Cisco SCE 2000 および SCE 1000 CLI コマンド リファレンス
コマンドライン インターフェイス
コマンドライン インターフェイス
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/05/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

コマンドライン インターフェイス

はじめに

許可レベルおよびコマンド レベル(階層)

CLI の許可レベル

CLI コマンド モードの階層

プロンプト表示

許可レベルとコマンド モードの間の移動

物理ポートの設定

CLI ヘルプ機能

部分的なヘルプ

引数のヘルプ

ナビゲーション機能およびショートカット機能

コマンド履歴

キーボード ショートカット

オートコンプリート

FTP ユーザ名およびパスワード

「do」コマンド:終了せずにコマンドを実行

コマンド出力の管理

画面表示のスクロール

コマンド出力のフィルタリング

ファイルへのコマンド出力のリダイレクト

CLI スクリプトの作成

コマンドライン インターフェイス

はじめに

この章では、Service Control Engine(SCE)プラットフォームの Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)、その階層構造、許可レベル、およびヘルプ機能の使用方法について説明します。コマンドライン インターフェイスは、SCE プラットフォームの管理インターフェイスの 1 つです。

CLI には、Telnet セッションでアクセスすることも、SCE プラットフォームの前面パネルにあるコンソール ポート経由で直接アクセスすることもできます。Telnet セッションを開始する場合、ユーザ EXEC モード(最も単純なユーザ レベル)で開始します。

SCE プラットフォームは、最大 11 個の同時 CLI セッション(5 個は Telnet 接続から開始、5 個は Secure Shell [SSH] 接続から開始、1 個はコンソール ポートから開始)をサポートしています。

「許可レベルおよびコマンド レベル(階層)」

「CLI ヘルプ機能」

「ナビゲーション機能およびショートカット機能」

「コマンド出力の管理」

「CLI スクリプトの作成」

許可レベルおよびコマンド レベル(階層)

「CLI コマンド モードの階層」

「プロンプト表示」

「許可レベルとコマンド モードの間の移動」

CLI を使用する場合、ナビゲートするために理解する必要がある重要な概念が 2 つあります。

許可レベル:実行できるコマンドのレベルを示します。単純な許可レベルを持つユーザは、システム内の一部の情報だけを表示できますが、より高いレベルの管理者は、実際にコンフィギュレーションに変更を加えることができます。

このマニュアルでは、ユーザ EXEC レベル、特権 EXEC レベル、および Admin 許可レベルのコマンドについて説明します。

コマンド階層レベル:コマンドを開始するためのコンテキストを提供します。コマンドは、カテゴリに分けられ、カテゴリのコンテキスト内でのみ各コマンドを実行できます。たとえば、ラインカードに関連するパラメータを設定するには、ラインカード インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する必要があります(「CLI コマンド モードの階層」)。

次のセクションでは、使用可能な許可レベルとコマンド階層レベル、各レベル内での操作方法について説明します。

画面上のプロンプトは、許可レベルとコマンド階層レベルの両方に加えて、割り当てられたホスト名を示します。


) このマニュアルでは、ホスト名の例として SCE を使用します。


CLI の許可レベル

SCE プラットフォームには、ユーザのアクセス権を表す 4 つの許可レベルがあります。SCE プラットフォームに初めて接続する場合、最も基本的な User 許可レベル(最低限の機能を許可)が自動的に与えられます。

システムを監視するには Viewer 許可が必要であり、SCE プラットフォームで管理機能を実行するには Admin または Root 許可が必要です。より高いレベルの許可にアクセスするには、下記の手順に従って適切なパスワードでログインします。

各許可レベルでは、許可の下位層にあるすべてのコマンドに加えて、現在のレベルだけに許可されているコマンドを使用できます。

許可レベルに関連する CLI コマンドは、次のとおりです。

enable

disable

各許可レベルには、対応する値(番号)があります。CLI コマンドを使用する場合は、レベル名ではなく、 表 1-1 に示されている番号を使用します。

 

