Cisco MGX スイッチ Cisco ATM サービス (AUSM/MPSM) コンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンス
AUSM/MPSM コマンド リファレンス
AUSM/MPSM コマンド リファレンス
発行日;2012/01/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

AUSM/MPSM コマンド リファレンス

?

addaimgrp

addchan

addchanloop

addcon

addimagrp

addln

addlnloop

addlns2aimgrp

addlns2imagrp

addport

addrscprtn

addspvc

aimhelp

chkflash

clear

clraimgrpcnt

clraimlncnt

clralm

clralmcnt

clralmcnts

clralms

clrbertstats

clrcderrs

clrchancnt

clrchancnts

clrdiagresults

clrimagrpcnt

clrimalncnt

clrimatst

clrmsgcnt

clrportcnt

clrportcnts

clrsarcnt

clrsarcnts

clrscrn

clrslftst

clrtaskinfo

cls

cnfaimgrp

cnfautorestart

cnfbert

cnfcacparm

cnfcdparms

cnfcdprtntype

cnfcdrscprtn

cnfchan

cnfchanfst

cnfchanq

cnfchantrapenbl

cnfcon

cnfconabrparams

cnfconabrrates

cnfconstdabr

cnfdiagtest

cnffst

cnfilmi

cnfimaalmparm

cnfimagrp

cnfimaparms

cnfimatst

cnfln

cnflnloop

cnfplpp

cnfportq

cnfportrscprtn

cnfprfparam

cnfrscprtn

cnfslftst

cnfupcabr

cnfupccbr

cnfupcrtvbr

cnfupcubr

cnfupcvbr

copychans

delaimgrp

delcdrscprtn

delchan

delchanloop

delchans

delcon

delbert

delimagrp

delln

dellnloop

dellnsfmaimgrp

dellnsfmimagrp

delport

delrscprtn

dncon

dnport

dspaimgrp

dspaimgrpcnt

dspaimgrps

dspaimlncnt

dspalm

dspalmcnf

dspalmcnt

dspalms

dspautorestart

dspbert

dspbertstats

dspcacparm

dspcd

dspcderrs

dspcdparms

dspcdprtntype

dspcdrscprtn

dspchan

dspchancnt

dspchans

dspchantrapenbl

dspcon

dspcons

dspconstdabr

dspdiagresults

dspdiagtests

dspfeature

dspfst

dspilmi

dspilmicnt

dspimaalmparm

dspimagrp

dspimagrpcnt

dspimagrps

dspimainfo

dspimaln

dspimalncnt

dspimaparms

dspimatst

dsplcn

dspliccd

dspln

dsplns

dsploads

dspmaptbl

dspmsgcnt

dspplpp

dspport

dspportcnt

dspportq

dspportqs

dspportrscprtn

dspports

dspprfhist

dsprscprtn

dspsarcnt

dspsarcnts

dspslftst

dspslftsttbl

dspstatparms

dsptaskinfo

dsptotals

Help

i

insbiterror

memShow

movelic

myid

oldcnfcdrscprtn

pausediag

restartimagrp

resumediag

rrtcon

rundiagtest

runslftstno

setcmdc

setpagemode

startbert

stopbert

tstcon

tstconseg

tstdelay

upcon

upport

version

xclrchancnt

xclrportcnt

xcnfalm

xcnfrscprtn

AUSM/MPSM コマンド リファレンス

MGX 8830 または MGX 8850 スイッチの設定、監視、制御のために最適なツールは、CiscoView および Cisco WAN Manager アプリケーションです。commad-line interface(CLI; コマンド行インターフェイス)からも MGX 8830 または MGX 8850 にアクセスできます。これは、初期インストール、トラブルシューティング、および低レベルの制御が有効な状況で役に立ちます。

以降の表( 表 6-1 表 6-7 )では、主要な機能グループごとにコマンドを記載しています。各表にはコマンドの完全な名前とコマンドが有効なカードを示します。一般的なコマンドの使用例は、このマニュアルの設定に関する章で説明しています。

コマンド行インターフェイスの使用方法の詳細については、『Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5』を参照してください。


ヒント 現在、マニュアルまたはこの章を PDF ファイルで参照している場合は、以降の表のコマンドをクリックして、そのコマンドの説明に移動することができます。また、「関連コマンド」に示されているコマンドをクリックして、そのコマンドの説明に移動することもできます。


 

表 6-1 AUSM/MPSM のセッション管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

?

aimhelp

clear

clrscrn

cls

Help

myid

setcmdc

setpagemode

 

表 6-2 AUSM のカード管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

chkflash

clrcderrs

clrdiagresults

--

--

clrmsgcnt

clrslftst

clrtaskinfo

cnfdiagtest

--

--

cnffst

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

cnflic

--

--

cnfprfparam

--

--

cnfslftst

core

--

--

dspcd

dspcderrs

dspdiagresults

--

--

dspdiagtests

--

--

dspfeature

dspfst

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

dspmsgcnt

dspprfhist

--

--

dspslftst

dspslftsttbl

dspstatparms

dsptaskinfo

dsptotals

I

memShow

movelic

--

--

pausediag

--

--

resumediag

--

--

rundiagtest

--

--

runslftstno

--

--

version

 

表 6-3 AUSM の回線管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

addln

addlnloop

clralm

clralmcnt

clralmcnts

clralms

cnbert

--

--

cnfln

cnflnloop

cnfplpp

delbert

--

--

delln

dellnloop

dspalm

dspalmcnf

dspalmcnt

dspalms

dspbert

--

--

dspbertstats

--

--

dspln

dsplns

dspplpp

dsptotals

insbiterror

--

--

startbert

--

--

stopbert

--

--

 

表 6-4 AUSM のポート管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

addport

clrportcnt

clrportcnts

cnfilmi

cnfportq

delport

dnport

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

dspilmi

dspilmicnt

dsploads

dspport

dspportcnt

dspportq

dspportqs

dspports

dsptotals

upport

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

 

表 6-5 AUSM の IMA および AIM グループ管理コマンド

IMA コマンド
AIM コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

addimagrp

addaimgrp

addlns2imagrp

addlns2aimgrp

clrimagrpcnt

clraimgrpcnt

clrimalncnt

clraimlncnt

clrimatst

cnfautorestart

cnfimagrp

cnfaimgrp

cnfimaalmparm

cnfimaparms

--

--

cnfimatst

delimagrp

delaimgrp

dellnsfmimagrp

dellnsfmaimgrp

dspautorestart

dspimaalmparm

dspimagrp

dspaimgrp

dspimagrpcnt

dspaimgrpcnt

dspimagrps

dspaimgrps

dspimainfo

dspimaln

dspimalncnt

dspaimlncnt

dspimatst

restartimagrp


ヒント IMA グループの管理に使用するコマンドの多くには、2 つの形式があります。たとえば、addimagrp コマンドは、addaimgrp コマンドと同じパラメータを持ち、同じ機能を果たします。ATM Inverse Multiplexing(AIM; ATM 逆多重化)は、古い用語であり、Inverse Multiplexing for ATM(IMA; ATM の逆多重化)でサポートされる機能と同じ機能を意味します。この機能を初めて利用する場合は、コマンド名に ima が入っているコマンドを使用してください。コマンド名に aim が入っているコマンドの使用に慣れている場合は、続けてそれらのコマンドを使用することができます。


 

表 6-6 AUSM のリソース パーティション管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

addrscprtn

cnfcdrscprtn

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

cnfcdprtntype

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

cnfportrscprtn

cnfrscprtn

delcdrscprtn

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

delrscprtn

dspcdprtntype

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

dspcdrscprtn

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

dspportrscprtn

dsprscprtn

oldcnfcdrscprtn

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

 

表 6-7 AUSM の接続管理コマンド

コマンド
AUSM-8T1/B
AUSM-8E1/B
MPSM-8-T1-ATM
MPSM-8-E1-ATM

addchan

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

addchanloop

addcon

addspvc

○(PXM1E のみ)

○(PXM1E のみ)

clrchancnt

clrchancnts

clrsarcnt

clrsarcnts

cnfchan

cnfchanfst

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

cnfchanq

cnfchantrapenbl

○(PXM1 のみ)

○(PXM1 のみ)

--

--

cnfcon

cnfconabrparams

cnfconabrrates

cnfconstdabr

cnfupcabr

cnfupccbr

cnfupcrtvbr

cnfupcubr

cnfupcvbr

copychans

delchan

delchanloop

delchans

delcon

dncon

○(PXM1E のみ)

○(PXM1E のみ)

dspchan

dspcacparm

dspchancnt

dspchans

dspcon

dspcons

dspconstdabr

dsplcn

dspmaptbl

dspsarcnt

dspsarcnts

dsptotals

rrtcon

○(PXM1E のみ)

○(PXM1E のみ)

tstcon

tstconseg

tstdelay

upcon

○(PXM1E のみ)

○(PXM1E のみ)

?

Help(ヘルプ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

? コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードがサポートするコマンドのリストを表示します。

シンタックス

?

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

Help

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードのコマンド リストを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > ?
 
? No Any Any User
Help No Any Any User
addaimgrp Yes Active Group 1
addchanloop No Active Group 4
addcon Yes Active Group 2
addimagrp Yes Active Group 1
addln Yes Active Group 1
addlnloop Yes Active Service Group (-1)
addlns2aimgrp Yes Active Group 1
addlns2imagrp Yes Active Group 1
addport Yes Active Group 1
addrscprtn Yes Active Group 1
addspvc Yes Active Group 2
aimhelp No Any Any User
chkflash No Any Strata Group (-2)
clear No Any Any User
clraimgrpcnt No Active Group 1
clraimlncnt No Active Group 1
clralm No Any Group 5
clralmcnt No Any Group 5
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

addaimgrp

Add AIM Group(AIM グループの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATMMPSM-8E1-ATM

addaimgrp コマンドを使用して、最大 8 回線をグループ化し、スループットが高い単一の論理 ATM パスとして運用します。

シンタックス

addaimgrp < group_num > < port_type > < list_of_links > <minNumLink>

シンタックスの説明

 

group_num

IMA グループに使用する番号を入力します。

範囲:1~8


) AUSM または MPSM カードでは、IMA グループ番号を使用して、グループ接続の近端と遠端を識別します。IMA 接続の両端では、スイッチがループバック回線(近端の IMA グループ ID)と、リモート スイッチ接続を区別できるように、異なる IMA グループ ID を使用してください。


port_type

ポートのタイプを指定します。1 = UNI、2 = NNI

list_of_links

グループに含めるリンクを指定します。各リンク番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、リンク 1~4 が IMA グループに追加されます。

minNumLink

グループの動作に必要な最小リンク数を入力します。たとえば、4 回線の IMA グループを作成して、最小数に 3 回線を指定すると、指定した 4 回線のうち 3 回線が動作していないとその IMA グループを使用できません。この値の範囲は 1~n です。n は、グループに割り当てた回線の数です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では、回線 1、2、3、および 4 を使用して NNI の IMA グループを作成します。最小回線数は 3 です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addaimgrp 1 2 1.2.3.4 3
 

addchan

Add a Channel (チャネルの追加)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

addchan コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのチャネルを設定します。


addchan コマンドは、PXM1 コントローラを持つスイッチに取り付けられた AUSM または MPSM カードでだけ使用できます。


シンタックス

addchan < channel number > < connection type > < port number > < vpi > < vci > < service type > < mastership > < locnsap > < rmtvpi > < rmtvci > < rmtnsap >

シンタックスの説明

 

channel number

チャネル番号。範囲は 16~1015 です。

connection type

接続の種類を、Virtual Path Connection(VPC; 仮想パス接続)または Virtual Channel Connection(VCC 仮想チャネル接続)のどちらかに設定する値。

1 = VPC

2 = VCC

port number

ポート番号。範囲は 1~8 です。

vpi

Virtual path identifier(VPI; 仮想パス識別子)。範囲は 0~255 です。

vci

Virtual channel identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)。範囲は 0~65535 です。

service type

サービスの種類として設定する値。

1 = Constant Bit Rate(CBR; 固定ビット レート)

2 = Variable Bit Rate(VBR; 可変ビット レート)

3 = Available Bit Rate(ABR; 使用可能ビット レート)

4 = Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)

mastership

現在のエンドポイントのステータスを、マスターまたはスレーブとして設定する値。

1 = マスター

2 = スレーブ

locnsap

20 バイトの文字列。NSAP フォーマットでローカルノード名、スロット、ポートを識別する 16 進数 の ASCII 文字列です。

rmtvpi

リモート VPI の値。範囲は 1~65535 です。

rmtvci

リモート VCI の値。範囲は 1~65535 です。この設定はリモート エンドポイントの論理ポート番号の設定と同一にしてください。

rmtnsap

20 バイトの文字列。NSAP フォーマットでリモート ノード名、スロット、ポートを識別する 16 進数の ASCII 文字列です。

関連コマンド

cnfchan、dspchan、dspchans、 delchan、delchans

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

次の例では、vpi を 1、vci を 1、サービスの種類を ABR、出力キュー番号を 1 として指定し、VCC 接続をポート 1 のチャネル 16 に追加します。

spirit4.1.18.AUSM.a > addchan 16 2 1 1 1 3 1
 
spirit4.1.18.AUSM.a >

addchanloop

Add a Channel Loopback(チャネル ループバックの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addchanloop コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードにチャネル ループバックを設定します。このコマンドを実行すると、チャネルは Segmentation And Reassembly(SAR)段階でループします。

シンタックス

addchanloop <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

ループバックを設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

ループバックを設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

ループバックを設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

ループバックを設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

関連コマンド

delchanloop tstcon tstdelay

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 4

次の例では、チャネル番号を指定してチャネル ループを追加します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > addchanloop 17
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
 

次の例では、ポート、VPI、および VCI 番号を指定してチャネル ループを追加します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > addchanloop 1.100.100
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

addcon

Add Connection(接続の追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addcon コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのポートに SPVC 接続の片端を設定します。

このソフトウェア リリースでは、両終端および片終端のプロビジョニングをサポートします。両終端のプロビジョニングでは、最初に SPVC のスレーブ側を設定して、次に SPVC のマスター側を設定する必要があります。両終端としてプロビジョニングする接続のスレーブ エンドポイントもマスター エンドポイントも、addcon コマンドで設定することができます。

片終端プロビジョニングでは、接続のマスター側だけを設定します。マスター側を設定すると、自動的にスレーブ側が設定されます。このソフトウェア リリースでは、別の装置にマスター エンドポイントが定義されていて、AUSM または MPSM カードがスレーブ接続をホストする場合に、片終端のプロビジョニングを行えます。このソフトウェア リリースでは、ローカルの AUSM または MPSM カードをマスターとする片終端プロビジョニングをサポートしていません。

接続を追加すると、ソフトウェアにより、リモート エンドの設定が検証され、リモート接続の設定が適合していることが確認されます。ローカルとリモートの接続パラメータが適合しないと、接続は追加されません。

シンタックス

addcon <port_number> <vpi> <vci> [-ct <ConnectionType>] [-contp <ControllerType>] [-st <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-abrtype <ABRType>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-osub <OvrSubFlag>] [-ipcu <IngrPercentUtil>] [-epcu <EgrPercentUtil>] [-upce <UpcEnable>] [-scrp <SCRPolicing>] [-ccdv <CDVT[0+1]>] [-cte <CLPTagEnable>] [-dis <DiscardOption>] [-pcr01 <IngrUpcPCR[0+1]>] [-scr <IngrUpcSCR>] [-cbs <MaxBurstSize>] [-maxcost <MaxCost>] [-rtngpri <RoutingPriority>] [-type <restrictedType>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>] [-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>]


) addcon コマンドが失敗して、「Failed to update disk」というメッセージが表示された場合は、PNNI コントローラが PXM1E カードに追加されていない可能性があります。PNNI コントローラの追加方法については、『Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Configuration Guide, Release 5』を参照してください。


シンタックスの説明

 

port_num

接続を追加する ATM ポートまたは IMA グループの番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

vpi

0~255 の範囲で VPI 番号を入力します。

vci

35~65535 の範囲で VCI 番号を入力します。仮想パス接続(VPC)の場合は、* を入力します。

-ct

接続の種類を入力します。

VCC = 0

VPC 範囲 = 1~1000

-contp

コントローラの種類。次のいずれかの種類を入力します。

1 = PAR

2 = PNNI(デフォルト)

3 = MPLS

-st

サービス クラスの種類。次に示すサービスの種類から 1 つを指定します。

CBR = 1(デフォルト)

CBR1 = 21

CBR2 = 31

CBR3 = 32

rtVBR = 5

rtVBR1 = 22

rtVBR2 = 23

rtVBR3 = 24

nrtVBR = 2

nrtVBR1 = 25

nrtVBR2 = 26

nrtVBR3 = 27

ABR = 3

UBR = 4

UBR1 = 28

UBR2 = 29

-master

接続の役割。次のいずれかのオプションを指定します。

1 = マスター

2 = スレーブ(デフォルト)

-rmc

リモート接続 ID。このオプションは、接続のマスター側を定義するときに使用します。addcon コマンドの実行後に表示されるとおりに、スレーブ接続 ID を入力します。形式は、RemoteNsapAddress.VPI.VCI です。

-abrtype

ABR 接続の動作の種類

スイッチ動作 = 1

送信元/送信先動作 = 2

-abrpcr

ABR 接続のピーク セルレート。範囲は、10~38328 cps です。

-abrmcr

ABR 接続の最小セルレート。範囲は、10~38328 cps です。

-osub

登録の変更。CAC を適用するには、-osub 1 を入力します。CAC を無視するには、-osub 2 を入力します。デフォルト設定では、CAC を適用しません。

-ipcu

入側回線利用率。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100% です。

-epcu

出側回線利用率。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100% です。

-upce

usage parameter control(UPC; 使用パラメータ管理)機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-scrp

次の Sustainable Cell Rate(SCR; 平均セルレート)ポリシング方式

CLP[0] = 1

CLP[0+1] = 2

SCR ポリシングなし = 3


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-ccdv

Cell Delay Variation Tolerance(CDVT; セル遅延変動許容値)を入力します(CDVT[0+1])。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

-cte

Cell Loss Priority(CLP; セル廃棄優先度)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-dis

セル廃棄方式を入力します。

CLP ヒステリシス = 1

フレーム ベース = 2

-pcr01

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


-scr

入力 UPC Committed Information Rate(CIR; 認定情報レート)を選択します。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


-cbs

最大バースト サイズを入力します。範囲は、1~5000 セルです。

-maxcost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は、1~2,147,483,647 です。デフォルト設定は 2147483647 です。

-rtngpri

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 です。デフォルト設定は 8 です。

-type

トランク制限オプション。接続のルーティングを地上トランクに制限するには、-type 2 を入力します。接続のルーティングを衛星トランクに制限するには、-type 3 を入力します。トランク制限を行わないで接続のルーティングを可能にするには、-type 1 を入力します。デフォルトの設定では、制限なしで接続をルーティングします。

-rpcr

リモート ピーク セルレート(単位 cps(セル/秒))。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


-rscr

リモートの平均セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


-rmcr

リモートの最小セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


-rcbs

リモートの最大バースト サイズ。範囲は 1~5,000,000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

次の addcon コマンドでは、ポートを SPVC 接続のスレーブ側として定義しています。スレーブ側のローカル接続 ID が出力結果の最後に表示されています。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > addcon 1 100 100
 
Local Connection Id is : 4700918100000000016444445c00000101230100.100.100
 
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
 

addimagrp

Add IMA Group(IMA グループの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addimagrp コマンドを使用して、最大 8 回線をグループ化し、高いスループットの単一の論理 ATM パスとして運用します。

シンタックス

addimagrp < group_num > < port_type > < list_of_links > <minNumLink>

シンタックスの説明

 

group_num

IMA グループに使用する番号を入力します。

範囲:1~8


) AUSM または MPSM カードでは、IMA グループ番号を使用して、グループ接続の近端と遠端を識別します。IMA 接続の両端では、スイッチがループバック回線(近端の IMA グループ ID)と、リモート スイッチ接続を区別できるように、異なる IMA グループ ID を使用してください。


port_type

ポートのタイプを指定します。1 = UNI、2 = NNI

list_of_links

グループに含めるリンクを指定します。各リンク番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、リンク 1~4 が IMA グループに追加されます。

minNumLink

グループの動作に必要な最小リンク数を入力します。たとえば、4 回線の IMA グループを作成して、最小数に 3 回線を指定すると、指定した 4 回線のうち 3 回線が動作していないとその IMA グループを使用できません。この値の範囲は 1~n です。n は、グループに割り当てた回線の数です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では、回線 1、2、3、および 4 を使用して NNI の IMA グループを作成します。最小回線数は 3 です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addimagrp 1 2 1.2.3.4 3
 

addln

Add Line(回線の追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addln コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードの回線をアクティブにします。

シンタックス

addln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

アクティブにする回線番号を入力します。現在のカードで使用可能な回線のリストを表示するには、dsplns コマンドを入力します。

関連コマンド

cnfln、delln dspln、dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

AUSM-8T1/B カードで回線 8 を始動します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > addln 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

addlnloop

Add Line(回線の追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addlnloop コマンドを使用して、テストのために回線の送受信パスをループさせます。

シンタックス

addlnloop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

dellnloop、dspln


ヒント 回線のループバックの状態を表示するには、dspln コマンドを使用します。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Service Group

AUSM カードの回線 8 をループバック モードにします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > addlnloop 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

addlns2aimgrp

Add Lines to AIM Group(AIM グループへの回線の追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addlns2aimgrp コマンドを使用して、既存の IMA グループに回線を追加します。

シンタックス

addlns2aimgrp < group_num > < list_of_lines >

シンタックスの説明

 

group_num

回線を追加する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

list_of_lines

グループに含める回線を指定します。各回線番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、回線 1~4 が IMA グループに追加されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次は、IMA グループに 1 本の回線を追加する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addlns2aimgrp 1 8
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

次は、IMA グループに複数の回線を追加する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addlns2aimgrp 1 7.8
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

addlns2imagrp

Add Lines to IMA Group(IMA グループへの回線の追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addlns2imagrp コマンドを使用して、既存の IMAグループに回線を追加します。

シンタックス

addlns2imagrp < group_num > < list_of_lines >

シンタックスの説明

 

group_num

回線を追加する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

list_of_lines

グループに含める回線を指定します。各回線番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、回線 1~4 が IMA グループに追加されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次は、IMA グループに 1 本の回線を追加する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addlns2imagrp 1 8
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

次は、IMA グループに複数の回線を追加する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addlns2imagrp 1 7.8
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

addport

Add Port(ポートの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addport コマンドを使用して、回線に ATM 層のサービスを追加します。

シンタックス

addport < port_num > < port_type > < line_num >

シンタックスの説明

 

port_num

ATM サービスを行うポート番号。ポート番号の範囲は 1~8 です。


) 使用可能なポート番号は ATM ポートと IMA グループで共通です。ポート番号が ATM ポート番号、または IMAグループ番号のいずれかとして使用されていると、そのポート番号はその他の ATM ポートまたは IMA グループに使用できません。


port_type

ATM サービスの種類

UNI = 1

NNI = 2

line_num

ポート定義を適用させる回線番号。回線番号の範囲は、1~8 です。


) 回線が IMA グループに割り当てられている場合は、IMA グループからその回線を削除しないと、ATM ポートにその回線を使用できません。


関連コマンド

delport dspport dspports

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

回線 8 にポート 8 を追加して、このポート を UNI ポートとして定義します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > addport 8 1 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

addrscprtn

Add Resource Partition(リソース パーティションの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

リソース パーティションでは、帯域幅などのポート リソース、および VPI と VCI の範囲を PNNI などの特定のコントローラに割り当てます。このリリースでは、ポートを作成すると自動的に PNNI リソース パーティションが作成され、すべてのリソースが PNNI コントローラに割り当てられます。ポートのリソース パーティションを削除した場合は、addrscprtn コマンドを使用してリソース パーティションを追加します。

シンタックス

addrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <low_vpi> <high_vpi> < low _ vci > < high _ vci > < low_vpid > < high_vpid > <max_lcn> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

配分するポート番号。ポートにパーティションを定義するには、まず回線にポートを追加する必要があります。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ。このリリースでサポートされているコントローラの種類は、PNNI コントローラだけなので 2 を入力します。

