Cisco Frame Relay ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド・コマンド リファレンス
FRSM コマ ンド リファレンス
FRSM コマ ンド リファレンス
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

FRSM コマ ンド リファレンス

?

acqdsx3bert

addchanloop

addcon

addds3loop

addds3rmtloop

addln

addlnloop

addport

addrmtloop

addrscprtn

addspvc

chkflash

clear

clralm

clralmcnt

clralmcnts

clralms

clrbertcntrs

clrcderrs

clrchancnt

clrchancnts

clrmsgcnt

clrportcnt

clrportcnts

clrsarcnt

clrsarcnts

clrscrn

clrslftst

clrtaskinfo

cls

cnfchan

cnfchanabrparams

cnfchanabrrates

cnfchancacoff

cnfchanegressq

cnfchaneir

cnfchaningressq

cnfchanmap

cnfchanpol

cnfchansrvrate

cnfchanstdabr

cnfclktype

cnfcon

cnfds3ln

cnfdsx3bert

cnfegrq

cnfegrservtype

cnfln

cnflnloop

cnflnsubrate

cnfm32eqthresh

cnfoamlpbk

cnfport

cnfportcllm

cnfrdimapenbl

cnfrscprtn

cnfslftst

cnfstdabrctrl

cnftrafficgen

cnfunit391

copychans

copyports

cpstobps

delchan

delchanloop

delchans

delcon

delds3loop

deldsx3bert

dellndelln

dellnloop

delport

delports

delrscprtn

dncon

dspalm

dspalmcnf

dspalmcnt

dspalms

dspbufoverflow

dspcd

dspcderrs

dspchan

dspchancnt

dspchanmap

dspchans

dspchanstdabr

dspchstats

dspcon

dspcons

dspds3ln

dspds3lns

dspdsx3bert

dspegrq

dspegrqs

dspegrservtype

dspfdminfo

dspfeature

dsplcn

dspln

dsplns

dspm32eqthresh

dspmaptbl

dspmsgcnt

dspoamlpbk

dspport

dspportcnt

dspports

dspportstats

dsprdimapenbl

dsprscprtn

dspsarcnt

dspsarcnts

dspservrate

dspslftst

dspslftsttbl

dspstatparms

dspstdabrctrl

dsptaskinfo

dsptotals

dsptrafficgen

dspunit391

dspusedlnmap

Help

i

memShow

moddsx3bert

myid

queDsp

rrtcon

runslftstno

setcmdc

setpagemode

startdsx3bert

tstcon

tstdelay

upcon

version

xclrchancnt

xclrportcnt

xcnfalm

xcnfalmcnt

xcnfchan

xcnfchanstdabr

xcnfdsx3bert

xcnfln

xcnfport

xcnfportrscprtn

xdspchan

xdspchancnt

xdspchans

xdspchanstdabr

xdspdsx3bert

xdspln

xdsplns

xdspport

xdspportcnt

xdspports

FRSM コマ ンド リファレンス

MGX 8830 または MGX 8850 スイッチの設定、監視、制御に最適なツールは、CiscoView と Cisco WAN Manager アプリケーションです。コマンド行インターフェイス(CLI)からも MGX 8830 または MGX 8850 にアクセスできます。これは、初期インストール、トラブルシューティング、低レベルの制御が有効な状況で役に立ちます。

次に示す表内のコマンド( 表 4-1 表 4-6 )は、主要な機能グループで分類されています。各表には、コマンドの完全な名前とコマンドが有効なカードを示します。一般的なコマンドの使用例は、このマニュアルの設定に関する章で説明しています。

FRSM コマンドの特権レベルは各コマンドのページに示してあり、help や ? コマンドで CLI から探すことができます。ユーザのログイン特権レベルやそれ以下で使用できるコマンドは、CLI で表示したり、使用したりできます。

コマンド行インターフェイスの使用方法の詳細については、Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Software Configuration Guide, Release 4を参照してください。


ヒント このマニュアルを PDF ファイルで表示している場合は、次の表の各コマンドをクリックすると、そのコマンドの説明を参照できます。また、「関連コマンド」に示されているコマンドをクリックすると、その説明を表示できます。


 

表 4-1 FRSM セッション管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

?

clear

clrscrn

cls

Help

myid

setcmdc

setpagemode

 

表 4-2 FRSM カード管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

chkflash

clrcderrs

clrmsgcnt

clrslftst

clrtaskinfo

cnfegrservtype

cnfslftst

cnfstdabrctrl

cnfunit391

dspbufoverflow

dspcd

dspcderrs

dspegrservtype

dspfdminfo

dspfeature

dspmsgcnt

dspslftst

dspslftsttbl

dspstatparms

dspstdabrctrl

dsptaskinfo

dsptotals

dspunit391

i

memShow

runslftstno

version

 

表 4-3 FRSM 回線管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

acqdsx3bert

addds3loop

addds3rmtloop

addln

addlnloop

addrmtloop

clralm

clralmcnt

clralmcnts

clralms

clrbertcntrs

cnfclktype

cnfds3ln

cnfdsx3bert

cnfln

cnflnloop

cnflnsubrate

cnfoamlpbk

cnfrdimapenbl

delds3loop

deldsx3bert

delln

dellnloop

dspalm

dspalmcnf

dspalmcnt

dspalms

dspds3ln

dspds3lns

dspdsx3bert

dspln

dsplns

dspoamlpbk

dsprdimapenbl

dsptotals

dspusedlnmap

moddsx3bert

startdsx3bert

xcnfalm

xcnfalmcnt

xcnfdsx3bert

xcnfln

xdspdsx3bert

xdspln

xdsplns

 

表 4-4 FRSM ポート管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

acqdsx3bert

addport

clrportcnt

clrportcnts

cnfdsx3bert

cnfegrq

cnfm32eqthresh

cnfport

cnfportcllm

copyports

deldsx3bert

delport

delports

dspdsx3bert

dspegrq

dspegrqs

dspm32eqthresh

dspport

dspportcnt

dspports

dspportstats

dsptotals

moddsx3bert

startdsx3bert

xclrportcnt

xcnfdsx3bert

xcnfport

xdspdsx3bert

xdspport

xdspportcnt

xdspports

 

表 4-5 FRSM リソース パーティション管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

addrscprtn

cnfrscprtn

delrscprtn

dsprscprtn

xcnfportrscprtn

 

表 4-6 FRSM 接続管理コマンド

コマンド
FRSM-8T1/E1
FRSM-8T1/E1-C
FRSM-2T3E3
FRSM-2CT3
FRSM-HS2/B

addchanloop

addcon

addspvc

clrchancnt

clrchancnts

clrsarcnt

clrsarcnts

cnfchan

cnfchanabrparams

cnfchanabrrates

cnfchancacoff

cnfchanegressq

cnfchaneir

cnfchaningressq

cnfchanmap

cnfchanpol

cnfchansrvrate

cnfchanstdabr

cnfcon

cnftrafficgen

copychans

cpstobps

delchan

delchanloop

delchans

delcon

dncon

dspchan

dspchancnt

dspchanmap

dspchans

dspchanstdabr

dspchstats

dspcon

dspcons

dsplcn

dspmaptbl

dspsarcnt

dspsarcnts

dspservrate

dsptotals

dsptrafficgen

queDsp

rrtcon

tstcon

tstdelay

upcon

xclrchancnt

xcnfchan

xcnfchanstdabr

xdspchan

xdspchancnt

xdspchans

xdspchanstdabr

?

ヘルプ:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

? コマンドを使用して、FRSM カードでサポートされているコマンドのリストを表示します。

シンタックス

?

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

次の例は、現在の FRSM-HS2/B カードのコマンド リストを示しています。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > ?
 
? No Any Any User
Help No Any Any User
addchanloop No Active Group 4
addcon Yes Active Group 2
addln Yes Active Group 1
addlnloop Yes Active Service Group (-1)
addport Yes Active Group 1
addrscprtn No Active Any User
addspvc Yes Active Group 2
chkflash No Any Strata Group (-2)
clear No Any Any User
clrcderrs No Any Super Group (0)
clrchancnt No Active Group 5
clrchancnts No Active Group 3
clrmsgcnt No Active Group 5
clrportcnt No Active Group 5
clrportcnts No Active Group 5
clrsarcnt No Active Group 5
clrsarcnts No Active Group 5
clrscrn No Any Any User
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 

acqdsx3bert

DS3 BERT の取得:FRSM 2T3E3

acqdsx3bert コマンドで、BERT コントロールとリソースを取得します。このコマンドによって、BERT を同時に使用できるユーザを 1名だけに制限できます。dspdsx3bert コマンドを使用して、現在の FRSM カードの BERT コントロールを確認します。

シンタックス

acqdsx3bert

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの BERT コントロールを取得します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > acqdsx3bert
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >
 

addchanloop

チャネル ループバックの追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addchanloop コマンドを使用して、現在の FRSM カードにチャネル ループバックを設定します。このコマンドを実行すると、チャネルは Segmentation And Reassembly(SAR)段階でループします。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

シンタックス

addchanloop <Port.DLCI|chan_num>

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式で、チャネル ループバックを行うポートと DLCI を指定します。チャネル ポートと DLCI 情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。カード タイプ別のポート番号の範囲は、次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲 = 1~192

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲 = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B = 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B:1~8( 12IN1-8S バック カード)

DLCI の範囲は、16~1023 です。

chan_num

ポートのチャネル番号を、dspcons レポートに表示されているとおりに入力します。

関連コマンド

delchanloop、dspchans、dspcons tstcon tstdelay


ヒント 接続のループバック ステータスを表示するには、dspcon コマンドを使用して、ChanLocalRemoteLpbkState というラベルの付いている行を探します。


アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 16 にチャネル ループバックを追加します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > addchanloop 1.16
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >
 

addcon

接続の追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addcon コマンドを使用して、現在の FRSM カードのポート上の SPVC 接続の一方の端を設定します。

このリリースのソフトウェアは、両終端と片終端のプロビジョニングをサポートしています。両終端のプロビジョニングでは、最初に SPVC のスレーブ側を設定し、次にマスター側を設定します。両終端接続のスレーブ側とマスター側の両方を addcon コマンドで設定できます。

片終端のプロビジョニングでは、マスター側を設定するだけで、スレーブ側は自動的に設定されます。このソフトウェアのリリースは、マスターのエンド ポイントが別のデバイス上で定義され、FRSM カードがスレーブ接続をサポートする場合は、片終端のプロビジョニングが可能です。このソフトウェアのリリースは、ローカルの FRSM カードをマスターとする場合には、片終端のプロビジョニングを行うことはできません。

接続を追加する場合、ソフトウェアは、リモート側の設定をチェックし、リモート接続の設定が一致するかを確認します。ローカルとリモートの設定パラメータが一致しない場合は、接続が追加されません。表 4-7 に、接続を作成する場合に検査される接続パラメータを示します。

 

表 4-7 一致する必要がある接続パラメータ

接続の種類
チェックされる ATM パラメータ

CBR

PCR

VBRrt、VBRnrt

PCR、SCR、MBS

stdABR

PCR、MCR

UBR

PCR


ヒント addcon コマンドを使用する場合は、接続に対する CIR を入力する必要があります。このコマンドでは、その値が適用可能な ATM パラメータに変換されます。addcon コマンドのオプションを使用して、計算された ATM パラメータを別の値で指定することもできます。FRSM カード間の接続を生成する場合は、両端に同じ CIR を持つ接続を設定することができます。この場合は、ATM パラメータが各端で同様に計算されます。FRSM カードと ATM サービス モジュール間の接続を生成する場合は、各端の ATM パラメータが一致することを確認する必要があります。FRSM カードの CIR から計算された ATM パラメータを確認するには、dspcon コマンドによる出力表示中の ChanConnPCR、ChanConnMCR、および ChanConn SCR パラメータを調べます。ATM の速度であるセル/秒(Cps)を CIR で使用されるビット/秒(Bps)に変換するには、cpstobps コマンドを使用します。


シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

addcon < port_number > < DLCI > < CIR > [-cntp <ChanIntworkingType>] [-contp <ControllerType>]
[-sertp <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-pcr <localPCR>]
[-scr <localSCR>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-ingut <IngrPercentUtil>]
[-ovrid <OvrSubOvrRide>] [-egrat <EgrSrvRate>] [-egut <EgrPercentUtil>] [-bc <BurstCommit>]
[-be <BurstExcess>] [-detag <DETaggingEnable>] [-demap <DEtoCLPmap>] [-clpmap <CLPtoDEmap>]
[-iqdet <IngressDEThresh>] [-iqecn <IngressQECNthresh>] [-iqdep <IngressQDepth>]
[-eqdet <EgressDEThresh>] [-eqdep <EgressQDepth>] [-eqecn <EgressQECNThresh>]
[-cos <ATMConnServiceType>] [-maxcost <MaxCost>] [-type <restrictedType>] [-rtngprio <RoutingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>] [-directrte <DirectedRoute>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>]
[-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>]


) addcon コマンドが異常終了して「Failed to update disk」というメッセージが表示される場合は、PNNI コントローラが PXM1E または PXM45 カードに追加されていない可能性があります。PNNI コントローラの追加については、Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Software Configuration Guide, Release 4を参照してください。


シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addcon < port number > < DLCI > < CIR > [-cntp <ChanIntworkingType>] [-contp <ControllerType>]
[-sertp <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-pcr <localPCR>]
[-scr <localSCR>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-ingut <IngrPercentUtil>]
[-ovrid <OvrSubOvrRide>] [-egrat <EgrSrvRate>] [-egut <EgrPercentUtil>] [-bc <BurstCommit>]
[-be <BurstExcess>] [-detag <DETaggingEnable>] [-demap <DEtoCLPmap>] [-clpmap <CLPtoDEmap>]
[-iqdet <IngressDEThresh>] [-iqecn <IngressQECNthresh>] [-iqdep <IngressQDepth>]
[-eqdet <EgressDEThresh>] [-eqdep <EgressQDepth>] [-eqecn <EgressQECNThresh>]
[-cos <ATMConnServiceType>] [-maxcost <MaxCost>] [-type <restrictedType>] [-rtngprio <RoutingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>] [-directrte <DirectedRoute>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>]
[-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>] [-admin <ConnAdminStatus>]


ヒント FRSM-8T1/8E1 シリーズのシンタックスと、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B シリーズのシンタックスとの違いは、-admin オプションの有無です。



) addcon コマンドが異常終了して「Failed to update disk」というメッセージが表示される場合は、PNNI コントローラが PXM1E または PXM45 カードに追加されていない可能性があります。PNNI コントローラの追加については、Cisco MGX 8850 (PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Software Configuration Guide, Release 4を参照してください。


シンタックスの説明

 

port_number

ポート番号。範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲 = 1~192

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲 = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B = 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 1~8( 12IN1-8S バック カードの場合)

DLCI

データリンク接続識別子(DLCI)の値。

範囲:16~1023

CIR

認定情報レート(CIR)の Bps 値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲 = 0~1536000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲 = 0~2048000

FRSM-2T3 = 0~44210000

FRSM-2E3 = 0~34010000

FRSM-2CT3 = 0~1536000

FRSM-HS2/B = 0~51840000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 0~8192000( 12IN1-8S バック カードの場合)

CIR をセル/秒(Cps)から Bps に変換するには、(((Cps * 38400)/ 144)+ 1)の式で計算するか、cpstobps コマンドを使用します。

Cps = 高優先度(CBR)や UBR に対するリモート PCR

Cps = rtVBR や nrtVBR に対するリモート SCR

Cps = stdABR に対するリモート MCR

-cntp

チャネル インターワーキング タイプ。このオプションに次のどれかを設定します。

1 = フレーム リレー/ATM Network Interworking(NIW;ネットワーク インターワーキング、FRF.5:デフォルト)

2 = フレーム リレー/ATM service interworking(SIW; サービス インターワーキング)透過型(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

3 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換型(FRF.8、プロトコル ID 変換あり)

4 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

5 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

-contp

コントローラのタイプ。次のどれかを入力します。

1 = PAR

2 = PNNI(デフォルト)

3 = MPLS

-sertp

サービス クラスのタイプ。次のどれかのサービス タイプを入力します。

1 = 高優先順位(CBR:デフォルト)

2 = rtVBR

3 = nrtVBR

5 = UBR

9 = stdABR

-master

接続の主従関係。次のどれかを選択します。

1 = マスター

2 = スレーブ(デフォルト)

-rmc

リモート接続 ID。このオプションは、接続のマスター側を定義する場合に使用します。addcon コマンドの実行後に表示されるスレーブ側の接続 ID を入力します。入力形式は RemoteNsapAddress.VPI.VCI です。

-pcr

ローカルの peak cell rate(PCR; ピーク セル レート)(Cps):

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-scr

ローカルの平均セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-abrpcr

ABR 接続の最大セルレート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-abrmcr

ABR 接続の最小セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-ingut

入側利用率(%)。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100 % です。

-ovrid

オーバー サブスクリプションの指定。CAC を適用するには -ovrid 1 を入力します。CAC を無視するには -ovrid 2 を入力します。デフォルトでは、CAC が適用されません。

-egrat

出側サービス レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 2400~1536000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 2400~2048000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 2400~52000000 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-egut

出側利用率(%)。範囲は 1~100% です。デフォルト設定は 100 % です。

-bc

認定バースト:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-be

超過バースト:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-detag

廃棄適性(DE)タギング。DE タギングを適用するには -detag 1 を入力します。無効にするには -detag 2 を入力します。デフォルトでは、DE タギングが適用されません。

-demap

DE から Cell Loss Priority(CLP; セル廃棄優先)へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

CLP=DE: -demap 1(デフォルト)

CLP=0: -demap 2

CLP=1: -demap 3

-clpmap

CLP から DE へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

DE=CLP: -clpmap 1(デフォルト)

DE=0: -clpmap 2

DE=1: -clpmap 3

CLP を無視: -clpmap 4

-iqdet

入力キュー DE しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-iqecn

入力キューの Explicit Congestion Notification(ECN; 明示的輻輳通知)しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-iqdep

入力キュー長:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 4510~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 4510~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 4510~2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-eqdet

出力キュー DE しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-eqdep

出力キュー長:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-eqecn

出力キュー ECN しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-cos

ATM 接続のサービス タイプ。次のどれかを選択します。

CBR1 = 21(デフォルト)

rtVBR1 = 22

rtVBR2 = 23

rtVBR3 = 24

nrtVBR1 = 25

nrtVBR2 = 26

nrtVBR3 = 27

UBR1 = 28

UBR2 = 29

stdABR = 30

-maxcost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は 1~2147483647 で、デフォルトは 2147483647 です。

-type

トランク制限オプション。接続ルーティングを地上トランクだけに制限する場合は -type 2 を入力します。接続ルーティングを衛星トランクだけに制限する場合は -type 3 を入力します。接続ルーティングにトランク制限を設けない場合は -type 1を入力します。デフォルトは制限なしのルート接続です。

-rtngprio

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 で、デフォルトは 8 です。

-prefrte

この接続の優先ルート ID。優先ルート機能は、SPVC のマスター側だけに適用できます。このオプションでは、この接続を関連付ける優先ルートに一意の識別子を割り当てます。ルート ID を 0 に設定すると、その接続は優先ルートに対応づけられません。範囲は 0~65,535 で、デフォルトは 0 です。

-directrte

誘導ルート オプション。このオプションを設定すると、関連付けられた優先ルートだけがその接続に対して許可されます。誘導された優先ルートが使用不可能の場合、接続は失敗します。このオプションを無効にすると、優先ルートが使用不可能の場合に、他の代替ルートで接続が許可されます。

1 = 有効

2 = 無効(デフォルト)

-rpcr

リモートのピーク セル レート(単位 Cps(セル/秒))

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rscr

リモートの平均セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rmcr

リモートの最小セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rcbs

リモートの最大バースト サイズ。範囲は 1~5000000 です。

-admin

接続の管理ステータス。このオプションは、FRSM-2T3E3、FRSM2CT3、および FRSM-HS2/B カードだけに適用されます。

新しい接続を管理用に起動するには、-admin 1 を入力するか、または、このオプションを指定しません。新しい接続を管理上で停止するには、-admin 2 と入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

DLCI に 16、CIR に 4000、および、すべてのオプションにデフォルト値を使用して、ポート 1 に接続を追加します。

PXM1E_SJ.VHSHS2B.a >addcon 1 16 4000
 
Local Connection ID is : 47009181000000000052190a4e000001075b0100.11.35
 
 
PXM1E_SJ.VHSHS2B.a >
 

addds3loop

DS3 ローカル回線ループの追加:FRSM 2T3E3、FRSM-2CT3

addds3loop コマンドで、DS3 回線のローカル エンドポイントをローカル ループバック モードにします。図 4-1 に示すように、DS3 回線がローカル ループバックの場合、FRSM はネットワークからのデータを受信し、ネットワークにループバックします。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

図 4-1 FRSM-2T3E3 と FRSM-2CT3 での DS3 ローカル ループバック

 


) FRSM-2CT3 では、addlnloop コマンドを実行し、任意の 56 個の DS1 回線をローカル ループバック モードにします。


シンタックス

addds3loop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

1 または 2 の回線番号を入力します。dspds3ln コマンドで、回線のループバック状態を表示します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

現在の FRSM 2T3E3 カードの回線 2 にローカル ループバックを追加します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > addds3loop 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

addds3rmtloop

DS3 リモート回線ループの追加:FRSM 2T3E3、FRSM-2CT3

addds3rmtloop コマンドで DS3 回線をリモート ループバック モードにします。図 4-2 に示すように、DS3 回線がリモート ループバックになると、FRSM は CPE からデータを受信し CPE にループバックします。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

図 4-2 FRSM-2T3E3 と FRSM-2CT3 での DS3 リモート ループバック

 


) FRSM-2CT3 では、addrmtloop コマンドを実行し、任意の 56 個の DS1 回線をリモート ループバック モードにします。


シンタックス

addds3rmtloop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

1 または 2 の回線番号を入力します。dspds3ln コマンドで、回線のループバック状態を表示します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

現在の FRSM 2T3E3 カードの回線 2 にローカル ループバックを追加します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > addds3rmtloop 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

addln

回線の追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addln コマンドを使用して、FRSM カードで回線をアクティブにします。

シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3 カード

addln < line_num >

シンタックス:FRSM-HS2/B

addln < line_num > [<line_ interface_type >]

シンタックスの説明

 

line_num

アクティブにする回線番号を入力します。現在のカードで使用可能な回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを入力します。

interface_type

各回線のインターフェイス タイプを指定します。これは、FRSM-HS2/B の 12IN1-8S バック カードでだけ使用されます。インターフェイス タイプを指定しないと、デフォルト タイプの V.35 が使用されます。

X.21 = 2

V.35 = 3

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-HS2/B カードの回線 8 を始動します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > addln 8
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

addlnloop

ローカル回線ループの追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addlnloop コマンドを使用して、回線をループバック モードにします。図 4-3 に示すように、回線がローカル ループバックの場合、FRSM はネットワークからのデータを受信し、ネットワークにループバックします。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

図 4-3 FRSM-8T1E1、FRSM-8T1E1-C、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B のローカル ループバック

 


) FRSM-2CT3 では、addlnloop コマンドを実行し、任意の 56 個の DS1 回線をローカル ループバック モードにします。DS3 回線をローカル ループバックにするには、addds3loop コマンドを使用します。


シンタックス

addlnloop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

カードの任意の範囲の回線番号。現在のカードで利用可能な回線のリストを表示するには、dsplns コマンドを入力します。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、および FRSM-8E1-C の範囲 = 1~8

FRSM-2CT3 = 1~56

FRSM-HS2/B:

HSSI バック カード = 1~2

12IN1-8S バック カード = 1~8

関連コマンド

addds3loop、addds3rmtloop、addrmtloop、delds3loop、dellnloop、dspds3ln、dspds3lns、dspln、dsplns


ヒント 回線のループバック ステータスを表示するには、dspln コマンドを使用します。


アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

FRSM-HS2/B カードの回線 8 をループバック モードにします。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > addlnloop 8
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

 

addport

ポートの追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

addport コマンドを使用して、回線にフレーム リレー サービスを追加します。

シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3

addport < port_num > < line_num > < ds0_speed > < begin_slot > < num_slot > < port_type > [lmi_autosense]

シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B

addport < port_num > < line_num > < port_type > [lmi_autosense]

シンタックスの説明

 

port_num

フレーム リレー サービスに対するポート番号。ポート番号の範囲は、カード タイプで変わります。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲:1~192

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲:1~248

FRSM-2T3E3 の範囲:1~2

FRSM-2CT3 の範囲:1~256

FRSM-HS2/B の範囲:HSSI バック カードの場合で 1~2

FRSM-HS2/B の範囲: 12IN1-8S バック カードの場合で 1~8


ヒント 非チャネル化 FRSM-8T1 と FRSM-8E1 カードは、回線あたり 1 つのポートしかサポートしていないので、分かりやすいように、ポート番号に 1~8 だけを使用することもできます。


FRSM-2CT3 では、T3 回線ごとに 128 ポートだけを追加できます。さらに、FREEDM チップのリソースは、2 つの T3 回線に分散されます。ポートを追加するときは、dspfdminfo コマンドを使用して、リソースの割り当て状況を調べてください。


 

line_num

ポートを定義する回線番号。追加された回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを入力します。「Status/Coding」カラムにその回線が使用可能である(Ena)ことが表示されていない場合は、回線にポートを追加できません。回線番号の範囲は、カード タイプで変わります。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 1~8

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 1~8

FRSM-2T3E3 の範囲:1~2

FRSM-2CT3 の範囲:1~56(チャネル化 T1)

FRSM-HS2/B の範囲: HSSI バック カードの場合で 1~2

FRSM-HS2/B の範囲: 12IN1-8S バック カードの場合で 1~8

ds0_speed

このオプションは、FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、および FRSM-2CT3(チャネル化 T1)ポートのみに適用され、DS0 に対して 56 Kbps または 64 Kbps の回線速度を設定します。

1 = 56 Kbps

2 = 64 Kbps


) CLEAR シグナリングで設定されている E1 回線にポートを追加する場合は、64 Kbps オプションだけが使用できます。


 

begin_slot

このオプションは、FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、および FRSM-2CT3(チャネル化 T1)ポートのみに適用され、T1 または E1 フレーム上のポート通信の開始 DS0 タイムスロットを指定します。 有効なスロット番号は、次のとおりです。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C と FRSM-2CT3 の範囲: 1~24

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲:

CAS 回線シグナリングの場合: 2~16、18~32(スロット 1 はフレーミング、 17 がシグナリングのために予約)

CCS 回線シグナリングの場合: 2~32(スロット 1 はフレーミングのために予約)

CLEAR 回線シグナリングの場合: 1


ヒント 非チャネル化 FRSM-8T1 および FRSM-8E1 カードは、回線ごとにサポートされるポートは 1 つだけです。したがって、回線の全帯域を使用する場合、開始スロットに、1(CLEAR シグナリングを持つ
FRSM-8T1 や FRSM-8E1 の場合)または 2(CAS または CCS シグナリングを持つ FRSM-8E1 の場合)を入力します。

