Cisco MGX スイッチ Cisco Circuit Emulation Services (CESM/MPSM) コンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンス Release 5
CESM カードと MPSM カードの管理
CESM カードと MPSM カードの管理
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

CESM カードと MPSM カードの管理

CLI セッションの管理

カードの管理

カードの一般情報の表示

ソフトウェアのバージョンとステータス情報の表示

CESM カード機能の表示

MPSM カード機能の表示

MPSM 機能ライセンスの移動

回線の管理

回線のリストの表示

単一回線の設定の表示

回線の停止

回線アラームの管理

ポートの管理

ポートのリストの表示

単一ポートのステータスの表示

ポート設定の変更

ポートの削除

リソース配分の管理

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのリソース配分

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理

PXM1 ベース スイッチのリソース配分

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の管理

PXM1 ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理

接続の管理

接続リストの表示

単一の接続のステータスの表示

SPVC 接続の削除

PVC 接続の削除

接続のテスト

tstcon によるテスト

tstdelay によるテスト

接続統計情報のモニタ

接続アラームの表示

ループバックの管理

CESM カードのループバック

MPSM カードのループバック

ビット誤り率試験(BERT)の管理

SRM がサポートする BERT

SRM がサポートする BERT の概要

SRM の BERT 設定パラメータ

MPSM-8T1E1 オンボード BERT

MPSM-8T1E1 オンボード BERT の機能

MPSM-8T1E1 での BERT セッションの管理

MPSM オンライン診断の管理

MPSM-8T1E1 オンライン診断機能

MPSM-8T1E1 でのオンライン診断の設定

CESM カードと MPSM カードの管理

この章では、カードの初期設定とプロビジョニングの終了後に CESM-8T1/B、CESM-8T1、
CESM-8E1、MPSM-8T1-CES、および MPSM-8E1-CES カードを管理する手順について説明します。


) カードの初期設定については、『Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5』、『Release Notes for Cisco MGX 8230, Cisco MGX 8250, and Cisco MGX 8850(PXM1)Switches, Release 1.3.00』、および『Cisco MGX 8850 Edge Concentrator Installation and Configuration, Release 1.1.3』を参照してください。CESM および MPSM カードのプロビジョニングについては、第 2 章「CESM および MPSM の回線とポートの通信用への準備」第 3 章「CESM および MPSM カードでの SPVC(PXM1E/PXM45)のプロビジョニング」、および第 4 章「CESM および MPSM カードでの PVC(PXM1)のプロビジョニング」を参照してください。


ここでは、次の CESM および MPSM 管理手順について説明します。

CLI セッションの管理

カードの管理

回線の管理

ポートの管理

リソース配分の管理

接続の管理

ループバックの管理

ビット誤り率試験(BERT)の管理

MPSM オンライン診断の管理

CLI セッションの管理

基本的なセッションの初期化と管理方法については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5 』、『 Release Notes for Cisco MGX 8230, Cisco MGX 8250, and Cisco MGX 8850(PXM1)Switches, Release 1.3.00 』、および『 Cisco MGX 8850 Edge Concentrator Installation and Configuration, Release 1.1.3 』を参照してください。

表 5-1 に、CESM および MPSM カードでサポートされるセッション管理コマンドとその説明を示します。これらのコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-1 セッション管理コマンド

コマンド
用途

?
Help

使用可能なコマンドを表示します。

clear
clrscrn
cls

セッション画面をクリアします。

myid

現在のセッションを開始するために使用されたユーザ ID を表示します。

setcmdc

コマンドの補完機能を有効または無効にします。補完機能とは、コマンドを完全に入力しなくても、入力したコマンド部分だけでそのコマンドを一意的に識別できる場合に、そのコマンドを補完する機能です。このコマンドは、MPSM-8T1-CES と MPSM-8E1-CES でだけ使用できます。

setpagemode

ページ区切り機能を有効または無効にします。ページ区切り機能とは、コマンドの出力をページ単位に分割して、見やすくする機能です。

カードの管理

基本的なカードの初期化と設定方法については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5 』、『 Release Notes for Cisco MGX 8230, Cisco MGX 8250, and Cisco MGX 8850(PXM1)Switches, Release 1.3.00 』、および『 Cisco MGX 8850 Edge Concentrator Installation and Configuration, Release 1.1.3 』を参照してください。

ここでは、次の手順について説明します。

カードの一般情報の表示

ソフトウェアのバージョンとステータス情報の表示

CESM カード機能の表示

MPSM カード機能の表示

MPSM 機能ライセンスの移動


) ここでは、最も一般的なカード管理コマンドについて説明します。カード管理コマンドの詳細については、第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」表 6-2 を参照してください。


カードの一般情報の表示

CESM または MPSM カードの一般的な情報を表示するには、dspcd コマンドを使用します。

次の例では、CESM-8T1/B カードの一般的な情報を表示しています。

M8850_SF.1.26.CESM.a > dspcd
 
 
ModuleSlotNumber: 26
FunctionModuleState: Active
FunctionModuleType: CESM-8T1/B
FunctionModuleSerialNum: B24356
FunctionModuleHWRev: aa
FunctionModuleFWRev: 021.000.001.193-A
FunctionModuleResetReason: Reset by PXM
LineModuleType: LM-RJ48-8T1
LineModuleState: Present
mibVersionNumber: 82
configChangeTypeBitMap: CardCnfChng, LineCnfChng
cardIntegratedAlarm: Clear
 
Front Card Info
Hardware Revision : AA
Card Type : 787
Serial Number : B24356
Fab Number : 28-4253-01
 
Back Card Info
Hardware Revision : AA
Card Type : 22
Serial Number : 648395
Fab Number : 28-2011-01
 

) dspcd コマンドでは、カードのアラームに関する情報が表示されます。


次の例では、MPSM-8T1-CES カードの一般的な情報を表示しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspcd
 
 
ModuleSlotNumber: 28
FunctionModuleState: Active
FunctionModuleType: MPSM-8T1-CES
FunctionModuleSerialNum: SAG07208RRA
FunctionModuleHWRev: 02
FunctionModuleFWRev: 030.000.001.077-A
FunctionModuleResetReason: Reset by PXM
LineModuleType: ?
LineModuleState: Not Present
mibVersionNumber: 100
configChangeTypeBitMap: No changes
cardIntegratedAlarm: Major
cardMajorAlarmBitMap: Line Alarm
 
Front Card Info
 
PCB PART NO-(800 LEVEL): 800-22480-04
PCB PART_NO-(73 LEVEL): 73-8466-04
PCB REVISION (800 LEVEL):
PCB SERIAL NO: SAG07208RRA
CLEI CODE: 0
MANUFACTURING ENG: 0x0
RMA TEST HISTORY: 0x0
 
Back Card Info
 
PCB PART NO-(800 LEVEL): ??
PCB PART NO-(73 LEVEL): ??
PCB REVISION (800 LEVEL): ??
FAB PART NO-(28 LEVEL): ??
PCB SERIAL NO: ??
CLEI CODE: ??
MANUFACTURING ENG: ??
RMA HISTORY: ??
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

カードが CESM-8T1/B、CESM-8T1、CESM-8E1、MPSM-8T1-CES、または MPSM-8E1-CES のいずれであるかを確認する場合は、CESM または MPSM カードでは dspcd コマンドを使用し、PXM1、PXM1E、または PXM45 コントローラ カードでは dspcds コマンドを使用します。

ソフトウェアのバージョンとステータス情報の表示

CESM または MPSM カードで実行されているソフトウェアの情報を表示するには、chkflash コマンドと version コマンドを使用します。

次の例では、CESM カード上のブート ソフトウェアのステータスを表示しています。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > chkflash
Program length = 264592
Calculated checksum = a9f614f6 stored checksum = a9f614f6
Flash checksum passed
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

次の例では、MPSM カード上のブート ソフトウェアのステータスを表示しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > chkflash
 
[chkflashfn]: Program length = 1477096
Calculated checksum = 0x5a73afb6 stored checksum = 0x5a73afb6
 
Flash checksum passed
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >

 

次の例では、CESM カードで実行されているソフトウェアのバージョンを表示しています。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > version
***** Cisco Systems CESM-8T1E1 Card *****
Firmware Version = 021.000.001.193-A
Backup Boot version = CE8_BT_1.0.02
ASCFRSM Xilinx file = cbslave.h
VxWorks (for CISCO) version 5.3.1.
Kernel: WIND version 2.5.
Made on Feb 11 2003, 03:07:58.
Boot line:
Boot from PROM
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

次の例では、MPSM カードで実行されているソフトウェアのバージョンを表示しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > version
***** Cisco System MPSM-8-T1E1 Card *****
Firmware Version = 030.000.001.077-A
Backup Boot Version = 030.000.001.077-A
VxWorks (for Broadcom BCM1125) version VxWorks5.4.2.
Kernel: WIND version 2.5.
Made on Dec 5 2003, 12:19:50.
Boot line:
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

CESM カード機能の表示

CESM-8T1/B、CESM-8T1 および CESM-8E1 カードには、チャネル化(構造化)バージョンと非チャネル化(非構造化)バージョンがあります。CESM-8T1/B、CESM-8T1 または CESM-8E1 カードが非チャネル化バージョンかチャネル化バージョンのいずれであるかを調べるには、次に示す例のように dspfeature コマンドを実行します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > dspfeature
 
Channelized: On
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

この例では、カードがチャネル化 CESM-8T1/B カードであることを表しています。

MPSM カード機能の表示

回線エミュレーション サービスに設定されている MPSM-8T1E1 カードで利用できる機能は、チャネル化です。

MPSM-8T1E1 カードの機能は、機能ライセンスを使用して有効化されます。このような機能ライセンスは、MPSM カードが必要とするまでPXM プロセッサのライセンス プールに格納されています。MPSM カードに機能ライセンスを割り当てるには、ライセンス機能を使用できるようにカードを設定します。たとえば、回線エミュレーション サービスを使用する MPSM カードにチャネル化機能ライセンスを割り当てるには、addport コマンドを入力し、回線をチャネル化するためのチャネル化パラメータを使用します。PXM 上のライセンス プールに、MPSM カード タイプで利用できる該当機能のライセンスが格納されている場合は、そのライセンスがカードに自動で割り当てられ、機能が正しく設定されます。利用可能なライセンス存在しない機能を使用するように MPSM カードを設定すると、その機能を必要とするコマンドは失敗します。一度 MPSM カードに割り当てられたライセンスは、ライセンス プールに戻されるまで他の MPSM カードで使用できません。

MPSM カードに割り当てられているライセンス、またはカードに必要な機能ライセンスを表示するには、dspliccd コマンドを使用します。

次の例では、チャネル化ポートが MPSM-8T1-CES カードでプロビジョニングされています。displiccd コマンドの出力には、1 つのチャネル化機能ライセンスが必要であったために、機能ライセンスが PXM ライセンス プールから MPSM カードに割り当てられたことが示されています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspliccd
Card License Alarm: None
Service Module Type: MPSM8T1E1
Service Module Serial Number: SAG07208RRA
Provisioning (addcon) Allowed: YES
=========================================================
Needed License Type Needed Licenses
------------------- ---------------
Channelization 1
 
=========================================================
Allocated License Type Allocated licenses
---------------------- ------------------
Channelization 1
 
=========================================================
Programmed License Type Programmed licenses
------------------------ -------------------
 
=========================================================
Programmed License Registered: NO
License registration node: NONE
License registration chassis: NONE
=========================================================
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

MPSM 機能ライセンスの管理の詳細については、『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5 』を参照してください。

MPSM 機能ライセンスの移動

機能ライセンスを MPSM カードと同時に購入した場合は、ライセンスを MPSM カードにインストールできます。機能ライセンスが MPSM カードにインストールされた時点では、MPSM カードおよびスイッチ上の他のどのカードでもそのライセンスは使用できません。機能ライセンスを使用するためには、MPSM カードからスイッチのライセンス プール(PXM プロセッサ カードのデータベース)にライセンスを移動する必要があります。

MPSM カードにインストールされた機能ライセンスを、PXM プロセッサ カードのスイッチ ライセンス プールに移動するには、movelic コマンドを使用します。

機能ライセンスを移動するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 dspliccd コマンドを次のように入力して、MPSM カードにインストールされている機能ライセンスを表示します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspliccd
Card License Alarm: None
Service Module Type: MPSM8T1E1
Service Module Serial Number: SAG07208RRA
Provisioning (addcon) Allowed: YES
=========================================================
Needed License Type Needed Licenses
------------------- ---------------
 
=========================================================
Allocated License Type Allocated licenses
---------------------- ------------------
 
=========================================================
Programmed License Type Programmed licenses
------------------------ -------------------
Channelization 1
 
=========================================================
Programmed License Registered: NO
License registration node: NONE
License registration chassis: NONE
=========================================================
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

この例の dspliccd コマンド出力には、チャネル化機能ライセンスが MPSM カードにインストールされていることが示されています。

ステップ 2 movelic コマンドを入力して、MPSM カードの機能ライセンスを、PXM プロセッサ カードのスイッチ ライセンス プールに移動します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > movelic
------------------------------------------------
Programmed License Type #Programmed
----------------------- -----------
Channelization 1
 
Do you want to proceed (Yes/No)? Yes
 
Card Licenses have been moved to license pool.
 
