録E「ハードウェアの調査とソフトウェアの設定のためのワークシート」 は、設定の計画時に使用するデータを記録する表です。

一意なスイッチの名前

各スイッチには、ATM ネットワーク内で一意的な、自身の名前を付ける必要があります(最大 32 文字)。ネットワークにスイッチを追加する場合は、ネットワーク管理者がスイッチの命名規則を規定しているかどうか、またどの名前がすでに使用されているかを調べる必要があります。

スイッチの名前は、スイッチの識別とその場所を示すような形で、スイッチの設置場所にしたがって付けるのが実用的です。名前の設定手順については、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「ノード名の設定と表示」 で説明します。

IP アドレッシング計画

スイッチ管理には、IP ネットワーク アドレッシング計画が必要です。IP ネットワーク アドレッシングについては、この章の 「IP アドレス計画作成のガイドライン」 で後述します。

ATM アドレッシング計画

ATM ネットワーク アドレッシング計画は、MGX スイッチを ATM ネットワークで正しく運用するのに非常に重要です。PNNI ネットワークでは、スイッチごとに一意の ATM アドレスが必要です。ただし、PNNI プロトコルは、構造化ネットワーク アドレスを使用してネットワーク装置を論理的にグループ化し、装置間のルートを決定します。PNNI ネットワークには、ATM アドレス計画が必要です。

PNNI ネットワーク アドレッシングについては、『 Cisco PNNI Network Planning Guide for MGX and SES Products 』を参照してください。

管理者データ

通常、複数の管理者がスイッチを管理します。MGX スイッチは、複数の管理者による管理といくつかの管理レベルをサポートしています。計画手順の一部として、スイッチを管理する管理者とその管理レベルを指定する必要があります。管理者の管理についての詳細は、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「ユーザ アクセスの設定」 をお読みください。

一意な装置ID

シスコ製品には、電気的に検索可能な ID があります。この ID を Unique Device Identifier(UDI)といいます。これは Product Identifier(PID)、Version Identifier(VID)、ハードウェア Serial Number(SN)で構成されます。UDI は工場でプログラムされ、不揮発性メモリに保存されています。

UDI は、インベントリ管理、資産管理、資格付与、業務管理、ネットワーク実装、およびネットワーク管理に使用する個々の機器を識別するために使用します。

ネットワーク管理では、ネットワーク管理者は UDI を使用するとネットワーク内の個々のコンポーネントを簡単に追跡できるようになります。

command line interface(CLI; コマンド行インターフェイス)で show inventory コマンドを実行すると、UDI が表示されます。 show inventory コマンドは、 表1-5 に示すような情報を表示します。

 

表1-5 Show Inventory コマンドの表示出力

フィールド
内容

NAME

カードのフロントまたはバックカード スロット番号(1~32)。フル ハイト カードの場合、使用するカード スロット番号は、下部スロットの番号です。

DESCR

シスコが定義したコンポーネントの説明。
「Cisco MGX8850, 32 Slot chassis」など。

PID

製品 ID:シスコが定義した装置のモデル名。
「MGX8850」や「AXSM-4-622」など。

VID

バージョン ID:シスコが定義したハードウェアのバージョン番号。
「000」など。

SN

工場で登録されたハードウェアのシリアル番号。
「SN1234567890」など。

show inventory コマンドとその出力を、次の例に示します。

n19.7.PXM.a > show inventory

 

NAME: "1" , DESCR: "Cisco MGX8850, 32 Slot Chassis"

PID: MGX8850 , VID: N/A, SN: -----

 

NAME: "" , DESCR: "Cisco MGX8850 Backplane"

PID: MGX8850 , VID: BK1, SN: SAA02390088

 

NAME: "1" , DESCR: "Route Processor Module PR - 256 Meg SRAM"

PID: MGX-RPM-PR-256 , VID: N/A, SN: SBK050206YK

 

NAME: "3" , DESCR: "Double-height ATM SM, 1 OC-48c/STM-16"

PID: AXSM-1-2488 , VID: N/A, SN: SAK0334000Q

NAME: "3" , DESCR: "1 OC-48c/STM-16c single height back card, SMF-SR, SC"

