Cisco IGX 8400 シリーズ プロビジョニング ガイド (Release 9.3.3 以降)
Cisco IGX 8400 シリーズの回線
Cisco IGX 8400 シリーズの回線
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco IGX 8400 シリーズの回線

機能の概要

IGX の IMA

IGX の回線設定

回線の設定

IGX 回線の管理

IGX 回線のトラブルシューティング

IGX の回線に関連するスイッチ ソフトウェア コマンド

関連情報

Cisco IGX 8400 シリーズの回線

この章では、回線の設定および管理方法について説明します。

BPX については、マニュアル『 Cisco BPX 8600 Series Installation and Configuration 』の第 1 章「 The BPX Switch: Functional Overview 」を参照してください。

機能の概要

回線とは、IGX ノードと顧客宅内機器(CPE)間でデータ、音声、FR、または ATM トラフィックを伝送する、 n xT1、 n xE1、T1、T3、E1、E3、または OC3 回線です。各 CPE は、サーキット回線を経由してノードに接続されます。

表 5-1 に、IGX でサポートされる入力回線形式を示します。これらの回線形式の詳細については、『 Cisco IGX 8400 Series Installation Guide 』の付録 A「 General IGX 8410 Switch Specifications 」を参照してください。各モジュールがサポートするサービスの特徴とタイプの詳細については、第 2 章 IGX 8400 シリーズのカードを参照してください。

 

表 5-1 IGX でサポートされる入力回線形式

タイプ
電気符号形式
ones density の強制
多重化
サポートするカード

J1

Coded Mark Inversion(CMI; コード化反転符号)

-

31 チャネル(1 チャネルにつき 64 KBps)

CVM

E1

Alternate Mark Inversion (AMI)

High Destiny Bipolar 3 (HDB3; 高密度バイポーラ 3)

31 チャネル(1 チャネルにつき 64 KBps)

CVM、UFM、UXM、UXM-E

T1

Alternate Mark Inversion (AMI)

Bipolar Zero Substitution (B8ZS)

24 チャネル(1 チャネルにつき 64 KBps)

CVM、UFM、UXM、UXM-E

E3

AT&T publication; ITU I-361 with HEC(E3 用)準拠の物理レイヤ コンバージェンス プロトコル

HDB3

ITU-T G0.804/G0.832

UXM、UXM-E

T3

AT&T Publication TA-TSY-00772 および 000773(T3 用)準拠の物理レイヤ コンバージェンス プロトコル

B32ZS+

-

UXM、UXM-E

IGX の IMA

IMA は、物理 T1 回線または E1 回線をグループ化して論理回線を形成し、単一の T1 または E1 回線より高速なデータ レートを実現できます。IGX の IMA では、IMA 回線グループを構成するすべての物理回線に対して同一の設定を使用できます。また、それぞれの物理回線のアラームと統計情報をフルサポートします。

IGX の IMA 回線は次の機能をサポートします。

最大 8 回線の T1/E1 をサポート

ATM Forum IMA Standard Version 1.0 に準拠している CPE への接続をサポート

同一のカードで IMA 回線、非 IMA 回線の両方をサポート

IMA グループがアクティブな状態での物理回線の追加または削除をサポート(次の条件を満たす必要があります)。

IMA グループの残りの物理回線数が、指定の最小維持リンク数未満になる場合、物理回線は削除できません。

プライマリ リンク(IMA グループの最初の物理回線)は動的に削除されません。

IMA 回線の遅延差を設定可能

Common Transmit Clock (CTC; 共通送信クロック)モードのサポート。これにより、IMA のすべての回線が同じクロックを使用できます。

IMA グループの最小維持リンク数を設定可能。たとえば、8 回線で IMA 回線を構成している場合の、IMA 回線がダウンしない最小限のアクティブ回線数をグループに指定することができます。

表 5-2 に、IMA 回線グループで可能なポート速度を示します。

 