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラが出力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

low_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

high_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

low _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

high _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

low_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

high_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

max_lcn

このポートで使用する最大の LCN。範囲は 1~1000 です。

cntrlr_id

このパーティションが使用するコントローラに関連付ける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次は、デフォルトのパーティションを削除した後に、リソース パーティションをポートに追加する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > addrscprtn 1 2 100 100 0 255 35 65535 1 1000 1000 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

ヒント 仕様によっては、0~35 の範囲の VCI 値が予約されています。これらの仕様について詳しくない場合は、競合の可能性を避けるために、最小 VCI 値を 35 に設定してください。


addspvc

Add SPVC(SPVC の追加)(PXM1E/PXM45 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

addspvc コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのポートに SPVC 接続の片端を設定します。

このソフトウェア リリースでは、両終端および片終端のプロビジョニングをサポートします。両終端のプロビジョニングでは、最初に SPVC のスレーブ側を設定して、次に SPVC のマスター側を設定する必要があります。両終端としてプロビジョニングする接続のスレーブ エンドポイントもマスター エンドポイントも、addspvc コマンドで設定することができます。

片終端プロビジョニングでは、接続のマスター側だけを設定します。マスター側を設定すると、自動的にスレーブ側が設定されます。このソフトウェア リリースでは、別の装置にマスター エンドポイントが定義されていて、AUSM または MPSM カードがスレーブ接続をホストする場合に、片終端のプロビジョニングを行えます。このソフトウェア リリースでは、ローカルの AUSM または MPSM カードをマスターとする片終端プロビジョニングをサポートしていません。

接続を追加すると、ソフトウェアにより、リモート エンドの設定が検証され、リモート接続の設定が適合していることが確認されます。ローカルとリモートの設定パラメータが適合しないと、接続は追加されません。

シンタックス

addspvc <port_number> <vpi> <vci> [-ct <ConnectionType>] [-contp <ControllerType>] [-st <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-abrtype <ABRType>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-osub <OvrSubFlag>] [-ipcu <IngrPercentUtil>] [-epcu <EgrPercentUtil>] [-upce <UpcEnable>] [-scrp <SCRPolicing>] [-ccdv <CDVT[0+1]>] [-cte <CLPTagEnable>] [-dis <DiscardOption>] [-pcr01 <IngrUpcPCR[0+1]>] [-scr <IngrUpcSCR>] [-cbs <MaxBurstSize>] [-maxcost <MaxCost>] [-rtngpri <RoutingPriority>] [-type <restrictedType>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>] [-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>]

シンタックスの説明

 

port_num

接続を追加する ATM ポートまたは IMA グループの番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

vpi

0~255 の範囲で VPI 番号を入力します。

vci

35~65535 の範囲で VCI 番号を入力します。仮想パス接続(VPC)の場合は、* を入力します。

-ct

接続の種類を入力します。

VCC = 0

VPC 範囲 = 1~1000

-contp

コントローラの種類。次のいずれかの種類を入力します。

1 = PAR

2 = PNNI(デフォルト)

3 = MPLS

-st

サービス クラスの種類。次に示すサービスの種類から 1 つを指定します。

CBR = 1(デフォルト)

CBR1 = 21

CBR2 = 31

CBR3 = 32

rtVBR = 5

rtVBR1 = 22

rtVBR2 = 23

rtVBR3 = 24

nrtVBR = 2

nrtVBR1 = 25

nrtVBR2 = 26

nrtVBR3 = 27

ABR = 3

UBR = 4

UBR1 = 28

UBR2 = 29

-master

接続の役割。次のいずれかのオプションを選択します。

1 = マスター

2 = スレーブ(デフォルト)

-rmc

リモート接続 ID。このオプションは、接続のマスター側を定義するときに使用します。addcon コマンドの実行後に表示されるとおりに、スレーブ接続 ID を入力します。形式は、RemoteNsapAddress.VPI.VCI です。

-abrtype

ABR 接続の動作の種類

スイッチ動作 = 1

送信元/送信先動作 = 2

-abrpcr

ABR 接続のピーク セルレート。範囲は、10~38328 cps です。

-abrmcr

ABR 接続の最小セルレート。範囲は、10~38328 cps です。

-osub

登録の変更。CAC を適用するには、-osub 1 を入力します。CAC を無視するには、-osub 2 を入力します。デフォルト設定では、CAC を適用しません。

-ipcu

入側回線利用率。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100% です。

-epcu

出側回線利用率。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100% です。

-upce

使用パラメータ管理(UPC)機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-scrp

次の平均セルレート(SCR)ポリシング方式

CLP[0] = 1

CLP[0+1] = 2

SCR ポリシングなし = 3


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-ccdv

セル遅延変動許容値(CDVT)を入力します(CDVT[0+1])。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

-cte

セル廃棄優先度(CLP)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


-dis

セル廃棄方式を入力します。

CLP ヒステリシス = 1

フレーム ベース = 2

-pcr01

入力 UPC の PCR[0+1] を選択します。

完全 ATM ポート速度(T1 の場合 3622、E1 では 4528、clearE1 では 4830) = 10

IMA グループ速度 = ATM ポート速度×リンク数

-scr

入力 UPC 認定情報レート(CIR)を選択します。

完全 ATM ポート速度(T1 の場合 3622、E1 では 4528、clearE1 では 4830) = 10

IMA グループ速度 = ATM ポート速度×リンク数

-cbs

最大バースト サイズを入力します。範囲は、1~5000 セルです。

-maxcost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は、1~2,147,483,647 です。デフォルト設定は 2147483647 です。

-rtngpri

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 です。デフォルト設定は 8 です。

-type

トランク制限オプション。接続のルーティングを地上トランクに制限するには、-type 2 を入力します。接続のルーティングを衛星トランクに制限するには、-type 3 を入力します。トランク制限を行わないで接続のルーティングを可能にするには、-type 1 を入力します。デフォルトの設定では、制限なしで接続をルーティングします。

-rpcr

リモートのピーク セルレート(単位 cps(セル/秒))

完全 ATM ポート速度(T1 の場合 3622、E1 では 4528、clearE1 では 4830) = 10

IMA グループ速度 = ATM ポート速度×リンク数

-rscr

リモートの平均セルレート

完全 ATM ポート速度(T1 の場合 3622、E1 では 4528、clearE1 では 4830) = 10

IMA グループ速度 = ATM ポート速度×リンク数

-rmcr

リモートの最小セルレート

完全 ATM ポート速度(T1 の場合 3622、E1 では 4528、clearE1 では 4830) = 10

IMA グループ速度 = ATM ポート速度×リンク数

-rcbs

リモートの最大バースト サイズ。範囲は 1~5,000,000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

次の addspvc コマンドでは、ポートを SPVC 接続のスレーブ側として定義します。スレーブ側のローカル接続 ID が出力結果の最後に表示されています。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > addspvc 1 100 100
 
Local Connection Id is : 4700918100000000016444445c00000101230100.100.100
 
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
 

aimhelp

AIM Help(AIM ヘルプ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

aimhelp コマンドを使用して、AUSM または MPSM サービス モジュールで使用できるコマンドとコマンドの説明を表示します。

シンタックス

aimhelp

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

? コマンド、help

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

AUSM サービス モジュールのヘルプ画面を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > aimhelp
 
AUSM-8P Commands
 
addcon : Add a Connection
addimagrp : Add an IMA group
addln : Add a line
addlnloop : Configure a line in local loopback
addlns2imagrp : Add lines to an existing IMA group
clralmcnt : Clear DS1 alarm count
clralmcnts : Clear alarm count for all DS1 lines
clralm : Clear the DS1 line alarms
clrchancnt : Clear Channel Counters
clrchancnts : Clear Channel Counters for all channels
clralms : Clear DS1 alarms on all lines
clrimagrpcnt : Clear IMA group Counters
clrimalncnt : Clear IMA counters on a particular line
clrportcnt : Clear Port Counters
clrportcnts : Clear Port Counters for all ports
clrsarcnt : Clear SAR channel counters
clrsarcnts : Clear SAR counters for all channels
clrslftst : Clear self test results
clrimatst : clear IMA test procedure
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

chkflash

Check Flash(フラッシュのチェック):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

chkflash コマンドを使用して、ブート ソフトウェア ファイルの長さとチェックサムの状態を表示します。

シンタックス

chkflash

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcd、version

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Strata Group

現在の AUSM カードのブート ソフトウェアの状態を確認します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > chkflash
Program length = 377836
Calculated checksum = 3818c59a stored checksum = 3818c59a
Flash checksum passed
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

clear

Clear Screen(画面のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clear コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをすべてクリアします。

シンタックス

clear

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrscrn、cls

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

clear コマンドを入力すると、画面に表示される文字が CLI プロンプトだけになります。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

clraimgrpcnt

Clear AIM Group Counter(AIM グループ カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clraimgrpcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードで特定の IMA グループの障害カウントをクリアします。

シンタックス

clraimgrpcnt < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

障害カウントをクリアする IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループ 1 の障害カウントをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clraimgrpcnt 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

clraimlncnt

Clear AIM Line Counters(AIM 回線カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clraimlncnt コマンドを使用して、特定の IMA グループ内の特定の回線のカウンタをクリアします。

シンタックス

clraimlncnt < group_num > < linenum >

シンタックスの説明

 

group_num

回線カウンタをクリアする IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

linenum

回線カウンタをクリアする回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 の回線 1 の回線カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clraimlncnt 1 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

clralm

Clear Alarm(アラームのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clralm コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの特定の回線でアクティブになっているアラームをすべてクリアします。アラームの原因が存在している場合、アラームはクリアされません。

シンタックス

clralm -ds1 <line>

シンタックスの説明

 

line

アラーム カウンタをクリアする回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

clralms、dspalm、dspalms

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードの回線 2 でアクティブなアラームをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clralm -ds1 2
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clralmcnt

Clear Alarm Counters(アラーム カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clralmcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの回線のアラーム カウンタをクリアします。

シンタックス

clralmcnt -ds1 <line>

シンタックスの説明

 

line

アラーム カウンタをクリアする回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

clralmcnts、dspalmcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードの回線 2 のアラーム カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clralmcnt -ds1 2
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clralmcnts

Clear Alarm Counters(アラーム カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clralmcnts コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの全回線のアラーム カウンタをクリアします。

シンタックス

clralmcnts

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clralmcnt、dspalmcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードの全回線のアラーム カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clralmcnts
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clralms

Clear Alarms(アラームのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clralms コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの全回線でアクティブになっているアラームをクリアします。アラームの原因が存在している場合、アラームはクリアされません。

シンタックス

clralms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clralm、dspalm、dspalms

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードの全回線でアクティブなアラームをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clralms
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

clrbertstats

Clear Bit Error Rate Testing Statistics(ビット誤り率試験の統計情報をクリア):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrbertstats コマンドを使用して、現在のカードでビット誤り率試験中に累積された統計情報をすべてクリアします。このコマンドを使用して、ビット誤り率試験の実行中に統計情報のカウンタをリセットすることも、ビット誤り率試験を停止した後に統計情報のカウンタをリセットすることもできます。

シンタックス

clrbertstats <ifNumber>

シンタックスの説明

 

ifNumber

ビット誤り率試験の統計情報をクリアするインターフェイスの番号を、line.port. の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードで BERT 統計情報をクリアしてから、その統計情報がクリアされたことを確認します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > clrbertstats 1.0
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspbertstats 1.0
 
Interface Number : 1.0
Rx Bit Count : 0
Rx Bit Error Count : 0
Sync Loss Transition : 0
Pattern Loss Count (secs) : 0
 
 

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

clrcderrs

Clear Hardware/Reset Errors in BRAM(BRAM のハードウェア/リセットエラーのクリア): AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrcderrs コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードのカード関連エラーをすべてクリアします。画面に応答メッセージは表示されません。

シンタックス

clrcderrs

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcderrs

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Super Group

スロット 21 の AUSM カードのカード関連エラーをすべてクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrcderrs
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clrchancnt

Clear Channel Statistics Count(チャネル統計情報カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrchancnt コマンドを使用して、接続の統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

clrchancnt < port.VPI.VCI | channel >

シンタックスの説明

 

port.VPI.VCI

統計情報をクリアする接続のポート、VPI、および VCI を port.VPI.VCI の形式で指定します。接続情報は、dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

channel

統計情報をクリアする接続のチャネルを指定します。接続情報は、dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

チャネル 19 の統計情報をクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrchancnt 19
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clrchancnts

Clear Channel Statistics Counters(チャネル統計情報カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrchancnts コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの全接続の統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

clrchancnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 3

スロット 21 の AUSM カードですべてのチャネルの統計情報をクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrchancnts
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clrdiagresults

Clear Diagnostics Results(診断結果のクリア):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrdiagresults コマンドを使用して、設定されたすべてのオンライン診断テストの結果をクリアします。

シンタックス

clrdiagresults

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの診断テスト結果をすべてクリアし、結果がクリアされたことを dspdiagresults コマンドで確認します。

 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > clrdiagresults
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspdiagresults
 
Online Diagnostic tests RUNNING.
 
ID Name Enable Attempts FailCnt Result
-- ------------------------------ ------- -------- ------- -------
1 Boot Checksum Yes 0 0 N/A
2 Front card NVRAM Checksum Yes 0 0 N/A
3 CPU Performance Monitor Yes 0 0 N/A
4 NP Performance Monitor Yes 0 0 N/A
5 SLFP Access Yes 0 0 N/A
6 MPCTL Access Yes 0 0 N/A
7 FRAMER Access Yes 0 0 N/A
8 LDRAM Memory Availability Yes 0 0 N/A
9 Host Memory Availability Yes 0 0 N/A
10 Packet Memory Availability Yes 0 0 N/A
11 Internal Memory Availability Yes 0 0 N/A
12 Parameter Memory Availability Yes 0 0 N/A
13 Host Memory Access Yes 0 0 N/A
14 Packet Memory Access Yes 0 0 N/A
15 Parameter Memory Access Yes 0 0 N/A
16 MPCTL Error Monitor Yes 0 0 N/A
17 NP Error Monitor Yes 0 0 N/A
18 NP Health Check Yes 0 0 N/A
19 MPCTL Loopback Yes 0 0 N/A
20 PXM Data Path Loopback Test Yes 0 0 N/A
21 NP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
22 SLFP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
23 Framer Loopback Test No 0 0 N/A
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

clrimagrpcnt

Clear IMA Group Counter(IMA グループ カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrimagrpcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードで特定の IMA グループの障害カウントをクリアします。

シンタックス

clrimagrpcnt < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

障害カウントをクリアする IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループ 1 の障害カウントをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clrimagrpcnt 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

clrimalncnt

Clear IMA Line Counters(IMA 回線カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrimalncnt コマンドを使用して、特定の IMA グループの特定の回線のカウンタをクリアします。

シンタックス

clrimalncnt < group_num > < linenum >

シンタックスの説明

 

group_num

回線カウンタをクリアする IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

linenum

カウンタをクリアする回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 の回線 1 の回線カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clrimalncnt 1 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

clrimatst

Clear IMA Test(IMA 診断のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrimatst コマンドを使用して、指定の IMA グループの IMA 自己診断をクリアします。

シンタックス

clrimatst < group_num > <test_proc_status>

シンタックスの説明

 

group_num

IMA 自己診断をクリアする IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

test_proc_status

値 1 を入力します。

関連コマンド

cnfimatst、dspimagrp dspimagrps dspimatst

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

IMA グループ 1 の IMA 診断機能をクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clrimatst 1 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

clrmsgcnt

Clear Message Count(メッセージ カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

現在の AUSM または MPSM カードのメッセージ カウンタをクリアします。

シンタックス

clrmsgcnt

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspmsgcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードのメッセージ カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrmsgcnt
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

clrportcnt

Clear Port Counter(ポート カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrportcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに関連付けられている特定のポートのカウンタ値をクリアします。

シンタックス

clrportcnt < port_ number >

シンタックスの説明

 

port_ number

カウンタをクリアするポート番号。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

関連コマンド

clrportcnts dspportcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードのポート 1 のカウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clrportcnt 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

clrportcnts

Clear Port Counters(ポート カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrportcnts コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべてのポート カウンタをクリアします。

シンタックス

clrportcnts

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrportcnt dspportcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードのすべてのポートのカウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > clrportcnts
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

clrsarcnt

Clear SAR Counters(SAR カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrsarcnt コマンドを使用して、特定の接続の SAR カウンタ統計情報をクリアします。

シンタックス

clrsarcnt <port_num.vpi.vci>

シンタックスの説明

 

port_num

カウンタをクリアする接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

カウンタをクリアする接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

カウンタをクリアする接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

ポート 1、VPI と VCI が、それぞれ 100 と 100 の接続の SAR カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > clrsarcnt 1 100 100
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

clrsarcnts

Clear SAR Counters(SAR カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrsarcnts コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての接続の SAR カウンタ統計情報をクリアします。

シンタックス

clrsarcnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 5

現在の AUSM カードの SAR カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > clrsarcnts
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

clrscrn

Clear Screen(画面のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrscrn コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをすべてクリアします。

シンタックス

clrscrn

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clear、cls

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

clrscrn コマンドを入力すると、画面に表示される文字が CLI プロンプトだけになります。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clrslftst

Clear Self-Test(自己診断のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrslftst コマンドを使用して、自己診断テーブルの pass カラムおよび fail カラムをクリアします。自己診断テーブルは、dspslftsttbl コマンドで表示します。

シンタックス

clrslftst

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfslftst dspslftst、dspslftsttbl runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードの自己診断テーブルをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrslftst
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

clrtaskinfo

Clear Task Information(タスク情報のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

clrtaskinfo コマンドを使用して、タスク情報のカウンタをクリアします。タスク情報は、dsptaskinfo コマンドで表示できます。

シンタックス

clrtaskinfo

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dsptaskinfo

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Service Group

タスク情報カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > clrtaskinfo
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

cls

Clear Screen(画面のクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cls コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをすべてクリアします。

シンタックス

cls

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clear、clrscrn

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

cls コマンドを入力すると、画面に表示される文字が CLI プロンプトだけになります。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

cnfaimgrp

Configure AIM Group(AIM グループの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfaimgrp コマンドを使用して、IMA グループの動作に必要な最小回線数(addimagrp で設定)、またはグループの最大遅延差の設定を変更します。

シンタックス

cnfaimgrp < group_num > < max_diff_delay > < minNumLink >

シンタックスの説明

 

group_num

設定する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

max_diff_delay

IMA グループ内のさまざまなリンク間の最大許容遅延差を、そのサービス モジュールに対して適切な範囲で指定します。

AUSM8-T1 または MPSM8-T1:0~275 ミリ秒

AUSM8-E1 または MPSM8-E1:0~200 ミリ秒

minNumLink

グループの動作に必要な最小回線数を入力します。たとえば、4 回線の IMA グループを作成して、最小数に 3 回線を指定すると、指定した 4 回線のうち 3 回線が動作していないとその IMA グループを使用できません。この値の範囲は 1~n です。n は、グループに割り当てた回線の数です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 を、デフォルトの最大遅延差 275 ミリ秒、最小回線数 2 に設定します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfaimgrp 1 275 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfautorestart

Configure Auto Restart(自動再開の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfautorestart コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての IMA グループに対して、IMA グループ自動再開機能を有効または無効にします。この機能は、次に示す種類のサービス イベントにより IMA グループの動作が停止した場合に、IMA グループを自動で再開する機能です。

近端または遠端で、回線がループバック モードになった。

1 本以上の回線が誤って別のスイッチに移動された。

遠端の IMA グループが削除され、再度追加された。

回線に変更があると、影響を受けた回線が IMA グループの動作に必要な回線である場合、IMA グループの動作が停止することがあります。


) IMA 自動再開機能が正しく動作するには、IMA 接続の両端の IMA グループ ID(addimagrp コマンド)が異なっている必要があります。両端の IMA グループ ID が同じ場合、AUSM または MPSM カードは、リモート スイッチに接続されている回線と、ループバック モードになっている回線を区別することができません。


シンタックス

cnfautorestart <type>

シンタックスの説明

 

type

自動再開機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。

関連コマンド

dspautorestart、restartimagrp

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ自動再開機能を有効にします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfautorestart 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfbert

Configure Bit Error Rate Testing(ビット誤り率試験の設定):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfbert コマンドを使用して、回線またはポートの BERT を設定します。

シンタックス

cnfbert <ifNumber> [-tp <TestPattern>] [-lpbk <loopback>] [-eir <errorInsertRate>]

シンタックスの説明

 

ifNumber

設定するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


cnfbert コマンドを入力する際に、インターフェイス番号だけを指定して他のオプションを選択しない場合、ビット誤り率試験はデフォルト(テスト パターン 25、ループバックなし、エラー挿入レートなし)を使用する設定になります。

-tp

テスト パターン。デフォルトのテスト パターンは 25 です。

1 = オール 0

2 = すべて 1

3 = 0、1 の交互パターン

4 = 00、11 の交互パターン

5 = 1 in 4

6 = 1 in 8

7 = 1 in 16

8 = 3 in 24

9 = インバンド ループバックのアクティブ化

10 = インバンド ループバックの非アクティブ化

11 = 3 ビット(2^3-1)

12 = 4 ビット(2^4-1)

13 = 5 ビット(2^5-1)

14 = 6 ビット(2^6-1)

15 = 7 ビット(2^7-1)

16 = 7 ビット(2^7-1)フラクショナル T1 ループ アップ


 

17 = 7 ビット(2^7-1)フラクショナル T1 ループ ダウン

18 = 9 ビット(2^9-1)

19 = 10 ビット(2^10-1)

20 = 11 ビット(2^11-1)

21 = 15 ビット(2^15-1)

22 = 17 ビット(2^17-1)

23 = 18 ビット(2^18-1)

24 = 20 ビット(2^20-1)

25 = 20 ビット(2^20-1)QRSS

26 = 21 ビット(2^21-1)

27 = 22 ビット(2^22-1)

28 = 23 ビット(2^23-1)

29 = 25 ビット(2^25-1)

30 = 28 ビット(2^28-1)

31 = 29 ビット(2^29-1)

32 = 31 ビット(2^31-1)

-lpbk

ループバック コード。

回線インバンド = 12

ループバックなし = 15(デフォルト)

-eir

エラー挿入レート。

1 = エラーなし(デフォルト)

2 = 1 in 10

3 = 1 in 100

4 = 1 in 1,000

5 = 1 in 10,000

6 = 1 in 100,000

7 = 1 in 1,000,000

8 = 1 in 10,000,000

アトリビュート

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM で回線 1 に BERT を設定します。パラメータの設定は、テスト パターン 15、インバンド回線ループバック、エラー挿入レート 1 in 10,000 です。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > cnfbert 1.0 -tp 15 -lpbk 12 -eir 5
 
Use startbert to start BERT
Use delbert followed by cnfbert to re-configure BERT parameters
 

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

cnfcacparm

Configure Call Admission Control Parameters(コール アドミッション制御パラメータ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfcacparm コマンドを使用して、現在のカードの VBR 接続に対する call admission control(CAC; コール アドミッション制御)アルゴリズムを、PCR ベースまたは SCR ベースに設定します。

シンタックス

cnfcacparm < Option Value >

シンタックスの説明

 

Option Value

現在のカードの VBR 接続に対する CAC アルゴリズムを、PCR ベースまたは SCR ベースに設定します。値は次のとおりです。

1:CAC アルゴリズムは peak cell rate(PCR; ピーク セルレート)ベースになります。これはデフォルト値です。

2:CAC アルゴリズムは sustained cell rate(SCR; 平均セルレート)ベースになります。

関連コマンド

dspcacparm

アトリビュート

 

ログ:

状態:

特権:

CAC パラメータを SCR ベースに設定し、結果を表示します。

mgx591.1.18.AUSMB8.a > cnfcacparm 1
 
mgx591.1.18.AUSMB8.a > dspcacparm
 
 
CAC Option: PCR based
 

CAC パラメータを SCR ベースに設定し、結果を表示します。

 
mgx591.1.18.AUSMB8.a > cnfcacparm 2
 
mgx591.1.18.AUSMB8.a > dspcacparm
 
 
CAC Option: SCR based

cnfcdparms

Configure Card Parameters(カード パラメータの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfcdparms コマンドを使用して、現在のカードのパラメータを有効または無効にします。このリリースでは、このコマンドで設定できるパラメータは 1 つだけです。

