ルータ : Cisco 2800 シリーズ サービス統合型ルータ

Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータでのファンの取り付けおよびアップグ レード

Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータでのファンの取り付けおよびアップグレード
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータでのファンの取り付けおよびアップグレード

安全性に関する警告およびガイドライン

安全上の警告

ステートメント 1071 -- 警告の定義

安全に関する注意事項

電気機器の安全な取り扱い

静電破壊の防止

ファン交換キットの内容

必要な工具および部品

Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファンの場所

Cisco 2821 および Cisco 2851 ファン装置のアップグレード

ルータのカバーの取り外し

ファン装置の取り外し

ファン装置の取り付け

ルータのカバーの再取り付け

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータでのファンの取り付けおよびアップグレード

78-18643-02-J

 

このマニュアルでは、Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータ内で、ファンを取り付ける、またはアップグレードする方法を説明します。

このマニュアルは、ファンの取り付け担当者を対象にしています。担当者は、電子回路および配線手順に関する知識を持ち、電子または電気機器の技術者としての経験が必要です。


) このマニュアルを使用する際には、次のマニュアルも参照してください。

Cisco 2800 Series Hardware Installation Guide 』:

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/access/2800/hardware/installation/guide/hw.html

Cisco 2800 Series and Cisco 3800 Series Integrated Services Routers Regulatory Compliance and Safety Information 』:

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/access/2800/hardware/rcsi/2838rcsi.html


 

不明な点がある場合、またはサポートが必要な場合は、「マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン」を参照してください。

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

「安全性に関する警告およびガイドライン」

「ファン交換キットの内容」

「必要な工具および部品」

「Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファンの場所」

「Cisco 2821 および Cisco 2851 ファン装置のアップグレード」

「マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン」

安全性に関する警告およびガイドライン

この項では、Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータを扱うための安全に関する警告およびガイドラインを示します。説明する内容は、次のとおりです。

「安全上の警告」

「安全に関する注意事項」

「電気機器の安全な取り扱い」

「静電破壊の防止」

安全上の警告


) この項を読む際には、『Cisco 2800 Series and Cisco 3800 Series Integrated Services Routers Regulatory Compliance and Safety Information』マニュアルも参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/access/2800/hardware/rcsi/2838rcsi.html


 

ステートメント 1071 -- 警告の定義

 


Warning


IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS

This warning symbol means danger. You are in a situation that could cause bodily injury. Before you work on any equipment, be aware of the hazards involved with electrical circuitry and be familiar with standard practices for preventing accidents. Use the statement number provided at the end of each warning to locate its translation in the translated safety warnings that accompanied this device. Statement 1071

SAVE THESE INSTRUCTIONS

 

 


 


警告 電源コードが接続されているときには、電源モジュールに触れないでください。電源スイッチのあるシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源スイッチがオフになっていても電源モジュール内に入力電圧がかかっています。電源スイッチのないシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源モジュール内に入力電圧がかかっています。ステートメント 4



警告 雷が発生しているときには、システムに手を加えたり、ケーブルの接続や取り外しを行わないでください。ステートメント 1001



警告 TNV に接触しないように、シャーシを開く前に電話線を取り外してください。ステートメント 1041



警告 BRI ケーブルには、危険なネットワーク間電圧がかかっています。BRI ケーブルを取り外す際には、感電の危険を避けるために、初めにルータからケーブル端子を取り外してください。電源がオフになっているときでも、BRI ポート(RJ-45 コネクタ)のシステム カードには危険なネットワーク間電圧がかかっています。ステートメント 44



警告 シャーシを扱う前、または電源モジュールの近くで作業を行う前に、AC 電源装置から電源コードを外し、DC 電源装置の回路ブレーカーで電源を切断してください。ステートメント 12



警告 装置を取り付ける際には、アース接続を必ず最初に行い、アースの取り外しは必ず最後に行います。ステートメント 42



警告 電源に接続されている装置を扱う場合は、事前に指輪、ネックレス、腕時計などの装身具を外しておいてください。これらの金属が電源やアースに接触すると、金属が過熱して大やけどをしたり、金属類が端子に焼き付くことがあります。ステートメント 43



警告 電源コードが接続されているときには、電源モジュールに触れないでください。電源スイッチのあるシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源スイッチがオフになっていても電源モジュール内に入力電圧がかかっています。電源スイッチのないシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源モジュール内に入力電圧がかかっています。ステートメント 4



警告 次のいずれかの手順を実行する前に、DC 回路から電源コードが外されていることを確認してください。ステートメント 1003


安全に関する注意事項

安全を確保するために、次の注意事項に従ってください。

インストレーションの作業中および作業後は、シャーシ周辺を常に清潔にしておいてください。

取り外したシャーシのカバーは安全な場所に置いてください。

誰かがつまずくことがないように、人が歩く場所に工具を置かないでください。

シャーシに引っ掛かるような衣服は着用しないでください。ネクタイやスカーフは固定し、袖はまくり上げてください。

眼を傷つける可能性がある場合は、作業時に保護眼鏡を着用してください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

