Cisco MGX スイッチ Cisco Circuit Emulation Services (CESM/MPSM) コンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンス Release 5
索引
Symbols
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Symbols

? コマンド  6-7

Numerics

2 セグメント フィーダ接続  4-2

設定  4-10

設定のクイックスタート  4-5

定義  4-10

3 セグメント フィーダ接続  4-2

設定  4-10

設定のクイックスタート  4-4

定義  4-10

A

AAL1 カプセル化  3-5, 4-9

addcdrscprtn  5-19, 5-21, 6-8

addchan  6-9

addchanloop  5-36, 6-11

addcon  3-6, 3-9, 3-12, 4-11, 4-12, 4-13, 4-14, 4-16, 6-12

addcon、PXM1 の  4-17, 4-18

addconCDVT  6-17

addln  2-7, 6-20

addlnloop  1-11, 5-10, 5-34, 5-36, 6-21

addport  2-11, 2-14, 6-22

addrscprtn  5-16, 5-23, 6-24

addspvc  6-26

AMI ライン コーディング  1-6, 2-8

ANSI T1.408  1-6

Any Service Any Card

ASAC を 参照

ASAC  1-4

ATM コア ネットワークでのルーティング接続  4-5, 4-6

VPI 値と VCI 値の一致  4-5, 4-6

B

B8ZS ライン コーディング  1-6, 2-8

BERT

MPSM-8T1E1 オンボード BERT  1-5, 5-40

MPSM-8T1E1、オンボード BERT  1-4

SRM がサポートする BERT  1-13, 5-37

管理手順  5-37

構造化データ転送のサポート  1-11

テストの一般的な手順  5-37

非構造化データ転送のサポート  1-12

BNC-2E3 バック カード  1-2

BNC-2T3 バック カード  1-2

C

CAS 回線シグナリング  2-12

予約されたタイムスロット  2-12

連続するタイムスロット  2-12

CDVT  1-12, 3-8

E1 の場合  1-12

T1 の場合  1-12

CES-IS V2.0  1-7

CESM カード

管理コマンド  6-2

CESM-8E1

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

PXM プラットフォームのサポート  1-3

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SRM がサポートする BERT 設定オプション  5-39

SRM 機能サポート  1-14

T1/E1 クロッキング メカニズム  1-8

回線設定のクイックスタート  2-3

回線設定の変更  2-7

回線の始動  2-6

回線の表示  2-5

機能  1-6

構造化データ転送  1-11

最大接続数  1-2

最大ポート数  1-2

サポートされるバック カード  1-2

セル遅延変動  1-12

ピーク セル レートの計算  1-7

非構造化アダプティブ クロッキング接続上の CDVT のデフォルト値  1-5

非構造化データ転送  1-11

ポート設定のクイックスタート  2-4

ポート設定の変更  2-14

ポートの追加  2-10

ループバック コマンド  5-34

ループバックの図  5-34

CESM-8T1

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

PXM プラットフォームのサポート  1-3

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SRM がサポートする BERT 設定オプション  5-38

SRM 機能サポート  1-14

T1/E1 クロッキング メカニズム  1-8

回線設定のクイックスタート  2-3

回線設定の変更  2-7

回線の始動  2-6

回線の表示  2-5

機能  1-6

構造化データ転送  1-11

最大接続数  1-2

最大ポート数  1-2

サポートされるバック カード  1-2

セル遅延変動  1-12

ピーク セル レートの計算  1-7

非構造化アダプティブ クロッキング接続上の CDVT のデフォルト値  1-5

非構造化データ転送  1-11

ポート設定のクイックスタート  2-4

ポート設定の変更  2-14

ポートの追加  2-10

ループバック コマンド  5-34

ループバックの図  5-34

CESM-8T1/B

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SRM がサポートする BERT 設定オプション  5-38