 

num_slot

このオプションは、FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、および FRSM-2CT3(チャネル化 T1)ポートのみに適用され、T1 または E1 フレーム内で連続した DS0 タイムスロットの数を指定します。有効なスロット数は、次のとおりです。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、および FRSM-2CT3 の範囲: 1~24

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲:

CAS 回線シグナリングの場合 : 1~30

CCS 回線シグナリングの場合: 1~31

CLEAR 回線シグナリングの場合 : 32


ヒント 非チャネル化 FRSM-8T1 および FRSM-8E1 カードは、回線ごとにサポートされるポートは 1 つだけです。したがって、回線の全帯域幅を使用する場合、最大スロット番号(24、30、31 または 32)を入力する必要があります。(CLEAR 回線シグナリングを持つ E1 回線は、32 タイムスロットのすべてをサポートします。)

 

port_type

サービスのタイプ。フレーム リレー、 FUNI、またはフレーム転送を選択します。

1 = フレーム リレー UNI または NNI

2 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

3 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

lmi_autosense

LMI 自動感知。LMI 自動感知を有効にすると、フレーム リレー ポートは LMI シグナリング タイプを検出し、関連付けられた CPE で設定されたシグナリング タイプに設定します。LMI 自動感知を手動に設定した場合は、LMI シグナリング タイプを cnfport または xcnfport コマンドで設定する必要があります。

1 = 手動(デフォルト)

2 = 自動感知


) LMI 自動感知は UNI フレーム リレー接続でのみサポートされ、DLCI の範囲は 16~991 です。


 

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

56 K のタイム スロット 20~24 を使用し、ポート タイプとしてフレーム リレーを選択して、FRSM-8T1 カードの回線 8 にポート 16 を追加します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > addport 16 8 1 20 5 1
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

addrmtloop

リモート回線ループの追加:FRSM-2CT3

addrmtloop コマンドを使用して、FRSM-2CT3 カードで任意の 56 個の DS1 回線をリモート ループバック モードにします。図 4-4 に示すように、DS1 回線がリモート ループバックの場合、FRSM は CPE からのデータを受信し、CPE にループバックします。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

図 4-4 FRSM-2CT3 での DS1 リモート ループバック

 


) DS3 回線をリモート ループバックにするには、addds3rmtloop コマンドを使用します。


シンタックス

addrmtloop <line_num>

シンタックスの説明

 

line_num

範囲 1~56 の DS1 回線番号。現在のカードの使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

FRSM カードの回線 1 をリモート ループバック モードにします。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > addrmtloop 1
Dsx1 UPdate !!!
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >

addrscprtn

リソース パーティションの追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

ポートのリソース パーティションを削除した後で、addrscprtn コマンドを使用して、リソース パーティションを追加します。リソース パーティションを使用して、PNNI のような特定のコントローラに、帯域幅や DLCI 範囲などのポート リソースを割り当てます。このリリースでは、ポートの生成時に PNNI リソース パーティションが自動生成され、すべてのリソースが PNNI コントローラに割り当てられます。

シンタックス

addrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <min_dlci> <max_dlci> <max_lcn> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

分割されるポート番号。ポートにパーティションを定義する前に、回線にポートを割り当てる必要があります。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ。このリリースでサポートされているコントローラ タイプは PNNI コントローラだけなので、2 を入力します。

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラで入力側の通信に使用される回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 0~100 % です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラで送信に使用する回線帯域幅の割合を入力します。範囲は 0~100 % です。

min_dlci

このポートで使用する最小 DLCI。範囲は 16~1023 です。

max_dlci

このポートで使用する最大 DLCI。範囲は 16~1023 です。

max_lcn

このポートで使用する最大 LCN。カード タイプ別の範囲は、次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 1~1000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 1~1000

FRSM-2T3E3: 1~2000

FRSM-2CT3: 1~4000

FRSM-HS2/B: 1~2000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B:1~4000( 12IN1-8S バック カード)

cntrlr_id

このパーティションが使用するコントローラに対応づける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

次の例では、デフォルトのパーティションを削除した後に、リソース パーティションをポートに追加しています。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > addrscprtn 6 2 100 100 16 1023 1000 2
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

addspvc

SPVC の追加:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

aaddspvc コマンドを使用して、現在の FRSM カード上のポートの SPVC 接続の片端を設定します。

このリリースのソフトウェアは、両終端と片終端のプロビジョニングをサポートしています。両終端のプロビジョニングでは、最初に SPVC のスレーブ側を設定し、次にマスター側を設定します。両終端接続のスレーブ側とマスター側の両方を addspvc コマンドで設定できます。

片終端のプロビジョニングでは、マスター側を設定するだけで、スレーブ側は自動的に設定されます。このソフトウェアのリリースは、マスターのエンド ポイントが別のデバイス上で定義され、FRSM カードがスレーブ接続をサポートしている場合は、片終端のプロビジョニングが可能です。このソフトウェアのリリースは、ローカルの FRSM カードをマスターとする場合には、片終端のプロビジョニングを行うことはできません。

接続を追加する場合、ソフトウェアは、リモート側の設定をチェックし、リモート接続の設定が一致するかを確認します。ローカルとリモートの設定パラメータが一致しない場合は、接続が追加されません。表 4-7 に、接続を作成する場合に検査される接続パラメータを示します。


ヒント addspvc コマンドを使用する場合は、接続に対する CIR を入力する必要があります。このコマンドでは、その値が適用可能な ATM パラメータに変換されます。addspvc コマンドのオプションを使用して、計算された ATM パラメータを別の値で指定することもできます。FRSM カード間の接続を生成する場合は、両端に同じ CIR を持つ接続を設定することができます。この場合は、ATM パラメータが各端で同様に計算されます。FRSM カードと ATM サービス モジュール間の接続を生成する場合は、各端の ATM パラメータが一致することを確認する必要があります。FRSM カードの CIR から計算された ATM パラメータを確認するには、dspcon コマンドによる出力表示中の ChanConnPCR、ChanConnMCR、および ChanConn SCR パラメータを調べます。ATM の速度であるセル/秒(Cps)を CIR で使用されるビット/秒(Bps)に変換するには、cpstobps コマンドを使用します。


シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

addspvc < port_number > < DLCI > < CIR > [-cntp <ChanIntworkingType>] [-contp <ControllerType>]
[-sertp <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-pcr <localPCR>]
[-scr <localSCR>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-ingut <IngrPercentUtil>]
[-ovrid <OvrSubOvrRide>] [-egrat <EgrSrvRate>] [-egut <EgrPercentUtil>] [-bc <BurstCommit>]
[-be <BurstExcess>] [-detag <DETaggingEnable>] [-demap <DEtoCLPmap>] [-clpmap <CLPtoDEmap>]
[-iqdet <IngressDEThresh>] [-iqecn <IngressQECNthresh>] [-iqdep <IngressQDepth>]
[-eqdet <EgressDEThresh>] [-eqdep <EgressQDepth>] [-eqecn <EgressQECNThresh>]
[-cos <ATMConnServiceType>] [-maxcost <MaxCost>] [-type <restrictedType>] [-rtngprio <RoutingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>] [-directrte <DirectedRoute>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>]
[-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>]

シンタックス: FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B

addspvc < port number > < DLCI > < CIR > [-cntp <ChanIntworkingType>] [-contp <ControllerType>]
[-sertp <ServiceClassTtype>] [-master <MasterShip>] [-rmc <RemoteConnId>] [-pcr <localPCR>]
[-scr <localSCR>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-ingut <IngrPercentUtil>]
[-ovrid <OvrSubOvrRide>] [-egrat <EgrSrvRate>] [-egut <EgrPercentUtil>] [-bc <BurstCommit>]
[-be <BurstExcess>] [-detag <DETaggingEnable>] [-demap <DEtoCLPmap>] [-clpmap <CLPtoDEmap>]
[-iqdet <IngressDEThresh>] [-iqecn <IngressQECNthresh>] [-iqdep <IngressQDepth>]
[-eqdet <EgressDEThresh>] [-eqdep <EgressQDepth>] [-eqecn <EgressQECNThresh>]
[-cos <ATMConnServiceType>] [-maxcost <MaxCost>] [-type <restrictedType>] [-rtngprio <RoutingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>] [-directrte <DirectedRoute>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>]
[-rmcr <RemoteMCR>] [-rcbs <RemoteMaxBurstSize>] [-admin <ConnAdminStatus>]


ヒント FRSM-8T1/8E1 シリーズのシンタックスと、FRSM-2T3C3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B シリーズのシンタックスとの違いは、-admin オプションの有無です。


シンタックスの説明

 

port_number

ポート番号。範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲 = 1~192

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲 = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B = 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 1~8( 12IN1-8S バック カードの場合)

DLCI

データリンク接続識別子(DLCI)の値。

範囲:16~1023

CIR

CIR の Bps 値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲 = 0~1536000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲 = 0~2048000

FRSM-2T3 = 0~44210000

FRSM-2E3 = 0~34010000

FRSM-2CT3 = 0~1536000

FRSM-HS2/B = 0~51840000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 0~8192000( 12IN1-8S バック カードの場合)

CIR をセル/秒(Cps)から Bps に変換するには、(((Cps * 38400)/ 144)+ 1)の式で計算するか、cpstobps コマンドを使用します。

Cps = 高優先度(CBR)や UBR に対するリモート PCR

Cps = rtVBR や nrtVBR に対するリモート SCR

Cps = stdABR に対するリモート MCR

-cntp

チャネル インターワーキング タイプ。このオプションに次のどれかを設定します。

1 = フレーム リレー/ATM ネットワーク インターワーキング(NIW、FRF.5:デフォルト)

2 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)透過型(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

3 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換型(FRF.8、プロトコル ID 変換あり)

4 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

5 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

-contp

コントローラのタイプ。次のどれかを入力します。

1 = PAR

2 = PNNI(デフォルト)

3 = MPLS

-sertp

サービス クラスのタイプ。次のどれかのサービス種類を入力します。

1 = 高優先度(CBR:デフォルト)

2 = rtVBR

3 = nrtVBR

5 = UBR

9 = stdABR

-master

接続の役割。次のどれかを選択します。

1 = マスター

2 = スレーブ(デフォルト)

-rmc

リモート接続 ID。このオプションは、接続のマスター側を定義する場合に使用します。addspvc コマンドの実行後に表示されるスレーブ側の接続 ID を入力します。入力形式は RemoteNsapAddress.VPI.VCI です。

-pcr

ローカルのピーク セル レート(Cps):

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-scr

ローカルの平均セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-abrpcr

ABR 接続のピーク セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-abrmcr

ABR 接続の最小セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-ingut

入側利用率(%)。範囲は 1~100 % です。デフォルト設定は 100 % です。

-ovrid

オーバー サブスクリプションの指定。CAC を適用するには -ovrid 1 を入力します。CAC を無視するには -ovrid 2 を入力します。デフォルトでは、CAC が適用されません。

-egrat

出側サービス レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 2400~1536000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 2400~2048000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 2400~52000000 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-egut

出側利用率(%)。範囲は 1~100 % です。デフォルト設定は 100 % です。

-bc

認定バースト:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-be

超過バースト:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-detag

Discard Eligible(DE; 廃棄適性)タギング。DE タギングを適用するには -detag 1 を入力します。無効にするには -detag 2 を入力します。デフォルトでは、DE タギングが適用されません。

-demap

DE から Cell Loss Priority(CLP; セル廃棄優先)へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

CLP=DE: -demap 1(デフォルト)

CLP=0: -demap 2

CLP=1: -demap 3

-clpmap

CLP から DE へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

DE=CLP: -clpmap 1(デフォルト)

DE=0: -clpmap 2

DE=1: -clpmap 3

CLP を無視: -clpmap 4

-iqdet

入力キュー DE しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-iqecn

入力キューの ECN しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-iqdep

入力キュー長:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 4510~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 4510~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 4510~2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-eqdet

出力キュー DE しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-eqdep

出力キュー長:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-eqecn

出力キュー ECN しきい値:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 0~2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-cos

ATM 接続のサービス タイプ。次のどれかを選択します。

CBR1 = 21(デフォルト)

rtVBR1 = 22

rtVBR2 = 23

rtVBR3 = 24

nrtVBR1 = 25

nrtVBR2 = 26

nrtVBR3 = 27

UBR1 = 28

UBR2 = 29

stdABR = 30

-maxcost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は 1~2147483647 で、デフォルトは 2147483647 です。

-type

トランク制限オプション。接続ルーティングを地上トランクだけに制限する場合は -type 2 を入力します。接続ルーティングを衛星トランクだけに制限する場合は -type 3 を入力します。接続ルーティングにトランク制限を設けない場合は -type 1を入力します。デフォルトは制限なしのルート接続です。

-rtngprio

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 で、デフォルトは 8 です。

-prefrte

この接続の優先ルート ID。優先ルート機能は、SPVC のマスター側だけに適用できます。このオプションでは、この接続を関連付ける優先ルートに一意の識別子を割り当てます。ルート ID を 0 に設定すると、その接続は優先ルートに対応づけられません。範囲は 0~65535 で、デフォルトは 0 です。

-directrte

誘導ルート オプション。このオプションを設定すると、関連付けられた優先ルートだけがその接続に対して許可されます。誘導された優先ルートが使用不可能の場合、接続は失敗します。このオプションを無効にすると、優先ルートが使用不可能の場合に、他の代替ルートで接続が許可されます。

1 = 有効

2 = 無効(デフォルト)

-rpcr

リモートのピーク セル レート(単位 Cps(セル/秒))

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rscr

リモートの平均セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rmcr

リモートの最小セル レート:

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10~10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10~10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B = 10~198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rcbs

リモートの最大バースト サイズ。範囲は 1~5000000 です。

-admin

接続の管理ステータス。このオプションは、FRSM-2T3E3、FRSM2CT3、および FRSM-HS2/B カードだけに適用されます。

新しい接続を管理用に起動するには、-admin 1 を入力するか、または、このオプションを指定しません。新しい接続を管理上で停止するには、-admin 2 と入力します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

DLCI 16、CIR 4000、およびすべてのオプションにデフォルト値を使用して、ポート 1 に SPVC スレーブ エンドポイントを追加します。

PXM1E_SJ.VHSHS2B.a >addspvc 1 16 4000
 
Local Connection ID is : 47009181000000000052190a4e000001075b0100.11.35
 
 
PXM1E_SJ.VHSHS2B.a >
 
 
 

chkflash

フラッシュのチェック:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

chkflash コマンドを使用して、ブート ソフトウェア ファイルの長さと、チェックサムの状態を表示します。

シンタックス

chkflash

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcd、version

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:Cisco グループ

現在の FRSM カードでのブート ソフトウェアのステータスをチェックします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > chkflash
Program length = 300145
Calculated checksum = 147bc308 stored checksum = 147bc308
Flash checksum passed
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clear

画面のクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clear コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをクリアします。


) このコマンドを起動するには、カードをアクティブの PXM1E または PXM45 に変更し、smclrscrn <enable|disable> コマンドを使用します。CESM の clrscrn コマンドではこの操作が不要なので、clrscrn コマンドを使用することをお勧めします。


シンタックス

clear

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cls、clscrn

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

clear コマンドを入力すると、画面には CLI プロンプトだけが表示されます。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

clralm

アラームのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

clralm コマンドを使用して、現在の FRSM カードの特定の回線のアクティブなアラームをクリアします。アラームの原因が解決されていない場合、アラームはクリアされません。dspalm および dspalms コマンドを使用して、現在の FRSM カードのアクティブなアラームを調べることができます。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

clralm -ds1 <LineNum>

シンタックス: FRSM-2T3E3

clralm <-ds3|-e3> <LineNum>

シンタックス: FRSM-2CT3

clralm <-ds1|-ds3> <LineNum>

シンタックスの説明

 

LineNum

アクティブなアラームをクリアする回線の回線番号。dsplns または dspds3lns コマンドで、使用可能な回線を表示します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート: FRSM-2T3E3、 FRSM-2CT3

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カード上の回線 2 のアクティブなアラームをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clralm -ds1 2
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clralmcnt

アラーム カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

clralmcnt コマンドを使用して、現在の FRSM カード上の 1 つの回線のアラーム カウンタをクリアします。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

clralmcnt -ds1 <LineNum>

シンタックス: FRSM-2T3E3

clralmcnt <-ds3|-e3> <LineNum>

シンタックス: FRSM-2CT3

clralmcnt <-ds1|-ds3>- <line>

シンタックスの説明

 

LineNum

アラーム カウンタをクリアする回線の回線番号。dsplns または dspds3lns コマンドで、使用可能な回線を表示します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート: FRSM-2T3E3、 FRSM-2CT3

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードの回線 2 のアラーム カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clralmcnt -ds1 2
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clralmcnts

アラーム カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

clralmcnts コマンドを使用して、現在の FRSM カード上のすべての回線のアラーム カウンタをクリアします。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

clralmcnts

シンタックス: FRSM-2T3E3、 FRSM-2CT3

clralmcnts -<LineType>

シンタックスの説明

 

回線タイプ

現在の FRSM カードの回線タイプを指定します。

FRSM-2T3E3 = ds3 または e3

FRSM-2T3E3 = ds3 または ds1

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート: FRSM-2T3E3、 FRSM-2CT3

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カード上のすべての回線のアラーム カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clralmcnts
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

clralms

アラームのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

clralms コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべての回線のアクティブなアラームをクリアします。アラームの原因が解決されていない場合、アラームはクリアされません。dspalm および dspalms コマンドを使用して、現在の FRSM カードのアクティブなアラームを調べることができます。

シンタックス

clralms

シンタックスの説明

なし

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート: FRSM-2T3E3、 FRSM-2CT3

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カード上のすべての回線のアクティブなアラームをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clralms
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

clrbertcntrs

BERT カウンタのクリア:FRSM-2T3E3

clrbertcntrs コマンドで、bit error rate testing(BERT; ビット誤り率試験)のすべてのカウンタをクリアします。

シンタックス

clrbertcntrs

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

現在の FRSM のBERT カウンタをすべてクリアします。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > clrbertcntrs
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

clrcderrs

ハードウェアのクリア/BRAM のエラーのリセット:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrcderrs コマンドを使用して、FRSM カードのカード関連エラーをすべてクリアします。画面には応答メッセージは表示されません。

シンタックス

clrcderrs

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcderrs

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:スーパー グループ

スロット 4 の FRSM で発生したカード関連エラーをすべてクリアします。

PXM1E_SJ.1.4.FRSM.a > clrcderrs
PXM1E_SJ.1.4.FRSM.a >

clrchancnt

チャネル統計情報カウントのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrchancnt コマンドを使用して、接続の統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

clrchancnt < Port.DLCI | Channel Number >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、統計情報をクリアする接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

チャネル番号

統計情報をクリアする接続のチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

アトリビュート: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

チャネル 19 の統計情報をクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrchancnt 19
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrchancnts

チャネル統計情報カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrchancnts コマンドを使用して、現在の FRSM カード上のすべての接続に関する統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

clrchancnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

スロット 30 の FRSM カードのすべてのチャンネルに関する統計情報をクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrchancnts
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrmsgcnt

コントロール メッセージ カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrmsgcnt コマンドを使用して、現在の FRSM カードのコントロール メッセージ(管理セル)カウンタをクリアします。

シンタックス

clrmsgcnt

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspmsgcnt

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのメッセージ カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrmsgcnt
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

clrportcnt

ポート カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrportcnt コマンドを使用して、現在の FRSM に関連付けられている指定したポートのカウンタ値をクリアします。

シンタックス

clrportcnt < port_ num >

シンタックスの説明

 

port_ num

カウンタをクリアするポートの番号。設定されたポートを表示するには、dspports または xdspports コマンドを使用します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのポート 6 のカウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrportcnt 6
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrportcnts

ポート カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrportcnts コマンドを使用して、現在の FRSM のすべてのポート カウンタをクリアします。

シンタックス

clrportcnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのすべてのポートのカウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrportcnts
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrsarcnt

SAR カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrsarcnt コマンドを使用して、特定の接続の Segmentation And Reassembly(SAR)カウンタ統計情報をクリアします。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

clrsarcnt -chn <ChanNum|Port.DLCI>

シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrsarcnt < Port.DLCI | chan_num >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、接続カウンタをクリアする接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

ChanNum、chan_num

クリアする接続カウンタのチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 35 の SAR カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrsarcnt 35
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

clrsarcnts

SAR カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrsarcnts コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべての接続に関する Segmentation And Reassembly(SAR)カウンタ統計情報をクリアします。

シンタックス

clrsarcnts

シンタックスの説明

なし

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードの SAR カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrsarcnts
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

 

clrscrn

画面のクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrscrn コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをクリアします。

シンタックス

clrscrn

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clear、cls

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

clrscrn コマンドを入力すると、画面に表示される文字が CLI プロンプトだけになります。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrslftst

自己診断のクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrslftst コマンドを使用して、自己診断テーブル内の「pass」と「fail」カラムをクリアします。このテーブルは、dspslftsttbl コマンドで表示できます。

シンタックス

clrslftst

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfslftst dspslftst、dspslftsttbl runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意の状態

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの自己診断のテーブルの「pass」と「fail」カラムをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrslftst
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

clrtaskinfo

タスク情報のクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

clrtaskinfo コマンドを使用して、タスク情報のカウンタをクリアします。タスク情報は、dsptaskinfo コマンドで表示できます。

シンタックス

clrtaskinfo

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dsptaskinfo

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:サービス グループ

タスク情報カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > clrtaskinfo
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

cls

画面のクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cls コマンドを使用して、セッション画面またはウィンドウから以前のコマンドをクリアします。


) このコマンドを起動するには、カードをアクティブの PXM1E または PXM45 に変更し、smclrscrn <enable|disable> コマンドを使用します。CESM の clrscrn コマンドではこの操作が不要なので、clrscrn コマンドを使用することをお勧めします。


シンタックス

cls

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clear、clrscrn

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

cls コマンドを入力すると、画面には CLI プロンプトだけが表示されます。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

cnfchan

チャネルの設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchan コマンドを使用して、チャネル設定を変更します。

シンタックス

cnfchan < chan_num > <routing_priority> <max_cost> <restricted_trunk_type> <pct_util>

シンタックスの説明

 

chan_num

変更するチャネルを指定します。チャネル情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

routing_priority

この接続のルーティング優先度。範囲は 1~15 です。

max_cost

チャネルの最大エンドツーエンド コスト。範囲は 1~2147483647 です。

restricted_trunk_type

トランク制限タイプ。チャネル ルーティングを地上トランクだけに制限する場合は -type 2 を入力します。チャネル ルーティングを衛星トランクだけに制限する場合は -type 3 を入力します。チャネル ルーティングにトランク制限を設けない場合は -type 1を入力します。

pct_util

利用率。範囲は 1~100 % です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

チャネル 19 を、衛星回線で使用可能な帯域幅の 50 % だけを使用するように変更します。

PXM1E_SJ1.1.11.VHSHS2B.a > cnfchan 19 8 2147483647 3 50
 
PXM1E_SJ1.1.11.VHSHS2B.a >
 

cnfchanabrparams

チャネル ABR パラメータの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanabrparams コマンドを使用して、現在の FRSM の特定の接続に対して ABR パラメータを設定します。

cnfchanabrparms コマンドの設定オプションは、cnfchanstdabr コマンドのサブセットです。

シンタックス

cnfchan abrparams < Port.DLCI | CHAN_NUM > <rif > <rdf> <nrm> <trm> <tbe> <frtt> <adtf> <cdf>

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

CHAN_NUM

設定する接続のチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

rif

Rate Increase Factor(RIF; レート増加ファクタ)は、RM セルの受信時のセル転送速度の増加量を制御します。RIF は 2 の累乗です。

範囲:1~32768(2 の累乗)

rdf

Rate Decrease Factor(RDF; レート減少ファクタ)は、セル転送レートの減少を制御します。RDF は 2 の累乗です。

範囲:1~32768(2 の累乗)

nrm

インレート セル数は、送信元が順方向 RM セルのそれぞれで送信できるセルの最大数です。

範囲:2~256(2 の累乗)

trm

FRM の最大遅延は、アクティブな送信元が送信する順方向 RM セル間の時間の上限です。

範囲:3~255 ミリ秒

tbe

Transient Buffer Exposure(TBE; 一時バッファ排出)は、そのネットワークで起動時から最初の RM セルが戻るまでの間に送信元から送信できるセルの最大数を表します。

範囲: 0~16777215 セル

frtt

固定ラウンドトリップ時間は、送信元から最終送信先に到達し、また戻ってくるまでの固定遅延と伝播遅延の合計です。

範囲:0~16700 ミリ秒

adtf

Allowed Cell Rate(ACR; 許容セル レート)低減時間ファクタは、RM セルを再び送信できるまでの時間間隔で、この後レートは ICR に低下します。

範囲:10~10230 ミリ秒

cdf

カットオフ低減ファクタは、CRM に関連付けられた ACR の減少量を制御します。

範囲:0~64(2 の累乗)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 17 で、trm パラメータを 255 ミリ秒から 100 ミリ秒に変更します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > cnfchanabrparams 17 64 16 64 100 16777215 0 500 16
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

 

cnfchanabrrates

チャネル ABR レートの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanabrrates コマンドを使用して、特定の ABR チャネルのレート パラメータを設定します。

cnfchanabrrates コマンドの設定オプションは、cnfchanstdabr コマンドのサブセットです。

シンタックス

cnfchanabrrates < Port.DLCI | CHAN_NUM > < mcr > < pcr > < icr >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

CHAN_NUM

設定する接続のチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

mcr

許容 Minimum cell rate(MCR; 最小セル レート)。ピーク セル レート(PCR)と最小セル レート(MCR)は、許容セル レート(ACR)の範囲を定義します。MCR は、送信元から常時送信できるレートです。MCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

pcr

許容ピーク セル レート。PCR と MCR は、許容セル レート(ACR)の範囲を定義します。PCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8E1 の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

icr

初期セル レートは、最初とアイドル期間後の送信元からの送信レートです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-8T1 と FRSM-8E1-C の範囲:10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 17 の MCR を 30720 Cps から 25000 Cps へ変更します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > cnfchanabrrates 17 25000 30720 30720
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >
 
 
 

cnfchancacoff

チャネル CAC をオフに設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchancacoff コマンドを使用して、チャネルの接続アドミッション制御(CAC)機能をオフにします。


ヒント cnfcon コマンドを使用すると、CAC のオンとオフを切り替えることができます。


シンタックス

cnfchancacoff <Port.DLCI| CHAN_NUM >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

port.DLCI 形式で、ポリシング パラメータを変更するチャネルのポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