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

PXM プロセッサ カードのスイッチ ライセンス プールに移動した機能ライセンスは、そのスイッチに取り付けられた MPSM カードで使用できるようになります。

ステップ 3 dspliccd コマンドを次のように入力して、スイッチ ライセンス プールに機能ライセンスが登録されているか確認します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspliccd
Card License Alarm: None
Service Module Type: MPSM8T1E1
Service Module Serial Number: SAG07208RRA
Provisioning (addcon) Allowed: YES
=========================================================
Needed License Type Needed Licenses
------------------- ---------------
 
=========================================================
Allocated License Type Allocated licenses
---------------------- ------------------
 
=========================================================
Programmed License Type Programmed licenses
------------------------ -------------------
Channelization 1
 
=========================================================
Programmed License Registered: YES
License registration node: M8850_SF
License registration chassis: SCA062300GF
=========================================================
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a
 

この例には、機能ライセンスが登録されていること、機能ライセンスが登録されたスイッチの名前、および機能ライセンスが登録されたスイッチのシャーシのシリアル番号が示されています。


 


) MPSM 機能ライセンスの管理の詳細については、『Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5』を参照してください。


回線の管理

第 2 章「CESM および MPSM の回線とポートの通信用への準備」 で、CESM カードと MPSM カードの回線の設定(追加)方法と変更方法について説明しています。ここでは、次の手順について説明します。

回線のリストの表示

単一回線の設定の表示

回線の停止

回線アラームの管理


) ここでは、最も一般的な回線管理コマンドについて説明します。回線管理コマンドの詳細については、第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」表 6-3 を参照してください。


回線のリストの表示

CESM カードまたは MPSM カードの回線リストを表示するには、次のように dsplns コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > dsplns
 
Line Conn Type Status/Coding Length XmtClock Alarm Stats
Type Source Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
20.1 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No No
20.2 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No No
20.3 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No No
20.4 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes No
20.5 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
20.6 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
20.7 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
20.8 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

回線番号は、Line カラムに Slot.Line の形式で示されます。

単一回線の設定の表示

CESM カードまたは MPSM カードの単一回線の設定を表示するには、次のように dspln コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > dspln <line>
 

コマンドでは回線番号を入力します。指定可能な回線番号は、dsplns コマンドで表示できます。

次の例は、CESM カードで dspln コマンドを実行した場合に表示される情報の例です。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > dspln 8
 
LineNum: 8
LineConnectorType: RJ-48
LineEnable: Modify
LineType: dsx1ESF
LineCoding: dsx1B8ZS
LineLength: 0-131 ft
LineXmtClockSource: LocalTiming
LineLoopbackCommand: LocalLineLoop
LineSendCode: NoCode
LineUsedTimeslotsBitMap: 0x0
LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

次の例は、MPSM カードで dspln コマンドを実行した場合に表示される情報の例です。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.CES.a > dspln 1
 
LineNum: 1
LineConnectorType: RJ-48
LineType: dsx1ESF
LineEnable: Enabled
LineCoding: dsx1B8ZS
LineLength: 0-131 ft
LineXmtClockSource: LocalTiming
LineLoopbackCommand: NoLoop
LineSendCode: NoCode
LineUsedTimeslotsBitMap: 0x0
LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled
LineBERTEnable: Disable
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.CES.a >
 

回線の停止

回線が正しく動作していない場合は、回線アラームが生成されます。問題点を解決する時間がなくてアラームを抑止したい場合には、その回線を停止します。回線を停止するとサービスが停止するのでアラームが生成されなくなります。


ヒント addlnloop コマンドを使用して回線をローカル ループバック モードに設定すると、故障した回線のアラーム レベルをメジャーからマイナーに下げられます。この手順ではアラームを完全に削除することはできませんが、重大度を下げて、その回線に設定されているリソースを保持したままにできます。


回線を停止させる手順は、次のとおりです。


ステップ 1 回線に関連付けられているすべての接続を削除します(dspcons および delcon コマンド)。


ヒント 接続をポートに関連付け(dspcons)、ポートを回線に関連付けます(dspports)。回線を使用する接続を調べるには、最初にその回線に設定されているポートがどれかを調べます。


ステップ 2 回線に関連付けられているすべてのポートを削除します(delport コマンド)。


ヒント ポートが削除されると、そのポートに関連付けられているリソース配分も同時に削除されます。このため、ポートを削除する前にポートのリソース配分を削除する必要はありません。


ステップ 3 次のように delln コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > delln <line>
 

コマンドでは回線番号を入力します。指定可能な回線番号は、dsplns コマンドで表示できます。

次に、delln コマンドの使用例を示します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > delln 8
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 


 

回線アラームの管理

CESM および MPSM カードは、問題が発生すると回線アラームを生成します。loss of signal(LOS; 信号消失)が検出されると、CESM または MPSM カードは、統合時間が経過してからアップストリーム方向にある CPE に通知します。CESM または MPSM カードは引き続き公称レートでセル送信を続けますが、ATM フォーラムの CES V2.0 仕様に従って ATM セル ペイロードに適当なデータ パターンを設定します。また、RDI コード付きの OAM セルを遠端に送ってサービス中止を通知します。各種アラームの意味を 表 5-2 に示します。

 

表 5-2 CESM および MPSM の回線エラーとアラーム

エラー
アラームの
種類
送信ダウン
ストリーム
送信アップ
ストリーム
説明

LOS 受信

赤色

AIS

RAI

--

LOF 受信

赤色

AIS

RAI

--

AIS 受信

青色(AIS)

AIS(リンク)

FERF OAM セル

AIS:T1/E1 リンク上に AIS データを送信して、T1/E1 リンク上で終了

RAI 受信

黄色

RAI

--

--

ATM リンク
障害(RX)

赤色(AIS)

AIS:OAM セル

なし

ATM フォーラム CES-IS V2.0 に従うデータ セル


ヒント T1 および E1 のシグナリング手順とアラームの詳細については、ATM フォーラムの『Circuit
Emulation Service Interoperability Specification』(AF-SAA-0032.00)または『Bellcore TR-NWT-000170』を参照してください。


CESM および MPSM の回線アラームの表示、クリア、および設定を行うには、表 5-3 のコマンドを使用します。

 

表 5-3 CESM および MPSM 回線アラーム コマンド

コマンド
用途

dspalm

特定の回線に関連付けられたアクティブなアラームを表示します。

dspalms

アクティブな回線アラームのサマリーを表示します。

dspalmcnf

特定の回線のアラーム設定としきい値を表示します。

dspalmcnt

特定の回線のアラーム カウンタを表示します。

clralm

特定の回線のアクティブなアラームをすべてクリアします(アラームの原因が解決されていない場合アラームはクリアされません)。

clralms

すべての回線上のアクティブなアラームをクリアします(アラームの原因が解決されていない場合アラームはクリアされません)。

clralmcnt

特定の回線のアラーム カウンタをクリアします。

clralmcnts

すべての回線のアラーム カウンタをクリアします。

xcnfalm

特定の回線のアラーム カウンタ、しきい値、および統計情報を変更します。

xcnfalmcnt

特定の回線の統計アラーム カウンタのしきい値を変更します。

表 5-4 に、この他の CESM および MPSM カードのアラームと、これらのアラームが回線の送信チャネルと受信チャネルに及ぼす影響を示します。

 

表 5-4 CESM および MPSM カードのアラーム

アラームの種類
チャネルの
RCV ATM 状態
チャネルの
XMT ATM 状態
動作

ポート アラーム

--

AIS OAM の送信

ネットワークに対し OAM-AIS を生成

Abit(PXM から)

正常

正常

--

アンダーラン

正常

正常

回線に対しコンディショニング

オーバーラン

正常

正常

回線に対しコンディショニング


) 回線がアラーム状態の場合には回線アラーム トラップが送信され、 その回線アラームによってアラーム状態になるポートと接続には、その他のトラップは送信されません。同様に、ポートがアラーム状態の場合にはポート アラーム トラップが送信され、ポート アラームによってアラーム状態になる接続には、その他のトラップは送信されません。


ポートの管理

CESM および MPSM カードの回線に論理ポートを追加する方法については、 第 2 章「CESM および MPSM の回線とポートの通信用への準備」 で説明しています。ここでは、次の手順について説明します。

ポートのリストの表示

単一ポートのステータスの表示

ポート設定の変更

ポートの削除

ポートのリストの表示

現在の CESM または MPSM カードでプロビジョニングされているポート リストを表示するには、次のように dspports コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspports
 
Port Ena/Speed Type
------ --- ------ --------
4.1.1 Add/1536k structur
4.2.2 Add/1536k structur
4.3.3 Add/1536k structur
4.4.4 Add/1536k structur
 
Number of ports: 4
 
PortDs0UsedLine1: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine2: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine3: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine4: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine5: 0x00000000
PortDs0UsedLine6: 0x00000000
PortDs0UsedLine7: 0x00000000
PortDs0UsedLine8: 0x00000000
PortNumNextAvailable: 5
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

ポート番号は、Port カラムに Slot.Line.Port の形式で示されます。単一ポートの詳細については、dspport コマンドを使用します。

単一ポートのステータスの表示

CESM または MPSM カードの単一のプロビジョニング済みポートの設定とステータスを表示するには、次のように dspport コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspport <port>
 

コマンドではポート番号を入力します。dspports の出力にはプロビジョニング済みのポート番号が表示されます。

次の例は、CESM-8T1/B カードの dspport レポートを示しています。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspport 1
 
SlotNum: 4
PortLineNum: 1
PortNum: 1
PortRowStatus: Add
PortNumOfSlots: 24
PortDs0ConfigBitMap(1stDS0): 0xffffff(1)
PortSpeed: 1536kbps
PortType: structured
PortState: Active
 
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >

ポート設定の変更

addport コマンドを使用して CESM または MPSM カードに追加された回線エミュレーション ポート設定を変更するには、最初に delport コマンドでポートを削除します。それから、addport コマンドを使用して新しいポート設定でポートを再度追加します。


ヒント ポートにプロビジョニング済みの SPVC または PVC 接続が存在する場合は、これらの接続を削除してから、ポート設定を変更する必要があります。


ポートの削除

CESM または MPSM カードの回線エミュレーション ポートを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ポートに関連付けられているすべての接続を削除します(dspcons および delcon コマンド)。