SRM 機能サポート  1-14

T1/E1 クロッキング メカニズム  1-8

回線設定のクイックスタート  2-3

回線設定の変更  2-7

回線の始動  2-6

回線の表示  2-5

機能  1-6

構造化データ転送  1-11

最大接続数  1-2

最大ポート数  1-2

サポートされるバック カード  1-2

セル遅延変動  1-12

ピーク セル レートの計算  1-7

非構造化アダプティブ クロッキング接続上の CDVT のデフォルト値  1-5

非構造化データ転送  1-11

プラットフォームのサポート  1-3

ポート設定のクイックスタート  2-4

ポート設定の変更  2-14

ポートの追加  2-10

マルチフレーム同期化のサポート  1-5

ループバック コマンド  5-34

ループバックの図  5-34

CESM-T3E3

PXM プラットフォームのサポート  1-3

最大接続数  1-2

最大ポート数  1-2

サポートされるバック カード  1-2

マニュアル  1-2

CESM カード

OAM 障害管理  1-6

SRM 機能サポート  1-13

アラームの表示  5-3

一般的な情報の表示  5-3

管理手順  5-3

構造化データ転送  1-11

互換性のあるバック カード  1-2

最大接続数  1-2

ソフトウェアのバージョンとステータス  5-4

非構造化データ転送  1-11

フロント カードとバック カード  1-2

ループバック  5-34

chkflash  5-4, 6-30

clear  6-31

clralm  6-32

clralmcnt  6-33

clralmcnts  6-34

clralms  6-35

clrbertstats  5-41, 6-36

clrcderrs  6-37

clrchancnt  5-31, 6-38

clrchancnts  5-31, 6-39

clrdiagresults  5-49, 6-40

clrds1stats  6-41

clrmsgcnt  6-42

clrsarcnt  5-31, 6-43

clrsarcnts  5-31, 6-44

clrscrn  6-45

clrslftst  1-5, 6-46

clrtaskinfo  6-47

cls  6-48

cnfatmln、PXM1 の  4-8

cnfbert  5-41, 5-42, 6-49

cnfcdmode、PXM の  1-4, 2-2

cnfcdparms  6-51

cnfcdprtntype  5-19, 5-20, 6-53

cnfcdrscprtn  5-19, 5-22, 6-55

cnfchan  6-56

cnfcon  6-58

cnfdiagtest  5-49, 5-50, 6-60

cnfln  2-8, 6-61

cnflnloop  6-63

cnfportrscprtn  5-16, 5-23, 6-64

cnfprfparam  6-65

cnfrscprtn  5-16, 5-17, 5-23, 6-66

cnfslftst  1-5, 6-67

cnfswfunc、PXM1 の  4-8

cnfswparms  6-68

D

DAX 接続  4-2

設定  4-7

定義  4-10

ローカル接続 も参照

delbert  5-41, 5-46, 6-69

delcdrscprtn  5-19, 5-22, 6-70

delchan  6-71

delchanloop  5-36, 6-72

delchans  6-73

delcon  5-27, 6-74

delln  5-11, 6-75

dellnloop  5-34, 5-36, 6-76

delport  5-14, 6-77

delports  6-78

delrscprtn  5-16, 5-18, 5-23, 6-79

dncon  6-80

dspalm  6-81

dspalmcnf  6-82

dspalmcnt  6-83

dspalms  6-86

dspbert  5-41, 5-44, 6-87

dspbertstats  5-41, 5-45, 6-88

dspcd  6-89

dspcderrs  6-93

dspcdparms  6-94

dspcdprtntype  5-19, 5-20, 6-95

dspcdrscprtn  5-19, 5-21, 6-96

dspchan  6-97

dspchancnt  1-5, 5-30, 6-100

dspchans  6-102

dspcon  3-11, 3-13, 5-25, 5-33, 6-103

dspcon、PXM1 の  4-18

dspcons  3-10, 5-25, 5-32, 6-106

dspcslftsttbl  6-133

dspdiagresults  5-49, 5-52, 6-109

dspdiagtests  5-49, 6-110

dspds1stats  6-112

dspfeature  5-5, 6-114

dsplcn  6-115

dspliccd  5-7, 6-116

dspln  2-6, 2-8, 5-9, 6-117

dsplns  2-5, 2-7, 2-10, 5-9, 6-119

dspmsgcnt  6-120

dspport  2-13, 5-13, 6-121

dspportrscprtn  5-16, 5-23, 6-122

dspports  2-10, 5-13, 6-124

dspprfhist  6-125

dsprscprtn  5-16, 5-23, 6-128

dspsarcnt  5-31, 6-129

dspsarcnts  5-31, 6-131

dspslftst  1-5, 6-132

dspslftsttbl  1-5

dspstatparms  6-134

dsptaskinfo  6-135

dsptotals  6-136

DSX1 クロック ソース

ループ クロック  2-9

ローカル クロック  2-9

E

E1 シグナリング

CAS  2-9

CRC ありの CAS  2-9

CRC ありの CCS  2-9

CRC なしの CCS  2-9

クリア E1  2-9

H

HDB3 ライン コーディング  1-6, 2-8

Help コマンド  6-139

I

insbiterror  5-41, 5-45, 6-143

ITU G.703  1-11

ITU G.704  1-6

i コマンド  6-140

M

memShow  6-144

MGX-RJ48-8E1 バック カード  1-2

movelic  5-6, 5-7, 6-146

MPSM-8E1-CES

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SRM がサポートする BERT 設定オプション  5-39

アラームの表示  5-3

一般的な情報の表示  5-3

オンボード BERT コマンド  5-41

カード機能の表示  5-5

回線設定のクイックスタート  2-3

回線設定の変更  2-7

回線の始動  2-6

回線の表示  2-5

機能ライセンスの移動  5-6

ソフトウェアのバージョンとステータス  5-4

ポート設定のクイックスタート  2-4

ポート設定の変更  2-14

ポートの追加  2-10

ループバック コマンド  5-36

MPSM-8T1-CES

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SRM がサポートする BERT 設定オプション  5-38