CHAN_NUM

ポリシング パラメータを変更するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

スロット 30 にある現在の FRSM で、チャネル 35 の設定を接続アドミッション制御(CAC)機能がオフになるように変更します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > cnfchancacoff 35
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

cnfchanegressq

チャネル出力キューの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanegressq コマンドを使用して、指定したチャネルの出力キューを設定します。既存の出力キューの設定値を表示するには、dspchan コマンドを使用します。

シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnfchanegressq < Port.DLCI | ChanNum > < QSel > < QDepth > < QDEThresh > < QECNThresh >

シンタックス: FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanegressq < Port.DLCI | ChanNum > < QDepth > < QDEThresh > < QECNThresh >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、変更する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

ChanNum

変更する接続のチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

QSel

出力キュー選択。簡単な比率ベースの 2 つのキューのアルゴリズムです。

1 = 高優先順位キュー。通常は固定ビット レート(CBR)接続に使用。

2 = 低優先順位キュー(デフォルト)


) FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B カードに適用する出力キューのサービス アルゴリズム タイプを選択するには、cnfegrservtype コマンドを使用します。


 

QDepth

出力キュー長。この設定は、キューの最大許容数を表し、この値を超えるとセルの廃棄が開始されます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 4510~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 4510~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 4510~2097151 バイト

デフォルト:65535 バイト

QDEThresh

出力キュー DE しきい値。この設定は、キューの最大長を表し、この値を超えるとセルが廃棄適正(DE)としてタグ付けされます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 0~2097151 バイト

デフォルト:32767 バイト

QECNThresh

出力キュー ECN しきい値。明示的輻輳通知(ECN)しきい値は、キューの最大長で、その値を超えると輻輳ビット(FECN と BECN)がフレームにセットされます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 0~2097151 バイト

デフォルト:6553 バイト

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

スロット 27 の現在の FRSM で、チャネル 16 の出力キューの設定を、優先順位を高に、キューの最大長を 65535 に、DE しきい値を 32767 に、そして ECN しきい値を 65535 になるように変更します。

spirit.1.27.FRSM.a > cnfchanegressq 16 1 65535 32767 65535
spirit.1.27.FRSM.a >

cnfchaneir

チャネル EIR の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchaneir コマンドで、チャネルの 2 次バケット漏出率であるフレーム リレー ポリシング パラメータ excess information rate(EIR; 超過情報レート)を設定します。エラーがなければ、メッセージは表示されません。

シンタックス

cnfchaneir < chan_num > < zerocireir >

シンタックスの説明

 

chan_num

設定するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

zerocireir

CIR が 0 の場合に超過情報レートを指定します。値は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C: 0~1536000 Bps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1/C: 0~2048000 Bps

FRSM-2CT3:0~1536000 Bps

FRSM-2T3:0~44210000 Bps

FRSM-2E3:0~34010000 Bps

FRSM-HS2/B: 0~51840000 Bps(HSSI バック カードの場合)

FRSM-HS2/B:0~8192000 Bps( 12IN1-8S バック カードの場合)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

チャネル 35 で CIR = 0 の場合の EIR を 10,000 Bps に設定します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > cnfchaneir 35 10000
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

cnfchaningressq

チャネル入力キューの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchaningressq コマンドを使用して、指定したチャネルの入力キューを設定します。既存の入力キューの設定値を表示するには、dspchan コマンドを使用します。

シンタックス

cnfchaningressq < Port.DLCI | ChanNum > < QDepth > < QDEThresh > < QECNThresh >

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式で、変更する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

ChanNum

変更する接続のチャネルを指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

QDepth

入力キュー長。この設定は、キューの最大許容数を表し、この値を超えるとセルの廃棄が開始されます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 4510~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 4510~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 4510~2097151 バイト

デフォルト:65535 バイト

QDEThresh

入力キュー DE しきい値。この設定は、キューの最大長を表し、この値を超えるとセルが廃棄適正(DE)としてタグ付けされます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 0~2097151 バイト

デフォルト:32767 バイト

QECNThresh

入力キュー ECN しきい値。明示的輻輳通知(ECN)しきい値は、キューの最大長で、その値を超えると輻輳ビット(FECN と BECN)がフレームにセットされます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 0~2097151 バイト

デフォルト:6553 バイト

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:グループ 1

スロット 27 の現在の FRSM で、チャネル 16 の入力キューの設定を変更して、キューの最大長を 65535 に、DE しきい値を 32767 に、ECN しきい値を 65535 に設定します。

spirit.1.27.FRSM.a > cnfchaningressq 16 65535 32767 65535
spirit.1.27.FRSM.a >

 

cnfchanmap

チャネル マップの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanmap コマンドで、指定したチャネルのインターワーキングを設定したり、チャネルに対するフレーム リレーのフレームと ATM セルとの間の輻輳(FECN)と優先度(DE、CLP)マッピングを変更します。

シンタックス

cnfchanmap < Port.DLCI | chan_num > < chanType > < FECN/EFCI > < DE to CLP > < CLP to DE >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

chan_num

設定するチャネルの番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

chanType

チャネル タイプ。

1 = フレーム リレー/ATM ネットワーク インターワーキング(NIW、FRF.5)

2 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)透過型(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

3 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換型(FRF.8、プロトコル ID 変換あり)

4 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

5 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

FECN/EFCI

フレーム リレー FECN ビットを ATM 明示的順方向輻輳表示(EFCI)ビットにマッピングします。FECN から EFCI へのマッピングは、フレーム リレーと ATM サービス インターワーキング(SIW)との間の接続だけに指定できます。

1 = EFCI をマップ(このオプションは SIW に対してだけ有効)

2 = EFCI を 0 に設定

DE to CLP

フレーム リレーの DE ビットを ATM セル廃棄優先(CLP)ビットにマッピングします。

1 = DE から CLP にマッピング

2 = CLP を 0 に設定

3 = CLP を 1 に設定

CLP to DE

ATM CLP ビットをフレーム リレー DE へマッピングします。

1 = CLP から DE にマッピング

2 = DE を 0 に設定

3 = DE を 1 に設定

4 = CLP を無視(このオプションは NIW とフレーム転送に対してだけ有効)

関連コマンド

dspchanmap

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

スロット 30 の現在の FRSM で、チャネル 16 に対するインターワーキング タイプと チャネル マッピングの設定を変更します。チャネル タイプをネットワーク インターワーキングに、EFCI を 0 に、 DE から CLP へのマッピングを DE から CLP へのマッピングに、そして、CLP から DE へのマッピングを CLP から DE へのマッピングに変更します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > cnfchanmap 16 1 1 1
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

cnfchanpol

チャネル ポリシングの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanpol コマンドで、チャネルに対するフレーム リレー入力ポリシング パラメータを設定します。エラーがなければ、メッセージは表示されません。

シンタックス

cnfchanpol < Port.DLCI | chan_num > < cir > < bc > < be > < ibs > < detag > < egrat >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

chan_num

設定するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

cir

認定情報レート(CIR)の Bps 値(その FRSM カード タイプに適切な範囲内)。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~1536000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~2048000

FRSM-2T3 の範囲: 0~44210000

FRSM-2E3 の範囲: 0~34010000

FRSM-2CT3 の範囲: 0~1536000

FRSM-HS2/B の範囲: 0~51840000(HSSI バック カードの場合)

FRSM-HS2/B の範囲: 0~8192000( 12IN1-8S バック カードの場合)

bc

Committed burst rate(CBR; 認定バースト レート)(その FRSM カード タイプに適切な範囲内)。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲:0~2097151 バイト

デフォルト:5100 バイト


) 認定情報レートが 0 でない場合は、認定バースト値を 0 に設定できません。認定情報レートが 0 の場合は、認定バースト値を 0 に設定する必要があります。


 

be

超過バースト レート(その FRSM カード タイプに適切な範囲内)。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲:0~2097151 バイト

デフォルト:5100 バイト


) 認定情報レートを 0 に設定した場合は、超過バースト値を 0 に設定できません。超過バースト レートを各カード タイプでサポートされる最大値に設定すると、入力ポリシングが無効になります。たとえば、FRSM-8T1 で Be = 65535 と設定すると、入力ポリシングが無効になります。


 

ibs

初期バースト サイズ(その FRSM カード タイプに適切な範囲内)。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~65535 バイト

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲:0~2097151 バイト

デフォルト:100 バイト


) 認定情報レートを 0 より大きく設定した場合は、初期バースト サイズを認定バースト レートの値以下に設定する必要があります。認定情報レートを 0 に設定した場合は、初期バースト サイズも 0 に設定する必要があります。


 

detag

入側廃棄適正(DE)タギングを有効または無効にする値。

1 = 有効

2 = 無効(デフォルト)

egrat

出側サービス レート(そのインターフェイスに適切な範囲内)。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~1536000 Bps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 1~2048000 Bps

FRSM-2T3 の範囲: 0~44210000 Bps

FRSM-2E3 の範囲: 0~34010000 Bps

FRSM-2CT3 の範囲: 0~1536000 Bps

FRSM-HS2/B の範囲: 0~51840000 Bps(HSSI バック カードの場合)

FRSM-HS2/B の範囲: 0~8192000 Bps( 12IN1-8S バック カードの場合)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 17 で、Bc 値を 12500 バイトに、Be 値を 10000 バイトに、そして入力 DE タギングを有効に設定します。

M8850_SF.1.12.FRSM.a > cnfchanpol 17 1536000 12500 10000 100 1 1536000
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >

cnfchansrvrate

チャネル サービス レートの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchansrvrate コマンドで、FRSM カードの入力 VC キューから MGX スイッチのセル バスに送信されるセルのスケジュール化された最大サービス レート(セル/秒)を設定します。

cnfchansrvrate コマンドでは、接続の CIR レートとは別にチャネルのサービス レートを設定します。この機能では、ポリシング パラメータ(CIR、Bc、Be、IBS)をサービス レートから分離し、接続上のトラフィックを管理できます。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnfchansrvrate < Port.DLCI | chan_num > < srvord > < srvrate >

シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchansrvrate < chan_num > < srvord > < srvrate >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

chan_num

設定するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

srvord

チャネル サービス レート変更プログラミング オプション

1 = 有効

2 = 無効

srvrate

特定のチャネルに対して設定する実際のチャネル サービス レート(Cps 単位)

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C : 10~10000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C : 10~10000

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、および FRSM-HS2/B: 10~198412 Cps

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM でチャネル 16 のチャネル サービス レートを、その接続の CIR が 0 に設定されている場合でも、4000 Cps で設定します。

NODENAME.1.26.FRSM.a > cnfchansrvrate 16 1 4000
NODENAME.1.26.FRSM.a >

cnfchanstdabr

標準 ABR のチャネルの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfchanstdabr コマンドを使用して、標準の ABR パラメータを設定します。

FRSM-8T1/E1 は終端標準 ABR(送信元/送信先の動作)だけをサポートします。送信元システムと送信先システムの間で、少なくとも 1 つの制御ループが必要とされる間は、制御ループを分割することもできます。この方法で、中間のスイッチは制御ループを終了し、送信先と新しい送信元の両方の機能として動作する手段を使って、新しい制御ループを開始します。送信元/送信先の動作は、個々の制御ループの長さを短縮したり、管理上の理由から別個の制御ドメインを作成したりする場合に便利です。

シンタックス

cnfchan stdabr < Port.DLCI | CHAN_NUM > <mcr> <pcr> <icr> <rif > <rdf> <nrm> <trm> <tbe> <frtt> <adtf> <cdf>

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

CHAN_NUM

設定するチャネル番号を指定します。現在のカードのチャネルを調べるには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

mcr

許容最小セル レート。PCR と MCR は、許容セル レート(ACR)の範囲を定義します。MCR は、送信元から常時送信できるレートです。MCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

pcr

許容ピーク セル レート。PCR と MCR は、許容セル レート(ACR)の範囲を定義します。PCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

icr

初期セル レートは、最初とアイドル期間後の送信元からの送信レートです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 10~10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、および FRSM-HS2/B の範囲: 10~198412 セル/秒

rif

レート増加ファクタは、RM セルの受信時のセル伝送速度の増加量を制御します。

範囲: 1~32768(2 の累乗)

rdf

レート低減ファクタは、セル転送レートの減少を制御します。RDF は 2 の累乗です。

範囲: 1~32768(2 の累乗)

nrm

インレート セル数は、送信元が順方向 RM セルそれぞれで送信できるセルの最大数です。

範囲: 2~256(2 の累乗)

trm

FRM の最大遅延は、アクティブな送信元が送信する順方向 RM セル間の時間の上限です。

範囲: 3~255 ミリ秒

tbe

一時バッファ排出は、立ち上がり時に最初の RM セルが戻ってくる前に、送信元がセルを送信するのを待つ、ネットワークで取り決められたセル数です。

範囲: 0~16777215 セル

frtt

固定ラウンドトリップ時間は、送信元から最終送信先に到達し、また戻ってくるまでの固定遅延と伝播遅延の合計です。

範囲: 0~16700 ミリ秒

adtf

ACR 低減時間ファクタは、RM セルを再び送信できるまでの時間間隔で、この後レートは ICR に低下します。

範囲: 10~10230 ミリ秒

cdf

カットオフ低減ファクタは、CRM に関連付けられた ACR の減少量を制御します。

範囲: 0~64(2 の累乗)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 17 で MCR を 28000 Cps、ICR を 30000 Cps、そして trm の値を 100 ミリ秒に変更します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > cnfchanstdabr 17 28000 30720 30000 64 16 64 100 16777215 0 500 16
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

cnfclktype

クロック タイプの設定:FRSM-HS2/B

cnfclktype コマンドを使用して、特定の FRSM-HS2/B 回線の回線クロック タイプを設定します。

シンタックス

cnfclktype <line_num> <clock_type>

シンタックスの説明

 

line_num

設定する回線の番号を入力します。dsplns コマンドを使って、使用可能な回線を表示します。

clock_type

回線のクロック設定を次の中から選択します。

1 = RXC インバートなし、TXC ループなし

2 = RXC インバートあり、TXC ループなし

3 = RXC インバートなし、TXC ループあり

4 = RXC インバートあり、TXC ループあり

関連コマンド

dspln、dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

回線 1 のクロック タイプを、受信クロックがインバートしないように、また送信クロックがループしないように設定します。

Janus1.1.11.VHSHS2B.a > cnfclktype 1 1
 
Janus1.1.11.VHSHS2B.a >

cnfcon

接続の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfcon コマンドを使用して、addcon または addspvcコマンドで作成した接続を変更します。

シンタックス

cnfcon < Port.DLCI > <chan_type> < cir > [ CAC ]

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式で、設定する接続のポートと DLCI を指定します。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで表示できます。

chan_type

チャネル インターワーキング タイプ。このオプションに次のどれかを設定します。

1 = フレーム リレー/ATM ネットワーク インターワーキング(NIW、FRF.5:デフォルト)

2 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)透過型(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

3 = フレーム リレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換型(FRF.8、プロトコル ID 変換あり)

4 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

5 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

cir

許容情報レート(CIR)Bps 値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C の範囲: 0~1536000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C の範囲: 0~2048000

FRSM-2T3 の範囲: 0~44210000

FRSM-2E3 の範囲: 0~34010000

FRSM-2CT3 の範囲: 0~1536000

FRSM-HS2/B の範囲: 0~51840000(HSSI バック カードの場合)

FRSM-HS2/B の範囲: 0~8192000( 12IN1-8S バック カードの場合)

CAC

このオプション パラメータは、接続アドミッション制御(CAC)を有効または無効にします。次のどれかを入力します。

1 = 有効

2 = 無効(デフォルト)

アトリビュート: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 16 の接続を、新しい CIR を使用するように変更します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > cnfcon 1.16 1 32000
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >
 
 

cnfds3ln

DS3 回線の設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

オプションの cnfds3ln コマンドを使用して、回線がアクティブになった後の回線特性を設定します(addln を参照)。

シンタックス: FRSM-2T3、FRSM-2CT3

cnfds3ln < line_num> < line_type> < line_len> < clk_src>

シンタックス: FRSM-2E3

cnfds3ln < line_num> < line_len> < clk_src>

シンタックスの説明

 

line_num

設定する回線の番号を入力します。dspds3lns コマンドを使用して、使用可能な回線を表示します。

line_type

設定する回線のタイプ。

1 = C ビット パリティ

2 = G.832_G.804

3 = M13

4 = G.751


) FRSM-2E3 では G.751 だけがサポートされています。


 

line_len

回線の長さ。

1 = 68.62 M 未満

2 = 68.62 M 以上

clk_src

Dsx3 Xmt クロック ソース。

1 = バックプレーン クロック(FRSM-2E3 のみ)

2 = 回復クロック(FRSM-2T3 と FRSM-2E3 のみ)

3 = ローカル クロック(FRSM-2CT3、FRSM-2T3、および FRSM-2E3)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

回線 1 の設定をより長い回線に変更します。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > cnfds3ln 1 1 2 3
 
PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a >

cnfdsx3bert

DSX3 BERT の設定:FRSM 2T3E3

cnfdsx3bert コマンドで、FRSM のビット誤り率試験(BERT)のパターンを指定します。


) このコマンドは、ループバック モードの回線がない場合は、機能しません。addds3loop と addds3rmtloop を参照してください。


シンタックス

cnfdsx3bert < line_num> < test- pattern >

シンタックスの説明

 

line_num

DS3 回線番号。範囲は 1~2(FRSM-2T3E3)

テスト パターン

DSX3 BERT パターン

1 = オール 1

2 = オール 0

3 = 0 と 1 の交互パターン

4 = 00 と 11 の交互パターン

5 = 3 in 24 パターン

6 = 1 in 16 パターン

7 = 1 in 8 パターン

8 = 1 in 4 パターン

9 = スーパーフレーム ループ アップ

10 = スーパーフレーム ループ ダウン

11 = ThreeBit(2^3-1)

12 = FourBit(2^4-1)

13 = FiveBit(2^5-1)

14 = SixBit(2^6-1)

15 = SevenBit(2^7-1)

16 = フラクショナル T1 ループ アップ

17 = フラクショナル T1 ループ ダウン

18 = NineBit(2^9-1)

19 = TenBit(2^10-1)

20 = ElevenBit(2^11-1)

21 = FifteenBit(2^15-1)

22 = SeventeenBit(2^17-1)

23 = EighteenBit(2^18-1)

24 = TwentyBit(2^20-1)

25 = TwentyBit QRSS

26 = TwentyOneBit(2^21-1)

27 = TwentyTwoBit(2^22-1)

28 = TwentyThreeBit(2^23-1)

29 = TwentyFiveBit(2^25-1)

30 = TwentyEightBit(2^28-1)

31 = TwentyNineBit(2^29-1)

32 = ThirtyOneBit(2^31-1)

33 = ThirtyTwoBit(2^32-1)

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

オール 0 パターンを使用して、回線1の BERT テストを設定します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > cnfdsx3bert 1 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

 

cnfegrq

出力キューの設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfegrq コマンドを使用して、指定したポートの出力キュー パラメータを設定します。

シンタックス

cnfegrq < port_num > <egr_serv_type> <Qdepth> <QDEThresh> <QECNThresh>

シンタックスの説明

 

port_num

表示したいポートの番号を指定します。dspports コマンドは、すべての設定ポートを表示します。

egr_serv_type

表示するサービス タイプを選択します。

均等化キュー、高優先度キュー = 1

均等化キュー、rtVBR キュー = 2

均等化キュー、nrtVBR キューおよび ABR キュー = 3

均等化キュー、UBR キュー = 4

比率キュー、高優先度キュー = 1

比率キュー、低優先度キュー = 2


) cnfegrservtype コマンドで設定された出力ポートのサービス アルゴリズムによって、均等化キューのサービス タイプか、比率キューのサービス タイプを選択します。dspegrservtype コマンドで、現在の FRSM カードに設定された現在の出力ポートのサービス アルゴリズムを表示できます。


 

Qdepth

出力ポート キュー長。この設定は、キューの最大許容数を表し、この値を超えるとセルの廃棄が開始されます。0~2097151 までの数値を入力します。

デフォルト:65535 バイト

QDEThresh

出力ポート キュー DE しきい値。この設定は、キューの最大許容数を表し、この値を超えるとフレームは廃棄適性(DE)のタグが付けられます。0~2097151 の範囲の値を入力します。

デフォルト:32767 バイト

QECNThresh

出力ポート キュー ECN しきい値。明示的輻輳通知(ECN)しきい値は、キューの最大長で、その値を超えると輻輳ビット(FECN と BECN)がフレームにセットされます。0~2097151の数値を入力します。

デフォルト:6553 バイト

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、サービス 1 のポート出力キュー パラメータを変更します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > cnfegrq 1 1 65535 32767 32767
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >
 

cnfegrservtype

出力サービス タイプの設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfegrservtype コマンドで、出力ポートのサービス アルゴリズムを変更します。出力ポート キューのサービス タイプは、カード レベルのオプションです。このタイプは、ポートを追加する前に設定する必要があります。

サービス品質(QoS)を保証した 4 つのキューを使用する均等化キュー(WFQ)アルゴリズム、または、サービス品質を考慮しない 2 つのキューを使用する比率キュー(RBQ)アルゴリズムを選択できます。WFQ アルゴリズムは、4 つの出力データ キュー(高優先度キュー(CBR トラフィック用)、rt-VBR キュー、nrt-VBR および ABR トラフィックに対する 1 つの共通キュー、UBR キュー)をサポートしています。RBQ アルゴリズムは、高優先度キューと低優先度キューをサポートします。

シンタックス

cnfegrservtype < type >

シンタックスの説明

 

type

次のサービス タイプのどれかを表す値:

87 = 4 つのキューを使用する WFQ アルゴリズム(デフォルト)

99 = 2 つのキューを使用する RBQ アルゴリズム

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:スーパー グループ

2 つのキューを持つ比率キューアルゴリズムを使用する出力サービス タイプを設定します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > cnfegrservtype 99
The card will be reset, Do you want to proceed (Yes/No)? y
 
 
(session fell back)
 
PXM1E_SJ.7.PXM.a >

cnfln

回線の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

オプションの cnfln コマンドを使用して、回線がアクティブになった後に回線の特性を設定します(addln を参照)。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnfln < line_num > < line_code > < line_len > < clk_src > [E1-signalling/T1-Linetype]

シンタックス: FRSM-2CT3

cnfln < line_num > < line_type > < clk_src >

シンタックス:FRSM-HS2/B

cnfln < line_num > < line_type > <serial_line_rate> [-intrtyp <interface_type>] [-freqth <dte_freq_thr>]

シンタックスの説明

 

line_num

設定する回線の番号を入力します。dsplns コマンドを使って、使用可能な回線を表示します。回線の範囲:

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、および FRSM-8E1-C の範囲 = 1~8

FRSM-2CT3 の範囲 = 1~56

MGX-SCSI2-2HSSI/B バック カードを持つ FRSM-HS2/B の範囲 = 1~2

MGX-12IN1-8S バック カードを持つ FRSM-HS2/B の範囲 = 1~8

line_code

次のライン コーディングを選択します。

B8ZS(T1)= 2

HDB3(E1)= 3

AMI(T1/E1)= 4

line_len

回線の長さを入力します。

T1 範囲:

0~39.95 M = 10

39.95~79.90 M = 11

79.90~119.85 M = 12

119.85~159.80 M = 13

159.80~199.75 M = 14

>199.75 M = 15

E1(SMB 回線モジュールがある場合)= 8

E1(RJ48 回線モジュールがある場合)= 9

clk_src

DSX1 クロック ソース。

1 = ループ クロック

2 = ローカル クロック

E1-signalling、

T1-Linetype

このオプションでは、E1 シグナリングの方法や T1 回線タイプを選択します。次のシグナリングの組み合せに対するキーワードを入力します。

E1 シグナリング:

CRC なしの CAS = CAS

CRC ありの CAS = CAS_CRC

CRC なしの CCS = CCS

CRC ありの CCS = CCS_CRC

クリア E1 = CLEAR

T1 回線タイプ:

dsx1 ESF = ESF

dsx1 D4 = D4

line_type

FRSM-2CT3 カードには、次のような回線タイプを選択します。

1 = dsx1 ESF

2 = dsx1 D4

FRSM-HS2/B カードには、次のような回線タイプを選択します。

DTE = 1

DCE = 2

DTE_ST(V.35 のみ)= 3

serial_line_rate

次の範囲からシリアル回線の速度を指定します。

HSSI:48000~51840000 Bps

V.35/X.21:48000~8192000 Bps


) シリアル回線の速度を 1000 の倍数で指定します。たとえば、有効な回線速度は、50000、51835000、10238000 となります。


 

-intrtyp

このオプションでは、MGX-12IN1-8S バック カードと FRSM-HS2/B カードを使用した場合のインターフェイス タイプを選択します。次のオプションから選択します。

X.21 = 2

V.35 = 3(デフォルト)

-freqth

このオプションで、DTE/DTE ST クロックのしきい値を選択します。範囲は、1 ~ 5 % です。デフォルトは 3 % です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM-8T1 で、回線 6 を長さを 199.75 M より長く設定し、他のパラメータをデフォルト値に設定します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > cnfln 6 2 15 2
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

cnflnloop

回線ループの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnflnloop コマンドは、指定した回線のループバック コード検出を可能にしたり、不可能にしたりします。ループバック コード検出を可能にすると、回線でインバンドのループバックの起動や停止が検出されます。

ループバック起動コードを検出すると、回線はリモート ループバックに入ります。ループバック停止コードを検出すると、回線はリモート ループバックから復帰します。ループバック停止コードは、回線がループバック起動コードでリモート ループバックになった場合だけに受け付けられます。ループバック起動コードによって回線がリモート ループバックになっている間に、ループバック コード検出を無効にすると、その回線でのリモート ループバックは中断されます。ループバック起動コードを生成できる装置には、SRM、BERT 可能なルータ、DSU/CSU 試験装置などが含まれます。

FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。


ヒント ループバック モードの設定を表示するには、dspln コマンドを使用します。


シンタックス

cnflnloop < line_num > <lpbkCodeDetection>

シンタックスの説明

 

line_num

ループバック コード検出を設定する回線番号。dsplns コマンドを使って、使用可能な回線を表示します。

lpbkCodeDetection

ループバック コード検出パラメータ。

1 = コード検出の無効化

2 = コード検出の有効化

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

ループバック モードの回線 6 のコード検出を有効にします。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > cnflnloop 6 2
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

 

cnflnsubrate

回線のサブレートの設定:FRSM-2T3E3

cnflnsubrate コマンドで T3/E3 回線のサブレートのモードを設定します。

通常、FRSM-2T3E3 回線は T3E3 の最大回線レートで動作します。このコマンドでは、回線単位でフラクショナル/サブレート T3E3 サービスをサポートできます。回線のサブレート設定は、通常、異なる物理リンク能力を持つ 2 つのノード間で使用される帯域幅を変更する場合に使用します。このようなサポートは、通常はメーカー独自のサポートであり、FRSM 回線の顧客構内に設置されている特定ベンダーの DSU 装置に合致するように設定する必要があります。そのため、ベンダー特有の設定オプションが提供されています。