表 1-1 許可レベル

レベル
説明
プロンプト

User

パスワードが必要です。このレベルでは、基本的な操作機能を使用できます。

0

>

Viewer

パスワードが必要です。このレベルでは、監視機能を使用できます。Viewer 許可レベルでは、パスワード情報を表示するコマンドを除くすべての show コマンドを使用できます。

5

>

Admin

パスワードが必要です。一般の管理者向けのもので、Admin 許可レベルによって、SCE プラットフォームの設定と管理が有効になります。

10

#

Root

パスワードが必要です。テクニカル分野の技術者向けのもので、Root 許可レベルによって、デバッグおよび障害の回復などを含むすべての高度な設定が有効になります。Root レベルは、テクニカル エンジニアだけが使用します。

15

#>

CLI コマンド モードの階層

すべての CLI コマンドのセットは、コマンドのタイプに応じて、階層順にグループ化されています。階層における最初の 2 つのレベルは、ユーザ EXEC モードと特権 EXEC モードです。この 2 つのモードは、非設定モードであり、使用可能なコマンドのセットによって、SCE プラットフォームのモニタ、ファイル システムの操作、および他の操作が有効になります。これらはすべて、SCE プラットフォームの設定を変更できません。

階層における次のレベルは、グローバル コンフィギュレーション モードとインターフェイス コンフィギュレーション モードです。この 2 つのモードは、SCE プラットフォームとそのインターフェイスのグローバル コンフィギュレーションを制御するコマンドのセットを保持しています。再起動の際に、SCE プラットフォームが保存されたコンフィギュレーションを復元するように、このモードのコマンドで設定されたパラメータがすべてスタートアップ コンフィギュレーションに保存されている必要があります。

表 1-2 に、使用可能な CLI モードを示します。

 

表 1-2 CLI モード

モード
説明
レベル
プロンプト表示

ユーザ EXEC

初期モード。システムの監視も可能です(show コマンド)。

User/Viewer

SCE >

特権 EXEC

一般管理。SCE プラットフォームの設定を変更しないファイル システムの操作および基本的なパラメータの制御。

Admin

Root

SCE #

SCE #>

グローバル コンフィギュレーション

DNS、ホスト名、およびタイム ゾーンなどの一般的なシステム パラメータの設定。

Admin

Root

SCE (config)#

SCE (config)# >

インターフェイス コンフィギュレーション

次のインターフェイス モードの特定のシステム インターフェイス パラメータの設定。

ラインカード インターフェイス

管理インターフェイス

特定のトラフィック インターフェイス

Admin

Root

SCE(config if)#

SCE(config if)#>

インターフェイス範囲コンフィギュレーション

トラフィック インターフェイスの範囲の設定。

Admin

Root

SCE(config if range)#

SCE(config if range)#>

ライン コンフィギュレーション

アクセス リストなどの Telnet 回線の設定

Admin

Root

SCE (config-line)#

SCE (config-line)#>

システムにログインする場合、User 許可レベルが与えられているので、ユーザ EXEC モードを開始します。許可レベルを Viewer に変更してもモードは変わりません。許可レベルを Admin に変更すると、特権 EXEC モードに自動的に移動します。いずれかのコンフィギュレーション モードに移動するには、そのモードに特有のコマンドを入力する必要があります。

各モードで使用可能なコマンドのリストは、プロンプトの最後に疑問符(?)を入力して表示できます。

図 1-1 に、CLI モードの階層構造、モードを開始および終了するために使用する CLI コマンドを示します。

図 1-1 CLI コマンド モード

 

別の設定インターフェイス モードおよびライン コンフィギュレーション モードを開始するには、次のコマンドを使用します。

E1 interface Linecard 0

E2 interface Mng 0/1 または 0/2 (管理ポート、すべてのプラットフォーム)

E3:

SCE 1000: interface GigabitEthernet 0/1 または 0/2

SCE 2000: interface GigabitEthernet 0/1 0/2 0/3 、または 0/4

E4:

SCE 1000: interface range GigabitEthernet 0/1-2

SCE 2000: interface range GigabitEthernet 0/<ポート範囲(1 から 4 の間の範囲)>

E5 line vty 0


) 最大 5 つの同時 Telnet 接続がサポートされていますが、別々に設定することはできません。これは、line vty コマンド(0123、または 4)で入力される番号が 0 として機能し、5 つすべての接続を一緒に設定することを意味します。



) オートコンプリート機能を機能させるには、別のインターフェイス コンフィギュレーション モードに移動する際に、上記の図に示されるように、まず現在のインターフェイス コンフィギュレーション モードを終了する必要があります。


例:

次に、コンフィギュレーション モードの移動例を示します。

グローバル コンフィギュレーション モードを開始する

SCE プラットフォームのタイム ゾーンを設定する

Mng ポート 1 の管理インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する

管理インターフェイスの速度を設定する

管理インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻る

ラインカード インターフェイス コンフィギュレーションを開始する

リンク モードを定義する

ラインカード インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻る

グローバル コンフィギュレーション モードを終了する

SCE#configure
SCE(config)#clock timezone PST -10
SCE(config)#interface Mng 0/1
SCE(config if)#speed 100
SCE(config if)#exit
SCE(config)#interface Linecard 0
SCE(config if)#link mode all-links forwarding
SCE(config if)#exit
SCE(config)#exit
sce#

プロンプト表示

画面上のプロンプトは、許可レベル、コマンド階層レベル、および割り当てられたホスト名を示します。プロンプトの構成は、次のとおりです。

<hostname (mode-indication) level-indication>

許可レベルは、 表 1-3 のように表示されます。

 

表 1-3 プロンプト表示:許可レベル

プロンプト
表示内容

>

User および Viewer レベルを示す

#

Admin レベルを示す

#>

Root レベルを示す

コマンド モードは、 表 1-4 のように表示されます。

 

表 1-4 プロンプト表示:コマンド モード

コマンド階層
表示形式

ユーザ EXEC

SCE>

特権 EXEC

sce#

グローバル コンフィギュレーション

SCE (config)#

インターフェイス コンフィギュレーション

SCE (config if)#

インターフェイス範囲コンフィギュレーション

SCE (config if range)#

ライン コンフィギュレーション

SCE (config-line)#

例:

SCE1 (config if)# プロンプトは、次の内容を示します。

SCE プラットフォーム名が SCE1 であること

現在の CLI モードがインターフェイス コンフィギュレーション モードであること

ユーザに Admin 許可レベルが与えられていること

許可レベルとコマンド モードの間の移動

許可レベルとコマンド モードは、共に 1 つの階層で機能します。User 許可レベルと Viewer 許可レベルには、コマンド モードが 1 つしかありません。Admin 許可レベルまたは Root 許可レベルのいずれかを開始すると同時に、特権 EXEC コマンド モードが開始されます。このコマンド モードから、他のコマンド モードにアクセスできます。

ユーザ EXEC 許可レベル

Viewer 許可レベル

特権 EXEC コマンド モード(現在は Admin 許可レベルまたは Root 許可レベルのどちらかです)

グローバル コンフィギュレーション コマンド モード

このコマンド モードから、次のインターフェイス コマンド モードにアクセスできます。

管理インターフェイス コンフィギュレーション

ラインカード インターフェイス コンフィギュレーション

ギガビットイーサネット インターフェイス コンフィギュレーション(Gigabit Ethernet [GBE; ギガビット イーサネット] トラフィック インターフェイス)

インターフェイス範囲コンフィギュレーション(トラフィック インターフェイスの範囲)

ライン コンフィギュレーション

表 1-5 に、CLI のコマンド階層の移動方法について概要を示します。

 