ステップ 2 次のように delport コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > delport <port>
 

port パラメータには削除するポート番号を指定します。dspports コマンドの出力には、ポート番号が表示されます。


ヒント ポートが削除されると、そのポートに関連付けられているリソース配分も同時に削除されます。このため、ポートを削除する前にポートのリソース配分を削除する必要はありません。


次に、delport コマンドの使用例を示します。

PXM1E_SJ.1.20.CESM.a > delport 1
 
PXM1E_SJ.1.20.CESM.a >
 

複数の CESM または MPSM ポートを削除するには、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 に示すように delports コマンドを入力します。


 

リソース配分の管理

リソース配分は、2 つ以上の仮想スイッチ コントローラ間でスイッチの制限されたリソースを配分する方法を定義します。各コントローラで使用できるリソースの制限を定義することで、これらのリソースの競合や重複が解消されます。

CESM および MPSM カードでのリソース配分の管理方法は、サービス モジュールがプロビジョニングされているプラットフォームによって異なります。PXM1 プラットフォームでは、サービス モジュールのリソース配分はカード レベルとポート レベルの両方で管理されます。PXM45 および PXM1E プラットフォームでは、ポート レベルでだけ管理されます。

カードを最初に起動したときのカードのリソース配分は、サービス モジュール タイプで利用可能な最大接続数を共有する各コントローラで構成されています。このカード レベル リソースの均等共有を変更してリソースの競合を解消できます。

ポートが追加されると、ポートのリソース配分が作成されます。このポートのリソース配分は、多数の接続、一連の接続識別子、および各コントローラで使用可能な入力帯域幅と出力帯域幅で構成されます。デフォルトでは、ポートのリソースはコントローラ間で完全に共有され、接続値はカードのリソース配分から継承されます。ポート レベルのリソースも変更してリソースの競合を解消できます。

ここでは、Cisco MGX スイッチ プラットフォームでのリソース配分について説明します。

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのリソース配分

PXM1 ベース スイッチのリソース配分

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのリソース配分

PXM45 および PXM1E プラットフォームでは、CESM および MPSM のリソース配分はポート レベルでだけ管理されます。Cisco MGX Release 5 では、サービス モジュールで PNNI コントロールだけがサポートされるため、ポートが追加されるとすべてのポート リソースが PNNI コントローラに割り当てられます。このリソース割り当てはソフトウェアによって自動的に行われ、その結果、ポートに対してリソース配分が作成されます。

次の「PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理」で、PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理方法を説明します。

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理

次の作業手順で、PXM45 および PXM1E ベース スイッチに設置された CESM および MPSM カードでのポートのリソース配分の管理方法を説明します。

PXM45 および PXM1E ベース スイッチのポートのリソース配分設定の表示

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の追加

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の変更

PXM45 および PXM1E ベース スイッチのポートのリソース配分設定の削除

CESM および MPSM カードを通常運用しているときには、ポートのリソース配分を追加する必要はありません。ポートのリソース配分は、ポートを回線に追加したときに自動で作成されます。

MPSM カードでは、ポートのリソース配分設定の表示、追加、変更、削除が行えます。ポートのリソース配分を削除した場合は、そのポートに接続を割り当てる前に、ポートに新しい配分を作成する必要があります。CESM カードでは、ポートのリソース配分設定の表示と削除はできますが、変更することはできません。

表 5-5 に、Cisco MGX Release 5 の PXM45 および PXM1E プラットフォームでサポートされる CESM および MPSM ポートのリソース配分コマンドを示します。これらのコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-5 CESM/MPSM ポートのリソース配分コマンド(PXM45/PXM1E プラットフォーム)

コマンド
MPSM-8T1-CES
MPSM-8E1-CES
CESM-8T1/B
CESM-8T1
CESM-8E1

addrscprtn

cnfrscprtn

delrscprtn

dsprscprtn

X1

xcnfrscprtn

cnfportrscprtn

2

dspportrscprtn

X3

1.このコマンドの出力と、dspportrscprtn コマンドの出力は同じ内容です。

2.このコマンドは、配分のステータスを変更済みに変えるだけです。オプションはサポートされていません。

3.このコマンドの出力と、dsprscprtn コマンドの出力の内容は同じです。

PXM45 および PXM1E ベース スイッチのポートのリソース配分設定の表示

CESM または MPSM カードのポートのリソース配分を表示するには、次のように dsprscprtn コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dsprscprtn <port>
 

port パラメータにはポート番号を指定します。次に例を示します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dsprscprtn 1
 
Port User Status NumOfLcnAvail LcnLow LcnHigh IngrBW EgrBW CtrlrId
---- ------ ------ -------------- -------- --------- ------ ----- --------
1 PNNI Add 1 1 1 100 100 2
 
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の追加

CESM または MPSM カードの単一のポートにリソース配分を追加するには、次のように addrscprtn コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > addrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <cntrlr_id>
 

表 5-6 に、Cisco MGX Release 5 の PXM45 および PXM1E プラットフォームで実行する addrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-6 addrscprtn コマンドと delrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

port_num

追加または削除するリソース配分に関連付けられたポート番号。ポートに配分を定義する前に、回線にポートを追加する必要があります。dspports コマンドを使用して、指定可能なポートを表示します。ポート番号は、Port カラムに
Slot.Line.Port の形式で示されます。

cntrlr_type

この配分のコントローラ。MGX Release 5 で唯一サポートされるコントローラ タイプは PNNI コントローラであるため、2 を入力します。

1 = PAR(PVC)

2 = PNNI(SPVC)

3 = TAG(MPLS)

cntrlr_id

リソース配分を追加する場合は、この配分で使用されるコントローラに関連付ける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

リソース配分を削除する場合は、削除する配分に割り当てられているコントローラ ID を入力します。コントローラ ID を表示するには、dsprscprtn コマンドを使用します。有効な範囲は 1~255 です。

次の例では、デフォルトの配分を削除した後に、CESM ポートにリソース配分を追加しています。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > addrscprtn 1 2 2
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

PXM45 および PXM1E ベース スイッチでのポートのリソース配分の変更

MPSM カードのポートのリソース配分を変更するには、次のように cnfrscprtn コマンドを入力します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > cnfrscprtn <port_num> <cntrlr> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <low_lcn> <high_lcn> <numOfLcnAvail>
 

表 5-7 に、Cisco MGX Release 5 の PXM45 および PXM1E プラットフォームで実行する cnfrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-7 cnfrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

port_num

変更するリソース配分に関連付けられたポート番号。ポートのリソース配分を変更する前に、ポートを回線に追加する必要があります。dspports コマンドを使って、指定可能なポートを表示します。ポート番号は、Port カラムに Slot.Line.Port の形式で示されます。

cntrlr

この配分のコントローラ。MGX Release 5 で唯一サポートされるコントローラ タイプは PNNI コントローラであるため、2 を入力します。

1 = PAR(PVC)

2 = PNNI(SPVC)

3 = TAG(MPLS)

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する回線帯域幅の割合を指定します。範囲は 0~100 です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラで送信のために使用する回線帯域幅の割合を指定します。範囲は 0~100 です。

low_lcn

このポートのリソース配分で使用可能な下限 LCN 番号。範囲は 1~1000 です。

high_lcn

このポートのリソース配分で使用可能な上限 LCN 番号。範囲は 1~1000 です。

numOfLcnAvail

このポートのリソース配分で使用可能な最大 LCN 数(接続数)。カード タイプ別の範囲は次のとおりです。

CESM-8T1/B、CESM-8T1、MPSM-8T1-CES:1~192

CESM-8E1、MPSM-8E1-CES:1~248

次の例では、MPSM カードのポート 1 に設定されている PNNI ポートのリソース配分を、入力帯域幅と出力帯域幅をそれぞれ 50 %、下限 LCN 番号 1、上限 LCN 番号 1、最大接続数 1 に変更しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > cnfrscprtn 1 2 50 50 1 1 1
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

PXM45 および PXM1E ベース スイッチのポートのリソース配分設定の削除

CESM カードまたは MPSM カードのポートのリソース配分設定を削除する手順は次のとおりです。


ステップ 1 ポートのリソース配分に関連付けられているすべての接続を削除します(dspcons および delcon コマンド)。

ステップ 2 次のように delrscprtn コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.30.CESM.a > delrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <cntrlr_id>
 

表 5-6 に、delrscprtn コマンドのパラメータのリストとその説明を示します。

次に、delrscprtn コマンドの使用例を示します。

PXM1E_SJ.1.30.CESM.a > delrscprtn 6 2 2
 
PXM1E_SJ.1.30.CESM.a >
 


 

PXM1 ベース スイッチのリソース配分

PXM1 プラットフォームでは、CESM および MPSM のリソース配分はカード レベルとポート レベルの両方で管理されます。Cisco MGX Release 1.3 は、サービス モジュールで PAR コントローラだけをサポートしているため、カードの起動時およびポートの追加時には、PNNI コントローラや TAG コントローラがカードおよびポートのリソース配分表示コマンドに含まれていても、すべてのカードおよびポートのリソースは PAR コントローラに割り当てられます。このリソース割り当てはソフトウェアによって自動的に行われ、その結果、カードとポートに対してリソース配分が作成されます。

ここでは、PXM1 ベース スイッチでのカードとポートのリソース配分の管理方法について説明します。

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の管理

PXM1 ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の管理

以降、PXM1 スイッチでのカードのリソース配分の管理方法について説明します。

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分の表示

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分の設定

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分設定の表示

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の追加

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の変更

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分設定の削除

CESM-8T1/B、CESM-8T1、CESM-8E1、および MPSM カードでは、カードのリソース配分タイプを設定できません。これらのカードのリソース配分タイプは、デフォルトでポート コントローラ ベースに設定されています。

CESM カードと MPSM カードを通常に運用しているときには、カードのリソース配分を追加する必要はありません。カードのリソース配分は、カードを始動すると自動的に作成されます。

CESM-T3E3 カードと MPSM カードでは、カードのリソース配分設定の表示、追加、変更、削除が行えます。カードのリソース配分を削除した場合は、そのカードにポートを割り当てる前に、カードに新しい配分を作成する必要があります。8 ポートの CESM カードでは、カードのリソース配分の表示および変更だけ実行できます。

表 5-8 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームでサポートされる CESM および MPSM カードのリソース配分コマンドを示します。これらのコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-8 CESM/MPSM カードのリソース配分コマンド(PXM1 プラットフォーム)

コマンド
MPSM-8T1-CES
MPSM-8E1-CES
CESM-8T1/B
CESM-8T1
CESM-8E1
CESM-T3E3

cnfcdprtntype

4

1

dspcdprtntype

xcnfcdprtntype

1

1

addcdrscprtn

5

6

cnfcdrscprtn

7

8

delcdrscprtn

1

dspcdrscprtn

xcnfcdrscprtn

9

10

11

4.このコマンドは CLI に含まれますが、サポートされていません。

5.このコマンドは、カードのリソース配分のステータスが変更されると変更します。

6.カードの配分タイプは、カードのリソース配分をサポートするコントローラ ベースにする必要があります。

7.このコマンドは、すべてのコントローラを変更します。すべてのコントローラが存在する必要はありません。カードのリソース配分に存在しないコントローラは追加されません。

8.このコマンドは、3 つのコントローラがすべてカードのリソース配分に存在しない場合失敗します。

9.このコマンドは変更だけを行い、追加または削除は実行できません。

10.このコマンドは変更だけを行い、追加または削除は実行できません。追加パラメータは、カードのリソース配分のステータスが変更されると変更します。

11.変更パラメータはサポートされていません。変更するカードのリソース配分を削除して再度追加してください。

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分の表示

CESM または MPSM カードのリソース配分タイプを表示するには、dspcdprtntype コマンドを次のように入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspcdprtntype
 
cardLcnPartitionType: port controller based
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分の設定

