IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
マルチキャスト サブセカンド コンバージェン ス
マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス

機能情報の入手方法

この章の構成

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの前提条件

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの制約事項

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスについて

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの利点

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス スケーラビリティ拡張機能

PIM ルータ クエリー メッセージ

リバース パス転送

トリガー RPF チェック

トポロジ変更とマルチキャスト ルーティング リカバリ

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの設定方法

定期的な RPF チェック インターバルの変更

RPF チェック

制約事項

次の作業

PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定

RPF フェールオーバー

制約事項

次の作業

PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更

PIM ルータ クエリー メッセージ

次の作業

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの設定例

例:定期的な RPF チェック インターバルの変更

例:PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定

例:PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの機能情報

用語集

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能は、マルチキャスト ベースのサービスで改善されたスケーラビリティとコンバージェンスを提供する包括的な機能およびプロトコル拡張機能のセットで構成されています。この機能セットにより、より高いサービス レベルに拡張するための機能と、サービス障害の発生後にサブセカンドのタイム フレームでマルチキャスト転送を回復するための機能が提供されます。

機能情報の入手方法

ご使用のソフトウェア リリースで、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリースノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの機能情報」を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよび Cisco ソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの前提条件

シスコのマルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能を使用するには、サービス プロバイダーがマルチキャスト対応コアを持っていなければなりません。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの制約事項

サブセカンド Designated Router(DR; 代表ルータ)フェールオーバー拡張機能を使用するルータは、到着したハロー インターバル情報をミリ秒単位で処理できる必要があります。輻輳しているルータや、ハロー インターバルを処理できるだけの十分な CPU サイクルを持たないルータは、Protocol Independent Multicast(PIM)ネイバーが、実際には切断されていなくても切断されているものとみなす可能性があります。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスについて

「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの利点」

「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス スケーラビリティ拡張機能」

「PIM ルータ クエリー メッセージ」

「リバース パス転送」

「トリガー RPF チェック」

「トポロジ変更とマルチキャスト ルーティング リカバリ」

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの利点

スケーラビリティ コンポーネントが、サービス ユーザ(レシーバ)とサービス負荷(ソースまたはコンテンツ)の増加(または減少)を処理する際の効率を向上させます。

新しいアルゴリズムとプロセス(最大 1000 個の個別メッセージを 1 つのパケットに入れて配信する、集約された加入メッセージなど)が、コンバージェンスに達するまでの時間を 10 分の 1 にも低減します。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスが、大規模なマルチキャスト ネットワークのサービス可用性を向上させます。

マルチキャスト機能は以前に必要とした何分の 1 かの時間で元に戻せるため、金融サービス会社や証券会社などのマルチキャスト ユーザは、Quality of Service(QoS)の向上が得られます。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス スケーラビリティ拡張機能

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能は、サービス ユーザ(レシーバ)とサービス負荷(ソースまたはコンテンツ)の増加(または減少)を処理する際の効率を向上させるスケーラビリティ拡張機能を提供します。このリリースのスケーラビリティ拡張機能には、次のものが含まれます。

新しいタイマー管理テクニックによる、Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)と PIM ステート メンテナンスの向上

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)Source-Active(SA)キャッシュのスケーリングの向上

スケーラビリティ拡張機能は、次の利点を提供します。

可能な PIM マルチキャスト ルート(mroute)、IGMP、および MSDP SA キャッシュ ステート容量の増加

CPU 使用度の減少

PIM ルータ クエリー メッセージ

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスにより、数ミリ秒ごとに PIM ルータ クエリー メッセージ(PIM ハロー)を送信することが可能になります。隣接 PIM ルータを探すために、PIM ハロー メッセージが使用されます。この機能が導入される前は、PIM ハローを数秒ごとにしか送信できませんでした。この機能は、ルータが PIM ハロー メッセージをより頻繁に送信できるようにすることにより、応答しないネイバーをルータがより迅速に発見できるようにします。その結果、ルータは、より効率的なフェールオーバー手順または回復手順を実装できます。

リバース パス転送

ユニキャスト Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送)機能は、裏付けのない IP ソース アドレスを持つ IP パケットを廃棄することにより、ネットワークに変形または偽造(スプーフィング)された IP ソース アドレスが注入されて引き起こされる問題の緩和に役立ちます。変形または偽造(スプーフィング)されたソース アドレスは、ソース IP アドレスのスプーフィングに基づいたサービス拒絶(DoS)攻撃を示すことができます。

RPF は、変形または偽造(スプーフィング)された IP ソース アドレスを持つデータ パケットをドロップするか転送するかを決定する際に、Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)を使用します。ACL コマンドのオプションで、管理者は、ドロップされたパケットや転送されたパケットに関する情報をログに記録することができます。偽造されたパケットに関する情報のログは、潜在的なネットワーク攻撃に関する情報を発見するのに役立ちます。