PID: SMFSR-1-2488 , VID: N/A, SN: SAK03300012

 

NAME: "5" , DESCR: "Double-height ATM SM, 16 OC-3c/STM-1"

PID: AXSM-16-155 , VID: N/A, SN: SAK03420006

NAME: "5" , DESCR: "8 OC-3c/STM-1c single height BC, MMF, MT-RJ connectors"

PID: MMF-8-155-MT , VID: N/A, SN: SAK04020096

 

NAME: "7" , DESCR: "45 Gbps processor/fabric"

PID: PXM45 , VID: P01, SN: SAG07147Y04

NAME: "7" , DESCR: "PXM User Interface Back card"

PID: PXM-UI-S3 , VID: U01, SN: SBKUI000123

NAME: "23" , DESCR: "PXM hard disk backcard"

PID: PXM-HD , VID: HD1, SN: SAK032600CK

 

NAME: "8" , DESCR: "45 Gbps processor/fabric"

PID: PXM45 , VID: PX8, SN: SAK033600B9

NAME: "8" , DESCR: "PXM User Interface Back card"

PID: PXM-UI-S3 , VID: N/A, SN: SAK03030303

NAME: "24" , DESCR: "PXM hard disk backcard"

PID: PXM-HD , VID: N/A, SN: SAK03360031

 

NAME: "9" , DESCR: "Frame Service Module, 8 Fractional T1 Ports"

PID: AX-FRSM-8T1 , VID: N/A, SN: A80439

NAME: "9" , DESCR: "Eight Port T1 Back Card with RJ48 Connectors"

PID: AX-RJ48-8T1 , VID: N/A, SN: 787901

 

NAME: "25" , DESCR: "Multiprotocol Service Module - 8 T1/E1 Ports"

PID: MPSM-8-T1E1 , VID: N/A, SN: SAG07087221

NAME: "25" , DESCR: "Eight Port T1 Back Card with RJ48 Connectors"

PID: AX-RJ48-8T1 , VID: N/A, SN: A21120

 

NAME: "28" , DESCR: "Multiprotocol Service Module, 3 T3/E3 or 1 155 Port"

PID: MPSM-T3E3-155 , VID: M56, SN: 1122AABB012

NAME: "28" , DESCR: "2 Port 155 Electrical Back Card "

PID: SMB-2-155-EL , VID: MB3, SN: SAG07158XHD

 

NAME: "32" , DESCR: "Service Redundancy Module Enhanced"

PID: MGX-SRME , VID: S31, SN: SAG06493LSE

 

n19.7.PXM.a >
 

UDI の MIB フィールド名

UDI 情報を含む MIB フィールド名は、次のとおりです。

 

表1-6 UDI の MIB フィールド名

UDI フィールド
MIB フィールド名

NAME

Entity-MIB.entPhysicalName(製品名)

DESCR

Entity-MIB.entPhysicalDescr(製品の説明)

PID

Entity-MIB.entPhysicalModelName(PID)

VID

Entity-MIB.entPhysicalHardwareRev(VID)

SN

Entity-MIB.entPhysicalSerialNumber(SN)

管理者アクセス方式

Release 5 から、Cisco MGX スイッチは CLI 管理セッションに対するセキュア アクセスをサポートしています。旧リリースでは、スイッチはインセキュア Telnet アクセスをサポートしていました。セキュア アクセス機能では、管理者のユーザ ID、管理者パスワード、すべてのセッション動作を暗号化します。

管理者は、Telnet アクセスを無効にして、すべての CLI 管理セッションが強制的にセキュア アクセス方式を使用するよう設定できるようになりました。設定を計画する際は、使用するアクセス方式と、Telnet アクセスを無効にするかどうかを検討してください。

セキュア セッションについての詳細は、 付録C「その他の CLI アクセス オプションのサポートと使用方法」 「保護された (SSH) CLI セッションの開始」 を参照してください。Telnet アクセスの無効化についての詳細は、 第9章「スイッチの運用手順」 「Telnet アクセスの有効化と無効化」 を参照してください。

ネットワーク クロック ソース計画

ネットワーク クロック ソースは、スイッチの同期のために必要なものとして推奨されます。これについては、この章の 「ネットワーク クロック ソース計画のガイドライン」 で後述します。

