Cisco MGX 8250 エッジ コンセントレータ インストレーション コンフィギュレーション ガイド
MGX 8250 シェルフの設定
MGX 8250 シェルフの設定
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

MGX 8250 シェルフの設定

シェルフ レベルでの作業

ユーザ インターフェイス アクセス ポート

制御ポート

イーサネット ポート

メンテナンス ポート

その他のポート

IP ベースのアプリケーション

シェルフの初期起動

ランタイム ファームウェアがない PXM1 の起動

ノード レベルのパラメータ設定

サービス モジュールへのファームウェアのダウンロード

MGX 8250 シェルフの設定

シェルフ レベルでの作業

この章ではMGX 8250 を起動し、設定するためのシェルフ レベルでの作業について説明します。この作業は、すべてのハードウェアが設置され、電源が投入されており、アラームが発生していない状態になった時点で開始します。

初期作業では ASCII 端末上でコマンド行インターフェイス(CLI)を使用する必要があります。

その後の作業では、CiscoView のアプリケーションまたは CLI を使用します。

この章の内容は次のとおりです。

「ユーザ インターフェイス アクセス ポート」:各シェルフの制御ポートの役割について説明します。

「シェルフの初期起動」:シェルフ設定作業の概要を説明します。

「ランタイム ファームウェアがない PXM1 の起動」:ランタイム ファームウェアのロード方法について説明します。

「ノード レベルのパラメータ設定」:ノード レベルのパラメータの設定方法について説明します。

「サービス モジュールへのファームウェアのダウンロード」:サービス モジュール ファームウェアのロード方法について説明します。


) 「スイッチ」、「ノード」、および「シェルフ」という用語は、MGX 8250 製品では同義語です。「ベイ」という用語は、キャビネットの上半分または下半分を意味します。



) ネットワークに MGX 8250 フィーダを追加するには、BPX 8600 シリーズ スイッチでaddshelf コマンドを実行します。


ユーザ インターフェイス アクセス ポート

PXM1 User Interface バック カード(PXM1-UI または PXM-UI-S3)には、次の 3 つの外部ユーザ インターフェイス アクセス ポートがあります。

制御ポート

イーサネット ポート

メンテナンス ポート

ユーザ インターフェイス ポートの使用方法の詳細については、「シェルフの初期起動」を参照してください。

制御ポート

制御ポート(コンソール ポートとも呼びます)には ASCII 端末のコマンド行インターフェイスからアクセスします。 このポートは、IP アドレスの初期設定やシェルフのトラブルシューティングに使用します。

シェルフに接続された端末上の CLI あるいは Cisco WAN Manager アプリケーションのウィンドウ上の CLI を使って、低レベルの制御とトラブルシューティングを行うことができます。

IP アドレスの初期割り当て

次のように IP アドレスを割り当てます。

イーサネット ポート

メンテナンス ポート

インバンド ATM IP アドレス(MGX 8850 フィーダ アプリケーションで PXM1 を BPX 8600 シリーズ スイッチにリンクするのに使用)

統計情報マネージャの IP アドレス


) MGX 8250 をスタンドアロン ノードとして設定した場合、これらの IP アドレスを検出できるのは、シェルフに接続されているワークステーションだけです。


CiscoView または Cisco WAN Manager(旧 StrataView Plus)を使用するには、シェルフに予定した IP アドレスが、ワークステーションの etc/hosts ファイル内に存在している必要があります。さらに、ワークステーション上のテキスト ファイル config.sv に、ゲートウェイ ノードに予定されているシェルフの名前、ネットワーク ID、ネットワーク名などが含まれている必要があります。 ワークステーションのファイル システムの条件については、Cisco WAN Manager のマニュアルを参照してください。


) CLIを使用する場合は、必要なパラメータおよびオプションのパラメータをすべて入力してからReturn キーまたは Enter キーを押してください。


イーサネット ポート

イーサネット ポートを使用して、Cisco のネットワーク管理アプリケーション、たとえば Cisco WAN Manager または CiscoView アプリケーションを実行するワークステーションを接続することができます。通常、LAN 上のワークステーションは MGX 8250 と同じ場所に置きます。