このコマンドでは、Digital Link と ADC Kentrox 社の DSU の T3/E3 回線のサブレートを指定します。


) Larscom 社の DSU は、このリリースではサポートされていません。


シンタックス

cnflnsubrate < line_num > < dsu_subrate_ena > < dsu_select > < dsu_scramble_ena > < dsu_line_rate >

シンタックスの説明

.

line_num

DS3 回線番号。dspds3lns コマンドを使用して、設定に使用可能な回線を表示します。

dsu_subrate_ena

DS3 サブレートを有効/無効にします。

無効 = 1

有効 = 2

dsu_select

DS3 DSU の選択。

Digital Link 社の 3100 モード = 1

ADC-Kentrox 社製 = 2

Larscom 社製 = 3(このオプションはサポートされていません)

G.751 クリア チャネル = 4

dsu_scramble_ena

DSU 回線スクランブル

無効 = 1

有効 = 2

dsu_line_rate

サブレート範囲に入る回線レートを入力します。その値は、次のステップ値の乗数値です。

T3、DL3100 - サブレートの範囲:300~44100、ステップ値:300、最大レート:44210 Kbps

T3、ADC-Kentrox モード - サブレートの範囲:1500~35000、ステップ値:500、最大レート:44210 Kbps

E3、DL3100 - サブレートの範囲:358~34010、ステップ値:358、最大レート:34010 Kbps

E3、ADC-Kentrox モード - サブレートの範囲:1000~24500、ステップ値:500、最大レート:34099 Kbps

E3、クリア チャネル - サブレートの範囲:なし、ステップ値:なし、最大レート:34099 Kbps


) クリア チャネルを選択する場合は、dsu_subrate_ena パラメータを無効に設定する必要があります。


 

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

回線 1 のサブレート モードを有効にし、ADC-Kentrox モードを選択します。スクランブルを無効にし、最小レートを選択します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > cnflnsubrate 1 2 2 1 1000
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

cnfm32eqthresh

M32 出力キューしきい値の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnfm32eqthresh コマンドを使用して、M32 出力キューしきい値をポートに割り当てます。

シンタックス

cnfm32eqthresh < portNum > <threshold>

シンタックスの説明

 

portNum

設定するポート番号を入力します。使用可能なポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

threshold

しきい値には 1~6000 の値を入力します。デフォルト値は 6000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 6 の M32 しきい値キュー値を 5000 バイトに設定します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > cnfm32eqthresh 6 5000
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

cnfoamlpbk

OAM ループバックの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfoamlpbk コマンドを使用して、OAM ループバック テストを設定します。OAM ループバック テストは、接続の導通性の確認が目的で、導通テストに失敗するとアラームが生成されます。OAM ループバック テストは、現在の FRSM カード上のすべてのアクティブな(障害、アラーム、クリア状態の)接続で実行されます。

この永続的なテストでは、データを 1 分間受信していないアイドル状態の接続に OAM セルが送信され、接続の導通性を確認します。このテストの実行には、リモート エンドのループバックは不要です。OAM セルは自動的に認識され返されるため、リモート エンドがすべてのデータをループバックする必要はありません。エンドポイントが FastPacket カードにある場合は、OAM ループバック セルではなく「テスト遅延(test delay)」セルが送信されます。

OAM セルは、1 つのエンドポイントで開始され、ネットワークに送信されます。ネットワークで OAM セルは、接続のリモート エンドポイントにあるカードによって戻されます(セルは NNI トランクを通過しません)。連続した 10 個のセルを受信しないと、その接続は障害があるとして宣言されます。テストで有意と判断できる連続したセル損失が発生すると、アラームがロギングされます。

障害の発生した接続が検出されると、テストを開始したローカル側は、障害を示しているエンドポイントのノードにネットワーク メッセージを送信します。これにより、接続の両端でのネットワーク ビューの整合性が保たれます。

シンタックス

cnfoamlpbk < dis/enb > < frequency >

シンタックスの説明

 

dis/enb

次のアクションのいずれか 1 つを指定します。

1 = OamRas を有効化

2 = OamRas を無効化

frequency

ループバック セル送信の頻度

範囲:1~10 分

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードで OAM ループバック セルを 10 分ごとに有効にします。

Corvette.1.11.FRSM.a > cnfoamlpbk 1 10
 
Corvette.1.11.FRSM.a >
 
 

cnfport

ポートの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfport コマンドを使用して、FRSM ポートのよく変更される特性を変更します。 dspport コマンドを使用して設定を確認します。

シンタックス

cnfport < portNum > < lmiSig > < asyn > < ELMI > < T391 > < T392 > < N391 > < N392 > < N393 > [lmi_autosense]

シンタックスの説明

 

port Num

設定するポートの番号。dspports コマンドでは、すべての設定済みポートが表示されます。

lmiSig

LMI シグナリングのプロトコル タイプ

なし = N(デフォルト)

Strata LMI = S

Annex A UNI = au

Annex D UNI = du

Annex A NNI = an

Annex D NNI = dn


) LMI を設定する場合、1 ポートあたりの最大接続数は、Strata LMI ポートの場合は 560、Annex A/D UNI/NNI ポートの場合は 898 です。


 

asyn

非同期アップデートを有効/無効にします。

Update Status(UPD; アップデート ステータス)および Unsolicited Full Status(UFD; 非勧誘型フル状態表示)を無効化 = n または 1(デフォルト)

UPD を有効化 = y または 2

UFS を有効化 = 3

UPD と UFS および有効化 = 4

ELMI

拡張 LMI を有効/無効にします。

無効 = n または N(デフォルト)

有効 = y または Y

T391

T391 タイマー。UNI ステータス ポーリングの間隔を秒単位で設定します。

範囲:5~30 秒

デフォルト:10

T392

T392 タイマー。NNI ステータス ポーリングの間隔を秒単位で設定します。

範囲:5~30 秒

デフォルト:15

N391

N391 カウンタ。この設定によって UNI/NNI のポーリング周期が確立されます。

範囲:1 ~ 255

デフォルト:6

N392

N392 カウンタ。UNI/NNI のエラーしきい値です。

範囲:1~10

デフォルト:3

N393

N393 カウンタ。UNI/NNI 監視対象イベント数のしきい値。 N392 より大きい値を指定する必要があります。

範囲:1~10

デフォルト = 4

lmi_autosense

LMI 自動感知。LMI 自動感知が有効になると、フレームリレー ポートは LMI シグナリング タイプを検出し、接続した CPE 上に設定されたシグナリング タイプに設定します。LMI 自動感知が手動に設定した場合は、上記の lmiSig オプションか、addport または xcnfport コ マンドを使用して LMI シグナリング タイプを設定する必要があります。

1 = 手動(デフォルト)

2 = 自動感知


) LMI 自動感知は UNI フレームリレー接続でだけサポートされ、DLCI の範囲は 16~991 です。


 

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 8 の LMI シグナリングを Strata LMI に変更し、その他すべてのパラメータにはデフォルト値を使用します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > cnfport 8 s n n 10 15 6 3 4
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >

 

cnfportcllm

ポート CLLM の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfportcllm コマンドを使用して、現在の FRSM カードの指定ポートに対する Consolidated Link Layer Management(CLLM; 統合リンク層管理)パラメータを変更します。 ForeSight アルゴリズムでは、CLLM フレームを使用して NNI を介して接続の輻輳情報を交換することで、ローカル ネットワークの輻輳だけでなく接続したネットワークの輻輳のときにも、各接続のトラフィック フローを調整できます。CLLM により、ローカル ネットワークの境界を越えて、接続した別の Cisco WAN 交換網、または ForeSight 機能をサポートする接続したシスコ製ルータにまで ForeSight 機能を拡張できます。

CLLM 輻輳メッセージは、動的な適応型トラフィック シェーピング機構の一部です。フレームリレー ネットワークで輻輳が検出されると、ForeSight を使用して非同期で他のネットワーク スイッチに、NNI を介したそのネットワークへのトラフィックを削減するよう通知します。接続されている CPE にもネットワークの輻輳が通知され、CPE が ForeSight をサポートしていれば、CPE はネットワークへ送るトラフィックを削減します。

ポートの CLLM 設定を表示するには、dspport コマンドを使用します。


) PXM45 および PXM1E は ForeSight 機能をサポートしていません。PXM45 および PXM1E バックボーン ネットワークをルーティングするフレームリレー接続では、標準 ABR(利用可能な場合)を使用することをお勧めします。


シンタックス

cnfportcllm < portNum > < CLLMEN > < CLLMTM >

シンタックスの説明

 

portNum

設定するポートの番号。dspports コマンドは、すべての設定ポートを表示します。

CLLMEN

CLLM を有効または無効にします。

1 = 無効(デフォルト)

2 = 有効


) CLLMを有効にするためには、LMI NNI シグナリングを有効にする必要があります(cnfport を参照)。


 

CLLMTM

CLLM タイマー。この設定は、NNI または接続されている CPE 装置に連続して送信される CLLM 輻輳メッセージの時間間隔を指定します。有効な値は、通常 50~150 ミリ秒の範囲です。

範囲:40~5000 ミリ秒

デフォルト:1000(1 秒)

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 8 の CLLM を有効にし、タイマーを 1 秒に設定します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > cnfportcllm 8 2 1000
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >

 

cnfrdimapenbl

RDI マッピング有効の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfrdimapenbl コマンドを使用して、RDI を A ビットにマッピングします。RDI の A ビットへのマッピングを有効にすると、ネットワークからの Remote Defect Indication(RDI;リモート障害表示)で、LMI A ビットが非アクティブ状態(A = 0)になります。これにより、接続された CPE は、Frame Relay(FR;フレームリレー)ネットワーク障害時に、別のルートを選択できます。

A ビットは、FR ポートと接続されている CPE 装置間で交換される LMI メッセージ内の状態ビットです。A ビットは、DLCI への FR 接続がアクティブか、非アクティブかを示します。通常ルータは、A = 0 であれば、 FR がサービス停止しているかどうかに関係なく、非アクティブなインターフェイスにはパケットを送信しません。ネットワークは、回線がアクティブになり障害がなくなったと判断すると、A=1 に設定します。リモート ルータへの LMI セッションがリモート側で A = 0 となっている場合、シスコ製スイッチも A = 0 に設定します。 接続障害や OAM ループバックのテストの失敗などのネットワーク障害がある場合も、A = 0 に設定します。

RDI は、sonet APS 保護インターフェイス上のアラーム状態であり、APS 保護パスのリモート側で検出されたリモートの障害を示します。RDI の A ビットへのマッピングでは、リモート ATM エンドポイントが APS RDI アラーム状態にある場合に A = 0 に設定する機能が追加されます。

シンタックス

cnfrdimapenbl <enable|disable>

シンタックスの説明

 

enable|disable

RDI マッピングの有効化

1 = RDI の A ビットへのマッピングを有効化

0 = RDI の A ビットへのマッピングを無効化(デフォルト)

関連コマンド

dsprdimapenbl

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードの RDI マッピングを有効にします。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > cnfrdimapenbl 1
Do you want to proceed (Yes/No)? y
 
PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a >

cnfrscprtn

リソース パーティションの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfrscprtn コマンドを使用して、特定のポートのリソース パーティション設定を変更します。リソース パーティションでは、PNNI などの特定のコントローラに、帯域幅などのポート リソースと DLCI 範囲を割り当てます。このリリースでは、PNNI リソース パーティションはポートが生成されると自動的に生成され、すべてのリソースが PNNI コントローラに割り当てられます。

シンタックス

cnfrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <pct_bw_ingr> <pct_bw_egr> <min_dlci> <max_dlci> <max_lcn> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

配分するポート番号。ポートのパーティションを定義するには、まず回線にポートを割り当てる必要があります。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

pct_bw_ingr

入力帯域幅の割合。このコントローラが入力側の通信に使用する、回線の帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100 % です。

pct_bw_egr

出力帯域幅の割合。このコントローラで送信のために使用する回線帯域幅の割合を入力します。範囲は 1~100 % です。

min_dlci

このポートで使用する最小 DLCI。範囲は 16~1023 です。

max_dlci

このポートで使用する最大 DLCI。範囲は 16~1023 です。

max_lcn

このポートで使用する最大 LCN。カード タイプの範囲

FRSM-8T1 および FRSM-8T1-C の範囲: 1~1000

FRSM-8E1 および FRSM-8E1-C の範囲: 1~1000

FRSM-2T3E3: 1~2000

FRSM-2CT3: 1~4000

FRSM-HS2/B: 1~2000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B:1~4000( 12IN1-8S バック カード)

cntrlr_id

このパーティションが使用するコントローラに関連付ける番号を入力します。範囲は 1~255 です。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM--2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

次の例では、デフォルトの最小 DLCI 値を 16 に変更しています。その他すべてのリソース パーティション値にはデフォルト値を使用します。

PXM1E_SJ1.1.30.FRSM.a > cnfrscprtn 6 2 100 100 16 1023 1000 2
 
PXM1E_SJ1.1.30.FRSM.a >

cnfslftst

自己診断の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfslftst コマンドを使用して、現在の FRSM カードで自己診断の有効/無効化、テストの実行頻度の設定を行います。cnfslftstコマンドで自己診断を有効にした後、runslftst コマンドで実行するテストを選択してテストを開始します。テストの終了後、cnfslftst コマンドを使用してテストを無効にします。

シンタックス

cnfslftst -en < SelftestEnable > -tm < SelftestPeriod >

シンタックスの説明

 

-en

自己診断を有効または無効にします。 SelftestEnable に、次のいずれかを指定します。

無効 = 1

有効 = 2

-tm

自己診断の間隔を分単位で定義します。範囲は 1~60 です。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:任意

特権:任意のユーザ

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

次の例では、自己診断を有効にし、1 分ごとに診断が繰り返されるように設定しています。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > cnfslftst -en 2 -tm 1
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

cnfstdabrctrl

標準 ABR 制御の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnfstdabrctrl コマンドを使用して、現在の FRSM カードの標準 ABR 制御オプションを設定します。


) このコマンドは、FRSM カードをリセットします。


シンタックス

cnfstdabrctrl <option>

シンタックスの説明

 

option

使用する制御オプションに対応する次の番号を入力します。

RM セルなし、マッピングなし = 1

RM セルなし、マッピングは有効化 = 2

RM セルは生成、マッピングなし = 3(デフォルト)

RM セルとマッピングを有効化 = 4(このオプションは FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、および FRSM-8E1-C カードにのみ使用可能)

関連コマンド

dspstdabrctrl

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在のカードで標準の ABR 制御オプションを両方とも有効化するように設定します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > cnfstdabrctrl 4
 
The Card needs to be RESET for the feature to take effect
Do you want to proceed (Yes/No)? y
 
 
(session fell back)
 
PXM1E_SF.1.PXM.a >
 

) FRSM カードは、リセットされるとハングします。Return キーを押して、強制的にスイッチをアクティブ PXM1E カードに戻します。カードのリセットが完了すると、cc コマンドでスイッチを FRSM カードに戻すことができます。


cnftrafficgen

トラフィック生成テストの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnftrafficgen コマンドを使用して、トラフィック生成テストを設定します。トラフィック生成テスト機能により、専用のテスト装置を設置しなくてもネットワーク障害をデバッグできます。

このテストは、セル廃棄のトラブルシューティングに使用され、障害のある接続での使用を目的としています。このテストは接続レベルで有効/無効化できます。カード レベルではできません。接続のもう一端でループバックを使用することで、データの完全性を両方向でテストできます。

トラフィック生成テストは、選択したチャネルにフレームのストリームを伝送します。このテストは対話的に行い、その間、接続のトラフィックが中断します。現在の FRSM カードで同時に実行できるトラフィック生成テストは 1 つだけです。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

cnftrafficgen < Port.DLCI|pvc_num > < action > < num_frames > < pattern_type >

シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cnftrafficgen < pvc_num > < action > < num_frames > < pattern_type >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI の形式の、テスト対象の接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

pvc_num

テストするチャネル番号。現在のカードのチャネルを表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

action

次のアクションのいずれか 1 つを選択します。

1 = 開始

2 = 停止

3 = 打ち切り

num_frames

フレーム数

範囲:1~40960000

pattern_type

パターン タイプ

オール 0 = 1(デフォルト)

オール 1 = 2

オール 5 = 3

オール A = 4

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

接続 16 で、50 フレームとオール 1 パターンを使用してトラフィック生成テストを開始します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > cnftrafficgen 16 1 50 1
 
Wait for the prompt......
Starting Test
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >
 

接続ポート 8、DLCI 16 でのトラフィック生成テストを停止します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > cnftrafficgen 8.16 2
 
Wait for the prompt.......
Stopping Test
 
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >

cnfunit391

NI T391 の設定:FRSM-8T1, FRSM-8T1-C, FRSM-8E1, FRSM-8E1-C

cnfunit391 コマンドを使用して、現在の FRSM カード上の UNI T391 タイマーの設定を変更します。この設定は、UNI 回線の整合性ステータス ポーリングの間隔(秒)です。

シンタックス

cnfunit391 <UNI_T391>

シンタックスの説明

 

UNI_T391

タイマー値として 2~30 秒の値を入力します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:スーパー グループ

FRSM UNI T391 タイマーを 10 秒に設定します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > cnfunit391 10
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

 

copychans

チャネルのコピー:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

copychans コマンドを使用して、チャネル設定を 1 つ以上のチャネルにコピーします。このコマンドで、ある指定された「テンプレート」チャネルから複数のチャネルの作成と設定ができます。

シンタックス

copychans < template chan # > < start chan # > < start dlci > < # of chans > [< start remote VPI > < start remote VCI >]

シンタックスの説明

 

template chan #

テンプレートとして使用するチャネル番号。現在のカードのチャネルを表示するには、dspcons か dspchans コマンドを使用します。

start chan #

コピーを開始するチャネル番号。使用中のチャネルを確認するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

start dlci

コピーを開始する DLCI 番号。すでに使用されている DLCI を表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

# of chans

テンプレート チャネル設定を使用して作成するチャネルの数を指定します。

start remote VPI

このオプションで、作成する接続の最初のリモート 仮想パス識別子(VPI)を指定します。

start remote VCI

このオプションで、作成する接続の最初のリモート 仮想チャネル識別子(VCI)を指定します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

スレーブ接続 16 を、開始チャネル番号 17、開始 DLCI 89 から、10 回コピーします。

8830-SF.1.11.FRSM.a > copychans 16 17 89 10
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.108
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.109
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.110
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.111
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.112
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.113
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.114
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.115
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.116
 
 
Local Connection ID is : 4700918100000000001a492344000001015b0800.11.117
 
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >
 

copyports

ポートのコピー:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3

copyports コマンドを使用して、チャネル化回線に複数のチャネルを作成します。最初の手順はコピー対象となるポートを作成することです。次に、copyports コマンドを使用してその他のポートを作成します。

シンタックス

copyports < template port # > < start port # > < start time slot > < # of ports >

シンタックスの説明

 

template port #

コピーするテンプレート ポート番号

start port #

最初のコピーに使用するポート番号。以降のポートには、この番号より大きなものが使用されます。

start time slot

最初のコピーを開始するタイム スロット。以降のポートには、この番号より大きなタイム スロット番号が使用されます。

# of ports

コピーから作成するポートの数

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート番号 70 を、ポート番号 71、タイム スロット 5 から開始して、 5 回コピーします。

8830-SF.1.13.FRSM.a > copyports 70 71 5 5
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >
 

ヒント 24 のタイムスロットがある T1 回線では、このコマンドにより 6 ポート(元のポート + 5 回のコピー分)が作成されます。つまり、各ポートが 4 つ以下のタイム スロットを使用します。最小のスロット番号を使用してテンプレート ポートを作成します。このテンプレート ポートをコピーして、この番号より大きいスロット番号でポートを作成します。


cpstobps

セル/秒(Cps)からビット/秒(Bps)への変換:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

cpstobps コマンドは、Cps で入力された速度の値を Bps で表示します。ATM 速度(Cps)とフレームリレー速度(Bps)間の変換にソフトウェアが使用している公式も表示します。

このコマンドで使用している公式では、フレームリレー ビット(48×8=384)が ATM セルに完全に埋められることを想定しています。次に、1.44x の係数でこの値を変更します。係数 1.44x は、100 バイトのフレームリレー フレームを ATM セルに再組み立てする際の、AAL5 オーバーヘッド、最終セルの部分セル充填を含む実質的なオーバーヘッドを表します。この公式で正確な値が計算されるのは、100 バイトのフレーム サイズの場合だけです。他のフレーム長では近似値です。この場合、結果の Bps 速度の小数点以下は切り上げられます。

シンタックス

cpstobps <cps>

シンタックスの説明

 

Cps

セル/秒。10~135000 までの数値を入力します。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

38 Cps に相当するフレームリレー速度を調べます。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > cpstobps 38
 
bps = 10134 [formula used: ((cps*38400)/144)+1]
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

delchan

チャネルの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delchan コマンドを使用して、論理チャネル番号を指定して接続を削除します。この番号は、addcon コマンドで接続が定義された際にスイッチによって割り当てられます。dspcons コマンド出力の「LCN」欄に、接続チャネル番号が表示されます。

シンタックス

delchan < chan_num >

シンタックスの説明

 

chan_num

dspcons コマンドの出力に表示されるチャネル番号

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードのチャネル 29 を削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delchan 29
(CHAN_DEL): Deleted Channel.. : 29
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

delchanloop

チャネル ループバックの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delchanloop コマンドを使用して、現在の FRSM からのチャネル ループバックを削除します。FRSM によってサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。

シンタックス

delchanloop <Port.DLCI| chan_num >

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式の、チャネル ループバックから削除する接続のポートと DLCI。チャネル ポートと DLCI の情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。ポート番号の範囲をカード タイプごとに示します。

FRSM-8T1 および FRSM-8T1-C の範囲: = 1~192

FRSM-8E1 および FRSM-8E1-C の範囲: = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B: 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B:1~8( 12IN1-8S バック カード)

DLCI の範囲は、16~1023 です。

chan_num

ポートのチャネル番号を、dspcons レポートに表示されているとおりに入力します。

関連コマンド

addchanloop 、dspchans、dspcons、 tstcon tstdelay


ヒント 接続のループバック ステータスを表示するには、dspcon コマンドを使用して、ChanLocalRemoteLpbkState と表記されている行を探します。


アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードのチャネル 29 からチャネル ループバックを削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delchanloop 29
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

delchans

チャネルの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delchans コマンドを使用して、チャネル番号を指定して一定範囲のフレームリレー接続を削除します。この番号は、addcon コマンドで接続が定義された際にスイッチによって割り当てられます。dspcons コマンド出力の「LCN」欄に、接続チャネル番号が表示されます。

シンタックス

delchans < start chan # > < # of chans >

シンタックスの説明

 

start chan #

dspcons コマンドの出力に表示されているチャネル番号を入力します。

# of chans

削除する連続したチャネルの数

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードのチャネル 32~33 を削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delchans 32 2
(CHAN_DEL): Deleted Channel.. : 32
(CHAN_DEL): Deleted Channel.. : 33
 
PXM1E_SJ1.1.25.FRSM.a >

delcon

接続の削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delcon コマンドを使用して、FRSM カードから接続を削除します。

シンタックス

delcon < port.DLCI >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、削除する接続のポートと DLCI。チャネル ポートと DLCI の情報は dspcons コマンドおよび dspchans コマンドで見ることができます。ポート番号の範囲をカード タイプごとに示します。

FRSM-8T1 および FRSM-8T1-C の範囲: = 1~192

FRSM-8E1 および FRSM-8E1-C の範囲: = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B: 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B:1~8( 12IN1-8S バック カード)

DLCI の範囲は、16~1023 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードから接続 1.20 を削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delcon 1.20
(CHAN_DEL): Deleted Channel.. : 28
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

delds3loop

DS3 ループの削除 : FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

delds3loop コマンドを使用して、addds3loop または addds3rmtloop コマンドで DS3 回線割り当てられたループバック機能を削除します。FRSM でサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。


) FRSM-2CT3 では、dellnloop コマンドを使用して、ローカルまたはリモート ループバック モードから 56 の DS1 回線のうちの任意の数の回線を削除できます。


シンタックス

delds3loop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

1 または 2 の回線番号を入力します。回線のループバック状態を確認するには、dspds3ln コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

現在の FRSM 2T3E3 カードの回線 1 から回線ループバックを削除します。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > delds3loop 1
 
PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a >

 

deldsx3bert

DSX3 BERT の解除:FRSM 2T3E3

deldsx3bert コマンドを使用して、現在の BERT テストを終了し BERT カウンタをクリアします。

シンタックス

deldsx3bert

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

現在の BERT テストを停止します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > deldsx3bert
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

dellndelln

回線の削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delln コマンドを使用して、回線を停止します。

シンタックス

delln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

削除する回線の番号。現在のカードの回線のリストは、dsplns または dspds3lns コマンドを使用して表示します。

関連コマンド

addln cnfln dspln 、dspds3lns、 dsplns

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-HS2/B カードの回線 8 を削除します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > delln 8
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

dellnloop

回線ループの解除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dellnloop コマンドを使用して、adddlnloop または adddrmtloop コマンドで回線に割り当てられたループバック機能を削除します。FRSM カードでサポートされるループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。


) FRSM-2CT3 では、dellnloop コマンドを使用して、56 の DS1 回線のうちの任意の数の回線をローカルまたはリモート ループバック モードから解除できます。DS3 回線をループバック モードから解除するには、delds3loop コマンドを使用します。


シンタックス

dellnloop < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

カードに応じた範囲内でループバックから解除する回線の番号

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C の範囲 = 1~8

FRSM-2CT3 = 1~56

FRSM-HS2/B:

HSSI バック カード = 1~2

12IN1-8S バック カード = 1~8

回線のループバックの状態を表示するには、dspln コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

FRSM-HS2/B カードの回線 8 から回線ループバックを削除します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dellnloop 8
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

delport

ポートの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delport コマンドを使用して、FRSM カードの回線からフレームリレー サービスを削除します。

シンタックス

delport < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

削除するポートの番号。現在の FRSM のすべてのポート カウンタをクリアするには、clrportcnts コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードのポート 16 を削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delport 16
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

delports

ポートの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3

delports コマンドを使用して、指定した数の連続するポート設定を削除します。

このコマンドが正常に終了した場合、画面にメッセージは表示されません。

シンタックス

delports < start port # > < # of ports >

シンタックスの説明

 

start port #

削除する最初のポート番号

# of ports

削除する連続するポートの数

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

FRSM-8T1 カードのポート 3 と 4 を削除します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > delports 3 2
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

delrscprtn

リソース パーティションの削除:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

delrscprtn コマンドを使用して、リソース パーティション設定を削除します。

シンタックス

delrscprtn <port_num> <cntrlr_type> <cntrlr_id>

シンタックスの説明

 

port_num

パーティションを削除するポート番号。使用可能なポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。

cntrlr_type

このパーティションのコントローラ。PNNI コントローラがこのリリースでサポートされている唯一のコントローラである場合にだけ、2 を入力します。

PAR = 1

PNNI = 2

MPLS = 3

cntrlr_id

削除するパーティションに割り当てられたコントローラ ID を入力します。コントローラ ID を表示するには、dsprscprtn コマンドを使用します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