インターフェイスごとの統計情報は、ネットワーク上の攻撃のエントリ ポイントとなり得るインターフェイスをシステム管理者が迅速に発見するのに役立ちます。

トリガー RPF チェック

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスは、mroute ステートの RPF 変更のチェックをトリガーする機能を提供します。このチェックは、ユニキャスト ルーティングの変更によってトリガーされます。トリガー RPF チェックを実行することにより、定期的な RPF チェックを比較的高い値(たとえば、10 秒)に設定しても、迅速にフェールオーバーできます。

トリガー RPF チェック拡張機能は、単一のサービス イベント(たとえば、1 つのソースと 1 つのレシーバでの状況における)や任意のパラメータに沿ったサービス スケール(たとえば、多数のソース、多数のレシーバ、および多数のインターフェイス)などで停止した後にサービスが元に戻るまでに必要な時間を短縮します。この拡張機能は、PIM(mroute)、IGMP、および MSDP(SA キャッシュ)ステートのコンバージする時間を短縮します。

トポロジ変更とマルチキャスト ルーティング リカバリ

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能セットは、ユニキャスト ルーティングのリカバリの後にほぼ瞬時に完了するマルチキャスト パス リカバリを提供することにより、企業とサービス プロバイダー両方のネットワーク バックボーンを強化します。

PIM は、ネットワーク トポロジに変更が発生した場合に、その RPF の計算をユニキャスト ルーティング テーブルに頼っているため、マルチキャストが最良パスを決定するには、その前にまずユニキャスト プロトコルがトラフィックの最良パスのためのオプションを計算する必要があります。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスは、ユニキャストの計算が完了した後の、ほぼ瞬時のマルチキャスト プロトコル計算完了を可能にします。その結果、トポロジ変更後に、マルチキャスト トラフィック転送がはるかに迅速に元に戻ります。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの設定方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「定期的な RPF チェック インターバルの変更」(任意)

「PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定」(任意)

「PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更」(任意)

「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認」(任意)

定期的な RPF チェック インターバルの変更

定期的な RPF チェック発生のインターバルを変更するには、次の作業を実行します。

RPF チェック

PIM は、標準ユニキャスト ルーティング テーブルを使用して IP マルチキャスト トラフィックを転送するように設計されています。PIM は、IP マルチキャスト パケットのソースが、ソースから最適なパスで到着したかどうかを判断するためにユニキャスト ルーティング テーブルを使用します。この処理、RPF チェックは、ユニキャスト ルーティング テーブルの内容に基づいており、どの特定のルーティング プロトコルにも基づかないため、プロトコルに依存しません。

制約事項

シスコでは、 ip rpf interval コマンドにはデフォルト値をそのまま使用することを推奨しています。デフォルト値で、サブセカンドの RPF フェールオーバーが可能です。定期的な RPF チェック発生のデフォルト インターバルは、10 秒です。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip multicast rpf interval seconds [ list access-list | route-map route-map ]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip multicast rpf interval seconds [ list access-list | route-map route-map ]

 

Router(config)# ip multicast rpf interval 10

指定したインターバルでチェックが発生するように、定期的な RPF チェックのインターバルを秒単位で設定します。

次の作業

「PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定」 に進んで、ルーティング テーブルに加えられた変更によって PIM RPF フェールオーバーがトリガーされるインターバルを設定します。「PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更」 に進んで、IGMP ホスト クエリー メッセージが送信されるインターバルを変更します。「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認」 に進んで、マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能に関する情報を表示し、確認します。

PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定

ルーティング テーブルに加えられた変更によって PIM RPF フェールオーバーがトリガーされるインターバルを設定するには、次の作業を実行します。

RPF フェールオーバー

トリガー RPF チェックを使用する不安定なユニキャスト ルーティング環境では、絶えず RPF チェックがトリガーされ、ルータのリソースに負荷がかかります。この問題を避けるために、 ip multicast rpf backoff コマンドを使用して、設定した一定時間内には 2 度目のトリガー RPF チェックが発生しないようにします。つまり、PIM は、ユーザが設定した最小時間(ミリ秒)の間はもう 1 つのトリガー RPF チェックをバックオフする(控える)のです。

ルーティング テーブルにさらなる変更が発生しないままバックオフ期間が経過した場合、PIM は、スキャンしてルーティングの変更を探し、その結果に従ってマルチキャスト RPF 変更を確立させます。一方、バックオフ期間内にさらにルーティングの変更が発生した場合は、PIM はバックオフ期間を 2 倍にして、ルーティング テーブルがまだ収束している間の PIM RPF に変更があったルータの過負荷を回避します。

制約事項

シスコでは、 ip multicast rpf backoff コマンドにはデフォルト値をそのまま使用することを推奨しています。デフォルト値で、サブセカンドの RPF フェールオーバーが可能です。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip multicast rpf backoff minimum maximum [ disable ]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip multicast rpf backoff minimum maximum [ disable ]