メンテナンス ポート

メンテナンス ポート(モデム ポートとも呼びます)を使用して、IP ベースのアプリケーションを実行する単一のワークステーション、または複数のワークステーションをサポートする 1 台のターミナル サーバを接続することができます。ワークステーションは SLIP をサポートしている必要があります。 通常、シェルフはリモートに設置されているため、このポートを使用する場合はモデムも使用することになります。 代表的な用途として、ソフトウェアとファームウェアのダウンロード、または低レベル アクセスを要求する作業があります。

その他のポート

PXM1-UI と PXM-UI-S3 には上記以外のポートもあります。 これらのポートは、外部クロック ソース、およびサード パーティ製の外部可聴アラーム システムまたは可視アラーム システムをサポートします。

IP ベースのアプリケーション

メンテナンス ポートとイーサネット ポートは、IP ベースのアプリケーションをサポートします。 このポートによって、次のアプリケーションが実行できます。

Telnet により、Cisco WAN Manager アプリケーションのウィンドウだけでなく、あらゆる IP ベース アプリケーションのウィンドウから CLI コマンドを実行できます。

TFTP により、ファームウェアのダウンロード、設定情報のアップロードとダウンロードができます。

SNMP により、Cisco View アプリケーションによる機器管理、および Cisco WAN Manager アプリケーションによる接続管理がサポートされます。

シェルフの初期起動

ここでは MGX 8250 シェルフを初めて起動する場合の方法について説明します。

PXM1 に ランタイム(またはオンライン)ファームウェアがない場合は、「ランタイム ファームウェアがない PXM1 の起動」から始めてください。

PXM1 にランタイム ファームウェアがある場合は、「ノード レベルのパラメータ設定」に進んでください。

上記の 2 つの項では、次の作業について説明しています。

シェルフとの通信を確立する。

ブート レベル IP アドレスを1つ以上設定して、シェルフをネットワークで使用できるようにする。

PXM1 ファームウェアをダウンロードする。

必要に応じて PXM1 の新しいシェルフ レベル イーサネット IP アドレス、その他の SLIP、または IP アドレスを設定する。

シェルフの名前を指定する。

シェルフの時刻を指定する。

オプションとして、西半球の時間帯を設定するか、あるいはシェルフが西半球以外にある場合には、グリニッジ標準時に準じた時間帯を設定する。

サービス モジュールにファームウェアをダウンロードする。

ランタイム ファームウェアがない PXM1 の起動

ここでは、ブート ローダしかない PXM1 に、ランタイム ファームウェアをロードする手順について説明します。PXM1 にランタイム ファームウェアがある場合は、「ノード レベルのパラメータ設定」に進んでください。


ステップ 1 シェルフとの通信を確立します。

制御ポートに接続されている ASCII 端末を使用している場合は、電源を入れると、すぐにコマンド プロンプトが表示されます(表示が歪んでいる場合には、端末速度と PXM1-UI ポート速度が同じかどうかを確認してください)。

Hyper Terminal などのユーティリティを PC 上で使用している場合、ファームウェアはフロッピーまたはハード ドライブ上のいずれかにある可能性があります。

ステップ 2 bootChange コマンドを実行してブートレベル IP パラメータを設定します。

シェルフに冗長 PXM1 がある場合は、各 PXM1 上で bootChange を実行して、一意のブート レベル IP アドレスを設定します。


) この後のシェルフ レベル設定の間に、両方の PXM1 に適用されるイーサネット IP アドレスをもう一つ設定する必要があります。


次のパラメータはこの時点で意味のある唯一のものです。他のパラメータでは、 Return キーを押してください。

必須の host name は、ワークステーションの名前です。MGX 8250 の場合は文字 c を入力します。

PXM1 LAN ポートに対するイーサネット IP アドレスとサブネット マスクは、必須の入力項目です(次の例の「inet on Ethernet」を参照してください)。 IP アドレスの後に、コロン 1 つおよびネット マスクを続けて入力してください。 ネット マスクは、ピリオドを含まない 8 桁の 16 進数です。 コロンの前後にはスペースを入れないでください。