表 1-5 CLI のコマンド階層

許可レベルまたはコマンド モード
アクセスするために使用するコマンド
終了するために使用するコマンド

ユーザ EXEC

該当なし

logout または exit (現在の CLI セッションを終了する)

Viewer

enable 5

disable

特権 EXEC

enable 10 または enable 15 (ルート レベルにアクセスする)

disable

グローバル コンフィギュレーション

configure

exit (終了して特権 EXEC に移動する)

end (終了してユーザ EXEC に移動する)

管理インターフェイス コンフィギュレーション(管理)

interface Mng 0/1 または 0/2

exit (終了してグローバル コンフィギュレーションに移動する)

end (終了してユーザ EXEC に移動する)

ラインカード インターフェイス コンフィギュレーション

interface linecard 0

exit (終了してグローバル コンフィギュレーションに移動する)

end (終了してユーザ EXEC に移動する)

ギガビット イーサネット インターフェイス コンフィギュレーション(トラフィック)

SCE 2000: interface gigabitethernet 0/1 0/2 0/3 、または 0/4

SCE 1000: interface gigabitethernet 0/1 または 0/2

または

SCE 2000: interface range gigabitethernet 0/<ポート範囲(1 から 4 の間の範囲)>

SCE 1000: interface range gigabitethernet 0/1-2

exit (終了してグローバル コンフィギュレーションに移動する)

end (終了してユーザ EXEC に移動する)

ライン コンフィギュレーション

line vty 0

exit (終了してグローバル コンフィギュレーションに移動する)

end (終了してユーザ EXEC に移動する)

物理ポートの設定

SCE プラットフォームは、次の物理ポート インターフェイスを装備しています。

管理:

管理ポートを設定するには、次のコマンドを使用します。

ip address

duplex

speed

active-port

auto-fail-over

ギガビット イーサネット

ギガビット イーサネット回線ポートを設定するには、次のコマンドを使用します。これらのコマンドには、範囲インターフェイス モードが関連します。複数のインターフェイスに同時に同じ値を設定するには、 range interface コマンドを使用します。

auto-negotiate

bandwidth

queue

CLI ヘルプ機能

CLI は、コンテキスト ヘルプを提供しています。2 種類のコンテキスト ヘルプがサポートされています。

「部分的なヘルプ」

「引数のヘルプ」

部分的なヘルプ

特定の文字列で始まるコマンドのリストを取得するには、省略形のコマンドを入力した直後に疑問符(?)を入力します。このヘルプ形式は、入力した省略形で始まるキーワードまたは引数だけを一覧表示するので、部分的なヘルプといいます。

例:

次に、 c? と入力して、c の文字で始まる使用可能なすべての引数を表示する例を示します。

SCE(config)#snmp-server c?
Community contact
SCE(config)#snmp-server c

引数のヘルプ

コマンドの関連キーワードまたはパラメータのリストを取得するには、キーワードまたは引数の代わりに疑問符(?)をコマンドラインに入力します。

Enter キーの入力が許可される場合は、<cr> の記号が Enter キーに相当します。

例:

次に、 snmp-server コマンドのあとに入力できるすべての引数またはキーワードのリストを取得する例を示します。

SCE(config)#snmp-server ?
community Define community string
contact Set system contact
enable Enable the SNMP agent
host Set traps destination
interface Set interface parameters
SCE(config)# snmp-server

特定のパラメータのヘルプを利用する場合、システムは、許容される正当値であるデータ タイプを通知します。サポートされているパラメータ タイプは、次のとおりです。

 

STRING:

ストリングが想定される場合は、任意の文字または数字のセットを入力できます。文字の一部にスペースが含まれるストリングの場合は、二重引用符(")マークを使用して、ストリングを囲みます。

DECIMAL:

任意の 10 進数。正の数が前提とされる場合は、負の数に(-)の記号を使用します。

HEX:

0x または 0X で始まる必要がある 16 進数。

例:

次に、 ? を使用して、コマンド構文のヘルプを利用する例を示します。この例では、 copy のあとに、 running-config または任意のファイル名を入力できます。

SCE#copy ?
running-config Copy running configuration file
startup-config Backup the startup-config to a specified destination
STRING Source file
SCE#copy
 

表 1-6 に、CLI ヘルプ機能の概要を示します。

 

表 1-6 ヘルプの利用方法

コマンド
目的

?