ネットワーク管理計画

次のツールを使用して、Cisco MGX スイッチを管理できます。

スイッチに用意されているコマンド行インターフェイス(CLI)

Cisco WAN Manager

サード パーティの SNMP マネージャ

スイッチに付属している CLI は最も費用のかからない方法です。別のツールを使用するには、Cisco WAN Manager(CWM)またはSimple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)マネージャを購入する必要があります。MGX スイッチには、SNMP マネージャで利用できる SNMP エージェントが付属しています。

CWM や SNMP マネージャを使用する利点は、1 つのプログラムで複数の装置を同時に管理できることです。また、CWM はService Class Template(SCT; サービス クラス テンプレート)を設定できる唯一の管理ツールです。多くのネットワーク設備では、スイッチの設定に、少なくとも 1 台の CWM ワークステーションが必要です。

このリリースと互換性のある CWM のバージョンを調べるには、次のリリース ノートを参照してください。

Release Notes for Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Switches, Release 5.1.00 .

Release Notes for the Cisco MGX 8880 Media Gateway, Release 5.0.02

SNMP マネージャによるスイッチの管理については、『 Cisco MGX 8850 SNMP Reference, Release 4 』を参照してください。

スイッチ内のカードと回線の物理的な位置

設定機能の多くは、個別のハードウェア設置構成に応じて異なります。ハードウェアの設置によって異なるソフトウェアの設定方法について、次のリストに例をいくつか示します。

各スイッチのソフトウェアは、それぞれ特定のプロセッサ カードとサービス モジュールをサポートします。

各スイッチのソフトウェアは、特定のスロット内で各カード タイプを検索します。

冗長カード構成の場合、冗長カード同士を特定の関係で配置しなければならないことがあります。

冗長回線構成の場合、追加のハードウェアが必要になることや、冗長回線同士を特定の関係で配置しなければならないことがあります。

Cisco MGX 8800/8900 Hardware Installation Guide, Releases 2 - 5.1 』の表「Valid Slot Installation Options」を参照してください。この表では、各カードのインストール可能な場所と、どのフロント カードとバック カードに互換性があるかを示しています。


) スイッチの設定を始める前に、このガイドでカード冗長性と回線冗長性の計画を確認してください。設定を始める前に、ハードウェアの設置を確認しておくと良いでしょう。ハードウェアの設置がソフトウェアの設定計画をサポートしていない場合は、ハードウェアの設置またはソフトウェアの設定のどちらかを変更する必要があります。


IP アドレス計画作成のガイドライン

ここでは、PXM LAN ポートを使ったローカル接続について説明します。スイッチに遠隔アクセスするためにターミナル サーバ、モデム、および CWM を使用する方法については、 付録C「その他の CLI アクセス オプションのサポートと使用方法」 を参照してください。

スイッチには、3 つのタイプのユーザ インターフェイス、CLI、SNMP、および CWM を介してアクセスできます。スイッチは、これらのインターフェイスをサポートうるローカル ポートを持ち、各ポートはユーザで設定可能な IP アドレスを持っています。ローカル ポートは次のとおりです。

コンソール ポート(CP)

メンテナンス ポート(MP)

LAN 1 ポート

ATM インターフェイス

基本的なスイッチの設定と管理は、コンソール ポートに接続されたローカル ターミナルを使用して行うことができます。しかし、スイッチを LAN 接続、モデム接続、または CWM を使用して設定、管理するには、対応するインターフェイスで IP アドレスを定義する必要があります。

MGX スイッチには、LAN 接続のための IP アドレスが 2 つあります。ブート IP アドレスは、PXM がブート モードの場合にスイッチ管理を有効にします。これは、ブート ソフトウェアのみをロードしたということです。ディスク IP アドレスは、スイッチがロードされてランタイム ソフトウェアを実行している場合に限り、スイッチ管理を有効にします。

一般的なスイッチの設定では、LAN アクセスのために 1 つまたは 2 つの IP アドレスが必要です。スイッチに 1 枚の PXM カードが取り付けられている場合、IP アドレスを 1 つだけ使用して、それを、ブート IP アドレスとディスク IP アドレス の両方のオプションに割り当てます(詳細は後述します)。