ファームウェアのダウンロード元であるワークステーションが、PXM1 のサブネット以外のサブネットにある場合は、ゲートウェイIP アドレス(「gateway inet」)を入力してください。


) 下記の画面の例では、上部近くに 3 つの編集機能文字があります。 3 つの編集機能の中で、現在のフィールドをクリアするピリオドの入力が、最も広く使用されます。


>bootChange
'.' = clear field; '-' = go to previous field; ^D = quit
boot device : lnPci
processor number : 0
host name :c
file name :
inet on ethernet (e) : 188.29.37.14:ffffff00
inet on backplane (b):
host inet (h) :
gateway inet (g) : 188.29.37.1
user (u) :
ftp password (pw) (blank = use rsh):
flags (f) : 0x0
target name (tn) :
startup script (s) :
other (o) :
 

PXM1 にブートレベル IP アドレスが設定されました。冗長 PXM1 がシステムにある場合は、その PXM1 に対しても bootChange コマンドを繰り返し実行してください。

ステップ 3 reboot と入力して PXM1 をリセットします。

PXM1 で、イーサネット ポートを経由してファームウェア イメージを受け取る準備が整いました。 ワークステーションを使用して、次の手順を実行してください。

ステップ 4 ノードがアクセス可能か確認するには(オプション)、ワークステーションで PXM1 に ping を実行します。

ステップ 5 ユーザの通信装置の種類に応じて、PXM1 との通信を確立します。たとえば、UNIX ワークステーションのプロンプトでは、次のように入力します。

>tip -9600 /dev/ttya

装置仕様が ttyb の場合もあります。

ステップ 6 ASCII 端末から IP アドレスを付けて tftp コマンドを入力します。たとえば、コンソール ポートがワークステーションのシリアル ポートに接続されている場合は次のように入力します。

$ tftp 162.29.38.101

ステップ 7 tftp プロンプトで、バイナリ モードに入ります。

>bin

ステップ 8 ファームウェアが置かれたディレクトリから、 put コマンドを実行します。

put コマンドには、引数として、ファームウェアのリリース番号、このファームウェアがアクティブ PXM1 に適用するステートメント、およびリリースのディレクトリを指定します。新しいファームウェア リリース番号については、必要ならリリース ノートを参照してください。 入力する際には、大文字と小文字の区別が必要です。

たとえば、次のように入力します。

>put pxm_ release_number .fw POPEYE@PXM_ACTIVE.FW

ここで、 release_number n.n.nn. という形式の 10 進数です。現在、最初の n は通常 1 です。 PXM1 ファームウェアのファイル名は、たとえば pxm_1.0.03 です。


) このダウンロードには自動的に、スタンバイ PXM1(存在すれば)のファームウェアが含まれます。 この後、c:/FW で POPEYE@PXM_STANDBY.FW が表示されます。


コンソールをチェックして、転送が完了し、チェックサムが正しいことを確認します。

ステップ 9 TFTP アプリケーションを終了します。 制御ポートに接続されている ASCII 端末で、quit コマンドを入力します。

>quit

ステップ 10 ASCII 端末で cd と入力し、ハード ドライブの FW ディレクトリに移動します。

ステップ 11 内容を表示して、ファームウェアが FW ディレクトリに存在することを確認します。

>cd "c:/FW"

>ll


) ランタイム イメージを使って PXM1 をリブートした後に CLI を使用するときには、この引用符は入力する必要がありません(次の「ノード レベルのパラメータ設定」を参照)。


ステップ 12 次のコマンドを実行します。

>setPXMPrimary " version "

ここで、 version は、ファームウェアのバージョン番号です。 PXM1 ファームウェアのファイル名は pxm_ version .fw という形式になります。 たとえば、PXM_1.0.03.fw では バージョンは 1.0.03 です。

ステップ 13 システムを再度ブートします。

>reboot

ログイン プロンプトが ASCII 端末に表示されます。これで PXM1 は、ランタイム ファームウェア イメージがロードされた出荷時の PXM1 と同じになります。


 

