Cisco Frame Relay ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド・コマンド リファレンス
概要
概要
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

概要

FRSM カード タイプ

FRSM カードの共通機能

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C

FRSM-2T3E3

FRSM-2CT3

FRSM-HS2/B

8 つの X.21 または V.35 インターフェイスを提供する FRSM-HS2/B

2 つの HSSI インターフェイスを提供する FRSM-HS2/B

サービス リソース モジュール(SRM)のサポート

概要

この章では、Cisco MGX 8850 および Cisco MGX 8830 スイッチの PXM1E や PXM45 プロセッサ カードでサポートされている FRSM カードの概要を説明します。 また、これらのカードの機能や FRSM カードの Service Resource Module(SRM; サービス リソース モジュール)についても説明します。

FRSM カード タイプ

PXM1E や PXM45 カードの制御下で稼働している Cisco MGX 8850 スイッチと Cisco MGX 8830 スイッチでは、表 1-1 に示す FRSM カードがサポートされています。


) FRSM-12-T3E3 カードについては、このマニュアルでは説明しません。 このカードの設定とコマンドについては、『Frame Relay Software Configuration Guide and Command Reference for the Cisco MGX 8850 FRSM12 Card, Release 3』を参照してください。


 

表 1-1 MGX Release 4.0 でサポートされている FRSM カード

フロント カード
バック カード
最大接続数

FRSM-8T1

RJ48-8T1、R-RJ48-8T1

1000

FRSM-8T1-C

RJ48-8T1、R-RJ48-8T1

1000

FRSM-8E1

MGX-RJ48-8E1、RJ48-8E1、SMB-8E1、R-RJ48-8E1、R-SMB-8E1

1000

FRSM-8E1-C

MGX-RJ48-8E1、RJ48-8E1、SMB-8E1、R-RJ48-8E1、R-SMB-8E1

1000

FRSM-2T3E3

BNC-2T3、BNC-2E3、BNC-2E3A

2000

FRSM-2CT3

BNC-2T3

4000

FRSM-HS2/B

MGX-12IN1-8S

4000

MGX-SCSI2-
2HSSI/B

2000

表 1-2 に、PXM1E と PXM45 プロセッサ カードでサポートされている各種の FRSM カードを示します。

 

表 1-2 PXM1E と PXM45 コントローラでサポートされている FRSM カード

FRSM カード
PXM1E
PXM45
PXM45/B
PXM45/C

FRSM-8T1

不可

FRSM-8T1-C

不可

FRSM-8E1

不可

FRSM-8E1-C

不可

FRSM-2CT3

不可

FRSM-2T3E3

不可

FRSM-HS2/B

不可

このマニュアルで説明している FRSM カードは、ATM ネットワーク上でフレーム リレー通信を行うシングルハイトのサービス モジュールです。通常、FRSM カードはフレーム リレー ルータに接続します。フレーム リレー ルータからの通信は、Soft Permanent Virtual Circuit(SPVC; ソフト相手先固定回線接続)を使って ATM ネットワーク経由でリモート装置に接続されます。 このリリースの FRSM カードは、次に示す接続先装置の通信ポートを使って、ATM ネットワーク上の通信をサポートしています。

FRSM-8T1、FRSM-8E1、FRSM-8T1-C、および FRSM-8E1-C(PXM1、PXM1E、および PXM45 でのフレーム リレー)

FRSM-HS1/B 、FRSM-HS2(PXM1 でのフレーム リレー)

FRSM-HS2/B(PXM1、PXM1E でのフレーム リレー)

FRSM-12-T3E3(PXM45 でのフレーム リレー)

FRSM-2CT3(PXM1、PXM1E、および PXM45 でのフレーム リレー)

FRSM-2T3E3(Foresight を除く PXM1、PXM1E でのフレーム リレー)

BNM(OC-3、T3、T3/B、E3、E3/B)、AUSM-8T1E1/B、FRSM-8T1E1、FRSM-8T1E1-C、および FRSM-VHS(HS1、HS1/B、HS2)(Cisco MGX 8220 のフレーム リレーおよび ATM)

AXSM、AXSM/B、AXSM-E、および AXSM-XG(PXM45 での ATM)

BXM、BXME、および BME(BPX スイッチ上の ATM)

AUSM-8T1/B、AUSM-8E1/B(PXM1、PXM1E 上の ATM)