チャネル設定の変更がある場合、設定変更のトラップが 2 つ送信されます。cnfcdparms コマンドを使用して、現在のカードで古い方の設定トラップ変更の送信を有効または無効にします。

シンタックス

cnfcdparms

シンタックスの説明


cnfcdparms コマンドでは値を入力する必要はありません。ただし、cnfcdparms コマンドを入力すると、画面には option number を入力してくださいという指示が表示されます(有効な option number は 1 だけです)。オプション番号を入力すると、画面には value for option 1 を入力してくださいという指示が表示されます。使用できる値は、次のとおりです。


 

option number

設定するパラメータのオプション番号を入力します。

1 = 古い設定変更トラップを送信

value for option 1

オプション 1 の値を選択します。

Y = Yes(有効)

N = No(無効)

関連コマンド

dspcdparms

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

現在の MPSM-8T1-ATM カードで、古い設定変更トラップの送信を無効にしてから、dspcdparms コマンドで結果を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > cnfcdparms
CARD CONFIGURATION OPTIONS
Opt# Value Type Description
---- ----- ---- -----------
1 Yes Boolean Send Old Config Change Trap
 
Enter option Number (1-1): 1
 
Enter value for option 1 (Y/N): N
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspcdparms
CARD CONFIGURATION OPTIONS
Opt# Value Type Description
---- ----- ---- -----------
1 No Boolean Send Old Config Change Trap
 

cnfcdprtntype

Configure Card Partition Type(カードのパーティションの種類の設定)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfcdprtntype コマンドを使用して、サービス モジュールの Global Logical Connection Number(GLCN; グローバル論理接続番号)リソース共有のベースとなる LCN パーティションの種類を設定します。


) このリリースでは、cnfcdprtntype コマンドは CESM-8T1/B、CESM-8T1、CESM-8E1、MPSM-8T1-CES、MPSM-8E1-CES カードではサポートされていません。


シンタックス

cnfcdprtntype < partitionType >

シンタックスの説明

 

type

LCN パーティションの種類。

1 = パーティションなし。すべてのコントローラがサービス モジュール上で使用可能な LCN リソースを競合します。

2 = コントローラ ベース。すべてのコントローラは、LCN リソースの固定番号を予約します。ポートの LCN リソースは予約されません。

3 = ポート コントローラ ベース。すべてのコントローラは、各ポートに対して LCN リソースを予約します。

関連コマンド

dspcdprtntype、 xcnfcdprtntype

アトリビュート:MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

アトリビュート:AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

 

ログ: なし

状態: 任意

特権: Any User

LCN パーティションの種類を、現在の MPSM カードのコントローラ ベースに設定します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a > cnfcdprtntype 3
 

cnfcdrscprtn

Configure Card Resource Partition(カードのリソース パーティションの設定)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

cnfcdrscprtn コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定されたリソース パーティションに割り当てられているカードレベルのリソース(LCN)を変更します。

カードのリソース パーティションは、ATM ポートまたは IMA グループを新しく作成したときに各コントローラのリソース パーティションに割り当てられる最大論理接続数(LCN)を定義します。

シンタックス

cnfcdrscprtn < #PARcon > < #PNNIcon > < #TAGcon >

シンタックスの説明

 

#PARcon

PAR コントローラで使用可能な最大接続数(LCN)。範囲は 1~1000 です。

#PNNIcon

PNNI コントローラで使用可能な最大接続数(LCN)。範囲は 1~1000 です。

#TAGcon

TAG(MPLS)コントローラで使用可能な最大接続数(LCN)。範囲は 1~1000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在の MPSM カードで、カードレベルのリソース配分を変更して、PAR コントローラに 500 の接続、PNNI コントローラに 250 の接続、TAG(MPLS)コントローラに 250 の接続を割り当てます。

M8250_SJ.1.17.AUSMB8.a > cnfcdrscprtn 500 250 250
 
Error occurred during the SNMP SET operation !!
Probable Reason : "On one or more ports, for this controller, more LCNs have been partitioned than the specified valu"
SNMP Error Code : 6
 
Set failed due to illegal parameter(s)
 
Syntax : cnfcdrscprtn " #PARcon #PNNIcon #TAGcon "
No. of PAR connections -- Range from 1 to 1000
No. of PNNI connections -- Range from 1 to 1000
No. of TAG connections -- Range from 1 to 1000
 
M8250_SJ.1.17.AUSMB8.a >

cnfchan

Configure Channel(チャネルの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfchan コマンドを使用して、addcon コマンドで作成した接続を変更します。

シンタックス

cnfchan <channel_num> <RoutingPriority> <MaxCost> <RestrictTrunkType> <IngrUpcPCR[0+1]> <MCR> <PctUtil>

シンタックスの説明

 

channel_num

変更する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

RoutingPriority

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 です。

MaxCost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は、1~2,147,483,647 です。デフォルト設定は 2147483647 です。

RestrictTrunkType

トランク制限オプション。接続のルーティングを地上トランクに制限するには、-type 2 を入力します。接続のルーティングを衛星トランクに制限するには、-type 3 を入力します。トランク制限を行わないで接続のルーティングを可能にするには、-type 1 を入力します。デフォルトの設定では、制限なしで接続をルーティングします。

IngrUpcPCR[0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルの入力ピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


MCR

最小セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


PctUtil

使用率。範囲は 1~100% です。

関連コマンド

addcon、delcon dspcon、dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

cnfchanfst

Configure Channel ForeSight(チャネル ForeSight の設定)(PXM1 のみ) :AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

cnfchanfst コマンドを使用して、ATM チャネルに ForeSight パラメータを設定します。

シンタックス

cnfchanfst < port . VPI . VCI | channel number > <enable | disable> < fgcra_enable > < ibs > < pcr > < mcr > < icr >

シンタックスの説明

 

port

ポート識別子。範囲は物理的な設置状況に応じて 1~N になります。

VPI

VPI。範囲は 1~4095 です。

VCI

VCI。範囲は 1~65535 です。

enable | disable

ForeSight の有効/無効を指定します。

1 = 無効

2 = 有効

fgcra_enable

指定されたチャネルの FGCRA の有効/無効を指定します。

1 = 無効

2 = 有効

ibs

初期バースト サイズ。範囲は 0~5000 セルです。

pcr

ピーク セルレート。範囲は 10~38328 cps です。

10-PortRate(T1 は 3622、E1 は 4528、clearE1 は 4830)

IMA。T1 は 3591、E1 は 4490、clrE1 は 4789


) IMAポートの速度は、ポートのリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


mcr

最小セルレート。範囲は 10~38328 cps です。

0-PortRate(T1 は 3622、E1 は 4528、clearE1 は 4830)

IMA の場合、T1 は 3591、E1 は 4490、clrE1 は 4789


) IMA ポートの速度は可変で、ポートのリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


icr

初期セルレート。範囲は 10~38328 cps です。

0-PortRate(T1 は 3622、E1 は 4528、clearE1 は 4830)

IMA の場合、T1 は 3591、E1 は 4490、clrE1 は 4789


) IMA ポートの速度は可変で、ポートのリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


関連コマンド

dspchan

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

スロット 12 の現在の AUSM で、引数に port.VPI.VCI を使用して設定を変更します。

s1.1.12.AUSM8.a > cnfchanfst 2.1.5 2 1 2000 4000 2000 2000
s1.1.12.AUSM8.a >
 

スロット 12 の現在の AUSM で、チャネル番号の引数を使用して設定を変更します。

s1.1.12.AUSM8.a > cnfchanfst 31 2 1 2000 4000 2000 2000
s1.1.12.AUSM8.a >

) このコマンドは ABR タイプのチャネルでだけ有効です。


cnfchanq

Configure Channe Queue(チャネル キューの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfchanq コマンドを使用して、特定の接続のキュー管理パラメータを設定します。

シンタックス

cnfchanq <port_num.vpi.vci> <discard_option> <vc_q_depth> <clp_thresh_high> <clp_thresh_low/epd_threshold> <efci_thresh>

シンタックスの説明

 

port_num

キュー管理パラメータを設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

キュー管理パラメータを設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

キュー管理パラメータを設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

discard_option

廃棄オプション。CLP ヒステリシスの場合は 1、F(フレームベース)の場合は 2 を指定します。

vc_q_depth

入力キュー項目数

範囲:1~16000 セル

clp_thresh_high

CLP 上限しきい値

範囲:1~16000 セル

clp_thresh_low

または

epd_threshold

CLP 下限しきい値(CLP ヒステリシスによる廃棄)

範囲:1~16000 セル

EPD しきい値(フレームベース廃棄)

範囲:1~16000 セル

efci_thresh

EFCI しきい値

範囲:1~16000 セル

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

cnfchantrapenbl

Configure Channel Trap Enable(チャネル トラップ有効性の設定)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

cnfchantrapenbl コマンドを使用して、チャネル トラップを有効または無効にします。

シンタックス

cnfchantrapenbl < enable|disable >

シンタックスの説明

 

enable|disable

現在のカードでチャネル トラップを有効または無効にします。

0 = 無効

1 = 有効

関連コマンド

dspchantrapenbl

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

チャネル トラップを有効にしてから結果を表示します。

mgx591.1.18.AUSMB8.a > cnfchantrapenbl 1
Channel Traps will be Enabled, >>>>>>>>chanTrapEnblFlag = 0, val = 1
chanTrapEnblFlag = 1, val = 1*****
 
mgx591.1.18.AUSMB8.a > dspchantrapenbl
 
Channel Traps: ENABLED
 

チャネル トラップを無効にしてから結果を表示します。

mgx591.1.18.AUSMB8.a > cnfchantrapenbl 0
Channel Traps will be Disabled, >>>>>>>>chanTrapEnblFlag = 1, val = 0
chanTrapEnblFlag = 0, val = 0*****
 
mgx591.1.18.AUSMB8.a > dspchantrapenbl
 
Channel Traps: DISABLED
 
mgx591.1.18.AUSMB8.a >

cnfcon

Configure Connection(接続の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfcon コマンドを使用して、addcon コマンドで作成した接続を変更します。

シンタックス

cnfcon <port_num.vpi.vci> <RoutingPriority> <MaxCost> <RestrictTrunkType> <IngrUpcPCR[0+1]> <MCR> <PctUtil>

シンタックスの説明

 

port_num

変更する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

変更する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

変更する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

RoutingPriority

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 です。

MaxCost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は、1~2,147,483,647 です。デフォルト設定は 2147483647 です。

RestrictTrunkType

トランク制限オプション。接続のルーティングを地上トランクに制限するには、-type 2 を入力します。接続のルーティングを衛星トランクに制限するには、-type 3 を入力します。トランク制限を行わないで接続のルーティングを可能にするには、-type 1 を入力します。デフォルトの設定では、制限なしで接続をルーティングします。

IngrUpcPCR[0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルの入力ピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


MCR

最小セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


PctUtil

使用率。範囲は 1~100% です。

関連コマンド

addcon、delcon dspcon、dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

cnfconabrparams

Configure Connection ABR Parameters(接続の ABR パラメータの設定)- AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfconabrparams コマンドを使用して、レート パラメータを除くすべての標準 ABR 接続パラメータを設定します(レートの設定には、cnfconabrrates コマンドを使用します)。「標準 ABR 終端」と「透過 ABR」を切り替えるには、「ABR サービスの種類」パラメータを使用します。

デフォルトの ABR パラメータなど、標準 ABR の設定の詳細については、 addcon コマンドを参照してください。

シンタックス

cnfconabrparams <port_num.vpi.vci | channel_num> < ABRType > < RIF >< RDF > < NRM > < TRM > < TBE > < FRTT > < ADTF > < CDF >

シンタックスの説明

 

port_num

ABR パラメータを設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

ABR パラメータを設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

ABR パラメータを設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

ABR パラメータを設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

ABRType

次の種類のうちいずれかの ABR サービスを指定します。

1:ABR 終端、スイッチ動作

2:ABR 透過、送信元/送信先動作

RIF

RM セル受信時にセル伝送速度が増加する量を制御します。累積増分率(AIR)= PCR×RIF。RIF は 2 の累乗であり、範囲 1/32768~1 です。

範囲:1~32768

RDF

レート低減ファクタ。セル伝送速度の減少量を制御します。RDF は 2 の累乗であり、範囲 1/32768~1 です。

範囲:1~32768

NRM

インレート セル数。順方向 RM セルのそれぞれについて発信元から送信できるセルの最大数

範囲:2~256

TRM

FRM の最大遅延。アクティブな送信元が送信する順方向 RM セル間の時間の上限です。

範囲:3~255 ミリ秒、標準偏差

TBE

一時バッファ排出。立ち上がり時に最初の RM セルが戻ってくる前に、送信元がセルを送信するのを待つ、ネットワークで取り決められたセル数です。

範囲:0~16777215

FRTT

固定ラウンド トリップ時間。送信元から最遠の送信先へ行き、そこから送信元へ戻ってくるまでの固定遅延時間と伝搬遅延時間の合計値

範囲:0~16700

ADTF

ACR 減少時間ファクタ。RM セルを再び送信できるまでの時間間隔で、この後レートは ICR に低下します。

範囲:10~10230

CDF

カットオフ低減ファクタ。CRM に関連付けられた ACR の減少量を制御します。

範囲:0~64

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

接続 27 の ABR パラメータを設定します。

pxmsjc.1.11.AUSMB8.a > cnfconabrparams 27 2 64 16 64 200 16777215 100 500 16
 

cnfconabrrates

Configure Connection ABR Rates(接続の ABR 速度の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfconabrrates コマンドを使用して、標準 ABR チャネルのレート パラメータを設定します。

シンタックス

cnfconabrrates <port_num.vpi.vci | channel_num> < MCR > < PCR > < ICR >

シンタックスの説明

 

port_num

レートパラメータを設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

レートパラメータを設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

レートパラメータを設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

レートパラメータを設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

mcr

許容最小セルレート。PCR と MCR は allowable cell rate(ACR; 許容セルレート)を定義します。MCR は、送信元が常に許可される送信速度です。MCR は、データ セルとインレート RM セルの両方が使用する帯域幅を含みます。

範囲:10~38328

pcr

許容ピーク セルレート。PCR と MCR は、許容セルレート(ACR)を定義します。PCR は、データ セルとインレート RM セルの両方が使用する帯域幅を含みます。

範囲:10~38328

icr

初期セルレート。送信元が最初とアイドル時間後に使用する送信レートです。

範囲:10~38238

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

接続 27 の ABR パラメータを設定します。

pxmsjc.1.11.AUSMB8.a > cnfconabrrates 27 20 1600 500
 

cnfconstdabr

Configure Connection for Standard ABR(標準 ABR の接続の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfconstabr コマンドを使用して、ABR パラメータを設定します。

シンタックス

cnfcon stdabr <port_num.vpi.vci | channel_num> <ABRType> <mcr> <pcr> <icr> <rif > <rdf> <nrm> <trm> <tbe> <frtt> <adtf> <cdf>

シンタックスの説明

 

port_num

ABR パラメータを設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

ABR パラメータを設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

ABR パラメータを設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

ABR パラメータを設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

ABRType

次の ABR サービス種類を指定します。

1:ABR 終端、スイッチ動作

2:ABR 透過、送信元/送信先動作

mcr

許容最小セルレート。PCR と MCR は許容セルレート(ACR)を定義します。MCR は、送信元が常に許可される送信速度です。MCR は、データ セルとインレート RM セルの両方が使用する帯域幅を含みます。

範囲:10~38328 cps

pcr

許容ピーク セルレート。PCR と MCR は、許容セルレート(ACR)を定義します。PCR は、データ セルとインレート RM セルの両方が使用する帯域幅を含みます。

範囲:10~38328 cps

icr

初期セルレート。送信元が最初とアイドル時間後に使用する送信レートです。

範囲:10~38238 cps

rif

レート増加ファクタ。RM セル受信時にセル伝送速度が増加する量を制御します。累積増分率(AIR)= PCR×RIF。RIF は 2 の累乗であり、範囲 1/32768~1 です。

範囲:1~32768

rdf

レート低減ファクタ。セル伝送速度の減少量を制御します。RDF は 2 の累乗であり、範囲 1/32768~1 です。

範囲:1~32768

nrm

インレート セル数。順方向 RM セルのそれぞれについて発信元から送信できるセルの最大数

範囲:2~256

trm

FRM の最大遅延。アクティブな送信元が送信する順方向 RM セル間の時間の上限です。

範囲:3~255 ミリ秒

tbe

一時バッファ排出。立ち上がり時に最初の RM セルが戻ってくる前に、送信元がセルを送信するのを待つ、ネットワークで取り決められたセル数です。

範囲:0~16777215 セル

frtt

固定ラウンド トリップ時間。送信元から最遠の送信先へ行き、そこから送信元へ戻ってくるまでの固定遅延時間と伝搬遅延時間の合計値。

範囲:0~16700 ミリ秒

adtf

ACR 減少時間ファクタ。RM セルを再び送信できるまでの時間間隔で、この後レートは ICR に低下します。

範囲:10~10230

cdf

カットオフ低減ファクタは、CRM に関連付けられた ACR の減少量を制御します。

範囲:0~64

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

標準 ABR 接続を、送信元/送信先動作をエミュレートするように、つまり TM 4.0 仕様の動作を終端するように設定します。

pxmsjc.1.11.AUSMB8.a > cnfconstdabr 27 2 10 1500 100 128 16 64 255 16777215 0 500
16
 

cnfdiagtest

Configure Diagnostic Test(診断テストの設定)- MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfdiagtest コマンドを使用して、オンライン診断テスト セットの一部になっている単一の診断テストのパラメータを変更します。このコマンドは、オンライン診断テストをすべて同時に変更する場合にも使用できます。

シンタックス

cnfdiagtest < TestId > [< enable | disable >] [-role < role >] [-startTOD < time> ] [-period < period >]

[-iterns < iterns >] [-param1 < param >] [-param2 < param >]

シンタックスの説明

 

TestId

変更する診断テストの ID 番号。範囲は 1~23 で、all を入力するとすべてのテストが指定されます。使用可能な診断テストと、それに対応するテスト ID 番号を表示するには、 dspdiagtests コマンドを入力します。


) all コマンド オプションとともに使用できるのは、enable|disable および -role オプションだけです。その他のコマンド オプションはすべて、個別の診断テストとともに使用します。


enable | disable

現在のカードで診断テストを有効または無効にします。

-role

指定した診断テストが実行されるカードの状態。

アクティブ状態 = 1


) このリリースでは、診断テストはアクティブなカードだけでサポートされています。


-startTOD

診断テストの開始予定時刻。24 時間形式(HH:MM)を使用します。 Now を入力すると、ただちにテストが実行されます。

-period

診断テストを繰り返して実行する場合の時間間隔(分単位)。

-iterns

診断テストを繰り返して実行する回数。値に -1 を指定すると、連続してテストが実行されます。

-param1

テストのパラメータ 1。個々のオンライン診断テストに対して設定可能なパラメータを表示するには、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

-param2

テストのパラメータ 2。個々のオンライン診断テストに対して設定可能なパラメータを表示するには、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Service Group

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードで、テスト番号 9 を変更して、アクティブ状態で有効、すぐに開始、テスト間隔を 1 分間、実行回数を 2 回に設定します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > cnfdiagtest 9 enable -role 1 -startTOD now -period 1 -iterns 2
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

cnffst

Configure Foresight(Foresight の設定)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

cnffst コマンドを使用して、現在のカードの ForeSight パラメータを設定します。

シンタックス

cnffst < rate_up > < rate_down > < rate-fast_down > < qir_time_out > < rtd_interval >

シンタックスの説明

 

rate_up

レートの上昇。輻輳がない場合、設定された MIR に対して接続レートが増加するパーセンテージ。デフォルトは 10% です。

範囲:1~100%

rate_down

レートの減少。輻輳がある場合、接続レートが現在の接続レートに対してどこまで低下するかというパーセンテージ。デフォルトは 87%(13% の低下と同等)です。

範囲:1~100%

rate_fast_down

レートの高速減少。重度の輻輳がある場合、接続レートが現在の接続レートに対してどこまで低下するかというパーセンテージ。デフォルトは 50% です。

範囲:1~100%

qir_time_out

接続レートが QIR にリセットされるまでのアイドル時間 デフォルトは 10 秒です。

範囲:1~255 秒

rtd_interval

ラウンドトリップ遅延計測要求間の時間間隔。デフォルトは 5 秒です。

範囲:1~255 秒

関連コマンド

cnfchanfst、dspchans、dspcons、 dspfst

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Super Group

MPSM-8-T1 カードでレート上昇を 10、レート減少を 10、高速レート減少を 20 に設定します。200 秒後に QIR がタイムアウトして IR を QIR にリセットし、RTD 計測要求の時間間隔は 200 秒になります。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > cnffst 10 10 20 200 200
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

cnfilmi

Configure ILMI(ILMI の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfilmi コマンドを使用して、ATM ポートまたは IMA グループの Interim Local Management Interface(ILMI; 暫定ローカル管理インターフェイス)を設定します。

シンタックス

cnfilmi < port_num > <signalling_type> <vpi> <vci> <trap_enb> <min_trap_intv> <keep_alive> <addr_reg_enb>

シンタックスの説明

 

port_num

設定する ATM ポートまたは IMA グループのポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

signalling_type

次の信号タイプのいずれかを選択して、ILMI シグナリングを有効化または無効化します。

その他 = 1

シグナリングなし = 2 (デフォルト値)

ILMI シグナリング = 3


) ATM 通信を行うには、物理接続の両端の ATM ポートまたは IMA グループで ILMI を有効にする必要があります。


vpi

ILMI シグナリングのデフォルト VPI は 0 です。別の VPI を選択する場合、0~255 の範囲で VPI を入力します。

vci

ILMI シグナリングのデフォルト VCI は 16 です。別の VCI を選択する場合、0~65535 の範囲で VCI を入力します。仮想パス接続(VPC)の場合は、* を入力します。

trap_enb

ILMI トラップを有効にするには、2 を入力します。ILMI トラップを無効にするには、1 を入力します。

min_trap_intv

デフォルトの ILMI 最小トラップ間隔は 1 秒です。最小トラップ間隔を変更するには、1~10 秒の範囲で値を入力します。

keep_alive

ILMI キープアライブ ポーリングは、デフォルトで無効になっています。この機能を有効にするには、2 を入力します。無効にするには、1 を入力します。

addr_reg_enb

ILMI アドレス登録は、デフォルトで無効になっています。この機能を有効にするには、2 を入力します。無効にするには、1 を入力します。

関連コマンド

dspilmi dspilmicnt

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

AUSM のポート 1 で、ILMI シグナリング、トラップ、キープアライブ ポーリング、およびアドレス登録を有効にします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfilmi 1 3 0 16 2 1 2 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfimaalmparm

Configure IMA Alarm Parameters(IMA アラーム パラメータの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfimaalmparm コマンドを使用して、指定した IMA グループの IMA アラーム パラメータを設定します。IMA アラーム パラメータは、2 つあります。1 つのパラメータは、IMA グループが停止してからアラームが生成されるまでの時間を定義します。もう 1 つのパラメータは、停止していた IMA グループが始動してから、そのグループが再始動したことを報告するアラームが生成されるまでの時間を定義します。

シンタックス

cnfimaalmparm <group_num> <up_time> <down_time>

シンタックスの説明

 

group_num

設定する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

up_time

停止していた IMA グループが始動してから、回復アラームが生成されるまでの時間をミリ秒で入力します。範囲は 100~100,000 ミリ秒です。

down_time

IMA グループが停止してから、アラームが生成されるまでの時間をミリ秒で指定します。範囲は 100~400,000 ミリ秒です。

関連コマンド

dspimaalmparm

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

グループ 1 の IMA グループ パラメータをデフォルト値に設定します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfimaalmparm 1 2500 10000
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfimagrp

Configure IMA Group(IMA グループの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfimagrp コマンドを使用して、IMA グループの動作に必要な最小回線数(addimagrp で設定)、またはグループの最大遅延差の設定を変更します。