T1/E1 クロッキング メカニズム  1-8

アラームの表示  5-3

一般的な情報の表示  5-3

オンボード BERT コマンド  5-41

カード機能の表示  5-5

回線設定のクイックスタート  2-3

回線設定の変更  2-7

回線の始動  2-6

回線の表示  2-5

機能  1-5, 1-6

機能ライセンスの移動  5-6

構造化データ転送  1-11

最大接続数  1-2

最大ポート数  1-2

サポートされるバック カード  1-2

セル遅延変動  1-12

ソフトウェアのバージョンとステータス  5-4

ピーク セル レートの計算  1-7

非構造化アダプティブ クロッキング接続上の CDVT のデフォルト値  1-5

非構造化データ転送  1-11

ポート設定のクイックスタート  2-4

ポート設定の変更  2-14

ポートの追加  2-10

マルチフレーム同期化  1-5

ループバック コマンド  5-36

MPSM-8T1E1

Any Service Any Card (ASAC)  1-4

CESM カードとの相違点  1-5

OAM 障害管理  1-6

PXM プラットフォームのサポート  1-3

SRM 機能サポート  1-13, 1-14

オンボード BERT  1-4, 1-5, 5-40

オンボード BERT コマンド  5-41

オンライン診断  1-5, 5-47

カード機能の表示  5-5

機能  1-4

機能ライセンス  5-6

機能ライセンスの移動  5-6

互換性のあるバック カード  1-2

最大接続数  1-2

冗長性機能  1-4

物理カード タイプ  1-4

フロント カードとバック カード  1-2

ループバック  5-35

ループバックの図  5-35

論理カード タイプ  1-4

MPSM-8T1E1 オンボード BERT  1-5, 5-40

BERT セッションの管理  5-42

機能  5-41

コマンド  5-41

MPSM-8T1E1、オンボード BERT  1-4

MPSM-8T1E1 機能ライセンス  5-6

PXM ライセンスプール  5-6

移動  5-6

機能ライセンスの割り当て  5-6

登録  5-8

表示  5-6

MPSM オンライン診断

管理手順  5-47

機能  5-47

コマンド  5-48

設定  5-49

テスト  5-47

myid  6-147

P

pausediag  5-49, 5-52, 6-148

PNNI

優先ルート  1-7

PVC  3-5, 4-2

2 セグメント フィーダ接続 も参照

3 セグメント フィーダ接続 も参照

CAS 値  4-11

DAX 接続 も参照

コントローラ タイプ  4-12

スレーブ エンドポイント  4-9

接続の削除  5-28

接続の種類  4-2, 4-9

定義  4-9

フィーダ接続設定のクイックスタート  4-4

フィーダ接続の設定  4-10

フィーダ接続 も参照

フィーダ ノードでのサポート  1-7

マスター エンドポイント  4-9

リモート接続 ID  4-12

ローカル接続設定のクイックスタート  4-7

ローカル接続の設定  4-13

ローカル接続 も参照

R

resumediag  5-49, 5-52, 6-149

RJ48-8E1 バック カード  1-2

RJ48-8T1 バック カード  1-2

R-RJ48-8E1 バック カード  1-2

R-RJ48-8T1 バック カード  1-2

rrtcon  6-150

R-SMB-8E1 バック カード  1-2

rundiagtest  5-49, 5-51

runslftstno  1-5, 6-152

S

setcmdc  6-154

setpagemode  6-155

SMB-8E1 バック カード  1-2

SPVC  3-2

CAS 値  3-8

CESM/MPSM から CESM/MPSM 以外への SPVC 設定のクイックスタート  3-4