スイッチが 2 枚の PXM カードを使用する場合、IP アドレスを 1 つ使用するか 2 つ使用するかを選択できます。図1-5 に、2 つの IP アドレスを使用する冗長 PXM 設定を示します。MGX 8850(PXM1E/PXM45) や MGX 8950 スイッチでは、冗長 PXM カードはスロット 7 と 8 に収容されます。MGX 8830 スイッチや MGX 8830/B では、冗長 PXM カードはスロット 1 と 2 に収容されます。

図1-5 スイッチにアクセスするための複数 IP アドレスの使用

 

図1-5 に示した設定は、次のような結果になります。

アドレス B.B.B.B. を使用してアクティブ PXM に直接アクセスできます。

アドレス A.A.A.A を使用してスタンバイ PXM カードに直接アクセスできます。

スタンバイ PXM カードのブート コードを、アクティブ PXM カードのサービスを中断することなくアップグレードできます。

アクティブ カードを中断せずに、他の手順をバックアップ ブート モードやスタンバイ カードで実行することができます。このような手順には、ハード ディスクのフォーマットやファイル転送などがあります。

ブート IP アドレスとディスク IP アドレスに異なるアドレスを使用した場合、アクティブ PXM カードとスイッチを、ディスク IP アドレス(図1-5の B.B.B.B )を使って管理することができます。また、スタンバイ PXM カードにも、ブート IP アドレスを使用してアクセスできます。ブート IP アドレスと LAN IP アドレスに同じアドレスを使用した場合、そのアドレスは、アクティブ PXM カードを管理するときにしか使用できません。

スイッチの IP アドレスを計画する際には、次の点を考慮してください。

スイッチに PXM カードが 1 枚取り付けられている場合は、そのブート IP アドレスとディスク IP アドレスを同じアドレスに設定します。

スイッチに 2 枚の PXM カードが取り付けられていて、使用する IP アドレスの数を最小限にしたい場合は、ブート IP アドレスとディスク IP アドレスを同じアドレスに設定します。

スイッチに 2 枚の PXM カードが取り付けられていて、リモートからの制御を最大限にする場合は、それぞれの PXM カードに同じブート IP アドレスを割り当て、ディスク IP アドレスに異なる IP アドレスを割り当てます。

ブート IP アドレスを定義する際に、必ずデフォルトのゲートウェイ IP アドレスを定義します。

ルータの設定を最小限にするには、同じサブネット上にあるブート IP アドレス、LAN IP アドレス、およびデフォルトのゲートウェイ IP アドレスを使用します。

ブート IP アドレスとディスク IPアドレスの設定手順については、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「LAN IP アドレスの設定」 を参照してください。

ネットワーク クロック ソース計画のガイドライン

ATM ネットワークにおけるクロックの同期は非常に重要です。2 つのスイッチ間で通信の同期に問題がある場合、そのスイッチ間のトラフィックで大量のエラーや回線障害が発生します。MGX スイッチは、2 つのネットワーク クロック 同期方式をサポートします。

手動

ネットワーク クロック分散プロトコル(NCDP)

両方のクロック同期方式について、この後の節で説明します。


) クロックの手動設定と NCDP 設定は、相互に独立に機能します。すなわち、ネットワークにネットワーク クロック ソーシングの両方のバージョンを設定できるということです。ただし、一度に有効化できるバージョンは 1 つに限られます。NCDP を実行している間は、ネットワークでネットワーク クロックの手動設定は実行できません。また、この手動設定を実行している間は、NCDP を実行できません。

ただし、両方の設定がディスク データベースに保存されます。したがって、NCDP を無効にした場合は、ネットワークを元のネットワーク クロック設定に戻します。同じネットワークで NCDP を後から有効化すると、ネットワークは直前の NCDP 設定に戻ります。



) MGX 8850(PXM1E)、MGX 8850/B、および MGX 8830 スイッチでは、クロック ソースの設定は PXM1E カード上で行われ、PXM1E 回線上の他のノードへ渡されます。