次の例では、ポートからリソース パーティションの 1 つを削除しています。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > delrscprtn 6 2 2
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

 

dncon

接続の停止:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dncon コマンドを使用して、接続を停止させます。


) このコマンドは、マスター エンドポイントでだけ機能します。


シンタックス

dncon < Port.DLCI > or <Channel Number>

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式の、停止する接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

Channel Number

停止する接続のチャネル番号。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 32 の接続を停止させます。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dncon 1.32
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

dspalm

回線アラームの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspalm コマンドを使用して、現在の FRSM カードの特定の回線に関連するアクティブなアラームを表示します。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

dspalm -ds1 <LineNum>

シンタックス: FRSM-2T3E3

dspalm <-ds3|-e3> <LineNum>

シンタックス: FRSM-2CT3

dspalm <-ds1|-ds3> <LineNum>

シンタックス:FRSM-HS2/B(MGX-12IN1-4S バック カード)

dspalm -x21 <LineNum>

シンタックス:FRSM-HS2/B(MGX-SCSI2-2HSSI/B バック カード)

dspalm -hssi <LineNum>

シンタックスの説明

 

LineNum

表示する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カード上の回線 2 のアラームを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspalm -ds1 2
 
LineNum: 2
LineAlarmState: Alarm(s) On --
RcvLOS
LineStatisticalAlarmState: No Statistical Alarms
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspalmcnf

アラーム設定の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspalmcnf コマンドを使用して、指定した回線のアラーム設定を表示します。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

dspalmcnf -ds1 <LineNum>

シンタックス: FRSM-2T3E3

dspalmcnf <-ds3|-e3> <LineNum>

シンタックス: FRSM-2CT3

dspalmcnf <-ds1|-ds3> <LineNum>

シンタックス:FRSM-HS2/B

dspalmcnf -x21 <LineNum>

シンタックスの説明

 

LineNum

アラーム設定を表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カード上の回線 1 のアラーム設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > dspalmcnf -ds3 1
 
LineNum: 1
RedSeverity: Major
RAISeverity: Minor
NEAlarmUpCount: 3
NEAlarmDnCount: 2
NEAlarmThreshold: 300
FEAlarmUpCount: 3
FEAlarmDnCount: 2
FEAlarmThreshold: 300
StatisticalAlarmSeverity: Minor
LCV15minThreshold: 3870
LCV24hrThreshold: 38650
LES15minThreshold: 86
LES24hrThreshold: 864
LSES15minThreshold: 4
LSES24hrThreshold: 40
PCV15minThreshold: 382
PCV24hrThreshold: 3820
PES15minThreshold: 86
PES24hrThreshold: 864
PSES15minThreshold: 4
PSES24hrThreshold: 40
CCV15minThreshold: 382
CCV24hrThreshold: 3820
CES15minThreshhold: 86
CES24hrThreshold: 864
CSES15minThreshold: 4
CSES24hrThreshold: 40
SEFS15minThreshold: 120
SEFS24hrThreshold: 1200
AISS15minThreshold: 120
AISS24hrThreshold: 1200
UAS15minThreshold: 120
UAS24hrThreshold: 1200

dspalmcnt

アラーム カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

dspalmcnt コマンドを使用して、現在の FRSM カード上の回線のアラーム カウンタ(タイプごとにある)を表示します。各アラーム カウンタは、リセットしてからそのアクティブなアラームが発生した回数を示します。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

dspalmcnt -ds1 <LineNum>

シンタックス: FRSM-2T3E3

dspalmcnt <-ds3|-e3> <LineNum>

シンタックス: FRSM-2CT3

dspalmcnt <-ds1|-ds3>- <LineNum>

シンタックスの説明

 

LineNum

アラーム カウンタを表示する回線の回線番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns または dspds3lns コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-8T1-C カード上の回線 1 のアラーム カウンタを表示します。

M8850_SF.1.11.FRSM.a > dspalmcnt -ds1 1
 
LineNum: 1
lCVCurrent: 0
lCVLast15minBucket: 0
lCVLast24hrBucket: 0
lESCurrent: 0
lESLast15minBucket: 0
lESLast24hrBucket: 0
lSESCurrent: 0
lSESLast15minBucket: 0
lSESLast24hrBucket: 0
cRCCurrent: 0
cRCLast15minBucket: 0
cRCLast24hrBucket: 0
cRCESCurrent: 0
cRCESLast15minBucket: 0
cRCESLast24hrBucket: 0
cRCSESCurrent: 0
cRCSESLast15minBucket: 0
cRCSESLast24hrBucket: 0
sEFSCurrent: 0
sEFSLast15minBucket: 0
sEFSLast24hrBucket: 0
aISSCurrent: 0
aISSLast15minBucket: 0
aISSLast24hrBucket: 0
uASCurrent: 0
uASLast15minBucket: 0
uASLast24hrBucket: 0
percentEFS: 100
RcvLOSCount: 0
RcvOOFCount: 0
RcvRAICount: 0
RcvFECount: 0
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

現在の FRSM-2CT3 カード上の回線 1 の ds3 アラーム カウンタを表示します。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspalmcnt -ds3 1
 
LineNum: 1
LCVCurrent: 0
LCVLast15minBucket: 0
LCVLast24hrBucket: 0
LESCurrent: 0
LESLast15minBucket: 0
LESLast24hrBucket: 0
LSESCurrent: 0
LSESLast15minBucket: 0
LSESLast24hrBucket: 0
PCVCurrent: 0
PCVLast15minBucket: 0
PCVLast24hrBucket: 0
PESCurrent: 0
PESLast15minBucket: 0
PESLast24hrBucket: 0
PSESCurrent: 0
PSESLast15minBucket: 0
PSESLast24hrBucket: 0
CCVCurrent: 0
CCVLast15minBucket: 0
CCVLast24hrBucket: 0
CESCurrent: 0
CESLast15minBucket: 0
CESLast24hrBucket: 0
CSESCurrent: 0
CSESLast15minBucket: 0
CSESLast24hrBucket: 0
SEFSCurrent: 0
SEFSLast15minBucket: 0
SEFSLast24hrBucket: 0
AISSCurrent: 0
AISSLast15minBucket: 0
AISSLast24hrBucket: 0
UASCurrent: 0
UASLast15minBucket: 0
UASLast24hrBucket: 0
PercentEFS: 100
RcvLOSCount: 0
RcvOOFCount: 0
RcvRAICount: 0
RcvCCVCount: 0
RcvFECount: 0
 

現在の FRSM-2CT3 カード上の回線 1 の ds1 アラーム カウンタを表示します。

 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspalmcnt -ds1 1
 
LineNum: 1
cRCCurrent: 0
cRCLast15minBucket: 0
cRCLast24hrBucket: 4
cRCESCurrent: 0
cRCESLast15minBucket: 0
cRCESLast24hrBucket: 2
cRCSESCurrent: 0
cRCSESLast15minBucket: 0
cRCSESLast24hrBucket: 0
sEFSCurrent: 0
sEFSLast15minBucket: 0
sEFSLast24hrBucket: 1
aISSCurrent: 0
aISSLast15minBucket: 0
aISSLast24hrBucket: 0
uASCurrent: 0
uASLast15minBucket: 0
uASLast24hrBucket: 0
RcvLOSCount: 0
RcvOOFCount: 1
RcvRAICount: 0
RcvFECount: 2

dspalms

アラームの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspalms コマンドを使用して、現在の FRSM カードのアクティブな回線アラームのサマリーを表示します。

シンタックス

dspalms -<lineType>

シンタックスの説明

 

lineType

表示する FRSM カードの回線タイプを指定します。

FRSM-8T1E1 および FRSM-8T1E1-C = ds1

FRSM-2T3E3 = ds3 または e3

FRSM-2T3E3 = ds3 または ds1

FRSM-HS2/B = x21

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの回線アラームを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspalms -ds1
 
Line AlarmState StatisticalAlarmState
---- ----------- ---------------------
30.2 Alarm(s) On No Statistical Alarms
30.3 No Alarms No Statistical Alarms
30.4 No Alarms No Statistical Alarms
30.5 No Alarms No Statistical Alarms
30.6 No Alarms No Statistical Alarms
30.7 No Alarms No Statistical Alarms
30.8 Alarm(s) On No Statistical Alarms
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspbufoverflow

バッファ オーバーフローの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspbufoverflow コマンドを使用して、FRSM データ受信バッファ オーバーフローの値を表示します。

シンタックス

dspbufoverflow

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:スーパー グループ

FRSM データの受信バッファ オーバーフローを表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dspbufoverflow
 
Data Receive Buffer Overflow: 0x00000000
 
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

dspcd

カードの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspcd コマンドを使用して、現在の FRSM カードのハードウェア、ソフトウェア、動作状態に関する情報を表示します。

シンタックス

dspcd


) カード情報は、PXM1E または PXM45 で該当するスロット番号を指定して dspcd コマンドを入力しても表示できます。たとえば、dspcd 30 と入力します。表示されるコマンド レポートは、FRSM カードに dspcd コマンドを実行して表示されるレポートとは異なります。


シンタックスの説明

なし

関連コマンド

version

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-HS2/B カードの情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dspcd
 
 
ModuleSlotNumber: 11
FunctionModuleState: Active
FunctionModuleType: FRSM-HS2B-12IN1
FunctionModuleSerialNum: SAG06102ACC
FunctionModuleHWRev: ex
FunctionModuleFWRev: 021.000.001.095-A
FunctionModuleResetReason: Reset by PXM
LineModuleType: LM-12in1-8s
LineModuleState: Present
mibVersionNumber: 83
configChangeTypeBitMap: CardCnfChng, LineCnfChng
cardIntegratedAlarm: Clear
 
Front Card Info
 
pcb part no-(800 level): 800-17066-01
pcb part no-(73 level): 73-06948-01
pcb revision (800 level): A0
fab par no-(28 level): 28-05059-01
pcb serial no: SAG06102ACC
clei code: BAA29X0AAA
manufacturing eng: 0x0
rma test history1: 0x0
rma test history2: 0x0
rma history: 0x0
platform features: 0x0
self test result: 0x0
 
Back Card Info
 
pcb part no-(800 level): 800-18302-01
pcb part no-(73 level): 73-07236-01
pcb revision (800 level): A0
fab par no-(28 level): 28-05278-01
pcb serial no: SAG06132KNH
clei code: BA2AFG0CAA
manufacturing eng: 0x0
rma test history1: 0x0
rma test history2: 0x0
rma history: 0x0
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >
 

dspcderrs

BRAM のハードウェア エラーの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspcderrs コマンドを使用して、FRSM カードに関連するエラーを表示します。エラーがない場合、画面には応答メッセージは表示されません。

シンタックス

dspcderrs

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrcderrs

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードに関するエラーを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspcderrs
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

dspchan

チャネル番号を使用した接続の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspchan コマンドを使用して、接続の設定と動作データを表示します。このコマンドは dspcon コマンドと同じレポートを作成しますが、ポート番号と DLCI 番号ではなくチャネル番号で接続を指定できます。

シンタックス

dspchan < chan_num >

シンタックスの説明

 

chan_num

表示する接続のチャネル。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

チャネル 16 の接続を表示します。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspchan 16
 
------------------------------------------------------
ChanNum: 16 RowStatus: Add
AdmnState: Up ChanState: Ok
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI LMI-ABIT RAS FAIL
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
NO NO NO NO NO
------------------------------------------------------
 
ChanNum: 16
ChanRowStatus: Add
ChanAdminStatus: Up
ChanPortNum: 1
ChanDLCI: 16
EgressQSelect: n/a
chanServType: CBR
IngressQDepth: 65535 bytes
IngressQDEThresh: 32767 bytes
IngressQECNThresh: 6553 bytes
EgressQDepth: 65535 bytes
EgressQDEThresh: 32767 bytes
EgressQECNThresh: 6553 bytes
DETaggingEnable: Disabled
CIR: 1536000 bps
Bc: 5100 bytes
Be: 5100 bytes
IBS: 100 bytes
ICR: 10 cps
MCR: 10 cps
PCR: 10 cps
RIF: 64
RDF: 16
Nrm: 64
Trm: 255 ms
TBE: 16777215 Cells
FRTT: 0 ms
ADTF: 500 ms
CDF: 16
ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
ChanTestType: TestOff
ChanTestState: Passed
ChanRTDresult: 1 ms
ChanType: NIW
ChanFECNmap: setEFCIzero
ChanDEtoCLPmap: mapCLP
ChanCLPtoDEmap: mapDE
ChanFrConnType: SPVC
ChanIngrPercentUtil: 100
ChanEgrPercentUtil: 100
ChanEgrSrvRate: 1536000 bps
ChanOvrSubOvrRide: Do not apply CAC
ChanLocalVpi: 9
ChanLocalVci: 35
ChanLocalNSAP: 47009181000000000164444b61000001074b0100
ChanRemoteVpi: 0
ChanRemoteVci: 0
ChanRemoteNSAP: NULL NSAP
ChanMastership: Slave
ChanVpcFlag: Vcc
ChanConnServiceType: CBR1
ChanRoutingPriority: 8
ChanPreferredRouteId: 0
ChanDirectedRoute: No
ChanMaxCost: 2147483647
ChanRestrictTrunkType: No Restriction
ChanConnPCR: 5760 cps
ChanConnSCR: 5760 cps
ChanConnMCR: 10 cps
ChanConnPercentUtil: 100
ChanConnRemotePCR: 5760 cps
ChanConnRemoteSCR: 10 cps
ChanConnRemoteMCR: 10 cps
ChanConnRemotePercentUtil:100
 
ChanServiceTypeOverride: disabled
ChanServiceRate: 4000 cps
ChanZeroCirEir: 0 bps
Channel Reroute False
RemoteConnMBS: 1024 cells
 
ChanNumNextAvailable: 17
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >
 

dspchancnt

チャネル統計情報カウントの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspchancnt コマンドを使用して、ATM 接続の詳細な統計情報(履歴)を表示します。特定の接続で処理されるトラフィックを表示する場合に、このコマンドを使用します。統計情報は履歴情報なので、テストやトラブルシューティングを始める前には、clrchancnt や clrchancnts コマンドで情報をクリアします。

コマンドの出力で、送信(Tx)方向はサービス モジュールや ATM ネットワークから CPE への方向です。受信(Rx)方向は、CPE からサービス モジュールや ATM ネットワークへの方向です。

シンタックス

dspchancnt < Port.DLCI | Channel Number >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

Channel Number

表示する接続のチャネル。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

チャネル 16 の統計情報を表示します。

M8850_SF.1.11.FRSM.a > dspchancnt 16
 
ChanNum: 16
ChanState: okay
ChanUpTime: 1216657
 
Tx Rx
--------------- ---------------
AbitState: Sending A=1 Off
ATMState: Not sending any state Not receiving any state
Total Frames: 0 0
Total Bytes: 0 0
Frames DE: 0 0
Bytes DE: 0 0
Frames Discarded: 0 0
Bytes Discarded: 0 0
FramesDiscXceedQDepth: 0 0
BytesDiscXceedQDepth: 0 0
FramesDiscXceedDEThresh: 0 0
Frames FECN: 0 0
Frames BECN: 0 0
FramesTagged FECN: 0 0
FramesTagged BECN: 0 0
KbpsAIR: 0 0
FramesTaggedDE: 0 0
BytesTaggedDE: 0 0
RcvFramesDiscShelfAlarm: 0
XmtFramesDiscPhyLayerFail: 0
XmtFramesDiscCRCError: 0
XmtFramesDiscReAssmFail: 0
XmtFramesDiscSrcAbort: 0
XmtFramesDuringLMIAlarm: 0
XmtBytesDuringLMIAlarm: 0
RcvFramesDiscUPC: 0
XmtFramesInvalidCPIs: 0
XmtFramesLengthViolations: 0
XmtFramesOversizedSDUs: 0
XmtFramesUnknownProtocols: 0
RcvFramesUnknownProtocols: 0
 
BytesDiscXceedDEThresh: 0 0
 
 
M8850_SF.1.11.FRSM.a >

dspchanmap

チャネル マップの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspchanmap コマンドを使用して、フレームリレーのフレームとチャネルの ATM セル間の、インターワーキング選択と輻輳(FECN)および優先度(DE、CLP)マッピング設定を表示します。

シンタックス

dspchanmap < Port.DLCI | Channel Number >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

Channel Number

表示する接続のチャネル。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

関連コマンド

cnfchanmap

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

チャネル ポート 5、DLCI 36 のチャネル マッピングを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspchanmap 5.36
 
chanNum chanType FECNmap DEmap CLPmap
------------- -------- ------- ------ ------
35 NIW setEFCIzero mapCLP mapDE
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

dspchans

チャネルの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspchans コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべての接続のサマリーを表示します。

シンタックス

dspchans

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードのすべての接続を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspchans
 
LCN Port.DLCI VPI.VCI Class Type M/S CIR DE EgrQ Admin Alarm
---- --------- ------- ------ ----- --- -------- --- ---- ----- -----
0016 001.0100 30.0119 CBR NIW S 4800 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0017 001.0103 30.0122 CBR NIW S 45000 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0018 001.1023 30.1042 CBR NIW S 45000 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0019 001.0032 30.0051 CBR NIW M 32000 Dis Hi Up OK
 
Number of channels: 4
 
ChanNumNextAvailable: 20
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

dspchanstdabr

チャネルの標準 ABR パラメータの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspchanstdabr コマンドを使用して、FRSM 上の特定のチャネルの ABR パラメータを表示します。

シンタックス

dspchan stdabr < Port.DLCI | CHAN_NUM >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

CHAN_NUM

表示する接続のチャネル。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

チャネル 16 に設定されている標準 ABR パラメータを表示します。

8830-SF.1.13.FRSM.a > dspchanstdabr 16
 
 
ChanNum: 16
MCR: 38 cps
PCR: 38 cps
ICR: 38 cps
RIF: 64
RDF: 16
Nrm: 64
Trm: 255 ms
TBE: 16777215 cells
FRTT: 0 ms
ADTF: 500 ms
CDF: 16
 
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >

dspchstats

チャネル統計情報の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3

dspchstats コマンドを使用して、特定のチャネルに関連する現在の統計情報を表示します。

シンタックス

dspchstats < line >.< 1stDS0 >.< DLCI >

シンタックスの説明

 

line

統計情報を表示するチャネルに対応付けられた回線番号。回線番号を調べるには、まず dspcons または dspchans コマンドを使用して、統計情報を表示するチャネルに対応するチャネルとポートを特定します。次に、dspport コマンドを使用して現在の FRSM カードの該当ポートに対応する回線を特定します。回線番号は、「PortLineNum」の項目の出力にあります。使用可能な回線を、カード タイプごとに示します。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C :範囲 1~8

FRSM-2CT3:範囲 1~256

1stDS0

インターフェイスに応じた範囲でのチャネルに対応する、プロビジョニングされたフレームリレー ポートの最初の DS0。最初の DS0 の値を探すには、dspport コマンドで、そのチャネルに対応するポートの値を指定します。値は「PortDs0ConfigBitMap(1stDS0)」の項目の出力にあります。

T1 の範囲:1~24

E1 範囲(CAS 回線シグナリングあり): 2~16、18~32

E1 範囲(CCS 回線シグナリングあり): 2~32

E1 範囲(CLEAR 回線シグナリングあり): 1


ヒント 非チャネル化 FRSM-8T1 および FRSM-8E1 カードは、回線あたり 1 ポートだけをサポートします。したがって、最初の DS0 に、1(CLEAR シグナリングを運ぶ FRSM-8T1 または FRSM-8E1)あるいは 2(CAS または CCS シグナリングを運ぶ FRSM-8E1)を入力します。

 

DLCI

統計情報を表示するチャネルの DLCI。論理チャネル番号(LCN)の DLCI 値を表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM の 回線 8、最初の DS0 が 1、DLCI が 16 のチャネルの統計情報を表示します。

8830-SF.1.13.FRSM.a > dspchstats 8.1.16
 
 
LineNum: 8
PhysicalPortNum: 1
LogicalPortNum: 8
DLCI: 16
 
ChanNum: 16
ChanState: failed
ChanUpTime: 0
 
Tx Rx
--------------- ---------------
AbitState: Off Off
ATMState: Sending AIS OAM state Not receiving any state
Total Frames: 0 0
Total Bytes: 0 0
Frames DE: 0 0
Bytes DE: 0 0
Frames Discarded: 0 0
Bytes Discarded: 0 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
Tx Rx
--------------- ---------------
FramesDiscXceedQDepth: 0 0
BytesDiscXceedQDepth: 0 0
FramesDiscXceedDEThresh: 0 0
Frames FECN: 0 0
Frames BECN: 0 0
FramesTagged FECN: 0 0
FramesTagged BECN: 0 0
KbpsAIR: 0 0
FramesTaggedDE: 0 0
BytesTaggedDE: 0 0
RcvFramesDiscShelfAlarm: 0
XmtFramesDiscPhyLayerFail: 0
XmtFramesDiscCRCError: 0
XmtFramesDiscReAssmFail: 0
XmtFramesDiscSrcAbort: 0
XmtFramesDuringLMIAlarm: 0
XmtBytesDuringLMIAlarm: 0
RcvFramesDiscUPC: 0
XmtFramesInvalidCPIs: 0
XmtFramesLengthViolations: 0
XmtFramesOversizedSDUs: 0
XmtFramesUnknownProtocols: 0
RcvFramesUnknownProtocols: 0
 
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >

dspcon

接続の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspcon コマンドを使用して、接続の設定データと運用データを表示します。

シンタックス

dspcon < port.DLCI >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

ポート 2、DLCI 101 の接続を表示します。

M8850_SF.1.12.FRSM.a > dspcon 2.101
 
------------------------------------------------------
ChanNum: 16 RowStatus: Mod
AdmnState: Up ChanState: Ok
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
PORT-ALARM CTRLR-ABIT E-AIS/RDI LMI-ABIT RAS FAIL
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
NO NO NO NO NO
------------------------------------------------------
 
ChanNum: 16
ChanRowStatus: Mod
ConnAdminStatus: Up
ChanPortNum: 2
ChanDLCI: 101
EgressQSelect: Hi
ChanServType: CBR
IngressQDepth: 65535
IngressQDEThresh: 32767
IngressQECNThresh: 6553
EgressQDepth: 65535
EgressQDEThresh: 32767
EgressQECNThresh: 6553
DETaggingEnable: Disabled
CIR: 1536000
Bc: 5100
Be: 5100
IBS: 100
ICR: 0
MCR: 0
PCR: 0
RIF: 64
RDF: 16
Nrm: 64
Trm: 255 ms
TBE: 16777215 Cells
FRTT: 0 ms
ADTF: 500 ms
CDF: 16
ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
ChanTestType: TestOff
ChanTestState: NotInProgress
ChanRTDresult: 65535 ms
ChanType: NIW
ChanFECNmap: setEFCIzero
ChanDEtoCLPmap: mapCLP
ChanCLPtoDEmap: mapDE
ChanFrConnType: SPVC
ChanIngrPercentUtil: 100
ChanEgrPercentUtil: 100
ChanEgrSrvRate: 1536000
ChanOvrSubOvrRide: Do not apply CAC
ChanLocalVpi: 12
ChanLocalVci: 120
ChanLocalNSAP: 47009181000000000164444b6100000107630200
ChanRemoteVpi: 0
ChanRemoteVci: 0
ChanRemoteNSAP: NULL NSAP
ChanMastership: Slave
ChanVpcFlag: Vcc
ChanConnServiceType: CBR1
ChanRoutingPriority: 8
ChanPreferredRouteId: 0
ChanDirectedRoute: No
ChanMaxCost: 2147483647
ChanRestrictTrunkType: No Restriction
ChanConnPCR: 5760
ChanConnSCR: 5760
ChanConnMCR: 10
ChanConnPercentUtil: 100
ChanConnRemotePCR: 5760 cps
ChanConnRemoteSCR: 10 cps
ChanConnRemoteMCR: 10 cps
ChanConnRemotePercentUtil:100
ChanServiceTypeOverride: disabled
ChanServiceRate: 4000 cps
ChanZeroCirEir: 0 bps
ChanReRoute: False
RemoteConnMBS: 1024 cells
 
ChanNumNextAvailable: 18
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >

dspcons

回線の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspcons コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべての接続のサマリーを表示します。このコマンドにはパラメータは不要です。コマンドのオプションにより、コマンドが表示するレポートをカスタマイズできます。

シンタックス

dspcons [-h] [-chn <ChanNum>] [-pt <PortNum>] [-dlci <DLCI>] [-locvpi <localVpi>] [-locvci <localVci>]
[-sertp <ChanServType>] [-cntp <chantype>] [-master <masterShip>] [-cir <CIR>]
[-detag <DETaggingEnable>] [-eqsel <EgressQSelect>] [-admin <ConnAdminStatus>]
[-alarm <ConnAlarmStatus>]

シンタックスの説明

 

-h

コマンド オプションのリストを表示します。

-chn

チャネル番号。表示を特定のチャネルに制限する場合に、このオプションを使用します。設定されているチャネル番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。チャネルの範囲をカード タイプごとに示します。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C = 16~1015

FRSM-2T3E3 = 16~2015

FRSM-2CT3 = 16~4015

MGX-12IN1-8S バック カードのある FRSM-HS2/B = 16~4015

HSSI バック カードのある FRSM-HS2/B = 16~2015

-pt

ポート番号。表示を、指定されたポート上の接続に制限します。設定されたポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。ポート番号を、カード タイプごとに示します。

FRSM-8T1 および FRSM-8T1-C の範囲: = 1~192

FRSM-8E1 および FRSM-8E1-C の範囲: = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1~2

FRSM-2CT3 = 1~256

FRSM-HS2/B = 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 1~8( 12IN1-8S バック カード)

-dlci

DLCI 番号。表示を、特定の DLCI 番号に制限する場合に、このオプションを使用します。設定されている DLCI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。範囲は 16~1023 です。

-locvpi

ローカルの VPI 番号。このオプションは、表示を、指定されたローカル VPI 番号を使用する接続に制限します。設定されている VPI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。範囲は 1~65535 です。

-locvci

ローカルの VCI 番号。このオプションは、表示を、指定されたローカル VCI 番号を使用する接続に制限します。設定されている VCI 番号を表示するには、オプションなしで dspcons コマンドを使用します。範囲は 1~65535 です。