電気機器の安全な取り扱い


警告 電源に接続されている装置を扱う場合は、事前に指輪、ネックレス、腕時計などの装身具を外しておいてください。これらの金属が電源やアースに接触すると、金属が過熱して大やけどをしたり、金属類が端子に焼き付くことがあります。ステートメント 43


電気機器を取り扱う際には、次の注意事項に従ってください。

作業部屋にある緊急電源遮断スイッチの場所を確認してください。電気事故が発生した場合、ただちに電源を切ることができます。

システムで作業を開始する前に、電源を切り、電源コードを抜いてください。

すべての電源を切断してください。

危険を伴う可能性のある作業は、一人では行わないでください。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードがないか、保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

回路の電源が切断されているとは思い込まないでください。必ず確認してください。

電気事故が発生した場合は、次の手順に従ってください。

負傷しないように注意してください。

システムにつながる電源をオフにしてください。

可能であれば、医療援助を求めるために誰か別の人を呼んでもらうようにしてください。あるいは、負傷の状況を確認して、救助を求めてください。

静電破壊の防止

Electrostatic Discharge(ESD; 静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。これは、電子プリント回路カードの取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。カードの取り付けおよび取り外しを行うときは、静電破壊を防止するため、次の指示に従ってください。ルータのシャーシがアースに接続されていることを確認してください。静電気防止用リスト ストラップは、必ず肌に密着させて着用してください。シャーシ フレームの塗装されていない面にクリップを取り付けて、不要な静電気を安全にアースしてください。静電破壊や感電を確実に防止するには、リスト ストラップとコードを正しく取り付ける必要があります。リスト ストラップがない場合は、シャーシの金属部分に触れて、身体から電気を逃がしてください。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。これは、1 ~ 10 メガオーム(Mohm)の間である必要があります。

ファン交換キットの内容

ファン交換キットには、次のものが含まれています。

ファン装置(1 つの装置として相互に接続された 3 つのファン)

追加の交換ネジ(元のネジをなくした場合に備えて、予備のネジが数本入っています)

Cisco 2821 および Cisco 2851 シリーズ ルータでのファンの取り付けおよびアップグレード 』マニュアル(このマニュアル)

必要な工具および部品

取り付け中には、ルータの標準付属品として提供されない工具と部品が必要になることがあります。一般的なルータに取り付ける場合、次の工具と部品が必要です。

No.2 プラス ドライバ

静電気防止用リスト ストラップ

静電気防止用マット

Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファンの場所

図 1 は、Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファン装置の場所を示しています。これらのルータには、1 つの装置として相互に接続されている 3 つのファンが搭載されています。

図 1 Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファン装置の場所

 

 

1

ファン装置の場所

Cisco 2821 および Cisco 2851 ファン装置のアップグレード

Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータのファン装置と配線は、シャーシ内にあります。


) ファン装置のアップグレード手順には、約 1 時間かかります。


ファン装置をアップグレードするには、次の手順を実行します。

「ルータのカバーの取り外し」

「ファン装置の取り外し」

「ファン装置の取り付け」

「ルータのカバーの再取り付け」

ルータのカバーの取り外し

Cisco 2821 または Cisco 2851 のファン装置を取り扱うには、ベゼルを取り外してから、ルータのカバーを取り外す必要があります。ベゼルとはシャーシ前面にあるプラスチック パネルのことで、シスコのロゴ、LED、ポート、入力電源コネクタが付いています。

ベゼルおよびルータのカバーを取り外すには、次の手順を実行します。No.2 プラス ドライバが必要です。

ルータが AC 電源または DC 電源を使用している場合は、次の警告に従ってください。


警告 電源コードが接続されているときには、電源モジュールに触れないでください。電源スイッチのあるシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源スイッチがオフになっていても電源モジュール内に入力電圧がかかっています。電源スイッチのないシステムでは、電源コードが接続されている場合、電源モジュール内に入力電圧がかかっています。ステートメント 4


ルータが DC 電源を使用している場合は、次の警告に従ってください。


警告 次のいずれかの手順を実行する前に、DC 回路から電源コードが外されていることを確認してください。ステートメント 1003



ステップ 1 ルータの電源を切り、ルータの前面から電源コードを取り外します。


警告 TNV に接触しないように、シャーシを開く前に電話線を取り外してください。ステートメント 1041


ステップ 2 ルータの背面パネルからすべてのネットワーク インターフェイス ケーブルを取り外します。

ステップ 3 平らな場所にルータを置きます。

ステップ 4 ルータの前面からベゼルを取り外します。次の手順を実行します。


注意 ベゼルを取り外す前に、フラッシュ メモリ カードのイジェクタ ボタンが前面ベゼルと揃っていることを確認します。このボタンがベゼルから突き出ていると、ベゼルを取り外すときに、このボタンが損傷する恐れがあります。

a. 前面ベゼルの上部中央にある、上向き矢印の部分をつかみます (図 2 を参照)。

図 2 ベゼルの矢印の場所

1

矢印の場所

b. シャーシからベゼルの上部を 3 ~ 8 mm(1/8 ~ 1/4 インチ)引き上げます (図 3 の番号 1 を参照してください)。

図 3 ベゼルの取り外し

 