MGX 8850(PXM45)、MGX 8830/B、および MGX 8950 スイッチでは、クロック ソース設定は PXM45 カードで行われ、クロック ソーシング情報は、サービス モジュールに接続されている NNI トランク上の他のノードへ渡されます。


手動クロック同期の計画

手動クロック ソース設定では、ネットワーク全体に分散するプライマリおよびセカンダリのクロック ソースを設定する必要があります。すべてのノードには、ターシャリ(三次)クロック ソースとして動作する内部的な Stratum-3 クロックがあります。プライマリ クロック ソースに障害が発生するとセカンダリ クロック ソースが引き継ぎ、セカンダリ クロック ソースに障害が発生するとターシャリ クロック ソースが引き継ぎます。

クロック ソースが設定されていない場合、スイッチは内部の Stratum-3 クロック ソースを使用します。プライマリ クロック ソースだけが設定されている場合、プライマリ クロック ソースに障害が発生すると内部 Stratum-3 が引き継ぎます。ネットワーク クロック ソース トポロジの例を図1-6 に示します。

図1-6 1 つのマスター クロック ソースを持つネットワーク クロック ソース トポロジの例

 

図1-6 では、スイッチ 1 が、他のスイッチのマスター ネットワーク クロック ソースとなっており、高精度の外部のBuilding Integrated Timing System(BITS; ビルディング総合タイミング システム)のクロック ソースを使用して送信タイミングをとります。これらの BITS クロック ソースは、Stratum -1、2、または 3 クロック信号の T1 あるいは E1 回線です。

スイッチ 1 はプライマリ クロック ソースとして 1 つの BITS 回線を使用し、プライマリ BITS 回線で障害が発生した場合のみ、セカンダリ BITS ソースを使用します。両方の BITS ソースに障害が発生すると、内部 Stratum-3 クロックが引き継ぎます。


) PXM45 および PXM1E カードは、T1 データ(1.544Mbps)および E1 データ(2.048Mbps)クロック ソースをサポートします。T1 や E1 の同期クロック ソースはサポートしません。PXM1 は T1 および E1 の両方のデータ タイプと E1 同期(2.048MHz)回線を、クロック入力としてサポートします。


スイッチ 2~5 は、NNI トランクで受信したマスター クロック信号でスイッチ 1 への同期を取ります。スイッチ 6 は、スイッチ 3 から転送されるマスター クロック ソースを使用して通信の同期を取ります。このトポロジでは、すべてのスイッチは同じクロック ソースで同期を取ります。この設定により、2 つのスイッチ間で通信の同期が取れなくなる可能性は低くなります。

図1-7 に、異なるスイッチ上のマスター クロック ソースを使用するネットワーク クロック ソース トポロジの例を示します。

図1-7 2 つのマスター クロック ソースを使用するネットワーク クロック ソース トポロジの例

 

図1-7 で、スイッチ 1 と 2 は BITS 装置を持っています。スイッチ 1 はマスターとして動作し、BITS クロック ソースを NNI トランクでスイッチ 2~4 に配信します。スイッチ 2 はスタンバイ マスターで、プライマリ クロック信号をスイッチ 1 から NNI トランクで受信します。スイッチ 1 とそのプライマリ BITS クロック ソースが正しく動作する限り、ネットワーク全体はスイッチ 1 からの BITS クロック ソースに同期します。

ネットワークのセカンダリ クロック ソースはスイッチ 2 の BITS クロック ソースであり、他のすべてのスイッチは、NNI トランクをセカンダリ クロック ソースとしてスイッチ 2 から使用するように設定されています。スイッチ 1 またはその BITS クロック ソースで障害が発生すると、すべてのスイッチはネットワーク通信のためにスイッチ 2 からのクロック信号の使用を開始します。この設定により、クロック ソースまたはスイッチで障害が発生した場合のネットワーク同期を維持できます。

障害が発生したクロック ソースが復旧した場合、復旧したクロック ソースにスイッチを戻す方法は何通りかあります。リバーティブ オプションが有効であれば、スイッチは自動的にセカンダリ ソースから復旧したプライマリ ソースに戻ります。障害によりターシャリ クロック ソース(内部 Stratum-3 クロック)が引き継いでいた場合、スイッチは復旧したプライマリ クロック ソースか復旧したセカンダリ クロック ソースのどちらかに戻ります。