特定のコマンド モードに使用できるすべてのコマンドを一覧表示します。

<省略形のコマンド エントリ>?

例:

c?
calendar cd clear clock configure copy copy-passive

特定の文字列で始まるコマンドのリストを取得します

(コマンドと疑問符の間にスペースを入れないでください)。

<省略形のコマンド エントリ>Tab

例:

en <Tab>
enable

部分的なコマンド名を完全に表示します。

<コマンド>?

指定したコマンドに関連したキーワードを一覧表示します。

<コマンド キーワード> ?

例:

show ?
access-lists Show all access-lists

指定したキーワードに関連した引数を一覧表示します。

キーワードと疑問符の間にスペースを入れてください。

ナビゲーション機能およびショートカット機能

「コマンド履歴」

「キーボード ショートカット」

「オートコンプリート」

「FTP ユーザ名およびパスワード」

「「do」コマンド:終了せずにコマンドを実行」

コマンド履歴

CLI は、迅速に取得できるようにするために、現在の CLI セッションで使用した最新のコマンドの履歴バッファを維持しています。キーワードを使用すると、最後に使用したコマンドから 1 つずつナビゲートしたり、所定のプレフィクスで始まるすべてのコマンドをナビゲートしたりできます。デフォルトでは、入力したコマンドのうち、最後の 30 個のコマンドが保存されます。 history size コマンドを使用して、記録するコマンドの数を変更できます。

履歴機能を使用するには、 表 1-7 に示されているキーを使用します。

 

表 1-7 履歴機能のキーボード ショートカット

矢印キー
ショートカット
説明

上向き矢印キー

Ctrl+P

同じプレフィクスを持つ前のコマンドにカーソルを移動します。

下向き矢印キー

Ctrl+N

オリジナルのものと同じプレフィクスを持つ次のコマンドにカーソルを移動します。

Ctrl+L

Ctrl+R

現在のコマンドラインを再表示します。

キーボード ショートカット

SCE プラットフォームには、システムのナビゲートおよび使用を容易にするキーボード ショートカットがいくつか用意されています。 表 1-8 に、使用可能なキーボード ショートカットを示します。

help bindings を入力して、いつでもキーボード ショートカットを表示できます。

 

表 1-8 キーボード ショートカット

説明
ショートカット キー

ナビゲーション ショートカット

カーソルを 1 文字右方向に移動します。

Ctrl+F /→

カーソルを 1 文字左方向に移動します。

Ctrl+B /←

カーソルを 1 ワード右方向(前方)に移動します。

Esc+F

カーソルを 1 ワード左方向(後方)に移動します。

Esc+B

カーソルをコマンドラインの先頭に移動します。

Ctrl+A

カーソルをコマンドラインの末尾に移動します。

Ctrl+E

ショートカットの編集

カーソルが置かれている文字を削除します。

Ctrl+D

カーソルの位置からワードの末尾までを削除します。

Esc+d

カーソルが現在置かれている場所の前にある文字を削除します。

Back Space

カーソルが現在置かれている場所の前にある文字を削除します。

Ctrl+H

カーソルの位置からコマンドラインの末尾までを削除します。

Ctrl+K

カーソルからコマンドラインの先頭までのすべての文字を削除します。

Ctrl+U

カーソルの左側にあるワードを削除します。

Ctrl+W

削除された最後の項目を呼び出します。

Ctrl+Y

考えられる完成表示が 1 つしかない場合に、ワードを完全に表示させます。

Tab

考えられる完成表示が 1 つしかない場合に、ワードを完全に表示させます (Tab と同じ機能)。

Ctrl+I

オートコンプリート

CLI インターフェイスには、Tab キーによるコンプリート機能があります。コマンドの最初の文字を入力してから、 Tab キーを押すと、残りのコマンドまたはキーワードが自動的に補われます。この機能は、開始文字を使用して実現できるコマンドが 1 つしかない場合にのみ有効です。