CESM/MPSM 間設定のクイックスタート  3-3

PNNI 優先ルーティング  1-7

SPVC プレフィックスの変更  3-6

エラー メッセージ  3-6, 3-12

エンドツーエンド コスト  3-9

片終端  3-3, 3-4, 3-5

クロック モード  3-8

コントローラ タイプ  3-9

最大出力バッファ サイズ  3-8

スレーブ エンドポイント  3-5

スレーブ側の設定  3-6

接続の削除  5-27

接続の種類  3-2

接続 も参照   5-25

定義  3-5

トランク制限  3-9

マスター エンドポイント  3-5

マスター側の設定  3-12

優先ルート ID  3-9

誘導ルート  3-9

リモート接続 ID  3-7

両終端  3-6

ルーティング優先度  3-9

SRM-3T3/C  1-13

機能  1-13

SRME  1-13

機能  1-14

SRME/B  1-13

機能  1-14

SRM カード

CESM および MPSM カードでサポートされている機能  1-13

概要  1-13

機能  1-13

SRM がサポートする BERT  1-13, 5-37

CESM-8E1 上  1-6

CESM-8T1/B 上  1-6

CESM-8T1 上  1-6

MPSM-8T1-CES 上  1-6

MPSM-8T1E1 上  1-5

T1 および E1 BERT パターン  5-40

概要  5-38

設定パラメータ  5-38

ループバック オプション  5-40

SRTS クロッキング  1-9

startbert  5-41, 5-44, 6-156

stopbert  5-41, 5-45, 6-157

T

T1 回線タイプ

DSX1 D4  2-9

DSX1 ESF  2-9

TR-NWT-000170  1-11

tstchan  6-158

tstcon  1-11, 5-29, 6-159

tstdelay  1-11, 5-30, 6-161

U

upcon  6-163

V

VCC  4-17

VCI  4-17

VC 接続解除時のフレーム同期  2-13

VC 切断時のフレーミング  1-11

version  6-164

VPC  4-17

VPI  4-17

X

xclrchancnt  5-31, 6-165

xcnfalm  6-166

xcnfalmcnt  6-167

xcnfcdprtntype  5-19, 6-169

xcnfcdrscprtn  5-19, 6-170

xcnfchan  1-10, 5-35, 5-36, 6-171

xcnfcon  5-35, 5-36, 6-177

xcnfln  1-11, 5-35, 5-36, 6-183

xcnfport  6-188

xcnfrscprtn  5-16, 5-23, 6-190

xdspchan  6-192

xdspchancnt  5-30, 6-195

xdspchans  6-197

xdspln  6-198

xdsplns  6-200

xdspport  6-201

xdspports  6-202

XPVC  1-7

相手先固定接続

PVC を 参照

アダプティブ クロッキング  1-9

CDVT のデフォルト値  1-5

アラーム

カード  5-3

カード アラーム コマンド  5-12

回線  5-11

回線アラーム コマンド  5-12

接続  5-25, 5-32

接続アラーム状態の階層  5-32

接続アラームの表示  5-32

遠端ループバック  5-40

オンフック/オフフック検出  1-7, 1-10

カード

アラーム コマンド  5-12

アラームの表示  5-3

一般的な情報の表示  5-3

管理コマンド  6-2

管理手順  5-3

ソフトウェアのバージョンとステータス  5-4

カード間 APS 回線冗長性  1-13

カード冗長性サポート  1-13

回線

DSX1 クロック ソース  2-9

E1 シグナリングの方法  2-9