CESM-T3E3 カードのカードのリソース配分タイプを設定するには、cnfcdprtntype コマンドを次のように入力します。

M8250_SJ.1.6.CESMT3.a > cnfcdprtntype <partitionType>
 

表 5-9 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームで実行する cnfcdprtntype コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-9 cnfcdprtntype コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

partitionType

カードの配分タイプ

1 = 配分なし。すべてのコントローラが、そのサービス モジュールで利用可能な LCN リソースに対して同等の競合関係にあります。

2 = コントローラ ベース。すべてのコントローラが一定数の LCN リソースを予約します。ポートの LCN リソースは予約されません。

3 = ポート コントローラ ベース。すべてのコントローラはポートごとに LCN リソースを予約します。


) CESM-T3E3 では、カードの配分タイプは、カードのリソース配分をサポートするコントローラ ベースにする必要があります。カードの配分タイプがポート コントローラ ベースの場合は、カードのリソース配分は存在しませんが、addport コマンドを実行してポートのリソース配分を追加します。


次の例では、CESM-T3 カードのカードのリソース配分タイプをコントローラ ベースに設定しています。

M8250_SJ.1.6.CESMT3.a > cnfcdprtntype 2
 
M8250_SJ.1.6.CESMT3.a >

PXM1 ベース スイッチのカードのリソース配分設定の表示

CESM または MPSM カードのカードのリソース配分設定を表示するには、dspcdrscprtn コマンドを次のように入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspcdrscprtn
 
User NumOfLcnAvail
------ -------------
PAR 192
PNNI 192
TAG 192
 
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

この例では、PAR コントローラが PXM1 プラットフォームの CESM および MPSM カードでサポートされる唯一のコントローラであるにもかかわらず、PNNI コントローラと TAG コントローラも出力に含まれています。

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の追加

CESM または MPSM カードにカードのリソース配分を追加するには、次のように addcdrscprtn コマンドを入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > addcdrscprtn <controller> <numOfLcnAvail>
 

表 5-10 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームで実行する addcdrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-10 addcdrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

コントローラ

リソース配分のコントローラ タイプ

1 = PAR(PVC)

2 = PNNI(SPVC)

3 = TAG(MPLS)

numOfLcnAvail

リソース配分で利用可能な LCN(接続)数。カード タイプ別の範囲は次のとおりです。

CESM-8T1/B、CESM-8T1、MPSM-8T1-CES の範囲:1~192

CESM-8E1、MPSM-8E1-CES の範囲:1~248

CESM-T3E3 値:1

次の例では、デフォルトの配分を削除した後に、MPSM カードにカードのリソース配分を追加しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > addcdrscprtn 1 100
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分の変更

CESM または MPSM カードのカードのリソース配分を変更するには、次のように cnfcdrscprtn コマンドを入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfcdrscprtn <#PARcon> <#PNNIcon> <#TAGcon>
 

表 5-11 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームで実行する cnfcdrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-11 cnfcdrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

#PARcon
#PNNIcon
#TAGcon

PAR、PNNI、および TAG コントローラで利用可能な接続(LCN)の最大数。カード タイプ別の範囲は次のとおりです。

CESM-8T1/B、CESM-8T1、MPSM-8T1-CES の範囲:1~192

CESM-8E1、MPSM-8E1-CES の範囲:1~248

CESM-T3E3 値:1

次の例では、MPSM カードのコントローラ当たりの最大接続数を 100 に設定しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfcdrscprtn 100 100 100
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

PXM1 ベース スイッチでのカードのリソース配分設定の削除

CESM または MPSM カードのカードのリソース配分を削除するには、次のように delcdrscprtn コマンドを入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > delcdrscprtn <controller>
 

表 5-12 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームで実行する delcdrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-12 delcdrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

コントローラ

削除するリソース配分のコントローラ

1 = PAR(PVC)

2 = PNNI(SPVC)

3 = TAG(MPLS)

次の例では、MPSM カードから PNNI カードのリソース配分を削除しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > delcdrscprtn 2
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

delcdrscprtn コマンドは、8 ポートの CESM カードではサポートされません。

PXM1 ベース スイッチでのポートのリソース配分の管理

以降、PXM1 スイッチでのポートのリソース配分の管理方法について説明します。

PXM1 ベース スイッチのポートのリソース配分設定の表示

PXM1 ベース スイッチでのポートのリソース配分の変更

CESM および MPSM カードでは、ポートのリソース配分の表示と変更だけを行えます。ポートのリソース配分は、ポートを回線に追加したときに自動で作成されます。

表 5-13 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームでサポートされる CESM および MPSM のポートのリソース配分コマンドを示します。これらのコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-13 CESM/MPSM ポートのリソース配分コマンド(PXM1 プラットフォーム)

コマンド
MPSM-8T1-CES
MPSM-8E1-CES
CESM-8T1/B
CESM-8T1
CESM-8E1
CESM-T3E3

addrscprtn

12

1

1

cnfrscprtn

delrscprtn

13

2

2

dsprscprtn

14

3

xcnfrscprtn

15

4

4

cnfportrscprtn

16

5

5

dspportrscprtn

17

6

12.このコマンドは、カードのリソース配分のステータスが変更された場合にサポートされます。

13.このコマンドは CLI に含まれますが、サポートされていません。

14.このコマンドの出力と、dspportrscprtn コマンドの出力の内容は同じです。

15.このコマンドは変更だけを行い、追加または削除は実行できません。追加パラメータは、カードのリソース配分のステータスが変更されると変更します。

16.このコマンドは、配分のステータスを変更済みに変えるだけです。オプションはサポートされていません。

17.このコマンドの出力と、dsprscprtn コマンドの出力の内容は同じです。

PXM1 ベース スイッチのポートのリソース配分設定の表示

CESM または MPSM カードのポートのリソース配分設定を表示するには、次のように
dspportrscprtn コマンドを入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspportrscprtn
 
Port User Status NumOfLcnAvail LcnLow LcnHigh IngrBW EgrBW
---- ------ ------ -------------- -------- --------- ------ -----
1 PAR Add 1 0 0 100 100
1 PNNI Add 1 0 0 100 100
1 TAG Add 1 0 0 100 100
 
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

PXM1 ベース スイッチでのポートのリソース配分の変更

CESM または MPSM カードの単一ポートのリソース配分を変更するには、次のように cnfrscprtn コマンドを入力します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfrscprtn <port_num> <cntrl> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <low_lcn> <high_lcn> <numOfLcnAvail>
 

表 5-14 に、Cisco MGX Release 1.3 の PXM1 プラットフォームで実行する cnfrscprtn コマンドのパラメータの説明を示します。

 

表 5-14 cnfrscprtn コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

port_num

変更するリソース配分に関連付けられたポート番号。ポートのリソース配分を変更するには、先にポートを回線に追加する必要があります。指定可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr

この配分のコントローラ。

1 = PAR(PVC)

2 = PNNI(SPVC)

3 = TAG(MPLS)

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する回線帯域幅の割合を指定します。範囲は 0~100 % です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラで送信のために使用する回線帯域幅の割合を指定します。範囲は 0~100 % です。

low_lcn

このポートのリソース配分で使用可能な下限 LCN 番号。範囲は 1~1000 です。

high_lcn

このポートのリソース配分で使用可能な上限 LCN 番号。範囲は 1~1000 です。

numOfLcnAvail

このポートのリソース配分で使用可能な最大 LCN 数(接続数)。カード タイプ別の範囲は次のとおりです。

CESM-8T1/B、CESM-8T1、MPSM-8T1-CES:1~192

CESM-8E1、MPSM-8E1-CES:1~248

CESM-T3E3 値:1

次の例では、MPSM カードのポートのリソース配分を変更しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfrscprtn 1 1 50 50 1 1 1
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >

接続の管理

CESM および MPSM カードに接続を追加する方法については、 第 3 章「CESM および MPSM カードでの SPVC(PXM1E/PXM45)のプロビジョニング」 および 第 4 章「CESM および MPSM カードでの PVC(PXM1)のプロビジョニング」 で説明しています。ここでは、次の手順について説明します。

接続リストの表示

単一の接続のステータスの表示

SPVC 接続の削除

PVC 接続の削除

接続のテスト

接続統計情報のモニタ

接続アラームの表示

接続リストの表示

現在の CESM または MPSM カードでプロビジョングされた接続のリストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

次の例は、PXM1E プラットフォームに取り付けられた MPSM-8T1-CES カードでプロビジョニングされた接続を示しています。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspcons
 
LCN Port.VPI.VCI Type M/S Clock PCR CDVT BufSz CLIP Admin Alarm
---- ------------ ---- --- ----- ------ ----- ----- ----- ----- -----
0035 001.04.035 stru S Synch 4096 00500 00384 02500 Up OK
0036 002.04.036 stru M Synch 4096 01000 00384 02500 Up OK
0037 003.04.037 stru S Synch 4096 01000 00384 02500 Up CTRLR-ABIT
 
Number of channels: 3
 
ChanNumNextAvailable: 38
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

次の例は、PXM1E プラットフォームに取り付けられた CESM-8T1 カードでプロビジョニングされた接続を示しています。

M8250_SJ.1.3.CESM.a > dspcons
 
Line ConnId ChNum Status CDVT BufSize CLIP CBRserv Alarm
---- -------------------- ----- ------ ----- ------- ----- -------- -----
1 M8250_SJ.3.1.0 32 Add 1000 192 2500 struct Okay
 
ChanNumNextAvailable: 33
 
M8250_SJ.1.3.CESM.a >
 

接続がアラーム状態にあるかどうかを調べるには、Alarm カラムのステータスを確認します。単一の接続の詳細を表示するには、dspcon コマンドを使用します。

単一の接続のステータスの表示

1 本の接続の設定と状態を表示するには、次のように dspcon コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspcon <port>
 

コマンドではポート番号を入力します。ポート番号は、dspports コマンドで表示されます。

次の例は、PXM45 プラットフォームに取り付けられた CESM カードでプロビジョニングされた単一接続の設定とステータスを示しています。

M8850_SF.1.30.CESM.a > dspcon 1
 
-------------------------------------------
ChanNum: 35 RowStatus: Add
AdmnState: Up ChanState: Ok
---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI CELL-LOSS
---------- ---------- ---------- ----------
NO NO NO NO
-------------------------------------------
 
ChanNum: 35
ChanRowStatus: Add
ConnAdminStatus: Up
ChanLineNum: 1
ChanMapVpi: 30
ChanMapVci: 35
ChanCBRService: struct
ChanClockMode: Synchronous
ChanCAS: Basic
ChanPartialFill: 47
ChanMaxBufSize: 240 bytes
ChanCDVT: 1000 micro seconds
C L I P: 2500 milliseconds
ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
ChanTestType: TestOff
ChanTestState: NotInProgress
ChanRTDresult: 65535 ms
ChanPortNum 1
ChanConnType SPVC
ISDetType DetectionDisabled
CondData 255
CondSignalling 15
ExtISTrig DisableIdleSupression
ISIntgnPeriod 3 seconds
ISSignallingCode 0
OnHookCode 1
ChanLocalVpi: 30
ChanLocalVci: 35
ChanLocalNSAP: 47009181000000000164444b6100000107f30100
ChanRemoteVpi: 0
ChanRemoteVci: 0
ChanRemoteNSAP: NULL NSAP
ChanMastership: Slave
ChanVpcFlag: Vcc
ChanConnServiceType: CBR1
ChanRoutingPriority: 8
ChanPreferredRouteId: 0
ChanDirectedRoute: No
ChanMaxCost: 2147483647
ChanRestrictTrunkType: No Restriction
ChanConnPCR: 2560
ChanConnMCR: 2560
ChanConnPercentUtil: 100
Channel Reroute: False
 