PXM1、PXM1E(ATM)

RPM、RPM-PR 、および RPM-XF(PXM1、PXM1E、および PXM45 スイッチのイーサネット)

上述の装置は、ATM ネットワーク上の宛先ポートとして機能します。この場合、これらの装置は、実際の宛先にトラフィックを転送する別の装置(通常はルータ)に接続する必要があります。

宛先ポートが ATM インターフェイスの場合は、ATM インターフェイスのあるルータに接続する必要があります。このルータがデータの受信、ATM フレームからのデータの抽出、別のインターフェイスへのデータの転送を行います。

宛先ポートが RPM、 RPM-PR、または RPM-XF インターフェイスの場合は、RPM カードが ATM フレームからデータ抽出し、適切なイーサネット インターフェイスにデータを転送します。

FRSM カードでの通信はすべて双方向で行われるため、リモートの装置から FRSM カードへのデータ転送も行われます。この場合、FRSM カードは、フレーム リレー用フレームを組み立て、接続されているルータにデータを転送します。

FRSM カードの共通機能

各種 FRSM カードの基本的な違いは、使用されている物理的な媒体です。 すべての FRSM カードに共通な機能は、次のとおりです。

3 ~ 4510 オクテットのフレーム サイズをサポート

ANSI T1.618 に準拠した2 オクテット ヘッダーの使用

T1.618 統合リンク層管理メッセージ(CLLM)

標準 CIR ポリシング、および、 DE タグ付けと廃棄(デュアル漏出バケット ポリシング)

フレームの終端での CCITT-16 CRC 判定(エラーの場合はフレーム廃棄)

ITU-T Q.933 Annex A、ANSI T1.617 Annex D、および相手先半固定回線の LMI ローカル管理(UNI と NNI の両方の部分)

拡張 LMI によるシスコ社製接続ルータでのトラフィック管理パラメータの自動設定

UNI フレーム リレー ポートでの LMI 自動検出のサポート

論理ポートごとに設定可能なインタフェース

フレーム リレー UNI

フレーム リレー NNI

ATM フォーラム FUNI モード 1A

フレーム転送(ヘッダー コンテンツの変換またはマッピングなし、CRC 判定あり)

接続ごとに設定可能なインタフェース

フレーム リレーネットワークとATM ネットワーク のインターワーキング(FRF.5)

フレーム リレーサービスと ATM サービスのインターワーキング(FRF.8)― 透過(プロトコル ID 変換なし)

フレーム リレーサービスと ATM サービスのインターワーキング(FRF.8)― 変換(プロトコル ID 変換なし)

SPVC に対する PNNI 優先ルーティング

以降の項で、FRSM カードの個々の機能について説明します。

FRSM-8T1 と FRSM-8T1-C

FRSM-8T1 カードと FRSM-8T1-C カードにはそれぞれ 8 つの T1 インターフェイスがあり、各インターフェイスで最大 1.544 MBpsの全二重通信が可能です(それぞれのカード全体で最大 12.352 MBps のスループット)。 各回線の物理コネクタは RJ48 コネクタです。

FRSM-8T1 では、T1 ごとにフラクショナルにするか非チャネル化にするかを選択できます。

FRSM-8T1-C カードでは、最大 192 個のポートをフル DS0(24 × DS0)の T1 として使うことも、複数の T1(n × DS0)として使うこともできます。つまり、1 枚のカードで最大 192 個の DS0 ポート(24 チャネルを 8 回線)を同時に動作させることができます。

その他に次の機能があります。

B8ZS または AMI ライン コーディング。

ANSI T1.408 拡張スーパーフレーム形式のライン フレーミング。

インターフェイスごとのポート設定。フル ライン レート、56 KBps、または n × 64 KBps で動作する単一のポート(FRSM-8T1)または最大で 24 個のポート(FRSM-8T1-C)として設定可能です。

LOS、OOF、AIS、RAI アラーム。

送信側のタイミング。受信側にループタイミングで同期するか、シェルフに同期するかを選択できます。

カードあたり 1000 の data-link connection identifiers(DLCI; データリンク接続識別子)。

SRM での BERT とループバック。

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C

FRSM-8E1 と FRSM-8E1-C カードにはそれぞれ 8 つ E1 インターフェイスがあります。各インターフェイスで最大 2.044 MBps の全二重通信が可能です(それぞれのカード全体で最大 14 MBps のスループット)。 各カードの物理コネクタは、RJ48 コネクタか SMB コネクタです。