T1 回線タイプ  2-9

アラーム  5-11

アラーム コマンド  5-12

アラームの管理  5-11

回線エラー  5-11

回線の始動  2-1, 2-6

回線の停止  5-10

管理コマンド  6-3

管理手順  5-9

設定のクイックスタート  2-3

設定の変更  2-7

単一回線の表示  2-6, 5-9

プロビジョニングの準備  2-2

ライン コーディング  2-8

リストの表示  2-5, 5-9

回線エミュレーション

ポート タイプ  2-13

回線冗長性  1-13

機能

すべての CESM および MPSM カードに共通  1-6

すべての MPSM カードに共通  1-4

強制無音圧縮  1-10

クリア回線シグナリング  2-12

連続するタイムスロット  2-12

クリア チャネル E1  1-6

クロッキング

MGX ローカル スイッチ クロック  1-8

クロッキング計画  1-8

同期クロッキング  1-8

非同期クロッキング(SRTS)  1-9

ループ クロッキング  1-8

クロック

T1/E1 クロッキング メカニズム  1-8

非同期クロッキング(アダプティブ)  1-9

クロック ソース

DSX1 クロック ソース  2-9

警告

定義  xvii

構造化データ転送  1-11

トランク条件設定  1-11

コマンド

CESM カードのループバック コマンド  5-34

MPSM-8T1E1 カードのループバック コマンド  5-36

カード アラーム  5-12

カード管理  6-2

回線アラーム  5-12

回線管理  6-3

セッション管理  6-2

接続管理  6-5

接続の統計情報  5-30

配分管理  6-5

ポート管理  6-4

コンディショナル シグナリング  3-7, 4-12

コンディショナル データ  4-12

冗長バス  1-13

スタンドアロン モード  4-2, 4-8, 4-9

定義  4-10

セッション

CLI コマンド  6-2

管理手順  5-2

接続

PVC 接続の削除  5-28

PVC 接続の種類  4-2, 4-9

PVC 設定のクイックスタート  4-4

PVC の設定  4-9

SPVC 接続の削除  5-27

SPVC 接続の種類  3-2

SPVC 設定  3-5

SPVC 設定のクイックスタート  3-3

SPVC も参照

アラーム階層  5-32

アラームの表示  5-32

管理コマンド  6-5

管理手順  5-25

接続のテスト  5-29

単一の接続の表示  5-25

統計情報コマンド  5-30

統計情報のモニタ  5-30

リストの表示  5-25

接続のサービス タイプ、PXM1 の  4-17

接続のテスト  5-29

tstcon を使用  5-29

tstdelay を使用  5-30

セル

部分充填  3-7, 4-11

セル遅延

E1 の場合  1-12

T1 の場合  1-12

ソフトウェア、バージョンとステータスの情報  5-4

対象読者、このマニュアルの  xv

チャネル化カード、識別  5-5

注意

記号、定義  xvii

同期クロッキング  1-7, 1-8

同期残余タイム スタンプ (SRTS) クロッキング  1-9

トランク条件設定  1-11

バージョン  5-5

配分

リソース配分を 参照

バック カード  1-2

バルク モード分散  1-13

ピーク セル レートの計算  1-7

非構造化データ転送  1-11

VC 切断時のフレーミング  1-11

非チャネル化カード、識別  5-5

ビット誤り率テスト

BERT を参照

非同期クロッキング  1-7

アダプティブ  1-9

同期残余タイム スタンプ (SRTS)  1-9

非バルク モード  1-13

表記法、マニュアル  xvii

フィーダ接続

2 セグメント フィーダ接続 も参照

3 セグメント フィーダ接続 も参照

削除  5-28

設定  4-10

設定のクイックスタート  4-4