ChanNumNextAvailable: 37
 

次の例は、PXM1 プラットフォームに取り付けられた CESM カードでプロビジョニングされた接続の設定とステータスを示しています。

M8250_SJ.1.3.CESM.a > dspcon 1
 
ChanNum: 32
ChanRowStatus: Add
ChanLineNum: 1
ChanMapVpi: 3
ChanMapVci: 32
ChanCBRService: struct
ChanClockMode: Synchronous
ChanCAS: Basic
ChanPartialFill: 47
ChanMaxBufSize: 192 bytes
ChanCDVT: 1000 micro seconds
C L I P: 2500 milliseconds
ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
ChanTestType: TestOff
ChanTestState: NotInProgress
ChanRTDresult: 65535 ms
ChanPortNum 1
ChanConnType PVC
ISDetType DetectionDisabled
CondData 255
CondSignalling 15
ExtISTrig DisableIdleSupression
ISIntgnPeriod 3 seconds
ISSignallingCode 0
OnHookCode 1
ChanLocalVpi: 0
ChanLocalVci: 0
ChanLocalNSAP: 4d383235305f534a000000000000000003000100
ChanRemoteVpi: 11
ChanRemoteVci: 100
ChanRemoteNSAP: 4d383235305f534a000000000000000000000100
ChanMastership: Master
ChanVpcFlag: Vcc
ChanConnServiceType: CBR
ChanRoutingPriority: 1
ChanMaxCost: 2147483647
ChanRestrictTrunkType: No Restriction
ChanConnPCR: 2048
ChanConnMCR: 2048
ChanConnPercentUtil: 100
 
ChanNumNextAvailable: 33
 
M8250_SJ.1.3.CESM.a >

SPVC 接続の削除

各 SPVC には 2 つのエンドポイントがあります。接続を完全に削除するには、両方のエンドポイントを削除する必要があります。SPVC 接続のエンドポイントを削除するには、次のように delcon コマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > delcon <port>
 

port パラメータには削除する接続のポート番号を指定します。PXM1E プラットフォームと PXM45 プラットフォームでは、ポート番号は、dspcons コマンド出力の Port.VPI.VCI カラムに示されます。

delcon コマンドは、接続の一端を削除します。ただし、このコマンドでは SPVC のもう一方の端は削除されません。SPVC のもう一方のエンドポイントは、同じサービス モジュール、同じスイッチ内の別のサービス モジュール、または別のスイッチのサービス モジュールにあります。SPVC 接続を完全に削除するには一方のエンドポイントが存在する場所で delcon コマンドを実行します。

PVC 接続の削除

各 PVC には 2 つのエンドポイントがあります。接続を完全に削除するには、両方のエンドポイントを削除する必要があります。PVC を削除する方法は、PVC がフィーダ セグメント接続とローカル接続のどちらであるかによって異なります。

フィーダ セグメント接続を削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 GROUP1 以上の特権を持つユーザ名を使用して設定セッションを確立します。

ステップ 2 フィーダ セグメント接続をホストするローカルの CESM または MPSM カードで、 delcon コマンドを次のように入力します。

M8850_R1.1.2.CESM.a > delcon <port_num>
 

port パラメータには削除する接続のポート番号を指定します。PXM1 プラットフォームでは、ポート番号は dspcons コマンド出力の ConnID カラムに Nodename.Slot.Port.0 の形式で示されます。

フィーダ セグメント接続はサービス モジュール ユーザ ポートから PXM1 フィーダ トランクへのマスター接続としてだけ追加されるため、delcon コマンドを実行すると、フィーダ セグメント接続の両端が削除されます。

ステップ 3 削除している PVC が 2 セグメント フィーダ接続の一部である場合は、ATM コア ネットワークのルーティング接続を削除します。接続の削除方法については、ATM コア ネットワーク内のスイッチのソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5 』または『 Cisco BPX 8600 Series Installation and Configuration, Release 9.3.30』を参照してください。

ステップ 4 削除している PVC が 3 セグメント フィーダ接続の一部である場合は、ATM コア ネットワーク内のルーティング接続を削除してから、リモートのフィーダ スイッチにログインし、リモート サービス モジュールのフィーダ接続を削除します。

リモート スイッチのフィーダ接続が CESM または MPSM ユーザ ポートから始まっている場合は、ステップ 2 の説明に従って delcon コマンドを実行してフィーダ セグメント接続を削除します。

リモート フィーダ スイッチのフィーダ接続が、回線エミュレーション サービス モジュール以外のカードのユーザ ポートから始まっている場合は、そのカードのマニュアルで接続の削除方法を確認してください。


 

フィーダ スイッチまたはスタンドアロン スイッチのローカル接続を削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 GROUP1 以上の特権を持つユーザ名を使用して設定セッションを確立します。

ステップ 2 ローカル接続の一端をホストするローカルの CESM または MPSM カードで、 delcon コマンドを次のように入力します。

M8850_R1.1.2.CESM.a > delcon <port_num>
 

port パラメータには削除する接続のポート番号を指定します。PXM1 プラットフォームでは、ポート番号は dspcons コマンド出力の ConnID カラムに Nodename.Slot.Port.0 の形式で示されます。

ローカル接続は、スレーブ エンドポイントとマスター エンドポイントとして追加されるため、 delcon コマンドを実行すると、ローカル接続の一方のエンドポイントだけが削除されます。ローカル接続のもう一方のエンドポイントは、同じサービス モジュールにあるユーザ ポート、または同じスイッチ内の別のサービス モジュールにあるユーザ ポートにあります。

ステップ 3 ローカル接続のもう一方の端が CESM または MPSM ユーザ ポートにある場合は、ステップ 2 の説明に従って delcon コマンドを使用してエンドポイントを削除します。

ローカル接続の一方のエンドポイントが、回線エミュレーション サービス モジュール以外のカードのユーザ ポートから発信している場合は、そのカードのマニュアルで接続の削除方法を確認してください。


 

接続のテスト

以降、CESM および MPSM カードでの回線エミュレーション接続をテストする方法について説明します。

tstcon によるテスト

tstdelay によるテスト

tstcon コマンドおよび tstdelay コマンドを実行すると、スイッチが接続の両端と通信できることを検証する簡単なテストが行われます。

tstcon によるテスト

tstcon コマンドを実行すると、スイッチが接続の両端と通信できるかどうかがチェックされます。CESM または MPSM カードで tstcon コマンドで回線エミュレーション接続をテストするには、次のようにコマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > tstcon <port>
 

port パラメータにはテストする接続のポート番号を指定します。PXM1E および PXM45 プラットフォームでは、ポート番号は、dspcons コマンドおよび dspchans コマンド出力の Port.VPI.VCI カラムに表示されます。PXM1 プラットフォームでは、ポート番号は dspcons コマンドおよび dspchans コマンド出力の ConnID カラムに Nodename.Slot.Port.0 の形式で示されます。

tstcon によるテストの例を次に示します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > tstcon 2
 
TestCon in progress.
 
TestCon Passed.
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

tstcon コマンドは、ローカルエンドからリモートエンドへ一連の監視セルを送信し、合格メッセージまたは失敗メッセージを表示します。接続のセグメントに問題があったり、設定が誤っていたりする場合には、tstcon コマンドは異常終了します。tstcon コマンドは、サービスの品質や Cisco MGX ネットワーク外の接続のテストは行いません。

tstcon コマンドには次のような制限があります。

ローカル接続または Cisco バックボーン ネットワークで構成される階層型ネットワーク内の接続でだけ機能する。

接続を完全に検証するためには接続の両端からコマンドを実行する。

テストの結果が合格であっても、接続のエンドツーエンド パフォーマンスを保証するわけではない。


) tstcon コマンド以外に tstchan コマンドでも CESM および MPSM カードの接続をテストできます。
tstchan コマンドは tstcon コマンドと同じ機能を備えています。


tstdelay によるテスト

tstdelay コマンドを実行すると、スイッチが接続の両端と通信できるかどうかがチェックされ、接続遅延のラウンドトリップ計測値が戻されます。CESM または MPSM カードで tstdelay コマンドで回線エミュレーション接続をテストするには、次のようにコマンドを入力します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > tstdelay <chan_num>
 

chan_num パラメータにはテストする接続のチャネル番号を指定します。PXM1E プラットフォームと PXM45 プラットフォームでは、チャネル番号は、dspcons コマンドおよび dspchans コマンド出力の LCN カラムに表示されます。PXM1 プラットフォームでは、チャネル番号は、dspcons コマンドおよび dspchans コマンド出力の ChNum カラムに表示されます。

tstdelay によるテストの例を次に示します。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > tstdelay 36
 
TestDelay in progress.
 
TestDelay Passed with 2 ms.
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

tstdelay コマンドには、tstcon コマンドと同じ制限が適用されます。

接続統計情報のモニタ

CESM および MPSM の接続統計情報を表示またはクリアするには、表 5-15 に示されているコマンドを使用します。チャネル カウント コマンドを使用すると、接続されているエンド ユーザ機器との間で送受信されるトラフィックをモニタできます。SAR カウンタ コマンドを使用すると、セル バス SAR 統計情報をモニタできます。

 

表 5-15 CESM および MPSM 接続統計情報のコマンド

コマンド
用途

dspchancnt

特定の接続の接続統計情報を表示します。

xdspchancnt

特定の接続の接続統計情報を表示します。

clrchancnt

特定の接続の接続カウンタ値をクリアします。

xclrchancnt

特定の接続の接続カウンタ値をクリアします。

clrchancnts

CESM または MPSM カード上のすべての接続の接続カウンタ値をクリアします。

dspsarcnt

特定の接続の接続 SAR 統計情報を表示します。

dspsarcnts

CESM または MPSM カード上のすべての接続の接続 SAR 統計情報を表示します。

clrsarcnt

特定の接続の SAR カウンタ値をクリアします。

clrsarcnts

CESM または MPSM カード上のすべての接続の接続 SAR カウンタ値をクリアします。

次の例は、CESM カードで dspchancnt コマンドを実行した結果の出力例です。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspchancnt 35
 
ChanNum: 35
Chan State: Okay
Chan RCV ATM State: Normal
Chan XMT ATM State: Normal
Cell Loss Status: No Cell Loss
Reassembled Cells: 3744204536
Generated Cells: 4192713783
Header Errors: 187710088
Seqence Mismatches : 93862536
Lost Cells: 22147575
Channel Uptime (secs.) 4144394
Signalling Status Offhook
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >
 

このコマンドの出力では、送信(Tx)方向は、ATM ネットワークおよびサービス モジュールから CPE への方向です。受信(Rx)方向は、CPE からサービス モジュールおよび ATM ネットワークへの方向です。

次の例は、CESM カードで dspsarcnt コマンドを実行した結果の出力例です。

PXM1E_SJ.1.4.CESM.a > dspsarcnt 35
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 4
SarChanNum: 35
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 72810522 72696866
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 0 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.4.CESM.a >

接続アラームの表示

アラーム状態になっている接続のリストを表示するには、dspcons コマンドを使用します。

M8850_SF.1.26.CESM.a > dspcons
 
LCN Port.VPI.VCI Type M/S Clock PCR CDVT BufSz CLIP Admin Alarm
---- ------------ ---- --- ----- ------ ----- ----- ----- ----- -----
0035 001.26.035 stru S Synch 2048 01000 00192 02500 Up OK
0036 002.26.036 stru M Synch 2048 01000 00192 02500 Down ADMIN-DOWN
0037 003.26.037 stru M Synch 2048 01000 00192 02500 Up OK
0038 004.26.038 stru S Synch 2048 01000 00192 02500 Up CTRLR-ABIT
 
ChanNumNextAvailable: 39
 
M8850_SF.1.26.CESM.a >
 

dspcons コマンドで表示される接続アラームの状態は、次の階層を持ちます。

ADMIN_DOWN、PORT_ALARM、CTRLR-ABIT、E-AIS/RDI、CELL LOSS

接続に存在するアラームのステータスと種類を表示するには、次のように dspcon コマンドを入力します。

M8850_SF.1.26.CESM.a > dspcon 2
 
-------------------------------------------
ChanNum: 36 RowStatus: OOS
AdmnState: Down ChanState: Failed
---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI CELL-LOSS
---------- ---------- ---------- ----------
NO YES NO YES
-------------------------------------------
 
