ネットワーク管理 コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1S
VLAN サブインターフェイスに対する簡易ネッ トワーク管理プロトコル(SNMP)サポート
VLAN サブインターフェイスに対する簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)サポート
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

VLAN サブインターフェイスに対する簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)サポート

機能の概要

利点

サポートされているプラットフォーム

サポートされる標準、管理情報ベース(MIB)、コメント要求(RFC)

設定作業

VLAN サブインターフェイスでの SNMP エージェントのイネーブル化

VLAN サブインターフェイスの確認

設定例

VLAN サブインターフェイスに対する SNMP エージェントのイネーブル化の例

コマンド リファレンス

VLAN サブインターフェイスに対する簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)サポート

機能の履歴

リリース
変更内容

Cisco IOS

Cisco IOS ソフトウェアの機能サポートに関する情報については、Cisco Feature Navigator を使用してください。

このフィーチャ モジュールでは、VLAN サブインターフェイス機能に対する SNMP サポートについて説明します。新機能の利点、サポートされるプラットフォーム、サポートされる規格、VLAN サブインターフェイス機能に対する SNMP サポートを設定するために必要なコマンドについて説明します。

このマニュアルは次の項で構成されています。

「機能の概要」

「サポートされているプラットフォーム」

「サポートされる標準、管理情報ベース(MIB)、コメント要求(RFC)」

「VLAN サブインターフェイスの確認」

「コマンド リファレンス」

機能の概要

VLAN サブインターフェイスに対する SNMP サポート機能は、ファスト イーサネット サブインターフェイスに mib-2 インターフェイス スパース テーブル サポートを提供します。この機能拡張は、フレーム リレー サブインターフェイスでサポートされる機能に似ています。

利点

ファスト イーサネット サブインターフェイス上のインターフェイス テーブルにスパース テーブルをサポートすることで、フレーム リレー サブインターフェイスに慣れていたユーザに同じ機能が提供されます。

サポートされているプラットフォーム

Cisco 2600 シリーズ

Cisco 3600 シリーズ

Cisco 4000-m シリーズ

Cisco 7200 シリーズ

Cisco 7500 シリーズ

サポートされる標準、管理情報ベース(MIB)、コメント要求(RFC)

規格

なし

MIB

なし

サポートされる MIB の説明および MIB の使用方法については、CCO の Cisco MIB Web サイト(http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml)を参照してください。

RFC

RFC 1573

設定作業

VLAN サブインターフェイスに対する SNMP サポートを設定するには、次のセクションの作業を実行します。

VLAN サブインターフェイスでの SNMP エージェントのイネーブル化

VLAN サブインターフェイスでの SNMP エージェントのイネーブル化

VLAN サブインターフェイスで SNMP エージェントをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# snmp community public

リモート アクセスの SNMP エージェントをイネーブルにします。

ステップ 2

Router(config)# interface FastEthernet slot/port

設定するファスト イーサネット インターフェイスを選択します。

ステップ 3

Router(config)# encapsulation isl vlan-identifier

Inter-Switch リンクをイネーブルにします。

ステップ 4

Router(config)# ip address ip-address mask

インターフェイスに対するプライマリ IP アドレスまたはセカンダリ IP アドレスを設定します。

VLAN サブインターフェイスの確認

サブインターフェイスのトラフィック カウントを表示するには、特権 EXCE モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的
Router# show vlans

VLAN サブインターフェイスを表示します。

設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

VLAN サブインターフェイスに対する SNMP エージェントのイネーブル化の例

VLAN サブインターフェイスに対する SNMP エージェントのイネーブル化の例

次の設定例は、VLAN サブインターフェイス付属のルータで SNMP エージェントをイネーブルにして、SNMP アプリケーションをリモートで監視する方法を示しています。

snmp community public
!
interface FastEthernet4/0.100
encapsulation isl 100
ip address 192.168.10.21 255.255.255.0
!
interface FastEthernet4/0.200
encapsulation isl 200
ip address 172.21.200.11 255.255.255.0
!
interface FastEthernet4/1.1
encapsulation isl 10
ip address 171.69.2.111 255.255.255.0

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Network Management Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/netmgmt/command/reference/nm_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

show vlans