シンタックス

cnfimagrp < group_num > < max_diff_delay > < minNumLink >

シンタックスの説明

 

group_num

設定する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

max_diff_delay

IMA グループ内のさまざまなリンク間の最大許容遅延差を、そのサービス モジュールの種類に対して適切な範囲で指定します。

AUSM8-T1 または MPSM-8-T1:0~275 ミリ秒

AUSM8-E1 または MPSM-8-E1:0~200 ミリ秒

minNumLink

グループの動作に必要な最小回線数を入力します。たとえば、4 回線の IMA グループを作成して、最小数に 3 回線を指定すると、指定した 4 回線のうち 3 回線が動作していないとその IMA グループを使用できません。この値の範囲は 1~n です。n は、グループに割り当てた回線の数です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 を、デフォルトの最大遅延差 275 ミリ秒、最小回線数 2 に設定します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfimagrp 1 275 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfimaparms

Configure IMA Parameters(IMA パラメータの設定):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

IMA 伝送 ID の最小値と最大値を設定します。

シンタックス

cnfimaparms < min_tx_id > < max_tx_id >

シンタックスの説明

 

min_tx_id

カードのすべての IMA ポートに対する IMA 伝送 ID の最小値。0~255 の数値を入力します。

max_tx_id

カードのすべての IMA ポートに対する IMA 伝送 ID の最大値。0~255 の数値を入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードのすべての IMA ポートに対する IMA ID の最小値を 10 に設定し、IMA ID の最大値を 255 に設定してから、結果を表示します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.ATM.a > cnfimaparms 10 255
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.ATM.a > dspimaparms
 
Min IMA TxId: 10
Max IMA TxId: 255
 

cnfimatst

Configure IMA Test(IMA 診断の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfimatst コマンドを使用して、IMA 自己診断機能を設定します。

シンタックス

cnfimatst < group_num > <test_link_num> <test_pattern> <test_proc_status>

シンタックスの説明

 

group_num

設定する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

test_link_num

テストする回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

test_pattern

1~255 の範囲の値を入力して、テスト パターンを選択します。

test_proc_status

値 2 を入力します。

関連コマンド

clrimatst、dspimagrp dspimagrps dspimatst

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1、回線 1 で、テスト パターン 5 を使用するように IMA 自己診断機能を設定します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfimatst 1 1 5 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfln

Configure Line(回線の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

オプションの cnfln コマンドを使用して、回線がアクティブになった後の回線特性を設定します( addln を参照)。

シンタックス

cnfln < line_num > < line_code > < line_len > < clk_src > [E1-signalling]

シンタックスの説明

 

line_num

設定する回線の番号を入力します。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

line_code

次のライン コーディングを選択します。

B8ZS (T1) = 2

HDB3 (E1) = 3

line_len

次の回線の長さを入力します。

T1 での範囲

0~39.93 M(0~131 フィート)= 10

39.93~79.86 M(131~262 フィート)= 11

79.86~119.79 M(262~393 フィート)= 12

119.76~159.72 M(393~524 フィート)= 13

159.72~199.65 M(524~655 フィート)= 14

199.65 M(655 フィート)を超える場合 = 15

E1(SMB 回線モジュールを使用)= 8

E1(RJ48 回線モジュールを使用)= 9

clk_src

DSX1 クロック ソース

1 = ループ クロック

2 = ローカル クロック

E1-signalling

このオプションでは、E1 回線のシグナリング方式を選択します。次にリストされているシグナリングの組み合わせのキーワードを入力します。

CCS、CRC なし = CCS

CCS、CRC あり = CCS_CRC

クリア E1 = CLEAR

関連コマンド

addln、delln dspln dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

回線 8 を、回線コーティング B8ZS、回線の長さ 0~39.93 M(0~131 フィート)、ループ クロック使用に設定します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > cnfln 8 2 10 1
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

cnflnloop

Add Line Loop(回線ループの追加):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnflnloop コマンドを使用して、指定の回線がループバック モードになった時のコード検出を有効、または無効にします。


ヒント ループバック モードの設定を表示するには、dspln コマンドを使用します。


シンタックス

cnflnloop < line_num > <lpbkCodeDetection>

シンタックスの説明

 

line_num

コード検出を設定する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

lpbkCodeDetection

ループバック コード検出パラメータ。コード検出を無効にするには 1 を、有効にするには 2 を入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Service Group

回線 8 で、ループバック モードでのコード検出を有効にします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > cnflnloop 8 2
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

cnfplpp

Configure PLPP(PLPP の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfplpp コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの回線の Physical Layer Protocol Process(PLPP; 物理層プロトコル プロセス)パラメータを設定します。

シンタックス

cnfplpp < phy_port_num > < loopback > < scramble > < singlebit_errcorr_ena >

シンタックスの説明

 

phy_port_num

PLPP を設定する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを表示します。


) cnfplpp コマンドのヘルプでは、物理ポートについて説明しますが、物理ポートは回線と同じです。論理ポートは、addport コマンドで作成されるエンティティです。


loopback

次の種類の PLPP ループバックを指定します。

1:ループバックなし

2:リモート ループバック

3:ローカル ループバック

scramble

次の種類のセル スクランブルを有効または無効にします。

1:スクランブルなし

2:スクランブル

singlebit_errcorr_ena

1 ビット エラー修正を有効または無効にします。

1:無効

2:有効

関連コマンド

dspplpp

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権: Group 1

現在の AUSM カードのポート 8 で、PLPP ループバックを無効、セル スクランブルを無効、1 ビット エラー修正を有効にするように PLPP パラメータを設定します。

JANUS_MERGE.1.21.AUSMB8.a > cnfplpp 8 1 1 2
 
JANUS_MERGE.1.21.AUSMB8.a >
 

cnfportq

Configure Port Queue(ポート キューの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfportq コマンドを使用して、ATM ポートまたは IMA グループの指定のキューにキュー パラメータを設定します。

シンタックス

cnfportq < port_num > < q_num > < q_algo > < q_depth > < clp_high > < clp_low > < efci_thres >

シンタックスの説明

 

port_num

設定するポート番号を入力します。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを入力します。

q_num

設定するキュー番号を入力します。使用可能なキューを表示するには、dspportqs コマンドを入力します。キュー番号は、次の ATM トラフィックの種類を示します。

1:CBR(固定ビット レート)

2:ABR(使用可能ビット レート)

3:VBR(可変ビット レート)

4:UBR(未指定ビット レート)

q_algo

キュー アルゴリズム

範囲:1~5

0:キューを無効にします

q_depth

最大キュー項目数

範囲:1~16000 セル

clp_high

セル廃棄優先(CLP)

範囲:1~16000 セル

clp_low

下限 CLP

範囲:1~16000 セル

efci_thres

Explicit Forward Congestion Indication (EFCI; 明示的順方向輻輳通知)しきい値

範囲:1~16000 セル

関連コマンド

dspportq、dspportqs

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Strata Group

次の例では、AUSM カードのポート 1 で UBR キューを無効にします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfportq 1 4 0 200 180 160 160
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

ヒント dspportq コマンドを実行してから cnfportq コマンドを実行すると、変更しないポートのキュー パラメータを簡単にコピーできます。


cnfportrscprtn

Configure Port Resource Partition(ポートのリソース パーティションの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfportrscprtn コマンドを使用して、ポートレベルのリソース パーティションの設定を変更します。

リソース パーティションでは、帯域幅などのポート リソース、および VPI と VCI の範囲を、PNNI などの特定のコントローラに割り当てます。このリリースでは、ATM ポートまたは IMA グループを作成すると自動的に PNNI リソース パーティションが作成され、すべてのリソースが PNNI コントローラに割り当てられます。

シンタックス

cnfportrscprtn <port_num> < controller-name > <pct_bw> <min_vpi> <max_vpi> < min _ vci > < max _ vci > < min_vpid > < max_vpid > <max_lcns>

シンタックスの説明

 

port_num

リソースを配分するポート番号。ポートにパーティションを定義するには、まず回線にポートを追加する必要があります。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

controller-name

このパーティションのコントローラ。次のコントローラのいずれかを入力します。

PAR

PNNI

TAG

pct_bw

帯域幅の割合。このコントローラが通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

min_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

max_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

min _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

max _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

min_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

max_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

max_lcns

このポートで使用する最大の LCN。範囲は 1~1000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では、デフォルトの最小 VCI 値を 16 に変更して、その他のリソース パーティション値をデフォルト値のままにします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfportrscprtn 1 PNNI 100 0 255 16 65535 1 1000 1000
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

cnfprfparam

Configure Performance Parameters(パフォーマンス パラメータの設定):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfprfparam コマンドを使用して、MPSM カードのプロセッサ使用に関するdspprfhist コマンドのサンプリング間隔(バケット間隔)を変更します。

シンタックス

cnfprfparam <Bucket interval>

シンタックスの説明

 

Bucket interval

MPSM カードのプロセッサ使用のサンプリング間隔。値の範囲は 1~600 秒です。デフォルト設定は 20 秒です。

関連コマンド

dspprfhist

アトリビュート

 

ログ: あり

状態: 任意

特権: Group 1

dspprfhist コマンドのサンプリング間隔を 40 秒に変更します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a > cnfprfparam 40
The bucket interval will be effective from the next bucket collection.
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a >

cnfrscprtn

Configure Resource Partition(リソース パーティションの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

リソース パーティションでは、帯域幅などのポート リソース、および VPI と VCI の範囲を PNNI などの特定のコントローラに割り当てます。このリリースでは、ATM ポートまたは IMA グループを作成すると自動的に PNNI リソース パーティションが作成され、すべてのリソースが PNNI コントローラに割り当てられます。ATM ポートまたは IMA グループの作成後に、cnfrscprtn コマンドを使用してリソース パーティションを変更します。

シンタックス

cnfrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <low_vpi> <high_vpi> < low _ vci > < high _ vci > < low_vpid > < high_vpid > <max_lcn> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

リソースを配分するポート番号。ポートにパーティションを定義するには、まず回線にポートを追加する必要があります。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ。このリリースでサポートされているコントローラの種類は、PNNI コントローラだけなので 2 を入力します。

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラが出力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

low_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

high_vpi

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VPI 番号。範囲は 0~255 です。

low _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

high _ vci

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

low_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

high_vpid

このポートに指定するコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

max_lcn

このポートで使用する最大の LCN。範囲は 1~1000 です。

cntrlr_id

このパーティションが使用するコントローラに関連付ける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では、デフォルトの最小 VCI 値を 35 に変更して、その他のリソース パーティション値をデフォルト値のままにします。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > cnfrscprtn 1 2 100 100 0 255 35 65535 1 1000 1000 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

ヒント 仕様によっては、0~35 の範囲の VCI 値が予約されています。これらの仕様について詳しくない場合は、競合の可能性を避けるために、最小 VCI 値を 35 に設定してください。


cnfslftst

Configure Self-Test(自己診断の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfslftst コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの自己診断を有効または無効にします。また、診断の実行頻度も設定します。

シンタックス

cnfslftst -en < SelftestEnable > -tm < SelftestPeriod >

シンタックスの説明

 

-en

自己診断を有効または無効にします。 SelftestEnable に、次のいずれかを指定します。

無効 = 1

有効 = 2

-tm

自己診断を行う間隔を分単位で定義します。範囲は 1~60 です。

関連コマンド

clrslftst dspslftst、dspslftsttbl runslftstno

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Any User

次の例では、自己診断を有効にし、1 分ごとに診断を繰り返すように設定します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > cnfslftst -en 2 -tm 1
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

cnfupcabr

Configure UPC for ABR(ABR の UPC の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfupcabr コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM の ABR 接続に、使用パラメータ管理(UPC) パラメータを設定します。

シンタックス

cnfupcabr <port_num.vpi.vci | channel_num> < enable > < pcr [0+1]> < cdvt [0+1]> < scr_mcr > < scr_mcr_police > < mbs > < IngPcUtil > <EgSrvRate> <EgPcUtil> < clp_tag >

シンタックスの説明

 

port_num

設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

enable

ABR トラフィックの UPC を有効または無効にします。値は次のとおりです。

無効 = 1

有効 = 2

pcr [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


cdvt [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセル遅延変動許容値を入力します。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

scr_mcr

異なるサービス クラスに適用されるセルレートを選択します。このパラメータは、VBR トラフィックに使用される平均セルレート(SCR)と、標準 ABR トラフィックに使用される Minimum Cell Rate(MCR; 最小セルレート)を設定します。

範囲は、10~ pcr [0+1] です。現在の値を保持するには、0 を入力します。

scr_mcr_police

次の平均セルレート(SCR)ポリシング方式

CLP[0] = 1

CLP[0+1] = 2

SCR ポリシングなし = 3


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


mbs

最大バースト サイズを入力します。範囲は、1~5000 セルです。

IngPcUtil

入側回線使用率。

範囲:1~127

EgSrvRate

出側回線使用率。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


EgPcUtil

出側回線使用率。

範囲:1~127

clp_tag

セル廃棄優先度(CLP)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

次の例では、UPC ABR パラメータを設定します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > cnfupcabr 16 2 3622 10000 0 1 1024 100 3622 100 2
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >
 

cnfupccbr

Configure UPC CBR(UPC CBR の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfupccbr コマンドを使用して、現在の AUSM の固定ビット レート(CBR)接続に使用パラメータ管理(UPC) パラメータを設定します。

シンタックス

cnfupccbr <port_num.vpi.vci | channel_num> < enable | disable > < pcr [0+1]> < cdvt [0+1]> < IngPcUtil > < EgSrvRate > < EgPcUtil >

シンタックスの説明

 

port_num

設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

enable | disable

CBR トラフィックの UPC を有効または無効にします。値は次のとおりです。

1:無効

2:有効

pcr [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


cdvt [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセル遅延変動許容値を入力します。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

IngPcUtil

入側回線使用率

範囲:1~127

EgSrvRate

出側回線使用率。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


EgPcUtil

出側回線使用率

範囲:1~127

関連コマンド

dspcon dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

現在の AUSM の固定ビット レート(CBR)接続タイプに接続帯域幅制御パラメータを設定します。

s1.1.12.AUSMB8.a > cnfupccbr 2.1.1 2 4528 250000 50 4528 50
 

現在の AUSM の固定ビット レート(CBR)接続タイプに接続帯域幅制御パラメータを設定します(チャネル番号引数を使用)。

s1.1.12.AUSMB8.a > cnfupccbr 21 2 4528 250000 50 4528 50

cnfupcrtvbr

Configure UPC rtVBR(UPC rtVBR の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfupcrtvbr コマンドを使用して、現在の AUSM の Real-time Variable Bit Rate(rtVBR; リアルタイム可変ビット レート)接続に、使用パラメータ管理(UPC) パラメータを設定します。

サービス タイプ rt-VBR は、遅延や遅延変動を厳しく抑制することが必要な、リアルタイムの音声や映像アプリケーションに適しています。rt-VBR 接続は、ピーク セルレート (PCR)、平均セルレート (SCR)、および最大バースト サイズ(MBS)に特徴があります。送信元は、時間によって伝送速度が変化すると考えられます。特定の制限(maxCTD)を超えて遅れたセルは、そのアプリケーションにとって非常に価値が下がったと考えられます。

シンタックス

cnfupcrtvbr <port_num.vpi.vci | channel_num> < enable | disable > < pcr [0+1]> < cdvt [0+1]> < scr_mcr > < scr-mcr_policing > < MBS > <IngPcUtil> < EgSrvRate > < EgPcUtil > <clp_tag>

シンタックスの説明

 

port_num

設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

enable | disable

rtVBR トラフィックの UPC を有効または無効にします。値は次のとおりです。

1:無効

2:有効

pcr [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


cdvt [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセル遅延変動許容値を入力します。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

scr_mcr

異なるサービス クラスに適用されるセルレートを選択します。このパラメータは、VBR トラフィックに使用される平均セルレート(SCR)と、標準 ABR トラフィックに使用される最小セルレート(MCR)を設定します。

範囲は、10~ pcr [0+1] です。現在の値を保持するには、0 を入力します。

scr_mcr_policing

次のいずれかの値を設定します。

1:CLP[0] セル

2:CLP[0+1] セル

3:SCR/MCR ポリシングなし

mbs

最大バースト サイズを入力します。範囲は、1~5000 セルです。

IngPcUtil

入側回線使用率

範囲:1~127

EgSrvRate

出側回線使用率。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


EgPcUtil

出側回線使用率

範囲:1~127

clp_tag

セル廃棄優先度(CLP)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


関連コマンド

dspcon dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

cnfupcubr

Configure UPC UBR(UPC UBR の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfupcubr コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM の Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)接続に使用パラメータ管理(UPC) パラメータを設定します。

シンタックス

cnfupcubr <port_num.vpi.vci | channel_num> < enable > < pcr [0-1]> < cdvt [0-1]> < IngPcUtil > < clp_tag >

シンタックスの説明

 

port_num

設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

enable

UBR 接続の UPC を有効または無効にします。値は次のとおりです。

1:無効

2:有効

pcr [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


cdvt [0-1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのセル遅延変動許容値を入力します。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

IngPcUtil

入側回線使用率

範囲:1~100

clp_tag

セル廃棄優先度(CLP)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


関連コマンド

dspcon dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

現在の AUSM の UBR に使用パラメータ管理(UPC)パラメータを設定します。

s1.1.12.AUSMB8.a > cnfupcubr 2.1.7 2 4528 250000 50 2
 

cnfupcvbr

Configure UPC VBR(UPC VBR の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

cnfupcvbr コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM の可変ビット レート(VBR)接続に使用パラメータ管理(UPC) パラメータを設定します。

シンタックス

cnfupcvbr <port_num.vpi.vci | channel_num> < enable > < pcr [0+1]> < cdvt [0+1]> < scr_mcr > < scr_mcr_policing > < mbs > < IngPcUtil > < EgSrvRate > < EgPcUtil > < clp_tag >

シンタックスの説明

 

port_num

設定する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

設定する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

設定する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

設定する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

enable

VBR トラフィックの UPC を有効または無効にします。値は次のとおりです。

1:無効

2:有効

pcr [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのピーク セルレート。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


cdvt [0+1]

CLP = 0 および CLP = 1 のセルのセル遅延変動許容値を入力します。範囲は、1~250000 ミリ秒です。

scr_mcr

異なるサービス クラスに適用されるセルレートを選択します。このパラメータは、VBR トラフィックに使用される平均セルレート(SCR)と、標準 ABR トラフィックに使用される最小セルレート(MCR)を設定します。

範囲は、10~ pcr [0+1] です。現在の値を保持するには、0 を入力します。

scr_mcr_policing

次のいずれかの値を設定します。

1:CLP[0] セル

2:CLP[0+1] セル

3:SCR/MCR ポリシングなし

mbs

最大バースト サイズを入力します。範囲は、1~5000 セルです。

IngPcUtil

入側回線使用率。

範囲:1~127

EgSrvRate

出側回線使用率。範囲は、論理ポートの速度によって異なります。

T1 = 10~3622

E1 = 10~4528

クリア E1 = 10~4830

IMA T1 = 10~(3591×number_of_lines)

IMA E1 = 10~(4490×number_of_lines)

IMA クリア E1 = 10~(4789×number_of_lines)


) IMA グループの範囲は、グループ内のリンク数によって異なります。1 本の回線速度×回線数です。


EgPcUtil

出側回線使用率。

範囲:1~127

clp_tag

セル廃棄優先度(CLP)タギング機能。この機能を無効にする場合は 1 を入力し、有効にする場合は 2 を入力します。


) このオプションは、サービス クラスの種類(-st オプション)が CBR (1)、nrtVBR (2)、ABR (3)、UBR (4)、および rtVBR (5) の場合にだけ適用されます。


関連コマンド

dspcon dspcons

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

現在の AUSM の可変ビット レート(VBR)接続タイプにチャネル帯域幅制御パラメータを設定します。

s1.1.12.AUSMB8.a > cnfupcvbr 2.1.3 2 3000 250000 2000 1 1000 50 4000 50 2
 

copychans

Copy Channels(チャネルのコピー):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

copychans コマンドを使用して、1 本または複数のチャネルにチャネル設定をコピーします。このコマンドを使用すると、1 本のチャネルを「テンプレート」として、そこから複数のチャネルを作成、設定することができます。

シンタックス

copychans < template chan # > < start chan # > < start vci # > < # of chans > [< start remote VPI > < start remote VCI >]

シンタックスの説明

 

template chan #

テンプレートとして使用するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

start chan #

最初のチャネル番号。すでに使用されているチャネルを表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

start vci #

最初の VCI 番号。すでに使用されている VCI を表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

# of chans

テンプレートとするチャネル設定を使用して作成するチャネルの数を指定します。

start remote VPI

このオプションで、作成する接続の最初のリモートの仮想パス識別子(VPI)を指定できます。

start remote VPI

このオプションで、作成する接続の最初のリモートの仮想チャネル識別子(VCI)を指定できます。

関連コマンド

addcon、delchan delchans

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

delaimgrp

Delete AIM Group(AIM グループの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delaimgrp コマンドを使用して、IMA グループを削除します。

シンタックス

delaimgrp < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

削除する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では IMA グループ 1 を削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delaimgrp 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

delcdrscprtn

Delete Card Resource Partition(カードのリソース パーティションの削除)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

delcdrscprtn コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定されたカードレベルのリソース パーティションを削除します。

カードのリソース パーティションは、ATM ポートまたは IMA グループを新しく作成したときに各コントローラのリソース パーティションに割り当てられる最大 LCN(論理接続数)を定義します。

シンタックス

delcdrscprtn <controller>

シンタックスの説明

 

controller

LCN カウントを削除するコントローラ ID を入力します。コントローラ ID 値は次のとおりです。

PAR = 1

PNNI = 2

Tag = 3

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在の AUSM カードに設定されたカードレベルのリソース パーティションから、TAG(MPLS)コントローラを削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delcdrscprtn 3
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

delchan

Delete Channel(チャネルの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delchan コマンドを使用して、チャネルを削除します。

シンタックス

delchan <channel_num>

シンタックスの説明

 

channel_num

削除する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

関連コマンド

cnfchan、dspchan、dspchans

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

LCN 16 の接続を削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delchan 16
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

delchanloop

Delete Channel Loopback(チャネル ループバックの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delchanloop コマンドを使用して、現在の AUSM カードからチャネル ループバックを削除します。

シンタックス

delchanloop <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

チャネル ループバックを削除する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

チャネル ループバックを削除する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

チャネル ループバックを削除する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

チャネル ループバックを削除する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

関連コマンド

addchanloop、dspcon、dspcons tstcon tstdelay


ヒント 接続のループバックの状態を表示するには、dspcon コマンドを使用して、LocalRemoteLpbkState と表示されている行を探します。


アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 4

現在の AUSM カードのチャネル 16 からチャネル ループバックを削除します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > delchanloop 16
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

delchans

Delete Channels(チャネルの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delchans コマンドを使用して、チャネル番号を指定し、連続した複数の AUSM または MPSM 接続を削除します。チャネル番号は、addcon コマンドで接続を定義すると、スイッチにより割り当てられます。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

シンタックス

delchans < start chan # > < # of chans >

シンタックスの説明

 

start chan #

dspcons コマンドの出力で表示されるとおりに、論理接続番号(LCN)を入力します。

# of chans

削除する連続したチャネルの数

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードのチャネル 16~17 を削除します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > delchans 16 2
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

delcon

Delete Connection(接続の削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delcon コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードから 1 つの接続を削除します。

シンタックス

delcon <port_num.vpi.vci>

シンタックスの説明

 

port_num

削除する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

削除する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

削除する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 2

ポート 1 から接続 100/100 を削除します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > delcon 1.100.100
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

delbert

Delete Bit Error Rate Testing(ビット誤り率試験の削除):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delbert コマンドを使用して、現在のカードの回線またはポートのビット誤り率試験をクリアします。このコマンドは、実行中の BERT セッションをクリアする場合にも、BERT セッションが停止した後にも使用できます。

シンタックス

delbert < ifNumber >

シンタックスの説明

 

ifNumber

ビット誤り率試験の設定をクリアするインターフェイス番号を line.port. の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM で、回線 1、ポート 1 のビット誤り率試験の設定をクリアします。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > delbert 1.1
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 
 

delimagrp

Delete IMA Group(IMA グループの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delimagrp コマンドを使用して、IMA グループを削除します。