ChanNum: 36
ChanRowStatus: OOS
ConnAdminStatus: Down
ChanLineNum: 1
ChanMapVpi: 26
ChanMapVci: 36
ChanCBRService: struct
ChanClockMode: Synchronous
ChanCAS: Basic
ChanPartialFill: 47
ChanMaxBufSize: 192 bytes
ChanCDVT: 1000 micro seconds
C L I P: 2500 milliseconds
ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
ChanTestType: TestOff
ChanTestState: NotInProgress
ChanRTDresult: 65535 ms
ChanPortNum 2
ChanConnType SPVC
ISDetType DetectionDisabled
CondData 255
CondSignalling 15
ExtISTrig DisableIdleSupression
ISIntgnPeriod 3 seconds
ISSignallingCode 0
OnHookCode 1
ChanLocalVpi: 26
ChanLocalVci: 36
ChanLocalNSAP: 47009181000000000164444b6100000107d30200
ChanRemoteVpi: 4
ChanRemoteVci: 36
ChanRemoteNSAP: 4700918100000000001a53337700000107230200
ChanMastership: Master
ChanVpcFlag: Vcc
ChanConnServiceType: CBR1
ChanRoutingPriority: 8
ChanPreferredRouteId: 0
ChanDirectedRoute: No
ChanMaxCost: 2147483647
ChanRestrictTrunkType: No Restriction
ChanConnPCR: 2048
ChanConnMCR: 2048
ChanConnPercentUtil: 100
Channel Reroute: False
 
ChanNumNextAvailable: 39
 
M8850_SF.1.26.CESM.a >

ループバックの管理

ループバックは、物理回線と論理接続に関する問題を解決するための、トラブルシューティング ツールとして使用されます。ここでは、CESM および MPSM カードでのループバックについて説明します。

CESM カードのループバック

MPSM カードのループバック

CESM カードのループバック

CESM-8T1/B、CESM-8T1、および CESM-8E1 カードは、回線ループバックとチャネル ループバックをサポートします。

回線ループバックを有効にする方法は次のとおりです。

CESM の CLI コマンドを使用して、手動で回線をループバック モードに設定する。

CESM の CLI コマンドを使用して、ループバック コード検出を有効にする。

PXM BERT の CLI コマンドで SRM を使用して、回線をループバック モードに設定する。

チャネル ループバックは、CESM カードで CLI コマンドを使用して有効にします。

図 5-1 に、CESM-8T1/B、CESM-8T1 および CESM-8E1 カードのアーキテクチャ内で各種のループバックが発生する場所を説明します。

図 5-1 CESM-8T1E1 の回線ループバックとチャネル ループバック

 

表 5-16 に、CESM-8T1/B、CESM-8T1、および CESM-8E1 カードでサポートされるループバック コマンドの説明を示します。これらのループバックコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-16 CESM-8T1 および CESM-8E1 でサポートされるループバック コマンド

コマンド
用途

addlnloop

回線をローカル ループバック モードに設定します。回線がローカル ループバック モードになると、すべてのデータがループバックしてネットワークに戻されます。

dellnloop

回線からローカル回線ループバック機能を削除します。

xcnfln

-lpb オプションを使用して、回線のローカル ループバック機能を有効または無効にします。


) このコマンドではリモート ループバックはオプションとして表示さ
れますが、サポートされません。リモート ループバックは SRM を使用して有効にする必要があります。リモート ループバックの状態にある回線は、CPE から送信されてきたデータを CPE にループバックします。


-detect オプションを使用してループバック コードの検出を有効にします。ループバック起動コードを検出すると、回線はリモート ループバック モードになります。

xcnfchan、xcnfcon

-rmtlb オプションを使用してチャネルのローカル リモート ループバック18を有効または無効にします。

18.チャネルのローカル リモート ループバックは、ローカル カードで有効化され、ネットワーク方向で接続のリモート エンドにループバックされるため「ローカル リモート」と呼ばれます。

MPSM カードのループバック

MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードは、回線ループバックとチャネル ループバックをサポートします。

回線ループバックを有効にする方法は次のとおりです。

MPSM の CLI コマンドを使用して、手動で回線をループバック モードに設定する。

MPSM の CLI コマンドを使用して、ループバック コード検出を有効にする。

PXM BERT の CLI コマンドで SRM を使用して、回線をループバック モードに設定する。

チャネル ループバックは、MPSM カードで CLI コマンドを使用して有効にします。

図 5-2 に、MPSM-8T1E1 カードのアーキテクチャ内で各種のループバックが発生する場所を説明します。

図 5-2 CESM-8T1E1 の回線ループバックとチャネル ループバック

 

表 5-17 に、MPSM-8T1-CES カードと MPSM-8E1-CES カードでサポートされるループバック コマンドの説明を示します。このループバックコマンドの使用方法の詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-17 MPSM-8T1-CES カードと MPSM-8E1-CES カードでサポートされるループバック コマンド

コマンド
用途

addlnloop

回線をローカル ループバック モードに設定します。回線がローカル ループバック モードになると、すべてのデータがループバックしてネットワークに戻されます。

dellnloop

回線からローカル回線ループバック機能を削除します。

xcnfln

-lpb オプションを使用して、回線のローカルまたはリモート ループバック機能を有効または無効にします。リモート ループバックの状態にある回線は、CPE から送信されてきたデータを CPE にループバックします。

-detect オプションを使用してループバック コードの検出を有効にします。ループバック起動コードを検出すると、回線はリモート ループバック モードになります。

addchanloop

接続をチャネルのローカル リモート ループバック1 モードに設定します。

delchanloop

接続からチャネルのローカル リモート ループバック1機能を削除します。

xcnfchan、xcnfcon

-rmtlb オプションを使用してチャネルのローカル リモート ループバック19を有効または無効にします。

19.チャネルのローカル リモート ループバックは、ローカル カードで有効化され、ネットワークの方向で接続のリモート エンドにループバックされるため「ローカル リモート」と呼ばれます。

ビット誤り率試験(BERT)の管理

ここでは、CESM および MPSM カードでの Bit Error Rate Testing(BERT; ビット誤り率試験)について説明します。

SRM がサポートする BERT

MPSM-8T1E1 オンボード BERT

Bビット誤り率試験(BERT)は、完全な T1、E1、または DS3 回線の状態を調べるために使用します。また、単一の DS0 または DS0 グループなどの、フラクショナル T1 または E1 回線上でも実行できます。テストは 3 つのカテゴリ、つまり、BERT パターン テスト、ループバック、およびモニタリング機能に分類されます。

BERT では、物理回線で擬似ランダム パターン、反復パターン、またはユーザ指定パターンが送信されます。ローカル エンドで受信されたループバック パターンが、元のテスト パターンと比較されます。物理インターフェイス/回線の品質は、受信パターンで検出されたビット誤り数によって決定されます。ビット誤り率は、ビット誤り率 =(エラーとして受信されたビット)/(送信されたビット)という式で計算されます。

BERT の操作ではデータが破壊され、操作中は、テスト対象の回線/ポートで通常のユーザ トラフィックが流れません。BERT セッションではテスト対象のパスをループバック モードにしておく必要があります。操作の開始時に回線/ポートはアラーム状態になり、操作が終了すると通常の状態に戻されます。

BERT は診断機能なので、性能には影響を与えません。ただし、回線やポートのサービスを中断させるので、破壊的な機能であることには注意します。その結果、テストされている回線/ポートに存在するすべてのチャネルはアラーム状態になります。このため、チャネルのアラームをレポートするトラップ、その他の種類のトラフィック(AISなど)が大量に発生する可能性があります。これにより、その他の機能の性能に影響を与える可能性があります。

BERT を実行するための基本手順は次のとおりです。

1. 接続されているエンド ユーザー機器の遠端のインターフェイスがループバック コードの検出をサポートしない場合は、このインターフェイスをループバック モードに設定します。

2. BERT を設定します。ユーザは、次のパラメータを設定できます。

ループバックのタイプ(設定したループバックは、BERT の起動時に有効化され、BERT の停止時に削除されます)

送信するパターン

エラー挿入レート

3. BERT を開始します。BERT は指定されたインターフェイスで開始されます。テスト パターンを生成して、着信パターンを検出します。2 つのパターンを比較して、カウンタを更新します。

4. BERT 結果を表示します。ビット誤り数とビット誤り率を表示します。

5. BERT を停止します。テスト パターンの生成と BERT を停止します。

SRM がサポートする BERT

ここでは、SRM がサポートするビット誤り率試験(BERT)について説明します。

SRM がサポートする BERT の概要

SRM の BERT 設定パラメータ

SRM がサポートする BERT の概要

SRM-3T3/C、SRME、または SRME/B のサポートにより、Cisco MGX 8230、Cisco MGX 8250、Cisco
MGX 8850(PXM1)、Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)、および Cisco MGX 8830SRM-3T3/C スイッチは、MPSM-8T1-CES、MPSM-8E1-CES、CESM-8T1/B、CESM-8T1、または CESM-8E1 カードのアクティブな T1 回線か E1 回線またはポートでビット誤り率試験(BERT)を実行できます。

Cisco MGX 8850 のシェルフには、2 つの BERT バスがあります。1 つは上部ベイ内にあり、もう 1 つは下部ベイ内にあります。シェルフでは一度に最大 2 つのセッションを実行できます。ただし、Cisco MGX8830 シェルフには 1つの BERT バスしかないので、BERT セッションは一度に 1 セッションしか実行できません。

SRM がサポートする BERT の設定、表示、変更、終了のためのコマンドは、PXM1E、PXM1E および PXM45 プロセッサ カードにあります。

PXM 1、PXM1E、および PXM45 プラットフォームでの SRM がサポートする BERT 設定手順については、『 Cisco MGX 8850 Edge Concentrator Installation and Configuration, Release 1.1.3 』および『 Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5 』を参照してください。

SRM の BERT 設定パラメータ

PXM プロセッサ カードで BERT を設定する場合、パラメータまたはメニュー項目の選択は、最初はテストされるカードの種類に依存し、次にテスト媒体が物理回線か論理ポートのいずれかであるかに依存します。

表 5-18 に、MPSM-8T1-CES、CESM-8T1、および CESM-8T1/B カードで利用可能な、SRM がサポートする BERT 設定オプションの概要を示します。

 

表 5-18 MPSM-8T1-CES、CESM-8T1、および CESM-8T1/B カードの SRM がサポートする BERT 設定オプション

テスト媒体
媒体タイプ
テスト媒体
ループ装置
BERT テスト パターン
ループバック
タイプ

複数のタイムスロットを持つポート(Nx56K、Nx64K)

BERT パターン

ループバック

v5420

1 つの 64K タイムスロットを持つポート

BERT パターン

DDS シーク21

ループバック

ラッチ22

v541

1 つの 56K タイムスロットを持つポート

BERT パターン

DDS シーク2

ラッチなし23

2^9

2^11

ループバック

ラッチ3

v541

すべて

回線

BERT パターン

ループバック

インバンド
/ESF24

メタリック25

すべて

遠端ループバック

リモート ループバック

メタリック ループバック

20.相互送信されるタイムスロットだけをループする多項式ループバック。V54 は選択したチャネルをテストし、T1 上の他のユーザデータに影響を与えたくない場合に使用します。

21.Digital Dataphone Services(DDS; デジタル データフォン サービス)シークは、モニタリング機能のテスト タイプで、単一 DS0 だけを対象として実行できます。このテストは破壊的ではなく、Abnormal Station Condition、Block、Channel Loopback、DSU Loopback、Far End Voice、Idle、Loopback Enable、MTU Alert、Mux Out of Sync、OCU Loopback、Release、Test、Test Alert、Transition in Progress、および Unassigned MUX Channel のようなネットワーク トラブル コードを検出し、表示します。