-sertp

チャネル サービス タイプ。表示を、特定の ATM サービス タイプを使用する接続に制限する場合に、このオプションを使用します。サービス タイプを選択するには、次のいずれかのキーワードを入力します。

CBR

rtVBR

nrtVBR

fstABR

UBR

stdABR

-cntp

チャネル タイプ。表示を、特定のチャネル タイプを使用する接続に制限する場合に、このオプションを使用します。サービス タイプを選択するには、次のキーワードのいずれかを入力します。

NIW = フレームリレー/ATM ネットワーク インターワーキング(FRF.5:デフォルト)

SIW-trsp = フレームリレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)透過(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

SIW-Xlat = フレームリレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換(FRF.8、プロトコル ID 変換)

FUNI-mode-1a = ATM フォーラム FUNI モード 1A

frForward = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換またはマッピングなし、CRC 判定あり)

-master

マスター/スレーブ関係。ローカルのエンドポイントがマスター エンドポイントまたはスレーブ エンドポイントである接続だけに表示を制限します。このオプションを使用するには、-master Master または -master Slave と入力します。

-cir

認定情報レート(CIR)Bps 値。表示される接続を、このオプションで入力した CIR 値に設定されている接続に制限します。各カード タイプの CIR を次に示します。

FRSM-8T1 および FRSM-8T1-C の範囲: = 0~1536000

FRSM-8E1 および FRSM-8E1-C の範囲: = 0~2048000

FRSM-2T3 = 0~44210000

FRSM-2E3 = 0~34010000

FRSM-2CT3 = 0~1536000

FRSM-HS2/B = 0~51840000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 0~8192000( 12IN1-8S バック カード)

-detag

DE タギング。表示する接続を、DE タギングが有効になっている接続または DE タギングが無効になっている接続に制限する場合にこのオプションを使用します。 このオプションを使用するには、-detag Enabled または -detag Disabled と入力します。

-eqsel

出力キュー選択。表示する接続を、高優先度出力キューを使用する接続または低優先度出力キューを使用する接続に制限する場合に、このオプションを使用します。 このオプションを使用するには、-eqsel Hi または -eqsel Lo と入力します。

-admin

管理ステータス。表示する接続を、管理上動作中の接続または管理上停止中の接続に制限する場合に、このオプションを使用します。 このオプションを使用するには、-admin Up または -admin Down と入力します。

-alarm

アラーム タイプ。表示する接続を、特定のアラーム条件に合致する接続に制限する場合に、このオプションを使用します。アラーム条件を選択するには、次のいずれかのキーワードを入力します。

OK

PORT-ALARM

CTRLR-ABIT

E-AIS

RDI

LMI-ABIT

RAS FAIL

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの接続を標準の形式で表示します(コマンド オプション指定なし)。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspcons
 
LCN Port.DLCI VPI.VCI Class Type M/S CIR DE EgrQ Admin Alarm
---- --------- ------- ------ ----- --- -------- --- ---- ----- -----
0016 001.0100 30.0119 CBR NIW S 4800 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0017 001.0103 30.0122 CBR NIW S 45000 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0018 001.1023 30.1042 CBR NIW S 45000 Dis Hi Up CTRLR-ABIT
0019 001.0032 30.0051 CBR NIW M 32000 Dis Hi Up OK
 
Number of channels: 4
 
ChanNumNextAvailable: 20
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

dspds3ln

DS3 回線の表示:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

dspds3ln コマンドを使用して、指定した物理回線の特性を表示します。

シンタックス

dspds3ln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

表示する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、cnfds3ln コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-2T3E3 カードの回線 1 の情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > dspds3ln 1
 
LineNum: 1
LineEnable: Enabled
LineType: c-bit
LineCoding: dsx3B3ZS
LineLength: LT225ft
LineOOFCriteria: 3 out of 8
LineAIScBitsCheck: Ignore C-bits
LineLoopbackCommand: NoLoop
LineRcvFEACValidation: 4 out of 5 FEAC codes
LineXmitClockSource: localClk
LineEqualizer: internal equalizer
 
LineNumOfValidEntries: 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

dspds3lns

DS3 回線の表示:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

dspds3lns コマンドを使用して、現在のカード上の全回線の設定を表示します。

シンタックス

dspds3lns

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-2T3E3 カードのすべての回線を表示します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > dspds3lns
 
Line Type Status/Coding Length XmtClock Alarm Stats
Source Alarm
---- ---- ------ ------ ------- -------- ----- -----
4.1 c-bit Enable/dsx3B3ZS LT225ft localClk Yes Yes
4.2 c-bit Disabl/dsx3B3ZS LT225ft localClk
 
LineNumOfValidEntries: 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

dspdsx3bert

DSX3 BERT の表示:FRSM 2T3E3

dspdsx3bert コマンドを使用して、現在の BERT テストのセッションのパラメータと結果を表示します。

シンタックス

dspdsx3bert

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の BERT テスト結果を表示します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > dspdsx3bert
 
 
Bert Control: Start dsx3Bert
Bert Resource Status State: In Use
Bert Owner: CLI
Bert Status: In Sync
Bert Test Medium: Line
Line Number : 1
Bert Mode : bertPatternTest
Bert Pattern : allZeros
Start time (secs.) 16:26:39
Start Date 05/21/02
Bit uppercount: 6
Bit lowercount: 280120231
Bit Error uppercount 0
Bit Error lowercount 0
Error Insertion Rate: Error injection disabled
Error Insertion count: 0
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

dspegrq

出力キュー パラメータの表示:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspegrq コマンドを使用して、特定ポートの出力キュー パラメータを表示します。

シンタックス

dspegrq < port_num > <serv_type>

シンタックスの説明

 

port_num

表示するポートの番号。dspports コマンドは、すべての設定ポートを表示します。

serv_type

表示するサービス タイプを選択します。

均等化キュー、高優先度キュー = 1

均等化キュー、rtVBR キュー = 2

均等化キュー、nrtVBR キュート、ABR キュー = 3

均等化キュー、UBR キュー = 4

比率キュー、高優先度キュー = 1

比率キュー、低優先度キュー = 2


) cnfegrservtype コマンドで設定された出力ポートのサービス アルゴリズムに応じて、均等化キュー サービス タイプまたは比率キュー サービス タイプを選択します。現在の FRSM カードに設定された出力ポートのサービス アルゴリズムを表示するには、dspegrservtype コマンドを使用します。


 

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

ポート 1、サービス 1 のポート出力キュー パラメータを表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dspegrq 1 1
 
ServicePortNum: 1
Serv Type: 1
Queue Depth: 65535
Queue ECN Threshold: 6553
Queue DE Threshold: 32767
Max Bandwidth Increment: 0
portBytesDiscXceedQueFull: 0
portBytesDiscXceedDEThresh: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

dspegrqs

出力キュー パラメータの表示:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspegrqs コマンドを使用して、現在の FRSM カードの全ポートの出力キュー パラメータを表示します。現在の FRSM カードに設定されている出力ポート キュー サービス アルゴリズムを表示するには、dspegrservtype コマンドを使用します。

シンタックス

dspegrqs < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

表示するポートの番号。dspports コマンドでは、すべての設定ポートが表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

ポート 1 の出力キュー パラメータを表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dspegrqs 1
 
PortNum ServType Q Depth Q-ECN-Thres Q-DE-Thres BandWidth-Inc
------- -------- ------- ----------- ---------- ---------
1 1 65535 6553 32767 0
1 2 65535 6553 32767 0
1 3 65535 6553 32767 0
1 4 65535 6553 32767 0
 
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

dspegrservtype

出力サービス タイプの設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspegrservtype コマンドを使用して、現在の出力ポート キュー サービス タイプ(均等化キュー(WFQ)または比率キュー(RBQ))を表示します。


) FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、および FRSM-8E1-C カードで選択されている現在の出力キュー サービスを表示するには、dspchan コマンドを使用します。


シンタックス

dspegrservtype

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:スーパー グループ

現在の FRSM の出力キュー サービス タイプを表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dspegrservtype
 
<<Egress Servicing Type : Weighted Fair Queue>>
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

dspfdminfo

FREEDOM 情報の表示:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspfdminfo コマンドを使用して、現在の FRSM カードの Frame Relay Protocol Engine and Data Link Manager(FREEDOM; フレームリレー プロトコル エンジンおよびデータ リンク マネージャ)チップ リソースの配分を監視します。

FRSM-2CT3 カードでは、各 FREEDM チップは 1 つの T3 インターフェイス(672 の DS0)を処理し、512 の FREEDM バッファをサポートします。各 FREEDM チップにつき最大 128 ポートを設定でき(カードにつき合計 256 ポート)、各ポートには最大 24 の DS0 を装備できます。FREEDM バッファは、ポートの追加時にポートの速度(DS0 の数)に基づいて割り当てられます。FREEDM バッファ割り当て機構は静的なもので、次の例のようなアルゴリズムに基づいています。FREEDM チップ #1 は T1 の 1~14(DS3#1 の前半)と T1 の 43~56(DS3#2 の後半)を処理する。FREEDM チップ #2 は T1 の 15~28(DS3#1 の後半)と T1 の 29~42(DS3#2 の前半)を処理する。

シンタックス

dspfdminfo

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

addport

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-2CT3 カードの FREEDOM チップ リソース割り当てを表示します。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspfdminfo
 
FREEDOM Information
-------------------
 
FDM#1 active ports : 1/128
FDM#1 Free Fifo Buffers : 498/512
FDM#1 Free Ds0s : 648/672
 
FDM#2 active ports : 0/128
FDM#2 Free Fifo Buffers : 512/512
FDM#2 Free Ds0s : 672/672
 
FREEDOM Buffer Allocation Algorithm :
-------------------------------------
 
#Ds0s in Port #Fifo Buffers Allocated
------------- -----------------------
1..4 3
5..6 4
7 5
8..11 6
12..15 7
16..17 8
18..19 9
20 10
21 11
22 12
23..24 14
 

現在の FRSM-2T3E3 カードの FREEDOM チップ リソース割り当てを表示します。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > dspfdminfo
 
FREEDOM Information
-------------------
 
FDM#1 active ports : 1/2
FDM#2 active ports : 0/2
 
PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a >
 

現在の FRSM-HS2/B カードの FREEDOM チップ リソース割り当てを表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dspfdminfo
 
FREEDOM Information
-------------------
 
FDM#1 active ports : 1/4
FDM#2 active ports : 1/4
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

dspfeature

機能の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspfeature コマンドを使用して、現在の FRSM カードでサポートされる機能セットを表示します。サポートされる機能セットは次のとおりです。

FRSM-8T1-C、FRSM-8E1-C 、および FRSM2CT3 のチャネル化 T1/E1 回線

標準 ABR サービスのレート コントロール

シンタックス

dspfeature

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:シスコ グループ

現在の FRSM カードの機能を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspfeature
 
 
Channelized: On
Rate Control: On
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dsplcn

ローカル チャネル 番号の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

接続のポート番号と DLCI がわかっている場合は、dsplcn コマンドを使用して接続チャネル番号を表示できます。

シンタックス

dsplcn < Port.DLCI >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は、dspcons および dspchans コマンドで見ることができます。

関連コマンド

dspchans、dspcons

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

ポート 6 と DLCI 66 を使用する接続のチャネル番号を表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dsplcn 6.66
 
LCN number is : 18
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

dspln

回線の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspln コマンドを使用して、指定した物理回線の特性を表示します。

シンタックス

dspln < line_num >

シンタックスの説明

 

line_num

表示する回線の番号。使用可能な回線を表示するには、dsplns コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM の回線 2 を表示します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > dspln 2
 
LineNum: 2
LineConnectorType: RJ-48
LineType: dsx1ESF
LineEnable: Enabled
LineCoding: dsx1B8ZS
LineLength: 0-131 ft
LineXmtClockSource: LocalTiming
LineLoopbackCommand: NoLoop
LineSendCode: NoCode
LineUsedTimeslotsBitMap: 0x400
LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled
LineBertEnable: Disable
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

dsplns

回線の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsplns コマンドを使用して、現在のカードのすべての回線のサマリーを表示します。1 つの回線の詳細情報を表示するには、dspln コマンドを使用します。


) FRSM-HS2/B カードの回線では、インターフェイス タイプ X.21 または V.35 が 表示されます。
FRSM-2CT3 カードで dsplns コマンドを実行すると、56 のチャネル化 T1 回線がすべて表示されます。


シンタックス

dsplns

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

例:FRSM-8T1

現在の FRSM-8T1 カードのすべての回線を表示します。

PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a > dsplns
 
Line Conn Type Status/Coding Length XmtClock Alarm Stats
Type Source Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
25.1 RJ-48 dsx1ESF Mod/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes No
25.2 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim No No
25.3 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
25.4 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
25.5 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
25.6 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
25.7 RJ-48 dsx1ESF Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim
25.8 RJ-48 dsx1ESF Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft LocalTim Yes No
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.25.FRSM.a >

例:FRSM-HS2/B

現在の FRSM-HS2/B カードのすべての回線を表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > dsplns
 
Line LineType InterfaceType Rate Status Alarm
---- -------- ------------- ------------ ------- ------
11.1 DCE V.35 48000 bps Modify Yes
11.2 DCE V.35 48000 bps Disable
11.3 DCE V.35 48000 bps Disable
11.4 DCE V.35 48000 bps Disable
11.5 DCE V.35 48000 bps Disable
11.6 DCE V.35 48000 bps Disable
11.7 DCE V.35 48000 bps Disable
11.8 DCE V.35 48000 bps Modify Yes
 
LineNumOfValidEntries: 8
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

 

dspm32eqthresh

M32 出力キューしきい値の表示:FRSM-8T1, FRSM-8T1-C, FRSM-8E1, FRSM-8E1-C

cnfm32eqthresh コマンドを使用して、ポートの M32 出力キューしきい値を表示します。

シンタックス

dspm32eqthresh < portNum >

シンタックスの説明

 

portNum

M32 キューしきい値を表示するポート番号を入力します。使用可能なポートのリストを表示するには、dspports コマンドを入力します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 6 の M32 キューしきい値を表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dspm32eqthresh 6
 
PortNum: 6
M32 Egress Queue Threshold : 6000
 
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

dspmaptbl

マップ テーブルの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspmaptbl コマンドを使用して、現在の FRSM の フレームリレー接続に割り当てられている回線番号、ポート番号、接続番号を表示します。

シンタックス

dspmaptbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM のマップ テーブルを表示します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > dspmaptbl
 
PortNum DLCI ChanNum LineNum
------- ---- ------- -------
8 16 16 8
8 89 17 8
8 90 18 8
8 91 19 8
8 92 20 8
8 93 21 8
8 94 22 8
8 95 23 8
8 96 24 8
8 97 25 8
8 98 26 8
 
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >

dspmsgcnt

制御メッセージ カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspmsgcnt コマンドを使用して、PXM コントローラと現在の FRSM カード間で交換される VSI 制御メッセージの数を表示します。dspmsgcnt コマンドは、基本的に制御トラフィックの障害を特定するためのデバッグ コマンドです。

シンタックス

dspmsgcnt

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrmsgcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの制御メッセージの数を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspmsgcnt
 
 
RiscXmtCtrlMsg: 136596
RiscRcvCtrlMsg: 136591
SARXmtCtrlMsg: 136596
SARRcvCtrlMsg: 136591
SARCtrlMsgDiscLenErr: 0
SARCtrlMsgDiscCRCErr: 0
SARCtrlMsgDiscUnknownChan: 0
SARCtrlMsgLastUnknownChan: 0
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspoamlpbk

OAM ループバックの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspoamlpbk コマンドを使用して、現在の FRSM 上の OAM ループバック テストの状態を表示します。出力には現在 OAM ループバックのアラーム状態にある接続が表示されます。

シンタックス

dspoamlpbk

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

ループバックが FRSM に設定されている場合、OAM ループバックを表示します。

8830-SF.1.13.FRSM.a > dspoamlpbk
 
 
RasOamlpbkAllowedState: Enabled
RasOamlpbkFrequency : 10
 
Following Channels are under Ras Alarm :
 
Channels
16 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
56 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
96 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
136 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
176 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
216 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
256 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
296 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
336 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
376 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
416 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
456 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
496 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
536 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
576 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
616 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
656 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
696 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
736 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
776 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
816 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
856 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
896 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
936 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
976 : 0000000000 0000000000 0000000000 0000000000
 
 
 
Syntax : dspoamlpbk
 
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >

dspport

ポートの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

FRSM で dspport コマンドを使用して、単一ポートの詳細なポート設定を表示します。

シンタックス

dspport < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

表示するポートの番号。dspports コマンドでは、すべての設定済みポートが表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM8-T1 上のポート 3 のポート設定を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspport 3
 
SlotNum: 30
PortLineNum: 3
PortNum: 3
PortRowStatus: Add
PortDs0Speed: 64k
PortDs0ConfigBitMap(1stDS0): 0xffffff(1)
PortEqueueServiceRatio: 1
PortFlagsBetweenFrames: 1
PortSpeed: 1536kbps
PortLmiCnfType: Manual
SignallingProtocolType: NoSignalling
AsynchronousMsgs: UPD_UFS disabled
T391LineIntegrityTimer: 10
T392PollingVerificationTimer: 15
N391FullStatusPollingCounter: 6
N392ErrorThreshold: 3
N393MonitoredEventCount: 4
EnhancedLmi: Off
PortState: Active
PortSignallingState: No Signalling Failure
CLLMEnableStatus: Disable
CLLMxmtStatusTimer: 0
portType: frameRelay
PortIngrPercentUtil: 0
PortEgrPercentUtil: 0
PortOversubscribed: False
PortSvcStatus: Disable
PortSvcInUse: Not In-Use
PortSvcShareLcn: Card-based
PortSvcLcnLow: 0
PortSvcLcnHigh: 0
PortSvcDlciLow: 0
PortSvcDlciHigh: 0
 
PortDs0UsedLine1: 0x00000000
PortDs0UsedLine2: 0x00000000
PortDs0UsedLine3: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine4: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine5: 0x00000000
PortDs0UsedLine6: 0x00000000
PortDs0UsedLine7: 0x00000000
PortDs0UsedLine8: 0x00000000
PortNumNextAvailable: 1
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspportcnt

ポート統計情報カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspportcnt コマンドを使用して、FRSM の指定したポートに関する詳細な履歴統計情報を表示します。ネットワークに接続されているエンド ユーザの装置で送受信されるトラフィックを表示する場合に、このコマンドを使用します。統計情報は履歴情報なので、テストやトラブルシューティングを始める前には、clrportcnt や clrportcnts コマンドで情報をクリアします。

コマンドの出力では、送信(Tx)方向はサービス モジュールや ATM ネットワークから CPE へです。受信(Rx)方向は、CPE からサービス モジュールや ATM ネットワークへの方向です。

シンタックス

dspportcnt < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

統計情報を表示するポートの番号。dspports コマンドでは、すべての設定済みポートが表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-8T1 カードのポート 1 のポート統計情報を表示します。

M8850_SF.1.11.FRSM.a > dspportcnt 1
 
PortNum: 1
 
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Frames: 0 0
Total Bytes: 0 0
Frames FECN: 0 0
Frames BECN: 0 0
Frames Abort: 0 0
Buf Not Available: 0 0
KbpsAIR: 0 0
XmtFramesDiscXceedQDepth: 0
XmtBytesDiscXceedQDepth: 0
XmtFramesDuringLMIAlarm: 0
XmtByteDuringLMIAlarm: 0
XmtFramesUnderrun: 0
RcvFramesDE: 0
RcvFramesDiscCRCError: 0
RcvFramesDiscIllegalHeader: 0
RcvFramesDiscAlignmentError: 0
RcvFramesDiscIllegalLen: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
Tx Rx
--------------- ---------------
RcvFramesDiscXceedDEThresh: 0
RcvFramesDiscNoChan: 0
RcvFramesUnknownDLCI: 0
RcvLastUnknownDLCI: 0
RcvFramesTaggedFECN: 0
RcvFramesTaggedBECN: 0
RcvFramesTaggedDE: 0
Status: 0 0
StatusInquiry: 0 0
AsynchUpdate: 0 0
RcvInvalidRequest: 0
RcvUNISeqMismatch: 0
RcvNNISeqMismatch: 0
UNISignallingTimeout: 21
NNISignallingTimeout: 0
FramesCLLM: 0 0
BytesCLLM: 0 0
CLLMFailures: 0
RcvFramesDiscard: 0
XmtFramesDE: 0
Bytes DE: 0 0
XmtFramesDiscXceedDEThresh: 0
BytesDiscXceedDEThresh: 0 0
 
 
M8850_SF.1.11.FRSM.a >

dspports

ポートの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspports コマンドを使用して、現在の FRSM カード上に定義されている全ポートの設定情報および状態情報のサマリーを表示します。

dspports の出力には(FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、および FRSM-8E1-C のみ)、各回線で使用しているタイムスロットを表す 16 進数が表示されます。この 16 進数を 2 進数に変換した値の各ビットは、回線上の各タイムスロットを表します。最下位ビットは、T1 回線上のタイムスロット 1、E1 回線の場合はタイムスロット 0 を表します。1 の場合タイムスロットは使用中、0 の場合未使用です。

シンタックス

dspports

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM のポートを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspports
 
Port Ena/Speed EQServ SignalType T391 T392 N391 N392 N393 Type Alarm ELMI
Ratio
-------- --- ----- ------ ------------ ---- ---- ---- ---- ---- -------- ----- ----
30.3.3 Add/1536k 1 NoSignalling 10 15 6 3 4 frameRel No Off
30.4.4 Add/1536k 1 NoSignalling 10 15 6 3 4 frameRel No Off
 
Number of ports: 2
 
PortDs0UsedLine1: 0x00000000
PortDs0UsedLine2: 0x00000000
PortDs0UsedLine3: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine4: 0x00ffffff
PortDs0UsedLine5: 0x00000000
PortDs0UsedLine6: 0x00000000
PortDs0UsedLine7: 0x00000000
PortDs0UsedLine8: 0x00000000
PortNumNextAvailable: 1
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspportstats

ポート統計情報カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2CT3

dspportstats コマンドを使用して、FRSM の指定したポートの統計情報を表示します。

シンタックス

dspportstats <line.1stDS0>

シンタックスの説明

 

line

統計情報を表示するフレームリレー ポートに対応する回線番号。dspports コマンドを使用して、現在の FRSM カード上にプロビジョニングされたフレームリレー ポートをすべて表示します。回線番号は、slot.line.port の形式でポートの欄の下にあります。各カード タイプで使用可能な回線は次のとおりです。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C の範囲 = 1~8

FRSM-2CT3:範囲 1~56

1stDS0

インターフェイスに応じた範囲でプロビジョニングされたフレームリレー ポートの最初の DS0。最初の DS0 の値を調べるには、dspport コマンドを使用します。値は「PortDs0ConfigBitMap(1stDS0)」の項目に示されます。

T1 の範囲:1~24

E1 範囲(CAS 回線シグナリングあり):2~16、18~32

E1 範囲(CCS 回線シグナリングあり):2~32

E1 範囲(CLEAR 回線シグナリングあり):1


ヒント 非チャネル化 FRSM-8T1 および FRSM-8E1 カードは、回線あたり 1 ポートだけをサポートします。したがって、最初の DS0 に、1(CLEAR シグナリングを運ぶ FRSM-8T1 または FRSM-8E1)あるいは 2(CAS または CCS シグナリングを運ぶ FRSM-8E1)を入力します。

 

関連コマンド

dspchstats、dspportcnt

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

回線番号 3 の最初の DS0(出力中の PhysicalPortNum)のポート 3 の統計情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspportstats 3.1
 
 
LineNum: 3
PhysicalPortNum: 1
PortNum: 3
 
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Frames: 0 0
Total Bytes: 0 0
Frames FECN: 0 0
Frames BECN: 0 0
Frames Abort: 0 0
Buf Not Available: 0 0
KbpsAIR: 0 0
XmtFramesDiscXceedQDepth: 0
XmtBytesDiscXceedQDepth: 0
XmtFramesDuringLMIAlarm: 0
XmtByteDuringLMIAlarm: 0
XmtFramesUnderrun: 0
RcvFramesDE: 0
RcvFramesDiscCRCError: 0
RcvFramesDiscIllegalHeader: 0
RcvFramesDiscAlignmentError: 0
RcvFramesDiscIllegalLen: 0
RcvFramesDiscXceedDEThresh: 0
RcvFramesDiscNoChan: 0
RcvFramesUnknownDLCI: 0
RcvLastUnknownDLCI: 0
RcvFramesTaggedFECN: 0
RcvFramesTaggedBECN: 0
RcvFramesTaggedDE: 0
Status: 0 0
StatusInquiry: 0 0
AsynchUpdate: 0 0
RcvInvalidRequest: 0
RcvUNISeqMismatch: 0
RcvNNISeqMismatch: 0
UNISignallingTimeout: 0
NNISignallingTimeout: 0
FramesCLLM: 0 0
BytesCLLM: 0 0
CLLMFailures: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dsprdimapenbl

RDI マップ有効の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsprdimapenbl コマンドを使用して、現在の FRSM カードのリモート障害表示(RDI)マッピングを表示します。

シンタックス

dsprdimapenbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

cnfrdimapenbl

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのRDI マッピングを表示します。

M8850_SF.1.11.FRSM.a > dsprdimapenbl
 
RDI to Abit mapping disabled
 
M8850_SF.1.11.FRSM.a >

dsprscprtn

リソース パーティションの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsprscprtn コマンドを使用して、特定ポートのリソース パーティション設定を表示します。

シンタックス

dsprscprtn < port_num >

シンタックスの説明

 

port_num

表示するリソース パーティションのポート番号。dspports コマンドでは、すべての設定済みポートが表示されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードのポート 3 のリソース パーティション設定情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dsprscprtn 3
 
Port User Status NumOfLcnAvail DlciLow DlciHigh IngrBW EgrBW CtrlrId
---- ------ ------ -------------- ------- -------- ------ ----- -------
3 PNNI Add 1000 0 1023 100 100 2
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspsarcnt

SAR カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspsarcnt コマンドを使用して、特定の接続の Segmentation And Reassembly(SAR)カウンタ統計情報を表示します。dspsarcnt コマンドの出力では、セル バス SAR データ統計情報が表示されます。送信(Tx)セルは、CPE の方向からサービス モジュールに入り、セル バス(PXM)を通り、ATM ネットワークへと向かうセルであり、受信(Rx)セルは、ATM ネットワークからセル バスを通ってサービス モジュールに入り、CPE へと向かうセルです。

シンタックス

dspsarcnt < Port.DLCI | Channel Number >

説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

Channel Number

表示する接続のチャネル。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードのチャネル 35 の SAR カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspsarcnt 35
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 30
SarChanNum: 35
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 0 0
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 2296 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspsarcnts

SAR カウンタの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspsarcnts コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべての接続の Segmentation And
Reassembly(SAR)カウンタ統計情報を表示します。dspsarcnts コマンドの出力には、セル バス SAR データ統計情報が表示されます。送信(Tx)セルは、CPE の方向からサービス モジュールに入り、セル バス(PXM)を通り、ATM ネットワークへと向かうセルであり、受信(Rx)セルは、ATM ネットワークからセル バスを通ってサービス モジュールに入り、CPE へと向かうセルです。

シンタックス

dspsarcnts

説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの SAR カウンタを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspsarcnts
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 30
SarChanNum: 0
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 0 0
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 0 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
SarShelfNum: 1
SarSlotNum: 30
SarChanNum: 2
Tx Rx
--------------- ---------------
Total Cells: 715323 199945
Total CellsCLP: 0 0
Total CellsAIS: 0 0
Total CellsFERF: 0 0
Total CellsEnd2EndLpBk: 0 0
Total CellsSegmentLpBk: 0 0
RcvCellsDiscOAM: 0
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 

ヒント 全部のチャネルが表示されるまで、チャネルの表示が繰り返されます。レポートを簡単なものにするには、dspsarcnt を使用します。


dspservrate

サービス レートの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspservrate コマンドを使用して、FRSM カードの入力 VC キューから MGX スイッチのセル バスへ出て行くセルの、スケジュール化された最大サービス レート(チャネル/接続ベースでのセル/秒)を表示します。

シンタックス

dspservrate < Port.DLCI | Chan_num >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、表示する接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

Chan_num

表示する接続のチャネル。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:スーパー グループ

現在の FRSM カードのチャネル 17 のサービス レートを表示します。

8830-SF.1.13.FRSM.a > dspservrate 17
 
Service Rate (cells/sec): 375
 
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >

dspslftst

自己診断の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspslftst コマンドを使用して、現在のカードの自己診断設定とステータスを表示します。

シンタックス

dspslftst

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftsttbl、runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM カードの自己診断設定とステータスを表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspslftst
 
 
SelfTestEnable: Disable
SelfTestPeriod: 5
SelfTestState: SelfTest Passed
SelfTestResultDescription: No failure information available
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

dspslftsttbl

自己診断テーブルの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspslftsttbl コマンドを使用して、カードで実行できる自己診断の種類とテストの設定を表示でき、テストによってカードがリセットされるか、または既存の接続が失われるかを調べることができます。

シンタックス

dspslftsttbl

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftst、runslftstno

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-8T1 カードのテスト、テスト設定、およびテスト結果を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dspslftsttbl
Test # Test Name Thold Fail Pass Last Enab Destr Card Rst
1 DRAM access test 1 0 0 P Y N Y
2 SRAM access test 1 0 0 P Y N Y
3 GRAM access test 1 0 0 P Y N Y
4 BRAM checksum test 1 0 0 P Y N Y
5 CODE checksum test 1 0 0 P Y N Y
6 Line loopback test 1 0 0 P Y Y Y
7 M32 test 1 0 0 P Y Y N
8 Data loopback test 1 0 0 P N Y Y
9 CellBus test 1 0 0 P Y N N
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

現在の FRSM-2CT3 カードのテスト、テスト設定、およびテスト結果を表示します。

 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspslftsttbl
Test # Test Name Thold Fail Pass Last Enab Destr Card Rst
1 CPU DRAM access test 1 0 0 P Y N Y
2 SAR self test 1 0 0 P Y N Y
3 ISE self test 1 0 0 P Y N Y
4 ESE self test 1 0 0 P Y N Y
5 CODE checksum test 1 0 0 P Y N Y
6 Line loopback test 1 0 0 P Y Y Y
7 FREEDM test 1 0 0 P Y Y Y
8 Data loopback test 1 0 0 P Y Y Y
9 CellBus test 1 0 0 P Y N N
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >

dspstatparms

統計情報パラメータの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspstatparms コマンドを使用して、現在のカードの統計情報パラメータを表示します。統計情報収集の有効/無効の切り替えは、Cisco WAN Manager で行い、tftp を使用して収集します。

シンタックス

dspstatparms

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在のカードの統計情報パラメータを表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dspstatparms
TFTP Retry Count: 1
TFTP ACK time-out (sec): 60
Bucket Interval: 0
File Interval: 0
Peak Enable Flag: Disabled
Object Count: 0 STATS COLLECTION: Disabled
Object Subtype Counts: 0 0 0 0
Total File Memory Used: 0
Number of File Allocated: 0
Current File Size: 0
Stat Memory Allocated: 0
Auto Memory Allocated: 0
Auto Mem Rgn Size: 2200000
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

dspstdabrctrl

標準 ABR 制御の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dspstdabrctrl コマンドを使用して、現在の FRSM カードの標準 ABR 制御設定を表示します。

シンタックス

dspstdabrctrl

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:任意

特権:グループ 1

現在のカードに設定されている標準の ABR 制御オプションを表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dspstdabrctrl
 
RM Cell Generation: Enabled
CLP,EFCI Mapping: Disabled
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >
 

 

dsptaskinfo

タスク情報の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsptaskinfo コマンドを使用して、内部カード プロセスに関する動作統計情報を表示します。

シンタックス

dsptaskinfo

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

clrtaskinfo、i

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:サービス グループ

現在の FRSM-8T1 カードのタスク情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > dsptaskinfo
 
taskName msgReceivd msgSent msgSent lastSent lastSt lastSt
Failed FailedTask Failed Failed
MsgTyp Errno
---------- --------------- --------------- ---------- ---------- ------ ------
nmimRouter 0 30253 0 0 0x0
scm 114026 45927 0 0 0x0
pSNMP 0 1 0 0 0x0
cmm 15156 33022 0 0 0x0
conn_mgr_t 13286 36560 0 0 0x0
tFiled 217 218 0 0 0x0
tSmd 29979 24055 0 0 0x0
logd 31455 1 0 0 0x0
qRpc 0 1 0 0 0x0
alarm_task 0 9 0 0 0x0
oam 23932 6257 0 0 0x0
lmi_task 0 6257 0 0 0x0
clt 21125 1551 0 0 0x0
bertd 0 1 0 0 0x0
ras 0 0 0 0 0x0
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

現在の FRSM-2CT3 カードのタスク情報を表示します。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dsptaskinfo
 
taskName msgReceivd msgSent msgSent lastSent lastSt lastSt
Failed FailedTask Failed Failed
MsgTyp Errno
---------- --------------- --------------- ---------- ---------- ------ ------
nmimRouter 0 120 0 0 0x0
scm 447841 1776 0 0 0x0
pSNMP 0 1 0 0 0x0
cmm 206 212 0 0 0x0
conn_mgr_t 52 13 0 0 0x0
tFiled 823 824 0 0 0x0
tSmd 703 1281 0 0 0x0
logd 111 1 0 0 0x0
qRpc 0 1 0 0 0x0
alarm_task 0 0 0 0 0x0
oam 2 2 0 0 0x0
lmi_task 0 2 0 0 0x0
clt 10 11 0 0 0x0
bertd 0 2 0 0 0x0
t3alarm 0 1 0 0 0x0
ds3bert 0 0 0 0 0x0
ras 0 0 0 0 0x0
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >

 

dsptotals

合計数の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsptotals コマンドを使用して、現在のカードの回線、ポート、チャネル、アラームの合計数を表示します。

シンタックス

dsptotals

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

現在のカードの各種合計数を表示します。

8830-SF.1.13.FRSM.a > dsptotals
 
total active lines = 4/8
total active ports = 9/192
total active chans = 2/1000
 
 
Card Alarms Summary:
---------------------------------------
Alarm Type Major Minor
------------------ ----- -----
Card State Alarms: 1 1
Line Alarms: 3 0
Port Alarms: 8 0
Channel Alarms: 0 2
---------------------------------------
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:
 
 
Port Channel Table : # of channel assigned per port
 
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 <-- least significant digit
0 0 --- --- --- --- 1 --- 1 ---
1 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
2 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
3 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
4 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
5 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
6 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
7 0 0 0 0 0 0 --- --- --- ---
8 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
9 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
10 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
11 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
12 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
13 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
14 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
15 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
16 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
17 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
18 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
19 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
 
8830-SF.1.13.FRSM.a >

dsptrafficgen

トラフィック生成テストの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

dsptrafficgen コマンドを使用して、トラフィック生成テストのステータスを表示します。トラフィック生成テストは、セルが廃棄されたか確認しトラブルシューティグするために使用します。問題のある接続を対象に行います。

現在の FRSM カードで同時に実行できるトラフィック生成テストは 1 つだけです。

シンタックス

dsptrafficgen [1]

シンタックスの説明

 

1

このオプションを指定すると、テスト統計情報がコマンド出力に追加されます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

トラフィック生成テストが行われている接続を表示します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > dsptrafficgen
 
Pvc Under Test : 16
8830-SF.1.11.FRSM.a >
 

トラフィック生成テストが行われている接続の統計情報を表示します。

8830-SF.1.11.FRSM.a > dsptrafficgen 1
 
Pvc Under Test : 16
Pattern type : 1( All 0's )
Total Test Frames To Send : 50
Total Test Frames Transmitted : 50
Total Test Frames Received : 0
 
8830-SF.1.11.FRSM.a >
 

dspunit391

UNI T391 の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

dspunit391 コマンドを使用して、現在の FRSM カードにおける UNI T391 ステータス ポーリング タイマーの現在の設定を表示します。

シンタックス

dspunit391

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

UNI T391 ステータス ポーリング タイマーの現在の設定を表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > dspunit391
 
System UNI T391 = 5 seconds
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

dspusedlnmap

使用中の回線マップの表示:FRSM-2CT3

dspusedlnmap コマンドを使用して、現在の FRSM-2CT3 カードのチャネル化 Dsx1 回線のそれぞれで使用されているポートの回線ビットマップを表示します。

シンタックス

dspusedlnmap

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-2CT3 カードの Dsx1 回線のそれぞれで使用されているポートの回線ビットマップを表示します。

M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > dspusedlnmap
 
dsx1LINE PortUsedLineBitMap
 
-------- ------------------
1 0xffffff
2 0x0
3 0x0
4 0x0
5 0x0
6 0x0
7 0x0
8 0x0
9 0x0
10 0x0
11 0x0
12 0x0
13 0x0
14 0x0
15 0x0
16 0x0
17 0x0
18 0x0
19 0x0
20 0x0
21 0x0
22 0x0
23 0x0
24 0x0
25 0x0
26 0x0
27 0x0
28 0x0
 
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >

Help

ヘルプ:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

Help コマンドを使用して、FRSM カードでサポートされているコマンドのリストを表示します。

シンタックス

Help

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

次の例は、現在の FRSM-8T1 カードのコマンド リストを示しています。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > Help
 
Command Logging State Priority
-------------------- ------- ------ -------------------------
? No Any Any User
Help No Any Any User
addchanloop No Active Group 4
addcon Yes Active Group 2
addln Yes Active Group 1
addlnloop Yes Active Service Group (-1)
addport Yes Active Group 1
addrscprtn Yes Active Group 1
addspvc Yes Active Group 2
chkflash No Any Strata Group (-2)
clear No Any Any User
clralm No Any Group 5
clralmcnt No Any Group 5
clralmcnts No Any Group 5
clralms No Any Group 5
clrcderrs No Any Super Group (0)
clrchancnt No Any Group 5
clrchancnts No Any Group 3
clrmsgcnt No Any Group 5
clrportcnt No Any Group 5
 
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

i

情報:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

i コマンドを使用して、現在のカードで実行中のソフトウェア タスクに関する情報を表示します。

シンタックス

i

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dsptaskinfo

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:サービス グループ

現在の FRSM-8T1 カードのソフトウェア タスク情報を表示します。

M8850_SF.1.11.FRSM.a > i
 
NAME ENTRY TID PRI STATUS PC SP ERRNO DELAY
---------- ------------ -------- --- ---------- -------- -------- ------- -----
tExcTask excTask 805e0cd0 0 PEND 800ddf0c 805e0bd8 0 0
tRootTask usrRoot 805e6be8 1 PEND+T 800ddf0c 805e68b0 3d0004 1
tShell shell 805de200 1 PEND 800c494c 805dde00 3d0002 0
tTimerTask timerTask 8059de50 50 SUSPEND 800b5028 8059dde8 0 0
tSmCmdTsk1 cmdTask 803f1a08 50 READY 800ba454 803f0868 3006b 0
tSmOutTsk1 smtermOutTas 803f5eb8 50 READY 800c494c 803f5bb8 0 0
scm scmMain 8059cbe8 55 READY 800b5768 8059cb58 0 0
NMIMmsgd routerMain 80598970 55 PEND 800ddf0c 80598888 0 0
NMIMpSNMP pSNMPMain 805966f8 55 PEND 800ddf0c 80596600 0 0
cmm cmmMain 80594480 55 PEND+T 800ddf0c 80594340 3d0004 77
talarm alarm_task 80591f60 55 READY 800b5768 80591eb8 0 0
tlmi lmiMain 8058fbe8 55 READY 800b5768 8058fb48 0 0
tconn ConnMgrTask 8058d970 55 PEND 800ddf0c 8058d7b0 0 0
oam OamMain 8058b6f8 55 READY 800b5768 8058b618 3d0002 0
tFiled fileDeamon 80589480 55 PEND 800ddf0c 80589358 0 0
tSmd smtermd 805871e0 55 READY 800c4908 80586e50 3d0002 0
qird qir_reset_ta 805819c0 55 DELAY 800b5768 80581930 0 75
rtdd rtd_task 8057f748 55 DELAY 800b5768 8057f6c8 0 75
logd logMsgTask 8057d4d0 55 PEND 800ddf0c 8057d3e8 0 0
clt ConnectionLo 8057b230 55 PEND+T 800ddf0c 8057b130 3d0004 58
tRpc rpcMain 80574ac8 55 READY 800ddf0c 805749d0 3d0004 0
ras RasMain 8056a528 55 DELAY 800b5768 8056a478 0 14
tBgndCheck 8009ebb8 805682b0 55 DELAY 800b5768 805681d8 0 73
tslftst slftstmain 80578fb8 58 DELAY 800b5768 80578f00 0 3776
statsd tftpstatsTas 80583c38 60 DELAY 800b5768 80583bb0 0 5373
bertd BertMain 80576d40 100 PEND+T 800ddf0c 80576c50 3d0004 35
resyncSmrm smrmResynchM 805727d0 100 DELAY 800b5768 805726c0 0 3914539277
resyncSmrp smrpMsgHandl 8056e9f8 100 PEND 800ddf0c 8056e8f8 0 0
resyncSmrc smrcStartFin 8056c790 100 PEND 800c494c 8056c6f8 0 0
 
M8850_SF.1.11.FRSM.a >

現在の FRSM-2CT3 カードのソフトウェア タスク情報を表示します。

 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a > i
 
NAME ENTRY TID PRI STATUS PC SP ERRNO DELAY
---------- ------------ -------- --- ---------- -------- -------- ------- -----
tExcTask excTask 80ef9d80 0 PEND 8017e2a8 80ef9cb0 0 0
tEvtTask tEvtTask 80ee5d10 0 PEND 8017e758 80ee5cb0 0 0
tRootTask usrRoot 80effd80 1 PEND+T 8017e2a8 80effad8 3d0004 1
tShell shell 80edeea0 1 PEND 8017e758 80edeaf8 0 0
tWdbTask 80172d64 80ee3de0 3 PEND 8017e758 80ee3c38 0 0
pllTask pllMain 80d43160 40 DELAY 80181b78 80d430f8 0 1
tNetTask netTask 80ef4450 50 PEND 8017e758 80ef43c8 0 0
scm scmMain 80debed0 50 READY 80181b78 80debe50 0 0
tTimerTask timerTask 80ded160 50 SUSPEND 801810f4 80ded0f8 0 0
tSmCmdTsk1 cmdTask 80852d60 50 READY 8018225c 80851c40 3006b 0
tSmOutTsk1 smtermOutTas 80849cb0 50 READY 8017e758 808499d8 0 0
tSl0Wrt slipWrtTask 80eed7f0 55 PEND 8017e758 80eed760 0 0
NMIMmsgd routerMain 80de7c20 55 PEND 8017e2a8 80de7b50 0 0
NMIMpSNMP pSNMPMain 80de5970 55 PEND 8017e2a8 80de5898 0 0
cmm cmmMain 80de36c0 55 PEND+T 8017e2a8 80de35f0 3d0004 88
talarm alarm_task 80de0450 55 READY 80181b78 80de03e0 0 0
tlmi lmiMain 80dde090 55 READY 80181b78 80dde010 0 0
tconn ConnMgrTask 80ddbde0 55 PEND 8017e2a8 80ddbcf0 0 0
oam OamMain 80dd9b30 55 READY 80181b78 80dd9a68 3d0002 0
tFiled fileDeamon 80d813f0 55 PEND 8017e2a8 80d81300 0 0
tSmd smtermd 80d654d0 55 READY 8017e6e8 80d65190 0 0
qird qir_reset_ta 80d5fbb0 55 DELAY 80181b78 80d5fb08 0 35
rtdd rtd_task 80d5d900 55 DELAY 80181b78 80d5d888 0 188
logd logMsgTask 80d5b650 55 PEND 8017e2a8 80d5b590 0 0
clt ConnectionLo 80d59370 55 PEND+T 8017e2a8 80d59290 3d0004 184
tRpc rpcMain 80d52b60 55 READY 8017e2a8 80d52a90 3d0004 0
t3alarm ds3Main 80d50810 55 READY 80181b78 80d50790 0 0
resyncSmrm smrmResynchM 80d4e560 55 DELAY 80181b78 80d4e470 0 3914541581
ReasmTmoutCSarReasmTmou 80d40eb0 55 READY 80181b78 80d40e18 0 0
ds3Bert dsx3BertMain 80d3ec00 55 READY 80181b78 80d3eba8 0 0
ras RasMain 80d3c950 55 READY 80181b78 80d3c8c8 0 0
tBgndCheck 80110120 80d3a6a0 55 DELAY 80181b78 80d3a5e0 0 30
tslftst slftstmain 80d570c0 58 DELAY 80181b78 80d57040 3d0002 10872
statsd tftpstatsTas 80d61e60 60 DELAY 80181b78 80d61de8 0 3782
tPortmapd portmapd 80eecd90 100 PEND 8017e758 80eecc10 16 0
bertd BertMain 80d54e10 100 PEND+T 8017e2a8 80d54d50 3d0004 8
resyncSmrp smrpMsgHandl 80d47680 100 PEND 8017e2a8 80d475a0 0 0
resyncSmrc smrcStartFin 80d453f0 100 PEND 8017e758 80d45360 0 0
 
M8850_SF.1.9.VHS2CT3.a >

memShow

メモリの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

memShow コマンドを使用して、現在のカードのメモリ使用量に関する情報を表示します。

シンタックス

memShow [1]

シンタックスの説明

 

1

このオプションを指定すると、空きメモリ ブロックのリストも表示されます。

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在のカードのメモリ使用量を表示します。

M8850_SF.1.12.FRSM.a > memShow 1
 
FREE LIST:
num addr size
--- ---------- ----------
1 0x803f1ac8 104
2 0x803edbd8 14944
3 0x80566db8 56
4 0x80566e60 24
5 0x803ed7e8 400
6 0x803ed588 440
7 0x803e44f0 19928
8 0x80372508 275112
 
 
SUMMARY:
status bytes blocks avg block max block
------ --------- -------- ---------- ----------
current
free 311008 8 38876 275112
alloc 2243632 8236 272 -
cumulative
alloc 8279192 75146 110 -
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >

moddsx3bert

DSX3 BERT の変更:FRSM 2T3E3

moddsx3bert コマンドを使用して、実行中の BERT テストのビット ストリームにエラーを挿入します。

シンタックス

moddsx3bert < eir >

シンタックスの説明

 

eir

次のエラー挿入率

0:エラーなし

2:1 in 10

3:1 in 10^2

4:1 in 10^3

5:1 in 10^4

6:1 in 10^5

7:1 in 10^6

8:1 in 10^7

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

実行中の BERT テストに 1-in-10 エラーを挿入するように変更します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > moddsx3bert 2
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

myid

自分の ID の表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

myid コマンドを使用して、スイッチにログインするときに使用したユーザ名を表示します。

シンタックス

myid

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

ログインに使用されたユーザ名を表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > myid
superuser
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

queDsp

キューの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

queDsp コマンドを使用して、特定の接続の現在の入力と出力キューの長さを表示します。

シンタックス

queDsp < chanNum >

シンタックスの説明

 

chanNum

表示するチャネル番号。現在のカードのチャネルを表示するには、dspcons または dspchans コマンドを使用します。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

チャネル 18 の入力および出力キュー長を表示します。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > queDsp 18
 
ingreeQlen/egressQlen <0, 0>
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

rrtcon

接続の再ルーティング:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

rrtcon コマンドを使用して、2 つの異なるスイッチ間に接続を再ルーティングします。


) このコマンドは、マスター エンドポイントと、2 つの異なるスイッチ間の接続でだけ機能します。このコマンドは、同一スイッチ上の 2 つのインターフェイス間の接続である DAX 接続を再ルーティングすることはできません。


シンタックス

rrtcon < Port.DLCI > または <Channel Number>

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式の、再ルーティングする接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

Channel Number

再ルーティングする接続のチャネル番号。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 32 の接続を再ルーティングします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > rrtcon 1.32
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

runslftstno

番号を指定して自己診断の実行:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

runslftstno コマンドを使用して、FRSM カードで自己診断の 1 つを実行します。自己診断のリストを表示するには、このコマンドをパラメータを指定しないで入力するか、dspslftsttbl コマンドを入力します。runslftstno コマンドでテストを実行する前に、cnfslftst コマンドでテストを使用可能状態にします。テストの終了後、cnfslftst コマンドでテストを使用不可にします。

シンタックス

runslftstno <Test #>

シンタックスの説明

 

Test #

実行するテストの番号を入力します。


注意 テストによってカードのリセットや、接続の中断を伴うことがあります。これらのテストは、dspslftsttbl および runslftstno コマンドで確認できます。

関連コマンド

clrslftst cnfslftst dspslftst、dspslftsttbl

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

番号 9 に対して自己診断を実行します。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > runslftstno 9
Test Number 9 Result: PASS
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >

setcmdc

コマンドの補完機能の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

setcmdc コマンドを使用して、コマンドの補完機能を有効または無効にします。この機能を有効にすると、入力の途中で、そのコマンドに一致するコマンドのリストが表示されます。

シンタックス

setcmdc <on|off>

シンタックスの説明

 

<on|off>

on を指定してコマンド補完機能を有効にするか、off を指定してこの機能を無効にします。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

コマンドの補完機能を有効にします。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > setcmdc on
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

setpagemode

ページ モードの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

setpagemode コマンドを使用して、コマンドのページング機能を有効または無効にします。ページング機能を有効にすると、コマンドは、表示画面に合わせてページ単位で情報を表示します。コマンドのレポートが 2 ページ以上になる場合、Return キーを押して次のページを表示するか、Q を入力して表示を中止します。ページ単位で表示されないレポートの場合、最後まで表示され、先頭部分を見るにはスクロールして戻る必要があります。

シンタックス

setpagemode <on|off>

シンタックスの説明

 

<on|off>

ページングを有効にする場合は on を、無効にする場合は off を指定します。

関連コマンド

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

コマンド出力のページングを有効にします。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > setpagemode on
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

startdsx3bert

DSX3 BERT の開始:FRSM 2T3E3

startdsx3bert コマンドを使用して、ビット誤り率テスト(BERT)のセッションを開始します。セッションを開始する回線には cnfdsx3bert コマンドで BERT テストが設定されている必要があります。


) このコマンドは、ループバック モードの回線がない場合には異常終了します。addds3loop と
addds3rmtloop を参照してください。


シンタックス

startdsx3bert

シンタックスの説明

なし

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:任意のユーザ

設定されている BERT テストを開始します。

PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a > startdsx3bert
 
PXM1E_SJ.1.20.VHS2E3.a >

tstcon

接続のテスト:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

tstcon コマンドを使用して、addcon コマンドで作成された接続の導通テストを行います。tstcon コマンドでは、ローカル エンドからリモート エンドへ一連の監視セルを送出し、テストにパスしたことを示すメッセージか失敗したことを示すメッセージを表示します。接続のセグメントに問題があったり、設定が誤っている場合には、tstcon コマンドは失敗します。tstcon コマンドは、サービスの品質や MGX ネットワーク外の接続のテストは行いません。tstcon コマンドには、次のようないくつかの制限があります。このコマンドは、ローカル接続、またはシスコのバックボーン ネットワークを構成する階層型ネットワークの接続でだけ動作します。接続を確認するためには、両端から入力する必要があります。このテストの成功は、接続のエンドツーエンドの性能を保証するものではありません。

シンタックス

tstcon < Port.DLCI|Channel Number >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、テストする接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

Channel Number

表示する接続のチャネル。接続情報は dspcons、dspchans、および xdspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 32 の接続をテストします。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > tstcon 1.32
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
TestCon in progress.
 
TestCon Passed.
 

tstdelay

遅延のテスト:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

tstdelay コマンドを使用して、接続をテストします。tstdelay コマンドは、接続の導通性もチェックするという意味で、tstcon コマンドと同じです。tstdelay コマンドはまた、ネットワークのラウンドトリップ遅延を測定し、その結果を CLI に表示します。最新の遅延測定の結果も、dspcon コマンドの出力で報告されます。tstdelay コマンドには、tstcon コマンドと同じ制限があります。つまり、このコマンドは、ローカル接続、またはシスコのバックボーン ネットワークを構成する階層型ネットワークの接続でだけ動作します。接続を確認するためには、両端から入力する必要があります。このテストの成功は、接続のエンドツーエンドの性能を保証するものではありません。

シンタックス

tstdelay < Port.DLCI | Channel Number >

シンタックスの説明

 

Port.DLCI

Port.DLCI 形式の、テストする接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

Channel Number

テストする接続のチャネル。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

関連コマンド

dspchans、dspcons、tstcon

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

接続 18 をテストします。

PXM1E_SF.1.11.FRSM.a > tstdelay 18
 
Corvette.1.11.FRSM.a >
TestDelay in progress.
 
TestDelay Passed with 1 ms.
 
