IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
マルチキャスト VPN MIB
マルチキャスト VPN MIB
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

マルチキャスト VPN MIB

マルチキャスト VPN MIB の前提条件

マルチキャスト VPN MIB の制約事項

マルチキャスト VPN MIB に関する情報

MVPN MIB の概要

SNMP と MVPN MIB を使用した MVPN 情報の取得

MVPN MIB オブジェクト

マルチキャスト VPN MIB の設定方法

MVRF トラップ通知を送信するルータの設定

MVRF トラップ通知

マルチキャスト VPN MIB の設定例

MVRF トラップ通知を送信するルータの設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

マルチキャスト VPN MIB の機能情報

マルチキャスト VPN MIB

マルチキャスト VPN MIB 機能は、MVPN MIB(CISCO-MVPN-MIB)を使用したマルチキャスト VPN(MVPN)の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)モニタリングの機能を導入します。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco OS ソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。このモジュールで説明される特定機能に関する情報へのリンク、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「マルチキャスト VPN MIB の機能情報」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

マルチキャスト VPN MIB の前提条件

この章で説明している作業を実行する前に、MVPN を設定する必要があります。詳細については、『 Cisco IOS Multicast Configuration Guide 』の「 Configuring Multicast-VPN 」の章を参照してください。

MVPN MIB を使用するルータに SNMP を設定する必要があります。詳細については、「MVRF トラップ通知を送信するルータの設定」を参照してください。SNMP サーバの設定の詳細については、『 Cisco IOS Network Management Configuration Guide 』の「 Configuring SNMP Support 」の章を参照してください。

マルチキャスト VPN MIB の制約事項

現在サポートされているのは、IPv4 だけです。

「読み取りと作成」アクセス権限があるすべての MIB オブジェクトでは、現在「読み取り専用」アクセスだけがサポートされています。

マルチキャスト VPN MIB に関する情報

マルチキャスト VPN MIB 機能を設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「MVPN MIB の概要」

「SNMP と MVPN MIB を使用した MVPN 情報の取得」

「MVPN MIB オブジェクト」

MVPN MIB の概要

MVPN ネットワークの Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータには、ルータに接続されたカスタマー サイトの VPN メンバシップを定義するために使用されるすべての VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)テーブルに関連するマルチキャスト ルーティング テーブルと Protocol Independent Multicast(PIM)インスタンスがあります。1 つのグローバル マルチキャスト ルーティング テーブルと、Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)ルータから受信したマルチキャスト パケットのルーティングのために使用されるマルチキャスト VRF(MVRF)1 つに対して 1 つのテーブルがあります。MVRF のセットは、マルチキャスト トラフィックの潜在的なソースおよびレシーバに接続されると、Multicast Domain(MD; マルチキャスト ドメイン)を形成します。管理プールから取得され、Multicast Distribution Tree(MDT; マルチキャスト配信ツリー)としても知られる特異なグループ アドレスは、各 MD に割り当てられます。MDT グループは、Multicast Tunnel Interfaces(MTI; マルチキャスト トンネル インターフェイス)を通して、MD 内のマルチキャスト トラフィックをカプセル化し、伝送するために使用されます。

最初に、あらかじめ設定された MDT デフォルト グループを使用して、すべてのマルチキャスト データが転送されます。特定のマルチキャスト ストリームが PE ルータに設定された帯域幅しきい値を超えると、マルチキャスト データは、使用できるマルチキャスト アドレスのプールから動的に選択された MDT データ グループに移動します。

MVPN MIB を使用して、ネットワーク管理者は、複数の CE サイトを横断する VPN トラフィックに関する PE ルータからの MVRF 情報に、リアルタイムでアクセスできます。SNMP が実装された Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)に入力された get コマンドと set コマンドを使用して、PE ルータの MVRF をモニタリングする SNMP 操作を実行できます。NMS ワークステーションは、SNMP マネージャとしても知られています。

SNMP と MVPN MIB を使用した MVPN 情報の取得

SNMP は、従来ネットワーク情報を収集するために使用されてきました。SNMP は、ルータ、スイッチ、ワークステーションなどのネットワーク要素からの重要な情報の取得を許可します。MVPN MIB は、SNMP を使用して、MVRF トラップ通知を設定し、有益な MVPN 情報をリアルタイムで収集します。

MVPN MIB を使用すると、システム上の管理対象デバイスの MVPN データを SNMP によって取得できるようになります。管理対象デバイス(ルータなど)にコマンドを入力するか、NMS ワークステーションから SNMP コマンドを入力して MVPN 情報を収集することによって、その管理対象デバイスからの MVPN 情報の取得を指定できます。情報に対する MVPN MIB 要求は、SNMP を使用して NMS ワークステーションからルータに送信され、ルータから受信されます。この情報は保存または表示できるため、MVPN 情報は、マルチベンダー プログラミング環境を越えて容易にアクセスし、転送できます。