22.データをラッチする機器はテスト シグナルが終了すると自動的にループバック機能を解除します。

23.データをラッチしない機器は、送信されたテスト パターンを受信すると自動的にループバックが有効になるので、テストを終了させた後、手動でループバック モードを解除する必要があります。

24.遠端インバンド ループバックまたは遠端 ESF ループバックです。

25.サービス モジュール内のローカル ループバックで、外部装置を使用しません。

表 5-19 に、MPSM-8E1-CES カードと CESM-8E1 カードで利用可能な SRM がサポートする BERT 設定オプションの一覧を示します。

 

表 5-19 MPSM-8E1-CES および CESM-8E1 カードの SRM がサポートする BERT 設定オプション

テスト媒体
テスト媒体
ループ装置
BERT テスト
パターン
ループバック タイプ

ポート

BERT パターン

ループバック

すべて

リモート ループバック

回線

BERT パターン

ループバック

メタリック26

すべて

リモート ループバック

メタリック ループバック

26.サービス モジュール内のローカル ループバックで、外部装置を使用しません。

選択可能な SRM がサポートする T1 と E1 の BERT パターンを表 5-20 に示します。

 

表 5-20 SRM がサポートする T1 および E1 の BERT パターン

サポートされる T1 および E1 の BERT パターン

1. すべて 0

2. すべて 1

3. 交互の 0 と 1

4. 交互の 00 と 11

5. 2^15 - 1(ITU非互換)

6. 2^20 - 1

7. 2^20 - 1 QRSS

8. 2^23 - 1(ITU非互換)

9. 1 in 8

10. 3 in 24

11. DDS-1

12. DDS-2

13. DDS-3

14. DDS-4

15. DDS-5

16. 2^9

17. 2^11

ループバック テストでは、データの整合性ではなく、パスの整合性を監視します。ループバックのタイプはテストデータの送信方向を示します。SRM でサポートされるループバック タイプを 表 5-21 に示します。

 

表 5-21 SRM がサポートする BERT ループバック オプション

ループバック タイプ
説明

遠端ループバック

サービス モジュールはデータを CPE に送信し、戻ってくるデータを受信します。遠端ループバックには 3 つのサブタイプ、つまり、インバンド、ESF、および SmartJack インバンド ループ コードがあります(SRME のみ)。

リモート ループバック

サービス モジュールが CPE からデータを受信し、そのデータをループバックして CPE に送信します。リモート ループバックを設定するための別の方法は、サービス モジュールでループバック コード検出を有効にし、CPE からループバック コードを送信することです。

メタリック ループ
バック

サービス モジュールがネットワークからデータを受信し、そのデータをループバックしてネットワークに送信します。メタリック ループバックはローカル ループバックとは異なります。ローカル ループバックではサービス モジュールのフレーマーでデータを戻しますが、メタリック ループバックでは、サービス モジュールのバックカードの物理ポートでネットワークにデータを戻します。

MPSM-8T1E1 オンボード BERT

ここでは、MPSM-8T1E1 オンボード BERT について説明します。

MPSM-8T1E1 オンボード BERT の機能

MPSM-8T1E1 での BERT セッションの管理

MPSM-8T1E1 オンボード BERT の機能

MPSM オンボード BERT には、設定されているインターフェイスやサービス タイプに関係なく、MPSM-8T1E1 カードに共通の次の機能と制限があります。

MPSM オンボード BERT セッションは MPSM カードから開始される。

SRM がサポートする BERT と MPSM オンボード BERT は、同じカードで同時に実行することはできない。

1 回線につき 1 つの BERT セッションだけがサポートされる。

MPSM 上の 8 つの回線はすべて、BERT セッション用に同時に設定できる。

BERT の CLI コマンドはサービスに依存しない。

Cisco BERT MIB がサポートされる。

回線インバンド ループバック コードがサポートされる。

ポート上のリモート ループバックはサポートされない。

ポートでのループバック コードの送信はサポートされない。

56k ポートのポート BERT セッションはサポートされない。

BERT セッションはアクティブな MPSM カードでだけ実行できる。

BERT 発生器/検出器でサポートされるテスト パターンは、CCITT/ITU O.150、O.151、O.152、O.153、および O.161 標準に準拠する。

表 5-22 に、MPSM-8T1-CES カードと MPSM-8E1-CES カードでサポートされるオンボード BERT コマンドの説明を示します。これらのコマンドの詳細については、 第 6 章「CESM および MPSM コマンド リファレンス」 を参照してください。

 

表 5-22 MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードでサポートされるオンボード BERT コマンド

コマンド
用途

cnfbert

回線またはポートに BERT を設定します。

startbert

指定された回線またはポートに設定された BERT を開始します。

dspbert

cnfbert コマンドで設定した BERT パラメータ、および現在の BERT セッションのステータスを表示します。

dspbertstats

指定された回線またはポートに設定された BERT の統計情報を表示します。このコマンドは、BERT の実行中に変更された統計情報を表示したり、テストを停止した後にテスト期間中に累積された統計の合計値を表示したりする場合に使用できます。

clrbertstats

指定された回線またはポートで BERT 実行中に累積されたすべての統計情報をクリアします。このコマンドは BERT の実行中に統計カウンタをリセットする場合や、BERT を停止した後に統計カウンタをリセットする場合に使用できます。

insbiterror

指定された回線またはポートに設定された送信済みの BERT パターンに単一ビット エラーを挿入します。

stopbert

指定された回線またはポートで実行中の BERT を停止します。

delbert

回線またはポートから BERT 設定をクリアします。このコマンドは、実行中の BERT セッションをクリアする場合や、BERT セッションを停止した後に使用できます。

MPSM-8T1E1 での BERT セッションの管理

MPSM-8T1E1 オンボード BERT 機能を使用して BERT を管理するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 接続されているエンド ユーザ機器の遠端インターフェイスがループバック コード検出をサポートしない場合は、接続されているエンドユーザ機器にログインして、テスト中の回線をループバック モードに設定します。

ステップ 2 GROUP1 以上の特権を持つユーザ名を使用して MPSM と設定セッションを確立します。

ステップ 3 cnfbert コマンドを次のように入力して、BERT セッションを設定します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > cnfbert <ifNumber> [-tp <TestPattern>] [-lpbk <loopback>] [-eir <errorInsertRate>]
 

表 5-23 に、MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードの cnfbert コマンドのパラメータとその説明を示します。

 

表 5-23 cnfbert コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

ifNumber

line.port の形式で設定するインターフェイス番号を指定します。

MPSM-8T1-CES、MPSM-8E1-CES の回線番号の範囲: 1~8

MPSM-8T1-CES のポート番号の範囲: 1~192

MPSM-8E1-CES のポート番号の範囲: 1~248


) 回線 BERT セッションを指定する場合は、ポート番号を 0 に設定します。


他のオプションを選択しないでインターフェイス番号だけを指定して cnfbert コマンドを入力すると、BERT はデフォルト(テスト パターン 25、ループバックなし、エラーなし挿入レート)を使用して設定されます。

-tp

テスト パターン。デフォルトのテスト パターンは 25 です。

1 = すべて 0

2 = すべて 1

3 = 1 と 0 が交互に入れ替わるパターン

4 = 11 と 00 が交互に入れ替わるパターン

5 = 1 in 4

6 = 1 in 8

7 = 1 in 16

8 = 3 in 24

9 = インバンド ループバックをアクティブ化

10 = インバンド ループバックを非アクティブ化

11 = Three Bit(2^3-1)

12 = Four Bit(2^4-1)

13 = Five Bit(2^5-1)

14 = Six Bit(2^6-1)

15 = Seven Bit(2^7-1)

16 = Seven Bit(2^7-1)フラクショナル T1 ループ アップ

-lpbk

ループバック コード

回線インバンド = 12

ループバックなし = 15(デフォルト)

-eir

エラー挿入レート。

1 = エラーなし(デフォルト)

2 = 1 in 10

3 = 1 in 100

4 = 1 in 1,000

5 = 1 in 10,000

6 = 1 in 100,000

7 = 1 in 1,000,000

8 = 1 in 10,000,000

次の例では、デフォルトのパラメータを使用して回線 1 の MPSM-8T1-CES カードに BERT を設定しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > cnfbert 1.0
 
Use startbert to start BERT
Use delbert followed by cnfbert to re-configure BERT parameters
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 4 dspbert コマンドを次のように入力し、cnfbert コマンドで設定した BERT パラメータを表示します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspbert <ifNumber>
 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、前のステップで設定した BERT パラメータを示しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspbert 1.0
 
Interface Number : 1.0
Loopback Code : No Loopback
Pattern : TwoE20MinusOneQRSS
ErrorInsertRate : NoError
Start Date/Time : Not Started
Operational Status : Out Of Sync
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 5 startbert コマンドを次のように入力して、BERT を開始します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > startbert <ifNumber>

 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、BERT セッションを開始しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > startbert 1.0
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 6 dspbert コマンドを次のように入力して、BERT の開始を確認します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspbert 1.0
 
Interface Number : 1.0
Loopback Code : No Loopback
Pattern : TwoE20MinusOneQRSS
ErrorInsertRate : NoError
Start Date/Time : 03/17/2004 04:55:52
Operational Status : In Sync
 
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

この例では、Operational Status が In Sync になっているため、テストが正常に開始されています。

ステップ 7 dspbertstats コマンドを次のように入力し、進行中の BERT から統計情報を表示します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspbertstats <ifNumber>
 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、進行中の BERT セッションから統計情報を表示しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > dspbertstats 1.0
 
Interface Number : 1.0
Rx Bit Count : 33793765
Rx Bit Error Count : 83
Sync Loss Transition : 0
Pattern Loss Count (secs) : 0
 
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

dspbertstats コマンドは、テストが停止された後に BERT セッション中に収集された統計の合計値を表示する場合にも使用できます。

BERT セッション中または BERT セッションが停止した後に増分された統計情報をクリアするには、clrbertstats コマンドを使用して、統計カウンタをリセットします。

ステップ 8 insbiterror コマンドを次のように入力して、単一ビット エラーをアクティブな BERT セッションに挿入します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > insbiterror <ifNumber>
 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、進行中の BERT セッションに単一ビット エラーを挿入しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > insbiterror 1.0
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 9 stopbert コマンドを次のように入力して、BERT セッションを停止します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > stopbert <ifNumber>
 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、現在の BERT セッションを停止しています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > stopbert 1.0
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

BERT セッションが停止した後に、startbert コマンドを使用して再開できます。

ステップ 10 delbert コマンドを次のように入力して、BERT 設定をクリアします。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > delbert <ifNumber>
 

ifNumber パラメータには、line.port の形式で BERT セッションに設定された回線番号とポート番号を指定します。回線テストを指定するには、ポート値を 0 として入力します。

次の例では、現在の BERT セッション設定をクリアしています。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a > delbert 1.0
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.CES.a >
 

BERT セッションの設定パラメータを変更するには、最初に現在の BERT 設定を delbert コマンドでクリアしてから、cnfbert コマンドで新しいパラメータを再設定します。


 

MPSM オンライン診断の管理

ここでは、MPSM-8T1E1 オンライン診断について説明します。

MPSM-8T1E1 オンライン診断機能

MPSM-8T1E1 でのオンライン診断の設定

MPSM-8T1E1 オンライン診断機能

MPSM-8T1E1 オンライン診断は、MPSM カードが正常に起動した後に、そのカードのコンポーネントとデータ パスの状態をテストおよびモニタするために使用します。このテストは、ハードウェアの診断のためにだけ使用され、運用エラーの検出には使用されません。