 

Router(config)# ip multicast rpf backoff 100 2500

最小および最大のバックオフ インターバルを設定します。

次の作業

「PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更」 に進んで、IGMP ホスト クエリー メッセージが送信されるインターバルを変更します。「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認」 に進んで、マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能に関する情報を表示し、確認します。

PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更

PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルを変更するには、次の作業を実行します。

PIM ルータ クエリー メッセージ

ルータ クエリー(ハロー)メッセージは、PIM 代表ルータを選択するために使用されます。代表ルータは、IGMP ホスト クエリー メッセージの送信を担当します。デフォルトでは、マルチキャスト ルータは、30 秒ごとに PIM ルータ クエリー メッセージを送信します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. ip pim query-interval period [ msec ]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot / port

 
Router(config)# interface ethernet 1/0

インターフェイスを指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip pim query-interval period [ msec ]

 

Router(config-if)# ip pim query-interval 45

マルチキャスト ルータが PIM ルータ クエリー メッセージを送信する頻度を設定します。

次の作業

「マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認」 に進んで、マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能に関する情報を表示し、確認します。

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス設定の確認

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能に関する詳細情報を表示して、関連情報を確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show ip pim interface type number

3. show ip pim neighbor

4. show ip rpf events

手順の詳細


ステップ 1 enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

ステップ 2 show ip pim interface type number

PIM に設定されているインターフェイスに関する情報を表示するには、このコマンドを使用します。

次に、 show ip pim interface コマンドの出力例を示します。

Router# show ip pim interface Ethernet 1/0
 
Address Interface Ver/ Nbr Query DR DR
Mode Count Intvl Prior
172.16.1.4 Ethernet1/0 v2/S 1 100 ms 1 172.16.1.4
 

ステップ 3 show ip pim neighbor

Cisco IOS ソフトウェアによって発見された PIM ネイバーを表示するには、このコマンドを使用します。

次に、 show ip pim neighbor コマンドの出力例を示します。

Router# show ip pim neighbor
 
PIM Neighbor Table
Neighbor Interface Uptime/Expires Ver DR
Address Prio/Mode
172.16.1.3 Ethernet1/0 00:03:41/250 msec v2 1 / S
 

ステップ 4 show ip rpf events

最近トリガーされた 15 のマルチキャスト RPF チェック イベントに関する情報を表示するには、このコマンドを使用します。

次に、 show ip rpf events コマンドの出力例を示します。

Router# show ip rpf events
 
Last 15 triggered multicast RPF check events
 
RPF backoff delay:500 msec
RPF maximum delay:5 sec
 
DATE/TIME BACKOFF PROTOCOL EVENT RPF CHANGES
Mar 7 03:24:10.505 500 msec Static Route UP 0
Mar 7 03:23:11.804 1000 sec BGP Route UP 3
Mar 7 03:23:10.796 500 msec ISIS Route UP 0
Mar 7 03:20:10.420 500 msec ISIS Route Down 3
Mar 7 03:19:51.072 500 msec Static Route Down 0
Mar 7 02:46:32.464 500 msec Connected Route UP 3
Mar 7 02:46:24.052 500 msec Static Route Down 0
Mar 7 02:46:10.200 1000 sec Connected Route UP 3
Mar 7 02:46:09.060 500 msec OSPF Route UP 3
Mar 7 02:46:07.416 500 msec OSPF Route Down 0
Mar 7 02:45:50.423 500 msec EIGRP Route UP 3
Mar 7 02:45:09.679 500 msec EIGRP Route Down 0
Mar 7 02:45:06.322 500 msec EIGRP Route Down 2
Mar 7 02:33:09.424 500 msec Connected Route UP 0
Mar 7 02:32:28.307 500 msec BGP Route UP 3


 

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「例:定期的な RPF チェック インターバルの変更」

「例:PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定」

「例:PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更」

例:定期的な RPF チェック インターバルの変更

次の例では、 ip multicast rpf interval を 10 秒に設定しています。このコマンドは、インターバル値がデフォルト以外の値に設定されていなければ、 show running-config の出力に表示されません。

!
ip multicast-routing
ip multicast rpf interval 10
.
.
.
interface Ethernet0/0
ip address 172.16.2.1 255.255.255.0
.
.
.
ip pim sparse-mode
!

例:PIM RPF フェールオーバー インターバルの設定

次の例では、 ip multicast rpf backoff コマンドで、最小バックオフ インターバル値を 100、最大バックオフ インターバル値を 2500 に設定しています。このコマンドは、インターバル値がデフォルト以外の値に設定されていなければ、 show running-config コマンドの出力に表示されません。

!
ip multicast-routing
.
.
.
ip multicast rpf backoff 100 2500
!
!
 
interface Ethernet0/0
ip address 172.16.2.1 255.255.255.0
.
.
.
ip pim sparse-mode
 
!