MVPN MIB オブジェクト

MVPN MIB は、ネットワーク管理者が次の MVPN 情報をリモートでモニタリングできるようにする管理対象デバイスを定義します。

MVRF の状態(MVRF の名前、アクティブかどうか、アクティブなマルチキャスト対応インターフェイスの数など)

MDT デフォルト グループ アドレスおよびカプセル化の情報

Source Specific Multicast(SSM)モードの Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)MDT アップデートを受信するために使用されるネクスト ホップ情報

MDT データ グループへのスイッチオーバーを決定するトラフィックしきい値

設定された各 MVRF に存在する特定の (S, G) マルチキャスト ルート エントリで使用される MDT グループのタイプ、ソース アドレス、およびマルチキャスト ルート エントリのグループ アドレス

カプセル化に使用されるソースおよびグループ アドレス

現在加入している MDT データ グループに関する情報

デバイスに存在する MVPN 特有の MDT トンネルに関する情報

ルータ上でイネーブルなトラップ通知


) MVPN MIB によってサポートされるオブジェクトの詳細な説明については、Cisco.com(http://www.cisco.com/go/mibs)で入手できる CISCO_MVPN_MIB.my ファイルを参照してください。


マルチキャスト VPN MIB の設定方法

ここでは、次の必要な手順について説明します。

「MVRF トラップ通知を送信するルータの設定」(必須)

MVRF トラップ通知を送信するルータの設定

SNMP を使用して MVRF トラップ通知を送信するルータを設定するには、次の作業を実行します。

MVRF トラップ通知

MVPN ルータは、MVRF(ciscoMvpnMvrfChange)トラップ通知を送信するように設定できます。ciscoMvpnMvrfChange トラップ通知は、デバイス内の MVRF に関する変化を表します。変化イベントは、MVRF の作成、MVRF の削除、または MVRF のデフォルトまたはデータ Multicast Distribution Tree(MDT; マルチキャスト配信ツリー)設定でのアップデートです。変化イベントは、トラップ通知に埋め込まれた ciscoMvpnGenOperStatusChange オブジェクトによって示されます。


) MVPN MIB が使用される前に、ルータの SNMP サーバを設定する必要があります。ルータ上で SNMP サーバをイネーブルにするには、ステップ 3 および 4 を実行します。SNMP サーバがすでに使用できる場合、ステップ 3 および 4 を省略し、ステップ 5 に進みます。


手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server community string ro
または
snmp-server community string rw

4. snmp - server host { hostname | ip - address } version 2c community - string

5. snmp-server enable traps mvpn

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server community string ro

または

snmp-server community string rw

 

Router(config)# snmp-server community public ro

または

Router(config)# snmp-server community public rw

コミュニティ アクセス ストリングをセットアップし、SNMP へのアクセスを許可します。

string 引数は、1 ~ 32 文字の英数字で構成され、パスワードと同じように機能するコミュニティ ストリングで、SNMP プロトコルへのアクセスを許可します。コミュニティ ストリングには、ブランク スペースは使用できません。

ro キーワードとともに snmp-server community コマンドを指定すると、読み取り専用アクセスが設定されます。このストリングを使用する SNMP 管理ステーションは、MIB オブジェクトの取得だけが可能です。

または

rw キーワードとともに snmp-server community コマンドを指定すると、読み取りと書き込みアクセスが設定されます。このストリングを使用する SNMP 管理ステーションは、MIB オブジェクトを取得して修正できます。

ステップ 4

snmp-server host { hostname | ip - address } version 2c community - string

 

Router(config)# snmp-server host 192.168.1.1 version 2c public

SNMP 通知動作を指定します。

ステップ 5

snmp-server enable traps mvpn

 

Router(config)# snmp-server enable traps mvpn

ルータが MVRF トラップ通知を送信できるようにします。

ステップ 6

end

 

Router(config)# end

現在のコンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

マルチキャスト VPN MIB の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「MVRF トラップ通知を送信するルータの設定:例」

MVRF トラップ通知を送信するルータの設定:例

次に、SNMP を使用して MVRF トラップ通知を送信するルータを設定する例を示します。

!
snmp-server community public RW
snmp-server enable traps mvpn
snmp-server host 10.3.32.154 version 2c public
!

その他の参考資料

ここでは、マルチキャスト VPN MIB 機能に関する参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MVPN コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

SNMP コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS Network Management Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格や変更された規格はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

CISCO-MVPN-MIB.my

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC や変更された RFC はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールで説明した機能で導入または修正されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS IP Multicast Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipmulti/command/reference/imc_book.html )を参照してください Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』を参照してください。

snmp-server enable traps mvpn

マルチキャスト VPN MIB の機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 マルチキャスト VPN MIB の機能情報

機能名
リリース
機能情報

マルチキャスト VPN MIB

12.0(29)S
12.3(14)T
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH

マルチキャスト VPN MIB 機能は、MVPN MIB(CISCO-MVPN-MIB)を使用した MVPN の SNMP マルチキャスト VPN MIB モニタリング機能を導入します。

次のコマンドは、この機能で導入されたものです。 snmp server enable traps mvpn