FRSM-8E1 では、E1 ごとにフラクショナルにするか非チャネル化にするかを選択できます。

FRSM-8E1-C では、最大 248 個のポートをフル DS0(31 × DS0)の E1 として使うことも、複数の E1(n × DS0)として使うこともできます。つまり、1 枚のカードで最大 248 個の DS0 ポート(31 チャネルを 8 回線)を同時に動作させることができます。

その他に次の機能があります。

HDB3 または AMI ライン コーディング。

ITU G.704 の 16 フレーム マルチフレーム ライン フレーミングと クリア チャネル E1。

インターフェイスごとのポート設定。フル ライン レート、56 KBps、または n × 64 KBps で動作する単一のポート(FRSM-8E1)または最大で 31 個のポート(FRSM-8E1-C)として設定可能です。

LOS、OOF、AIS、RAI アラーム。

送信側のタイミング。受信側にループタイミングで同期するか、シェルフに同期するかを選択できます。

カードあたり 1000 の DLCI 。

SRM での BERT とループバック。

FRSM-2T3E3

FRSM-2T3E3 と BNC-2T3 バック カードを組み合わせて使用した場合は 2 つの T3 インターフェイスが利用できます。この場合、各インターフェイスで最大 44.736 MBps の非チャネル化全二重通信が可能です(それぞれのカード全体で 89.472 MBps のスループット)。 BNC-2T3 バック カード上の各回線の物理コネクタは、RX と TX ポートごとにメス型の 75 Ω デュアル BNC 同軸コネクタ付きの BNC コネクタが使われます。

FRSM-2T3E3 と BNC-2E3 バック カードを組み合わせて使用した場合は 2 つの E3 インターフェイスが利用できます。この場合、各インターフェイスで最大 34.368 MBps の非チャネル化全二重通信が可能です(それぞれのカード全体で 68.736 MBps のスループット)。 BNC-2E3 バック カード上の各回線の物理コネクタは、RX と TX ポートごとにメス型の 75 Ω デュアル BNC 同軸コネクタ付きの BNC コネクタが使われます。

FRSM-2T3E3 では、クリア チャネルのサポートに加えて、T3/E3 DSU ベンダーの Digital Link と ADC Kentrox が提供しているサブレートおよびスクランブリングをサポートしています。 また、T3/E3 BERT と拡張ループバック パターンの生成/検証機能もサポートしています。

FRSM-2T3E3 は、最大 2 つの論理ポートと、カードあたり 2000 の DLCI をサポートしています。

その他に次の T3 インターフェイス機能があります。

B3ZS ライン コーディング

ANSI T1.102.1993 準拠のパルス波形

C ビット パリティと M13 ライン フレーミング形式

LOS、OOF、AIS、RAI、FEBE アラームの検出/生成

その他に次の E3 インターフェイス機能があります。

HDB3 ライン コーディング

ITU G.703 準拠のパルス波形

ITU G.751 ライン フレーミング形式

LOS、OOF、AIS、RAI、FEBE アラームの検出/生成

FRSM-2CT3

FRSM-2CT3 カードには、2 つ T3 インターフェイスがあり、各インターフェイスで最大 44.736 MBps のチャネル化全二重通信が可能です(それぞれのカード全体で 89.472 MBps のスループット)。 各 T3 インターフェイスで 28 回線の T1 回線をサポートしており、カード全体で 56 本の T1 回線が可能です。各回線の物理コネクタは、RX と TX ポートごとにメス型の 75 Ω デュアル BNC 同軸コネクタ付きの BNC コネクタが使われます。

FRSM-2CT3 では、高密度の n × DS0 および DS1 フレーム サービスをサポートしています。 1 枚のカードで最大 1344 個の DS0 ポートまたはチャネル化された 56 本の T1 回線を同時に動作させることができます。