 

1

シャーシからベゼルの上部を引き上げる

2

ベゼルをスライドしてシャーシから取り外す

c. 図 3 に示すように、ベゼルを引き上げたら、シャーシから外れるまで左側にスライドします (図 3 の番号 2 を参照してください)。

ステップ 5 ルータのカバーを取り外します。次の手順を実行します。

a. No.2 プラス ドライバを使用して、上部カバーの裏側から 3 つのネジを取り外します。取り外したネジは安全な場所に置いてください。

b. 図 4 に示すように、45 度の方向にカバーを持ち上げます。

図 4 Cisco 2821 または Cisco 2851 ルータからのカバーの取り外し

 

 

1

カバーを持ち上げる

2

カバーをスライドさせて、タブを取り外す

c. 図 4 に示すように、スロットからタブが外れるまでカバーを横(ファンのある方向)にスライドします。

d. ルータのシャーシからカバーを持ち上げ、カバーを近くに置きます。


 

ファン装置の取り外し

ルータのカバーを取り外した後に、次の手順を実行してファン装置を取り外します。


) この手順を開始する前に、「安全性に関する警告およびガイドライン」で説明した安全に関する警告を読んでください。



ステップ 1 マザーボード上の 3 つのファン コネクタを見つけ、図 5 に示すようにレセプタクルからコネクタを引き抜きます。

図 5 レセプタクルからのコネクタの取り外し

 

 

ステップ 2 シャーシの側面にある、ファン装置を固定している 3 つのネジを取り外します (図 6 の番号 1 を参照してください)。

図 6 シャーシからのファン取り付けネジの取り外し

 

 

1

シャーシの側面にあるファン取り付けネジ

2

シャーシの前面にあるファン取り付けネジ

ステップ 3 シャーシの前面にある、ファン装置を固定している 1 つのネジを取り外します (図 6 の番号 2 を参照してください)。

ステップ 4 シャーシからファン装置を持ち上げて取り外します。


 

ファン装置の取り付け

ファン装置を取り付けるには、次の手順を実行します。


) この手順を開始する前に、「安全性に関する警告およびガイドライン」で説明した安全に関する警告を読んでください。



ステップ 1 シャーシの底面にファン装置を置きます。

ステップ 2 マザーボードの J9 コネクタにファン 1 を取り付けます (図 7 の番号 1 および 2 を参照してください)。

ステップ 3 マザーボードの J8 コネクタにファン 2 を取り付けます (図 7 の番号 3 および 4 を参照してください)。

ステップ 4 マザーボードの J7 コネクタにファン 3 を取り付けます (図 7 の番号 5 および 6 を参照してください)。


注意 コネクタの極性/形状により、一方向のみに簡単に挿入できるようになっています。挿入する前に、ファン コネクタを正しい方向に向けてください。方向が間違っていると、コネクタ ピンが損傷する可能性があります。

図 7 J コネクタへのファン ケーブルの取り付け

 

 

1

ファン 1

2

ファン 1 を J9 コネクタへ

3

ファン 2

4

ファン 2 を J8 コネクタへ

5

ファン 3

6

ファン 3 を J7 コネクタへ

ステップ 5 シャーシの前面に 1 つのネジを再び取り付けます (図 6 の番号 2 を参照してください)。

ステップ 6 シャーシの側面に 3 つのネジを再び取り付けます (図 6 の番号 1 を参照してください)。


 

ルータのカバーの再取り付け


) この手順を開始する前に、「安全性に関する警告およびガイドライン」で説明した安全に関する警告を読んでください。


Cisco 2821 および Cisco 2851 ルータにシャーシ カバーを取り付けるには、次の手順を実行します。No.2 プラス ドライバが必要です。


ステップ 1 平らな場所にシャーシを置きます。

ステップ 2 図 8 に示すように、45 度の角度でカバーを持ち、シャーシ前面(ベゼル)の端に沿ってタブをスロットに差し込みます。

図 8 Cisco 2821 または Cisco 2851 ルータへのカバーの取り付け

 

 

1

タブを指し込み、カバーを中央までスライドさせる

2

カバーを閉じる

ステップ 3 図 8 に示すように、カバーをシャーシの中央までスライドさせ、シャーシまで下ろして蓋をします。

ステップ 4 カバーの 3 つのネジを取り付けます。


注意 カバーを再び取り付けるときに、ワイヤを挟まないようにしてください。

ステップ 5 ベゼルをシャーシの前面にスライドさせて取り付けます。図 2 に示すように、ベゼルの上部中央にある上向きの矢印がシャーシの上部中央にくるようにしてください。

ステップ 6 電源コードとネットワーク インターフェイス ケーブルを再び接続します。

ステップ 7 ルータの電源を入れ、アラームと警告が消えるのを確認します。


 

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨エイリアスや一般的なシスコのマニュアルについては、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧が示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html