ノード レベルのパラメータ設定

ユーザの追加とパスワードの作成を除き、ここで説明する作業はすべて CiscoView アプリケーションを使って実行できます。CLI で入力するコマンドの説明は、『Cisco MGX 8250 Multiservice Gateway Command Reference』を参照してください。

MGX 8250 シェルフをフィーダとして使用する場合の例を図 5-1 に示します。

スタンドアロンとして使用する場合の例を図 5-2 に示します。

図 5-1 フィーダとして使用

 

図 5-2 スタンドアロンとして使用

 

ASCII 端末の CLI プロンプトで、次の手順を実行します。


ステップ 1 リリース ノートに示されているデフォルトのログイン名とパスワードを入力します。

デフォルトでログインした PXM1 のスロット番号が次のように端末に表示されます。

card number [7].

ステップ 2 Return キーを押してこの PXM1 の CLI にアクセスします。

実行時に、サービス モジュールまたはスタンバイ PXM1 のスロット番号を入力することもできます。この例では、次のように CLI プロンプトが表示されます。

NODENAME.1.7.PXM.a>

ここでは、NODENAME はノードに名前がないこと、PXM1 のスロット番号が 7 であること、およびこの PXM1 がアクティブであることを示しています。CLI プロンプトの一般的な形式は次のとおりです。

nodename .1. slot . cardtype .a>

ここで、 nodename はノード名、シェルフ(ノード)番号は常に 1、 slot はカードがある場所、 cardtype はカードの ID、カードの状態はアクティブ(a)またはスタンバイ(s)です。

ステップ 3 システムにあるカードを表示します。

NODENAME.1.7.PXM.a> dspcds

ステップ 4 システム内にある IP アドレスをすべて表示するには、次のように入力します。

NODENAME.1.7.PXM.a> dspifip

ステップ 5 必要に応じて IP アドレスを変更します。

NODENAME.1.7.PXM.a> cnfifip < interface > < IP_Addr > < Net_Mask > [ BrocastAddr ]

interface は番号です。26 はイーサネット(LAN AUI)ポート、28 はメンテナンス ポート(SLIP)、37 はATM IP アドレス(フィーダ アプリケーションのみ)です。 BrocastAddr は、イーサネット インターフェイス(番号 26)だけに適用されます。


) IP アドレスの設定方法に変更がないかどうか、リリース ノートを確認してください。


ステップ 6 cnfname コマンドを実行して、シェルフに名前を割り当てます。

UNKNOWN.1.7.PXM.a> cnfname < node name >

node name には、最長 8 文字の名前を、大文字と小文字を区別して入力します。たとえば、次のように入力します。

UNKNOWN.1.7.PXM.a> cnfname cisco22

ステップ 7 cnftime コマンドを入力して、シェルフの時刻を指定します。

cisco22.1.7.PXM.a> cnftime < hh:mm:ss >

 

hh

時間。範囲は 1~24 です。

mm

分。範囲は 1~60 です。

ss

秒。範囲は 1~60 です。

ステップ 8 オプションとして、ノードの時間帯を設定します。西半球の時間帯を指定するには、 cnftmzn コマンドを使用します。 西半球以外の時間帯を設定するには、まずグリニッジ標準時(GMT)を cnftmzn で指定し、次に cnftmzngmt で GMT からの時差を指定します。

cisco22.1.7.PXM.a> cnftmzn < timezone >

 

timezone

シェルフの時間帯です。 GMT では 1、EST では 2、CST では 3、MST では 4、PST では 5 です。

cisco22.1.7.PXM.a> cnftmzngmt < timeoffsetGMT >

 

timeoffset

GMT からの時間単位でのオフセットです。 範囲は -12~12 です。

ステップ 9 cnfstatsmgr コマンドを実行して、Cisco WAN Manager アプリケーションを実行するワークステーションの IP アドレスを指定します。

統計情報を送信するには、MGX 8250 ノードに、このアプリケーションの動作しているワークステーションの IP アドレスが指定されている必要があります。 シンタックスは次のとおりです。

> cnfstatsmgr < IP_Addr >

 