シンタックス

delimagrp < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

削除する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では IMA グループ 1 を削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delimagrp 1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

delln

Delete Line(回線の削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delln コマンドを使用して、1 本の回線を停止します。

シンタックス

delln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

削除する回線の番号

関連コマンド

addln cnfln dspln dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

AUSM カードの回線 8 を停止します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > delln 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dellnloop

Delete Line Loop(回線ループの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dellnloop コマンドを使用して、回線から回線のループバック機能を削除します。

シンタックス

dellnloop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

ループバックを削除する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを入力します。回線がループバック モードにあるかどうかを確認するには、dspln コマンドを使用します。

関連コマンド

addlnloop dspln、dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Service Group

AUSM カードの回線 8 から回線ループバックを削除します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dellnloop 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dellnsfmaimgrp

Delete Lines from AIM Group(AIM グループからの回線の削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dellnsfmimagrp コマンドを使用して、既存の IMAグループから回線を削除します。

シンタックス

dellnsfmaimgrp <group_num> <list_of_lines>

シンタックスの説明

 

group_num

回線を削除する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

list_of_lines

グループから削除する回線を指定します。各回線番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、回線 1~4 が IMA グループから削除されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次は、IMA グループから 1 本の回線を削除する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dellnsfmaimgrp 1 8
 
Warning: If Connections exist under the ima group then the cell rates might require modification
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

次は、IMA グループから複数の回線を削除する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dellnsfmaimgrp 1 7.8
 
Warning: If Connections exist under the ima group then the cell rates might require modification
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dellnsfmimagrp

Delete Lines from IMA Group(IMA グループからの回線の削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dellnsfmimagrp コマンドを使用して、既存の IMA グループから回線を削除します。

シンタックス

dellnsfmimagrp <group_num> <list_of_lines>

シンタックスの説明

 

group_num

回線を削除する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

list_of_lines

グループから削除する回線を指定します。各回線番号は、ピリオドで区切ります。たとえば、1.2.3.4 と指定すると、回線 1~4 が IMA グループから削除されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次は、IMA グループから 1 本の回線を削除する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dellnsfmimagrp 1 8
 
Warning: If Connections exist under the ima group then the cell rates might require modification
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

次は、IMA グループから複数の回線を削除する例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dellnsfmimagrp 1 7.8
 
Warning: If Connections exist under the ima group then the cell rates might require modification
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

delport

Delete Port(ポートの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delport コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードの回線から ATM サービスを削除します。

シンタックス

delport < port_num >


) IMA グループが使用しているポート番号は、delport コマンドで削除できません。IMA グループを削除するには、delimagrp コマンドを使用します。


シンタックスの説明

 

port_num

削除するポートの番号。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

関連コマンド

addport dspport dspports

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

AUSM カードのポート 8 を削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delport 8
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

delrscprtn

Delete Resource Partition(リソース パーティションの削除):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

delrscprtn コマンドを使用して、リソース パーティションの設定を削除します。

シンタックス

delrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

パーティションを削除するポート番号。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ。このリリースでサポートされているコントローラの種類は PNNI コントローラだけなので、2 を入力します。

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

cntrlr_id

削除するパーティションに割り当てられているコントローラ ID を入力します。コントローラ ID を表示するには、dsprscprtn コマンドを使用します。

関連コマンド

addrscprtn、 cnfrscprtn dsprscprtn

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

次の例では、ポート 1 から PNNI リソースパーティションを削除します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > delrscprtn 1 2 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dncon

Down Connection(接続の停止)(PXM1E のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dncon コマンドを使用して、接続を停止します。


) このコマンドは、マスター側のエンドポイントだけで使用できます。


シンタックス

dncon <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

停止する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

停止する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

停止する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

停止する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

チャネル 19 の接続を停止します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > dncon 19
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

dnport

Down Port(ポートの停止)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

dnport コマンドを使用して、接続を停止します。

シンタックス

dnport < portnum >

シンタックスの説明

 

portnum

停止するポートの番号。使用可能なポート番号は 1~8 です。

関連コマンド

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

ポート 1 を停止します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > dnport 1
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

dspaimgrp

Display AIM Group(AIM グループの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspaimgrp を使用して、IMA グループの現在の設定を表示します。

シンタックス

dspaimgrp <group_num>

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループ 2 の設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspaimgrp 1
 
IMA Group number : 1
Port type : NNI
Lines configured : 1.2.3.4
Enable : Enabled
IMA Port state : Active
IMA Group Ne state : operational
PortSpeed (cells/sec) : 14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 14364
ImaGroupTxFrameLength(cells) : 128
LcpDelayTolerance (IMA frames) : 1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) : 4
Minimum number of links : 3
MaxTolerableDiffDelay (msec) : 275
Lines Present : 1.2.3.4
Observed Diff delay (msec) : 0
Clock Mode : CTC
GroupAlpha : 2
GroupBeta : 2
GroupGamma : 1
GroupConfiguration : 1
IMAGrp Failure status : No Failure
Timing reference link : 1
ImaGroupTxImaId : 0x0
ExpectedGroupRxImaId : 0x0
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspaimgrpcnt

Display AIM Group Counter(AIM グループ カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspaimgrpcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードで特定の IMA グループの障害カウントを表示します。

シンタックス

dspaimgrpcnt < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループ 2 の障害カウントを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspaimgrpcnt 2
 
IMA Group number: 2
Ne Number of failures : 0
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspaimgrps

Display Status and Configuration of All AIM Groups(すべての AIM グループの状態および設定の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspaimgrps コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定されている IMA グループを表示します。

シンタックス

dspaimgrps

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループのリストを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspaimgrps
 
List of IMA groups:
===================
 
ImaGrp PortType Conf Avail Lines configured Lines present Tol Diff Port State
rate rate Delay(ms)
------ -------- ----- ----- --------------- --------------- --------- ----------
1.1 NNI 14364 14364 1.2.3.4 1.2.3.4 275 Active
1.2 NNI 14364 0 5.6.7.8 275 Sig. Failure
 
NextPortNumAvailable: 5
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspaimlncnt

Display AIM Line Counter(AIM 回線カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspaimlncnt コマンドを使用して、IMA グループの指定の回線の IMA 回線カウンタを表示します。

シンタックス

dspaimlncnt < group_num > < linenum >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

linenum

表示する回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 の回線 1 の回線カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspaimlncnt 1 1
 
IMA group number : 1
Line number : 1
Icp Cells Received : 21787
Icp Errored Cells Recvd : 0
Ima Violations Count : 0
Ima OIF anomalies : 0
Ima Ne Severely Errored Seconds : 0
Ima Fe Severely Errored Seconds : 0
Ima Ne Unavailable Seconds : 6471
Ima Fe Unavailable Seconds : 0
Ima NeTx Unusable Seconds : 6553
Ima NeRx Unusable Seconds : 6553
Ima FeTx Unusable Seconds : 1
Ima FeRx Unusable Seconds : 0
Ima FeTx Num. Failues : 0
Ima FeRx Num. Failures : 0
# HEC errored cells : 0
# HEC errored seconds : 0
# Severely HEC errored seconds : 0
 
Syntax : dspimalncnt (or dspaimlncnt) imagroup linenum
IMA group number -- value ranging from 1 to 8
line number -- value ranging from 1 to 8
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspalm

Display Alarm(アラームの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspalm コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの特定の回線に関連するアクティブなアラームを表示します。

シンタックス

dspalm -ds1 <line>

シンタックスの説明

 

line

表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

clralm、clralms、dspalms

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの回線 2 でアクティブなアラームを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspalm -ds1 8
 
LineNum: 8
LineAlarmState: No Alarms
LineStatisticalAlarmState: No Statistical Alarms
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspalmcnf

Display Alarm Configuration(アラーム設定の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspalmcnf コマンドを使用して、現在のカードの特定の回線のアラーム設定としきい値を表示します。

シンタックス

dspalmcnf -ds1 <line>

シンタックスの説明

 

line

アラーム設定を表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの回線 8 のアラーム設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspalmcnf -ds1 8
 
LineNum: 8
RedSeverity: Major
RAISeverity: Minor
NEAlarmUpCount: 6
NEAlarmDnCount: 1
NEAlarmThreshold: 1500
FEAlarmUpCount: 6
FEAlarmDnCount: 1
FEAlarmThreshold: 1500
StatisticalAlarmSeverity: Minor
lCV15minThreshold: 14
lCV24hrThreshold: 134
lES15minThreshold: 12
lES24hrThreshold: 121
lSES15minThreshold: 10
lSES24hrThreshold: 100
cRC15minThreshold: 14
cRC24hrThreshold: 134
cRCES15minThreshold: 12
cRCES24hrThreshold: 121
cRCSES15minThreshold: 10
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
cRCSES24hrThreshold: 100
SEFS15minThreshold: 2
SEFS24hrThreshold: 17
AISS15minThreshold: 2
AISS24hrThreshold: 17
UAS15minThreshold: 10
UAS24hrThreshold: 10
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspalmcnt

Display Alarm Counters(アラーム カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspalmcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの回線のアラーム カウンタ(種類ごとにある)を表示します。各アラーム カウンタは、リセットされてから、そのアクティブなアラームが発生した回数を示します。

シンタックス

dspalmcnt -ds1 <line>

シンタックスの説明

 

line

アラーム カウンタを表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

clralmcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの回線 8 のアラーム カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspalmcnt -ds1 8
 
LineNum: 8
lCVCurrent: 0
lCVLast15minBucket: 0
lCVLast24hrBucket: 0
lESCurrent: 0
lESLast15minBucket: 0
lESLast24hrBucket: 0
lSESCurrent: 0
lSESLast15minBucket: 0
lSESLast24hrBucket: 0
cRCCurrent: 0
cRCLast15minBucket: 0
cRCLast24hrBucket: 0
cRCESCurrent: 0
cRCESLast15minBucket: 0
cRCESLast24hrBucket: 0
cRCSESCurrent: 0
cRCSESLast15minBucket: 0
cRCSESLast24hrBucket: 0
sEFSCurrent: 0
sEFSLast15minBucket: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
sEFSLast24hrBucket: 1
aISSCurrent: 0
aISSLast15minBucket: 0
aISSLast24hrBucket: 0
uASCurrent: 0
uASLast15minBucket: 0
uASLast24hrBucket: 0
percentEFS: 99
RcvLOSCount: 0
RcvOOFCount: 0
RcvRAICount: 0
RcvFECount: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspalms

Display Alarms(アラームの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspalms コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードでアクティブな回線アラームのサマリーを表示します。

シンタックス

dspalms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clralm、clralms、dspalm

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの回線アラームを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspalms -ds1
 
Line AlarmState StatisticalAlarmState
---- ----------- ---------------------
21.1 Alarm(s) On Alarm(s) On
21.8 No Alarms No Statistical Alarms
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspautorestart

Display Auto Restart(自動再開の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspautorestart コマンドを使用して、IMA グループ自動再開機能の現在の設定を手動で表示します。

シンタックス

dspautorestart

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfautorestart、restartimagrp

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ自動再開機能の設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspautorestart
 
 
IMA Group Auto Restart Feature : DISABLE
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspbert

Display Bit Error Rate Testing(ビット誤り率試験の表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspbert コマンドを使用して、cnfbert コマンドで設定したパラメータを表示し、また現在の BERT 試験の状態を表示します。

シンタックス

dspbert <ifNumber>

シンタックスの説明

 

ifNumber

表示するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ: なし

状態: アクティブ

特権: Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 1 に設定した BERT 試験を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspbert 1.0
 
Interface Number : 1.0
Loopback Code : LineInBand
Pattern : TwoE7MinusOne
ErrorInsertRate : OneInTenThousand
Start Date/Time : Not Started
Operational Status : Out Of Sync
 
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 

dspbertstats

Display Bit Error Rate Testing Statistics(ビット誤り率試験の統計情報の表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspbertstats コマンドを使用して、現在のカードに設定されたビット誤り率試験の統計情報を表示します。このコマンドは、ビット誤り率試験の実行中に使用して統計情報の変化を表示することも、試験の停止後に使用して試験中に累積された総統計情報を表示することもできます。

シンタックス

dspbertstats <ifNumber>

シンタックスの説明

 

ifNumber

BERT 統計情報を表示するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ: なし

状態: アクティブ

特権: Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 1 で実行中のビット誤り率試験の統計情報を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspbertstats 1.0
 
Interface Number : 1.0
Rx Bit Count : 0
Rx Bit Error Count : 0
Sync Loss Transition : 0
Pattern Loss Count (secs) : 2334
 
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

dspcacparm

Display Call Admission Control Parameters(コール アドミッション制御パラメータの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcacparm コマンドを使用して、現在のカードの VBR 接続に対するコール アドミッション制御(CAC)アルゴリズムが、PCR ベースと SCR ベースのどちらであるかを表示します。

シンタックス

dspcacparm

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfcacparm

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードに設定された CAC アルゴリズムを表示します。

M8850_SF.1.28.MPSM8T1.ATM.a > ? dspcacparm
 
dspcacparm No Active Group 1
 
M8850_SF.1.28.MPSM8T1.ATM.a >
 

dspcd

Display Card(カードの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcd コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのハードウェア、ソフトウェア、および動作状態に関する情報を表示します。

シンタックス

dspcd


) PXM1E で dspcd コマンドと適切なスロット番号を入力して、カードの情報を表示することもできます。たとえば、dspcd 21 のように入力します。このコマンドで表示される出力の形式は、AUSM または MPSM カードで dspcd コマンドを実行したときに表示される出力と異なります。


シンタックスの説明

なし

関連コマンド

version

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspcd
 
 
ModuleSlotNumber: 21
FunctionModuleState: Active
FunctionModuleType: AUSM-8T1/B
FunctionModuleSerialNum: 820581
FunctionModuleHWRev: ae
FunctionModuleFWRev: 020.000.001.000-D
FunctionModuleResetReason: Reset by PXM
LineModuleType: LM-RJ48-8T1
LineModuleState: Present
mibVersionNumber: 80
configChangeTypeBitMap: CardCnfChng, LineCnfChng
cardIntegratedAlarm: Major
cardMajorAlarmBitMap: Line Alarm
ATM PORT ALARM
cardMinorAlarmBitMap: Channel failure
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
Front Card Info
Hardware Revision : AE
Card Type : 52
Serial Number : 820581
Fab Number : 28-2160-01
 
Back Card Info
Hardware Revision : AA
Card Type : 22
Serial Number : 773224
Fab Number : 28-2011-01
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspcderrs

Display Hardware Errors in BRAM(BRAM のハードウェア エラーの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcderrs コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードのカード関連エラーを表示します。エラーがない場合は、画面に応答メッセージは表示されません。

シンタックス

dspcderrs

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrcderrs

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードのカード エラーをすべて表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspcderrs
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspcdparms

Display Card Parameters(カード パラメータの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcdparms コマンドを使用して、現在のカードに設定されたパラメータを表示します。

シンタックス

dspcdparms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfcdparms

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

現在のカードに設定されたパラメータを表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspcdparms
CARD CONFIGURATION OPTIONS
Opt# Value Type Description
---- ----- ---- -----------
1 No Boolean Send Old Config Change Trap
 
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 

dspcdprtntype

Display Card Partition Type(カード パーティションの種類の表示)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

dspcdprtntype コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定されている LCN パーティションの種類を表示します。

シンタックス

dspcdprtntype

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfcdprtntype

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の MPSM カードのパーティションの種類を表示します。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a > dspcdprtntype
 
 
cardLcnPartitionType: port controller based
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a >

dspcdrscprtn

Display Card Resource Partition(カードのリソース パーティションの表示)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

dspcdrscprtn コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定された各リソース パーティションに割り当てられているカードレベルのリソースを表示します。

シンタックス

dspcdrscprtn

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Any User

現在の AUSM カードのカード リソース パーティションの設定情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspcdrscprtn
 
User NumOfLcnAvail
------ -------------
PAR 1000
PNNI 1000
TAG 1000
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspchan

Display Connection using Channel Number(チャネル番号使用による接続の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspchan コマンドを使用して、接続の設定および動作データを表示します。このコマンドの出力は、dspcon コマンドの出力と同じですが、ポート、VPI、および VCI 番号を使用する代わりに、チャネル番号を使用して接続を指定できます。

シンタックス

dspchan < channel >

シンタックスの説明

 

channel

接続を表示するチャネルを指定します。チャネル番号は、dspcons および dspchans コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

チャネル 18 として識別される接続を表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspchan 18
 
-------------------------------------------
ChanNum: 18 RowStatus: Add
AdmnState: Up ChanState: Ok
---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI I-AIS/RDI
---------- ---------- ---------- ----------
NO NO NO NO
-------------------------------------------
ChanNum: 18
RowStatus: Add
ConnAdminStatus: Up
ConnectionType: VCC
ServiceType: CBR1
ChanSvcFlag: PNNI
PortNum: 2
VPI: 200
VCI (For VCC): 200
Local VPId(for VPC): 0
EgressQNum: 1
IngressQDepth(cells): 1000
IngressDiscardOption: CLP hysterisis
IngressFrameDiscardThreshold 1000
IngressQCLPHigh(cells): 900
IngressQCLPLow(cells): 800
QCLPState: LOW
IngressEfciThreshold(cells): 1000
 
UPCEnable: Enabled
PeakCellRate[0+1](cells/sec): 3622
CellDelayVariation[0+1]: 10000 (micro secs)
PeakCellRate[0](cells/sec): 3622
CellDelayVariation[0]: 250000 (micro secs)
SustainedCellRate(cells/sec): 10
MaximumBurstSize(cells): 1024
SCRPolicing: CLP[0]
CLPTagEnable: Enabled
FrameGCRAEnable: Disable
 
InitialBurstSize(cells): 0
LocalRemoteLpbkState: Disable
ChanTestType: No Test
ChanTestState: Failed
ChanRTDresult: 65535 ms
 
Ingress percentage util: 100
Egress percentage util : 100
Egress Service Rate: 3622
LocalVpi: 200
LocalVci: 200
LocalNSAP: 4700918100000000016444445c000001016b0200
RemoteVpi: 200
RemoteVci: 200
RemoteNSAP: 4700918100000000016444445c000001015b0400
Mastership: Master
VpcFlag: Vcc
RoutingPriority: 8
MaxCost: 2147483647
RestrictTrunkType: No Restriction
LocalConnPCR: 3622
LocalConnSCR: 10
LocalConnMCR: 10
RemoteConnPCR: 3622
RemoteConnSCR: 10
RemoteConnMCR: 10
LocalConnMBS: 1024
RemoteConnMBS: 1024
Chan Reroute: False
ConnPercentUtil: 100
ChanOvrSubOvrRide: Enabled
 
Stdabr Parameters:
Minimum Cell Rate: 10 Cells per second
Peak Cell Rate: 3622 Cells per second
Initial Cell rate: 3622 Cells per second
Rate Increase Factor: 64
Rate Decrease Factor: 16
Nrm -- Inrate Cell Count: 64
Trm -- Time limit for Frm: 255 milliseconds
Transient Buffer Exposure: 16777215 Cells
Fixed Round Trip Time: 0 milliseconds
ACR Decrease Time Factor: 500 milliseconds
Cutoff Decrease Factor: 16
AbrType: Switch behavior without VS/VD
 
ChanNumNextAvailable : 17
Local VpId NextAvailable : 1
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

dspchancnt

Display Channel Statistics Count(チャネル統計情報カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspchancnt コマンドを使用して、接続の統計情報を表示します。

シンタックス

dspchancnt <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

表示する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspchans コマンドを入力します。

vpi

表示する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

表示する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

表示する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspchans コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

チャネル 18 の統計情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspchancnt 18
 
ChanNum: 18
ChannelState: Active
ChannelEgressRcvState: Normal
ChannelEgressXmitState: Normal
ChannelIngressRcvState: Normal
ChannelIngressXmtState: Normal
ChanInServiceSeconds: 323316
ChanIngressPeakQDepth(cells): 1
ChanIngressCurrQDepth(cells): 0
ChanIngressReceiveCells: 971228746
ChanIngressClpSetCells: 0
ChanIngressEfciSetRcvCells: 0
ChanIngressEfciSetXmtCells: 0
ChanIngressUpcClpSetCells: 0
ChanIngressQfullDiscardCells: 0
ChanIngressClpSetDiscardCells: 0
ChanIngressTransmitCells: 971228746
ChanShelfAlarmDiscardCells: 0
ChanEarlyPacketDiscardCells: 0
ChanPartialPacketDiscardCells: 0
ChanIngressTransmitAAL5Frames: 80935728
ChanIngressReceiveCellRate(cells/sec): 3004
ChanIngressReceiveUtilization(percentage): 82
ChanIngressTransmitCellRate(cells/sec): 3004
ChanIngressTransmitUtilization(percentage): 82
ChanEgressReceiveCellRate(cells/sec): 0
ChanEgressReceiveUtilization(percentage): 0
EgressPortQFullDiscardCells: 0
EgressPortQClpThreshDiscardCells: 0
ChanTransmitFifoFullCount (per card): 0
 
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

dspchans

Display Channels(チャネルの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspchans コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての接続のサマリーを表示します。このコマンドには、必須のパラメータはありません。コマンド オプションにより、コマンドが表示する出力をカスタマイズできます。

シンタックス

dspchans [-h] [-chn <ChanNum>] [-pt <PortNum>] [-vpi <VPI>] [-vci <VCI>] [-cos <ConnServType>] [-ct <ConnectionType>] [-master <masterShip>] [-pqn <Qnum>] [-admin <ConnAdminStatus>] [-alarm <ConnAlarmStatus>]

シンタックスの説明

 

-h

コマンド オプションのリストを表示します。

-chn

チャネル番号。このオプションを使用して、特定のチャネルに限定して表示します。設定されているチャネル番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-pt

ポート番号。このオプションを使用して、特定のポートに限定して表示します。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

-vpi

接続の VPI 番号。このオプションを使用して、指定の VPI 番号を使用する接続に限定して表示します。設定されている VPI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-vci

接続の VCI 番号。このオプションを使用して、指定の VCI 番号を使用する接続に限定して表示します。設定されている VCI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-cos

サービスの種類。このオプションを使用して、特定の ATM サービスの種類を使用する接続に限定して表示します。サービスの種類を選択するには、次のいずれかのキーワードを指定してこのオプションを入力します。

CBR1

CBR2

CBR3

RT-VBR1

RT-VBR2

RT-VBR3

NRT-VBR1

NRT-VBR2

NRT-VBR3

UBR1

UBR2

ABRSD

-ct

接続の種類。このオプションを使用して、特定のチャネル タイプを使用する接続に限定して表示します。チャネル タイプとして、次のいずれかを選択します。

仮想パス接続 = VPC

仮想チャネル接続 = VCC

-master

マスターシップ。このオプションを使用して、ローカル エンドポイントがマスター エンドポイントまたはスレーブ エンドポイントである接続に限定して表示します。このオプションを使用するには、-master master または -master slave と入力します。

-pqn

出力キュー選択。このオプションを使用して、使用している出力キューに基づいて接続を選択します。有効なキュー番号は 1~16 です。

-admin

管理状態。このオプションを使用して、管理上動作している接続、または管理上停止している接続に限定して表示します。 このオプションを使用するには、-admin up または -admin down と入力します。

-alarm

アラーム の種類。このオプションを使用して、特定のアラーム状態に一致する接続に限定して表示します。アラーム状態を選択するには、次のいずれかのキーワードを指定してこのオプションを入力します。

OK

PORT-ALARM

CTRLR-ABIT

E-AIS

RDI

I-AIS

RDI

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの接続を標準形式で表示します(コマンド オプションなし)。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > dspchans
 
LCN Port VPI VCI Class Type M/S EgrQ Admin Alarm
---- ---- --- ----- ------- ----- --- ---- ----- -----
0016 001 100 00100 CBR1 VCC S 1 Up PORT-ALARM
0017 002 100 00100 CBR1 VCC M 1 Up PORT-ALARM
 
Number of channels: 2
 
ChanNumNextAvailable : 18
Local VpId NextAvailable : 1
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
 

dspchantrapenbl

Display Channel Traps Status(チャネル トラップ状態の表示)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspchantrapenbl コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードのチャネル トラップの状態を表示します。