論理ポートは最大で 256 個利用でき、各ポートの速度は 56 ~ 1.536 KBps にできます。

その他に次の機能があります。

B8ZS ライン コーディング

ANSI T1.102.1993 準拠のパルス波形

C ビット パリティと M13 ライン フレーミング形式

カードあたり 4000 の DLCI

SRM での T3 BERT

LOS、OOF、AIS、RAI、FEBE アラームの検出/生成

FRSM-HS2/B

FRSM-HS2/B は、インターフェイス タイプとポート数が違う 2 種類のバックカードと組み合わせて使用することができます。ただし同時には、どちらかのカードとしか組み合わせることができません。 以降の項では、FRSM-HS2/B を 2 種類のバック カードと組み合せた場合の物理層の機能を説明します。

8 つの X.21 または V.35 インターフェイスを提供する FRSM-HS2/B

MGX-12IN1-8S バック カードと組み合せて使用する場合、FRSM-HS2/B カードでは 8 つの X.21 または V.35 インターフェイスを利用できます。各インターフェイスごとに最大 8 MBps のスループットをサポートしており、カード全体のスループットとして最大 64 MBps が可能です。

その他に次の機能があります。

シリアル回線レートの選択(48 ~ 8.192 MBps(KBps 単位))

DCE か DTE かの選択(ポートごとに可能)

カードあたり 4000 の DLCI と 8 つの論理ポート

クローズドループ トラフィック管理による、入力側での VC ごとのキューイング

データ トラフィック用出力ポート キューでの、2 つのプライオリティ レベル

DCE と DTE でのループバック

DTE インターフェイスに対するクロック周波数しきい値(割合)の設定(1 ~ 5 %、デフォルト値は 3 %)

2 つの HSSI インターフェイスを提供する FRSM-HS2/B

MGX-SCSI2-2HSSI/B バック カードと組み合せて使用する場合、FRSM-HS2/B カードでは 2 つの HSSI インターフェイスを利用できます。各インターフェイスごとに最大 52 MBps のスループットをサポートしており、カード全体のスループットとして最大 104 MBps が可能です。

その他に次の機能があります。

シリアル回線レートの選択(48 ~ 52 MBps(KBps 単位))

DCE か DTE かの選択(ポートごとに選択可能)

カードあたり 2000 の DLCI と 2 つの論理ポート

クローズドループ トラフィック管理による、入力側での VC ごとのキューイング

出力データ トラフィック用に 4 つの優先順位キュー(高優先度、rt-VBR、nrt-VBR/ABR、UBR)を使用した 5 つのサービス クラス

DCE と DTE でのループバック

DTE インターフェイスに対するクロック周波数しきい値(割合)の設定(1 ~ 5 %、デフォルト値は 3 %)

FRSM-HS2/B の回線速度は、HSSI インターフェイスの場合は 48 ~51.84 MBps で、v.35/x.21 インターフェイスの場合は 48 ~ 8.192 MBps です。DCE と DTE の両方のモードをサポートしています。

サービス リソース モジュール(SRM)のサポート

Cisco MGX スイッチは、サービス モジュールに対して 1:1 および 1:N 冗長構成をサポートしています。 1:N 冗長構成機能では、MGX スイッチに Service Resource Module(SRM; サービス リソース モジュール)カードが搭載されている必要があります。 このリリースの Cisco MGX スイッチでサポートされている SRM モジュールは、 SRM-3T3/C と SRME の 2 種類です。

SRM は、FRSM 回線/ポート上で 1:N 冗長構成のバルク モード分散、1:N 冗長構成のバルク モード、および BERT 機能を管理します。 バック カードに T1 または E1 のアクセス回線が物理的に接続されているカードは、非バルク モードで動作します。 スイッチのバックプレーンを通して SRM から T1 または E1 のアクセス回線が接続されているカードは、バルク モードで動作します。

1:N 冗長構成における非バルク モードのカードでは、プライマリ カードが障害になると、バック カードに入ってきたユーザのトラフィックをバックプレーンの予備バスを使ってアクティブなセカンダリ フロント カードに渡します。非バルク モードでは 1:N 冗長構成のグループを複数設定できますが、バックアップ動作を実際に行えるのは、常に、同じベイ内の 1 つのグループだけです。このモードでは、SRM のバックカードは必要ありません。

バルク モードのカードでは、分散バスを使用して、ユーザのトラフィックをセカンダリ カードへ渡します。バルク分散モードでは、1:N 冗長構成のグループを複数定義できます。 分散バスは複数のトラフィック フローを処理できるので、複数のセカンダリ カードを同時にアクティブにできます。