定義  4-9

フィーダ トランク  4-9

フィーダ モード  4-2, 4-9

定義  4-10

部分充填  3-7, 4-11

プロビジョニング、準備  2-2, 3-2, 4-3

分散バス  1-13

ポート

管理コマンド  6-4

管理手順  5-13

構造化  2-10, 2-12

設定のクイックスタート  2-3

設定の修正  2-14

設定の変更  5-14

単一のポートの表示  5-13

非構造化  2-10, 2-12

プロビジョニングの準備  2-2

ポートの削除  5-14

ポートの追加  2-1, 2-10

リストの表示  5-13

ポート タイプ

VC 接続解除時のフレーム同期  2-13

構造化  2-13

非構造化  2-13

マニュアル

構成  xvi

表記法  xvii

目的  xv

マルチフレーム同期化

CESM-8T1/B のサポート  1-5

MPSM-8T1-CES のサポート  1-5

無音圧縮  1-7, 1-10

メタリック ループバック  5-40

ユーザ ポート  4-9

ライン コーディング

AMI  2-8

B8ZS  2-8

HDB3  2-8

リソース配分

PXM1 ベース スイッチ  5-18

PXM45 および PXM1E ベースのスイッチ  5-15

管理コマンド  6-5

管理手順  5-15

リソース配分、PXM1 プラットフォーム  5-18

カードのリソース配分コマンド  5-19

カードのリソース配分設定の削除  5-22

カードのリソース配分設定の表示  5-21

カードのリソース配分タイプの設定  5-20

カードのリソース配分タイプの表示  5-20

カードのリソース配分の管理  5-19

カードのリソース配分の追加  5-21

カードのリソース配分の変更  5-22

ポートのリソース配分コマンド  5-23

ポートのリソース配分設定の表示  5-23

ポートのリソース配分の管理  5-23

ポートのリソース配分の変更  5-23

リソース配分、PXM45 および PXM1E プラットフォーム  5-15

ポートのリソース配分コマンド  5-16

ポートのリソース配分設定の表示  5-16

ポートのリソース配分の管理  5-15

ポートのリソース配分の削除  5-18

ポートのリソース配分の追加  5-16

ポートのリソース配分の変更  5-17

リモート接続 ID、PXM1 の  4-17

リモート ループバック  5-40

ループ クロッキング  1-8

ループバック

CESM カード  5-34

CESM カードでの回線ループバック  5-34

CESM カードでのチャネル ループバック  5-34

CESM カードでのループバック コード検出  5-34

CESM カードのコマンド  5-34

CESM 回線とチャネル ループバックの図  5-34

MPSM-8T1E1 カード  5-35

MPSM-8T1E1 カードでの回線ループバック  5-35

MPSM-8T1E1 カードでのチャネル ループバック  5-35

MPSM-8T1E1 カードでのループバック コード検出  5-35

MPSM-8T1E1 カードのコマンド  5-36

MPSM-8T1E1 回線およびチャネル ループバックの図  5-35

遠端ループバック  5-40

管理手順  5-34

メタリック ループバック  5-40

リモート ループバック  5-40

ローカル ループバック  5-40

ローカル接続  4-2

DAX 接続 も参照

サービス モジュール間  4-2

サービス モジュール間設定のクイックスタート  4-7

サービス モジュール間の設定  4-13

サービス モジュールと PXM1 間  4-2

サービス モジュールと PXM1 間設定のクイックスタート  4-7

サービス モジュールと PXM1 間の設定  4-16

削除  5-28

設定  4-13

設定のクイックスタート  4-7

定義  4-9, 4-10

ローカル ループバック  5-40