シンタックス

dspchantrapenbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfchantrapenbl

アトリビュート

 

ログ: なし

状態: アクティブ

特権: Group 2

現在の MPSM カードのチャネル トラップの状態を表示します。

M8250_SJ.1.17.AUSMB8.a > dspchantrapenbl
 
Channel Traps: DISABLED
 
M8250_SJ.1.17.AUSMB8.a >

dspcon

Display Connection(接続の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcon コマンドを使用して、接続の設定および動作データを表示します。

シンタックス

dspcon <port_num.vpi.vci>

シンタックスの説明

 

port_num

表示する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

表示する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

表示する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

ポート 1、VPI/VCI 100/100 の接続を表示します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > dspcon 1.100.100
 
-------------------------------------------
ChanNum: 16 RowStatus: Add
AdmnState: Up ChanState: Failed
---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI I-AIS/RDI
---------- ---------- ---------- ----------
YES YES NO NO
-------------------------------------------
ChanNum: 16
RowStatus: Add
ConnAdminStatus: Up
ConnectionType: VCC
ServiceType: CBR1
ChanSvcFlag: PNNI
PortNum: 1
VPI: 100
VCI (For VCC): 100
Local VPId(for VPC): 0
EgressQNum: 1
IngressQDepth(cells): 1000
IngressDiscardOption: CLP hysterisis
IngressFrameDiscardThreshold 1000
IngressQCLPHigh(cells): 900
IngressQCLPLow(cells): 800
QCLPState: LOW
IngressEfciThreshold(cells): 1000
 
UPCEnable: Enabled
PeakCellRate[0+1](cells/sec): 3591
CellDelayVariation[0+1]: 10000 (micro secs)
PeakCellRate[0](cells/sec): 3591
CellDelayVariation[0]: 250000 (micro secs)
SustainedCellRate(cells/sec): 10
MaximumBurstSize(cells): 1024
SCRPolicing: CLP[0]
CLPTagEnable: Enabled
FrameGCRAEnable: Disable
 
InitialBurstSize(cells): 0
LocalRemoteLpbkState: Disable
ChanTestType: No Test
ChanTestState: Not In Progress
ChanRTDresult: 65535 ms
 
Ingress percentage util: 100
Egress percentage util : 100
Egress Service Rate: 3591
LocalVpi: 100
LocalVci: 100
LocalNSAP: 4700918100000000016444445c00000101230100
RemoteVpi: 0
RemoteVci: 0
RemoteNSAP: 0000000000000000000000000000000000000000
Mastership: Slave
VpcFlag: Vcc
RoutingPriority: 8
MaxCost: 2147483647
RestrictTrunkType: No Restriction
LocalConnPCR: 3591
LocalConnSCR: 10
LocalConnMCR: 10
RemoteConnPCR: 3591
RemoteConnSCR: 10
RemoteConnMCR: 10
LocalConnMBS: 1024
RemoteConnMBS: 1024
Chan Reroute: False
ConnPercentUtil: 100
ChanOvrSubOvrRide: Enabled
 
Stdabr Parameters:
Minimum Cell Rate: 10 Cells per second
Peak Cell Rate: 10 Cells per second
Initial Cell rate: 10 Cells per second
Rate Increase Factor: 64
Rate Decrease Factor: 16
Nrm -- Inrate Cell Count: 64
Trm -- Time limit for Frm: 255 milliseconds
Transient Buffer Exposure: 16777215 Cells
Fixed Round Trip Time: 0 milliseconds
ACR Decrease Time Factor: 500 milliseconds
Cutoff Decrease Factor: 16
AbrType: Switch behavior without VS/VD
 
ChanNumNextAvailable : 18
Local VpId NextAvailable : 1
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

dspcons

Display Connections(接続の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspcons コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての接続のサマリーを表示します。このコマンドには、必須のパラメータはありません。コマンド オプションにより、コマンドが表示する出力をカスタマイズできます。

シンタックス

dspcons [-h] [-chn <ChanNum>] [-pt <PortNum>] [-vpi <VPI>] [-vci <VCI>] [-cos <ConnServType>] [-ct <ConnectionType>] [-master <masterShip>] [-pqn <Qnum>] [-admin <ConnAdminStatus>] [-alarm <ConnAlarmStatus>]

シンタックスの説明

 

-h

コマンド オプションのリストを表示します。

-chn

チャネル番号。このオプションを使用して、特定のチャネルに限定して表示します。設定されているチャネル番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-pt

ポート番号。このオプションを使用して、特定ポートの接続に限定して表示します。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

-vpi

VPI 番号。このオプションを使用して、指定の VPI 番号を使用する接続に限定して表示します。設定されている VPI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-vci

VCI 番号。このオプションを使用して、指定の VCI 番号を使用する接続に限定して表示します。設定されている VCI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。

-cos

サービスの種類。このオプションを使用して、特定の ATM サービスの種類を使用する接続に限定して表示します。サービスの種類を選択するには、次のいずれかのキーワードを指定してこのオプションを入力します。

CBR1

CBR2

CBR3

RT-VBR1

RT-VBR2

RT-VBR3

NRT-VBR1

NRT-VBR2

NRT-VBR3

UBR1

UBR2

ABRSD

-ct

接続の種類。このオプションを使用して、特定のチャネル タイプを使用する接続に限定して表示します。チャネル タイプを選択するには、次のいずれかを選択します。

仮想パス接続 = VPC

仮想チャネル接続 = VCC

-master

マスターシップ。このオプションを使用して、ローカル エンドポイントがマスター エンドポイントまたはスレーブ エンドポイントである接続に限定して表示します。このオプションを使用するには、-master master または -master slave と入力します。

-pqn

出力キュー選択。このオプションを使用して、使用している出力キューに基づいて接続を選択します。有効なキュー番号は 1~16 です。

-admin

管理状態。このオプションを使用して、管理上動作している接続、または管理上停止している接続に限定して表示します。 このオプションを使用するには、-admin up または -admin down と入力します。

-alarm

アラーム の種類。このオプションを使用して、特定のアラーム状態に一致する接続に限定して表示します。アラーム状態を選択するには、次のいずれかのキーワードを指定してこのオプションを入力します。

OK

PORT-ALARM

CTRLR-ABIT

E-AIS

RDI

I-AIS

RDI

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの接続を標準形式で表示します(コマンド オプションなし)。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > dspcons
 
LCN Port VPI VCI Class Type M/S EgrQ Admin Alarm
---- ---- --- ----- ------- ----- --- ---- ----- -----
0016 001 100 00100 CBR1 VCC S 1 Up PORT-ALARM
0017 002 100 00100 CBR1 VCC M 1 Up PORT-ALARM
 
Number of channels: 2
 
ChanNumNextAvailable : 18
Local VpId NextAvailable : 1
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
 

dspconstdabr

Display Connection Standard ABR(接続の標準 ABR の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspconstdabr コマンドを使用して、接続の標準 ABR 設定を表示します。

シンタックス

dspconstdabr <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

表示する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

表示する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

表示する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

表示する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Any User

接続 16 の ABR パラメータ設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspconstdabr 16
 
ChannelNumber : 16
Minimum Cell Rate : 10 Cells per second
Peak Cell Rate : 3622 Cells per second
Initial Cell rate : 3622 Cells per second
Rate Increase Factor : 64
Rate Decrease Factor : 16
Nrm -- Inrate Cell Count : 64
Trm -- Time limit for Frm : 255 milliseconds
Transient Buffer Exposure : 16777215 Cells
Fixed Round Trip Time : 0 milliseconds
ACR Decrease Time Factor : 500 milliseconds
Cutoff Decrease Factor : 16
ABRType : Switch behavior without VS/VD
 
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

dspdiagresults

Display Diagnostics Results(診断結果の表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspdiagresults コマンドを使用して、現在のカードに設定された診断テストの結果を表示します。

シンタックス

dspdiagresults

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードで有効になっている診断テストの結果を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspdiagresults
 
Online Diagnostic tests RUNNING.
 
ID Name Enable Attempts FailCnt Result
-- ------------------------------ ------- -------- ------- -------
1 Boot Checksum Yes 1 0 Pass
2 Front card NVRAM Checksum Yes 1 0 Pass
3 CPU Performance Monitor Yes 185 0 Pass
4 NP Performance Monitor Yes 185 0 Pass
5 SLFP Access Yes 185 0 Pass
6 MPCTL Access Yes 185 0 Pass
7 FRAMER Access Yes 185 0 Pass
8 LDRAM Memory Availability Yes 185 0 Pass
9 Host Memory Availability Yes 31 0 Pass
10 Packet Memory Availability Yes 31 0 Pass
11 Internal Memory Availability Yes 31 0 Pass
12 Parameter Memory Availability Yes 31 0 Pass
13 Host Memory Access Yes 921 0 Pass
14 Packet Memory Access Yes 185 0 Pass
15 Parameter Memory Access Yes 185 0 Pass
16 MPCTL Error Monitor Yes 185 0 Pass
17 NP Error Monitor Yes 185 0 Pass
18 NP Health Check Yes 185 0 Pass
19 MPCTL Loopback Yes 921 0 Pass
20 PXM Data Path Loopback Test Yes 921 0 Pass
21 NP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
22 SLFP TDM Loopback Test No 0 0 N/A
23 Framer Loopback Test No 0 0 N/A

dspdiagtests

Display Diagnostic Tests(診断の表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspdiagtests コマンドを使用して、現在の MPSM カードに設定されている使用可能なオンライン診断テストのすべてのリストを表示します。このコマンドでテスト ID 番号のオプションを使用すると、特定のオンライン診断テストに関する詳細な情報が得られます。

シンタックス

dspdiagtests [<TestId>]

シンタックスの説明

 

TestId

このオプションを使用すると、個々の診断テストに関する詳細な情報が得られます。使用可能な診断テストと、それに対応するテスト ID 番号を表示するには、 dspdiagtests コマンドを入力します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 12 に設定したオンライン診断テストに関する詳細な情報を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspdiagtests
 
ID Name Enable Role StartTOD Period Iteratns
-- ---------------------------- ------- ------ -------- ------ --------
1 Boot Checksum No Active NOW 1440 FOREVER
2 Front card NVRAM Checksum No Active NOW 1440 FOREVER
3 CPU Performance Monitor No Active NOW 5 FOREVER
4 NP Performance Monitor No Active NOW 5 FOREVER
5 SLFP Access No Active NOW 5 FOREVER
6 MPCTL Access No Active NOW 5 FOREVER
7 FRAMER Access No Active NOW 5 FOREVER
8 LDRAM Memory Availability No Active NOW 5 FOREVER
9 Host Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
10 Packet Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
11 Internal Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
12 Parameter Memory Availability No Active NOW 30 FOREVER
13 Host Memory Access No Active NOW 1 FOREVER
14 Packet Memory Access No Active NOW 5 FOREVER
15 Parameter Memory Access No Active NOW 5 FOREVER
16 MPCTL Error Monitor No Active NOW 5 FOREVER
17 NP Error Monitor No Active NOW 5 FOREVER
18 NP Health Check No Active NOW 5 FOREVER
19 MPCTL Loopback No Active NOW 1 FOREVER
20 PXM Data Path Loopback Test No Active NOW 1 FOREVER
21 NP TDM Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
22 SLFP TDM Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
23 Framer Loopback Test No Active NOW 30 FOREVER
 
Online Diagnostic tests RUNNING.
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 
 

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 12 に設定したオンライン診断テストに関する詳細な情報を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspdiagtests 12
 
Test Name: Parameter Memory Availability
Function: Monitors the available Parameter memory.
Input Parameters:
Threshold for available memory: 0 - 100%
NP ID: 0 for MPSM-8T1E1, 0/1/2(Both NP) for MPSM-16T1E1
Alarm Raised on Failure: Major
Recovery Action: N.A
Role: Active
Enable: Yes
StartTOD: NOW
Period: 30
Iterations: FOREVER
Configured Parameters: 15, 0
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

dspfeature

Display Feature(機能の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspfeature コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードがサポートする機能セットを表示します。サポート可能な機能セットは次のとおりです。

標準 ABR サービスのレート制御

ATM の逆多重化(IMA)

シンタックス

dspfeature

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Strata Group

現在の AUSM カードの機能を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspfeature
 
 
Rate Control: On
IMA feature: On
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspfst

Display Foresight(Foresight の表示)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

dspfst コマンドを使用して、現在のカードの ForeSight パラメータを表示します。

シンタックス

dspfst

シンタックスの説明

なし

 

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 2

現在の MPSM カードに設定されている現在の ForeSight パラメータ設定を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspfst
 
 
RateUp: 0 percent
RateDown: 0 percent
RateFastDown: 0 percent
QIRTimeout: 0 seconds
RTD interval: 0 seconds

dspilmi

Display ILMI(ILMI の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspilmi コマンドを使用して、ATM ポートまたは IMA グループの Interim Local Management Interface(ILMI; 暫定ローカル管理インターフェイス)を表示します。

シンタックス

dspilmi < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

表示するポート番号を入力します。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを入力します。

関連コマンド

cnfilmi dspilmicnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

AUSM のポート 1 の ILMI 設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspilmi 1
 
PortNum: 1
Signalling: No Signalling
SignallingVPI: 0
SignallingVCI: 16
ILMITrap: Disable
ILMI-Min-Trap-Interval(secs): 1
KeepAlivePolling: Disable
ErrorThreshold: 3
EventThreshold: 4
PollingInterval(secs): 30
MinimumEnquiryInterval(secs): 10
AddressRegistration: Disable
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspilmicnt

Display ILMI Counters(ILMI カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspilmicnt コマンドを使用して、ATM ポートまたは IMA グループの ILMI カウンタを表示します。

シンタックス

dspilmicnt < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

表示するポート番号を入力します。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを入力します。

関連コマンド

cnfilmi dspilmi

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードのポート 1 の ILMI カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspilmicnt 1
 
PortNum: 1
SNMPPDUsReceived: 0
GetRequestReceived: 0
GetNextRequestReceived: 0
SetRequestReceived: 0
TrapReceived: 0
GetResponseReceived: 0
GetResponseTransmitted: 0
GetRequestTransmitted: 0
TrapsTransmitted: 0
InvalidPDUReceived: 0
Asn1ParseError: 0
NoSuchNameError: 0
TooBigError: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspimaalmparm

Display IMA Alarm Parameters(IMA アラーム パラメータの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

IMA パラメータは、2 つあります。1 つのパラメータは、IMA グループが停止してからアラームが生成されるまでの時間を定義します。もう 1 つのパラメータは、停止していた IMA グループが始動してから、そのグループが再始動したことを報告するアラームが生成されるまでの時間を定義します。指定の IMA グループの IMA アラーム パラメータを表示するには、 dspimaalmparm コマンドを使用します。

シンタックス

dspimaalmparm <group_num>

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

関連コマンド

cnfimaalmparm

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:GROUP1

現在のカードの IMA グループ 1 の設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimaalmparm 1
 
Group No. UpTime(msec). DownTime(msec)
--------- ------- --------------
1 2500 10000
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspimagrp

Display IMA Group(IMA グループの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimagrp コマンドを使用して、IMA グループの現在の設定を表示します。

シンタックス

dspimagrp <group_num>

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:GROUP1

現在のカードの IMA グループ 1 の設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimagrp 1
 
IMA Group number : 1
Port type : NNI
Lines configured : 1.2.3.4
Enable : Enabled
IMA Port state : Active
IMA Group Ne state : operational
PortSpeed (cells/sec) : 14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 14364
ImaGroupTxFrameLength(cells) : 128
LcpDelayTolerance (IMA frames) : 1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) : 4
Minimum number of links : 3
MaxTolerableDiffDelay (msec) : 275
Lines Present : 1.2.3.4
Observed Diff delay (msec) : 0
Clock Mode : CTC
GroupAlpha : 2
GroupBeta : 2
GroupGamma : 1
GroupConfiguration : 1
IMAGrp Failure status : No Failure
Timing reference link : 1
ImaGroupTxImaId : 0x0
ExpectedGroupRxImaId : 0x0
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspimagrpcnt

Display IMA Group Counter(IMA グループ カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimagrpcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードで特定の IMA グループの障害カウントを表示します。

シンタックス

dspimagrpcnt < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードの IMA グループ 2 の障害カウントを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimagrpcnt 2
 
IMA Group number: 2
Ne Number of failures : 0
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspimagrps

Display IMA Groups(IMA グループの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimagrps コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに設定されている IMA グループを表示します。

シンタックス

dspimagrps

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在のカードのすべての IMA グループを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimagrps
 
List of IMA groups:
===================
 
ImaGrp PortType Conf Avail Lines configured Lines present Tol Diff Port State
rate rate Delay(ms)
------ -------- ----- ----- --------------- --------------- --------- ----------
1.1 NNI 14364 14364 1.2.3.4 1.2.3.4 275 Active
1.2 NNI 14364 0 5.6.7.8 275 Sig. Failure
 
NextPortNumAvailable: 5
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspimainfo

Display IMA Information(IMA 情報の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimainfo コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての IMA グループの IMA 状態情報を表示します。

シンタックス

dspimainfo

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Any User

現在のカードのすべての IMA グループの IMA 状態情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimainfo
 
Link Group NeTx NeRx FeTx FeRx TxLID RxID
State State State State
------------------------------------------------------------------
1 1 Active Active Active Active 0 0
2 1 Active Active Active Active 1 1
3 1 Active Active Active Active 2 2
4 1 Active Active Active Active 3 3
5 2 Unusable Unusable NotInGroup NotInGroup 0 33
6 2 Unusable Unusable NotInGroup NotInGroup 1 33
7 2 Unusable Unusable NotInGroup NotInGroup 2 33
8 2 Unusable Unusable NotInGroup NotInGroup 3 33
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspimaln

Display IMA Line Status(IMA 回線の状態の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimaln コマンドを使用して、IMA グループの指定の回線の状態を表示します。

シンタックス

dspimalncnt < group_num > < linenum >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

linenum

表示する回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

IMA グループ 1 の回線 2 の回線状態を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimaln 1 2
 
IMA Group number : 1
Link number : 2
ImaLink TxLId : 0x1
ImaLink RxLId : 0x1
LinkNeRxState : Active
LinkNeTxState : Active
LinkNeRxFailureStatus : No Failure
LinkFeRxState : Active
LinkFeTxState : Active
LinkFeRxFailureStatus : No Failure
LinkRelDelay : 0
LinkRxTestPattern : 1
Ne Link Tx Num Failures : 0
Ne Link Rx Num Failures : 0
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspimalncnt

Display IMA Line Count(IMA 回線カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimalncnt コマンドを使用して、IMA グループの指定の回線の IMA 回線カウンタを表示します。

シンタックス

dspimalncnt < group_num > < linenum >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

linenum

表示する回線の番号を入力します。IMA グループに割り当てられている回線を表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

IMA グループ 1 の回線 1 の回線カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimalncnt 1 1
 
IMA group number : 1
Line number : 1
Icp Cells Received : 21787
Icp Errored Cells Recvd : 0
Ima Violations Count : 0
Ima OIF anomalies : 0
Ima Ne Severely Errored Seconds : 0
Ima Fe Severely Errored Seconds : 0
Ima Ne Unavailable Seconds : 6471
Ima Fe Unavailable Seconds : 0
Ima NeTx Unusable Seconds : 6553
Ima NeRx Unusable Seconds : 6553
Ima FeTx Unusable Seconds : 1
Ima FeRx Unusable Seconds : 0
Ima FeTx Num. Failues : 0
Ima FeRx Num. Failures : 0
# HEC errored cells : 0
# HEC errored seconds : 0
# Severely HEC errored seconds : 0
 
Syntax : dspimalncnt (or dspaimlncnt) imagroup linenum
IMA group number -- value ranging from 1 to 8
line number -- value ranging from 1 to 8
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspimaparms

Display IMA Parameters(IMA パラメータの表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimaparms コマンドを使用して、現在の ATM カードに設定されている最大および最小の ATM の逆多重化(IMA)伝送 ID を表示します。

シンタックス

dspimaparms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

アトリビュート

 

ログ:

状態:

特権:

MPSM-8-T1 カードに設定された最大および最小の IMA 伝送 ID を表示します。

mgx591.1.4.MPSM8T1.ATM.a > dspimaparms
 
Min IMA TxId: 0
Max IMA TxId: 255
 
mgx591.1.4.MPSM8T1.ATM.a >

dspimatst

Display IMA Test(IMA テストの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspimatst コマンドを使用して、IMA テスト機能の設定と状態を表示します。

シンタックス

dspimatst < group_num >

シンタックスの説明

 

group_num

表示する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

IMA グループ 1 のテスト機能の設定と状態を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspimatst 1
 
Group No : 1
Test Link : 4294967295
Test Status : Disabled
Test Pattern : 4294967295
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dsplcn

Display Local Channel Number(ローカル チャネル番号の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsplcn コマンドを使用して、接続のポート番号および DLCI がわかっている場合に、接続のチャネル番号を表示します。

シンタックス

dsplcn <port_num.vpi.vci>

シンタックスの説明

 

port_num

表示する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リスト(チャネル番号つき)を表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

表示する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力(チャネル番号つき)で表示されます。

vci

表示する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力(チャネル番号つき)で表示されます。

関連コマンド

dspchans、dspcons

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

ポート 1、VPI と VCI がそれぞれ 100 と 100 を使用している接続のチャネル番号を表示します。

PXM1E_SF.1.13.AUSMB8.a > dsplcn 1.100.100
 
LCN number is : 16
 
PXM1E_SF.1.13.AUSMB8.a >

dspliccd

Display Card Licenses(カード ライセンスの表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspliccd コマンドを使用して、サービス モジュールのライセンスの現在の状態を表示します。

シンタックス

dspliccd

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

movelic

アトリビュート

 

ログ: なし

状態: 任意

特権: Any User

dspliccd コマンドを使用して、スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードのライセンスの現在の状態を表示します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspliccd
Card License Alarm: Minor
Service Module Type: MPSM8T1E1
Service Module Serial Number: SAG07208RSX
Provisioning (addcon) Allowed: YES
=========================================================
Needed License Type Needed Licenses
------------------- ---------------
Channelization 1
 
=========================================================
Allocated License Type Allocated licenses
---------------------- ------------------
Channelization 1
 
=========================================================
Programmed License Type Programmed licenses
------------------------ -------------------
Rate-Control 1
Channelization 1
 
=========================================================
Programmed License Registered: YES
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
License registration node: M8250_SJ
License registration chassis: SCA05020GGR
=========================================================
 
 

dspln

Display Line(回線の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspln コマンドを使用して、指定の物理回線の特性を表示します。

シンタックス

dspln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

関連コマンド

addln cnfln delln、dsplns

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM の回線 8 を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspln 8
 
LineNum: 8
LineConnectorType: RJ-48
LineType: dsx1ESF
LineEnable: Modify
LineCoding: dsx1B8ZS
LineLength: 0-131 ft
LineXmtClockSource: LocalTiming
LineLoopbackCommand: LocalLineLoop
LineSendCode: NoCode
LineUsedTimeslotsBitMap: 0xffffff
LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled
LineBERTEnable: Disable
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dsplns

Display Lines(回線の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsplns コマンドを使用して、現在のカードのすべての回線のサマリーを表示します。1 本の回線について詳細情報を表示するには、dspln コマンドを使用します。

シンタックス

引数なしで dsplns コマンドを入力します。

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

addln cnfln delln dspln

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの回線を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dsplns
 
Line Conn Type Status/Coding Length XmtClock Alarm Stats
Type Source Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
21.1 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No Yes
21.2 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No Yes
21.3 RJ-48 dsx1ESF Mod/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No No
21.4 RJ-48 dsx1ESF Mod/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes Yes
21.5 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes Yes
21.6 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
21.7 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
21.8 RJ-48 dsx1ESF Mod/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes No
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dsploads

Display Loads(負荷の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsploads コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM のすべてのポートの接続負荷を表示します。このコマンドにより、接続を増やすことが望ましいかどうか判断できます。

このコマンドでは、負荷が cps(セル/秒)単位で表示されます。トラフィックが、ポートに設定されている帯域幅を超えている場合、その過負荷のポートのカラムの一番下に「overload」というメッセージが表示されます。