) セカンダリ クロック ソースに障害が発生していれば、リバーティブ オプションの設定に関係なく、スイッチは復旧したプライマリ クロック ソースに戻ります。セカンダリ クロック ソースが正しく機能しており、スイッチ設定が復旧したプライマリ クロック ソースへの自動復帰をサポートしていない場合、そのクロック ソースを再設定すると、プライマリ クロック ソースへ手動で切り替えることができます。



) Release 5 より前のリリースでは、リバーティブ オプションは BITS クロック ソースに適用され、トランクからのクロック ソースには適用されませんでした。ターシャリ クロック ソースは、どのリリースでも復旧したプライマリ クロックまたはセカンダリ クロックに戻ります。


ネットワーク クロック ソース計画を作成する場合、トポロジ図を描いて、どのスイッチがアクティブおよびスタンバイのマスター クロック ソースとして動作するかを確認します。他のスイッチからクロック ソースを受信する各スイッチに対して、プライマリおよびセカンダリ クロック信号を伝送する回線を指定します。

手動のネットワーク クロック ソース計画を作成する場合は、次の点を考慮する必要があります。

マスター クロック ソースをネットワークの中央に配置すると、クロック信号の伝搬遅延が最小になります。

BITS クロック インターフェイスは、Stratum-3 以上のクロック信号を受信します。

プライマリとセカンダリのクロック ソースを設定すると、フォールト トレランスを提供できます。

プライマリとセカンダリの外部クロック ソースの両方が故障した場合には、スイッチは内部の Stratum-3 クロックを使用します。

外部クロック ソースと冗長 PXM カードを使用する場合は、Y 字型ケーブルを使用して外部クロック ソースを両方の PXM カードの同じクロック ポートに接続してください。タイミングの問題が発生するので、各カードで別の外部クロック ソースを動作させないでください。

スイッチが内部の Stratum -3 クロックを使用している場合に、プライマリ クロック ソースまたはセカンダリ クロック ソースが復元されると、スイッチはその復元されたクロック ソースを使用します。

プライマリ クロック ソースもセカンダリ クロック ソースも設定されていない場合、スイッチは内部の Stratum-3 クロックを使用します。

プライマリ およびセカンダリ BITS クロックは、スイッチの初期設定後に設定できます。詳細は、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「クロック ソースの設定」 の項を参照してください。

プライマリとセカンダリの NNI トランクは、カードと回線を設定した後に設定する必要があります。PXM1E 回線上で転送されるクロック ソースを使用するスイッチの設定の詳細については、 第3章「PXM1E 通信リンクのプロビジョニング」 を参照してください。サービス モジュール トランク上で転送されるクロック ソースを使用するスイッチの設定の詳細については、適切なサービス モジュールの説明書を参照してください。サービス モジュールの説明書は 表1-1 にあります。

NCDP 同期の計画

MGX スイッチは Network Clock Distribution Protocol(NCDP; ネットワーク クロック分散プロトコル)をサポートし、設定に基づいてネットワーク内の最適のクロックを選択し、ネットワークの各ノードへそのクロックへのパスを自動的に設定します。NCDP クロック設定には、プライマリ クロック ソースおよびセカンダリ クロック ソースは含まれません。その代わりに、ネットワークのノードに複数のクロック ソースを設定すると、NCDP は、ネットワークに最適な(またはルート)クロック ソースと次に最適なクロック ソースを選択します。

NCDP がルート クロック ソースを選択すると、ネットワークのすべてのノードに伝えられ、すべてのノード クロックは同期されます。ルート クロック ソースに障害が発生した場合は、次に最適なクロック ソースがルート クロック ソースになります。次に最適なクロック ソースに障害が発生した場合には、NCDP は 3 番目に最適なクロック ソースを選択して、ルート クロック ソースとして引き継ぐことになります。