IP_Addr

ワークステーションの IP アドレスです。

ノードに冗長 PXM1 がある場合は、冗長 PXM1 はプライマリの PXM1 と同じ IP アドレスと設定情報を自動的に受け取ります。 IP アドレスの設定が完了したら、CiscoView アプリケーションまたは CLI を使用して、広帯域インターフェイスの論理ポートを設定することができます。

ステップ 10 ユーザを追加するには、新しいユーザそれぞれに対して adduser コマンドを実行します。


) シンタックスの説明で示すように、アクセス特権レベルは、大文字と小文字を区別することに注意してください。 特権レベルを入力すると、システムはそのユーザに対する新しいパスワードを要求します(このパスワード パラメータは、adduserのヘルプ情報には表示されません)。


adduser < user_Id > < accessLevel >

 

user_Id

user_Id は 1~12 文字の英数字です。

accessLevel

accessLevel は特権レベルで大文字と小文字を区別します。 ANYUSER または GROUP1~GROUP5 の範囲内のいずれかを指定することができます。 たとえば、特権レベル 2 を指定するには GROUP2 と入力します。

ユーザ名と特権レベルを入力すると、システムはパスワードを要求します。 パスワードは、5~15 文字の文字列です。パスワードを入力せずに Enter キーを押すと、デフォルトのパスワード newuser が割り当てられます。

ステップ 11 次のように入力して、自分のパスワードまたは他ユーザのパスワードを変更できます。

cnfpasswd [ username ]

username は、パスワードの変更対象である他ユーザの名前です。 そのユーザの特権レベルが、変更を行う人の特権レベルよりも低くなければなりません。自分のパスワードを変更する場合は、 cnfpasswd だけを入力し username は入力しません。

ステップ 12 シェルフをフィーダとして指定するには、 cnfswfunc コマンドを実行します。

cnfswfunc <-ndtype>

さらに、-ndtype の後に、「fdr」と続けて入力します。

ステップ 13 外部クロックを設定する必要がある場合は、次のように実行します。

a. クロック インターフェイスの種類を変更します。
cnfextclk <clock-type>: 1 は T1 接続、2 は E1 接続です。

b. 外部クロックの種類を設定します。
cnfclklevel 4:Stratum 4 のクロッキングを有効にします。
cnfclklevel 3:Stratum 3 のクロッキングを有効にします。


) Stratum 3 のクロックは PXM-UI-S3 バック カードで利用できます。Stratum-4 のクロックは、内部クロック ソースまたは PXM-UI バック カードだけでしか利用できません。



) 外部クロック ソースの設定の詳細については、「シェルフの同期設定」を参照してください。



) 外部クロッキングの物理接続については「外部クロックの接続」を参照してください。 ここでは、PXM1-UI および PXM-UI-S3 バック カードについても説明しています。


ステップ 14 必要に応じて cnfcbclk を使用して、個々のセル バスにダブルスピード クロックを設定します。

cnfcbclk < cellBus > < clockRate >

 

cellBus

CB1~CB8 の範囲の文字列で、セル バスを示します。

clockRate

クロック速度を MHz 単位で指定する数値で、範囲は 21~42です。

8 つのセル バスの配分は次のとおりです。

セル バス1(CB1)は、スロット 1 と 2 を PXM1 に接続します。

セル バス2(CB2)は、スロット 3 と 4 を PXM1 に接続します。

セル バス3(CB3)は、スロット 5 と 6 を PXM1 に接続します。

セル バス4(CB4)は、スロット 9 と 10 を PXM1 に接続します。

セル バス5(CB5)は、スロット 11 と 12 を PXM1 に接続します。

セル バス6(CB6)は、スロット 13 と 14 を PXM1 に接続します。

セル バス7(CB7)は、スロット 17、18、19、20、21、22 を PXM1 に接続します。

セル バス8(CB8)は、スロット25、26、27、28、29、30を PXM1 に接続します。

上部ベイでは、6 つあるセル バスのそれぞれが、2 つのカード スロットに使用されます。 下部ベイでは、2 つあるセル バスのそれぞれが、6 つのカード スロットに使用されます。 そのため、上部の各スロットは、下部のスロットの 3 倍の帯域幅を使用でき、より高速なカードに適しています。上部ベイおよび下部ベイでの帯域幅使用については、図 5-3を参照してください。