シンタックス

dsploads

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Any User

現在の AUSM の負荷を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dsploads
 
Load Display for ATM UNI and IMA ports
 
 
Port 1 Port2 Port3 Port4 Port5 Port6 Port7 Port8
***************************************************************
Egress direction (Based on EgrSrv rate for all service types)
 
CBR 0 0 0 0 0 0 0 0
 
VBR 0 0 0 0 0 0 0 0
 
ABR 0 0 0 0 0 0 0 0
 
UBR 0 0 0 0 0 0 0 0
 
rt-VBR 0 0 0 0 0 0 0 0
--------------------------------------------------------------
 
Total 0 0 0 0 0 0 0 0
 
Ingress direction
 
CBR (based on PCR0+1) 0 0 0 0 0 0 0 0
 
VBR (based on PCR0+1) 0 0 0 0 0 0 0 0
 
ABR (based on MCR) 0 0 0 0 0 0 0 0
 
UBR (based on PCR0+1) 0 0 0 0 0 0 0 0
 
rt-VBR (based on PCR0+1) 0 0 0 0 0 0 0 0
--------------------------------------------------------------
 
Total 0 0 0 0 0 0 0 0
 
Load Status Normal Normal Normal Normal Normal Normal Normal Normal
 
 
 
Note: All Cell Rates are multiplied by respective
Percentage Utilization factors
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspmaptbl

Display Map Table(マップ テーブルの表示:AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspmaptbl コマンドを使用して、ATM 接続に割り当てられているポート、接続、およびチャネルの番号とチャネル タイプを表示します。

シンタックス

dspmaptbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM のマップ テーブルを表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspmaptbl
 
PortNum VPI VCI ChanNum Channel Type
------- --- --- ------- ------------
1 100 100 16 VCC
2 200 200 18 VCC
 
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

dspmsgcnt

Display Message Counters(メッセージ カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

現在の AUSM または MPSM カードのメッセージ カウンタを表示します。

シンタックス

dspmsgcnt

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrmsgcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードのメッセージ カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspmsgcnt
 
 
RiscXmtCtrlMsg: 26626
RiscRcvCtrlMsg: 26625
SARXmtCtrlMsg: 26625
SARRcvCtrlMsg: 26625
SARCtrlMsgDiscLenErr: 0
SARCtrlMsgDiscCRCErr: 0
SARCtrlMsgDiscUnknownChan: 0
SARCtrlMsgLastUnknownChan: 0
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspplpp

Display PLPP(PLPP の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspplpp コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの回線に設定されている物理層プロトコル プロセス(PLPP)パラメータを表示します。

シンタックス

dspplpp < phy_port_num >

シンタックスの説明

 

phy_port_num

PLPP を表示する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを表示します。


) cnfplpp コマンドのヘルプでは、物理ポートについて説明しますが、物理ポートは回線と同じです。論理ポートは、addport コマンドで作成されるエンティティです。


関連コマンド

cnfplpp

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在の AUSM カードの回線 8 の PLPP パラメータを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspplpp 8
 
PhysicalPortNumber: 8
CellFraming: ATM
CellScramble: No Scramble
Plpp Loopback: No Loopback
Single-bit error correction: Enabled
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspport

Display Port(ポートの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspport コマンドを使用して、特定のポートの状態と設定のデータを表示します。

シンタックス

dspport < port number >

シンタックスの説明

 

port number

表示するポート番号を入力します。設定されているポートを表示するには、dspports コマンドを入力します。

関連コマンド

addport delport、dspports

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

この例は、ATM ポート 8 の表示例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspport 8
 
 
LogicalPortNumber: 8
Port Enable: UP
Port State: Line alarm
PortType: UNI
PhysicalPortNumber: 8
CellFraming: ATM
CellScramble: No Scramble
Plpp Loopback: No Loopback
Single-bit error correction: Disabled
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

この例は、ポート番号 1 を使用している IMA グループの表示例です。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspport 1
 
IMA Group number : 1
Port type : NNI
Lines configured : 1.2.3.4
Enable : Modify
IMA Port state : Active
IMA Group Ne state : operational
PortSpeed (cells/sec) : 14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 14364
ImaGroupTxFrameLength(cells) : 128
LcpDelayTolerance (IMA frames) : 1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) : 4
Minimum number of links : 2
MaxTolerableDiffDelay (msec) : 275
Lines Present : 1.2.3.4
Observed Diff delay (msec) : 0
Clock Mode : CTC
GroupAlpha : 2
GroupBeta : 2
GroupGamma : 1
GroupConfiguration : 1
IMAGrp Failure status : No Failure
Timing reference link : 1
ImaGroupTxImaId : 0x0
ExpectedGroupRxImaId : 0x1
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >
 

dspportcnt

Display Port Statistics Counters(ポート統計情報カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspportcnt コマンドを使用して、AUSM または MPSM の指定の ATM ポートまたは IMA グループの統計情報を表示します。

シンタックス

dspportcnt < port number >

シンタックスの説明

 

port number

統計情報を表示するポートの番号を指定します。設定されているポートをすべて表示するには、dspports コマンドを使用します。

関連コマンド

dspport、dspports

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードのポート 7 のポート統計情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspportcnt 7
 
PortNum: 7
PortState: Line Failure
IngressRcvCells: 0
IngressRcvCellRate (cells/sec): 0
IngressRcvUtilization (percentage): 0
IngressXmtCells: 0
IngressGFCErrorCells: 0
IngressVpiVciErrCells: 0
IngressUnknownVpiVci: 0x0
IngressRcvClpSetCells: 0
EgressRcvCells: 0
EgressRcvCellRate (cells/sec): 0
EgressRcvUtilization (percentage): 0
EgressXmtCells: 0
EgressXmtCellRate (cells/sec): 0
EgressXmtUtilization (percentage): 0
EgressPortAlarmDiscardCells: 0
EgressXmtClpSetCells: 0
EgressXmtEfciSetCells: 0
PortXmtAisCells: 0
PortXmtSgmtLpbkCells: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
PortRcvAisCells: 0
PortRcvFerfCells: 0
PortRcvSgmtLpbkCells: 0
PortRcvCrcErrOAMCells: 0
TotalIngressQFullDiscardCells: 0
TotalIngressClpSetDiscardCells: 0
TransmitFIFOFullCount (per card): 0
ReceivedHECErrorCells: 0
HECErroredSeconds: 0
SeverelyHECErroredSeconds: 0
 
Syntax : dspportcnt "port_num"
port number -- values ranging from 1-8
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspportq

Display Port Queue Information(ポート キュー情報の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspportq コマンドを使用して、ATM ポートまたは IMA グループの指定の出力キューのキュー情報を表示します。

シンタックス

dspportq < port number > < egress queue number >

シンタックスの説明

 

port number

表示するポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

egress queue number

表示する出力キュー番号を入力します。出力キューのリストを表示するには、dspportqs コマンドを入力します。

関連コマンド

cnfportq、dspportqs、dspports

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

ポート 1 の出力キュー 1 のキュー情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspportq 1 1
 
ServicePortNum: 1
QueueNumber: 1
PortBinState: Enabled
ServiceSequence: 1
QueueDepth(cells): 200
CLPThresholdHigh(cells): 180
CLPThresholdLow(cells): 160
EFCIThreshold(cells): 160
QueueAlgorithm: 3
MaxBandwidthIncrement: 0
MinBandwidthIncrement: 0
QCLPState: Low
QFullDiscardedCells: 0
CLPSetDiscardedCells: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspportqs

Display Port Queue Information(ポート キュー情報の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspportqs コマンドを使用して、AUSM または MPSM ポートのすべての出力キューのキュー情報を表示します。

シンタックス

dspportqs

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfportq、dspportq

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

AUSM のすべての出力キューの情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspportqs
 
Port Q Num State Q-Algo Service-Seq Depth-Max CLP-High CLP-Low EFCI-Thrsh
---- ----- ----- ------ ----------- --------- -------- ------- ----------
1 1 Enabled 3 1 200 180 160 160
1 2 Enabled 3 4 900 800 700 700
1 3 Enabled 3 3 900 800 700 700
1 4 Enabled 3 5 200 180 160 160
1 5 Enabled 3 2 900 800 700 700
5 1 Enabled 3 1 200 180 160 160
5 2 Enabled 3 4 900 800 700 700
5 3 Enabled 3 3 900 800 700 700
5 4 Enabled 3 5 200 180 160 160
5 5 Enabled 3 2 900 800 700 700
6 1 Enabled 3 1 200 180 160 160
6 2 Enabled 3 4 900 800 700 700
6 3 Enabled 3 3 900 800 700 700
6 4 Enabled 3 5 200 180 160 160
6 5 Enabled 3 2 900 800 700 700
7 1 Enabled 3 1 200 180 160 160
7 2 Enabled 3 4 900 800 700 700
7 3 Enabled 3 3 900 800 700 700
7 4 Enabled 3 5 200 180 160 160
7 5 Enabled 3 2 900 800 700 700
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspportrscprtn

Display Port Resource Partition(ポートのリソース パーティションの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspportrscprtn コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのポートレベルのリソース パーティションを表示します。

シンタックス

dsprscprtn < port number >


) <port number> オプションは、MGX PXM1 スイッチだけに適用されます。MGX PXM45/PXM1E スイッチでは、パラメータなしで dsprscprtn コマンドを入力します。


シンタックスの説明

 

port number

リソース パーティションを表示するポート番号を指定します。dspports コマンドは、すべての設定ポートを表示します。ポート番号は、Port カラムに Slot.Line.Port の形式で示されます。ポート番号の範囲は、1~8 です。


) このオプションは MGX PXM1 スイッチだけに適用されます。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

例:PXM1E、PXM45

現在の AUSM カードのポート 1 のリソース パーティション設定情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspportrscprtn 1
 
Port User NumOfLcn VPI VPID VCI IngrBW EgrBW CtrlrId
Low/High Low/High Low/High
---- ----- -------- -------- --------- ------------ ------ ----- -------
1 PNNI 1000 0 / 255 1 / 1000 16 / 65535 100 100 2
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

例:PXM1E

現在の AUSM カードのポートレベルのリソース パーティションを表示します。

M8250_SJ.1.17.AUSMB8.a > dspportrscprtn
 
Port User NumOfLcn VPI VPID VCI IngrBW EgrBW
Low/High Low/High Low/High
---- ------ -------- -------- ---------- ------------ ------ -----
1 PAR 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100
1 PNNI 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100
1 TAG 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100
2 PAR 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100
2 PNNI 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100
2 TAG 1000 0 / 255 0 / 1000 0 / 65535 100 100

dspports

Display Ports(ポートの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspports コマンドを使用して、現在のカードのすべてのポートのサマリーを表示します。

シンタックス

dspports

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

addport delport dspport

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM のすべてのポートを表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dspports
 
List of ATM ports:
==================
 
Port PortType Line# Portenable Speed PortState
---- -------- ----- ---------- ----- ---------
1.5 NNI 5 UP 3622 Line alarm
1.6 NNI 6 UP 3622 Line alarm
1.7 UNI 7 UP 3622 Line alarm
1.8 NNI 8 UP 3622 Line alarm
 
List of IMA groups:
===================
 
ImaGrp PortType Conf Avail Lines configured Lines present Tol Diff Port State
rate rate Delay(ms)
------ -------- ----- ----- --------------- --------------- --------- ----------
1.1 NNI 14364 14364 1.2.3.4 1.2.3.4 275 Active
 
NextPortNumAvailable: 2
 
ImaGrp Sync State
------ ----------
 
1.1 Far-End Permanent
 
Syntax : dspports
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspprfhist

Display Profiler history(プロファイラ履歴の表示):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspprfhist コマンドを使用して、現在の MPSM カードでのプロファイラ使用履歴を表示します。


サンプリング間隔(バケット間隔)をデフォルトの 20 秒 から変更するには、cnfprfparm コマンドを使用します。


シンタックス

dspprfhist

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

MPSM-8-T1-ATM カードで、最新のプロファイル サンプルを 120 件表示します。

mgx591.1.4.MPSM8T1.ATM.a > dspprfhist
CURRENT TIME 18:29:17
Sample # 0
(From)18:28:56-(To)18:29:16
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.01
Idle - 98.00
Kernel - 0.27
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.07
tSCM 1 0.11
tOAM 5 0.05
tOAMRcv 6 0.01
tStatMgr 7 0.67
tEvtMgr 8 0.00
tLDRVDS1 19 0.41
tIMA 21 0.34
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.00
 
Sample # -1
(From)18:28:36-(To)18:28:56
TASK Task Id %
---------------------------------------
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
INTERRUPT - 0.16
Idle - 97.60
Kernel - 0.22
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.08
tSCM 1 0.14
tOAM 5 0.03
tOAMRcv 6 0.02
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.01
tONLD 15 0.20
tLDRVDS1 19 0.44
tIMA 21 0.33
tILMI 23 0.03
tBertOnBoard 25 0.02
 
Sample # -2
(From)18:28:16-(To)18:28:36
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.09
Idle - 97.88
Kernel - 0.25
MISC - 0.00
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
tRootTask 0 0.06
tSCM 1 0.12
tOAM 5 0.06
tOAMRcv 6 0.01
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.01
tRPC 14 0.00
tLDRVDS1 19 0.43
tIMA 21 0.35
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.00
tLmClient 26 0.00
 
Sample # -3
(From)18:27:56-(To)18:28:16
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.00
Idle - 97.98
Kernel - 0.27
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.07
tSCM 1 0.12
tOAM 5 0.05
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
tOAMRcv 6 0.01
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.01
tBert 18 0.00
tLDRVDS1 19 0.41
tIMA 21 0.33
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.00
 
Sample # -4
(From)18:27:36-(To)18:27:56
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.10
Idle - 97.69
Kernel - 0.26
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.07
tSCM 1 0.12
tOAM 5 0.07
tOAMRcv 6 0.01
tStatMgr 7 0.66
tEvtMgr 8 0.01
tCPM 12 0.00
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
tONLD 15 0.20
tLDRVDS1 19 0.39
tIMA 21 0.37
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.00
 
Sample # -5
(From)18:27:16-(To)18:27:36
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.16
Idle - 97.82
Kernel - 0.26
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.06
tSCM 1 0.13
tOAM 5 0.07
tOAMRcv 6 0.00
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.01
tRPC 14 0.01
tLDRVDS1 19 0.39
tIMA 21 0.34
tILMI 23 0.03
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
tBertOnBoard 25 0.00
 
Sample # -6
(From)18:26:56-(To)18:27:16
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.00
Idle - 97.97
Kernel - 0.29
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.07
tSCM 1 0.13
tOAM 5 0.05
tOAMRcv 6 0.00
tStatMgr 7 0.69
tEvtMgr 8 0.01
tBert 18 0.00
tLDRVDS1 19 0.42
tIMA 21 0.32
tILMI 23 0.02
 
Sample # -7
(From)18:26:36-(To)18:26:56
TASK Task Id %
---------------------------------------
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
INTERRUPT - 0.10
Idle - 97.64
Kernel - 0.27
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.07
tSCM 1 0.16
tOAM 5 0.04
tOAMRcv 6 0.02
tStatMgr 7 0.69
tEvtMgr 8 0.01
tCPM 12 0.00
tRPC 14 0.00
tONLD 15 0.20
tLDRVDS1 19 0.40
tIMA 21 0.32
tILMI 23 0.03
tBertOnBoard 25 0.01
 
Sample # -8
(From)18:26:16-(To)18:26:36
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.04
Idle - 97.95
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
Kernel - 0.24
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.09
tSCM 1 0.13
tOAM 5 0.05
tOAMRcv 6 0.00
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.01
tCPM 12 0.00
tRPC 14 0.00
tLDRVDS1 19 0.42
tIMA 21 0.34
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.00
 
Sample # -9
(From)18:25:56-(To)18:26:16
TASK Task Id %
---------------------------------------
INTERRUPT - 0.06
Idle - 97.93
Kernel - 0.25
MISC - 0.00
tRootTask 0 0.08
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
tSCM 1 0.11
tOAM 5 0.06
tOAMRcv 6 0.01
tStatMgr 7 0.68
tEvtMgr 8 0.02
tLDRVDS1 19 0.41
tIMA 21 0.33
tILMI 23 0.02
tBertOnBoard 25 0.01
 

次の表に、dspprfhist コマンドの出力に含まれるプロセッサのタスクを示します。


ヒント 現在の MPSM カードで実行中のプロセッサ タスクをすべて表示するには、i コマンドを使用します。


 

プロセス
内容

INTERRUPT

設定したバケット間隔中に CPU が ISR の処理を行った時間。

Idle

CPU がタスクを何も実行していない時間。アイドル時間が長くなると、カードは安定します。

Kernel

CPU がシステム レベルのハウス キーピング タスクを処理していた時間。

Misc

CPU がその他のタスクを実行していた時間。

tRootTask

CPU がその他すべてのタスクの状態をモニタしていた時間。

tSCM

シェルフ通信マネージャ。CPU が PXM との通信を保持していた時間。

tCMM

カード マネージャ。CPU が MPSM と PXM の間でアプリケーション レベルの接続を保持していた時間。

tOAM

CPU がアラーム セルに関連する OAM タスクを処理していた時間。

tOAMRcv

CPU がループバック要求セルに関連する OAM タスクを処理していた時間。

tStatMgr

統計情報マネージャ。CPU が回線、ポートおよびチャネル レベルの統計情報を収集していた時間。

tEvtMgr

イベント マネージャ。CPU がイベント タスクを実行していた時間。

tONLD

CPU がオンライン診断タスクを実行していた時間。

tCPM

接続およびポート マネージャ。CPU が、接続状態、ポート状態、関連アラーム、トラップおよび OAM 生成タスクを保持していた時間。

tConnLog

CPU が接続とポートのアラームを PXM ログに記録していた時間。

tRPC

CPU が PXM からの特別な通信を処理していた時間。

tBERT

CPU が PXM からの BERT 要求(SRM ベースの BERT)を処理していた時間。

tLDRVDS1

CPU が回線でアラーム条件をモニタしていた時間。

tLMI

CPU が、接続されたフレーム CPE デバイスからの LMI プロトコル パケットを処理していた時間。このタスクは、フレームモードだけで適用されます。

tCES

CPU が CES 関連のハウス キーピング タスクを処理していた時間。このタスクは、CES モードだけで適用されます。

tIMA

CPU が IMA 関連のイベントを実行していた時間。このタスクは、ATM モードだけで適用されます。

tILMI

CPU が、接続された CPE デバイスからの ILMI プロトコル パケットを処理していた時間。このタスクは、ATM モードだけで適用されます。

tBertOnBoard

CPU が Onboard BERT タスクを処理していた時間。

tLmClient

CPU が MPSM と PXM の間のライセンス要求とリリースを処理していた時間。

dsprscprtn

Display Resource Partition(リソース パーティションの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsprscprtn コマンドを使用して、特定の ATM ポートまたは IMA グループに割り当てられているリソース パーティションの設定を表示します。

シンタックス

dsprscprtn < port number >

シンタックスの説明

 

port number

リソース パーティションを表示するポートの番号を指定します。設定されているポートをすべて表示するには、dspports コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

現在の AUSM カードのポート 1 のリソース パーティション設定情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dsprscprtn 1
 
Port User NumOfLcn VPI VPID VCI IngrBW EgrBW CtrlrId
Low/High Low/High Low/High
---- ----- -------- -------- --------- ------------ ------ ----- -------
1 PNNI 1000 0 / 255 1 / 1000 0 / 65535 100 100 2
 
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

dspsarcnt

Display SAR Counters(SAR カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspsarcnt コマンドを使用して、特定の接続の SAR カウンタ統計情報を表示します。

シンタックス

dspsarcnt <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

表示する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

表示する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

表示する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

表示する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードのチャネル 18 の SAR カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspsarcnt 18
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 13
SarChanNum: 18
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 975174190 0
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 28 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >

dspsarcnts

Display SAR Counters(SAR カウンタの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspsarcnts コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードのすべての接続の SAR カウンタ統計情報を表示します。

シンタックス

dspsarcnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードの SAR カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > dspsarcnts
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 13
SarChanNum: 0
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 0 0
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 0 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

dspslftst

Display Self-Test(自己診断の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspslftst コマンドを使用して、現在のカードの自己診断の設定と状態を表示します。

シンタックス

dspslftst

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftsttbl、runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM または MPSM カードの自己診断の設定と状態を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspslftst
 
 
SelfTestEnable: Disable
SelfTestPeriod: 5
SelfTestState: SelfTest Passed
SelfTestResultDescription: No failure information available
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspslftsttbl

Display Self-Test Table(自己診断テーブルの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspslftsttbl コマンドを使用して、カードが実行できる自己診断を表示し、診断の設定を表示します。この診断により、カードがリセットされるか、または既存の接続が中断されるかを判断できます。

シンタックス

dspslftsttbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftst、runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM または MPSM カードの診断、診断の設定、および診断結果を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspslftsttbl
Test # Test Name Thold Fail Pass Last Enab Destr Card Rst
1 DRAM access test 1 0 0 P Y N Y
2 SRAM access test 1 0 0 P Y N Y
3 GRAM access test 1 0 0 P Y N Y
4 BRAM checksum test 1 0 0 P Y Y Y
5 CODE checksum test 1 0 0 P Y N Y
6 Line loopback test 1 0 0 P Y Y Y
7 CellBus test 1 0 0 P Y N N
8 DPRAM test 1 0 0 P Y N Y
9 CSERAM test 1 0 0 P Y N Y
10 CAM test 1 0 0 P Y Y Y
11 IMA grp lpbk test 1 0 0 P Y Y Y
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dspstatparms

Display Statistics Parameters(統計情報パラメータの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dspstatparms コマンドを使用して、現在のカードの統計情報パラメータを表示します。

シンタックス

dspstatparms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードの統計情報パラメータを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dspstatparms
TFTP Retry Count: 1
TFTP ACK time-out (sec): 60
Bucket Interval: 0
File Interval: 0
Peak Enable Flag: Disabled
Object Count: 0 STATS COLLECTION: Disabled
Object Subtype Counts: 0 0 0 0
Total File Memory Used: 0
Number of File Allocated: 0
Current File Size: 0
Stat Memory Allocated: 0
Auto Memory Allocated: 0
Auto Mem Rgn Size: 1843200
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dsptaskinfo

Display Task Information(タスク情報の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsptaskinfo コマンドを使用して、カードの内部プロセスの動作統計情報を表示します。

シンタックス

dsptaskinfo

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrtaskinfo

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Service Group

現在の AUSM または MPSM カードのタスク情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > dsptaskinfo
 
taskName msgReceivd msgSent msgSent lastSent lastSt lastSt
Failed FailedTask Failed Failed
MsgTyp Errno
---------- --------------- --------------- ---------- ---------- ------ ------
nmimRouter 0 2604 0 0 0x0
scm 14061 3437 0 0 0x0
pSNMP 0 1 0 0 0x0
cmm 1517 2950 0 0 0x0
tFiled 238 239 0 0 0x0
tSmd 1413 2270 0 0 0x0
logd 2643 1 0 0 0x0
qRpc 0 1 0 0 0x0
alarm_task 0 4 0 0 0x0
oam 2051 89 0 0 0x0
ilmi 0 0 0 0 0x0
clt 1036 402 0 0 0x0
itut 0 1 0 0 0x0
bertd 0 1 0 0 0x0
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

dsptotals

Display Totals(合計の表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

dsptotals コマンドを使用して、現在のカードの回線、ポート、チャネル、およびアラームの合計数を表示します。

シンタックス

dsptotals

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードの合計数を表示します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > dsptotals
 
total active ports = 4/8
total active chans = 0/1000
 
Card Alarms Summary:
---------------------------------------
Alarm Type Major Minor
------------------ ----- -----
Card State Alarms: 1 0
Line Alarms: 4 0
Port Alarms: 3 0
Channel Alarms: 0 0
---------------------------------------
 
Port Number Port State Number of active Channels
 
1 UP 0
2 DOWN 0
3 DOWN 0
4 DOWN 0
5 UP 0
6 UP 0
7 UP 0
8 DOWN 0
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

Help

Help(ヘルプ):USM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

Help コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードがサポートするコマンドのリストを表示します。

シンタックス

Help

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

? コマンド

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードのコマンド リストを表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > Help
 
? No Any Any User
Help No Any Any User
addaimgrp Yes Active Group 1
addchanloop No Active Group 4
addcon Yes Active Group 2
addimagrp Yes Active Group 1
addln Yes Active Group 1
addlnloop Yes Active Service Group (-1)
addlns2aimgrp Yes Active Group 1
addlns2imagrp Yes Active Group 1
addport Yes Active Group 1
addrscprtn Yes Active Group 1
addspvc Yes Active Group 2
aimhelp No Any Any User
chkflash No Any Strata Group (-2)
clear No Any Any User
clraimgrpcnt No Active Group 1
clraimlncnt No Active Group 1
clralm No Any Group 5
clralmcnt No Any Group 5
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

i

Information(情報):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

i コマンドを使用して、現在のカードで実行中のソフトウェア タスクに関する情報を表示します。

シンタックス

i

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dsptaskinfo

アトリビュート

ログ:なし

状態:任意

特権:Service Group

タスク情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > i
 
NAME ENTRY TID PRI STATUS PC SP ERRNO DELAY
---------- ------------ -------- --- ---------- -------- -------- ------- -----
tExcTask excTask 80e34738 0 PEND 801172a0 80e34640 0 0
tRootTask usrRoot 80e3de28 1 PEND+T 801172a0 80e3db40 3d0004 4
tShell shell 80e31c18 5 PEND 800fc2e0 80e317d0 3d0002 0
tTimerTask timerTask 80dc1750 50 SUSPEND 800ef958 80dc16e0 0 0
tSmCmdTsk1 cmdTask 80b33bd8 50 PEND 800fc2e0 80b335d8 3006b 0
tSmOutTsk1 smtermOutTas 80b2f250 50 PEND 800fc2e0 80b2ef28 0 0
tSmCmdTsk2 cmdTask 80b3bda8 50 READY 801057ec 80b3ac90 3d0002 0
tSmOutTsk2 smtermOutTas 80b28a80 50 READY 800fc2e0 80b28758 0 0
scm scmMain 80dc0568 55 READY 800f00b0 80dc04d8 0 0
cmm cmmMain 80dbd370 55 PEND+T 801172a0 80dbd280 3d0004 4
tSmd smtermd 80dbaa58 55 READY 800fc29c 80dba6b8 3d0002 0
tFiled fileDeamon 80d6bd60 55 PEND 801172a0 80d6bc48 0 0
oam OamMain 80d3cae8 55 READY 800f00b0 80d3c9e0 3d0002 0
talarm alarm_task 80d3a8f0 55 READY 800f00b0 80d3a800 0 0
logd logMsgTask 80d386f8 55 PEND 801172a0 80d38610 0 0
NMIMmsgd routerMain 80d364d8 55 PEND 801172a0 80d363f0 0 0
NMIMpSNMP pSNMPMain 80d342e0 55 PEND 801172a0 80d341f0 0 0
imacore icoreFwLoop 80d320e8 55 READY 800f00b0 80d32068 3d0002 0
tconn ConnMgrTask 80d29c08 55 PEND 801172a0 80d29a48 0 0
tilmi IlmiMain 80d27a10 55 READY 800f00b0 80d27930 0 0
rtdd rtd_task 80d215d8 55 DELAY 800f00b0 80d21540 0 296
qird qir_reset_ta 80d1f3e0 55 READY 800f00b0 80d1f328 0 0
cdmahm cdmaHm 80d1d1e8 55 READY 800f00b0 80d1d110 0 0
clt ConnectionLo 80d1aff0 55 PEND+T 801172a0 80d1aed0 3d0004 94
itut imaTableUpda 80d16c00 55 PEND 801172a0 80d16a88 0 0
tRpc rpcMain 80d12810 55 READY 801172a0 80d126f8 3d0004 0
tSvcBillingsmSvcBilling 80d10598 55 DELAY 800f00b0 80d104b0 0 9642
tBgndCheck 800c939c 80d061e0 55 READY 800f00b0 80d060f0 0 0
tslftst slftstmain 80d18df8 58 DELAY 800f00b0 80d18d38 3d0002 23659
statsd tftpstatsTas 80db7340 60 DELAY 800f00b0 80db7298 0 1785
bertd BertMain 80d14a08 100 PEND+T 801172a0 80d14920 3d0004 45
resyncMain smrmResynchM 80d0e3a0 100 DELAY 800f00b0 80d0e288 0 4292136932
resyncSmrp smrpMsgHandl 80d0a5b0 100 PEND 801172a0 80d0a478 0 0
resyncSmrc smrcStartFin 80d083c8 100 PEND 800fc2e0 80d08300 3d0002 0
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

insbiterror

Insert Bit Error(ビット エラー挿入):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

insbiterror コマンドを使用して、現在のカードに設定された伝送 BERT パターンに、シングル ビット エラーを挿入します。

シンタックス

insbiterror <ifNumber>

シンタックスの説明

 

ifNumber

シングル ビット エラーを挿入するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

ビット誤り率試験の実行中に、スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 1、ポート 1 にシングル ビット エラーを挿入し、dspbertstats コマンドを使用して受信したエラー カウントを確認します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > insbiterror 1.1
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > dspbertstats 1.1
 
Interface Number : 1.1
Rx Bit Count : 29493114
Rx Bit Error Count : 1
Sync Loss Transition : 0
Pattern Loss Count (secs) : 0
 
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

memShow

Memory Show(メモリの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

memShow コマンドを使用して、現在のカードが使用しているメモリに関する情報を表示します。

シンタックス

memShow

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在のカードのメモリ使用状況を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > memShow
status bytes blocks avg block max block
------ --------- -------- ---------- ----------
current
free 7731976 616 12551 7509496
alloc 3297984 8272 398 -
cumulative
alloc 19442880 331033 58 -
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

movelic

Move Licenses(ライセンスの移動):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

movelic コマンドを使用して、機能ライセンスをサービス モジュールから PXM のライセンス プールへ移動します。ライセンスがある状態でサービス モジュールが出荷された場合、そのサービス モジュールはライセンスの輸送コンテナのような役割を持っているだけです。ライセンスがインストールされたサービス モジュールを受け取ったら、movelic コマンドを使用してライセンスをサービス モジュールから PXM のライセンス プールに移動し、機能ライセンスが使用できるようにします。


) dspliccd コマンドを入力すると、サービス モジュールにインストールされている、PXM のライセンス プールに移動可能なライセンスが表示されます。


シンタックス

movelic

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspliccd

アトリビュート

 

ログ: あり

状態: 任意

特権: Service Group

スロット 6 の MPSM-8T1E1 カードから PXM ライセンス プールにライセンスを移動します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1E1.s > movelic
------------------------------------------------
Programmed License Type #Programmed
----------------------- -----------
IMA 4
Rate-Control 4
Channelization 4
Do you want to proceed (Yes/No)? Yes

Card Licenses have been moved to license pool.

 
Card Licenses have been moved to license pool.
 

myid

My Identification(自分の ID):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

myid コマンドを使用して、スイッチへのログインに使用したユーザ名を表示します。

シンタックス

myid

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

ログインに使用したユーザ名を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > myid
superuser
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

oldcnfcdrscprtn

Old Configure Card Resource Partition(カードのリソース パーティションの旧設定)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

カードのリソース パーティションは、ATM ポートまたは IMA グループを新しく作成したときに各コントローラのリソース パーティションに割り当てられる最大 LCN(論理接続数)を定義します。oldcnfcdrscprtn コマンドを使用して、特定のコントローラの最大 LCN 数を変更します。

シンタックス

oldcnfcdrscprtn <controller> <numOfLcnAvail>

シンタックスの説明

 

controller

設定するコントローラを選択します。

PAR/PVC = 1

PNNI/SPVC = 2

TAG = 3

numOfLcnAvail

コントローラに割り当てる最大 LCN 数を選択します。範囲は 1~1000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

pausediag

Pause Diagnostic Tests(診断テストの一時停止):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

pausediag コマンドを使用して、現在のカードでスケジュール設定されているオンライン診断テストを一時的に中断します。

シンタックス

pausediag

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードでスケジュール設定されている診断テストを一時停止します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > pausediag
Online Diagnostic tests have been paused.
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 

restartimagrp

Restart IMA Group(IMA グループの再開):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

restartimagrp コマンドを使用して、指定の IMA グループを手動で再開します。このコマンドは、通常、IMA 自動再開機能が無効になっており、IMA グループの動作が次に示すサービス イベントにより停止した場合に使用します。

近端または遠端で、回線がループバック モードになった。

1 本以上の回線が誤って別のスイッチに移動された。

遠端の IMA グループが削除され、再度追加された。

回線に変更があると、影響された回線が IMA グループの動作に必要な回線である場合、IMA グループの動作が停止することがあります。

IMA グループが正しく動作するには、IMA グループが、近端と遠端の一意の IMA グループ ID を学習している必要があります。IMA グループの動作が停止し、再開する必要がある場合は、次のオプションで restartimagrp コマンドを使用することができます。

アクションなし。IMA グループを新規グループとして開始します。

固定 IMA グループ ID。以前に学習した遠端の IMA グループ ID を使用して IMA グループを再開します。別の IMA グループに接続されている回線はすべて、IMA グループの動作から除外されます。

IMA グループ ID 再学習。IMA グループを再開して、遠端の IMA グループ ID を再学習します。

シンタックス

restartimagrp <group_num> <restart_mode>

シンタックスの説明

 

group_num

再開する IMA グループの番号を入力します。設定されている IMA グループを表示するには、dspimagrps コマンドを使用します。

restart_mode

次の再開モードを表す番号を入力します。

アクションなし= 1

固定 IMA グループ ID = 2

IMA グループ ID 再学習 = 3

関連コマンド

cnfautorestart、dspautorestart

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 1

以前に学習した遠端の IMA グループ ID を使用して IMA グループ 1 を再開します。

PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a > restartimagrp 1 2
 
PXM1E_SJ.1.1.AUSMB8.a >

resumediag

Resume Diagnostics(診断の再開):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

resumediag コマンドを使用して、現在のカードでスケジュール設定されているオンライン診断テストの一時停止を解除して再開します。

シンタックス

resumediag

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードで、スケジュール設定されたオンライン診断テストの一時停止を解除して再開します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > resumediag
Online Diagnostic tests are being resumed.
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

rrtcon

Reroute Connection(接続の再ルーティング)(PXM1E のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

rrtcon コマンドを使用して、2 台の異なるスイッチ間の接続を再ルーティングします。


) このコマンドは、マスター エンドポイントだけ、および 2 台の異なるスイッチ間の接続だけで動作します。このコマンドは、同じスイッチ内の 2 つのインターフェイス間の接続である DAX 接続は再ルーティングしません。


シンタックス

rrtcon <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

再ルーティングする接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

再ルーティングする接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

再ルーティングする接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

再ルーティングする接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

関連コマンド

dncon、upcon

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

LCN 19 の接続を再ルーティングします。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > rrtcon 19
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

rundiagtest

Run Diagnostic Test(診断テストの実行):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

rundiagtest コマンドを使用して、個別のオンライン診断テストを実行します。

シンタックス

rundiagtes t < TestId > [ param1 ] [ param2 ]

シンタックスの説明

 

TestId

実行する診断テストの ID 番号。範囲は 1~23 です。使用可能な診断テストと、それに対応するテスト ID 番号を表示するには、 dspdiagtests コマンドを使用します。

param1

テストのパラメータ 1。個々のオンライン診断テストに対して設定可能なパラメータを表示するには、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

param2

テストのパラメータ 2。個々のオンライン診断テストに対して設定可能なパラメータを表示するには、dspdiagtests <TestId> コマンドを入力します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードで、オンライン診断テスト番号 4 を実行します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > rundiagtest 4
 
NP Performance Monitor PASSED
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

runslftstno

Run Self Test Number(自己診断番号の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

runslftstno コマンドを使用して、AUSM または MPSM カードで 1 つの自己診断を実行します。自己診断のリストを表示するには、このコマンドをパラメータなしで入力するか、または dspslftsttbl コマンドを入力します。

シンタックス

runslftstno <test_no>

シンタックスの説明

 

test_no

実行する診断の番号を入力します。


注意 一部の診断では、カードがリセットされるか、または接続が中断されます。このような診断は、dspslftsttbl コマンドの出力で識別できます。

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftst、dspslftsttbl

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

自己診断番号 9 を実行します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > runslftstno 9
Test Number 9 Result: PASS
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

setcmdc

Set Command Completion(コマンド補完の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

setcmdc コマンドを使用して、コマンドの補完機能を有効または無効にします。有効にすると、不完全なコマンドに対して、そのコマンドの入力に一致するコマンドのリストが表示されます。

シンタックス

setcmdc <on|off>

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

コマンドの補完機能を有効にします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > setcmdc on
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

setpagemode

Set Page Mode(ページ モードの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

setpagemode コマンドを使用して、ページ区切り機能を有効または無効にします。ページ区切り機能を有効にすると、コマンドの情報がページ単位で表示され、画面の長さに収まります。コマンドの出力に複数のページが必要な場合は、Return キーを押して次のページを表示するか、Q キーを押して出力を中止します。ページ区切りをしない出力は、止らずに表示されますが、出力の先頭の情報を見るために画面上部にスクロールする必要があります。

シンタックス

setpagemode <on|off>

シンタックスの説明

 

<on|off>

ページ区切りを有効にする場合は on を、無効にする場合は off を指定します。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

コマンド出力のページ区切りを有効にします。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > setpagemode on
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >

startbert

Start Bit Error Rate Testing(ビット誤り率試験の開始):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

startbert コマンドを使用して、現在のカードで、指定した回線およびポートに設定したビット誤り率試験を実行します。

シンタックス

startbert <ifNumber>

シンタックスの説明

 

ifNumber

ビット誤り率試験を開始するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 1 で BERT 試験を開始します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > startbert 1.0
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >

stopbert

Stop Bit Error Rate Testing(ビット誤り率試験の停止):MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

stopbert コマンドを使用して、現在のカードの指定した回線およびポートで実行中のビット誤り率試験を停止します。

シンタックス

stopbert < ifNumber >

シンタックスの説明

 

ifNumber

ビット誤り率試験を停止するインターフェイス番号を line.port の形式で指定します。

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM の回線番号の範囲:1~8

MPSM-8T1-ATM および MPSM-8E1-ATM のポート番号の範囲:1~8


) 回線の BERT テストを指定する場合は、ポート番号を 0 にします。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

スロット 6 の MPSM-8T1-ATM カードの回線 1 で BERT 試験を停止します。

M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a > stopbert 1.0
 
M8250_SJ.1.6.MPSM8T1.ATM.a >
 

tstcon

Test Connection(接続のテスト):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

tstcon コマンドを使用して、addcon コマンドで作成した接続の完全性をテストします。tstcon コマンドでは、ローカルからリモート エンドに一連の監視用セルが送信され、成功または失敗のメッセージが表示されます。

シンタックス

tstcon <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

テストする接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

テストする接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

テストする接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

テストする接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 4

ポート 1 の接続 100/100 をテストします。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > tstcon 1.100.100
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
TestCon in progress.
 
TestCon Passed.

tstconseg

Test Connection Segment(接続セグメントのテスト):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

tstconseg コマンドを使用して、addcon コマンドで作成した接続の完全性をテストします。tstconseg コマンドは、スイッチと、スイッチに接続された CPE 装置の間の接続をテストします。

シンタックス

tstconseg <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

テストする接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

テストする接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

テストする接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

テストする接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 4

チャネル 16 の接続をテストします。

PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a > tstconseg 16
 
PXM1E_SJ.1.13.AUSMB8.a >
Segment Loopback Test (CPE side) Failed.
 

tstdelay

Test Delay(遅延のテスト):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

tstdelay コマンドを使用して、接続をテストします。このコマンドでは、テスト結果と、接続テストにかかった時間が表示されます。

シンタックス

tstdelay <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

テストする接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

テストする接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

テストする接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

テストする接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:Group 4

接続 16 をテストします。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > tstdelay 16
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >
TestDelay in progress.
 
TestDelay Passed with 1 ms.
 
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

upcon

Up Connection(接続の始動)(PXM1E のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

upcon コマンドを使用して、接続を始動します。


) このコマンドは、マスター側のエンドポイントだけで使用できます。


シンタックス

upcon <port_num.vpi.vci | channel_num>

シンタックスの説明

 

port_num

始動する接続のポート番号を入力します。設定されているポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。接続の全リストを表示するには、dspcons コマンドを入力します。

vpi

始動する接続の VPI を入力します。接続の VPI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

vci

始動する接続の VCI を入力します。接続の VCI は、dspcons コマンドの出力で表示されます。

channel_num

始動する接続のチャネル番号を入力します。接続のチャネル番号は、dspcons コマンドの出力で LCN カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Group 1

ポート 2、VPI と VCI がそれぞれ 100 と 100 の接続を始動します。

PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a > upcon 2.100.100
 
PXM1E_SJ.1.4.AUSMB8.a >

upport

Up Port(ポートの始動)(PXM1 のみ):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B

upport コマンドを使用して、特定のポートをアクティブにします。


ヒント ポートの状態を表示するには、dspport コマンドを使用します。アクティブになっているポートは PortState に active と表示されます。


シンタックス

upport < PortNum > < port_type > < line_num >

シンタックスの説明

 

PortNum

アクティブにするポートの番号。現在の AUSM および MPSM カードでプロビジョニングされているポートをすべて表示するには、dspports コマンドを使用します。ポート番号の範囲は、1~8 です。

port_type

ポートの種類を次のいずれかに指定します。

1 = UNI

2 = NN1

line_num

始動するポートに関連する回線の番号を入力します。現在のカードの回線リストを表示するには、dsplns コマンドを入力します。

関連コマンド

dspport、downport

アトリビュート

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

現在の MPSM カードで、NNI ポート 5、回線 5 をアクティブにします。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a > upport 5 2 5
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a >

version

Display Versions(バージョンの表示):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

version コマンドを使用して、ファームウェア バージョン、オペレーティング システムのカーネル バージョン、およびソフトウェア ビルドの日付など、AUSM または MPSM カードのソフトウェア情報を表示します。

シンタックス

version

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcd

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Any User

現在の AUSM カードのバージョン情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a > version
 
***** Cisco Systems Inc. AXIS AUSM-8T1/E1 Card *****
Firmware Version = 020.000.001.000-D
Backup Boot version = AU8_BT_1.0.02
AUSM8p Xilinx file = ausm8pXilinx.h
VxWorks (for CISCO) version 5.1.1-R3000.
Kernel: WIND version 2.4.
Made on Mon Jul 1 23:25:34 PDT 2002.
Boot line:
 
 
PXM1E_SJ.1.21.AUSMB8.a >
 

xclrchancnt

Clear Channel Counters(チャネル カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

x clrchancnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードの接続の統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

xclrchancnt -chn <ChanNum>

シンタックスの説明

 

ChanNum

統計情報をクリアする接続のチャネルを指定します。接続情報は、dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。


ヒント PXM1E および PXM45 プラットフォームでは、チャネル番号は、dspcons および dspchans コマンド出力の LCN カラムに表示されます。PXM1 プラットフォームでは、チャネル番号は、dspcons および dspchans コマンド出力の Chan カラムに表示されます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

M8230_CH.1.4.AUSM8.a > xclrchancnt -chn 16
 
M8230_CH.1.4.AUSM8.a >

xclrportcnt

Clear Port Counters(ポート カウンタのクリア):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

xclrportcnt コマンドを使用して、現在の AUSM または MPSM カードに関連付けられている特定のポートのカウンタ値をクリアします。

シンタックス

xclrportcnt -pt < Port Num >

シンタックスの説明

 

-pt

カウンタを削除するポート番号。設定されているポートを表示するには、dspports または xdspports コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:Group 1

現在の AUSM カードのポート 1 のポート カウンタをクリアします。

M8230_CH.1.4.AUSM8.a > xclrportcnt -pt 1
 
M8230_CH.1.4.AUSM8.a >

xcnfalm

Configure Alarm Counters and Statistics(アラーム カウンタと統計情報の設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

xcnfalm コマンドを使用して、現在の FRSM カードの指定した回線に対してアラーム カウンタ、しきい値、統計情報を設定します。

シンタックス

xcnfalm -ds1 < LineNum > [-red < RedSeverity >] [-rai < RAISeverity >] [-neu < NEAlarmUpcount >]

[-ned < NEAlarmDncount >] [-net < NEAlarmThreshold >] [-feu < FEAlarmUpcount >]

[-fed < FEAlarmDncount >] [-fet < FEAlarmThreshold >]

シンタックスの説明

 

<LineNum>

設定する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを使用します。

-red

RedSeverity

1 = マイナー

2 = メジャー

-rai

Remote Alarm Indication(RAI; リモート アラーム表示)の重大度。

1 = マイナー

2 = メジャー

-neu

近端アラームの積算カウンタ。範囲は、1~65535 です。

-ned

近端アラームの減算カウンタ。範囲は、1~65535 です。

-net

近端アラームのしきい値。範囲は、1~65535 です。

-feu

遠端アラームの積算カウンタ。範囲は、1~65535 です。

-fed

遠端アラームの減算カウンタ。範囲は、1~65535 です。

-fet

遠端アラームのしきい値。範囲は、1~65535 です。

 

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:Service Group

現在の AUSM カードの回線 1 の RAI 重大度をマイナーからメジャーへ変更します。

M8230_CH.1.4.AUSM8.a > xcnfalm -ds1 1 -rai 2

xcnfrscprtn

Configure Resource Partition(リソース パーティションの設定):AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B、MPSM-8T1-ATM、MPSM-8E1-ATM

xcnfrscprtn コマンドを使用して、ポートレベルのリソース パーティションの設定を変更します。

シンタックス:PXM1E、PXM45

xcnfrscprtn -pt <portNum> -ctrlr <controller> -rs <rowStatus> -inuse < inUse > [ -ingrbw <ingressBW>] [ -egrbw <egressBW>] -lovpi <VpiLow> -hivpi <VpiHigh> -lovci <VciLow> -hivci <VciHigh> -lovpid <VpidLow> -hivpid < VpidHigh > -maxlcn < maxChans > [ -ctrlrid <controller-id>]

シンタックス:PXM1

xcnfrscprtn -pt <portNum> -ctrlr <controller> -rs <rowStatus> -inuse < inUse > [ -ingrbw <ingressBW>] [ -egrbw <egressBW>] -lovpi <VpiLow> -hivpi <VpiHigh> -lovci <VciLow> -hivci <VciHigh> -lovpid <VpidLow> -hivpid < VpidHigh > -maxlcn < maxChans >

シンタックスの説明

 

-pt

変更するリソース パーティションに関連付けられたポートの番号。dspports と xdspports コマンドで、設定されているすべてのポートが表示されます。

-ctrlr

このパーティションのコントローラ。

1 = PAR (PVC)

2 = PNNI (SPVC)

3 = TAG (MPLS)

-rs

ロウ(Row)状態。

追加 = 1

削除 = 2

変更 = 3

-inuse

パーティションが使用中かどうかを指定します。状態を示す数値を入力します。

-ingrbw

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

-egrbw

出力帯域幅の割合。このコントローラが出力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100% です。

-lovpi

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VPI 番号。範囲は 1~255 です。

-hivpi

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VPI 番号。範囲は 1~255 です。

-lovci

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

-hivci

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大 VCI 番号。範囲は 0~65535 です。

-lovpid

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最小仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

-hivpid

このポートに指定されているコントローラの種類( cntrlr_type )を使用する接続で許可される最大仮想パス識別番号。範囲は 1~1000 です。

-maxlcn

このポート リソース パーティションで使用可能な最大 LCN 数。範囲は 1~1000 です。

-ctrlr_id

このパーティションが使用するコントローラに関連付ける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

アトリビュート

 

ログ: あり

状態: アクティブ

特権: Group 1

現在の MPSM カードのポート 1 で PNNI ポートレベルのパーティションを変更して、最大 300 の LCN をサポートできるようにします。

M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a > xcnfrscprtn -pt 1 -ctrlr 2 -rs 3 -maxlcn 300
 
M8250_SJ.1.22.MPSM8T1.ATM.a >