SRM-3T3/C は Cisco MGX 8830 スイッチと Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)スイッチでサポートされています。このモジュールは冗長構成サービスを提供するとともに、BNC-3T3-M バック カードを使用してシェルフ上で行う T3 から T1 への回線分散を管理します。SRM-3T3/C の T1 回線分散機能には、次の機能と制約があります。

Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)では、ベイごとに 3 本の T3 回線を最大 80 本の T1 回線へ分散できます。ただし、スロット 9、10、25、および 26 では回線分散はサポートされていません。

Cisco MGX 8830 では、3 本の T3 回線から最大 64 本の T1 回線へ分散できます。回線分散は、8 個あるサービス モジュール スロットのすべてで可能です。

サービス モジュールには、SRM-3T3/C からの T1 回線をすべて接続するか、または、そのサービス モジュールのバック カードからの T1 回線をすべて接続する必要があります。サービス モジュール上の T1 チャネルを MGX-SRM-3T3/C に 1 つしかリンクしないと、そのサービス モジュール上にあるバック カードは機能しません。

T1 回線の分散にバルク モードを使用する場合には、サービス モジュールのバック カードは必要ありません。

SRME は、Cisco MGX 8830 スイッチと Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)スイッチでサポートされています。このモジュールは冗長構成サービスを提供するとともに、SMFIR-1-155 と STM1-EL-1 バック カードを使用してシェルフ上で行う OC-3/STM-1 から T1 または E1 への回線分散を管理します。 SRME の T1 回線分散機能と E1 回線分散機能には、次の機能と制約があります。

Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)では、 1 本の OC-3/STM-1 回線を 84 本の T1 回線または 63 本のE1 回線へ分散できます。 回線分散は、12 個あるサービス モジュール スロットのすべてで可能です。

Cisco MGX 8830 では 1 本の OC-3/STM-1 回線を 64 本の T1 回線または 63 本の E1 回線へ分散できます。回線分散は、8 個あるサービス モジュール スロットのすべてで可能です。

Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45)では、同じベイでの T1 回線分散と E1 回線分散の混在はサポートされていません。 T1 回線分散と E1 回線分散の両方を設定するには、すべての T1 サービス モジュールを 1 つのベイに、またすべての E1 サービス モジュールを別のベイに収容する必要があります。 Cisco MGX 8830 では、T1 回線分散または E1 回線分散のどちらかを選択する必要があります。

Sonet(OC-3/STS-3)インターフェイス(北米)からの VT1.5 の抽出と T1 の分散。

SDH(STM-1)インターフェイス(日本)からの VC11 の抽出と T1 の分散。

SDH(STM-1)インターフェイス(その他の国)からの VC12 の抽出と E1 の分散。

サービス モジュールには、SRME からの T1 回線または E1 回線をすべて接続するか、または、そのサービス モジュールのバック カードからの T1 回線または E1 回線をすべて接続する必要があります。サービス モジュール上の E1 チャネルを SRME に 1 つしかリンクしないと、そのサービス モジュール上にあるバック カードは機能しません。

回線分散にバルク モードを使用する場合には、サービス モジュールのバック カードは必要ありません。

FRSM カードのカード冗長構成、バルク分散、および BERT のサポートについては、表 1-3 を参照してください。 この表から分かるように、SRME は T1 回線と E1 回線の両方のバルク分散をサポートしており、SRM-3T3/C は T1 回線のみのバルク分散をサポートしています。

 

表 1-3 FRSM カードに対するカード冗長構成、バルク分散、および BERT のサポート

フロント カード
SRM を使用した 1:N 冗長構成
Y 字型ケーブルを使用した 1:1 冗長構成
バルク分散のサポート
BERT のサポート

FRSM-8T1E1

不可

可(SRM 使用の場合)

FRSM-8T1E1-C

不可

可(SRM 使用の場合)

FRSM-2CT3

不可

不可

可(SRM 使用の場合)

FRSM-2T3E3

不可

不可

FRSM-HS2/B

不可

不可

不可

BERT についての詳細は、「FRSM カードの管理」 を参照してください。

Cisco MGX スイッチにカードの冗長構成、バルク分散、BERT を設定する手順については、『Cisco MGX 8850(PXM1E/PXM45), Cisco MGX 8950, and Cisco MGX 8830 Software Configuration Guide, Release 4』を参照してください。