 

図 5-3 上部ベイおよび下部ベイでの帯域幅使用

 

サービス モジュールへのファームウェアのダウンロード

ここでは、ワークステーションから PXM1 上のハード ドライブにサービス モジュールのファームウェアをロードする手順を示します。 この手順は、既存のファームウェアをアップグレードする場合にも、ランタイム ファームウェアがハード ドライブに常駐していないためにダウンロードする必要のある場合にも適用できます。

サービス モジュールは、ランタイム ファームウェアを保持していません。 PXM1 のハード ドライブにサービス モジュール用のデフォルトのファームウェアが収納されている場合もありますが、実際には、お客様の注文の詳細な内容によって、ファームウェアがハード ディスク上にあるかどうかが決定されます。ハード ドライブにデフォルトのファームウェアがある場合、PXM1 は、電源投入時またはカードのリセット時に、そのファームウェアをダウンロードします。次の手順に従って、ワークステーションからファームウェアをダウンロードすることができます。


) ファームウェアをワークステーションからハード ドライブにダウンロードする場合、PXM1 は、そのファームウェアをカードに自動的にロードしないので注意してください。ファームウェアをディスクからカードにダウンロードするには、CLI でresetcd を使用してカードをリセットすることが必要です。コマンドを 1 回実行するだけで、ある種類のカードすべてに適用できる汎用ファームウェア、または特定のスロット向けのファームウェアをロードすることも可能です。



ステップ 1 TFTP アプリケーションを起動します。

$ tftp < IP address >

次のように入力します。

> bin

ステップ 2 任意の種類のサービス モジュール用の汎用ファームウェアを PXM1 ハード ドライブにダウンロードするには、次のように put コマンドを実行します。

> put cardtype .fw POPEYE@SM_1_0.FW

ここで、 cardtype は、そのカードの種類に対するファームウェアです。シェルフ番号は常に 1 です。0 は、汎用ファームウェアをダウンロードするためのスロット番号です。たとえば、 cardtype. fw を「frsm8t1e1_10.0.11.fw」とします。 「.fw」と「POPEYE」の間にはスペースが必要です。

ステップ 3 スロット専用のファームウェアを特定のカードにロードするには、次のよう put コマンドを実行します。

> put cardtype .fw POPEYE@SM_1_ slot .FW

ここで、 cardtype は、そのファームウェアです。 slot は、そのカード スロットの番号です。 「.fw」と「POPEYE」の間にはスペースが必要です。 それぞれのスロットについて、必要に応じてこのステップを繰り返します。


) スロット専用ファームウェアは、スロットの現在のファームウェアを上書きします。


スロット専用ファームウェアのロードにおいて、次のいずれかを行うとカードはアクティブになりません。

誤ったファームウェアを指定した場合。 cardtype で指定されているファームウェアが、 slot で指定したカードに適合していません。

異なるカードを挿入した場合(そのカードが、そのスロット用に指定されているファームウェアを使用しない場合)。

スロット 3 の FRSM-2CT3 用に特定したファームウェアをダウンロードするコマンド例は、次のとおりです。

> put frsm2ct3_10.0.01.fw POPEYE@SM_1_3.FW

ここで、frsm2ct3_10.0.0 は FRSM-2CT3 用ファームウェア、3 はスロットを示します。


) 現在のファームウェアのファイル名とリリース ディレクトリ名については、リリース ノートを参照してください。


ステップ 4 ファームウェアのダウンロードが終了したら、 quit と入力して、TFTP アプリケーションを終了します。

ステップ 5 ワークステーションまたは ASCII 端末で CLI を使用して、ファームウェア ファイルを表示します。 ディレクトリを指定する場合、 ll c:/FW には引用符を付けないので注意してください。

cisco22.1.7.PXM.a> ll c:/FW

ステップ 6 ディスクからカードにファームウェアをダウンロードするには resetcd を実行します。