例 1

snm の文字のあとに Tab キーを押すと、 snmp-server コマンドが完成されて表示されます。

SCE(config)#snm <Tab>
SCE(config)#snmp-server
 

Tab キーではなく Enter キーを入力し、不明確ではない場合、システムは、オートコンプリートの結果のコマンドを実際に実行します。

例 2

次に、システムが enable コマンドの部分的な(一意の)コマンドを完成させる例を示します。 Enter キーを押すと、システムは、デフォルトの許可レベル(10)を使用してコマンドを実行します。

SCE>en <Enter>
Password:
sce#

例 3

次に、デフォルトではない値を引数に指定してコンプリート機能を使用する例を示します。この例では、許可レベルに指定した値(15)を使用して enable コマンドを完成させます。

SCE>en 15 <Enter>
Password:
sce#
 

FTP ユーザ名およびパスワード

CLI を使用すると、File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)操作(セッションごとのダウンロードおよびアップロード)に使用する FTP ユーザ名とパスワードを保存できます。

これらの設定が有効なのは、現在の CLI セッションの間です。

次に、FTP パスワードとユーザ名の設定方法、および FTP プロトコルを使用して、リモート ステーションから config.tmp という名前のファイルを取得する際にこれらの設定を使用する例を示します。

sce#ip FTP password 1234
sce#ip FTP username cisco
sce#copy ftp://@10.10.10.10/h:/config.tmp myconf.txt
connecting 10.1.1.253 (user name cisco password 1234) to retrieve config.tmp
sce#

「do」コマンド:終了せずにコマンドを実行

次の 4 つのコンフィギュレーション コマンド モードがあります。

グローバル コンフィギュレーション モード

管理インターフェイス コンフィギュレーション モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

ライン コンフィギュレーション モード

上記のいずれかのコンフィギュレーション モードを開始している場合、関連するコマンド モードを終了せずに、EXEC モード コマンド( show コマンドなど)または特権 EXEC( show running-config など)を実行できます。「 do 」コマンドはそのように使用してください。

コンフィギュレーション コマンド モードからの EXEC モード コマンドの実行方法


ステップ 1 SCE(config)#(または SCE(config if)#)プロンプトに、 do <コマンド> と入力します。

コンフィギュレーション コマンド モードを終了して適切な EXEC コマンド モードに移動せずに、指定したコマンドが実行されます。


 

次に、インターフェイス コンフィギュレーション モードのまま、実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

SCE(config if#) do show running-config
 

コマンド出力の管理

「画面表示のスクロール」

「コマンド出力のフィルタリング」

「ファイルへのコマンド出力のリダイレクト」

一部のコマンド(多くの show コマンドなど)の出力は、多数の行にわたる場合があります。コマンド出力の管理には、さまざまな方法があります。

スクロール オプション:すべてのコマンド出力を一度に表示させるには大きすぎる場合は、出力を 1 行ずつスクロールするか、画面全体をリフレッシュするかを選択できます。

フィルタ オプション:出力をフィルタリングして、指定した表現が含まれる場合、または含まれない場合にのみ出力行を表示させるようにできます。

ファイルへのリダイレクト:指定したファイルに出力を送信できます。

デフォルトでは、show コマンドは more コマンドと同様に動作します。つまり、出力は対話形式で一度に 1 つの画面で表示されます。show コマンドが一度にすべての出力を表示しないようにするには、no more(ページ)コマンドを使用して、この機能をディセーブルにします。