例:PIM ルータ クエリー メッセージ インターバルの変更

次の例では、 ip pim query-interval コマンドを 100 ミリ秒に設定しています。このコマンドは、インターバル値がデフォルト以外の値に設定されていなければ、 show running-config コマンドの出力に表示されません。

!
interface Ethernet0/0
ip address 172.16.2.1 255.255.255.0
ip pim query-interval 100 msec
ip pim sparse-mode

その他の参考資料

関連資料

関連項目
参照先

PIM-SM および SSM の概念と設定例

Configuring Basic IP Multicast 』モジュール

PIM-SM 最適化の概念と設定例

Optimizing PIM Sparse Mode in a Large IP Multicast Deployment 』モジュール

Cisco IOS IP マルチキャスト コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、デフォルト設定、コマンド履歴、コマンド 使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

選択したプラットフォーム、Cisco ソフトウェア リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能がサポートする新しい RFC または変更された RFC はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールで説明した機能で導入または修正されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS IP Multicast Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipmulti/command/reference/imc_book.html )を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、Cisco IOS マスター コマンド リストを参照してください。

debug ip mrouting

debug ip pim

ip multicast rpf backoff

ip multicast rpf interval

ip pim query-interval

show ip pim interface

show ip pim neighbor

show ip rpf events

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連のソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入されたソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 マルチキャスト サブセカンド コンバージェンスの機能情報

機能名
リリース
機能情報

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス

12.0(22)S
12.2(14)S
12.2(15)T
15.0(1)S
Cisco IOS XE 3.1.0SG

マルチキャスト サブセカンド コンバージェンス機能は、マルチキャスト ベースのサービスで改善されたスケーラビリティとコンバージェンスを提供する包括的な機能およびプロトコル拡張機能のセットで構成されています。この機能セットにより、より高いサービス レベルに拡張するための機能と、サービス障害の発生後にサブセカンドのタイム フレームでマルチキャスト転送を回復するための機能が提供されます。

debug ip mrouting debug ip pim ip multicast rpf backoff ip multicast rpf interval ip pim query-interval show ip pim interface show ip pim neighbor show ip rpf events の各コマンドが導入または変更されました。

用語集

DR :Designated Router(代表ルータ)。マルチアクセス ネットワークのためのリンクステート アドバタイズメント(LSA)を生成し、そのほかにも Open Shortest Path First(OSPF)の実行において特殊な役割を持つ OSPF ルータです。少なくとも 2 つのルータが接続されているマルチアクセス OSPF ネットワークのそれぞれが、OSPF ハロー プロトコルによって選定された代表ルータを持ちます。代表ルータによって、マルチアクセス ネットワークで必要とされる隣接の数を減らすことが可能になり、ひいては、ルーティング プロトコル トラフィックの量とトポロジ データベースのサイズが低減します。

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル) :インターネット グループ管理プロトコル。マルチキャスト グループ メンバシップを隣接マルチキャスト ルータにレポートする IP ホストによって使用されます。

MBONE :Multicast Backbone(マルチキャスト バックボーン)。インターネットのマルチキャスト バックボーンです。MBONE は、複数のマルチキャスト LAN とそれらを相互接続するポイントツーポイント トンネルで構成される仮想マルチキャスト ネットワークです。

multicast :ネットワークによってコピーされ、ネットワーク アドレスの特定のサブネットへと送信される単一のパケット。これらのアドレスは、宛先アドレス フィールドで指定されます。

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP) :複数の Protocol Independent Multicast Sparse Mode(PIM-SM; Protocol Independent Multicast スパース モード)ドメインを接続するメカニズム。MSDP により、異なるドメインのすべてのランデブー ポイントがマルチキャスト グループのソースを認識できます。

PIM :Protocol Independent Multicast。既存 IP ネットワークに IP マルチキャスト ルーティングを追加できる、マルチキャスト ルーティング アーキテクチャ。PIM は、独立したユニキャスト ルーティング プロトコルで、スパース モードとデンス モードの 2 つのモードで動作できます。

Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送) :受信インターフェイスが、マルチキャスト データグラムのソースにユニキャスト データグラムを転送するのに使用されているインターフェイスである場合に、マルチキャスト データグラムが受信インターフェイス以外のすべてから転送されるようにするマルチキャスト テクニック。

コンバージェンス :特定のルーティング プロトコルを実行するインターネットワーキング デバイスのグループが、インターネットワークのトポロジに変更が発生した後にそのトポロジについて合意する速度と能力。

マルチキャスト アドレス :複数のネットワーク デバイスを参照する単一のアドレス。グループ アドレスの同義語です。


) この用語集に記載されていない用語については、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。