表 5-2 IMA トランクまたは IMA 回線グループで可能なポート速度

インタフェース
ポート速度(DS0)
ポート速度(cps)
説明

8xT1

T1/190

28697

リンク 1 ~ 8

7xT1

T1/166

25056

リンク 1 ~ 7

7xT1

T1/142

21433

リンク 1 ~ 6

6xT1

T1/118

17811

リンク 1 ~ 5

5xT1

T1/95

14339

リンク 1 ~ 4

4xT1

T1/71

10716

リンク 1 ~ 3

3xT1

T1/47

7094

リンク 1 ~ 2

2xT1

T1/23

3471

リンク 1

T1

T1/24

3622

非 IMA

8xE1

E1/238

35924

リンク 1 ~ 8

7xE1

E1/208

31396

リンク 1 ~ 7

6xE1

E1/178

26867

リンク 1 ~ 6

5xE1

E1/148

22339

リンク 1 ~ 5

4xE1

E1/119

17962

リンク 1 ~ 4

3xE1

E1/89

13433

リンク 1 ~ 3

2xE1

E1/59

8905

リンク 1 ~ 2

1xE1

E1/29

4377

リンク 1

E1

E1/30

4528

非 IMA

IMA について、および IMA をトランクへ適用する方法の詳細については、第4 章 Cisco IGX 8400 シリーズのトランクを参照してください。

IGX の回線設定

ここでは、IGX ノードで回線を設定する方法について説明します。

回線の設定

回線を設定する前に、ノードとネットワーク トランクの設定を行ってください。回線を設定してから、回線を使用する音声、データ、FR、または ATM の各サービスのプロビジョニングを行います。サーキット回線を設定する手順は次のとおりです。


ステップ 1 目的のスロットに適切なフロント カードとバック カードが装着されていることを確認します( IGX 8400 シリーズのカードを参照)。

ステップ 2 スイッチ ソフトウェアの upln コマンドを使用して、目的のスロットで回線をアクティブにします。

ステップ 3 スイッチ ソフトウェアの cnfln コマンドで回線を設定します。


 

IGX 回線の管理

回線管理作業は、ノードとトランクの管理作業に似ています( Cisco IGX 8400 シリーズのノードおよび Cisco IGX 8400 シリーズのトランクを参照)。回線に設定された接続を変更する場合は、ノードに過大な数値を設定したり、利用可能な帯域幅を超過しないように、慎重に計画する必要があります。

回線の稼働状況を監視するには、次のスイッチ ソフトウェア コマンドを使用します。

dsplns コマンドを使用すると、ノードの回線がすべて表示されます。

dspln または dsplncnf コマンドを使用すると、1 本の回線について設定の詳細が表示されます。

回線の設定を変更するには、次のスイッチ ソフトウェア コマンドを使用します。

cnfln コマンドを使用して、回線を再設定します。

回線のトラブルシューティングについては、「IGX 回線のトラブルシューティング」を参照してください。

IGX 回線のトラブルシューティング

IGX 回線のトラブルシューティングについては、『 Cisco IGX 8400 Series Installation Guide 』の「 Troubleshooting an IGX Node」 を参照してください。

IGX の回線に関連するスイッチ ソフトウェア コマンド

表 5-3 のスイッチ ソフトウェア コマンドの詳細については、次のソースを参照してください。

addad cpytrkict コマンド:『 Cisco WAN Switching Command Reference 』の第 3 章「Alphabetical List of Commands addad through cpytrkict」

dchst window コマンド:『 Cisco WAN Switching Command Reference 』の第 4 章「Alphabetical List of Commands dchst through window」

 

表 5-3 IGX の回線に関連するスイッチ ソフトウェア コマンド

コマンド
説明

cnfln

回線を設定します。

cnflnstats

論理回線の統計情報を設定します。

cnfphyslnstats

物理回線の統計情報を設定します。

cnfrsrc

リソースを設定します。

dnln

回線を非アクティブ(ダウン)にします。

dsplncnf

回線の設定を表示します( dspln と同じ)。

dsplns

ノードの回線をすべて表示します。

dsplnstathist

回線の統計情報履歴を表示します。

dspphyslnstatcnf

物理回線の統計情報設定を表示します。

dspphyslnstathist

物理回線の統計情報履歴を表示します。

dspphyslns

ノードの物理回線の状態を表示します。

prtlns

ノードのすべての回線の回線情報を印刷します。

upln

回線をアクティブ(アップ)にします。

関連情報

IGX のデータ サービスについては、第 6 章 Cisco IGX 8400 シリーズのデータ サービスを参照してください。

設置と基本的な設定方法については、『 Cisco IGX 8400 Series Installation Guide 』の第 1 章「 Cisco IGX 8400 Series Product Overview 」を参照してください。

スイッチ ソフトウェア コマンドの詳細については、『 Cisco WAN Switching Command Reference 』の第 1 章「 Command Line Fundamentals 」を参照してください。