画面表示のスクロール

一部の show コマンドと dir コマンドの出力は非常に長いので、すべてを一度に画面表示させることができません。出力が多数の行にわたるコマンドは、24 行 単位のチャンクで表示されます。行ごとに出力をスクロールするか、画面全体をリフレッシュするかを選択できます。必要なアクションに応じて、任意の行の後のプロンプトに、次のいずれかのキーを入力できます。

Enter :さらに 1 行を表示します。

Space :さらに 24 行を表示します(新規のチャンク)。

g :さらなるプロンプトを停止します。

? :使用可能なオプションを示すヘルプ ストリングを表示します。

他のキー:ファイルの表示を終了します。

コマンド出力のフィルタリング

特定のコマンド( show more dir など)の出力をフィルタリングして、指定した表現が含まれる場合、または含まれない場合にのみ出力行を表示できます。フィルタリング オプションは、次のとおりです。

include:指定したテキストを含むすべての行を表示します。

exclude:指定したテキストを含む行を表示しません。

begin:指定したテキストを含む最初の行を探し、その行で開始するすべての行を表示します。それ以前の行はすべて排除されます。

フィルタリング コマンドの構文は、次のとおりです。

<コマンド> | include <式>

<コマンド> | exclude <式>

<コマンド> | begin <式>

次に、 show version コマンドをフィルタリングして、バージョン情報で開始する出力の最後の部分だけを表示する例を示します。

sce# show version | begin revision

ファイルへのコマンド出力のリダイレクト

コマンド( show more dir など)の出力をファイルにリダイレクトできます。これらのコマンドの出力をファイルに記述する場合、次のどちらかのオプションを指定できます。

redirect:コマンドの新規の出力は、ファイルの既存のコンテンツに上書きされます。

append:コマンドの新規の出力は、ファイルの既存のコンテンツに追加されます。

リダイレクション コマンドの構文は、次のとおりです。

<コマンド> | redirect <ファイル名>

<コマンド> | append <ファイル名>

以下は、次の内容を実行する例です。

more コマンドをフィルタリングして、csv サブスクライバ ファイルからゴールド パッケージのサブスクライバだけを表示します。

current_gold_subscribers という名前のファイルに出力をリダイレクトします。出力がファイルの既存のエントリを上書きせず、ファイルの最後に追加されるようにします。

sce# more subscribers_10.10.2004 include gold | append current_gold_subscribers

CLI スクリプトの作成

CLI スクリプト機能を使用すると、いくつかの CLI コマンドを同時にスクリプトとして記録し、再生できます。これは、ソフトウェア アップグレードなど、繰り返されるコマンド シーケンスの保存に役立ちます。たとえば、SCE プラットフォームのグループを設定し、各プラットフォームで同じコンフィギュレーション コマンドを実行する場合は、1 つのプラットフォームでスクリプトを 1 つ作成し、他のすべてのプラットフォームで実行させることができます。使用可能なスクリプト コマンドは、次のとおりです。

script capture

script stop

script print

script run


ステップ 1 sce# プロンプトに、 script capture sample1.scr を入力します。ここで、 sample1.scr は、スクリプト名です。

ステップ 2 スクリプトに加えるアクションを実行します。

ステップ 3 script stop を入力します。

スクリプトが保存されます。


 

次に、ソフトウェアのアップグレード用にスクリプトを記録する例を示します。

SCE#script capture upgrade.scr
sce#configure
SCE(config)#boot system new.pkg
Verifying package file...
Package file verified OK.
SCE(config)#exit
sce#copy running-config startup-config
Writing general configuration file to temporary location...
Extracting files from ‘/tffs0/images/new.pkg’...
Verifying package file...
Package file verified OK.
Device ‘/tffs0/’ has 81154048 bytes free, 21447973 bytes are needed for extraction, all is well.
Extracting files to temp locations...
Renaming temp files...
Extracted OK.
Backing-up general configuration file...
Copy temporary file to final location...
sce#script stop
sce#