NCDP を使用してネットワーク クロックを設定する場合には、 第9章「スイッチの運用手順」 「NCDP クロック ソースの管理」に説明されているように、まず NCDP を有効にします。ノードで NCDP を有効にすると、ノードのすべての NNI ポートで自動的に有効になります。NCDP が有効になると、ルート クロック ソースは自動的に選択されて、有効になった NCDP を持つネットワークのすべてのノードに配信されます。NCDP は、ルート クロック ソースになる NCDP ノードの 1 つのノードの内蔵発振器を自動的に選択します。

ネットワークの各 NCDP ノードは、このルート クロック リファレンスに同期されます。ルート クロック ソースを内部発振器にしたくない場合には、 cnfncdpclksrc コマンドを使用して、外部ソースに設定できます( 第9章「スイッチの運用手順」 「NCDP クロック ソースの管理」を参照)。

NCDP は、次の基準を使用してネットワークの最適なルート クロック ソースを検出します。

優先順位(ルートを検出するのに十分であること)

Stratum レベル(タイブレーカとして十分であること)

クロック ソース リファレンス

スイッチの ATM アドレス

クロックの優先順位、Bits ソースの stratum レベル、およびクロック ソース リファレンスは、 cnfncdpclksrc コマンドを実行して修正できます( 第9章「スイッチの運用手順」 「NCDP クロック ソースの管理」を参照)。

図1-8 に、NCDP ネトワーク クロック ソース トポロジの例を示します。番号は各ネットワーク クロック ソースの優先順位を表します。1 は最も高い優先順位(または次に最適なクロック ソース)であり、10 は最も低い優先順位であることを表します。この例では、ルート クロック ソースに障害が発生した場合は、優先順位 1 のクロック ソースがルート クロックとして引き継ぐことになります。優先順位 1 を持つ新しいルート クロック ソースが障害になると、優先順位 2 のクロック ソースがルート クロックを引き継ぎます。以下、同様に行われます。

図1-8 NCDP ソース トポロジの例

 

NCDP ネットワーク クロック ソース計画を作成する場合は、次の点を考慮する必要があります。

手動のクロック設定がデフォルトのクロック同期の方法なので、ノードごとに NCDP を有効にしなければなりません。

クロック ソースをネットワークの中央に配置すると、クロック信号の伝搬遅延が最小になります。

NCDP を有効にすると、デフォルトでローカル スイッチのすべての NNI ポートで有効にされます。これには、PNNI ポート、IISP ポート、および AINI ポートが含まれます。

デフォルトで、NCDP は仮想トランクでは無効にされます。

クロック ソースをノード上の任意の UNI またはクロッキング ポートに追加します。

有効にされた NCDP の各ポートで、NCDP は接続されたノード間で設定やネットワーク トポロジ情報を送るための制御用の VC を確立します。仮想トランクでない場合、制御用の VC はデフォルトで VPI 0、VCI 34 上に確立されます。VPI/VCI を最大最小の範囲内で変更すると、制御用の VC はその新しい VPI/VCI 上に確立されます。

BITS クロック インターフェイスは、Stratum-3 以上のクロック信号を受信します。

NCDP は NCDP ドメイン内で最大 200 のノードをサポートします。ネットワークのノードが 200 を超える場合は、小規模の NCDP ドメインを設定します。通常、NCDP ドメインは PNNI ピア グループの制限に従います。

外部クロック ソースと冗長 PXM カードを使用する場合は、Y 字型ケーブルを使用して外部クロック ソースを両方の PXM カードの同じクロック ポートに接続してください。タイミングの問題が発生するので、各カードで別の外部クロック ソースを動作させないでください。

障害が発生したクロック ソースが復旧した場合、 cnfncdpclksrc コマンドを使用してそのクロック ソースをノードに再度追加しない限り、スイッチは復旧されたクロック ソースを使用できません。

プライマリ およびセカンダリ BITS クロックは、スイッチの初期設定後に設定できます。詳細は、 第2章「一般的なスイッチ機能の設定」 「クロック ソースの設定」 の項を参照してください。

NCDP ネットワーク クロック ソース計画を作成する場合、トポロジ図を描いて、ネットワークの各スイッチに設定されたすべてのクロック ソースを確認します。各クロック ソースの優先順位を確認します。NCDP を無効にする場合には、NNI ポートを確認する必要もあります。