 
PXM1E_SF.1.11.FRSM.a >

upcon

接続の始動:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

upcon コマンドを使用して、接続を始動させます。


) このコマンドは、マスター エンドポイントでだけ機能します。


シンタックス

upcon < Port.DLCI > or <Channel Number>

シンタックスの説明

 

port.DLCI

Port.DLCI 形式の、始動させる接続のポートと DLCI。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

Channel Number

始動させる接続のチャネル番号。接続情報は dspcons コマンドで見ることができます。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

ポート 1、DLCI 32 の接続を始動させます。

PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a > upcon 1.32
 
PXM1E_SJ.1.30.FRSM.a >
 

version

バージョンの表示:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

version コマンドを使用して、FRSM カードのソフトウェア情報(ファームウェア バージョン、オペレーティング システムのカーネルのバージョン、ソフトウェア作成の日付、など)を表示します。

シンタックス

version

シンタックスの説明

なし

関連コマンド

dspcd

アトリビュート

 

ログ:なし

状態:任意

特権:任意のユーザ

現在の FRSM-HS2/B カードのバージョン情報を表示します。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > version
***** Cisco System. FRSM-VHS Card *****
Firmware Version = 020.000.001.046-A
Backup Boot version = VHS_BT_1.0.04_19Jul0
VxWorks (for CISCO) version 5.3.1.
Kernel: WIND version 2.5.
Made on Mon Apr 29 02:03:54 PDT 2002.
Boot line:
sl(0,0)helium: e=192.9.227.1 b=192.9.227.1 h=192.9.225.10 g=192.9.227.2 u=frvhs pw=frvhs1 tn=vhs1card1
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >
 

xclrchancnt

チャネル カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

x clrchancnt コマンドを使用して、接続の統計情報カウンタをクリアします。

シンタックス

xclrchancnt -chn <ChanNum>

シンタックスの説明

 

ChanNum

統計情報をクリアする接続のチャネル。接続情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。

アトリビュート: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

M8850_SF.1.12.FRSM.a > xclrchancnt -chn 16
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >

xclrportcnt

ポート カウンタのクリア:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

xclrportcnt コマンドを使用して、現在の FRSM カードのすべてのポート カウンタをクリアします。

シンタックス

xclrportcnt -pt < Port Num >

シンタックスの説明

 

-pt

カウンタを削除するポートの番号。使用可能なポートを表示するには、dspports や xdspports コマンドを使用します。

アトリビュート:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

 

ログ:なし

状態:任意

特権:グループ 1

アトリビュート:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

 

ログ:なし

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM-HS2/B カードのポート 1 のポート カウンタをクリアします。

PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a > xclrportcnt -pt 1
 
PXM1E_SJ.1.11.VHSHS2B.a >

xcnfalm

アラーム カウンタと統計情報の設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

xcnfalm コマンドを使用して、現在の FRSM カードの指定した回線のアラーム カウンタ、しきい値、統計情報を設定します。

シンタックス: FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

xcnfalm -ds1 < LineNum > [-red < RedSeverity >] [-rai < RAISeverity >] [-neu < NEAlarmUpcount >]
[-ned < NEAlarmDncount >] [-net < NEAlarmThreshold >] [-feu < FEAlarmUpcount >]
[-fed < FEAlarmDncount >] [-fet < FEAlarmThreshold >]

シンタックス: FRSM-2T3E3

xcnfalm < -ds3|-e3> < LineNum > [-red < RedSeverity >] [-rai < RAISeverity >] [-neu < NEAlarmUpcount >]
[-ned < NEAlarmDncount >] [-net < NEAlarmThreshold >] [-feu < FEAlarmUpcount >]
[-fed < FEAlarmDncount >] [-fet < FEAlarmThreshold >]

シンタックス: FRSM-2CT3

xcnfalm < -ds1|-ds3> < LineNum > [-red < RedSeverity >] [-rai < RAISeverity >] [-neu < NEAlarmUpcount >]
[-ned < NEAlarmDncount >] [-net < NEAlarmThreshold >] [-feu < FEAlarmUpcount >]
[-fed < FEAlarmDncount >] [-fet < FEAlarmThreshold >]

シンタックス:FRSM-HS2/B

xcnfalm -x21 < LineNum > -red <RedSeverity>

シンタックスの説明

 

<LineNum>

設定する回線の回線番号。dsplns や dspds3lns コマンドで、使用可能な回線を表示します。回線の範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C = 1 ~ 8(ds1 回線)

FRSM-2T3E3 = 1 ~ 2(ds3 と e3 回線)

FRSM-2CT3 = 1 ~ 2(ds3 回線)、1 ~ 56(ds1 回線)

FRSM-HS2/B = 1 ~ 2(MGX-SCSI2-2HSSI/B バック カード)、
1 ~ 8(MGX-12IN1-8S バック カード)

-red

RedSeverity

1 = マイナー

2 = メジャー

-rai

Remote Alarm Indication(RAI; リモート アラーム表示)の重大度

1 = マイナー

2 = メジャー

-neu

近端アラームの積算カウンタ。範囲は、1 ~ 65535

-ned

近端アラームの減算カウンタ。範囲は、1 ~ 65535

-net

近端アラームのしきい値。範囲は、1 ~ 65535

-feu

遠端アラームの積算カウンタ。範囲は、1 ~ 65535

-fed

遠端アラームの減算カウンタ。範囲は、1 ~ 65535

-fet

遠端アラームのしきい値。範囲は、1 ~ 65535

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:サービス グループ

現在の FRSM カードの回線 1 の RAI 重大度をマイナーからメジャーへ変更します。

M8850_SF.1.12.FRSM.a > xcnfalm -ds1 1 -rai 2
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >
 
 

xcnfalmcnt

アラーム カウンタの設定:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3

xcnfalmcnt コマンドを使用して、現在の FRSM カードの指定した回線のアラーム カウンタを設定します。

シンタックス:FRSM-2T3、FRSM-2CT3(DS3 回線)

xcnfalmcnt -ds3 <LineNum> [-sev <StatisticalAlarmSeverity>] [-lcv15 <LCV15minThreshold>]
[-lcv24 <LCV24hrThreshold>] [-les15 <LES15minThreshold>] [-les24 <LES24hrThreshold>]
[-lses15 <LSES15minThreshold>] [-lses24 <LSES24hrThreshold>] [-pcv15 <PCV15minThreshold>]
[-pcv24 <PCV24hrThreshold>] [-pes15 <PES15minThreshold>] [-pes24 <PES24hrThreshold>]
[-pses15 <PSES15minThreshold>] [-pses24 <PSES24hrThreshold>] [-sefs15 <SEFS15minThreshold>]
[-sefs24 <SEFS24hrThreshold>] [-aiss15 <AISS15minThreshold>] [-aiss24 <AISS24hrThreshold>]
[-uas15 <UAS15minThreshold>] [-uas24 <UAS24hrThreshold>] [-ccv15 <CCV15minThreshold>]
[-ccv24 <CCV24hrThreshold>] [-ces15 <CES15minThreshold>] [-ces24 <CES24hrThreshold>]
[-cses15 <CSES15minThreshold>] [-cses24 <CSES24hrThreshold>]

シンタックス: FRSM-2E3

xcnfalmcnt -e3 <LineNum> [-sev <StatisticalAlarmSeverity>] [-lcv15 <LCV15minThreshold>]
[-lcv24 <LCV24hrThreshold>] [-les15 <LES15minThreshold>] [-les24 <LES24hrThreshold>]
[-lses15 <LSES15minThreshold>] [-lses24 <LSES24hrThreshold>] [-sefs15 <SEFS15minThreshold>]
[-sefs24 <SEFS24hrThreshold>] [-aiss15 <AISS15minThreshold>] [-aiss24 <AISS24hrThreshold>]
[-uas15 <UAS15minThreshold>] [-uas24 <UAS24hrThreshold>]

シンタックスの説明

 

LineNum

設定する回線の回線番号。dspds3lns コマンドを使用して、使用可能な回線を表示します。回線範囲は、1 ~ 2 です。

-sev

統計アラームの重大度

1 = マイナー

2 = メジャー

-lcv15

LCV 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-lvc24

LCV 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-les15

LES 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-les24

LES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-lses15

LSES 15分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-lses24

LSES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-pcv15

PCV 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-pcv24

PCV 24 時間しきい値。範囲は、1~65535

-pes15

PES 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-pes24

PES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-pses15

PSES 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-pses24

PSES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-sefs15

SEFS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-sefs24

SEFS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-aiss15

AISS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-aiss24

AISS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-uas15

UAS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-uas24

UAS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-ccv15

CCV 15 分しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

-ccv24

CCV 24 時間しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

-ces15

CES 15 分しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

-ces24

CES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

-cses15

CSES 15 分しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

-cses24

CSES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~(2^32-1)

シンタックス: FRSM-2CT3(DS1 回線)

xcnfalmcnt -ds1 <LineNum> [-sev <StatisticalAlarmSeverity>] [-crc15 <cRC15MinThreshold>]
[-crc24 <cRC24HrThreshold>] [-crces15 <cRCES15MinThreshold>] [-crces24 <cRCES24HrThreshold>]
[-crcses15 <cRCSES15MinThreshold>] [-crcses24 <cRCSES24hrThreshold>]
[-sefs15 <sEFS15minThreshold>] [-sefs24 <sEFS24hrThreshold>] [-aiss15 <aISS15minThreshold>]
[-aiss24 <aISS24hrThreshold>] [-uas15 <uAS15minThreshold>] [-uas24 <uAS24hrThreshold>]

シンタックスの説明

 

LineNum

設定する回線の回線番号。dsplns コマンドを使って、使用可能な回線を表示します。回線の範囲は、1 ~ 56 です。

-sev

統計アラームの重大度

1 = マイナー

2 = メジャー

-crc15

CRC 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-crc24

CRC 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-cres15

CRC ES 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-crces24

CRC ES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-crcses15

CRC SES 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-crcses24

CRC SES 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-sefs15

SEFS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-sefs24

SEFS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-aiss15

AISS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-aiss24

AISS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-uas15

UAS 15 分しきい値。範囲は、1 ~ 65535

-uas24

UAS 24 時間しきい値。範囲は、1 ~ 65535

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードの回線 1 の統計アラーム重大度をマイナーからメジャーへ変更します。

PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a > xcnfalmcnt -ds3 1 -sev 2
 
PXM1E_SJ.1.29.VHS2T3.a >

xcnfchan

チャネルの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C、FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

x cnfchan コマンドを使用して、チャネル設定を変更、追加、または削除します。

シンタックス:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

xcnfchan -chn <chanNum>

または

xcnfchan -pt <portNum> -dlci <DLCI> [-chn <ChanNum>] [-en <ChanRowStatus>]
[-pt <PortNum> -dlci <DLCI>] [-eqsel <EgressQSelect>] [-iqdep <IngressQDepth>]
[-iqdet <IngressDEThresh>] [-iqecn <IngressQECNthresh>] [-eqdep <EgressQDepth>]
[-eqdet <EgressDEThresh>] [-cir <CIR>] [-bc <BurstCommit>] [-be <BurstExcess>] [-ibs <IBS>]
[-detag <DETaggingEnable>] [-rmtlb <LocalRemoteLoopbackState>] [-tstyp <TestType>] [-tssta <TestState>]
[-tsres <RTDresult>] [-contp <ConnType>] [-cntp <chantype>] [-fecnmap <FECNmap>]
[-demap <DEtoCLPmap>] [-clpmap <CLPtoDEmap>] [-ingut <chanIngrPercentUtil>]
[-egut <chanEgrPercentUtil>] [-egrat <chanEgrSrvRate>] [-ovrid <chanOvrSubOvrRide>]
[-locvpi <localVpi>] [-locvci <localVci>] [-locnsap <localNSAP>] [-rmtvpi <remoteVpi>]
[-rmtvci <remoteVci>] [-rmtnsap <remoteNSA>] [-master <masterShip>] [-vpcflag <vpcFlag>]
[-cos <connServiceType>] [-rtngprio <routingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>]
[-directrte <DirectedRoute>] [-maxcost <maxCost>] [-type <restrictedType>] [-pcr <connPCR>]
[-mcr <connMCR>] [-rpcr <RemotePCR>] [-rscr <RemoteSCR>] [-rmcr <RemoteMCR>]
[-srvovrd <overrideval>] [-srvrate <ServiceRate>] [-zeir <EIR>] [-rerout <chanReRoute>]

シンタックス:FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B

xcnfchan -chn <chanNum>

または

xcnfchan -pt <portNum> -dlci <DLCI> [-chn <ChanNum>] [-en <ChanRowStatus>] [-pt <PortNum>]
[-dlci <DLCI>] [-cir <CIR>] [-bc <BurstCommit>] [-be <BurstExcess>] [-cntp <chantype>]
[-ovrid <chanOvrSubOvrRide>] [-fecnmap <FECNmap>] [-detag <DETaggingEnable>]
[-demap <DEtCLmap>][-clpmap <CLPtoDEmap>] [-eqsel <EgressQSelect>] [-eqdep <EgressQDepth>]
[-eqsel <EgressQSelect>] [-iqdep <IngressQDepth>] [-iqdet <IngressDEThresh>]
[-iqecn <IngressQECNthresh>] [-abrpcr <ABRPCR>] [-abrmcr <ABRMCR>] [-abricr <ABRICR>]
[-egrat <chanEgrSrvRate>] [-ingut <chanIngrPercentUtil>] [-egut <chanEgrPercentUtil>] [-ibs <IBS>]
[-rtngpri <routingPriority>] [-prefrte <PreferredRouteID>] [-directrte <DirectedRoute>]
[-maxcost <maxCost>] [-type <RestrictedType>] [-rerout <chanReroute>] [-pcr <connPCR>]
[-rpcr <RemotePCR>] [-scr <ConnSCR>] [-rscr <RemoteSCR>] [-rmcr <RemoteMCR>] [-tstyp <TestType>]
[-tssta <TestState>] [-tsres <RTDresult>] [-rmtlb <LocalRemoteLoopbackState>]

シンタックスの説明

 

-chn

変更するチャネル。チャネル情報は dspcons コマンドと dspchans コマンドで見ることができます。カード タイプ別のチャネルの範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C = 16 ~ 1015

FRSM-2T3E3 = 16 ~ 2015

FRSM-2CT3 = 16 ~ 4015

12IN1-8S バック カードのある FRSM-HS2/B = 16 ~ 4015

HSSI バック カードのある FRSM-HS2/B = 16 ~ 2015

-en

チャネルのロウ(Row)状態

追加 = 1

削除 = 2

変更 = 3

-admin

接続の管理(Admin)状態

起動 = 1

停止 = 2

-pt

ポート番号。設定されたポートを表示するには、dspports コマンドを使用します。カード タイプ別のチャネルの範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 1~192

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 1~248

FRSM-2T3E3 = 1 ~ 2

FRSM-2CT3 = 1 ~ 256

FRSM-HS2/B = 1~2(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 1~8( 12IN1-8S バック カード)

-dlci

設定する接続の Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)。DLCI の範囲は 16 ~ 1023 です。接続 DLCI 情報は dspcons コマンドで見ることができます。

-eqsel

出力キュー選択

高優先度出力キュー = 1

低優先度出力キュー = 2

-sertp

チャネル サービス タイプ。次のいずれかのサービスタイプを入力します。

1 = 高優先順位(デフォルトは CBR)

2 = rtVBR

3 = nrtVBR

4 = FST-ABR

5 = UBR

9 = STD-ABR

-iqdep

入力キュー長

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 4510 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 4510 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 4510 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-iqdet

入力キュー DE しきい値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-iqecn

出力キュー Explicit Congestion Notification(ECN; 明示的輻輳通知)しきい値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-eqdep

出力キュー長

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 4510 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 4510 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 4510 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 65535 です。

-eqdet

出力キュー DE しきい値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 32767 です。

-eqecn

出力キュー ECN しきい値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 6553 です。

-detag

Discard Eligible(DE; 廃棄適性)タギング。DE タギングを有効にするには -detag 1 を入力します。無効にするには -detag 2 を入力します。デフォルトでは、DE タギングは無効です。

-cir

Committed Information Rate(CIR; 認定情報レート)の Bps 値

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 1536000

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 2048000

FRSM-2T3 = 0 ~ 44210000

FRSM-2E3 = 0 ~ 34010000

FRSM-2CT3 = 0 ~ 1536000

FRSM-HS2/B: = 0 ~ 51840000(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 0 ~ 8192000( 12IN1-8S バック カード)

秒あたりのセル数(Cps)から CIR(Bps)を計算するには、「((Cps * 38400)/ 144)+ 1」の式で計算するか、cpstobps コマンドを使用します。

Cps = 高優先度(CBR)または UBR に対するリモート PCR

Cps = rtVBR または nrtVBR に対するリモート SCR

Cps = stdABR に対するリモート MCR

-bc

認定バースト

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-be

超過バースト

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト設定は 5100 バイトです。

-ibs

初期バースト サイズ(その FRSM カード タイプに適切な範囲内の)

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 65535 バイト

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 0 ~ 2097151 バイト

デフォルト:100 バイト


) 認定情報レートが 0 より大きい値に設定されている場合、初期バースト サイズは、認定バースト値以下にする必要があります。
認定情報レートが 0 に設定されている場合は、初期バースト サイズを 0 に設定する必要があります。


 

-abricr

許容 Initial Cell Rate(ICR; 初期セルレート)。ICR は、送信元が最初とアイドル期間後に使用する送信レートです。カード タイプ別の範囲は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 セル/秒

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 セル/秒

FRSM-2T3E3、FRSM-2CT3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 セル/秒

-abrmcr

ABR 接続の最小セルレート。PCR と MCR は、Allowable Cell Rate(ACR; 許容セルレート)の範囲を定義します。MCR は送信元が常時送信可能なレートです。MCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-abrpcr

ABR 接続の最大セルレート。PCR と MCR は、許容セルレート(ACR)の範囲を定義します。MCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rif

レート増加ファクタは、RM セルの受信時のセル転送速度の増加量を制御します。

範囲:1 ~ 32768(2 の累乗)

-rdf

レート減少ファクタは、セル転送レートの減少を制御します。RDF は 2 の累乗です。

範囲:1 ~ 32768(2 の累乗)

-nrm

インレート セル数は、送信元が順方向 RM セル(FRM)それぞれで送信できるセルの最大数です。

範囲:2 ~ 256(2 の累乗)

-trm

FRM の最大遅延は、アクティブな送信元が送信する順方向 RM セル間の時間の上限です。

範囲:3 ~ 255 ミリ秒

-tbe

一時バッファ排出は、立ち上がり時に最初の RM セルが戻ってくる前に、送信元がセルを送信するのを待つ、ネットワークで取り決められたセル数です。

範囲: 0 ~ 16777215 セル

-frtt

固定ラウンドトリップ時間は、送信元から最終送信先に到達し、また戻ってくるまでの固定遅延と伝播遅延の合計です。

範囲:0 ~ 16700 ミリ秒

-adtf

ACR 減少時間ファクタは、RM セルを再び送信できるまでの時間間隔で、この後レートは ICR に低下します。

範囲:10 ~ 10230 ミリ秒

-cdf

カットオフ低減ファクタは、CRM に関連付けられた ACR の減少量を制御します。

範囲:0 ~ 64(2 の累乗)

-rmtlb

ローカル/リモート ループバックの状態

1 = 有効

2 = 無効


) FRSM カードでサポートされているループバックの詳細については、「FRSM カードの管理」を参照してください。


 

-tstyp

テストのタイプ

導通テスト = 1(tstcon コマンドの機能と同じ)

遅延テスト = 2(tstdelay コマンドの機能と同じ)

-tssta

テストの状態


) このオプションは読み取り専用のパラメータで、設定はできません。


 

-tsres

RTD 結果


) このオプションは読み取り専用のパラメータで、設定はできません。


 

-cntp

チャネル インターワーキングのタイプ。このオプションに次のいずれかを設定します。

1 = フレーム リレー/ATM ネットワーク インターワーキング(NIW、FRF.5:デフォルト)

2 = フレームリレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)透過型(FRF.8、プロトコル ID 変換なし)

3 = フレームリレー/ATM サービス インターワーキング(SIW)変換型(FRF.8、プロトコル ID 変換あり)

4 = ATM フォーラム FUNI モード 1A

5 = フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換やマッピングなし、CRC 評価あり)

-fecnmap

FECN と EFCI 間のマッピング

1 = EFCI をマップ(このオプションは SIW に対してだけ有効)

2 = EFCI を 0 に設定

-demap

DE から Cell Loss Priority(CLP; セル廃棄優先度)へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

CLP=DE:-demap 1(デフォルト)

CLP=0:-demap 2

CLP=1:-demap 3

-clpmap

CLP から DE へのマッピング。このオプションは、次のように設定します。

DE=CLP:-clpmap 1(デフォルト)

DE=0:-clpmap 2

DE=1:-clpmap 3

CLP を無視:-clpmap 4

-contp

接続タイプ。次のいずれかを入力します。

PVC = 1

SVC = 2

SPVC = 3

PAR = 4

PNNI = 5

TAG = 6

-ingut

入側利用率(%)。範囲は 1 ~ 100 % です。デフォルト設定は 100 % です。

-egut

出側利用率(%)。範囲は 1 ~ 100 % です。デフォルト設定は 100 % です。

-egrat

出側サービス レート

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 2400 ~ 1536000 Bps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 2400 ~ 2048000 Bps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 2400 ~ 52000000 Bps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値と同じです。

-ovrid

オーバー サブスクリプションの指定。CAC を適用するには -ovrid 1 を入力します。CAC を無視するには -ovrid 2 を入力します。デフォルトでは、CAC は適用されません。

-locvpi

ローカルの VPI 番号。範囲は、1 ~ 65535

-locvci

ローカルの VCI 番号。範囲は、1 ~ 65535

-locnsap

ローカル接続 ID。ローカル NSAP は 20 バイトの 16 進数です。入力形式は LocalNsapAddress.VPI.VCI です。

-rmtvpi

リモート VPI 番号。範囲は、1 ~ 65535

-rmtvci

リモート VCI番号範囲は、1 ~ 65535

-rmtnsap

ローカル接続 ID。ローカル NSAP は 20 バイトの 16 進数です。入力形式は RemoteNsapAddress.VPI.VCI です。

-master

接続の役割。次のいずれかを選択します。

1 = マスター

2 = スレーブ(デフォルト)

-vpcflag

VPC フラグ

1 = vpc

2 = vcc

-cos

ATM 接続のサービス タイプ。次のいずれかを選択します。

CBR1 = 21(デフォルト)

rtVBR1 = 22

rtVBR2 = 23

rtVBR3 = 24

nrtVBR1 = 25

nrtVBR2 = 26

nrtVBR3 = 27

UBR1 = 28

UBR2 = 29

stdABR = 30

-rtngprio

この接続のルーティング優先順位。範囲は 1 ~ 15 で、デフォルトは 8 です。

-prefrte

この接続の優先ルート ID。優先ルート機能は、SPVC のマスター側にしか適用できません。このオプションは、この接続が関連付けられている優先ルートに一意の識別子を割り当てます。ルート ID が 0 に設定されると、その接続は優先ルートに関連付けられません。範囲は 0 ~ 65,535 で、デフォルトは 0 です。

-directrte

誘導ルート オプション。このオプションが 1 に設定されると、関連付けられた優先ルートはその接続に対する唯一の許可ルートになります。誘導された優先ルートが使用不可能の場合、接続は失敗します。このオプションが 2 に指定されると、優先ルートが使用不可能の場合、他の代替ルートへの接続を試みます。

1 = 有効

2 = 無効(デフォルト)

-maxcost

接続の最大エンドツーエンド コスト。範囲は 1 ~ 2147483647 で、デフォルトは 2147483647 です。

-type

トランク制限オプション。接続ルーティングを地上トランクに限定するには -type 2 を入力します。接続ルーティングを衛星トランクに限定するには -type 3 を入力します。トランク制限なしの接続ルーティングにするには -type 1を入力します。デフォルトは制限なしのルート接続です。

-pcr

ローカルの最大セルレート(Cps)

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-scr

ローカル平均セルレート

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-mcr

ローカル最小セルレート

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。


) このオプションは、サポートされていません。標準 ABR 接続に最小セルレートを設定するには、-abrmcr オプションを使用します。


 

-rpcr

リモートの最大セルレート(Cps)

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rscr

リモートの平均セルレート

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-rmcr

リモートの最小セルレート

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412 Cps

デフォルトの設定値は、入力された CIR 値に基づいて計算されます。

-srvovrd

チャネル サービス レート変更プログラミング オプション

1 = 有効

2 = 無効

-srvrate

FRSM カード タイプに対応した範囲で、任意のチャネルにプロビジョニングされる実際のチャネル サービス レート(Cps)

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 10 ~ 10000 Cps

FRSM-2CT3、FRSM-2T3E3、FRSM-HS2/B = 10 ~ 198412

-zeir

CIR が 0 の場合の超過情報レート。値は次のとおりです。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C = 0 ~ 1536000 Bps

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C = 0 ~ 2048000 Bps

FRSM-2CT3 = 0 ~ 1536000 Bps

FRSM-2T3 = 0 ~ 44210000 Bps

FRSM-2E3 = 0 ~ 34010000 Bps

FRSM-HS2/B = 0 ~ 51840000 Bps(HSSI バック カード)

FRSM-HS2/B = 0 ~ 819200 Bps(12IN1-8S バック カード)

-rerout

チャネルの再ルーティング

1 = 真

2 = 偽

-rcbs

リモートの最大バースト サイズ。範囲は 1 ~ 5000000 です。

アトリビュート

 

ログ:あり

状態:アクティブ

特権:グループ 1

現在の FRSM カードのチャネル 17 を管理上停止した状態にします。

M8850_SF.1.12.FRSM.a > xcnfchan -chn 17 -en 3 -admin 2
 
M8850_SF.1.12.FRSM.a >

xcnfchanstdabr

標準 ABR のチャネルの設定:FRSM-8T1、FRSM-8T1-C、FRSM-8E1、FRSM-8E1-C

x cnfchanstdabr コマンドを使用して、標準の ABR パラメータを設定します。

シンタックス

xcnfchanstdabr -chn <ChanNum> [-abrmcr <MCR>] [-abrpcr <PCR>] [-abricr <ICR>]
[-rif <RateIncreaseFactor>] [-rdf <RateDecreaseFactor>] [-nrm <InrateCellCount>]
[-trm <TimeLimitForFrm>] [-tbe <TransientBufferExposure>] [-frtt <FixedRoundTripTime>]
[-adtf <AcrDecreaseTimeFactor>] [-cdf <CutoffDecreaseFactor>]

シンタックスの説明

 

-chn

表示する接続のチャネル。接続情報は dspcons、dspchans、および xdspchans コマンドで見ることができます。

-abrmcr

許容最小セルレート(MCR)。PCR と MCR は、許容セルレート(ACR)の範囲を定義します。MCR は送信元が常時送信可能なレートです。MCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

範囲:10~10000 セル/秒

-abrpcr

許容最大セルレート(PCR)。PCR と MCR は、許容セルレート(ACR)の範囲を定義します。PCR は、データ セルとインレート RM セルで使用される帯域幅を含みます。

範囲:10~10000 セル/秒

-abricr

許容初期セルレート(ICR)。ICR は、送信元が最初とアイドル期間後に使用する送信レートです。

範囲:10~10000 セル/秒

-rif

レート増加ファクタは、RM セルの受信時のセル転送速度の増加量を制御します。

範囲:1~32768(2 の累乗)