オンライン テストは、カードの運用状態が「アクティブ」または「スタンバイ」であるときにランタイム ファームウェアによって実行される診断です。これらのテストは、テストが破壊的ではなく、ユーザ トラフィックに影響しないという要件があるため、アクティブ カードに限定されます。スタンバイ カードでは、スイッチオーバー タイムに影響しないように、より複雑なテストが実行されます。これらのテストは、CLI コマンドを使用してスタンバイ カードに設定することはできません。スタンバイ モードのカードで実行するには、カードがアクティブ状態のときにテストを事前に設定する必要があります。


) Cisco MGX Releases 5 および 1.3 では、診断テストはアクティブ カードだけでサポートされます。


テストに失敗すると、アラーム、ログ、およびトラップが生成されますが、テスト設定について SNMP のサポートはありません。テスト設定はすべて、MPSM カードで CLI コマンドにより実行します。テストは、オンライン診断テスト スイートで実行するか、または個々に実行するようにスケジュールできます。

テストは、MPSM-8T1E1 カードに設定されているすべてのサービス タイプに共通ですが、NP 使用率テストは、フレーム リレー モードの MPSM カードでサポートされません。

表 5-24 に、MPSM-8T1E1 カードで実行できるオンライン診断テストを示します。

 

表 5-24 MPSM-8T1E1 オンライン診断テスト

テスト ID
テスト名
説明

1

ブート チェックサム

フラッシュ メモリ内のブート コードのチェックサムを検証します。

2

フロント カード NVRAM チェックサム

フロント カード NVRAM チェックサム テストを実行します。

3

CPU パフォーマンス モニタ

アイドル時間に基づいて CPU のパフォーマンスをモニタします。

4

NP パフォーマンス モニタ

アイドル時間に基づいて、ネットワーク プロセッサのパフォーマンスをモニタします(このテストはフレーム リレー モードでサポートされません)。

5

SLFP アクセス

SLFP FPGA 内の診断レジスタにアクセスし、パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

6

MPCTL アクセス

MPCTL FPGA 内の診断レジスタにアクセスし、パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

7

FRAMER アクセス

FRAMER 内の診断レジスタにアクセスし、パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

8

LDRAM メモリ アベイラビリティ

使用可能な DRAM メモリをモニタします。

9

ホスト メモリ アベイラビリティ

使用可能なホスト メモリをモニタします。

10

パケット メモリ アベイラビリティ

使用可能なパケット メモリをモニタします。

11

内部メモリ アベイラビリティ

使用可能な内部メモリをモニタします。

12

パラメータ メモリ アベイラビリティ

使用可能なパラメータ メモリをモニタします。

13

ホスト メモリ アクセス

ホスト メモリにアクセスし、診断パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

14

パケット メモリ アクセス

パケット メモリにアクセスし、診断パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

15

パラメータ メモリ アクセス

パラメータ メモリにアクセスし、診断パターン テストを実行してデータ バスの整合性を検証します。

16

MPCTL エラー モニタ

MPCTL FPGA のエラー カウンタをモニタします。

17

NP エラー モニタ

ネットワーク プロセッサ入力パラメータのエラー カウンタをモニタします。

18

NP 状態チェック

ネットワーク プロセッサの状態をモニタします。

19

MPCTL ループバック

MPCTL がループバックする診断 LCN にセルを挿入することで、CPU と MPCTL 間のデータ パスを検証します。

20

PXM データ パス ループバック テスト

PXM がループバックする診断 LCN にセルを挿入することで、MPSM と PXM 間のデータ パスを検証します。

21

NP TDM ループバック テスト

NP がループバックする診断 LCN にセルを挿入することで、CPU と NP TDM 間のデータ パスを検証します(このテストはアクティブ モードの MPSM カードではサポートされません)。

22

SLFP TDM ループバック テスト

SLFP がループバックする診断 LCN にセルを挿入することで、CPU と SLFP 間のデータ パスを検証します。(このテストはアクティブ モードの MPSM カードではサポートされません)。

23

フレーマー ループバック テスト

フレーマーがループバックする診断 LCN にセルを挿入することで、CPU とフレーマー間のデータ パスを検証します。(このテストはアクティブ モードの MPSM カードではサポートされません)。

表 5-25 に、MPSM-8T1E1 カードでのオンライン診断の設定と管理に使用する CLI コマンドを示します。このコマンドの使用方法の詳細については、 第 6 章『FRSM および MPSM コマンド リファレンス』を参照してください。

 

表 5-25 MPSM-8T1E1 オンライン診断のコマンド

コマンド
用途

dspdiagtests

現在の MPSM カードに設定されている使用可能なオンライン診断テストの完全なリストを表示します。このコマンドでテスト ID 番号オプションを使用すると、特定のオンライン診断テストに関する詳細情報が表示されます。

cnfdiagtest

オンライン診断テスト スイートの構成要素である単一の診断テストのパラメータを変更します。また、すべてのオンライン診断テストを同時に変更することもできます。

rundiagtest

個々のオンライン診断テストを実行します。

dspdiagresults

設定されている診断テストの結果を表示します。

clrdiagresults

設定されているすべてのオンライン診断テストの結果をクリアします。

pausediag

スケジュールされたオンライン診断テストを一時的に停止します。

resumediag

前に停止した診断テストを再開します。

MPSM-8T1E1 でのオンライン診断の設定

MPSM-8T1E1 にオンライン診断を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 GROUP1 以上の特権を持つユーザ名を使用して MPSM と設定セッションを確立します。

ステップ 2 dspdiagtests コマンドを次のように入力して、MPSM-8T1E1 カードで実行可能なオンライン診断テストを表示します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspdiagtests
 
ID Name Enable Role StartTOD Period Iteratns
-- ---------------------------- ------- ------ -------- ------ --------
1 Boot Checksum No Active NOW 1440 FOREVER
2 Front card NVRAM Checksum No Active NOW 1440 FOREVER
3 CPU Performance Monitor No Active NOW 5 FOREVER
4 NP Performance Monitor No Active NOW 5 FOREVER
5 SLFP Access No Active NOW 5 FOREVER
6 MPCTL Access No Active NOW 5 FOREVER
7 FRAMER Access No Active NOW 5 FOREVER
8 LDRAM Memory Availability No Active NOW 5 FOREVER
9 Host Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
10 Packet Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
11 Internal Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
12 Parameter Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
13 Host Memory Access No Active NOW 1 FOREVER
14 Packet Memory Access No Active NOW 5 FOREVER
15 Parameter Memory Access No Active NOW 5 FOREVER
16 MPCTL Error Monitor No Active NOW 5 FOREVER
17 NP Error Monitor No Active NOW 5 FOREVER
18 NP Health Check No Active NOW 5 FOREVER
19 MPCTL Loopback No Active NOW 1 FOREVER
20 PXM Data Path Loopback Test No Active NOW 1 FOREVER
21 NP TDM Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
22 SLFP TDM Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
23 Framer Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
 
Online Diagnostic tests RUNNING.
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

dspdiagtests コマンドの出力には、利用可能なすべてのテストの現在の設定とステータスが表示されます。

ステップ 3 dspdiagtests コマンドを次のように入力して、特定のオンライン診断テストに関する詳細情報を表示します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspdiagtests <TestId>
 

dspdiagtests コマンドの出力に表示される TestId パラメータにテストの ID 番号が示されます。

次の例では、テスト番号 10 のステータスと設定が表示されています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspdiagtests 10
 
Test Name: Packet Memory Availability
Function: Monitors the available Packet memory.
Input Parameters:
Threshold for available memory: 0 - 100%
NP ID: 0 for MPSM-8T1E1, 0/1/2(Both NP) for MPSM-16T1E1
Alarm Raised on Failure: Major
Recovery Action: N.A
Role: Active
Enable: No
StartTOD: NOW
Period: 30
Iterations: FOREVER
Configured Parameters: 2, 0
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 4 cnfdiagtest コマンドを次のように入力して、特定のテストまたはすべてのオンライン診断テストのデフォルト設定を変更します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfdiagtest <TestId> [<enable|disable>] [-role <role>] [-startTOD <time>] [-period <period>] [-iterns <iterns>] [-param1 <param>] [-param2 <param>]
 

表 5-26 に、MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードの cnfdiagtest コマンドのパラメータとその説明を示します。

 

表 5-26 cnfdiagtest コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

TestId

enable | disable

現在のカードで診断テストを有効または無効にします。

-role

-startTOD

24 時間形式(HH:MM)で表される、スケジュールされた診断テストの開始時間。テストをすぐに実行する場合は、 Now を入力します。

-period

診断テストを繰り返す場合の間隔を分単位で指定します。

-iterns

診断テストを繰り返す回数。-1 の値を指定すると、テストは継続的に実行されます。

-param1

テスト対象を表すパラメータ 1。各オンライン診断テストの設定可能なパラメータを表示する場合は、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

-param2

テスト対象を表すパラメータ 2。各オンライン診断テストの設定可能なパラメータを表示する場合は、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

次の例では、診断テスト番号 9 の設定を、アクティブ状態で有効化、テストをすぐに開始、テスト間隔 1 分、テストの実行回数 2 回となるように変更しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfdiagtest 9 enable -role 1 -startTOD now -period 1 -iterns 2
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

ステップ 5 rundiagtest コマンドを次のように入力して、MPSM-8T1E1 カードでオンライン診断テストを実行します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > rundiagtest <TestId> [param1] [param2]
 

表 5-27 に、MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードの rundiagtest コマンドのパラメータとその説明を示します。

 

表 5-27 rundiagtest コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

TestId

実行する診断テストの ID 番号(1~23)。使用可能な診断テストと関連のテスト ID 番号を表示するには、 dspdiagtests コマンドを入力します。

param1

テスト対象を表すパラメータ 1。各オンライン診断テストの設定可能なパラメータを表示する場合は、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

param2

テスト対象を表すパラメータ 2。各オンライン診断テストの設定可能なパラメータを表示する場合は、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

次の例では、現在の MPSM-8T1-CES カードでオンライン診断テスト番号 9 を実行しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > rundiagtest 9 15
 
Host Memory Availability PASSED
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

現在実行中のオンライン診断を停止する場合は、pausediag コマンドを入力します。停止したオンライン診断テストを再開するには、resumediag コマンドを入力します。

ステップ 6 dspdiagresults コマンドを次のように入力して、オンライン診断テストの結果を表示します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > dspdiagresults
 
Online Diagnostic tests RUNNING.
 
ID Name Enable Attempts FailCnt Result
-- ------------------------------ ------- -------- ------- -------
1 Boot Checksum No 1 0 Pass
2 Front card NVRAM Checksum No 0 0 N/A
3 CPU Performance Monitor No 0 0 N/A
4 NP Performance Monitor No 0 0 N/A
5 SLFP Access No 0 0 N/A
6 MPCTL Access No 0 0 N/A
7 FRAMER Access No 0 0 N/A
8 LDRAM Memory Availability No 0 0 N/A
9 Host Memory Availability Yes 16 0 Pass
10 Packet Memory Availability No 0 0 N/A
11 Internal Memory Availability No 0 0 N/A
12 Parameter Memory Availability No 0 0 N/A
13 Host Memory Access No 0 0 N/A
14 Packet Memory Access No 0 0 N/A
15 Parameter Memory Access No 0 0 N/A
16 MPCTL Error Monitor No 0 0 N/A
17 NP Error Monitor No 0 0 N/A
18 NP Health Check No 0 0 N/A
19 MPCTL Loopback No 0 0 N/A
20 PXM Data Path Loopback Test No 0 0 N/A
21 NP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
22 SLFP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
23 Framer Loopback Test No 0 0 N/A
 
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >
 

オンライン診断テストから結果をクリアするには、clrdiagresults コマンドを入力します。

ステップ 7 cnfdiagtests を入力して継続して実行されているテストを停止します。

表 5-26 に、MPSM-8T1-CES および MPSM-8E1-CES カードの cnfdiagtest コマンドのパラメータとその説明が示されています。

次の例では、オンライン診断テスト番号 9 を停止しています。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a > cnfdiagtest 9 disable
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.CES.a >